プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2024年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 栄養・食事



いや~、最近ブログさぼってました。すみません。。なんか忙しくて。

患者さんの栄養解析を一生懸命解析依頼かけてました。

なんか血液検査とか返ってくるのって、重なるんですよね~。

どうしてかな~?と思うと、同じ日に検査している方が重なっていたからでした。なるほど。そりゃそうだ。

先日は、一日中、栄養解析の結果説明に明け暮れた日があり、ちょっとビックリ!

解析結果単独の方もいれば、脱毛や頭の育毛メソセラピーや顔のタイタンやジェネシスやら肝斑セットやらと、他の処置の間に説明することも多いです。

私の先日の4回目の結果も、ちょっと下がってしまい、判定は

Cっ! Bから下がっちゃいました。。血液検査見て、疲れてるんだな~と思っていましたが、良くなっているものもあり、マスクされていた本当の結果が見えてきたのかもしれません。

ちょっと良くなって、いろいろわかってくると、他のいろいろなモノも摂りたくなってしまい、減ったはずが、増えてしまうという。。。欲にはキリがありませんね。。

患者さんのお肌の状況とかいろいろな話とか、今かかっている病気とか、過去の病気とか、先に聞いているので、血液検査、悪いんだろうな~と思っていると、なんとなく予想通りだったりする時はいいんですが、予想以上に悪かったりして、本当に気力だけで、頑張っていらっしゃるんだな、と思うと、胸が熱くなりますね。

よくぞ仕事も休まずに、毎日元気そうに過ごしていらしゃることです。

あ~、頭が上がりませんね。

女性は、すごいっ!

どうしても月経がある間は、絶対的な鉄欠乏になるので、男性よりも、初潮が始まった頃から、身体的にハンディを負っているのです。

頑張れ!女性!もっと肉、食え!

閉経したら、出血は止まるわけですが、もっとお肉やレバーを食べないと、溜まっていきませんからね。頑張れ!

さて、この週末は、またまた東京へ、栄養療法オーソモレキュラーのセミナーに行って来ました。

今回のテーマは、「皮膚」っ!

これは、行かねばなりますまい。

午前中と午後の半分くらいは、みっちりと理論の勉強ですが、新しく知ることもあったり、合点がいって、目からウロコがボロボロ大量に出ましたね~。

いや~、良かったです~。

あと、自分がやっている治療(スキンケアや内服や外用やレーザーなど含めて、皮膚全般に関する治療)が、栄養療法的にも良かって、科学的に説明するとこういうことなのね、と嬉しくなってしまいました。

ますます自信を持って、治療にあたっていけます。

パワーアップですっ!

4回目の解析結果と合わせて、ちょっといろいろ変えたりして、ちょうど忙しかったのも手伝ってか、ちょっと痩せました。

いえ、体重はあまり変わらないんですが。筋肉量が増えると、重くなりますからね。

体脂肪がちょこっと減って、服に余裕ができました。

4か月たって、いい感じのところまで来たのもあるので、これからやっと、本当のダイエットの始まりですかね~。

まあ、私の年で、いきなり痩せますとね、皮がたるむのがひどくなりますから、いくら、トゥルスカやタイタンに助けてもらうと言っても、無理なモノは無理です。限界があります。

ゆっくりが基本です。まあ、今くらいのペースでもいいか。

私の甲状腺機能が、ちょっと低下したいた件ですが、ホルモン剤は飲まず、ほかの方法で様子を診ています。

あ!

大島椿の担当の方から、ご連絡をいただきました。

あのカラートリートメント、お試しセットは、もう生産していないそうです。

あら、残念!

でもまあ、そこまで高いものでもないし、他に売っているカラートリートメントのことを思えば、現品でいいと思います。

髪の毛の長さでも違いますし、現品のサイズのほうが使いやすいですしね。

ダークブラウンをして、ブラックを別に日にやる、というのは、私が勝手にやっているだけで、メーカー保証はないですよ?

皆さんももし、マネされるなら、自己責任でお願いします。

もちろん、アトピーとか頭の皮膚に異常のある方が、やって大丈夫、というものではありません。

あくまで、一般の化粧品というのは、皮膚にトラブルのない方のためのモノですから、アトピーだけど、髪を染めたい、という方は、診察に入って、診てから、やってくださいね。

眠いので、寝ます~zzzz

寝てしまう前に、お休みなさい。

昨日、焼肉に行って来ました。

何時に仕事が終わるかもわからなかったし、近くで簡単に、ということで、「焼肉 北山 四条東洞院店」にまたお伺いしました。

昨日は、全然食べる時間がなくて、栄養療法専用のプロテインを、水に溶かして飲むしかない、と思って、朝一にまず1杯だけ作っておきましたが、1杯しか飲めませんでした。今度から、1リットルくらい作っておこうかな~。

(市販のプロテインは、成分で勧めないモノがたくさん入っているものが山ほどあります。成分表を見ても、わからない方は、マネして、市販のプロテインを買うのは、勧めていません。そのお金は、食費に回してください。

当院にお通いの方は、処置中にご相談ください。)

昼のサプリも摂っていないので、焼肉の後、多めに飲みました。

焼肉は、たくさんの野菜と赤みのお肉山ほどとレバー(焼きです)とユッケを頼んで、どんどん並んでいって、食べられるかな。。。と心配になりましたが、全部おいしくいただきました。

健康って、ありがたいですね。

そんな私も、先月、東京のセミナーが2週間毎あって、しかも帰りの新幹線で、品川駅の、「Table Ogino」(でしたっけ?)で、肉肉しいお惣菜2人前とサラダを買って、お酒も飲まずに食べるんですが、食べた後、疲れて寝ちゃったり、資料を見たり、まあ、動きませんよね。

すっごい胃がもたれて、医薬品の消化剤を飲みましたが、効かず、栄養療法用のを飲んで、落ち着いたんですが、さすがに、頻繁になって、胃腸が全然動いていないのがわかって、漢方薬を飲んで、寝る前に、やっとおなかが動き出しました。

あ~、疲れてるんだな、と思ったと同時に、来週、福岡か。。(抗加齢医学会が福岡であったので)とちょっとブルーになりましたが、これは、サプリで乗り切らなければ!

6月もセミナー目白押しです。

やっぱり新幹線の移動がダメみたい。

医薬品も使いつつ、サプリも使いつつ、6月は問題なしです。

胃腸って、ものすごく大事ですね。

だって、食べたモノを消化吸収してくれなかったら、栄養も摂れないし、サプリで摂るって言っても、サプリの吸収も種類のよったら、悪かったり、たくさん飲めなかったり、サプリで全部摂る!って、お金いくら使うねん!という話にもなってくるので、基本は食事です。

お肉をあまり食べない方って、大体体型は細いことが多いです。

痩せ方や肌の状態で、その方の栄養状態がちょっとわかります。

私のように、炭水化物は摂るわ、肉は食べるわ、卵も食べるわ、魚も食うわ、果物も食べるわ、などなんでもたくさん食べていると、そりゃ、太るわな。

お肉食べていない方で、魚と卵はたくさん摂っています!という方は、あんまりいらっしゃいません。

魚は確かに召し上がっていますが、量が全然少なすぎ。。

そういう方は、おそらく小さい頃から、あまりお肉などの動物性蛋白質を食べずに、糖質中心の食生活をしてこられているような。

動物性蛋白質をちゃんとした量を摂っていないと、いろいろと問題が出てきて、直接命に関わらないかもしれませんが、長く続けいていくと、体調がどんどん悪くなっていくことが多く、病気とは診断のつかない不調とか、あるいは、薬だらけになっているけど、全然体調は良くならない、ということも出てきます。

