プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近投稿した写真

ホーム > 2019年02月



#一時預かり #保育所 #託児所 #京都市 #子育て #お母さんの休息

Facebookにコピペです。

以下、コピペです。

 

 

育児疲れされているお母さん、実はとても多いです。

専業主婦だと、逃げ場やごまかす場がないですよね。

仕事していると、保育園なり確保されて働いておられるので、大変は大変ですが、日中一人っきりで、育児と家事に追われて、誰でも離さず。。という状況が少なくともない。

フルタイムで働いているお母さんが一番大変だと思いますが、専業主婦でずっと、というのも、大変です。

患者さんの中には、自分がしっかりみてないといけない、と日中、結構な緊張状態の方もおられて、育児にも慣れたり、開き直れたらいんですが、真面目な方ほど、
「やらなければいけない」に縛られて、根詰めてしまいがちです。

仕事しててもしてなくても、育児が大変な方は、こういうのをたまには使って、自分の時間を確保したらどうですか?と患者さんに勧めています。

たった数時間でも、ゆっくり寝るとか、美容院気兼ねなくいくとか、街中ブラブラするでもなんでもいいんです。好きなことしたら。

お金はいりますが、誰も身近に子供をみてくれる人がいない方は、利用したらきっと楽です。

最近は、イオンなどの大型ショッピングモールには、託児所があったりもします。
(クリニックそばの大丸百貨店にはありません。。)

こちらは、京都市のホームページです。

子育て支援センターみたいなところでも相談されてみるといいと思います。

ネットで検索かけたら、もっといろいろ見つかると思います。

うちは、原則子連れはお断りしてるので、見てくれる人がいない場合、託児所を利用されてる患者さんもおられます。

ご主人のいる土曜日限定の方もおられます。

保険診療は短いからいいですが、自費診療の診察は、1時間以上かかりますから、子供はぐずり出します。
すぐにご機縁直ればいいですが、ずっとぐずったままで泣き止まないとか、かまってと騒ぐとかしだすと、診察でじっくり話を聴くことも話すこともできません。

中断した時間も診察時間に入ります。
無慮うでの延長はありません。押さえている枠は同じですから。

話が途中でも、時間が来れば終了です。

なので、そういう方にも、一時預かりをおススメしています。

CITY.KYOTO.LG.JP
文字サイズ変更機能を利用するにはJavaScript(アクティブスクリプト)を有効にしてください。JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま文字サイズを変更する場合には,ご利用のブラウザの表示メニューから文字サイ…

Facebookのコピペになります。流れるのから、こちらに残しておきます。

体にいいと思って一生懸命やっているのものが、間違っているとなったら、時間がほんとにもったいないですよ。

消化できなかったら、肉は、悪者に変わります。

それは魚も卵もですけどね。

 

 

以下、コピペです。

 

食事を頑張る、というのは、お肉をたくさん食べることではないですよ。
魚を全然食べていないのに、肉ばかり食べるのは、本でも勧めていません。
自分の消化吸収能力も考えずに、たくさんお肉を食べることでもないですよ
胃腸に無理させるくらいなら、お豆腐食べてるほうがマシなこともあります。

 

自分に合った食事とは、どういったものか?
自分はどこまで消化吸収できるのか?
どんなものが、消化吸収しやすいのか、しにくいのか?

 

それがわかっていないのに、やみくもに肉ばっかり食べてもダメです。

 

それは、医療じゃないです。

ただの、肉好きなのに焼き肉で下痢するパターンです。

 

そういうことをする人が多いから、「肉は体に悪い」と言われてしまうんです。

 

肉が悪いのではなく、悪いのは、その人の胃腸と、魚を全然食べない食生活が悪い。

 

血液検査も受けず、卵を1日4個も5個も、毎日食べていいのでもないですよ。

 

コレステロールが高いほうがいいと言っても限度もあるし、高くしたら命に関わる人もいます。
バランスがとても悪く、動脈硬化がものすごく進んでいる人もいます。

 

それで普通の病院に行ったら、「だから糖質制限は、心筋梗塞になるんだ!けしからん!!」となるわけです。

 

糖質制限が悪いのではなく、その人の食生活そのものが間違っているんです。

 

血液検査をしても、保険診療は仕方ないですが、栄養の過不足や病気と診断がつかないけど本当に健康なのかどうかを診てもらうには、わかっている医師に診てもらわないと、

問題大ありなのに、「問題なし」
問題全然ないのに、「問題あり」とされてしまいます。

 

自分にとって良いもの・悪いものをわかった上で、食べないと、自分で良いと思っているものが実は、体に害及ぼしまくり、では、なにをしているのかわかりません。

 

自力でやって、おかしなことになる前に、一度さっさと専門クリニックを受診することをお勧めします。

 

とりあえず、自分はどうなのか?という情報を仕入れる。

 

SNSの、どこの誰が言ってるんだか、わけわからん情報に、一喜一憂している時間が無駄なのと、素人が間違ったことを断言している恐ろしい情報に乗っかってしまった自分の体の受けた被害を考えると、SNSは、考え物です。

 

医者だから正しいわけでもないです。

 

医者100人いたら、100人とも考え方が違います。

 

患者さんが本当の意味で元気になれば(プラセボではなく)、それが正解で、どの考え方が正して、間違っているというのは本来ないんですが、知識不足・情報不足のまま、SNSではいろいろ情報が流れていることがなんと多いことか。。

 

さっきも、見かけたSNSで、素人(医療関係者ですらない)が、食事と病状について、おかしなことを断言していて、びっくりしました。。。
他人を間違っていると指摘している、そいつが一番間違っている。。

 

人のページですから、そこに乗りこんでいって、「あなたのほうがおかしいんですよ」とは言えませんが。。
荒らすわけにもいきませんしね。

 

こういう人は、いろんなところで、間違ったことを断言しまくるんでしょうね~。

 

情報源の確認ができない人こそ、専門クリニックへの早い受診をお勧めします。

とりあえず、食についての、正しい知識と情報はもらう。
それをどこまでやっていくのかは、人によって違いますし、体調によってアレンジがされます。

私がマンガ好きなのは皆さん知っていただいていると思います。

今はまっているマンガの一つに、

三田紀房さんの「ドラゴン桜」があります。

かなり昔のマンガです。2003~2007年まで、モーニングに連載。

もうこの頃は医者になっていたので、いわゆる受験勉強とは無縁でしたが、このマンガが高校時代に読めていたら、私は医学部入るのに、2浪しなくて済んだかも?!と思ってしまうくらい、よくできてますね~。

 

作家の三田先生は、とても頭が良い方なんですね。

すっごいおもしろいわ~。

 

「エンゼルバンク」も好きです!

ドラゴン桜も、両方ともまだ途中です。

 

で、今ずっとドラゴン桜を読み進んでいて、さっき、すごくいいこと載ってました!

