プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近投稿した写真

ホーム > 栄養・食事



今日、って昨日ですが、関東にお住まいの方で、もう3年ほど私のブログやFacebook、本も!読んでくださっている方から、お手紙を頂戴しました。

 

なんと、手書きで11枚!!

封筒の厚さから、ずいぶんぶ厚いなと思ってましたが、手書きで11枚、大変でしたでしょう?

私の勧めているスキンケアや食事を頑張ってされていて、最初の2年間は、なかなかお肌も思うようにいかなかったようで、苦労されてくじけそうになりながらも頑張られて、今はとてもお肌がキレイになられたとか。

良かったです~。

 

あまり詳しいことも書けませんが、また頑張られた様子などは皆さんにもお伝えしたいと思います。

 

表題に、「お便り?」と書いたのは、ご本人が「お便り?」を出そうと思いました、と書いておられて、とても可愛らしかったので、そのまま頂戴しました。

25歳の方なので、私に子供がいたら、自分の子供でもおかしくない年齢なので、可愛らしいと思ってしまいます。

20代なんて、私からしたら10代と変わりません。いくらでも人生、自分の好きなように変えていけます。未来は、どこまでも広がってます!!!

自分の手で切り開いてほしい!!

 

で、この方、どんどん切り開いていらっしゃいます!

若いのに大したものです。

 

この3年間の苦労話や良かったことなどが精いっぱい書いてくださっていて、とても思いが伝わりました。

頑張ってらっしゃる姿に、感動しちゃいました!!

 

 

この方のご職業は漫画家さんで、嬉しいですね~!!

私、マンガ大好きですから!!

 

患者さんで、マンガ業界関係の方がおられまして、来院されると処置中マンガの情報交換をさせていただきます。

あのマンガが良かったとか、このマンガが良かったとか。

 

栄養の話もするので、前にもしましたが、「デスノート」!!

(「デスノート」は、藤原竜也さんの映画を最初観た時ははまりませんでしたが、窪田くんがキラのドラマで、「この子、すげーっ!!」とはまりまして、ドラマの先が気になって、マンガ大人買い、最初の松山ケンイチさんのエルが、エルそっくり!と聞くと、昔の映画すべて借りまくりと、かなりハマりました。

今も、マンガは捨てずに置いております)

 

エルは、あんなにお菓子ばっかり食べてないで、肉魚卵もっと食べていたら、絶対キラに勝ったと思う!!と私が熱心に語っていると

(それでは、ストーリーが成り立ちませんが)、

「バクマン。おススメですよ!デスノートのことも出てくる」と教えていただいて、ちょっと途中まで読んでます。これも長編なので、まだデスノートの話は出てきません。

もうマンガの課金が大変でね。。。今、自制中です。。

(お話に出てきた、「BASARA」と「7SEEDS」の課金は大変でした。。。ものすごい長編なので。。そのあと、篠原千恵先生の「天は赤い河のほとり」などにもはまり。。。)

 

で、「バクマン。」読んだ時でしたけど、週間少年ジャンプに連載することがいかにスゴイことか!というのがとてもわかりました。

週間少年ジャンプで連載を目指す。

スゴイことです!!楽しみにしています!!

 

少年ジャンプ+は、今も大変お世話になっておりまして、

ちょっと前は、「カラダ探し」ハマってました。でもこれは、私は小説のほうが良かったな~。

まあ、ページ数の関係とかで仕方ないんでしょうけど。初めてケータイ小説というんでしょうか。「カラダ探し」の小説は、読み終わるまで、毎晩寝不足になりましたね。シリーズがたくさんあって、ものすごい量でした。。

 

今、「JIN仁」も読んで、ハマってます。

南方先生、スゴイ!!

私、江戸時代に行っても、こんなことできないわ。。せいぜい、脚気の人にイモと雑穀食わせるくらいだわ。。

 

「食戟のソーマ」も食べ物マンガのせいか、結構課金してしまいました。。途中でさすがに止めましたけど。

この前までなら、「ROUTE END」2週毎の連載を心待ちにしてました。もう連載終了してしまいましたが。

 

どの掲載紙にも連載していくというのは大変だと思いますが、少年ジャンプは、さらにもっとプレッシャーがかかりそうですね。さすが週間少年ジャンプなんでしょうか。

 

 

お手紙にも書かれてましたが、やはりアーティストの方々の栄養状態がいつもとても心配です。

ものすご~く脳を使うから。

 

私のはまっているマンガの1の、「この愛は、異端」が今休載中で。。

去年の予定では、去年の冬に第2弾スタート!と夏くらいに言われてました。

でも、一向に始まりません。。。

 

しばらくして、作者の方が体調を崩してお休み中と知りまして。。

 

別の好きなマンガで、「野宮警部補は許さない」が、やっと連載再開されましたが、こないだまで体調をくずされて休養中。。

 

好きな作家さんとか、知らない作家さんでも、よくありますよね。

 

アイデアがどんどん沸いてきてもらおうと思ったら、やっぱり肉魚卵です!!糖質は極力減らす!それにココナッツオイル!!!

 

好きな作家さんが「体調不良で休載」と知るたびに、「オーソモレキュラー療法やったらいいのに~!」といつも地団駄踏んでます。。

まあ、休載の詳細な理由はわかりませんし、オーソモレキュラー療法やったからって、すべてが解決するわけではないんですけど、少なくとも気持ちが落ち着くかと思います。

ものすごい重圧感というかプレッシャーに何もしてないよりは強くなると思います。締め切りに追われても疲れにくかったり。。。

 

 

 

「働く細胞」は大好きなマンガですが、ああいう感じで、オーソモレキュラー療法の食事の栄養素のマンガを描いてほしいな~といつも思います。

そのままマネたら、パクリになっちゃいますけど。

設定は変えてもいいんだけど、あの擬人化がとても面白いし、わかりやすいですよね。

医学をテーマにした漫画はとても描きづらいと思いますけど、私でよければ協力します!!!

どなたか栄養素のマンガ、書いてください!!

食事のマンガはかなり見かけるようになりましたけど、もうちょっとつっこんだ栄養素のマンガ!!

マンガになると、もっと広がるのが早くなると思うんですよね~。絵ってわかりやすいし。

 

 

お手紙くださった御礼のつもりが、マンガの話ばっかりになってしまいました。

スミマセン。。

 

お手紙でいろいろ書かれていた、悩んでいらっしゃること、またブログやFacebookでお答えしたいと思います。

今日は、取り急ぎお礼を!

 

すっごく元気頂戴しました!! ありがとうございました!!!