動物性蛋白質は、一番大事!と言ってもいいくらい、大事です。

一番困ることのひとつに、動物性たんぱく質を摂っていないと、まず消化酵素がちゃんと作れません。

皮膚だけでなく、粘膜が強くなく、荒れやすいです。傷んだまま、補修もされないというか。。(材料がないから)

なので、消化吸収がとても大変。

糖質って、しんどい時でも、消化吸収、楽ですよね。

熱が出ていても、おかゆくらいなら食べようか、となりますよね。スープとか果物とか。

熱が出て、しんどい時に、ステーキ持ってきて!という人はあまりいませんよね。

お肉の塊を消化吸収するには、たくさんの消化酵素が必要になります。体も大変です。

それが、栄養が足りていないせいで、できにくいんです。

栄養が極端に足りていない方の場合、いきなり、肉の塊を食べようとしても、すごく気持ち悪くなるか、ホントにちょっとしか食べられないか、下痢したり、おなか痛くなったり、不調になったりします。

(こういう方は、胃の調子が悪いだけでなく、腸の状態も良くないことが多いです。

つながっていますし、同じ粘膜ですから。粘膜を作る栄養も来てないし、腸内環境も、いろいろ理由があって、よくない。)

いろいろお話を聞いて、特に胃薬を飲んでいらっしゃる方など、それでは無理でしょう~、と血液検査するまでもなく、胃腸が悪いですよね、となりますが(患者さんご自身が一番わかっていらっしゃいますが)、病院で薬をもらっているけど、ずっと薬を飲むしかないんです、とおっしゃいます。

医薬品のいろいろな胃薬は、種類にもよりますが、急性の症状はとてもよく抑えてくれますから、もちろん必要な時もありますが、根本的な治療には関係ない薬もあります。

急性期の対処をしたら、今後のことを考えないと、ずっと薬を飲む羽目にもなるし、いつまでたっても、それは栄養が摂れません。糖質ばっかりの生活が続いてしまいます。

そういう方も、栄養療法オーソモレキュラーで、胃腸の状態を改善させる手助けができます。

食事で全部済む、というのが、理想ですものね。そのためには、胃腸を元気にしてあげないとね。

好きな時に、好きなものを、気にせず食べられる

(糖質は、ちょっと気にしたほうがいいですが。。)

それくらい、元気な体になれたら、とてもいいと思いませんか?

肉が食べられるお年寄りになりたいと思いませんか?

お年寄りで肉が食べられるということは、消化酵素もちゃんと作れていて、消化酵素が作れるということは、他のホルモンや酵素もちゃんと作れているということですから、とても元気、ということです。

肝心のことを忘れていました!

お肉は、赤身で!

霜降りを食べるな~!とは言いませんが、食べてほしいのは、たんぱく質なので、霜降りにしちゃうと、脂が半分以上になってしまいます。

ただでさえ、消化酵素もないのに、霜降りだと、すぐに胸焼けしませんか?

量も稼げないし。少々のお肉の脂身はいいんですが、目的は蛋白質なので、赤身でお願いします。

胃腸を元気にする方法は、人によって、症状によって、あるいは血液検査の結果によって、違いますから、使う薬もサプリも食べ方も。

なので、処置中やカウンセ中にご相談ください。

胃腸の調子の悪い方は、やはり胃カメラなどの定期検査はしてください。

粘膜の状態だけは、胃カメラなどで直に診てもらわないと、わかりません。

お問い合わせが多いので、「お知らせ」で昨日アップしておきました。

昨日、寝ながら書いていたので、ちょっと補足です。

レーザーや何かの処置中に、ご相談いただく場合は、栄養解析の検査代しか、かかりません。

栄養療法オーソモレキュラーの初診カウンセリング料金はいただいていません。

処置中に話が終わらないくらい、長引くような、長~い話だと別ですが。。

普段から、いろいろご相談してくださっている方の場合は、何か新しいことが起こらない限り、説明が長引くことはないと思いますけど(笑)。

全く初めての、初診の方ですと、一体何をどう悩んでいらっしゃるのか、何が問題なのか、経過をしっかりお聞きしないといけません。

みなさん、今まで溜まっていたものを、いっぺんにおっしゃるので、初めてお聞きする経過ですから、経過を理解するのに、かなりのお時間がかかることがあります。

ご自身で、まとめて来られると、よりスムーズに、診察が進みます。

食事日記みたいに、例えば1週間何を召し上がったのか、何を飲まれたのか、書いてきていただくと、よりわかりやすいかもしれませんね。

摂取されているものに、悩んでおられる症状が、ドンピシャ!で当てはまっていることがありますから。

そういう方の場合は、まずは、食事の改善が早急な課題です(お酒もね)。

食事も大事な治療のひとつですが、これからのことに、十分時間がお取りできます。

で、血液検査ですね。

食事指導だけで、血液検査はいらない、という方がもしいらっしゃったら、無理強いはしませんが、サプリを飲む飲まないにしろ、血液検査はされたほうがいいです。

だって、一番大事なのが、「自覚」なので。

これが一番実は、難しい。。。そのための検査でもあります。

だって、ホントに、数字になって出てくるんですよね。ええ、そりゃ、もう、ビックリするくらい。。。食べてきたもの、見られてた?どうして、ばれたの?!とビックリされます。

初診の診察で、早速これは飲んだほうが!という栄養素は、サプリをお勧めしています。

どこまで買われるのかは、ご自由です。

お急ぎの方は、解析結果が返ってくるまで、待つ必要はありません。処方できます。

血液検査をどこまで足されるのかはご自由ですが、お勧めした検査は、されたほうがいいかと。。

ホントは、全部いるんですけどね、不必要なものはないんですが、ルーティンにしてしまうと、検査代が高くなってしまうので、任意にしています。

とりあえず、最低限だけ診てほしいと思われる場合には足さなくてもいいんですが、食事の改善やサプリを摂っても、なんかいまいち効果が悪いな、おかしいな、となったら、結局追加して検査しないといけないのと

(追加分だけ、というわけにはいきません。総合的に判断するので。やってはいけないわけではないですが。。他の数値と合わせて判断もしますから。もうこれ以上のムダな時間を取るのは止めておきましょう。)

そこまでかけた時間とお金がもったいないかと。。

まあ、ご自由ではあるんですが。

とりあえず、血液検査の結果が出るのが、3,4日~1週間くらいで出ます。

(再検がかからない限り)

ここで、お急ぎの方は、検査結果を踏まえて、お勧めのサプリを改めてご説明して、処方できるので、本格的な解析結果が出るまで、始めるのはOKです。

一刻も早く始めたほうが。。という方・患者さんのほうが早く始めたいという方は、1週間後くらいに、ご予約を取られたほうがいいです。

そこまでお急ぎじゃない方はみなさん、大体1か月後ですね。

約1か月で、解析レポートが返ってくるので。

その頃に、ご予約を取られる方がほとんどです。

この時は、かなりのお時間がいります。

レーザーなどの処置中に、ご説明が終わればいいんですが、症状も結構大変とか、結果が結構大変とか。。そういう場合は、ジェネシスやワキの脱毛とかの短い時間の処置では、ちょっと無理です。。

そういう場合は、別途、ちゃんとお時間をお取りするよう、お願いしています。

食事だけで、様子を診る方もいらっしゃいますし、サプリを購入される方もいらっしゃいます。

食事は、絶対的な基本ですが、どこまで改善させたいのかにもよりますが、やはりサプリも、ある程度足さないと、なかなか難しい場合もあります。

ただ、どこまでのサプリを足すのかは、人それぞれです。

、最低限の基本の栄養素が足りていないと(まあ、足りていないんですが。。)、その補充は大重要課題になるので、それ以外の栄養素も必要!となると、種類もいりますよね。

また、全然っ!足りていないっ!ヒエエ~っ!!とギョーテンするくらいの方もいらっしゃって、これは食事だけって。。。無理なんじゃあ。。。ということも。。

サプリの種類や、どれだけの量を飲むのかは、症状にもよりますが、お金の問題もありますから、この辺は無理のない範囲で、となります。

(症状によったら、一刻も早く!と年齢がネックになる場合がありますから、そういう方は、他の出費(化粧品やレーザーや美容院とかネイルとか洋服やバッグとか)を抑えてでも、サプリ代に回すほうがいいかと私は思いますが、この辺は、個人の価値観ですから、まあ、その方次第です。