おそらく9巻に掲載だと思います。

82限目「直感的思考段階」

 

この話の中で、子供の脳の発達が、直感的思考から、論理的思考に切り替わっていく時のことが、とてもわかりやすく書いてあって、これは、子育て中のお母さんにぜひ読んでほしいなと。

(もちろん、お父さんにも!)

 

一つの意見ではありますが、とても腑に落ちました。

 

このマンガのいたるところに、腑に落ちるところがあり、大学受験に間に合わなくても、医師国家試験までに読めていたら、もうちょっと勉強楽だったかも。。と思うところが山ほどあります。

 

確かに、大学時代、論理的思考が徹底していた友達は、とても頭がよく、進級試験の時も、バイトで勉強時間ないのに、短時間でものすごく理解して、理解しているから応用が利くから、成績もよかったです。

 

 

医学部なので、社会人になってから医学部入り直しとか、専業主婦で40歳過ぎて入学しなおしとか、他大学他学部から編入とか、同級生にはいろいろいました。

 

医学部は、暗記物も山ほどあって、解剖の1個ずつの臓器や骨、細胞の名前とか、理屈じゃないので、もう丸暗記です。

 

丸暗記となると、やはり若いほうが得意で、年齢上の同級生は苦労していたようですが、論理的思考は、年齢上の同級生のほうがやはり優れていたかと思います。

だって、その年で、医学部入ってきてますから。社会人として仕事こなしながらとか、他大学で勉強もしつつとか、家事育児しながらとか。。

当時もすごいな~と思ってましたが、今自分が同じことやれ、と言われた、絶対無理!というか、受けてたとう!とも露ほどにも思わない。

 

今だからこそ、彼ら、彼女らのすごさがわかります。ほんとにすごかったんだな~。

 

もう試験はやりたくないです。。。

 

 

で、「ドラゴン桜」

7歳が一つの境目として例が上がっていますが、子育て中の方には、とても参考になる意見です。

 

論理的思考

 

大人になってからも大事だし、大人だからこそ、大事ですね。

 

もうセンター終わっちゃいましたけど、今高校生や浪人生は、このマンガ読んだほうがいいですね。

ほんとに、よくできてるわ~。

東大受けなくても、これは読んだほうがいいです。

 

医学部対策は、東大でないなら直接は関係ないですけど、論理的思考はどこの大学、学部を受けるにしても必要です。

医学部は、総合大学の医学部も多いですが、単科の医大も多いので、傾向って、バラバラなのかな。

それでも論理的思考があれば、とても楽なはずです。

 

私は、丸暗記派だったので、緊張すると、頭真っ白で覚えたのが出てこない派です。

大学受験も医師国家試験も、テスト中、どうだったか、全然記憶がなくて。。

そういう緊張パニック状態って、記憶飛びがちですよね。。。

問題解いたのは解いたんでしょうけど。。。どちらにしろ、20年以上前の話だから忘れてますね。。

 

国家試験は、まだマークシートだからいいですが、大学受験の二次試験って、筆記でしたよね。

私は物理選択でしたが、今「フレミング」とか言われても、わかんないです、もう。

物理解けないです。

数Ⅲも勉強しましたが、今微分積分どころか、因数分解解けないだろうし、幾何も無理ですね。

もう全部忘れてしまいました。

教科書見たら、思い出すのかな。。?

 

 

「ドラゴン桜」読みながら、受験生の時がちょっと懐かしい。

 

同じ作家さんの、「エンゼルバンク」は転職がテーマのマンガですが、働く上での大事なことが載っていて、とても参考になります。

 

昔は、小説読んでましたけど、オーソモレキュラー療法始めたら、小説読んでる時間ってなくなってしまいました。

 

勉強で必要な資料は読まなきゃいけないし、内科や生化学の教科書も引っ張り出して、というか買い直して、皮膚科美容皮膚科、抗加齢医学とキリがないです。。

でも、マンガの時間は取ってます。

 

やっぱり小説よりも情報が絵だから早いですね。

映画と違って、途中で止められるし。

短時間でたくさん読めるから、世界も広がりますね。マンガだから、すべてがノンフィクションではないですが、いろんな考え方がおもしろい。

 

 

またハマっているマンガ、あげておきます。

 

 

 

 

 

 

Facebookのコピペです。
大事なことなので、こちらにも。。
Facebookは、流れてしまうから~。
「サノレックス®」
なぜか、「今日の治療薬」では、消化管のところに載ってる。。。
なぜ。。。?
以下、コピペです。

#肉食美肌 #サノレックス #食欲抑制 #痩せ薬 #廃人 #依存 #痩せすぎ

先日、
「サノレックス」というサプリ、売ってますか?
という問い合わせがありました。

 

久しぶりの名前に、一瞬何のことかわかりませんでした。

 

サノレックスというのは、食欲を抑える抗精神病薬です。

脳に作用します。

 

こういう脳に作用する薬というのは、ホントに怖くて、私も10年以上前に2回ほど飲んだことがあります。

一回目は、なんかハイになったような気がします。
食欲は変わらなかったような…。

 

2回目飲んだ時は、すごく気持ち悪くなって、ちょっと吐きそうの手前みたいな。
食欲もなくなったけど、すべてのやる気や精気を持っていかれるような…。
もう横になりたい、しんどい、という感じです。

食欲はないけど、食べたら普通に美味しいから食べちゃうんですよね。

食べなきゃいいんでしょうけど

気持ち悪すぎて、こんなんで仕事できるか!!
というよりも、日常生活自分がしんどい。

 

 

食欲をなくす、ということは、全ての人間の基本の活動を根底から抑える、恐ろしいことです。

 

こんな薬も、適応というのがありますから、本当に必要な方もいるかもしれない。

 

 

昔、美容クリニックでは、わりとどこでも取り扱っている薬で、ダイエット薬として。

 

美容専門クリニックに勤めてた時に、処方希望という人、継続処方の人、多かったです。

 

でも全員痩せてる。

 

太ってるんでもなく、痩せすぎのレベル。

 

飲んだら、さらにきれいになると思ってる。

 

雇われの身でしたが、ほとんど断りましたね。(もめますけどね)

 

 

今までは、出してもらってるのに! と言われることもあり、肝障害が来るから、血液検査で確認しないと処方しませんと突っぱねたり、仕方ないから5錠だけ出したり(1か月分希望のところ)、血液検査を盾に断ってました。

 

全員目はいってるし、話も通じませんし、おかしくなってます。
それにももちろん気づかないから、話も噛み合うわけがない。

 

開業当初は少しだけおいてました。

 

出したのは、一人くらいかな。

 

