プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近投稿した写真

ホーム > 2016年10月



「高樹沙耶容疑者逮捕」という報道をテレビで観て、今回初めて「医療大麻」が国内で使えるようにするために選挙に出馬までしていたことを初めて知りました。

「医療大麻」というものがどういうものか知らないし、「医療大麻」が必要かどうかも知りませんが、今回一番びっくりしたのは、高木容疑者の肌の汚さ!

53歳ですよね?!

現役の女優さんでも、今は芸能人でもないのかな?選挙に出ていたことも知らなかったので、芸能人という認識しかなかったんですが、選挙の出馬の時の顔も見て、あまりの老け加減にびっくりしました。

 

一般の人だったら、これくらいの人っているとは思います。

でも、芸能人で53歳前後、それ以上の女性で、ここまで肌の汚い人を見ることがないので、マジマジと見てしまいました。

毛穴は広がって、肌色は全体に日焼けしていて黒めというと一見こんがりと元気そうに聞こえるかもしれませんが、顔全体まだらに茶色し、ツヤはないし、全体に下がっているし、皮膚は硬そうだし(日焼けの皮膚なので)。。

うちの患者さんで50代の方って、40後半~前半と変わらないくらいである意味年齢不詳の方が多いので、あまりの違いにびっくり!

 

あの肌は、まず日焼けしすぎですね~。

石垣島で暮らす前から、ダイビングも、ずっとしていたんですよね。

「ナチュラリスト」というのが、日焼け止めも塗ってはいけないのか、あるいはそういうことにも興味がないのか、その辺はよくわかりませんが、あそこまで日焼けしている女性の50代の肌をテレビで顔のアップで診ることがなかったから、「ああ、ここまでいくんだ。。。」と勉強になりました。

一般の人の肌を診察室で診る時は、いわゆる年相応で、当たり前と言えば当たり前で、ものすごく日焼けしている人というのは、うちではあまり診ないから、目にしたのが久しぶりと言えば久しぶりでした。

 

あと、かなり細身というか痩せているので、あれは動物性たんぱく質を全然食べていませんね。

自給自足ということが報道されていましたが、野菜と穀物ばっかりでしょうか。

海に入って魚を捕ってくるか、鶏を絞めるか、産んだ卵を食べるか、育てた野菜とかと肉に変えてもらうか、くらいしか手に入れる手段はないってことですよね、自給自足って。

豚や牛まで育てていたら、自給自足でかなりカバーできますが。。

皮膚にたんぱく質が回ってこないから(食べている量が少ないので)、皮膚は薄くなるし、そこにあれだけ紫外線と近赤外線を浴びていれば、皮膚の老化はガンガン進みますね。

シワ・タルミは余計にひどくなります。

美容だけの問題ではなく、皮膚のコラーゲンも変性しますから、弾力性が失われ、本来皮膚は、下のものを守る最初のクッションの役割もしていますが、防御機能が減ることにもなります。

それと、皮膚癌もリスクも上がりますね。

どんどん色黒になれば、それも防御には役立つでしょうけど。

 

せめて日焼け止めくらい塗ればいいのに、と余計なお世話ですが、思いました。

 

 

私のいう若い子っていうのは、主に20代です。

30代前半も若いかな。

10年くらい前でも肌荒れで悩んでいる若い子って、確かにいましたけど、アトピーとかニキビとか、もっとはっきりしていたというか、ひどいのはひどかったと思いますが、ここ数年は、そういうはっきりしたのではなくて、なんとなく全体が赤いとか、ニキビもあるけど、全体の赤みがひどいとか、いろんなのが合わさっていて、どんどん悪循環にはまっている感じ。。

昔も赤ら顔っていましたけど、昔よりも、全体にひどくなったような。。人数も増えたような。。?

