プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 2016年01月



お久しぶりです。

ブログの更新をサボってしまって、申しわけありません。なんか忙しかったんですよね~。仕事が終わらなくて、家に帰るのも遅くなっちゃいました。

続きを書かなきゃ、あれ書かなきゃ、これ書かなきゃと思っているか間に、もう2月ですね!どうしましょう!

とりあえず、2月のキャンペーンのお知らせです。

2月と言えば、バレンタインデーで、バレンタインと言えば、各デパートでチョコレートの祭典が始まっていますね。今更、どなたかに差し上げるわけではありませんが、家族に上げるという名目で、自分もちょっとつまんだりと、楽しんですね!

 

糖質制限は一応できているので、あれもこれも、と欲しくはなりませんが、この時期でないと手に入らない、海外のチョコレートありますよね。なんとか受賞みたいな。

そういうチョコをちょっとだけ食べてみたいです。

 

糖質制限がうまくまだできない方で、チョコレートが我慢できないという方には!

 

糖質制限とろける生チョコレート

http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/detail.php?product_id=1

糖質制限アマンドショコラ

http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/detail.php?product_id=23

このどちらも、糖質制限と言われても、全然わからないくらい、よくできています。秀逸です!

糖質制限フィナンシェもいいですが、チョコ好きな方、多いですよね。

またチョコ買っちゃった!と糖質制限がうまく進まない方は、ぜひこちらで乗り切ってください。

当院でも取り扱いをしていますので、欲しい方はご予約を。フィナンシェもバラ売りを引き続きやっております。箱で欲しい方は、お早目におっしゃってください。

 

さて、2月のキャンペーン恒例の、サプリメント・化粧品、全て10%オフです。(処置されている方に限ります。)

サプリすべて、と言っても、栄養療法専用のサプリは特殊ですので、こちらは対象外です。

栄養療法専用のは、それはそれでまたキャンペーンをしますので、お待ちくださいませ。

試したかった商品を、この機会に試されるのはいいと思います。

1月に、キャンペーン対象の方には、たくさんサンプルテスターをプレゼントいたしましたが、試したいものがない、サンプルテスターがない商品もありますものね。特に、オバジなんか。。

オバジが向いている方と向いていない方がいらっしゃるので、使い方にもよりますが、ご興味のある方は、処置中にご相談ください。

 

2月は、寒い季節ですので、AC BODYもお勧めです。

ただ、患者さんがいけても、どれくらいのパワーでするのかがとても大事です。

栄養の足りない方は、下手したら筋肉を破壊するだけですので、お断わりしたり、軽いマッサージくらいの出力しか上げないこともありますから、ご了承ください。

 

以前より、オーガニック風化粧品を使っている患者さんが増えましたね~。

オーガニック風と言うのは、一体何がオーガニック化粧品なのか、何をもって、「オーガニック」と呼んでいるのか(勝手に、メーカーが、自称「オーガニック」と言っているだけで、誰かが証明したわけでもなんでもないので)、私には全くわかりません。

 

オーガニックがいいとそういう商品を買う人は、一体、何がいいんですかね。

食べる場合は、わかります。

そりゃ、野菜でも農薬なんて少ないほうがいいし、肉や魚でも養殖よりも天然(野生)だったり、飼育養殖されていても、餌に薬品などが入っていないほうがいいです。

でないと、食べる側の人間も、その薬が口から入ってしまいますから。

 

それを言い出すと、化粧品の材料になっている植物エキスに、農薬が入っていないほうがいいという考え方なんですかね?

ていうか、そこまで考えて、そもそも購入を決めているんですかね?

そこまでこだわるってことは、野菜も無農薬を購入されていたり、肉や魚や卵なども、より天然に近い形で飼育されたものを買っていらっしゃると?

それは、大変ですね~。

 

さて、そうまでして、植物エキスって入れないとダメですか?

何がそんなにいいんですかね。データーを見せてほしいな。イメージではなくて。

 

普通のどこにでもある化粧品に、「オーガニックエキス配合」しかもご丁寧に、「オーガニック認定」のエキス配合だか、商品自体で認定取ったとかで売り出しています。

今のご時世、「オーガニック」と書きさえすれば、何も考えない、イメージ戦略にまんまと乗っかった人達がいくらもで買ってくれるから。他の商品との差別化ですね。ただの販売戦略ですね。

その中身は、すっごい安物の界面活性剤てんこ盛りの質が悪い化粧品であっても、オーガニック化粧品を称賛している人達のいうところの植物エキスがものすごい微量~入っていただけで、いいんですかね?

そのエキス、一体、なんの役に立つというんでしょう。

 

本当のオーガニック好きという方は、基本

あまり美容皮膚科には来られないと思いますし、実際、少ないです。

オーガニック好き=本物のべジタリアン、という方は、診たことないかな。あったかな。

オーガニックで、シミを取れ(レーザーはダメ。ようはスキンケアで。使うなら、オーガニックみたいない化粧品で)という方が、お一人来られたことがあって、無理です、と断りました。

オーガニックは好きだけで、ベジタリアンではない、という方は、まだ一番マシです。

で、こういう方が使っていらっしゃるオーガニック化粧品は、大体老舗のオーガニックを使っていらっしゃって、(老舗のオーガニックだからと、全商品使っていいわけではありません。皮膚科学とはかけ離れているので、もみ殻などのスクラブが商品として販売されていたりするので、老舗オーガニックでも、止めさせることも多いです。

 

一番最悪のパターンが、なんちゃってオーガニックで、しかもなんちゃってベジタリアン、という二重苦の方です。

オーガニック風のわけわからん化粧品で、肌はボロボロだわ、動物性たんぱく質(特に肉)を全然食べていないので、栄養は普通の女性でも栄養失調なのに、さらにひどい栄養失調で、したがって、脳に栄養が回っていないので、判断力・読解力・集中力などすべてが落ちていて、メーカーの広告戦略に見事にはまっていきますね。向こう側にとって、都合のいい情報のみにどっぷり漬かっていますから、抜け出すのが大変で、洗脳を解いてこれないというか、もう考え方がずれているので、どこからどこまでおかしな思い込みをされているのかが、皆目わかりません。

1たかが1時間ちょっとのカウンセくらいでは、同じ次元の世界に戻してこれないです。

 

そういう患者さんの中には、「すっごい勉強しています!」と張り切って言われる人がいますが、その勉強したと言われるベースの情報が、あちら側の誘導しようとしている情報から得ているので、いつまでたっても、こちら側にはたどり着けないわけです。

 

スキンケア相談の患者さんの場合、初診時に使っている化粧品の名前(メーカー・商品名)は全部お聴きしていますが、時間のある限り、受診されるまでに一応全商品ネットで調べます。

