プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 旅行



ソウルは地下鉄がかなり発達していて、ドラマでもよく地下鉄のシーン、ありましたよね。

タクシーは、ボラれたり、日本語がわからなかったり(もちろん英語も)するから、とあまりいい評判を聞いていなかったので、できる限り地下鉄で移動しようと、行く前には考えていました。

日本のタクシーで、まずボラれるって、ないですよね~。

まあ、知らない土地で、わざと少し遠回りされたり、止める直前にメーターが上がったり(仕方ない時もありますが、車を止めても、なかなかメーターのボタンを止めない運転手さんとか、ムカつきますね~)

タクシーに乗って、メーターをちゃんと使っているかどうか、開始のボタンを押したかどうかを確かめなくていい国って、日本くらいですか?

海外に行くと、タクシーに乗るって、いうのが結構ストレスというか、気が張るので、疲れますね。さあ、今から乗るぞ!みたいな気合い、入れないと油断していると、エライ目に合うことがありますよね。

でも、韓国に行った方にお聞きすると、やっぱり移動はタクシーのほうがいいよ、とみなさん言われ、渋滞に巻き込まれない限り、絶対タクシー!と勧める方もいらっしゃいました。

韓国に行った方は、ご存知ですが、ソウルには、「一般タクシー」と「模範タクシー」と「インターナショナルタクシー」の3種類があります。

一般タクシーは、初乗り2400ウォン、模範タクシーが4500ウォンでしたっけ?

(2400ウォンで、170円くらいでしたかね?模範タクシーの初乗りで、350円くらいだったと思います)

一般タクシーは、ハングル語のみで、模範タクシーは、日本語・英語OK(少しわかる程度のことも)で、マナーもちゃんとしている、インターナショナルタクシーは、日本語・英語全然OKで、無料通訳の無線もついている、という具合で、ガイドブックにもそう書いてありました。

現地について、最初は、ホテルからタクシーに乗っていて、ホテルからだと、ドアマンの方に日本語で言えば、ハングル語で言ってくれるので、安心して乗れますね。メーターをちゃんと使っているかは確認しましたけど。

そのうち、慣れてきて、模範タクシーでなくても、一般で全然大丈夫やん?、みたいになって、一般タクシーも、どんどん乗るようになりました。

(模範タクシーがいつも捕まるとは限らないので。台数も少ないし、観光客の多いところでないと、流しはなかなか見つかりません。)

一般タクシーでも、ホテルの前で待っているようなタクシーの運転手さんは、日本語もめっちゃできるから、結構安心してたんですね。

どのタクシーも、みなさん、ちゃんとメーター、使ってますしね。

夜に、明洞から広蔵市場に行くことにして(麻薬ノリマキを食べるためです。麻薬ではなく、クセになる、ということで、麻薬ノリマキと呼ばれているそうです)、でも、市場も広いし、夜だから、わかりにくいだろうし、でも、市場の西の門から入ればすぐ、と載っていたので、これは、模範タクシーで、日本語で言うほうがいいな、と思いました。

幸い、明洞は、一番の繁華街なので、模範タクシーがうじゃうじゃあります。

それで、模範タクシーに乗って、地図を見せて、日本語で言うと、全く通じません。相手は、ハングル語しか話さないんですね~。

すぐそばに、ウリ銀行があったので、「ウリ バンク」と言えば、わかると思ってました。(だって、大きな、英語の看板出ているし)

日本語が通じないから、英語でも言ったり(これも全く通じません)、地図を見せて、「ここ!」「ウリ バンク」と言っても、全くダメ。。

なんで、模範タクシーやのに、アカンねん。。と思い、タクシーを変えることにしました。

そしたら、お客を取るタクシーにも、それぞれ順番があるみたいで、(乗り場なんかないんですよ)運転手さん同士、秩序や決まりがあるようです。

私たちが出発せずに、降りてきたから、「どうした、どうした」みたいに、周りの模範タクシーの運転手さんが、みんな寄ってきて、ハングル語で、わわわあ~、と言われます。

誰一人、日本語話せません。。。

で、また地図を見せて、「ウリバンクのところ」「ここ!」と日本語・英語で言うけど、全くダメで、そのうち、日本語のちょっとあやしい人が寄ってきて、「どこまで行きたいの?」と。

