プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2016年03月



さて、十津川です。

十津川村のことなら、いろいろネット検索もいいですが、「十津川村観光協会」のHPが一番充実していました。

http://totsukawa.info/

十津川村に入ってしばらく行くと、谷瀬のつり橋があります。http://totsukawa.info/joho/kanko/

実は、十津川村には、これよりもっと怖いつり橋があるそうな。。。地元の方が生活していくために作って使っておられるものだと思いますが、こちらは、地元の方だけでなく、観光客が使ってもいいように、村営(かな?)の駐車場もあって、村のオジサン方が橋の安全を見守っていてくださってます。

IMG_20160320_113748

IMG_20160320_113812

 

ところで、私は高所恐怖症で。。。

以前、馬に乗った時も、その高さすら恐怖です。。

スカイツリーの、足元がガラスのとこ、あるじゃないですか。もう、足がすくんで、覗くのもダメ!

昔、九州の阿蘇に行った時に、九重の大吊り橋、あれも無茶苦茶こわかって、この吊り橋の場合、渡らないと駐車場に帰ってこれない。。ヒーヒー言いながら、家族に支えてもらいながら、なんとか戻ってきました。

でも、今から思えば、十津川のほうが断然怖い。。。

 

こういう恐怖症って、「こうなっちゃうんじゃないか」と自分で悪いほうに考えてしまって、ひどい方だとパニックみたいになるんでしょうけど。。。

高所恐怖症って、なんか吸い込まれそうというか、目が回りそうというか、まず、この橋が崩れて落ちてしまうんじゃないか、足元が抜けるんじゃないか、などなど、悪いことをどんどん考えてしまうかと思います。

私の高所恐怖症はそうです。

九重の吊り橋は、日本一の高さだったかと思いますが、鉄とかワイヤーでできていたような気がしました。足元も、揺れますが、しっかりしているというか。。

十津川のは、結構スカスカで、

(冷静に考えると、というか、家族から、体が大きいから、落ちてもひっかかるって、と言われましたが。。。)

下も横も丸見えです。。。ヒュ===!!

橋を支えているワイヤーや横のネットは、鉄かな、金属ですが、足元は、木!木の板ですっ!!

木の板が、釘でお互い連結されていますが、もちろん、チェックされておられるのはわかりますが、一部釘の表面がさびていて(普通釘はさびます)、それとは関係ないんですが、その木の板が、動くんですっ!!

釘がなければ、板の端を踏んだ途端に、シーソーみたいに反対は上がってしまいそうな。

(実際、釘で止めてあるので、上がりませんが)

木の板ですから、ちょっと隙間があるんです。。足で踏み込む度に、その隙間が動いて、下が見える。。

もう、心臓に悪いとか、そういうレベルではありません。。

風は強いし、なんで、私、高所恐怖症のくせにこんなこと、やってるんやろ。。。

(反対側にある、つり橋茶屋に行きたいから、渡っているんですが、車で回れば行けるんですが、それでは、せっかくの十津川の醍醐味が味わえませんものね。。。)

 

最初、家族にしがみついていましたが、しがみつくほうもしがみつかれるほうも怖いので、結局、一人でよちよち歩きで、ヒャーっ!!と叫びながら、途中顔面蒼白に声も出なくなって、渡ってました。

子供がぴゃ~っと小走りでいったりするんですよね。。揺れる~っ!!止めて~っ!!

 

景色を見ずに(怖いから)、足元を見てわたっていましたが、木の板が怖すぎて、よからぬことを考えてしまうので、前を見るか、横を見るしかなくなるわけですが。。。

 

この高さは、落ちたら死ぬな。。

 

気付いたら、下は川で、橋の中央3分の1くらいが結構長い気がします。

中央が、無茶苦茶揺れますっ!!風はたまたまなのか、いつもなのかわかりませんが、風も強いっ!!

後ろを見ましたが、引き返すよりも渡り切るほうがマシ。。

とりあえず、高さがもうちょっとマシなところまで急ごう!と思うんですが、思ったようには歩けません。。

 

ほんの最後だけ、駆け足で行けました。

ふう~。。。二度と嫌だ。。。

(って、また渡らないと、車のところのいけません。。)

 

念願の吊り橋茶屋で、ゆず風味のこんにゃくの煮たのいただきました。

 

IMG_20160320_114954 ちょっと先をかじりました。

きのこうどんだったかな、おいしそうでしたが、実は朝からお弁当を作って持ってきました。

観光地とか道の駅とかドライブインとか、炭水化物ばっかりですよね。

そうでない場合もありますが、絶対に売っている保証はないので、たんぱく質を持っていこう!と、鶏のから揚げと手羽先揚げと、万願寺唐辛子の炒めたのといかと昆布のふりかけの入った卵焼きを作りました。

渡り切ったところで食べるかと思いましたが、お弁当を食べるって感じのところはなく、この後行く、玉置神社の玉置山の頂上が見晴らしがいいので、そこで食べるかとなりましたが、確か玉置神社って、お山がご神体じゃなかったっけ。。?

そんなところで食事をしたら罰があたりますから、玉置山は却下。

結局、つり橋の駐車場で、車の中で食べることになりました。

IMG_20160320_115348

反対側からの眺めです。眺めは抜群です。

これをもう一度渡らないと、ごはんにありつけない。。。おなかはかなり空きましたよ~。

 

あまりの怖さに、渡っている最中の景色の写真はありません。

、あ、家族がくれました。

DSC_1187

こんなに綺麗だったんだ。。渡っている時に、景色を楽しむ余裕もなく、一体なんの罰ゲームやねん。。と自分が決めたことなのに、あ”=という感じでした。。あ~、怖かった。二度は絶対にないですっ!!もうつり橋はこりごりです。ふう~。

 

ちなみに、橋を渡る前の注意事項に、一度に20人以上は渡れません、と書いてあったかと思いますが、(20人だったと思いますが)、実際、20人以上渡っています。

20人以上でも大丈夫な橋だと思いますが、ゴールデンウィークなどはすごい人になるので、そういう時は規制がかかるようです。

地元の方は、自転車で渡って行かれるそうで、観光客は絶対にマネをしてはいけないです。

 

無事、駐車場でごはんも食べて、次は道の駅十津川卿に向かいます。

次の休憩です。

 

 

 

 

 

今日は嬉しいニュースです。

不妊治療をされていた患者さんが、めでたく妊娠されました!おめでとうとございます!!

まだ安定期に入っていませんから、焦らず、無理せず、転ばず、確実に育てていかないといけませんが、とりあえずおめでたいです!

