プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 痩身・ダイエット



女性の痩せすぎをずっと心配しております(私が太っているから、負け惜しみとかそんなんではなくて)。

特に、BMI<18.5の女性たち!

内臓にも筋肉にも骨にも栄養がある程度いっていたら、そこまで体重は落ちません。

国連世界食糧計画(国連WFP)が推奨する成人1人の1日当たりの摂取カロリーは2,100kcalです。

平成27年度の厚生労働省発表の「国民健康・栄養調査」によりますと

(まだ去年のと比べてまではみてはいないのですが、去年とはあまり変わっていないという話を聞きましたが、そこはちゃんとみないとわからない)

日本人の平均摂取カロリーは(1歳以上、男女まぜての日本人の平均です)、1,889kcalです。

WFPが、心配している2100kcalをはるかに下回っています。

しかも、この国民栄養調査表によると、1歳以上の女性の平均でみると、なんと!

1,694kcalとえげつないです。。。

 

低体重=栄養失調であり、後進国と同じです。おそらく先進国の中では、日本最下位です。食べるもの(特に、肉魚卵などの動物性たんぱく質)がたくさん食べられない国は、炭水化物くらいしか食べるものがないわけで、炭水化物すら満足に食べられない国もあるわけですが(こういう国は、飢餓が最重要課題になっていると思いますが。。)、ほんとに日本の痩せている女性は、何を食べて生きているんだっ?!って話です。

(お菓子とパンとパスタと少量の野菜です。)

「私は痩せていて、スタイルいいでしょ? フフフ♡」とか思っている場合ではないです。

栄養失調という自覚を持たないと、改善しようとすら思わないので、まず自覚しましょう!

 

「私、ちゃんと食べていますけど!」と思った貴女、ちゃんと食べていたら、そこまで体重は下がりません。

痩せているように見えても、筋肉や骨がしっかりしていて、無駄な皮下脂肪(内臓脂肪がほとんどない上に)はあまりついていない、という状態であって、その場合は、BMI<18.5ではないと思います。

人間ドッグで、もっと「低体重」と表記するだけではなく、「栄養失調」せめて「栄養失調の疑いがある」くらいまで、はっきり書いたほうが良いと思います。

「低体重」と書かれている女性で、それを問題視している女性に会ったことがないです、ほんとに。

 

ほんとにたくさん食べていて、それでもどんどん痩せていくというのであれば、なにか消耗性の病気があるのかもしれません。そういう場合は、病院に行って精査が必要です。

(こういうのは、急に痩せた場合が多いです)

でも、ほとんどの方は、昔から(下手すると子どものころから)痩せている。。(子供のころから栄養失調ってことですよ)

 

「食べている」と思っている量自体が、圧倒的に少なすぎるのと(自分レベルで比べてもダメです。あと、周りの痩せている女性たちと比べてもダメです。だから、後進国なみの体重になっているわけです)、もしほんとに食べているのに、というのなら、消化吸収が全くうまくいないだと思います。

 

体重さえ重ければ、筋肉骨が軽くて、内臓脂肪皮下脂肪がたくさんついていてもいいのか?!となると、もちろんそれはダメですが、そういう方の場合、糖質の圧倒的な食べすぎもありますが、痩せすぎの方よりも、動物性たんぱく質や脂質も摂っていたりします。

同じダメなら、タンパク質を摂っているほうがまだマシです。

(糖質ばっかりで太っているのは、一番ダメです。いや、痩せすぎのほうがダメか。。どっちがダメかな。。これは血液検査の結果によりますが。。)

 

世の中には、ほんとに太れない方っています。

でもそういう方って、ちゃんと検査したら、ピロリがいたり、胃腸が悪かったり、いろいろと原因があったりします。

検査して、ここが悪い、あそこが悪いとわかると、体重はそんな急に増えるわけでもないし、栄養療法やったからって、何でも解決できるわけではないですが、いろいろと対処できるようになるので、口から食べられない・消化吸収が悪いなら、せめてこの栄養素だけでもサプリで摂りましょうかとか、こういう食事にしてみたら?といろいろできます。それだけでも体調が良くなるわけです。

自覚ですね。大事なことは。

 

低栄養・栄養失調で、まだ若い時はなんとか乗り切れるかもしれません。精神力だけでも。

女性は、とかく無理をしがちなので。。特に、真面目な方・つい頑張ってしまう方はなおさらです。

ところが、40歳も過ぎてくると、気力だけでは無理がほんとに効かなくなりなってきます。。体調が悪くなるんだったら、そこでまた気を付けるかもしれないし、無理もしないようにしていくかもしれませんが、普段は気力で気づかない状態で、いきなり、バタっ!!と大きな病気になる方も多いです。。

どこでどんな風に、来るのかは、誰にもわかりません。。

いきなりでも、ちょっとずつでも、やってきたら、一番困るのは自分なんですよね~。

 

特に痩せすぎだと、年齢がいけばいくほど、老けて見えます。。顔色も悪く、シワも目立つ。。ツヤもない。。

それも嫌だと思いませんか?

 

例えば、小池都知事。

ビストロSMAPに出演された時に、「今日はおにぎり1個(だったか)食べただけ」とおっしゃっていて、かなりお忙しいのはわかっていますが、糖質だけなんてと心配していました。

少し前のワイドショーかなんかで、立ち食いステーキ(いきなりステーキ?)でお肉召し上がっているのが映っていて、安心しました。

小池都知事は、ほんとに頭がいいんですね~。いつも冷静に返答されているし、すぐにパッ!と気の利いたことを返されるし、しかもいつも笑顔で答えておられるのが、とても印象的です。

政治家たるもの、嫌な質問もたくさんされたり、わざと怒らせるような質問もされていらっしゃると思いますが(そういうところは映らない)、笑顔で切り返されていますね。

いつもあれみて、この方スゴイな~と思います。

いつも比べてしまうのが、民進党の蓮舫代表なんですが。。

野党第一党の党首だから、いろいろなお立ち場もあるし、いろいろ言わないといけないのはわかりますが、あそこまで痩せすぎでは。。。おそらくBMI<18.5ではないでしょうか。

あれくらい痩せていて、BMI>18.5だったら、内臓脂肪が多めにあったりとか、腰~太もも周りにセルライトがたくさんついていて、他はガリガリとか、そういう場合が多いです。

(仕事柄、人様の裸もよく診ますので。。)

顔のついている脂肪が少なすぎるのと、コラーゲンもペラペラだから、口回りのシワがとても目立つし、顔の骨格(骨)の形が目立ってしまいます。

お若い時は、あんなに綺麗だったのに。。

あれだけ痩せていて、大声でなにか意見をおっしゃっていると、それが攻撃的だったりすると(立場もあるのはわかりますが)、もっと肉食えば?鉄とBが足りないですよ【もちろん動物性たんぱく質ね)と思ってしまいます。