例えば、アラフォーの不妊治療とか、妊娠中とか、深刻な病気などが、1分1秒が大事、とまではいいませんが、ホントに早く始めたほうがいいと思います。

食事も頑張って、サプリも頑張って飲まれている方だと、1か月もしたら、減ってくるサプリもあるし、早い方だと、飲んでいる内容にもよりますが、1か月過ぎに採血をお勧めしている場合もあります。

この辺は、症状やサプリによって、全然違います。

最初に、お勧めされたサプリで、一生行くわけではありません。

その時の、その症状によって処方されたわけですから。改善したら、減ったり、無くなったりするわけです。

でも、食事もあまり頑張っていない、サプリもそれほど飲んでいない、という方の場合、変化はどの程度あるのかわかりませんから、3か月後でも半年後でも、って感じです。

それではダメですよ、ということを知るためであれば、1か月で検査してもいいですが。

検査にはお金がかかりますから、患者さんさえよければ、早くされる分には全然かまいません。

栄養療法オーソモレキュラーのサプリは、治療として使っていく、特別なものですから、こないだちょっとしか買わなかったから、と、追加分を、診察なしでカウンターで買うことはできません。

昨日、買って帰るのを忘れた!くらいなら、いいんですが。

必ず診察が必要です。

その際に、食事の改善ができているか、食事やサプリを摂っていて、何か不都合が出てきていないか、など確認しています。

要は、「時間」ですね。

話を聴いたのが、まだ1回だけとかだと、勘違いされていらっしゃることがとても多いので、(特に、食事内容やサプリの摂り方など。)

その確認がとても大事です。

レーザーなどの処置をされている方は、確認とサプリの処方でしたら、処置中に終わりますから、再診カウンセリング料金はかかりません。

ですが、栄養療法オーソモレキュラーだけでお時間をおとりするなら、再診料¥10.800かかってきます。

何度も言いますが、食事はとても重要です。

好き勝手なモノを食べておいて、サプリでなんとかしてもらう、となると、病状によったら、改善は無理なこともありますし(原因が食事内容にある場合)、そこまで深刻な症状じゃなくいても、一体、いくらサプリ代に使うねん、という話にもなってきますから、費用を浮かすためにも、食事は大事です。

これは、食べたらいけないよね、飲んだらいけないよね、と自覚があれば、いつか必ずちゃんと止められますが、よくあるパターンが、勧めていないものを、ガンガン摂っておられたり(しかも、いいと思って。。。)、止めるように言ったものを、そこは聴いていらっしゃらないのか、止める気がないのか、「知りませんでした」パターン。。

こういう無自覚は、改善の邪魔はするし、なにより時間のムダになりますから、お渡しした資料は、ちゃんと読めれたほうがいいと思います。

それだけでは、わからない、と言われる場合は、全部、再診料をいただいて、説明しているわけにいきませんから(そんなお金があるなら、食費やサプリ代に回してください)、溝口先生やオーソモレキュラーの先生方が書かれた本を買って、お読みください。

食材1個1個、何が良くて、何がダメなのか、詳細に書いてありますから。

本というのは、スゴイです!スゴイ情報量です!

ぜひ、ご購入ください。絶対に役に立ちますよ。

昨日クリニックが終わってから、またまた東京に移動して、今日も朝から栄養療法オーソモレキュレラーのセミナーです。

今日は、高濃度ビタミンC点滴のお話しでした。

まともにちゃんと聴いたのは、全くの初めてで、今までも、いろいろとそういうセミナーの案内は見たことがあったんですが、受講料がむちゃくちゃ高く、またなんか商売っぽいというか、なんかお金儲けのニオイがプンプンしていて、偏見かもしれませんが、学術的なことを話してくれるドクターからちゃんとした話を聴いてみたいな~、とずっと思っていたんです。

その点、溝口先生の講義であれば、安心ですね。

ちゃんと、根拠というかエビデンスも見せてくださるし、メリットやデメリット、実践方法なども含めて、どうするのが一番患者さんのためになるのか、を教えてくださいます。

 

私は、もうちょっと、美容とかに関係する話もあるのかと思っていましたが、メインは、ガンに対しての治療でした。

ガン治療の、いわゆる抗がん剤や放射線治療が無理な時の代替医療だったり、そういう治療の副作用を軽減させたり、より効果を高めるために使ったり、といろいろです。

目的は、患者さんのQOLを上げることと、特に末期の方など一般の病院ではもう無理と言われてしまった場合に、少しでも延命できるように(少しでも元気で)、なにか手助けができないか、という内容でした。

もちろん、ガン以外の病気にも使いますが、全然知らない世界の話だったので、大変勉強になりました。

やってみたいと思いますが、なにせうちにはナースがいませんので、さすがに私一人では、高濃度のはちょっと無理です。。。

もしやったら、お一人にかなりの時間をお取りすることになってしまうので、そうなると値段に跳ね返ります。。現実的ではありません。

やるなら、人手がいないとね。

でも、肌のために、いくつかのヒントもいただきました。

今も、美肌点滴ってうちでやっていますが、いいと思うものはぜ~んぶ混ぜています。

代謝メインの方も、肌荒れメインの方も、美白などがメインの方も別れるところですが、もう今は、わりとその方の肌と体調に合わせて、全部のせ(トッピングみたいな)って感じです。

これを、さらにパワーアップさせようと思います。

今しばらくお待ちくださいませ。

 

あ、ナイアシンを点滴で入れることも可能ですが、私のようにナイアシンのホットフラッシュが出る方もいるので、ナイアシンも、とご希望の方はあらかじめ、ナイアシンの内服で、ホットフラッシュが出ないか、先に確認しますので、どうぞお聞き下さい。

問題なければ、追加しています。(追加料金は、今はなしでしています。全部のせですから(笑) 

今日は、簡単に。

まずは先日お知らせした、「低GIへるしごはん」です。

DSC_0357.jpg  左が、レンジでチンするパックのごはん3個パックと、右が生米3kgです。

お値段は、3個パック ¥470(税込)

1個単品  ¥180(税込)

生米 3kg   ¥3.000(税込)

です。

送料分をちょっとたけ上乗せさせていただいていますので、今後ご希望の方が多いと、値段はさらに下がる可能性もあります。

今のところのお値段です。

ちなみに、パックごはんを1パック、おとついのお昼に食べてみました。

そりゃ、白米に比べたら、麦も入っているし(でも、麦ごはんは私は大好きです)、難消化性デキストリンでしたっけ?入っているので、味は劣りますが、チンするご飯のことを思えば、全然OK!おいしかったですよ。

低GIだからって、味のことは、あまり気にされなくてもいいんじゃないですかね。

これだったら、ミネラルの吸収阻害は起こらないし、お値段も割と良心的ですから、糖質カットの切り替えがうまくいかない方には、特に、お昼ね、持ってこいかと。

生米は、持って帰る腕力のある方は、ぜひどうぞ。

そりゃ、炊いたら、もっとおいしいですよね。

私も家族のために、炊こうかしらん。でも、パックも捨てがたいですね。だって、簡単だから~。

私は、今はほとんど家で、主食の炭水化物を食べないので、炊いても、余ってしまうんです。冷凍しておいても、全然使わないから、結局捨ててしまうことになることも。。申し訳ないです。。