私よりもぽっちゃりで、生理前に爆発的に食欲が出て困るという人。
9年くらい前の話。

生理前に、2、3回飲む程度で、たまーに来られるくらい。
処方したのも、数回です。

 

薬ほしいという人は、そこそこいて、その人以外全員痩せすぎです。

 

適応がないから断っても、堂々めぐりです。
(予約時に、適応がないと出せませんと伝えてるのに)

 

時間ばっかりかかるし、当時初診料2100円ですから、何か売るわけでもないというか、売らないと断ってるわけで、もうこんな薬止めようと、全て廃棄しました。

 

 

 

ぃまだに売ってるクリニック、あるんだ?!とびっくりです。

 

しかも、認識は、医薬品なのに、サプリなんですけど〜って、もうあ~あ~という感じです。

 

ネットで個人輸入の偽物に手を出すパターンですね。

 

こういう薬に依存してる人は、麻薬と同じですから、そう簡単には救えません。

気軽な気持ちで始めて、廃人になるパターン…。

まさに麻薬と同じですね。

脳に作用するものは、コントロールが利かなくなるから、ホントに恐ろしいです。

前回の「久しぶりのオーソモレキュラー療法」で、栄養解析などのお値段書きました。

その補足をFacebookであげたので、こちらにもコピペです。

 

 

診察料が別途¥10800(税込)かかります。

約1時間ですが、実際は時間超えます。。。

お食事日記の確認や、持ってこられた検診や他院でされた血液検査での現状把握と説明、今後の注意事項など説明しないといけないことが山づみです。。。

栄養解析前に、詳細な問診表は消化管チェックの問診表もあります。

たくさん聞きたいことがある方、困っていることがある方は、事前に簡単にメモに書いてもってきて、見ながら問診表書いたほうがスムーズにいきますよ。

問診表だけで、1時間超えてる方もいて。。

時間かかるわりに抜けが多いことも多々あります。。

 

うちでオーソモレキュラー療法をされている場合(診察も受けた、必要な医薬品やサプリは、金額は少なくても飲んでいる、食事も頑張るつもり)という方は、フェイスブックで患者さんとのグループを作っています。

そこで食事や体調などの相談が無料でできます。次回診察に来るまでのフォロー―です。ちょっと聞きたい時、食事のチェックもしてほしいなど、診察ではないので(カルテ診ているわけではないので)ほんとにちょっとした相談やアドバイスですが、かなりのフォローができるようにしています。

 

 

参加するかどうか、利用するかどうかは患者さん次第です。

 

採血に1度受診はしたものの、結果説明になかなかいけない、という方は、遠隔診療をご利用ください(別途手数料がかかります)。

遠方の方でも、頻繁にクリニックに来れなくても、結構フォローできるようにしてあります。

#オーソモレキュラー療法 #栄養解析 #妊娠 #産後 #授乳中 #環境が変わる #働きだす #育児 #栄養欠損 #フルタイムで子育て

 

オーソモレキュラー療法をされていた患者さんが、しばらく受診されていなくて、でもその間、サプリはちょっとでも続けていた、サプリは飲んでいなかったけど、食事は自分なりに頑張っていた、(なにもしてなかった、また昔に戻ったかも、昔(お菓子三昧)よりは多少ましだけど)と、パターンはいろいろです。

 

 

できれば、久しぶりの場合、久しぶりじゃなくても体調が変わった、病気になった、病気が見つかった、環境が変わる(また働きだすとか)、妊娠した、授乳が始まった、子供の病気が見つかったり親の介護で、育児や介護が大変になった、などなど、なにか「変化」があった場合、栄養解析の採血をして、今の現状を知ることがベストではあります。

 

でも、自費の血液検査、お金がかかりますよね。

 

うちで、
栄養解析は、今は、
¥31,210(税込み)が基本です。
これに含まれるものは、血液検査86項目、溝口先生監修の解析レポート、解析結果の説明(約1時間)、解析結果の説明と今後の対策についての私の解説書付きです。

血液検査86項目の中には、いわゆる末梢血液、生化学検査、保険診療では普通は無理な項目も入っています。

それに加えて、血中ビタミンD濃度、ヘリコバクターピロリ抗体、ペプシノーゲンⅠ・Ⅱ、甲状腺ホルモン、DHEAーSが含まれます。

 

さらにオプションで追加したい方には、脂肪酸4分画、AMH、Dダイマー、ケトン体(その場で測定。すぐに結果がわかります)、遅延型食物アレルギー検査(IgG抗体)、リブレ®による血糖値のモニタリング(レンタルあり)、などです。

 

副腎疲労・重金属検査などさらに検査したい方には、さらにあります。ご希望の方はどうぞ。

でも、そこまですることは(私から勧めること)うちではめったにありません。

検査代も結構かかるし、これらを必要とする方の場合、栄養欠損の重症度合いもかなりなので、医療用サプリメントにもかなりの費用がかかるから。

 

オプションのIgG抗体も、めったに私からは調べません。ほんとのよほどの時です。これもかなり高いから。

食事指導は、どちらにしろ同じなので。

いくら言っても、食事指導を守らない人の時には、現実を見ろ!みたいに、ほら、検査でここまでひどいでしょ、というために勧めることはありますが、食事指導を守ればいいだけの話です。

(グルテンフリーとカゼインフリーと食材のローテーションです)

 

血液検査をしなくても、人間ドックや検診結果で、項目の数にもよりますが、ある程度の推測はできます。

まあ全然足りませんが。

 

詳細な問診表や患者さんの訴え、改善したいこと、困っていること、お肌の状態(化粧してても化粧ノリの感じだけでも)、体型、お食事日記、今までの経過などで、ある程度の推測もできるし、証拠になることもあります。

 

検査代をサプリや食費に回す方もおられます。

久しぶりであっても。

 

食事が一番大事なので、検査せずに、医療用サプリを診察だけで選んで飲んでもらうことはダメではないです。

 

予算内で選んで分で、改善すればそれで良いのは良いわけで、大事なのは血液検査の結果ではなく、患者さんのまずは自覚症状の改善だから。

 

ただ、予算にもよりますが、症状の改善が全然わからない場合。

食事を全然変えていない方は、かなりサプリの予算を回さないと改善はわかりません。

何度言っても変えない方で、そこまでサプリの予算を回せる余裕があるなら、血液検査で現状をまず知れ!とも思いますが、こういう方は、現状を知ったところで、信じないことも多いし、やってもやらなくても同じような結果かもしれませんが、検査した場合、少なくとも、そのサプリでは、量も種類も全然足りませんよ、ということはわかります。その食事では、全然ダメ!諸悪の根源はそこ!ということもわかります。

 

食事はそれなりに頑張っているけど、症状の改善があまりわからない、という場合。。。

 

検査していないと、サプリの量が、もうケタはずれに足りないのか、選んでいる優先順が違うのか、他の病気や病態が隠れていて、それが邪魔しているのか、などなど、原因はいろいろあります。

