プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2015年12月



今日はブログの前に、先にご挨拶を。

昨日、更新できませんでした。。。

 

さて、今年1年、多くの方に遠方からもお越しいただき、本当にありがとうございました。

私のブログも含めて、私はみなさんの健康と美容にお役に立てることができましたでしょうか?

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

来年も尚一層の努力を積んで、もっともっとお役に立てるように、またすべての女性が(男性も)栄養療法を知って、もっとお肉を始めたとした動物性たんぱく質を食べてもらって、もっと健康に元気に綺麗になってほしいです。

 

この1年、多くの患者さんに支えられ、また診療を通して、たくさんのことを学ばせていただきました。

実は、栄養療法を始めるきっかけは、患者さんの貧血です。

貧血は内科で治療したらいいと思っていたので、全く貧血に関して無知だったんですが、保険診療での限界を身をもって知りました。

(貧血だけではないんですが)

その患者さんの貧血がなければ、私自身も栄養療法を始めて、元気になることもなかったし、患者さんとおしゃべりしていることが、結局すべていろんなことに繋がっていくんですね。

バラバラに見えていた道が、1本で繋がっているという感じです。

栄養療法なくて、美容医療は成り立たないと思うようになりました。

多くの患者さんの体調などのご相談にのっているうちに、たくさんの病気や症状を勉強しなおすきっかけにもなり、医師としても成長させていただきました。

ご来院いただいた患者さん方々には、感謝してもしたりないくらいです。

本当にありがとうございました。

 

今年1年、自分の治療方針に激震が走り(栄養療法のことです)、治療方針がガラッと変わったというか、追加され、治療内容の優先順位は確実に変わりました。

本当に体の中から、しかも根本的に治療できるというか、感動の1年でした。

来年も、引き続き、この素晴らしさを多くの方々に知っていただけるように、私も微力ながらさらにさらに広めていきたいと考えています。

このブログを読まれている方で、まだ栄養療法を実践されていない方は、まず食事から見直されてみてください。

騙されたと思って。

(私がみなさんをだましても、なんの得にもなりませんし、みなさんが損をすることもありません。

ぜひ、どうぞ!)

やってみて、うまくいかない場合は、なにかやり方が間違っていると思います。

貴女自身に合っていないやり方になっているとか。

 

さて、今日はクリニックに残っている仕事をやりに行って、自分に何かできるかと思ったら、全然できませんでした。。うう。。

しかも、片付け、まだ残っているし!

あんまりくやしいので、頬にあったミリウム(睥粒腫:白ニキビみたいに見えるやつです。)を1個、炭酸ガスレーザーで取りました。

どうでもよかったんですが、なにかあれば取ってもいいかな、くらいのもので、麻酔なしで自分にだったらやっちゃいますから、チチチと取りました。

あ==。

 

クリニックも昨日からお正月支度です。

IMG_20151229_140531  値引き松とお飾り

IMG_20151229_141708

お正月って、毎年のことながら、いつも準備にワクワクしますね。

師走で忙しくても、好き好んでやっている感が自分でわかります。

日本独特ですものね。

 

みなさんも、昨日や今日が仕事納めの方が多かったでしょうか。

お仕事の内容によっては、年末お休みのない方もいらっしゃいますよね。

急に寒くなりましたから、どうぞみなさんもお体壊されませんように、ご自愛ください。

(私は元気満々ですので、ご心配なく!)

さて、今日は久しぶりにスキンケアの話です。

 

顔でも体でもそうですが、皮膚をキレイにする一番のコツは、

触らないっ!!

です。

「こすらない」ももちろん大事ですが、そういう意味では、まず、

こすらないっ!!

なんですが、ご自分では「こすっているつもりは全くない」という方は、ものすご~く多いです。

初診の方の洗顔を何度注意したことか。。

自覚のある方は、早めに止められることも多いですが(そうでない方もいらっしゃいますが。。)、自覚がないと、これが難航しますね~。

だって、こすっていると思っていないので、変えるわけがないんですよね。

こういう方は、スキンケア講習3回受けたくらいでは無理かもしれませんね。。。

(そこまでいった方はいらっしゃいません。

そういう方に限って、他力本願なので、スキンケアが無茶苦茶であろうと、お金さえ出せば、なんでもやってくれるクリニックに行っちゃいますから(キレイになれるかどうかは別として。。。)、その後のことはわからないし、私には関係のないことです。

ご自身の道を貫いてみたら、一体どうなるのか、ぜひ、ご自身の顔とお金と時間を使って、どうぞご体験ください!

 

さて、中には、こすっていない方もいらっしゃいます。

 

ただ、こすってはいないんですが、顔に触りすぎ、という方がこれもとても多いです。

 

例えば、顔に、何種類もの化粧品を塗っていたり、塗るにしても、1回の時間がとても長いっ!!

ペタペタ、手のひ平でず=っと押している方、そのついでに、引っぱっているのに、全く気付いていない方、挙句の果てに、刷り込みだす方、押しながら、顔を叩いてることに気付いていない方。。。

「お手入れ」と思っているから、始末が悪い。

 

押して、何になるんですか?

化粧品が入るんですか?

じゃあ、プロレスラーやお相撲さんにぐいぐい張り手でもなんでも押してもらったら、もっとキレイになれるって思っているってことですか?

私は、嫌ですね~。絶対に!

たっぷり取って、ささ~っと広げて、終わりです。

1分もかかりません。

決して押さないし、叩かないし、引っ張ることもありません。

だって、そんなことしても、キレイになんかなるどころか、汚くなりますからね。

 

今、これ読んでて、「私はちゃんとお手入れしているし、こすってもいないし(でも、顔を触っている時間は長い、あるいは、長いという自覚がない)、スキンケアはちゃんとしている!」と思われた方、

お肌キレイですか?