不妊治療は、もともと婦人科でされていて、うちには、美容医療で来られていたんですが、私が栄養療法を勉強し始めたので、栄養解析をお勧めして、そこでいろいろと不妊の問題が見つかり、最初、薬を嫌がっておられて(誤解していらっしゃったので)、誤解を解いて、飲んだほうが良い旨、説得して、うちで最初少し薬を出していましたが、他にもちょっと気になることがあって、事情を説明して専門のところで、診てもらっていました。

栄養状態も、女性は全員そうですが、もちろん悪く、無理ない範囲でのサプリと食事を頑張るよう、励まして、なかなか食事もできるようになるのに時間もかかって、サプリもそんなにたくさんは飲まれてはいなかったんですが、ちょっと前に、やっぱりこのサプリも1日1粒でいいから足したほうがいいなどなどアドバイスをしていたら、妊娠したというお電話をいただきました。良かったです。

 

妊娠出産繋がりで、どこかの校長先生の発言が問題とされて、今日辞職されたニュースが報道されていました。

朝の朝礼でしたっけ?

朝礼の中で、言われたことの一部が問題になったようですが、前後の話を報道せずに、その部分だけを切り取って報道したりするのは、どうかと思います。

一連の流れの中での言葉であって、その前後を全部聞いた上で、問題だ、いや問題じゃないと議論すべきと思います。切り取りで判断したらダメだと思うんですけど。

発言全部を聞いていないので、発言がいいも悪いも、私には判断できませんが、報道で問題にされていたのが「女性のもっとも大事なのは、2人以上産むこと」でしたっけ?

この部分だけを取り上げてるなら、女性だけの問題ではなくて(妊娠出産は、男性には絶対にできないので、役割分分担で言えば、女性にしかできない仕事です。でも、女性一人で妊娠できるわけではないですし)、もちろん男性の問題でもあるし、夫婦やカップルを1世帯とするなら、人間男女ペア二人に、二人以上の子供がいないと、その世帯いずれは滅びてしまうわけです。

なので、少子化が問題になっていて、少子化の進んでいる日本は、このままでは、超高齢化社会の先は、日本人がいなくなってしまうわけです。

個人の問題だけではなく、国として、とても大事なことですね。

 

ちなみに、私は子供を産んでいないし、これからも産みません。絶対に産まないとは言い切れませんが、まあ、超高齢出産です、もし妊娠したら。

私が産んでいないということは、うちの世帯は、夫婦が死ねば、滅びてなくなります。

日本の少子化対策にもなんの貢献もできていません。

妊娠出産はとても大事なことですし、生きて生まれきたからには、全ての生物に備わっている「種の保存」が本能としてはあるわけですが、そこは人間ですから、個々の事情や考え方があるので、全員が子供を欲しいわけではないでしょうし、いろいろな理由で妊娠がうまくいかないこともあります。

私ももし強制されたら、ちょっと困りますね。

 

社会にそういう面での貢献はできていませんので、だからこそ、妊娠したい方・子供が欲しい方が、好きな人数子供がもてるように、暮らしていきやすい社会になったらなと思います。

例えば、国からの経済的援助や今問題になっている保育園の問題ですよね。

 

でも、その前に、「不妊」「妊娠しにくい」「妊娠してもうまくいかない」「二人目がなかなかできない」などなど様々な問題があります。

 

産みたい方・産める方には、私の分まで、どんどん産んでほしいです。

欲しい方が欲しいだけ子供を持てる環境になってほしいです。

私は産婦人科医ではないので、詳しいことはわかりませんし、器質的な問題(例えば、卵管が詰まっているとか、病気や生まれつき子宮がないとか無精子症など体の構造上の問題など。自分でどうこうできるレベルの問題ではなく、医療の力を絶対に借りないと難しい部分)に対して、私はなにもできません。検査もそうですし、手術も処置も、器質的な問題には何もできません。

 

約1年前から栄養療法オーソモレキュラーを勉強して、不妊症の勉強というか、今の不妊症で悩んでいる女性男性の現状などを知ることができました。

やはりみなさん、動物性たんぱく質を食べなさすぎ。。

男性もです。

栄養が足りないせいで、起こっている問題も、実はとても多いそうです。

うちでもそうですが、結構、不妊症でいろいろ治療されていた・されている患者さんというのは、とても多いです。

妊娠できた方・もうあきらめてしまった方、さまざまです。

不妊治療は、もちろん自費で、保険は通りません。

 

不妊治療をされている方が、美容医療をしたいからというので、うちに来られるわけですが、妊娠した時点で、もちろん美容医療はほとんどダメですが、多くの患者さんから、やっている治療やされていた治療をお聞きしていました。

現在進行形の方の場合、一緒に、どういうタイミングで美容医療をしていくか相談しもってやらないといけないと思うんですが、人工授精で卵子を取り出す前とか、受精卵を移した後など、薬を投与するような治療は、うちでは一切やりませんので、そういうことは黙っている方(たまにいます。黙っているというより、聞いているのに、予約の時点で言わない方)は非常に困りますし、もしなにかあったら、責任取れませんから、だから予約時に聞いているわけで。。そういうことがあると、今後の治療はお断りしますけどね。お互いの信用だけでやっていますから。

 

多くの患者さんから、治療内容を聞いてきましたが、婦人科クリニックに関しては、結構な数の事情を聞いてきましたが、誰一人、体質改善と言いますか、妊娠しやすい体質に変えていくような「なにか」をしてもらっている方は、誰もいませんでした。

器質的な問題がなければの話ですが、ほとんぞ全員が排卵誘発剤などの薬物治療か体外受精や人工授精で、漢方薬すらもらっていない方がほとんど。。愕然としました。日常生活(体冷やすなとか食事とか)の指導をしてもらっているわけでもなく、びっくりしました。

あげくの果てに、患者さん自身が自分で(ちょっと怪しい)薬局で、バカ高い漢方を買っていて、中身を確認したら、症状から言って、保険でもらえるから!っていう話もとても多く、保険併用が無理な場合は、うちで自費で買っても、そんな高い値段しないからって!そういうのもとても多いです。。。

 

血液検査をほとんどされていない方もいました。一体、その婦人科でなんの検査をされてこられたんだか。。

 

ちなみに、今回妊娠された患者さんの、血液検査で引っかかった一部について、不妊治療専門クリニックのくせに、こんな検査もしていないのか?!と思っていたんですが(患者さんも思ったようで)、患者さんがそこで聞いてみたら、一応検査されていました。(項目はすっごい少なかったですが。。。)

その時は、なんと!ひっかかっていなかったんですね。

女性の場合(男性もでしょうけど)、体調なんて、どんどん変わりますからね。いい時もあれば、悪い時もある。

なので、頻繁にではありませんが、定期的なチェックって必要だと私は思います。

(そこでは、一度して終わりだったようです。。。)

 

最後に足したサプリのおかげがどこまでかはわかりません。

たまたまそういうタイミングだったのかもしれませんし、患者さんも食事を結構頑張っておられましたから、じわじわといい方向に向かっていて、いいタイミングが来たのかもしれません。

私のしたことで役に立ったのは、サプリや検査は何も関係なく、励ましたことくらいなのかもしれません。

でも、患者さんは妊娠できて、本当に良かったです。

若い方はまだいいですが、アラフォーとなってくると、時間が迫ってきます。

栄養療法オーソモレキュラーをしたから、妊娠の確率がいくら上がるとか、確率で出せるものではありません。

ただ、栄養が十分足りてくると、体内年齢がほんとに若くなりますから、妊娠可能年齢が上げていけるし、妊娠確率も実際の年齢よりも若い年齢で考えていくことができるようです。

 

体の中から!いい方向に変えましょう!

