プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 栄養・食事



→①からの続きです。

 

大金持ちのセレブなら、もう湯水のように化粧品を買ってバンバン塗るにも一つの方法かもしれません。

 

それでも、私は、顔にたくさん、何個も何個も塗るのは勧めていません。

 

だって、たかが化粧品です。

(あえて、「たかが」と使いました。薬みたいに効くわけがないのに、という意味で。)

 

 

化粧品の役割は、いわゆる基礎化粧品として、肌の清浄(洗顔)と保湿と日焼け止めです。

その次に、メイクアップとして、ファンデーションや色物系を塗るかどうか。

 

 

たかが保湿に、シリーズがたくさんあったり、何個も何個も何個も何個も塗らせようとする化粧品会社って、私は信用できません。

せいぜい、保湿だけで言うなら、用意されていて、3個まででしょう。

 

化粧水、乳液、美容液もしくはクリーム。

 

 

メーカーがこの3種類を塗りましょう、と言ったところで、3種類とも塗る必要はありません。

 

要は保湿ができていればいいわけですから、いきなりクリームを塗ってもいいし、美容液でもいいそ、乳液のみでも化粧水のみでもいいんです。

 

アトピー体質で(でなくても)乾燥がひどいというなら、クリームっぽいものを塗ればいいだけです。

 

化粧水だけでは乾燥するんでしょう?

乳液でも乾燥するんでしょう?

クリームまで塗ったら落ち着くんでしょう?

 

だったら、最初から、クリームのみ塗ればいいのでは?

(詳しくは、私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」に書いてあります。ご参考に)

 

敏感肌用と言いながら、何個買わせたら気が済むんだ?!というくらい、勧めてくるメーカーやブランドは、私はおかしいと思います。

 

薬じゃないですからね。

 

薬でも、医薬品の保湿剤を、ローション基材、乳液基材、クリーム基材、と重ねて塗らせる皮膚科医はいません。

だって、保険が通りません。

 

どうして保険が通らないかというと、その保湿剤に入っている保湿成分「A」というものがあるとします。

その「A」の形状が、ローションなのか、乳液なのか、クリームなのか、基材の問題です。

 

患者さんが塗りやすいもの、実際塗ってみての実感、中に入っている添加物(医薬品でも入っています)の影響はどうか、などを診て、総合的に皮膚科医が判断する。

というか、それが本来の皮膚科医の仕事です。

 

 

「A」が効く成分であって、「A」の商品ばかり、何個重ねるねんっ?!っていう話です。

だって、それぞれの単独の含有量で、「効く」というデータが出て、承認されている薬なわけですから。

 

いくら同じものを重ねたところで、効かないものは効かない。

たくさん塗ったら効くというなら、同じ形状のものをたくさん塗ればいいだけの話です。

 

 

他院で、その「A」の医薬品を、ローション→乳液→クリーム、と重ねて塗るように指示されていた患者さんを診たことがあります。

 

化粧品の考え方を、医薬品に持ってきているわけです。

 

そんな医者がいることにかなりビックリしました。

その製薬会社がよほど好きなんでしょうか。。?

 

 

 

そもそも、本当に乾燥しているというなら、乳液やクリームでいいわけです。さらっとしたのが好みであれば、いわゆる美容液っぽいものでいいわです。

 

そこを、ローション、乳液、美容液、クリーム、と目的は保湿なのに、何個も重ねて塗らせて、買わせようとするのは、メーカーがたくさん売りたいからです。

 

だって、手には、ハンドクリームって1種類しか塗らないのにどうして顔は、何個も何個も塗るの?っていう話。

 

そんなことを真に受けて、顔に朝晩一生懸命塗っているのは日本人くらいで、欧米人は化粧水なんて塗らない。

 

本当に化粧水が必要なら、「ハンドローション」が販売されていないとおかしい。

 

 

水分を補給してその後、クリームで蓋をする、って、一体、いつの時代の話?って思います。

 

これだけ科学が発達しているんだから、たかが保湿です、なにか1種類塗ればいいわけです。

 

これ1本でいけます!という化粧品自体、もうかなり前からたくさん販売されているでしょう?

