プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

ホーム > その他



お久しぶりです。

長い間、ブログをさぼってしまいました。すみません。

実は、今日、キュテラのセミナーがあり、そこで、講演をさせていただきました。

メインは、もちろん、トゥルースカルプです。

「講演」というと、スゴイ!と思われるかもしれませんが、私のは、講演というようなレベルではなく、拙い話を聞いていただいた皆様に感謝いたします。

なにか少しでもお役に立てたのなら、幸いです。

学会発表自体も5年ぶりくらいなのに、講演となると、45分というお時間をいただき、どうなることかと思いましたが、時間が余るどころか、少し押してしまい、申し訳ありません。

いつも話が長いですね。。。すみません。

講演の準備もあり、最近はずっと寝不足で、おとついが朝5時まで、昨日は3時半まで、起きていて、もう体内時計がおかしくなっちゃったかも。。。

(それでも、全然勉強が足りませんでした。。反省。。)

お肌は、ボロボロまでいきませんでしたが、せっかくナビジョンのパックをしようと、持って帰ったのに全然できず、う~っとなってましたが、HAフィルパッチはせめてやろう!と思い立ちました。

でも、HAフィルパッチは、寝ている間にするものなのです。目の周りに貼りますから、周りののりしろ部分が、少し固めなので、目の周りの柔らかい皮膚からしたら、瞬きの時とかに違和感があり、あまり起きているのは気になっちゃうからです。

でも、寝ている時間がないので、目の周りに貼って、スライドと原稿を作ってました。

 

HAフィルパッチは、3回分がセットになっているんですが、これは目の周り以外にも貼っても大丈夫なんです。

(ただし、法令線には効かないそうです。)

残りを眉間やおでこの縮緬ジワに貼ってみました。

顔中、フィルパッチだらけで、とってもおかしい顔です。。

まあ、いいや。

 

HAフィルパッチのいいところは、ヒアルロン酸のとげが溶けて、翌日少しふっくらして、結構いいんです。

そういう意味での即効性があり、シンデレラ効果と言われています。

(ただし、それほど持ちません。すぐに吸収されてしまいます。)

でも、こういうイベント時には、とてもいいんです。おススメです。

 

肌はそこまでボロボロじゃないんですけど、寝不足で、目の下のクマがちょっとひどいかも。暗っぽいというか。。。

こんな時はね、ジェネシスがいいんです。

血行を良くして、疲れたお肌を底上げしてくれます。ドーピングみたい?

ホントは、ニンニク注射やビタミン注射もガンガン行きたかったんですが、すっかり忘れていて、タイムアップ!

もう帰って、明日の準備をしないといけなくて。。

(と言って、ACボディは慌ててやりました。久しぶりです。

時間がなくて、最近ずっとさぼってましたが、ACボディすると、中からむくみを取ってくれるので(かなり血行が良くなるから)、よく患者さんからも、ACボディをすると、翌日、おなかのベルトがひとつ違う、と言われます。

それを聞いた時に、これはやらねば!とイベント前を狙っていたんです。。

ACボディを装着して、ホントは寝てやるんですが、座ったまま、原稿の手直しをずっとしてました。

(何やっているんだか。。)

 

トゥルスカの講演をするクセに、全然痩せていない私。。。うう。。。

いや、部分痩せはしているんですが、(別名ズルスカですから!)、全体痩せはしてくれないんですよね~。

講演の最後に、それはちゃんと申し上げておきました。

私が痩せていないのは、トゥルスカのせいではないので。トゥルスカの名誉のために。

 

さて、なんとかセミナーが終わって、梅田大丸に、いつもお願いしているアートフラワーのお店「プリマ」さんへ、頼んでおいたお花を見に行きました。

昔って、アートフラワーのお店って、たくさんありましたが、不況のせいで、一気に減りましたね。残念です。

クリニックに飾るお花は、もちろん生のほうがいいに決まってますが、買いに行くのも、毎日お花を整えるのも、とても時間がかかり、私もスタッフも時間がなくて、去年の秋ぐらいから、ずっとアートフラワーにしてます。

生でなくても、やっぱりお花があると、いいですね~♪

 

そのあと、たまたま大丸で、眉毛カットのお店を見つけました。

アナスタシアみたいな、ワックス脱毛でもなく、型をはめて書くのでもなく、その人の眉毛の形に合わせて、希望を聞いて、整えてくださいます。

25分3500円なり。(初回だけだったか。メンテの場合は、もう少し安かったかな、)

キレイに整えた後、アイブロウもして、アイブロウメイクをしてもらうと、私の丸い顔も、少ししまって見えました。

スゴイ!眉毛って、やっぱり重要ですよ。いつも適当に書いて、前髪でごまかしてましたが。。

定期的に通ってみようっと。

アイブロウやらコーティング液やらブラシとかアイブロウパウダーやら、いろいろ使ってくださって、おお~!なるほど!の連続でした。全部欲しくなり、お願いしました。

化粧品って、好きなんですよね、もともと。

楽しいですよね~。

 

基礎化粧品をお店で買うことは、もう、ありませんが、メイクアップ用品は大好きで、たまに思いついたように、一気買いをすることがあります。

担当のオネエサン(と言っても、多分20代半ば?後半?若いのに、しっかりされてます。)が、相武紗希をもっと目をぱっちりさせたような、とても感じのいい女の子で、またこの人にしてほしいな。

今度は、アイメイクとか、他もお願いしようかしらん。

(アイメイクって、ほとんどやらないので、アイラインの引き方がわからないんですよね。

でも、プロにしていただくと、やっぱり全然違うので、たま~に、イベント時などにしてみたくなります。)

今日は、なんか充実した1日でした。

ちょっと疲れたので、もう寝ますね。お休みなさい。

 

 

すみません、今日、ホントは、「ホントはおススメしない化粧品第五弾「自然派風化粧品・無添加風化粧品に騙されるな!」とするはずでしたが、時間が無くなり、番宣とさせていただきます。

さて、それに代わって、閑話休題。

今朝、烏丸仏光寺の辺を歩いていると、地下鉄の出口のところから出てきたオバサン(年齢不詳。30代にも50代にも見えるような。。。でも、60代ではないと思います。。)が、何か私に声をかけてきました。

私、よく道端で声をかけられるんです。。

隙があるんでしょうか。。

道を聞かれたり、時間を聞かれたり。。私ほど、方向音痴はいないのに、私に聞いてどうする!という感じですが、聞いている方は、知ったっこっちゃないですものね。

一番びっくりしたのは、学会でサンフランシスコ(初めて)行った時に、日本人の方に、道を聞かれたことです。

「。。。すみません、私も観光客なのでわかりません。。」(私も地図を持って、歩いていたんですが。。)

東京で、電車の乗り換えが自信なくて、「これ、絶対、品川駅に止まるやんな。。」と思って、恐る恐る乗ろうとしたら、地方から出張に来たらしい男性が、「これ、品川に止まりますよね?!」と私に聞いてきます。

「。。止まらないと、私も困るんですけど。。どうでしょう。。」

時間くらいなら、腕時計を見ればいいですが、私に道を聞くのは止めて!間違っているかも。。

で、今日のオバサンです。

手に何か握っておられます。

観光で来ていて、地図かな?と思ってそばに寄ってみると、それは、地図ではなく、電気料金の支払いの振込用紙のようで(?)、

「お金がないので、1000円か2000円、ください。」

????

一瞬、何を言われたのか、わかりませんでした。

。。。お金、ください?   って、そう言った??

とりあえず、無視して、その場から走り去りました=。

オバサンは、ニット帽か被って、普通にコートかなんか来ていたと思います。

お金持ちには見えませんでしたが、いわゆるホームレスではなく、普通のよくいはるオバサン、ってやつです。

私の格好はというと、雨に濡れてもいいように買ったZARAのダウンコートとユニクロのヒートテックパンツにUGGのブーツ、ストールを首にぐるぐる巻いて、耳あてをしていて、とうていお金持ちに見える格好ではありません。

(今日の京都は、またまたとっても寒かったです。防寒第一です!)

雪だるまみたいで、声かけやすかったんでしょうか。。

あるいは、サンタクロースと間違えられたのかしら。。?

今まで、いろんな声をかけられたことはありますが、物乞いって言うんでしょうか。。

こんなことは初めてで、かなりびっくりしました!

新手の新興宗教かなにかでしょうか。。

ちょっと怖くて、確認もしたくないです。

怪しい人からは、申し訳ありませんが、さっさと離れて、お近づきにはなりたくないですね。。お話も結構です。お願いですから、ご遠慮させてください。

こういう時に、「一体、どうしたんですか」と話を聞いてあげられるほど、私は、フランクではないので、ホントに勘弁してください。

エライ世の中ですね。。

(「エライ」というのは、関西弁で、「大変な」という意味です。)

その方の事情はわかりませんが、お金がないなら、市役所の福祉課とかに相談してもらうしかないんですけど。。

歩いている人に声かけるのは、ちょっとやっぱりダメでしょ。誰にでもされているんでしょうか。。

それとも、結構、お金を上げる人がいらっしゃるんでしょうか?