痩せていると、いくつになっても、服はかっこいいのが着れますし、オバサンぽくはならないのかもしれませんが、私だったら、50歳過ぎたら、小池都知事みたいな体型のほうがいいな~(心配しなくても、絶対にそうでしょうけど)。

お二人を見ていると、女性が責任のある立場の仕事をしていくのは、とても大変だろうなと思います。特に、男性が圧倒的に多い社会の中では。

女性のほうが男性よりも圧倒的に栄養が足りませんから(何十年と月経もありますから)、もっとお肉を食べて、頑張っていただきたいです。

あれだけ忙しければ忙しいほど、体も頭も無茶苦茶使っておられますから、もっと栄養が必要です。

政治家でなくても、皆さんもそうですよ。仕事も家事も子育ても。仕事してなくても自分の世話もあるわけですから、もっと栄養を摂って、体を楽にしてあげましょう。

低栄養の一番の問題は、もちろん病気になりやすわけですが、やはり免疫力の低下です。なので、すぐにいろんな感染症にかかりやすくなります。

痩せすぎをまず問題視しましょう。

栄養療法の話が続いているので、またちょっと美容医療のことを。

 

頬~アゴ下の脂肪を減らすトゥルースカルプでの治療ですが、1回されて2週間後に2回目に来られましたが、この方がこちらがびっくりするくらいよく効いて、かなり羨ましい状態に。

(残念ながら、モニターの方ではないので、写真はお見せできません。)

私も、1回やってちょっとすっきりしましたが、この方の比ではない。。。

 

体もそうですが、この差ってなんなんでしょう。。

 

トゥルスカをされてよく効いている患者さんと自分の経過を診ていて、もちろん全員が血液検査をしているわけではありませんから、患者さんの場合、今までの経過や体型、脂肪の着き方などから判断しているわけですが、体のエネルギー源に脂肪がうまく使える方は、かなり効きがいい。

分解された脂肪酸をどんどんエネルギーとして使っている印象です。消費が早い。。

 

アラフォー以上の患者さんで、検診結果があれば持参していただきますが、受けていない方もいて、体型などから(内臓脂肪がかなりヤバいとか)危ないと診断したら、40歳以上は血液検査を確認しないとトゥルスカを受けるのは止めていますが、検診結果を持参される方の場合は、結果を診て、とりあえずOKとなることも多いです。

ただ、検診というのは、ほんとに最低限しか検査項目がないので、トゥルスカをやる分には問題は一応ありませんが、「効かす」ためには検査したほうがいい。

といくら説明したところで、理解されていない方もいます。

「1回で効きが悪いと思ったら、2回目の前に検査しないと、効率悪いですよ」とお伝えしています。

 

おおむね、痩せている方のほうが効くことが多いのが皮肉なところで(例外もあると思います)、痩せている方の場合は、どの部位も部分痩身なわけですが。。なので、回数もそれほどいりません。

 

その方は痩せていらっしゃって、お肌のことも体調のことを含めて栄養療法の話を処置中に少ししますが、あまり興味はもっていらっしゃらないようで、でも、食事はちょっと動物性たんぱく質を増やすようには心がけるようになったそうです。良かったです。

痩せているから、余計にアゴ下や頬の口元のたるみが気になってしまうのかもしれません。

 

アゴ下は、全く適応がないわけではないけど、あまりお勧めしません、お金無駄かも、むしろタイタンのほうがいいと思います、と勧めていたんですが、一度だけでもやってみたいと言われ、これが私の予想を裏切り、とても良かったです。

ちょっとアゴ下の皮膚が突っ張っていて、筋肉が拘縮まで行かなくてもその傾向があるから、タイタンのほうがいいですよ(タイタンには、筋肉を弛緩させる働きがあります)と事前に言っていて、トゥルスカが効かなかった場合、2回目はタイタンを勧めるべきか、もうちょっと様子を診てから、「効かない」と判断するべきか、う~ん、どうしたものかなと、経過を診る前から考えていて(患者さんも、これでダメだったらタイタンにすると言われてはいましたが)、ただ、トゥルスカの効果判定は、アゴ下でも、1回目で効果がよくわからない場合は、2回はしますから、う~ん。。と2回目の診察までの間ずっと考えていましたが、杞憂に終わりました。

 

トゥルースカルプは、加温する治療なので、どの部位をやってもリンパドレナージ作用がありますから、むくみは即座に取ります(照射方法にもよりますが)。

そうすることで、悪循環からいい循環に入ることがあります。

腰~おしり~太ももなどに当てた場合は、冷え症の改善をかなりの長期間言われることもあります。

なぜか血行改善がその時だけではない印象です。(これらは患者さん個人の感想で、客観的データではありません。以前に学会発表した際のアンケート結果です。)

いわゆるセルライトが分解されるので、イメージとしたら、詰まっていたのがなくなって、開通した、ような感じでしょうか。(だから長期間続く)

 

アゴ下から首にかけての血行が良くなったのと、脂肪が少し減ったためか、突っ張っていた皮膚に余剰ができました。

これは、想定外でした。

体の場合はタイトニング効果があるので、脂肪が減っても皮膚があまり余らなかったのです、今まで。

アゴ下は、そのおかげで、下アゴから首にかけてのラインが、綺麗に出てきました。

ふう~む。。。アンタゴニストとにもアゴニストにも働いている。。

本来のヒトのあるべき姿に戻してくれている?

この辺は、組織診断(顕微鏡で診る検査)をしていないので、わかりません。

嬉しい誤算でした。

 

この方は痩せていらっしゃるので、栄養が足りません(女性の場合は、もうみなさんも含め全員足りていません。)。

栄養が足りていない方の中には、顔だけではなく、腕や脚などの皮膚が、血行が悪いせいでできる皮膚の色をしていらっしゃいました。

頬は毛細血管が多いし、かなりの血行障害を疑います。

 

こういう方の赤ら顔の治療は、レーザー治療では確かに効きますが、どこかですぐに頭打ちになりますから、どうして顔が赤いままなのか(スキンケアはちゃんと頑張っておられるのに)、→栄養が足りないせいで、根本的な治療(栄養療法)が必要です。

場合により、結構長い道のりになります。。患者さんもお金も時間も大変です。。

 

赤ら顔の場合、毛細血管拡張を伴っている方と伴っていない方が圧倒的に多いです。

 

トゥルスカをやったら、この毛細血管まで減ったんですね~。

スゴイ。。。!!

