プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近投稿した写真

ホーム > 栄養・食事



患者さんから、よく簡単に食べられるものを教えてほしいと言われます。

私が最近しているのは、プロテインとビタミックスを溶かして飲んでいます。それで、朝のサプリを飲んでいます。

(市販のでマネをするのは止めてくださいね。中身が全然違いますから。)

ちょっと前までは、プロテインビスケットを食べてました。それとビタミックス。

プロテインビスケット食べ終わってから、サプリを飲んでいたら結構時間がかかるので、最近はずっと飲むほうで行っています。

うちの患者さんも同じようにしている方もいますし、ビスケットを愛用されている方もいます。

それだったら、血糖値は絶対に上がりませんし、添加物は入っていないし、タンパク質がしっかりと摂れるからいいですよね。

このビスケット、小麦も入ってませんしね。

ビスケットは、1箱10袋入っていて、¥5,180(税込み)です。1袋で、タンパク質が10g摂れます。この10gというのは、ちゃんと完成品を測ったものですから、確実な10gです。市販で売っているもので、完成品を測定しているものなどまあありませんから、表示が載っていても、ほんとの量はわかりません。表示よりも、3~5割減、と思っておいたほうがいいです(たんぱく質に関して)。

もちろん、マーガリンなんか使ってません。

1回で食べきれない方も多いので、分けて食べる方もいらっしゃいます。中身のことを考えると、高いものではないですが、市販のものに比べたら高いです。まあ当たりまえなんですが。。良いものは高いです。

 

で、市販で見つけました。

IMG_20170104_100524 一番上がアメリカ製、下3つはドイツ製です。どちらもグルテンフリー!さすが、アメリカとドイツ!

IMG_20170104_131638IMG_20170104_131649 アメリカ製のほう。表示見にくくてすみません。

チョコチップが散らばってます。食感は、グアガムが入っていますから、少しヌガー風。美味しいです。糖質8g たんぱく質21gです。カロリー200kcal  脂質8g 食物繊維17g です。

乳化剤に、大豆レシチンが使われているので、まあ食品添加物として気にしなくてもいいんじゃないでしょうか。

 

下のドイツ製のは、フレーバーが、バニラ・ストロベリー・ミントです。

IMG_20170104_154905IMG_20170104_154826 中身は2個、チョコレートコーティングしたものが入っています。こちらも、少しヌガー風。普通に美味しいです。

こちらは、カロリー215kcal   たんぱく質16g 糖質14g 脂質7g 食物繊維13g です。

こちらは、フラクトオリゴ糖が入っています。オリゴ糖ですから、腸内環境にはいいですが、オリゴ糖はたくさん摂ると血糖値の変動に影響出す可能性がありますから、「オリゴ糖はいいんだよね!」と大量になんでも摂るのは止めてくださいね。

こちらの乳化剤は、ひまわりレシチンです。こちらは、食品添加物無添加とお店で表示されて売ってました(成分表示もそうなっています)。

 

ドイツ製、アメリカ製と言っても、完成品を測定されて、この表示かはわかりません。でも、タンパク質がそこそこ摂れて、糖質は少な目と思っていいと思います。

 

ただ、どちらも乳タンパクなので、これはカゼインだと思います。だから美味しい。。

アメリカのほうにはカゼインカルシウムも入っています。

カゼインアレルギーの方・カゼインフリーを指導されている方は、ダメです。

カゼインフリーをなるべく止めておくように言われている方は、1週間にどれくらいならいいのか?と言われるとわかりません。。なんでも摂りすぎはダメです。。

 

どちらもカカオが入っていますから、たくさん食べたり、たくさんじゃなくても人によったら、カフェインがよくない影響を及ぼすことがあります。

カフェインフリーを医師から言われている方は、止めておいてください。

 

それ以外の方は、たまにだったらいいと思います。時々?だったらいいと思います。たまに?時々?の頻度は、人それぞれですから、ご自身で判断くださいね。

うちで栄養療法をされている方は、個別にご相談ください。

今日は雪が降り出して、今夜ますますすごくなりそうですね。

昨日、facebookで、天候を心配された患者さんがお日にち変更されて、空きが出ましたとお知らせしたら、予約のお電話をくださった方がいて、ご来院いただきました。ありがとうございます!

夕方からこちらも雪が結構降ってきたので、変更された患者さんは素晴らしいご判断でした。良かったです。

皆さんのところは大丈夫でしょうか?

 

さて、今日は簡単に。

 

先日、オバマ大統領と安倍総理の写真が報道番組で変わりバンコに映されていて、たまたまかもしれませんが、オバマさんの写真は眉間にしわをよせた渋い考え事をしているような写真でした。

オバマさんの眉間に刻まれたシワは、シワを寄せていない時も刻まれていて、今までの苦労や苦悩がうかがえます。任期もうすぐ満了ですね。お疲れさまでした。

それに引き換え、安倍総理には、あまり眉間にしわが目立っていません。

眉間のシワが全くないわけではないですが、浅くて、もともと安倍総理はお若い時からたれ目なのかどうかは、お若い時を知りませんのでわかりませんが、年をとってくるとだれでも目じりが垂れ下がってきて、たれ目っぽく見えてきます。

安倍総理の眉毛がちょっとハの字気味なのかもしれませんが、たれ目と合わさって、オバマ総理と握手されているお顔がとても笑顔で印象的でした。優しそうでいい感じ。

安倍総理の顔って、なんか好きなんですよね~。

 

男性の場合、女性と違って、眉間のシワは年をとってくると、渋みを出して、それはそれでいいのかもしれませんが、やっぱり眉間のシワって、男性もないほうの顔がいいかなと思います。

眉間のシワが少ないから、悩んでいない、苦労していないと言うことでは決してないのですが、シワが深くなりやすい方となりにくい方がいらっしゃいます。

シワを寄せる回数、深さ、頻度などもあるでしょうし、皮膚自体の弾力性やコラーゲンの充実度によっても、同じ回数を頻度であったとしても、お深さ・残りやすさが違うのでしょうね。

 

先日、ニュース番組で、安倍総理と小池都知事と面会されて、握手して笑顔で一緒に写真を撮っておられたのを見ました。

産経ニュースからお借りしました。

http://www.sankei.com/politics/photos/170110/plt1701100016-p1.html

小池都知事も、眉間のシワが目立っておらず、眉毛は柔らかいアーチにされています。

このお二人の笑顔、いいわ~。

お二人は仕事もバリバリされて、とてもシビアにお仕事をされるのだと思いますが(でないと、政治家でトップというのはできないのでは?と素人ながら思います)、今までも今も大変なご苦労・ご心労がおありだと思いますが、それで眉間のシワが目立たないというのは、すごい!の一言。