これが子供だったら、また違うのかもしれませんが(子供なら、警察に連れて行かないとね)、最近は、親が子供に、そういうことさせて、お金を騙して取っている、というのをTVでやっていたりしてましたね。

エライ世の中ですね。。

すみません。。今日も時間がなくなってしまい、お知らせに切り替わらせていただきます。。

昨日発売のSAVY、「てくてく京都地図本」(完全保存版)ご覧になられましたか?

IMG_20130124_230739350.jpgたいやきがおいしいそうですね~♪

今回も続けて、広告を出しました。

IMG_20130124_230931866.jpg

バリ島の特集の、ガルーダインドネシア航空の裏側です。(バリ、行きたいですね。。今年の夏休みこそ、バリ島行こうかな。鳥インフルエンザが出てから、行くのを止めていた団ですが、10年以上前に一度行って、とても良かったです。)

ガルーダインドネシア航空の広告の色が結構濃かったので、うちのページに少し透けてしまいました。

どんな広告が裏に来るのかわからないので、もう透けるのを覚悟で、クリニックカラーの薄い水色で作ってもらいました。

今回も、クリニック名とHPアドレスだけです。

前回の1回の広告でもよかったですが、京都特集とお聞きして、出しちゃいました。

だって、京都特集ですもの!うちのクリニック、京都ですもの!意気投合かな、と思っちゃいまして。。

当分、京都特集も美容特集もないので、広告はいったんお休みです。

広告を出したおかげで、少し認知度が上がったかしら。。?

お電話での問い合わせは、前回からすっごい増えています。

ネットで検索で見つけてくださった方も多いんですが、SAVYがきっかけで、検索にひっかかりやすくなったのか、年末年始はさんで、みなさん、いろいろ見てくださったのかわかりませんが、美容医療を万能と思う方が少しでも魔法じゃない、ということに理解をしていただけたなら、うれしいですね。

あやしい広告に、ひっかからないように、少しでもそういうことを考えるきっかけに、うちがなれれば幸いですね~。

さて、この京都特集、結構、今回おもしろいです。

マイナーというか、割と地元の人しか知らないようなお店も結構載っていて、普通のありきたりのとは、ちょいと違います。

いつもの京都特集で、少し飽きてきた、と言う方には、うってつけです。

ぜひ、買って(必ず買ってください。立ち読みではなく。完全保存版です。)、ゆっくりとご堪能ください。

そうそう、HPを見て、とお電話をいただくのはとてもあリがたいのですが、HPのお知らせやブログでも何度も書いておりますが、うちは、電話カウンセリングは、一切やっていませんので、HPを見てもわからないことは、実際に診察・カウンセに来られて、ご相談ください。

肌の状態もわからないのに、なにもカウンセできるはずがありません。

うちには、いわゆる美容カウンセラーもいません。

電話は、基本、ご予約を取るための、確認をさせていただいているだけですので、ご了承ください。

「美容医療は、魔法じゃない」といくら書いても、HPのその部分を読んでいただかないと、結局、意味ないんですね。

「してくれるなら受診するけど、できないなら、いかない。」と電話口でおっしゃる方は、美容カウンセラーがいて、電話でいいことばっかり言って、来させて、お金を払ったらなんでもしてくれる、よくある美容クリニックに行ってください。

うちは、そういうんじゃないので。肌も状況もわからないのに、電話で約束なんて、できません。

そういう電話がかかる、ということは、まだ、HPの書き方、足りませんかね。

初診の方が、勘違いされないように、ちょっとHPの書き方を少し変えないといけませんよね。

「おまかせします。とりあえず、診察に行きます。」という場合は、HPのそういうところ、見なくてもかまわないんですけど、電話で「私はどうですか?一般的にどうですか?」と言われても、わからないんですよ。

「一般くらいわかるだろう」と思われるでしょうが、患者さんの言う「一般」とこちらの考える「一般」がえらくかけ離れていることも多いですからね。直接話を聞いて、患者さんの言う「一般」を確認しないといけません。

直接、お会いして、肌みて、全身状況もチェックして、改善したいことに対して、私が最善と考える治療を紹介させていただく、という形です。

当たり前だと思うんですけどね、こういう流れって。

まあ、とりあえず、HPの初診の方の誘導を少し考えます。もっとわかりやすいように。

今回は、ドクター以外の方には、なんのことかよくわからないお話で、すみません。

こんないいことは、大勢の方に知ってもらわないと!と思い、お知らせです。

いい情報は、みんなで共有しないとね。

 

京都には、「京都府保健事業協同組合」という、開業している医師・歯科医師で成り立っている、協同組合があります。

会員となって、それぞれが出資して、組合を運営していく資金となるようです。

この組合では、開業にまつわるすべてのこと、クリニックの運営に関すること全部が、相談に乗っていただけて、役立ちます。

私も、そういう組合があるのが全然知らなくて、開業直前に、地区医師会の医師会長の先生のところにご挨拶に行って、教えてくださいました。

最初は、産業廃棄物取扱い業者さんを、こちらで教えてもらったらいいよ、とお聞きしてましたが、なんとこちらは、開業資金や運転資金の融資も、安い金利で、していただけるのです。

後から知ったので、こちらで開業資金はお借りしてませんが、理事会は開業医の先生ばかりですから、みなさん、味方というか、貸してくれやすいような気がします。

あらゆることも斡旋されていますが、あらゆる保険、注射器や針・ガーゼなどの医療消耗品だけでなく、クリニックのいろんな備品・医療機器・はたまたアスクルのような文具・日用品・本(医学本も雑誌まで)・家電・福利厚生に至るまで、こちらでお世話になることも可能です。

基本、営利目的の企業ではないので、なんでも良心的です。

利益が出たところで、協同組合ですから、出資している私たちに、配当金として分配されるだけで、儲かったら儲かったで、私たちも得をする、という、とてもいい団体です。

また設立されての歴史が長いですから、いろんな企業からの信頼があるため、保事協優待や割引きがあります。

保事協が、私たちの、保証人になってくれてるようなものです。

 

去年は、一般診療以外のことも、ちょこちょこやる必要があり、いろいろな業者さんにお世話になることがとても多かったです。

たいていの業者さんは、ちゃんとやってくださるわけですが、中には、困ったちゃんの業者さんもいます。

はあ~?みたいなのから、もう、あまり近寄らないようにしよう(まだ付き合っていかないといけない場合)、まで、いろいろでした。

もう、ホントに、憤懣やるかたなし!みたいな、吉本のギャグか?!というくらい、オチがつく、業者さんもいて、困ったこともありました。

ダメダメな業者さんというのは、全員揃いも揃って、必ず、オチがありますね。

もうこれで終わり!もう二度と会わない!関わらない!と終わったはずなのに、もう一仕事、要らんことをしてくださり、終わらない、という。。。後始末に、もう笑うしかない、という。。。あれは、どうしてなんですかね~。関西だから?オチがいるのかしら。。?

 

そんな時、頼りになるのが、こちらの保事協です。

こちらには、スーパーマンのようなスタッフの方がいらっしゃって、とりあえず、困ったことがあると、このスーパーマンのSさんに相談すると、なんでも解決してくれちゃうんですよね~。

素晴らしい!!

ホントに去年、1年、無事にいろんなことが滞りなくできたのは、このSさんの力によるところが大きいです。

なんでもご存知ですし、ご自分の知らないことは、組合自体に、あらゆる専門家を専属でお持ちですから、すぐに聞いてくださいます。

(嗅覚判定士も、呼べますよ、とおっしゃってました。TVでしか、私は、見たことがありませんが。)

もちろん、Sさん以外にも、みなさん、とても親切で、開業準備中にも、開業してからも、去年も、とても助けていただきました。本当にありがとうございます。

 

私のブログをご覧いただいている、勤務医のドクターで、これから開業を考えていらっしゃる方がいれば、ぜひ、保事協に入らはったほうがいいですよ!

とても便利です。

後から知りましたが、開業準備のお手伝いとかも、(多分)無料でしてくださいます。

薬や医療機器の会社も、無料でお手伝いしてくれますが、その分、後の仕入れの時に、たんまり手数料取られて、結局お高くなりますし、いろいろ利害関係も絡んできますから、ちょっとややこしい時もあります。

やはり、一般企業に、無料で働いてもらう、というのは、ホントの無料ではありません。

当たり前ですよね。

お金を払う、ちゃんとした割り切った関係(そういう開業支援の会社がありますよね。)もありかもしれませんが、いい人か悪い人かなんて、わかりませんから、下手したら、ぼったくられて終わりです。

何も開業準備が進んでいないのに、何十万もすでに取られて、さらにまだ払わないと続きをしてもらえなくなっていたドクターを知っています。

その点、保事協は、開業医のための団体ですから、心強いんです。

まず、保事協に相談して、保事協の範囲外のことであれば、(そんなこと、めったにありませんが。。あ!医賠責の保険だけは、学会とか医師会とかでした。協同組合ではダメだったはず。)その分だけ、他に頼めばいいかと思います。

どこに頼んでいいかわからなけば、保事協でも、教えてくれると思います。

新しいことをする時って、どこの誰に頼んでいいのか、わからないことだらけですものね。

 

まだ、京都に開業されて、保事協に入っておられないドクターがいらっしゃったら、入ったほうがいいですよ!