肌の悩み、ないですか?

顔が赤いとか、乾燥しているとか、毛穴が目立つとか、シワやたるみが多いとか、シミが多いとか、全体にくすんでいるとか、すぐに化粧品に負けるとか、合う化粧品がなかなかないとか、その他もろもろ。

 

ほんとにちゃんとできているんだったら、もっと肌キレイだと思いますよ?

(すっごく汚いのに、全く自覚のない方も、ごくまれにいらっしゃるので、そういう方は、美容医療は向きません。

私はそう思いますね~。

だって、もうすでに、「キレイ」の基準が違いすぎるから、何をされたいのか、どうなりたいのか、私にはわからないですね~。)

 

何度もこのブログで書いていますが、

赤ちゃんにしないことは、自分にやらないっ!

まあ、赤ちゃんに、ファンデや日焼け止めを塗ったらダメですが、もし仮に塗るとしたら、どうやってさわるかな~、というのが基本の触り方です。

赤ちゃんに保湿剤塗るのに、ず~っと押したり、叩いたり、ひっぱたりする人、いませんよね。

 

こういう話をする人は、

赤ちゃん産んでないからわからない、とかなんとか言う方がごくたまにいます。

私だって、産んでませんよ。赤ちゃんを触る機会も、ほとんどないし。

たかがその程度の想像力もない方は、スキンケアは無理です。

こんな一番簡単な例えがわからないなら、一体どこから始めたらいいのか、私にはわからないし、お金と時間をどれだけ使う気なのかな~と思います。

以前なら、こういう方はもううちでは無理と思っていましたが、今だったら栄養療法ですね。

栄養で、皮膚のほうに強くなってもらうんです。どんなスキンケアをしても、耐えられるように。
(これも、お金と時間は余計かかるかもしれませんね。。。

しかも、いくら強い皮膚を作っても、人間の皮膚ですから、象やカバじゃないので、こすっていたら、いつか汚くなりますね。

肌にだって、機嫌がありますからね。機嫌を損ねるでしょうね。)

 

 

お金も時間もかけずに、キレイになれる方法があって、すぐしかも実践できるというのに、それだけでも、自分で皮膚の老化の速度を変えていけるんだから、こんな素晴らしいことって、他にないですよ==!!

 

まあ、皮膚を触りすぎている人に、肌のキレイな人というのは、私は見たことがないです。

虫でも、小動物でも、ず~っと触っていたら、死んじゃうでしょ?

ストレスなんですよ。いやなんですよ、死ぬほどね。

皮膚も同じです。

触らんといて~!って思っているんですよ。

でも、顔を洗うとか、保湿するとか、日焼け止め塗るとか、化粧するとか、最低限しないといけないことってありますよね。

今、日本で、普通に暮らしていくんだったら、必要なことですよね。

やらなきゃいけないんだから、せめて、皮膚が嫌がらないように触ってあげないといけないんですよ。

過保護にするのではなく、愛護的に、必要なことはしてあげて、いらないことは止めてあげる。

子育てやペット育てるのと同じですね。

育て方を間違うと、大変な目に遭う運命になるであろうことくらい、想像できますよね。

 

今、皮膚で悩んでいる方は、この機会にすべて見直してみましょうよ。

何かが間違っているだと思います。

ボタンを掛け違えただけかもしれないし、そこから悪循環にはまったのかもしれないし。それは経過と今の肌の状況を診ないとわかりません。

でも、何かがうまくいっていないから、そこまでひどくなっているわけです。

この年末年始のお休みを利用して、今一度見直してみてください。

 

さて、久しぶりの美容医療ネタ。

今更ですが、年末年始の人気に美容医療は、光レーザー系は、いつでも人気ですが、イベントの増えるこの季節、いつもやっていないメニューやたまに追加されているメニューをされる方が多いです。

例えば、タイタンとかのたるみ治療系ですね。

うちのタイタンは、むくみやすい方には即効性があるので、実は密かに人気です。

 

でも、肝心の自分に忙しくて全然できません。。うう。。

先日のセミナーの前に、レーザー各種、ついでにボトックスもヒアルロン酸もフルコースでやりたかったんですが、全く何もできず。。うう。。

まあ、誰も見てないッちゃーみてないので、まあいいんですが、こういう時になんか悪あがきをしたくなるのが、女心ってやつですか?

レーザー各種をしている時間がなかったので、せめて、目の下にヒアルロン酸くらい入れておこうかと思いましたが(どちらにしろ、時間もなかったんですが)、そう思った時点で、3日目前かな、。

こういう時に慌てて入れて、うまくいけばいいですが、万が一にも内出血したら、その日の気分は、最高にブルーです。。

ものすっごい賭けですね~。

患者さんには、個人的には勧めませんよ~。万が一ってことがあるから~、といいますが、カバーファンデまで用意したから、何かなっても何とかするからやってほしい、と慣れている方が言われたら場合は、まあやります。ご理解の上なので。

 

さて、自分だったら、やっぱりしませんね~。

万が一を考えると、やったらいけませんね~。

美容医療の場合、こういう判断が大切です。

自分の顔にするのってただでさえ、メンドクサイのに、時間がない中で、焦ってやって、ろくなことがない。

ま、時間もなかったのが幸いして、やりませんでした。

 

で、今回、今年最後の診療が終わったら、そのあと、やります~(予定)。

今度こそ、やりたいですね。

タイタンでしょ、ジェネシスでしょ。ライムライトでしょ。トーニングも違うことしてみたいです。

ボトックスも長いことしてませんね~。ヒアルロン酸も。

AC BODYもしたいし、トゥルースカルプもしたい!

