プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 栄養・食事



さて、昨日の続きです。

 

その女性タレントの方もおっしゃってましたが、朝食は、酵素野菜ジュースのみだそうです。。

これを飲んでいるいるから、おなかは空かないとかなんとか。

 

。。。そのジュース1杯で、血糖値、どんだけ上げとんねん、と思ったのは私だけでしょうか。。

 

今、酵素流行ってますね~。

というか、仕掛けている誰かがいるんでしょうけど。

 

「酵素」って、外から摂っても、ダメですよ。

自分で作らせないと。

確かに、野菜や果物・肉や魚などなんでも生の食べ物に入っている成分がありますから、食べることも大事ですが、一体、何が酵素なんだか、という商品も山ほどあって、しかも酵素をサプリで摂る、って、それが製造過程で失活していないという保障もないのに、よく高いお金を出して、買いますね~。

それだったら、普通に生の食材をいろいろ食べているほうが(スムージーなどにして飲むのではなく、絶対に、食べてくださいね。)、ちゃんとした、いろんな栄養素が摂れるから、絶対にいいです。

なんかドロドロのシロップみたいなのや、こげ茶色のカプセルの中に、何かが入っているようなサプリなど、一体、中に何の酵素が入っているというんでしょうか。

それで、一体、何の役に立つんですか?

 

どの商品も、なんかイメージだけで、漠然と健康にいい、体にいい、と誰か(モニターという名の役者さんとか)に言わせているだけではないのでしょうか。

 

以前に、患者さんから、「酵素玄米って、どうですか?」と聞かれて、何ですか、それ?となって、作り方をお聞きしましたが、簡単に言うと、玄米と小豆(合計1升!)を炊いて、1週間かけて食べるという代物で、何が酵素なんだか全く意味がわかりません。

(患者さんは、1升が保管できるジャーを買ってしまったそうです。。

玄米と小豆を一緒に圧力鍋や炊飯器で炊くくらいなら、投資もしていないし、まあ、やってみてもいいと思いますが、一升保存できるジャーって、今後の使い道は。。。台所でかなり邪魔では。。。)

 

で、その時もネットで検索しましたが、地球と大地と自然がどうのこうのと書いてあるだけで、一体何が酵素なんだか肝心のことは何も書いていません。

もちろん、何に効くのか、何を期待しているのかも全くわからない。

挙句の果てに、専用炊飯器6万いくら(!)で販売されていて、酵素玄米が食べられるカフェ?がいくつかのっていました。

炊飯器に6万って、タイガーや象印やパナソニックで、結構いいやつ買えますよね。。

極め付けが、数人の旬の芸能人がTVか雑誌で、酵素玄米がいい、と言ったそうで。。それがブームのきっかけなようでした。

 

食べ物ではなく、酵素としてわざわざサプリなどの形で摂っていいと思うのは、消化酵素くらいです。

自分で作れていないから、消化を助けてもらうわけです。

(で、これでまた市販やネットで、買わないでくださいね。何度言っても、コリないですね。)

 

酵素というのは、たくさんの種類が体の中で、自分のために日々頑張ってくれているわけですが、これらは、口から食べた蛋白質を材料に体が作り出したものです。

いろんな酵素のサプリを摂ったところで、

(酵素野菜ジュースというのは、そういう商品まであるんでしょうか?それとも、スムージーみたいに自分で作っているのかしらん。。で、スムージー専用のジューサーですかね。スムージーのセットを買ってあるのかしらん。。どれにしろ、誰かが仕掛けて、売られている商品ですよね。)

自分の体が自分のために作り出してくれたモノとは、雲泥の差があります。

 

よほど特殊なモノで、これはさすがだ!というモノはもちろんありますが、誰でもネットや市販で買えるとは思わないほうがいいです。

そんな特殊なモノは、簡単には買えません。

ちゃんとしたのが欲しい方は、栄養療法オーソモレキュラーをお受けください。

でも、できたら、食べ物で自分で作ることができれば、お金を出して買う必要もないので、私がそれを目指したいし、患者さんにも目指してほしいです。

酵素は、できるだけ、自給自足!

 

先日、京都大丸で、豚肉を買っていたら、食肉売り場の牛肉のコーナーで、「阿蘇の草うし」のポスターが貼ってあるのを見かけて、ポスターを凝視しますと、

これ、国産のグラスフェッドやんっ?!

(穀物飼料で育ったんではなく、放牧で草を食べて育った牛のこと。とても健康なわけです。なので、抗生物質や化学薬品など、ほとんど飲まされずに成長している牛が多いです。)

 

で、牛肉売り場の肉をず~っと見ていると、ありました!「草うし」と書いてあります!

 

。。。全然気づかなかった。。。

 

こんな近くに、グラスフェッド牛、売ってたんや~っ!!

今度は絶対にここで肉を買うっ!!と誓って、大丸を後にしたんでした。

 

そして、ついに今日!大丸に行って、草うし、買ってきました!

週末は疲れが溜まっていますから、これは肉でしょう~っ!!

売っていたのは、焼肉用ばら肉とサーロインですが、バラ肉はホントの赤身で、バラだというのに、嬉しくなります!