ホントに、親切で便利ですから。

 

開業するのに、いくつかの団体に所属する羽目になりましたが、一番クリニックの運営に役立っているのは、こちらの保事協ですね。

医師会は、別に入らなくてもよかったんですが、(自費がメインですから、基本、困りません。)地区医師会に入らないと、融資をしてくれないことが発覚し、急きょ入りました。

(その融資をする団体と、医師会は、なんの関係もないんですが。。。そんなことを言うのは、京都だけかもしれません。他府県では、全く、行動が別ですし、団体そのものが、ホントに何の関係もないので。)

まあ、うちの地区医師会は、ホントにいい先生方ばかりで、これは、入って良かったです。

いろんなことを教えていただけました。いつも地区医師会の食事会とかは楽しみにしています。

(地区によったら、いじめられたりするそうです。いじわるされたり。。。)

京都府医師会と日本医師会に入る意味は、今のところは、よくわかりません。

入らなくても、良かったのかも?って感じです。

まあ、日本医師会の年会費は、ほとんど医師賠償保険の保険料なので、全く意味ないことはないんですけどね。

(日本医師会に入るには、必ず京都府医師会に入らないといけません。

でも、地区医師会だけ入る、というのは可能です。京都の場合。うちの地区の場合?)

 

この、「京都府保健事業協同組合」みたいな団体が、全部の都道府県にあるのか、というと、そうでもないようです。

大阪は、確かあったと思います。

京都府以外の方は、一度お調べください。。。

 

開業するのに、どこかの、何かの団体に入ったほうが、ちよっとした時に、心強いと思いますが、一番、実質的に、クリニックの運営に役に立のったのは、私の場合、この保事協ですね。どれか1個だけ入るというなら、絶対ここです。

出資金も、そんな高くないし、メリットのほうが断然大きいです。

保事協の知名度があまり高くないようなので、私からもお知らせさせていただきました。

ぜひ、保事協へ!

4日の金曜日より、年始の診察が始まり、休みボケのせいか、ちょっとこの金・土と仕事をして、疲れてしました。

ブログが書けなくて、スミマセン。。。

年末年始は、久しぶりにゆっくりとさせていただきました。年末は、クリニックで雑務整理もしていましたが(まだ、終わっていないのもありますが)、家族とも久しぶりにゆっくり過ごせて、ありがたかったです。

朝型に変えることはできませんでしたが。。

体重も、かなり炭水化物を食べたせいもあって、ちょっと増えました。。。(筋肉ではなく。。体脂肪率は、一進一退です。)

体重もそんな中、トゥルースカルプのおかげで、ラインは、ちょっと縮小目に保っているという、「ズル」が発生しております。

。。。ニヤリ。

(ホントは、もっと私が頑張れば、もっといい結果が出るんですが。。。私の周りの患者さんは、みなさん頑張っておられて、いい結果が出ておられます。。うらやましい。。

うらやんでいないで、私も頑張ります!)

さて、「美魔女」の話題です。

年末にTVを観ていたら、芸人さんばっかり集まって、「苦手なもの」をテーマに、みなさんで順番に話をしているところでした。

オードリーの若林さんが、「苦手なもの」は、「美魔女」と言っていて、思わず、笑ってしまいました。

「美魔女」と言ったら、周りの芸人さんも、「あ~あ~」とちょっとわかる~、みたいな声が。。。

美魔女の方と会う機会が、お仕事柄多いんでしょうが、よく年齢を聞かれるようで、「いくつに見えます~?」みたいな。。

若林さんがおっしゃるには、「年相応だけど。。。」ということが多いそうで、返答に困るそうです。

「実は、44歳なんです!」みたいに、自信を持って言われても、「そう見えますけど。。」みたいな、とっても困るんですよね~、とおっしゃっていて、笑ってしまいました。

 

昔からそうですが、年齢の割に、若々しくキレイに見える女性というのが、大勢いらっしゃいますよね。

吉永さゆりさん、鈴木京香さん、などなど女優さんでも名前を挙げだしたら、キリがありません。

こういう方々は、「美魔女」とは言いませんよね~。

 

対して、松田聖子さんは、「美魔女」という言葉がぴったりはまるかな、というのが私の感想です。

ちょうとTVで、松田聖子さんを見かけました。

見た瞬間思うのは、「ああ。老けはったな。。。」。

確かに、いつもよく出るおでこのシワも、キレイになくなっていましたし、目の周りも全然シワがありません。

年齢不詳で、もういくつなのか、わかりません。(今年、50歳でしたっけ?)

それなのに、雰囲気というか、全体の醸し出すものが、なんか「老けている」んですよね。。無理しているというか、頑張りすぎというか、人工的なんですよね。。

あんなにシワがないにも関わらず、(たまに、口元のたるみがすごく目立つことがありますが)、20代や30代には見えないわけです。

(見える、という方は、もうちょっといろいろな女性を観察されたほうがいいと思いますよ。若作りと若々しいは、全く違うので、ちゃんとその辺わかっておかないと、若作りにご自身も走ってしまう可能性が高くなります。

若作りは、ものすごく痛々しいです。。同じ女性として、なんか悲しくなりますね。。。)

今、年齢不詳のキレイな女性を、全て、「美魔女」というのではないような気がします。

私の中では、やはり「魔女」という言葉自体、あまりいい印象はなく、「美魔女」って、人工的に若くなった、肉食女性、という感じです。

年始のTVを見ていても、ホントにキレイな大人の女性(誰が見ても、と言う意味です)に、誰も「美魔女」という言葉は使ってませんでした。

「美魔女」と呼ばれていた女性は、素人さんであっても、若作りをしていて、実年齢よりは若く見えるけど、結構年齢いってるよね~、と彷彿させる人で、見た目もちょっと、いろいろやりすぎていて、痛い女性で、しかも恋愛体質というよりも、いわゆる肉食系で、ガンガン行く!みたいな、女性でした。(と、私は、感じました。)

 

みなさんは、どう思われましたか?

 

うちに来られている患者さん(アラフォー以上の)の9割以上が、いわゆる、「キレイな大人の女性」で、「美魔女」ではありません。

人工的ではなく、「自然体でキレイで、若い(若く見える)」方々です。

とてもいい感じで、私もお手本にしている患者さんが大勢いらっしゃいます。

(他院で、いろいろやってきて(やりすぎてきて)、うちに変わられた患者さんは、ちょっと「美魔女」系の方がいらっしゃいます。

ボトックスは、さすがにもう切れているので、ボトックスで人工的になっているのではなく、やっぱり手術や糸系ですかね。

そういう不自然さって、専門家から見たら、すぐにわかります。

専門家でなくても、美容医療に慣れ親しんでくると、みなさんも、すぐに見抜けるようになりますよ。なんとも言えない、人工的な、バランスの悪さが、悪目立ちしますからね。

手術や糸を入れたから、絶対そうなるわけでもないのが、またこれ難しいところで、その施術をしたドクターのセンスと好みですね~。

そういうところですると、人工物のできあがりです。

まあ、その方の好みですから、誰に迷惑をかけているわけでないし、ご自分の顔で、しかもご自分のお金でされているので、そりゃ、自由なんですが。。

もし、それが、「誰もが憧れるキレイ」と、おもっていらっしゃったら、「違いますよ。変ですよ。」と言ってあげたくなります。

「美ST」に書いてあることが、全部真実で、こうでないとダメ!みたいに、そのまま信じ込む方が、結構いらっしゃるので、そういう美魔女が大量生産されると、「あれが、美人の基準なのか。」と信じられると、いけないと思うんですけどね。。。

ちゃんと自分で、いろいろ考えて、人工美に憧れる、というのなら、いいんですけどね。

踊らされる方が増えてきているように感じます。

日本人って、素直すぎますかね。なんでも信じちゃう。

 

うちの、アラフォー以上の患者さんとよくお話するのは、「美魔女が大人の女性をダメにしましたよね~。」と。

40代は、みんな、あんなんだ、と思わると、とても困る、ということです。

うちの患者さんは、仕事も頑張っておられますし、専業主婦の方は、ご家族のために、家事育児を一番に頑張っておられますし、その合間をぬって、ご自分のスキンケアやレーザー治療をされています。忙しい時は、ちょっとお休みもされます。

ご自分のことは、二の次です。子供や仕事をほっておいて、スキンケアをされているわけでありません。

みなさん、とても素敵な女性です。

少々、シミやシワがあっても、表情がとてもいい!