悪循環のはまり方も似ていて、広告宣伝をそのまま信じて、エステ、よくあるある化粧品をずっと使っていて、どんどんひどくなって、さすがにもういい加減おかしいと気づいて、受診されるというのは、みなさん同じパターンです。

気づけて良かったですね。気づいた時点で、ちゃんとやりなおせば、皮膚はいくらでも生まれ変わりますから、どんどん生まれ変わらせてほしいな。

 

でも、冷静に考えると、20代って、10代と違って、もうそんなに今までだったらニキビが出る年齢でもないし(最近は、30代、40代でも、栄養がなさすぎて、フェイスラインのひどいニキビが多いですね)、おそらく女性の人生で、一番輝いている時じゃあないのかな。

放っておいても、中からの若さとツヤが隠し切れなくて、元気いっぱいで、誰が見てもすぐに若いとわかるし、30代前半の若いのとは、やっぱり違います。

 

その一番綺麗で輝いている時間を、肌がコンプレックスというのは、かなりのストレスですよね。

結婚したからいいとかいうわけではありませんが、皆さんも自分が20代の時に、そこまで肌が荒れて、化粧もできないとか、化粧をしてても肌トラブルがひどいのがすぐにわかるとか、そうだったら嫌ですよね。

10代もかなり気にする年代ですが、20代も、学校から社会という大きな場に出てきて、そういう意味では、10代よりも気になるんじゃないのかな。

特に胃性の目も気になるし、20代は一番恋愛する年代かなと思います(最近は違いますか?)

若い間は、周りも肌の綺麗な子が多いから、余計に気になるかと思います。

30代、40代、50代と、肌が綺麗な人が減ってくるし、大人になっていくうちに、開き直るわけではないでしょうけど、処法も習得してくるので、悩んではいるけど、気に仕方がちょっと落ち着く(20代よりは)と言いますか、あきらめの境地も入ってきているのかもしれませんが。。

 

いくつになっても肌は生まれ変わるとは言え、一番人生で輝いている時に、綺麗な肌で過ごしてほしいなと思います。

若い子が綺麗な脚を出したり、おへそ出したり、背中など出したりと、スタイルがよければ、何歳でも出したらいいんでしょうけど、肌のツヤと綺麗さは、20代には勝てません。

30代、40代は、大人の魅力を足さないと、20代にはたちうちできないと思います。

勝負の場が違うというか。同じ土俵に立ってはいけません。負けるのは決まっていますから。

 

20代こそ、ほんとにいらんことせず、無添加せっけんで洗顔して、ちょっとだけ保湿して、日焼け止めを塗ってら、基礎化粧はおしまいです。

それだけで十分キレイなのに。。

美容医療を足すのは、お金もいるし、20代は基本ができていれば、という感じです。

(したい方はしたらいいですが、基本はいくつでも大事です)

 

いろんなことに気付いて、早く良くしてほしいな。

スキンケアは、外からいじめないことも大事ですが、栄養不足だけは栄養でないと解決できません。

ほんとに食事に頑張ってほしいです。それだけでも肌は見違えるように変わります。。

 

 

 

 

 

 

IMG_20161001_154714 12月の講演会http://www.orthomolecular.jp/info/seminar20161204/

私のHPやfacebookをご覧になった方が多数お申込みいただいているそうで、ありがとうございます!!

事前に申し込むと、お土産がもられるそうで、こちらの講演会などのお土産は、結構いいものがもらえたりするので、いいことあるかもしれません。

また、この講演会の中で、お楽しみ抽選会がありますよね!

こちらもまた豪華商品のはずです!(真実は知りませんけど。。笑)し

 

栄養療法のセミナーでも年末の最後のセミナーは、お楽しみ抽選会があり、糖質制限のお菓子やら、サプリのセット、しかも豪華なやつやら、羨ましい限りでした。

(私は、当たっていませんが。。)

さすがに800人規模の講演会なので、真実はわかりませんが、参加して、とてもタメになる話が聴けるだけでなく、きっと嬉しいことがあるはずです!!

すぐに体やお肌にも役立つ情報満載であることは、お約束します!!

まだお申込みされていない方で、お日にちがいける方はぜひご参加をお待ちしております!!