顔を上げると、ぼったくりタクシー(黒塗りのボックスワゴン車で、日本語OK、車体に書いてある自称タクシーです。これは、絶対乗ったらいけない、と言われてました。えげつなくボラれるらしいです)の運転手さんで、「捕まったら、とんでもない~!」と心の中で、ちょっとパニックです。絶対乗らないようにしなきゃ!でも、連れ込まれたらどうしよう。。とわけわからんこと考えている間に、この人しか日本語わからなへんし、と地図を見せて、「広蔵市場のここの西口の、ウリ銀行の、、」とまた同じ説明をしたら、最初の運転手さんに、ハングル語で、説明してくれました。

(いい人だった。。。)

それで、無事最初の運転手さんの車で、広蔵市場へ。降りる時に、おつりの端数(100ウォン)まけてくれました。(お詫びのようです)

で、降りたら、確かに、広蔵市場なんですが、ウリ銀行がどこにもありません。。。

広蔵市場は、場所によって、売っているものが違うので、何を売ってるかで、大体の場所がわかるんですが、ここ、全然違うやん。。。オジサン。。。(やっぱり、わかってへんかった。。)

広蔵市場のどこでもいいなら、最初からもめへんよ~。

私が行きたいのは、西口~!もう~。市場の地図が入口にかかってるんですが、もちろんハングル語で、全くわかりません。。

とりあえず、中央(らしき場所)まで行って、多分こっち、というところを彷徨い、無事ノリマキのお店にたどり着きました。。

あ~、よかった。。

でも、模範タクシーで、誰も日本語も英語もわからへんにゃったら、倍のお金出して、模範探すことないやん?もう、一般でいいやん、となりました。変わらへんやん、と。

ところが、まださらに!変わったんですよね~。

市場の帰り、まず模範は捕まりません。もう、一般で帰るつもりだったので、タクシーを拾って、ホテルの住所がハングル語で書いてある地図(ホテルの方がくれました)を見せたら、その方、字が読めなかったんです。。。

ホテルの名前で、なんとなくどこかはわかったみたいなんですが、道を間違えて、曲がらないと家k内ところで、曲がらなかったため、いつまでたっても、ホテルに着きません。。。

ソウルの道路は左折が全然できないところがあって、ひどい時は、延々と通りすぎてから、やっと左折、ということがありました。

結局、その辺の方に聞かれて、やっとホテルへ。。

う~ん、字が読めない方はいるとは考えつきませんでした。。

そういえば、ガイドブックに、ちらっと書いてあったような。。

韓国は、格差がきつい、というのも聞いたことがあります。

日本のように、誰でも字が読んで書ける、という教育が、全国民になされている、というのは世界でもやはりめずらしいんですね。

ありがたいことです。義務教育のおかげですね。日本って、素晴らしい!

(最近は、高校生や大学生でも、漢字が読めない・書けない、というのはありますが、これは、本人の問題。漢字が読めない・書けないのに、なぜ大学に受かるのか、その大学で一体何を学ぶのか、不思議ですね。それは、ホントに大学なんでしょうか。そういう大学生が存在するのも、世界中で、日本だけでしょうが。。。)

それ以来、もうとにかく来たタクシーに乗りますが、乗る前に、窓から、言葉や文字が通じるか、確認してから乗るようになりました。(メジャーなところの行く時は、いいんですけどね)

東大門から乗った時は、字が読めない方が続いて、3台ほどタクシーを見送りました。

その時、結局乗れたのは、模範タクシーで、「日本語OK」と車体に書いてありました。

模範タクシーって、なんなんでしょうね。。。

その次の日、ホテルの前に、インターナショナルタクシーが止まっていて、ドアマンのオジサンが、「今日は、こちらを予約しておきました」と言われました。

日本語もネイティブなくらいお上手で、しかも料金は、一般と同じです。。

何じゃ、そりゃ~!

ますます、模範タクシーの謎が深まるばかりです。。模範タクシーの権利を買うことができるのか、疑ってしまいました。

(京都の個人タクシーも、権利、買えるんですよね?ホントは長年勤めた優良ドライバーの方にだけ、許可が出るものと思っていたんですが。。若い方が個人タクシーされていたりするので、聞いてみたら、そういうことを言われてました。)

カンジゃンケジャン(渡り蟹の醤油漬け)を食べた帰り、明洞に帰るのに、一般タクシーを乗ったんです。

結構距離があるのはわかっていたんですが、ふとメーターを見ると、結構上がってます。

高いな~、と思ってみていると、メーターがものすごく速く上がっていってます!

