プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

ホーム > サプリメント



今日、婦人公論を見てきました。

。。すみません、婦人公論のアラガン社の広告は、「般若」ではありませんでした。

「般若」を見たい方は、クリニックでご覧くださいませ~。

さて、もうすぐゴールデンウィークですね。

海外に旅行に行かれる方、近場で旅行に行かれる方、おうちでのんびりされる方、うちの患者さんもみなさん様々です。

おうちであろうが、旅行であろうが、部屋の中に籠って、雨戸やシャッターも占めて、映画鑑賞でもしていない限り、紫外線・近赤外線は、ものすごく強くなっています。

もう、夏と同じ、と思って、過ごしてくださいね。

おうちにいるからと言っても、ガーデニングや、ちょっとそこまで散歩でも、結構な紫外線・近赤外線を浴びていますから、環境・TPOに合わせて、塗り重ね・塗り直しを実践されてくださいね。

受診されている方には、どの辺に出かけるのか(アウトドアなのか、インドアなのか)、それぞれお聞きして、こうされたほうがいいですよ、これくらいはしたほうがいいですよ、と塗り直しの回数や時間、日焼け止めの種類などをアドバイスさせていただいています。

何を塗るにしても、どこに行くにしても、朝一番は、特に厚めに塗ってくださいね。

ウォータープルーフで、SPF50+など、市販のモノは、アルコールがたくさん入っているものも多く、状況にもよりますが、あまり患者さんには勧めていません。

頻回に重ねていたら、皮膚が赤くなったり、かさついたりしてくるかもしれません。

詳しくは、受診時にお聞きください。

お日さんに浴びて、ジリジリ熱くなるのは、近赤外線で、紫外線ではありません。

なので、近赤外線対策も実は重要です。

私は、ドクターエビーゼの日焼け止めを最初に厚めにぬって、それから、ナビジョンなどを塗ります。

エビーゼは、日焼け止め下地のような感覚です。

帽子・日傘を被る、日陰に入る、などをしたら、近赤外線はカットできる分もあるので、しないよりはしたほうがいいですし、熱中症対策にもありです。

こまめに水分補給も忘れずに。

紫外線の強いところに遊びに行かれる方に、特におすすめしているのが、飲む日焼け止めと名高い、「ヘリオケア」です。

これを飲んだから、日焼け止めをぬらなくていいというもんではなく、飲むことで、さらなる、高い「紫外線カット」効果が望めるようです。

1瓶もっておくと、こういう旅行の時は、便利ですよね。

で、もし頑張ったけど、日焼けをしてしまったら。。?

必ずご連絡ください。

お肌の状態によって、治療内容が変わったりすることがあります。

まだ赤い、ひりひりする、熱感がある、乾燥がひどくて、などなど、2つ以上あれば、(1つでも場合により)シミ関係の治療はやらないことが多いです。

ビタミンC内服や点滴やイオン導入などによる、沈静を測ります。

場合により、ジェネシスを照射することもあります。

(ライムライト・アキュチップは、普通お休みします。場合により、やることもありますが。。。まあ、変更を勧めますね。)

何かあったら、とりあえず、ご連絡をくださいね。

もう2月ですね=。早いです。。

バレンタインと言っても、私には関係ありませんが、この季節になると、お菓子屋さんもケーキ屋さんも、チョコレートだらけになるので、しかも珍しいのや、ムチャクチャおいしいのや、たくさん出てくるので、私としては、興奮するシーズンです。

2月は、ダイエットがうまくいかない月ですね。。(って、いつもやん!)

やっぱり、江部先生のレシピ集にあったように、ものすっごく濃いカカオを溶かして、ラカントで甘さを出そうかしらん。。。

さて、2月のキャンペーンは、毎年恒例になってきましたか?化粧品やサプリの、なんでもキャンペーンです!

ただし、なにか処置をされている方で、処置と同じ日に買われる場合です。

医薬品のキャンペーンはやらないので、申し訳ありませんが、ロゲインやパントスチンなどは、適応除外となります。

ビタミン剤は、病院用の医薬品と言えば医薬品ですが、ビタミン剤は、サプリ扱いとさせていただきます。

トラネキサム酸や漢方薬とかは、キャンペーンではありません。ご注意を。

化粧品とサプリが、適応除外のモノ以外は、全てキャンペーンと言っても、今世界的に品薄の、ラエンネックP.O.は、お一人様1回のご購入につき、1箱とさせていただきます。

割引きの時に、たくさん買いたいと思われると思いますし、例年でしたら、それもありなんですが、なんせ、世界的に在庫がないもんで、うちもストックはありますが、なるべく大勢の欲しい方に行きわたるように。。

(私も、品薄となってからは、全く買っていません。注射で頑張るしかない、でも、注射するのを、つい忘れちゃうんですよね。。だから、サプリが好きなんですが。)

あと、オバジ・メディカルの商品は、ホントに在庫が無くなり次第、終了です。

(エラスチダーム・エラスティラッシュ・デコルタージュシステムなどですね。)

新しいオバジから、新しく提供されるまで、もうちょっとかかるのかな、全くの未定で予測不可能ですので、こちらも、割引きで購入される場合は、お一人様1回のご購入につき、各種1個までとさせていただきます。

2月中に、なにか2回以上処置に来られて、合計2個以上買う、というのは、アリはアリですが。。。

AZAクリアも、大量にお出しするのは止めています。

顔中に必要な方は、少々大目にお出しすることはありますが、たまにしか出ない程度のニキビで、1回につき、2本以上欲しい、となると、なんで?ただの買いだめ?となるわけですが、多めに買って、全然診察に入らないと、間違った使い方をして、肌に負担になっていることもたまにあります。

あまり害のない化粧品でも、季節も変わるし、患者さんの肌も変わるし、また取説をちゃんと守っていたつもりが、いつのまにか、全然違った使い方に変わっていた、ということもあり、そうなると、たかが化粧品といえども、クリニック用の化粧品だから安心と思っておられるところも、落とし穴になって、しばらくお会いしないと(診察なしで、化粧品ばっかり買われている場合)、肌診て、ビックリ!!みたいに、なにした?!と仰天することもあるので、なんかアレ?おかしいな?という時は、必ず診察に入ることをお勧めします。

ただの保湿だけの化粧品で、トラブルがなんにもない、というのであれば、おそらく問題はないかと思いますが。。

そして、そして、2月のバレンタインキャンペーンの、オーレリーのお菓子は!!

