プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 学会で得た知識



最近よく患者さんから聞かれるのが、このPPP療法です。「あれって、どうなの?」「いいんですか?」と聞かれることが増えました。当院では、やっておりませんが、自分の血液から血漿というものを取り出して、それを熱で凝固めたものを注入するという方法です。

私は、ずっと思っていたんですが、PRP療法のように、血液から取り出した成分そのままを注入するのは、自分の体のものなのアレルギーとか起こしませんが、自分の血液でも熱で固めてしまえば、タンパク変性と言って、もう自分の体のものではありません。体にとっては異物です。何がいいのだろう??とずっと不思議でした。それであれば、ヒアルロン酸やレディエッセは安全性が確立していますし、PPPも結構高いので、PPP療法をわざわざする意味がわかりませんでした。

ブログに書くのをすっかり忘れてましたが、9月5日東京であった日本抗加齢美容医療学会に参加して、ついにその謎が解けました!まあ、予想通り、熱を加えて変性させてしまえば、もうそれは別もので、自分の体のものではありません。別のたんぱく質になってしまうので、アレルギーを起こす可能性もつきつめればゼロではありません。

これの長所は、注入材料が自分のものであるということです。自給自足のような感じですかね。ヒアルロン酸にしろ、レディエッセにしろ、工場で化学的に作られた製剤ですので、安全性は確立してるといえども、自分のものが原料ではありません。注入剤で、化学的なものを入れるのに抵抗があるという方は、材料は自分なのでいいんじゃないでしょうか?添加物も一切ありませんから。自分の体から作り出したたんぱく質を入れて、ボリュームをアップさせるとお考えください。

これの欠点は、かなり吸収の早いことです。ヒアルロン酸に比べて、かなり吸収が早く、3か月に1回注入、と思っておくほうがいいそうです。

そんだけしか持たないものを入れる意味って何?と思って聞いていましたら、PPP療法をされているクリニックでは、ヒアルロン酸やレディエッセよりも、PPPはお安く設定されているそうです(材料費は患者さんが提供していただけるわけですから)。安くていいんじゃない?という感じです。(大量に入れたい場合は、安くなると思います)

東京と関西では、おそらく色々な美容治療の価格が違うのかと思いますが、関西のPPP療法、それほど安いと思いません・・・。3か月でこの値段・・?というのが私の本音です。それなら、安全性の高いヒアルロン酸(種類によって、安全性が違います。当院は、Q-MED社というトップブランドのものですので、ご安心ください)や1年以上持つレディエッセが断然お得と私は思いましたが、いかがでしょう?(今は、そう思っているので、PPPを導入する予定は今のところ、ありません。)

私が尊敬するドクターのうちの一人、宮田先生のブログhttp://ameblo.jp/miyatakeisei/theme-10016311795.htmlに詳しく書いておられるので、もしよければ一度お読みになってください。

注入剤は、ホントにいろんな種類がありますから、その方が、何を重要視するかで、選択が分かれてきます。自分の入れたいところに、違う注入剤を入れた場合、いくらになるのか、どれぐらいもつのか、形はどれが一番キレイになるのか、などしっかりお聞きになってください。

良心的なドクターは、宮田先生のように、ちゃんと説明されるはずだと思います。どんな治療にも、必ず欠点や弱点があります。それを見極めてくださいね。

注入剤の一つの選択肢として、アリとは思います(吸収早すぎですが・・)。

PPPはボリュームをアップさせるだけで、再生療法のPRP療法とは全然違いますから、お間違いなく。

 

7日土曜日をお休みさせていただいて、新宿で開催された美容皮膚科学会に行ってきました。そのせいで、ご予約をおとりできなかった方々にお詫びと感謝を申し上げます。

さて、2日間、座りっぱなしだと、さすがにお尻がいたくなりますね。美容皮膚科医にとっては、数ある学会の中では一番大事な学会なんですが、そうそう新しい発見は、さすがにたくさんはなかったですね(おかしなことをしていないという一安心があります)。おさらいとオっ!ということが何点かありました。その何点かはやはり大変勉強になるので、クリニックをお休みにしてでも、毎年参加してしまうわけです。