 

化粧水、乳液、美容液、クリーム、とたくさん塗れば塗るほど、そのたびに、それぞれの添加物が何個も何個も入っていきます。

3個塗ったら3個分、4個塗ったら4個分の添加物が入るわけです。

その中で保湿として「効く」のは、「A」なのに、「A」を入れるために、一体どれだけの添加物を重ねればいいわけ?と思います。

 

その入っている保湿成分が、「A」なのか、「B」なのか、「C」なのか、各社メーカーで違い、いくつか組み合わせていることもあるでしょうし、各個人によっても、好みも保湿される程度も違うわけです。

 

 

いくら同じものをたくさん塗っても、化粧水状、クリーム状と形状を変えて重ねて塗って、それでも乾燥する、ということは、その「A」ではダメだ、ということ。

もしくは、「A」だけでは足りないか。

 

「A」もいるし、「B」もいるのかもしれない。

もしくは、ステロイドや全く他のものがいるのかもしれません。あるいは、というか、必ず、塗り薬だけでどうこうなる話ではそもそもない。

(塗り方の指導、飲み薬などの必要性、他の日常生活、食事や睡眠などの確認が総合的に必要。)

 

違う成分(メインの効果を担う)のものを重ねて塗るのは、ありです。

 

それは医薬品でも化粧品であっても、ありだと思います。

 

 

わかりやすく言えば、

医薬品なら、保湿剤とステロイドとか。

(いいか悪いかは別にして。ステロイドと言っても、違うクラスのステロイドを同じ場所に混ぜたり重ねても意味がない。副作用ばかり出るだけです。)

 

化粧品なら、

保湿と美白とアンチエジング用とかね。

それぞれ違う成分や目的のものを重ねる。

 

 

 

同じ目的や成分のものであっても、重ねることに意味があることは場合によりあります。

 

例えば、保湿剤で、

顔の場合、Tゾーンは脂っぽいから、さらっとしたローションタイプがいいとか、目の周りや口回りはしっかりと保湿したいとか、頬っぺたは乳液程度にしておきたいとかね。

 

女性の場合、日によって、脂っぽさも違うでしょう。

過ごす環境によっても。

 

なので、化粧水や乳液や美容液、クリームと持っていて、自分で足し算、引き算をする、と言うのはありですが、化粧品のカウンターのオネーサンがそう言って勧めたから、何も考えずに全部塗っています、というのは止めましょう。

 

皮膚科を受診して、医者から言われた場合は、多くの方がそのまま信じて塗ってしまうと思いますが、医者だから絶対に正しいというわけではありません。

 

なんでも自分で、本当にこれが必要がなのか?ということを考えてほしい。

 

化粧品な、一度、それを止めてみる。

止めても大丈夫か様子を診てみる。

止めても、問題なければいらない、ということ。

 

 

ただし、薬の場合は、逆に調子が悪いとか、指示がない限りは勝手には止めないこと。

勝手に中断して悪化する場合があるからです。主

治医に相談するなり声をかけてから止めましょう。

 

疑問に思ったことは、ちゃんと聴くこと。

 

聴いたら、その必要性なりをちゃんと説明してくれる医者を選びましょう。

(ちゃんとメモしておくなり、聴いたなら役立てるとか、なにか行動にはうつしてくださいね。

聴けと言われたから、聴くよう小耳にはさんだから聴いてみただけ、私が興味があるわけではない、というなら何の意味もないです。

 

患者さんの熱心さというのは、相手=医者には伝わります。

それをめんどくさがる(あるいは説明できないから)医者はおすすめしません。

 

めんどくさがらない医者でも、聴くタイミングはちょっと見てくださいね。

ただ、何度説明しても同じことばかり毎回聴いてこられる場合もあります。

忘れておられる場合もあるんでしょうけど、不安で不安で仕方ないという場合。この場合は、さすがに忙しい時には、またか、となるでしょう。。他のアプロ―チをしてあげる必要があるんでしょうけど、忙しい時ほど、医者側にも余裕がないかと。。

 

 

聴きたいことは、最初に聴くこと。

 

もう体調や肌の状態を聴いて確認して薬も決めて、今後の検査や次回の受診など決めて診察おしまい、という最後の時に言っても、もうまた一からやり直している時間は、普通はありません。

そんなときに言い出しても、それは無理難題というものです。。。時間は無限にあるわけではないし、その質問で、話が全く変わって、処方する薬から検査から次回の予約から全部ひっくり返ることもあります。

 

あなたは、その聴いたことは、「はい」か「いいえ」の一言くらいで済む話と思っているかもしれませんが、そんな単純な話じゃないでしょう?

 

普通の3倍4倍の時間を取られるのに、それを最後にするのは止めてあげましょう。それは一番嫌がられますよ。めんどくさいのではなくて、忙しい外来のさなか、診察が終わった後から言ってももうこれ以上は時間がかけられないということです。

保険診療でも自費診療でも、時間には限りがあるんです。次の患者さんも待っていたり、次の準備があったり。

 

聴きたいことは最初に聴くこと。

忘れてしまう、というなら、ちゃんとメモして持っていきましょう。

 

 

 

 

すみません、ブログサボりがちで。。。

夜、もう晩御飯食べた後、きがついたら寝落ちしてまして。。。

 

