プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近投稿した写真

ホーム > サプリメント



昨日の続き、といきたいところですが、ちょっと中断。。。

 

最近、なんか時間がなくて、時間の使い方に無駄があるんだと思うんですが、ここのところ、胃腸が全然動いていない感じがして、ちょっと食べても(動物性たんぱく質ですが)消化していないのがわかるので、栄養療法用の消化剤と胃腸を動かすサプリをガンガン摂って、なんとか消化吸収できている感じでした。

 

忙しいと、栄養が普段の倍以上必要となりますが、普段通りに食事をしていても、どう考えても足りないので、栄養が体中で奪い合いになって、胃腸の機能というのは、真っ先に落とされます。

(もちろん、皮膚も髪の毛も。。)

そうやって、足りない栄養でなんとか体を維持しようと、体の生き残るための知恵ですね。

 

体が生き残るのは大事ですが、毎日仕事もあって、休んでいるわけにもいかないので、栄養をガンガン摂らないと、仕事も何もできません。

かといって、胃腸の機能が落ちていますから、ここは科学の力を借りないと、自分一人で消化吸収はなかなか難しい。。。

サプリもドーピングしていましたが、ここまで胃腸が動かなかったのは久しぶりかも。。

 

時間がない時の食事は、栄養療法用のプロテイン飲んだり、食事の置き換えのもの(本来はダイエット用)を飲んだりしていていたので、栄養が全然足りていないことはないんですが、どれも液体だし、置き換えのは、消化吸収しやすい工夫が随所にされているので、ほとんど無理なく消化吸収できてしまいます。

 

で、油断しました。。

 

土曜日は、久しぶりに医師会の集まりに行くことになっていて、去年栄養療法のセミナー出っパなしで、全然医師会に参加もできず、医師会の先生にたくさん教えていただきたいこともあるのに、うう。。。

今回、1年ぶり以上の参加です。

場所は蹴上のウェスティン都ホテル。こちらは、ごはんはいつもおいしいですよ。

 

土曜日もお昼は、置き換えしか飲む時間がなく、そのまま食事会になったんですが、空腹時にいきなり、乾杯のお酒で、しかも今回は和食で、乾杯は日本酒!

(血糖値上がるやん?!)

血糖値を上げないためのサプリを入れたバッグを預けてしまって、もちろん消化剤も預けてしまって。。。

それでも、ちょっとずつ出てくるし、食べている時は、全く問題なく、お酒も適当に飲んでいたんですが、二次会もゆっくり適当に飲んでいたんですが、お酒の量が、ここ最近では多めだったのと(普段、今はほとんど飲まないので)、いきなりの食事というのも良くなかったのかも。。。

家に帰って、無茶苦茶しんどくなって、吐いてしまいました。。。

吐いたら、すっごく楽になって、吐いたものと食べた時間から考えると、ああ、消化うまくいっていないな。。。。と、しんどい頭で考えてました。。

 

翌日、しばらく力入らず、動けるようになるのに、ちょっと時間がかかりました。

 

昼間には食欲も出て、普通に食べられるようになったんですが。。。夜も結構食べたんですけどね。

 

油断大敵。。

今晩もお肉を食べるはずが、豆腐の味噌汁と水菜とお揚げのたいたんで、終わりにして、置き換えのを今から飲むつもりです。

食べないと痩せますが、筋肉は痩せるわ、栄養はないから翌日しんどいわ、でいいことなしです。

こういう時は、胃腸に負担をかけずに、でも、しっかり栄養は摂る!これにつきます。

(特殊なサプリが必要です。)

 

頑張れ、胃と腸!

(私が使い過ぎなのかもしれませんが。。)

 

遅くなってしまい、申し訳ありません。

さて、4月のキャンペーンです。

例年通り、この季節に人気のメニューや、そろそろ気になってこられたことなどをキャンペーンにしています。

なんか忘れていたことが思い出して、追加になるかもしれません。

その時は、またお知らせいたします。

 

この季節ということで、紫外線がきつくなってきましたね。

まだ春と思って油断されている方、危ないですよ~。

(って、誰でもガンガン塗れるわけではありませんが)

今までの冬用とは別に春~初夏用に別のが欲しいという方も出てきました。もう日焼け止めはいくつあっても足りない季節到来ですね。

そこで、毎年恒例の「日焼け止め塗りましょうキャンペーン」と言いますか「塗りなさいキャンペーン」と言いますか、まあ塗らせようという魂胆です。

(くれぐれも言いますが、誰でもなんでも塗っていればいいわけではありません)

 

あと、すみません、休診日のお知らせが遅くなりました。

問い合わせのあった患者さんには個別にはお伝えしていましたが、HPに掲載するのを忘れておりました。

福岡で開催される日本形成外科学会に、形成外科医ではありませんが、参加してきます。

レーザーや美容医療などは、よく講師をされるようなドクターは、形成外科のドクターのほうが多いかと思うんですが、やはりこの学会に参加して、いろいろな講演を聴いてきたいんですね~。

特に今回は抗加齢に力を入れておられる大慈弥先生の福岡大学主催ですから、楽しみです。

でも、水~金曜日という日程で、水曜日は休診日でいいとして、3日間休診にはできません。。

プログラムを出るのをまって、散々迷った末、金曜日のみ参加することとしました。

残念。。。

水曜日がいくら休診と言っても、水金と福岡にいて、木曜京都、というのもこれまた大変で、またその週末は栄養療法のセミナーで東京に行きますから、家もクリニックも私もこれまた大変です。

で、金曜日のみ学会参加です。

 

話をキャンペーンに戻します。

ちょっと気温も上がりつつある中、そろそろ毛穴が気になってきた方も増えてきましたね。

季節の風物詩ですね。

でも、肌の状態が良くなかったり、スキンケアを間違っていたりすると、きつい治療はかえって副作用を招いたり、効かないどころか余計にひどくなったりと、踏んだり蹴ったりで、クリニックが儲かるだけです。

 なので、誰でもいつでも、毛穴治療をガンガンやっていけるわけではありません。

そのためにも、普段から、正しいスキンケアと丈夫な肌を育てておくことがとても大切です。

もちろん、栄養もね。

 

そろそろ、露出も増えるころですから、ボディ用のものをお買い求めしやすく、です。

かかとのかさかさから、体hや腕足のシミやら、ツヤも含めて、もちろん、シワもです。

体にレーザーを当てるというのは、すっごい贅沢な話ですので、うちでは、ほとんど化粧品をお勧めしています。

もちろん、レーザーしたい方はされたらいいんですが、お金と時間は覚悟されてください。

 

それと3月から発売になった、スキンケアベールとスポッツカバーのキャンペーンです。

月の途中だったから、キリが悪かったので、4月からとしました。

必ず、カウンセとテスター使用をご確認ください。

 

あと、キャンペーンではないですが、栄養療法と肝斑治療の併用療法のお知らせです。

すでに両方されている方は、トラネキサム酸の内服をとっくに止めて、食事とサプリに助けてもらっています。

 

以前は、漢方薬に切り替えたりしていましたが、限界がありますね。。

もちろん、栄養だけで片付くものでもありませんが、栄養はとても大事です。

まだお渡しする説明書が作れていないので、詳細は直接お聞きください。

 

すみません。。また寝ていたので、もう寝ます。

前に出していた体のサビつきチェックの結果が返ってきました。

 

結果は、サビつき度は、「やや高い」。

IMG_20160213_001224 全国平均よりもやや高い。

ガーンっ!!。。。

 

まあ、想定内ですが。。

 

どれくらいサビているのかを検査するのに、いろんな方法があると思いますが、こちらの検査は、おしっこでできる検査ですから、簡単ですね。

 

日から始めるサビない生活のポイントは、

「ストレス・寝不足に気をつけましょう」

そりゃ、そうだ。ごもっとも。

 

どして、ばれたの?