 

末梢血液と生化学的検査だけでは、ダメなんです。

 

昔は大丈夫だったから今も大丈夫、にはならない。

老化もしているわけですし、「昔のまま」なんて、何一つあり得ません。

 

 

症状が悪すぎたら、サプリにかける予算も見直す方も結構出てきます。

 

例えば、エクステやネイルにかけてた分を回すとか。

本格的に、パンやお菓子、外食に回る予算を削るとか。

タバコやお酒もそうです。

食費は、自炊のほうが圧倒的に安くなります。

(栄養を摂れる食事の場合ですよ。コンビニで、1日菓子パン3個のほうが安いやん?!とか言っているような、圏外の話ではないですよ。)

 

妊娠中に、スキンケアやお肌のことで相談に来られた患者さんがいらっしゃって、本当はニキビ跡が気になっておられたんですが、妊娠中はレーザーなどの処置ができないから、スキンケアでできることはやろうと思ってこられました。

 

妊娠前の検診結果から、これ、糖尿病の診断がついていないだけで、食後に採血したら、これ、糖尿病の診断がつきますよ、という方でした。

他の数値もひどいものでした。

糖質制限クリニックに数年通っておられて、ご自身は糖質制限できてるつもりでしたが、低糖質グラノーラが朝食とか、お昼はサンドイッチのみとか、タンパク質も良質の油もとても少なく、食事の糖質が占める割合は、7割、8割以上だったと思います。

(そのクリニックでは、食事指導は一切なしで、説明書1枚配れただけだそうです。1回もチェックもされていません。)

 

食事の見直しは、すごく大変でした。

糖質を減らすのはすぐに成功されたんですが、いかんせん、タンパク質と良質の油が足りない。野菜もですが。。

とにかく食べている量が少なすぎ。。

まして妊娠中ですから、もっと必要です。

そして、フルタイムで妊娠中も働いておられました!!

 

女性で一番大変な方って、フルタイムで働きながら、妊娠・子育てしている方です。

私にはマネできませんね、絶対に。

いつも多くの患者さんがされているのを見て、よくやっておられるな~と思います。

なので、その分、皆さん、栄養欠損ひどいのですが。。。

 

食事をかなり頑張られて、かと言って、胃腸の負担をかけてもダメだし、サプリもそれなりに足しながら、無事出産されました。

 

もうちょっとしたら、お仕事フルタイムで復帰されます。

 

今も授乳中で育児大変ですが、ずっと気になっていたお肌の相談の続きと、栄養体調のことで再診されました。

サプリは頑張って、ずっと続けておられます。

妊娠・出産と大きな栄養欠損が伴うことを成し遂げられたわりに、お肌もそう荒れることなく(ほとんどの方が栄養赤ちゃんに持っていかれるので、お肌は多少荒れます。肌にまで栄養回ってこないんです)、また、お肌のことが気になるくらい、精神的余裕もあるくらい、元気なわけです。

育児疲れもはたから見てても、そう感じません。やつれた感がないです。

予算のこともあって、栄養解析はされていません。

 

ただ、もうちょっとしたらフルタイムで仕事復帰です。

環境がガラッと変わります。

赤ちゃん預けての仕事です。

フルタイムはほんとに大変です。お一人目のお子さんです。いくら家族のバックアップがあったとしても、お母さんは大変です。

 

なので、職場復帰前には、栄養状態確認しておいたほうがいいですよ、とお伝えしました。

次回されます。

 

働きだしたら、疲れるだろうから、その時じゃダメですか?と聞かれました。

ダメではないんですが、フルタイムで元気にトラブルなく、育児に家事に仕事に自分のことも、とできるために、先に万全の態勢にしておいたほうがベストです。

 

一気に栄養が減ると、疲れすぎてしまって、いきなりうつっぽくなって、もう受診どころか仕事にも育児・家事にも支障が出る方もおられます。

そこまでいかなくても、とてつもなく疲れすぎるとか。。。

 

同じ検査して現状確認なら、出産授乳で、絶対に栄養減ってますからね、ほんとは、産後どれだけ減ったのかも診たほうがいいんですが、予算のこともありますからね。

 

女性が少しでも楽に、妊娠・出産・授乳・育児・家事・仕事と、したいことがいつでもできるようになればいいと思います。

体調で選択肢が狭まるのではなく、好きに選べる状態、よりどりみどり、というのが理想ですね。

オーソモレキュラー療法はそのためのバックアップになるし、予防というか、備えあれば憂いなし、です。対策が事前に立てられます。

 

サプリにあまり予算を割かない場合、検査してもしなくても、選ぶサプリの種類や量は同じ、ということもあります。

予算が少ないと、選択肢が限られてしまうので、もう組み合わせがほぼ決まってしまうことも。

数パターンくらいしかないので。。

 

だからこそ、食事の重要性が増します。

その場合、血液検査の栄養解析の結果が、栄養欠損の動かぬ証拠となるので(笑)、食事を頑張る原動力になればと思います。

まだまだ足りないという自覚ですね。。

昔よりは食べてるから、昔よりはましだから、とそこで満足して、全然タンパク質と良質の油を増やさない女性はとても多いし、食事にまつわる勘違いは、1回や数回、食事指導や診察に入ったからって、全部直せません。

自覚してもらうのに時間がかかります。

 

検査するにしろ、しないにしろ、診察と食事のチェックが必ず必要です。

 

 

 

 

 

さて、耐糖能の話に続き、糖尿病関連です。

 

ご存知だと思いますが、私は糖尿病専門医でも内科医でもありません。

オーソモレキュラー療法を始めて、いろいろな病気を勉強している皮膚科医です。

(オーソの勉強始めて、もう何が専門かわからなくなってきました。。)

 

いつも書いていることで、皆さんは耳にタコができてるかもしれませんが、たくさんの患者さんの内科などでされた血液検査、人間ドックや健康診断の血液検査結果など診てきました。

 

この日本の保険診療というのが、すべての基本になります。

ドックや検診も。

 

誰が診ても、絶対に反対しないレベルにならないと、病名というものがつきません。

診断基準というのが、各病気にあるからです。

病気によっては、かなり幅があるものもあります。

 

ドックや検診でチェックする病気というのは、決まっているので(だから項目が決まる)、そこに引っかからない限り、病気じゃない。

 

この「病気」というのは、あくまでも、学会が決めた診断基準であって、基準を満たしていない=健康 ではないです。

 

日本は、国民皆保険ですから、保険料を払っている限り、ほぼ3割負担で医療が受けられます。

7割は、皆さんが支払った保険料と税金です。

この税金の投入が実は大きい。

 