 

久しぶりにご来院された患者さんが、もうすでに申し込んだとおっしゃっていて、受診時に栄養解析もされました。資料もたくさんお渡したので、どんどん実践していきます!とおしゃっしゃっていたので、これからますます綺麗に元気になりますね!!楽しみですね!!

 

皆さんもぜひ!

私も、皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!!

先日、チョコレートのかかった糖質制限ケーキはないものかといろいろ調べて、ネットで見つけました。

「奇跡のレストラン」で出てくるチョコレートケーキがありましたが、残念ながら地方発送なしで、確か東京だけでした。。

 

そこで、見つけたのが、「ヘルシ屋」さんです。

http://healthy.life.coocan.jp/

なんと!こちらには、ザッハトルテがあったのです!!

私もぜひ食べてみたい。

ザッハトルテは、昔から大好きなお菓子ですね。

 

送料もかかるし、どれも冷凍で来るので、まとめてケーキ3個頼みました。

・苺のレアチーズケーキのハート型

・ザッハトルテ

・ベイクドチーズケーキ

です。

IMG_20161021_162037IMG_20161021_162049

普通の丸いのもあります。

ハート型がかわいらいいですね。

見た目が可愛いだけではなく、味も、知らずに食べると、糖質制限とは思わないくらい、

おいしかったです。

 

IMG_20161021_162543ケーキの断面です。

糖質を減らすために、スポンジ部分をなるべく減らしているようです。

スポンジ生地は小麦不使用で、大豆粉やアーモンドプードルと小麦ふすま、小麦グルテンでできています。それはおそらく全商品似たり寄ったり。

糖質制限で、お菓子やパン、スポンジを作るには、どうしても小麦グルテンが必要です。

でないと、もっちりしないようです。

あと、膨らみにくいんだったかな・・?

IMG_20161021_221446 ザッハトルテ!

切った後に写真を忘れていたのを気づきました。。

これは、糖質制限にしたら、ほんとによくできていましたが、チョコレートコーティングのつもりのお菓子と思って、何も知らない人が食べたら、こんなのチョコレートじゃない!と言うかな。。わかっていて、食べれば、絶対にチョコレートなんですが。。

糖質制限で、ザッハトルテを作るとこんな感じ~!という最高峰クラスと確信しました。

(って、他のザッハトルテ系を糖質制限で食べたことがないので、わかりませんが。。)

こちらは、親切にも、生クリーム(純ですよ!)が別添えでついてきます!

おお=!!ザッハトルテですものね!!

IMG_20161024_154822 こちらは、ベイクドチーズケーキ!

これも、美味しかったです。

チーズケーキ系は、ほんとに、糖質制限とはわからないです。

 

他の種類もたくさんあるから、食べてみたいな~。

 

こちらのケーキ屋サンは、HPにも、一緒に入ってきたパンフレットにも、親切なことがたくさん書いてありました。感心してしまうくらい。

どなたか医療関係者が関わっているのか、ご本人はご家族が糖尿病などで、すごく勉強されたか、というくらい、細かいことに気付かれている感じです。

 

すべての食材がこだわっていて、素材の良さで、糖質制限の物足りなさをカバーしてあまるくらいですね。無茶クチャ高いわけではないですが、お安いものでもないです。

糖質量もきっちり書かれていますが、オーソモレキュラー.jpみたいに、商品(完成品)を食品分析センターで分析されたわけではないです。

あくまで作る前の計算上です。

これは、どこの糖質制限の食品も同じです。

完成品をいちいち測っていたら、コストがかかりすぎるし、計算上よりも増えていたりすると困るので、やっているところは、まあないでしょう。

 

ダイエット目的や健康志向の方はいいですが、糖尿病や血糖値を上げてはいけない方は、ちゃんと自己測定して確認してくださいね。

同じ糖質量でも、どこまで血糖値が上がるのかは個人差も大きいですし、糖質の種類も人によって反応の程度は違いますから、糖尿病の方が、計算所の数値をそのまま信じたら、ダメですよ。