そうそう、トゥルースカルプを顔にあてるということを、結構されていらっしゃるクリニックもあって(メーカーは顔用には作っていませんし、勧めていません)、私も自分の顔にちょっとやったことがありますが、続けてやっていないので、また恐々やったので、なんとなく聴いているのかな、レベルでした。

続けてやってみたいな~。

このトゥルスカの顔バージョンを、患者さんでモニターを募るかどうかが、思案のしどころです。。

 

休みの日に、寝たばかりいないで、なんとか起きて、やりたいです。

とりあえず、目の下のヒアルロン酸だけでも。。あと、ボトックスとね。

 

アラガン社から出ている、「グラッシュビスタ」。まつ毛の発毛剤であり、育毛剤でして、現在唯一厚生労働省承認の医薬品のまつ毛育毛剤です。

医薬品ですから、必ず医師の診察が必要です。

 

さて、アラガン社から、このグラッシュビスタの販促品と言いますか、販促品なんですが、ポスターやら患者さん用のパンフレットやら送ってきてくださってまして、パンフレットは、患者さんにお渡しできましたが、ポスターなどは開封せずにそのままでした。。すみません、時間がなかったので。。

 

昨日、アラガンの担当の方とお会いした時に、あのポスター、クリスマスバージョンだそうで。。。

 

http://www.matsugeclinic.com/

くまつ毛先生のサイトです。

 

こちらの「くまつ毛先生」ですが、メスですよね。。

グラッシュビスタで伸びたまつ毛というか、もともと長いまつ毛なのか、わかりませんが、もっと宣伝だったら、わかりやすくしないとね!

例えば、ドラッグストアのマスカラで、少女マンガのお姫様の絵(ベルサイユのばらのマリーアントワネットみたいなやつ)みたいに、まつ毛バチバチにしたほうが、インパクト、あったんじゃない?

医薬品で、あそこまでいくとちょっと下品かなと思いますが、宣伝だったら、ちょっと度が過ぎても、ありかな~って。

あと、目の開いているバージョンも作ってほしいですよね。

 

 

 今日はクリスマスイブですね。

って、キリスト教徒ではないので、ほんとは関係ないんでしょうけどね。

私は、鶏のモモ焼きが好きで、学生時代、ニチイのスーパーの鳥屋さんに、わりとしょっちゅう買っていたら、鳥屋のオジサンに、「ももでっか~?」と言われるようになってしまいました。

このシーズンになると、そこら中でもも焼き、しかも安いのから、ちょっといいのまでピンキリで売られているので、目移りしてしまうくらい、嬉しい悲鳴です。

あと、やはりケーキですが、糖質制限をして困っていましたが、ルーブさんから糖質制限のクリスマスケーキが出たので、予約していて、今日届きました!

IMG_20151224_105544 箱もクリスマス使用~

IMG_20151224_105606 チョコのロールケーキですが、ブッシュドノエル風になっていて、冷凍で届きますから、解凍してからです。

解凍したら、食べる前に、デコレーションを飾って、いただきま~す、って、まだ解凍中です。

もういけるのかもしれませんが、今日はもう食べすぎておなかパンパンなので、また明日。

 

クリスマスケーキは大きいから、頼むのを忘れていた、と言った1方々には、ルーブさんの、チョコレートケーキミニと生チョコレートが入荷しています。

数に限りがありますので、欲しい方は、お早目にご連絡ください。

ちなみに、賞味期限は、1月12日だったと思います。

 

今日、クリスマスプレゼントと言いますか、素敵なお手紙いただきました。

綺麗な封筒に入ったお手紙で、先日の私のオーソモレキュラーのつたない講演を聴いてくださった歯科医の女医さんでした。

お礼のお手紙と言いますか、読み終わった後、胸にジ~ンときちゃいました。

ほんとに、ありがとうございます。

 

たまに、私のブログを読んだ方からお手紙をいただくことがあります。

すっごい嬉しいです。

私の発信した情報で、その方が少しでもお肌がきれいになったり、体が元気になったりしていると、嬉しいですね。

形で見えるといいますか。。かなり感動ものなんです、。

 

 

 

 

今日は、久しぶりにちょっとのんびりできました。

ありがとうございます。

 

あ、ちなみに、昨日の患者さんは、栄養解析の血液検査はされていません。

症状や摂ったほうがいいと考える栄養素やおすすめするサプリの種類や量によって、採血しなくても処方することがあります。

ケースバイケースです。

ただ、診察もせずに、話も聞かずに、サプリだけカウンターで買う、といのは、うちでは絶対にやりません。

症状の改善のために作られたサプリですから、話を聞く・説明をする、という診察が必要です。

たくさん飲みたい!となったら、検査が必要なこともあるし、種類のよったら(特に、ビタミンDとか)、検査しないと処方しません。

たくさん飲めばいいというものではないので、必要量も人によって違うし、他の人と同じ量を飲んだらいけない方も多いのです。

そこが、その辺のサプリと違うところです。

実際、効きますからね~。

 

さて、今日は、宣伝がむちゃくちゃされている、「コンドロイチン・グルコサミン」の話です。

 

こちらは、国民生活センターで、2008年に調べた結果です。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20080807_1.pdf

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080807_1.html

 

 

どうして、こんなテストを実施されたのかというと、消費者からの問い合わせ(というか、クレーム?)があまりにも多かったのと、宣伝広告がひどいものが目立っていたからかもしれませんね。

