プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2021年3月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

ホーム > エイジング, サプリメント, スキンケア, ヘアケア, 化粧品, 医療, 栄養・食事, 痩身・ダイエット > 化粧品やサプリの指名買い



ご無沙汰しております。

夜にブログやフェイスブックを書くと、交感神経のスイッチが切りにくくなるため、夜遅い時間には書かないようにしていたら日にちがたってしまいました。。。

フェイスブックとインスタグラムはこまめに更新してますので、フェイスブックはアカウントなしで見られますから、よろしければそちらをどうぞ。

タイムリーな話題もよく載せています。

https://www.facebook.com/aikohifukaclinic/

 

 

昔からですが、化粧品でも薬でも美容医療でも、商品名や治療方法を名指しで、「絶対それが欲しい!」「絶対それをしてほしい!」という問い合わせはよくあります。

 

友達が使っていた、友達がやっていた、ということもありますが、そういう場合は、ほとんどネットからの情報です。

 

うちでは、名指しをされても、希望としてはうかがっておきますが、適応がなければいくらお金を払うと言ってもやりませんし、売りません。

 

「適応がない」=「デメリットが大きくてメリットがない」わけです。

 

もう根本的に違うこともあります。

 

例えば、しわ用の化粧品で、「シミが消えますよね?」とか。。。

 

他のクリニックでは、カウンターでそのまま受付が売ったり、診察に入ったところで形式上の医師の診察という儀式があるだけで、「〇〇がほしいんですね」ではい、終わり。

 

レーザーもそう。

「ニキビでレーザーしてほしい」「ピーリングしてほしい」

→「わかりました。あとはナース(受付)から説明があります」で終わり。

 

まず、洗顔してニキビなのかどうか、どうしてそのレーザー(具体的な機器名を出してこられる方も)がしたいのか(何を期待しているのか)、そのレーザーも含めて、他にどういった治療があって、どんなメリット、デメリットがあるのか、金額や治療の回数、間隔の違いなど。。。

 

特にネットで、だいたいステマのことも多いんですが、「もう自分にはこれしかないっ!!」「これさえやればキレイになるっ!!」と思い込んでる呪いを解くのは大変です。

 

呪いを解いたら、レーザーしてくれないかもしれないし、他の治療ならやらない、化粧品(クリニック用)なら買わない、これ以上の金額になるならやらない、自分でスキンケアはしたくない、などなど、本当はとても大切なことは、めんどくさがってやらない傾向にある人に、真実を伝えたところでクリニックの売り上げが減るだけですから、伝えない。

 

化粧品もそうです。

 

とあるメーカーの化粧品が、爆発的に売れてるとか。

 

クリニック専用化粧品であるため、本当は、洗顔して診察して、副作用合併症の話をして、結構本格的にやるなら患者さんは大変です。

それさえ使えばいいというものではなく、日焼け止めすらちゃんと塗らない人には逆にひどい結果に。。。

 

医療でもなんでもそうですが、効果があればあるほど、それだけ副作用合併症も大きいということ。

 

しかも値段はクリニック用化粧品としてもかなり高い。

(本来、クリニック用化粧品というのは、市販の高級化粧品のことを思えば、あそこまで高くない。

そんなものに、何万円も値段つけたら、レーザーはいくらにするの?!という話になるから。レーザーに勝てるわけがないからです。)

 

しかも、医師の診察もないどころか、受付がセットのシリーズで買わせるパターンもとても多い。

もう10万円超えることも。。。

 

うちでも扱っていますが、ちゃんと説明して理解した方じゃないと売りません。

それだけトラブルが多いからです。

 

副作用合併症についてはかなり言いますが、聴いている時点で自分だけは大丈夫、という方がほとんど。

で、実際出たら、びっくりされるので、わかっていてもブルーになるでしょうし、うちではいきなりそれを買わせることはありません。

段階を経て、副作用合併症が起こりづらい状態にしておいて、次のレベルに行きたい方にだけ売っています。

そこまで行く方はとても少なく、そこまでも必要ない方がほとんどでもあるからです。

 

また、そのシリーズで使わせる、というのに私は大反対というか、なんでシリーズで使わないといかんねん?と思っていますから、シリーズでは取り扱っていません。

必要なもの、日本人でも使えるものをチョイスしています。

(さらに使えるかどうかは、個々による)

 

どこの化粧品会社でもそうですが、そりゃあ、シリーズで化粧品作ります。

そのほうが売れるからです。

だから、必ず、この後にはこれを塗ってください、セットで使ってください、セットで使わないと意味がない、などなど、販売員の営業に出くわした方は大勢おられるでしょう。

 

たまに、「セットでないと意味がない」といわれて、セットで買わされた、という方に、市販もクリニック用も含めて出会うことがありますが、「セットで使う意味がそもそもどこにある?説明してみろ!」と言ったところで、説明もできないわけです。

ほんとに意味がないなら、最初からセットで売っていないと、商品としておかしい。

ヘアカラーで1剤と2剤を混ぜるのに、単品で1剤だけ売ってる、なんて、大クレームの嵐でしょう?