大人気の、ショコラパリジェンヌです。

チョコレートブラウニーみたいで、もっと濃い、っていうか、生チョコケーキとブラウニーを足して2で割ったような、お菓子です。

私は、オーレリーのお菓子の中では、一番好きかも。。いや、イチゴのロールケーキも捨てがたい、いや、キャラメルエクレアも、ショートケーキも、いやいや、、とキリがないので止めます。

このショコラパリジェンヌ、他では売っていない、お味です。

これは、発送可能なはずですから、遠方の方も、ぜひどうぞ!チョコ好きには堪りません~♡

2月におススメの処置は、基本1月と同じです。

まあ、うちで扱っているどの処置も、どの季節でもおススメです。

ワキボトックスは夏前とか、そういう季節の人気モノというのは、確かにありますが、今は、あまり季節関係ないですね~。

注射系は、もうメンテナンスの領域ですから、季節関係ありませんが、ヒアル・レディエッセなどは、やっぱり、イベント前に、増える傾向ではあります。

2月は、独身の方は、バレンタインに向けて、ここ一番の踏ん張り時ですから、みなさん気合いが入って、注射系をされる方も多いです。

でも、注射系は、やるなら、お早目に!

デートの直前にやるのは、慣れている方はいいですが、初回です、というのは、避けたほうが私はいいと思います。心配の種を増やすだけでは?経過が気になるでしょ?

慣れていらっしゃる方は、計算して、何日前くらいには済ませておく、と決めておられる方もいらっしゃるし、定期的に受診しておられる方は、前もって相談されているので、いついつのイベントに向けて、いつごろからやったらいいかな・という具合に。

3月のイベントに間に合うように、と2月(の始めのほうで)に処置をされる方が多いです。

そしたら、3月は結構自然でいい感じになるから。

いかにも、やりました!って、誰が見てもわかるようなのは、ちょっと引きませんか。。?

まあ、ご本人がいいならいいんですが。。。

(でも、周りは、引いていると思いますよ。。

自分で、あれっ?!こんなはずでは。。?と思ったら、やっちゃった~!と告白してしまうほうが気が楽では?と思います。

言えない方もいらっしゃるでしょうが、周りは、きっとその人がいないところで、ウワサをしているはずですから、自分で言っちゃうほうが、真実を言えるからいいと思いますけどね。)

春の薄着に備えて、というのであれば、トゥルースカルプもAC BODYも人気ですが、そろそろ脱毛の季節でしょうか。。(季節はないんですけどね)

脱毛の予約が増えてきましたね。みなさん、春を気にされ始めましたかね。

なんでもそうですが、延々と悩んでいるなら、相談してしまうほうが早いですよ。

相談 = 当日処置!っていうわけではないので、そこは、話を聞いてゆっくり考えては?

とりあえず、まず、診察とカウンセですね。

どこで何をするにしても、なんの処置をされるのか、名前くらいは覚えておいて、調べてからやったほうがいいですよ。

いいことしか言わないクリニックは、猛烈に赤信号です。

そんないいことだけの治療は、あり得ませんから。

カウンセは、軽い気持ちでもいいんでしょうが、処置や手術は、慎重にね!

お待たせしました。

秋のおススメメニューです。

昨日、寝ぼけながら書いたのと、メニューの原本をクリニックに置いてきてしまい、うろ覚えで書いたので、変更が出るかもしれません。。。

変更と言っても、追加だと思いますけど。

(セット内容は、あっていたと思うんですけど。。う~ん。。。間違っていたら、すみません。)

寝ぼけていたので、保存だけして、アップにもなっていなかったことを、たった今、知りました。。。

重ね重ね、申し訳ありません。。。

 

さて、秋のおススメメニューです。

もう、乾燥の季節、本格的ですね。お盆くらいから、実は、季節は変わっているのです。

昼間、暑いからといって、夏と同じように考えていると、冷えと乾燥、ジワジワきてます。

早めから対処を始めないと、ただでさえ、夏に疲れた肌に、ますますダメージのおいうちですよ。

先週だったか、朝に、「おはよう朝日」で、野菜ソムリエの、その中でも、美容専門(?)野菜ソムリエ、とかいう方が出てきて、まだ暑い日が続くから、夏野菜を食べて、体を冷やそう!みたいな料理を紹介されていて、朝っぱから、「なんでやねん。。。」と一人ツッコんでいました。

 

夏の始めならともかく、なんで、この夏の終わりに、夏野菜で体、冷やすねん。。

「秋茄子は、嫁に食わすな」って、ことわざあるやろ。。。

(この意味は、秋茄子がおいしいから、嫁には食べさせない、という意地悪な意味ではなく、茄子は体を冷やしますから、冷えると、妊娠するのに良くないから、食べさせてはいけない、という意味です。)

体を冷やしたらいけない時期に入ったというのに、なんでこの人、女性の美容専門とか言うねん。。。

 

夏でも、女性は、体を冷やすな!というのが、私の持論です。

特に、妊娠を考えている方、妊娠をしたい方は、なおさらですよ~!!