そのため、「ここまでひどいんだから、税金で、治療や検査を7割持ってあげます」というスタンスと思ったほうがいいです。

診断基準を満たさず、いわゆる、「疑い」の場合、保険が通る検査もありますが、通らない検査もあるし、薬になると、病名がつかないと通らないものが大半です。

 

なので、「疑い」だけどもう治療ははじめておきたい、となった場合(よくありますし、そう医者が思うのは当たり前で、でないとこのあと、どんどん悪化して、それから薬をいっても間に合わないことも多いから)

「疑い」ではなく、「病名」をつけて薬を出します。

でないと、保険が通らないからです。

 

どの辺で、薬を出すのか、そこは各医師によっても考え方が違います。

 

 

で、耐糖能や糖尿病にまつわる話。

 

 

患者さんで、とてもからだがだるかったり、むくみがひどかったり。。

漢方薬など試されたけど、なかなか良くならない。。。(漢方が合っていないこともあるし、漢方だけでは太刀打ちできないこともあります)

 

ご自身でネットで調べて、もしかしたら甲状腺機能低下かも。。と疑われました。

 

で、内科に受診されました。

 

受診されたところが、糖尿病専門クリニック。

 

そこでなんで、甲状腺。。?と思いました。

 

私も甲状腺疾患はある程度のところまでは診ますし、薬も検査もしています。

ただ、甲状腺エコーができないので、必要な方は専門医に紹介して診てもらっています。

エコーだけしてもらって、普段は私が診ている場合もあります。

甲状腺機能亢進の場合は、体調のフォローはしますが、こちらは、私だけで診ることはありません。他で通っていて、落ち着いていて、私が普段のフォローをするくらいはあります。

 

 

で、そこの内科、甲状腺で、なんか有名だったかな。。。?(患者さんのご自宅からも近くはない)

と思って、選んだ理由を聞くと、血液検査の結果がすぐにわかるクリ二ックだったそうです。(全項目ではないですよ)

 

内科のドクターも、もちろん私が診てるくらいですから、甲状腺専門でなくても診てるドクターは実はとても多いです。

なので、とりあえず、甲状腺専門でなくても、他に原因があるかもしれないわけですから、受診することが大切です。

 

 

で、血液検査をされて、やはり甲状腺機能低下が見つかりました。

こちらでは、甲状腺のエコーもされました。

薬も始まったんですが。。。。

この方、専門的な話になりますが、FT3がすごく低い。女性に多いパターンです。

薬をどんどん投与されますが、自覚症状はなにも良くならないのと、FT3も上がってきません。

そこで、またどんどん増やされて、からだがついて行っていないから、TSHという項目がとうとう0.01に!!!(FT4も1.8とか)

これだけ診ていたら、もう甲状腺機能亢進ですが、FT3はがぜん低いまま。。。

えげつない解離しちゃってます。。。

 

FT3を作る栄養素などがないため、うまくいかないんです。

なんとかマシになる方もいますが、全然うまくいかない方もおられます。

オーソモレキュラー療法をしながら、食事ももちろん変えて、医療用のサプリも行きつつ、医薬品もちょっと使う、というのが、理想のやり方です。

 

 

患者さんは、昔にうちに美容医療で来られて方で、しばらく来られてなかったんですが、オーソモレキュラー療法のことは知ってくださってようで、漢方もダメ、内科の薬もなんかおかしい。。むくみも冷え症も全然良くならない。。とうちにオーソモレキュラー療法ご希望で来られました。

 

そこの糖尿病専門クリニック、半年ほど通われて、血液検査も甲状腺ホルモンいってますから、結構頻繁に採血されてます。

(確認しながら投与しないと、落ち着くまで危ない。効きすぎたら困りますから)

 

 

でも、検診結果から、耐糖能、ちょっと多分これおかしいですよ?と指摘しました。

お食事日記からも、おそらく血糖値乱高下してるかも。。

 

と思って、内科の半年分の血液検査みると、血糖値1回も測定されてません。。

というか、尿検査も1回もされてません。。。

 

内科って、検尿、1回くらいすると思うんですけど。。。

まして、むくみやだるいと主訴に来られてたら、血糖値くらい測ってもバチは当たらんやろうと思います。。。

 

関係ないかも、と仮に思ったとしても、糖尿病専門医であれば、この方の血糖値いくらだろうと単純に気になると思うんですけどね。。。

ならなかったようです。。。

 

 

この方の検診では、糖尿病の診断基準は満たしません。

している血液検査の項目が少ないのと、空腹時前提で測定しているから。

 

こういう方の場合、血糖値が乱高下していると、HbA1cなんて、平均値ですから、ちょうどいい基準値内に収まってしまって、「異常なし」となることもしばしば。。。

なので、検診でなにも言われないのは、日本の保険診療が主体の医療では仕方ないです。

全国どこでもそうだから。

 

でも、こういう方、例えば食後に血糖値測ると、血糖値200軽く超えてることもあります。

あるいは、食後に検尿すると、尿糖+となることもあります。

 

そうなれば、糖尿病疑いということで、追加で検査されるなり、定期的に検査してフォローするなりあります。

その間に食事指導があったり。。

(たいていの糖尿病クリニックは、カロリー制限で、糖質制限を言っているクリニックはまだまだ少ない。)

 

で、今回栄養解析して、自費ですから、保険が通らない項目もたくさん調べます。

 

で、えげつない血糖値の乱高下があり、それは予想以上でした。

おそらく食後血糖値220~240、それ以上かもしれません。毎回ではないかもしれませんが、食後かなりの急上昇です。

ということは、急降下が必ずあります。

(糖質をダラダラ食べ続けていない限り)

これは、自律神経ボロボロになります。

 

甲状腺ホルモンも、今回の瞬間はいけてました(見た目は機能亢進ですが。。薬減らしたり、変更しました)。

甲状腺は、女性の場合、結構変わりますから1回が良かったから、ずっといい、ということにはなりません。

 

他の栄養素も全然足りなくて、そりゃあ、からだもむくむし、だるいし、しんどいし、甲状腺機能も低下するでしょう。。というまさにいくつも原因があってのむくみやしんどさ、だるさでした。

 

 

糖尿病予備軍と言いますが、学会の診断基準を満たす前に発見してあげれれば、いくらでも回復の余地があります。

でも、基準を満たす=かなり進行している、もう元には戻れない状態です。

 

この方も、1回くらい、たまたま食後に採血された、食後に検尿があった、とあれば、引っかかって、もっと早く耐糖能が悪いことがわかったかもしれません。

 

ただ、こちらの糖尿病内科は、糖質制限反対派で、カロリー制限を言われるところなので、耐糖能が悪いとわかっても、食事指導はごはんもっと食え、だったかと思います。。。お肉減らして。。。

なので、こちらで検査されなくて、ある意味良かったのかもしれません。。。

 