男性も女性も、人間、生きていた人生の質が、顔に出ますよね、40歳も過ぎてくると。

作りがどうこうとかではなく、とても、「いい顔」をされています。憧れます。

 

時間とお金に余裕のありすぎる方の場合、確かに、ご自分の美容をやりまくりでしょうが、それでも、「自然な美しさ」と「人工美」になる方と、分かれますよね。

 

「人工美」はいやだ、という方は、うちに来ていただければ、ボトックスをやりすぎることもないですし、うちは手術も糸もしていませんから、「人工美」にはなりようがないです。

ヒアルロン酸にしろ、レディエッセにしろ、入れすぎは、私自身、勧めていませんから、なりません。

そういうアラフォー以上の年齢の方で、人工美が好きな方は、私もお断りしますし、他院に行かれますね。

(若い方の、鼻やアゴで、入れすぎ希望、というのは、あります。

医学的に問題がなければ、「不自然ですけど、いいんですか?」という確認後に、入れています。好みですからね。

興味深いのは、初診時、「不自然は嫌なんです。まるわかりではなくて、自然にしてほしい」と言っておいて、いざ、鼻にレディエッセが入っていくと、「もっと入れてほしい」とエスカレートしていく方がいらっしゃいます。一旦、様子を見たら?とおかしくないところで、帰しますが、しばらくしたら、もっと入れて、と来られます。

20代前半の若い方に多いです。

顔のバランスが保たれていれば、少々入れすぎても、大丈夫なんですが、バランスを崩してまで、さらに入れることを希望されます。いわゆる、まるわかり、というやつです。

どっから見ても、プチ整形やってる顔ですよ、それでもいいんですか?不自然ですよ?と言っても、「いいんです。やってください。」と。

最初の、「不自然はイヤ」は、どこへ行ったのか。。。)

 

話を戻します。

 

もし、手術や糸を入れる場合、診察・カウンセを受ける場合、カウンセの内容ももちろん一番大事ですが、そこのドクターの顔を見てください。あと、スタッフと。

ドクターもスタッフも、人工的だ、と感じたら、そこで施術すると、そういう顔にされます。

ひどいところは、ドクターもスタッフ全員(全員ですよ!)も、やりまくりの人工美、というところもあります。キレイなんだけで、顔の表情が全く変わらない。。。

(ひどいところ、というのは言い過ぎですね。意見の相違ですものね。)

そこのドクター・スタッフが、自然で素敵、と思われたのなら、やってもいいかもしれません。

「キレイ」って、かなり主観ですから、具体的に聞いたところで、そのドクターの考えている「自然なキレイさ」というのも、全然違うこともあります。

自分の顔を処置されて初めて、そのドクターの考える、「美しい」の意味がわかります。

少なくとも、顔中のシワを止めるのは、止めませんか?

じっとしていて、シワがないのは、まだ大丈夫ですが、笑っても、怒っても、悲しんでも、

顔の表情がどう変わろうが、どこにも全くシワがでないって、お前はアンドロイドっ?!って。

おかしくないですか?

あと、正しいスキンケアやレーザーとかのお肌のメンテナンスを全くせずに、手術や注射ばっかりしていると、肌自体は、年齢相応(それ以上とか)なのに、シワがない。タルミがない、っていうのも、化け物みたいな違和感が出て、魔女(というのか魔物ですね)そのものです。

手術はしたい方はされたらいいですが、お肌自体のメンテナンスは絶対必要です。

手術に頼る方で、日焼け止めも一切塗らない、とか、スキンケアを全くしていない人の、肌の汚いことと言ったら!それなのに、シワもタルミもない。

でも、口周りと目の周りの縮緬ジワは、手術では取れませんから、そこだけ、シワシワで、ホントに化け物です。

 

あとは、見た目ですよね。

若い子と同じメイク・ファッションは、止めましょう。

同じ格好したら、そりゃ、若い子のほうがいいに決まってます。

これもTVで言ってましたが、「20代に見える40代」と「20代」なら、俺は20代がいい、と芸人さんか誰かが言ってました。

当たり前ですよね。

同じ格好したら、余計老けて見えます。

姉妹に見える~、なんて、ただのお世辞ですから。真に受けないように。

見えるわけないですから。

とりあえず、明るめの茶髪や金髪は止めませんか?

そういうのは、10~20代、せいぜい30代前半の見た目でOK、な子だけだと私は思います。

そこまで明るくしたいなら、もっとお婆さんになってからのほうが反って似合うんじゃないのかな。

中途半端な年齢でやっても、老けて見えるだけです。

 

40代以上で、ショートパンツや超ミニも、ちょっと普段は止めましょう。

真夏に、とても素敵なマダム(うちの患者さんです)で、ショートパンツを履かれていて、とても似合っている方がいらっしゃいました。少女のような大人の女性です。

こういう方は、かなり特殊です。

こんな特殊な方は、そうそういません。自分のことだと、勘違いされませんように。

どうしても出したい!というなら、せめて、脚のお手入れをちゃんとやってから、出してください。

艶のある脚、無駄毛なんて、もってのほか!ひざのタルミがない。ひざ周りに色素沈着の黒ズミがない、なんて、当たり前です。

少々、シミやムダ毛があっても出していいのは、肌がパツンパツンの若い子だけです。

脚で、年はバレてますよ。

 

メイクも、ギャルメイクは絶対ダメ!恐ろしすぎます。~。

上品に、大人らしく。(これが、難しいのか。。。)

エクステの長過ぎは、ご法度です。大人は、エクステではなく、ルミガンとかのまつ毛育毛剤で、自分のまつ毛を育てましょう。

 

ネイルをするなら、ちゃんとハンドのお手入れも忘れずに。

ネイルも上品に。若い子と同じようなのは、止めましょうね。

 

大人でないと出せない魅力があります。

若い子と張り合ったって、土俵が違うんですから、同じ土俵で戦ったら、負けるに決まっています。

競い合うのではなく、違う生き物なんですから。

今までの経験を生かして、これぞ、大人!というところを見せてほしいです。

大人な分、経済的にもある程度余裕があるし、自分に何が似合うのかも、ある程度分かっているはず。若い子よりも、知識も情報もあります。

方向が間違わなければ、とても素敵な女性に、誰でもなれると私は思います。

雑誌やTVに惑わされず、自分なりのキレイを目指してほしいです。

私も、うちの患者さんを見習って、頑張ります!

いいお手本がたくさん周りにいらっしゃるので、私はとてもついてますね。

 

 

 

 

 

 

平成25年になりましたね。

新年、明けましておめでとうございます。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

私も一層精進して、みなさんに、より良い医療が提供できますように頑張りますので、みなさんもスキンケアを頑張ってくださいね。

 

さて、今日は朝からお雑煮を作りました。

京都ですから、白味噌のお雑煮です。

焼かない丸餅と雑煮大根・金時人参・里芋・さやいんげんです。

上からかつおぶしをかけて、いただきます。

 

昨日からつけておいたカズノコは、ちょっと塩気が足りなかったかな。。

でも、おせちは塩分の濃いものも多いので、まあ、これくらいでいいや。

あとは、三木鶏卵のだし巻きを切って、かまぼこも切って、お重につめただけです。

あ、いくらもね。

 

今年のおせちは、辻留にしました。

おせちを買うとき、いつも悩むんですよね。。

ないと、なんか寂しいし、でも高いのを買ったからと言って、すっごいおいしいわけでもないし。。

和風のおせちを買って食べて、毎年、洋風にすればよかった、と思いながら、今年もまた和風にしてしまいました。。。

NEC_0147.JPGかなり白く写ってしまいましたが、濃い紫の風呂敷で包まれてました。

NEC_0148.JPG風呂敷を開けると、可愛らしい和紙で覆われていました。

日本料理の京都の伝統のお店は、こういうところにこだわっておられるのがいいですね。

NEC_0149.JPGさらに、和紙を取ると、やっと辻留の文字が見えました。

NEC_0150.JPGかなり、また白っぽく写ってしまいました。。

豪華ですね~。

まあ、今までもいろんなお店のおせちをいただきましたが、どこもおいしいけど、どんどんたいらげるほど、おいしくはないですよね。。

風物詩ですね。

1日だけでは、食べきれないんですよね。。。

来年こそは、洋風おせちで、オードブルにして、ワインといただきたいものです。

でも、やっぱり、和風のおせちも、ちょっとほしいんですよね。。ちょこっとでいいんですよね。

でも、1~2人用のって、すぐに売り切れちゃうから、確保するのが大変ですよね。

みなさんは、毎年、おせち、どうされていますか?

 

昨日で、今年の診察は終了でした。

この1年、なんかあっという間に終わっちゃいましたね。

年をとると、どんどん1年過ぎるのが早くなりますね。

おかげさまで、なんか忙しく、休みの日にも、クリニックに行かないと仕事が終わらなく、何をしていたのか、あまり覚えていないんですが、仕事三昧だったような気がします。

 

今年、1年間、たくさんの患者さんにご来院いただき、私の治療をご指示いただき、関西以外からも、かなり遠方の方々、海外からまで受診していただいて、本当にありがとうございました。

遠方から1~2か月に定期的に通っていいただいている方、こちらに来られる時だけ、寄ってくださる方、

たったの1回で、次回いつ来られるのかわからない方、みなさん、いろいろでしたが、わざわざ遠方から私の診察と話を聞きたい、とご来院いただき、本当にビックリしましたが、近くに開業できなかったことが残念でなりません。

また京都に観光がてら、お寄りください。

たまの処置でも何もしないよりは、全然いいですし、エステ感覚で来られてる方もいらっしゃいますから、お肌のチェックがてら、どうぞまたお越しくださいね。

 

うちに来ていただいて、お肌がキレイになられたのは、みなさんが、本当にスキンケアを頑張られたからです。

みなさん、ホントによく頑張られましたよね。

全くと言っていいほど、日焼け止めを塗ることすらされていなかった方が、次に来られるときには、私以上に日焼け止めを塗っておられたり、とてもとても優しくお肌を触っておられたり、保湿の回数を増やされたり、とても頑張っておられたことは、お肌を診ればすぐにわかります。

人間ですから、たまに忘れることがあっても、普段から優しく丁寧にお肌を扱っていれば、お肌もご機嫌のまま、一緒に頑張ってくれますよね。

ちゃんとお手入れできなった日の次の日や、次の次の日でも、またちゃんとしてあげれば、大丈夫だったでしょう?