ほぼ100%と言っていいくらい、ベンチャーの新しい自称オーガニック風化粧品で、全然名前も知らないことも多くて、どうして、それを知ったのかもお聞きすることもありますが、ほんとにネットのSEO対策に素直~に乗っていて、それがお金をかけて誘導していることに全く気付いていない。

こりゃ、どこの会社もSEO対策にお金かけるわな。

 

もうほんとに全部、そこの商品名で検索して、そのサイトをあけた瞬間に、あ========、、ろくでもない、と思います。

なんの根拠もなく、大きい字・派手な字で、「とっても優しい」「敏感肌」「オーガニック」「無添加」と単語の羅列で、あと、値段ね。今がいかにお買い得かどうかの誇張。

こういうところの商品って、全成分表示を探すのも大変で、ほんとにひどいところはいくら探しても見つからない。

もっともらしく、地球の環境を考えているような文言が、みんなしてコピペしたん?それとも、同じ会社が作ってるん?というくらい、似たり寄ったり。

見る人が見ればすぐにわかるHPなんですが、こういう単純であからさまなものをそのまま信じてしまうんですね~。

企業は、今って、楽ですね~。中身がなくても、こうやって、消費者誘導して質の悪いのを作っても、誰かが調査するわけでなし、好き勝手「優しい」とかなんとか言っていたら売れるんですからね~。

 

もうそんなところのHPを開けてみているだけで、むかむかして気持ち悪くなりますが、一応商品のところを見るまでは見ないといけませんから見るんですけどね。

 

こういうところに共通して書いてある最悪の宣伝文句が2つあります。

①動物実験はしていません。

②口に入れるものだから安全。

 

はあ~っ?!

 

まず、①ですが、そりゃ、動物実験しなくて済んだらいいですよ。

でも、料理作っているわけではないですからね。

いろんなものを一体どういう根拠のもとに混ぜて作っているのかしれませんが、配合を変えるだけで、化学反応というのは全然変わってきます。

天然のもの同士でも起こす時は起こします。

動物実験せずに、「刺激がない」なんて、どうやって確認しているんですかね?

老舗が作っているもので、大昔からわかっているような配合であれば(作り方も含めて)、歴史が物語るように、あまり問題にならなかった=売っていられる、のかもしれません。

でも、ベンチャー企業は違うでしょう。

動物実験をしてないということは、人間がいきなり実験台です。

大手(例えば資生堂や大島椿など、ちゃんとデーターを取っているところ。動物実験をどこまでされているのかまでは知りませんが、必要な場合はしているでしょうし、アトピコやドゥーエなどのシリーズは、ボランティアで敏感肌などの方を集めて、本当に刺激がないかというのを調べておられます。もちろん、敏感肌などの方の前に、いわゆる健康な人で大丈夫なことは確認済みの上での、敏感肌の実験があるわけです。)

は、そういうことをする場合、皮膚科医の協力のもとにされていますし、万が一、ボランティアの方がただれたり、かぶれたりしたら大変ですから。

資生堂のほどの大手でも、そういう実験をする時に、ボランティアの方の人数を集めるのは、とても大変ですよ。

ポッと出のベンチャー企業が、それほどの数で、安全性を確認してから、売り出しているとは、とても思えません。物理的に。

ということは、買っている消費者が、実験台そのものです。

それでかぶれたとか文句言われても、ネット販売が中心ですからね。もうアクセスできないようにHPたたんでしまえばいいわけで、あのカネボウや茶のしずくの時みたいに、えげつなく大勢が使っているわけではないので、少人数がかぶれたといったところで、社会的に問題視もされません。よくある話だし。皮膚科行って、化粧品かぶれですね、と言われて終わりです。

そんな堂々と、「動物実験していません!」と言っている化粧品、使いたくないな~、私。

水にグリセリン混ぜただけのとはわけが違うんですから。どうやって、安全性を確保しているんだか。。。

 

人間っていうのは、非常に傲慢で、他の生物を犠牲にしないと生きていけない動物です。

そこが、他の生物と違うところで、他の生物も自分が生きていくために、違う動植物を餌として食べて、その命を奪いますが、おなかが空いている分だけ食べますよね。残すってこともないし、必要最低限ですよね。人間だけが、必要以上に犠牲にしてしまうわけです。

かといって、ここまで文明にどっぷり漬かってしまうと、山奥で自給自足するわけにもいかないので、日々、犠牲になってくれた生物に感謝して大事に生きていくしかないと思います。

そんないかにもの言葉に乗っかるんではなく。

 

動物実験もしていない、マスカラやアイシャドウ・アイライン・目薬なんか、目に入る場合、絶対に怖くて使えませんけどね。下手したら、失明ですよね。

 

②口に入れていいものしか使いません、なんて、最悪です。

うちの患者さんで化粧品のことを相談された場合、食べ物は絶対に皮膚に塗るな!と言っています。

アレルゲンの分析までされた化粧品は別ですが。

(ちなみに、椿油は食用がありますが、大島椿に関しては、ちゃんと調査されているので大丈夫です。今日は時間がないから詳しくは書きませんが。なので、皮膚にオ天然オイルを使う場合、大島椿の椿油以外、私は勧めていません。

 

先に触れておきますが、茶のしずくで、重篤な小麦アレルギーを引き起こしたのを、みなさんお忘れでしょうか。

 

今日は遅いので、続きはまた次回に。

 

 

 

なかなか仕事が終わらなくて、帰宅時間が遅くなってしまって、ブログの更新が進みません。。すみません。

なぜか、仕事が終わらないんですよね~。なんでかな~?

 

さて、

お知らせが遅くなりましたが、以前にもご紹介した「ソイチェック」。

自分の腸の中で、エクオールが作れるかどうかを調べるキットです。

自分で、おしっこを入れてポストに投函するだけですので、簡単だし、キットはクリニックに来なくても、ネットで購入できるはずです。

引き続き、当院でも「ソイチェック」は取り扱っていますので、お年頃の女性(アラフォー以上)は一度検査されてみてください。

もちろん、男性も、若い女性もエクオールは一度調べておいたらいいと思います。

ちなみに、「ソイチェック」は、うちでは、¥4.100(税込み)です。処置中に、お聞くください。

 

そのチェックキットの続きなんですが、

「シオチェック」(食塩摂取量チェック:¥2.160(税込み))と「サビチェック」(体の活性酸素のサビ付き具合のチェック:¥4.100(税込み)と「ビフィチェック CLINIC plus」(腸内フローラチェック:¥16.200(税込み)です。

http://www.hc-sys.com/#!karadacheck/c1glw

 