でも、ほんとだったら、内科に半年も通って、血糖値測りもしないのかよ。。と残念でなりません。。。

基準値内だったから、異常なしで済まされました。。。というパターンはほんとに多いですが、、またもや圏外の話でした。。

 

半年通って、半年薬飲んで、改善しないから、さすがにおかしいと思って患者さんは今回受診されたわけで、そう思わなかったら、ずっとあのまま薬出されて終わりでした。。

本当なら、もっと早くに食事指導や他にも注意できること、改善できること、たくさんあったのに。。とほんと残念です。。

 

 

オーソモレキュラー療法を知らなくても、血糖値や尿は1回くらいは測らないと、皮膚科医の私でも思います。

 

内科に受診したから大丈夫、病院行って異常なしといわれた、と手放しで喜べません。。。

でも、これだけは受診してみないとわからないし、血液検査などの結果も、わかった上で診ないと、見落とされることがたくさnあります。

食事指導の内容も、ほんとにクリニックによってもバラバラです。

それは、オーソモレキュラー療法専門クリニックも、中身はバラバラです。

 

何がいいのか悪いのか、は、患者さんの経過だけが正解なので(自覚症状も血液検査なども)、しばらくはわかりません。

でも、圏外な検査はちょっと勘弁。。。ですよね。。

 

その項目、測定されてないの??!!ということは、患者さんの病状や主訴、状態によっても、わりとあります。

相手も医者だから、これくらい測ってくれてるだろうというのは、結構幻想です。

なにか理由があったのかもしれませんが、言ってもらわないとわかりませんよね。。

測ってないの?!というのは、自費治療でも不妊治療でも、よくあります。。

正解はないとは言え、特に自費治療の場合、圏外は勘弁してほしいですね。。

 

 

 

 

 

#肉食美肌 #糖尿病 #血糖値 #尿糖 #75gOGTT #HbA1c #人間ドック #健康診断 #空腹時血糖値 #異常なし #基準値

糖尿病関係の続きです。

その前に、今朝のFacebookで書いた投稿も続きなので、こちらにも挙げておきます。

 

今回の前ふりです。

 

以下、コピペです。

 

昨日ブログで、75gOGTTや尿糖の話少し書きました。

続きです。

皆さんは、健康診断や人間ドック、受けておられる方多いと思います。

受けてないのが、自営の方や専業主婦の方でとても多い。

自営の場合は、自分で管理しないとね。からだが何よりの資本ですから。

専業主婦で、ご主人の扶養で会社の検診が家族も受けられるようになってるのに、全然受けてないという方もかなりおられます。

何十年も血液検査してないという方も…。

それでそのまま、何事もなく、一生を終えられればいいですが、今の食生活では、そううまいことにはならないかと思います。

患者さんに、全然受けてない方で、検診受けるように行って、先日結果が帰ってきました。

人間ドックも検診も、血液検査の項目はむちゃくちゃ少ないのですが、それでも結構な情報帰ってきました得られます。

空腹時血糖値
尿糖
HbA1c

40歳以上だと、だいたい検査されてることが多いです。
(いいとこは、20代でもされてます)

尿糖なんて、一回でも引っかかったら、アウトですよ。
普通の病院での検査では、再検査(尿や空腹時血糖値のみ)して終わり、はい、異常ないです、糖尿病じゃないです、となるだけです。

血糖値がどれだけ乱高下しているのかは、診てくれません。

自費治療で、オーソモレキュラー療法してるところじゃないと無理です。

OGTTしてくれたところで、4回しか採血しませんからね。
数値が基準値内に入ってしまえば、異状なしと返されてる方、たくさんいます。

むちゃくちゃひどい値出てるのに(インスリンも)、耐糖能えげつないのに、問題なしと言われて方もいて、内科で保険診療であっても、診断むちゃくちゃやなと言うこともありました。

で、持ってきてもらった検査結果、3〜5年おきくらいに受けておられて、HbA1cが、5.9 6.0 6.2とずっと上がってきてるのに、しかも今回6.2なのに!
「異常なし」

医者が見落とさないように、異常値は、血液検査のシステムで、引っかかるようになってるんですが、それもスルー。

なんや、ここの病院?!と思ってみると、
そこのHbA1c 、6.4まで基準値

はあー?!

しかも眼病変で、動脈硬化性変化あり、とまで来てます!

「異常はありません。もう少し痩せればいいと思います」みたいなこと書かれて終わり。
(ちょっとぽっちゃりの方)

コレステロールのバランスも非常に悪いし、空腹時血糖値も100くらい。

美容医療で来られてる方で、最初からオーソモレキュラー療法勧めてますが、そういうのは興味ない方です。

さすがにこの検診結果は、危ないので、うちのの帰りに、眼科と内科に行くようにかなり言いました。

こんな病院あるんだな!とビックリどころじゃないです。

キレイな建物に入っていて、高級感が売りのところ。
結構なお金を会社は検診で払ってるはず。
項目も多いし。

でも、管理してる医者がダメ。

ここで、「異常なし」とされてる、異常値バンバンの方。きっと大勢いますよ。

かなり問題です。

人間ドックや健康診断も、ただでさえ、基準値に入っていても安心できないのに、圏外という…。

Facebookで投稿で質問されて、返事をしたら、返事の内容が気に食わなかったらしく、そのやりとりが消されてしまいました。

 

うちのFacebookに投稿規定にも書いていますが、どこのどなたがなにを聞いて来られてももちろんOKですし、できる範囲で答えます。診察ではないので、どうしても一般論になりますが。

 

ただし、自分の用事が済むと消す、他の方には見えないように非表示にする、思っていた答えじゃなかったら(否定された場合など)私の返事ごと消す、などの自分さえよければいいということをされると、実名で(と言っても、Facebookの場合、絶対に本名かどうかの確認は取れませんが。。アカウントの名前しか書いていない人もたくさんいますから)、全内容公開します、と書いています。

 

こういうひどいことをする人は、時々出てきます。

 

無料で、Facebookの投稿されたことに答えるのは、同じようなことで悩んでおられる方がおそらく大勢いて、私の答えがなにか役に立てば、と思っているからこその無料です。

だから、全世界にオープンにしてあるわけです。

 

その根本的なことを崩すことをされるのが一番困ります。

 

投稿内容は、

妊娠糖尿病と妊娠時の耐糖能の悪化についてです。

 

で、結局、私が紹介した本も読むわけでもなく、「診察」が必要なことを、ネットで無料で済ませようとするわけです。

(会ったこともなく、ネットでの「診察」は、違法行為です。)

専門クリニックへの診察が必ずいるレベルですが、お金のかかること、自分が煩わされることは、すべて無視です。

根本的に、知識も持っている情報も考え方もおかしいから、「くれぐれも自己流はやめろ」と言ってるわけで、そう書いても、無視です。

挙句の果てに、私の回答ごど、全部消されました。

 