フェイスブックとインスタはまめに更新しております。

フェイスブックはアカウントなしで読めますので、どうぞそちらもチェックされてください。

 

 

さて、アトピー性皮膚炎やアトピーっぽい方、乾燥肌の方、敏感肌の方のスキンケアの見直しをしましょう。

 

 

「アトピー性皮膚炎」などの湿疹皮膚炎が顔にいつもどこかに出ている、赤くなっている、かゆみがある、などのいわゆる「異常」な状態。医学的にみて、「普通ではない」、炎症(=赤み。かゆみや痛みを伴う場合が多い)がある場合、

 

その部分、まあ顔ですが、

化粧品を塗ってはいけません。

まともな化粧品会社は、化粧品のパッケージに、「お肌に異常がある場合使わないでください。皮膚科医にご相談ください」などが書いてあります。

 

化粧品は薬ではないし、そういう場所に塗れるように想定して作ってはいません。

 

 

でも、ほとんどの女性が、市販の化粧品を平気で真っ赤っかに炎症を起こしているところに塗っています。

 

その化粧品も、メーカーの自称「敏感肌用」の場合もありますが、ほんとに、なんでこんなものを?!というくらい質の悪い化粧品もあります。

 

 

化粧品で、はっきり言って、「アトピーも塗れる!」「アトピーの方におすすめ」なんて感じの宣言文句、あるいはそうはっきりとは書いていなくても、アトピーの人が使っても大丈夫、みたいにかなり思わせるような化粧品は、一番使ってはいけません。

 

まともな化粧品会社は、そんなことは書きません。というか書けません。

 

もし書いてあるとしたら、本当にちゃんとしたデータを取っている場合でしょうけど、取っている場合でも、あまり表には全面に出していないところが、本当のメーカーだったりもします。

 

 

何度も言いますが、赤く炎症を起こしているところに、市販の化粧品を塗ってはいけません。

 

中に入っている添加物が、仮にどんなにお肌に優しいと言われるものだったとしても、薬ではないので、ほんとに治る邪魔をします。

 

 

赤くなっていないところでも、「敏感肌用」と思っている化粧品を塗っている方もいます。

 

 

なにを根拠に、「敏感肌用」?

 

メーカーが勝手に言っているだけではなくて?

 

なにか根拠がありますか?

 

 

根拠はどこかに載っているですか? 口約束ではなくて?

 

 

 

成分表示が本当だと仮定していの話ですが(本当かどうかすら、わからないメーカーがあるから)、

確かに、それほど問題にならない成分で作られた、自称「敏感肌」のための化粧品、というのはあるでしょう。

私が把握していないだけで、たくさんあるのかもしれません。

 

 

でも、その中で、検証実験をちゃんとやっているメーカーがごく一部です。

 

入っている成分から、検証実験すらいらないくらいのもの(もうこれ以上減らすものがないくらいのシンプルな作りになっているもの)もあるでしょう。

 

 

その場合は、私が気にするのは値段です。

 

化粧品はほんとにいろいろあります。

 

 

そこそこのお金を出すなら、そこそこの効果(ほんとは化粧品では出せない。一部の医薬部外品のみ、証明して許可された内容について効果を言ってもいい)がほしいわけです。

コストパフォーマンスですね。

 

 

そこそこ使い心地も、「効果」っぽいものも良いとしても、値段と見合っていますか?

ということです。

 

 

ほんとにシンプルに、顔を洗って、保湿して、というだけであれば、お金はほんとにかかりません。

 

日焼け止めの安物は止めてもらっていますが(高価過ぎるのも止めてもらっています。いらない成分もたくさん入っていることもある)、

たかが洗顔と保湿に、そんなにお金をかけたいというのなら好きにされたらいいですが、アトピーっぽいとか敏感肌とか、はっきり言って、栄養が全然足りていません。

そんなお金があるなら、その分を食費や医療用サプリに少しでも回して、根本的に元気な肌を中から作ることに回してほしいわけです。

美容に興味があって、その分、レーザーなどに回すのも一つの方法ではありますが、皆さん、予算は限られているでしょう?

うまく配分しないと、時間とお金ばかりかかります。

 

自分のことはなかなか客観的に見られませんから、一度これ!と決めたら変えられないのかもしれませんが、その考え方の結果が今のお肌です。

 

なんとかしたいと思っているなら、少しでも効率よく、早く元気なお肌になるためにお金と時間を回してほしい。

 

保湿以外の医薬部外品などの一部の化粧品を私も勧めることはありますが、最低限のシンプルなスキンケアで、お肌が落ち着いてからです。

その後で、患者さんの予算に合わせての提案です。

 

 

洗顔と保湿だけであれば、そんなにお金はいりません。

(ちなみに、私は、洗顔は、純石けんだし、保湿はしてません。

アトピーや超乾燥肌の方には、純石けん洗顔は勧めていません。(詳しくは本に書いてあります)

それでも、1個何千円もする洗顔料は勧めていません。お金がもったいない。

そんなにかけなくても、ちゃんとお肌の汚れはお肌に負担をかけることなく落とせます)

 

→②へ続きます

 

 

 

女性セブン 

コロナ猛暑に勝つ最強魚ランキング 

最強シリーズ 

本日8月20日木曜日発売の女性セブンで取材を受けてコメントしております。

最強シリーズの魚編です!!