でも、いくら低GIだからと言っても、ほどほどに。

血糖値が全く上がらないわけではないですから。

その辺は、個人個人の耐糖能にもよるし、食べ方や食べる量にもよって全然違います。

詳しくお知りになりたい方は、ご相談をどうぞ。

さて、糖質制限のスイーツのご紹介です。

先日のチーズケーキ、というか、チーズのデザートは、ラズベリーソースではなくて、フランボワーズソースでした。

おいしかったです~。

違うお店のお菓子で、前にもご紹介した、香川県の「ルーヴ」さんの糖質制限のお菓子です。

DSC_0359.jpg  ゼリーの詰め合わせです。マンゴー・オレンジ・ブドウです。

DSC_0361.jpg こちらは、アマンドショコラ・フィナンシェ・ゼリーの詰め合わせです。

お中元にもいいと思いますよ。

まだ食べていませんが、味は絶対においしいと思うんですよね~。

今までも、ルーヴさんのお菓子、おいしかったから。

で、こちらのゼリーとフィナンシェは、キャンペーンのお菓子に追加です。

プロテインビスケットか、フィナンシェか、ゼリーか、お好きなものをおひとつどうぞ。

(アマンドショコラは、私が食べちゃうので、許してください~。)

キャンペーンの追加で、ついでなんですが、今日焼け止めを買われた方に、日焼け止めのサンプルを、お好きなものを差し上げています。

ミニチューブのものは1本、パウチタイプのものは5回分です。

6月の途中から始めたので、期間は、6月が終わっても続行ですので、どうぞご安心を。

日焼け止めのサンプルを用意しているメーカーが少ないので(経費が掛かり過ぎるから)、そう思ったら、資生堂はさすがです。

やっぱり人気は、ナビジョンのミニチューブなんですが、まだ試していないもの(TAマイルドプロテクト)をこの機会に続けて使う方もいらっしゃいます。

ちょっとだけ、欲しい時って、ありますしね。

とても便利ですよね。

今日は、休日出勤でした。

休日出勤した日は、お昼になにかおいしいモノが食べたくなるんですが、今日は時間がないかな~、どうしようかな、と思っていたところ、肉と野菜だけ、ちゃちゃっと食べたいんですよね~。

そこで思い出したのが、大丸横の、「焼肉 北山 四条東洞院店」

http://yakinikukitayama.com/shijo/index.html

こちらは、しょっちゅう前を通るので、昔から知っていたんですが、俳優の船越栄一郎さんが出された、京都のおススメ本にも載っていました。(買いましたとも。)

こちらの名物、ミノの薄切り!塩レモンかポン酢で!

看板が東洞院通りに出ていて、いつもおいしそうだな~と見ていました。

ミノって、誰かが頼んだらちょっともらうくらいで、一人で1皿食べられるか、と聞かれたら、無理なので、誰も頼まない時は食べません。

それが薄切りだったら、ちょっと食べてみたいな~、と思っていました。

実は、今日で3回目です。

ランチに2度ほど行って、ずっとお昼から焼肉を狙っていたんですが、今日、念願叶いました!

(入ってすぐに、焼肉していいですか?と聞きました。もちろん、OK!)

お昼はお得なランチをされていますが、ご飯がついてくるので(ご飯要りません、と断ればいいんですが、断る勇気が私にはないので(勇気なのか?!)、「ご飯、半分にしてください」と言うことを覚えました。

(セットでついているとね、断ることができません。。。そこまではいかないわけです)

でも、アラカルトだったら、頼まなくていいので、嬉し~♡

ユッケも頼んで、レバー(焼きです)も頼んで、もちろん、ミノ薄切りも!

塩レモンでいただきました。

(すみません、写真忘れてました。。。)

ミノのこの薄切り、どうやって切っているんですかね?すご~い!!

おいしい~♡ 筋肉っ!って感じです。いいわ~♪

赤みばっかりいただきました。

ランチ時のミニサラダと。お酒なしです。

おなかいっぱいになりました。さっともってきてくださるので、サッと焼いて、さっさと食べて、約30分。終了~。

いいわ~、手早くて。

またぜひ利用させていただきます。

向かいのクレープ屋さんには目もくれず!

牛肉は栄養満点ですよ~。

皆さんも、疲れたら、まず焼肉!特に、牛肉を召し上がってください。レバーもね。

レバー苦手という方は、よく焼いて、カリカリ気味にしてみては?

ストレスが多い時、ちょっとうつっぽいと思った時(もちろん、うつ病の方も)、病気の時(食事制限のない方)、イライラしている時、会社に行きたくないと思った時、忙しい時・悲しい時などなど、そういう時は、ぜひ焼肉へ!

(もちろん、嬉しい時も)

焼肉でなくても、お肉、食べてください!特に、レバー!!

フレンチでもいいですよ。パスタなしか、パスタ最後なら、イタリアンも!

とにかく、肉系!

間違っても、デザートビュッフェとか、パン屋はしごとか、白米三昧や麺類ばっかり、お菓子ばっかり、というのは、一番してはいけませ~んっ!!

糖質の消化吸収分解に、ビタミンBを使ってしまいます。マイナスです。

騙されたと思って、まず肉!塩がいいけど、ご飯やビビンパ・冷麺食べないなら、タレでもOK。

ビールじゃなくて、ハイボールや焼酎にしてくださいね。

レモン絞って。

余裕があったら、野菜もね。

カルビが絶対ダメ!とは言いませんが、赤いところに栄養が豊富にあるので、せっかく食べるなら、赤身でお願いします!

脂身はほどほどに。たくさん食べるなら、赤身ですよ。

ちなみに、赤身はいくら食べても太りませんから、みなさんの大好きなパンやパスタやご飯よりも、ずっと健康的です。

患者さんが教えてくださったんですが、昔ご家族の方が亡くなられた時、毎週焼肉に家族全員を連れ出してくださる知人の方がいらっしゃって、レバーを水で流し込んでもいいから、レバーを食べ、と毎回言われたそうです。

私はそのお話しをお聞きした時に、とても感動しましたね!!

すごいっ!知っていらっしゃったんですね、そのお知り合いの方は。

そういう時って、ショックで、食欲もなくなりますよね。全然食べなくなっちゃうと、脳にも、もちろん体の他の大事な臓器にも栄養が行きません。そうなると、体が衰弱するだけでなく、精神的に立ち直るホルモンも出ないし(材料がないから)、細胞に酸素を運ぶ材料もありません。脳の細胞ももちろん酸欠状態です。

栄養が足りないせいで、うつと間違われることも多いんです。そういう状態になってしまうことがあります。

もちろん、栄養と関係のないうつもあると思いますが、それくらい、栄養って、大事です。

とにかく、肝臓や腎臓も大事なんですが、まず脳に元気になってもらわないとね!

流行りのみせかけだけの、なんじゃこりゃ「肉バル」に行くくらいなら、ぜひ王道へ!

今日、帰りの地下鉄で、ちょっとの差で、私が座ることができたんですが、私のせいで座れなかった方が私の前に立たれて、顔を上げるとお腹が目の前に。

おお、妊婦さんでしたか!