、はい、寝不足です。

ストレスって、あんまりないかと思いますが、なんか忙しくて、やらなきゃいけないことがどんどんたまっていて、それがストレスですかね。

 

私は栄養療法の血液検査で、活性酸素にちと負ける結果になっています。

1年前よりはマシになりましたが、もっとウニやいくらや白子を食べないといけませんね。

それようのサプリも飲んでいますが、追いつかないんですよね~。食事も大事だし。まだ足らんのです。

 

とりあえず、今日はもう寝ます。

 

 

今月の婦人画報に溝口先生が載っていました。

うつ特集だったと思います(今、手元にないので)。

いろいろなうつの治療法などが紹介されている中に、溝口先生とオーソモレキュラーが紹介されていました。

やるな、婦人画報!

ぜひ、まだ読まれていない方は、ご購入されて、ゆっくり読んでくださいね。

 

みなさんが読まれている女性雑誌、いろいろあると思います。

私は、テレビも大好きですが、雑誌も好きで、毎月普通の女性よりは雑誌に目を通しているほうかな?と思います。

といっても、年齢層の全然違う雑誌までは見ていませんが。

 

きれいなモデルさんが、キレイな恰好でたくさん載っているのを眺めているのも好きですし(マネはなかなかできませんgな)、そのほかの情報も得られます。

「はたらく細胞」を見つけても、婦人画報でしたっけ?

(婦人画報は、年間購読で取っているので)

特に、今流行っていること(というか、誰かの働きで、流行らせようとしていること)が、まあだいたい載っていますよね。

ファッションはそれでいいと思うんですよ。

絶対に流行りってあるし、すぐに廃れることでも、最先端のファッションってそういうものでしょうし、それはそれで楽しいですよね。世界経済も潤うってもんです。

でも、美容や健康話はね~。

おかしなことも多いですから。。。

 

健康専門雑誌は、あまり読みませんが、一般の女性誌で、美容健康特集一冊まるまるみたいな雑誌が増えましたか。

その草分け的存在だったアラフォーの雑誌、私はこの雑誌がアラフォーの女性をダメにしたと思っていますが、もう定期購読やめました。

ろくでもないのは、前からでしたが、一般読者を誘導しようとしているばかりか、あきたらず、業者と組んで、美容医療に関わるドクターたちに、その施術をする機械や薬を扱っていないとダメ!みたいなことまでやりだして、別段流行ってもいない施術をさも流行っているように、誘導していく、その姿勢が気に食わないと言いますか。。

まあ、一般読者は別として、医者のくせに、そんな手法に乗せられるほうがバカなんですけどね。興味を持つのはいいと思いますが、そのまま信じちゃ、アホ丸出しです。

よく勉強もせずに、業者の口車に乗せられて、個人輸入して、てきと~に患者さんに高いお金払わせてやっっちゃう、という最悪パターン。。

患者さんもたまったものではないですが、それで副作用や合併症が出て、一番困るのは患者さんです。

よく効く治療は、それだけの副作用があるし、副作用の軽い施術は、効果もマイルドです。

どこらへんの施術を選ぶのか、どうしたいのか、肌質はどうなのか、などなどで相談して決めていくわけですが。。

 

その雑誌は、わりと売れいたらしく(今は知りませんが)、そのまま信じて乗っかる女性が多く、またこんなろくでもないことを流行らせようとしているのか?!と注意喚起もしないといけないし、それで定期購読をしていたんですが、読むところもほとんどないし、結局ろくでもないところを見たら、ムカムカ腹が立つだけだし、わざわざ買わなくても、チェックだったら立ち読みでいいんじゃない?その分のお金を他の雑誌に回してあげるほうが、日本経済にもいいんじゃない?と定期購読を去年止めました。

(結局、立ち読みもしていませんが)

 

テレビでもマスコミでも、絶対にスポンサーをいうのがいて、スポンサーがいないと番組や雑誌を作ることができません。死活問題です。

なので、ある程度のやらせというか、そこの商品に関連したことの悪口は載せられないし、否定するようなことも載せられません。よいしょ記事ばかりになってしまうことも多いでしょう。

実際の編集部やライターさんも、わかっていても、仕事としてしょうがないこともわかったうえで、記事や番組って、ジレンマを感じつつ、作っておられることもあると思います。

(なりふり構わず、お金のことしか考えていない番組や雑誌もありますが)

同じ番組や雑誌でも、それをどう受け取るのか、どこまで信じるのか、それは、見る側の責任ですから、全部が全部、雑誌やテレビで言っていることが絶対に正しいと受け取るほうもどうかと思います。

「絶対に正しい」ことなんて、そうそうなくて、別の角度からみたら、真逆もあり得る、それこそ絶対に反対意見もあるはずですから。

ようは、自分はどちらの意見に考えが近いか、どう思うかを、ほんとは、考えないといけないんですけどね。

その情報源は、信用できるところなのか、一体誰がそう言っているのか、この辺も大事なところです。

 

美容や健康に関する話ですが、ちょっとくらい前から、雑誌を読んでいて、編集側の苦悩が見えるというか、本当にいいことを記事にしようとしている、実際に記事になっているのを見るようになりました。

スポンサーの手前もあるのに、頑張ってんな~!って感じです。

ただ、スポンサーも当然いるので、極端な場合、真逆のことが、ページを変えたら、載っていたりもします。。

そのへんが苦悩でしょうか。。

なんとかならんのか!と思いますが、なんともならないでしょう。。

 

いいことってなかなか広がらないんですよね~。

いいことが広まると、反対派の、ろくでもないことで儲けている人たちが反対するので、邪魔しますね。

知る人ぞ知る、世界になってしまうこともあるかもしれません。

時間がとてもかかることもあります。

いいことって、地味だったり、あんまり儲からなかったりと、派手な宣伝もしないですし、だまして誘導してくるわけではないので、静かな活動といいますか。

宣伝してても上品だったりするので、他のガンガンされている宣伝にかえ消されてしまうこともしばしば。

まあ、いいことだけ載せていたら、やっぱりスポンサーが集まらないんですよね。

 

本当にみなさんの健康と美容のために(健康であれば、美容は勝手についてきますよ)、そういう情報を取捨選択できるようになってほしいです。

ちゃんと裏を取るというか、いろんな情報を比べる力を持ってほしいです。

 

時々、患者さんで、「私はいっぱい勉強(美容や健康の)したから、化粧品選びもスキンケアも食事も栄養もあバッチリです!!」と自信満々の方がいらっしゃいます。

でも中身は、まんまと、悪徳い商業ベースに見事に乗っただけと言いますか、まんまと引っかかっただけで、あ~あ~、という結果です。

だから、体調もお肌もボロボロなわけでしょう?根本的に間違っているから。

「バッチリ!」の結果が、それなわけです。

 

おそらく、その「勉強した」題材自体が、悪徳企業のシナリオで勉強しているから、乗っかってしまうわけで、題材の選んでいる時点で、ずれているんです。

一番目の段階で間違ってしまっているんですよね。

これは、偏差値とか学歴とか関係しません。

自分の頭で、ちゃんと考えるかどうか、です。

しいて言うなら、生活IQでしょうか。

自分の頭で考えられない・考えたけどわからない・判断できない、という方は、思考力や集中力が低下していて、本を読んでも、字がたくさん書いてある本や文章もでしょうけど、頭に入ってこなくなっていませんか?