テレビのCMを皮切りに、テレビショッピングや新聞の折り込み広告など、膝の関節が気になるご年配の方の弱みに付け込むというか、あまりにも誇大広告も多いですよね。

イメージ戦略も強いというか。。どこにも「効く」なんて表示はないのに(「効果を約束するものではありません」みたいな、ものすごく小さく表示されていたりね。

あまりにもひどい粗悪なものが、サプリメントとして、大量に市場に流通していて、誇大広告ばかりで、クレームばかりセンターに寄せられて、なんとかしないといけない、ということで、今年の4月から、「機能性食品」という、枠組みができて、ある程度のことを言うのに、根拠を示せ、みたいな感じでしょうか。

ただ、こちらは、厚労省管轄の、「特定保健用食品(いわゆる、トクホ)」とは一線を引いています。

トクホは、かなり効果を言ってもいい。実際、言っているCM,多いですよね。

ちゃんとデータを出して、審査を通ったわけですから。

こちらの審査はかなり厳しい。時間も(きっとお金も)かかる。

 

機能性食品に申請する時のデータなどは、第3者機関がチェックしているようですが、トクホほど厳しくない。

でも、ある程度の効果を言っていい。(この辺がポイント!)

言ってみれば、企業が勝手にデータをあげて、言ったもん勝ち!の世界にしようと思えば、できないこともない。。

ただ、大手のちゃんとしたメーカーは、これで消費者の信用を失ったら大変ですから(期待させておいて)、結構慎重に申請されていることもあるのかなと。

この辺がね~、消費者からしたら、わかんないですよね~。

一応、そのデータ(根拠)は、どなたでも、消費者庁のHPに、閲覧できるように、全て載っていますが、おそらく、何十うページにもわたるデータで、私たち医療関係者でも読んで理解するのは大変だし、まして検証だなんて、やってられません。

そのうち、学会のほうで、トクホみたいな認定するシステムみたいなのができるのではないでしょうか。

 

さて、コンドロイチン・グルコサミンに話を戻します。

 

この検証をされたのがかあんり古いので(2008年)なので、当時の話ですが、テストされたメーカーはすべて、実名で載っていました。

国民生活センター、素晴らしいですね!引き続き、もっと消費者のための頑張って欲しいです。

 

この中で、えげつないなと思ったのが、「胃の中での溶けやすさ」の項目ですが、

なんと!18銘柄調べて、その半分の9銘柄が、30分経っても、カプセルが崩壊しなかったそうです。

30分で解けないんだったら、そりゃ、もっと時間をかければ溶けるのかもしれませんが、そんなもの、サプリとして売るなよ!と思います。

30分かかって解けないだったら、全く解けずに、ウンチと一緒に出ていっているカプセルもあるかもしれない、ってことですよ。

なんじゃ、そりゃ!

一体、何分で解けたのか、までは実験されたわけではなかったですが、「問題がある」と判断され(そりゃ、そうだ)、製造方法を見直すように、業界に要望されたようです。

 

また、表示されている量も、全然入っていなくて、表示よりも無茶苦茶少ないのに、全くいい加減に、たくさん入っているように、表示されていたわけです。しかも全商品。

ここで注目ですが、参考品までに、医薬品のコンドロチン(硫酸ナトリウム)も調査されていて、こちらは、表示通りの量がちゃんと入っていました。

医薬品ですから当たり前、とお思いでしょうが、はい、医薬品ですから、当たり前です。

医薬品として、厚労省から許可をもらうということは、もちろん完成品が表示通りの量が入っていないと、そんなもの、薬でもなんでもないですからね、許可がおりません。

市販のサプリは、医薬品ではないので、そこまでチェックする義務は、まあないわけですが、メーカーが勝手に、多めに書いたっていいわけですよ。知らんぷりです。

だって、誰もチェックしませんからね。

(で、今回、国民生活センターで調査されてくださったわけです)

 

しかも、メーカー側は、表示通り入っていないことをわかっていて、そのまま大量に入っているかのような表示のまま、売られていたものも。。

わかっているということは、調べただけマシ、ととるか、調べもしていないメーカーよりマシ、と取るか。。

 

詐欺のようなサプリですが、コンドロイチンの場合、サメ軟骨から作っているように表示があると思いますが(ほとんど全部?)、

これまた、なんと!

調べたら、海の生物ではなかったものが、いくつかあったそうです。。

「陸」のものから作られているようです。。

まさに、詐欺ですよね。

アレルギーの問題もあるでしょうし、宗教上の問題もあるでしょう。原材料まで嘘だなんて。。ひどすぎますよね。

 

そして、極め付けが、医薬品並みの効果をうたっているものがあるようで、「薬事法の抵触のおそれがある」とされていましたが、買う側からしたら、医薬品と変わらないイメージしか抱いていないと思いますけどね、そういう広告って。。

 

 

ほんとに効くんだったら、いいと思いますよ。

でも、効きもしないのに、すごいたくさん入っていて、すごい効くような宣伝しておいて、医薬品よりも安めに設定されていたら、買う人、そりゃいますよね。

安いからって、とびつくほうも、もうちょっと考えましょう、ですが、一番悪いのは、こういう質の悪いメーカーです。

自分で自分の身は守るしかないですよ=!!