今回、参加して、当院の治療での変更点が出てくることがありましたので、お知らせいたします。

今、シワ治療に使っているボトックスですが、厚生労働省唯一の認可薬であるボトックスビスタ®という薬品があります。ボトックスビスタ®を使うには、ここの講習会を受けないとダメで、去年も受け、今年も更新は済ませているんですが、去年の学会で、ここの製薬会社の方からボトックスビスタ®は眉間のシワしか認可が出ていないので、他の部位には使ってはいけないと言われましたので、開業の際、個人輸入でアラガン社製のボトックスと韓国製のボツリヌストキシンを入れました。それらは眉間以外に使ってました(眉間は、ボトックスビスタ®です)。

今年の学会では、他の部位もこのビスタを使わないとダメなようなことが、この会社の講演会で言われてました。そういう流れなら従いますが、個人輸入は最低限のものにしたいので、それなら仕入れる前に言ってほしかったな~という感じです。

今ある在庫がなくなり次第、眉間以外の処置も全てボトックスビスタ®に変わります。その時点で、ボトックスの価格を見直し(値上がりします)させていただきますので、今の価格で処置ご希望の方は、お早目にご相談ください。

さて、次は見た目の体型変化です。

ワコールには、人間科学研究所というところがあり、ここの所長さんが今までのデータからわかったことを発表されていました。

ワコール、凄すぎますね!約45年間のデータをとっておられるそうです約4万人!。今回は、子供の時から体型の計測をされて、50代ぐらいまで、ずっと経過を調べておられる方100名(!)の方のデータでした。こんなデータ、大学病院でもないです。学会会場は、驚嘆の嵐でした!すばらしいデータです。本当に、日本人の健康と美容のために、医学を発展させていく基礎となってもおかしくないぐらいのものでした。すばらしい!!

さて、その中で、女性のオッパイのお話です。ちなみに所長さんも言っておられましたけで、胸の筋肉を鍛えても、オッパイは大きくなりませんよ。オッパイは筋肉ではないので。違うところが大きくなります。ある程度の大胸筋は必要ですが、オッパイはまた別です。オッパイは、脂肪・乳腺というものがつまってまして、これらを線維のようなものが、入り込んで支えています。だから、この線維が伸びたりすると、伸びきったゴムと一緒で、オッパイも下がってしまうんです。顔やおしりのタルミと同じで、重力があるので、年々下がってきますね。でも、下がったり、あるいは上がったり、オッパイが動きすぎると(重力の影響を受けやすいと)、その線維が伸びやすくなります。そのためにも、ブラジャーって大事なんですね。綺麗に服を着るためにも大事ですが、良い形を保つためにも大事だということを、データや他にもいろいろ映像で示してくださいました。ノーブラって、重力に負けてよくないから、お風呂上がりや寝る時もほんとはしたほうがいいなとは思っていたんですが、この発表で確信しました。(他の先生から、お休みブラの質問があり、所長さんも、お休みブラはお薦めと言われてました。やさしく包み込んで支えるだけでいいそうです)早速、帰りに京都大丸に買いに行きました。正式名称を、ナイトアップブラというそうです。2枚買って、その日から使ってます。いい感じです。(きっと、あの発表の後、買いに行った女性は多いはずです!いい買い物をしました。最近の中では、ダントツ1位です!)

これだけのデータを基に下着が作られているのであれば、やはりワコールで買うべし!と思ってしまいました。日本の女性をホントに知り尽くしておられますね。

ワコールの会社理念が、「全ての女性をもっと美しく」だったと思うんですが、全く同感です。京都の企業でもありますし、これからも京都の発展と全ての女性のために、引き続き頑張ってほしいと思います。

写真をうまくアップできないので、また業者さんに聞いておきます。(ブログの横にある舞妓さんと芸妓さんが踊っておられる写真は、懇親会の演目です。こういう踊りを見たのは、すごく久ぶりだったので、良かったですね~。また、みなさんすっごくお綺麗ですねー!こういうのを見ると、京都っていいなあ~と思ってしまいます。)