それは、栄養が足りていないからです。

何からしたらいいのか、わからない、という方は、まずは、栄養療法から始めてみてください。そうすると、全部がうまく回り出しますから。

それから、いろいろと勉強されたりしたらいいんじゃないでしょうか。

 

お久しぶりです。

ブログの更新をサボってしまって、申しわけありません。なんか忙しかったんですよね~。仕事が終わらなくて、家に帰るのも遅くなっちゃいました。

続きを書かなきゃ、あれ書かなきゃ、これ書かなきゃと思っているか間に、もう2月ですね!どうしましょう!

とりあえず、2月のキャンペーンのお知らせです。

2月と言えば、バレンタインデーで、バレンタインと言えば、各デパートでチョコレートの祭典が始まっていますね。今更、どなたかに差し上げるわけではありませんが、家族に上げるという名目で、自分もちょっとつまんだりと、楽しんですね!

 

糖質制限は一応できているので、あれもこれも、と欲しくはなりませんが、この時期でないと手に入らない、海外のチョコレートありますよね。なんとか受賞みたいな。

そういうチョコをちょっとだけ食べてみたいです。

 

糖質制限がうまくまだできない方で、チョコレートが我慢できないという方には!

 

糖質制限とろける生チョコレート

http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/detail.php?product_id=1

糖質制限アマンドショコラ

http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/detail.php?product_id=23

このどちらも、糖質制限と言われても、全然わからないくらい、よくできています。秀逸です!

糖質制限フィナンシェもいいですが、チョコ好きな方、多いですよね。

またチョコ買っちゃった!と糖質制限がうまく進まない方は、ぜひこちらで乗り切ってください。

当院でも取り扱いをしていますので、欲しい方はご予約を。フィナンシェもバラ売りを引き続きやっております。箱で欲しい方は、お早目におっしゃってください。

 

さて、2月のキャンペーン恒例の、サプリメント・化粧品、全て10%オフです。(処置されている方に限ります。)

サプリすべて、と言っても、栄養療法専用のサプリは特殊ですので、こちらは対象外です。

栄養療法専用のは、それはそれでまたキャンペーンをしますので、お待ちくださいませ。

試したかった商品を、この機会に試されるのはいいと思います。

1月に、キャンペーン対象の方には、たくさんサンプルテスターをプレゼントいたしましたが、試したいものがない、サンプルテスターがない商品もありますものね。特に、オバジなんか。。

オバジが向いている方と向いていない方がいらっしゃるので、使い方にもよりますが、ご興味のある方は、処置中にご相談ください。

 

2月は、寒い季節ですので、AC BODYもお勧めです。

ただ、患者さんがいけても、どれくらいのパワーでするのかがとても大事です。

栄養の足りない方は、下手したら筋肉を破壊するだけですので、お断わりしたり、軽いマッサージくらいの出力しか上げないこともありますから、ご了承ください。

 

仕事始めのスピードについていけないのか、湿度が低いうえにで(加湿はガンガンしていますが)しゃべりすぎのせいなのか、昨日からちょっとだけ喉が痛くて、うがい・手洗いは必須ですし、オリーブ葉やらDやら鉄やらBやらドーピング態勢の私ですが、電車に乗っていても、お店に入っても、ヤバいヤバい咳をしている人って、結構いますね。そういう人に限って、マスクをしないから困ったものですね~。そういう人に遭遇すると、マッハで逃げたくなりますが、できませんので、自分で身を守るしかありません。

 

頭痛は全くと言ってもいいくらい、無くなっていたので、おかしいな~?と。。

。。ふと、風邪か?!

とりあえず、持っているサプリをさらにドーピングして増量して、ビタミンCも、すっごい濃い~い吸収率の高いものを摂って、これで、どうだ=っ!!

(ビタミンCは、少量摂るのも大事ですが、こういう時は、大量に必要です。点滴をされる場合は、事前にご予約くださいね。準備も必要だし、予約の枠が変わりますので、急に言われても対応はできません。)

 

ついでに、今月分にはちょっと早いんですが、血液検査もしておきました。こういう時に検査すると、さらに体で何が起こっているのかがとてもよくわかります。体は正直ですね~。

 

今日は早く帰って、早く寝ようと企んでいましたが、ちょっと早いくらいで、晩御飯を食べているうちに、すっかりいつも通りになりました。

なので、寝に行かないで、ブログ書いています!

 

そうそう!みなさん、抗生物質(化膿止め)飲みすぎですね~。

薬嫌い、飲みたくない、という患者さんって、そこそこいらっしゃいますが、肝斑治療をやってい行く上で、光やレーザーを照射するのであれば、必要になることがとても多いです。

できれば、私も酸を飲ませたくないですが、なかなかそういうわけにもいかない。

せめて、薬だけダラダラと長期だけ飲む、ということは、うちでは絶対にやりません。ちゃんと休肝日を作れよっ!!と思います。

落ち着いてきている方には、漢方に変えたり、さらに栄養療法をされている方は、漢方すらなくなって、栄養療法のみで、トラネキサム酸なしで、治療をしていっとる方もかなり増えてきましたが、最初からそれでいけるのか、最初からなしで、きつい治療までしていけるのか、となると、かなりケースバイケースで、シミと肌の状態にも栄養の状態にも、どれだけ食事とサプリが飲めるか、にもよって、全然違ってくるので、マニュアル化できません。。

なので、薬嫌いの方には、長期になることも多いので、いわゆる肝斑セット(トラネキサム酸必要)は勧めていません。

 

なのに、そういう方に限って、ちょっとした風邪(と患者さんが言われていることが多いです)で、すぐに病院に行って、まあ行くことが悪いわけではないですが、あんまり軽いのに行くと、インフルエンザやら、もっと重い病気をもらって帰ってくることもあるので、ご注意くださいね、で、すぐに病院に行って、これは、出す医者が悪いんですが、抗生物質(化膿止め)やら、他にも、それ、いらんのちゃう?という薬が山のように出ています。

