プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近投稿した写真

ホーム > 2019年04月03日



三田紀房先生の「銀のアンカー」というマンガ、ご存知ですか?

 

三田先生は、「ドラゴン桜」の作者です。

 

今、読んでいるマンガの中に、三田先生のマンガがいくつもあります。

 

「ドラゴン桜」が話題になった時は、もう受験生ではなかったから(大学生だったか、医者になってたか)ドラマも観ませんでした。

当時観ていたら、私の人生、変わっていたかもしれません。

 

三田先生の作品、はまりましたね~。

 

「インベスターZ」好きですね~。まだ終わりまでいってませんけど。

 

どの作品も、盲点をつかれて、ああ!そうだったのか!ということや、合点がいくことなど、日常生活にも仕事にも、生きていく上でのとても役立つ情報と考え方が載っていて、毎日楽しみにいろんな作品を読んでいます。

 

さて、この「銀のアンカー」、就活のためのバイブルでしょう。「内定請負漫画」!!! まさに!!

 

 

大学生はこれ読まなきゃ!!

大学生以外もほんとに三田先生の作品は読んだほうが絶対いいです!!

 

この5巻で、主人公の白川さんという、元カリスマヘッドハンターが、就活中の学生に、就活の仕方を指導というか、伝授というか、そういうマンガです。

今、読んでいる途中です。

 

2006~2009年に連載されていたので、時代が古いのは古いですが、基本的な考え方は同じじゃないのかなと思います。

 

どのマンガにも、どの巻にも、良いことが書いてあって、名言がありますが、この5巻で、大いにうなづいたのが、

白川さんが、いわゆる三流大学の頑張らない学生が、就職情報をネット検索のみで、一切本や雑誌を買わないことについて、

「タダでいい情報なんてあるワケがない」

「ここで得られる結論は、知的レベルの高い人間は情報に金を出すが低い人間は情報の金を出さない」

とその根拠は事実についての説明があります。

 

実は、これ、白川さんが言うくらいだからとても大切です。

 

医療の現場に置き換えると、健康やからだの情報を、ネット検索のみで済ませてしまう、場合により、その情報のみで実践するのと、専門クリニックを一度受診してみる、本や雑誌を買って読む、有料のセミナーに参加する、など、お金を出して得られる情報というのはいくらでもあります。

 

どこまで目指しているのかにもよりますし、現状の程度にもよりますけどね。医療の場合。

 

有料の情報もピンキリで、高いほどいい情報とは言いません。そこは取捨選択をしないといけませんが、お金を出すことで得られる情報はたくさんあります。

 

私も、ブログや公開にしているFacebookと、患者さんと作っているFacebookグループでは、書いている内容が違いますし、患者さんとのメールなどでのやり取りはもっと違います。

 

ネットの情報だけで良くなれば、ほんとうにラッキーで万々歳!

 

良くなった!と思っていても、プラセボだったり、一時的なまやかしだったり、すぐに元に戻ったり、逆に悪化したり。。。

そういう方もたくさんおられることをお忘れなく。

良くなった!という方は、もともとそこまでひどくなくて、ほんのちょっとこじらせただけで、もともと自力で解決できた方かもしれません。

(自覚症状のない方も多いので、こればっかりは、自分一人で気づくのは無理かと思います。。気づかなければ、いいのかもしれませんが。。)

 

本やセミナーに参加するにしても、何を買うのか、何に参加するのか、高いお金を出して、これが欲しかったわけじゃない、ということもありますが、お金を出したからこそ、わかったわけです。

 

ネットが進んだから、無料の情報にも有益なものもたくさんあるし、私もお世話になりますが、たくさんの情報が溢れているからこそ、自分で取捨選択しないといけません。

自分次第。

 

 

このマンガでもそうですが、素直さというか、柔軟性と、行動力とチャレンジ精神、この3つはやっぱりとても大事ですね。

あきらめない! へこたれない!

何度でもチャレンジしたらいい!という考え方。

 

先入観や既存の常識にとらわれずに、自分で知らべて事実を確認した上で、判断する。

 

できるようでなかなかできませんけど、そうなれたらいいですね。

 

「エンゼルバンク」好きだったな~。

あれで、病院バージョン、もっとやってほしかったけど、あれは、転職請負漫画なので、仕方ないかも。

 

「銀のアンカー」も「ドラゴン桜」も「インベスターZ」もまだ最後まで読めてないので、楽しみです。

 

全部制覇します!!