 

こちらの商品は、どれも見た目がアゲアゲで、添加物もほとんどなかったと思います。

誕生日やイベントにはとてもいいです。

 

ただ、ここのケーキ屋さんを一体誰がしているのか、が全くわかりません。

大手が隠れてこそってやっているのか、個人でされているのか。

個人でされている場合は、パティシエのお名前は載っていなくても、なにかその人なりのこだわりと言うか、人間ぽいところが。HPのあちらこちらで見えるものえすが。。。

大手なんですかね~。テスト経営とか。。?

 

あ、商品はすべて冷凍できます。解凍して食べるので、3個頼んでも平気です。

 

 

医療で取り扱う医療機器・医薬品やサプリ、場合により化粧品など、厚生労働省が認可したものでないと国内で販売ができません。

なので、認可されていないものを作る企業は日本にはほとんどありません。

海外で作ったものを、個人輸入してくるしか方法がないのです。

それを代理で手続きしてくれる輸入代行業者というのがあって、皆さんもネットで海外のものを買う時は、そういう業者を通じて購入されていると思います。

医療も同じです。

 

ただ、なんでもそうですが、そうやって仲介が入ると、業者によって、やっていることは天と地ほどの差があったり、その業者をそもそもどうやって信じるのか、という話にもなります。

だから、アマゾンでもヤフオクでも、出品者の信用していい点数みたいな利用者の意見がの合っていますよね。あれがどこまでまた信用できるのかという問題もあるんでしょうけど、信用している業者でないと、海外からのはヤバいでしょ。

 

そう思うと、ネットで、あやしい海外の医薬品を個人輸入している素人の方は、とても危ない橋を渡っているのがご理解していただけましたか?

ああいうのは厚労省が止めるように再三注意していますよ。

今までも何人も亡くなった方もいらっしゃいます。

だって、本物ではないから。

偽物を、東南アジアのどこかで作って、無茶苦茶でしたよ(以前テレビで取材されていました)。

あんな薬なんて、中に何が入っているのかわかりません。肝心の成分の量がどうこうという問題もありますが、衛生面でも非常に問題が。。。

 

私たち医師は、有名な(?)輸入代行業者に頼んで、個人輸入するわけですが。。

学会などの企業展示に出入りできるような業者と言いますか、出入りしているから絶対に安全というわけでもないのですが。。

全然知らない怪しい業者から、いきなりFAXで宣伝が届いたりします。

すべて捨てていますが、前に見た時に、ボトックス®の中国バージョン(BTXA®と言います)が売っていて、まだ中国製、売ってんの?!とビックリしましたね~。

普通の業者の取り扱い商品一覧で、中国製は見たことがなかったので、こういう業者が売るのか~?と勉強になりました。

 

さて、うちで取り扱っている医薬品で、甲状腺のホルモン剤があります。

国内で取り扱いはあるんですが、合成なので、できたら、ナチュラルホルモンと言って、合成でないほうが使いやすいし、効きが違うので、お金のある場合は、こちらがいいんですが。。。国内の薬でいける方はいいんですけどね。なかなか大変なことがあって、やっぱり高くても、このホルモン剤いるな~と思っている薬です。

(患者さんは、国内のほうが安くで済むので、そちらのほうがいいでしょうけど、それで無理な方というのがいらっしゃるので、そういう場合にはとてもいいのです。)

 

医薬品になるので、最初アメリカから来てたんですが、FDAが監査に入るかして、出荷がアメリカからできなくなってしまいました。

業者に問い合わせると、ヨーロッパから輸入できるということで、やっぱりちょっとあったほうがいいかと発注しました。

 

まだ商品は届いていなかったんですが(個人輸入は2週間はかかることが多いです。場合によりもっととか)、先に請求書が届いて(先払いのところもあります)、中を見てビックリギョーテンっ!!

請求書の金額が、倍以上になっていて、

なんじゃあ、こりゃあ?!