トゥルスカ自体に、直接に血管を破壊する項目はありません。

毛細血管については、ノーマークでした。

照射が終わってから時点でも、あまり変化はもちろんないですが、毛細血管が2週間後にはかなり改善(減っていた)していました。

血行が良くなったから、毛細血管を維持する必要もなくなって、血管は撤退したのかもしれません。

なんにせよ、意外なところで効いて良かったです。

(赤ら顔の方全員に、トゥルスカをさせるわけではないし、したところで、根本原因にしろ対症療法にしろずれている方もいるので、一部に適応のある患者さん用ですね。)

 

他の方でもそうですが、美容医療で、思ってもみなかったことが良くなったり、思っていたところが良くなった時もそうですが、他のことにも目がいくようになり、スキンケアや栄養のことにもちょっとずつ目がいくようになって、自分にできる範囲でいいからちょっとずついろんなことを変えていってほしいと思います。

(実際、そういうことがきっかけで変えていく方もたくさんいらっしゃいます。)

ぜひ、いい方向にどんどん回るように変えていっていただきたいです。

人間良くなると、もっと良くなるにはどうしたらいいのかなと思うようにできているんですね。スゴイです。

そのきっかけを美容医療が与えてくれるのであれば、悪くないと思う今日この頃です。

 

 

 

 

 

 

私の3回目の腸内環境の腸内フローラの検査結果が返ってきました。

 

。。。結果は、

「変わらない」!!!

細かい点数まで今見れないので、そこは見直さないとわかりませんが、4段階評価では、まったく変わっていません。。。

 

7月に、うんこちゃんがムチャクチャ美人なので、意気揚々と検査したんですが、1月の悪い結果と同じで、こんな綺麗な臭いもしないうんこちゃんなのに?!と驚愕したのを覚えています。

(バラの香りまでしないと、変わらないのか?!

*便は、どんなに頑張ってもバラの香りはしません。念のため。。)

 

ちなみに、この7月の結果を、患者さんに見せて説明している間に、どっかいっちゃって(おそらく他の資料とともに患者さんに渡してしまったと思われる)、再発行していただきました。

 

腸内フローラは、ちょっとやそっとでは変わらないといわれていて、10月のセミナーの時に、免疫の超大家の先生にお聞きしたら、「変わらないよね」と言われ、ガーンっ!!とショックを受けておりました。

(なぜショックかというと、私の腸内フローラは、「やや太りやすい」のです。。

「変えられない」ということは、一生「やや太りやすい」ということです。。。)

でも、腸内フローラのバランスを変えることはできます。

ここでいう、「変わらない」というのは、菌の種類ですね。

今まで存在しなかった菌が、どっかから入ってこない限り、いきなり沸いてはこないので、なので、医療では「便移植」という治療法があるわけですが。。。

口から何かで摂っても、そのまま腸の中で、いついてくれるかというのがこれまた難しく、絶対にいつかないわけではないでしょうけど、菌との相性もあるから、たくさん入れたから、いつく、というわけでもないようです。

 

この10月のころは、悪い菌を殺すサプリといい菌を「植菌」できるサプリとわりと飲んでいましたが、腸もうんこちゃんもとても調子がいいので、なにかあったときだけ飲む、というようにしていました。

ラクトフェリンはずっと続けていましたが。

 

やっぱり続けないとダメか。。。

 

IMG_20161215_231518[1] 先日の学会で存在を知った森永のサプリ。

http://www.slimbifi.com/index.html

 

まだ1か月も飲んでいませんが、さぼりながらとつけていkますが。。

この1か月くらい、昼のごはんは、ごはんの代わりに、ずっとプロテイン飲料(医療用。完全な置き換えができる、オーソプロテインを飲んでました。

時間がないのと、液体なので、これなら仕事によったら、仕事しながら摂れるから便利でした。

さすがに、半月もすると、ちょっと痩せました。これも途中から一緒にやっていますが、ちょっと脂肪が減ったのは、これはいまのところ関係ないと思います。

もし、これが私にあっているなら、これからかな。

こういうのって、1か月、2か月単位で診ていかないとね。

さあ、どうなることやら。

 

 

もう12月ですね。早いですね~。

 

さて、12月キャンペーンのお知らせです。

①これからの季節の定番となりましたイオン導入です。

大した副作用もなく、比較的安価なので、お肌の乾燥、ちょっとしたトラブルに足してあげるのはとてもいいと思います。

でも、通常価格1回¥5,400(税込み)ですから、何度もやっているとレーザー1回できちゃいますよね。

私も、予算に限りがある方の場合は、その予算をレーザーに回したら?と勧めています。

追加できればそりゃいいですが、お金はキリがないですからね。

使用する薬剤の成分が、ドンピシャ!で合う方もいらっしゃるので、どなたにドンピシャ!なのかは、さすがにわかりません。

なので、キャンペーンで、こういう時にお試しいただこうというわけです。ご予約はお早目に。もうすでにご予約を取ってくださっている方は、追加はお早目にご連絡ください。

 

②タイタン併用のアゴ下トゥルースカルプですが、治療のキャンペーンは通常しておりませんが、今回特別です。

キャンペーンと言っても、顔にトゥルースカルプを当てている場合と、アゴ下だけ+顔タイタンとで、どれくらい変わるのかの効果の違いを比べさせていただこうというモニターとまではいきませんが(写真などをブログなどで使うわけではありません)、私個人に経過を診せてほしいというものです。

タイタンをされている方は、いつも定期的に通っていらっしゃるので、自然と経過が診られます。定期的に通っていらっしゃらない方の場合は、経過を診せに着ていただく場合がありますので、それは診察時などにお聞きください。その方の脂肪の付き具合によって違うと思います。

ちなみに、アゴ下のトゥルースカルプのモニターの方の経過はこちら

https://www.aiko-hifuka-clinic.net/2013/11/post-736.html

トゥルースカルプ(アゴ下)その後②

ちなみに、1年間の経過観察をしていますが、効果は維持されてました。

(ブログには出してませんが。早く論文にしようと思い、ほったらかしになってまして。。。論文にするなら、あんまりブログで先に書いている場合ではないな、とどっちつかずになってしまっています。。)

③恒例のサンプルプレゼントです。商品の種類によりますが、結構な量のサンプルをプレゼントしていますので、結構なお試しができます。

パウダールームで1回塗ったくらいではよくわからないものもありますから、やっぱり数日~1週間くらい使ってみたいですよね。

1週間以上使うとなると、通常はやはり現品をご購入いただかないと難しいのですが、この季節にいろいろお試しください。特に、保湿関係ですね!