(ボトックスされてたら、知りませんよ。)

 

うってかわって、もっと栄養をつけて、ふっくらしたらいいのにと私が勝手に思っている蓮舫代表。

こちらも産経ニュースからお借りしました。

http://www.sankei.com/politics/photos/170112/plt1701120038-p1.html

眉間にしわ刻まれてますね。。。口元のシワも、もうちょっとふっくらされたら、もっと目立たないと思うんですが。。蓮舫さん、お綺麗なんですから、もっと肉食べたらいいのに、と思います。

そしたら、もっと若々しく綺麗に見えるのに。。こういう美人な方というのは、自分の美貌に無頓着な方って時々いらっしゃいますよね。

美容に興味がなくても、野党第一党の代表ですから、お仕事大変だと思います。栄養ないと、乗り切れませんよ~っ!!

*安倍総理と小池都知事をほめて、蓮舫代表をほめてないからといって、政治的意図はなにもないです。

それだけ、安倍さんと小池さんの笑顔のツーショットがとても私には印象的でした。

 

やっぱり、男性も女性も眉間のシワ、刻んでないほうがいいですね。

ボトックスで、シワが寄らないようにして、深く刻まれた、シワを寄せてないもいないのにできているシワは、ボトックスは効きません。

それには、レーザーなどを使うこともありますが、眉間のシワは深いので、ヒアルロン酸を使います。

ご参考までに。

 

 

今、ナウシカ見ながら書いています。

ナウシカ、やっぱいいわ~。きますね~。

いやいや、ブログですね。

 

いよいよ明日はセンター試験ですね。私は、共通一次試験とセンター試験と両方受けたんだったっけかな?センター試験の1回目だったかな?いや、センター試験の初年度の時で、過去問がなくて、共通一次からどう変わるかわからないと言われた激動の時でした。2浪したので、現役と合わせて3回センター試験を受けました。

受験の大変さは、よ~くわかってます。。さすがに3浪する精神力はなかったので、2浪で医学部に受かってほんとに良かったです。

大学に勤務していた時は、大学職員だから、センター試験の監督係りを1日しました。監督係りですから、受験生がずっと試験しているのを、ず~っと見て回るという仕事です。

いろんな受験生がいて、まあいろいろあるわな。。

 

少し前に、「受験生におススメの食事」(でしたっけ?)書いたのを、覚えていらっしゃいますか?第1弾と第2段。

早速実践された方はいらっしゃいますか?

とっくにしていたという方、早速やったという方。

素晴らしい!受験は大丈夫ですね!!

 

お肌のことでも通っていて、栄養療法もされていらっしゃる患者さんで、お子さんが何人かいらっしゃいます。受験生もいらっしゃるそうです。

約半年かな。結構食事は頑張っておられて、ご本人はサプリも飲んでいらっしゃいますが、やっぱり大事な基本は食事ありき。

ご家族の食事も作られるわけで、患者さんだけでなく、もちろんご主人、お子さん、ご両親と、誰にでもいい栄養療法の食事療法です。早速ガンガン実践されて、糖質を完全になくすというのはなかなか難しいですが、ご本人は会食以外がほとんど摂っていらっしゃいませんし、お子さん方の食事から、小麦(とくにパン)を止めて、白米にして、お肉たっぷりに変えたそうです。(もちろん、お魚も。)

先日来られて、ご家族のお食事のことをお聞きしていたら、もう子供さんもお弁当にごはんを少しいられているそうですが、お子さん自身がごはんを残すようになったそうです。おかず(たっぷり)は全部食べて!

帰られる間際におっしゃってましたが、この半年で学力上がったそうです!!

糖質制限もとても良かったそうですが、患者さんの母親目線では、やっぱりグルテンフリーにしたのが一番大きかったとおっしゃってました。

おそるべし、グルテンフリー!!

 

受験生・学生だけでなく、大人も勉強しないといけないことって仕事していたらたくさんあるでしょ。

仕事の効率、ムチャクチャアップしますよ!

お仕事されていない方でも、もっと元気に活動的になれますから、自分の時間がもっともてるようになります。ほんとに体、楽ですから~。

病気もしにくくなります。

栄養療法始めてから、私は本当に頭痛薬というか鎮痛剤を飲んだ覚えがないです。

前はかならずポーチに入れて、万が一用に備えてましたが、今欲しかったら、かなり探さないといけないかも。。クリニックにも置いてないし。

 

目の前でお子さんの学力上がると、実感がスゴイですよね!客観的な結果というか。

う~ん。すごいっ!!

家庭における、食事を作る女性の役割というのは、本当に大きいですから、女性には、正しい知識をもっと知ってほしいです!どんどん幸せになりますよ!

IMG_20160318_192154 幸せの手助けは、この本!!

私も読んだのがかなり前だったので、もう一度読み始めました。

いや~、この本、やっぱりとてもいい本だわっ!!

グルテンフリー・カゼインフリーについては、これに勝る本はないですよ?!

まだ、ちらっと読み返しただけですが、ここにこんな素晴らしい情報が満載だったとは!! すっかり忘れてました!

(難しいところは省いて、わかるところだけひろい読みしてくださいね。)

老若男女、年齢性別関わらず、すべての方にお勧めです。

私も、子供頃からグルテンフリーや糖質制限してたら、3浪しなくて済んだのかな~。済んだでしょうね~。

 

 

 

IMG_20170108_152854

日曜日から新幹線で広島に行ってきました。

厳島神社にお参りして、グランドプリンスホテルに泊まるプランです。

予定は、新幹線の中でオーソプロテイン(置き換えダイエットですが、すべての栄養が入っている完全栄養食の溶かして飲むサプリです)を飲んで、広島に11時前到着だったので、広島駅でお好み焼き食べて(糖質を摂る時は工夫はかなりしますよ)、ホテルのシャトルバスでホテル移動して、ホテルの裏にある淺橋から高速船に乗って宮島へ(26分で着くそうです)、宮島から5時の高速船に乗ってホテルに帰ってきて、またシャトルバスで広島市内に出て、広島の小奇麗な感じの割烹居酒屋みたいなところで、地元の食材をたいらげる、という食の予定でした。