ビフィチェックは、クリニック専用のようなので、一般用とは違うのかな、どう違うのか、よくわかりません。

先日、私も検査したんですが、(サビチェックはまだ)、ただいま結果待ちです。

検査自体がどんな検査なのか、どこまで調べてくれるのか、結果用紙を診ないとわかりませんが、とりあえず、調べてみてもいいかなと。

 

ご興味のある方は、キットを置いておりますので、どうぞ。

私がのんきに、SMAP解散回避と思っている間に、世間はまた大変なことになっていたんですね。。

SMA×SMAは、引き続き続けてほしいな~。

日曜日のサザエさんやらちびまる子ちゃんや鉄腕ダッシュ!と同じですもの。アイドルの枠を超えて、それぞれ自由にいろいろと活動の幅も広げながら、グループとしても頑張って行ってほしいな。

 

さて、今日は打ち合わせの後、実は、写真を撮るのです。

ちょっと写真が必要となりまして。。

さすがに、5年も前の写真をいつまでも使っているわけにもいかないかなと。。

いろいろ忙しくて、今日の午前中の打ち合わせの後、電話して予約だったんですが(無事終わりましたが)、この数日間、生理前のせいか、むくみがひどく、ふくらはぎにトゥルスカをあてて、かなりブーツがマシに履けるようになって、栄養療法も追加してから、ブーツはいつでもへっちゃら!になっていて、バックルで止めるタイプのブーツは、止める穴の位置も変えれるかも?!というくらい、余裕があったのに、昨日は、同じブーツなのか?!と目を疑うくらい、ベルトが回らず、したがって、バックルが全く止まらず、このベルト(飾りではないやつ)、どうすんねん?!

ぶらぶらさせて、家まで帰るかですが、、結局、ブーツの上から中につっこんで、おかしな恰好で帰りました。

 

そんなむくみMAXの中、顔の写真を撮るわけですから、そりゃもう、ひえ~っ!!という話なんですが、もう日にちがなくて。。。

とりあえず、むくみを取る漢方薬を飲んで、お昼ご飯は食べずに、時間もないことだったし、1食置き換えダイエットになるオーソプロテインを飲んで、さらにおなかが空いたからプロテインも飲んで、さらにさらに、顔の下半分と顎下にトゥルスカを当てました。

 

午前中打ち合わせがあったんですが、その資料を揃えるのに間に合わなくて、他にもいろいろ仕事があって、結局寝たのは今日の午前4時くらい。。7時過ぎに起きて、準備して、お使いもして、なので、お肌も疲れています。

睡眠不足は、肥満とむくみの原因にも。。。でも、仕方ない。

せめて、タイタンとジェネシス、ついでにライムライトもしてから、写真撮影に臨みたかったんですが、時間がなかったから仕方ない。

せめてもの悪あがきで、トゥルースカルプ(略して、トゥルスカ)を、頬の下半分んと顎下にあてました。

温めるので、リンパドレナージ効果があるので、むくみには効きます。

(根本的な治療ではないですが。。)

 

シミや赤みって、メイクでなんとかできることもあるし、パソコンで修整ってしやすいんでしょうけど、顔を小さく、痩せさせる修整というのは、かなり大変かなと。。

とりあえず、手っ取り早く、むくみを取るならタイタンはとてもいいのですが、時間がないので、トゥルースカルプを当ててみました。(メーカーは勧めていません)そのほうが、時間が短くて済みます。

 

トゥルスカを当て終わると、おお!ちょっと顔が小さくなりましたね。法令線もちょっと浅くなったかも!!

(脂肪まで減らしていくなら、回数は必要です。

顔にあてていいように開発はされていないので、患者さんが顔にあてたいと言われても、お受けするかどうかは、肌や状態によって違います。)

 

さて、簡単にメイクしてもらって、ヘアセットもしていただいて。

写真は、白衣を着て撮ることにしたので、髪の毛は垂らすのではなく(長いのです)、まとめるなり、くくるのが、白衣を着ている時のルールと私自身は思っているので、夜会巻きでシンプルにまとめてもらいました。

 

で、写真を撮っていただいたんですが。。。

 

できあがったデーターをみて、どの写真を選ぶのか、数を減らす作業をしていくんですが。。。

できあがった写真をみたら、びっくりギョーテンっ!!

 

顔、でかいっ!!まるいっ!!

ついでに、顎もフェイスラインも、丸すぎっ!!

(むくみだけではありませんが。。)

 

ほんとは、もっと痩せてから、銀座の資生堂でメイクしてもらって、そこの写真スタジオで撮ってもらうのを狙っているんですが、なかなか実現できません。。

写真って、1.3倍でしたっけ?1.5倍でしたっけ?横広がりに映るのって。。

綺麗に撮れたら、HPの写真もついでに変えようかと思っていましたが。。。6年間の写真でもうちょっといくかな。。

 

 

今日撮った写真は、「美肌加工」というのをしてくださるんですが(ニキビやシワなどを消していく)、小顔にはしてくれない。。うう。。。

 

まあ、いいや。今、データー修整中で、今回写真がいる分には、これを使いますが、HPの写真は、もうちょっとこのままかな。。

 

 

SMAPが解散しなくて良かったです~。

私の世代は、マッチ・トシちゃんになるのかもしれませんが、一番自分にとってのジャニーズは、やっぱりSMAPです。

もう25年ですものね~。

最近は、アイドルというよりも、いろいろ個性を発揮して、番組を楽しませていただいております。

時間がある時は、基本月曜日は、スマスマを観ているし、年末でしたっけ?年始でしたっけ?サンタクもよかったし、「ナカイの窓」も大好きです。夜中だから、毎回観ているわけではありませんが、中居くんもキムタクも好きですね~。

この間の「すべらない話」も面白かったですよね~。

(マッチのこと、ばらしていいの?とちょっとびっくりしましたが。。)

 

キムタクも、この間まで、なんかえらい日焼けして黒いし、赤黒い日もあったりして、髭はやして、肌にツヤはないし、年とったんだな~、もうちょっとかまったらいいのに、と一瞬思いましたが、そういえば、今時代劇の撮影中だったことを思い出し、役作り?(日焼けも、肌汚いのも?)なのかな、どうなのかな、と思っていました。

女優さんも俳優さんも、役作りで自分を変えなきゃいけないから、アイドルだと大変ですよね。

さっきの会見で、(京都の撮影終わったんですね)、髭もそられて、日焼けも落ち着いて、ちゃんと肌にツヤも戻って、キレイに出てこられましたね。

やっぱり役作りですか。

アイドルのSMAPらしく戻っていらっしゃいましたね。

 