 

バラバラにして売っている時点で、「意味ない」ことなんて、ないんですよ。

 

ただ、メーカーが一緒にまとめて売りたいだけ。

 

確かに、メーカーの言い分を聴いてみたら、まったく意味がないこともない。。。ということはあります。

ただ、セットで買うデメリット(コストがかさむ、手間がかかる、副作用合併症は増えるなど)と比べて、どうしたいのかは、人それぞれ。

 

 

なんにでもメリット、デメリットがあるんですよ。

 

去年、一昨年かな、その化粧品を取り扱っているのか、という問い合わせがすごく増えました。

今でもあります。

 

診察カウンセが必要というと、そういう方はほぼ100%、診察はいらない、それだけ売ってくれ、と言います。

他で使っていたから、という人もいます。

 

そういう他院で診察を受けずに(受けていても、我慢してくださいの一点張り)使っている人は、みんな顔が真っ赤っかで、ひどい人になると炎症がひどすぎて色素沈着を起こして、赤黒くなっている人も結構います。。。

 

欲張って、いろいろさらに重ねて、スキンケアも良かれと思って、こすり倒すわ、すり込むわ、美顔器使うわ、でもう散々です。

 

それを使って、そんなことをしていたら、肌は炎症どころの話ではなく、もうヒリヒリと痛みや灼熱感が止まらない、という人も。。。。

 

元の肌に戻していくのに、時間もお金も大変です。。。

 

もともとトラブルが多い化粧品が、どうしてそんなに話題になっているのか(今に出たものではなく、もう10年くらい前から売っている)、業界の方に聴いてみると、インスタだか、ネットで、インフルエンサーが勧めたとか。

 

まあ、こういうのはほとんどステマです。

ステマじゃなかったとしても、ちゃんとトラブルなく使うには、それなりの準備が必要なわけで、ネットで流行るもの(流行らせるもの)は、その商品だけが独り歩きして恐ろしいことに。。。。

 

 

ここ数か月、これまた別のメーカーの別の商品で、これも名指しで、それを売ってくれ、という問い合わせが多いです。

先週もありました。

もちろん、診察(自費)を受けないと売れないし、自費の診察を受けても適応がないと売れないことを伝えると、他をあたられます。

 

ちょっと前の話になりますが、初診の肌の相談の方で、相談内容の確認で、内容の一つに、その化粧品が良いと聴いたから、本当はどうか、自分には良いのかが知りたい、というのがありました。

 

診察で、その方が使って悪くはないんですが、その化粧品よりももっと良いものがあるので、うちでは取り扱いはしていますが、あまり売りません。

いろいろ選択肢があるので、値段やその肌の状態で、患者さんが選ぶ(適応がある場合)パターンです。

そういう意味では、その化粧品は、うちでは優先順位は下のほうです。

 

その患者さんに、その化粧品の問い合わせがとても多いんですが、どこで話題になっているんですか?と聴いたら、YouTube と言われました。

YouTuberが、それが良かった、と言っていたとか。

もちろん、この化粧品も、クリニック専売品なので、診察なしでは買えません。

 

 

こういうの見た時に、ステマかどうかって、多くの人は考えないんですかね?

ステマじゃなくても、自分にはどうなんだろう?と考えないんですかね?

気になるのはわかります。

でも、それだったら、この患者さんみたいに、「これってどうなんですか?」となるのが正解。

 

この方には結局売ってないし、買っておられません。

もっとい良いものを使うから。

 

肌の状態が変われば、勧めることもあるかもしれませんが、今のところ、いらないかな。

 

クリニック用の化粧品がそこまで高額でないとしても、(これは先ほどみたいに高くないです)優先順位の高いものがたくさんあるわけで、そっちにお金を使わないともったいない。

 

対症療法にお金を出すのも急いでいる時はありかもしれませんが、長い目で見ると、根本的な完治を目指してそれにお金をかけないともったいないと私は思います。

 

ステマかどうかも考えずに、話題の化粧品やサプリ、治療などに、すぐに飛びつく人。

それだけ、切羽詰まって、何も考えられなくなっているんでしょうけど、これが一番詐欺にあいやすい状態です。

一度、刷り込まれたら、他の考えを受けつけない。

 

例えば、シワやたるみが気にって、こういう治療があると聴いたけど私にはどうですか?他にもっと良いものはありますか?普段のケアで注意することはありますか?それをした場合の注意点は?