DSC_0019

 

 これで、216g でした。国産で、ばら肉でこれ 

 ほどの赤身はあまり見ません。

阿蘇の草うしのHPはこちら。

http://kusaushi.com/story/

今回私が買ったのは、完全なグラスフェッドではありませんが(季節によって、無理なようです)、オージービーフとは香りも違って、柔らかく、家族に評判が良かったです。

(家族は、オージービーフが好きでないので。)

今度から、お金に余裕があれば、この牛肉を買います。

サーロインのほうが、脂身がやや多かったです。

脂身と言っても、グラスフェッドの牛だから、他の国産の牛の脂身とは、成分もしつこさも全然違います。

体は、牛も人間も食べたもので作られているわけです。

 

牛さん、ありがとう。

とてもおいしかったです。

幸せの味がしました。

牛も一生を送るのであれば、狭いところで、短期にぶくぶく太らされてしまう一生と、広~い牧草地に放たれて、好きなだけ草を食べて、好きなように過ごしているほうが、絶対に幸せですよね。なにより、体も健康だし。

人間の勝手でいただいてしまうわけで、牛には申し訳ありませんが、ありがたく頂戴いたしました。

ホントにおいしかったです。

 

草うしを作ろうと企画して、実際、牛を育てて販売できるようにしてくれた「草うしのおじちゃん」ありがとう。

そして、こちらの牛肉は、大丸限定のようです。(関東はわかりません。関西は大体買えるのかな?)

大丸、ありがとう!やるな、大丸!

 

大丸がらみの話ですが、私は靴を買うと、革靴だと、靴の裏を貼ってもらってから、履くんですが、急がない限り、大丸の「リフィッテリア」という、靴のお直し屋さんに持って行っていました。

ヒールが潰れた時も、靴で困ったことがあったら、ほとんど全部大丸です。

心斎橋にも梅田にも京都にも(東京は忘れましたが)、どこで出しても、リフィッテリアの職人さんは、まさしく職人さんで、相談してもドンピシャ!で感心することばかり。

もちろん、丁寧で技術も素晴らしいです。

ヒールの交換くらいだったら、あまり他店との差はわからないかもしれませんが、結構靴のトラブルで相談したこともあり、お金よりも自分たちが儲けることよりも、私と靴にとって一番いい選択肢を提案してくださってきたので(どのお店でも)、靴の修理は、出先で急いでいて大丸がない場合を除いて、いつも大丸でした。

ところが、しばらく忙しくて大丸に行っていない間に、リフィテリアがなくなっていまして!

なんと!靴の修理部門を、ライバル店(というんでしょうか)に売却されたようで、京都大丸でも統合されて、そのチェーン店になっていました。

ちょうど靴を貼ってもらわないといけなかったので、持って行ったら、前と同じスタッフの方もいらして、心配になってお聞きすると、リフィッテリアのスタッフはそのままいます、とおっしゃっていたので、とりあえず安心したんですが、今後はわかりませんよね。。

大手となると、効率や売り上げ優先になってしまうこともあるので。。。かなり心配なんですが。。

大丸では、質を保ってください!頑張れ!大丸!

 

やはりまだ不況なんでしょうか。。

まじめにコツコツ、質のたかい商品やサービスを提供しているお店は、どうしても効率が悪くなります。

だって、お一人お一人に時間がかかるから。(うちもそうですが)

それでやっていくには、純利益を上げていくしかないと思いますが、企業として大きくなればなるほど、いろいろな経費が掛かりますから、特に人件費。。経営が立ち行かなくなっていくお店もありますよね。そうなると、質を落とさざる負えなくなるお店も出てきます。

多角経営されていて、他の事業がうまくいかなくて、売却などもあるんでしょうけど。。

 

ずっとリフィッテリアはあると思っていただけに、もう10年以上お願いしていたので、かなりショックでした。。

 

気が付いたら、好きだったお店がなくなっていることがあり、とても悲しくなります。

なので、この草うしみたいに、企業としての利益がまだそれほど出ていないと私は独断で思っているんですが

(知名度がないのと、大量に流通できないので(育てるのに時間がかかるのと、草で育てるとなると、莫大な広い牧草地帯が必要なので、土地が高い国内ではとても難しい。。。経費がかかりすぎるので、苦労の割に、利益が少ないはずです。)

ホントに正しいことをしているのに、間違った情報で低く評価をされている商品や企業は応援したくなります!

(牛肉の場合、日本では、やはりサシが入らないと、 高い評価がもらえず、そうなると高く売れない)

国内の農業・酪農・水産業・生産業などなんでもそうですね。

日本の品質を守ってくれている方々を応援したいです!

いいこと・良いモノって、反対勢力が強いので、なかなか広がりませんが、良いモノはどんどん広げないとね!

頑張れ!草うしのおじちゃん!微力ながら応援しています!

(って、あまりに人気になって、私の買う分がなくなると困るので、早く儲けて、もっとたくさん流通させてください!)