 

この妊娠時の経過、皆さんは絶対にマネをしないようにお願いします。

病気と呼ばれるものの中には、自分で、改善する機会はいくらでもあったのに、わざわざ自分で、機会をつぶしたり、病気になるように、悪化するように仕向けている場合があります。

なるべくしてなるわけです。

正しい知識と情報があれば、避けられることって、たくさんあります。

 

以下にやりとりをコピペしておきます。

 

 

はじめまして。数年前からブログを読ませて貰っております。

早速ですが、現在38歳で妊娠中なのですが、75gブドウ糖不可検査で引っかかり、妊娠糖尿病と診断されました。

2年位前から自分なりに食事を気を付け、ご飯は朝にほんの少し。タンパク質を多く摂るようにしたところ凄く体調が良くなり、高齢の割にすぐに妊娠出来たのも先生のブログに出会えたおかげだと非常に感謝しております。

ですが妊娠中、周りに子供の事を思ったら炭水化物を摂れ、と言われたり、私自身も無性に甘いものが食べたくなったりして、食生活が乱れておりました。

(しっかり糖質制限した日が続いたり、好きに甘いものを食べる日があったり)そして妊娠7か月頃の検診の尿検査で、尿に糖が出ているので不可検査をする事になり、引っかかってしまいました。

そこで自分なりに調べたのですが、その検査の数日前からはしっかり炭水化物を摂っていないと、数値が高く出る、という事はあるのでしょうか?担当の先生にチラッと糖質制限したんですが、という話はしたのですが、流されてしまいました・・。

常に忙しそうにしていて、なかなか聞ける雰囲気ではないです。その後検査入院をして、結果経過観察という事になりました。

ちなみに入院中の食事は、カロリーと塩分はきっちり計算されていましたが、普段の何倍も糖質の多いものでした。

(パンや砂糖入りのヨーグルト、うどんなんかも出てました)先生は、兎に角体重を増やすな、としか言いません。現在の食事は、3食少なめな炭水化物を 摂っているので、その分タンパク質を減らす食事になっております。炭水化物を摂らないとインスリンの働きが鈍くなる、とも聞き、私自身どの様な食事をすればいいのか今わからなくなっている状態です。

わかり辛い文章で申し訳ありませんが、まとめますと、これからも糖質制限を続けて良いのか。

また、糖質制限中でも75gブドウ糖不可検査に引っかかるという事は、やはり妊娠糖尿病になるのか、という2点をお聞きできればとおもいます。フェイスブックの投稿が初めてで不慣れな故、変な改行になってしまい、申し訳ありませんでした。

 

→私の回答

まずは妊娠おめでとうございます!食事を変えて、体調も良くなって、妊娠もできて本当に良かったですね。

さて、妊娠糖尿病とOGTTについてですが、これからどうしたらいいのか?と聞いていらっしゃる内容にお答えすること自体、完全に医療行為です。

たったこれだけの一方的な情報で、今後こうしろああしろと言えるほど、からだというのは簡単なものではありません。

例えば、これが患者さんなら、OGTTの検査結果、その前後に産科でされた採血結果すべて確認するのと、うちで追加の検査、というか栄養解析をして、耐糖能異常も含めて調べます。

そしてお食事日記で、内容と量の確認です。口にしているものすべて。よくSNSとかで見かけますが、「糖質制限をしているのに、どうしてこうなるんでしょうか?」みたいな質問があります。まず糖質制限って、一体どれくらいの糖質制限なのか、誰が確認したわけ?っていうやつです。

うちの患者さんも糖質制限できてますから、とお食事日記や細かく聞くと、どこが?!どの辺が?!というのは、よくブログやFacebookでも書いていますが、頻繁というか当たり前にあります。

何度も何度もお食事日記をチェックして、やっとです。

たまに糖質制限が本当にできている方もおられますが、タンパク質と脂質の中身やバランスが悪かったり、その方の胃腸の消化吸収能力を超えていたり、問題点だらけです。

だから、自力ではうまくいかないわけです。OGTTに引っかかった以上、まして、38歳、妊娠中、となると、リスクファクターがたくさんあって、オーソモレキュラー療法専門クリニックにちゃんと受診されるべきことです。

うちに来られるか、来られないのであれば、遠隔医療相談である程度のことは可能です。

お近くのオーソモレキュラー療法専門クリニック(クリニック・ドクターによって考え方が違いますから、どこでもいいのかと言われると正直わかりません。。)に受診されることをおススメします。

糖質を全然摂っていないと、インスリンの初期分泌の準備ができていないから、間に合わなくて高血糖になると言っているドクターがおられます。それは本当かどうかはわかりません。

もしそうなら、いつまでたっても、耐糖能が正常化しないということにもなります。

私の場合、糖質をいきなり食べても、そこまで血糖値が上がらない時もあれば、びっくりするほど上がる時もあり、糖質の質や量、タイミング、体調によっても大きく作用します。

耐糖能はほんとに今までのしてきたことのツケです。

糖質制限を完璧にしても、糖質制限だけで、耐糖能が完全に戻るわけではないです。

戻ったように見えることもありますし、実際戻ることもあるでしょうけど、そうでない場合も多い。糖質をほんとに食べなければ、耐糖能自体はどうでもいいのかもしれませんが。

尿に糖が出ている時点で、その時の血糖値は、 180を超えています。

普通の産婦人科での検査・入院をおっしゃっているんですよね?宗田先生の「ケトン体が人類を救う」は読まれましたか?

リンクがうまく行っていないようですが。。https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E4%BD%93%E3%81%8C%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86%EF%BD%9E%E7%B3%96%E8%B3%AA%E5%88%B6%E9%99%90%E3%81%A7%E3%81%AA%E3%81%9C%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BD%9E-%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%AE%97%E7%94%B0-%E5%93%B2%E7%94%B7-ebook/dp/B0197SGQJY/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1549704044&sr=8-1&keywords=%E3%82%B1%E3%83%88%E3%83%B3%E4%BD%93%E3%81%8C%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86

普通の産婦人科入院だと(一般の総合病院でも)、妊婦さんには、糖質三昧です。

なので、高血糖になるし、インスリンも注射でばかばかいかれるし、インスリンも効かないし、ますます脂肪合成して太るし。。。親切で検査入院と言ってくださっているのはわかりますが(セオリー通りで)、糖質制限などを知らない病院にOGTTで引っかかての入院って、一番避けたいところです。

