プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2015年12月02日



今日、梅田の阪急百貨店に行ったら、上の広場のところに、おおきなオブジェというのか、シャンデリアというのか、なんていうんでしょう。

キラキラしてて、とてもきれいでした。

クリスマスまででしょうか。ぜひ、お早目にご覧ください。

DSC_0043

 

さて、私は普段ほとんど口紅をつけないんですが、まあ主義というわけでもなく、めんどくさいのと、いつみぎりぎりまで食べたり飲んだりしていることがあるので、つける時間がないというか、つける気がないと言いますか。。出かける時は、さすがにつけますが、ちゃんとしないとな~とは思っていても、習慣がないので、塗らない毎日。。

季節が変わると、時々、その季節の新色が欲しくなって買う時もありますが、たまにしか塗らないから、ほんとに減りません。もういい加減、捨てないとね。

 

栄養療法をやるようになって、食品添加物はもともと好きではなかったところに、拍車がかかるというか、あまりそういうのを摂っていないと、たまに食べると、昔ほどおいしくない。。

場合によったら、まずい。。その時はよくても、続けて食べると、ほんとに食べたくなくなります。

それがどんどんひどくなってるといいますか、添加物が入っていないほうが、おいしく感じるというか、探知機か?と思うこともあります。

 

でもね、全部自分で作ったり、そういうお店ばかりにいけるわけでもないし、コンビニやお惣菜だって、食べるわけだし、それが前ほどおいしくない(添加物が多いと)というのも、いいんだか悪いんだか、と思うこともあります。

 

口紅をつけると、そのあと、かゆくなったり、ひりひりするというか、唇が嫌がっているというか。。

先日からちょっと出かける機会が多かったので、古い口紅もあったのかもしれませんが、やはり塗った後、銚子が悪い。

新幹線の中で、食事したら、ますますかゆくなって(敏感になっているところに、食べ物の刺激がよくなかったんでしょうね)、急にブワッとかゆくなって、やばいっ?!食物アレルギー?!と焦りましたが、食べ物は関係なかったです。

唇が一時的に敏感になっているだけでした。

どうせ、しばらく口紅塗らないし、そのうち落ち着くだろうと思っていたら、この急に湿度が下がった影響からか、ず~っと唇が乾燥していて、結構バシバシ感が気になります。

こういう時に市販のリップクリームを塗られることも多いと思いますが、リップクリームの中に入っている成分に負けることもありますし、良し悪しです。

で、一番無難なのは、ワセリンやアズノール(医薬品です)で、保護材としてもよく使いますが、それを唇に塗っていました。

ちょっと色が欲しい時は、ビューティフルスキンです。

(これは、ワセリンに、本当のミネラルで色がついているだけで、イランものは一切入っていませんので)

 

ただ、保護はできても、色はそれほど残らないし、濃い目の色は出ないんです。

そのうち、唇の機嫌も(刺激をしていないので)直るだろうと思っていたら、機嫌はあまりよくない。

悪くはないけど、乾燥感は続いていて、これでまた週末口紅塗ると、唇、キレるだろうな~、と。。

体が口紅、止めろ~っ!!と言っているのか。。

 

。。ちっ、メンドクサイ体になりやがって。

 

と、一瞬思っちゃいましたね~。体、ごめんね。

体は私のためを思って、止めるように言ってくれているわけですが、塗りたい時は、たまになんだから、塗らせてくれよ、と思っちゃいました。

 

とりあえず、古いのは全部捨てますね。

今年買ったのは、ちょっととりあえずおいておこう。

 

ビューティフルスキンで普段は全然OKなんですが、チークを忘れると、さすがに血色悪く(日焼け止めのBBを厚く塗るせいもあるんですけど)、口紅がないと、ほんとのお出かけがちょっと年齢も年齢ですし、う~ん。。

13日には、一応講演しますので、口紅くらい塗らないとね~。

 

年いってくると、若いころは、ちょっとひるんだ濃いめの色が、かえってこのほうがいい、と思うようになったりしますね。

顔がはっきりするというか、ある程度の濃い色をつけないと、ボヤ~っとした顔になっているというか。。

ああ。。年とったんだな。。とこういうところでも実感します。

 

なので、13日のためにも、もうちょっと色の濃い口紅が欲しいのです。

 

となると。。

 

