プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 旅行



この日月の連休は、和歌山県の南紀白浜アドベンチャーワールドに行って来ました。

白浜温泉に泊まって、1泊で2日で、アドベンチャーワールドは、2日とも行きました。

1日目は、お昼も過ぎてから行っているし、2日目は、2時過ぎには出ますので、2日行かないと、見どころがたくさんあって、まだ足りませんでした。

小さい子供の時に旅行で連れてきてもらった記憶がありますが、あまり覚えていないし、その頃は、まだパンダもいなかったと思います。

パンダを見るのは、実は初めてで、ず~っと行きたかったんです、南紀白浜アドベンチャーワールド!

念願叶いましたっ!!

さて、まずは、入口にレッサーパンダが出迎えてくれます。

DSC_0077.jpg  こんな近くで見れるなんて!

最初の驚きは、まずこれです。

動物園に行くこと自体久しぶりなので、今の動物園がどうなっているのか、わかりませんが、もっと檻の中とか、ガラスケースとか、囲まれていると思っていました。

(囲まれているのもいました)

お次は、パンダ!

いたるところに、パンダがいます。

DSC_0080.jpg ご機嫌パンダ♪ これは、外で。日曜日は、寒さはかなりマシでした。

DSC_0083.jpg こちらは、ブリーディングセンターの、お父さんパンダ。

親父、寝てます。完全な仰向けで。

朝一と午後に、赤ちゃんパンダの公開です。

すごい人ですが、効率よく、列は進みます。

(月曜の朝のほうが断然空いてました)

DSC_0111.jpg 顔を覆って、寝てました。ムッチャ可愛い=っ!!小さい~!

DSC_0109.jpgもう1匹は、お母さんが抱っこして寝てたので、見えなくなりました。

DSC_0113.jpg ブリーディングセンター並びの外のパンダ。ご機嫌です。

今日は、かなり寒かったです。途中、雪もチラホラと。

DSC_0115.jpg  急に起き上がって

DSC_0116.jpg 歩き出して

DSC_0118.jpg 後ろを向いて、急に伏せたので、寝ているのか?と思いきや、ウンチしてました。。。

ウンチ中です。 どうも見せてくれているのかな、というくらい、思いっきり、後ろ向いてました。(この時以外は、そうそう後ろずっと向いているってなかったんですよね)

この後、気が済んだのか、またウロウロしてました。

当たり前ですが、白浜の町は、パンダ一色と言ってもいいくらい、パンダ全面押しで、園内も、パンダグッズに溢れています。

私も何か欲しかったんですが、後からの使い道を考えると、年齢も年齢ですし、どうせ捨てちゃうんだろうな~、と思うと、なかなか買えません。

パンダの入れ物に入った、キャラメルポップコーンが欲しかったんですが、持って帰るのに、容器は邪魔になるだろうな~、と我慢しました。

パンダの被り物も欲しかったんですが、すぐに飽きますし、今日以外でどこに被っていくのか、使い道がないですね。。

DSC_0151.jpg  そこでパンダ肉まん!

DSC_0200.jpg 双子だから、ツイン肉まん!

普通の肉まんでしたが、久しぶりの肉まんで、おいしかったです。

DSC_0211.jpg  アニマル型のベビーカステラ。パンダ以外にも、他の動物も入っています。

アドベンチャーワールドは、パンダ以外にも見所がたくさんで、大興奮でしたっ!

さすが、民間!と感心しました。あまりに商戦が優れていて。うまくお金を使わそうと、アイディア満載です。

絶対にまた行きたいです。

他の様子は、次にアップしますね。

(ちなみに、明日から冬休みとかお聞きしました。入園日は必ず確認を!1月の連休が終わったら、ちょっと休まれるみたいですよ。

人間も動物も休まないとね。それに合わせて、いろんなお店も休まれるようです。)

白浜駅でも、和歌山のアンケート取っておられて、観光にすごく力を入れておられるのがとてもわかりました。

帰りの特急くろしおで、出発時間よりも早く、車内に入れてくださったので、席に座って、とれとれ市場で買った、うにいくらチラシを食べていると、誰かが、窓の横で手を振っています。

窓掃除?と思って、窓の外を見ると、パンダが立っていて、手を振ってて、ビックリしました!!

(ゆるキャラで、白浜のご当地キャラのようです。)

帰ってしまう観光客に、満点のサービスですね。ありがとうございます。

まさかそんなことまで!と予想外だったため、写真は撮れませんでした。残念!

アドベンチャーワールドの続きは、また明日。

土曜日は仕事でしたが、この連休は、いろいろ出かけて、満載でした。充実です。連休のおかげで、久しぶりに、家族とゆっくりできました。遅い夏休み気分でした。

日曜日の最初は、阪急百貨店の展示会にまずは、大阪の帝国ホテルです。

そこでちょっと目の保養をさせていただいた後に、車で神戸に移動です。

日曜の午後は、阪神の試合を見に、甲子園球場だったんです。

野球のルールもわからない私が、野球を観てもチンプンカンプンなんですが、家族が観たいというので、家族サービスです。

でも、甲子園までわざわざ行っても、私は全然楽しくないので、野球の後は、神戸にお泊りです。ちょっと買い物と。

神戸、好きなんですよね~。たまに神戸に行きますし、行きたくなります。

京都が一番好きですが、神戸と横浜は、京都の次に住んでみたいな~、と思う街です。

緑も多くて、どこもキレイで、便利で都会で、といいことだらけに見えるのは気のせいですか?

とても環境がいいように思います。

東京も好きですが、住むには物価も高いし、欲しいモノはたくさん売っているのに、お金がなかったら、我慢我慢で、それだったら、たまの買い物でいいか、と思っちゃいます。人も多いし、人酔いしちゃいませんか。

また写真をアップしておきますが、甲子園は、当日券売り切れという、満員御礼状態。広島ファンで、3塁側は真っ赤っかでした。

(席は、3塁側。ちなみに、家族は阪神ファンで、私は、ファンとか言う以前の問題で、まずルールがわかっていない。。)

しかも、前日の夜には、今度こそヘリオケアを忘れないようにしなきゃ!と思っていたのに、見事忘れてしまいました。。。うう。。またしても。。

普段飲むサプリのところに入れていないので、忘れちゃったんですよね。。

今、別の日焼け止めを試しているので、エビーゼは塗らず。。

これが、また失敗でした。。試し中の日焼け止めの触感と塗った後の感じが見たかったので、それを塗ってから、上からナビジョンを塗って、としたんですが、紫外線はこれでまあいいか、となりますが、近赤外線は足りません。。

サングラスも持ってくるのを忘れてしまい。。うう。。

しかも日曜は、昼間は結構暑くて、太陽光も強くて。。。エビーゼ要るやんっ!!今日だけは、お試ししている場合じゃなかったかも。。。

ツバの広~い帽子は被っていたので(前が見えないくらいの。。したがって、野球も見えません。。)、それでなんとかいけるかな、と思いましたが、いけてるかどうかなんて、わかりませんが、やはりエビーゼを塗るべきでしょう。。

体は、前回のお墓参りに懲りて、紺色の綿の長袖セーターにして、大丈夫だったんですが、この紺色が太陽光をメチャクチャ吸収して、長袖を通してもジリジリ熱いのが丸わかり!恐ろしい~!!どんなに暑くても、袖はめくろうとは思いませんでした。

野球は、ず=っとゼロ対ゼロで、このままゼロばっかり続いたら、延長やんっ?!

(晩御飯が食べられなくなるっ?!)