貴女が動けば、必ずいい方向に変わります!栄養療法の妊娠に関する本もたくさん出ています。

ぜひ、一度お読みになったり、栄養療法をやっているクリニックのHPをご覧になることをお勧めします。

 

 

 

 

 

十津川のお土産第2弾です。

IMG_20160327_182303 IMG_20160327_182320こちらもホテルで買った梅干しです。

梅干しは、2種類あったと思います。こちらのほうが、よりいいほうでした。有機梅と有機しぞと塩のみで作られている、昔ながらの梅干しです。

すっぱすぎることもなく、ちょうどいい塩梅でした。

とてもおいしかったです。梅干し食べたの、久しぶりかも。

 

、十津川番茶を買いました。番茶も特産品です。十津川の自然に恵まれた環境で作られた茶葉。おいしいに決まっています。

道の駅で飲んだのは、とてもおいしかったです。

 

 

IMG_20160327_201316  こちら、道の駅十津川卿で買った、はっさくです。

十津川産、無農薬、有機栽培、ノーワックスです。素晴らしい~!!

マーマレードには、無農薬・ノーワックスは最適ですね。

もちろん、果実酒も。

こちらは、なくたっらいけないと思い、行しに買いました。

帰りには、イヨカンも買いました。

柑橘類は、もともと大好きですが、今スーパーやデパートで売っているのは、糖度が無茶苦茶高いので、そういう時買うのも、なるべくすっぱいやつで、糖度の低いのを買っています。

このイヨカンは、結構甘かったです。いきなり食べちゃ、血糖値が上がりますから、食後にちょっといただきました。とてもおいしかった~。

 

 

さて、十津川旅行の続きです。

十津川には、車で行くしかないんですが、途中、吉野大塔と十津川役場のすぐそばに、道の駅があります。

あと、十津川村に入ってすぐ(すぐでもないですが。。。一応地図ではね。。)に、「谷瀬のつり橋」という、有名な観光地?と言いますか、地元の方が普段使っていらっしゃる吊り橋なんですが。。。

これが怖いのなんのって。。。また、写真はアップします。

この吊り橋近辺に、お土産屋さんがいくつかあります。

 

私が買ったのは、この道の駅2つを、行きと帰りで立ち寄り、行きは、何を買って帰ろうかというチェックですね。

もう先では売っていないかもしれない・1日ずれたら、売っていないかも?(時間帯とか?)と焦ったものは、生もの以外は先に買いました。

 

メインは、十津川の泊まったホテル昴のお土産屋さんで買いました。

こちらは、村営ですから、十津川の有名どころが揃っているかと狙っていました。

これが、大当たり~(^^♪

い~っぱい買いました。道の駅でもね。

地元の方の愛がたくさん詰まった、良品ぞろいです。

IMG_20160321_194207 ホテル昴で買ったキノコたちです。

キノコはね~、狙っていました。

スーパーとかデパートでも売っている、安いキノコ、食物繊維は摂れるでしょうけど、何の味もしない。。薄い。。

デパートで、いいのを見かけると、無茶苦茶高いっ!!

なので、あんまりキノコって買わないんですが。。原木しいたけとか、えのきだけは家族が好きなので、あまり味がしなくても買います。

どれも、無茶苦茶、味濃い~いです。ちゃんとキノコの香りがして、ナメコなんて、すっごいいい香りがして、どれも松茸を連想させる香りでした。

味噌汁よし、オリーブオイルと塩コショウだけでも十分美味し。バター炒め醤油風味も無茶苦茶うまい!

こんなうまいエリンギ、食ったことないっ!!

天ぷらには今回しませんでしたが、どのキノコも天ぷら、絶対においしいと思います。

かなり堪能して、キノコは全部食べたかな。傷みやすいですしね。

お店でも、一部は冷蔵庫に入っていました。

IMG_20160325_215753 さっき、食べたあまご。

こちらは、あぶってあります。

ちょっとトースターであぶったほうが香りが出て、もっとおいしかったかも。

塩すらついていないんです。

臭いどころか、いい香りです。そのままでも、おつまみでも、小腹が空いたら、蛋白質も摂れて、ミネラルたっぷりです。頭も骨も全部食べるので、カルシウムたっぷりです。

IMG_20160325_221116 野生の川魚ですから、顔が野生ですね~。ワイルドです。牙がすごい。

自然の恵みをありがたくいただきました。ごちそうさまでした。

IMG_20160325_215728 鮎のあぶりバージョンです。こちらも塩もなし。

お米と一緒に炊くと、鮎ご飯にできるようですよ。おいしそ~!

このままトースターで軽くあぶってから、おつまみとしてもいいです。1匹、でかいしね。

IMG_20160325_215813 十津川の名産「ゆべし」です。

むか~し、ゆべし食べて、おいしいと思わなかったんですが、あれは何だったのか。。。偽物?添加物まみれ?

行きしの十津川の道の駅で、川側にカフェが併設されていて、そこで、十津川番茶をお願いしたら、ゆべしをお茶請けに出してくださいました。

うま~い!!

これは、帰りに絶対買わねば!!

ホテルの晩御飯にも、チーズに乗って出ました。

チーズと無茶苦茶合います。

今日、薄く切って、スライスチーズに挟で食べたんですが、止まりません。。。ヤバい。。残しとかなきゃ、一辺に食べないように。

IMG_20160325_220142 ゆずの中身をくりぬいて、中に、そば粉・みそ(十津川の)・もち米粉・鰹節・椎茸・ごま・大豆・とうがらし・落花生・昆布・酒・みりんが入っています。

添加物一切なしです。これもホテルで買いました。

ゆべしは、どこでも売っているかと思いますが、同じメーカーのものかはわかりません。

IMG_20160321_195003 ホテルで買った十津川みそ。

なんと!こちらも、塩と大豆と麹だけでできています。

こちらは、まだ空けてません。今あるのがなくなってから開けます。

 

あ、写真を出した今回のは、全部ホテルでしたね。

しかも、さっき気づいたんですが、これら全部、「十津川 深瀬」という会社が作っているものでした!!驚き!!