絶対、おかしい!今までも長距離乗ったけど、こんなに上がったっけ?というくらい、急ピッチで上がっていってます!

「そのメーター、おかしくないですか?」もう、ハングル語わかんないから、とにかく日本語で言いました。

運転手さんも、メーターのことを何か言われるとは思ってるんでしょうが、まあ、言葉つうじないですよね。

私もそのまま、日本語で、「メーター、速過ぎ!こんなに早く上がるの、おかしい!」

(これが、患者さんの言っていた、改造メーターか?!とあっちゃ~、と思いました)

でも、もうどうしようもできず、着いたら、普通に、料金取るし、(払うからダメなんでしょうが)、でも、くやしいから、「レシートください」と言ったら、これは意味がわかったようで、レシートくれました。

でも、これ持って、警察行ったからって、どうにかしてくれるのかな~?誰に言えば、いいんだろう。。

(チェックアウトの時に知ったんですが、ホテルのフロントに、「観光苦情協会」みたな、「旅行中にお困りのことがあれば、何でも相談・通報してください」みたいなことが書いてあるポスターが貼ってました。

ハングル語と日本語と英語(中国語もあったかな)で表記があったように思います。

韓国は、国をあげて(国主体の協会かどうか知りませんが、公的機関ぽいですね)、観光に力を入れておられるんですね。

日本はここまでしてないですよね?京都もこんなの、あるのかな?私が知らないだけで、あったら知りませんが、ここまで観光客のこと、考えていないですよね~?

京都なんて、観光に大部分お世話になっているのに、もっと観光客、大事にしなきゃ。)

タクシーにボラれた。。とちょっとブルーな気分で、過ごしていた時、ホテルから乗った一般タクシーの日本語ペラペラの親切な運転手さんにあたった時に、その時の話をして、「これ、ボラれましたかね?」とお聞きすると、値段と移動距離からしたら、「まあ、そんなもんです」と。

あ~、よかったです。。もう安心してタクシーに乗れます。(疑った運転手さん、ゴメンナサイ。。)

あやしいボックスタクシーで、メーターがついていないヤツ以外は、メーターがちゃんとついていたら、大丈夫ですよ、と教えてくださいました。

何かあったら、呼んでください、とお名刺くださいましたが、遠いところにいたら、どこまで呼んでいいのかわからず、結局1度きりでしたが。

でも、私も、もうちょっとやっぱりハングル語、勉強しないといけませんね。

せめて、東西南北くらい言えないとね。

やっぱり、現地の言葉を使うことで、地元の方と近づけますね。

次回、韓国に行くまでには、もう少しハングル語、勉強しますね!!リベンジっ!

このお休みをいただいたので、せっかくなので、どこか旅行にということで、ソウルに行ってみることにしました。

14年ほど前に、韓国の慶州で日韓形成外科学会というのがあり、口演で学会発表をするので、参加したんですよね~。学会が土曜日だったかで、プサンに移動して、プサンで1泊して帰ってきたので、韓国は2度目のはずなんですが、その時の記憶が全くありません。。。

学会発表は、もちろん英語で、質問も英語でされます。(実際、英語で質問され、何言われたのかわからなかったけど、こういうことかな?と適当に答えたら、後から他の先生に、全然違うこと、返してたよ~、と言われました。。。)

懇親会もその後の2次会も、韓国の先生がたくさんおられるので、会話は、全て英語でした。

(今からは、考えられないです。全部の会話についていけたわけではありませんが、もう、あの時みたいには、聞き取りも受け答えもできないな~。。)

学会は、一人で参加して、一人で、帰ってきたんですよね~。でも、全然、空港とか、機内とか、言語で困った記憶がなくて、一体、どうしてたんだろ。。

慶州の空港では、他施設から参加された先生方と合流して、慶州のホテルに、学会のバスで行ったのかな。。

慶州の湖のそばのホテルだったと記憶してますが、ホテルからはほとんど出てないし、知り合った先生が、オンドル式(韓国独特の、靴を脱いで、床に直接座ったりできる部屋です。床暖房ができて、日本人にもかなり楽だと思います)の部屋を取っておられて、色々韓国のことを教えてくださいました。

学会から、どっかの見学ツアー(お寺かな?全く覚えてません)に、団体で行って、次の日は、高速バスに乗って、プサンのロッテホテルにチェックインしました(日本語と英語です)。