焦りましたね~。

そしたら、福留さんという方がホームランを打ってくれて、流れが一気に阪神に。

そっからバタバタと点が入り、無事に試合は終わりました。

阪神が勝ったから、家族は機嫌がいいし、私は延長なく、無事にホテルに戻れるので、とっても良かったです。

(野球観戦は、家族もお酒が飲めるように、一旦神戸のホテルに車を置いて、そこから電車で移動です。で、終わったら、また西宮から神戸へ。行ったり来たり。多分、甲子園球場って、神戸よりも大阪よりかな、と。)

泊まったのは、買い物に便利な、オリエンタルホテルです。

バーニーズニューヨークが1階に入っていて、居留地のど真ん中だから、とても便利。

初めて、こちらのホテルに泊まったんですが、ハードもいいけど、なによりソフトのホスピタリィがとても良かったです。

晩御飯は、こちらのメインダイニングに行きましたが、ホテルもレストランもスタッフの方々、とても良かったです。このホテル、いいわ~。

至れり尽くせりでした。

朝ごはんのブッフェもとても良かったです。

いろんなホテルに泊まりましたが、朝ごはんは、国内であれば、私の中の1位2位を争うくらい、良かったです~♡

神戸でまた泊まりたいのは、ラ・スウィートハーバーランド神戸と神戸ポートピアホテルが印象がとても良かったんですが、このオリエンタルホテルもまた泊まりたいです。

利便性の良さ、となると、ダントツに便利!素晴らしい~!!

ホテルでは、ご飯を食べているか、寝ているか、のどちらかでしたが、チェックアウトの後、周辺をぶらぶらして、ちょっと買い物~。

なんと!バーニーズニューヨークで、ワンピースを試着して、はまりましたっ!買いましたっ!

今年一番のトップニュースですね!

なんのこっちゃ、とおもっていらっしゃる方へ説明しますと、今までは、太り過ぎていたので、こういうセレクトショップに行っても、服はほとんど見ず、(どうぜはまらないから)、あんまり楽しくありませんでした。(でも、一応行くんですけどね。)

そういうお店でも探せば、はまるものがあるんでしょうが、宝探しみたいなもので、探す気もなかったです。

それが、7月くらいに、普通サイズのお店で、試着したらちゃんと(一応)着れて、それ以来、試着する価値はあるのかもしれない、と秘かに思っていて、なんとか実現できました。

良かった~。

普段用のワンピースですが、試着前に、お店の方にサイズを聞いた時に(ワンサイズと言われたので)、う~ん。。と2人で思案しましたが、とにかく、着てみよう!となり、

(お店の方が親切で良かった!)

試着室で、やっぱ無理かも。。?!と思いましたが、なんとか着れました。着にくかったですが、着てしまえば、まあ、大丈夫かな。という感じで、嬉しくて、お買い上げ~♡

なんでもチャレンジあるのみ!ですね。

体重は、マイナス3キロくらいですが、体脂肪率は、約6%くらい減ったのと、トゥルスカをやったおかげで、体重からは想像もできないようなサイズがはまることがあります。

これまた素晴らしい!トゥルスカ様様です~!

運動は、ホンッとになんにもしてなくて、なんちゃって糖質制限をしています。一応。。

体のラインを締めたいのでもっとAC BODYをしたいところです。

神戸大丸にも寄りました。

神戸って、ホントにおいしいモノが多いですよね=。

神戸のお菓子と言えば、フロインドリーブ。定番ですよね。

他にもいろいろ欲しいモノがありましたが、今日は、夕方からアラガン社の講演会があるので、生ものは買えません。残念っ!

買い物の後は、大阪梅田のヒルトンホテルに移動です。

アラガン社のヒアルロン酸製剤である、ジュビダームの記念講演会です。

連休の最後は、ちょっと勉強もして。

てんこ盛りの連休でした。

ゴールデンウィーク後半は、広島・宮島に行って来ました。

泊まったのは、宮浜温泉にある、「庭園の宿 石亭」さんです。

ずっと念願だった石亭さん。

以前に医師会の旅行で行く機会はあったんですが、学会と重なり、行けず仕舞い。。。

泊まったのは、離れの「肱山」です。

たまたまお電話で予約をお願いした時に、空いていたお部屋でした。

こちらのお宿は、全てのお部屋がしつらいが違っていて、また違うお部屋に泊まりたくてリピートしたくなる方続出だそうな。。。

宮島にも行ったことがなくて、ずっと厳島神社にも行きたくて、ついでに鹿も触りたくて。

(宮島の鹿は、奈良と違って、野生だから、触るのもエサを上げるのもダメだそうです。

一応、奈良の鹿も飼っているわけではないようですが。。鹿せんべいは売っているし、奈良公園の中に、エサ場と寝床があったと思うんですが。。)

旅行と言えば、私は、いつも一番最初に、宿や行きたい場所も探しますが、その次は、絶対に、その土地ならではの食べ物や飲み物を探します。

そして、絶対にいただくのです!

今回は、広島ですから、

牡蠣・あなご・お好み焼きは、絶対にはずせません!

そのほか、もみじまんじゅうに、広島(も含め瀬戸内)はレモンをはじめ、国産の柑橘類がたくさんありますから、柑橘類も。

あと、忘れてはいけないのが、日本酒です!

先日、オバマさんが飲んでウワサになった、賀茂鶴酒造も広島ですよね。

楽しみ~♪

ホントにダイエットする気があるん?と言われてもおかしくないくらい、旅行は別です。

だって、旅行ですもの~。

穴子はもちろん、白焼きもいただきますが、やはり穴子飯でしょう。

実は、石さんは、宮島で有名な穴子飯「うえの」さんが、経営されているのです。

「うえの」の穴子飯ははずせません!

お宿のお料理は、全部いただくとして、私の使命は、おいしいもみじまんじゅうを買って帰ること。

行く前から、ガイドブックで、いろいろもみじまんじゅうを調べていました。

ネットも駆使して、私の独断と偏見で、何軒かに絞りましたが、それぞれに特徴があり、ここ1軒で!とは決められません。

宮島口について、「うえの」さんで、荷物を預かっていただき(石亭に泊まる場合は、うえので荷物を預かってくださるのです)、ついてに、お昼をいただきます。

(お昼の前に、旅行ということもあり、新幹線に乗る前に、ブルディガラで、パンを買ってしまいました。。。

めったにパンは食べないんですが(糖質制限を一応しているので)、旅行だからと、買ってしまって、食べちゃいました。。。)

こちらのうえのさん、ガイドブックにもあるように、えげつない行列です。。。

うえの 行列.JPG見える顔は消しました。店内もすごい数の人が待っています。

でも、石亭に泊まる場合は、二階の「他人吉」にすぐに案内してくださり、穴子飯がいただけます。

写真は、また後日アップしますね。

→アップしました

うえの アナゴ.JPGしらやきと冷酒 

ここで、穴子飯(一応、小にしました)1人前と白焼き1人前を、2人で分けて、日本酒をぐい飲みで1杯いただきます。

うえの ドリンク.JPGうえの メニュー.JPG2階の他人吉で、持ってきてくださったメニューです。

1階と同じなのか、はわかりません。

(2階の他人吉で、あなごめしがいただけるのは、石亭に泊まるからできるようです。泊まらない方は、他人吉のメニューになるはずかと思います。)

もうこの時点で、おなかは結構膨れてました。。。

このあと、フェリーに乗って、宮島にわたり、厳島神社に向かいます。

向かうのが、表参道商店街を歩いて行くんですが、ここで!もみじまんじゅうを1個ずつ、焼き立てを食べていくのです!

焼き立てを1個ずついただけるなんて、なんて、贅沢なんでしょう~!!

まずは、ミヤトヨ本店で、焼き立てチーズ入り(手焼きです)を1個、いただきました。

こちらは、店内で座って、簡単に食べることができて、お茶までくださいました。

ありがとうございます。

焼き立てで、チーズが溶けて、とってもおいしい!

次に、「菓子処きむら」さんで、アップルをひとつ。

ワインでアップルを炊き上げてあって、果肉ごと入っているんです。しかも、こちらは、洋菓子店なので、生地がシフォン生地になっていて、とっても柔かくて、おいしい!

洋菓子店で、もみじまんじゅうを作っているのは、こちらだけでしょうか?

もみじまんじゅうというよりは、ケーキみたいです。

このあと、「吉川七浦堂」さんで、自慢のこしあんを1個いただきました。

手作りのこだわりこしあんで、上品な甘さがいい!