ヘアケアやアンチエイジング用もありますが、使ったことがないもの・説明を受けていないものは、処置中などにお聴きください。

ビューティフルスキンのお試しセットとナビジョンのTAWローションのミニボトルは一番人気のサンプルです。

数に限りがありますから、狙っているものがあれば、お早目に。お取り置きできる場合もあるので、どうしてもこれが!というのがある方は、とりあえずご連絡ください。メールをお持ちの方はメールでもいいですよ。

サンプルがない商品もありますから、それもお聞きください。

 

④栄養解析をされる方へのサプリのお試しプレゼントですが、今月は12月でみなさんお忙しいですから、なんと!ヘム鉄とビタミンB混合とαリポ酸混合ビタミンCを1粒ずつパックしたものを3回分プレゼントです。

通常、この1パックは170円(税込み)だったと思いますが、それを3回分です。

1日で飲んでしまってもいいし、3日かけても飲み方は自由です。

3回で違いが判るかたもいらっしゃいます。違いがわかると、自分がどれだけ栄養が足りていないのか、あと、ここのサプリのすごさがわかるのですが、食事を全く変えない方の場合は、なんとなく違うのかな。。?レベルになってしまうので、一番大事なのは食事です。

 

⑤根強い人気のグラッシュビスタ(まつげ育毛剤。医薬品なので、診察が必ず必要)ですが、うちの患者さんは結構伸びるので、1箱(1本)で満足される方が多いです。もう途中で使うのを止めてしまって(伸びて満足したから)、当分いいやとお休みする方も多いです。どこまで伸ばしたいのか、濃くしたいのかにもよりますが。

グラッシュビスタほど伸びなくてもいいけど(今以上に)、今の長さを維持したい方には、オバジ(ZOのほうですよ。クリニック専売品で、ネットで売っているのは偽物ですよ。ZOは、ネット販売禁止されていますからね。受診してもらう化粧品になります。)のまつ毛育毛剤がお勧めです。

これは下まつげにも塗れるので、下も伸ばしたい方にはうってつけです。グラッシュビスタのような、赤みや茶色くなるような副作用はありませんから、副作用が心配な方に人気です。

患者さんの経過を診ていると、個人差はありますが、まあまあ伸びます。グラッシュほど早くはないですが。

グラッシュビスタで全然、という方は、かなりの栄養欠損の可能性ありです。

まつげを伸ばす材料すらない、ということです。ごくたまに、「え?!こんだけ?!」という方がいますね。。。

 

⑥サプリのキャンペーンですが、この時期プラセンタ欲しがる方もいらっしゃるので(年末だから?忙しいから?)、プラセンタのキャンペーンです。

ただ、数に限りがありますから、ご了承ください。

プラセンタ、いいんですけどね。プラセンタの代わりになるものは、確かにそうそうないです。

でも、高い!(うちで、2万と消費税くらいでしたっけ?)

まあ、ラエンネック®ですから、仕方ありませんが。

プラセンタもいいですが、同じ2万だったら、栄養療法のサプリ、結構変えますからね。優先順位は、私はまずそちらだと思います。

プラセンタがドンピシャ!で効いたらいいですが。。

ネットで、少し前に、偽物たくさん売ってましたね。こういうクリニック専売品をネットで買うほうも悪いですね。ズルしようとするから、逆手にとって騙される。欲をかいちゃあ、いかんです。ラエンネック®は、ちゃんとクリニックで買いましょう!

それとこの季節。これからの定番のオリーブ葉です。天然の抗生物質とも言われる免疫力アップさせるサプリですが、こちらは、ハーブが材料ですので、ミネラルでもビタミンでもありません。妊婦さんはこれからの季節特に気を付けないといけません。受験生も体力の弱っている方はもちろんのこと、忙しくて風邪やインフルエンザなんかにかかっていられない!という方にもお勧めです。体調のヤバい時は、増量するとさらにいいそうです。(症状によって飲む量が違うので、処置時などにお聞きください。)

私は、去年からインフルエンザの予防接種を止めました。去年は、ビタミンDとオリーブ葉で乗り切りました。良かったです。体に負担をかけずに、中からの本当の予防。たくさんのサプリは飲みたくないという方も、「感染症対策」に特化するなら、これだけ!というのはいいと思います。

⑦ お待たせしていた、AC BODY®のキャンペーンです。寒い季節ですから、お勧めではありますが、向いていない方(しばらくダメなのか、今だけなのか、人によって違います)もいますので、診察の上、お断りする場合もありますので、ご注意ください。

 

⑧いつもの糖質制限のお菓子かビタミックス®かの、キャンペーンのプレゼントですが、12月なので、5万円以上お支払いの方には、2種類選んでいただけます。

ただ、新商品のヘム鉄入りのクッキーが大変な人気でして。。発注をかけているんですが、(受注生産なのですぐには来ないのです)、買っていかたりするほうが上回っていて、追いつきません。。。なので、日に寄ったら選んでいただけない日もあるかもしれません。ご了承ください。

このルーブさんのお菓子は、アマンドショコラもフィナンシェもクッキーもたんぱく質がはいっているので、ちょっとした補食にもなるお菓子ですので、超~お勧めですよ~!!

 

12月は師走で忙しいですからね、しっかり栄養をつけて乗り切っちゃってください!!

 

 

 

いろいろ書くことが溜まってしまいましたが、ちょっと全然違うお話を。。

今日ね、嬉しいことがありました。

 

12月4日の講演会に向けて、先日念願のトゥルースカルプをやっとほっぺたにあてる時間が取れました。

そのちょっと前に、タイタンはもうあてていたんですが、タイタンはたるみ・シワ・むくみに効いても、脂肪には効きません。

もう時間もないし、タイタンだけでいいかな~と思っていましたが、やっぱり当てたい!

なんとか時間を作って、当て終わりました。

 

先月お会いした患者さんから、「先生、痩せた?!」と聞かれ、「痩せてませんよ」というと、「すっごい顔が小さくなってる!!何したん?!」とギョーテンされ、ニンマリ、にやけが止まりません。

「タイタンとトゥルスカ、あてたんですよ。」

「タイタンでそんなになるの?!」

ちなみにこの方は、タイタンは何度かあてていらっしゃって、私よりも年上でいらっしゃいますが、でもそんなにたるみのない方で、脂肪のたるみもない方です。

なので、この方は、タイタンだけでよくて、トゥルスカを顔にあてるのは適応外。

「タイタンだけでは、無理ですよ(私の顔は)。」というやり取りをしていまして、すっごく羨ましがってくださいました。

 

そうか、そんなに効いているか~!

 

トゥルスカなどの熱を加える温かい治療は、リンパドレナージュの作用もありますから、どこにあてるのかにもよりますが、やってる最中から、むくみが取れ、スッキリしていきます。

終わった直後は、すっきりとやや引き締まっていますが(皮膚のタイトニング効果もあると思われるので)、脂肪がこの時点でなくなったわけではありません。

ちょっと間に合わないかな、と思いましたが、やって良かった~!!

ちょうど最近、脂肪減ってきたな、と思っていたところでした。

先月と私の顔のすっきり感が全然違うとのことです。

そんなに驚かれるくらい違うのかな。。と思いましたが。。自分にだけわかるレベルかと思ってました。

繰り返しあてられると、もっといいんですけどね。

 

その患者さんから、ビフォーアフターの写真撮って、出したらいいのに、と言われ、さらにニンマリ。

ウシシ、そんなに効いているのか!!