普段、ちゃんとされている方には、ちゃんと美肌の神様が守ってくれてますからね。

お肌は、ちゃんと大事に扱ってあげれば、いくらでも答えてくれますから、来年も、過保護にすることなく、でも愛護的に、優しく扱ってあげてくださいね。

保湿と日焼け止めの環境とTPOにあった塗り直しと、そして、一切の摩擦と刺激を止めてあげること、要らんことをなさらないこと、です。

TVや雑誌の情報は、あくまでも参考であって、ただの一つの情報ですから、乗せられないように、みなさんが、マスコミを利用することはあっても、利用されることはありませんように、心よりお祈りいたします。

 

この1年、多くの患者さんから、たくさんのことを学ばせていただき、いろいろな情報もいただき、本当にありがとうございました。

また、助けていただきました関係者の方々にも、お礼を申し上げます。

来年も、どんどん新しい情報を仕入れて、また今までの情報もさらに浄化して一段といい医療をみなさんに提供できますように、一層精進いたします。

再診の方には、一時期、ご予約がホントにお取りするのが難しく、ご迷惑をおかけいたしました。

今は、かなり改善していると思いますが、スタッフ共々、一層頑張ります。

(初診の方は、日によったら、取りにくい日もございます。ご予約内容にもよりますので、一度お電話にてご確認ください。

キャンセルなどで、当日いけることも、もちろんありますので、どうぞお電話ください。)

私を支えてくれたスタッフにも、感謝してもし足りないくらいです。

忙しい日にも、私ができると思っている以上の仕事がきちんとすべてなされており、ビックリした日は、1日2日ではありませんでした。

スタッフのおかげで、私は、診療に専念することができ、本当にありがとうございました。

 なにより、一番迷惑をかけたのが、家族で、私が休みの日にゆっくり家にいることが少なく、また久しぶりに家にいてても、寝てばっかり(か、食べてばっかりか。。)で、家事もちゃんとできず、(今日もしていませんが。。)ホントに、汚いゴミとホコリだらけの家で、我慢をさせてしまい、申し訳なかったです。

家族の支えあって、この1年、やってこれました。

ホントに感謝しております。

アウトソーシングしようにも、もうちょっと家を片付けてからでないと、ちょっと無理ですけどね。。。要らないものも多すぎるので、まず捨てないとね。収納も片付けも、そんなレベルではありません。。なんとか、この休みを利用して、片付けてしまいたいです。。

今日も、ホントは、クリニックに行って、仕事をする予定でしたが、昼まで寝てたので、行けませんでした。

その代り、ブックオフに、読まない本とCDを持って行けたので、ちょっと片付きました。

(捨てる、っていうのが、抵抗あるので、なかなか片付かないんですよね。)

今は、「人志松本のすべらない話」を見ながら、ブログ書いています。

このあと、年賀状を作らないといけません。(去年、住所録が消えてしまったので、それからです。)。。。

休みでも、なんか家事も含めて、やらないといけないことがいっぱいあって、ちょっと現実逃避したい気分ですね。。

あっ、カズノコ、水変えなきゃね。。塩抜きね。

(今年のおせちは、注文しました。簡単に作る年と頼む年と、その年の気分でいろいろなんですけど、今年は、注文です。

でも、家族がカズノコは好きで、またたくさん食べるので、カズノコは毎年、自分で塩抜きして、作ります。

それでは、水を変えてきますので、今日はここまで。

良いお年を!

(って、一応、まだ年内、ブログを書くつもりはしていますので、どうぞお楽しみに!)

 

 

昨日の土曜日発売のSAVY「関西の雑貨店」に、広告を載せました。

PC230125.JPG

今まで、広告って、開業の時に、京都新聞に、「開業します」と「開業しました」の2回載せたくらいで、他一切、うちは広告をしていません。

ネットもです。

いわゆるSEO対策ってやつも一切やっていないんですよね。

私自身、広告って、あんまり必要ないかな、と思って、ほとんどやっていませんでした。

あるのは、クリニックの入っているビルの、1階と地下の看板くらいです。

あとは、HPだけなんです。

HPを見て、ここで治療を受けてみたい、と思った方だけ来てくださったらいいや、と思ってました。

ただ、開業してまだ3年経っていないんですが、初診の患者さんからよく言われるのが、「先生があまり広告してくれないから、ここに来るまでに、いらんところに行っちゃったじゃないですか!」とお叱りを受けます。

「もっと宣伝してください!」というご意見です。

すみません。。。

 

ブログをマメに書いているせいで、おかげさまで、ほっておいても、ネットの検索でかなり上位にヒットするようになりましたが、それでも、特定の単語で検索しないと、まだまだ難しいかもしれませんね。

漠然と、大勢の方に、クリニックの存在そのものを知ってもらう努力というのは、あまりしていません。

 

広告ね~。

広告って、難しいんですよね。

特に、美容クリニックって、雑誌とかに載っているの、なんかあやしく見えませんか?

いいことばっかり書いてあって。

どこのクリニックも、似たようなことばっかり書いてありますよね。

なんかピンとくるものがなかったんです。

 

でも、今回、トゥルースカルプをクリニックに入れたことだし、日本で1台目ですから、認知度低いの当たり前なんですね。

私のかわいい、トゥルスカちゃんのためにも、やっぱり宣伝しないといけないかな、と思い、今回、SAVYさんにお願いして、広告を載せました。

 

患者さんの多くは、全く効かない(効くわけがない)エステで、インパクトのある広告に騙されて、お金と時間を無駄にする、という話をされて、「もっと早く来ればよかった~!」ということを、おっしゃいます。

まあ、そういう社会勉強があって、うちとのご縁ができて、受診していただけたわけですが。。

悪徳エステというのがとても多いですから、社会勉強としても、かなり腹立たしい社会勉強ですよね。

また、お金と時間だけで済んだらいいですが、火傷させられたり、キズアトが残ったりと、取り返しのつかないことも。。。

これは、エステだけでなく、美容クリニックもそうですけどね。

 

患者さんが、どんなところに行かれて施術されてもいいんですが、その内容にちゃんと納得されて、また向こうも、できることとできないこと、副作用などちゃんと説明された上で、患者さんが選択されたのなら、その人の人生ですからね、お好きにされたらいいんですけどね。

でも、ちゃんとした説明もなしに、いいことだけ言って、お金を巻き上げるところがとても多くて、(有名なクリニックですら、説明もなにもされていない、ということがとても多くて、ビックリすることもしばしば。。)、確認せずに、やっちゃった患者さんが悪いのか、騙されるほうが悪いのか。。。しょ

確かに、確認もしないほうにも多少責任はあると思いますが、その責任は、お金と時間と自分の顔や体で責任を背負い込むわけですから、十分でしょう。

やっぱり、騙すほうがもちろん一番悪いわけで。。

クリニックは、まだ医療として、医薬品や医療機器を使いますから、効果が全くない、ということはないと思います。

(ふつうのところだったらね。ただ、カウンセで、効果や回数を誇張して言い過ぎ、というのはありますよ。)

むしと、効果があるものですから、副作用などが心配です。

 

反対に、エステは、効くわけないものを、あたかも、医療のように効くように説明して、高額な料金を取る、という詐欺商法と医師法違反・薬事法違反のオンパレードのところがあって、確かに、そんなところにかかわって、社会勉強しなくてもいいと私は思います。

そういう犠牲者が絶滅してくれることを、願わずにいれません。

 

エステでも、ちゃんといいところ(おかしなことをしていない、という意味です)もあります。

アロママッサージなど、ハンドで勝負されているような、リラクゼーション専門のところです。無理な営業もなく、良心的なところもあります。

ただ、少ないんですよね。。。かなり。。。

しかも、そういうお店は、目立つ広告などされていませんから、なかなか人目にはつかないですよね。ほんとに口コミや検索で、出会える、という感じでしょうか。。

 

せっかくのトゥルースカルプ、同じお金を使うなら、エステで被害に遭われる前に、うちのHPを見ていただいたら、と思います。

医療の中で、部分痩せの機械やクリニックを、いろいろ選択されたり、診察・カウンセに行ってみてください。

 

患者さんから、宣伝して!というお言葉と合わせて、今回広告を出しました。

さて、その広告ですが、よくある美容クリニックの、治療内容のメニューが山ほど値段と一緒に載っていたり、ビフォー・アフターの怪しい写真が載っていたりしますよね。

各雑誌社で、社内規定があるので、雑誌のカラーで、下品な広告もOK、のところもあれば、上品な、雰囲気重視の、あまり怪しくなく、という雑誌まで様々です。

なにがいいとか悪いとか、読者の層によって違うわけですから、決められるものではありません。

雑誌社の姿勢にもよりますしね。

 

実は、ああいうよくある美容クリニックの広告の大半が、厚生労働省からしたら、違反なんです。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/index.html

 雑誌の社内規定が、これに沿っていなくても、広告ページに関しては、出したほうのクリニック側に全部責任がありますから、雑誌社には責任はありません。

雑誌だけでなく、駅とかの看板も基本同じです。

HPは、かなり自由が訊きます。それは、わざわざ、そこのクリニックがどんなところだろうと知りたいから、そのHPにやってきたわけですから、いいそうです。

駅や雑誌というのは、不特定多数の人(クリニックのことも知らないし、知りたいと思っていない人にまで)の目にさらされてしまうわけなので、ダメ、ということだそうです。

 

さて、今回、どんな広告にするかな~、と思ったところ、思いついたのが全然時間がなく、この広告規制もあるし、トゥルスカのことを広告に書くことも、これまた本当はできません。

どこもやっているやん!という言い訳は、一切通りませんし、自分がそういうことをするのもイヤなんですよね~。

それに、短い言葉で、クリニックの特徴を、と思っても、いいキャッチコピーが思いつきません。

もう美容医療にどっぷりつかって、8年ちょいでしょうか。

いろんなところの広告も見てきましたし、広告を出す側として、考えたこともありますが、「うちのクリニックは、騙したりもしないし、良心的ですよ~」と書けば書くほど、怪しいクリニックに見えませんか?