できたら、謝罪会見で、中居くんとキムタクが抱き合うとか握手するとか、5人全員で抱き合うとか手をつなぐとかしてくれたら、盛り上がるのに~と思って観てました。いかにもわざとらしいかもしれないけど、観てみたかったな~。

(今日も仕事が終わらなかったですが、どうしてもスマスマに間に合いたくて、急いで帰ってきました。)

 

まあ、解散回避でよかったです。

 

今日は、東京で栄養療法のセミナーで、昨日診療が終わってから、品川に移動です。

昨日は全然仕事が終わらなくて、ホテルに着いたのが10時半くらいになっちゃいました。今朝は、ちょっと寝坊してしまいました。

(間に合ってはいますが。。出張の時くらい、朝は優雅に過ごしたいのです。またしてもばたばたと。。)

 

今日のセミナーは、ものすごく勉強になりましたね~。

 

心療内科や精神科の薬を飲まれている患者さんというのは、うちにもいらっしゃいます。

多くはないけど、まれでもないです。まあ、よくあることです。

ただ、初診時2,3種類くらいしか飲んでいなかったのが、3年ぶりくらいに来院されると、薬が10種類以上に増えていて、しかも1種類1種類は、1日4錠とか8錠とか、合計したら、20~30錠くらい飲むことになっていて、この3年間で、一体何があったんですか?!とビックリぎょ~ってんですが、なんのことはない、医者を変えたそうです。そしたら、病名が変わって、薬がガラッと変わったそうです。。

患者さんの体調などの自覚に変化があって、変わったわけではないそうです。。。

。。。前の先生のほうが良かったんじゃ。。。

 

久しぶりに来られた時には、もう栄養療法を始めていましたし、肝斑治療の再開を希望されましたが、これだけの薬を飲んでいたら、肝臓の負担は大概ですし、シミのためにこれ以上薬を増やすわけにいきません。

しかも栄養状態も悪いので、栄養状態の改善のほうが光治療よりもずっと大事で、しかもシミにも効きます。

予算に限りがあって、貴重なお金を使うのであれば、栄養状態が悪いのに光などを当てても、お金と時間ばかりかかるし、下手したら、合併症が出やすくなります。

スキンケアの徹底と栄養(食事も含めて)が一番大事です。

 

説得して、栄養解析(血液検査)をしたら、栄養状態もひどかったですが、いろいろと病気が見つかって。。。

(これだけの薬が精神科から処方されているのに、血液検査が全然されていないことにもびっくりです。。肝臓の機能くらいチェックしろよ、と思いますが。。)

実際、この患者さんに、精神科の薬が一体どこまで必要なのかはわかりませんが、少なくとも、血液検査で見つかった病気によるせいのうつ状態もありますし、ひどい栄養状態でしたから、そこからくるうつ症状もあると思います。

うちで処方できる薬は出して、その病気と薬が始まったことを精神科の先生に伝えるように言いましたが、何も反応はなかったそうで、

しかも、診察で聞かれるのは、「どう?」「変わりません」の一言で終わりで、薬が減ったり、増えたり、変わったりするそうで。。

薬の内容も診ましたが、よくわかりませんでした。その増やしたり減らしたり、変えたりする根拠が何もわかりませんでした。。

専門ではなにかがあるんでしょうか。。

 

確か、精神科の学会が出しているガイドラインだったか、教科書だったか、そういういろんな病気を検査して除外した上で、精神科の病気の診断をつけることになっているはずだったと思いますが。。。

一体、どうなっているんでしょう。。

ちなみに、この先生は、なんか専門でちょっと有名?だそうですよ。。

 

で、この患者さん、この先生にかかってから、たまたまなのか、薬が増えたことと関係あるのかわかりませんが、生理がとまってしまって、それをその先生に言うと、これだけ薬を飲んでいて、今まで生理があっただけ、ラッキーで、めずらしい、みんな生理止まっているんやから、と言われたそうです。。

(この医者は男性医師です。)

 

私は、薬の種類が多かったりするのは、専門じゃないからわからないにしても、この話を聞いて、この先生、最低やな=と思いました。

生理と薬、生理と精神科の病気がどこまで関係しているのかはわかりませんが(いろんなところでは繋がってくるとは思いますが)、せめて婦人科行くように言えよ!と思います。

例え、今後妊娠しようと思っていなくても、閉経するような年齢でなければ、女性は生理が定期的にこないとダメですし、生理が来ない=女性ホルモンのバランスが悪い=体のバランスもくずれる、いろんな病気を引き起こすきっかけになる、となります。

そのせいで、精神病と間違われてしまうこともあるのに、なんじゃそりゃっ?!

 

精神科の先生みんながみんな、こんな人ばかりではないです。

患者さんから話を聞いて、その先生、いい先生やな~、とクリニック名を聞くこともあります。

患者さんからしたら、有名=いい先生、みたいに思っておられますが、一体何が有名なのか、何がどういいのか、そこまでツッコまないと、あ==となることも多いです。

 

もし、心療内科・精神科で(とくにたくさん)薬をもらっていて、(勝手に急に止めるのは絶対にダメですよ)、でも、なにも検査されていないという方は、一度検査をされることをお勧めします。

もしそれで、低栄養や他の病気が見つかれば、体調がもっと良くなって、精神科の薬が減らせたり、なくせたりすることもできるかもしれません。

減らせなかったとしても、肝臓などに負担がかかっていないか、そのためにも検査をお勧めします。

最低でも、健康診断や人間ドッグは受けてくださいね。

 

HPやブログを読んでいただいている方や、すでにお越しいただいている方はご存知でしょうけど、当院は完全予約制です。

ナースがてきと~に施術するわけでもないですし、カウンセラーがいて、医者の代わりにカウンセリングをするわけでもないです。

処置に向いていない場合はお断りしていますし、ご希望の処置以外のほうがいいと判断すれば、そちらをお勧めしています。

全部ひとりでやっていますので、処置とカウンセリングを重ねて予約を取るようなことはありません。

その辺が、根本的に他院と違います。

一人の医師が、患者さんにそこまで時間を割いているクリニックは、まあ、日本広しといえども、まあないでしょう。

何度もブログでも書いていますが、そうなってくると、1日に診察処置できる人数に限りがあります。

初診の方のご予約で、念のため1時間はお取りしていますし、実際には1時間以上かかるわけですから、かなりの時間を初診の方には割いています。

なので、冷やかしとかてきと~な方が来ると、お互い困ります。

他力本願で、金さえ払えばやってくれるのが当たり前、のように思っていらっしゃる方は、うちには向いていませんし、なんでうちに来たの?と聞きたくなるくらい。

私のブログも莫大ですから、全部を読むのは短時間では無理でしょうけど、ブログ内をちょっと検索かければ、気になる症状や治療法について載っているはずです。

美容医療(栄養療法含む)も、考え方がお互い近いほうが、治療はスムーズにいきますから、根本的に考えた方の違う方というのは、予約電話の段階で、当院の受診を勧めていません。