他の日本人も先生もいらっしゃったし、チェックインの後は、ソウルの大学病院の先生が、車で、どっか遠くの焼き肉屋さんに連れて行ってくださって、その後は、カラオケもできるスナック?飲み屋さんで、夜中の2時頃まで、接待(というのでしょうか。。)

(韓国のおもてなしは、これでもか!というほど、徹底してするのが常識、とこの時に聞かされました。ホントかどうか知りませんが。)

全然、街に出てないんですよね~。移動だけで。だから、言葉が通じなくて困る、ということが全くなかったし、気にも止めていませんでした。

今回、ソウルに行くことにして、ガイドブックとか読んでると、地元の方々が行かれるようなところや、繁華街をはずれると、日本語も通じないし、英語表記もないし、ハングル語一色で、街中見渡しても、ハングル語のみって、自分が今どこにいるのかもわからないやん、とかなりビビってました。

調べたおいしい食堂って、まず日本語無理で、看板を探すにしろ、メニューを見るにしろ、ハングル語を覚えていったほうがいいな~、と思い、ほんの少しだけ勉強しましたが、本なしに、いきなり読むとなったら、やっぱり読めません。

いつも海外旅行は、個人で手配してました。

降雨空会社やホテルや部屋にこだわると、個人で手配したほうが安かったんですよね~。

でも、今回は、ハングル語が心配だったので、個人旅行ではなく、旅行社のツアー(ホテルと航空運賃と送迎がセットになってるだけのヤツです。)にしました。

シルバーウィークということもあって、早めに申し込んだつもりでしたが、結構いいのは、どんどんなくなっていて、ビックリしました。

やっぱり、韓国って、人気すごいんですね~。

ホテルも、日本人用にキレイだったらいいし、航空会社も特に指定ないし(安すぎるツアーが利用する航空会社は、ちょっとカンベンと思いました。独断と偏見ですが。。)、時間帯の指定だけできたらいいか、と思っていたので、ツアーのほうが安いかな、と思いました。

でも、後から考えたら、空港や日本人がよく利用するホテルって、英語や日本語通じるし、それをツアーで送迎ついても、関係なかったですね。。

ホテルと飛行機の時間帯を指定したら、結局追加料金が発生するので、個人旅行のほうが、もっと指定できて、安かったかも。。と最終日に気づきました。

ツアーのほうが安いと思いこんでいましたが、こだわらないのであれば、それこそ個人旅行のほうが安いんちゃう。。?(怖くて、調べてません)

まあ、金額はともかく、やっぱり個人で手配して、勝手に自分たちで動くほうが、時間の節約になっていいですね。

久しぶりのツアー(15年ぶりくらい?)で、すっかり忘れてました。

現地でも、日本語も英語も全く通じず、むこうはハングル語しかしゃべらないし、という時でも、お互いコミュニケーションをしようとするから、まあ、なんとかなりました。

英語もダメとなると、私は、日本語しか話しませんが、それでもなんとかなるんですね。

もうちょっと、ハングル語も勉強して行ったほうが、絶対楽しいですね。

字を覚えるほう時間を取っちゃって、話すほうは、「アンニョンハセヨ(こんにちは)」「カムサハムニダ(ありがとうございます)」「ネー(はい)」「アニヨ(いいえ)」「カジュセヨ(行ってください)」くらいしか覚えておらず、後は、本を見て話すか、日本語で言ってました。

英語圏だと、英語を話さないと、「こいつ、アホちゃう?」と思ってるんやろな~、と思ってしまうので、日本語は使わず、わからない時は、黙ってるか、適当にごまかすか、してましたが、日本語でも何でもいいから、コミニュケーションを取らないとダメなんですね。

どこの国に行っても、ガンガン日本語(ほとんど何故か関西弁)で話しているオバチャンとか見て、いつもスゴイな~、と思ってみてましたが、それが正解だったんですね~。

勉強になりました。

でも、どこの国に行っても、日本の素晴らしさを、いつも実感して帰ってきます。

日本の清潔・安全・サービス・丁寧さや親切って、ホントにスゴイですよね。

当たり前って思っちゃいけなかったんですね。

いただいた夏季休暇で、淡路島にあるじゃのひれドルフィンパークに行ってきました。ここはナント!いるかと一緒に泳ぐことができるんです!!他にも色々なイルカと遊ぶコースがありますが、お願いしたのは、イルカと一緒に泳ぐスイムコースです。