他にも食べたいところはあったんですが、さすがに食べ過ぎです。。

しかも、帰りに、三越で、「茶の環」という、抹茶のもみじまんじゅうを買って帰るつもりをしているので、この辺で止めなければ(食べるのもね。)

結局、洋菓子のきむらさんで、5個セット(チーズ、アップル、チョコ、抹茶クリームでした、粒あん)を買いました。

もみじまんじゅうとうえのの穴子飯で、おなかはパンパンなのに、この後、「牡蠣屋」さんで、焼き牡蠣をカキフライを、白ワインとともに。。。

食べてばっかりで、ちっとも厳島神社にたどり着きません。。。

(写真は、後日、アップします。)

神社にお参りして、石亭の御亭主の描かれた地図のおススメスポットなどを散歩して、またフェリーに乗って、うえのさんに戻ります。

ここまで石亭から車で迎えに来てくださるのです。

おなかがパンパンマンなのに、チェックインのウエルカムのお菓子までいただき。。

その後、大浴場に行って、帰りにラウンジによると、日本酒の利き酒をされていて、ここで好きなだけ、日本酒を飲むことができます。

ここで日本酒を選んで、夕食にお願いできるわけです。

好きなだけ、と言っても限界がありますし、ちょびっとずつ、全種類いただいて、晩御飯です。

もちろん、最後の穴子飯もたいらげ、夜の散歩のあと、ラウンジによると、おしるこがふるまわれるのです。。。これも、いただいてしまいました。。夜遅くに。。

次の日は、朝から朝食をしっかり食べて、もちろん、白米も。

あまりの食べ過ぎで、夜中におなかが痛くなって、この痛みは、食べ過ぎなんだろうな。。。と思いました。

痛くて、夜中に2回目が覚めました。

でも、朝食はしっかり食べて。。。

その後、チェックアウトして、広島市内に向かいます。

路面電車に乗って、三越へ。

三越では、白鳳堂の熊野筆を買うためと、柑橘類を買うためです。茶の環(もみじまんじゅうの種類です)もね。

まずは、白鳳堂へ。

対応してくれた女の子が、おそらく20代前半。22,23歳っていうところかしらん。

ものすごく美人!

美人というよりは、モデル並みの美女でした。

仕事柄、綺麗な女性はよく見ますが、ホントにモデルみたいでした。

メイクに隙がないというのもありますが、そんなの、化粧品カウンターに行ったら、全員隙はありません。

でも、根本が「美女」なんだな~。

ブラシを買って、一応、「どこのお好み焼きがおススメですか?」と、かなり困る質問をしました。

「そうですね。。お好みが分かれると思うんですが。。ここから近い、お好み村に行かれてみては?」と模範解答。

お好み焼きは、三越からも近い、八丁堀の、「みっちゃん 八丁堀総本店」に行くつもりでしたが、時間があったので、せっかくなので、「お好み村」に。

観光地に行くと、ラーメン博物館みたいな、有名店が集まっている場所って、ありますよね。

でも、有名店でも、観光客用に、ちょっと手を抜いていたり、本店と味が違ったり、地元の人は行かなかったり、とあまり期待していなかったんです。

ところが!

行ってみると、行列しているお店があります!!

なんと!「八昌」です!!

ガイドブックで見て、この「八昌」に一番行きたかったんですが、実は、八昌が昼間はやっていなかったので、(新幹線の時間もあり)、あきらめて別のところを探していたんですね~。

こんなところにあったとは!!くう~、勉強不足でしたっ!!

白鳳堂の店員さん、ありがとう!!

早速、並びます!

でも、実は、おなかはパンパンマンで。。。

並んでいる間に、もうちょっと空くとしても、どう考えても、一人で、1枚、絶対無理。。。

でも、なにか2つ頼まないと、お店に悪いので(飲み物は頼みますが)、イカ焼きと、お好み焼きデラックス(生イカ 生えび入り)にしました。

それで、2人でシェアです。

作るところをずっと見てましたが、中の具の麺が、軽く2玉は入っていますよね。。。3玉。。。?

絶対に、1玉ではない。。

完成したお好み焼きを見ても、ものすごい大きさです。。。

女性は、連れの男性に食べてもらったり、子供はお父さんが最後に食べていたりしてました。。

みんな、食べても食べてもなくならないので、結構食べるのに時間がかかります。。

広島の方は、女性も、これ一人で召し上がるんですか・・?

炭水化物の量。。きゃべつも多いけど。。

実は、私、焼きそば大好きで、しかも麺の多い焼きそばが好きです。

(炭水化物が好きだから)

家でする時は、それではいかんと思って、キャベツやら人参やら、ニラやらもやしやら、野菜をたくさん入れるんですが(豚肉もイカもね)、そしたら、野菜や具の中に、麺が混ざっている状態になって、満足度が下がります。。。

糖質制限をするようになってから、焼きそばはめったに食べなくなりました。

家でもやらないし、外でも食べないし。。

ずっと食べたい食べたい、と秘かにず~っと思ってました。。。

それが!!今回の広島のお好み焼きで、信じられないほどの大量の麺を食べることができて、幸せ~♡

(当分、食べたらダメですよね。。)

帰りの新幹線の中では、石亭ご自慢の桜餅を銀つばをお願いしていて、それを食べちゃいました。。。

帰ってきてからは、晩御飯に、これも石亭でお願いした、うえのの穴子飯弁当。。

(注文しておいたら、チェックアウトの時に、いただけるのです)

おなかは、過去最強なくらいのパンパンマンに。。。

さすがに、胃薬等々、飲みました。。。

今日、体重を測ったら、卒倒しそうでした。。。

旅行に行くまでは、なんとか食べても、現状維持を保っていたのに。。

体脂肪率も、いいところまで行っていたのに。。。

あああ。。。今日から必至で頑張らねば!

(と言いつつ。。買ってきたもみじまんじゅうも食べなきゃいけないし。。。

いや、食べないといけないことはないんですが。。。)

なんとかしますっ!!

天橋立の蟹料理を書いていないままだったので、蟹の季節が終わる前に書いておきます。

天橋立の文殊荘松露亭さんに泊まってきました。

http://www.shourotei.com/08/index.html

P1170956.JPGチェックインの手続きをするお部屋です。

P1170958.JPG(たぶん勘七茶屋の)お菓子とお抹茶でおもてなし~。おいしい~♡

P1170959.JPGお部屋からの眺めです。

天橋立がすぐ目の前です。

ゆっくり温泉に入って、いよいよ晩御飯です!

P1170962.JPG前菜の季節の7種盛り

P1170964.JPG日本酒飲み比べ~。好きな種類が選べました。

ここはやっぱり、伊根町のお酒ですよね。「ええにょぼ」

P1170965.JPGお造りと蟹刺しです。薬味に一工夫あって、私はあまり蟹刺しって、あんまり好きじゃないんですが、とっても良かったです~。

こんな食べ方、初めてでした。これなら、蟹刺し、好きだわ~♡

この後は、蟹真丈のお椀でした。(写真を忘れました)

こちらのお宿特製の、蟹味噌フォンデュが出ました。(写真忘れました。。。撮ったつもりだったんですが。。。)

この蟹味噌フォンデュ、絶品です!

ちょっと濃いので、お酒を飲まない方は、ご飯にドリアみたいにかけたら、ムチャくクチャうまいかも。。

いいわ~。

P1170966.JPGP1170967.JPGP1170968.JPG

いよいよ焼き蟹です!

そうそう、お料理にとりかかられる前に、今日の蟹です、と蟹を見せに来てくださいました。

その日の仕入れの状況で、蟹が変わるそうで、この日は、香住の漁師さんの蟹でした。

捕っている魚場は、間人蟹の魚場と近いそうです。

日本海の蟹は、地名で名前が変わりますが、基本どれもスズワイガニなんですが、プランクトンの関係で、やはり微妙にそれぞれ蟹の味が違うそうです。

こちらの蟹酢も、一工夫されていて、私は、普段蟹酢は使いませんが、余った分も飲んじゃいました。おいしかった~!