絶対に処置できるわけではありませんとか、顔に金の糸が入っているとか日光アレルギーがあるとか、持病があるとか薬を飲んでいるなどなど、なにかあると、希望されている処置が無理で、他の代替案を提案する形になりますから、そういう場合でもいいのか(初診料がかかりますから。)、処置できない(スキンケアやサプリだけとか)場合でも初診料は返しませんとか、言っているわけです。

(どうして、処置できなかったら、初診料を返してくれると思うのか、不思議でなりません。

初診料は初診料、処置料は処置料なわけで、全然関係のない話です。初診料=診察料+カウンセリング料であって、処置代金ではないでしょう。(日本語からして違う)

 

でも、そういうことをあらかじめ言っておかないと、文句を言う人がいるから、わざわざ予約時にそれでもいいのか聞いているわけで、でも、文句を言うような人というのは、こちらが聞いても、聞き流していて、結局聞いていない、それどころか、自分は絶対に処置できるとか、シミやシワが全くキレイになくなると思い込んでいるので、そんなところには考えもいかない人というのが、ごくたまにいます。

で、初めての予約の電話で、先に伝えておくこと、確認することがどんどん増えていくわけです。

高い交通費と初診料と時間をかけて、希望の処置ができなくて(当院では、としておきましょう)、代替案も全く受け入れず、「できないなら、電話で言ってください」とまで言う非常識な人もいて、診察もしていないのに、どうやって判断するねんっ!って話ですが、こんな人に何を言っても無駄ですから、どっちにしろ処置もますます勧めないわけですが、お互い、気が悪いですよね。

だから、「初めての方は必ずお読みください」は読まれましたか?ブログはいくつか読まれたことがありますか?などなど、聞いているんです。

(また、こういう人は、読んだのかもしれないが、覚えてないから、すぐに、「聞いていない」「知らない」と言います。

予約時に、あまりに考え方が違う方の場合は、ブログなどある程度読んで理解してからでないと、おそらく処置はできませんけど、それでもよろしいですか?とまで確認しても、これまた自分だけはできると思っているので、関係ないと思っているのです。

心配な方は、診察はもちろん来られてもいいんですが、初診料がかかりますから、ブログ内をちょっと読むだけで、ここは違うなとか、そういうことか、と合点がいくこともあるでしょうし、あせらず、じっくり考えたっていいわけですから、納得いかれてからご予約くださいと言っているわけです。)

 

結局、そういう人が混ざってきて、読んでもいないし、言っても聞かないので、どんどん初診料が上がって行って、今に至るわけです。

値段を上げたことで、冷やかし(ここでいう冷やかしとは、処置する気もないのに、処置したいから枠を押さえろ、と押さえさえ、結局向いていないとか、押さえさせといて、する気もなく、化粧品のテスターをぐちゃぐちゃにして帰って行った人々のことです。他院でぐちゃグちゃにされた後始末というのもあります。それを改善させるためのレーザー治療などは受けるつもりがなく、そこで受けた治療の内容の説明を求められ、愚痴を言って、テスター使い倒して終わり、とか。予約時には、これまたレーザーしたいとかいうんですよね。)と、考え方の違う人というのは、だいぶ減りました。

無断キャンセルも減りましたね~。

悲しいかな、初診料を上げたら、患者さんのマナーが良くなったという、恐ろしい結果です。

 

初診料¥10.800(税込み)にした今でも、たま~に、なにしにうちに来たん?という方がいますが、もうこの辺は仕方ないんでしょう。なにか縁があって、意味があるから、出会えたんでしょう。

 

初診料がいまほど高くない時は、無断キャンセルがちらっとありました。

開業当初から、初診の前日に確認電話というのはしていて、その旨、患者さんにもお伝えして、必ず確認が取れるようにしていただいています。

確認が取れない人の場合は、大半が無断キャンセルなので、こちらもその予約は消します。

まあ、その予約の枠がうまらなかったら、空いているわけで、連絡もしてきていないのに、予約時間に来る人もたま~にいます。

その場合は、準備もしていないし、別の準備をしていたりするので、まってくれるなら、お受けする、という形です。

当然、その枠が埋まってしまえば、予約自体がなくなっているわけですから、お受けはできないし、無断キャンセルと同じ扱いですから、もう二度とお受けしません。

(そういうルーズな人って、その時は良くても、また同じようなことをいつかやりますからね~。完全予約制のうちでは、そういう人はとても困ります。)

 

HPの「初診の方のご予約について」を書いたのは、今から5年前ですが、この時よりも、「こんな文句やいいがかりを言う人がいるんだ」ということで、どんどん増えた結果です。最良の状態で、治療をしたいと思っているからこそ、時間も大切なので、準備しておけることはしておくために、予約時にお聞きしているのです。

 

で、そうやって、初診料を上げても、ごくたま~に、無断キャンセルがあります。

ほとんどの方は、都合が悪くなった・気が変わったなどでのキャンセルは、ご連絡くださいます。当たり前と言えば、当たり前なんですが。。

 

先日、21歳の子が無断キャンセルしました。

確認の電話も出ず、何度か電話しても無視、まあ、予約はさっさと消しましたが、ちょどその時間が溜まっている仕事の整理と、ちょっと休憩ができて、よかったです。神様からのサプライズプレゼントですね~。そういう子を相手にしなくていいように、粋なはからいです。

 

以前、25歳未満は、事前に初診料振り込みでないと、予約取っていませんでした。

無断キャンセルなどの問題のある年齢って、40代・50代でもいますが、割合は20代前半が圧倒的に多かったので、事前振り込みまでしてでも、うちに受診したいなら、どうぞ、という感じです。

もちろん、20代前半でも、いい子は大勢いますし、大半がいい子で、誰にも相談できずに悩んでいるのも若さゆえなので、20代前半だからってな~、と振り込みも大変だろうし、と、その後しばらくして、また予約はふつうに取っていましたので、その21歳の子の無断キャンセルはかなりの久しぶりでした。

 

やっぱり25歳未満は、制限がいるのか、と思っていた矢先、46歳の無断キャンセルがでました。

こうやって続くのって、すっごい珍しいですけどね=。

46歳で出たわけですから、25歳未満だけに事前振り込みもな=と思っていたとこだったので、しばらく保留です。

46歳で肝斑相談でしたが、今日の予約だったので、火曜日(前日の水曜日は休診日なので)に2度ほど電話しましたが、折電なし。

(本人が、この時間帯で、ケータイのほうにかけてきてほしい、と指定された時間にかけましたが、コールバックなしなので、こういうパターンは、ほぼ大体が無断キャンセルで、来ません)