と、よろしければ、どうぞ、と席を譲って立ち上がったところ、え?という、あまり好意的ではない目つき。。その後も全然座られなくて、?と思っていると、どうぞ妊婦さんではないようで。。。

(結局、また私が座りました。他の席が空いても、座られなかったので、やはり妊婦さんではなかったようです。。)

お腹の出方が、太って出ているというよりも、妊婦さんの出方だと思ったんですけどね~。

失礼しました。

私も若い頃、何度か妊婦さんに間違われたらしいことがあります。

「らしい」と書いたのは、自覚がないから。

席、詰めてくれはったわ、ラッキー!!みたいな感じ、でしょうか。

(私一人、そう思っていたようで、連れが、妊婦さんと間違えられてる!と大ウケでした。。)

今では、あまり間違われたことがない(かと思っていますが)のは、昔よりお腹の出方がマシになったからなのか、年をとったから妊娠していると思われないのか、その辺はわかりません。

さて、いわゆる「ぽっこりお腹」ですが、皮下脂肪タイプと内臓脂肪タイプがあります。

女性に多いのは、皮下脂肪タイプで、ムニュっとつまめますが、男性に多い内臓脂肪タイプはまさに内臓なので、つまめません。

ところが、女性でも50代以上になると女性ホルモンが減ることもあるんでしょうけど、食事やどれくらい普段動いているのかで、内臓脂肪が結構着く方が増えてきますね。

若い女性で、内臓脂肪がついていたら、それはもう、そりゃもう大変なことですが。。。

どんだけ、食うとんねん!どんだけ動いてへんねん!となります。

皮下脂肪の悪いところは、みっともない、ということでしょうか。

いわゆる、ぽっちゃり、というかおデブというかコデブというか、まあ太っているわけです。

でも、命を脅かすものではあまりありません。

でも、内臓脂肪の場合、そりゃ~悪いモノがたくさん分泌するので、これは、いろいろな健康被害が出てきます。

なので、国を挙げて、メタボ対策をされているわけです。

内臓脂肪は付くのも早いけど、分解も早いのがいいところです。

トゥルースカルプをお腹にすると、内臓脂肪を分解している可能性があるそうで、

(なので、病気によったら、トゥルスカをするのは危ない可能性があるので、お断りしたり、先に体調を整えてから、するように申し上げることがあります。)

結構な運動したのと同じような生理的現象が体の中で起こっている可能性が示唆されています。

皮下脂肪もそうですが、食事のコントロールができていない方が、トゥルースカルプをやっちゃうと、やったらやっただけそりゃ脂肪は減るので、付いている脂肪の量にもよりますが、2回3回とかやると、3キロくらい太っても、やったところは、やる前よりも脂肪は少ないです。5キロ太ると、元と同じくらい。ただし、5キロ太ると、やっていないところは5キロ分太りますから、結構全体にデカくなってしまいます。。

経験者は語りますね~。

この食事コントロールができていないのに、機械系(というか他力本願系)をやっちゃうと、渡りに船、とばかりに、我慢していた食欲がむくむくと湧き上がってきて、またいらんものを食べてしまうのです。。

ここで我慢すれば、部分痩せ成功となるところを、だって、痩せたいところが減ったわけですから、食べていい気になるわけです。

それでまた太ると、またトゥルスカをやる、という無限地獄に落ちます。。

あああ。。。

経験者は語ります。

逆に、食事コントロールができている方、太っていないけど、部分痩せがしたいという美意識の強い方(大体BMI20前後、あるいは20以下。BMI22以上の方はあまりなかったです)は、やったらやった分、必ず維持されます。ええ、1年経っても。。。素晴らしいですね~。

ここが、食に対する、BMIの壁か?!

(栄養療法オーソモレキュラーをやり始めると、食事のコントロールできているから、栄養が足りていて本当に健康か?!というと、これまた違うところではありますが。。。無理なダイエットというか、お肉を全然食べないので、ちょっと精神的に普通じゃない方も中にはいらっしゃいます。周りが見えずに、部分痩せに目がいっちゃっているというか。。。こういう方は、こういう他力本願系はやったらダメですね。キリがなくなります。すごく痩せているのに、全身トゥルスカやりたい、と言われたり。。。まあ、うちでは断りましたが。。。)

内臓脂肪はいりませんが、皮下脂肪は、ある程度ないと女性らしい丸みのラインが出ません。

好みではありますが、ある程度の皮下脂肪が、私は女性には必要と思います。

(そのほうが女性ホルモンも多いはずです。)

まあ、皮下脂肪はいくつになっても、ほっといていいんですが、内臓脂肪はいけません。

糖質制限をすると、男性のほうが圧倒的な速さで、ぽっこりお腹が凹むのは、内臓脂肪が多いからです。

もともと筋肉量も女性よりも多いし、筋肉が多い分、代謝がいいですからね。

余談ですが、私の基礎代謝はすごく下がっているな~と思っていましたが(私の人生において最大級の糖質制限をしているのに、体重(と体脂肪)が微妙~に下がるだけで、ガンガン下がらないのです。

ちょっと前だったら、3日~1週間、すっごい頑張ったら(と言っても、今のレベルほどではありませんが)、2~3キロはすぐに減ったのに、その時と比べると、びくともしていない感じ・・・・。

一体、何で、私の体はエネルギーを得ているのだ?!と不思議でしたら、かなり省エネのようで。。。。地球に優しいのか?!そんなとこ、省エネしても、何の役にも立たないぞ?!と体に言い聞かせているんですが、なかなか時間がかかるようです。

まあ、いろいろいらんことをやってきてしまったので、仕方ないな、気長に機嫌が直るのを待ちましょう、と思っていたところ!

なんと!私、甲状腺機能、ちょっと低下気味。。。

いわゆる「基準値」内なので、もちろん病気のレベルでもないし、今それで何か困っているわけではないので(痩せたいのは痩せたいので、それが困っていると言えば困っていますが。。)、栄養療法オーソモレキュラーでも、薬をいくレベルでもありません。これで、いったら、アカンやろ~!というレベルです。

ま、原因は蛋白質がまだまだ足りない。。。

結構なたんぱく質を、以前に比べたら摂っていますし、晩御飯時は、基本おかずは倍です(毎日は無理なこともありますが)。

先週した血液検査の結果が返ってきて、まだ蛋白質が全然足りていないことがわかりました。

まあ、摂っていても、使っているのと、吸収も悪いことがあるしな。

もう一工夫です。

炭水化物の呪いって、ホント、なかなか解けません。

患者さんも、結構頑張る方と、あまり頑張らない方、みなさんそれぞれです。

目標がダイエット(皮下脂肪タイプの)の方は、まあのんびりでもいいんですが、50歳以上の内臓脂肪タイプの方や、疲労や病気(というか改善したい症状)の原因が糖質にある場合は、やはりすぐにでもなんとか呪いを解かなければ!!

おなかが空くと、お菓子を食べていらっしゃった方が、おやつを、栄養療法用のプロテインビスケットに変えられただけで、ウエスト7センチ、減ったそうです!!

期間は約1か月だったかな。

普段の食事は、それほど炭水化物も減らしてはおられませんし、たんぱく質もガンガン、というレベルではありません。

でも、減ったんです!

たった1か月でそこまで結果が出るということは、それは、そんなに内臓脂肪あったのか!という話と、どんだけお菓子食ってってんっ!!という話にもなりますが、内臓脂肪が一気に減らすことができて、良かった、良かった。良かったです~。

(この方、もともととても細かったんですが、2~3か月くらいで、なんか太ってしまわれて、小さかった顔が丸くなってしまって、太ったと言っても、標準内なので、私も気付きにくかったんですが、3か月くらいしてから、あれ、太られました?と判明したわけです。

この2~3か月で、加速度的に炭水化物を召し上がってしまったようです。。)

女性の場合、40歳を過ぎると女性ホルモンがかなり減りますから(20歳の半分くらいらしいです)、ますます痩せづらくなります。

お菓子の量としては、それほど食べてはいらっしゃらないんでしょうけど、食べていなくても、インスリンの反応は悪いというか、今までのツケがまわってきますから、年が行けばいくほど、悪循環にはまるわけです。

内臓脂肪が減ると、体も元気になるし、お菓子の代わりに食べたのが、たんぱく質ですから、栄養として大活躍できます。

どんどん元気になります!