不妊治療中の患者さんでも、ナマ脚だったりして、(皮膚とはあまり関係なくても)「ダメっ!」と注意します。

(婦人科の主治医は、そういうこと、注意しないのかしらん。。絶対、冷やさないほうがいいと思うんですけど。)

皮膚にとっても、全身の血行がいいにこしたことはありません。

 

夏野菜だけでなく、夏が旬の食べ物は、体を冷やす、冬が旬の食べ物は体を温める、と言われています。

昔のように、クーラーがなくて、スイカやそうめん、夏野菜を生で食べて、体の熱を取る、というのはありでしょうが、現在のように、ず~っとクーラーのかかっているところで過ごしていると、体の芯から冷えてしまって、なんかダルくて体調が悪い、ということになりやすくなります。

 

旬の野菜はおいしいし、栄養もたっぷりですから、旬の野菜は、どんどん摂ったらいいと思いますが

(特に、夏野菜のように、カラフルな色の濃い野菜は、フィトケミカルと言って、健康にもアンチエイジングにもとてもいいのです)

そのままだと、冷やすだけになってしまいますから、生姜や体を温めるスパイスと合わせるとか、それ以外は、温める料理・温かい飲み物・料理を食べるとか、食事の時には、温かいスープや味噌汁を飲んで、体の中から温めるようにするとか、冷房のところにいる時は、氷の入った飲み物はなるべく摂らないとか。

そういう工夫をしたほうがいいです。

熱中症対策はしないといけませんが、基本、女性は、体を冷やさない!

そういう本は、本屋さんにいけば、いくらでも売っていますよ!

特に、東洋医学は、男性も女性も、体を冷やさないのが基本です。

(男性は、暑がりの方が多いですが)

すみません、脱線しました。

秋のおススメメニューです。

乾燥がどんどん進みますし、夏のダメージも回復しないとね。

こういう時は、一番濃いのは、やはりイオン導入でしょう~。

化粧品を塗るよりも、電気の力で、普通なら入らない栄養素を、どんどん送ってもらいましょう!

美白・美肌のために、トラネキサム酸で、炎症を抑え、美白成分を送り込むか、プラセンタで、全ての栄養素の元を送り込むか。。

悩むところですね~。

もちろん、両方もありです。

おうちでホームケアしたい方には、ナビジョンのTAマスクもいいですね。

いきなり5枚セットを買うのは、ちょっと。。という方のために1枚のお試しがあります。

ストレスのかかった、敏感になっているお肌には、ナビジョンのTA(R)ローションとTAエッセンスのセットがおススメです。

なるべく、添加物を抑えた、敏感肌用の化粧品になっています。

 

そこまで、敏感にはなっていないんだけど、なんか調子が悪い、物足りない、もっと保湿や美肌成分が欲しい、という方には、やはりナビジョンのTAのWシリーズでしょう。

「W」というのは、トラネキサム酸が、倍入っているんです。なので、「W」!

そういう方には、TAのWシリーズ、ローション・エマルジョン・クリームのセットです

保湿さえできていれば、3つ全部塗る必要はなくて、好きなもので保湿すればよくて、はっきり言って、質さえよければ、なんでもいいんですが、このナビジョンのシリーズ、気持ちいいんですよね。

私は、夜もう眠くて、早く寝てしまいたい時には、いきなりクリームを顔中塗って、終わり、という日もあります。

(いきなり、エマルジョンのみ、という日もあります。)

時間がある時は、全部つけます。

だって、気持ちいいから~。

 

女性の肌って、ホルモンバランスなどで、日によって、乾燥具合や脂っぽさが違いますよね。

その日の過ごす環境によっても、脂と乾燥具合も変わりますよね。

確かに、3つセットで持っていると、その日の肌の調子によって、保湿の程度が選べるので、私は便利かな~、と思います。

やはり、油分が多いクリームのほうが、蒸発するにの時間がかかりますから、目の周りや口角横など、皮脂の少ないところは、乾燥ジワ対策として、塗ったほうがいいでしょう、特に大人は。

保湿ができていれば、次の対策、「シワ」ですね~。

秋・冬の定番と言えば、ナビジョンのHAフィルパッチで、ヒアルロン酸の補充をして、小さいシワをふっくらと膨らませる!

エラスチダームで、根本的なシワ対策をする!

うちの定番です。

新商品の「エラスチダーム アイセラム」。

先が、ステンレスのボールになっているので、ひんやりして気持ちいい~。

これが、ひんやりしているから、ああ、もう秋なんだな、と実感をよけいしてしまいます。

このボールで、力を入れて、押すのはダメですが、ス~っと塗るのって、気持ち良くて、はまってます。

「目の下のクマ」用に、と発売された気持ちがわかります。

何か効く気がする。。みたいなヤツです。

(こういう感じって、実は大切なんです。)

そして、秋は抜け毛の季節、本格派ですから、育毛・ヘアケアですね。

アトピコのシャンプーや無添加シリーズのヘアトリートメントは、市販でも売っていますが、ついでに、ちょっと試してみたい方用に、キャンペーンです。

(一番、頭皮と髪の毛にいいのは、私は、石けんシャンプーと専用リンスだと思っていますが、使いづらいという方のために。

私もアトピコ愛用です。)

いらん整髪料を使わないために、アトピコの椿オイルも、キャンペーンです。

この椿オイルは、肌用なので、無色透明で、よく売っている髪の毛用よりも、さらっとしていて、ニオイもしません。

家に1個あると、いざとなったら、メイク落としに使えます。アイメイクも。その場合は、必ず、無添加の純石けんで、洗顔してくださいね。かなり、ヌルヌルして、気持ち悪いでしょうが。。

 

私は、ホテルに泊まる時とか、純石けんを持っていくのがめんどくさい(カットしないといけないので)ので、よく忘れるんですが、そうなると、クレンジングを持たずに、泊まりにいってしまうわけです。

でも、椿オイルは、ヘアトリートメント代わりに、必ず持っていくので、椿オイルで、メイクをなじませて、ホテルについているボディソープ、もしくは、ハンドソープで、洗顔して終わりです。とても楽です。

