プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近投稿した写真

ホーム > 2018年09月04日



Facebookのコピペです。

反響が大きかったので、載せておきます。

 

肉食美肌 抜け毛 薄毛 #育毛治療 #育毛メソセラピー

 

まだ暑いとは言え、もう秋ですね。
抜け毛薄毛の季節です。

というか、もう抜け始めていて、育毛の季節本番です。

 

育毛メソセラピーもお問合せがあります。

 

育毛発毛に効く薬剤を直接頭皮(毛根のところ)に注入して、薬剤で刺激し、発毛育毛させていくものです。

 

薬の調合は、クリニックによって違うと思います。
レストランのレシピと同じです。

 

ダーマローラーと言ったり、スキンスタンプと言ったりもしますが、剣山みたいなたくさん針がついたもので、一気に頭皮にたくさんの穴を空けて、そこに薬剤を塗ったり、直接極細の針で注射したり。

クリニックによったら、器械を使って薬剤を浸透させているところもあります。

 

器械を使って浸透させる場合、痛くはないでしょうけど、どこまで薬剤がどれくらい入ってるのかわかりません。

 

注射で入れる場合、ブロック麻酔はしますが、痛みは軽くなってもあるにはあります。

何も感じないところもあれば、普通に痛いところもあるでしょう。

内出血も可能性はあります。

その代わり確実な量を、確実に入れることができる。

 

ケースバイケースでもあるでしよう。

 

オーソモレキュラー療法を始めて、育毛メソセラピーまでいく方、減りました。

 

最初はしても、そのうち、メソまで要らなくなるからです。

 

ひどい方の場合、オーソモレキュラー療法始めたからって、いきなり全部髪の毛に栄養いくわけないですし、時間がかかると思います。

体が、髪の毛重要!と思っているなら、すごく早いこともありますが、こればっかりはわかりません。

普通に考えて、時間がかかるでしょう。

 

なので、メソセラピーとかと同時進行で、先にググッとベースをあげておくと、後が楽です。

 

もちろんヘアケア、というか、頭皮毛根ケアは必須です。

 

軽症の方には、メソセラピーは私からは勧めてません。
説明もあまりしない。

 

そこまでいらないと思ってるので。

 

患者さんで、軽症なのにやりたい!やりたい!と思い込んでる方もたまにいて、副作用合併症理解の上でするのはダメではないですが…。

 

他にもっとちゃんとしないといけないことは、すっ飛ばして他力本願の方もたまにいるので…。

 

全部やる!やりたい!と言うのはかまいませんが。

何をするにしても、髪の毛作る材料ないと、成長は悪いです。

 

細胞を増やすための材料も要ります。

食事と栄養は、欠かせません。

栄養摂りながらの治療です。

1 / 11