予約制で、コースが1日に6組ほどあり、1組は10人までとHPに書いてました。http://www.janohire.co.jp/dolphinfarm/dolphinfarm-top.html

イルカの体調により、中止になることもありますと書いてあったので、火曜日平日の朝一番に予約しました。

泳ぐ前に、イルカの写真を撮らせてもらいました。写真を撮らせてくださいとイルカにお願いしたら、おなかを出してそばを泳いでくれました(そんな気がしました)。カメラの性能があまり良くないので、こんな写真しか撮れませんでしたが・・・。

20100924_1.jpg

その後、ウェットスーツに着替えて、いよいよ水の中へ!ウェットスーツだけでも、スゴい浮力で浮くんですが、私は心配なのでライフジャケットをお借りました(これを着ると、足も浮いちゃって、水の中で浮くのに、慣れるまであせりました。足をバタバタすると、イルカは寄ってこないそうなので。普通に泳げる方は、ライフジャケットいらないと思います。インストラクターの方もそう言っておられました。)

イルカが立ち上がって握手してもらったり、背びれにつかまって、ひっぱってもらったり(スゴイ重労働です。イルカもかなり疲れるでしょう・・)海にプカプカ浮いている間をイルカが寄ってきて、すり抜けていきます。それを撫ぜてあげるんです!むっちゃ、賢いです。輪投げをとってきたり、ちょっとした芸なんかは、イルカにしたら、お茶の子さいさいって感じでした。ご褒美頂戴!と終わった後の催促も可愛らしいんですが、引っ張って泳ぐのは、体大丈夫でしょうか?

前日の連休は、1組10人とかあって、イルカは大変だったそうです。(人のほうも少ししかイルカと触れ合えませんよね、混んでると。)私たちの組は4人だけで、そのうち二人は小学生だったので、一番引っ張るのに大変なのは大人でライフジャケットを着ている私でした・・・。

1日中、イルカも働いているわけではないと思いますが、イルカの献身的な態度に少し感動しました。最後終わる時には、イルカが立ちあがって、手にキスしてくれました。話してること、全部わかっているかもしれませんね。

関西からはとても近いので、皆さんもよければ、一度体験してみては?イルカ3頭とイケメンのインストラクターの方がいらっしゃいます。他のスタッフの方も、皆さん気さくでとても親切でしたよ♪

おススメスポットです。

今日は、院内追加工事があり、休診日ですが、クリニックに来ております。その間に、ブログを更新しておこうかと思ったので、続けて更新していきますね~。

さて、8月7・8日に新宿であった日本美容皮膚科学会に行ってきました。都庁周辺に泊ったんですが、都庁を真近に見たのって、今回が初めてかと思います。ホテルの25階に居てても、まだ都庁は上にそそり立っており、見た瞬間、バベルの塔とか、バルセロナのガウディのサグラダ・ファミリア教会をなんか思い出してしまいました。もちろん、両方見たことはないので、勝手な独断と偏見というかイメージです。とてつもなく大きいような・・。まあ、都庁は石ではなくて、コンクリの塊でしたが・・。あまりのデカさといくつもだだっぴろく配置されていて、お金かかってますね~。東京都はお金持ちですね。こんなところに勤めたら、移動だけでも万歩計はどうなるんだろうと思ってしまいました。

東京に来る度に、首都であることのスゴさにビックリしてしまいます。人の多さにも!大阪とか確かに人多いですが、なんか多いの種類というかケタが違いますよね~。品川駅の改札前のような、あのデッカイ通路みたいなのは、関西にはありません。(人が全然いなくて、デッカイとことかはたくさんありますが)朝なんか、あの通路に全部人が埋まってしまいますもんね。人酔いしますね・・。

東京に来ると、お店が全然違うので、買い物も興奮します!新宿伊勢丹は、絶対はずせません!なんか日本一品数が多いそうです。今回は時間がなかったので、伊勢丹には少ししか居られませんでしたが、テーマパークみたいで楽しかったです。お菓子売り場はサイコ~です!

東京って、何でも売っていて、お金さえあれば、買えないものはないっていうぐらい売ってますよね。東京で、買い物をせずに見るだけって、かなりの我慢が必要です・・。幸い、太ったので、服は全然買わ(え)ないので、ほとんと服は見ていませんが・・。

7 / 7« First...34567