どこのを買おうかな。。

 

。。やっぱりdプログラムか。

(資生堂の敏感肌用のシリーズの一部です。敏感肌用もいくつか種類がありますが、メイクアップ用品は、dプログラムしかないはずです)

 

敏感肌用のメイク用品って、ビューティフルスキンをのぞいたら、ほんとに敏感肌用なのか?!と疑いたくなるような商品が山ほど巷には溢れています。怪しいものが山のように。。ええ。。ホントに。

ミネラルと言っていても、ろくでもない添加物も入っているし、ミネラル混ぜればいいってもんじゃねーよっ!っていう商品も。

贅沢を言えば、やはり塗りやすくて、せっかくのメイクですから、塗っていて、楽しくなくっちゃね。

そういう敏感肌用のとりあえず試してみるか、という化粧品は、探せば他にもありますが、塗り心地などと発色も考えると、買っても使わないだろうな。。というようなものはいらないわけです。

で、dプログラムを思い出しました。

 

どこで売っているのかな~、と(スーパーでは見かけたことが昔あったんですが、あまりデパートで見かけた記憶がなく。。)ネットで検索すると、なんだ、阪急百貨店で売ってるやん!(阪急にちょどいたので)

ラッキ~っ!!

 

資生堂に行きましたが、どうも口紅とかが並んでいるのはありません。

店員さんに聞いてみると、カウンターのところに座って、テスターなどを直に見せてもらう感じです。

(主力は、他の商品であって、でも困っているお客さんもいるから、ひっそり売る感じでしょうか)

DSC_0044  1本2000円と消費税です。

テスターだから、小さいのかなと思っていたら、現品も小さかったです。

小さいサイズで試せるのがいいですね。

薄い色はビューティフルスキンでいくとして、濃いめの色いろいろ4つ買いました。

DSC_0046 ブラウン系とローズ系とレッド系2本です。

レッドは濃いめの赤ですが、グロスッぽく透けるやつ、もう1本は、マイルドな赤っぽいベージュで、クリームタイプみたいな感じです。

どれもいい感じでした。

春になったら、オレンジ系とピンク系も欲しくなりそう。

口紅とかマニキュアとかチークとかアイシャドウって、見てるだけで可愛らしくて大好きなんですよね。持っていたくなるけど、あまり塗らない。。使えよ、って感じですけど。。

色素がコーティングしてあるんだったか、直接つかないようにしてあるんだったか、なんかそんなんだったと思います。

(この辺は、さすが資生堂の技術ですね)

塗っても、かゆくもひりひりもなかったです。今も大丈夫です。よかった~、とりあえず、見つかって。

とにかく外資系の口紅は、もう買わないでおこう。口紅くらいいけるかと思っていましたが、体は嫌いらしいです。

dプログラムくらいで、勘弁してくれ、と体にお願いしておきました。

でないと、今後、濃い色、つけれないかも?!

(ビューティフルスキンには、赤(真っ赤とかボルドーとかの深い色)がないのです。)

思った以上に持ちがいいです。(ワセリンと比較して、です。今流行りの添加物の多い口紅の持ちがいい、とは別物です、たぶん)

小さいメイク用品って、持ち運びも便利だし、なにより飽きる前に使い切れるのがいい!

 

マスカラも欲しかったので、dプログラムでマスカラがあるか聞いたら、ないそうです。。

やっぱり。。

添加物減らしては作れないんですよね。。ビューティフルスキンでも、マスカラ作ってほしいとお願いしたんですが。。マスカラはね~。異物ですからね=、目からしたら。

マスカラも、めばちこができて、体が嫌がったので、とりあえず、古かったせいもあるだろうし、13日のために買い換えました。普段、マスカラもしなんですが。。

グラッシュビスタでも、オバジのまつ毛のでも、私、メバチコできまして、体に怒られるのです。。

マスカラよりも、そんなんのほうが絶対いいんですけどね。

 

化学物質過敏症ではありませんが、体の声を聞いてあげないと、厄介なことになりますからね、今後のためにも、体にお礼を言っておきます。

ありがとう~!教えてくれて!!

 

みなさんもお気を付けください。

麻痺しちゃいますからね、添加物って。

禁断症状というか、口紅って、塗っていないと調子が悪い、となってきたら、止めるなり、なんか対策取ったほうがいいですよ。