その薬は簡単に飲むんだ。。。と思いますが。。

薬が嫌いなら、、なんの薬を出されて、それが本当に必要かどうかくらいは勉強されたらどうかなと思いますが。。

薬は魔法ではないので、必ず、副作用があります。

それが軽微なこともありますし、重篤なこともありますし、副作用というよりは元々の作用の一部、ということもあり、体にとっては、メリットデメリット、両方あるわけです。

どちらが自分にとって、大事なのか、を見極めて、なんでも選択していくわけですが。。

 

ちなみに、患者さんのおっしゃるように、「風邪」であれば、ウィルスですから、抗生物質(化膿止め)はウィルスには全く効きません。

喉などに、細菌がついて、細菌による悪さが起こっていた場合に、抗生物質(化膿止め)が有効なわけで、本当に抗生物質が必要かどうかを調べるには、「培養」という検査をするわけですが、検査結果が出るころには、もう治っていたりするので(手遅れの時もあるかもしれません)、なので、先に、「二次感染」(実際は「疑い」。可能性を考えて)ということで、処方されてしまうことが多いかと思います。

 

でも、私は医者になって、何年目の時か忘れましたが、どんどん抗生物質は乱用しない方向になっていっているように思います。

手術後の抗生物質の予防的投与は3日分までしか保険が通らなくなり、もともと、病名が「風邪(感冒)」では、抗生物質も保険は通りません。(効かないから)

 

でも、患者さんが、化膿止めを出さないと、出せ出せとうるさい人もいるし、ダダ混みの外来で、「風邪はウィルスだから、抗生物質は効かないんですよ、二次感染が起こってから使いましょうね。症状がひどくなったら、また来てください。」なんて、説明している時間もないし、またやったところで、薬が欲しい人とはもめるか、ヤブ医者と言われてしまうので、もうセットのように処方されることも多いわけです。

鶏が先か卵が先か。。どっちが悪いのか。。まあ、説明する時間もないんでしょうけど。。。

 

私自身、自分にも、もちろん患者さんにも、抗生物質はめったに使わなくなりました。

開業当初は必要かなと、少し在庫を置いていましたが、ほとんど使っていませんね。もう消費期限も過ぎていて、新しく仕入れるかどうか、迷うところです。(まあ、仕入れないでしょう。院外処方したらいいですから)

 

処方された方は、本当に二次感染が起こっていて、必要だったのかもしれないし、予防的?で、今は必要ない方もいらっしゃったのかもしれません。

診察をしていないので、わかりませんし、パッと見ただけで、二次感染が起こっているかどうかなんて、わかりません。

どこまで抗生剤なしで頑張るのかですが、必要な病気もあるので、専門でないと、判断が難しいとこです。

 

でも、「ただの風邪」とご自分で思うのであれば、まずは水分補給だけして、温かくして、たくさん寝てはどうですか?

免疫力が落ちているわけですから、薬(抗生剤や解熱鎮痛剤など)を飲んだところで、免疫力は上がりません。

回復するまで、自分の体に頑張ってもらうわけですが、安易に薬ばかり飲んでいると、抗生剤に耐性ができますよ。

ちなみに、しょっちゅう風邪をひく、家族で同じ流行り病にかかっても自分だけ重症化する・長引くなどの方は、完全な栄養失調です。

これからの季節、感染症もますます大変になりますから、食事から見直してみてください。

薬は、いざっ!っていう時に残しておかないと、肝心な時に使えなくなることもありますよ。

 

1月のキャンペーンが遅くなり、申訳ありません。

あ、ルンバは昨日クリニックに行ったら、普通に動いてくれてました。充電が足りなくなって、エラーコードがたまたま出たのかな?

まあ、いいや。元気でした。

私の目の下のヒアルロン酸は、この2日間でさらになじんで、よりマシにはなりましたが、左右差はあります。う~ん、どうしようかな、と悩んだところで、4日までクリニックには行かないので、溶かすこともできません。4日には、さらにもっとなじむから、どちらにしろ様子を見るしかないわけで。。まあ、いいや。

 

さて、1月のキャンペーンです。

やはり、処置されている方優先のキャンペーンにはなってしまいますが。。

 

12月のサンプルプレゼントが思った以上に好評でした。

あまりお伝えしていないんですが、結構な量のサンプルをプレゼントしていまして、選ばれた種類によっては複数のサンプルを組み合わせたりなど、こんなにたくさんいいんですか!と喜んでいただいたので、引き続き続行としました。

あと、ビタミンDのサプリの10%オフも続行です。

ちょっとお会いしない間に、知り合いの方・患者さんの何人かが、ガンで手術されていたり、前癌病変を手術されていたりとガンがらみの方がこの3か月ほどで結構いらっしゃって、食事療法も大切ですが、ビタミンDも大事なので、引き続きキャンペーンとしました。

花粉症の季節も本番ですから、アレルギー・免疫関係にはとても大事な栄養素です。

何度も何度も言っていますが、血液検査を必要としないようなDのサプリでは、私の求めている効果は一切出ませんので、そんな無駄なお金は使わないでくださいね。その分、食費に回してください。

何度も書いていますが、市販でみなさんが手に入るようなものは基本一切私は勧めていません。

まず、「効く」ものが売っているわけがない。「効く」ものが、医者の診察の受けずに買えるわけがないと思いませんか?

それでも「効く」と思うんだったら、その販売メーカーに、「効きますか?」とお問合せください。

「効く」と言われたら、証拠を取っておいてくださいね。そして、聴かなかったら、責任取ってもらったらどうですか?だって、「効く」って、言われたんでしょ?

効かなくてもいいなら、好きに飲んだらいいですよ。日本経済のための、お金はどんどん回して、その企業の売り上げに貢献してあげてください。

ただし、添加物などのチェックをちゃんとしないと、お金の問題だけでなく、貴女の肝臓に負担がかかるし、かたその質の悪い添加物を分解するのに、大事な栄養を使いますからね、マイナスです。

ただでさえ、栄養が足りないのに、そんなのをさらに飲んで、栄養減らして、一体何がしたいのか、私には全然意味がわかりません。そこまでして、そのメーカーのを買ってあげたいのか~、と思います。

あと、前にも、コンドロチン・グルコサミンの時にも書きましたが、パッケージに書いてある表示成分なんて、嘘だらけなので、ぜひ第3者機関に、ご自分で費用を出して、表示通りか確認されることをおすすめします。

どうせ、そんな量、入っているわけありませんから。(医薬品は別ですが)

完成品にどれだけの量が本当は入っているのか、メーカーに聞いて教えてくれたらいいですけどね~。

大手でないと、そんな確認もしてないし、大手でも、第3者機関に調査出していないところもあるし(自社調べってやつですね)。

まず、GMP工場で作られていないんだから、まあ、むちゃくちゃです。また、GMP工場で作られていたとしても、自社基準の水準をどこにもっていっているかでも、全然違います。

で、そういうことをしていると、そんな安い値段で販売できるわけもないし、企業に利益はそれほど出ません。

(質の悪いサプリを、わざと高く(安物に見えないように)売っているメーカーもありますから、よく知りもしないのに、値段だけで決める方(高いのがいい!みたいな)は、景気回復にどうぞ貢献されてください。貴女のおかげで、経済はさらによくなりますよ。)