「コロナ猛暑に勝つ最強魚ランキング」です!!

買って読むべしっ!!

自分のコメントは確認しておりますが、記事全部は読んでいません。
楽しみです!!

週刊誌って普段読まないんですが、こうやって取材を受けた時、週刊誌を一通り読むと、はは~!と勉強になることも。
(情報の取捨選択は必要です)

実は結構役に立つ、良いことが書いてある場合もある。

誇張や都市伝説もあるので、ほんとに単純に楽しむか、本気で情報を得るなら、単独ではダメ。

ま、どちらにしろ、魚はほんとにおすすめです。

特に胃腸の悪い方。

お肉は無理でも魚はいける、という方が大半だから。

8月キャンペーンの追加のお知らせです。

患者さんから、8月のキャンペーンには、からだ系のことがあると思っていたのに、ない!!と言われましたので。。。

追加してみました。

追加したのが遅いので、こちらのキャンペーンは9月いっぱいまでとさせていただきます。

 

AC BODY 1回+高濃度ビタミンC点滴(副腎アンチエジング点滴)1回=¥11,000(税込み)

で受けていただくことができます。
(全くの初診の方が診察カウンセもなしでいきなりはできません)

 

ずっとついている保証はできませんが、
当院では、AC BODYや点滴の間は、だいたい医師である私がついています。

 

その間、診察を行っています。

 

その間の診察は、お肌のことでも体調のことでも食事のことでも化粧品のことでもサプリのことでもなんでもありです。

**顔やスキンケアの相談でも、このメニューでは洗顔をしての相談ではありません。

 

保険診療ではできないことをご相談できます。

 

 

 

夏で薄着になるから、からだのラインや少しでも脂肪をエネルギーに変えたい方もおられると思います。

 

また、コロナ禍で、私も含めて皆さんいろいろな我慢やストレス、なんとなく溜まっていませんか?

 

今までみたいに自由に過ごせない不自由さ。。。

 

う~ん。。。政府が2類感染症を外さない限り、今の状態は続くかと思います。。。

 

ストレスが溜まる=胃腸や肝臓に負担がかかる=タンパク質や油が食べられなくなって(吸収できなくなって)糖質に頼る=太るし、譲渡不安定になったり、からだもつらい=ますます糖質に頼る。。。=ますます胃腸や肝臓に負担がかかる。。

大なり小なりあるかと思います。

 

おすすめのメニューです。

今日、というか昨日発売の女性セブンに記事がちょことっと載っています。

 

今の時期、おすすめのお肉ランキングです!!

 

まだ中身全貌は観ていません。

楽しみです!!

遅くなってしまい、申し訳ありません。

また、最近、ブログが全然書けていません。。。

もう夜に晩御飯を食べると、動けなくって、気付いたらダイニングテーブルで寝落ちしていることもしばしば。。。

それならさっさと寝ればいいのに、とほぼ毎日思っております。。。

思っているけど、翌日、また気づいたら寝落ちした後なので、同じことの繰り返しというわけです。

 

 

さて、8月のキャンペーン、最初に書いた時がまたいつものごとく寝ぼけてまして。。。

その前の日に取材の原稿書いていまして、寝不足もたたったようです。。

 

また取材の分がいつ載るのか、言って良くなったらお伝えいたします。

 

 

8月のキャンペーンは、日焼け止めキャンペーンを付けようと思って、付けずにアップしたため、追加して修整しております。

もちろん、1日に受診された患者さんは、皆さん、キャンペーン適応にさせていただいております。

 

 

そして、お待たせいたしました。

スキンケア相談、肌荒れ相談、化粧品相談などのスキンケアでお悩みの方に、抗炎症作用のあるトラネキサム酸のイオン導入、プレゼント!!