お土産コーナーでも、可能な限り、食品表示は全部見ます。

ルホテルの売店で、添加物の入っている商品は、とても少なかったですが、糖質制限をしている私からしたら、甘いものは基本買いません。

魚は大好きですが、調味料で添加物(こういうおつまみ系は特に)

が多いことがあるので、気を付けてみていたら、ほんとに全然入っていないものが多かったので、あれもこれもと、買い占めまではいきませんが、かなり買いました。

自然と仲良く暮らしていらっしゃる地域って、こういう食べ物を作ってくださっているんですよね~。お土産までも。

素晴らしいです~!!

そら、うまいわっ!!

また写真に出しますけど、もっと有機のものやとてもいいものがたくさんありました。

次に紹介しますね。

さて、またまた昨日の続きです。

 

私が思うに、日本の女性は全員栄養失調です。よほど、赤みの肉や卵・魚などガンガン食べていたら、その上で月経量が少ない(こういう方の場合は、健康なので少ないってことはないかなと思います。いわゆる普通)とか、病気や閉経で月経がない場合は、毎月の出血がありませんから、比較的栄養が貯めやすいです。

 

逆に、生理(月経)がある限り、しかも毎月あれば、毎月大量に(月経過多でなくても)血が奪われるわけです。

かといって、男性ほど肉もレバーも食べないし、栄養が足りないのは当たり前で、特に、最近、ここ10年くらいでしょうか、異様な痩せブームといいますか、若い子なんか、むっちゃ、細~いっ!!

昔の9号(Mサイズ)と今の9号って、全然違いますよっ!!特に、今の若い子のブランドなんか、無茶苦茶細いっ!!

日本の女性痩せすぎです。

(これは、厚労省のデータで出ています)

 

以前にも書きましたが、今って、戦後の日本よりも栄養状態が悪いそうな。。。

GDP世界3位の日本人、そんな裕福な国で、一体全体みんな何食ってんだか。。。

 

特に、女性っ!!

パンとお菓子とパスタば~っかっ!!あとは、ごはんですが、メインは、パンとお菓子というのが、無茶苦茶多いです。

パンって、トーストやバゲットで、おかずがあって、っていうのじゃないですよ、ほんとに、コンビニの菓子パンや調理パンの添加物まみれのものです。

ほんとにひどい子は、菓子パン1日3個で食事終わりってことも。。。

そりゃ~、日本経済、うまく回らんわ。

 

ず~っとお菓子を食べている子や、食事はパン(マーガリン・ショートニングてんこ盛り)で、単品としたらカロリー高いもの食べてんのに、どうして痩せているっかって?!

そりゃ、肉も魚も卵も全然食っていないからです。

お菓子とパンは、エネルギーにはなりますが、栄養はゼロどころか下手したらマイナスです。

(消化吸収するのに、添加物まみれの炭水化物は、山ほど栄養素を使います)

栄養が入ってこないのに、そんなものばっかり食べるから、普通に計算して、栄養マイナス、になっていくのがおわかりでしょう。

 

だから、冷えるわ、頭痛いわ、肌荒れてるわ、髪の毛ぬけるわ、胃腸の調子悪いわ、下痢か便秘か、たんぱく質食べるとすぐにもたれるわ、会議にはついていけないわ、食後特に午後むっちゃ眠くなるわ、イライラするわ、情緒不安定だわ、物忘れ増えたわ、思考力下がるわ、判断力鈍るわ、頑固になるわ、怒りっぽくなるわ、うつっぽいわ、なんかぼ=っとして動く気もないわ、やる気もないわ、なんかすべてがコントロール不能になるわ、などなど。

みなさん、困ってませんか?

特に女性!

 

だから、女性は全員栄養失調です。

アスリートの女性で、焼き肉屋で山ほど食べる人っていますよね。

でも、そういう方は、普段ガンガン使っているので、あれだけ召し上がっても、足りていないかもしれません。

インとアウトのバランスで、出ていくほうが、使うほうが多すぎる。

スポーツ(特に激しい運動)というのは、体からしたら、活性酸素は増えるわ、栄養はバカほど使うわ、いいことなしです。

でも、スポーツが好きな方は、やらないほうが逆にストレスですから、ちゃんと必要な栄養素を補って、されてくださいね。でないと、体に負担になって、故障とかもしやすくなると思います。破壊だけしている、再生が追いつかなくなるのです。

 

栄養が足りないのが女性全員だとしても、全員に、さっきあげた症状全部が出るわけではないんですよね~。これ、不思議です。

どの辺に、不都合が出てくるのか、ほんと、人によって違います。

いくつかかぶるのはあるでしょうけど。あと、程度も全然人によって違います。

栄養が足りない全員=強迫障害が出る、思考力や判断力が落ちる、というわけではないんですよね~。

 

でも、逆はありで、なんでも程度というのがありますが、誰でも、「思い込んでしまった」ということはあります。

でも、それが、ついうっかりとか、あとから反省できるレベルで、次から回避できればいいんですが、もう自分でコントロール不能!というレベルまでいっていると、結構やばいですよね。病的だと思いませんか?

思考力や判断力にしても、昔はもっとマシだった、昔はもっとできたのに、っていうことないですか?

これもレベルの問題はありますが、脳がうまく働いていない場合は、栄養のバランスは絶対におかしいはず!

栄養だけで解決すべてできるわけではもちろんないですが、栄養が足りていれば、ここまででなくても済んだのでは?ということもあります。

同じ薬を飲んでも、副作用が出にくかったり、体のほうが強いからなんとかなったり。

 

いわゆる、理解の悪い方、コミュニケーションの取れない方など、そういう訓練をされてこなかったのかな、本をあまり読んだことがないのかな、全て流されているだけで、自分の頭で考える癖がついていないのかな、と今まではずっと思っていました。

でも、該当しない方ももちろんいらしゃって

(原因をわかっておかないと、また同じことをされますからね。どうして、そうなっちゃったのか、の思考回路を知りたいんです)

 

でも、これって、やはり栄養が全然足りていない!

 

っていうことは、栄養をちゃんと足せば、頭も体も、全~部いい方向に回り出すってことです。

 

今、思考力も判断力もちゃんとしているから、私は栄養失調ではないわ、とお思いの方。

そういう方は、もっとたんぱく質を摂ったら、ますます賢く、元気に、無敵なりますよ~。フハハハ~!

