プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2018年10月21日



フェイスブックのコピペになります。

反響が大きかったので載せておきます。

関連ページは、こちら。

http://www.sej.co.jp/products/ag1705.html

 

乾燥肌タイプは、敏感肌用ではないので、アトピーとか皮膚に異常のある方は、これに限らず、医師に相談してから市販の化粧品は使いましょう。

(化粧品相談にちゃんと乗ってくれる医師でないと、なんでも使ったらいいと言われるか、なんでもダメと言われるかどちらかです。。保険診療では仕方ないです)

 

以下、コピペです。

 

前に加齢臭で紹介した、資生堂とセブンイレブンとの共同開発のシャンプーもボディーソープ。

セブンイレブンで見てきました。

 

普通のと乾燥肌用の、2種類があります。

 

乾燥肌用は、スースーしない と書いてあって、メンソールとか入ってない!

 

普通のは、メンソール確認しませんでしたが、洗浄成分に、ラウレス硫酸ナトリウム入ってる。

 

資生堂といえど、コンビニと共同開発となると、コスト下げないといけないので、仕方ないのかと思いました。

ラウレス硫酸ナトリウムもメンソールも入れない乾燥肌用を並べて出したのが、せめてもの資生堂魂でしょうか。

 

男性化粧品なので、加齢臭対策と書いてあるわけではないです。(→今見たら、ちゃんと加齢臭も書いてました)

 

男性臭の主な原因は、皮脂の酸化から来ますから、資生堂の加齢臭対策としても、かなりカバーできるのかなと思います。

 

加齢臭対策と書くと、まだ売れにくいのかもしれませんね。

 

男性臭対策は、売れる。

 

個人差はあるでしょうけど、気になる方は女性も使ってみればいいと思います。

 

ボトルも大きいし、なにより安い!
(純石けんよりは高い。当たり前ですが)

 

男性用も女性用も、ニオイ対策の化粧品って、これでもか!というほど、アルコールやメンソール入ってたり、洗浄成分がとてもキツかったり、殺菌剤消毒剤まで入ってるものもたくさんあって、
(というか、ほとんどの商品がそうです)
そんなの毎日使ったら、肌のバリア機能も、皮膚の常在菌のバランスもグチャグチャ。

 

そうなると、ますますニオイするんですよねー。

 

皮膚の常在菌のバランスは崩してはいけない。

 

ニオイを決めるのは、菌の種類によるところがとても大きい。

ニオイ対策で、このAg+の乾燥肌用、そういう意味でいいと思います。

 

1番いいのは、お湯だけで洗うことですけど、ニオイ気にしてる方に、いきなり石けん使うな、って言っても、怖くてやりませんよね。

お湯だけで洗えるようになる前の準備段階として、使ってみては?

 

前にも書きましたが、ラウレス硫酸ナトリウムは、安いシャンプーやボディーソープに使われています。
安価だから。

ヨーロッパでは使用禁止と聞いてます。

 

女性に人気の、ボタニカル風有名メーカーのには、人工的な香りプラスラウレス硫酸ナトリウムと、これでもか!という商品に仕上がってます。

 

有名な時計のハイブランドが出してるシャンプーやボディーソープ、高いホテルで置いてあったりするヤツ、ラウレス硫酸ナトリウムの塊です。
買えば高いのに…。

 

外資系のは、ホントに値段関係ないでよ。
イメージ戦略スゴいから。
中身は結構ヒドいのはたくさんあります。

 

国産メーカーで、安いのでない限り、ラウレス硫酸ナトリウムはめったに見なくなりました。
私が目にするようなものだけの話かもしれませんが。

1 / 11