(予約時に、希望の旨、お伝えください。当日、お時間が足りませんとできませんので、ご了承くださいませ)

 

 

いや=、ほんとに皆さん、いらん化粧品、つけすぎですわ。。。。

 

お肌荒れまくっている。。。

 

顔に、何個も何個も塗ると、どの化粧品にも添加物は入っています。

界面活性作用のあるものも、ほとんどのものに。

 

何個も塗ることで、どんどん界面活性剤でお肌がやられていきます。。。

 

まずは、減らすことから。

一番最初にしなきゃいけないのは、クレンジングを止めることですけどね。。

 

一番の界面活性剤が大量にはいっているわけです。

しかも、合成の質の悪いもの。。

 

何千円もする合成界面活性剤を買って3万円のレーザーはしても、3個300円の純石けんは断られますからね。。。

現世では分かり合えないのでしょう。。。

 

そのキメやツヤのなさ、赤みなどの原因が、今使っている化粧品だ、と気付けば未来は開けてくるんのですが。。。

 

 

日焼け止めも、SPF50が全部悪いとは言いませんが、まずは、化粧品の質です。

 

あんまり安いものは、勧めていません。特に日焼け止めは。安い=安物だったりすることが多い。

かといって、高い=良い日焼け止めでは、ないのgは難しいところ。

1個5000~10000円くらいのものね。いりませんね。

 

日焼け止めに、あまり付加価値を欲張って求めない。

 

欲をかくと、ろくなことがありません。

 

棚ぼたも普通ありません。

 

棚ぼたがあるのは、ちゃんとできている方の場合の相乗効果はあり得るので、それかな。。

 

 

 

途中で、キャンペーン、なにか追加するかもわかりませんが。。

 

 

 

 

 

 

 

 こちらもフェイスブックの続きです。プロテインつながり。

タンパク質 

どのプロテインがいいの? 

大豆タンパク 

乳タンパク

 メチオニン

 タンパク合成のスイッチが入らない

 効率が悪い 食物アレルギーになりやすい 腸で炎症を起こす カゼインタンパク ホエイタンパク プロテインスコア アミノ酸スコア 乳糖不耐症

プロテインについての続きです。

イラストは、オーソモレキュラー.jpさんからお借りしてます。

 

タンパク質がいろんなアミノ酸の集合体というのは昨日投稿しましたね。

 

どんなアミノ酸で、それぞれのタンパク質ができているのか、組成の割合は違います。

特に、大豆などの植物性のものと 、肉魚卵の動物性のものとでは決定的な違いがあります。

 

以前は、プロテインスコアという分かりやすいもので、タンパク質の評価をしたんですが、今はアミノ酸スコアというものに変わってしまい、
タンパク質の質としては、大豆も、肉魚卵と一見変わらない、
みたいになっています。

 

残念ですながら、大豆などの植物性のものには、メチオニンというアミノ酸が全然ありません。

 

動物性タンパクには必ず入ってます。

 

このメチオニンがないと、からだの中でタンパク合成のスイッチが入りません。

 

メチオニンは必須アミノ酸ですからね、人間がちゃんと生きていく上で、必ず必要になるものです。

 

大豆タンパクよりも乳タンパクのほうが優れている、
大豆のプロテインよりも、牛乳(ホエイなど)のプロテインが優れている、
と言われるのは、ここを知った上で、言ってるのかと思います。

 

 

うちで取り扱っているプロテインは、大豆が材料ですが、メチオニンが添加され、お肉とほぼアミノ酸組成が同じになっています。

もちろん、タンパク質はほぼジペプチドまで分解されているので、アレルギーも起こりにくい。
消化酵素も添加されています。
(それでも無理な方もいます)

 

じゃあ、牛乳や乳タンパクにする‼️
という単純な話ではありません。

 

牛乳や牛乳が材料のものには、カゼインというタンパク質が入っていて、こいつが腸で炎症を起こします。

 

お腹の元気な方がたまに摂るのはいいですが、毎日、しかも大量に、しかもからだに良い‼️と思って摂るものではないです。

 

乳製品には乳糖も入っていて、日本人のほとんどが実は乳糖不耐症とか。
自覚がなくてもね。

 

動物用の赤ちゃんのミルクって、乳糖抜いて作ってあるのは、ご存知ですか?

 

人間用のもしたら良いのに、と思いますが、きっと不味くなって売れないのかも…。

 

 

 

じゃあ、ホエイプロテインにする‼️
とまたまた単純に思わないように。

 

 

 

市販のプロテインで安いものなど、はっきり言って儲けるために作ってます。

 

ホエイプロテインと言っても、カゼインタンパクの混入はあります。

 

というかそもそも完成品(売っている商品)をそこまで測ってないし、カゼインフリーにするつもりもない。

そんなことをしたら、お金かかって仕方ないから、わざわざしません。

 

カゼインフリーでホエイプロテイン作るなら、医薬品と同じレベルでの製造工程とコストがかかります。

 

 

また、カゼインはとても美味しいので、抜くとなると、ちがうもので味をゴマカサナイトいけないため、質の悪いシロップなどを添加する…。

 

 

 

仮に、カゼインフリーのホエイプロテインで、砂糖やシロップもその他のいらない添加物も入っていない美味しいものがあったとします。

 