 

テレビや雑誌やネットで、例えば、「○○がいい」となっていたら、情報源も確かめずに、すぐに安い!と思ったのを、買っちゃうでしょ。

そんな安い値段で、いいもの、売っているわけないじゃないですか~。

サプリなんて、まじめに作れば作るほど、値段は高くなるし、原価が高いのに、そんなに利益のせられませんから(販売価格がかなり上がってしまうから)、メーカーに、ムチャクチャな利益なんか出ませんよ。

どこのメーカーも、儲けるためにやっているんですから、まず考えているのは、原価率です。

販売価格をまず設定して(売りやすい価格といいますか)、これくらい、あるいはそれ以下の原価で作って、と研究員や下請けメーカーに言うわけです。

 

何を買っていいのかわからない人は、とりあえず、「飲まない」ことですね。

何度もブログ書いていますが、その分、食費にかけましょう。

動物性たんぱく質をちゃんとたっぷり食べられる人は、それほど体調で困ることって、少ないと思いますよ。

たくさんお肉が食べられるってことは、体内年齢が若い、ってことですからね~。

 

私のブログでも何度か紹介しているビタミンDですが、ちなみに、血液検査も必要もないようなものを飲んで、一体何をしたいんだか、って感じです。

ちゃんとしたビタミンDは、体に貯まりますからね(効かせるだけの量までもっていくので)、なので、過剰症にならないように、血液検査をするわけです。

検査しないと、必要量も、処方する量も決められないので。

本当のDの効果を出したいなら、それなりの量がいります

市販のを飲もうが、クリニック用と言っていても、検査を必要としていない、ということ自体、そこまで貯まるわけがないから、いらない、ということです。

信じられない方は、一度医療機関で、ビタミンDの血中濃度を測ってもらって、確認されたらいいと思いますよ。

ただし、もちろん保険は通りませんし、かなり特殊な検査ですので、そいうことを知っている医者じゃないと、自費でもやってもらえません。

項目自体を知らないというか。。

私も、栄養療法をするまでは全く知りませんでした。検査会社によっては、やっていないところもあって、うちの検査会社も、外注に出されていますし、オーダー用紙にすら載っていませんので、備考欄に手書きで書きます。

かなり特殊です。保険診療では習わないことです(だって、保険が通らないから)。

 

サプリにも、いろいろあるのです。

 

 

 

 

 

今日は、久しぶりに診察に来られた患者さんのお話しです。

 

シミのためにライムライトを希望されて受診されたはずだったと思いますが、食事関係がいろいろとうまくいっていなくて、薬もちょっと飲んでいて、なかなか大変そうな状況。。

患者さんも、それではよくないことはわかっていても、なかなか大変だし、食事もうまくいかない、そして自己嫌悪を繰り返しているようでした。

でも、スキンケアも化粧品もシミも気になるし、ということで、うちに来られたわけですが、スキンケアはもちろん大事ですが、栄養状態の悪い皮膚に、無理やりレーザーや光を当てても、お金がとてももったいないです。

予算を全く気にしない方、正真正銘、領収書の額も見ないし、会計で金額をいう前に、もうカードを出しちゃうくらいのお金持ちの方、1万円が、100円くらいの感覚で過ごしていらっしゃる方、そこまでいかなくても、ほんとに、顔や体に、お金は気にしません、という方。

こういう方が、今レーザーしても効果が悪くても、ちょっとでもいいのであれば、やりたい、と言われた場合、(こういう場合は、お金も気にされないので)栄養療法も同時に受けていただきます。

スキンケアも最低限のことは始めていただいて、時間もかかるし、お金をかけている割りに、全然効果出ませんよ、とかなり念押ししたうえでなら、受けます。

まあ、光やレーザー治療するにしても、内容と、今の現状にもよりますが。

効率の悪いことは覚悟の上で、お願いします、という感じです。

 

でも、1回2万円や3万円って、結構な金額ですよね。

光・レーザー治療って、1回で済んだらいいけど、スキンケアも足りない、栄養も悪い、となったら、1回で大した効果が出るわけありません。

絶対出ない、とは言い切りませんが、貴女が自腹を切って、自分の顔で実験するのでよければ、ということです。

1回1回のレーザー・光治療を、値段以上の価値にするのも、患者さんの普段からしているスキンケアと栄養の賜物です。

貴重なお金です。

それだったら、スキンケアも頑張る、その間に栄養も摂る、必要ならサプリもちょっと飲むのを先にある程度やってから、光・レーザ治療、というのが一番お金がかかりません。

だって、それで、気が済む、というか、結構キレイになることもあって、ケースバイケースですが、とにかくいい方向には必ず向かうので(間違ったスキンケアや質の悪い化粧品を使っていたら、何してもダメですよ)

とりあえず、焦らず、地道な努力を始めてみてほしいんですが。。

 

でも、美容医療をやっていると、時々というか、実は結構いらっしゃるのかもしれませんが、説明してわかっているつもりでも、やっぱり他力本願というか、光・レーザー治療に、過大な期待を抱きすぎている方がいて、副作用や合併症のことや、効かない場合のことを考えていないというか、やる=キレイ、みたいに、もう頭の中にできあがっていて、軌道修正できない感じ、といいますか。。

 

こういう方がいらっしゃると、もうお互い、何も話しが合わないというか、どこまで行っても、平行線と言いますか、お互い、同じ話の繰り返しで、時々、なんで、こんな1時間以上のかけて、お金もったいないですよ、と説得しないといけないのか、と途中でいやになることもたまにありますが。。

(1時間以上かけて説得しても、私は絶対に、光もレーザーもあてませんから(あてていいですよ、あてたほうがいいですよ、というレーザーの提案はすることがありますが、それは受け入れられない。。。)、おそらく別のクリニックに行って、あててもらうのでしょう。

まあ、たいていどこでも、お金さえ払えば、効こうが効くまいが、悪化しようがしまいが、なんでもしてくれることが多いわけで、悪化したら困るから、すごく弱めで、てきと~に当てといて、回数がかかるからと、コースを買わせるパターンです。

よくあるパターンです。。

 

で、この患者さんの場合、自力で、たんぱく質をガンガン食べていくのは無理だろうな(急にはね)と判断したので、栄養療法のサプリを、1日1個1種類でいいから飲むよう、勧めましたが、以前に他院で栄養療法をして、かなり高額になったらしく、続けられなくて止めたトラウマというんでしょうか、嫌な思い出があって、説得するのに大変でした。