 

 

 

 

少し前ですが、ホームページの料金表のところを修正しました。修整

https://www.aiko-hifuka-clinic.com/price/

 

今までもブログやお知らせで、その都度料金改定をお知らせしてきましたが、肝心の料金表のところまでは変更していなくて、患者さんから時々料金の問い合わせをいただいたりしたり、料金を聞かれた時に、私もブログやお知らせ内で検索かけてる場合でもないので、今回これでかなり見やすくなったと思います。

 

予約を取られる時などに、料金などお伝えできるものはお伝えしてから、ご予約を取っておりました。

特に、オーソモレキュラー療法の血液検査ですね。基本からオプションで足すことは少ないですが、不妊治療されている方の場合、年齢や状況、太鳳体長によって、オプションの追加をおすすめすることがあります。

その結果によって、今後の食事や医療用サプリの選択がガラッと変わってしまうことがあるからです。

 

 

料金表は、すべて消費税抜き料金です。

消費税、変わりますものね。

 

オーソモレキュラー療法の栄養栄養解析の料金も、わかりやすく載せたつもりです。

 

この料金表に載せていないのは、毛髪ミネラル検査とかですかね。

かなり特殊な検査は載せていません。

患者さんがしたいというならやることもありますが、血液検査をせずにそれだけしても、あまり意味がないかなと。。

自費ですしね。

 

なので、遅延型食物アレルギー検査も載せてはいますが、私からこれしてください、ということはめったにありません。

今まで提案した患者さんは、ほんの数人です。

 

特殊な検査になると、日本でもされておらず、アメリカに出さないといけないとか、結構大変です。費用も。。。

その費用を、サプリや食費に回しましょう、という感じになってしまいます。

あまりにも疑った時は、もっと大事になるでしょうけど。

 

リブレ®も載せてますよ。

 

 

結構栄養解析の血液検査のところ、力入れましたね。表に載せてる項目がぐんと増やしました。

ブログやお知らせでは載せてましたが、載せていない項目も今回挙げておきました。

 

今、気付きましたけど、レーザートーニング載せるの、忘れてましたね。

まあ、レーザートーニング、初診ではまずやらないので、一般的なシミ・肝斑治療をして、落ち着いてから、トーニングの適応のある方のみにご案内しているので、乗せなくてもいいと言えばいいんですが。。

 

いまだに、肝斑治療=レーザートーニング、と信じ切っている女性、多いですからね。。あ~あ~と思います。。スキンケアもせずに何言ってんだかと思いますが、そう思いこませている美容クリ二ックが多いので、仕方ないですね。

本当に信念を持って、しょっぱなからレーザートーニングしたほうが絶対にいい!とスキンケアなどの説明もしっかりされてされている分には、問題はないですが、まあ、そんなクリニックはそうありません。

宝くじよりは確率高いと思いますけど、まあ、そうないでしょう。

 

レーザートーニングしてた、したことのある患者さん、結構来られますけど、副作用合併症の話も聞かれてないし、スキンケアや日焼け止めの話なんて、うちで初めて聴いた、なんてザラです。。。。嘆かわしい。。。

これが今の美容クリ二ックの現状か。。と思います。。

 

部分痩身のトゥルースカルプの料金改定の分も訂正しました。

当初思っていたよりも、かなり時間のかかる処置になったので、私が大変でした。。すみません。。。

 

 

注入剤のところのも、アラガン社のヒアルロン酸、ボリューマxcにすらなってなかったですね。

ウルトラ・ウルトラプラスのままでした。。

 

ヒアルロン酸注入というのは、ボリュームアップが目的です。

 

どこをどうボリュームアップさせるのかで、使うヒアルロン酸の粒子の大きさや硬さというか、流れやすさというか、そういうので選んでいきます。

 

なので、いろんな種類のシワや凹みや段差が気になる、なると、いくつものヒアルロン酸が必要、と本来なってしまいます。

まあ、それはそうなんですが、あんまりうちでは、ボリューマ以外は使いません。

全く使わないことはないですが、使わなくても他ので済んじゃうんです。

例えば、スキンケアと光・レーザー治療とクリニック専売化粧品で。

ぷらす ボトックス注射することもあります。

 

それでもまだ物足りなければ、やはり食事と医療用サプリは大事ですし、そういうのに興味がないなら、別の種類のヒアルロン酸を使うかどうか、に初めてなる感じです。

 

ヒアルロン酸やボトックス注射って、ある意味消耗品みたいなものですから、定期的にやると結構かかりますよね。

なので、レーザーとかの顔の治療を同日やる場合など、割り引きしていました。

それがわかりづらかったので、今回ちょっとスッキリしたかと思います。

 

 

ボトックス注射は、顔の光・レーザー治療で通っている・もしくは、3か月以内に注入した、という当院に通っておられる方と、たまに注射だけに来るという方で、料金が違います。

これはかなり前からです。

レーザーもして、注射もして、となるとお金かかりますからね。

通っておられる方は、お得になるようにしております。

 

注射のところも見やすいようにちゃんと載せました。

取り扱い医薬品で、昔のままになっているのがあり、もうとっくに取り扱っていないものも載っていたので、まとめて削除してもらいました。

 

油の吸収阻害の「ゼニカル®」とか、食欲抑制スプレー「3f 」とか。

なつかしいな~。

いまだにゼニカル、売ってるクリニックあるのかな。

悪い油は出てってほしいけど、良い油も悪い油も両方出ちゃいますからね。

海外では、脂質異常症(高脂血症)の薬として使われています。ダイエットではなく。

 

いまや、ダイエットに、カロリーカットよりも糖質カットが主流ですから、ゼニカルだけ飲んでもね。。

ゼニカルいる、というか、カロリー制限をしなきゃ無理とい場合ももちろんありますが、先に糖質制限です。

 

そう言えば、「オブリーン」という医薬品、ゼニカルの日本版ですが、厚労省の承認を取ったまでは良かったんですが、薬価でもめて(保険使ってダイエットで処方するクリニックがたくさん出てくるのでは?と懸念で)、そのまま。。

あれは一体何年前の話でしょうか。。どうなってるのかな。。。

 

ちょっと前ですが、食欲抑制剤の「サノレックス」欲しいんですけど。。と電話がありました。

(初診)

もうとっくにうちでは捨てた薬なので、取り扱いはしてません。

でも、こういう人って、他の方法でなんとか、とか、自分で食事を変えて、とかは、絶対思わないんですよね。

薬を安く売ってくれるクリニック、できれば診察とか診察にお金を払うこともなく、たくさん売ってくれるところを探しているわけです。。

破滅へまっしぐらですね。。。

本人気づいていないところが、ますます破滅感を醸し出しますが、どうすることもできません。。

「他になにかあるんですか?」となれば、診察の上、いろいろ提案するんですけど。。

目指しているとこがあまりにも違い過ぎるから。。。

 

点滴も見やすくしました。

料金表がほんとに開業当初のままだったので。

 

 

育毛メソセラピーも、方法を変えたおかげで、発毛効果はぐんと上がりましたが、時間がものすごくかかる。。。

なので、これもかなりに料金改定してるのをやっと訂正しました。

 

 

リンクしている先が、昔のブログだったりするので、リンクエラーになっているところが多々あります。

HP本体をもっと書き換えないといけないんですが、それはまだ少しお待ちください。

 