よくホテルに、「女性専用キット」みたいに、、クレンジングとか化粧水や乳液がセットになっているのが、おいてあっても、使いません。

変な安物使うほうが、反って肌に悪い(特に、クレンジングは、普通のボディソープやハンドソープのほうが、おかしなものが入っていないと思います)し、洗うのは、ホントに、シンプル イズ べスト!です。

変な化粧品塗るくらいなら、ボディソープやハンドソープのほうが、まだマシでは。。?と思いますね。

ま、商品にもよりますけどね。

体も顔も、皮膚であることに変わりません。

石けんなんて、体に使うってことは、顔に、もちろん使っていいわけです。

(クリームとかは、目の周りに塗って、目の中に入っていいのか、という実験が、ボディ用ではされていませんから、体用のクリームを、顔に塗るのは、ダメですよ。)

育毛のサプリを、今回、キャンペーンで割引きです。

ロゲインとパントスチンは、医薬品なので、おススメメニューではありますが、割引き対象外とさせていただきました。

育毛も、何がいつ、どう効いてくるのかわかりませんから、髪の成長にいいというモノは、全部足し!です。

なので、パントガールに、ビオチン、亜鉛のセット割引きです。

ビオチン、亜鉛は、お肌にもおススメですから、髪も肌も気になる、という方は、どうぞ。

医療のおススメは、やはりライムライトを含んだ、シミ治療ですね。(肝斑もですよ)

まだ紫外線は強いですが、夏の間、しっかり頑張った方は、そろそろ、強いことができる時期開始でもあります。

症状にもよりますが、シミ治療には楽しい季節到来ですね。

 

そして、育毛メソセラピーを含んだ育毛メニューもです。

育毛は、時間がかかりますから、もう気になっている方は、お早目になにか始めましょう。

これ以上、抜け毛をひどくさせないためにも。

 

冷える季節にもなってきましたから、AC BODYで、筋肉増強と、冷えから来るむくみ対策にもうってつけです。

また、本格的に、寒くなると、動くのがイヤになりますから、今の間に、やるクセをつけておくと、筋肉がついている分、動きやすくなるので、お勧めです。

トゥルースカルプは、冷え症の方には、とてもいいです!

特に、ふとももやおしり・腰のセルライトをやっつけてくれますから、ダイエットをうまくいかせるためにも、いいと思います。

むくみもマシになりますしね。

 

最後に忘れちゃいけないのは、点滴・注射ですね。

脂肪燃焼を助けるためにも、Lカルニチン投入もありです。

夏ダメージ回復と言えば、定番は、ビタミンCを含んだ、美肌点滴、疲れの早め回復に、アリナミンを含んだニンニク注射ですが、

(もちろんプラセンタは、ド定番ですね。)

いろいろ組み合わせもできますから、よろしければどうぞ。

ただし、当日、いきなり言ってやる、というのは、無理と思ってください。

私一人でやってますから、準備も、言われてからでは、間に合いません。

その予約内容のものでしか、お時間は取っていませんから、ちょっと前でもいいので、お電話で問い合わせいただけると、ご用意できる場合もありますから、追加したい方は、必ず、前もって、おっしゃってくださいね。

(点滴・注射のカウンセが済んでいないと、電話追加は無理ですよ。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエット(部分痩せも全身痩せも含めて)をうまく効率良く進めていくために、ダイエットサプリ・点滴を再開することにしました。

 

開業の時に、点滴やサプリのメニューを決めるのに、エビデンス(論文なりで、ちゃんと効果・効能がある程度証明、あるいは評価の証拠のこと)のあるものを、取り扱かおうと思いました。

ビタミン剤やプラセンタはいいとして、一番問題に思ったのが、Lカルニチンでした。

 

サプリのCMとか、雑誌では、Lカルニチンはダイエットに必須!みたいに、当たり前みたいに載っていますよね。

確かに、脂肪の燃焼には、Lカルニチンが必ず使われるので、必要なんですが、「Lカルニチン(内服の)を摂取したことで、痩せた」という論文がないんです。

注射であれば、可能性が示唆される文献はあったんですが。。

やる価値あり、みたいな感じです。

もちろん、必要は必要なんですが、注射はいいとして、サプリね~、と思って、取扱いをしませんでした。

論文がない以上、なんか、自信を持って、患者さんに、「これ(サプリ)、いいですよ。ダイエットに効きますよ。」と言えないかな、と思いました。

それなら、食事(ラム肉や牛肉)で、Lカルニチンを摂ってもらうように言おう、と思って、注射(最初、「ダイエット点滴」と名前をつけてました。)だけ、取扱いました。

 

もちろん、点滴だけしたって、痩せません。

でも、HPのメニューの載せると、点滴希望の電話が入り、予約時にも、これだけで痩せるわけではないですよ、と言っているにも関わらず、点滴してほしい、と来院され、カウンセリングでも、「これだけで効くわけではないですよ」と説明しても、点滴を希望されます。

。。診察した上で、何も異常がなければ、用法用量を間違えなければ、まあ、大した副作用があるわけではないですから、これだけ説明してやりたいなら、やったらいいと思って、点滴をしてましたが、ホントにたま~に点滴だけして(他に何もせず)、痩せるわけないし、患者さんはわかっています、と言われますが、ホントにわかっているとは私は思えませんでした。

やったら気が済む、ってヤツなんですかね。。点滴だけなら、安いから。。?