 

とりあえず、食事のバランスを見直してください。

 

 

昨日の続きですっていうか、補足です。

 

私のブログを読んでくださるのは嬉しいですが、情報というのは、常のアップデートというか、更新されています。

なので、必ずブログは必ず新しいものから読んでくださいね。

検索をかけて、昔のブログがヒットして、おおまかな考え方は変わっていませんが、細かいことが変わっています。

 

例えば、おススメの化粧品です。

昔は、取り扱っていたり、おススメしたりしていたものが、今では取り扱っていないとか、おススメどころは逆に使わないように言っているとか(ここまで極端なものはないですが、使い方にコツというか、使っていい方と、ダメな方、こういう時限定であれば、いいですよ、普段は止めておいてください、などなど)、そういうものがあります。

どうして、そうなっていくか、というと、もちろん、自分の知識量が増えていくのもそうですが、実際に、自分や患者さんが使ってみての、肌の状態の変化ですね。

こういう人にはいいけど、こういう人にはダメだな、とか、思っていたよりも刺激があるのかもしれない(短期ではわからなかったことが、ず~と使ってみたら、思っていたのとは違う結果が出てくる人がいる)、商品はいいけど、うまく使えないとか、メーカー自体が信用できないことがあったとか、いろいろです。

それも時間がかかったからこそ、たくさんの患者さんの肌を診てきて、分かったこと・見えてきたことがあります。

こういう時だけはあり、という商品は、確かにこちらからしたら使いづらいので、患者さんが欲しいと言っても、今は使ったらダメですよ、となると、在庫が回転しにくいということもあります。

「こういう時」限定で使ってもらっていたけど、思ったほど、メリットがなかったとかになっちゃうと、もう仕入れなくてもいいかなと、在庫なくなったら終わり、という商品もあります。

 

うちのクリニックで取り扱っている化粧品・サプリメントは、全て自信を持って、おススメできる商品ですが、個々に合う合わないというのは別です。

なので、日焼け止めだけでも、17種類以上おいています。

もういくつおいているのか、わからなくなっちゃいました。

環境やTPOに合わせて、変える。

肌質や塗り心地の好みで変わる、となると、なんやかんやで増えちゃいました。

時々、「どれがいいんですか?」「一番いいのはどれですか?」と聞いてくる方がいます。

 

どれもいいんです。

良くないものはおいていません。

 

っていうか、一番ってなに。。。?

 

パウダールームで、紹介した時点で、今のその人にとって、使ってもいいものを紹介しています。

使ったらダメなものは紹介しないか、今はダメとはっきり言っています。

その中から、環境やTPOに合わせて、自分の塗りやすいもの・好み・目的に合うものを選んでください、と時間を取って説明して、あとは、使ってみないとわかりません。最低でも2週間。

普段の自分のいる環境に合うのか、女性の肌は、生理前後でも全然変わりますから、その時々で合うもの・好みも変わります。

いろいろ揃えたらそれにこしたことないですが、どれかひとつというのなら、じっくり試してみないと、そりゃ、誰にもわかりません。

どれも質のいいものを置いているので、その中での差は確かにありますが、それは考え方の違いで、添加物をどうとらえるかで、何がいいのか意見がわかれます。

どんなにいいものでも、その人が使いづらかったら、全く意味がないんです。

そういうものって、使うたびにストレスですし、そのうち、使わなくなります。

なにしてるんだかってか。

 

日焼け止めは、かなり塗り心地で好みが出るので、なので、全商品テスターを置いています。

話に聞くのと、塗るのとで大違いだからです。

ここまでの商品を全部自由に試せるクリニックって、まあないと思いますよ。

それだけやっても、全然試しもせずに、パウダールームからバッチリメイクもして帰ってきて、「一番いい日焼け止めをください」と言われたら、あきれるというよりも、もう説明しても無駄だなと。。

昔は、もう一度パウダールームに連れていって、ちゃんと試してから、買ってください、とやっていました。

でも、そういう方は、説明しても、人の話を聞く気がないのがもう態度に出ていて、ひどい方だと、スタッフが説明している途中で、一番近いのをば~っと勝手に塗り出すそうです。

聞く気がない人に説明しても、うっとうしがられるだけですし、なにより自分の時間がもったいないですね。

そういう方が、一番知りたいのは、どれが一番よく売れているのか?ということが多いんですが、一番売れているから、一番いいとは限らないんですけど。。まあ、売れているからには売れている理由があって、全部の商品そうですが、メリットとデメリットがあります。

で、一番売れている(使いやすいと思われる)のを、試させると、「べたべたして嫌だ」と文句を言うので、だから、試せっていってるだろっ==!!となっていましたが、もうこういう人に時間を割くのは止めて、他の方の時間に充てるようにしています。

 

あ、すみません、話を戻します。

ブログを読んでくださるのはいいですが、なんの情報でもそうですが、それが書かれた日付はかなり大事です。

医学でもなんでもそうですが、情報って変わっていくでしょ。

レストランの口コミサイトで、5年前の口コミよりも、直近のものから普通みませんか?

シェフが変わっているかもしれないし、引っ越しされているかもしれません。料理の内容もコンセプトもガラッと変わることもあります。営業時間も定休日も変わるでしょう。

それと同じです。

 

このブログに書いてあるから、絶対に大丈夫!なんてことは、絶対にないわけです。

最低、ブログを書いた日付をみてください。

もちろん、書いていることが、貴女に合うかどうかは、全くの別問題です。

 

時々初診の方がされている大間違いが、ブログで私がナビジョンやオバジのことを書いたら、何がどういいのか、何が欠点なのか、どういう人が使ったらいいのか、など、な~んにも考えずに、「ナビジョンでさえあればいい」「オバジであれば、なんだっていい」と勘違いされている人がいます。

ナビジョンにしろ、オバジにしろ、全商品取り扱っているわけでもないですし、その中から、自分の考えに合うものだけを仕入れて、患者さんの肌を診て、どうしていきたいのか、などを考えて、これはおススメですよ、こういうのもありますよ、使いたかったらつかってもいいですよ、としているんです。

そもそも、クリニック用の化粧品が、洗顔もせず、医師が肌を診ることなく、買えるっておかしくないですか?

中には、そんなたいした成分も入っていないから、それほどの害はないものもあります。

でも、使い方が間違っているとか、根本的なスキンケアが間違っている場合など、1億円化粧品にかけても、キレイにはなりませんよ。

まして、ネットで買うなんて、私からしたら、よくそんなものを自分の顔につけるな?!と思います。

正規ルートで買っていない以上、本物って証拠、どこにあります?

偽物かもしれないでしょ。

売れるものって、すぐに偽物作りますからね~。ぼろ儲けですね、業者は。ロシアンルーレットですね。勇気ある~!