ご参考までに。

 

 

 

 

 

 

 

フェイスブックのコピペ、「隠れ脂肪肝シリーズ」。話すことがたくさんあります。。まだ続く。。

以下、コピペです。

 

 

 

NHKスペシャルの、「隠れ脂肪肝が危ない!」の続きです。

番組内で、糖質の過剰摂取が良くないといわれてました。
(ここまで言ってくれる番組、とても少なですよ、カロリー制限と油が悪い!というばかりで。。。)

 

隠れ脂肪肝があるかもしれないチェックの7項目のうち、
ジュースをどれくらい飲むか?
というチェック項目がありました。

 

ようは、砂糖にしろ、果糖ブドウ糖液にしろ、ブドウ糖化糖液にしろ、液糖でもなんでも、液体は吸収率がとてもいいため、普通にお菓子食べていても、血糖値の急上昇はもっとひどいことが多いです。

 

ブラックやストレートじゃない、コーヒー飲料、紅茶飲料もそうです。

飲んでいるほうが、ジュースと同じという認識がないことも多い。

スポーツドリンクについても言われてましたね。

スポーツドリンクは、ほんとに普通の人(ほんとにハードな練習をしているアスリートでもないのに、という意味です)が飲みまくっていたら、糖尿病まっしぐらです。

もちろん、脂肪肝も。

 

スポーツドリンクであっても、果糖や砂糖が入っていたら、ジュースと同じって。

 

番組内でゲストから、
「じゃあ、糖質ゼロだったらいいですか?」と質問があり、
「人工甘味料は、糖質はゼロだけど、甘味刺激があるから、摂りすぎは良くない」と言われてました。

 

糖質制限している人に多いのが、人工甘味料の摂りすぎです。。。

 

もう今って、糖質制限の食品じゃなくても、なんでも結構人工甘味料入っています。
(コスト削減も大きいのかも)

 

で、糖質制限食品・飲料になると、もっと入っていますよ。

 

最近、スーパーでもかなり糖質制限の商品みかけるようになりましたが、人工甘味料だらけ。。。

 

血糖値は上がりませんが、インスリンの分泌は刺激で出てしまうし、腸内環境が悪くなって、マウスの実験だったか、余計に太った、という結果が出てます。

解毒も大変です。。。

NHKで、人工甘味料のことを触れてくれたのは、とてもいいですね。

人工甘味料なら、全然OK!みたいに思って、摂っていると、あとから、結構なツケが回ってきますよ。

ご注意ください。

548

リーチした人数
59

エンゲージメント数

#肉食美肌 #隠れ脂肪肝 #非アルコール性脂肪肝 #中性脂肪 #肝硬変 #タンパク質不足 #NHKスペシャル #糖質の過剰摂取

先日書いた、「隠れ脂肪肝」の続きについて、フェイスブックに書いたものです。

反響が大きかったので、載せておきます。

 

以下、コピペです。

 

 

ブログでも書きましたが、昨日のNHKスペシャル、ご覧になりましたか?

隠れ脂肪肝の特集でした。

 

脂肪肝というと、お酒をすごく飲む太った男性や女性でも太っている場合になるメタボな病気と思われています。

 

実際、そうであることも多いんですが、痩せている男性、お酒をあまり飲まない、痩せている女性にも、脂肪肝は結構あります。

 

検診などで、血液検査で引っかかってなくても、
データの深読みをすれば、脂肪肝隠れてるかも、ということはよくあります。

 

深読みしても、断定はできません。

 

どちらにしろ、食事で改善させていくには、高タンパク質、低糖質です。

 

番組で、どこかのドクターが仰ってましたが、タンパク質がないと、肝臓から中性を運び出せないから、と。

 

なので、番組でも7項目問診票チェックがあって、
そのうちの1つに、
タンパク質をほとんど食べない、あまり食べない、しっかり食べてる、
という項目があり、食べてない人ほど、リスク上がります。

 

まあ、この7項目の問診票も、問診票って、自己申告ですから、全然食べてないのに、しっかりタンパク質食べてます、という方も多いし、ホントに一つの目安でしかないです。

 

通勤や移動に、車を使う、公共交通機関を使う、
という項目で、車を使う、がリスクファクターです。

 

1日の運動量をみているわけです。

 

でも、車を使わざるを得ない方もおられるし、その分、ジムで動いてたり、職場に着いてからは、動きまくり、8階でもエレベーターも使わずに階段にしてる、という方もおられます。

 

ああいう問診票は、何を意図して聴いているか?  で、答えが変わるでしょうし、ホントはもっと詳細な問診票がいるんでしょうけど、普通は、簡易チェックでそこまで聴かれることはありません。

 

引っかけておいて、その後、詳細に聴く、検査する、ということが多いかなと。

 

 

過剰な糖質はいけない、ということも言ってくださったのは嬉しいですね。

 

カロリー制限ばかり、検診結果で言われますからね。

 

過剰というのは、量しか見てない方もいて、チョコ小さいのが3個だけだし、と安心して続けてると、隠れ脂肪肝のことも…。

 

食事で占める糖質の割合を必ず見ましょう。

白米よりも、果物やお菓子のほうがはメタボにはなりやすいですよ。

美容医療じゃなくてもそうですが、医療って、経過を診ていて、自分がしたことが良かったことかどうかを診ていく上で、うまくいっていたら、とても嬉しいですよね。

 

オーソモレキュラー療法で患者さんの体調が良くなるというのは、よくありますが、「体調」って、どこまでが良くて悪いのか、わかりづらい時もあるし、体調は実はそんなに良くないんだけど、忙しかったりして気づいていないこともあって、いきなり、ドーンと悪くなったり、忙しい・ストレスが多かった・食事を手をずっと抜いてしまっていた、などなど重なったら、これも悪くなったりします。その前がどんなに体調いいと感じていたとしても。

体調が良かったからこそ、無理した、というのもあります。

 

血液検査というのは、マスクがかなりかかりますから、本当に良くなったのかどうか、判断がつかないこともあります。

 

体調に、ゴールってなくて、いかに、良いと感じる状態を長く保ってあげることができるか。

体調コントロールと言いますか、それにつきるような気がします。

 

 

美容医療も、同じと言えば同じようなものですが、例えば、ひどかったシミがかなり明るく薄くなったとか、毛穴が小さくなったとか、顔の赤みが薄くなったとか。

 

肌の調子が良い状態を保てるように、コントロールすると言えばそうなんですが、体調と違って、皮膚の場合、外から見えるので、とてもわかりやすいです。

 

うちでは、レーザーなどの処置は、イオン導入や脱毛ですら、医師である私が全部するわけですが、どの処置も、ひとつひとつ、「このシミのここが薄くなりますように」「この毛穴か、目立っているのは!!」「この毛が薄くなったら、全体の印象が変わるはず」などなど、思いながらやっています。

 