 

「う~ん。。。」と思っていたので、在庫がなくなった時点で、点滴メニューから削除しました。

で、今回、藤本先生のご講演をお聴きして、やっぱり、再開しようと思いました。

特に、トゥルースカルプの効果をより良く発揮させるために。

 

AC BODYで筋肉を使わせるのはその時だけですが、トゥルースカルプは、3か月以上にわたって、脂肪細胞が死んでいきますから、その日クリニックに来た時だけ、点滴や注射をすれば終わり、というものではないと思いますので、サプリも飲んでいただいたほうがいいと思います。

私も、金曜日から飲み始めました。

(まだ、AC BODYは、週1回止まりですが。。うう。。)

もういい加減、ダイエット、ちゃんとやらないとね。

デカい服ばっかり、買っていないで。

食べるのは絶対に止めませんから、メリハリをなるべくつけるように。。

おいしいものを食べに行くときは、好きな物を好きなだけ食べる!

その分、普段は、節制する!(できる範囲で。。なるべく。。。のんびり。。)

3F(食欲抑制スプレー)も買ったんだから、ちゃんと使う!(最近、存在を忘れてました。。。)

話を戻しますね。

私の話はどうでもいいです。

基本、このセットは、トゥルースカルプやAC BODYをされる方専用です。

このサプリと点滴だけしたからって、これだけでは痩せません。

トゥルースカルプやAC BODYをしないのに、このセットで痩せようと思っている方は、ダイエット外来を受診してください。

それでも痩せるかどうかは、わかりませんけどね。

こういうサプリや点滴で痩せようと思っていらっしゃる方って、要は、他力本願ってことですよね?

部分痩せ・全身痩せを、他力本願でいくなら、サプリ・点滴だけでは無理ですよ。

脂肪自体を減らすトゥルースカルプ、運動代わりにもなり、内臓脂肪を減らし、インナーマッスルを鍛えるAC BODY、とが必要だと私は思います。

(食欲抑制剤ばっかり、ガンガン飲んだって、健康的には痩せませんよ。

食べ過ぎはもちろんダメですが、バランスの悪い食事は、筋肉を分解しては減らすだけです。体のラインもカッコ悪いし、老人みたいな体になるだけです。

食欲抑制剤の中には、本当に肝臓へかなりの悪影響を及ぼすものもあり、(もちろん、脳にも)かなり危険なものもあります。)

目指すのは、リバウンドしにくい、カッコ良い体!

モデルみたいに痩せる必要はないと、私は思うんですけど。

女性の体は、ある程度の脂肪が必要で、そのおかげで、女性らしい、柔らかい丸いラインが出ると思います。

まあ、この辺は、好みですけどね。

さて、このセットの料金ですが。。

すみません、Lカルニチンのサプリが、メチャクチャ高いっ!!

(サプリとは言っても、医薬品ですので、高いのです。。

市販で売っているサプリは、なんでもそうですが、医薬品とは、全然、吸収率も濃度も純度もなにもかもが違うのです。添加物の質もね。

やっすいサプリは、ホントに飲まないほうがマシですよ。体の負担に反ってなるだけですから。)

 

最初、値段を調べずに、発注してしまい、とりあえず自分が飲んでみようと、100個入りを頼んで、ついでに、500個入りを(取り寄せでした)お願いしました。

(100個入りで、こまめに発注をすれば良かったんですが。。。)

100個の請求書を見て、超~ビックリっ!!

500個入りの請求書を見るのが怖い。。。

(すぐさま、取り寄せをキャンセルさせていただきました。。100個入りで、こまめに発注させていただきます。取扱い代理店さん、すみません。。)

処置前に、吸収の良い点滴なり注射なりで、体の中にいれてしまうほうがいいので、注射とセットですが、それほど、うちに儲けがありません。

(注射をする手間暇代は、ほとんど入っていません)

患者さんのダイエットがうまくいくためのセットなので、患者さんサービスの一環みたいなものでしょうか。。

なので、トゥルスカもAC ODYもされない方は、料金も変えさせていただきます。

 

Lカルニチンを、一体どれだけ摂ったらいいのか、はっきり言って、わかりません。

普通の食事で、体に最低限必要な量というのは、摂れているらしい(?)です。

体内に存在はしているので。

ただ、その量に個人差があり、年齢とともに、減ってもいます。

食事からバランスよく摂る、というのが、こういう栄養素の場合基本ではあるんですが、Lカルニチンを摂ろうと思うと、ラム肉・牛肉がメインとなり、そんなものばかり、毎日毎日食べていたら、ちょっと食事は偏りすぎではないかしらん。。

お肉は大事ですが、豚肉も鳥肉も、もちろん魚も大豆も乳製品も、いろんな食材を食べる、というのがやはり理想です。

お肉ばっかり食べていたら、体臭も変わってくることが多いので、日本の女性は、気にされると思います。

 

なんでも、バランスよく、ですね。

ただ、それだけで、痩せるのは、難しいので、医療の力をどこまで借りるのか、です。

今、痩せている方は

(私の言う「痩せている」というのは、やや肥満~肥満ではない、という意味です。痩せているけど、部分痩せをしたい、という方は、痩せていると世間では言います。私の中では、BMI 22.5以下なんて、痩せていると思いますけどね~。20未満なんて、私からしたら、モデル体型ですよ。部分痩せすら必要ないと思いますが、痩せている方にはそれなりのお悩みもあり、(美意識が高いので)、それはそれで大変そうですね。。)

栄養失調なみの食事制限をされていない限り、基本、太るようなことをされていませんからね、現状維持でいいんでしょうが、せっかく、トゥルスカやAC BODYをされるなら、サプリ・点滴セットはホントにおススメです。

以前に、トゥルスカやAC BODYをされていて、最近はしていないけど、このセットが欲しいという患者さんは、何かの処置中に聞いて下さる分には、カウンセリング料は無料です。

ダイエットの基本を、もう知っていらっしゃるはずなので、確認のための簡単な話を、処置中にさせていただきます。

お値段も、¥15.750で結構です。

まだ、トゥルスカの脂肪破壊が効いている可能性もありますしね。

まあ、一度、お電話にてご確認ください。

 

 

 

 