#肉食美肌

#ムダ毛処理

#毛深くなる

#肌を痛める

#脱毛

#脱色

#エステは除毛

クリニックで脱毛

 

さて、お手紙頂いた方からの質問その②

ムダ毛処理について。

フェイスブックのコピペになります。

以下、コピペです。

 

 

自己処理としても、脱毛派と剃る派にも分かれるでしょうし、自己処理はテキトーに切り上げて、クリニックで脱毛しちゃう方、今はエステのえげつない広告のせいで、エステで脱毛もどきをしている方が多いかと。

 

私のブログでもなんでも、脱色の話は一度も出てないと思います。

 

うちは、クリニックで、医療脱毛機をも置いてますし、私自身も、今はしてませんが、昔にだいたい脱毛はクリニックで終わらせてます。

1番確実だから。

 

 

毛が細くて、脱色が良い、好き!というのは好みの問題なので、それは1つの選択肢ですが、白人と違って、毛が黒いので、脱色してもすぐに根元は黒い毛が生えてきます。

 

毛の色を抜くというのは、かなりの刺激で、髪の毛も金髪にするとか脱色はとても頭皮に良くないのはイメージができますか?

 

脚や腕も同じです。

 

脚や腕は、皮脂腺も少なく乾燥してますから、それだけバリア機能も弱いため、脱色がたまにでも、一度で結構なダメージ乾燥皮膚に起こると思います。

 

一度や二度で済めば良いですが、定期的になると、そんなに医療脱毛イヤ?と思います。

 

剃ってるうちに、どこかでスイッチが入って、毛深くなりやすいし、毛深くなると剃らずにいられなくなるし、剃ってばかりいて肌がかぶれてくる方も結構います。
その後、色素沈着も起こしたり…。

 

脱毛に来られる患者さんの中にも、結構自己処理でこじらせてしまった方、わりとおられます。

 

色素沈着の治療もやりながら、脱毛していくことも多いです。

 

脱毛しても、脚がシミだらけ、赤黒くなってる、となると、生脚出せませんよね。

 

 

私は子供の頃、毛が気になって、カミソリで剃りまくってよけいに濃くしてしまって、大人になったら全身脱毛してやる!と誓いながら大きくなりました。
(当時、針脱毛しかなかった)

 

私が医者になって1年目だったかな、レーザー脱毛が開発され、日本で2台目のレーザー脱毛機が、出張先のクリニック日本導入されました。

夢のようでしたね。

 

開業するまでに、あまり気にならない程度に脱毛は済んでるんですが、完璧?ではなく、開業したら。脱毛やりまくってやる!と思ってましたが開発めんどくさくて、あまりやってません…

 

本人がどこまで気になるか、なので。

 

脱毛するなら、エステではダメなのはのもうご存知ですよね?

エステのは除毛ですから、脱毛できません。

 

毛根、その周囲組織を破壊して脱毛をも行うことは、医療行為なので、エステできませんそれをしてたら違法行為です。

 

だから、よく捕まってるでしょ?

 

エステで、脱毛して、火傷とかトラブルあったら、警察に行ってくださいね。
診断書持って。

 

クリニックで脱毛する場合は、うちは医師である私が処置しますけど、他は普通ナースです。

 

それは当たり前ではありますが、医師の診察が一切ないところがあります。

何かあっても、医者が出ても来ないし、火傷しても診察もないとか…。

 

毎回処置前に、ちゃんと診察のあるところにしましょう。

 

火傷されるとめんどくさいから、低いパワーで、しかも、スカスカに当ててる、格安チェーン店もあります。

全身脱毛、処置時間早すぎ…
(機種も確認しました)

 

お金と時間がもったいない。

 

最初からコースをガンガン勧めてくるところも止めておきましょう。

実際受けてみないとわからないこと、たくさんありますから。

 

コースは、返金できるようになりましたが、返金手数料とかは取られると思います。

 

ちゃんと説明も診察も受けて、納得したなら、その後は一回やってみたら良いですが、コース買いたいなら、その後です。

 

10回コースとか、永久に保証とか、そんなのいりませんよ。

医療脱毛は、もっと早く脱毛できます。

 

色黒で毛が細いとかは、時間も回数もかかるし、リスク高くなりますけど。

 

医療脱毛は、あまりにも安いところは、とにかく、あちらはこなすだけですから、おすすめはしません。

ちゃんとやったら時間も手間もナースの教育もいるわけで、格安ではできません…。

419

リーチした人数
56

エンゲージメント数
1 / 11