たくさんの美容クリニックが、個人のところも大手もそうですが、大金を払って、いろんなキャッチコピーを出しておられますが、私には、どこも同じように見えてしまいます。

ものすごい大金を広告に使っているクリニックですら、私が、「ここは怪しそうに見えないな。。」と思える宣伝を見たことがないです。

まあ、もう言葉が出尽くされた、と言いましょうか。。

また、ものすごく怪しいクリニックも、同じような言葉を使いますから、患者さんからしたら、そうそう見分けなんて、つかないと思います。

 

うちに来られる患者さんの大半がおっしゃるのが、「HPの内容とかブログを見たら、他のところと全然違ったから。」「いいことだけ書いてあるんじゃなかったから。」というものです。

HPまで来ていただければ、うちが他と違うことがわかっていただけると自信を持っています。

(ついでに、できれば、ブログも読んでおいてほしいです。たまに、他力本願の方が来て、説明しても、理解できるレベルではなく、お互い、はあ~?ということになりますからね。。選ぶクリニックを間違えているよ。。。ということがありますから。うち以外に行けば、喜んで、どこもやってくれるのに、(そのことがいいか悪いかは別です)どうして、うちに来たの?ということがあるので。。)

 

だから、今回の広告も、施術内容は書けませんから、なにかメッセージを書くか、ですが、思いつきませんでした。

それで、思いついたのが、看板と同じでいいや!というものです。

ただ、看板と同じにすると、電話番号だけみて、HPを見ずに、予約を取られたら困りますから、なんとかして、HPまで行ってもらわないと!

それで、今回のように、クリニック名とうちのロゴマークとHPアドレスだけにしました。

これなら、HP見ないと、電話番号すらわかりませんからね!

我ながら、グッジョブ!です。

いかにも的な広告にすると、どこにでもある美容クリニックですから、これだけシンプルにしたら、なんか違うのかな、と知っていただけたら、それで十分です。

まだまだ、うちの認知度が低いですからね。

ただ、今回、隣のページはエステで、ぱっと見、うちがそこのエステと関係しているように、見えてしまいますかね。。。?全然っ、関係ないんですけど。

(よく見れば、わかりますけどね。エステのお店にも、いい迷惑かしら。。)

 

どんな広告にしたかは、よければ、SAVY、買ってから、見てくださいね!

雑貨特集で、結構、こんなところに!というお店も載っているので、見ていて楽しかったですよ。完全保存版だそうです。

雑貨特集の号は、よく売れるそうです。

以前出た、大阪の雑貨特集のは、完売とおっしゃってました。

待合室にも置いてますので、それでも確認できますよ~。

 

再診の患者さんからは、あんまり有名になると、予約が取れなくなるから困る、という声もいただきますが、10月後半くらいからでしたっけ?

初診料の値上げしたし、初診の方は、診察・カウンセのみ、にしましたし、1日で予約を取る枠も減らしましたし、かなり初診の方は、予約制限をしています。

再診の方は、予約を取りやすくなるように変えてますから、どうぞご安心ください。

10月とか全然予約の取れない再診の方が大勢いらっしゃって、ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありません。

(日によってとか、治療内容とか(時間のかかるやつ)、ほんとに混んでる日の直前のお電話とか、そういうのは、難しいですよ。

どの日が混んでる、と法則があるわけでもないので、これがまた難しいところ。。直前で、変更・キャンセルが出ることもありますから、キャンセル待ちでよろしければ、前日でも当日でもご連絡いたしますので、どうぞご遠慮なく。)

 

今使っているPCは、東芝のダイナブックで、ノートの少し小さめのやつです。

出張の時に、持っていきやすいようにと小さ目にしてしまいました。

VAIOと悩んだんですが、ビッグカメラのオニーサンが、東芝は、1年過ぎても電話相談とかちゃんとサポートがしているので、安心なのと自信がある裏付けですよ、みたいなことをおっしゃって、確かに1年以上経って、何かあったときの電話サポートはありがたい、とダイナブックにしました。

小さいノートPCにしたので、キーボードの大きさが一回り小さいせいで、私がよくミスタッチをするんですね。

イランところを押して、全部ブログが消えちゃったり、とかなり時間のロスもあったり、(マメに保存しないから。)、あと、なんかこの子、ちょっとご機嫌が悪い。。

PCって、そのメーカーや機種が悪いというんじゃなくて、この子だけ調子悪い、っていう子が時々いますよね。

人間と同じですね。

まあ、頑張って使っていたんですが、年末年始、たくさんブログも書くだろうし、ブログ関係なくPCは使いますからね、こないだの土曜日に、クリニックが終わってから、ヨドバシに買いに行きました。

京都のヨドバシとビッグカメラはどちらも京都駅近くにあって、その時々の状況で、どちらかに行きます。どちら、と決めているわけでもなく、その時都合のいいほうに行きます。

ヨドバシのほうが遅くまでやっているのと、帰りい地下のスーパーによりたかったので、今回はヨドバシへ。

 

デザイン性に優れた、見た目重視の万人受けするというか、初心者も使いやすメーカーありますよね。

家で昔使っていたPCとクリニックのうち1台は、そこを使っているんですが、ダイナブックの電話サポートもとても助かってよかったんですが、見た目がキレイ、というので、そのメーカーにしたんです。

どこもWindows8で、7はもうほとんどヨドバシにはなく、(ヨドバシは、新しいのが多いですよね。)でも、そのメーカーのは、7がまだ残っていました。

ちょうどラッキー♪と思い、買って帰りました。

(8とか、新し過ぎると、ほかのいろんなものが全然ついて行っていかなくて、前に買ったときも、7がまだ出て新しくて、いろいろ苦労しました。

今回は、スムーズにブログを書く!というのが一番の目的ですから、8は、まだまだ買いません。)

日曜日の夜に、やっと時間ができて、PCのセッテイングです。

今時のPCは、なんでもPCが勝手にやってくれるから、とても楽ちんで、昔のことを思ったら、もう信じられないですよね。

私は、全然PCが詳しくないので、設定とかに恐ろしく時間がかかることもあり、辟易してしまいます。

まず、コンセントにつないで、電源ボタンを押します。

ボタンがグリーンになり、さあ!と思っていると、画面は真っ黒のまま。。。

1時間以上、経過しました。。。

明らかにおかしいですよね。

しばらくしたら、電源ボタンがグリーンからオレンジ色に変わり、ゆ~っくり点滅しだしました。

省エネモード?と思い、(画面真っ黒なのに)、Enterを押そうが、マウスを動かそうがクリックしようが、何も変わりません。真っ黒です。。

 

新品だから、バッテリーが足らないのかな。。。と充電することさらに2時間。。

(まあ、充電というよりは、コンセントつないで、とりあえず何か変わるのをじっと待っている状態です。。)

途中で、強制終了して、しばらくしてまた立ち上げても、同じです。

グリーン→オレンジの点滅です。画面は、ず~っと真っ黒。。

さあ、もう夜中の1時です。明日も仕事です。

いつまでたっても、朝型に変えられません。。

ヤフー知恵袋か何かで調べたら、私と全く同じ状態の方が質問されていて、(同じメーカーです)、その方は9時間以上、同じ状態です。。

。。マジ?!

もう、付き合ってられんわ。。。と寝ることに。

翌朝には何か変わっているかも。。と朝起きたら、何も変わっていませんでした。

かれこれ、10時間以上経ちました。

どう考えても、不良品でしょう。

悪い子にあたっちゃったみたいです。新しい別の子に変えてもらわないとね。

ヨドバシに電話かな、と思ったんですが、一応画面が真っ黒なので、メーカーかな、と思い、保証書など型番などわかるものを持って、とりあえずクリニックへ。

診察が終わってから、電話しようと思いました。

(そこのカスタマーセンターの修理部門なら、夜の8時までいけたので。)

 

で、電話して、事情を説明して不良品だと思うんですけど、と言っても、電源とバッテリーをはずして、しばらくしてからもう一度立ち上げてくれ、と言われます。それでダメなら、またお電話ください、と。。。

(。。。普通、すぐに交換じゃないの?)

そうしてくれ、と言うなら、帰ってからやりますが、もしそれで立ち上がっても、最初から調子の悪いPCは、そのあともずっと調子が悪いので、使っていくのは不安なんですが、と言うと、それでもやってから、とりあえず電話をしろ、と言われます。

どなた宛てに電話したらいいんですか?と聞くと、記録が全部残って申し送りしてあるから、誰でも大丈夫です、わかるようにしてありますから、と言われます。

 

で、家で、仕方ないからPCを裏返すと!バッテリーらしきところ、ネジで完全に止められています!