う=ん、素晴らしい!

(それでも、まだ糖質の毒は抜けませんが。。)

切り替え中は、かなり一工夫も二工夫も必要ですね。

そういう時にお役に立つ食品(というかサプリというか)は、オーソモレキュラーには揃っていますから、どうぞお使いください。

ただ、自力で、普段の食事で工夫するよりは、お金がかかります。それは、仕方ないです。

そういうのを買わなくても、自力でも十分できますよ。

ただ、「やる気」は必要です。これ、一番大事。

でも、お役立ちグッズは、便利だし、たんぱく質は摂れるし、と一石二鳥にも三鳥にもなるんです。

そういうのをうまく使い分けると、かなり助かることも事実。

忙しくて、時間のない方にはうってつけです。

ぜひ、頑張ってください!

ぜひ、内臓脂肪は減らしましょう!!

以前にも紹介しました、糖質制限スイーツ、(株)芳紅庵たかはしさんのチーズケーキの第2弾です。

第1弾はこちら→http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/detail.php?product_id=4

このチーズケーキも、とってもおいしかったですよ。

糖質制限とは思えないくらい。小ぶりですので、一人で半分は軽いです。でも、濃厚なので、やはり4分の1くらいで止めておいて、小分けにして召し上がったほうがいいです。

こちらの第1弾は、「オーソモレキュラー.jp モールでお買い求めください。

そして、第2弾です!

DSC_0354.jpg DSC_0355.jpg ジャーンっ!!

糖質制限クレム・ドゥ・フロマージュ!3個入りです。ラズベリーソースだったかな。

冷凍便でくるので、まだ解凍できていないので、私もまだ食べていませんが、たかはしさんのクレム・ドゥ・フロマージュですから、おいしいに決まっています。

明日が楽しみ~♪

たまに、スウィーツを食べると、やっぱり幸せ~♪

ちょっこ、ちょっこと、こそっと食べてはいますが、糖質制限だと、堂々と(?)たくさん食べられるので、安心、安心。

とは言っても、甘味は砂糖ではなく、エリスリトールなどですから、血糖値が上がらないので、脳からしたら、あれっ?!という感じで、たくさん食べても食べても満足感が得られなくなってしまうことがあるので(特に、まだ炭水化物の呪いにかかっている間は)、そうこうしている間に、本物の砂糖のお菓子が欲しくなったりするので、要注意です。

糖質制限スウィーツと言えども、ほどほどになさってください。

今回も多めに注文しましたので、ご希望の方にはお分けできます。

1パック 3個入り ¥2.160(税込)です。

アイスノンと一緒にお渡しします。

お持ち帰りされて、おうちに着くころには食べごろかしらん。。それだったら、アイスノンはお入れしないほうがいいかな。

どちらがいいかは、おっしゃってくださいね。

まだ炭水化物の呪いにかかっている方が、切り替えで召し上がるのもいいと思います。

まだ、糖質制限チョコレート(板チョコです)もございますから、ご希望の方は、お早目に。

そして、ラカントSでお馴染みの、サラヤさんより発売されている、「低GIへるしごはん」http://family.saraya.com/herushi/herushigohan/

すみません、写真をまだ撮っていないので、サラヤさんのこちらの⤴サイトでご確認ください。

レンジでチンするパックごはん3個パックと、生米3キロの取扱いを始めました。

(3個入りをばらして、1個ずつでもOKです。)

それほど数は置いていませんが。

GI値が、54ですから、玄米よりも低いかな。

(玄米のGI値は、5分づきで58とか、55とか、表記は様々です。

まあ、あんまり変わりませんかね。)

忙しくて時間のない方、ついついまだご飯が止められない方(しかもおかずよりもごはんを先に行っちゃうとか。。たくさん食べちゃうとか。。)には、とりあえずいいんじゃないでしょうか。ちょっとずつでも、切り替えていければいいですね~。

ただ、ラカントを使ったお菓子と一緒で、糖質って、だらだら摂っていると、欲求不満になって、急に爆発して、大量食いしたくなります。すごい呪いです。

なので、できれば、最初だけ頑張って、かなり減らすと、後が楽で、そしたら、そんなに欲しくなくなります。

その上でたまに食べると、すごくおいしく感じるし、ごはんの甘さに改めて気づきます。漬物も明太子もいらないくらい、ご飯だけ噛みしめる、この幸せ感!

で、これも続けていると、また呪いにかかってしまうんですが。。。

ほどほどに。。

なかなか呪い解くのって、難しいですよね。

私も、むちゃくちゃ長くかかりました~。やっぱりダラダラが一番よくないのかも。。

経験者は語る。

切り替え途中は仕方ないとして、一旦切り替えたら、徹底する、というのがスムーズに呪いが解けるコツです。

どうぞお試しください。

まあ、同じ食べるなら、ちょっとでも血糖値の上がりにくいものを。

血糖値の上がるご馳走は、たまに、にしましょう。

そしたら、むちゃくちゃ、なんでもおいしいですよ。

私もまだこちらのパックごはん、食べていません。

私は、糖質制限が一応できているので、ごはんなしで一応、大丈夫です。

おいしいお店に行って、出たら、もちろんいただきますが。

味見はしたいんですけどね~。持って帰ってくるのを、忘れてしまいました。

明日時間があったら、お昼に食べようかな。

数に限りがありますから、(お米屋さんではないので、大量には仕入れていません。、ご希望の方は、お取り置きしますので、どうぞお電話でおっしゃってください。

玄米だとミネラルの吸収阻害が出ますから、玄米よりはいいんじゃないかな、と勝手に思っています。

低GIだからと言って、いくら食べてもいいわけではありませんから、ご注意ください。

詳しくは、処置中などにお聞きください。

お値段は、すみません、忘れてしまいました。。。

でも、ちょっと一般価格よりもお安めにしておきました。

パック売りのごはんのほうは、1パック420円くらいにしたかな。そんな感じでした。

また詳しく書きます。

在庫がなくなったら、取り寄せますので、どうぞおっしゃってください。

ラカントSも、もちろんどうぞ!

重くなっちゃいますけどね。

先日栄養療法オーソモレキュラーご希望で来られた患者さんですが、ご自身でいろいろ調べられて、いろいろなクリニック(一般の内科などで、栄養療法オーソモレキュラーをしているところではありません)で、血液検査だけ定期的にされていました。

その結果を見て、ネットの、前回に書いた、なんかあやしそうなところのサプリを買って、飲んでおられました。

症状が改善しないため、うちに来られたわけですが。

いろいろとご自身で調べて、この方みたいに検査だけ、どこかで無理にやってもらって、市販のサプリを購入して飲む、という方は、結構いらっしゃるのかもしれませんね。

みなさんは、血液検査なんて、どこでやっても同じとおもっていらっしゃるかもしれませんが、医師によって検査の考え方は全く違うので、同じ内容で検査をされていることは、例え病気であっても、ちょっとずつ違うことがあります。

患者さんがよく言われるのが、「こないど血液検査したから、何も問題はないはずです」ということですが、一体何の病気で(目的ですね)、何を検査したのか、で話は全く変わってきますし、検査結果を見たら、最低限のことしか(最低限のこともないことも。。患者さんが、コピーを持ってくるのを忘れたのかな、と思うくらい、え、これだけ?ということもあります)。

ひどい方だと、1回の血液検査で、心臓腎臓肝臓脳、ガン、アレルギーに至るまで、全部検査されているとおもっていらっしゃる方もいて、そんなことをしてくれる病院はまずありません。

まあ、自費なら別でしょうけど。

自費で、これだけ全部やったらとしたら

(血液検査で、全てが問題ない、とわかるものではもちろんありません。血液検査上、問題がない、という程度です。検査をして、ある程度のことから、かなりのことまでわかることもありますが、CTやエコーやカメラ・レントゲンなどに替われるものではありません。それぞれの検査に、意味があります)