おかしなもの使って、肌荒れたりしたら、その倍以上の時間とお金を使いますから、私だったら、絶対に嫌ですけどね。

正規でしか買えないものが、手に入るって、あやしすぎます。。

 

なにより自分の触り方や塗り方が悪いのに、それをナビジョンやオバジのせいにされたら、困ります。あげくのはてに、効かないと言われ日には、そりゃそうだろっと突っ込みたくなります。

それ、貴女は今絶対に使ったらダメなやつですよ、ということもあります。。。

あ~あ~。。

なんでそうなるのか、今まで理解不能でしたが、おそらく、栄養が足りないせいす。

思考力・判断力が落ちていて、強迫観念に捕らわれがち。

まさに、栄養不足ですね。

そういう方に限って、自覚がないのと、人の話も聞かないので、もう私には何もできないので、サヨナラ~となりますが。

自覚があったらね、どうにかしたい!自分で、情報惑わされることなく、化粧が買えるようにしたい!と思っている方は、大丈夫なんですが。。

 

ちゃんと使えば、5千円も1万円もする化粧品の価値がもっと上がるのに、自分で下げているんですよね~。

なので、うちでは、化粧品だけ欲しいという方も、全て診察が必要で、カウンターでだれでも買えるわけではありません。

患者さんが欲しがっても、肌を診て、買わせない・勧めないこともあります。(今、使えるような肌じゃないから)

 

「絶対に、○○でないと!」と思いがちなこと自体、スキンケアも化粧品も大事ですが、栄養を見直してみてください。

 

 

 

 

 

まだ十津川に行ってきた話の途中ですが、ちょっとスキンケアの話を。

 

肌荒れや、なんか肌の調子が悪いと悩んでいらっしゃる方、お金や時間をかけているのに、なんでこんなに肌がキレイにならないんだろうと思っていらっしゃる方々が、私のブログを見つけて、自分の使っている化粧品から肌の触り方まで見直されて、とりあえず、何を使ってもいいかわからないので、ブログで紹介していた一般で買える化粧品に買い換えて、受診される方は結構いらっしゃいます。

 

そういう方の場合は、どれくらい実践されたかにもよりますが、tよっとお肌の落ち着いて、これからどんどんキレイになっていきます。

楽しみですね。

 

そういう方の中には、もうとりあえず一切を止めて、ぬるま湯で洗顔しているのみで、日焼け止めも保湿もしない(たまにワセリンくらい)のに変えちゃって、受診まで待つ、という方もいらっしゃいます。

それはそれで、もちろんありです。

ケースバイケースと言いますか、ほんとに受診されて、何も一切塗らないように、と指示する方もたまにいます。

赤みの炎症が強すぎるとか、もう皮膚炎(異常)レベルの時です。

医薬品の薬を使わないといけない時(ステロイド含む)もあります。

そんな時に、化粧品を塗っている場合ではないです。

だって、異常があったら、塗らないでください、医師に相談してください、って書いてあるでしょ。

診察の上で、これくらいなら、こういう化粧品なら、使ってもいいですよ、ということはありますが、診ていない方の場合、患者さんの自己判断ですから、それが正解かどうかは、やってみないと、経過を診ないとわかりません。

なので、そういう場合に、全部とりあえず止める、というのは、ありです。

まあ、そういう場合は、早めに受診してもらったほうがいいですが。炎症をなんとかしないとね。

良くなったらいいですが、悪循環にはまることも多いので、ほんとのひどい状態になる前に、早めに受診をしたほうがいいです。

 

さて、肌荒れ相談の方の場合、今使っている化粧品をすべて先に予約時にお聴きしているんですが、前日の確認電話で、化粧品を変えている方が時々いらっしゃいます。

ひどい方だと、予約日の2日前に、化粧品を変えるということをされます。

 

。。。なんで?

化粧品、もう変えてたやん?(しかも、新しく買ったのが、ろくでもなかったりして。。診察で、使うなと言われるだけなのに。。)

と不思議でたまらないです。

だって、もう2日くらいだったら、変えた化粧品で、とりあえず過ごしたらいいと思うんですが。。。

新しく買い足していっている化粧品全部が、「いいもの」とは限らないわけで、まして「自分の肌に塗っていいのか」というのは、全く別の話です。

 

そういうことをされる患者さんみなさんに、どうして受診の2日前(前日のこともあり)に化粧品を変えたんですか?と聞くと、みなさん言うのが、「買わなくても良かったのかもしれないけど、塗らなきゃ!!塗らなきゃ~っ!!と思って、買ってしまった。。」という答えがほとんどです。

 

肌荒れで悩んでいる方に、まず2パターンあるんですが、

①な~んにも考えていない方。使っている化粧品の名前もわからない、覚えていない、ドラッグストアの店頭に並んでいるやつから安いから買った、とりあえず、一番前で売っていたから買った、というてきと~な方。

それで、肌がキレイだったらいいんですけどね。。あんまりキレイじゃない、いや、ひどい。。

大体こういう方は、擦りまくっていることが多く、あと、日焼け止めも全然塗っていなくて、その分肌もひどくなっているパターンです。

今後、それではだめなんだ、と気づかれて、注意されれば、OKです。

 

一番大変なのが、

②思い込みパターンです。

「絶対に、ダブル洗顔しないといけない!」「日焼け止めを塗らないといけない!」「化粧水を塗らないといけない!」などなど、自分で、いろいろと義務を増やして、がんじがらめになっちゃっている方です。

考え方が、融通が利かなくなっているというか、他の考えが浮かばない、あるいは受け入れられなくなっているパターンです。

これは、しんどいでしょう。。ご自身も。。

ちょっと強迫観念にとらわれていると言いますか。。

こういう方全員、なんと!痩せています!

「痩せ」の程度もバラバラですが、パッと見た目、「痩せている」に分類がすぐにされる方です。

 

男性も女性そうですが、痩せすぎは良くないです。

太っているのも良くないんでしょうけど、「健康で元気」となると、痩せているよりも太っているほうです。一番いいのは、小太りが一番元気で長生きです。

もちろん、太りすぎはダメですよ。

この「太っている」っていっても、炭水化物ばっかり食べての肥満は絶対にダメですが、動物性蛋白質もたくさん食べているし、炭水化物もたくさん食べていて、小太りになった、という場合、栄養もちょっと摂れていますから、まだいいんです。

 

ところが、痩せている場合、(検診で、「痩せすぎ」と出たら、たいがいですよ。BMI計算して、18ないとか(18.5ないのも、たいがいですけど)。

そんなに痩せているのは、栄養が全然足りないからで、内臓の大事なところも栄養が足らんと悲鳴を上げていますから、皮膚になんか栄養は回ってきません。

だから、調子がすぐに悪くなるんですが、一番困るのは、脳のバランスですね。

強迫観念って、ちょっとコントロール自分でできないでしょ。

できないと思いますね~。

いろんな脳の中のホルモンが、全然足りないとか、すっごくバランスが悪くなっているとか。

だから、おかしな広告や宣伝に、すぐに乗せられてしまうし、買わなきゃいけな、使わなきゃいけない、と自分で追い込んでしまうんですよね。

栄養療法するまでは、そういうこと全然わかりませんでしたけど、栄養療法をするようになって、すっごく実感しています。

脳に栄養がいかないせいで、思考力の低下、判断力の低下などなど、物忘れもひどくなっていませんか?思い込んでいて、他の考え方が受け入れられない、あるいは、他の方法があると考えもしなかった。。

こうなっちゃうと、自力で脱出するのは、不可能とは言いませんが、かなり大変なのでは?