あ、宮島の「牡蠣屋」さんで牡蠣とワインをいただく、というのも入っています。

 

糖質を摂る工夫は万全の態勢で臨んだ今回の旅行。

万全でしたが。。。

朝一から失敗しました。。

 

朝に、オーソプロテインは飲んだんですが、新幹線まで時間があったんです。京都駅のところに伊勢丹があって、その横にスバコという、小さい食料品売り場があって、ここには、中村藤吉郎本店のお茶や抹茶やほうじ茶のソフトクリームや抹茶ゼリー(ほうじ茶バージョンも)やチョコレートがあります(朝一は開いていません)。

京都のちょっとしたお店のできあいのお惣菜やサラダや「はつだ」の焼き肉弁当まで売っていて、おにぎり屋サンもあります。新幹線や長時間の特急乗る時とかとても便利です。出張の時は、すぐに来たのに乗るので時間がないから寄りませんが、旅行の時は必ず寄ります。

 

ここに有名なパン屋サンがあって、見た目もおいしいそうだし、実際とても美味しいです(国産小麦ではないです)。

ここに来ると、旅行ということでテンションも上がっていて、たまに珍しいサンドイッチがあると買ってしまいます。

今回、なぜか買ってしまいました。。

クロワッサンサンド(ゴーダチーズかかったやつ)と明太じゃがが練りこまれたパンと。それと紅茶と。

私自身は、グルテンにもカゼインにもアレルギーはないんですが、健康のためになるべく止めています。普段はほとんど食べないし、まあどうしても食べたい時というか、たまにです。小麦を使った料理は、家の場合は国産小麦を使ったり、米粉に変えたりしてます。

カフェインも亜鉛などが減るので、普段はあまり摂らないです。

 

カフェインとチーズはいつも大丈夫だし、糖質はかなり工夫したのでそれほど問題はなかったんですが。。おそらくパン。。小麦もダメだったのか、パンとなると白米よりも添加物増えますからね~。クロワッサンはバターを使われてはいますが、バター100%ではないでしょうし、マーガリンやショートニングもどこまで入っているのかは、パン屋さんのパンは、はっきり言ってわかりません。。

クロワッサンにしろ、そういう油をたくさん使っているパンは、時間がたつと、その油は酸化しますから、酸化した油というのは、良くないんですよね~。

これは、胃もたれの原因というか、胃腸の調子はとても悪くなります。活性酸素が増えているんでしょうね。。

パンを食べたのは、ものすっごい久しぶり。。

 

風邪気味をサプリと睡眠で体調はほぼ良くなったと言っても、100%ではなかったところだったのも、胃腸がダメージを受けやすかったのかもしれません。。免疫を上げるのにグルタミンは非常に重要ですが、胃腸がちゃんと働くのにもグルタミンがとても大事です。

グルタミンはガンガン摂っていましたが、ダメージがへっちゃら!まではいってなかったのかも。。

このパンを食べた後から(カフェインもダメだったんでしょうけど)、えげつない胃もたれで、消化剤のサプリもターボで摂ったんですが(さらにグルタミンも追加して)、胃腸はもひとつ。。

広島に着く頃には胃もたれは良くなっていましたが、さすがに広島駅でお好み焼きが食べたいと思うほど、おなかは空いていません。

(おなかが空いていない時は、ほんとはあまり食べてはいけないんですが、患者さんで全然食べていないのに、ずっとあまり食べたいと思わない、という方が時々いらっしゃって、これはこれでかなり問題なんですが。こういう場合、どこまで食べてもらうのかケースバイケースです。。。食べさせるから調子が悪いのか、そのまま食べさせないままだったら、ちょっとずつひどくなっていくし。。)

お昼のお好み焼きは止めて、先にホテル移動することに。

シャトルバスも1本早めて。

 

予定が変わったのにここで、高速船の時間を確認せずに予定を変えたのが悪かったんですが、各所で無駄な時間が出てしまい、時間ギリギリで高速船に乗れるか~?!と走っていったら、「今日はその時間のは出航しないんです」

。。。ああ、、そうですか。。

広島の方だとご存知でしょうけど、宮島に行くのに、広島駅からぐるっと回るか、グランドプリンスホテルから高速船に乗るか。。

ホテルまで着いて(広島駅からわざわざ)、また広島市内に戻って宮島に行くのがどれだけ無駄かおわかりでしょう。。

それだったら、最初から駅から宮島行きますよね。。

 

時間が早すぎて、ホテルの部屋には入れないし。。

ああ”””==!と思っていたら、掃除が終わったので、と特別に入れてくださいました。

ありがとうございます!

おかげで、次の高速船までの1時間半以上、ロビーで待たなくて済みました。

 

この後の宮島で牡蠣はたくさん食べましたが、カキフライもあるし、また噛むのが足らなくて、閉店時間も迫っていて、急いで食べたのもあって、また胃もたれがひどく。。

サプリが効くのも時間がかかり、おなかはほんとに空かない。。。

 

お好み焼きはまだ食べていないし、この牡蠣料理は4時くらいに食べているんですよね~。

晩御飯何時やねん?!って話で。。いつもだったら、これくらいのたんぱく質食べても、晩御飯(たんぱく質だから)へっちゃらなんですが。。

夜に、小料理屋さんでいろいろ食べて、〆にお好み焼きなんて、2軒もはしごするなんて、さすがに無理。。。

しかも広島のお好み焼き、でかいし。。そば入っているし。。すっごい糖質量だし。。。

〆で、絶対にもたれるな。。。

って、夜の〆に糖質って、一番したくないパターン。。

2日目の今日は、早い新幹線で帰る予定なので、どこも寄らずに朝ごはん食べたら、駅でお土産買うくらいなので、お好み焼きは食べれません。

 

ちょっとした一品も食べて、お好み焼きも、となると鉄板焼き屋さんとなるんでしょうけど、私の思っている小料理屋さんはお好み焼き出さないし。。

そりゃそうだろうと思います。お好み焼きはお好み焼きで、ちゃんとしたお店に行きますよね。

疲れたのもあって、お好み焼き屋サンの狭い、丸椅子に座る元気もなくて、刺身、っていうか魚、全然食べてないし。。

お好み焼き屋さんで、刺身や魚料理を提供しているところなんて(イカ焼きとか牡蠣のバター炒めとかじゃなくて)、探しても見つかりませんでした。。

 

結局、そごうの上の、「みっちゃん 雅」だったら、デパートだから、椅子も広いし、荷物もおけるし、刺身も魚介類の鉄板焼きもあるし、急いで食べなくてもいいし(って早いんですけどね。)、とそごうに向かうことに。。

デパートは結構空いていたので、油断していましたが、さすがに「みっちゃん」のところは待っている人だらけで。。

待つとは思っていましたが、ここまで待つとは!