P1170969.JPGのサムネイル画像蟹しゃぶしゃぶです~♡

そのあとは、ぞうすいです。完食したので、(こちらのコースは、量が多いから)ビックリされました。。。

P1170972.JPG朝のおめざです。松葉のジュース。さっぱりしていて、とってもクセになる味でした。

朝のお風呂に行ったら、

P1170973.JPG朝ごはん~♡

P1170974.JPG湯豆腐も~♡ 豆乳仕立て(だったと思います)おしかったです~♡

食べ過ぎて、おなかパンパンなのに、デザートまで朝からくださいます。。

P1170975.JPGくずきりなんですが、冷たくて、蜜もおいしくて、でもスッキリしていて、いくらでも入っちゃう~。困ります~。

チェックアウトで荷物を預かっていただいて、天橋立ビューランドやお土産屋さんをぶらぶらみて、雪が降っていたのが、雨に変わり、宿に荷物を取りに戻ったら、駅までお送りします、と送ってくださいました。

ホントに、こちらのお宿は至れり尽くせりで、いいわ~。

みなさん、とても親切で、ご飯もおいしいし、京都駅から1本でいけるし、駅からも近いし、私毎年蟹はこちらでお世話になろう!と決心しました。

(勘七茶屋のあんころ餅がとてもおいしい!)

地物活松葉ガニのフルコースにしなければ、お得なコースもあるようです。

夏もおいしそう~。

雪が降らなかったら、車で、伊根町とか周辺も回ってみたいです。

また、違う季節に、絶対来ようと思いました。

まだ蟹の季節ですよね。

予定が合えば、こちらのお宿は、ホントにおススメです。

神社へのお参りが済んだら、今度は、傘松公園へ。

傘松公園というのは、ケーブルカーに乗って、山を上がっていったところにある、展望台のある公園です。

天橋立に来たら、ここに来て、股からさかさにのぞくのが、お決まりのようです。

P1170940.JPGやっぱり、綺麗ですね~。お天気も良くて、よかったです。

P1170944.JPG股から、さかさにのぞいて、写真を撮りましたが、単純にカメラをさかさにするか、撮った写真をさかさにすればいいだけのことに気づきました。

(風情はないですが。。。)

どうですか?

龍が天に昇って行くように、見えましたか?

 

P1170943.bmp公園にいた、キャラクターの「かさぼう」

私個人としては、ふなっしーが好きです。去年、もっとTVでふなっしーを見ておくんでした。。。(今年は、活動は、ゆっくりされるんでしたっけ?残念。。。)

かさぼうを撮っていると、スタッフの方が、写真を撮りましょうか?と声をかけてくださいましたが、こんな年でキャラクターと一緒なんて、恥ずかしくて、お断りしちゃいました。。。

(写真で切れているのは、その場にいた、どっかの子供です。私ではありません。かさぼうの周りは、ちょっとだけ、人だかり。)

 

翌日は、向いの文殊にある、天橋立ビューロランドという、これまた、展望台のある、公園(と、ミニミニ遊園地)に、ケーブルで行って、天橋立を見てきました。

こちらは、リフトも、冬でも乗れます。(寒い。。。 すぐに乗れるので、その分、早いですけどね。)

翌日は、ちょっと雨で、降ったりやんだり。

宿で傘をお借りして、ビューロランドに行ったんですが、頂上についた途端、というか、標高が上がっているせいもあるのか、雨は、雪、というか、猛吹雪に!

なんも見えん!真っ白!! 

P1170993.JPG。。。寒い。。。

P1170994.JPGせっかくの、天橋立が。。。ケーブルカーを待っている間も、ムチャクチャ寒い。。。かといって、リフトに乗るのは、この寒さと吹雪と、高所恐怖症の私には絶対無理!

(60~70代とおぼしきオジサマ・オバサマ方が、この吹雪の中を、リフトで、降りて行かれました!元気ですね=!!)

 

ウワサによると、傘松公園よりも、こっちからの眺めのほうがいい、ということらしいですが、向きが違うので、どちらもいいです。

せひ、両方見られることをお勧めします!

P1170998.JPG帰りのケーブルの中ですが、ちょっと晴れてきました。

やっぱり、標高の問題?

(ちょうど、雲がすごい勢いで動いてましたが)

天橋立の海岸は、砂洲で、三角形に浸食されているのが、こちらからだとよくわかります。

こちらのビューロランドは、お天気がよければ、ちょこっと遊ぶところがあるので、春~秋には、とてもいいんじゃないでしょうか。絶景の中で、遊べますね。

今度は、お天気の良い日に、ぜひ!

次は、いよいよお宿です。ごはんもね!→続く

 

 

 

P1170929.JPGいよいよ、元伊勢籠神社へ。こちらの神社はなんと!伊勢神宮のふるさとだそうで、この地から、神々が伊勢に移られたそうです。

P1170930.JPG入るところの、狛犬。重要文化財(だったと思います)でした。

P1170952.JPGお手水場で、手と口を清めたら、いよいよ中でお参りです

神社の歴史を感じます。

なんか荘厳な感じがしますね。

寒いから感じるのではなく、空気が張りつめたような、でも、緊張感とはまたちょっと違う、特別な空間にいるような感覚。

この空気、好きですね~。とてもいい気持ちです。

本殿でお参りが済んだら、次は、真名井神社へ。

P1170935.JPG籠神社の裏側を抜けて、民家が並んでいる通りを抜けていきます。通りの突然鳥居が見えて、その坂を上がっていったら、奥宮 真名井神社です。

籠神社よりも、さらに神聖な感じが。。。標高が上がったから、というよりも、やはり温度が下がったと思います。さっきより、緊張感が漂います。

P1170937.JPGこれより奥は、一切撮影禁止です。

写真には撮りませんでしたが、「天の真名井の御神水」と言われている、湧水があります。

業者らしき人が、山ほどポリタンクを持って、水を汲みに来ています。

お酒を作るのか、なんか作ってるそうです。

(*業者さんは、1組だけではありません。何組もいました。)

湧水を大量に組む人は、別のところが用意されていて、昔からある湧水のほうは、参拝者の方が、手や口を清めるのに使ったり、ちょっといただいたりするようなんですが、こっちまで、業者さんが占拠していて、ちょっと勘弁してほしいです。。。

(参拝者を見たら、「どうぞ」とゆずってはくれますが、横で容器を持ったまま、待たれているので、水を楽しむのも気を遣います。

私は、お清めだけして、水を飲まなかったので、帰りによって、水をいただこうと思ったら、まだ、さっきの業者さんが水を汲んでました。。。まあ、お清め用の湧水ですから、そんなに効率よく大量に水は汲めませんからね。)

 

真名井神社には、彦火明命が丹後の地に降臨され、元初の神、豊受大神をお祀りされたそうで、とても神聖な神社だそうです。

本殿の後ろに、参道から隠すように、磐座があります。

というか、磐座が参道から丸見えにならないように、本殿を造った、というほうが正しいのかもしれません。

この磐座は、豊受大神と天照大神・伊射奈岐大神・伊射奈美大神が祀られています。

奈良の三輪神社と同じように、お山も御神体のようでした。裏山全体が禁足地のようです。

そのためなのか、やはり神聖な場所でもあるためか、パワースポットとしてかなり有名だそうで、心無い人が来て、磐座や禁足地を荒らすので、本殿から柵が作られ、入っていけないようになってました。

宮司さんとか、どなたかが常時いらっしゃるわけではないので、やりたい放題荒らされてしまうようで、柵を造られたようです。

 

禁足地を荒らしたら、ほんとにバチが当たると思います。ウワサ通りのパワースポットであれば、あるほど、バチがあたる力も強いのでは。。?