そうい見極めができないなら、薬じゃないんだから、飲むな!って何度言っても飲む人は、どうぞお好きに。考えた方が違うので、私とは無縁の方ですから。

 

さて、今年もいろいろな福袋をご用意しました。

ただし、何か処置をされている方限定ですので、ご注意ください。数に限りがあるものもございますので、気になっておられる方は、どうぞお早目に。

福袋は何回買われてもいいですが、お取り置きはしませんので、どうぞご了承ください。

 

新しいところで、1食置き換えダイエットのオーソプロテインを1食分おつけしたことや、オリジナルサプリメントのセットを数回分分お試ししていただけることでしょうか。

サプリが苦手な方や、特にアミノ酸系のものは、味に好みが出るようで、全然平気という方と、全然ダメ!という方がいらっしゃるので、小分けでのお試しも考えていたところです。

今年は、いろいろお試しを増やしていきますね。

オーソプロテインは、ダイエットにはもってこいなんですが、私もついつい忘れてしまいがちです。

栄養がなかなか摂れない方、偏ってしまう方、たくさんは食べられないという方、痩せすぎの方にもいいかもしれません。とりあえず、本当の食事代わりができますから。

味もおいしいですよ。ちょっとココア?っぽいかな? これは、ちゃんと栄養素が計算されている上に、ちゃんと入っていますから。

 

オリジナルサプリのプレゼントも今回やってみます。

サプリに不慣れな方や、解析結果が出るまで、ちょっとだけ飲んでみたい方や、少量で買えるところがお手軽でいいかなと。

今回のプレゼントの女性のために作ったサプリは(男性でもいいですが、男性だったら、内容変えますね)、クリニック内ので、ナンバーは、「aiko1」としています。(1から5まであります)

飲み忘れの多い方にもいいかもしれません。

持ち歩くのを忘れてしまう方にも、サプリメントケースも便利です。

3種類くらいまでだったら、市販のサプリケースでも十分なんですが、種類が増えてくると、なかなか対応できるものが売ってなくて、私も困っていました。

ここのサプリケースは、対応できるように作られているので、超便利です~。

 

いつもブログでも書いていますが、まだ説明カウンセリングが済んでいないものは、お売りできません。

その方に、適応がまずあるのか(肌や体調など)、あっても、その使い方ですね、それの説明がすべて必要です。

好き勝手使って、うまくいくわけがありません。

そこが市販の好きに買えるものとは違うんです。せっかく高いお金出して、本当の実力の半分も出ていなかったら、嫌でしょ?

効かすように、使わないとね。服や靴を買うのとは違うわけです。

なので、聞いておきたいことは、ご予約の時にお伝えいただくか、処置までのお電話いただければ、ご説明する準備をしておきます。

当日会計時に言われても、間に合えば結構ですが、内容によったら、準備が必要なもので間に合わないものもあるので、説明が済まないと、どんなに欲しがられても、お売りしません。

勝手に使う・飲む、というのは、原則止めてもらっています。お金もったいないですから。

あと、処置が終わってから聞かれても、時間がなければ、対応できませんので、ご了承ください。

必ず、聞いておかれたいことから、お聞きください。処置時間には限りがありますし、基本、処置が終わった時点で、その方の対応の時間は終わりです。終われば、後片付けと次の方の準備にかかりますので、対応している時間はありません。

また、どんなに前もって聞いておかれたいことをお伝えいただいても、処置している内容に関わることで、先に話しておかないといけないことがある場合は、その話からしますから(例えば、肌が荒れているとか、おかしなことになっているとかになると、処置が中止になることもありますし、スキンケアなどの見直し確認も必要でしょうし、乾燥がひどいとか洗顔の仕方がおかしいとなると、そちらが優先です。

だって、お金を払って処置していること自体に関わってくるわけですから。新しく聞きたいことは、後回しでしょう。

 

聞きたいことに絶対に時間を取ってほしい!と言うなら、処置とは別に、診察でご予約をお取りください。

その場合は、再カウンセリング料として、別途¥10.800(税込み)頂戴いたします。お時間は、30分~1時間お取りいたします。

わざわざお金を払って、時間を取らなくて済むように、処置されている方には、メールアドレスをお渡ししているわけですから、メールをどうぞお使いください。

メールで相談できること、できないことがありますが

(栄養療法の食事指導はメールではしません。

食事指導自体が当院では料金をいただいているものですから、無料で知りたい、という方は、ブログ内でも、受診されたときでにも、本をたくさん紹介していると思いますが、そちらをご参考ください。個別の指導は、すでに毎回させていただいております。飲み方がわからなくなったとか、飲んでみて調子が悪いとか(たいてい、これは飲み方が間違っています)、食事を頑張ったら調子が悪くなったとか(これも、あまりに栄養状態が悪すぎて、急な変化に体がついていけないので、こういう方は、アプローチが間違っているか、やり方を変えないといけません。)そういう相談は、とりあえずご連絡ください。

 

肌・髪の毛関係や痩身など、何かあったら、とりあえずメールをくださったらいいですが、最後の受診から3か月以上経っている方の場合、今の状態がわからないことがありますから、お答えできないこともあります。

処置の効果をより引き出すためのメール相談なので、特に肌関係は悩んでいるくらいなら、メールください。

しばらく来られていないな~、と思ったら、肌の状態が調子悪いところに、あちゃ~みたいなことをして、こじらせている方もとても多いので、こじらせる前に、なんとかできれば、そのほうがいいに決まっています。されたい治療も遅れなくて済みますしね。

ボロボロになってから、受診されることがあります。

そうなると、使いたくもないステロイドを使わざるを得ないことも出てきますし、お金も時間もかかりますから、患者さんがなにより一番大変です。

(そういう方に限って、メールしないんだな、これが。どうしてでしょうね。。。毎回言っているんですが。。

ただ、直に診ているわけでもないし、患者さんからの一方的な話のみで判断するわけなので、表現がうまくできない方だと、現状がうまく伝わらず、お互いよくわからない、ということもあります。百聞は一見にしかず、とはよく言ったものです。

メールですべてがもちろん解決できるわけではないです。

でも、ちょっとメールでなんとかなったのに、ということもとても多いのも事実です。おかしなことをしている分には、止めることができますから。

これが一番大事だったります。弱っているところに、刺激している方はとても多いです。

こればっかりは、ケースバイケースなので、何とも言えませんが。。)

まあ、とりあえず困ったら、メールください。

メールでできる場合はお答えしていますし、できない場合は、診察に来るようにお伝えしますので。

メールで近況報告をしてくださる方がいらっしゃいますが、経過を知らせてくださって、特にいい経過は私もうれしいですが、私からの返事は期待しないでくださいね。期待して送るのなら、止めておいてください。

質問ではないので、お返事は原則しませんので、ご了承ください。

 

 

今日は、久しぶりにちょっとのんびりできました。

ありがとうございます。

 