1日1個で、70円もかからへんやんっ!と、買おうとしていたちょっと高めの高機能化粧品を、もっと安い保湿のみの化粧品に変えるように説得して、サプリを1袋買ってもらいました。

(ちなみに、うちの経営としては、化粧品を買ってもらったほうが、純利益は高いです。

栄養療法のサプリは、原価が高いので(質がとてつもなくいいので)、患者さん価格もどうしても高めになりますが(市販のものよりは)、うちにそれほどの利益は出ません。赤字にはなりませんけどね)

 

途中で、化粧品を買いに来られたことがありましたが、診察はなしで、なので、サプリもなしでした。

(うちは、必ず栄養療法のサプリは診察が必要です。)

でも、初診時よりは、なんか調子がよさそうな感じはしてました。

 

今日、来院されて、入ってこられたら、とても元気で、お肌もピカピカつるつる!

BBクリームを塗っていても、化粧を落とさなくても、とても肌の状態がいいのが、一目ですぐにわかります。

もうツヤが全然違いますから!

若い人はほんとにすぐに良くなりますね。でも、これは、患者さんが食生活もスキンケアも含めて頑張ったからですよ)

表情も別人みたいに明るいし、ほんと生まれ変わった感じです。

いろいろ飲んでいた薬も必要なくなって、体の負担もなくなって、どんどんいい方向に回っています。

そうなったら、そりゃ、皮膚は、どんどんキレイになります!素晴らしい~!!

 

こうなったら、お金の余裕があれば、光・レーザー治療してもかまいませんが、肌がきれいになっているので、シミも目立たないし、これだったら、レーザーのお金で、化粧品と食費と、できれば、ちょっとのサプリで様子見たら、いいんじゃないのかな。

とてもきれいな肌でした。

頬っぺたの赤みも、病的な炎症の嫌な赤みではなく、若い娘さんらしい赤みで、とてもいい感じ。

 

いや~、良かったです~!

彼女の喜ぶ顔を見れて、ほんとによかったです。

 

今日は、仕事がなんやかんやと終わらなくて、大丸も閉まってしまい、晩御飯どうしようかな=と(今日は、家に帰っても、家族はいなくて私一人なのです)、今から帰って、近所のスーパーに買い物に行ってから作るとなると、メンドクサイし、食べるの余計に遅くなるし、、

 

こういう時は、ココン烏丸の、「オーバカナル」だっ!!

(フレンチビストロで、ラストオーダー22時で、23時閉店。カフェ使いもできるから、お酒は飲まなくても、飲んでもOK。アラカルトが充実で、予約してなくても、遅い時間だったら、ブラッと立ち寄れるのです。もちろん、おいしい~!!)

9時20分くらいに入店して、

ミモザのグリーンサラダと、白レバームースと、なんとか豚肉のローストガーリックモツアレラソースと、赤ワイングラスで1杯。

(飲まなくてもいいんですが、こちらのお料理おいしいので、こうなったら、飲みたくなるのです。赤ワイン久しぶり~。しかも、ここのグラスワインは、おいしくて、お安め~!)

 

「おなか、空いてますか?」

「空いてます!」

思わず、力んで言っちゃいました。。

力んで言ったのはいいんですが、ソムリエのお兄さんから(といっても、私よりも絶対に年下。。)、多すぎると待ったの声が。。。

(ちなみに、私は、よくお店側から、多すぎですよ、と止められることがあります。。一人じゃないときもですが。。

恥ずかしながら、まだいただけます、という時もあれば、よくぞ止めてくださいました、ありがとうございます、という時と、一勝一敗っていう感じです。)

お兄さんがおっしゃるには、白レバーのムースが余計かな、と。。

じゃあ、食べ終わってから、考えます~。

残したら申し訳ないもんね。

 

赤ワインは、シラーでおいしく、サラダは、山盛りでした。。

そうそう、ここのサラダ、でかかったんだ。。

(すみません、写真撮らずに、食べちゃいました。。)

ここのドレッシングが好きな味で、スタッフとしてもぐりこんで、味の秘密を知りたいくらいです。

 

平らげたら、いよいよ、豚肉のローストをお兄さんが持ってきてくれました。

すごく多いわけでもないけど、少ないわけでもない。。多いか少ないか、と言われたら、お料理屋さんとしては、多いほうです。

ラストオーダー10分前。

 

レバームース、どうします?

 

もうちょっとだけ、なんか食べたいんですけど。。。

レバームースが結構大きいらしく。。う~ん。。食べれるかな。。(食べられるかもしれない、いや、どうだろう)

そしたら、厨房に半分にできるかどうか聞いてきてくださいました。

で、OK~(^^♪

ラッキーでした。

ラストオーダーだったからなのか、その辺はわかりません。何か食べさせないと、思ってくださったのかも。

 

ちなみに、ここのレバームース、白レバーで、臭みが全然ありません。

レバー苦手、という方は、一度ここのをお試しください。夜限定だし、いつもあるわけではないと思いますが。

(白レバーというのは、いわゆる脂肪肝なので、まったりとしています)

 

半分でくださいまして、無事平らげました。

 

後で、量がどうだったか聞かれてたんですが、やっぱりお兄さんの言う通り、そのままだったら、ちょっと多かったか。。

 

糖質制限ランチとしても、こちらのお店はとてもおすすめですが、夜もお手軽でいいです。お料理はでも本格派!お店の方々もみなさん親切!