さっき、ニュースを見ていたら、すぐにキレる子供が増えている、という特集で、ちょっと前からかなり言われいたことですが、最近では、暴力を(先生や友達に)振るう子供がすごく増えているそうです。

グーで殴ってきたり、モノを平気で投げつけたり。。。

いろいろな原因があるんでしょうけど、ただキレるだけでなく、暴力となると、しかも小学生で!ここまで来ると、親のしつけの問題もかなりあるかと思いますが。。。

注意されたこともない、親に叱られたこともない、同じことをしているのに、どうして学校では叱られるのか?!と子供側の言い分からしたらあるようで。。

ホントに、親のしつけが悪いのはかなりありますよね。

 

街中でも、ひどい親と、しつけも注意もされたことのない子供とセットになっていたら、最強ですものね。

傍にはよりたくないな。。

ひどいのが、子供がぐずると、すぐに口に中に、食べ物(お菓子などの糖質)やジュースを放り込む母親(父親もいますが)!

これをされた子供は、すぐに血糖値が急上昇しますから、一瞬おとなしくなります。

けれど、またものすごい勢いで、血糖値が下がりだしますから、この時にもイライラして、キレたり、暴れたり、余計ひどくなったり。。

で、また口に中に何か放り込まれて、血糖値が急上昇して、この急上昇している途中で、インスリンはバンバン出過ぎるわ、そのうち下がりだすわ、血糖値が下がりだすと、しかも急激に低血糖に向けてまっしぐらですから、アドレナリンやらバンバンで出します。

興奮させますよね~。

興奮しすぎて、暴力をふるうこともあるでしょうし、低血糖になろうと下がり始めた途端に暴力をふるうこともあるのかもしれません。

全ての情動が血糖値とそれにまつわるホルモンに支配されてしまっているのです。。

しかも糖質の摂り過ぎと、必要な栄養素は全然摂っていないので(そういう食事を母親が出すから)、興奮を抑えるGABAも作れていない。。

最悪です。

ホントに、食育は見直さないと、日本は滅びてしまうかも?!

 

これらは、もちろん子供が悪いのではなく、女性誌などに載っている、流行りの食事法などを良く調べもせずに、そのまま乗っかってしまっている母親達が悪いんです。

肉は悪魔の手先か?!というくらい敵視して、肉(特に牛肉)は子供に全然食べさせていない。

かといって、他に肉や魚などの魚介類や卵(卵は子供の場合、アレルギーの問題もあるので難しいところですが)などの動物性蛋白質を食べさせているわけでもなく。。

食べさせているのは、野菜と白米と大量のパンとパスタとその他の炭水化物とお菓子。そして、ちょっとの豆製品。

オーガニックだから、添加物がないから、となっていれば、いくらでもパンやお菓子を食べてもいいと思っていないか?!というくらい、「だって、体にいいんでしょ」とばかりに、野菜とパン・パスタ三昧。

一体、何がヘルシーなんだか。。

 

私から言わせれば、女性に載っている、とってもヘルシー!な、なんちゃってベジタリアンやマクロビは最悪です。

自分でするのは勝手ですが、子供を絶対に巻き込まないでほしいです。

絶対に、動物性蛋白質でないと摂れない栄養素というのがあって、そんなことをしていたら、特に成長期に、背が伸びない・発達障害が出る・スポーツができない、足がもつれる、精神の成長が遅い、というだけでなく、ホントに頭、バカになりますよ。

栄養素は足りないと、脳は酸欠で、集中力もなくなるし、本も読めません。何回読んでも、頭に入って来ないし、理解もできない。受験なんか乗り切れませんよ。

受験でいい学校に入れたいんだったら、動物性蛋白質(特に牛肉、そしてレバー)をガンガン食べさせることですね。

 

子供は成長期なので、糖質は摂ったらいいと私は思いますが、バランスと、摂る種類と、摂り方が間違っていると、摂らないほうがマシかもしれない、となってしまいます。

呪いにかかると、子供達もすぐに欲しがりますから、麻薬と同じですね。

呪いにかけないように、吟味して食べさせないと。

難しいと思う方は、とりあえず、口に入れるモノの割合を、動物性蛋白質をまず増やすことですね。

子供を塾に入れて、お受験させて、えげつないストレスをかけるくらいなら、ちゃんと栄養のことを、お母さんが勉強してください。

自分が勉強もしないのに、子供にだけ、そんなツライことさせても、子供は見抜いていますから、お母さんが塾の間、ママ友とランチしたり、お茶したり、遊んでばっかり!で、口だけうるさい!となると、(しかも糖質ばかり食べさせていたら、子供はすぐにキレますから)ホントに子供から憎まれたり、家庭内がむちゃくちゃになりますよ。子供もツライ感情を抑えることもできませんから(栄養がないから)

 

ぱ~っと思い浮かんだことを書いたので、うまく伝わっていないかもしれませんが、正しい知識を、家で料理を担当する人が持っていないと、家族全員道連れです。

特に、一番犠牲になるのは、まだ買い食いもできない子供です。

(こういう子供が買い食いできるようになると、また買い食いするのは、糖質なんですが。。)

 

ちゃんと順序立てて、勉強もしたいし、もっと詳しく知りたい、という方は、こちらの本をどうぞ。

「子どもの「困った」は食事でよくなる」

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4413043316/orthomolecule-22/

以前にもご紹介した溝口先生の本です。

一般書ですから、医療関係者じゃなくても、わかりやすいようになっていますし、難しい本では全くありません。

ホントに目からウロコの素晴らしい本です。

さっきのニュースに出ていらした団体の方々にも読んでいただきたいし、厚労省・文科省の子ども担当の方々にもぜひ読んでいただきたいですし、なにより、子供をお持ちの、あるいは、子供に食事を与える機会のある方は、ぜひ!