いきなり円安か?!半額まで落ちた?!というくらいの金額で、思わずケタを何度もみましたね。

なんでこんなことになっているんだ?!と思うと、

なんと!

薬のケタが違う。。。

 

私が頼んだのは(受領書も)、1粒「0・5グレーン」という量で、請求書は、「5g」となっています!!

「グレーン」というともうケタがわかりませんが、全然違うのがわかります。

(調べると、1グレーン= 0.06479891g でした。)

 

これ、気づいたからいいですけど、このまま飲ませたら、下手すると死人でますよ。

一体、ここのチェック機構はどうなっているんだ。。。ぶつぶつ。。。

この薬のことがわかっていたら、こんな単位ではないことはすぐにわかるし、薬の単位で、「gグラム」はまあないです。全体量はあったりしますけどね。

成分量は、「μg」とかせめて「mg」とか。。

それも気づいていない。。。誰も。。

 

まさかここまでケタの違うのが来るとは思っていないでしょうし、気づかず飲ませて、万が一なにかあっても、これは処方した医者の全責任です。

確認せずに出すほうが悪い。

個人輸入というのは、そういうものです。全部自分で責任で発注して支払いをするわけです。

(ちなみに、これは恐ろしくて、今さらちゃんとしたのが届けるからと言われたとしても止めていましたね。キャンセルしました)

ここまでひどいと、医師がその企業を訴えるというのはあるのかもしれませんが、患者さんに出してしまった場合は、医者が全部悪いのです。

 

クリニックでも、請求書は医者以外の人がチェックしていたら、これはまず気づかないでしょうし、現場で、思いこんでいたら、薬のラベルも見ずに患者さんに出してしまう医者もいるかも。。。

 

恐ろしいですね~。

医療機関用の業者でこれですよ。

一般の方は、医薬品系は、今すぐ個人輸入は止めましょう。

 

 

 

今日帰ってきたら、なんか寒かったです。肉をたくさん食べたにも関わらず、寒いな~、お風呂入りたいな~と久しぶりにお風呂に入りました。

いつもはシャワーで、お風呂にはゆっくり入りたいのですが、時間がなく、よほど時間のある時しか入らないんです。

今日こそはゆっくり入ろう!と入りました~。

 

やっぱり気持ちいいですね~。

熱過ぎるのもダメですよ。

少し前に、お風呂やシャワーで43℃でしたっけ?HSP(ヒートショックプロテイン)が出るからと、テレビや雑誌で話題に取り上げられ、結構熱いお風呂やシャワーに入る女性が一時増えました。

なんでもすぐに確認せずに飛びつくから~、と思いますが。。。

 

確かに、HSPは出るかもしれません。

私は大学病院にいた時に、線維芽細胞(コラーゲンを作る細胞です)に紫外線を当てて、HSPや他の蛋白がどれくらい出るのか、などの研究?をさせられてました。

線維芽細胞を育てて、コラーゲンを増やすみたいな。

もうあんまり覚えていませんが。。。20年くらい前の話です。

 

HSPは、そもそも攻撃されるから、その攻撃から身を守るために出てくるもので、HSPがたくさん出ているということは、それだけ攻撃が大きいということでは?とも思うのですが、熱いシャワーはいいのでしょうか。。

攻撃ではなく、別の刺激で(あるいは軽い攻撃?で)HSPが増えたらいいんでしょうけど、43℃(42℃でしたっけ?)のお湯は、軽い刺激ということでありなんでしょうか。

その論文を読んでいないので、詳細はわかりませんが、テレビや雑誌は、その部分だけをピンポイントで抜いてきて、前後の関係や条件を全く無視して、世の中に出しますからね~。

やっぱり全国ネットや大手の雑誌は影響力が強いですしね~。

そのまま信じたら、ダメですよ~。

 

ちなみに、熱いお湯は、皮脂膜が溶けてガサガサになります。乾燥肌の方はさらにガサガサに。。

皮膚の常在菌(一緒に住んでいる必要な菌)を殺す可能性があり、菌のバランスを崩す可能性があります。

ガサガサ→バリア機能破壊

常在菌のバランスを崩す→バリア機能破壊

とダブルで破壊するので、たまの熱いお湯が絶対ダメ!ということではないですが(勧めませんけど)、毎日やりすぎたら、仮にHSPが増えてもお肌ボロボロでは。。。?