信仰心がなくても、神社に足を踏み入れた以上、信仰されていらっしゃる方々が大事にされている場所ですから、踏みにじっちゃいかんでしょ。

私は、どの宗教に入っているわけではありませんが、敢えて言うなら、八百万の神、日本特有の宗教(?)というんでしょうか。。。どこにでもなんにでも神さまって、いると思っています。

山の神・川の神・海の神。。。。

(それと同じで、レーザーの神様って、いると思ってます。レーザーの神様のおかげで、いつも、光・レーザー治療(RFもね)がうまくいくようにしていただいていると思っています。感謝です。)

磐座に、ホントに神さまがいらっしゃるのかどうかは、私にはわかりませんが、地元の信仰の厚い方々「がいらっしゃると言われるんだから、いらっしゃるんだと思います。

(柵から、ちょっとのぞけただけでしたが。)

 

せっかく来たので、籠神社と真名井神社のお札をいただきました。

(ちなみに、真名井神社の狛犬は、狛犬ならぬ、狛龍なのです。写真では小さくて見にくいです。。。。

天橋立は、龍の伝説がありますものね。

ちょうど、うちのクリニック(というか、京都の四条界隈)の氏神様である、八坂神社も、龍が棲む、と言われているそうで、ご縁がありましたね。)

神社を後にして、次は、傘松公園へ →続く

 

 

 

少し前の話ですが、1月の連休に、天橋立に行って来ました。

目的は、蟹です。

 

どこかに蟹を食べに行きたいな~、と、去年は、福井県の三国に越前ガニを食べに行って来ました。

去年の蟹も、すっごいおいしかったです。

でも、三国は、車がないと交通の便が悪く、電車の本数も少ないし(かといって、車の運転は、慣れてない雪道と土地勘もないと、ものすごく危ないと思うんです)、時間を潰すところも、ちょっと苦労したので、今年は別のとこで、と、ずっと行きたかった京都丹後地方に。

間人に行きたかったんですが、行き方を調べたら、天橋立駅から、まだ乗り換えて、お宿も駅から迎えにきてもらうかしないと、ちょと不便そう。。。

その点、天橋立は、お宿は駅から十分歩いていける距離で、しかも日本三景のひとつの、天橋立ですから、一度、ちゃんと見ておきたかったです。

子供の頃に、多分行ったような気がしますが、何も覚えていません。。

 

さて、京都駅から、天橋立まで、「はしだて」という電車1本でいけます。

約2時間ほど。1本でいいというのが、とても楽~♡

IMG_20140112_09163930.jpg

今回泊まったのは、文殊荘松露亭さんです。http://www.shourotei.com/

地元活松葉蟹フルコース三昧のプランです。

ずっと気になっていて、行きたかった文殊荘松露亭。

文殊名物の、あんころもち(赤福みたいなやつです。「知恵の餅」といいます)があるんですが、それの発祥のお店「勘七茶屋」が、もともとのお店のようです。

(このあんころもち、ムチャクチャおいしいです。)

松露亭を始め、他に2つのお宿があり、目的によって、お宿の種類を選べて、しかも駅近なので、とてもお勧めです。

 

こちらのお宿、新しくはないかもしれませんが、こじんまりとしていて、とても落ち着きます。

また、サービスがいたれりつくせりというか、駅から歩いていくつもりをしていたんですが、ぶらぶら街歩きをしながら。

宿へどうやって来られるか、お電話をいただき、「歩いていきます」と申し上げると、「天候も心配ですから、ぜひお迎えに参ります!」とおっしゃってくださり、車で迎えに来てくださいました。

11時半くらいに、天橋立について、宿で荷物を預かっていただき、その後、観光船乗り場へ。

(乗り場は、お宿からすぐそこです)

 

カモメのエサが売っていて、ミニかっぱエビセンでした。

それを買って、フェリーに乗り込みます。

カモメが一斉に船に着いてきて、どうも、かっぱエビセンが欲しいようです。

P1170917.JPGP1170918.JPGP1170928.JPGP1170927.JPGP1170920.JPGP1170919.JPG頭のすぐ上をカモメが一緒に飛んでます。

ヒトを襲ってはきませんが、ホントにすぐ上を飛んでいるので、頭に当たりそうに思っちゃいます。

(カモメがよけてくれているようですが)

てすりに止まっているのも、むちゃくちゃ近い!

かっぱエビセンを奪いあうように食べていて、おまけに、鷲まで1匹、寄ってきました。

鷲は、かなりデカいので、ちょっと怖い。。。

 

10~15分くらいで、文殊から、一の宮について、こちらには、元伊勢籠神社へ。

→続く

 

 

 

 

 

今日は、横浜シンポジアで開催された、日本美容抗加齢医学会に行って来ました。

昨日の土曜日からの移動です。

毎年毎年、紅葉の絶好の見ごろに、全然京都にいない、という有様。。。

桜と紅葉の季節は、何故か全然京都にいませんね。。。今年もまた、紅葉が行ってしまう。。。ううう。。。

昨日は、京都はすごい人で、河原町界隈は、えげつなく、観光シーズンに、あまりこっち側に来ないので、人の多さに人酔いしそうです。

人は、東京のほうが断然多いんですが、京都は狭いですからね、この狭いところに、ビックリするような人数が、一気に来られるので、完全にキャパオーバーです。

この季節、ちゃんとしたご飯を食べたかったら、ちゃんとしたお店で予約を前もって取らないと、ボッタくりの観光客用のいい加減なお店しか入れませんよ~。

 

いつも出張に行くときって、向こうの気候がわからないので、どこまでの厚着や薄着をしていっていいのか、また靴も毎回悩むところ。。。

土曜日は、会食のあと、横浜に移動です。

足元が寒いのはイヤなので、ウワサのサルトルのブーツを履いていくことにしました。

ところが!

新幹線に乗るのに、ブーツって!!

脱いだら、履けませんよね~。絶対、むくむし!

私は、こういう移動の時は、むくみを取る漢方を飲むんですが、これがよく効きます(というか、私の体質に合っているものを選んでいるので)。

飲んだら、ブーツは履けるかもしれませんがトイレにしょっちゅう行くのに、そのたびに、ブーツを履くのがメンドクサイ。。。

室内履きを持っていくのもめんどくさいし。。。

散々、考えた結果、やはりサルトルを履いていくことに。。。

漢方のおかげもありますが、先日あてたトゥルースカルプのおかげで、ブーツの中で、脚が泳ぎます~♪

信じられないっ!

私の持っているブーツは、ベルトがふくらはぎ周りを巻くようになっていて、バックルで止めるようになっています。

バックルは、3段階ついていて、もちろん、一番外側です。

。。。ですが!

二つ目のバックルで止めてた時もあり、ビックリ~!!

ベルトも、本来の位置よりも、下にずれてます(ゆるいから)!!

おお==!!

トゥルスカ、様様ですね~♪ いや~、ありがたいです~!

おかげさまで、無事に二日間、ブーツだけで過ごせました。

去年より、3キロも太ったというのに、いや、素晴らしいっ!!

さて、話を戻します。

春と秋は、学会だらけで、各学会からも、いろんな分科会が出来ていて、講演される先生方は、結構、かぶっていたりするんですが、主催されている先生方が、ちょこっと違う。。。

それで、分科会がたくさんできているのです。

そこに、さらに、企業主催のセミナーもあり、なんやかやで、セミナーだらけの、東京だらけ。。

ま、行かなきゃいいんですけど、時間があるなら、家の中がホコリにまみれようが、ぐちゃぐちゃになろうが、行こうと思ってます。

この冬も、急遽、3つセミナーを足してしまいました。。。

 

先日のセミナーは、一睡も居眠りせず、ずっとちゃんと起きていたのに、今日は、居眠りをしてしまいました。。うう。。。

溝口先生のご講演、いつもお昼ご飯が済んで、ちょうどいいころなんです、毎年。。。

溝口先生の前にも居眠りをしていて、「BLACK BLACK」を山ほど噛んだのに。。。

気づいたら、意識がなかったです。。。暖房も入り過ぎていて、眠気を誘います。。うう。。

 

各セミナーで知った、おお=!っという内容が山ほどあって、ブログに書くのに、全然追い付きませんね。。前回のも、まだ書いていないことがありますものね。

自分で整理するのにも、書く、というのはいいんですが、全然整理も着かないまま、次のセミナーに行く、という状態です。

いいのかしらん。。。

今日の朝一の講演は、肝斑についてでした。

学会でも超ご高名な先生方が、肝斑について、いろいろお話ししてくださいました。

(途中、またちょっと意識がなかったですが。。。うう。。)