(動いて、探すのも嫌だったので、そのまま待っていたんですが。。)

結局1時間。。お店入るのに、こんなに待ったの、初めてかもしれません。。(座ってられるんですけどね)

 

イカ天肉玉に、生エビ・ネギトッピングと、他魚介類のお料理(刺身含む)も。

地元の方は、そんなところで刺身食べなくても、とお思いでしょうが、京都は新鮮な刺身ってなかなかないので、さすが瀬戸内!かんぱち!身が締まっているのに、脂ものっていて、とても美味しかったですよ!

魚、食べたかったんですよ~。

食前・食中・食後と、サプリに助けてもらって、今朝はなんとか胃腸戻りました。

ふう~。。

パンで失敗。。。全ての予定を狂わせましたね。。

 

今日の予約で、風邪がまだ残っているんですけど、来週のほうがいいですか?と気を遣ってくださる患者さんがいらっしゃって、栄養解析をされた方だったので、早く結果を説明して、薬を足したほうが良いと思っていた方だったのと、風邪引きの方と同じ部屋にいても私はへっちゃら!と思っているので、ちょうど予約も空いていたし、受診していただきました。

 

院内は、湿度にはかなり気を遣っているので、喉に優しい環境にはしているつもりですが、私は子供のころから喉が弱くて(今から思えば、栄養が足りていない)、乾燥すると、ホコリかなにかが喉に、ピッ!とくっつく瞬間がわかるというか、その瞬間にもうれつに咳が出てきて、体外に排出しようをします。いきなりひどい咳が止まらなくなるんですよね。

冬や夏でも、季節の変わり目とか、30代後半?くらいから、喉は年に何回かやられて、気管支炎や気管支喘息のようになっていました。

水分はかかせなくて、冬はのど飴ずっと舐めっぱなしで、口の中が痛くなるくらい舐めても、加湿をどんなにしても、突然咳が止まらなくなったこともあります。

アレルギーかと思っていましたが、その可能性もありますが(ハウスダスト・ダニであるので)、喉の粘液が足りなくて、喉の粘膜も乾燥して荒れているので、そこにホコリでも異物でもなにかがくっついて、外に排出しようとしているんだと思います。

粘液がしっかりとしていれば、喉の粘膜のバリア機能は保たれるわけです。

5年ほど前から、喉の保湿剤みたいな薬を飲んで、のど飴からおさらばできましたが、今度は薬が欠かせない。。。

3年ほど前から、栄養療法を始めたら、季節の変わり目の咳や気管支炎がほんとになくなりました。

栄養がちょっと足りてきたわけです。

粘液もしっかり出て、バリア機能が働くようになったんだなと思っています。

 

ただ、私の場合、診察も処置もしゃべりすぎなので、口の中はカラカラです。こまめに水分はこの季節摂りますが、忙してく摂れなかったり、足りない時に、やっぱりいきなり咳が出たりします。

 

今日、その患者さんが帰られる前に、喉になにかがくっついたのがわかって、一瞬咳が出ました。すぐに良くなったんですが、診療が終わってしばらくしてから、喉に違和感が出てきて、今日水飲むのが少なかったから、乾燥はしていたんですよね。。

(口を開けているだけで、脱水を助長します。口は閉じて、鼻で息をすると、鼻毛でごみは取ってくれるし、鼻の中で加湿もしてくれるので、鼻呼吸がこの季節は楽ですよ。)

 

帰る途中で、ヤバい。。。と思って、とりあえず、オリーブ葉のサプリを4個飲みました。ついでにキャンディバクチンも1個。

帰ったらすぐにうがいです。

 

帰宅後すぐにまず水でうがいして、その後、「C1000」というものすごく濃いビタミンCでうがいして、それごと飲んで、

メインイベントの、キャンディバクチンの中身だけ、喉の粘膜に直接垂らす、という裏技を再度やってみよう!

(以前、口内でかみつぶしたら、えげつない味でのたうち回りました。。)

 

口の中ではなく、喉にだけ垂らします。

うまく垂らせた!と思いましたが、中身がネトっ!としていますから、そこから動きません。。。もっと下に動いてくれないと、どちらにしろ、舌につく羽目に。。。

思い切って飲み込んだら、前ほどじゃなくてもやはりえげつない味が口内中に。。。!!

声にならない声で叫んだあと、「糖質制限ドットコム」で買いだめした「糖質制限チョコバー」(カフェインなので、基本あまり食べないようにしていますが、と~ってもおいしいのです。。)を、一気にに食べました。。

ふう~。。。口の中、落ち着きました。。

恐ろしきキャンディバクチン。。

 

しばらくすると、いろいろやったのが良かったのか、喉がすっかり楽になりました。

おおおっつ!!!

あとは、栄養を食事とサプリでしっかり摂って、ぐっすり寝るだけです。

サプリもいつもよりターボで飲んでおきます。(ここ大事!)

年末年始、普段よりもビタミックス(ビタミンA入り。ものすごく濃い!)を飲む量が減っていたのもダメだったのかも。。

ちょっと疲れていたのと、水分が足りなかったのと、ふ~。。危ない。危ない。。

明日は出かけますから、今日はもう寝ます。おやすみなさいzzzz

1月のキャンペーン、大島椿の椿油をうちの患者さんにどうぞと少しいただいたのをすっかり忘れておりました!キャンペーンプレゼントです。

対象の方は、どうぞおっしゃってくださいね。数に限りがありますから、自己申告制です。(以前に、興味ない方に、いっちゃったりしたので。。)

 

さて、昨日のブログで、「受験生におススメの食事」で書き忘れたのが、魚!

facebookには、先に書いておきました。https://www.facebook.com/aikohifukaclinic/

EPA・DHAは、血流を良くして、なにより脳の栄養になります。

EPA・DHA

 

日本人が頭がいいのは(戦後の経済復興の時など)、魚をたくさん食べるからだと言われているくらいです。(真偽のほどはわかりませんが、昔の方は、今よりもっと魚を食べていました。)

お肉も大事ですが、肉:魚介類=1:1 もしくは、魚介類やや多めにしてくださいと、うちの患者さん方には言っています。

魚をもっと食べましょう~!!