昨日の水曜日、クリニックに来たついでに、もう一度かけましたが、コールのみで折電なし。

うちの電話に、着歴すら残っていません。

今時、携帯見ない人っていないでしょうし、わざわザ確TEL言っているわけで、携帯普段持っていない高齢の方でも、着歴みたら折電しますねと言ってくださるのに、それだけ着歴残して、無視とは。。。

ま、無断キャンセルする非常識な人って、そうなんでしょうけどね。だから、無視なんですよね。

 

うちで予約を取られた初診の方はご存知でしょうけど、確認電話はかなり、やいやい厳しく申し上げているでしょう。

もし、こちらからの連絡ができなかった場合、そちらから必ず確認電話をくださいとまで言っていることもあります。

で、確認ができないと、言っている通り、本気で予約は消します。

 

そこまで言っているんですから、確率からいって無断キャンセルなのに、そんなのにかまって、枠を押さえている場合じゃないので。

完全予約制ですから、他に待っている方がいらっしゃいます。

ルールを最初から守らない方というのは、どうせそのあとも守りませんからね。うちでの処置や診察はうまくいくわけありません。そんな人は、きっとキャンセル料も払わないし、関わらないのが一番いいですね。

無断キャンセル=神様からのプレゼントで、関わらなくて済むように手配してくださったわけです。素晴らしい~!!

 

予約が無くなっているのに、自覚なく来たって(人の話を聞いていないから)対応できませんから、それで逆切れして、診療の邪魔をしたら、それは診療妨害なので、あまりにもひどい場合は、警察に通報します。モンスターペイシェンツってmやつですか。

 

患者さんの診療の邪魔をされるというのは、一番嫌いですね~。

他の患者さには、関係のない話ですからね。

ちゃんと来たい方は、仕事が忙してく、うちの診療時間内に電話できなくても、先にお伝えしているせいもありますが、うちの留守電にメッセージを残してくださいます。必ず行きますとか。こちらも安心してお待ち申し上げています。

こういうことができる方とできない人の違いって、なんなんでしょうね。同じ人間なのにね~。

 

 

 

今日から、長瀬智也主演の病理医のドラマ「フラジャイル」が始まりましたね~。

番宣から、実は楽してみにしていました。

長瀬智也さんは男前だし、演技うまいし、病理医という、とてもコアなところの医療ドラマとは!おもしろそう~と思ってました。

 

。。いや、面白かったですが。。

 

。。これ、医療監修、あまりされてませんかね。

マンガ原作の場合、すっごい調べてある!!とこちらが感動するものから、漫画だしな~、とあくまでひとつのバラエティと楽しむ(あまり観ないことも多いですが)ものまで、ピンキリです。

米倉さんの「私、絶対失敗しませんから」は面白かったですが、あまりにも現実離れしすぎて、あくまでも仮想世界での話として、ストーリー性を楽しむ感じ。

(あのまま、一般の方が信じたら、大変ですが。。)

「白い巨塔」などは、感動のほうですね。

 

さて、こちらのフラジャイル、長瀬さん、やっぱり演技うまいですね~。

他の俳優さん、女優さんも、実力派でかためられていて、武井咲ちゃんも美人でかわいいし、ドラマとしてはとてもいいですね~。

 

でも、医療監修が。。。

 

マンガ原作なので、原作の話がそうなっているんでしょうか。それにそって、脚本や演出がされているってことですかね。

 

長瀬さんが正義の味方で、悪人の医師たちと戦う、という、完全懲悪的な感じで描かれていて、確かに、観ていて、わかりやすいし、こうい、水戸黄門的なドラマって、半沢直樹のように、おもしろいし、スカッ!としますが、世の中、白黒はっきりいくものじゃない。。

だからこそ、こういう非現実的なドラマを視聴者は求めるのかもしれませんが。。

 

患者さんが、なにかあって、病院に行った場合、本当は、「問診」と言って、経過がとても大事です。

特に、武井咲さんがいやになって止めるのは、神経内科で、私は学生時代の実習で、神経内科ほど問診(経過)が大事な科はない、とまで言われました。なので、患者さんの問診には、ものすごく時間をかけて、ものすごく細かいところまで聴くように、と指導されましたが。。。

(私は、皮膚科も問診(経過)が同じくらい大事だと思っていますが、皮膚科は、まだ目で病気のところを直接診るということができるので、やっぱり神経内科のほうが問診は大事かな。)

 

長瀬さんが、「ここには、まともな医者はいないのか!」「それでも医者か?!」「診断の根拠は?!」と詰め寄るシーンがたくさんありましたが、あんなことすら検査もせずに、放っておいたり、退院させたり、検査もしない、というのは、皮膚科医の私からみても、おかしいやろ、と思うくらい、初歩的なことで、学生実習で、治療方針のディスカッションしているんじゃないんだから、というレベルで。。

う~ん。。

 

次の患者さんで、がんと診断もついていないのに、抗がん剤を患者さんにいくこともないし(そんなことしたら、大問題です。だって、副作用が半端ないわけで、その副作用を我慢してでも、いかないといけないから、いくわけで。。)、がんの細胞の種類が決まってもいないのに、抗がん剤の種類は選べません。

「抗がん剤」って、ひとつじゃないので、細胞によって、どれを投与するのか、で、大体何種類かを組み合わせることもあり、それぞれでの組み合わせ方というのが、細胞によって決まっています。

かなり特殊な場合もありますが、何の病気でも「診断」がつかないことには、治療ができないわけで、対症療法は別として、まして、「抗がん剤」は対象療法ではありません。

まして、まして、「ガン」として、抗がん剤までいくのに、全身検索もしていない(ドラマの中で、腹部CTをすぐに撮るように言われていましたが、腹部CTすらしていないなんて、ありえない!!)なんて、それだけでも、普通に考えなくても、おかしいです。

ケースバイケースの特殊な場合って言っても、(ドラマは全然あてはまりませんけどね)う~ん、ちょっと思い当たりませんね。。

 

ま、漫画原作のドラマだから、フィクションなので、いいんですが、ここまでおかしすぎる経緯だと、長瀬さん役の医者が、「変人」という設定ですが、これでは、ただの「ふつうの医者」です。そりゃ、あんなおかしな治療や診断をしている医者に関わったら、正しい意見を言ったり、止めたりするのは当たり前かな、と。

 