あ、ちなみに、昨日の患者さんは、栄養解析の血液検査はされていません。

症状や摂ったほうがいいと考える栄養素やおすすめするサプリの種類や量によって、採血しなくても処方することがあります。

ケースバイケースです。

ただ、診察もせずに、話も聞かずに、サプリだけカウンターで買う、といのは、うちでは絶対にやりません。

症状の改善のために作られたサプリですから、話を聞く・説明をする、という診察が必要です。

たくさん飲みたい!となったら、検査が必要なこともあるし、種類のよったら(特に、ビタミンDとか)、検査しないと処方しません。

たくさん飲めばいいというものではないので、必要量も人によって違うし、他の人と同じ量を飲んだらいけない方も多いのです。

そこが、その辺のサプリと違うところです。

実際、効きますからね~。

 

さて、今日は、宣伝がむちゃくちゃされている、「コンドロイチン・グルコサミン」の話です。

 

こちらは、国民生活センターで、2008年に調べた結果です。

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20080807_1.pdf

http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20080807_1.html

 

 

どうして、こんなテストを実施されたのかというと、消費者からの問い合わせ(というか、クレーム?)があまりにも多かったのと、宣伝広告がひどいものが目立っていたからかもしれませんね。

テレビのCMを皮切りに、テレビショッピングや新聞の折り込み広告など、膝の関節が気になるご年配の方の弱みに付け込むというか、あまりにも誇大広告も多いですよね。

イメージ戦略も強いというか。。どこにも「効く」なんて表示はないのに(「効果を約束するものではありません」みたいな、ものすごく小さく表示されていたりね。

あまりにもひどい粗悪なものが、サプリメントとして、大量に市場に流通していて、誇大広告ばかりで、クレームばかりセンターに寄せられて、なんとかしないといけない、ということで、今年の4月から、「機能性食品」という、枠組みができて、ある程度のことを言うのに、根拠を示せ、みたいな感じでしょうか。

ただ、こちらは、厚労省管轄の、「特定保健用食品(いわゆる、トクホ)」とは一線を引いています。

トクホは、かなり効果を言ってもいい。実際、言っているCM,多いですよね。

ちゃんとデータを出して、審査を通ったわけですから。

こちらの審査はかなり厳しい。時間も(きっとお金も)かかる。

 

機能性食品に申請する時のデータなどは、第3者機関がチェックしているようですが、トクホほど厳しくない。

でも、ある程度の効果を言っていい。(この辺がポイント!)

言ってみれば、企業が勝手にデータをあげて、言ったもん勝ち!の世界にしようと思えば、できないこともない。。

ただ、大手のちゃんとしたメーカーは、これで消費者の信用を失ったら大変ですから(期待させておいて)、結構慎重に申請されていることもあるのかなと。

この辺がね~、消費者からしたら、わかんないですよね~。

一応、そのデータ(根拠)は、どなたでも、消費者庁のHPに、閲覧できるように、全て載っていますが、おそらく、何十うページにもわたるデータで、私たち医療関係者でも読んで理解するのは大変だし、まして検証だなんて、やってられません。

そのうち、学会のほうで、トクホみたいな認定するシステムみたいなのができるのではないでしょうか。

 

さて、コンドロイチン・グルコサミンに話を戻します。

 

この検証をされたのがかあんり古いので(2008年)なので、当時の話ですが、テストされたメーカーはすべて、実名で載っていました。

国民生活センター、素晴らしいですね!引き続き、もっと消費者のための頑張って欲しいです。

 

この中で、えげつないなと思ったのが、「胃の中での溶けやすさ」の項目ですが、

なんと!18銘柄調べて、その半分の9銘柄が、30分経っても、カプセルが崩壊しなかったそうです。

30分で解けないんだったら、そりゃ、もっと時間をかければ溶けるのかもしれませんが、そんなもの、サプリとして売るなよ!と思います。

30分かかって解けないだったら、全く解けずに、ウンチと一緒に出ていっているカプセルもあるかもしれない、ってことですよ。

なんじゃ、そりゃ!

一体、何分で解けたのか、までは実験されたわけではなかったですが、「問題がある」と判断され(そりゃ、そうだ)、製造方法を見直すように、業界に要望されたようです。

 

また、表示されている量も、全然入っていなくて、表示よりも無茶苦茶少ないのに、全くいい加減に、たくさん入っているように、表示されていたわけです。しかも全商品。

ここで注目ですが、参考品までに、医薬品のコンドロチン(硫酸ナトリウム)も調査されていて、こちらは、表示通りの量がちゃんと入っていました。

医薬品ですから当たり前、とお思いでしょうが、はい、医薬品ですから、当たり前です。

医薬品として、厚労省から許可をもらうということは、もちろん完成品が表示通りの量が入っていないと、そんなもの、薬でもなんでもないですからね、許可がおりません。

市販のサプリは、医薬品ではないので、そこまでチェックする義務は、まあないわけですが、メーカーが勝手に、多めに書いたっていいわけですよ。知らんぷりです。

だって、誰もチェックしませんからね。

(で、今回、国民生活センターで調査されてくださったわけです)

 

しかも、メーカー側は、表示通り入っていないことをわかっていて、そのまま大量に入っているかのような表示のまま、売られていたものも。。

わかっているということは、調べただけマシ、ととるか、調べもしていないメーカーよりマシ、と取るか。。

 

詐欺のようなサプリですが、コンドロイチンの場合、サメ軟骨から作っているように表示があると思いますが(ほとんど全部?)、

これまた、なんと!

調べたら、海の生物ではなかったものが、いくつかあったそうです。。

「陸」のものから作られているようです。。

まさに、詐欺ですよね。

アレルギーの問題もあるでしょうし、宗教上の問題もあるでしょう。原材料まで嘘だなんて。。ひどすぎますよね。

 

そして、極め付けが、医薬品並みの効果をうたっているものがあるようで、「薬事法の抵触のおそれがある」とされていましたが、買う側からしたら、医薬品と変わらないイメージしか抱いていないと思いますけどね、そういう広告って。。

 

 

ほんとに効くんだったら、いいと思いますよ。

でも、効きもしないのに、すごいたくさん入っていて、すごい効くような宣伝しておいて、医薬品よりも安めに設定されていたら、買う人、そりゃいますよね。

安いからって、とびつくほうも、もうちょっと考えましょう、ですが、一番悪いのは、こういう質の悪いメーカーです。

自分で自分の身は守るしかないですよ=!!