なので、1か月後とか数か月後でも、次に来られた時に、シミが薄くなったり見た目が良くなっていると、一目でわかりますから、とても嬉しくなります。

 

私が感じる前に、患者さん自身が感じているので、全体に顔色も良く、化粧ノリからして全然変わってくるので、洗顔前から調子が良いことがわかります。

洗顔後のスッピンの肌の状態を、処置の時は、さらに間近で処置の間ずっと診ているわけですから、なおさら良くなったのか、変わっていないのかがわかります。

 

良くなっていたら、自分がした処置の設定などが功を奏したこともありますが、患者さんご自身が、スキンケアがうまくできていること、食事も少し変えたのかなということが推測されます。

 

そこは、患者さんの普段の努力があるからこその、美容医療による底上げが効くわけです。

 

見た目って、わかりやすいから、そういう意味では嬉しいですね。

 

先日、肝斑治療されている患者さんが、処置終わっての帰り、パウダールームで保湿だけされて、ファンデというか、色付きのものを塗らずに出てこられました。

もう日が暮れていたので、日焼け止めもいらないわけですが、昔みたいに、ファンデなどで塗って隠さないと!みたいに思わなくなった、とおっしゃってました。

 

ちょっとひどい肝斑があって、スキンケアも間違っていたり(擦っていたわけではあまりないんですが、使っていた化粧品が良くなかったりして、刺激になっていたり)、他院でレーザートーニングされて、余計に刺激になっていたり。。(こちらは、色抜けのほうが心配ですが)

 

いつも、顔が黒いな、肌色暗いなと思っていたそうです。

それが思わなくなった、と笑顔でおっしゃってました。

 

嬉しいですね~。

 

女性の場合、ファンデ塗らなきゃ!と思うのかどうかとか、ファンデの色が明るくなったなど、自分にとってのわかりやすい大きな変化ですね。

 

 

肌質や肌の色調改善となると、くすみぐらいはすぐに取れますが、他は、最低でも週単位、月単位で診ていかないと、結果がわからないことがあります。

 

それに引き換え、いわゆるプチ整形の注入系の場合、ボトックスではなくて、ヒアルロン酸の注入剤の場合。

 

その場で、入れたところを膨らますわけですから、見た目がすぐに変えることができます。

ヒアルロン酸はわかりやすいですね。

 

入れている途中で、今の状態ですか?と鏡で確認してもらったり、入れ終わって確認してもらったりして、もう違いが出ているわけですが、一番わかりやすいのは、患者さんの鏡をのぞいている顔が笑顔に変わる瞬間です。

 

全然違う!!

 

ビフォーの状態にもよりますが、ヒアルロン酸は、やったことがあるかないかで、違いが実感できる。

もっと早くからやっておくんだった、というのはよく言われます。

ちょうどいい、ちょっと物足りないのかもしれない、くらいのところで一旦その日は止めておいてなじんでから再注入する、というのがおススメです。

不自然にならずに、安全に入れることができると思います。

 

個人の好みですが、やりすぎ感が出てるのもね。。。

 

美容医療の結果って、わかりやすいから、患者さんだけではなく、診ているこちらもウキウキしてしまいます。

(時間がかかるものもありますし、スキンケアなど間違ったままでは、なかなか改善はしません。患者さんの努力と協力あってこその美容医療です)

今朝Facebookに書いた、昨日の脂肪肝の続きです。

 

その前に、NHKの「ガッテン!」やNHKの健康番組でも、脂肪肝は今までも何度も取り上げられております。

そのたびに、わかりやすく楽しく解説してくださってます。

そうやって情報をもらえることを思えば、NHKの受信料なんて、安いものです。

NHKのオンデマンド、いつも入るかどうか悩んで、まだ入っていないんですよね~。

 

さて、過去の放送分も一緒にまとめておきます。

 

過去の放送分のポイントはまとめて書いてくださってるんですが、途中のエピソードは、省略されています。

そこが知りたかったのに、という場合もありますが、再放送じゃないから仕方ないんですよね。

やっぱり、オンデマンドか。。

 

昔の「ガッテン!」で、脂肪肝一家のエピソードがあって、お父さんは、お酒の飲みすぎの脂肪肝、お母さんは、糖質の食べすぎの脂肪肝、娘はダイエットしすぎのタンパク質不足に脂肪肝、とそれぞれわかりやすく紹介されたらしいんですよ。溝口先生がおっしゃってました。

この回、観たかったな~。観てたのかな、記憶にないや。

(タンパク質不足ということは、ビタミン・ミネラルも不足しているということですよ。

プロテイン飲んで解決するわけではないです。

プロテインで解決したら、ビタミン・ミネラルは、少しはあった、ということですが、あまりそういうことはないかと、

ないなら、どれもないです。

なにかサプリでも飲んでいれば別ですが。)

 

 

ガッテン!「まさか!ダイエットが引き起こす肝臓の悲劇

http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20161012/index.html

自称ダイエットしている、というダイエット達人25人中、11人脂肪肝だった、という驚きの結果が!!

 

NHK健康ch「肝硬変につながる!脂肪肝の原因と運動や食事で改善する治療法を解説」

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_626.html

 

脂肪肝の原因は、肥満、とされていますが、鶏と卵で、脂肪肝が先か、肥満が先か、、すべてが悪循環であります。。。

 

私も脂肪肝で、以前よりはましになりました。。

私の場合は、運動不足と、タンパク質不足・ビタミンB群不足も。。。あと、睡眠不足ね。

タンパク質とビタミンB群は、摂っていても消耗激しすぎて足りない。。。

運動不足はわかっていますが、そう大きくは改善できません。。。

 

ちなみに、脂肪肝だと、ケトン体、全然作れません。。。

タンパク質合成も悪いし、もちろんアルブミンも作りにくいし、糖新生もうまくいきません。。

肝臓で作ってくれる大事なものが作りにくくなる。

だって、うまく働けませんから。

 

大事なものが作りにくいので、そりゃあ、万病の元になるわな。

 

以下、フェイスブックのコピペです。

#肉食美肌 #隠れ脂肪肝 #非アルコール性脂肪肝 #中性脂肪 #肝硬変 #タンパク質不足 #NHKスペシャル #糖質の過剰摂取

おはようございます!
今日も肉食美肌ではじめましょう!

ブログでも書きましたが、昨日のNHKスペシャル、ご覧になりましたか?