そうやって、いろんな情報を集めた上で、何がいいのか、ご自身で判断されてください。

 

ただ、ひとつ、問題点が。。

これを読む、お母さん自身が重度の栄養障害であれば(自覚のないところが恐ろしいですが。。)、本の中身が入って来なかったり、意味がわからないかもしれません。

また、読んでも、「うちは足りてるから大丈夫」と思っているとしたら、それこそ理解されていないと思います。

はっきり言って、全然っ!足りていませんっ!!

いまだかって、私も含めて、栄養が足りている女性にあったことはありません。

特に、痩せている方でれば、あるほど、栄養障害は顕著です。

(太いから、まだマシというわけでもないですが。。少なくとも、痩せている人よりは、肉を食べていることが多いから。糖質ばかりで太っいると、なると、これ一番、最悪かもしれません。)

その場合は、まずお母さんご自身が、栄養療法オーソモレキュラーをお受けください。家族のためにも。ご自身のためにも。

DSC_0015DSC_0013DSC_0012

さて、キャンペーンのお菓子ですが、栄養療法オーソモレキュラーのサイトでも販売されている、香川県のルーブさんの糖質制限フィナンシェです。

http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/list.php?category_id=10

私が注文するのが遅かったため、10月の最初に来られた方には、違うお菓子でした。

でもまあ、一番人気は、ビタミックス®(ノンシュガーの高濃度ビタミンCのドリンクタイプのサプリ)ですが。

 

ルーブさんのお菓子は、ホントにどれもよくできていて、安心して召し上がっていただけます。

もちろん、糖尿病の方も!

 

ただ、だからと言って、いくらでも食べていいわけではないですよ。

こういう糖質制限のお菓子っていうのは、血糖値が上がっていないことを脳もわかっていますから、甘いのに???と脳もアレレ?と思いますから、なんか満足しなくなって、そのうち本物(本物の砂糖の入ったもの)が食べたくなってしまうかも。。?!

なので、こういうお菓子でも、ほどほどに。

なんでも、どんなに体にいいと言われているものでも、食べ過ぎや偏り過ぎとか、そればっかり、というのはいけません。

いろんな種類を、種類もちらせて、というのが理想です。

 

糖質制限始めたばっかりで、なんとか切り抜けたい時とか、ちょっとしたひと時とか、あると便利です。

うちで、味見されてから、サイトでたくさん買われてもいいんじゃないですか。

一般の方は、味見はなかなかできませんものね。

 

ついでに、糖質制限のアマンドショコラのご紹介です。

http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/detail.php?product_id=23

 

こちらは、在庫がある時、販売しています。

今在庫が少しありまして、1箱¥540(税込)です。

アーモンドに、コーティングしてあって、これはちょっとクセになります。。

賞味期限は、11月30日ですので、ご希望の方は、お早目に。

次回の入荷は未定ですが、オーソモレキュラーのお菓子をご希望の方で、当院でお受け取りされる場合は、お早目におっしゃってくださいね。

(そうすれば、送料がかかりません。うちでまとめて発注しますから。)

 

本日、「オーソモレキュラー.jpモール」http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/list.php?category_id=10

でも発売されています、香川県のルーブさんのフィナンシェが届きました。

私が発注するのが遅くなったので、キャンペーンのお菓子だったら食べたかったのに。。という方には申し訳ありません。

今後、切らさずにご用意しておきます。

糖質制限のフィナンシェって、いろいろあるでしょうけど、こちらは、食べ応えがあり、ホントに補食としても十分です。

これで糖質制限か?と疑いたくなるくらい、よくできています。

「糖質制限」のように見えるお菓子でも、実際食べてみると、これ、血糖値上がっていないか?!と食べていて疑いたくなるものもあり、食べ出したら止められないといいますか。。安心して食べていたら、その後、血糖値が上がって、低血糖になっているような感じがしたことがあり、血糖値を測っていないので、真実はわかりませんが。。。それ以来、なんか怖くなりました。

その点、オーソモレキュラーのは、大丈夫です。

抜き打ちチェックようなこともされていらっしゃるはずです。

最初は、ちゃんと糖質制限で作っていても、そのうちめんどくさくなったり、経費がかかるから、ごまかす業者さんも出てくるそうです。

その結果、生き残っていく業者さんが少なく、なかなか新商品が出てこないそうです。

それだけ、糖質制限で、添加物も安全なものをできる限り、なるべく使わない方向で、となると、かなり難しいのです。。。

 

ルーブさんのお菓子は、ホントのおいしいので、一度本店に行ってみたいものですが、ちなみに本店には、糖質制限のお菓子は置いていないそうですので、ご注意ください。

 

さて、11月8日に、栄養療法オーソモレキュラーのセミナーがあるんですが、そこで、よく栄養療法をされている先生方に混じって、溝口先生が仕切られて、ディスカッション形式のセミナーで、ディスカッションをする側に誘っていただきました。

こんな機会もめったにありませんから、喜んでいたところ、そのセミナーのご案内ができあがってきたんですが。。。

 

。。えらいことになっています。。

私など、まだまだですのに、そんな大それたお仕事?というか、自分の勉強のためと思っておりましたら、もちろん勉強もさせていただくですが。。。なんか責任重大です。。。うう。。