 

テレビや雑誌やネットで、例えば、「○○がいい」となっていたら、情報源も確かめずに、すぐに安い!と思ったのを、買っちゃうでしょ。

そんな安い値段で、いいもの、売っているわけないじゃないですか~。

サプリなんて、まじめに作れば作るほど、値段は高くなるし、原価が高いのに、そんなに利益のせられませんから(販売価格がかなり上がってしまうから)、メーカーに、ムチャクチャな利益なんか出ませんよ。

どこのメーカーも、儲けるためにやっているんですから、まず考えているのは、原価率です。

販売価格をまず設定して(売りやすい価格といいますか)、これくらい、あるいはそれ以下の原価で作って、と研究員や下請けメーカーに言うわけです。

 

何を買っていいのかわからない人は、とりあえず、「飲まない」ことですね。

何度もブログ書いていますが、その分、食費にかけましょう。

動物性たんぱく質をちゃんとたっぷり食べられる人は、それほど体調で困ることって、少ないと思いますよ。

たくさんお肉が食べられるってことは、体内年齢が若い、ってことですからね~。

 

私のブログでも何度か紹介しているビタミンDですが、ちなみに、血液検査も必要もないようなものを飲んで、一体何をしたいんだか、って感じです。

ちゃんとしたビタミンDは、体に貯まりますからね(効かせるだけの量までもっていくので)、なので、過剰症にならないように、血液検査をするわけです。

検査しないと、必要量も、処方する量も決められないので。

本当のDの効果を出したいなら、それなりの量がいります

市販のを飲もうが、クリニック用と言っていても、検査を必要としていない、ということ自体、そこまで貯まるわけがないから、いらない、ということです。

信じられない方は、一度医療機関で、ビタミンDの血中濃度を測ってもらって、確認されたらいいと思いますよ。

ただし、もちろん保険は通りませんし、かなり特殊な検査ですので、そいうことを知っている医者じゃないと、自費でもやってもらえません。

項目自体を知らないというか。。

私も、栄養療法をするまでは全く知りませんでした。検査会社によっては、やっていないところもあって、うちの検査会社も、外注に出されていますし、オーダー用紙にすら載っていませんので、備考欄に手書きで書きます。

かなり特殊です。保険診療では習わないことです(だって、保険が通らないから)。

 

サプリにも、いろいろあるのです。

 

 

 

 

 

今日は、久しぶりに診察に来られた患者さんのお話しです。

 

シミのためにライムライトを希望されて受診されたはずだったと思いますが、食事関係がいろいろとうまくいっていなくて、薬もちょっと飲んでいて、なかなか大変そうな状況。。

患者さんも、それではよくないことはわかっていても、なかなか大変だし、食事もうまくいかない、そして自己嫌悪を繰り返しているようでした。

でも、スキンケアも化粧品もシミも気になるし、ということで、うちに来られたわけですが、スキンケアはもちろん大事ですが、栄養状態の悪い皮膚に、無理やりレーザーや光を当てても、お金がとてももったいないです。

予算を全く気にしない方、正真正銘、領収書の額も見ないし、会計で金額をいう前に、もうカードを出しちゃうくらいのお金持ちの方、1万円が、100円くらいの感覚で過ごしていらっしゃる方、そこまでいかなくても、ほんとに、顔や体に、お金は気にしません、という方。

こういう方が、今レーザーしても効果が悪くても、ちょっとでもいいのであれば、やりたい、と言われた場合、(こういう場合は、お金も気にされないので)栄養療法も同時に受けていただきます。

スキンケアも最低限のことは始めていただいて、時間もかかるし、お金をかけている割りに、全然効果出ませんよ、とかなり念押ししたうえでなら、受けます。

まあ、光やレーザー治療するにしても、内容と、今の現状にもよりますが。

効率の悪いことは覚悟の上で、お願いします、という感じです。

 

でも、1回2万円や3万円って、結構な金額ですよね。

光・レーザー治療って、1回で済んだらいいけど、スキンケアも足りない、栄養も悪い、となったら、1回で大した効果が出るわけありません。

絶対出ない、とは言い切りませんが、貴女が自腹を切って、自分の顔で実験するのでよければ、ということです。

1回1回のレーザー・光治療を、値段以上の価値にするのも、患者さんの普段からしているスキンケアと栄養の賜物です。

貴重なお金です。

それだったら、スキンケアも頑張る、その間に栄養も摂る、必要ならサプリもちょっと飲むのを先にある程度やってから、光・レーザ治療、というのが一番お金がかかりません。

だって、それで、気が済む、というか、結構キレイになることもあって、ケースバイケースですが、とにかくいい方向には必ず向かうので(間違ったスキンケアや質の悪い化粧品を使っていたら、何してもダメですよ)

とりあえず、焦らず、地道な努力を始めてみてほしいんですが。。

 

でも、美容医療をやっていると、時々というか、実は結構いらっしゃるのかもしれませんが、説明してわかっているつもりでも、やっぱり他力本願というか、光・レーザー治療に、過大な期待を抱きすぎている方がいて、副作用や合併症のことや、効かない場合のことを考えていないというか、やる=キレイ、みたいに、もう頭の中にできあがっていて、軌道修正できない感じ、といいますか。。

 

こういう方がいらっしゃると、もうお互い、何も話しが合わないというか、どこまで行っても、平行線と言いますか、お互い、同じ話の繰り返しで、時々、なんで、こんな1時間以上のかけて、お金もったいないですよ、と説得しないといけないのか、と途中でいやになることもたまにありますが。。

(1時間以上かけて説得しても、私は絶対に、光もレーザーもあてませんから(あてていいですよ、あてたほうがいいですよ、というレーザーの提案はすることがありますが、それは受け入れられない。。。)、おそらく別のクリニックに行って、あててもらうのでしょう。

まあ、たいていどこでも、お金さえ払えば、効こうが効くまいが、悪化しようがしまいが、なんでもしてくれることが多いわけで、悪化したら困るから、すごく弱めで、てきと~に当てといて、回数がかかるからと、コースを買わせるパターンです。

よくあるパターンです。。

 

で、この患者さんの場合、自力で、たんぱく質をガンガン食べていくのは無理だろうな(急にはね)と判断したので、栄養療法のサプリを、1日1個1種類でいいから飲むよう、勧めましたが、以前に他院で栄養療法をして、かなり高額になったらしく、続けられなくて止めたトラウマというんでしょうか、嫌な思い出があって、説得するのに大変でした。

1日1個で、70円もかからへんやんっ!と、買おうとしていたちょっと高めの高機能化粧品を、もっと安い保湿のみの化粧品に変えるように説得して、サプリを1袋買ってもらいました。

(ちなみに、うちの経営としては、化粧品を買ってもらったほうが、純利益は高いです。

栄養療法のサプリは、原価が高いので(質がとてつもなくいいので)、患者さん価格もどうしても高めになりますが(市販のものよりは)、うちにそれほどの利益は出ません。赤字にはなりませんけどね)

 

途中で、化粧品を買いに来られたことがありましたが、診察はなしで、なので、サプリもなしでした。

(うちは、必ず栄養療法のサプリは診察が必要です。)

でも、初診時よりは、なんか調子がよさそうな感じはしてました。

 

今日、来院されて、入ってこられたら、とても元気で、お肌もピカピカつるつる!

BBクリームを塗っていても、化粧を落とさなくても、とても肌の状態がいいのが、一目ですぐにわかります。

もうツヤが全然違いますから!

若い人はほんとにすぐに良くなりますね。でも、これは、患者さんが食生活もスキンケアも含めて頑張ったからですよ)

表情も別人みたいに明るいし、ほんと生まれ変わった感じです。

いろいろ飲んでいた薬も必要なくなって、体の負担もなくなって、どんどんいい方向に回っています。

そうなったら、そりゃ、皮膚は、どんどんキレイになります!素晴らしい~!!