 

隠れ脂肪肝の特集でした。

 

脂肪肝というと、お酒をすごく飲む太った男性や女性でも太っている場合になるメタボな病気と思われています。

実際、そうであることも多いんですが、痩せている男性、お酒をあまり飲まない、痩せている女性にも、脂肪肝は結構あります。

検診などで、血液検査で引っかかってなくても、で
データの深読みをすれば、脂肪肝隠れてるかも、ということはよくあります。

深読みしても、断定はできません。

どちらにしろ、食事で改善させていくには、高タンパク質、低糖質です。

 

番組で、どこかのドクターが仰ってましたが、タンパク質がないと、肝臓から中性を運び出せないから、と。

 

なので、番組でも7項目問診票チェックがあって、
そのうちの1つに、
タンパク質をほとんど食べない、あまり食べない、しっかり食べてる、
という項目があり、食べてない人ほど、リスク上がります。

まあ、この7項目の問診票も、問診票って、自己申告ですから、全然食べてないのに、しっかりタンパク質食べてます、という方も多いし、ホントに一つの目安でしかないです。

通勤や移動に、車を使う、公共交通機関を使う、
という項目で、車を使う、がリスクファクターです。

1日の運動量をみているわけです。

でも、車を使わざるを得ない方もおられるし、その分、ジムで動いてたり、職場に着いてからは、動きまくり、8階でもエレベーターも使わずに階段にしてる、という方もおられます。

ああいう問診票は、何を意図して聴いているか?  で、答えが変わるでしょうし、ホントはもっと詳細な問診票がいるんでしょうけど、普通は、簡易チェックでそこまで聴かれることはありません。

引っかけておいて、その後、詳細に聴く、検査する、ということが多いかなと。

過剰な糖質はいけない、ということも言ってくださったのは嬉しいですね。

カロリー制限ばかり、検診結果で言われますからね。

過剰というのは、量しか見てない方もいて、チョコ小さいのが3個だけだし、と安心して続けてると、隠れ脂肪肝のことも…。

食事で占める糖質の割合を必ず見ましょう。

白米よりも、果物やお菓子のほうがはメタボにはなりやすいですよ。

 

 

 

今日のNHKスペシャル、ご覧になりましたか?

テーマは、「隠れ脂肪肝が部内」!!

https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20190324

 

今日、放送終わったところなので、予告編しかまだ載っていないようですが、数日経つと、結構な詳細を載せてくれるのではないでしょうか?

 

以前に、「ガッテン!」でも、脂肪肝の種類があることを説明された回があったそうですよ。

脂肪肝の種類というのは、原因のことです。

 

太っていないから自分は関係ない、

お酒飲まないから自分は関係ない、と思っている、貴女。

特に、女性、痩せている女性。

要注意です。

 

患者さんで、痩せている女性の脂肪肝、お酒飲んでいなくても、肉魚卵全然食べていないせいと、お菓子やパン、糖質は結構摂っているせいでの脂肪肝、実は結構あります。

 

栄養解析の結果で、多分、これ脂肪肝隠れていますよ、とお伝えすることはとても多いですが、何人かは、やはり肝臓のエコー受けに行っていただきます。

血液検査の数値が、いわゆる基準値内なので、普通に内科行っても、エコーしてもらえない場合もあります。

紹介状に、「基準値内ですが、脂肪肝を疑っておりますので、エコー等をお願いいたします」とまで書かないとしてもらえないこともあります。

まあ、そこまでするのは、かなりヤバいかも?一度ちゃんと診ておいてほうが、と思った時くらいです。

 

 

脂肪肝になると、肝臓が多くのからだに大事な栄養素を作り出すところであることと、体内に入った毒物の解毒をするところなのに、それがしにくくなります。

 

そりゃあ、万病の元になるでしょう。

 

 

保険診療のしばりがある中で、どこでも言うのかなと思って観てましたが、さすがはNHKスペシャル!

とてもわかりやすくてためになりました。

 

まだ観ていない方は、年齢性別に関わらず、ご覧ください!!

(子供の脂肪肝も増えています)

 

また詳細は、明日フェイスブックのほうで書きます。

うちのFacebookは、アカウントなしで見らえるようになっていますから。

 

ついでに、これ、番組内で言われていた、FIB-4INDEXの計算式です。

https://www.jsh.or.jp/medical/guidelines/medicalinfo/eapharma

採血されたことのある方は、一番新しいので計算してみてください。

ひとつの目安というか参考値でしょうけど。

 

 

フェイスブックからのコピペです。

大事なことなので、こちらにも載せておきます。ここに全部書いたわけではないので、また続き書いておきます。

 

以下、コピペです。

 

 

外食にしろ、家での食事にしろ、患者さんがよくやる間違いの1つに、無添加、無農薬、減農薬、手作りなら、とりあえずOK、と勘違いされてることがあります。

 

なので、お昼は、手作りサンドイッチとか、そういうのを売りにしてるお店のとか、
外食も、ヴィーガンレストランやオーガニックレストラン、マクロビレストランに言って、小麦、大麦食べてることもあります。

 

からだに良いと思って。

 

悪いと知っていて食べてるなら、かまいませんけどね。

 

確かに、そういうのを売りにしてるところは、無添加そうだし、オーガニックの野菜を使っていたら、野菜もそりゃあいいでしょう。
マクロビなら、食物繊維も摂れるでしょう。

 

でも、そういうところって、肉魚卵が全然料理に使われません。

乳製品使ってない分には助かりますが、野菜と雑穀をいくら食べても、血にも肉にも皮膚にもなりませんよ。

 

野菜と雑穀で、元気とキレイなお肌をも手に入れるつもりなら、牛と同じくらい、草食え!って話です。

 

ボウル一杯のサラダに、豆かけたところで、植物性のものは、ものすごく吸収率も悪く、アミノ酸の栄養価のバランスが極めて悪いため、ホントに豆腐20丁くらい食べても、ステーキ1枚の栄養価に負けます。

 

 

野菜や豆、雑穀もですが、食べる最大のメリットは、
食物繊維の確保です。

 

食物繊維は、肉魚卵には入ってません。

 

ビタミンCは、生で食べたら、ごく僅かに摂れますが、全然足りないので、野菜をも食べないといけない。

 

確かに、野菜に含まれる、いろんなポリフェノール、リコピンやらアントシアニンやら、いろいろあります。
フィトケミカル、ファイトケミカルと呼ばれるものです。

 

そういうのは、もちろんあったら良いですが、肉魚卵も食べてないのに、そんなものだけ食べても、役に立ちません。

 

細胞動くわけないから。

 

肉魚卵をしっかり食べているからこそ、フィトケミカルはちゃんと働いてくれます。

 

食物繊維が腸にいいのは確かですが、胃腸の悪い方には、硬すぎる食物繊維は逆効果になることもあります。

 

細かく、柔らかくしたら良いでしょう?という話にもなりますが、雑穀は、精製されてませんから、穀物の殻が付いてます。

 

これが、食物繊維の塊の訳ですが、この塊に、フィチン酸がたくさんあって、フィチン酸を摂ると、非ヘム鉄(ほうれん草などの鉄。肉やレバーじゃない鉄分)や、亜鉛を始はじめとしたミネラルを排出させます。

 

玄米や雑穀でデトックス、と言いますが、フィチン酸からしたら、何が毒で何が栄養なのか、わかるわけありませんから、何でも出します。

 

なので、玄米菜食やヴィーガンの方の、鉄不足、亜鉛不足は深刻で、鉄亜鉛だけでなく、タンパク質も足りない他のビタミン、ミネラルも全然足りない。

 

植物性のものでは、とれる栄養素と量に限界があるからです。

 

だから、欧米人のヴィーガンの方って、ほぼ必ずサプリ飲んでるでしょ?