また他のディスカッションされる先生方は、そうそうたるメンバーで、私ついていけるかしらん。。

ああ。。どうしましょう。。

 

とりあえず、準備とさらなる勉強ですね=。

 

このセミナーは、いろんな科の、そうそうたるドクターがいろんな症例を持ってこられるようですので、これから栄養療法オーソモレキュラーを始めたいと思っていらっしゃるドクターには参考にしていただけると思います。

(私はどうなることやら。。)

午前中は、溝口先生の話題の食事方法の講演もありますから、楽しみです。

 

糖質制限の勉強をしていて思うんですが、人間以上に、犬や猫などのペットや、その他の動物なんでも、糖質って、本来なら食べる食材じゃないですよね?

 

原始時代からず~っとさかのぼっていくと、農耕を人間が始めるまでは、糖質なんて、ホントに食べていなくて、食べていたとして、狩猟などに出かけた時などにたまたま巡り会えた木の実や果物、何かの種とか、そんなものくらいですよね。

果物も、今の時代のスーパーやデパートで売っているような、ものすごく糖度の高いものではなく、野生のもので、果肉も少なかったり、多くても、水っぽいだけで、甘さはそれほどではないようなもの。。

あとは、木の根っことかくらいで、まず血糖値が上がるような食べ物は食べれなかったはず。

なので、人間の体自体、糖質を必要としていない、というのが、糖質制限をしても大丈夫と言いますか(誰でもではないですよ)、考え方の根本としての根拠とされていると思います。

 

で、そうやって考えていくと、どの動物も、糖質がバカバカ食べられるような環境で生まれて進化してきた動物はいないですよね。

 

よく、犬や猫が、エサ(カリカリでも缶詰でも)を上げて、かなりたくさん食べたはずなのに、しばらくしたら、おなか空いた~っ!!と訴えてくること、ありませんか?

ペットを飼ったことのある方であれば、一度は経験されたことがあるかと。。

あるいは、食べ終わった後に、もっとちょうだ~い!とおねだりされたことはないですか?

 

まだ缶詰なら、肉や魚っぽいですが、カリカリって、絶対糖質入ってそうですよね。

 

私は獣医ではないので、犬や猫の祖先までよく知りませんが、多分犬って、オオカミでしたっけ?猫は山猫でしょうか?

違っていても、そういう系統の動物で、もちろん祖先は野生です。

糖質なんて、食べていたわけがない。

 

今の犬や猫が糖質を食べるのは、人間が与えるからですよね。

 

家畜というか、一緒に共同体として暮らしてきて、今みたいなペットフードが買えない時代は、余った残飯を上げていたわけで、それらのほとんどが糖質(猫まんまとか、ご飯に味噌汁かけたりとか)だったのでは?

 

そう思って、先日、ホームセンターに行ったついでに、ペットフードを片っ端からみてみました。

 

その場にあったドライフード全てに糖質がしこたま入っています。

缶詰にも、かさましのためか、入っているものが多いです。

(何が入っているのか、よくわからんようなモノも入っていたりしていましたが。。)

これだけ、糖質がエサに入っていたら、そりゃ、犬や猫は、おなか空いた~っ!!とねだってくるし、また飼い主としては、喜んでほしいから、またあげちゃう。。。とメーカーの思惑にはまってしまてます。。

 

まあ、そうなってくると、犬でも猫でも、生肉を上げないといけなくなりますが。。

 

で、本日の本題。

牛!

 

日本の牛肉って、サシが入っていて、サシが綺麗に入っていたら、見た目としては、いわゆる「いい肉」ってことですよね。

 

でも、サシって、あれ、脂ですよね。

人間に置き換えると、筋肉内にあれだけ綺麗に脂肪が細かく入り込んでいれば、それ、メタボですよね。

 

牛なんて、元々草しか食べない生き物なのに、とうもろこしなどの

糖質を山ほど食べさせて、太らすって。。。

それ、りっぱな糖尿病と高脂血症と高血圧、ですよね。

 

私は、牛肉を買う時、よほどのことがない限り、赤身を買います。でも、デパートではいくら赤身といっても、ちょっとサシが入っているので、なるべくスーパーで買うようにしています。

先日、牛は草した食べていないのが一番牛にとっては健康では?と気付いていから、国産や止めて、オーストラリア牛やニュージランド牛を買うようになりました。

立派な赤身です。

カナダ産やアメリカ産を見かける時もありますが、確か、カナダやアメリカでは、牛などには、とうもろこしや大豆をたくさん上げているはず。日本同様、早く大きくするためでしょうか。。

 

昔、吉野家がOGビーフではダメで、アメリカ産じゃないと!って、アメリカ産にこだわっていると言われた時がありましたよね。

アメリカ牛だと、和牛に味が近いんですってね。

 

本当の赤身の肉は、そのまま普通に焼いたら、縮んで、筋だらけで硬くて食べられない、という声も聴きます。ちょっと工夫が必要です。

 

イオンのタスマニアビーフがいいんじゃない?と気付いて買いに行きましたが、イオンのタスマニアビーフは、日本人の好みに合うように、エサに穀物を混ぜているそうです。

草だけ食べてさせたらいいやん~っ!とちょっとショックでした。

(行ったら、買いますけどね)