新しい医療用サプリメントのご紹介です。

どちらも、去年だったか、もっと前だったか、とっくに発売されていて、うちが取扱いをしていなかっただけの代物です。

あまり興味がなかった言えば、なかったのかな。。まあ、なにか発注するついでがあれば、してもいいかな、というくらいのものでした。

今回、発注のついでがあったので、いよいよ発注しました。

まずは、「ヘリオケアウルトラD」のご紹介です。

こちらは、”飲む日焼け止め”として有名なサプリです。

シダから抽出したFernblockという成分が、「強力な抗酸化作用」「DNA保護作用」「免疫防御作用」「皮膚構造維持作用」を持っていて、それを摂取することで、その作用をもらうことができるんです。

まあ、簡単に言うと、飲んだら、紫外線の害からお肌(というか、全身)を守ってくれるわけです。

 

確かに、成分としては、いろいろ実証されているので、とてもいい商品だと思いますが、これを飲んだら、「日焼け止め塗らなくてもいいんですよね?」みたいな人が増えないかな~?と最初聞いた時に、考えました。

サプリメントとして、毎日飲んだって、まあいいんですが、私にしたって、ビタミン剤やらアスタキサンチンやらパントガールやら、今結構飲んでます。

そこに、さらに足すのかと思うと、ゲ=!と思ったのが正直な気持ち。。。サプリメントもキリがないですからね。。

 

私事ですが、今年の夏休みは南の島に久しぶりに行ってみたいな~と思っていて、久しぶりに全身に日焼け止めを塗るのか~、大変やな。。また背中や太もも塗り忘れて、シュノーケリングして、えらいことになったらイヤだな。。と(昔、南の島で、シュノーケリングに夢中になって、エライことになったことがあります。。顔は焼けなかったんですが。。)

考えた時、やっぱり服を着て隠さないと、広範囲は難しいですよね、一日中となると。しかも水着だと余計に大変です。

顔は忘れなくても、全身のうちのどっか、忘れちゃったり、めんどくさくなったりしますよね。

(体にレーザー治療をしているわけではないので、顔ほど徹底はしなくてもいいと思いますが、それでも南の島の紫外線はハンパない強さですから。)

 

そこで、ハタと思い出したのが、こちらの「ヘリオケア」です。

おお!そうだった!!

 

南の島の場合、ちゃんと塗れたとしても、真っ赤に日焼けすることは回避できたとしても、紫外線による皮膚へのダメージは、結構なものかと思います。

(紫外線は、細胞にダメージを与え、それを繰り返していると、皮膚癌になることがあります。紫外線は、ある程度は必要ですが、多量とか、強すぎるとかになると、命にも関わることがあるのです。)

もちろん、アネッサゴールドもたくさん持っていきますが、(ナビジョンも忘れずに)、塗るだけでは限界がありますからね。ラッシュガードや上着を着るにしても、着たくない時もある。

その分、ヘリオケアに助けてもらおう、という魂胆です。

皮膚への強すぎるダメージが心配ですもの。

 

誤解を生じていますが、他院のHPとか、ネットの個人輸入で、「これさえ飲めば、日焼け止めを塗る代わりになる」みたいに書いてあるので、そのまま信じている方がいらっしゃいます。

もちろん、間違いです。

ちゃんと日焼け止めを塗った上での、補助ですよ。

 

どうしても合う日焼け止めが見つからないという方は、塗れる日焼け止めがないから、そういう時に、これだけでもせめて飲んでおくと、マシだとは思いますが、ちゃんと塗れる方は塗らないとダメです。

ホントのアトピーの方とかね。(自称ではなく。)バリア機能が破壊していて、いわゆる化粧品全般、難しい方とか。

そういう方は、やっぱり界面活性剤の入ったものがなかなか合わず、本当に合う日焼け止めが見つからないことがあります。

特に、SPF50+とかウォータープルーフとなると、なかなか見つかりませんよね。

(「何を付けても合わないんです。合う日焼け止めが見つからない」という患者さんがたまに来られますが、どういう日焼け止めが合わなかったんですか?とお聞きすると、ろくでもないモノばかり使っていて、質が悪いとか、TPOが間違っているとか。。。そりゃ、誰だって、お肌ボロボロになりますよ。。「なにをつけても」と言われるわりに、試したのはたったの3つ(しかも全て外資系とか安物とか。)だけとか。。。世の中の日焼け止めを全て全否定される割に、ちゃんとしたものは一度も使ったことがなく。。あーあー。。。

ちゃんとしたものを試しましょうよ。市販でも、もっとマシなものだって売っているし。。。)

 

日焼け止めを塗らなくて済ますために飲むんではなくて、ちょっとでも南の島の強い紫外線の害から守るために、飲んでいただくのもアリかな、と思って、仕入れました。

急激に強い紫外線を浴びると、肌への負担も大概ですかね。徐々に慣らす時間もないこともあるでしょうし。

 

日焼けする30分前には飲んでもらって、1回1カプセルで4時間効くそうです。

一瓶に30カプセル入っていますから、南の島だけでは、余りますよね~。

毎日飲みたい方は、飲んでもらってOKです。

もちろん、南の島だけでなく、今からの季節のアウトドアとか、ガーデニングとかで飲んでOKです。

 

あくまで、補助ですから、過信しすぎないでくださいね。

ちなみに、この「D」と入っているのは、ビタミンDのことらしいです。紫外線をカットするからでしょうね。

(紫外線にあたると、皮膚でビタミンDが作られます。全然紫外線にあたらないと、ビタミンDが全然作られないんです。

でも、天日干ししたものを摂取することで十分摂れますし、日陰で15分もいたら十分です。

実際、顔は結構塗り直ししても、首や手や腕。デコルテや脚、頭など、無防備でしょ?