今日、宮田先生がおっしゃってましたが、肝斑のレーザートーニングですが、「脱色素斑や肝斑の増悪などの副作用が出るから、肝斑にトーニングするべきでない」という意見も昨今出てきていることについて、例えば、Qスイッチレーザーにしても、炎症後色素沈着は起こるわけですし、反って、悪化することもあり、副作用のない医療なんて存在しないわけで、ようは、やり方や、そのあと、どう対処するか、患者さんに、ちゃんと説明していたのか、ホントに避けられないことだったのか(スキンケアなどちゃんと指導していたのか、確認していたのか)、などなど、そういうことをしているなら、肝斑のトーニング治療は、アリなわけで、頭ごなしに否定するのは、どうかと思う、とおっしゃってました。

確かにごもっともです。

というか、こうやって、学会で肝斑の発表をされている先生方であれば、ちゃんと説明されて、確認もして、トーニングをしていらっしゃるので、問題ないんですが、(というわけでもないのが、怖いところかもしれませんね。。。)

巷には、いい加減なところが山ほど溢れていて、同じ副作用でも、エライことになっていて、レベルが違うというか。。。なんで、こんなことに?!みたいなことが山ほどあるのです。

 

私も、将来的には、トーニングができるレーザーが欲しいですし、トーニングは、肝斑にしろ、他の色素病変にしろ、選択肢のひとつ、として、出てきます。

治療自体が悪いわけではなく、脱色素斑にしろ、最近では、これくらいの強さなら危ない、ということも徐々にわかってきたそうで、そういう発表もかなり増えてきました。

 

なんの治療でも、新しく始まったものは、日本人用の設定、というものが確立するまで、時間のかかるものがあり、比較的早く確立するものもあれば、時間がかかるものもあります。

特に、こういう色系、特に茶色系の治療は、日本人(やアジア人などの有色人種)は大変です。

また、日本女性は、総じて、みなさん、お肌を触り過ぎていて、自分で、どんどん敏感肌にしている、という恐ろしい国民性がありますから、他の人種よりも、超~敏感肌かも。。

こういう刺激の多い環境で、きついかもしれないレーザー治療をする、というのは、患者さんもドクター側も、ホントは結構大変なのです。お気楽に、簡単に、と思っていると、エライ目に遭いますよ。

トーニングに興味があって、(トーニングに関わらずですが。何の治療でもそうですけどね)クリニックに診察・カウンセに行くのはいいですが、他力本願な方は、止めておきましょう。

そういう方は、基本、光・レーザー治療は向いていません。他力本願な方は、手術とか、プチ整形系がいいんじゃないですか?

 

まあ、とりあえず、診察・カウンセに行ったとしましょう。

 

そこは、ちゃんと洗顔させて、お肌を診てくれましたか?

(洗顔させずに、カウンセをするクリニックがあるらしいです。。。何を診ているんだか。。。)

治療の説明は、いいことだけでなく、副作用や、治療する際の条件、こういうことをしないと効きが悪いとか、悪化するとか、デメリットの説明はありましたか?

貴女もちゃんとスキンケアをしないと、全く効かないどころか悪化する可能性が高くなる、という話がありましたか?

(特に、トーニングは、普通は、先にスキンケアや内服などのプレトリートメントが必要です。

一部のクリニックで、そこのドクターが信念を持って、そういうのなしで、いきなりOK!というクリニックがあると思いますが、そういう話もちゃんとされるはずです。

いいことだけ、言うクリニックは、おかしいですよ。)

治療になった時、ドクターが照射してくれてますか?

ナースがやってもダメではないですが、トーニングは、やはりドクターがいいと私は思います。

それだけ、副作用のリスクの早期発見が大事なので。

100歩引いて、ナースがするにしても、(看護師ですらない、エステティシャン、というのは問題外です。そんなところは、サッサとお金を返してもらって、二度と関わらないようにしましょう。)

処置前に、必ず、ドクターの診察がちゃんとありますか?

化粧を落とした肌を診ての、診察ですよ。

「変わりありませんか?」と聞かれただけではいけませんよ。

シミの治療って、最初に肝斑っぽくなくても、肝斑が隠れていた、なんtねことは日常茶飯事ですし、肝斑の治療をしていても、肝斑の再燃や悪化することもあります。

そんな簡単に行かない場合もあるんです。

たまたまかもしれないし、設定が強すぎるのかもしれないし、思った以上に、紫外線にあたっていたのかもしれないし、何か刺激があったのかもしれないし、新しく追加した化粧品のせいかもしれないし。。。

そういうことも、何かあったら、確認しないといけないわけです。それによって、設定が変わることもあるでしょう。

ナース任せのところ(ドクター、ノータッチ)というところは、止めておきましょう。

悪化していても、ドクターの診察なし、なんて、最悪です。

「肝斑、濃くなっているんですけど。。。」と担当ナース(エステティシャン?)に言ったら、「じゃあ、強くしておきますね。」(!!)と、最悪のことを言って、やるクリニックは、もう地獄に落ちろ、って感じです。

。。。なんで、肝斑悪化してんのに、強すんねん。。。

結果、どんどん、ひどくなるのは、当たりまえで。。。。

 

今、あげたことに、思い当たる方は、とりあえず、一旦治療を止めましょう。

(って、もうこんなの、治療じゃないですけどね。)

そして、ちゃんと、そこのドクターに診てもらって、ちゃんと聞いてください。

最初と話が全然違うけど、ということも言うべきです。特に、悪化のことを聞いていないなら。

(ただし、悪化のことも言われていて、自分ではスキンケアは全然できていないのに、文句言ったら、ダメですよ。)

 

「肝斑=トーニング」みたいな図式ができあがっていて、患者さんが軽く考えてしまっているのは仕方ないとして(そういう風に簡単に治る!みたいに、宣伝しているクリニックが多いので)、一番問題なのは、やるクリニック側が、軽く考えていることです。

金儲けの道具にしかしてないというか。。。

肝斑治療っていうのは、結構な真剣勝負ですよ。普通のシミとは、全然、性格が違うんですよね~。一筋縄ではいかない。。。

なので、患者さんにも、真剣勝負が求められます。

時間もかかるし、設定も、ひとつひとつが、これでいいのかな、と悩むこともあります。

だから、ちゃんとしたところは、患者さんのスキンケアができていないと、遅かれ早かれ、治療を断れますけどね。

 

他力本願の人は、そんあ魔法みたいな治療なんてない!っていうことをもう一度認識して、スキンケアからちゃんと始めてください。

おかしなことを全部止めて、必要なことだけしていたら、きっと何をするにしても、良く効きますよ。もちもいいし。

お金も時間も、節約できます。ホントです

 

 

 

 

この週末は、忙しかったです~。

11月17日に、抗加齢美容医療学会が東京であるというのは、ずっと前から決まっていて、行くつもりをしていましたが、その前日の16日に、私の母校である、奈良医大の皮膚科開講50周年記念の会が開催されることになり、開業して以来、全然、そういう会に出ていなかったので、これは出なければいけません。

今の私が、こうして開業して診療できるのも、この皮膚科あってこそ、です。

出ないわけにはいきません。

皮膚科が泌尿器科との合同の科から独立して、皮膚科学教室となって、50年です。

すごいですね~。

この皮膚科の中に、形成外科診療班、というのがあって、私は、最初、形成外科のほうに入局しました。

その後、皮膚科に入りなおしたんですが、先輩の努力あって、形成外科診療班は形成外科と、奈良医大の診療科目に上げられるようになって、さらにその後、「形成外科センター」が設立されました。

良かったです~。

 

場所は、奈良ホテル(奈良県奈良市)。

5時から特別講演会があり、6時からパーティです。

私が、クリニックの予約を制限かけるのを忘れておりましたので、5時の講演には間に合うわけがありません。

6時過ぎには、なんとか奈良ホテルに着きたいものです。

大急ぎで、近鉄特急に乗り、なんとか6時過ぎには着いたんですが、なんと!6時からご飯ではなく、まだ式典があり、ご飯は、6時40分からの予定。。。

8時の奈良発の近鉄特急に乗って、京都駅から新幹線に乗って、それでも東京駅に着くのは11時とっくに過ぎます。。。

そして、立食パーティだと思っていたら、着席のコース料理でした。。

ごはん、どれだけ食べられるかな。。。

(ごはんの心配しかしてません。)

 

全ての進行が何故か押し押しで、やっとごはんが始まったのは、7時15分過ぎ。。。

奈良ホテルのお料理、奮発されたようで、豪勢で、とてもおいしい!