飲まないと、栄養のバランス悪くて病気になるからですよ。

 

日本人って、マクロビやヴィーガン真似しても、そこはあまりマネしなかったりします。
ケミカルなものなんて!って感じの方も…。

 

なんのために、誰のためにヴィーガンやマクロビしてるのかなと思いますが…。

 

オーガニックレストランなら、オーガニックの飼料で育てた、放牧の牛やブタに、鶏、天然ものの魚を料理に出せと思いますが、ほとんどの「オーガニックレストラン」は、野菜と雑穀だけで、マクロビやヴィーガンと変わりません。

なんで??
といつも思います。

 

オーガニックの野菜を扱うなら、そういう肉魚卵も出せばいいのにやらないのは、やはり手に入りづらいのと、ムチャクチャ高いからだと思います。

 

そういうお店では、精製した砂糖は使ってません、はちみつ使ってます、とか書いてあって、上白糖よりは、何か天然の成分が精製してない分残ってますけど、はちみつは、甘み成分保、ショ糖なので、砂糖と同じです。

 

先日も、耐糖能の悪い(糖尿病予備軍)患者さんが、喉に良いと聞いて、はちみつ頻繁に摂っていたので、止めてもらいました。

 

 

 

デトックスの基本は、肝臓と腸です。

 

腸で、要らないものを排出させることは確かにデトックスですが、栄養は吸収しないといけない。

免疫寛容と言って、栄養吸収するのにも免疫が関わってくるし、何より丈夫で健康な粘膜作れてないと、栄養も入りません。

 

食物繊維では、出すだけです。

 

野菜と雑穀では、肝臓と腸は動きません。

肉魚卵食べてないと、デトックスもできません。

 

世の中に溢れている、「からたいい食べ物」信仰、科学的に間違いだらけです。

 

わかった上で利用しないと、仕掛けてる輩に騙されて終わり、ドンドン体調悪くなるだけです。

 

オーソモレキュラー療法の食事をしていくなら、今までの「健康」イメージは、全部捨ててくださいね。

 

一番食べなきゃいけないのは、肉魚卵です。

 

肉魚卵も全然食べてないのに、野菜や雑穀、食べてる場合じゃないですよ。

 

どう食べるのか、どれくらい食べるのかは、個人の消化吸収能力によって違います。

何でも食べればいいわけでもありませんから、診察が必要です。

#肉食美肌

#ヴィーガンレストラン

#オーガニックレストラン

#マクロビオティック

#

#グルテン

#植物性タンパク質

#無添加

#手作り

#食物繊維

#ビタミンC

#フィチン酸

#ミネラル排出 #

鉄不足

#亜鉛不足

#デトックス

#肉食美肌

#人間ドック

#健康診断

#特定機能検診

#ガン検診

#胃カメラ

#マンモグラフィー

#乳房マンモグラフィー

水曜に書いたFacebookの記事です。

反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。

 

胃カメラで、長い時あるでしょう?

ああいう時は、なんかある時なんですよね。

大事じゃなくても、ちょっと発赤やびらんがあるとか、そうことでも長くなります。

なにかあるってことは、もっとなにかあったらいけないから。

 

で、今回の私の、ちょっと長かったですね。

早く終わってほしいから余計にそう思うんでしょうけど。

あんまり早すぎても、おいおい、ちゃんと診たのか?とも思うでしょうから、本当はどっちなんだ?!となっちゃいますけど。。

 

私が受けているところは、胃カメラ終わった後に簡単に医師から説明があります。

ちょっと発赤がありました。

調子悪かったですものね~。

消化管のサプリは総動員でした。

 

そして気になっていた、「萎縮性胃炎」の今。

 

「萎縮性胃炎はどうですか?」と聞いたら、

「萎縮性胃炎?ああ、あるかないか、っていう程度です。除菌した時に萎縮の程度、軽かったんじゃないですか?」と。

 

 

いえ、バリバリにひどかったんです。。。

もう死ぬなら胃がんだなと思ってましたから。

オーソモレキュラー療法で、食事と医療用のサプリで、胃粘膜を再生させることにかなり力を入れました。そのおかげですね。

良くなっていたから、ここ数年、胃カメラの所見で書かれたり書かれなかったりしてたのか。ちょっと安心しました。

 

 

おっぱいのマンモグラフィーは、余分に1回撮り直しでした。

私は、嚢胞が乳房にあるんですが、エコーしたらすぐに嚢胞って診断がつくんですよ。

マンモグラフィーだけだと診断がつかず、マンモだけだと再検査必要と専門病院受診しないといけないんです。

なので、マンモする時は追加料金払って乳房エコー足していたのに、嚢胞映ってんのに、「充実性腫瘤。要精査」と書かれ、専門病院に受診しましたけど、「嚢胞以外の何物でもない。画像診ただけで診断がつく。これ以上の検査と言われても。。。(エコーの再検査はしました)」といわれました。

まあ、人間ドックはひっかけるのが目的なので、仕方ないんですが。。「嚢胞。問題ありません」と書かれる時と、「充実性腫瘤。要再検査」と書かれてる時との違いがわからん。。。

(コメント書いている医者が違うだけ。。)

 

で、今回のマンモグラフィー、撮影する技師さんがおっしゃるには、私の嚢胞が胸壁よりなのだとか。(初めて聞きました)

だからしっかり挟み込まないとうまく映らないとのこと。

 

マンモグラフィー久しぶりだったからと、反対のおっぱいも引っ張らないといけなくて、なんかよくわかりませんが、うまく映っていないのがあったようで、もう1回余分に撮影になりました。

まあ、こういうこともありますわな。ちゃんと映っているほうがいいですしね。

 

途中で採血結果が出たらしく、ドクターから説明があります。

ここの項目は、血清鉄と末梢血液しか、鉄関連の項目がないんですが(まあ、検診なんてそんなものです)、

今回の私の血清鉄「94」だったんですが、「鉄不足なしです」だって。

まあ、そう言われるでしょうけど。。

 

実際は、こんな血清鉄だけで、鉄の過不足はわかりません。

まあ、それを人間ドックや検診で言っても仕方ないことです。栄養解析を知っているドクター同士でないと、話が通じません。

(ていうか、本当は、教科書にちゃんと載っていることですが。これだけでは評価できないって。)

 

で、コレステロール。

 

私の今回の総コレステロール「245」。まあいつもだいたいこんなもんです。

HDL 100  LDL 133

でした。

「コレステロールが少し高いですね。HDLが100あるから心配ないけど、卵や乳脂肪、チーズとか控えてくださいね。」

だって。。

 

 