取説見ようにも、今のPCって、特にそこのメーカーは、PC本体に入っていて、何にも見れません。

で、もちろん、家に帰っても、オレンジで点滅しているだけで、何も変わらず真っ黒のままです。

どうして、この状態で、ドライバーでわざわざネジ全部開けて、やらんといかんのだ?

しかも取説なしに開けて、変なところ触って、私が触ったからだ!とこちらのせいにされたらかなわんな~、と思い、もう触りませんでした。

新品に交換してもらおう!と全部箱に戻しました。

 

で、次の日、交換してもらうなら、手続きが早いに越したことないです。

診察の合間にちょっと電話しました。

さすがに混んでいて、延々と待たされます。

その間に、カスタマー登録していない人は無料ではないだの、購入後1年以上たっていたら、1回2100円だの、が延々と流れます。

あんまり刷り込みで料金のことを言われるので、東芝のサポートに慣れていたので、ちょっとギョーテンというか、大丈夫かな、ここ、と思うようになりました。

まあ、仕方ないけどね、と待っていると、やっと電話がつながりました。

電話番号と名前を言って、確認されますが、全然話が行っていません。。

なんじゃそりゃ?

もう一度、全部説明しても、前の方もそうですが、このメーカーは、絶対あちらから、「申し訳ありません。交換させていただきます。」、とは言わないんですよ!

かなりびっくりです!

この真っ黒くろを、一体どうしろと。。?

なんで、こんな状況でこちらから言わんとわからんのか、私から新品に交換してください、と言いました。

そしたら、また製造番号聞いてくるんですよ。

「昨日全部言ったし、申し送りをちゃんとしておくと言われたから、今日は持ってきてないし、わかりません。交換するなら、そもそも型番さえわかれば、用意できると思うんですが」、と言うと、「どの部分で調子が悪いのか、確認させていただこうと思いまして。」と言ってこられます。

「そんなの、返品されてから、そちらで調べてください」と返事しました。

なんで、そっちの故障の情報収集に、私の時間を今、奪わんといかんのか、私にはわkりません。

もうすでに、日曜から、このPCにどんだけ時間かかっていると思っているんだか。。

 

もうね、全然交換に応じようとしないんですよ。

かなり怒って言ったら、「少々お待ちください」とだいぶ待たされて、「交換の手配が整いました」と戻ってこられました。

日時の打ち合わせで、新しいものとうちのと、届けてくれて交換するというので、私はてっきりクロネコヤマトが来るのかと思ったら、どうもそのメーカーから来るようで、一番早くて木曜日です、というのから、じゃあ、夜の8時以降でないと受け取れません、というと、そんな遅い時間は無理と。

昼間でないと、というんですよ。

そんなの、いつまで待つねん。私が完全オフで、家にいるときじゃないと無理ですよ。すぐにでもほしいから、買いに行っているのに。

全然時間が合わないから、「(購入した)ヨドバシに行ったら、ダメなんですか?それだったら、水曜日に持っていけるんですけど。」というと、ダメというんです。そのメーカー直接交換でないと。(?)

そこで時間切れになり、もう一度お電話します、と一旦電話切りました。

 

で、時間ができたから、また電話すると、また延々とお金がいるアナウンスが流れて、ずっと待つことに。。

このメーカー、失敗したかな。。でも、見た目、すっごいキレイだし。交換したら大丈夫でしょう。

と待っていると、やっとつながりました。

また違う方です。

ここは申し送りしてるといいながら、全然できていないので、先ほどの方の名前を出しましたが、他に対応中で、かなり待つと。

まあ、もう日にちに打ち合わせだけだから、と思ったら、な~んにも申し送りされていなくて、また一から話を始めるわけです。

ええかげんにせいよ!と思って、「もう返品交換で話が済んでいて、日にちの打ち合わせをしていたんです。」と言ったら、「シリアル番号を教えてください。」とこの後に及んで何を言う?!

シリアル番号~?

なんでそれが、交換の機種を用意するのに、必要なのか全くわかりませんね。嫌がらせ以外には。

「昨日なら全部わかりましたが、さっきも言いましたが、今はわかりません。

さっきはそんなことは言われなかったし、どうしてシリアル番号が交換商品を用意するのにいるんですか?日にちの打ち合わせをしてたんですけど。」と言うと、シリアル番号がわからないと、交換の手続きをしないと言い張ります。

じゃあ、さっきの交換の手続きが完了した、というのは何?

もう~、ええかげんにせいっ!!

「じゃあ、もう交換はいりません。返品して、他のメーカーのを買います。もうそちらのはいりません。」と言ったら、「交換させてもらいます」と言ってきますが、もうこの企業に姿勢が信じられません。

3人対応されましたが、誰ひとり、自分から交換します、と絶対に言わないんです。

マニュアルでそうなっているんですね。

最初は調子よかったのに、とかいうレベルじゃないですよ、何にも起動どころか、真っ黒っやーっちゅーねんっ!!

プンスカっ!!

 

まあ、これで、このメーカーと縁が切れてよかったです。

電話で待たされている間に、このメーカーで大丈夫かな、と感じたのは正解でした。

特に、私のようなPCに慣れていない者は、ちゃんとしたサポートが企業としてあったほうが絶対いい!

ダイナブックを買おう!と決めて、ヨドバシに電話しました。

交換じゃなくて返品ですか?と聞かれて、返品してからダイナブックを買いたいんですけど、と持っていく約束をして、今日、クリニックで仕事があったので、終わってからヨドバシに行っていきました。

担当の方に事情を言うと、メーカーの対応が悪くて、よくあるそうで、メーカー側が販売店舗で、交換返品させようとしたがるそうです。

(でも、私がヨドバシに行くって言ったのを、こちらで言ったのは、そのメーカーなんですけど。。)

ヨドバシのオニーサンが見てくれたら、真っ黒の中に、幽霊のように、ウィンドウズのマークがぼ=っと浮かびあがってました。

○○が悪いと思うんですけど、といろいろボタンを押したり、他の方呼んで、これダメですよね~?と聞いておられ、「もうこれは、全然返品で大丈夫です。」とのこと。

そりゃ、そうだろう~。

手続きをしている間、買うPCを選んでください、ということで、ダイナブックを見に行きましたが、ぜーんぶ8です。7のコーナーがない。。。

途方にくれていると、もう7のものは、ほとんどないそうで、(ヨドバシ以外ならあると思いますけどね。)唯一残っているのが、その問題のメーカーの2~3種類と、あとはFUJITSUのたった1種類のみ。

しかもFUJITSUのは、ちょっと大きい。。(テンキーがついてました。)

FUJITSUのサポートは、東芝やNECみたいに、ずっと無料電話サポートというのはないけど、良心的ですよ、というのと、その残された1機種は、とても性能がいいそうで、とても処理が早い(なんか専門的なことおっしゃってましたが、忘れました)、その分、ちょっと重い。。(でも、今のダイナブックと変わらなかったです。昔のことを思えば、軽くなってますからね。)

8にすれば、選択肢の幅は広がりますし、他のメーカーでも、とても軽くてキレイなのはたくさん売ってました。(問題のメーカーほど、カラフルではないですが)

でも、8買っちゃうと、もともとの目的から逸れるしな・・・。ヨドバシで返品だけってのは、ちょっと申し訳ないし、違う販売店に行くにしても、そんな時間ないし、やっぱり早くほしいし、それに、このFUJITSUの子、とってもお利口みたいだし、というので、それでお願いしました。

もう黒はなくて、白ノートPCです。

白って初めてです。ちょっと新鮮です。とってもキレイですね。クリニックだったら、白がいいかも~♪

で、晩御飯食べてから、箱を開けたら、ちゃんと紙の取説入ってます!

うれしい~!いいわ~♪

コンセントつないで、電源ボタンを押すと、お前はTVかっ!ていうくらい、画面がパッ!と出たので、ビックリ!

早っ!!ほんとにTV並でした。うちの古いTVのほうが遅いかもしれません。

勝手にどんどん設定していってくれて、もう新しいのでメール設定も全部済んで、ブログ書いてます。

なんて、優秀なんだ!

画面が明るくついただけでも、一安心でしたけどね。

ありがとう!ヨドバシのオニーサン!

(最初から、ヨドバシ、電話しておけば良かった、と思いましたが、そしたら、ただの交換にしていたので、あのメーカーに電話して、正体がわかったので、ラッキーでした。ついてます!)

あ~よかった!

性能が良くなった分、ちょっと値段も上がりましたが、在庫処分をしたかったのか、普段よりも安くなっていて、しかもこの子、とても速い!お利口!!

もっと8が主流になったら、いろんなメーカーのをまた検討します。

とりあえず、今はこの子と頑張ります。今回は中身と品質重視で。

出張用には、また8が出回ってから、軽いの買ってもいいですしね。

(パナソニックの、「Let’s NOTE」でしたか?なんか評判らしいですね。)

今のダイナブックは、落ち着いたら、クリニックの受付カウンターや診察室でも検索用にするつもりです。

ダイナブック、元気は元気なので。ちょっと休ませてあげましょう。

 

PCって、トラブルなかったら、あんまり問題ないですが、何かあったとき、メーカーの真価が問われますね。

ずっと何台も使っていくと、いつか絶対に調子の悪い子にあたるときがありますから、その時、どのメーカーか?というので、全然違うことが今回良くわかりました。

いや~、わかって良かった。

これから、PC買われる方、ご注意ください。

どうぞご参考までに。

 

 

今月号の美ST,ご覧になられましたか?