 

ま、体温よりも少し高めにお湯(40℃くらいでしょうか)に、ゆっくり浸かるのは、できれば脚も伸ばせたら最高ですね。

上半身は出しておくほうがいいですが(心臓から上)、少しだったら肩まで浸かっていいですが、熱いとのぼせますからね。体しんどいです。

お風呂で疲れたらいけませんよね~。

副交感神経が頑張るように、リラクゼーションで使いましょうね~。

お風呂の温度は、その日の気温や地域にもよりますから、温度は調節してくださいね。

心臓ドキドキしてたら、ダメですよ。

しんどくなりますよ。

 

のぼせないように。脱水にならないように。長湯する時はお水飲みながらでもいいと思います。

お風呂上りのビールやお酒は、お水をしっかり飲んでからですよ、できれば止めたほうがいいです。

 

アトピーや肌が痒い方は、体温が上がると、かゆみは増しますから、最後にぬるめのシャワーを浴びて、体温を下げないといけませんよ。痒くて寝られなくなっちゃいますよ。

もちろん、お酒もかゆみはアップしますよ。

 

なんでもほどほどに。やりすぎないように。

 

 

 

お少し前の話題ですが、女優の吉田羊さんが過労のためダウンされましたね。

テレビや映画などでまくりですものね~。

吉田さんに限らず、今旬の方は、仕事の量がハンパないでしょうから、体調に人一倍気を遣う職業でしょうけど。

 

今の医療ドラマが始まる前に、吉田さんが相武紗季さんと番宣をされていて、そのときお互いに冷え性自慢をされていました。

吉田さんが、確か靴下の5枚履き(だったと思います)をその場でしてらして、それを見せていらっしゃいました。

どれかがシルクだとか、重ね方にコツがあるとか。。。

 

吉田さんに限らず、女性でも靴下を何枚も重ねてはいている方、冷え性のひどい方って、かなりいらっしゃいますよね。

 

そこまでしないといけないというのは、やはり異常です。

それだったら、足にカイロを貼れば?とかいう問題ではないですよ。

冷え性は、基本は栄養失調です。栄養が全然足りないんです。

冷え症がひどければひどいほど、重度の栄養不足の可能性があります。

 

病的な冷え性というのはありますが、本当の病気の場合は、冷え性では済まないくらい、いろいろトラブルが起こるので、そういう場合は、皮膚科に受診してください。

(たとえば、皮膚の色が赤紫~紫色とか、しびれや痛みなどの知覚障害があるとか、赤黒い色のところに、湿疹皮膚炎~ただれがあるとか、など)

 

ほとんどの芸能人の女性は痩せすぎです。

画面や写真となると、膨張して見えてしまいますから、どうしても痩せておかないと、ということもあるでしょうけど。

一般人よりも仕事の量がえげつないくらい多いことがあると思われますが、だからこそ、しっかり栄養を普段から摂って、無事にやっていけるように、食事をしっかり摂ってほしいです。

 

肉・魚(魚介類)・卵をしっかり摂る! それと良質の油ですね。

ショウガも大事ですが、それよりも、肉やレバーなどの赤いお肉をもっと食え!と思います。

 

特に、年齢がアラフォーとなると、女性ホルモンも20歳の時の半分~それ以下に減っていますし、倍も生きたら、それだけ月経の来た回数も多いわけで。。

どんどん調子が悪くなります。

まさに、気力だけでなんとか持たせている感じです。

さすがの気力も、いつでもどこでもなんとかしてくれるわけでもないし、忙しいとき。ストレスの多いとき・頭をよく使っている・体をよく使っている、などがあると、栄養は普段の倍以上使っていることも多いので、一気に栄養がなくなって、わずかの気力ですら、なくなってしまうことがあります。