 

先日、患者さんに、このお肉の話をしたら、草しか食べていないgゆうにくは、草臭い、草っぽい香りがして、おいしくないし苦手、とおっしゃる方がいました。嗅覚に敏感な方です。

う~ん、確かに。

私は気にならないんですが、そういうのに気付かれる方は、確かに、イヤかpも。。

 

できれば、日本でも、草だけ食べさせて育てた牛の肉を売ってくれないかな~、と思います。

あるにはあるようですが、あまりにも流通量が少なすぎて、一般のスーパーにまではなかなか卸すのは難しい。。。

日本では、サシがないと、お肉のランクも下がるようで、ますます牛を育てるのに、草だけ、という酪農をされている方はかなり少ないんですね。。

 

牛の油って、ちょっとくらいは食べたらいいと思いますが、サシの入った肉をたくさん食べるのは、止めておいたほうがいいなと。。

肉を食べる目的は、たんぱく質補充なわけで、牛脂が食べたいわけじゃない。。

 

もっと国産の赤身のお肉が重宝がられたら、そういう酪農家の方も増えてくると思うんですけど~。いかがでしょうか。

「3f」ってご存知ですか?

食欲を抑えてくれるサプリと言いますか、お口に、プシュ、プシュと2~3回スプレーすると、あれ、ちょっと気が済む、というか、食べたい気持ちを紛らわせてくれます。

ものすっごい効くわけでもないですが、とりあえず、ちゃんとスプレーしたら、その場をやり過ごせるし、(その時に、スプレーのことを覚えていて、ちゃんとするかどうかがポイントではありますが。。)

なにより!

副作用がないっ!!

成分が、体に負担のかかるものが入っていませんから、合う合わないということはありますが、続けるなら、血液検査をしないといけない、たくさん処方するわけにはいかない、などなど、脳に作用する危ない薬たちとは違って、まあ、安心です。

 

むか~し、うちでもサノレックスを開業当時置いていましたが、適応のない方が圧倒的に多く、しかもそういう人に限って、欲しい欲しいと言うので、イヤになって、止めました。

まあ、かなり予約の段階で、診察して適応がなかったら絶対に出しませんよ、と念押しして予約を取っているにも関わらず、です。

それでもいいなら、診察の予約を取りますが、と言っても、診察希望なので、予約を取りましたが、まあ、ほとんど処方したことはありません。

たま~に処方する場合は、まあ気持ちはわかる、という場合で、(体型などもですが)処方して、10個までだったか。。

先日、中身を破壊して捨てました。

 

糖質の呪いが完全に解けた私は、食欲を抑える薬を使う必要がなく、生理前など、いろいろ食べたくなっても、糖質制限のお菓子などで乗り切るので(生理前は、レバーや肉を多めにもしますし)、なんとか無事にいけています。

 

でも、患者さんで、なかなかお菓子が止められない方など、自制できない時の、ちょっとした助けにはいいかな、と。

 

3fは、薬ではなくて、サプリの部類に入るんでしょうけど、こういう助けなしでいければ一番いいんでしょうけど、まあ、これくらいならアリかなと。切り替えできるまでの間にね。

 

うちの患者さんでも、徹底して糖質制限したほうがいい方から、食べる順番を変えましょう、量を減らしましょう、という方までピンキリですから、うまく乗り切れたら、ほとんどの方がわりといけているようです。

たまに、アイスクリームとか、はまっちゃう時もあるようですが。。

ご飯は止められても、お菓子関係が難しいですよね。。

ホントは、それだったら、ご飯食べているほうが、よほどマシなんですが。。

お菓子の魔力には敵いませんね。。

 

でも、これ作っていた会社、倒産ですって。。

ヨーロッパでしたっけ? 忘れました。。すみません。。

 

うちも在庫がなくなったらおしまいです。

気になる方・欲しかった方・欲しい方は、お早目にご予約ください。

カウンセがお済の方は、お電話でお取り置きしておきます。

早いモノ勝ちです。

 

私がお勧めしている栄養療法は基本は食事が基本ですが、食事の内容や、摂り方ですね、食べる順番とか、栄養素の摂り方や方法など。

でも、患者さんの症状やどこまで改善したいのか、どれくらいの早さで改善したいのか、それに加えて、血液検査の結果から推測される、今の体の状態ですね、やはりそうなってくると、食事だけでは難しく、栄養療法オーソモレキュラー専用のサプリを摂ることをお勧めしています。

 

血液検査をされた方は、解析結果のレポートを全員の方にお渡していますが、皆さんにご説明しているのは、まず値段のことを度外視して、結果から、今の貴女の症状と結果から、必要と思われる栄養素・摂った方がいいと思われる栄養素(サプリ)の一覧です。

 

もちろん、予算に余裕のある方は、全部購入されたらいいですし、サプリの一覧に、まださらに足して摂取されるのも、全然OKです。

食事療法がいきなり変えられない方も多いので、それをサポートするサプリもありますし、便秘や下痢の方であれば、解析結果以外にも腸の環境を整えるというのもとても大切ですから、改善したい症状の蘭に、「便秘」「下痢」と書かれていなければ、腸内環境を整えるサプリは、あまり入ってこないことも多いので、それのサプリも、となると、余計にお金がかかります。