顔ほど塗り直しを普段はしませんよね?そこから紫外線は入っていますから、それで十分です。

だから、おかしなオバサンみたいに、全身黒づくめの、手袋・長袖・長ズボン・帽子(変なサンバイザー)・日傘・サングラス・首にはストール・マスクなどなど、の暑苦しい格好をしなくてもいいんですよ。

ただの笑い者になるだけです。またこういう人に限って、めんどくさいと言って、日焼け止めは塗っていないんですよね。笑っちゃいます。誰か教えてあげないと!

(うちに来られた場合、私から、ものすごいツッコミが入ります。ダウンタウンの浜ちゃんも顔負けです。)

隙間から紫外線入ってますけど、と突っ込みたくなりますね。みなさんもツッコんであげてくださいね。白いマスクも紫外線通しているし、勘違いも甚だしい。。

黒が熱吸収して、熱射病になりませんかね。

見た目にも涼しく、オシャレに紫外線カットすることを心がけたいものですね。

本当に塗れないのであれば、こんなおかしな恰好しなくても、一緒に他の方法を考えましょう。環境とTPOに合わせて。後指刺されないようなやり方で。

残念ながら、皮膚の特殊な病気で紫外線を避ける、というか絶対ダメ!と言われている方は、やはりあまり外に出ないように、室内でも遮光カーテンを引いて暮すしかないことがあります。外出は夜のみ、みたいな。特殊な病気の場合です。)

 

時間が無くなったので、「3F(スリーエフ)」のご紹介は次回へ。

 

ちなみに、ネットで個人輸入で、こういうクリニック用サプリを購入するのは、なんでもそうdすが、止めたほうがいいですよ。

大概、偽物です。

個人輸入というのは、自己責任で購入するものですから、取扱い代理店に文句言ったところで、素人が確認する方法もないですし、純製品と思って、飲んでいて、損をするのは自分です。

安すぎるのもおかしいけど、高いから、本物ってわけでもないので、正規ルート以外で買うリスク、ということをちゃんと考えたほうがいいですよ。

先日も、「ドクターシーラボ」の偽物が出回っていると報道があったとこですよね。

今の時代、売れるなら、なんでもすぐに偽物が出てくる時代です。

正規ルート以外では買わない、というのが、唯一、そうことに関わらなくて済ます方法です。

おかしなところには近寄らない!

(ここで言う、正規ルートというのは、ちゃんとしたクリニックを受診して、(受診ですよ、受診!ネットで買うのではなく。)、直接、対面で販売してもらうことです。

うちの「ヘリオケアウルトラD」の値段は、ちょっと安めにしました。(一瓶¥4.200)

これは、いつも来ていただいている患者さんが、欲しい時に気軽に買えるためです。おかしなものをネットで買わなくて済むように。

なので、それほどうちに利益は出ませんけど、赤字にはなりません。だから、お気になさらず。私が試してみたかったついで、と思っていただけたら。

初診の方で欲しいなら、このためだけに受診したいなら、サプリメント相談という初診料になります。¥10.500です。サプリ代別途要です。ご注意を。処置中に相談して購入する分には、サプリ代のみですが。)

私ら、美容医療業界であっても、怪しい取扱い代理店と、学会でも有名な代理店とがあって、ちゃんとしたところからしか、うちは仕入れません。

何が入っているのかわかりませんからね。クリニックに卸すとなっても、偽物の可能性もあります。

利益優先のところは、どこから仕入れているのかも怪しいですからね、ちゃんとHPで、怪しくないかどうか、金儲け主義かどうか、見極めてください。

そういう見極めができないのであれば、もうそれは自己責任です。

(HPみたら、あやしいかどうか、ってわかると思います。いくつか見てみてください。何につけても、都合のいいことしか書いていない、副作用とかデメリットを書いていないHPは、まずダメですよ。)

 

 

 

 

 

 

例えば、資生堂のナビジョンやクリニック限定の化粧品、クリニック専用のサプリメント(医薬品ではなく)。

こういうものって、クリニックに来て、診察・カウンセリングを受けてから、購入するものです。

ただ、法律的な規制はないはず。。

クリニック専用化粧品の場合は、それを販売しているメーカーとの契約でしょうし、ちゃんとした契約書に、院内での対面販売で、という文面があれば、別ですが、そういう契約でなければ、どう売ろうが、そこのクリニックの勝手です。

また、クリニック専用サプリメントは、医薬品と違い、医師個人の責任において販売するものであって、これまた勝手です。

でも、そういうものを、診察もせずに売っている、というのは、患者さんにとっては、一見便利なようですが、じゃあ、最初からネットで、そのメーカーも売っていればいいわけで、おかしいですよね?

クリニック専用とすることで、他の化粧品やサプリメントとは違う、という差別化をして、ブランド力を高める、という狙いももちろん、メーカー側にはあるでしょうが、ホントに、素人の方が好き勝手に、購入して、飲んだり、塗ったりして、副作用が出るものもあるので注意がいるわけです。

また、副作用というほどのことはなくても、適応のある方、というのがありますが、誰でもいいわではなくて、患者さんが自分に絶対合う、と思っていても、全然違う、ということはよくある話で、専門の医師から、客観的に診てもらって使う、というのが、いいわけです。

せっかくのお金と時間を使うわけですから。

例えば、アスタキサンチンで有名な、アスタリール®やアスタリズム®は、クリニック専用です。

松田聖子さんが宣伝している、誰でも買えるアスタリフト®とは、全然ものが違うわけです。

よく電話で聞かれるのが、「遠方なので、送ってください。」です。

お金の支払いをどうするのか、パっキングに手間暇かかる、という問題もありますが、正しく理解して、アスタキサンチンを使うのか、というのが一番大切なんです。

たまに、新患の方で、「これって(アスタリール®やアスタキサンチン®)、シミ(シワ)が消えるんですよね?」ということを聞かれます。

「れ、塗ったら、日焼け止め塗らなくていいんですか?」とか。。。

。。。そんなわけ、ないでしょう。どこで、そんな間違った知識を仕入れてきたのか、私には謎ですが。。

アスタキサンチンは、ものすごい抗酸化力がありますから、確かに、続けることで、お肌や体を、活性酸素の害から守ってくれて、その結果、シミが薄くなったり、シワがマシになることはあります。

大きな意味言えば、ウソではないです。。ただ、患者さんの期待している意味とは、違うはずです。

また、正しく理解していても、日焼け止めも塗らずに、アスタキサンチンを摂取しても、意味ないでしょう。

うちで購入される患者さんには、そういったことを説明の上、お渡ししています。

副作用や害は、ほぼないと思っていただいていいですが、違った意識で使っても、お金、もったいないでしょ?