 

そうい時は、診察に来ていただいたらいいですが、いつもいつも診察に来れるわけじゃないですよね。1回の診察で、全部のスキンケアを隅から隅まで話ができるわけでもありません。

ひどい方になると、思考力も低下していますから、説明を聞いてもよくわからない。。。となります。

 

そういう時は、栄養療法です。

食事メインで、食事で足りない分の栄養素をサプリで補います。

そしたら、肌にも栄養が届くなるし、キレイになります(これは、ちょっと時間がかかりますが)。

頭の血流もよくなるし、ホルモンはちゃんと出ているし、脳のバランスがとても良くなります。

そうなると、おかしな広告に踊らされることなく、皮膚を触らなくて済みます。

 

とはいっても、全員の方が栄養療法されるわけではないので、とりあえず受診されたら、スキンケアの最低限のことをお教えするんですが、肌が荒れている時に、特に、日焼け止めはそんなに頑張ってやらなくていいですよ。

 

日焼け止めって、ある程度、皮膚が健康じゃない使えません。

それくらい、日焼け止めになると、いらん添加物が混ざってきます。

でないと、日焼け止めが作れませんからね~。

 

ニキビのひどい方や肌荒れ(程度にもよります)の方には、保湿は勧めても、日焼け止めは勧めていないことが多いです。

ビューティフルスキンの日焼け止め(粉のほう)であっても、顔を触らないと塗れませんから、もうしばらく止めておきましょうと止めることもあります。

 

日焼け止めは、塗らないとどんどん老化するんじゃないか、と脅迫観念にある方が、たまにいらっしゃいますが、おそらく今までの塗り方ではどうせ効いていないし、肌が荒れている時に塗ったら、入っている添加物がよけいに刺激になることもあります。

なので、させないんです。

今まで、何十年も、ちゃんとしたスキンケアをされていきていないですから、2日間しなかったからと何かが変わるものではありません。)

買う時は、成分表を観てください。

たくさん化学薬品が入っているでしょう。

商品によったら、塗らないほうがマシ、という選択肢もありますよえ。

 

 

 

 

 

 

この日曜・月曜と、日本最大の村の十津川村に行ってきました。

そうそう、桜が咲いていましたよ!

 

十津川に1泊して、翌月曜日に熊野本宮大社にいく日程で組みました。

最初の目的は、熊野本宮大社でした。

熊野三山を全部回る時間はなくて、本宮大社だけのつもりで、宿を探していたんですが、ずっと行きたかった十津川村に泊まることにしました。

十津川村には、村営の「ホテル昴」があります。

なんと!こちらには、温泉のプールがあるんです!!

以前に知っていて、ず~っと行きたかったホテルです。

プールは大好きですが、普段はめんどくさくて(髪の毛乾かしたり、着替えたりとか)、時間も取れないし、といきませんが、いつも温泉に行くと、泳げたらな~と思っていました。

おs

後から知ったんですが、十津川温泉というのは、ものすご~く湯量の豊富な温泉地で、日本で初めて、源泉かけ流し宣言をしたところだそうです。

お風呂は、全て源泉かけ流しゆえに、塩素などは使わず、全て洗い流されている、いつも新鮮な温泉なんですね~。

循環もされないから、いつもキレイなわけです。

素晴らしいですね!

でも、どこの温泉地でも同じようにマネしようと思っても、それだけの湯量が必要なので、どこでもできるわけではないと思います。

http://www.hotel-subaru.jp/spa/index2.html

しかも!

 

詳細はわかりませんが、十津川は日本の秘境と呼ばれているところです。

空気は澄んでいるし、自然と人間との共存がうまくいっているというよりは、自然の邪魔をなるべくせずに、自然と一緒に暮らしていらっしゃるというか、世界遺産の「紀伊山地の零場と参詣道」ですし、十津川というのは、ものすごい聖地なんですって。

こちらの水であれば、そういう効果もあるかもしれませんね。その思ってしまう環境でした。

とても気持ちのいいところでした。ぜひまた行きたい!

 

この十津川のホテル昴のHPを見ていたら、玉置神社のバナーがあって、全然知らない神社だったので、調べてみると、こちらは、日本最古の神社と言われていて、すごいところでした。

熊野本宮大社よりも、こっちにぜひ行かなきゃ!(時間が限られているのであれば)と急遽計画を組み直ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五條から和歌山に向かって、また始まります。

 

 

 

 

和歌山県に入るとどうなるのかな?

 

十津川に入ったら、その山道なんですが、結構な場所で工事のあとが新しく、山肌をコンクリートやネットで覆い、新しい道路を作るため(できているところも多いです)、一部河川敷も工事して、コンクリートのふっとい柱がバンバン建っているところがあり、最初、?と思いましたが、思い出しました。

5年前の紀伊半島大水害です。

ちょうどあの時、奈良県の十津川であまりの雨量で山が崩れ、土砂崩れで、1本しかない国道が塞がれ、まさに陸の孤島になってしまって、復旧工事どころか救援救出もままならないことがニュースで報道され、ちょうど患者さんの親戚が十津川にいらっしゃるということで(親戚の方はみなさんご無事でした)、物資が届かないし、会いに行けないとおっしゃていました。

もう十津川のみなさんは落ち着かれたんでしょうか。

ただ、土砂崩れ対策として、この日月曜日、休み返上で道路工事などが行われていて、道路片側通行になっていたり、急いで道路の安全を確保しようとされているのがわかりました。

そのおかげというのか、新しい立派な道路とトンネルができていて、ウネウネと曲がりくねって時間のかかる山道がある程度まっすぐに別の道路ができあがっていたりと、恩恵をいただきました。

なんでも運びやすくなるし、訪れやすくなりますね。

時間も全然違います。車が対向できないくらいの道路(なんとトンネルも!)もいくつかあり、地元の方は慣れていらっしゃるのかもしれませんが、慣れていない観光客だと、危ないかもしれません。

 

山肌の木を倒して、コンクリートで固めたりなどが自然破壊かもしれませんが、ほんとに、山道の道路に、かなり大きな石や場所によったら、岩が、上から落ちてきてたんだ、と生々しいところもあり、結構、「落石注意」の看板もあるし、危ないです。こちらもひやひやします。

 

 

 

 

 

今日は、本の紹介です。

 

その前に、今日、青森から来てくださった患者さんが、青森のお土産をくださいました。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_20160318_192122  ガラスのリンゴの置物です。

ペーパーウェイトですかね。

すっごく可愛らしいです!