それなら、毎日たくさん飲んで良い?
とはなりません。

 

実際あったら、一体いくらするんだろうと恐ろしい話ですが…。

 

市販のホエイプロテイン自体、長いネックレスのままですから(昨日の話ね)、毎日飲んだら、いつ食物アレルギーになるのか、時間の問題です。

 

腸で炎症を起こすから、いろんな不調が来ます。

本人が、そのせい、と気づいていないだけです。

 

チーズ、ヨーグルト、牛乳をガンガン摂っていた方の腸を戻していくのは、ホントに大変どころではありません…。

 

胃腸の悪い方にまずしてもらうのは、カゼインフリーとはグルテンフリーですから。

 

市販のプロテイン、サプリは勧めません、というのにはちゃんと理由があるんです。

 

その人の好きにしたら良いですが、からだに良いと思って随分ガンガンやってました、では目も当てられません…。

とくに妊活は時間勝負ですから、そういう情報を確認もせずに人生観棒にふらないように。

切に願います。

こちらもフェイスブックのコピペです。さっきの大豆つながりの続きです。

 

イソフラボン

食事で摂る

サプリで摂る

イソフラボンで肝障害

きなこ

大豆粉

炒り大豆

エクオール

女性ホルモン様物質

朝の大豆の話の続きです。

ちょうどイソフラボンの話になったので。

朝、振るだけ振っておいて、そこまで話がたどり着きませんでしたね。

 

大豆食品は、イソフラボン目当てにたくさん摂ろう‼️と思っておられる方も多いかと思います。

 

食べ物で食事として摂る分には、消化吸収ができるなら、1日にたくさん摂ったって構いません。

 

たくさん摂ってもOK、というのは、普通の食べ方でね。

 

お豆腐、厚揚げ、がんもどき、豆乳、炒り大豆、きなこを使ったお菓子(血糖値注意)などなど。

 

おからもそうですが、普通の調理法では、そんなにたくさん食べられません。

 

そこがポイントでもあり、良いところ。

 

その方の消化吸収の範囲は、越えさせない、ということです。

 

1日にたくさん摂ってもいいですが、2、3日食べたら1日休むなどして、必ずしも食べない日を作ってくださいね。

食物アレルギーを起こしやすくなりますからね。

 

食べ物でイソフラボンを摂るのはいいんですが、
イソフラボンが女性ホルモンに似ていて、そういう風に働いてくれる、
ということがメジャーになってから、イソフラボンのサプリが巷に溢れました…。

今も?

 

サプリになると、水分は抜けてますから凝縮してますね。

またどうやって作ったのか、中身がわかりません。

パッケージの表示は、完成品測ってませんからね。

もちろん
市販のサプリのほとんどが添加物が入ってます。

 

 

女性ホルモンみたいに効く
アンイエイジング‼️
更年期障害‼️
美肌‼️
などの効果を期待されてますから、ガンガン飲む方、出てきます。。

パッケージの規定量を破って…。

 

 

過去に、市販のイソフラボンのサプリで肝障害を起こした事例があります。

 

イソフラボンの質なのか、添加物も関係してるのか、両方なのか、わかりませんけどね。

 

 

市販のサプリを飲む場合は、誰もチェックしてくれませんから、自分で責任取るしかありません。

 

お豆腐を1日20丁一度に食べる人はいないと思います。

お豆腐20丁食べても、おそらく肝障害は来ないけどあり、
サプリだと、20丁分摂れちゃうし、摂ることが可能です。

 

おからも水分抜けてますから凝縮して濃いので、気を付けたほうがいい。

 

おからばっかり大量に毎日食べるものではありませんよね。

 

毎日食べないように。

 

 

昔、おからクッキーって流行ったでしょ。

 

毎日食べすぎていて、大豆アレルギーになっていた患者さん、おられましたね~。

 

植物性のものは結構気を付けないとね。

市販のサプリもね。

 フェイスブックからのコピペです。

プロテイン

 きなこ 

大豆粉 

大豆 

お腹が張る 

イソフラボンで肝障害 

アミノ酸バランスが悪い 

栄養価は低い 

動物性タンパク質を足す

患者さんが、ヨーグルト(豆乳グルトでしたが)。きなこや大豆粉を入れて食べていたので、注意喚起です。

 

こういうことをされる方は、ホントに結構います。

 

 

お食事日記に書いていて、チェックできたら気づいて止めますが、チェックがなければ、
中には、それがとてもからだにいいことと思ってますから、止めないし、むしろガンガンやる。

 

人によったら、それを、牛乳のヨーグルトの大きいパック(500gですかね?)でやるので、発見された時は結構大変なことになっています…。

 