でも、避けたら、誰が診てくれるんだとなりますから、代わりの医者が必要です。と

もかく主治医が忙しいと言っても、主治医にまずちゃんと言ってみることと、今後どうなったら退院できるのか、などなど詳しく聴くのが大切です。

どちらにしろ、退院しないと、他の医者にもかかれないわけですし。。くれぐれも自己流でやるのはおやめください。

わかっている医者の助けが必要です。

SNSで、どこの誰かわからない素人に聞くのもおやめくださいね。答えるほうも無責任極まりない。

詳細もわからないのに、答えるほうがおかしいです。そんな無責任なことはできません。

 

→私の回答に対しての返事

お忙しい中返信下さりありがとうございます。分かりづらい文章で申し訳ありません。入院は3泊で終わり、現在は普通の生活をしつつ様子を見ている状態です。

血糖値の乱高下が怖く、三食少しでも定期的に糖質を摂っていた方が不意に上がり過ぎる事がないのかな、と自分なりに考えて食事をしております。

先生には、この先何に気を付けたら良いですか?と聞いても、体重増やすなとしか言われなく…糖質制限の事を聞いてもスルーで…。

自分の中では当たり前になっている糖質制限が、周りでは殆ど浸透していない現実をひしひしと感じました。

因みに、一緒に検査で引っかかって入院した20代の子は、太ってはいけないとサラダのみ、バナナのみ、納豆ご飯のみ、という食生活をずっと続けていたそうです…それでも太りさえしなければ良しとされるんだな、と複雑な気持ちになりました。
兎に角、自分なりに少しの炭水化物と適度なタンパク質の食事で様子を見ていきたいと思います。

 

 

今日の、って昨日の「ホンマでっか?!TV」ご覧になりますた?

料理作りながらだったので、ちゃんと観れてないところもあります。

 

「ホンマでっか?!TV」の主旨のように、あくまでもそういう一つの意見ですから、そのまま真に受けないでくださいね。

 

池田先生がおっしゃっていた、どっかの統計?だったか、花屋さんな青果店によくいく女性で、肌の綺麗な人が多い、というデータ?

 

皮膚の常在菌の話をされてましたね。

 

確かに、常在菌のバランスを崩さずに、肌にとっての善玉菌が理想の割合でもっていることが、皮膚のバリア機能を強固にするのに大切です。

 

でも、逆に、花屋さんや青果店に頻繁に行ったから、肌がキレイになるわけではないと思いますよ。

 

テレビの番組というのは、こういうことを言いたい、というまず「目的」があって、特にこういう番組の場合、論文や発表や統計の一部分を抜粋されていたり、条件や詳細を言わずに、結論だけを持ってきていることもあります。

 

その論文知ってる、という場合、番組で言っている内容と、論文の主旨が全然違うこともあったりします。

 

なので、原文を知らないのでなんとも言えませんが、植物からいい菌がうつるから、肌の常在菌がいい状態になりやすいという仮説だとすると、花屋さんや青果店で働いている人の手指が、一番菌をもらいやすいですが、そういうお店で働いている方の手指は、結構な割合で手指が荒れています。

 

なぜなら、水をよく使うから。

 

そして、草木などの植物は、よく皮膚を切るし、植物の汁(エキス)が入りこんで、かぶれなども起こします。

 

花屋さんや農家の女性の肌が結構キレイと言われてましたが、たまたまお知り合いの方がそうだっただけでは?

と思います。

 

花屋さんは、どこまで紫外線に当たる仕事なのかにもよりますが、農家ほんちゃんの患者さんおられますが、毎日紫外線との戦いで、日焼け止め真っ白に毎日塗って、塗り直しもされるし、つばの広い帽子も必需品です。

 

農家の方にしては、お肌がキレイなのは、紫外線カットの努力をしておられるから。

 

その努力をしていなければ、光老化が進みまくりで、皮膚は硬くなるわ、全体に黒くなるわ、乾燥するわ、ツヤはないわ、となります。

 

例えるなら、いわゆる都会の会社勤め女性よりも、日焼け止めは塗っても、化粧品の重ねる回数が少ないかもしれません。

日焼け止めで真っ白だと、塗り直しもするし、他の化粧、ファンデやチーク、アイメイクも含めて、がっつりやろうとは思わないかもしれません。

とりあえず日焼け止めなので、SPFなど効果の高いものを使われるので、オーガニックや自然派化粧品を使っている方は少ないのかもしれません。

 

統計の結果って、どう解釈するか、他の職業と一体何が違うのか、たくさん違うことはあったりするのに、どれか一点だけを取り上げて、それを強調したいために、理由をこじつけることもあります。

 

よく言われることですが、論文というのは、結果(言いたいこと)は最初に決まっていて、それを言いたいための実験であり、研究です。

当初の思惑と結果が変わろうと、結論は変わらない。そこに話を無理矢理持っていく、というのは、ごく当たりまえによくあることで、なので、論文などは、そのやり方や統計処理の仕方など、中身を見ないと、結果だけ見てもダメなんです。

 

 

途中で、果物食べると、肌色が良くなる、とかも言ってましたっけ?

 

日本の果物は、糖度が高く、品種改良で、昔の果物とは全くの別物。

顔色が良くなるって、なにを根拠に言っているのか詳細はわかりませんが(フィトケミカルの抗酸化作用のことを言っているのか)、糖度の高い果物ばんばん食べていたら、皮膚の糖化が進みますよ。

 

皮膚の糖化が進むと、黄色人種の黄色い肌とは違う、いわゆる「くすみ」のような黄ぐすみになります。

 

ただでさえ、今の女性は、果物食べすぎです。肉魚卵は全然食べていないのに。

糖化の進行度は、実は結構高い。

 

 

澤口先生が興奮して何をいっているのか、字幕読まないとわかりませんでしたが、ビタミンD形成のために、紫外線カットするな、美白美白と言うなとおっしゃってたんですかね。

 

前にも書きましたが、今の女性は、肉魚も全然食べていないし、そのくせ、紫外線対策やりすぎてたりして、全身黒づくめとかね、似たような紫外線恐怖症。。。

こういう女性は、ビタミンDがことごとくありません。

自分で作ってもいないし、外から摂ってもいない。。

 

赤ちゃんのくる病(ビタミンD欠乏が原因)もすごく増えています。。。

 

適度な日光浴は必要です。

顔だけしっかり塗っておいて、他はそこそこてきと~でもいいと思いますし、首もデコルテも手背も気になる、露光部すべて気になるという方は、ちゃんと肉魚、たくさん食べましょう。

 

どちらにしろ、日光浴だけで、必要なビタミンDの量は得られないから。

 

 

今回も、久しぶりだったか、食べ物を顔に塗るなみたいな話を少しされてましたね。

小麦の話。

「茶のしずく石けん」です。

ちょっとだけ話をされて、すぐに話題が変えられてしまったのが悲しいです。。

 

そこから、オーガニック・自然派化粧品はダメと言ってくれたらいいのに。。。

なかなか民放では無理かまもしれませんね。

 

 

 

1 / 212