。。。やはり、1本、遅らせよう。。

8時の特急はあきらめ、どこまで食べられるのか。。。

前菜2品、とりあえず、ものすごい勢いでたいらげました。

でも、宴会のコース料理ですから、一人早く食べても、次は出てきません。。。あああ。。

全部食わせろ! 全部、並べて~!!

(オーベン(上の指導医)だった先生が、夜行で行ったらどうや?全部食えるぞ、と。。)

次は、メインかと思いきや!

カブのクリームスープ!(おいしかったです)

あああ。。。。タイムアウト。。。ああ。。メインディッシュ。。。

教授にご挨拶だけして、タクシーに乗ったら、行きと違って空いていて、8時の特急に乗れました!

ありがとう!運転手さん!

 

東京行きの最終に近い新幹線って、下手したら、席ないかもしれませんよね?

ネットのJwestで、席を取っておいて、京都駅で発券するよう予約して、特急の中ではゆっくりと。

京都駅の近鉄出てすぐに、新幹線乗り場がありますから、乗り継ぎにも18分くらいありますから余裕です。

中途半端に(お酒を)飲んだり食べたりしましたから、お腹がすごい空いてきました。

こりゃ、京都駅で何か買わないと。。

(「食べない」という選択肢は、私にはありません。)

京都駅に着いて、新幹線の自動発券機のところに行って、「予約券の受け取り」を押して、クレジットカードを入れると、なんかいつもと知らない画面が。。。

「予約番号」とかいうのが出てきます。

「? いつもは、電話番号の下4桁だけど。。。どの番号?」と思って、入れると、「取扱いできません」って出ます!!

ケータイの予約画面を慌ててあけて、そこに書いてある予約番号を入れても、「取扱いできません」!!

これは、窓口か?!と思いきや、ものすごい人が並んでます!!

新幹線、出ちゃう~!!

 

改札に行って、ちょっとパニックになりながら、駅員の人にケータイの画面を見せると、

「あ~、これは、2階の機械じゃないと出せないんですよ~。」と呑気に言われて。。。

2階って、どこ?!

(伊勢丹のほうでした。伊勢丹側のみどりの窓口のところだそうです。)

 

エスカレーターをスーツケースをかかえて、ガンガンと登って、やっと発券機に!

またしても、「取扱いできません」!!

あ==!

パニックです!ちょっと!!

これではイカン!落ち着け~、落ち着け~、と自分に言い聞かせ(時間はまだ大丈夫だったんです)、もう一度ケータイの画面を見たら、電話番号の下4桁、間違ってました。。

自宅のじゃなくて、ケータイにしてたのね。。。

。。。落ち着かないとね!

 

またまたスーツケースを抱えて、エスカレーターをガンガン降りて、やっと新幹線の改札内に。

お弁当~!と見に行ったら!!

な~んにもありません!!

京都駅の新幹線のところって、夜9時って、あきませんか~?

。。。もう、食うな!ってことですよね。。?神様?

。。。運命に逆らうべく、ホームの売店で、チーズちくわを買って、東京までいただきました。。

明日は、痩せてるかしらん。。?

 

翌朝は、おなかペコペコで、朝食ブッフェは、何度もおかわりをし、普段は一応控えている炭水化物も(言うほど、控えていませんが。。。)死ぬほどいただきました。

おかげで、お昼ご飯のお弁当は、ちょっと残しました。。

それでも、ちょっと痩せたかしらん♪ (体重計にのってませんから、わかりません。希望的観測です。)

 

学会内容については、次回。

 

 

バリと言えば、南の島ですよね~。

ものすごい紫外線です。

気温は、京都のほうが暑かったです。

1回だけ、6時ごろに蒸したことがありましたが、それ以外は、湿度も低くて、暑いと言っても、今年の日本(京都の)の酷暑のことを思えば、全然快適でした。

でも、紫外線はかなりきついです。

 

ナビジョンのスキンケアプロテクトとアネッサのゴールドと(念のため白いのと)山ほどもっていきます。

それと、忘れてはいけないのが、「飲む日焼け止め」と異名を持つ「ヘリオケア」です。

 

まずは、飛行機の中です。

行きは、昼間の便で、5時過ぎにはバリに到着ですから、機内持ち込みに、日焼け止めとヘリオケアはかかせません。

ちょうどスキンケアプロテクトは、1本が100ml以内ですから、持ち込みOKです。

 

見逃しがちな機内の紫外線。。。。

ものすごく太陽に近づいているわけです。

まぶしくて、窓開けたままって、難しいでしょ?

もんのすごいんです。

関空まで、MKタクシーの送迎サービスをお願いしていたので、家を出る前にも、ヘリオケアもついでに飲んでおきます。

車なんて、360度窓ですからね、紫外線だらけです。

車の窓ガラスの紫外線カットなんて、信用なりません。

だって、実際、窓側の腕が日焼けしてませんか?

タクシーの中で、一度日焼け止めを塗りました。

 

飛行機が離陸して、落ち付いたところで、日焼け止めを塗り重ねます。

機内だけで、3回は塗りましたかね。私は、なんと!窓側でした~!!

(綺麗だけど。。。綺麗だけども!!ものすごい日差しです。。。

窓のカバーが下せるようになったら、速攻下します。

席を替わってほしいくらいです。

飛行機って、席を勝手に変わったら、ダメでしたっけね?

まあ、自分のペースで、窓の開け閉めができるから、まあラッキーでしたね。

ちなみに、帰りも窓側でした。。。

帰りのタクシーも、思いっきり、日向側でした。。。)

ヘリオケアも、途中で1回飲みました。

(ヘリオケアは、4時間くらいしかもちません。飲んでから、30分は効きませんよ。)

部屋に落ち着いたら、もう暗くなりかけだったので、塗らずに済みました。

翌日、どこまで暑くて、湿度があるのかわからないので、とりあえず、アネッサのゴールドを塗りました。

(私は、アネッサのゴールドを塗っても、あまり乾燥しないので。)

まあ、シャワーを浴びて、顔を洗って日焼け止めを塗るまでは、部屋の中は、カーテンを開けているので、紫外線だらけです。

これは、自宅でもそうですが、顔を洗うまで、日焼け止めは、家の中にいる分には塗りません。

朝日を浴びます。そんな長い時間ではありませんからね。ごそごそしている時間くらいなので。

でも、庭やベランダに出るとか、そういう時は、洗顔していないベタベタの顔に、いきなり日焼け止めを塗ってから、出ます。

 

さて、バリでは、家族は、日焼け止めも塗らずに、プライベートプールで泳いでいますが、私は、さすがに、全部支度してから、日焼け止めをほぼ全身に塗ってから、外に出ます。

 

ラッシュガードの上下を持ってきてますが、私はプールは、普通の水着で泳ぎたい派ですから、ラッシュガードは着ません。全身日焼け止めで頑張ります。

顔はかなりガードできても、全身のガードが甘くなりがち。。。

でも、水着や服の形がいかないなら、まあ、OKかな。普段、全然、日に当たってませんからね。

2日目は、朝食の後、エステだったので、全身日焼け止めを塗って、水着になって泳いだ後、水着のまま、エステに向かいます。

 

エステのスパルームは、大きな窓のある、大変眺めの良いお部屋でした。

アジアの高級エステに、よくあるパターンです。

こういう明るいところで、エステを受けるのって、気持ちいいですよね~。

アロマオイルで、全身(顔も含めて)、マッサージされますから、日焼け止めはおそらく取れまくり。。。

まあ、仕方ありません。この後、塗ればいいことです。

(また、エステの話は書きますが、ものすごっく気持ち良かったです~)

滞在中、ほぼアネッサゴールドでいけました。

心配していた乾燥もなく、これだけ塗ったら、乾燥してくるかな、と思いましたが、多分、バリの適度な湿度と、私の体の皮脂とで、なんとかなったみたい。

唇は、日焼け止めをしていないので、終わりのほうは、カサカサになってました。

(紫外線は、肌を乾燥させるのです)

翌日は、トゥラガワジャ川にラフティングです。

アユン川のラフティングよりも、時間が長いと聞いていて、前もアユン川のラフティングの時、太ももとか腕とか日焼けした記憶があるので、今回は、下に水着は来てますが、長袖と脛の半分まであるレギンスみたいなラッシュガードを着用です。

始まる前に、顔に念入りに日焼け止めを足して、貴重品(お財布とカメラ)を詰めて、出発です。

ここで、失念!