私の知っている限り、医療の現場って、ここまでおかしなことはないですよ。

当たり前のことをしていない医者というのは、どこの世界にもいると思いますが、こういう大きな病院だと、上の先生の誰かが気づくので、患者さんに大変なことが起こることというのは、あまりないです(と思います)。

そのためのカンファレンスだし。誰も(部長すら)つっこまないなら、その病院は終わっています。

 

一般の方がこういうのをそのまま信じて、米倉さんのドラマなど観られてもそうですが、そうそうおかしな医者ばかりで、隠ぺいばかりされているとか思っていらっしゃる方がいたら、とても残念です。あくまでもドラマ上の演出なので。

多くの医者は、みなさんが思っている以上に、患者さんのことを考えて(それが患者さんには伝わっていないことも多いですが)、治療にあたっています。見えてないだけで。

ごく一部です、ダメダメな、当たり前のことができない医者というのは。

意見の相違とか、考え方の違い、というのとは、また別の次元の話なので、100人医者がいたら、100通りの治療があって、どれが自分に合うのか、というのも、別の話になるので、ややこしんですけどね。

 

この「フラジャイル」、発想というか原案はとてもいいんですよね~。俳優さんたちもいいし。

もうちょっと現実的な話にすると、信ぴょう性があって、もっとおもしろくなるのに。ちょっと残念。

ドラマだから、見せ場は必要なんでしょうけど~。あまりにも非現実的だと、冷めちゃうんですよね。

まだ1話が放送されただけですが、長瀬さんがカッコいいので、来週も観るつもりですが、頑張ってほしいな。

さて、昨日の続きです。晩御飯編です。

 

晩御飯は、「タグ付き蟹会席」です。

IMG_20160110_173154 界加賀は部屋食ではなくて、お食事処でいただきます。

それぞれが半個室のようになっていて、人数によって、いろんなお部屋がありました。

2階全部がお食事処なので、すごい数の個室があります。まるで迷路で、途中でトイレに行ったら(行く途中も)、全然たどり着けなくて、ちょっと焦りました。。

IMG_20160110_173239 この日のメニューです。蟹尽くし!!

IMG_20160110_174127  すみません、ちょっと食べちゃいました。。ハサミがずれました。これ、三杯酢がジュレになっているんですが、お酢っぽくなく、つけすぎることなく、いいアイデアですね。私、蟹には三杯酢ってあんまりつけないんですが、これはよかったです。

IMG_20160110_175131 食べている間に、後ろで、蟹を焼いてくださってます。

IMG_20160110_175924 一人1個付きました。むちゃ旨っ!!活き蟹の甲羅焼~。

甲羅酒を言ってくださる前に、日本酒入れて、さっさと飲んじゃってました。

(飲み物は、最初辛口の白ワインにしていたんですが、もうすぐにこれは日本酒やろ~、と蟹に合うという天狗米純米大吟醸のなんか古酒のいいやつ。おいしかったです~。

糖質制限をしているので、日本酒を飲んだのは久しぶり、って、お正月にいただきました。。へへ。。

IMG_20160110_180337 焼き蟹 酢橘。

新鮮なせいか、すっごい甘いっ!!蟹って、こんなに甘かったっけ?思わず、殻を深追いして、ず~っとちゅ~ちゅ~吸って、歯でこそげ落とそうと結構時間かけていました。

IMG_20160110_175154 活き蟹と寒ぶりのお刺身です。蟹刺しって、私あんまり好きでなくて、なんか生臭いと感じてしまうので、ちょっとでいいから火を通してあるほうが好きなんですが、ここのは、ほんとの新鮮だからから、甘いだけ!で、超~びっくり!

蟹刺しがおいしいと感じたのは、福井の越前の「若ゑびす」さん(こちらは、蟹を1か月泥を吐かせるとかで、ここの蟹は確かに全然違いました)と、天橋立の「文殊壮 松露亭」さん(こちらは、料理長の技がピカピカ光っていました。一工夫もふた工夫も、おおっ!と思わせる蟹料理でした。)と、こちらです。

調理方法も大事ですが(下準備も)、新鮮さも大事ですよね~。これは、京都は絶対に勝てませんから~。

ちなみに、ブリも絶品でした!さすが、冬の北陸!!

 

IMG_20160110_182203 こちらのお料理は、全部素敵なお皿を使っておられて、見てるだけでとても楽しい。

このお椀は、月と太陽だったか、とてもきれいでした。

蓋を取ると

IMG_20160110_182212 蟹の養老蒸しだそうで、三つ葉あんがキレイな緑です。ぶぶあられが散っていて、いいアクセントでした。

IMG_20160110_182235 かぶらのすり身をくずすと、中から大量の蟹身が!!これもちなみに、むちゃっ!!旨t!!!

IMG_20160110_183314  蟹の絹糸揚げ レモン サラダ添え。

これね、すっごいおいしかったっ!!この絹糸はジャガイモでもなさそうだし。。とお聞きしたら、小麦でわざわざ伸ばして、薄く細く切っているそうです。

IMG_20160110_175548  メインイベントの、蟹のしめ縄蒸しです。この時点で、蟹、生きているそうです。

海水にしめらせた縄で蟹をしばって、蒸すそうです。調理前に、わざわざ見せにきてくださいました。シャッターチャンスっ!!

IMG_20160110_184003 これも、おいしかったです~。

もうここらで、おなかはかなり膨れてきました。

この間にも、またまた後ろで、蟹すき鍋の準備をずっとしてくださっています。

IMG_20160110_191238 できあがったら、キレイに盛り付けて、サーブしてくださいます。らくちん(^^♪

IMG_20160110_194633 蟹雑炊です。こちらにも蟹たくさん!

。。とこの辺でかなり焦っているんですが、夜8時からマッサージを頼んでいまして(食事開始5時半。部屋に来てくれるパターンのマッサージで、界加賀が仲介しているだけで、界加賀のマッサージではありません)、2時間半あったら、いつも食事は楽勝なんですが、蟹をゆっくり(というか、しつこく)食べていたせいで、いつもの自分たちよりはゆっくり目に食事になりました。スタッフの方は、ご存知ないので、いい感じで、サーブしてくださっていますが、雑炊をたべ終わった時点で、7分前!!

間に合わないっ?!いや、デザート食べられるか?!

スタッフの方に事情を打ち明け、すぐに持ってきてもらおうと思っていたら、マッサージが終わるころに、お部屋にお持ちいたします、とおっしゃってくださって、なんて素晴らしいんでしょう~っ!!

まさか、そんなお返事をくださるとは!!さすが、星野リゾート!