 

でも、みんながみんな、全部変えるわけでもないですし、まして、1か月飲んだからって、今まで飲んでいたサプリ全部がいらなくなるわけでもないですし、症状が変われば、必要なサプリも変わることもあります。

要は、続けることが大事で、体調を少しでもいい状態に持って行く、あるいは維持できるようにする、ということが一番大切です。

 

最初の1回目から、張り切って、全種類を購入される方もたくさんいらっしゃいます。

今まで、サプリをあまり飲んだことのない方であれば、まず飲むクセをつけるのも大変でしょうし、飲み方が間違っていて、そのせいで飲むのがイヤになっている方や、食事療法を勘違いされていて、え?なんで?みたいなこともあります。

定期的に通院して、そういったことを確認させてもらいながら、できる範囲でやっていくことがとても大切です。

 

サプリを全種類飲めない場合、とりあえず優先順位があるんですが、優先順位を間違ってしまっている方もいらっしゃいます。

時々は、お渡してしている解析レポートを読み返していると、間違いはかなり減るんですが、他のことに夢中になって、思い違いしたまま、いっちゃうことも多々あるようです。

 

時々、他院で栄養療法をされたことがあって、「栄養療法=高い」みたいに思いこんでいる方がいらっしゃいますが、フルで言われるがままに買うから、高くなるんですよ。

そりゃ、勧められたモノ全部飲めたら(買えたら)飲めばいいですが、おそらく、ですが、あまり説明も受けずに買ってしまった方や、はりきりすぎて、続かない方など。。

そうなると、お高いイメージだけが残るのかもしれません。

 

例えば、一番よくおススメする栄養素ひと粒、一日1個飲んだところで、1日70円でお釣りがきます。

よく処方する2種類を、1日1個ずつ飲んでも、130円するかどうか、です。

毎日、ペットボトルを買って、なにか飲んでいる方、コンビニなどで、コンビニスイーツや菓子パンを買って食べている方など、1日130円、140円って、いくらでも捻出できると思いませんか?

解析レポートには、仮に1日6個と書いてあっても、もちろん、その量通り飲めたら、改善もかなり早いのは早いんですが、無理なモノは仕方ありません。

でも、そのたった1個ですら、同じ栄養素を食事で摂ろうと思ったら、尋常ではない量なので、栄養療法オーソモレキュラーのサプリは、モノによりますが、食事で代わりに、となると、まあ、不可能な量です。

 

美容医療でもそうですが、フルマラソンを走るのに、最初の50mで、全力疾走しちゃって、その後、棄権しました、というのでは、何をしたんだか。。ってなりますよね。

まして、美容医療や体調って、一生死ぬまで付き合っていくものです。フルマラソンでは終わりません。

途中で休んでもいいから、歩いてもいいから、自分にとって無理のない範囲で、ダラダラでいいから続ける、ということがとても大切です。

 

予算に余裕のない場合は、もちろん食事療法はかなり頑張っていただかないとかなり無理ですが、とりあえず、ひと月分のサプリに回せる予算を決めるのも手です。

予算内で、どう買われるのか、組み合わせ方によっても違います。

予算が決まったら、組みあわせ方は、お教えしています。

限られた予算内で、フルでの飲むのに劣るのは当たりまですが、無理のない範囲内でのご提案はしています。

 

最初の1か月目で無理しちゃって、なんかちょっとマシになった気があるなら、予算の続く限りで、1日1個でも1種類でもいいから続ける。

 

オーソモレキュラーもどこまでするのかは、患者さん次第です。

 

病態によったら、1日1個では全然という方はいらっしゃいますが、前に進むことが大切です。

 

ちょっと飲む分には、全然高くないです。

高いと思う前に、どのサプリがどう減らせるのか、さらに減らしたらいくらになるのか、そういったことが心配になっていらっしゃる方は、どうぞご相談ください。

 

ポイントは、「無理なく続ける!」

無理は続きませんからね~。

今日は、簡単に栄養療法オーソモレキュラーのサプリのご紹介です。

 

忙しくて、食事ができない日があったりすると、糖質制限をしているおかげで、食事時間の間隔が空いても、全然我慢できるんですが、食事回数が減ると、トータルで摂れる栄養素も減るし、食事をしていないので、サプリも飲んでいない(飲む時間やきっかけがない)となると、それは、私はとても困ります。

栄養は補充しておきたいわけです。

 

で、栄養療法のプロテインだけでも飲むようにしていましたが、飲めない日もあり、プロテインを飲んでも、サプリは飲む時間がないとか。。

 

う~ん、なんか他に方法がないかな?

と思っていたところ!

思い出しました!DSC_0011

オーソプロテイン!

 

 

簡単に言うと、オールインワンの食事の代わりの置き換えダイエットみたいなもの?

DSC_0012 30袋入りです。30回の食事分ですね。

食事の代わりでもいいですし、食事の補助でもいいです。

水でも豆乳でも、お好みで溶かして、お飲みください。

 

一般的なモノとの違いは、入っている栄養素が全然違います。

筋肉量は増やすために、たんぱく質はかなり強化されていて、消化吸収しやすいように工夫もされていて、ビタミン・ミネラルはたっぷりです。

すごいんです~。

 

忙しい日の昼食替わりと思っていたら、最近夜が遅くて、晩御飯の置き換えになってしまいました。

今日で、2日目です。

まあ、いいか。ダイエットになって。

 

私は、これにさらに晩だとサプリを足すので、最強です!