 

晩御飯もよかったし、今日はいい1日でした。

 

カフェイン中毒で亡くなれた方が出ましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

夜間、夜通し起きていないといけない方、試験勉強の時など、眠いけど寝てはいけない時って、誰にでもあると思うんですが、私はせいぜい日本茶や紅茶くらいで、ああいうカフェイン系のドリンク(栄養ドリンク的なものも含めて)や、ましてあやしいサプリは摂りません。

カフェインの錠剤も胃の中から見つかったとニュースでやっていましたが、それって、薬局で売っているんでしょうか。

それとも、ネットで、個人輸入の怪しいサイトで買うんでしょうか。

ネットで買わない限り、ドラッグストアの店舗で買う分には、おそらく、あんまり無茶なカフェイン量は入っていないと思うんですが

(確かめたわけではなく、日本の規制や慣習などからいって。なにかリスクが出ては、大変なことになりますから、普通の企業は、安全対策はかなり慎重になっているかと思います。

ただ、ネットでいろんなものが売られているものまでは、目が行き届かないので、ちょっと無法地帯状態で、ほんとに何が入っているのか、わかりません。表示通りに入っている保証もありません。)

飲む側(買う側ですね)が、表示通りの飲み方をせずに、大量に摂った場合は、全然話が別ですね。

 

栄養療法をするようになって、自分の勉強も進むようになると、カフェインをあまり摂らないほうがいいな、と思うようになり、(カフェインで、私にとって、大事なミネラルが排出されてしまうようです)

今まで、かなりの緑茶を飲んでいたんですが(ほうじ茶も、紅茶も)、できるだけ、水か、麦茶に変えました。

飲みたい時は飲みますけど、カフェインの入った飲み物。かなり量は減りましたね。

 

栄養療法のセミナーで、循環器内科の先生が治療をした患者さんで、若い女性で、いきなり家で心肺停止、たまたま家族が泊まりに来ていたから異変に気付いて、救急搬送。AEDかで、救命されて、一命を取り留めた患者さんが来られた時の話をされていましたが、その女性の主訴が不整脈だったかな、忘れましたが、その女性も、眠いからとコーヒーをすごく飲んでいて、心肺停止になった日には、コンビニで売っている、カフェインの入った小さいドリンク剤みたいなのありますよね、それを2本飲んでいたそうです。

 

今回は、解剖されたので、死因が明らかにされたわけですが、もしかしたら、こういうカフェインにによる死亡(や心肺停止)って、現場に立ち会った人が気づいていないだけで、あるのかもしれませんね。

(日本国内初めてのカフェインによる中毒死、とニュースで言っていました。厚労省発表。)

コンビニで気軽に買えるとなると、手を出す子供も出てくるはず。

市販のサプリだけでなく、栄養ドリンクもそうですが、必ず、用法容量は守りましょうね。

夜中眠いのは、もう仕方ないと思いますが、午後の眠気は、はっきり言って、お昼に糖質をたくさん、食べたか、あるいは、糖質以外のものをどれだけ摂ったかですね。

血糖値を安定して保つ、といのは、言葉でいうのは簡単ですが、は、かなり大変ですよね。。

 

またまた眠いので、詳しいことは、次回書きます!すみません。。

眠いからって、カフェイン、取りませんよえ。

みなさんも、起こりませんように、お気をつけてくださいません。

 

 

 

 前回のブログ、最後のほう、寝てました。。すみません。。意味の合わない日本語は飛ばしちゃってくださいね。

また修正しておきます(まだ見てないのです)

 

さて、今日は、南座へ歌舞伎を観に行ってきました。夜の部です。

IMG_20151220_162131

IMG_20151220_162236

IMG_20151220_211914 帰りにライトアップされていた南座。綺麗ですね~。

 

中学だったか、高校の時だったか、学校から、南座に歌舞伎(だったと思うんですけど。。近松門左衛門の)を観に連れて行ってもらったはずなんですが、覚えていません。。

やっぱり、大人になってから、自分でお金を払って、自分の意志で行かないと、観よう!という気になりませんね。

栄養療法のセミナーのスライドを作っていた時、20日には南座に行くから、と励みにして、 寝不足を頑張ってました。

 

 

最初、組合からご案内が来た時に、特別席(桟敷ですね)1席¥27.000(!)1等席¥25.000(!)で、演目を見てもよくわからないし、まだ歌舞伎はいいかと思って申し込まなかったんですが、

この時点で、鴈治郎って誰?というレベルです。

その後、いろんなところで宣伝されているのを見て、海老蔵や愛之助も出て、この南座の冬の顔見世が、結構すごいことを知って、ああ、申し込んでおくんだったなと思っていた矢先、まだ席に余裕があるからどうですか?ということで、1等席のみでしたが、申し込みが間に合って、今日いってきました。

 

席は1回の入って左側、舞台から見たら右、すぐ横が桟敷でした。

3席横は、もう花道で、結構いい席なんじゃないの? (連れは、もっとあっちのほうがいい、とどこかを指して言ってましたが、よくわかりませんでした)

 

ちなみに、この席からは、花道を歩く役者さんはよく観えるし、最後の海老蔵さんの見栄を着るところっていうんでしょうか。ばっちり観えたし、やっぱり、とてもいいお席なのでは?

ありがとうございます!

