プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近投稿した写真

ホーム > エイジング, 医療 > ヒアルロン酸注射



ヒアルロン酸注射

美容医療の知慮の中で、いわゆる、注射系 があります。

ヒアルロン酸注射とボトックス®注射です。

 

ヒアルロン酸注射は、寒天みたいなゼリーが注射器の中に入っていて、それを顔の凹み(シワもそうです)やボリュームのほしいところに入れます。

 

レーザーでシワやたるみ治療はできても、ボリュームを増やすことはできません。

 

かといって、脂肪注入(というか、自分お脂肪移植)は、手術で大変です。副作用合併症はもとより、生着率もね。

そう簡単に誰でも今すぐやろう!とはならない。

私も今のところ、いりません。

 

たるみ治療もフェイスリフトの手術なんて、一番大変です。

確実ではありますが、そりゃあかなりの覚悟はいります。

(なんちゃって、じゃないですよ)

 

光やレーザー治療をされている方は、皆さん経験があるかと思いますが、リフトアップといいましょうか、たるみ治療にはやはり限界があります。

 

そこに、ヒアルロン酸注射を追加することで、お?!という効果が生まれます。

合わせてするとより相乗効果が望めます。

 

とは言え、注射ですから、腫れ内出血の可能性はいつでもつきまとうし、確率は通常低いものですが、起こる時は起こるものです。

絶対大丈夫、とは言えないし、言ったら、ダメかと。。

(人間の体に絶対はない)

 

また、ヒアルロン酸は、とても安全で、ヒトも同じ成分を持っているからこそ、体内に入れてもいいわけですが(ちゃんとメーカーと中身は確認してくださいね)、自分のものではないので、「異物」は「異物」です。

 

また、芸能人や周りにやりすぎて、いかにも、みたいな顔になっている人を見たことがある方は、拒否反応というか、ああまでしてやりたくない!ああはなりたくない!と仰る方もおられます。

イメージが悪くついてしまっている。。。

 

でも、若々しい、天然美人に見える女優さんが、とても自然で、なにか美容医療しているように全然見えなくて、そんな素敵な女性が実はやっている、と知ったら?

そんなことまでやりたくない!とは、ならないかも。

ヒアルロン酸に大してのイメージが真逆になるかと思います。

 

 

注射の極意というか、注射しても自然にみせる(ばれずに)コツは、やはりやりすぎないこと。

まずが、1本だけ。

余ってもいいです。

それでどこまで変わるのかを見る。

心配な方はね。

 

状況(顔の凹み具合)や目標によったら、1本では全然足りないこともあるでしょうけど、とりあえず1本でどう変わるのかを見る。

 

ガンガン、何本もやるように、と勧めてくるところでは、とりあえず、ちょっと考える。

 

1本入れて、それでも追加でやっぱり入れてほしいというのは、蟻だと思いますが、入れる前から、何本も買わなくてもいいのでは。。?

 

複数本買うと、お得なセットにはなっていることが多いと思いますが(うちもそうですが)、1本入れて足りないなら、続けて2本目欲しい場合は、同日ですので、2本セット価格に変えます。

そういうところも多いのでは。。?

(違うのかな)

 

あと、そこの先生の顔ね、パンパンですか?

 

女医さんの場合、私もそうですが、たいてい自分で鏡見ながら、自己注かと思います。

 

なので、とてもやりにくい。逆手だし、両手思うように使えないし。

 

自己注の場合、変なところに入ってしまったとか、微量な調整がとてもやりづらいので、仕上がりは、患者さんにするのと雲泥の差になることも。。。

多少の仕上がりに凹凸が出ても、それがわからなくなるくらい、追加で入れてしまえば、もうそりゃあアンパンマン。

アンパンマンまで入れると、ヒアルロン酸入れたせいでの、凹凸もわかりませんね(全部が凸!だから)

 

修整していて、アンパンマンになったのか、それがいいと思ってアンパンマンになったのか。。

大きな違いです。

 

修整していてアンパンマンなら、患者さんはならない、かと思います。

そこまでの修整しなくていいから。

だって、逆手でもないし、両手も自由にいつも通りに使えるから。

 

そこの先生がやりすぎる人なのか、見極めましょう。

 

自分にだけやりすぎて、患者さんは控えめ。。って、あるのかな。。?とは思います。

(男性のドクターは自分にはあまりしてない方も多いですよ。自分には興味ないというか、患者さんをキレイにしたい、と思っている方も多いので)

 

さらに安心したい方は、やはり厚生労働省公認のヒアルロン酸を取り扱っているクリニックで、それをされるのが一番いいかと。

 

万が一の時、国からのなにか助けがあるかも?

 

 

ヒアルロン酸ですが、これはねー、やっぱりやったことのある人じゃないと、具体的にどう違うかというのがわかりません。。。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

エイジング, 医療