牛乳ヨーグルトでガンガンされると、胃腸を普通に戻すのに、莫大な時間とお金もかかります。

 

 

最近は、プロテインブームで、タンパク質の大事さに気づいたのはとても良いことですが。肉魚卵をあまり食べずに、市販の添加物まみれの質の悪いプロテインをガンガン飲んでる人も増えて、コンビニでもどこでも売っているからでしょうけど。

 

いつも患者さんにプロテインを売る時に言いますが、
「これは、お肉と一緒ですよ。
濃いのを一気に流し込んだら、お肉を一気に飲んでることと同じですよ。
最初は、薄めに作って、チビチビ飲んで様子をみてくださいね」と言っています。

 

覚えておられるかどうかは、また別の話…。

 

 

いきなり大量のプロテイン=タンパク質を摂っても、消化酵素がたっぷり持っていないと、消化できません。

 

図は、「オーソモレキュラー.jp」さんのホームページから拝借してます。

 

 

タンパク質というのは、真珠のネックレスのようなもので、一粒一粒が、いろんなアミノ酸でできています。

 

そのつながり方などで、完成したネックレスがそれぞれの違い、こいつは牛肉、あいつは卵、こいつはサンマ、みたいにわかるようになっています。

 

この長いネックレスのままでは吸収できませんから、消化酵素です短く切っていって、一粒~せいぜい三潰れくらいにして吸収します。

 

ここまで粉々にすると、元が牛乳なのかをアジなのか卵なのか、からだにはわかりません。

 

だから、アレルギーは起こりません。

 

きなこは炒った大豆を粉にしたもの、
大豆粉は、大豆を粉にしたものです。

 

豆乳やお豆腐と違って、水分が全くない。

豆乳や豆腐からすると、凝縮した形ですよね。

きなこ、大さじ一杯で、大豆何個分でしょう?

かたや、豆乳やお豆腐大さじ一杯って、大豆何個でしょう?

 

きなこのほうが圧倒的に大豆多いのがわかりますよね?

 

炒り大豆、そのままパクパク食べていたら、結構お腹が張りませんか?

小さいからとあなどっていると、後でお腹パンパンに…。

苦しすぎる…。(@_@;)

となったこと、ありませんか?

 

 

消化酵素が足りないと、胃腸に負担をかけるだけで、そこを無視して、口の中に効率よく入れようとするからトラブルになります。

 

皆が皆、そんなに消化できるなら、苦労はしないってね。

 

 

粉というのは結構怖いもので、扱いを間違えると、大変なことに…。

 

 

おはぎでもわらび餅でも、きなこ大量には食べませんよね。

 

食べ物で栄養を摂る場合は、いわゆる普通の食べ方で摂るほうが安全なわけです。

 

 

効率よく、たくさん、しかも胃腸に負担をかけることなく摂りたいなら、それは食べ物や市販のものでは無理と思いましょう。

ちゃんとオーソモレキュラー療法専門で、胃腸の話もしてくれるドクターにご相談ください。

今更ですが。。。7月祇園祭キャンペーンの説明です。

すみません、ブログ、さぼりっぱなしで。。

ブログはパソコンで書くので、たいだい晩御飯の後なんですが、晩御飯食べるともう動けなくて、そのまま寝落ちしていることもしばしば。。。

で、結局、ブログ書けないままです。。

 

長くなりそうな話は、facebookではなくてなるべくブログで、と思っていますが、時間がないので、結局Facebookに書いたり。。。

Facebookとインスタグラムは、まめに書いていますので、Facebookはアカウントなしで見られるようにしていますから、どうぞそちらもチェックくださいませ。

 

 

さて、祇園祭のなくなってしまった今年の京都。

仕方ありません。

来年に期待しての7月祇園祭キャンペーン。

 

7月は、6年前に今のビルに手狭になったために引っ越してきました。

第2の開院記念日とも言えます。

 

 

そのため、日頃お世話になっております患者さん方に感謝の気持ちを込めてのキャンペーンです。

 

 

①化粧品、全商品、10%オフ。

医療用のクリニック専売品をアマゾンや楽天で買うのは止めましょうね。

ネット販売禁止のものが売っている時点で、それはヤバい、怪しい、ということです。

偽物も混じっているでしょうし、中身が劣化していたりとか。

正規ルートでないと、なにかあっても保証がないのは、化粧品に限らず、なんでも同じです。

 

コロナ禍でもありますから、クリニックまで来られない方には、お電話で注文は受け賜わっております。

 

送料は、着払いか、別途¥1,100(税込み)(大きさや地域にもよりますが)で、化粧品のサンプルをたくさんつけて発送させていただくか。

お好きなほうをお選びください。

着払いにされる方も多いですが、サンプル付の送料こちらに前払いの方も多いです。

いろいろな化粧品が試せるからです。結構、数も種類もお入れしてますからね~。

来院したら試せたのに、という代わりです。

 