 

お刺身が一番いいですが、刺身ばっかり食べていられないので、缶詰も便利ですよ~。

私は、いろんな魚の缶詰を買い置きしています。

もちろん、焼き魚を大好きです。

その日に魚を食べるか、肉を食べるかは、食材を買いに行った時に、魚が安かったら、絶対に魚!

(そんな日に限って、草うし(熊本のあか牛のブランドです)が売っていたりして~!!結果、両方買って、両方食べます!!)

物忘れが多かった日にも、魚たくさん食べるようにしています。

 

焼き魚も(あんまり煮魚はしませんが、ラカントSでやったらいいと思いますよ)大好きです。

オリーブオイルと塩コショウで焼くだけ、というのもよくやります。

 

アメリカで数か月(もっと?)お仕事で滞在されていた患者さんが帰国され、facebookの「あいこ皮フ科クリニックの栄養療法」グループのほうでも魚の話を書いたところ、「アメリカのサーモンステーキ、でかかったでしょ?」と言ったら、写真を投稿してくださいました。許可をいただいて、掲載します。

15894576_136752796821587_7244315326933339890_n これ、少ないほうですって!

アメリカ人、肉ばっかり食うから(日本人の3倍と以前に肉の資料で読んだことがあります)、魚は人気ないそうで、それで小さいそうです。。

これで。。。?

日本では、まずこんな大きさでは出てこないですよね~。この半分も出たらいいほうで、3分の1くらいかな~?いや、4分の1か?

魚でおなかいっぱいにするからには、魚たくさん食べなきゃ!

他のたんぱく質のおかずも合わせて用意するかです。

 

受験生じゃなくても、「おなかが膨れないから、ごはんを仕方なく食べています」という方が、時々患者さんの中にいらっしゃいます。

これ、ごはん(白米)を食べたい言い訳でおっしゃっているのではなく、本気で言っておられたので(糖質制限は基本できている方なので)、「おかずを倍にしてくださいっ!!」と言ったら、「何品も作る時間がない。。」

 

何品も作らなくていいんですっ!!

量を増やすだけです。

鮭の切り身だったら、1人1切れを2切れにするとか3切れにするとか。

簡単でしょ?時間は同じです。グリルやフライパンにのせられる量だけ、同じ料理で増やせばいいです。

お弁当も同じです。見た目は気にせず(子供は友達の目があるから気にするかもしれませんが)、お皿の代わりに、お弁当箱になるだけですから、スカスカでも、タンパク質がたくさん入っていたら、綺麗に盛り付けなくてもいいじゃないですか。時間がないんだから。

(見た目重視の方は、早く起きて、綺麗につめてください)

まあ、隙間にとりあえず何か野菜(キャベツとかブロッコリーとかかさばる野菜)を入れるかでしょうか。。

(キャベツもざく切りでいいんですよ、めんどくさかったら。

大きいほうが噛み応えがあって、よく噛むし、消化液もたくさん出てきます)

缶詰でローテートしてもいいです。

オイルサーディンやイワシやサバの水煮(必ず水煮で!味噌煮や醬油付けは砂糖がたくさん入っています)、サケの水煮缶、ツナ(マグロとカツオがあります)など。いろいろあります。

もちろん、シラスやちりめんじゃこ、かつおぶしも!

どの料理にしても、必ずいろんな魚介類を食べてください。

魚だけでなく、甲殻類も貝類もね。

(海藻も大事ですが、海藻は動物ではないのですよ)

 

大きい魚(マグロとか)ばかり大量に食べていると、水銀の問題が出てくるので、そういう魚はたまににね。マグロは赤身で。トロはほんのたまにで!赤身でもたまにね。

いろんな種類を食べることで、いろんな栄養素がたくさん摂れます。なんでも偏らない!!まんべんなく、バランスよく!

受験生だけでなく、頭を使う大人全員におススメです。

 

 

 

ず~っと前から書こう書こうと思って、ほったらかしになってました。

今年のノートルダム女学院の同窓会誌に寄稿させていただいたのですが、うちの患者さんの中には、ダム出身の方や子供さんがダム出身、もしくは今も通っているという方が結構いらっしゃいます。

その患者さん方のお一人に、現役の高校生がいらっしゃるそうで、ノートルダム女学院(中学・高校とも)にはもともと特進クラスというかそういうクラスはなかったんですが、いつからか知りませんが、できてるようです。(「特進」という名前ではないようですが)

多分、理系の子や、推薦じゃなくて、国公立や推薦以外の私立進学希望の子のクラスになっているようです。

同窓会誌が現役の学生にも配られたそうで(私が学生の時もそうだった気もする)、私立ではなく、国公立の医学部にダムからいけた(私は2浪しましたが)、というのは、励みになったそうです。

私も、そんな受験生の役に立ったのかと思うと、嬉しいですね。

受験って、先が見えないことへの不安と心配がとても大きい、かなりの試練ですよね。

高校生からしたら、もしかすると人生で初めての試練かもしれません。

 

人間は、本来、ある程度のストレスに勝てるように体が作られているんです。

だから、受験のストレスくらいだったら、本当は勝てるはず。。?

ところが、肉魚介類卵をたっぷり食べて育っていない受験生は、ストレスにも負けやすいし、なにより勉強の効率が悪い!

 

もう年が明けたから、すぐにセンター試験ですか?

入試本番ですよね。

 

まず、記憶力をよくして、頭の回転を速く、しかも良く回るようにするには、ビタミンB群です。

脳をはじめ、神経を動かすのにビタミンBは絶対必要で、Bが足りなければ足りないほど、頭がうまく回らないし、記憶力は落ちるし、また集中力がなくなっていきます。

 

ここで、変な市販のサプリは飲まないでくださいね。添加物だらけだし、添加物の分解に大事な肝臓を働かせている場合ではないですよ。それに、どうせ飲んでも効きませんから、そんなものより、食事でちゃんと摂ってくださいね。

 

ビタミンB群は、豚肉・レバー・牛肉・魚に多いです。動物性たんぱく質をたくさん摂ってください。

おやつは、動物性たんぱく質です!