 

で、これでが写真は撮っていません。

自分で、顔の正面やななめなどの写真を撮る、というのは至難の業かと。。何回かやったことがありますが、写真は、ヒアルロン酸自己注射よりも難しかったです。。私にとってですが)

 

あ、私を生で見たことないみなさんは、そんなすっごい小顔とか思わないでくださいね。

あくまでも、私の先月比べての相対的評価であって、世間一般の絶対的評価ではありませんから~。

ドーピングと言いますか、ちょっと他力本願でズルをさせていただきました。

(家族からは、「ズルスカ」と呼ばれております。ただ、残念なのは、私に時間がなくて、思うようにトゥルスカができないことです)

まあ、顔の頬~口元の脂肪のたるみは、自力では無理ですからね~。たるんでしまった、下がってしまった脂肪は、さすがの栄養療法でも無理です。

こんなところの脂肪をなくすくらい痩せると、皮膚はシワッシワですね。ペラペラというか。。脂肪もたんぱく質(コラーゲンもたんぱく質です)も全然ない状態ですから、綺麗なわけではないですね。

 

もう1週間を切りましたね。

私がなにするわけではないですが、あ、今週、白髪を染めてきます。(ヘアマニキュアです)

いつも白髪は、何で染めるか、悩んで、放置して、自分で市販のヘアカラーや非ジアミンのカラーもあまり使わなくなりましたが(時間がかかるので)、悩んでいる間に、どんどんマニキュアは取れて、かなり白髪が目立ってきて、みっともないくらいになって、美容院に行かざるを得なくなるという今日この頃。。。なかなか草笛光子さんまではいきませんね。

 

講演会をまだ申し込まれていない方は、お急ぎください!!

30日までです!!

当日参加もOKのはずですが、もしかしたら、立ち見かも。

立ち見でも、聴く価値のある講演会だと思います。

ぜひ!!

11月のキャンペーンのお知らせが遅くなって、申し訳ありません。。。すっかり忘れておりました。。院内に貼る「お知らせ」は作っていたんですが、HPにアップするのを忘れておりました。。

 

さて、春に続いて秋は秋で肌荒れの季節です。

夏のダメージで弱っているところに、いきなり乾燥が来ますから、すっかりバリアが壊されてしまった肌では、いろいろ太刀打ちできません。。せめて栄養くらいしっかり摂れていたら、体のほうである程度治してくれるんですが。。

悪循環にはまっている方もとても多いです。

ずっと一人でやっていると、何がおかしいのか、思いこんでしまっていることもとても多いので、客観的に見ることができなくなって、という方もとても多いです。

そういう時は、第3者が冷静に診る、というのがとてもいいです。悪循環を突破できることが多いです。

恒例の肌荒れ相談、スキンケア相談の方に、サンプルプレゼントです。

 

肌荒れ・乾燥の季節に定番のイオン導入も今回続行です。

それと目元のシワですね~。アンチエイジング対策も本格的な季節になってきました。

合う方と合わない方がいるので、必ず診察カウンセリングをお受けください。

 

それと、グラッシュビスタ®の再びモニター募集です。これはキャンペーンではありませんが。

今回は、全くの初診の方ではなく、当院に通院されている方です。処置でも診察(栄養療法の)でもなんでもいいんですが、定期的に通っている方ということにさせていただきました。

全くの初診というか、グラッシュビスタ®目当ての初診で、他の処置も診察もなんにもしていない、となるとモニター診察に来なくなるなる人がチラホラいますので、通院中に方に限らせていただきました。

当院通院中の方限定ということで、モニター価格を前回よりも下げましたので、かなりのお得です。

続きが欲しいという前回のモニターの方も引き続き購入は可能です。

ただし、誰であっても、説明・カウンセは必要です。場合により、お渡しできないことがあります。

 

乾燥の季節でも、毛穴が気になる方は気になるという、かなり厄介ですか。。

乾燥するから余計に皮脂が出ているんでしょうけど、そのせいで毛穴が開いている方もいらっしゃいます。

適応のない方もいますが、合えばいいこともあります。

最初の診断が大事ですね~。

 

朝晩も昼間もすっかり寒くなりましたね~。

冬持支度ですね~。

冷え性の方に、これからの季節、部分痩身のトゥルースカルプ+AC BODYはお勧めです。冷えがマシになりますよ。

(合っているパワーに調節をしないと無理です。)

 

ヘアケアも秋は抜け毛の季節ですから続行です。

日焼け止めは秋も大事なので、ご購入された方にサンプルプレゼントしますね。

 

 

先日、チョコレートのかかった糖質制限ケーキはないものかといろいろ調べて、ネットで見つけました。

「奇跡のレストラン」で出てくるチョコレートケーキがありましたが、残念ながら地方発送なしで、確か東京だけでした。。

 

そこで、見つけたのが、「ヘルシ屋」さんです。

http://healthy.life.coocan.jp/

なんと!こちらには、ザッハトルテがあったのです!!

私もぜひ食べてみたい。

ザッハトルテは、昔から大好きなお菓子ですね。

 

送料もかかるし、どれも冷凍で来るので、まとめてケーキ3個頼みました。

・苺のレアチーズケーキのハート型

・ザッハトルテ

・ベイクドチーズケーキ

です。

IMG_20161021_162037IMG_20161021_162049

普通の丸いのもあります。

ハート型がかわいらいいですね。

見た目が可愛いだけではなく、味も、知らずに食べると、糖質制限とは思わないくらい、

おいしかったです。

 

IMG_20161021_162543ケーキの断面です。

糖質を減らすために、スポンジ部分をなるべく減らしているようです。

スポンジ生地は小麦不使用で、大豆粉やアーモンドプードルと小麦ふすま、小麦グルテンでできています。それはおそらく全商品似たり寄ったり。

糖質制限で、お菓子やパン、スポンジを作るには、どうしても小麦グルテンが必要です。

でないと、もっちりしないようです。

あと、膨らみにくいんだったかな・・?

IMG_20161021_221446 ザッハトルテ!

切った後に写真を忘れていたのを気づきました。。

これは、糖質制限にしたら、ほんとによくできていましたが、チョコレートコーティングのつもりのお菓子と思って、何も知らない人が食べたら、こんなのチョコレートじゃない!と言うかな。。わかっていて、食べれば、絶対にチョコレートなんですが。。

糖質制限で、ザッハトルテを作るとこんな感じ~!という最高峰クラスと確信しました。

(って、他のザッハトルテ系を糖質制限で食べたことがないので、わかりませんが。。)

こちらは、親切にも、生クリーム(純ですよ!)が別添えでついてきます!

おお=!!ザッハトルテですものね!!

IMG_20161024_154822 こちらは、ベイクドチーズケーキ!