まあ、えげつないお金を、血液検査だけで取られると思いますよ。まあ、そら、金額聞いて、のけぞるくらい。。

自費でない場合、多分ほとんどがそうだと思いますが、まず病名や疑い病名に対して、保険で通そうと思ったら、通せる範囲というのがあります。

一般のクリニックや病院で、自費での血液検査に慣れているところもあれば、あまりしたくないところもあるでしょうし、様々です。

(自費の場合は、課税対象となりますから、ちょっとややこしいのです。)

保険でしてもらう場合、例えば、うちでやっている栄養解析の項目全部は通りません。どんな病気であったとしても。多分。。

通そうと思ったら、関係ない疑い病名を、たくさんつけないとダメで、やみくもに疑い病名をつけるのも、もちろんダメですし、どんな病気であっても保険すら通っていない項目も調べます。

普通の内科に行って、病気でもないのに、「血液検査をしてください」と健康診断の感覚でいっても、それが自費だとしても、たいていのところでは、最低限のことしか調べてくれないと思います。

たくさんの項目を調べることの必要性を感じていらっしゃらないから。

いわゆる、この項目に異常があったら、という代表的な分のみ、ちょっと調べて終わり、というパターンです。

まして、保険で検査してもらうとなると、病名をつけてやられるんだと思いますが、

だからと言って、なんでもかんでも検査して保険が通るわけではありません。

特に、大学病院とか公的な病院であれば、保険が通っていない検査も、病院が被ってでも調べる、ということが、病気によったらありますが、そうでなければ、保険請求というのは、昔に比べてすごく厳しくなっているので、たくさん検査して(しかも一度に)、保険切られたら、クリニックでその検査代を被ることになりますから、患者さんが病気でもないのに、「検査してくれ」と言われて検査して、被ることになったら、イヤですからね。最低限のちょっとしか調べていないと思います。

私は人間ドッグをほぼ毎年受けていますが、今年改めて見直したら、血液検査、

たったこれだけか?!とちょっとビックリしました。

こんな少ないんだ、と。

人間ドッグの基本(ガンのマーカーなどのオプションではなく)の血液検査は、まあ、異常かどうか(基準値からどれだけ逸脱するか)をひっかけるためのものですから、細かいことまで調べても大きく影響しない、ということもあるんでしょうけど、項目を増やせば増やすほど、クリニックの儲けが減りますからね、そりゃ、最低限しか調べませんよ。

会社の検診でもそうでしょう?たくさんの項目をやってくれる会社もあれば、最低限の(どこのラインが最低限なのかよくわかりませんが)項目しかやっていない会社も。実施すらしていない会社もありますよね。

だって、その費用は会社の持ちだしですから。

(ちなみにですが、栄養解析の料金は、うちのクリニック側には、ほとんど儲けはありません。採血する手技料すら多分ないかも。

自費の検査は、たくさん調べることもあって、患者さんの自己負担が高いので、ギリギリにしています。)

栄養療法オーソモレキュラーを勉強したり、実践している医師でないと、これらの検査の必要性や判断する基準というのは、絶対にわかりません。

だって、全ての医師は、そういうことを習ってきていないし、一般の教科書のどこにも載っていないんです。

だから、実践していないクリニックで、検査してほしいと頼んだところで、全然意味がないんです。

基準値に対する考え方も違うし、検査されたところで、「何も異常はない」と言われて、終わりです。

(異常があったら、病気に対しての疑いが出てくるので、また話は変わりますが)

かなり以前の話ですが、「ためしてガッテン!」でフェリチンの話が出たそうですね。

でも、栄養解析では、フェリチンだけ診ても、意味がありません。他のデーターと合わせて評価するので、どれか1個の数値だけでは、判断ができません。

数値だけ満たせばいい、というものでは全然ないんです。それぞれの兼ね合いと意味があります。

血液検査をどう解釈するか、という詳細は、ネット検索では出てこないでしょうし、

(仮にあっても、ひとつふたつ、数値が書いてあるだけで、それではなにもわかりません)

そういう本も、売られていないと思いますよ。

なので、一般の患者さんが、自分で勉強して、ひとりで実践する、というのは、まず無理です。

一般の方ができるのは、「オーソモレキュラー.jp」http://www.orthomolecular.jp/

でも紹介されていますが、溝口先生始め、栄養療法されている先生方の本を読んで、食事を実践するとか、もっと勉強したい方は、このHPに、公開講座というか一般の方用の講演会(全て入場無料です)載っていると思いますが、そういうのを聴きに行かれるとか。

まずは、食事です。

とても重要です。食事ありき、ですよ~。

溝口先生の書かれた一般書を、ほとんど全部読みましたが(あまり昔のは読んでいませんが)、とても勉強になりました。

今でも、時々読み返したり、ああ、そうだったか!と治療のヒントになることも満載です。

こんな情報が、2000円もせずに得られるわけですから、本って、スゴイですね~。

実際の栄養療法オーソモレキュラーの勉強は、私はかなりのお金を時間を割いて、勉強しています。資料を取り寄せたり、セミナーに行ったり、結構大変です。

学生時代勉強した生化学がベースではありますが、ホントにそれを一から勉強する、しかも人間の病態というか、体に実際あてはめて、臨床に活かす、といいますか、生化学って、こんななっていたんだ!という、衝撃ですね。

生化学を勉強されている方であれば、医師でなくても、その辺のことは理解されると思いますが、それを実際の人間の体にあてはめていかないといけないので、病気を含めた医療も勉強していないと、ついていけません。

ものすごい大変と言えば大変で、私もまだまだです。

ネット検索って、便利ですし、私もやりますが、タダの情報には限界があります。

また、そのタダの情報が正しいのかどうかまで、判断する必要があり、それに振り回されると、結局お金と時間のムダになります。

一般の方が実践できる栄養療法は、普段の食事、これにつきます。

検診などは、体のために行かれたらいいと思いますが、栄養療法オーソモレキュラーは、専門のクリニックに行かれてください。

そこで栄養解析をして、食事も改善して、サプリメントも飲んだほうがいいとなると思いますが、サプリに関しては、何度も言いますが、市販のサプリメントで、栄養療法オーソモレキュラーできるものは、なにひとつありません。

治療として耐えうるレベルのものはありません。

なので、ネットで検索して探しても、時間のムダどころか、またステマかやらせかサクラか、アフィりティエ(でしたっけ?)か、わけわからんサイトにたどりついて、ロクでもないサプリを買うところに誘導されるだけです。

医薬品のビタミン剤ですら、無理ですから。

私も、最初は、医薬品のビタミン剤で代わりに使えるものがないかといろいろ探してみましたが、全然ダメなことがすぐにわかりました。

ごく一部に、う~ん、飲んでもいいけど。。。というものもありますが、栄養療法オーソモレキュラーのサプリにはかなりません。

まずは、食事です。

それと、自覚ですね。

本はいろんな本があるので、何冊か読んでみてください。

料理をされる方もされない方も、料理に関係した本もあるので、それも読むと、具体的な食材(NGも含めて)が載っています。

かなり細かく載っているので、とても役立ちます。

よくあるのが、NG食材をいいと思って、結構摂っていらっしゃったり。。。

せっかくするなら、効率よくやたほうが良くないですか?