 

こうなったら、お金の余裕があれば、光・レーザー治療してもかまいませんが、肌がきれいになっているので、シミも目立たないし、これだったら、レーザーのお金で、化粧品と食費と、できれば、ちょっとのサプリで様子見たら、いいんじゃないのかな。

とてもきれいな肌でした。

頬っぺたの赤みも、病的な炎症の嫌な赤みではなく、若い娘さんらしい赤みで、とてもいい感じ。

 

いや~、良かったです~!

彼女の喜ぶ顔を見れて、ほんとによかったです。

 

今日は、仕事がなんやかんやと終わらなくて、大丸も閉まってしまい、晩御飯どうしようかな=と(今日は、家に帰っても、家族はいなくて私一人なのです)、今から帰って、近所のスーパーに買い物に行ってから作るとなると、メンドクサイし、食べるの余計に遅くなるし、、

 

こういう時は、ココン烏丸の、「オーバカナル」だっ!!

(フレンチビストロで、ラストオーダー22時で、23時閉店。カフェ使いもできるから、お酒は飲まなくても、飲んでもOK。アラカルトが充実で、予約してなくても、遅い時間だったら、ブラッと立ち寄れるのです。もちろん、おいしい~!!)

9時20分くらいに入店して、

ミモザのグリーンサラダと、白レバームースと、なんとか豚肉のローストガーリックモツアレラソースと、赤ワイングラスで1杯。

(飲まなくてもいいんですが、こちらのお料理おいしいので、こうなったら、飲みたくなるのです。赤ワイン久しぶり~。しかも、ここのグラスワインは、おいしくて、お安め~!)

 

「おなか、空いてますか?」

「空いてます!」

思わず、力んで言っちゃいました。。

力んで言ったのはいいんですが、ソムリエのお兄さんから(といっても、私よりも絶対に年下。。)、多すぎると待ったの声が。。。

(ちなみに、私は、よくお店側から、多すぎですよ、と止められることがあります。。一人じゃないときもですが。。

恥ずかしながら、まだいただけます、という時もあれば、よくぞ止めてくださいました、ありがとうございます、という時と、一勝一敗っていう感じです。)

お兄さんがおっしゃるには、白レバーのムースが余計かな、と。。

じゃあ、食べ終わってから、考えます~。

残したら申し訳ないもんね。

 

赤ワインは、シラーでおいしく、サラダは、山盛りでした。。

そうそう、ここのサラダ、でかかったんだ。。

(すみません、写真撮らずに、食べちゃいました。。)

ここのドレッシングが好きな味で、スタッフとしてもぐりこんで、味の秘密を知りたいくらいです。

 

平らげたら、いよいよ、豚肉のローストをお兄さんが持ってきてくれました。

すごく多いわけでもないけど、少ないわけでもない。。多いか少ないか、と言われたら、お料理屋さんとしては、多いほうです。

ラストオーダー10分前。

 

レバームース、どうします?

 

もうちょっとだけ、なんか食べたいんですけど。。。

レバームースが結構大きいらしく。。う~ん。。食べれるかな。。(食べられるかもしれない、いや、どうだろう)

そしたら、厨房に半分にできるかどうか聞いてきてくださいました。

で、OK~(^^♪

ラッキーでした。

ラストオーダーだったからなのか、その辺はわかりません。何か食べさせないと、思ってくださったのかも。

 

ちなみに、ここのレバームース、白レバーで、臭みが全然ありません。

レバー苦手、という方は、一度ここのをお試しください。夜限定だし、いつもあるわけではないと思いますが。

(白レバーというのは、いわゆる脂肪肝なので、まったりとしています)

 

半分でくださいまして、無事平らげました。

 

後で、量がどうだったか聞かれてたんですが、やっぱりお兄さんの言う通り、そのままだったら、ちょっと多かったか。。

 

糖質制限ランチとしても、こちらのお店はとてもおすすめですが、夜もお手軽でいいです。お料理はでも本格派!お店の方々もみなさん親切!

 

晩御飯もよかったし、今日はいい1日でした。

 

カフェイン中毒で亡くなれた方が出ましたね。

ご冥福をお祈りいたします。

 

夜間、夜通し起きていないといけない方、試験勉強の時など、眠いけど寝てはいけない時って、誰にでもあると思うんですが、私はせいぜい日本茶や紅茶くらいで、ああいうカフェイン系のドリンク(栄養ドリンク的なものも含めて)や、ましてあやしいサプリは摂りません。

カフェインの錠剤も胃の中から見つかったとニュースでやっていましたが、それって、薬局で売っているんでしょうか。

それとも、ネットで、個人輸入の怪しいサイトで買うんでしょうか。

ネットで買わない限り、ドラッグストアの店舗で買う分には、おそらく、あんまり無茶なカフェイン量は入っていないと思うんですが

(確かめたわけではなく、日本の規制や慣習などからいって。なにかリスクが出ては、大変なことになりますから、普通の企業は、安全対策はかなり慎重になっているかと思います。

ただ、ネットでいろんなものが売られているものまでは、目が行き届かないので、ちょっと無法地帯状態で、ほんとに何が入っているのか、わかりません。表示通りに入っている保証もありません。)

飲む側(買う側ですね)が、表示通りの飲み方をせずに、大量に摂った場合は、全然話が別ですね。

 

栄養療法をするようになって、自分の勉強も進むようになると、カフェインをあまり摂らないほうがいいな、と思うようになり、(カフェインで、私にとって、大事なミネラルが排出されてしまうようです)

今まで、かなりの緑茶を飲んでいたんですが(ほうじ茶も、紅茶も)、できるだけ、水か、麦茶に変えました。

飲みたい時は飲みますけど、カフェインの入った飲み物。かなり量は減りましたね。

 

栄養療法のセミナーで、循環器内科の先生が治療をした患者さんで、若い女性で、いきなり家で心肺停止、たまたま家族が泊まりに来ていたから異変に気付いて、救急搬送。AEDかで、救命されて、一命を取り留めた患者さんが来られた時の話をされていましたが、その女性の主訴が不整脈だったかな、忘れましたが、その女性も、眠いからとコーヒーをすごく飲んでいて、心肺停止になった日には、コンビニで売っている、カフェインの入った小さいドリンク剤みたいなのありますよね、それを2本飲んでいたそうです。

 

今回は、解剖されたので、死因が明らかにされたわけですが、もしかしたら、こういうカフェインにによる死亡(や心肺停止)って、現場に立ち会った人が気づいていないだけで、あるのかもしれませんね。

(日本国内初めてのカフェインによる中毒死、とニュースで言っていました。厚労省発表。)

コンビニで気軽に買えるとなると、手を出す子供も出てくるはず。

市販のサプリだけでなく、栄養ドリンクもそうですが、必ず、用法容量は守りましょうね。

夜中眠いのは、もう仕方ないと思いますが、午後の眠気は、はっきり言って、お昼に糖質をたくさん、食べたか、あるいは、糖質以外のものをどれだけ摂ったかですね。

血糖値を安定して保つ、といのは、言葉でいうのは簡単ですが、は、かなり大変ですよね。。

 

またまた眠いので、詳しいことは、次回書きます!すみません。。

眠いからって、カフェイン、取りませんよえ。

みなさんも、起こりませんように、お気をつけてくださいません。