これも、美味しかったです。

チーズケーキ系は、ほんとに、糖質制限とはわからないです。

 

他の種類もたくさんあるから、食べてみたいな~。

 

こちらのケーキ屋サンは、HPにも、一緒に入ってきたパンフレットにも、親切なことがたくさん書いてありました。感心してしまうくらい。

どなたか医療関係者が関わっているのか、ご本人はご家族が糖尿病などで、すごく勉強されたか、というくらい、細かいことに気付かれている感じです。

 

すべての食材がこだわっていて、素材の良さで、糖質制限の物足りなさをカバーしてあまるくらいですね。無茶クチャ高いわけではないですが、お安いものでもないです。

糖質量もきっちり書かれていますが、オーソモレキュラー.jpみたいに、商品(完成品)を食品分析センターで分析されたわけではないです。

あくまで作る前の計算上です。

これは、どこの糖質制限の食品も同じです。

完成品をいちいち測っていたら、コストがかかりすぎるし、計算上よりも増えていたりすると困るので、やっているところは、まあないでしょう。

 

ダイエット目的や健康志向の方はいいですが、糖尿病や血糖値を上げてはいけない方は、ちゃんと自己測定して確認してくださいね。

同じ糖質量でも、どこまで血糖値が上がるのかは個人差も大きいですし、糖質の種類も人によって反応の程度は違いますから、糖尿病の方が、計算所の数値をそのまま信じたら、ダメですよ。

 

こちらの商品は、どれも見た目がアゲアゲで、添加物もほとんどなかったと思います。

誕生日やイベントにはとてもいいです。

 

ただ、ここのケーキ屋さんを一体誰がしているのか、が全くわかりません。

大手が隠れてこそってやっているのか、個人でされているのか。

個人でされている場合は、パティシエのお名前は載っていなくても、なにかその人なりのこだわりと言うか、人間ぽいところが。HPのあちらこちらで見えるものえすが。。。

大手なんですかね~。テスト経営とか。。?

 

あ、商品はすべて冷凍できます。解凍して食べるので、3個頼んでも平気です。

 

 

先日、部分痩身治療のトゥルースカルプご希望れ来られた患者さんがおっしゃってましたが、最初他のクリニックでカウンセを受けようとされたら、そこでは、医師の診察も説明もないらしく、患者さんが希望するなら、とのこと。。

そして、極め付けは、「医療機器じゃないから、かまわないんです」と言われたそうで、その方は、おかしいと思って、止めて、うちにきてくださったそうです。

 

素晴らしいですね~!! よく気気付かれましたよね!!

 

まあ、医師でもない人から、一体なんの説明を受けるのかわかりませんが、説明を受けるだけだったら、時間が無駄なだけで、害はないですよね。

 

でも、そんなクリニック、処置は一体誰がしてるの。。。。?

 

「医療機器」じゃないとまで言うんだったら、処置もナースですらないってこと。。。?

そのクリニック、医者がほんとにいるのか?!とまで疑いたくなりますね。。

 

世の中、えげつないですね。。。

 

よく部分痩身の処置と言っておいて、例えば韓国製のエステ用の温める器械をクリニックでされているところもあります。

ちゃんと説明していたらいいと思いますよ。医療ではないですが。

医療ではないので、ほんとに効果があるのかは、私は知りませんし、一番心配なのは、安全性ですね。

医療機器というのは、日本だけではなく、おそらく先進国では、エステ用の機械よりも、チェックが厳しいのは当たり前ですよね。

効果がある、ということは、副作用が合併症もゼロではないので、安全テストはちゃんとされていて、認可が下りるわけです。

 

ちなみに、トゥルースカルプは、日本の厚労省未承認の機械なので、日本国内で行う場合は、やる医師の全責任に置いてやります。

アメリカの会社(キュテラ社)の機械なので、アメリカの厚労省にあたるFDAの承認は、もちろん取っている医療機器です。

 

エステの機械であれば、安全テストをする必要もないし、業者がやっていると言っても、どこまで信じていいのかわかりませんし、データーが出ても、結構な熱量などが出るものになると、かなり怖いです。

(エステの機械は、医療機器に比べたら、すご~く安いので、導入するクリニックもあると思います。)

 

いくら安くても、効果はない、安全でもない、となったら、その店(クリニック)が儲かるだけで、患者さんが踏んだり蹴ったりですね。

全部説明を受けて、わかった上で施術を受けて、値段と効果(?)に満足されているのなら、それはひとつの考え方なので、ありだと思います。

 

エステに今まで通っていたけど、美容クリニックにやっぱり行ったほうがいいかな、行こう、と思う方って、確実な「効果」を求めておられるわけですよね。

エステは、「効く」ものではないですからね~。医療じゃないですからね~。

「リラクジェーション」はエステじゃないといけませんが

(医療は、「リラクジェーション」ではないですから。場合により、痛かったり、しんどかったり、いろいろありますよね)

エステで、マッサージをいくらされても、痩せませんからね~。

そんなので痩せれば、なんで脂肪吸引の手術がいまだされているのか?!って気づかないとね。

 

医療機器の施術は、医者が必ずいるクリニックで、診察カウンセも医師が必ずするクリニックで受けましょう。

施術は、ものにもよりますが、医師の指導の下で、ナースがするのは、ダメではない。。という感じですが、これは、ナースじゃなくて医者がしないとダメでしょ!という機械もあります。

(危なすぎて、医者じゃないと、と業界の良心ですが、違法行為では一応ない。。)

 

 

 

IMG_20160822_191453今日は、本の紹介です。

 

北里研究所病院 糖尿病センター長 山田 悟先生監修の、「外でいただく”糖質制限食”奇跡の美食レストラン」です。

 

山田先生は、抗加齢医学会でも講演されたり、ちょっと前の「ガッテン!」でも、正しい糖質制限を紹介されて(糖質だけ減らすのではなく、たんぱく質・脂質はもっと増やさないといけない)、ブログでも紹介したのを覚えていらっしゃいますか?

https://www.aiko-hifuka-clinic.net/2016/07/%e3%82%ac%e3%83%83%e3%83%86%e3%83%b3%ef%bc%81%e3%81%ae%e3%80%8c%e7%b3%96%e8%b3%aa%e5%88%b6%e9%99%90%e3%80%8d.html

 

この本を知ったのは、確か、どなかたのfacebook だったかと。。。

(すみません、どなたのだったか忘れてしまいました。。)

それで、ぜひ中身を見てみたかったのですが、近くの本屋さんには、どこにも置いていません。

注文したら買えますが、買う前に中身をちらりと見たい。。でも、ちょっと置いているところは少なそうですので、もうネットで注文しちゃいました。

 

この本、いいです!