と聴かなきゃいけないし、こちらには説明する義務があります。

 

「〇〇がほしい。そちらで買えると聴いた」

→「▽▽でお悩みですか?お肌の状態を診て、▽▽にあったものをご提案します。〇〇以外にもいろいろありますから、説明を聴いて選んでください」

というのが、普通では?

 

もちろん、説明を聴いたうえで、買う買わない、やるやらないは個人の自由です。

やっぱり、当初の予定通り、〇〇がほしい、というのも、メリットデメリットを理解した上でありでしょう(適応があれば。適応がそこまでなくてもダメではないけど。。。という場合含む)。

 

ところが、もう聞く耳を持たない人、「これでないと絶対ダメなんでっ!!!」「絶対に買うから、説明はいりません!!」。

 

。。。おかしいですよね。

はい、おかしいんですよ。

そんなわけ、あるかあ?!って。

そういう宗教っぽいというか、もうそれしかない!という洗脳のようになっている人は、かなりの栄養欠損で、実はとても重症。。。

だから、それだけどうこうしてどうこうなるものではないんです。。。

他にいろいろやらなきゃいけないこと(患者さんがね)がたくさんあるのに、そういうことはやりたくないから、その商品に過大な期待をしていて、買ったはいいけど、使ってみたけど、効いたらそりゃあいいですけどね、世の中そんなに甘くない。。。

 

せっかく良い商品であったとしても使い方が間違っていたら、適応がないのに使ったら、そりゃあ効きません。副作用だけ出ることも。

 

魔法みたいな、「これだけでOK!!」なんてものはないんですよ。

そんなの、ほんとにあったら、ものすごく詐欺くさいでしょ。

そう思えないところがとても危ない。

 

だから、世の中、詐欺はなくならない。

 

これならこれ! あれならあれ!みたいに、世の中、どんどん、勝手にマニュアル化みたいになって、

それは医学の世界でもそうです。

その方に合わせてほんとは薬や治療を考えないといけないのに、医者側のほうが考えていない。

 

ニキビです

→これ、塗っておいてください。

って、まず、ニキビなのかどうか、診断しろよ!

ニキビでも、どんなニキビなのか、そこの経過も聴けよ!ってこと。

それに合わせて薬は変わります。

結果同じ薬でも、選んだ経緯が違うから、中身は大違い。

 

効いた薬もずっと一生効いているわけではないですから、効かなくなる、副作用が目立つことも出てくるわけです。

 

そうなったら、今こうなっているから、薬をこう変えましょう、使い方を変えてください、日常生活でこんなことをしませんでしたか?などなど、聴かなきゃいけないこと、言わなきゃいけないこと、実はたくさんあります。

それが、医者のさじ加減ってやつです。

 

 

メーカーの宣伝文句そのまま、「これならこれ!!」を信じて、そのまま患者さんに売る。

 

物を考えない人が職種に関わらずとても増えた。。。

 

 

自分で考えない限り、宣伝を宣伝とも考えずに、「反応」だけしていたら、それこそ企業の思うがまま。

多くの企業が、売れることしか考えてないから、ますますそういうステマが過熱してますね。

 

情報格差は広がるばかり。

 

わからなくて当たり前なんですよ、だって、専門じゃないんだから。

 

わからないから、聴けばいいんですよ。情報を集めて、それから自分で情報を取捨選択して考えて選ぶ。

それがうまくいかなかったら、次に生かせばいいだけの話。

 

そこを理解しない限り、生かさない限り、何度でも同じことが起こります。

詐欺にあった人のリストが、売り買いされるのはそういうこと。

 

それがほんとに良い理由が説明できないなら、進むんじゃなくて、立ち止まって、わかる人に聴けばいいんですよ。

ただし、本当に有益な情報は無料じゃないです。

無料もありますが、ネットから有益な情報だけを自分で探してくるのは、砂漠でダイヤモンドを探すようなもの。特に、情報弱者の人の場合は特にね。だから、今まで、引っかかってきたわけでしょう?

同じ思考回路では同じことの繰り返しで、一旦、リセットするなりしなきゃ。

今までのステマからの情報は一旦全部捨てること。

 

どうしてもやりたい、使ってみたい!と気が済まないこともあるでしょうけど、せめて副作用合併症のデメリットだけはちゃんと押さえておきましょうよ。

それが最低限失敗しないコツです。

 

弱っている時ほど、思い込みやすくなるので、そこまで弱らないように普段から食事に気を付けることが実は一番大事だったりします。

 

 

 

 

カテゴリ:

エイジング, サプリメント, スキンケア, ヘアケア, 化粧品, 医療, 栄養・食事, 痩身・ダイエット