もうとkっくに、動脈硬化学会からも厚労省からも、総コレステロールの上限撤廃が言われていて、LDLは、その代わり、140以上でひっかけましょう、という科学的根拠のない数値で全国共通です。

なぜか基準値が、コレステロールのみ、全国共通。

(普通は、というか、他項目すべて検査会社によって違います。基準値を測っている個体が違うからです)

 

その上、まだ卵食うな、っていいうか~。

(卵は関係ないと数年前に厚労省からも発表されている。患者さんの数値によったら、卵の制限かけることはあります。特殊な場合。

でも、私みたいに、HDL 100もあって、総コレステロールたかだか240くらいで、卵関係ありません。

 

このクリニックは、まだそういうんだ。。。

(ひどいところは、総コレステロール 220でひっかけてきますよ。いつのルールやねん、って。とっくに撤廃されてます。

それでスタチン系の薬飲ます医者もまだいるし。。。

しかも、220に科学的根拠ないし。だから撤廃されたわけですが。。。

ちなみに、日本の女性で、一番元気で長生きなのは、総コレステロール260というデータがあるそうです。

でも、HDLとLDLのバランスが大事ですよ。HDL 50なのに、LDL200とか、全然ダメですよ。これは対策が必要。)

 

 

でも、そんな人間ドックや検診も、必ず受けておいてください。

結果を、他の医者に診てもらうのもあ大事ですが、栄養解析の血液検査がレントゲンやエコーや心電図などの代わりになるわけではないです。

会社や個人で検診していない、という方は、市町村の検診は必ず受けましょう。自分の払った税金ですよ。使わないともったいないですよ。

(若い方は、血液検査までないことが多いですけどね)

 

 

以下、フェイスブックのコピペです。

 

おはようございます!
今日も肉食美肌でいきましょう!

今日は人間ドックに行ってきます。

半日くらいです。

胃カメラもあるし、乳房のマンモグラフィーもあります。

胃カメラ、ちょっとしんどいですよね。

でも、胃の悪い方は、やっておかないとね。
一年に1回くらい。

 何でもそうですが、慢性炎症がガンの発生源になります。

炎症は良くない。
続くのが良くない。

一年以内でも、胃痛などあれば、保険診療で行ったら良いんですよ。

私も、同じ先生にずっと診て欲しいので、保険診療で行けば良いんですが、人間ドックにセットで付いてるので、そのままになってます。

むかしピロリがいて除菌しましたが萎縮性胃炎が残ってます。

検診で、記載がなくなったので、治ったのかと思っていたら、去年だったか記載されました。

診るドクターによって意見が違う(考え方の違い?)のか、よくわかりませんが、所詮検診ですから、微細なことまで診てないこともあるでしょう。

何か異常がある方は、保険診療ですからちゃんと受けましょうね。

胃カメラの追加料金今回から取られるそうで、それなら来年からいらないかな。 

マンモグラフィー(おっぱい挟んでレントゲン撮るやつ)は、確かに痛いです。

おっぱいを薄くすればするほど、被爆が減るから。
よく診えるし。
なので、少々痛いのは仕方ないです。

それに一瞬だから。

乳癌放っておくほうがよっぽど怖い。

癌なんて、早期発見なら、そこ、ピッ!と取って終わりです。

さっさと取ってしまったほうが良い。
簡単に取れるなら。
大した侵襲じゃないです。

大きくなればなるほど厄介です。
良性でもね。

先日、乳癌検診で引っかかった患者さんが、これから乳房の生検(その部分の組織を取ってきて顕微鏡で診る検査)と仰っていて、ガンだったらどうしよう…検査せずに逃げ出したい、検査やめたい、みたいなことを仰ったので、私ならサッサと取って!取って!って思います。

向こうの先生が、生検どうしようか迷ってたら、今すぐ取ってください!くらいの勢いで、取ってもらいます、
取ったら終わりなんだから!
検査しないほうがよほど怖い!
何か見つかっても、早期発見ならなんでもできます!
ちゃんと行ってきましょう〜!
みたいなことを行ってその送り出しました。

結果、何でもなかったそうで、良かったです

その日寒くて、病院行く途中雪が降ってきて、私の言葉がなかったら、絶対に逃げてた、ととても感謝してもらいました。

私の、はっきり言うところはこういうところでお役に立つようです。

自分なら、自分の家族なら、こうする、とはっきり言いますから、やらなきゃいけない時は、後押しになりますよね。

先生は、クールだけど温かい、と言ってもらいました。

もう5年くらい通ってくださってる患者さんです。

ホントにその方に良いと思ってることを勧めますからね。

やりたくない時は、鬱陶しいだけでしょうけど

もっと医学が進歩して、多くの施設に普及するくらいの、痛くない検査はそのうち出てきますけど、今はないから仕方ないです。

痛いと言っても、一瞬ですから、ちゃんとガン検診も受けましょう。

何か見つかっても、早期発見なら、悩む時間も、いろいろ調べる時間もあります。

見つかってから悩めばいいんです。

検査する前に、悩んでも時間もったいないです。

確率から言って、異常なしとなることがほとんどですが、確認することに意味があります。

 

https://www.comic-essay.com/episode/read/941

https://www.comic-essay.com/episode/130

「離婚してもいいですか?翔子の場合」野原広子作

このマンガを読んだ感想。。

とても悲しくなりました。

ご主人も奥様も子供たちも。。

作者は奥様なので、女性目線でかかれています。

これを読んだら、夫は、かなりひどい人でなし、こんなやつと家庭なんて築けるわけがない、早く離婚してしまえばいいのに、などなど、
ご主人に否定的な意見が多いようです。

確かにそうですね。

でもね、このご主人、ひどい副腎疲労かもしれませんよ。

一家の大黒柱になって、家族4人分、食べさせていくのって、実はかなり大変です。

世の中の大黒柱は、多くが男性かと思いますが、女性であったとしても、自分の分だけでなく、家族を養っていく、という義務と責任からのプレッシャーというのは、測りしれません。

パートナー(今回の場合は女性)が、専業主婦となると、自分一人で稼がないと!というプレッシャーが普通はあります。
実際、こうやって毎日働いてくれてるわけで

そういう意味では、女性側が仕事を持っていて、ある程度自分の生活費くらいはなんとかなる、となると、離婚もお互い考えやすいし、成立もしやすいのは当たり前かと思います。