フハハハハ==っ!!

元気だ=っ!!

 

ちなみに、お値段hあ、30袋入りで、¥27.000(税込)です。

1回¥900ですから、食事の代わりで、栄養満点となると、かなりいいと思います。

 

さすがに、これは、普段置いていませんので、お早目におっしゃっていただくか、処置や診察時に、説明を受けられた後であれば、手続きの上、送料¥540で、ご自宅にお送りいたします。

(電話だけでは送りませんよ。必ず、診察・説明を受けてください。)

 

こちらには、元々がダイエットのための開発なのか、ダイエットの

ための、より効果を出すための、説明書みたいなのと、「ダイエット日記」がついています。

よろしければ、ご利用ください。

 

昨日の続きの副作用を書くつもりでしたが、ちょっと時間がないので、今日は簡単に。

 

前々回に書いた栄養と性格の話の続きです。

 

女性の方で(男性でもそうかもしれませんが)、イライラばっかりしている方、あるいは、生理前には性格が変わったようにイライラする方、しかもそのイライラがひどいなと自分で思う方、世の中に悪態を付き過ぎる方、妬んだりひがんだり、愚痴ばかり多くて、マイナス思考の方、自分に全然自信がない方、暗い考え方ばかりしてしまう方、なんにもヤル気がなくて、自分のことばかりせめてしまう方、逆に、人のことばかりが気になって、周りに合わせないと不安で仕方ない方などなど。

自分のことがイヤになっている方、もしかしたら、自分はとても性格が悪いんじゃないか、としょっちゅう悩んでいる方、なんとかして変えたいと思っている方。

 

ご安心ください。

貴女が悪いんじゃありません。

貴女が性格が悪いわけではありません。

栄養が足りないんです。ええ、きっと、多分。

 

栄養療法をされている患者さんにも時々申し上げていますが、いわゆる自己啓発本で、性格を変えるような本、ありますよね。

考え方を変えましょうとか、こういう風にしましょうとかこういう風に思いましょうとか、いろいろ。

読まれたこと、あります?

私も読んだことありますけど、たくさん読んだわけではありませんが、わかっているけど、できないっちゅーねんっ!っていう内容が多いことないですか?

こういう風に視点を変えてみる、という考え方は、とても役に立ちますが、だからって、イライラしなくなるとか、性格が良くなるとか、そういうわけでもないですよね。

そんな本で済んだら、そりゃ~、楽でいいんですが。

 

栄養がね、足りていないから、いくら本を読んでも、無理なモノは無理です。

だって、栄養がないせいで、脳が酸欠だし、酸素が足りなくて、アップアップしていますから、まともに考えろ、って言われても、できないんですよ。

だって、酸欠ですよ?!

細胞も大変ですよ~。酸素足りないんだから~。

酸素だけでなく、ビタミン・ミネラルなど、大事なモノが全部足りませんから、酸素だけ足りたとしても、ダメなんです。

神経の伝達もうまくいくわけがありません。

 

自己啓発本もいいですが、そんなの読んで、できない私が悪い、とまた責めてしまう前に、栄養を摂ってください。

栄養がちゃんと足りると、自分に余裕ができますから、全くイライラしなくなるわけではないと思いますが、多分、日常生活がかなり平和に、幸せになります。きっと。

 

栄養が足りてますよ、と検査でもちゃんと出ているのに、それでも性格が悪い、と思うなら、そういう本をたくさん読んでください。

同じ本でも、栄養が足りていると、意味の捉え方が変わってきます。

理解力も想像力もアップしますから、なんせ、酸欠が治るわけですから、細胞も神経もなんでも元気です。

幸せを感じるホルモンもたくんさん出ているので、世の中に悪態をつくこともきっと減ります。

 

そうやって、悩んでいること自体、性格がいい証拠です。

貴女のせいじゃないです。

生まれつき、性格の悪い方というのは、いるのかもしれません。

生まれつき、性格のいい、聖人君子みたいな、神様か仏様なのか、マザーテレサの生まれかわりか、みたいな方、いらっしゃいますよね。

でも、どっちの人も、そうそういませんよね。

物心ついた時から、性格が悪いと思う、と悩んでいるなら、それも栄養が足りないんです。

お母さんが栄養不足だと、赤ちゃんの脳にも栄養が足りません。

栄養が足りないお母さんのオッパイでは、赤ちゃんの成長にも栄養が足りません。

なので、物心ついた時には、もう栄養のバランスが悪い可能性があります。

悩んでいる時点で、大丈夫ですよ。

わかっていらっしゃるから。

 

悩んでいるくらいなら、お肉、食べましょう。

卵も魚も貝もね。

糖質は少な目に。

そのついでに、血液検査も受けて、栄養解析をされてみてください。

きっと、良くなるから。

別人みたいに変わります。

他人からわかることもあれば、自分のこころの中の葛藤が減るので、ストレスも減って、精神的にとても楽になります。

自己嫌悪が減りますよ、ホントに。

 

それでもダメだったら、それは、ゴメンナサイ。

栄養の問題ではありませんでした。