 

せっかく摂ったビタミンBを、脳にガンガン回すコツは、他でなるべく使わないようにすることですが、一番ダメなのが、糖質の摂取です。

糖質を分解するのに、たくさんのビタミンBが必要になります。

口から動物性たんぱく質をガンガン食べていないのに、糖質中心の食生活にしていると、Bは減る一方で、借金して借りてくるところがないので

(カルシウムは骨から、タンパク質は筋肉から、借りようと思えば借りてこれます。これは、異化亢進と言って、非常に良くない状態ですが、生命の維持をしていくのに、異化亢進は大事な反応です。生命の危機でもないのに、異化亢進使っている場合ではない。。)

Bが必要な反応を止めるざるを得ない→集中力の低下・記憶力の低下・理解力の低下

となります。

 

また、夜食やおやつや勉強の合間に、いきなり糖質食べるでしょ?

それを繰り返していると、若くても血糖値の乱高下を起こすようになりますから、こうなってくると、体の中では、いろんなホルモンが大量に出ていたりしていますから、情動不安を起こしやすくなります。

ただでさえ、受験でナーバスになっているというのに、糖質の摂り方が悪いせいと、他の栄養素が足りないせいで、ますます不安に拍車をかけますから、勉強どころではなくなってくいて、心配で心配で寝られない、でも勉強も手につかない、というよくある最悪パターンにはまります。

 

また、糖質を食べると、どんなに工夫しても(食べ方や種類など)、血糖値は上がります。下がってきた時も眠くなりますが、この上がっている時も眠くなります。どちらにしろ、糖質を摂ると、眠くなりやすいのです。

若い(10代)から、まだましかもしれませんが、夜中に起きて本来は寝ている時間に勉強しているわけですから、そんな時間に糖質摂ったら、眠くなるのは当たり前です。

 

夜中に勉強していると、おなかが空いてくるでしょう?

これは、脳がもちろんブドウ糖を消費して欲しがるからですが、ここで、糖質を摂ったら最後!絶対寝てきたでしょう?

夜中のラーメン、おにぎり、パンやおかし、夜食で大体食べるものって、糖質のことが多いいのでは?

脳はブドウ糖がたくさん入ってきたから、安心して寝るでしょう。まして、糖質の分解でビタミンBを使ってしまったから、余計に働きたくない。。寝ますね~。

 

ビタミンB群も大事ですが、脳がブドウ糖以外のもので働いてもらえば済む話で、ここで出てくるのが、「ケトン体」です。

「ケトン体」を出そうと思ったら、糖質摂ったらダメですね~。

糖質があると、ケトン体は使ってもらえません。

さらに、ケトン体を作って利用するには、良質の油をこまめに摂っておく必要があります。

普段から、ケトン体で体が回るようにしておいたら、油を摂っていなくても、体に貯められている脂肪を分解して、ケトン体を作ってくれます。脂肪は、普通は体の中にいくらでもありますからね。

ケトン体を脳が使うようになると、頭はすっきりとよく動くようになりますから、勉強は無茶苦茶はかどりますよ~。

 

患者さんの中には、受験生(小学生・中学生・高校生・浪人生など)の親御さんもいらっしゃいますが、試験の日のお昼ごはんも含めて普段の食事の話になることもあります。

ほんとに夜食のおにぎり・麺類・パンは最悪です。

私の自分が受験生でしたから、よくわかりますね~。絶対に寝ますね。

試験の日のお昼に、おにぎりだけとかパンだけなんてすると、午後のテストは眠くなるか、あまりの緊張に眠くはならなくても、頭の回転はすごく悪くなりますから、せっかくの本番なのに、とても良くないですよね。。不本意にも本当の実力が出せませんよね。

 

で、今まで、というか試験直前までばんばん糖質三昧にしていたのに、いきなり試験本番に、タンパク質や油だけのお弁当を持たせてもダメですよ。

脳はケトン体で回るようにできていないし、体も糖を欲しがりますから、逆に低血糖になって、脳も体も動かなくなってしまいます。

また、今までに動物性たんぱく質をたくさん食べていないから、消化液も作れてないし、いきなりたくさんたんぱく質や脂質を食べさせようとしても、消化できませんから、午後からのテスト、胃もたれ・胃痛・おなか痛・下痢・腹部膨満感(ガスがたくさんたまる)などで、これまた試験どころではないです。

試験が終わって、帰ってきた子どもから、めちゃくちゃ怒られるでしょう。。。

普段と違うことをいきなりやる、ということは、こういう大事な時は最悪です。

なので、前もって、体にも脳にも準備期間が必要です。

これを読んだ受験生と受験生の食事に携わる方は、今からちょっとずつ変えていったほうがいいです。いきなりできたらいいですが、テストの日までの日数と、今までどれだけ糖質依存の食生活をしてきたかで、かかる日数が変わってきます。。

若い子(10代)でも、ほんとにお菓子しか食べてない子、いるんですよね~。

それで受験に戦えるわけがない。。

仮に戦えているんだったら、ほんとの実力はそんなもんじゃないってことです。自分で自分の能力を貶めているんです。もったいない。。。

 

もうひとつ大事な栄養素は、鉄分です、

これは、必ず動物性たんぱく質で摂ってくださいね。ひじきやほうれん草・プルーンなんかで摂れませんから、レバー・牛肉・魚(内臓もまるごと。血合いもおススメ→丸干しとかしらすとかちりめんじゃことか)をガンガン摂ってください。

鉄がないと、赤血球が作れませんから、赤血球がないと全身の細胞に酸素を回せません。もちろん脳にも。酸欠の頭で、受験に勝てるわけがないでしょう?