白神ガラス工房さんの作品でした。

青森はガラスが有名ですか? 青森だからか、リンゴというのも可愛いし、ちょっと赤が混じっているのも、とても好きです。

ガラス細工やガラス製品って好きですね~。

ありがとうございます! 早速診察室に飾りました。

(待合室でもいいんですが、ガラスですから、あまり人が触る可能性の少ないところが念のためいいかなと思って)

 

さて、今回の本です。

溝口先生の新刊本です。

最新の栄養学というのか栄養医学というのか、とにかく最新のことが全部と言っていいくらい、載っています!

すごくいい本ですっ!!

 

IMG_20160318_192154

溝口先生の本は、字がたくさんあって、情報量が無茶苦茶多いので、1冊がとてもお得と言いますか、濃い~い内容で素晴らしいのですが(もちろんこれは一般書です)、以前に、溝口先生のこのシリーズのうつの本を患者さんに勧めて読んでもらったところ、「難しい。。。」と言われました。

そうか、難しいのか。。と思いました。

 

このシリーズが、ちょっと専門的なことも載っているので、医療関係者の方々には、こんなわかりやすい本はないと思うんですが、あまりそういう本を読んだり、知らない方からしたら、ちょっと専門用語が多かったり、ちょっとつっこんだ内容だったりするのかもしれません。

でも、素晴らしい内容がたくさん載っていますから、読みにくいところはとりあえず飛ばして読んでいただいていいので、まあ、読んでみてください。

 

本のいいところは、「あれ、どうだったっけ?」という時に、その本の中を探せば、どこかに必ず載っていることですね。

探すのが楽です♪ しかも、まとまって書いてくださっているので、見直しの時はとてもいいです。

 

栄養に関することも医学と同じで、どんどんアップグレードされます。ま、そりゃそうですよね。

 

栄養療法に興味ある方は、ぜひご一読を!

人生、変わりますよ。

 

久しぶりの注意事項です。

いつもブログを読んでいただいている方からしたら、またかとなるでしょうが(実際、私も、またか、でいやになるんだですが)、そういう方が続けて出ると、また書かなきゃいけないのかと書くことになります。

お許しください。

 

当院は、「予約制」ではなくて、「完全予約制」です。

お一人お一人に、かなりの時間を取って、準備もして、ご予約に備えていますので、予約なしで突然でも、対応できることもあれば、無理なこともあります。

病状とかご相談内容や予約の空き状況など様々ですので、個々に違います。

それに合わせて、予約時間も決まるので、一概に、こういう時はこう、と言えません。

 

また、ただいまお電話がかなり繋がりにくくなっています。

いつもいつもではないんですが、対応できない時は全く対応できません。

メッセージを残していただきましたら、順番に折り返しお電話しております。

わけわからん業者の営業電話もすごく多いので、どれが営業なのか、患者さんなのか、わかりませんから、ご予約の方は、メッセージを残してください。

 

そんな中、「電話が繋がらないから」と直接飛び込みで来た人が数人続きました。

電話も繋がらないような状況で、突然来て、対応できるわけはありません。

そういう方全員、HPの「初めての方はお読みください」と書いてあるところを読んでいるはずもないわけで(初診料も知らないことが9割以上)、うちの治療方針も知らないのに、勝手に来たって、綺麗になんかなりません。

考え方の違う人には、全ての治療を勧めていませんし、説明したところで、興味もないから聞いていないのがすぐにわかります。

ま、そういう人はすぐにわかりますから、親切に、説明しておいてあげようというのは、ほんとにいらないお世話で終わります。

考え方の合う、クリニックにいかないとね。

だからこそ、初診の方の場合、先にお電話でいろいろ聞いて確認しているわけです。

 

また、診察も受けてもいない、どこのだれかもわからない人に、うちの化粧品などを送るわけがないのに、「化粧品を送れ」というような電話が時々かかってきます。

 

ブログをちゃんと読んでいたら、そういうことを私がやるわけがないことは、みなさんだったら、おわかりでしょうけど、そういう電話をしてくる人っていうのは、一部しか読んでいないのか、自分だけは関係ないと思っている・自分だったら特別にしてもらえると思っている(こういう人が結構多いのには驚きます)のか、そういうことを言ってこられます。

 

「そういうことは行っておりません」と断って、電話を切ろうとしても、自分がいかに遠方かということを延々と言うか、代わりに買えるところを教えろと電話を一行に切ろうとしません。

HPにも、ブログでも、何度も書いていますが、お電話でのご相談は一切行っておりません。

電話が繋がりにくい状況で、こんな電話に付き合っている時間は、申し訳ないですがありません。

今対応中の患者さんに集中したいですし、次の方の準備・さっきの後片付けと山ほど仕事はあります。

常々、スタッフにも、そういう電話は切るように言っています。

いひどい人になると、電話で先生に相談させろ(もちろんタダ)遠方なんだから、と言われ、アンタ誰やねん?友達か~?となります。

そんな知り合い、いたっっけか。。。?

 

先日のように、ブログを読んでいろいろ実践したら、お肌綺麗になりました!遠方で行けないから、電話でお礼が言いたいから伝えてください!のお礼電話は大歓迎ですが、

肌も診てもいないのに、おススメの化粧品を送れ、って、なんじゃそりゃ?!って、大阪だったら、送れるか=っ!!と、つっこまれまくりでしょう。

肌も診ていないのに、どうやって選ぶというんでしょうね。

私は、超能力者かっちゅーねんっ!!

 

信じられないでしょうけど、こういう人って、ほんといるんですよね~。一人二人じゃないところに、びっくりします。

 

基本、電話は、ご予約専用ですので、相談ならすぐに切りますので、ご了承ください。

電話が繋がりにくくても、縁のある方は、す~っと電話が通じますし、いつでも好きな時に予約が取れるものではないですが、縁のない方は、いくらしても、うまくいかないことがあります。不思議ですね~。

縁があれば、必ず来院されることになっていますから、そういう方は、とりあえず、ルスTELにメッセージを残していただくなり、何度か電話してみるとかされてみてください。

お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 3123