 

わずかな気力で綱渡りをしていた綱は、いつの間にか蜘蛛の糸になっていて、これは突然、ほんとに突然切れます。

切れたら、ほんとにバターンと倒れますよ。

こういう予測のつかないっていうのは一番困りますよね。

だからこそ、せめて綱渡りの綱を少しでも太く、しっかりと切れないように、できたら、ぶっとい頑丈な橋にしてしまいたいところです。

そうするために、肉・魚・卵をしっかり普段から食べておきましょう。

 

周りの女性よりも、自覚症状が強い方は、早めに専門のクリニックで見てもらったほうがいいです。早急に。

自覚症状がなければいいかというと、どちらかというと、こちらのほうが問題で、ポジティブとかいう問題ではなくて、もう体の声も聴けなくなっているのか、体はもう声を出すことすらできなくなっているのか。。

こうなるとかなり問題です。。。

 

食事を変えるだけで、本当に未来が変わるので、動物性たんぱく質をもっと増やしてください。

「食べている」という方も、全然量が足りていないので(足りていれば、BMI>20ってことはほとんどないと思います。。痩せている女性がとてもやばいっ!!)

もっと食べるようにしてみてください。

本当に食べているという方は、消化吸収がうまくできていない方はとても多いので、確認するには専門クリニックでないとわかりません。。。

現状の把握は大事ですよ。

痩せている女性は、危ないですよ。BMI<18.5の方は、根本的に見直したほうがいいですよ、。

 

 

 

 

 

 

 

昨日はちょっとお酒を飲んで、その後爆睡してしまいました。

キリン本絞りのハイボール」1缶を炭酸でさらに割ったものです。

これ、もうちょっと果汁、特にグレープフルーツ減らしてほしいな。。

ハイボールは、自分で作ればいいんですが(糖質ゼロです)、新商品で買ったものです。

女性が飲みやすいように、果汁多めの設定なんですかね。

本絞りは、果汁多めで、添加物なしですから、美味しいし(ということは糖質が多いことあり)、飲みやすいですが、結構アルコール度数高めなので、お酒の弱い方はご注意ください。

 

栄養療法するようになって、お酒の量が自然と減りました。

そんなに減らすつもりはなかったんですが、お酒を飲むと、お酒の分解にビタミンBをすごく使いますし、肝臓を働かせてしまいますから、イベントや食事会以外ではあまり飲まなくなって、そうしていると、たまに本絞りを飲むと、結構眠くなるし、次の日の朝しんどいので、炭酸割りにしてゆっくり飲んだり、飲む日をさらに減らしたりとしていたら、本当に弱くなりました。

 

「過敏」になるというよりは、少量であっても体が頑張ってくれているのが、気づきやすくなったというか、体の声が良く聞こえるというか。。

自然と減って行きました。

なので、食事会で前と同じペースで飲んでいると、帰りや翌日に死にそうな目に遭います。。

せっかくの休日が寝てただけととてももったいないことに。。。

 

糖質制限も同じで、私はとても耐糖能が悪く、今までのツケですが、5~6年前のまま行っていたら、今絶対に糖尿病か低血糖がさらにひどい状態になって、体はボロボロになっていただろうなと思います。いや~、良かったです。

糖質制限がちゃんとできるようになって(今、たまに食べますが)、耐糖能はとても良くなったんですが、たまに食べた時が、食べ方が悪い時なんか特に(急にいきなり食べたとか、短時間で詰め込んで食べたとか、よく噛まなかったとか、少量の糖質でも数日続いたとか)、低血糖になっているのがとてもよくわかります。

低血糖とは言っても、血糖値を測っていないので、本当はどこまで下がっているのか、下がる前に、一体どこまで上がっていたのか、というのがわからないので、どれくらいの乱高下になっているのかはわかりませんが、下がってきてしんどいのがとてもよくわかるので、やっぱり食べないでおこうと自然となります。