(酸素を吸うのは止めてくださいね。なんでも適量というのがあります。酸素中毒というくらい、空気以上の酸素を吸うのは、活性酸素も増えますし、肺にも良くない。特殊な病気などの事情があって、主治医から酸素ボンベを提供されていない場合以外は、市販の酸素とか買ってきて吸わないでくださいね。)

 

あとひとつの注意点は、良質の油を摂るのはとても大事ですが、バターは超お勧めですが、生クリームを含めた乳製品は勧めていません。

牛乳は血糖値が上がりますし、乳製品に入っているカゼインは、中毒性があるので、また摂りたくなります。

最大のカゼインの欠点は、腸の粘膜を攻撃することです。

カゼインアレルギーでない方が、たまに乳製品を摂るのを絶対にダメ!とまではしていませんが、腸の悪い患者さんには、しばらく止めてもらっています。

腸の悪くない方でも、腸の粘膜を攻撃はしますから、腸がやられるとすべての消化吸収が悪くなって、結果、体の栄養状態が悪くなるということです。

なので、極力控えるにこしたことがないです。

腸は、免疫力においてかなりの重要な役目を背負っています。

腸に元気でいてもらわないと、栄養だけでなく、受験シーズン、すぐにいろんな感染症にやられてしまいますよ。どこにだって、ばい菌はたくさんいますからね。自分の免疫力を上げるしかありません。

栄養をしっかり摂って、免疫力を上げてください。

自力では無理!という方は、どうぞご相談ください。

 

 

女性の痩せすぎをずっと心配しております(私が太っているから、負け惜しみとかそんなんではなくて)。

特に、BMI<18.5の女性たち!

内臓にも筋肉にも骨にも栄養がある程度いっていたら、そこまで体重は落ちません。

国連世界食糧計画(国連WFP)が推奨する成人1人の1日当たりの摂取カロリーは2,100kcalです。

平成27年度の厚生労働省発表の「国民健康・栄養調査」によりますと

(まだ去年のと比べてまではみてはいないのですが、去年とはあまり変わっていないという話を聞きましたが、そこはちゃんとみないとわからない)

日本人の平均摂取カロリーは(1歳以上、男女まぜての日本人の平均です)、1,889kcalです。

WFPが、心配している2100kcalをはるかに下回っています。

しかも、この国民栄養調査表によると、1歳以上の女性の平均でみると、なんと!

1,694kcalとえげつないです。。。

 

低体重=栄養失調であり、後進国と同じです。おそらく先進国の中では、日本最下位です。食べるもの(特に、肉魚卵などの動物性たんぱく質)がたくさん食べられない国は、炭水化物くらいしか食べるものがないわけで、炭水化物すら満足に食べられない国もあるわけですが(こういう国は、飢餓が最重要課題になっていると思いますが。。)、ほんとに日本の痩せている女性は、何を食べて生きているんだっ?!って話です。

(お菓子とパンとパスタと少量の野菜です。)

「私は痩せていて、スタイルいいでしょ? フフフ♡」とか思っている場合ではないです。

栄養失調という自覚を持たないと、改善しようとすら思わないので、まず自覚しましょう!

 

「私、ちゃんと食べていますけど!」と思った貴女、ちゃんと食べていたら、そこまで体重は下がりません。

痩せているように見えても、筋肉や骨がしっかりしていて、無駄な皮下脂肪(内臓脂肪がほとんどない上に)はあまりついていない、という状態であって、その場合は、BMI<18.5ではないと思います。

人間ドッグで、もっと「低体重」と表記するだけではなく、「栄養失調」せめて「栄養失調の疑いがある」くらいまで、はっきり書いたほうが良いと思います。

「低体重」と書かれている女性で、それを問題視している女性に会ったことがないです、ほんとに。

 

ほんとにたくさん食べていて、それでもどんどん痩せていくというのであれば、なにか消耗性の病気があるのかもしれません。そういう場合は、病院に行って精査が必要です。

(こういうのは、急に痩せた場合が多いです)

でも、ほとんどの方は、昔から(下手すると子どものころから)痩せている。。(子供のころから栄養失調ってことですよ)

 

「食べている」と思っている量自体が、圧倒的に少なすぎるのと(自分レベルで比べてもダメです。あと、周りの痩せている女性たちと比べてもダメです。だから、後進国なみの体重になっているわけです)、もしほんとに食べているのに、というのなら、消化吸収が全くうまくいないだと思います。

 

体重さえ重ければ、筋肉骨が軽くて、内臓脂肪皮下脂肪がたくさんついていてもいいのか?!となると、もちろんそれはダメですが、そういう方の場合、糖質の圧倒的な食べすぎもありますが、痩せすぎの方よりも、動物性たんぱく質や脂質も摂っていたりします。

同じダメなら、タンパク質を摂っているほうがまだマシです。

(糖質ばっかりで太っているのは、一番ダメです。いや、痩せすぎのほうがダメか。。どっちがダメかな。。これは血液検査の結果によりますが。。)

 

世の中には、ほんとに太れない方っています。

でもそういう方って、ちゃんと検査したら、ピロリがいたり、胃腸が悪かったり、いろいろと原因があったりします。

検査して、ここが悪い、あそこが悪いとわかると、体重はそんな急に増えるわけでもないし、栄養療法やったからって、何でも解決できるわけではないですが、いろいろと対処できるようになるので、口から食べられない・消化吸収が悪いなら、せめてこの栄養素だけでもサプリで摂りましょうかとか、こういう食事にしてみたら?といろいろできます。それだけでも体調が良くなるわけです。

自覚ですね。大事なことは。

 

低栄養・栄養失調で、まだ若い時はなんとか乗り切れるかもしれません。精神力だけでも。

女性は、とかく無理をしがちなので。。特に、真面目な方・つい頑張ってしまう方はなおさらです。

ところが、40歳も過ぎてくると、気力だけでは無理がほんとに効かなくなりなってきます。。体調が悪くなるんだったら、そこでまた気を付けるかもしれないし、無理もしないようにしていくかもしれませんが、普段は気力で気づかない状態で、いきなり、バタっ!!と大きな病気になる方も多いです。。

どこでどんな風に、来るのかは、誰にもわかりません。。

いきなりでも、ちょっとずつでも、やってきたら、一番困るのは自分なんですよね~。

 

特に痩せすぎだと、年齢がいけばいくほど、老けて見えます。。顔色も悪く、シワも目立つ。。ツヤもない。。

それも嫌だと思いませんか?