専業主婦の方に、明日から、ご主人と同じだけ稼いできなさいと言われたら、普通はそうできませんよね。。

その代わり、家のことは全部ほぼ一人でやっているわけですから、役割分担というやつですよね。

でも、そう思っていても、社会ですごく嫌なことがあっても我慢して働いてくれて、生活費を稼いでくれてることに本当は感謝しなきゃいけない。

ご主人も、自分が家のことはほぼ何一つしてなくて、奥様が一人で家事も育児も一切合切やってくれてることに感謝しなきゃいけない。

お互いさまの役割分担のはずが、なんかうまくいかない。。
相手が手伝ってくれないこと、相手が理解してくれないことに、とても腹が立つ

マンガ最後までは読んでいませんが、無料で公開されている分を読んだだけですが。

この奥様、ず~っとニコニコ笑っているんですが、心の中で、「私は夫が大嫌い」と思いながら、日々過ごしておられます。ご主人の機嫌を伺う毎日だそうです。

もちろん、夫がいる時も心の中で思っている。


そんなことをずっと思っていたら、口に出さなくても、顔はニコニコしていても(ニコニコしているだけまだいいですが)、やっぱり相手にはそれが伝わります。
本気かどうか、って。

ご主人が、「あいつの笑顔は嘘くさい」とつぶやくシーンがあり、絶対に言い換えさず、いつもニコニコ表面だけ笑っているから、余計に腹がたつ、八つ当たりしたくなる、みたいなシーンが出てきます。

お互い、とても不幸ですよね。好きで結婚して、子供も二人いるのに。

そういう雰囲気って、子供は敏感に察知します。

親の顔色を伺う子供に否応がなくなります。特に、母親が悲しんでいないか、とても毎日気になるでしょうし、父親が怒ったり、大きな声を出すのは怖いでしょうし。。

ご主人のことを先に書きますと、
本当にこのご主人がそうかはわかりませんが、

ご主人が副腎疲労の場合、しかもかなりひどい場合は、仕事から帰ると、もうなにもできないというか、したくもないし、やりたくてもやれないと思います。

子供を見ておくことも、そんな余裕が気持ちにも体にもない。

せめてゆっくり、次の仕事行くまでに体も脳も休ませたいわけで、好きなことだけしたいんです。

なので、食べたい時に食事がないと腹が立つし、子供の泣き声や散らかっている部屋にも腹が立つ。(八つ当たりすることで、ストレス発散しているわけです。この八つ当たりすらできる元気もそのうちなくなるかもしれません。。。)

休みの日は、自分の好きなことなら出かけようと思うかもしれませんが、それ以外であれば、家でゆっく寝ていたい、もしくはダラダラ過ごしたい。明日の仕事までに少しでも回復しないと、明日仕事にいけない。
なので、休みの日に、家族サービスで、どこか1日中連れ出して、外をウロウロする、しかも我慢して、とかできないんです。
やりたくても。

やりたいとかやりたくないとか、もうそんな気持ちの余裕もないのかもしれません。

そうすると、ダメな夫、ダメな父親、といわれてしまう。。家族から嫌われて。。

でも、
もうご主人、ぎりぎりのところかもしれませんよ?

それ以上ひどくなると、もうほんとに仕事にもいけなくなって、休職とか、うつ病になって、廃人同然みたいになってしまったとか、自殺企図まで出てきたり。。

会社に毎日いけてるだけ、今がぎりぎりなのかもしれません。

本来であれば、パートナー(この場合は専業主婦の奥様)が、そこは理解するなり、察してサポートしてあげる立場になるんでしょうけど、相手から感謝の言葉もなく、自分勝手なことばかりされていて、「本来のこの人はこんな人じゃない。仕事のストレスがこうさせてしまったんだ」とどんなひどいことをされても耐え忍ぶ妻。。って、なんか昔の演歌みたいなことって、まあ、あまりないですよね。

ほんとに「私がいなければ、この人はもっとダメになる。。。」と献身的に世話している奥様って、下手したら、DV夫に支配されて騙されてるのとどう違うの?と一見わかりませんよね。。

これは、夫が、本当にダメンズなのか、本当は実はいい人で病気がそうさせてる、ってやつのか。。。

そこは夫婦の問題なので、他人が口を挟むことではないし、ご夫婦二人にしかわからないことがたくさんあります。

 

 

今の日本では、結婚したら、どうしても女性のほうが、家事育児の負担が多い傾向にあると思います。おそらく多くの家庭が。
女性がフルタイムで働いていたとしても。

一人暮らしでも家事やあるわけですが、夫と二人暮らしとなると、単純計算で二人分です。

住んでる家も一人よりは広いでしょうから、掃除も洗濯も単純に倍近いかと。

料理にしても、家事全般、自分のことをやるついでと言えばついでですが、やはり量が増えた分、時間もかかる。

まして、子供の分までとなるとなおさらです。

自分の血を分けた子供であろうと、大好きな夫であろうと、自分に肉体的にも精神的にも余裕がないと、人の世話って、できないんですよ。
お金もらっている仕事じゃないから。

自分がいっぱいいっぱいの時に、相手から八つ当たりされたり、今ぎりぎりのところでなんとかやった家事に文句言われたら、そりゃあ腹が立ちますよね。

「私ばっかり損をしている。。。」「どうして、私ばっかり。。」

ケンカできる夫婦もあるし、言えずに我慢するしかない夫婦もいる。

どちらにしろ、離婚しないなら、別居もしないなら、一緒にこれからも暮らしていくわけです。

それだったら、少しでも楽しいほうがいいし、嫌々家事するよりも、ルーティンワークと思ってやってしまうほうが、あとあと自分が楽なんですよね。

でも、そう思えない。。

だって、自分もぎりぎりのところだから。毎日体はしんどいし、言うこと聞かないし、ストレス溜まる一方。。。

奥様も栄養不足。
糖質過多。血糖値の乱高下。重症の栄養欠損。

ご主人も糖質過多、血糖値の乱高下、重症の栄養欠損。

お互い、ぎりぎりで生きてる。

そんな状態で、お互い思い合って、感謝しあって、お互いさまだから、なんて、聖人君子じゃあるまし、まあできませんよね。

今生きているのが、少しでも楽になるために、お菓子やパンばっかりの食生活を止めて(特に小麦)、肉魚卵をもっと増やしてください。
もちろん、大豆も野菜も。

栄養がちょっと足りてくると、相手に八つ当たりされても、「ああ、だいぶ栄養足りないのかな。次の食事で足してあげよう。ゆっくり休ませてあげよう。」とちょっと思えるようになります。

休みの日は、一緒に家でダラダラしてもいいし、家の中でできるなにか趣味を見つけてもいいし、一人で気楽に出かけてもいいわけです。

栄養が足りてくると、一人でいろんなところに行ってみるのも、ドキドキして楽しくなります。

相手が回復してきたら、のんびり出かけたらいいです。無理のないスケジュールで。

家族の健康を支えているのは、食事を作っている人です。

日本の場合、ほとんど女性でしょう。

離婚しないなら、ご主人には、長生きして元気に稼いで来てもらわないといけないでしょう?

食事で少しでも副腎が回復するような食事を作ってあげてください。

その食事は、自分の体も心も楽にしてくれるし、子供の成長にもとてもいいはずです。

家族皆で幸せになれます。

ぎりぎりのところから、もうちょっと余裕が少し出るところまで来られる食事にしてほしいです。

2 / 4912345...102030...Last »