さて、一番今回の学会で聞きたかったのは、自分のためにもダイエットに関する話題です。今回は伊達友美先生のお話が生で聞けたんです!ご存知ですか?伊達先生のこと。「夜中にラーメン食べても太らない方法」とかたくさんご飯(米)を食べましょうと言っている管理栄養士の先生です。よくテレビにも出ておられたり、本もたくさん書いておられます。私は、大ファンで、きっとほとんどの本を買って読みました。(効果は聞かないでください・・それまで食べるのが大好きなのに、年中ダイエッターなので食べちゃいけないとおもいながら毎日を過ごして(結構食べてましたけど)、食べたい食べたいと思っている中、伊達先生の本を読んで、タガがはずれてしまって、罪悪感なしに食べるようになりました(量は今まで以上に・・)体にいいものは、たくさん摂取しましたが、運動もしてないですし、まあ、食べすぎですね・・そりゃ太ります。(伊達先生のダイエット方法は、自分に都合のいいとこどりをして、実際は全然してません)今は、ゆっくり元に戻そうと一応自分なりに頑張っているところです。

さて、伊達先生ですが、お話を聞いているだけで、やはりすごく引き付けられる方ですね。ぜひ、伊達先生のカウンセリングを受けてみたいものです。本で読んで、自分の都合のいいように解釈していた部分を正しく教えてくださいました。猛省して、もう一度頑張ります!

他にも、ダイエットというか、肥満と老化についてのお話がたくさんありました。

肥満が体に良くないというのは、もちろん周知の事実ですが(本当にいろいろな病気を誘発してしまいます。また、肥満のせいでなった病気というのはご本人にとって治療は結構大変です。)、今回様々なデータを目の当たりにして、ちょっとショックを受けてしまいました・・現実をつきつけられたというか・・アカゲザルというおサルでの実験を発表されていたんですが、カロリー制限(栄養バランスはちゃんと保たれています)をせずに17年間育てられたおサルのほうが、すっごく老けて見えました。というか、年相応なんでしょうが、カロリー制限されたおサルは、同い年か?というほど、若々しく仰天です!(おサルはまだ、2匹とも元気なので、解剖とかはされていませんので、内臓の老化具合はわからないそうです)

私たちの染色体というところの端っこに「テロメア」と呼ばれている部分があるんですが、これがどれだけ長いかが若さの指標みたいなもので、テロメアなしにアンチエイジングは語れないというぐらい大事なものなんですが(詳しい話は省きます)、誰でも、老化とともに毎年このテロメアは少しずつ短くなっていくんですが、なんと肥満の人は、普通の人の10年分テロメアが短かったそうです!!(タバコも短くさせます。タバコは量によって、短くなる分が変わってました)かなりはっしょりましたが、肥満は寿命まで知らないうちに短くなっているようです・・・テロメアで見せられたら、これほどの現実はないので、結構あせりました。

やはり、肥満ではなく、中肉中背(痩せすぎもだめですよ)を目指して。美容と健康のために。顔の若返りなら、光やレーザーで少々いけますが、全身するのも大変です。肥満を解消するだけで、これだけ若々しくなるなら、頑張らねば!と一応決心しました。<続く>

 

いろいろな学会がありますが、抗加齢医学会に行ったのは今回が初めてです。多くの学会があり、行きたい学会すべてに行くと、勤務医時は他の先生に迷惑がかかってしまいますが、開業すると自分で選べるのが良かったです(ただ、休診になるので、ご希望のお時間帯が取れなかった方々には、申し訳ありません。その代り、治療に役立つことをたくさん勉強して来ますので、どうかお許しください。)

抗加齢医学会というのは、皮膚とかの見た目だけではもちろんなく、健康に長生きできるように、全身のアンチエイジングを考える学会なので、内科・眼科・神経内科・整形外科・歯科などのドクターだけでなく、栄養管理士・理学療法士・看護師・エステティシャンなど職種にとらわえることなく、健康に関わる全ての方で成り立っている学会です。

今回、皮膚のことは、比較的知っていることの復習のような感じで、新しく教えていただいたことは、少しでしたが、それでも収穫がありました。早速、診療に取り入れていきます。

学会で、大変ためになることがたくさんあったので、何回かに分けてご紹介していきます。<続く>