(冷静に考えたら、絶対に間に合っていませんでした。。。)

 

マッサージが終わって、しばらくしたら、お部屋に本当に運んでくださいました。

お忙しいのに、本当にありがとうございます。

IMG_20160110_211532  加賀棒茶を添えて、「淡雪チーズ」というデザートです。チーズムースに、ベリーソースという感じです。部屋でいただくデザートは、また格別でした。

 

想像していたレベルをはるかに超えた晩御飯で、嬉しい誤算でした。恐るべし、界加賀!

この宿、本当にいいですよ。料理のレベルも高いです。蟹ばかりで、ここまでいろいろ工夫されて、しかもちゃんとおいしいとは!!

 

次は、朝ごはん編で→続く

土曜日は、夜中から洗濯乾燥(自動)にしたにも関わらず、朝起きたら、乾燥がちゃんとできていなくて、結局関係なくなってしまいました。。何してんだか。。

 

さて、日曜日は、京都駅から新しくなったサンダーバードに乗って、石川県加賀温泉のひとつ、山代温泉に向かいます。

加賀温泉駅に着いて、タクシーに乗るつもりでしたが、年末年始でしたっけ?テレビで「路線バスの旅」をたまたま見ていて、ちょうどバスが来たので、山代温泉に向かいます。15分も乗っていないかな?ちなみに、250円です。

(ちなみに、帰りはタクシーに乗ったら、1900円でした。こういう観光地に行った時、タクシーに乗って、地元になるべくお金を落として、タクシーの運転手さんからコアな情報をいただくのか、なるべく公共機関で、ゆっくり窓の風景も観ながら、旅するのがいいのか、悩むところですね~。帰りは、タクシーで正解でした。駅隣のアルプラザのお土産売り場や休憩所を教えていただきました。ありがとうございます。

さらに、このアルプラザで、ペットボトルのお茶や水を買ったところ、スーパーだから?あまりに安さにびっくり!でした。)

 

加賀温泉に着いたら、雨が降っていたので、傘を差しながら、ホテルまで歩きますが、すぐでした。そのついでに、ちょっと街を観察。

ちょっとさびれてる?

(学生時代に一度山代温泉に来たことがあり、20年以上前かな。あまり覚えていませんが。。)

 

IMG_20160110_122212 リニューアルした「界加賀」です。夜のほうがライトがついて、もっと雰囲気がいいようです。夜に出かけていないので、実際には観てないんですが、HPは素敵でした。

http://kai-kaga.jp/about/

右側の建物は、界加賀のお土産ところで、外からどなたでも入れます。中で繋がっています。

この連休に温泉に行きたいと思いたったのが遅かったので、行ってみたいお宿は、もうどこも空いていなくて、そんな中、こちらはリニューアル工事中だったのと、予約を取り始めたところだったのか、その時点で結構空いていて、リニューアルということで、不安でしたが、界シリーズなので、まあ、及第点以上はあるだろうから大丈夫、と予約しました。

(星のやグループのお宿は、いくつか止まっているので、安心しています)

 

チェックインまで時間があったので、荷物を預かっていただいて、街の散策に。

有馬温泉や湯布院などと違って、やっぱりちょっとさびれて、閉まっていて、テナント募集の張り紙も結構多いです。

金沢に新幹線が通るようになって、もっとお客さん来ていると思っていましたが、まだ少ないんでしょうか。昔の全盛の時ほどには盛り上がっていないんですね。

山代温泉、いい温泉なのに。。ぜひ、金沢に行かれたら、ついでに加賀温泉へぜひどうぞ!

 

界加賀の向かいが、大衆浴場と言いますか、歴史ある、昔からの湯治場の「総湯」と「古総湯」「源泉 足湯」もあるので、場所はとても便利です。

IMG_20160110_164922 中央が、「古総湯」、右側の切れている建物が「総湯」です。

(両方とも入りに行きたかったんですが、お宿のお風呂に入ったら、めんどくさくなって、結局行きませんでした。風情があって、とてもいいそうです。次回来た時にはぜひ!)

「あらや滔々庵」!ここにありましたか!こちらも、ずっと行きたいと思っているお宿です。

(古総湯と総湯の間に見えている建物があらやさんです。)

 

IMG_20160110_122245 宿泊は、こちらの玄関から。暖簾をくぐると、日本庭園で、温泉旅館に来た~!という感じで、いいですね~。

IMG_20160110_122502 建物の中に入ってすぐのロビーです。靴は脱いで、上がります。

中央右の白い垂れ下がっているのは、白とシルバーの水引で作られていて、そばで見たら、むちゃくちゃキレイです。

右が売店です。

 ラウンジにライブラリーと温かい飲み物が提供されています。ラウンジからお茶室が見えていて、お抹茶と和菓子を出してくださいます。

IMG_20160110_151239

IMG_20160110_151411 さすが石川県、和菓子もとてもおいしい!

(ウェルカムドリンクは別にくださいます)

 

さて、お部屋です。

IMG_20160110_150929  部屋のプレートが九谷焼です。各部屋で模様が違うそうです。

IMG_20160110_150905  お部屋の玄関にも、水引が飾ってあって、「和」の感じがいいですね。

IMG_20160110_150610 ベッドルーム。

IMG_20160110_153345 トイレとバスルーム。大浴場があるので部屋にはシャワーのみです。(露店風呂がついているお部屋もあります。)

IMG_20160110_150631 ベッドルームの隣にソファとテレビと。畳、いいですね~。

小さいけど、テラスがついています。

今回泊まった部屋は、一番多いタイプの、界加賀では一番お安い部屋だと思います。

リニューアルで急いでおられたんでしょうから、内装や備品、スタッフ教育などいろいろとこれからでしょうけど、星のやグループのスタッフの方々って、あまり慣れていらっしゃらない方もたまにいらっしゃいますが、全体的にみなさんが一生懸命おもてなしをしてくださっている気持ちが伝わってくるので、居心地がいいと言いますか、いろいろ言い出せばキリはないでしょうけど、気にならないというか、このお宿、結論から言って、とてもいいです。ゆっくりできました。ぜひまた来たいお宿ですね。

タグ付き蟹三昧のコースにしたので、そこそこの料金しましたが、お料理にこだわらなければ、リーズナブルなお値段でお値打ちではないかしらん。。

経費をかけるところはかけて、なるべくかけずに、でもいい感じに見せている技と言いますか、とても勉強になりましたね。

一体、どなたが、この辺のところを考えていらっしゃるんでしょうね。さすが星のやグループですね~。

 

次は料理ですが、時間がないので、今日はこの辺で。

お料理は、夜も朝も大満足でした!界グループ、なめてましたね~!すごい!の一言!

→続く

 

 

 

 

 

 

1 / 212