NG食材を食べたら絶対にダメ!ということはないですが、NGという自覚がないと、止めるきっかけもないし、止めないのです。自覚があれば、いつか必ず止められます。ムダな努力ではなく、結果に結びつく努力にしたいですね。

機能性表示食品との続きと言いますか、以前に書いた、「情報をどこまで信じるか」シリーズとも結局被ってきます。

化粧品にしろ、サプリにしろ、ピンキリで、ちょっと冷静になって考えれば、何があやしくて、何があやしくないか、なんとな~く見えてきたり、もうピン!ときて、わかったりしますが、う~ん?みたいなものって、ありますよね。

そういうものも、世の中には山ほどあるので、その辺が、消費者からしたら、ますますややこしいことにもしているんでしょうね。

さて、今日は、その中でも、ドクターにも関わってくる話です。

クリニックで患者さんに処方されるというか、販売されているサプリって、どこのメーカーだと思います?

みなさんは、クリックで売られているんだから、なんか特別なもの・体に害がないもの・あるいは役立つもの・市販品よりもすごく良いモノ、くらいの感覚でいらっしゃいますよね。

私も、そう思います。

市販のモノより、良いモノでないと、わざわざクリニックで、診察まで受けて買う意味がないですよね。

ところが!

医師向(クリニックに)卸せるようになっているサプリメントって、あやしいものが山ほどあります。

ベンチャー企業もたくさんあるし、ちゃんとしたところに、わざとなのか、たまたまなのか、すごく名前を似せていたり

(これは、もう騙される医者が悪いと思いますが。。素人じゃないんだから。世間知らずにもほどがある。結局、そういう医者が質の悪いものを売って、それを買うのは患者さんですから、特に自費診療の場合は、ドクター選びもかなり重要になってきます。)

なんかもっともらしい名前をつけていたり、とあやしさてんこ盛りです。

医者の学会にもいろいろありまして、例えば、皮膚科学会や形成外科学会などの総会などの企業展示は、審査なり、信用調査?がどこまで入っているのか知りませんが、そうそうどこの企業でも、いきなり、あんた誰?みたいな業者があまりいないような気もします。。(気がしているだけ?)あまりにもおかしすぎる企業は入らせないというか。。。(違いましたかね?)

でも、かなり昔(最近はわかりませんが)、抗加齢医学会の学会になると、サプリ系の会社が山ほど増えます。

毎年出店している企業も増えてきたので、そういう意味では、なじむというか、また出してるわ、と慣れで、社名を知っているという会社もありますが、昔は、全然「?」みたいな会社が合って、学会の抄録だったかなにかに、「出展している企業全部が、学会推奨ではありません」みたいな文言が。。

なんじゃそりゃ?!と思いましたが、その辺は学会の規模や出展企業の数などによって違うのかもしれないし、わざわざ表示してくれているだけ、良心的な学会とも言えるのかも。

他の学会が、出展企業全部が、学会推奨?!と言われると、え~っ?!というところもあるはずでしょうから。

話を戻します。

さて、そのサプリ。

ビタミン剤にしても、いろんな成分にしても、一般の方と同じで、メーカーの口車に乗って、どんどん仕入れていては、在庫ばかり抱えることになるし、まして、そんなわけわからんものが効くわけがないので、買うほうもダメでしょ、となります。

なので、うちでは、医薬品で存在していたら、よほどのことがない限り(まあ、ないです)、サプリではなく、医薬品で摂る、医薬品にないサプリの場合は、エビデンス(効く証拠)が出ているものなど、信用ができるところのものじゃないと仕入れないし、患者さんにも売らない、としていました。

(正規ルートで買うのは、もちろん当たり前です。でないと、どんな偽物をつかませられるのか、わかりませんから。)

もともと、サプリメントは、医薬品のビタミン剤を含めて、大好きで、栄養療法オーソモレキュラーをする前から、かなり飲んでいましたが、どうしてもヘム鉄が医薬品でないので、どっかないかな~、と思っていたんですが、なかなか信用できるメーカーがなく、よく学会で企業展示したり、セミナーをしているメーカーから、ちょっとだけ入れて、様子を診ていました。

ここのメーカーは最初から、なんかあやしくてね~、学会でのセミナーも、ドクターよりも歯医者さんのほうが多くないか?みたいな感じで、取り扱っているサプリも、よくわからんモノが多く、なんか、ドラッグストアのあやしいサプリみたい。。。とあまりいい印象はなく、ヘム鉄だけちょっと仕入れて、他は一切仕入れませんでした。

資料も定期的に送ってくるんですが、う~ん?みたいな内容もあったり、学術的な話というよりは、営業のやり方だったり、経営だったり、サプリの売り方だったり、一体これはなんのセミナーやねん?と、なんかお金の話ばっかりで、患者さんの体のためというよりは、お金儲けしか興味ないのか?と思っちゃうくらい、う~ん。。でした。

溝口先生の本は、この時点でも読んでいたんですが、溝口先生のセミナーに行っても、本を読んでも、一体どこで、溝口先生の使っているサプリが卸せるのか、一体どこのサプリを使っているのかがよくわからなくて(そういう企業宣伝のようなことはされないので、なんでもいいのか?と思っちゃうくらい、企業名とか言われず、学術的な話だけで終わってしまっていたのです)、ずっと探しておりました。

そうこうしている間に、ヘム鉄を仕入れいてたメーカーから、とあるビタミン剤を作る際、量を間違えていました、と連絡が入りました。

(しかも、一桁!!幸い、ヘム鉄ではなく、うちには関係のない話でしたが)

これはホントに、この企業に関わったら、アカンわ~、とどこで買えばいいの~?!となった時に、偶然というか必然というか、「オーソモレキュラー.jp 」のHPにやっとたどり着き(以前に数回くらいは見てたんですが、気付きませんでした。。)

で、そちらに連絡をして、すぐに説明に来てくださって、早速契約して、今に至ります。

良かった、良かった~♪

最近知りましたが、なんとその前のサプリのメーカーは、ネットで、患者さんも買えるらしく(クリニックに来なくても)、なんじゃそりゃ~?!

ホントに効くものは、それなりの注意事項がありますから、ネットで誰でも、となると、大問題です。

患者さんは、便利~!と喜ばれるかもしれませんが、診察もなしに好きに買えるって、、それ、ホントに貴女の望んでいることですか?治りもしないのに?

なにかあったらどうする?!ってことです。

なんでそんな代物が、クリニック用なわけ。。?

まあ、それでもまだこのメーカーさんは、そういう学会に出展できるくらい、マシ、ということでしょうか。。

前のメーカーのと、今のオーソモレキュラーのとでは、雲泥の差と言いますか、かたや、ホントにただのサプリで、こちらは、うちでもカウンターで買おうと思えば、症状にもよりますが、診察なしで一応購入OK(診察カウンセは済んでいて、続けて飲む場合など)としていましたが、オーソモレキュラーのは違います。

こちらは、症状の改善という、治療として、そのサプリを使っているので、続きであっても、必ず診察が必要です。(と、うちではしています)

間違った飲み方(量とかタイミングとか)をしていたら、治療にならないし、食事がかなりの重要ポイントなので、食事も改善せずにサプリだけ飲んでも、お金と時間をいくら使うつもり?(1億使っても、食事はかなり重要です)となりますから、診察して、体調の変化や食事・サプリはどうですかと確認しています。

何をどれだけ使うのか、他の治療の補助なのかメインなのか、ドクターによって、考え方は様々なので、このうちが昔使っていたメーカーを使っているところももちろんあります。

まあ、うちとは考え方が全然違うんでしょう。

オーソモレキュラーのとは、中身も、ホントに違うので、うちでは使えません。

こういうことって、患者さんの場合、そりゃわかるわけないよ~!ってなりますよね。うん、うん。

だからこそ、医者選びって大事なんですよね~。

最近は、オーソモレキュラーで使うサプリのメーカーも、学会などでちょっとサプリの紹介をされるようになったので、良かったです~。

私のように、露頭に迷っているドクターもいるはず。

さて、同じような感じで、別のメーカーのサプリがあります。

それは時間がかかるので、また明日書きます。