確かに、お店は、東京がほとんどで、どれも高級店で、糖質制限食コースで予約どころか、普通のコースですら、予約は一体どれくらい前から電話しないといけないのか?と思うお店もありますし、私は東京のお店はほとんど知りませんが、それでも名前は知っているお店もあって、これらの数多いお店が、協力してくれたり、糖質制限をしたほうがいい方のためにメニューを作って試作を重ねて、提供してくれるという、その心意気に感動しました!

もちろん、企画された山田先生にも!!

素晴らしい本です。

行けなくても、眺めているだけで、嬉しい気持ちになるし、料理好きの方には、とても参考になることも多いです。

これで、糖質制限?!とビックリする方も多いと思います。

特に、「糖質制限」の間違った思いこみをされている方には、特に、激震かも?!

 

なにより、このお菓子のページは、ワクワクして見ちゃいました。

栄養療法オーソモレキュラーのサイト、「オーソモレキュラー.jpモール」http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/

のお菓子やお弁当というのは、食品分析センターで完成品が解析されており、使っている食品添加物も安全な天然のものだけで(食品添加物とは呼びませんね)、最高品質で、しかも5時間の糖負荷検査がされていますから、糖尿病の方も、本当に安心して召し上がっていただけるお菓子です。お弁当も。

(こういう検査を徹底すると、お金がすごくかかります。。)

 

今の季節、こちらのルーブさんのゼリーは、私は大好きで、つい2個、食べてしまいます。。。いつも、うちの患者さんには、ビタミックスと並ぶくらい、フィナンシェも大人気です。すっごい満足感があります。

 

ただ、生ケーキがあるわけではないですし、なかなか新商品の開発となると、大変なようです。業者さん側も大変なご苦労があると思います。

他に(食品添加物を使えば)もっと安い、似たような商品がネットでは売っています。(中には、大丈夫かな?というのもあります)

いろんなものが食べたい時に、同じものばかりだと飽きることもありますし、違うものが食べたくなる時もあるし、財布と相談して、少々食品添加物を使っていても、かなり気をつかってくれているなら、わかって食べる分には全然ありだと思います。

 

もう写真を見ているだけで、ため息ものです。。ああ。。食べたいかも。。

 

残念ながら、オーソモレキュラー.jpモールのように、甘味は、ラカントSやエリスリトールの天然物のみ、で作ったお菓子は、確かありませんでした。

理由は、高いからです。

卸値価格は、おそらく倍のようです。

ただでさえ、ラカントSで、「ふくらませる」ということが無茶苦茶難しいので、大変なのに、原価までそんなかかるとなると、なかなか商品化して売る、すっごい儲からなくても、赤字にするわけにもいかないでしょうし。。

ラカントS・エリスリトールだけでお菓子を作るのは、とても大変です。

(ルーブさんは、その点すごい!!  。。でも、種類はそうそう増やせない。。)

 

砂糖を使ってこそのお菓子(特にフランス菓子)!と思って、作って来られたパティシエの方が、「砂糖」を止める・変更する、というだけでも、すごいことだと思います。それくらいのカルチャーショックだと思います。

カルチャーショックからの商品開発。。ほんとに大変です。

 

たま~に、食品添加物の入った、低糖質制限のお料理やお菓子も、あったほうがいいですよね。選択肢は多いほうがいいですよね。

 

あと、低糖質で一番難しいのは、もちろんイタリアンのパスタやパンが大変は大変ですが、一番大変なのは、和食ですね。

旨味である、みりんと砂糖を止めるわけですから。(あるいは、かなり減らす) 味付けの日本酒も注意ですよね。

減らした分、止めた分を、別の甘味で置き換えるわけですが、元と味は変わるので、根本的なところから、メニューを変えないといけません。

和食は、本来、根菜類(糖質)がとても多いんですよね~。

中華だと、あんかけ、なしですよね。点心もダメですよね。

 

素人が、自分や家族のために、作った糖質制限の料理と、プロの料理人が、お金をお客さんに払ってもらうのでは、全然違いますものね。すごくハードルが高いっ!!

和食の場合は、日本酒を飲みたい方のことも考えていらっしゃって、これも感動しました!

 

フレンチのお料理は、普通砂糖は使わないので、フレンチが一番糖質制限簡単ですし(フレンチで、糖質は、パンとデザートくらいです)、イタリアンだと、パスタもフォカッチャもデザートも食べなければ、イタリアンも糖質制限です。

ただ、この本では、糖質の多い野菜もなるべく使わないように考慮されていたり、おお=!!と思いました。

こういう、一流のお店で、パンも気を使って食べるかどうか悩んだり我慢したりをしなくてもよかったり、散々食べた後、最後のデザートも気にせず、みんなと一緒に食べられる、って、幸せですね~。

 

お寿司屋さんなんて、もう一生行かないかと思っていました。

あてを山ほど食べて、最後に3かんくらい握ってもらったら、いいかな。。?(って、絶対、もっと食べたくなりますよね!)

ほんと、お寿司屋サンは、行っていませんね~。

 

ダイエット目的で、体調で困っているわけでない方は、まあ、なんでもいいんですが、やはり慎重にならないといけないのが、糖尿病の方。

糖尿病の手前の方々。副腎疲労の方も程度にもよりますが、どれだけの糖を摂ったら(質にもよりますが)、どれくらい血糖値が上がるのかは、個人差がかなりあると思います。

市販で売っている低糖質パンにしても、ネットでいろいろ売っている、糖質制限の商品にしても、いくらでも食べていいわけではないですよ。

 

でも、普段まじめに、糖質制限されている方が、たまのイベントの時に、これくらいの糖質を摂っても、全然OK!と私も思います。

ゆっくり、よく噛んで食べたら、どのお料理も、糖質は最後のほうですから、そんなに血糖値が上がらないんじゃないかな。。?

(個人差は、絶対にあると思いますが。。。ご心配な方は、やっぱり血糖測定ですね。確実です。)

 

あ!

載っているお店で、本店は京都やろっ!!というのがいくつかあって、でも残念ながら、すべて東京のお店でした。

京都ではやってない。。?(確認していないので、わかりません)

京都でやるかな。。

 

こちらの本は、お店の紹介だけではなく、糖質制限のこともわかりやすく書いてありますから、とても勉強になります。

ただ、一点、ケトン体のところは、私は考え方が違います。

 

まあ、難しい話は置いておいといて、糖質制限のレストランを探していた方には、救世主ですし、ほんとに、お料理見ているだけで幸せです~。勇気もらえます!

 

ベースを押さえておけば、糖質制限の外食って、探せば結構あるんですが(考え方をシンプルにしてしまえば)、確かに、難民のように探しまくることもあります。

こういうお店で、コースで食べさせてくれるところが、この本の一番の見どころです。

お料理好きの方はぜひどうぞ一度お読みください。絶対に参考になりますよ!