途中、休憩があって、ジュースを買ったり、写真を撮ったりできるんですが、日焼け止めは、先にゴール地点に届けてくれる荷物の中に。。。。

あああ。。。貴重品だけ持つように、と言われたから、財布とカメラだけ入れたけど、日焼け止めがなによりの貴重品でした。。。ううう。。。。

 

しかも!ラフティング前に、ヘリオケアを飲むのを思い出し、飲む水がないことに気づいて、ヒエ~っ!状態に!!

(朝一には、飲んでいるんですけどね。ラフティングは、2時間以上ありますから、飲んでおかないと。ホテルの部屋を出てから、もう3時間以上経っていますから、朝一のヘリオケアは、途中で効かないでしょう。)

貴重品を詰めている時に、水を探していたら、ミネラルウォーターのサーバーを見つけ、スタッフの方に、飲んでいいか聞くと、終わってからね、と言われ、ううう。。。と思っていたら、ペットボトルを売っているのか、冷蔵庫に入っているのが見えたので、買ってもいいですか?と聞いたら、よほどこの日本人は水が飲みたいのか、とわかってもらえたらしく、サーバーの水を飲んでいいよ、と言ってもらえたので、なんとか飲むことができました。ありがとうございます。ラッキ~♡

 

ラフティングが終わって、休憩所に行ったら、トイレの後、速攻で、日焼け止めを塗ります。

顔洗ってませんけど、そんなこと、関係ありません。

とにかく、塗る!

ふう~。。やっと塗れました。安心、安心。

 

なんとか、ビーチに行っても、プールで泳ぐ時も、わりと頑張って塗ってましたが、最終日に、思わぬ落とし穴が。。。

 

こちらのアヤナのスパエステには、「アクアトニックプール」という、世界最大だったっけ?(忘れました)海水のプールがあって、タラソテラピーもされているんです。

この1回(約2時間)利用が、JTBの早割特典で付いています。

(さすがJTBです。これ、結構良かったです。また、ぜひやりたいですね。早割で付いていなかったら、お金いりますから、やらなかったかも。)

 

最終日に予約したんですが、こちらのタラソテラピー、途中で、プールから上がって、日焼け止めを塗る、なんて、ちょっとできないプログラムでした。。。うう。。

まあ、やろうと思えばできるのかもしれませんが、大きなプールの中を、それぞれ順番に2分毎とか時間制限で回っていくのです。

なので、完全予約制です。

途中で、トレイは仕方ないとして、しょっちゅう、出入りしていたら、後からの方に迷惑がかかりますから、ぶっ通しで、プールの中です。。。

ううう。。。しかも、この日に限って、朝にへリオケア飲んだキリで、午後からすっかり忘れてました。。。あああ==!!

 

アクアトニックプールの予約が3時で、しかも普通のワンピースタイプの水着のみで、ラッシュガードも着てません。

これなら、ラッシュガードを着てくるべきでした。。ううう。。不覚。。。

3時から5時過ぎまで、西日とは言え、紫外線、強い。。。ううう。。。

 

焼けてるっ!絶対、焼けてるしっ!!

これは、帰ったら、ライムライトだわっ!!

シミになる前に、予備軍をやっつけねば!!と心に誓って、帰ってきました。

 

幸い、それほど、黒くなりませんでした。

体も、まんべんなくトーンダウンしているのか、あまり日焼けは、よくわかりません。

滞在中は、とにかく、夜には抗酸化剤(アスタリールとか)を飲みまくり、顔もアスタリズムを塗りまくり、アスタリズムが無くなると、ビタミンC美容液を塗りまくり(ビタミンCは、体もね)、で、乗り切れたかな。。?

エクイタンスも、滞在中から、顔中塗ってましたからね。

(普段は、顔中には塗ってません。)

帰ってきてから、体は、こういう時のための、デコルタージュシステムのハイドロキノンで、塗りまくりです。

残っていたのを、全部使い切っちゃいました。

早速、新しいのを買わねば!

帰ってからも、アスタリールとビタミンCとコエンザイムQ10とか、抗酸化剤とガンガン飲みまくりです。

患者さんの中には、「日に当たるのが怖い」と言って、家からあまり出ないとか、リゾートやアウトドアに行きたいけど、日焼けするから行かない、とい方がたまにいらっしゃいますが、ちゃんと日焼け止めさえ塗っていれば、どんどん行ったらいいんですよ。

人生、楽しまないと、なんのために生きてるんだか。

「日焼け止めも塗りたくないし、でも、紫外線の当たることはしたい」という方は、うちでは、シミの治療は一切お受けしてません。

他の治療は、火傷しませんから、まあ、好きにされたらいいですが(効きはかなり悪くなります。光老化が進むから。)、シミ治療だけは、治療が進まないどころか、火傷の危険がありますから、お金が無駄なだけでなく、火傷してシミがひどくなったら、本末転倒ですから、うちでは、お断りしてます。

 

ちゃんと、TPOにあった日焼け止めを選んで、状況によって塗り直しさえしていれば、毎日ゴルフに行こうが、ダイビングしようが、炎天下でテニスをしようが構いません。

どうぞ楽しまれてください。

(さすがに毎日、という方は、見たことありませんが。)

でも、人間ですからね、塗れない時もありますよね。

塗っていたけど、足りなかったみたい、とか、紫外線のほうが強かったとか、楽しくて塗るのを忘れていた、ということも、あるでしょう。

そういう時は、正直に、そうおっしゃっていただいたら、状況をお聞きして、ライムライトの設定を変えます。

(設定は、ケースバイケースで、全然変わりますから、必ず、正直におっしゃっていただかないと、これはできません。

普段から全然塗っていない方は、火傷のリスクがものすごく高くなるので、当分照射をお断りすることがあります。)

 

旅行やアウトドアの後に、顔が(ライムライトをあてる場所が)真っ赤っかになっていたら、ライムライトは当てずに、日焼けの最初の炎症が落ち着くまで、イオン導入をしたり、ジェネシスをする時もあります。ライムライトは赤みが引いてからです。

 

でも、赤みが出なくて、なんとなく黒くなった気がする、という場合は、シミの予備軍をやっつける設定にします。

うまくいけば、1~2回で、今回の旅行で出てきてるシミの予備軍はやっつけられるんじゃないでしょうか。

(顕微鏡で確認したわけではないですよ。あくまでも、患者さんの治療をしていて、経験からです。)

私も今日、クリニックに行って、ライムライトを当ててきました。

いつもと全然違う設定にして、当てるんですが、これくらいかな?と思って当ててみたら、思ったより感じやすく、さらに、設定を変えました。

自分で思ったよりも、シミの予備軍は溜まってしまったようです。

もう1回くらい、しておくほうがいいでしょうね。

予備軍減らしなら、1週間後くらい空けたら、やってしまっていいかもしれません。

(その方の肌の状態と、設定によります。)

ついでに、AC BODYをやりながら、タイタンとジェネシスもやってきました。

来週は、キュテラのセミナーと終わった後に、キュテラの10周年記念のパーティがあるので、お肌も戻さないとね。

むくみもタイタンで取っておきます。

戻ったかしらん。

ホントは点滴もガンガンしちゃうといいんですが、今日はできませんでした。

まあ、いいや。

こういう時の点滴は、やはりビタミンCをたっぷりですね。

お疲れモードもあるでしょうから、ニンニク注射もかかせません。できれば、プラセンタも。

欲張り点滴ですね。

回復は、やっぱり早くなりますよ。

 

まだこれから、夏休みを取る、という方は、気を付けて、行ってきてくださいね。

日焼け止めやへリオケアもお忘れなく。

もし、日焼けしてしまったら、どうぞご相談ください。

普段からちゃんとされている方であれば、きっとなんとかなると思いますよ。