 

高島屋で、お弁当ならぬ、ごはんなしのおかずだけ、京都の老舗のお料理屋さんのお料理ばかり集めているコーナーで買いました。

幕間のお弁当の代わりにいただくのです。

高島屋に行ったのは久しぶりで、大丸よりも広し、売っている商品は全然違いますから、ちょっと興奮しますね。

せっかく高島屋に来たんだから、と和菓子コーナーをチェックしたら、今西兼のおはぎがまだあって、買っちゃいました。

今西軒のおはぎ、むちゃくちゃおいしいのです。

クリニックから自転車ですぐなので(地下鉄五条液から歩いて、ほんとすぐです)

めんどくさいので、久しく行っていませんでした。(すぐに売り切れるし)

大丸には、今西軒のおはぎ、売っていないんですよね~。

(久しぶりに食べたら、おいしかったですけど、昔ほどおいしくない。

これは、私が糖質制限をちゃんとできるようになって、糖質全般に言えることです。

中毒が抜けてしまうと、おいしいけど、前ほどの感動というか、衝撃がないです。

なので、無理して食べなくても、となってしまいます。

また、質の悪い糖質をたべた後は、血糖値が下がって、具合が悪くなるので、あまり食べようとしなくなるのです)

 

さて、海老蔵さんですが、声がとてもいいですね。

よく通るし、やっぱり出てきただけで、他の役者さんとなんか違います。

オーラーっていうのか、「華」がありますね~。主役になるべくして生まれてきたような方です。

顔だちもとてもきれいですし。

本物はやはりとてもかっこよかったです。

 

すみません、またとてつもなく眠いので、続きはまた明日!

 

 

すみません、今日は早く切り上げたんですが、テレビのスターウォーズを観てしまいました。

多分、来れ観たのは、初めて? 当時8歳だから覚えていませんね。

どれかを映画館に観にいったんですが、小6卒業の後だったか。。覚えていないです。。

時代を感じましたね~。

しかも、前の公開から、10年も経っていたなんて。。。

 

 

さて、若い患者さんからの美容医療相談はもちろん多いんですが、この「若い」っていくつのこと?とお思いでしょう。

私からしたら、30代なんて、まだまだ!全然若いっ!!

30代前半なんて、私からしたら、20代と同じ!

そういう意味で言えば、20代前半なんて、10代と同じ感覚です。

 

いくつの年齢でも、性別も関係なく、正しいスキンケアは、美肌と若々しく素敵にいたかったら、続けましょうね。

あと、口から毎日摂る栄養がとても大事です。

だって、食べたもので、貴女の肌は作られています。動物性たんぱく質をたくさん、しっかり食べていれば、ほんとに皮膚はピカピカですよ~。

 

レーザーや光治療は、無理のない範囲でしたらいいと思います。

スキンケアがちゃんとできていることが条件ですけど。

30代前半くらいまでだと、たるみ治療は、そんなきついのはいらないと思っています。

うちのメニューであれば、基本、ジェネシスくらいで十分ですし、どうしても気になる!(20代前半の時と比べてしまいますからね~)というのなら、たま~にタイタン足す、くらいで十分です。ええ、ほんとに。

30代半ばくらいまでは、シワよりも(ジェネシスくらいはいいですが)、シミかな。色の治療ですね。

(そのためには、しっかり日焼け止めを塗らないといけませんが)

 

注射系は、例えば、鼻や顎の形を整える、というのは、これは、自分で努力したから、鼻や顎の形や高さを変えれられるものではないので、これは、プチ整形と言われますが、変えたい方は、仕方ないです。きになるなら、やるしかないですが、最初は、ちょっとずつ、少量ずつにしたほうがいいと思いますよ。

 

同じ注射系でも、ボトックスでシワを完全に、結構な広範囲で、止めるのとか、ほっぺたパンパンにする、というのは、私は反対です。

 

朝のテレビの情報番組ってあるじゃないですか。

東京はどうなっているのかわかりませんが、おそらく東京以外は、地元の地方局の番組がどこでもやっているんじゃないでしょうか。

東京の番組って、朝からでも、出ている方は、全国ネットの方々、というイメージがあるんですが、どうでしょう。

関西の情報番組で、女子のレポーターの方が何人かいらっしゃるんですが、若い方が大半なのに(だと思うんですが。。どんなにいっていても、30代前半かな、と踏んでいます)、なぜか、頬っぺたパンパン!みたいあなのが目立ちます。。

なんで、こんなに入れるかな。。?

 

生まれつき、というか、もともと頬骨の高い方。ほっぺたの上半分に、結構脂肪と筋肉がついていて、帆ほぼべが一見出ている方というのはいらっしゃいますから、私が勝手にパンパンマンと決めつけているだけかもしれません。

昔の写真を観ないと、それはわかりませんよね。

 

でもね、ボトックスをやりまくっているんだと思いますが、笑おうがどんな表情をしようが、目の周りに全くシワが寄らないっ!!

そんだけ、顔くしゃくしゃにしたら、子供でもシワ、寄るっちゅーっねんっ!!

目の周りがあれだけ、不自然になると、頬っぺたのパンパンも、「頬骨の高い人」だったとしても、そう見えなくなっちゃうんですよね~。

顔中、注射かっ!となっちゃいます。

 

若い人はね、ボトックスはしたい人はしたらいいと思いますが、(リスクや副作用は、覚悟したうえでしてくださいね)、ボトックスも、どこにやるのか、によりますが。。

若いからと言っても、やりすぎ注意です。

そういうのを、注意してくれたり、止めてくれるクリニックに普段から行っておく、というのも大事でしょうけど。

 

若いとね、ほんとに肌はピカピカでね、マットなファンデや粉を付けたって、隠し切れない肌のつや、というのが本来はあるはずです。

なのに、化粧品選びやスキンケアを間違っていってしまうために、どんどんお肌もボロボロに。。

 

中の栄養をなんとか今のうちにしておかないと、ほんとに大変なことになっちゃいますよ。

ピカピカのお肌って、あこがれませんか?

 

若い方でも、注射系をやる場合、あるいは、おすすめの時って、頬がこけている方とかが膨らますのは、もう仕方ないので、したったら、するしかないかなと。

 

ケースバイケースですから、なので、新札が必要になってくるんですよ~。

 

 

 

 

1 / 212