正しい食べ方の時は、そんなことにはあまりなりません。

糖質は、質と食べ方ですね~。それと量と。ちょっと気を付けるだけで、かなり変わります。

糖質以外の栄養素(良質のたんぱく質と良質の油)をたっぷり摂ることも、同じくらい大事です。

 

今日も晩御飯の時に、お店でしたが、お酒を飲みました。おいしい焼き鳥です~。お気に入りのお店です~。

なので、お酒を頼みました(ハイボールと焼酎の炭酸割りの合計2杯)が、途中で、結構、「あ、飲みすぎなんだな」とわかりました。

今度から、お店の方に、薄めで作ってもらおう!

 

家に帰ってから、お酒を飲んだ後に飲む、解毒を助けてくれるサプリを飲みました、

お店でもお水もたくさん。

 

もう後は寝ます~。おやすみなさいzzzz

 

 

以前にお知らせした、来る12月4日日曜日、大阪で開催されます、オーソモレキュラーの講演会「女性の未来は食事で変わる!」

IMG_20161001_154714

一般社団法人オーソモレキュラー.jp主催 一般講演会[大阪]

大阪の一般講演会は、すごく久しぶりだそうで、生溝口先生が見られるまたとないチャンスだとお伝えしました。

私のブログやフェイスブックを見てくださった方々が多数ご応募いただいているそうで、講演会担当の方からお聞きました。

いつもありがとうございます!!

 

事前に申し込んでおくと、お土産がもらえるそうですね! お楽しみ抽選会が当日あるので、これはいいですよ~。こちらの糖質制限スイーツは、ほんとによくできてるので。

何をもらえるんでしょう~? 楽しみですね!

 

やっぱり私もほんのちょっとご挨拶させていただくそうです。。

いや~、どうしましょう。。。

 

溝口先生方のご講演を聴くのも楽しみですが(絶対に面白いし、ためになるので!日曜日は仕事の患者さん方々が残念がっておられました)、

患者さんとはクリニックで会えますが、患者さん以外の皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!

会場でお会いしましょう!!

 

 

今日帰りにクリニックを出たところで、後ろから「あいこ先生!」と声をかけられ振り返ると、以前うちで働いてくれていたスタッフでした!

うちで働いていた時は、3年前?もっと?いつか思い出せないや。

でも、まるで昨日まで一緒に働いていたかのような錯覚を覚えるほど、一瞬で記憶って甦るんですね!!

 

彼女は、知り合いの会社を手伝うことになって、うちを退職したんですが、その後も人手が足りない時に手伝いに来てくれたり、ほんとにたくさん助けてもらいました。

あの時は本当にありがとう!

 

以前は、可愛らしい女の子、って感じだったのが、大人の女性になっていて、いや~、綺麗になってました!

とっても元気そう!

今もバリバリ働いているそうです。頑張って~!!

私も元気いただきました!!

 

3~4キロ太ったそうで、筋肉や骨になったんではなくて、どうも脂肪らしいです。

トゥルスカをお金を貯めてやりたい!とのことで、今頑張って貯めているそうです。

でも、彼女のように若い人は、ちょっと食事を変えるだけで、ググッと痩せますから、食事指導しておきました。

自分で痩せにくい場所、まあ二の腕とか腰とか内股とか外ももとか後ろももとか?ウエストのくびれとか。そういうのはとてもいいですけど、たくさんやったら、お金かかりますからね~。

 

もともと、人のいい顔が全面に出ている彼女なので、今の仕事も順調に頑張っているのがとてもよくわかりました。

母親のような気分というよりは、姉のように、彼女の成長を嬉しく思ってしまいました。女の子の成長は早いですね~。

綺麗な娘さんになって。。

姉ではなくて、近所のオバサンか。

 

会えてとても嬉しかったです!! 声をかけてくれて、ありがとう!!

 

 

1 / 212