この機会に、試してみたかった商品を試されるのもおすすです。

ナビジョンは、ネットで買える手続きができます。

(岩城製薬のところで登録後、マイアカウントに出る、QRコードをこちらまでお送りください。確認後、手続きいたします)

 

②サンプルと言えば、顔の処置をされている方に、サンプル5種類プレゼントです。

前は、同じもの5個でもいいですよ。としていたところ、人気商品ばかりどんどん減って、それだけなくなってしまったので、人気商品には1種類1個まで、と制限をかけております。ご了承ください。

 

③部分痩身のトゥルースカルプ(顔アゴ下以外)される方への、AC BODY1回プレゼント。

今のメニューには、もともと、AC BDY1回ついていますから、さらにもう1回。

これは地味にいいです。

新しいEMS、高かったり、痛かったり。。などわざわざしなくても、ちゃんとやれば効くけど。。?というのが私の印象。

患者さん、診てて。

 

効かない方は、タンパク質、やっぱり全然食べていないとか、基礎代謝がおかしいとかね。まあ、なにかあります。

月1回でも、そこそこ効きます。

 

私も続けてやっていた時は、良かったです。

EMSも筋トレも、定期的にはやらないとね~、

 

今もやりたいんですけどね。仕事終わるとヘロヘロですぐに帰りたい。。

自分で自分に、ジェル塗って、バンド巻いて、ってそりゃあ、ものすごくめんどくさいのです。。。

 

 

④栄養解析される方に、オーソのビタミックスファイバー以外に、プロテイン2種類もお付けてして味見ができる。

プロテインが消化できずに逆に胃腸に負担、という方もいるので、サンプルあると、味見もできるから安心ですね。

 

 

⑤肌荒れ、スキンケア相談の方には、大判ふるまいです。

マスクで今肌荒れている方、多いですよね。

汗で湿ったマスクをしていたら、そりゃあ、荒れやすくなりますが、湿っていないのにお肌の調子が悪い、耳切れを起こす、とか、昔ではめったに見なかったことが、結構あります。

アトピーでもなんでもないのにですよ?

ひどいです。。。

 

それで、イオン導入の無料プレゼントと敏感肌化粧品サンプルセットのプレゼントです。

 

スキンケアの根本から見直してくださいね。

 

 

敏感肌、赤ら顔、合う化粧品がなかなかない。という方も大半が、化粧品かぶれでした。あと、肌の擦りすぎ、触りすぎです。

 

それを止めてもらって、ちょっとサポートする医薬品(ステロイドでない)と、医療用サプリを少しでもいいので飲むと、見違えるように良くなることも。

 

自費治療なにもしてなくてもね、保険診療で化粧品止めて、スキンケア見直すだけでね。。ほんとにかなり良くなります。

 

⑥コロナ禍で、髪の毛のトラブルも増えています。

胃腸に支障が来ていて、タンパク質と油の消化吸収が落ちているところに、糖質増えていたり。。。

 

前からトラブル寸前だったところに、一気に発覚、って感じでしょうか。

 

クーラーでますます頭皮が冷えて、お盆過ぎたら、抜け毛薄毛がさらに進む、というのは定番です。

今から、ケアしてあげましょう。

 

特に、毛髪の産毛化は、早く止めて、元気にしないとね。

死ぬ、というか、長期冬眠に入ってしまったら、なかなか。。。

 

 

⑦うちで栄養解析をされたことがある方(栄養療法の診察に入った上で。。ほぼ全員入っていますけど)対象に、医療用サプリメント、全商品10%オフです。

 

コロナ禍で来院できない方は、お電話でも注文は受け賜わっております。

お電話やビデオ通話によるオンライン診療もしておりますので、どうぞご利用ください。

 

少しでもいいので、食事と一緒に続けることが大切ですね。

 

サプリの予算を減らしたい場合は、内容を組み立て直さないといけないので、そこを担当医に相談せずに勝手に飲んでいても、宝の持ち腐れ、ってやつでしょうか。非常にもったいない飲み方です。

予算かけている割に、全然効かない、もしくは、効果はたったこんだけ?!みたいな。。。

 

そういう方は、食事もチェックもしてもらないし、自分のやりたいようにやっていますからね。。

食事から逃げているというか、現実を見つめないというか、見つける勇気がないというか。。

 

そこがちゃんと真正面から立ち向えるようになれば、だいぶ良くなった証拠ですけれど。。

 

こればっかりはね。。本人次第だから。。。

 

 

栄養解析をされていない方は、亜鉛とビタミックスコンプリート®が7月いっぱい、10%オフのキャンペーンです。