 

 

 

 

 

すみません、昨日も途中で寝てしまいました。。

トゥルスカの話になったので、ちょっと続きです。

 

少し前にトゥルスカをされた患者さんが、二の腕中心でされたんですが、ムチャクチャ効いているんですよね~。ええ、こちらがびっくりするくらい。。

しかも短期間に。

セルライトは1週間くらいでもう全然違いますし、むくみは即効性があっても、肝心の脂肪は、脂肪吸引の手術ではありませんから、いきなり1週間で消えるものではありません。脂肪が死んで、それを処理して、と時間がかかるのは当たりまえで、時間をかければ、効果が出てくるのはわかっています。

 

でも、患者さんの中に、ほんとに1~2週間で、確実に減っている方がいて、サイズ測定は、生理前かどうかでも前後で変わりますし、機械での測定ではなく、人間が測定していますから、微妙にずれたりもします。サイズ測定というのは、確認も含めてしていますが、どこまでが誤差の範囲かわからないこともあります。

それでも、患者さんが、「確実に効いている!」と言われるので、どうしてそう思うんですか?言い切れるんですか?とお聞きすると、普段着ている服が全然違うとのことで、服の中で、やったところがスイスイ泳いでいるというか、余裕ブッチギリで、ウエストの場合だと、がばがばするとか。

(おなかの場合は、内臓脂肪が多かった場合もあります。内臓脂肪の分解は、ムチャクチャ早いです。付くのも早いけど。。)

 

今回の二の腕の方は、ぴちぴちだったTシャツが、ほんとにがばがばになったそうで。

(私もそのTシャツを見ましたが、えっ?!とビックリギョーテンでした。

AC BODYやっても、1回ですごく筋肉がついたりして、この方は、スゴイ!の連続です。

(はっきり言って、たった1回でここまで筋肉がついた方を初めて見ました。女性は、ほんとに筋肉がつかないので(たんぱく質を食べていないから)、マッサージ程度になることも多いです。下手したら、筋破壊しただけ、となることもあります)

 

ちなみに言っておきますが、手前みそで恐縮ですが、トゥルスカにしてもAC BODYにしてもそうですが、機械の設定とかがいいのは言うまでもないです。

ただ、それを早く、しかもギョーテン度マックスなくらい効かせようとなると、患者さんの個体の問題もかなり大きいです。

 

どういう方がよく効くかというと、やはり断然若い方!

若い方で、お菓子ばっかり食べていなくて、ある程度、炭水化物のコントロールができている方。

炭水化物は食べているけど、血糖値の乱高下のない方はよく効きます。

(もちろん、照射する温度が設定条件を満たしている場合です)

女性で、栄養が足りている方はまずいないので(その中でも、栄養欠損の程度には差が天と地ほどあることもあるんでしょうけど)、血糖値のコントロールさえできていれば、そうすごく栄養状態が関わることはない印象です。

 

ところが、40代・50代になってくると、効果の悪い方、すぐに戻る方(戻る、という言い方は悪いのかもしれません)が出てきます。

 

この年齢でも、基本太っていない方(BMI18~22くらい)の部分痩せは、まあ大体予想通りの効果です。ちゃんと効果は出ます。効果が出る時間もモニターの方々から割り出した平均くらいです。

 

問題は、BMI18未満や、23以上、って感じです。

はっきりこれで分かれるわけではないです。あくまで、全体のぽっちゃり・痩せすぎの印象と思っていただいたらいいです。

 

まず、ぽっちゃりさんですが、脂肪は分解されるんですが、それが処理されないんですね。処理された分だけ痩せます。

処理されなかった分は、どこかに行って居ついたり(まあ、主に肝臓だと思いますが、脂肪肝の傾向が出たり)、処理されないまま、またそこで再びついてしまう。

あるいは、一旦処理されたけど、炭水化物の食べ方・摂る量などが悪いのと、今までのツケで耐糖能異常が結構ひどい方などは、そこが痩せたのをいいことに、油断して今まで以上に食べたり、(心のどこかで、またやればいいや、と思ってしまう傾向が強い)飲んだりするので、食生活が一向に改善せず(人によったらひどくなったり。。。)、結局そのせいで太って、戻ったように感じる。

(実際は、太ったほどには、そこには脂肪はついていませんが、全体の印象が部分痩せした意味がなくなっている)

 

で、痩せすぎの方ですが、痩せすぎで、40代・50代となると、もう腕脚の筋肉が全然ないです。もちろん、体幹も。脂肪もすごく少ない。

こんな方のどこに、部分痩身を希望されるほど脂肪がついているのか、というと、内臓脂肪も含めた腹部と腰・おしり~太ももにかけてのセルライトです。(おなかにセルライトらしきものがある方もいます)

セルライトならすぐに効くからいいんですが、内臓脂肪も効きますが、効く以上、年がいけばいくほど、血液検査をしないと、ヤバいかもしれません。栄養療法をするようになって、血液検査の必要性がいかに痩身に大事か、ということがわかりました。

代謝も悪いし、痩せているので、栄養欠損は、一番重篤です。下半身の色がとても悪い方も多く、血行もとても悪い。

(合併症が起きやすいです)

 

年齢に関わらず、内臓脂肪がもう一目で、えげつなく付いている方は、全員血液検査をしないと(結果も問題がないと確認しないと)、まずやりません。

ものすごく、ものすごく危ないです。

部分痩身とか、そんな呑気なことを言っている場合ではないです。

 

内臓脂肪は、そこまでではないけど、まあ、ちょっとついているという方も多いですが、筋肉がもう異化亢進でむっちゃ少ないのと、栄養欠損がひどいですから、分解した脂肪を処理できる栄養があるのかな、となります。

照射目的が、セルライトや内臓脂肪だったら、まあ、リスクはありますが、効きます。

でも、ほんとの脂肪だったら、うまく処理できるように、どうして処理できないのか、、やはり血液検査をしたほうが絶対にいいです。

40代・50代に関わらず、全ての方に、血液検査はススメてます。

されるかどうかは別として。

 

他力本願だと、お金はほんとに覚悟してください。

炭水化物の上手な取り方(制限も含めて)・扱い方は、必須です。特に、この年代は。

太りやすい原因は、ひとつだけではないんですね~。

運動不足だけでもないし、食事だけの問題でもないです(食事の割合は、とてもとても高いですが)。

足りない栄養素も一つだけではなく、たくさんの栄養が足りないせいで痩せにくくしています。

そして、どなたでも、年々痩せにくい体になっていく。。。

 

部分痩せも全身痩せも科学だからと言って、医療だけに頼るのも、お金と時間がかかりすぎ。。。

原因を見つけるためにも、血液検査は、全員にしてほしいところですが、これもお金がかかりますから、されない方も多いです。

やらずに効けばいいんですけどね。。全員がね。どの年齢でもね。。

 

 

 

4 / 12« First...23456...10...Last »