 

例えば、小池都知事。

ビストロSMAPに出演された時に、「今日はおにぎり1個(だったか)食べただけ」とおっしゃっていて、かなりお忙しいのはわかっていますが、糖質だけなんてと心配していました。

少し前のワイドショーかなんかで、立ち食いステーキ(いきなりステーキ?)でお肉召し上がっているのが映っていて、安心しました。

小池都知事は、ほんとに頭がいいんですね~。いつも冷静に返答されているし、すぐにパッ!と気の利いたことを返されるし、しかもいつも笑顔で答えておられるのが、とても印象的です。

政治家たるもの、嫌な質問もたくさんされたり、わざと怒らせるような質問もされていらっしゃると思いますが(そういうところは映らない)、笑顔で切り返されていますね。

いつもあれみて、この方スゴイな~と思います。

いつも比べてしまうのが、民進党の蓮舫代表なんですが。。

野党第一党の党首だから、いろいろなお立ち場もあるし、いろいろ言わないといけないのはわかりますが、あそこまで痩せすぎでは。。。おそらくBMI<18.5ではないでしょうか。

あれくらい痩せていて、BMI>18.5だったら、内臓脂肪が多めにあったりとか、腰~太もも周りにセルライトがたくさんついていて、他はガリガリとか、そういう場合が多いです。

(仕事柄、人様の裸もよく診ますので。。)

顔のついている脂肪が少なすぎるのと、コラーゲンもペラペラだから、口回りのシワがとても目立つし、顔の骨格(骨)の形が目立ってしまいます。

お若い時は、あんなに綺麗だったのに。。

あれだけ痩せていて、大声でなにか意見をおっしゃっていると、それが攻撃的だったりすると(立場もあるのはわかりますが)、もっと肉食えば?鉄とBが足りないですよ【もちろん動物性たんぱく質ね)と思ってしまいます。

痩せていると、いくつになっても、服はかっこいいのが着れますし、オバサンぽくはならないのかもしれませんが、私だったら、50歳過ぎたら、小池都知事みたいな体型のほうがいいな~(心配しなくても、絶対にそうでしょうけど)。

お二人を見ていると、女性が責任のある立場の仕事をしていくのは、とても大変だろうなと思います。特に、男性が圧倒的に多い社会の中では。

女性のほうが男性よりも圧倒的に栄養が足りませんから(何十年と月経もありますから)、もっとお肉を食べて、頑張っていただきたいです。

あれだけ忙しければ忙しいほど、体も頭も無茶苦茶使っておられますから、もっと栄養が必要です。

政治家でなくても、皆さんもそうですよ。仕事も家事も子育ても。仕事してなくても自分の世話もあるわけですから、もっと栄養を摂って、体を楽にしてあげましょう。

低栄養の一番の問題は、もちろん病気になりやすわけですが、やはり免疫力の低下です。なので、すぐにいろんな感染症にかかりやすくなります。

痩せすぎをまず問題視しましょう。

今日はよく働きました~。でも、後片付けと準備をしていたら、帰るのが遅くなってしまいました。

こういう時は、たっぷりと栄養を摂って、早く寝るに限ります。

こういう疲れた時ほど、栄養が足りませんから、ばい菌をやっつける免疫力にまで栄養が回りません。油断すると(油断しなくても)やられます~!!

 

こういう、やられる前というのは胃腸も疲れていますから、自分の食べやすいたんぱく質を摂って、できれば消化剤も飲んで、カロリーが足りなければ、糖質を摂るのも致し方ない時もありますから、その辺は臨機応変に。

(でも、糖質の質と食べ方は気を付けてくださいね。なるべくグルコースパイクを作らないように。)

早く寝るのも、と~っても大事!!

 

私は、ビタミックスをガンガン飲んでいるのと、いでよ!オリーブ葉!!(市販のはダメですよ。うちで取り扱っているのと違って効きませんよ。その商品でデータを出しているなら別ですが。くれぐれも、その「商品」で、ですよ。)

オリーブ葉とビタミンBコンプレックスとビタミンCを、経口ですがガンガンターボで行きます!

これで明日朝にはスッキリ!回復~!のはずです。。

 

さて、さっき患者さんから、「あいこ皮フ科クリニックの栄養療法」をクリックしたら、変な画面が出て、メンバーになれなかったと連絡が来ました。

私は管理者なので、ログインしていると、その画面が見れちゃうから、他の方と画面が違うかもですが、「秘密のグループ」にしたから、見れないのかな。。?

「友達」に先になっておくと、私が「メンバー」にする、とできるので、そちらのほうが簡単ですが、「友達」にならなくてもメンバーにはなれると思っていたんですが。。

ダメなのかな。。?

もう一度患者さんには、やってもらっています。

あと、アカウントを取る時の公開範囲の設定ですが、「友達」にして、「友達」を作らなければ、誰も●●さんのページは見れませんよ、と言っていましたが、「自分のみ」にしたら、確実じゃないのか?と思いました。

「自分のみ」にしても、メンバーにもなれるし、「友達」にもなれると思うんですけど。。どうでしょう。。。

ダメだった方、ご連絡お待ちしております!

メールアドレスを持っていない方は、とりあえずfacebookのメッセージ機能を使って、私あてに、メッセージを送ってくださいませ!!!

「あいこ皮フ科クリニックの栄養療法」
https://www.facebook.com/groups/492256380898792/

「お知らせ」にも書きましたが、あいこ皮フ科クリニックで、栄養療法を実践されている方のためのページ(グループ)を作りました。メンバーでないと、投稿内容もメンバー一覧も見れないように設定しました。
まめに受診されている患者さんには、あまり関係のない話ですが。

*メンバーになる条件は、当院で栄養解析をして、食事療法もある程度実践し、サプリメントも購入している方に限らせていただきます。

 

来られている遠方の患者さんを始め、案内を院内で配り出したところです。

食事方法もサプリの飲み方も(マイペースであっても)、ちゃんと理解されている方であれば、放っておいていいんですけどね。

そういう方でも、「あれ?どっちだったっけ?」とド忘れすることもあるでしょうし、日常生活過ごしていて、「これって、どうなんだろう。。」ということにも遭遇しますよね。

もちろん、自分の体調の変化もあるでしょうし。

いよいよ年末ですから、こういう仕事もプライベートも忙しい、普段よりもお酒も飲む、無理なスケジュールをこなす、しかも湿度は低し、インフルエンザやノロは流行っているし、と体からしたら、えらいこっちゃっ!!という世界です。

体調を崩したら、とりあえずクリニックにお電話いただいていいんですが、電話での相談はやっていませんから、「受診されたほうが。。」となるだけだったりします。。

メールアドレスを持っている方も、メールでの栄養療法相談はしていませんので、必要な方が出てきたらいけませんから、なんとか年末年始に間に合った~!という感じです。

メンバーのなり方がわからない時は、とりあえず、メールかお電話ください。

私も、Facebook初心者ですが、自分でグループを作った以上、ちょっとはアドバイスができるかな。。。?

まあ、とりあえずご連絡ください。

30 / 46« First...1020...2829303132...40...Last »