いや、見なくていいんですが。。。

私も、仕事柄、患者さんがまた本気にしたら困るな、と、雑誌の世界で、変なこと、流行っていないのか、チェックするために、一応、毎月買って、目を通しています。

仕事と、直接関係なかったら、読まないし、買わないですね。

表題からして、また、エッチな内容でえげつないのかな。。と、ちょっと予想はしてましたが、予想以上でした。

どうして、あんなに、不倫というか、年下クンとか、元彼とのエッチを推奨するのか、いつも疑問です。

そんなに、「恋」って、大事ですかね?

確かに、アンチエイジングとしては、「ドキドキする」「新しいことに挑戦する」というのは、脳科学的にもとても老化予防にいいらしいです。

いつまでも、若々しく、(男性も女性も)、新しいことに、どんどん挑戦して、(あまり行かないところを散歩して、新しい景色を楽しむ、とかでもいいんですよ。)、例えば、映画やTVや本の世界のヒーロー(ヒロイン)に、疑似恋愛する、とかでもいいんです。

ファン、みたいな。。

だから、ヨン様ブームって、若返りの秘訣なんですよね。

なんでもいいんですけど、夢中に慣れて、ドキドキしたら。

ご自分のご主人でいいじゃないですか?

そんなドキドキしないような、男と結婚したほうも悪いし、男性側からしたら、女性も、恥じらいがなかったり、遠慮がなかったり、と、女性側にも反省すべき点は山ほどあるはず。

夫婦や恋人って、合わせ鏡ですから、自分が思っているように、相手も思っているんじゃないでしょうか。

ウザイ、とか思う気持ちって、毎日一緒に暮らしていたら、相手に伝わると思います。

ドキドキまで行かなくても、好きでもない人と結婚したら、やっぱりダメでしょう~。

どこか、相手を、愛情を持って、認めてあげられるところがないと、長い間は、暮らしていけませんよね。

選ぶ相手を間違ってしまった、という方は、早々に離婚するか、自分も変わってみて、相手の出方を見るか(もうちょっと我慢するか)、妄想の世界に染まるか(TVや映画は本にしておいてくださいね)、になるんですかね。

わざわざ、主婦を、浮気に誘導するような、(それが当たり前なんですよ、みたいな)記事はいらんのではないでしょうか。。

今回は、そういうエッチ特集で、妄想?して楽しみ、というのがあるのかもしれませんが、ダンナの部下の年下クンから、猛烈アプローチ!私、まいっちゃいそう、みたいな妄想がありました。

妄想だけなら、いいんですけどね。

いや、それ、事実だとしたら、ダンナを社会的に蹴落とそうとする、罠ですから!

写真撮られて、脅されて、終わりですよ!終わり!

上司の奥さんと、そんなややこしい関係、自分からなるわけないじゃないですか。

そりゃ、世界中探せば、そういう例をあると思います。ものすごい、少ないでしょうけど。。

大半は、年上である女性が傷つきますからね。

いい年して、恋愛沙汰で傷つくと、家庭も世間体もあって、そうそう立ち直れないんじゃないでしょうか。そっちのほうが、心配ですね。

記事によると、46歳はモテキだそうで。。。ホントですか?!誰がそんなことを言っているんでしょうか。。

ただ、単に、タダでヤラセくれるからじゃないんですか?簡単に誘いに乗るから、とか?

若い子みたいに、メンドクサイこと言わないし、お金は、ちょっとしたことくらいなら払ってくれるし、プレゼントはくれるし、女性のほうが結婚してることも多いので、あとくされないし、バレたら、困るのは女性だし。。

いいように、使われているだけでしょう~?

特殊な好みを除いて、男性は、若い女性が好きですよ?

本能が、そういう風にできているんですって。

生殖能力が、若い子のほうが高いですからね。

男性が若い女の子を好きなのは、仕方ないらしいです。

ただ人間ですから、理性もあるし、本能のままに生きているわけではないので。いろいろな好みも、もちろんあるんですけどね。

ドラマの中のようなことは、そうそう日常では起こらんでしょ、ということです。

起こったら、さぞ刺激的なので、妄想ドラマとしての、記事ですかね。

煽ってるように見えたのは、私だけ?

また、今回、デートクラブ?ってやつ?

性に関する相談所が、ボランティアでやっているとかいう、デートクラブ、みたいな。。

金銭の授受はないそうです。(ただし、デート代は、女性持ちで、肉体的欲求にもお答えします、と記事にありました。)

もし、ホントに、この相談所が真剣にされていたとしたら、こういうデートクラブみたいに受け取られかねない記事は、失礼ではないでしょうか。

ホントかどうかは、確認できませんけどね。

こういうの見て、ここに電話したり(身元がちゃんとした男性がお相手、みたいに、書いていました)、似たようなのを、ネットで探したりするんでしょうか。。

あとは、なんと!バイブレーターの写真と紹介が載っていました!(潤滑剤とかも。)

地下鉄の中で、読んでいたので、ビックリ!です。

そこには、「ラブトーイ」と書いてありました。

ネーミングって、大事ですね。。。

見た目、リップクリームそっくりとか、最近は、進化しているんですね。

まさに、ラブトーイでした。子供のおもちゃ箱に入っていても、何をするものかはわかりませんが(見た目からは、わかんないじゃないのかな)、カラフルなので、自然かもしれませんね。

(ホントにそうか?)

販売している会社名と値段も載っていました。

これは、どこで買うんですかね?

お店の紹介はなかったから、ネットですよね?

こんなの、子供が見たら(買ったら)、どうするんでしょう。

いくら、読者から要望があったのかもしれませんが、エロ雑誌の内容をそのまま載せるのは、いかがなものか。

女性週刊誌だと、こんなの載っているんでしょうか?

いや、載ってませんよね。

女性週刊誌って、普通にどこでも、誰でも買えますものね。

男性のエロ雑誌も、最近は、コンビニでも、場所変えたんでしたっけ?

ビニールかぶって、小学生とか見れないようになっていますか?

女性誌だからって、何でもアリ、は、ダメでしょう~。

やっぱり、エロ雑誌と同じ扱いをしないと。

まさに、R15指定ですよ。

特集のトップページに、ふざけてか、over40 とかなっていましたっけ?

いや、R15指定ですから!

私もスタッフもドン引きです。

コピーに、「40代のセックスを笑うな!」となっていましたが、笑う必要はないんですし、笑っちゃいけないし、真剣に考える必要はあると思いますが、誌面と、言っていること、ちょっと、違うんじゃないかな。。

どう見ても、売れてほしいから、刺激的にしました!と思われても仕方ないんじゃないですかね。

売れれば、何でもありですかね。

批判されることを予想して、販売されているとは思いますが、また、これで、女性誌に、どこまで載せていいのか、歴史が変わるかもしれませんね。

パイオニアって、ヤツですね。

初めて、雑誌ananで、セックス特集がされたのが、私が中学生か高校生か、学生時代でした。

確か、完売でした。

誰かが、学校に持ってきて、まだしてない子たち(大半です)で、キャーキャーと騒いでいたのを覚えています。

シスターに見つかって、没収されたんだったか。。

経験のありそうな、いわゆる遊んでいるグループの子たちは、ananを見て、騒いでいるのを、横眼に見る、みたいな感じでした。懐かしいですね。

今では、ananは、積極的にセックス特集を組んでいて、どれくらいの周期か知りませんが、定期的に、売り上げをあげるための手段として、使われてるような感じです。

もう、見慣れてしまうと、話題にもならないし、そんな言うほど、雑誌、売れませんよね。

人間は、刺激に慣れてしまいますから、どんどん刺激を求めていきます。

美STは、失敗しましたね。禁じ手を使っちゃったので、今後、どうするつもりでしょうか。。。

美容医療特集と、えげつないエッチ特集(しかも、どんどんエスカレートして)とで、つないでいくのかな。。

今月号の美STには、女性用のAV、っていうんでしょうか。女性にお勧めのDVDの紹介もあり、AVの男優さんのことを、「エロメン」と呼んでいました。

うまいこと、言いますね~。「エロメン」ですって。そのままですけど、笑っちゃいましたね。

いや、時代は変わりましたね。

よく患者さんの話すのが、「美STでやっているような考え方・姿勢が、今の40代女性を象徴したら、困りますね。」ということです。

あんな40代、特殊だし、私もうちの患者さんも、あんまり美魔女には憧れていないかな。。

目指すのは、自然な大人の美しさ、ですね。人工的過ぎず。。。

40代女性がみんな、自分の美容とエッチのことしか考えていない、とは思わないでくださいね。

ホントに、これに載せられないようにしてくださいね。

雑誌の中だから、一見わかりませんが、一般人の日常生活でやると、かなり浮きますよ。

浮いても構わない、くらいの意気込みで、マネされてくださいね。

いや、美STの宣伝になっちゃましたね。立ち読みでいいと思います。かなり恥ずかしいかも。。。