効率よく、効くための、説明をさせていただいているわけです。

クリニック用の化粧品にしても、ピーリング系とかレチノール系の場合、患者さんの肌を診て、おススメしない場合もあります。

それでも勝手に買っていく、というのであれば、もうほんとに勝手にされたらいいですが、それで合わなかろうか、かぶれようが、私は知りませんし、責任持ちませんよ。勧めていないんだから。

また、そういう時のかぶれや副作用に限って、治るのに時間もお金もかかるんですよね~。(自業自得ですが。。)

ナビジョンの化粧品にしても、今、うちの保湿化粧品は、ナビジョンにしてますし、大概、ナビジョンの製品は取り扱っていますが、私の考え方にそぐわないもの(必要ないと思うもの、お肌への負担が気になるものなど)は、置いていませんので、売っていません。

ナビジョンだから、何でもあり、にしているわけではありません。

また、取り扱っているものすべてが、どの患者さんにも合うわけではありません。

だって、肌が違うんだから。

クリニックによったら、一度診察して、購入したことがある患者さんが、ネットでログインして同じものなら買える、とか、診察歴のある方なら買えるとか、切れた場合のみ、電話で送ってあげる、というところもあるでしょう。

(うちではやっていませんが。だから、遠方の方は、合うとわかっているものは、買いだめされます。特に、キャンペーンの時とかに。)

でも、診察したこともない人が、誰でも買えるし、売りまくり、って、やっぱりおかしいでしょう。

(で、今、業界では、そういうクリニックが問題になっています。)

ちょっと前までは、あやしい摘発すれすれの業者がしていたようなことを、クリニックがする時代になってしまったんですね。。スゴイ時代です。。もはや、常識破壊ですね。

医師個人の責任でやるなら、何をしてもいいのかもしれませんが、こんなことにまで、性善説は通じなくなってしまったんですね。。

市販の化粧品でかぶれた、とか、薬が合わなかった、というのであれば、普通の保険の診察ですが、ネットで、他のクリニックで購入して、その後の面倒(診察とか、何かあった時の相談とか)を診てくれ、というのは、はっきり言って、お断りです。

もし、ご希望されるなら、セカンドオピニオン診察料金として、¥10.500いただきます。

そういう診察も含めての責任を持って、クリニック用の化粧品やサプリは販売をするものですし、またその義務があると私は思います。

(まあ、当たり前のことですよね。)

どうして、そういうことをするクリニックが出てくるのか。

(私の知る限り、数軒でしょうか。)

そりゃ、儲かるからでしょう~。

診察もせず、ネットで、日本中(世界中?)から、患者でもない人まで買ってくれたら、医者である自分は寝ててもいいわけで、そりゃ、ラクですよね~。

かぶれたところで、知らんぷりでしょうし、本院まで診察に来てください、で終わりでしょう。

(遠くていけないから、ネットで購入している人が大半でしょう。)

化粧品でもサプリでもそうですが、人気のものは、必ず偽物が出てきます。

特に、海外からの個人輸入の医薬品や化粧品などの大半が偽物なのは有名な話で、本物だとしても、劣化しているものや使用期限が終わっている、あるいは終わりかけの、不良品であったり、品質保証なんて、ないわけです。

うちでは、海外からの個人輸入の医薬品・化粧品・サプリはすべて、業界の代理店の中の、トップブランドの会社から仕入れていいます。

(手数料が高い、ということです。)

あやしい業者から、しょっちゅう、FAXで、安売りのチラシのようなものが送られてきますが、絶対かかわりません。

品質劣化や偽物の可能性があるからです。

それは、国内のクリニック専用化粧品にしても同じです。

偽物のこともあるでしょう。

また、そういう、普通のクリニックは常識でもって、やらないようなネット販売を、儲かるから、という理由でしているクリニックが販売しているものなんて、本物であったとしても、品質なんて、ちゃんと管理しているかわかりません。

高温多湿の倉庫でほったらかしでも、古いのが混じっていようと、そんなことまで、ちゃんと管理してるわけない、と私は思います。

そういう管理をちゃんとすると、経費がかかりますからね。儲け優先ではできません。

また、ネット販売までするとなると、ものすごい在庫をかかえますから、必ず、在庫を置く倉庫(場所)が必要になってくるわけです。場所代もかかるわけで。。。

そんなちゃんとやっていますかね。。。やっていると思います?やってたしても、ドクターはノータッチじゃないですか?

(そんな大量の在庫管理、まして医薬品でもないのに、医者が直接管理するわけありません。医薬品は、医者が管理する義務があるので、普段はスタッフが在庫を管理していたとしても、管理責任は医者にありますから、自分もチェックしておかないといけないわけです。何かあったら、責任が問われます。)

ネットで買われたクリニック専用化粧品を使っていた患者さんがいらっしゃって、かぶれたというか、合わなかったそうです。

その商品の成分そのものがホントに合わないのか、商品自体が劣化していたのか、あるいは、偽物なのか。。。まあ、判断はつきません。

確認するには、ちゃんとしたクリニックで、再度購入して試してみるかですが、成分そのものが合わなかった場合、また、合わないものを買ってしまうことになります。

お金も時間も無駄ですね。

せめて、テスターが使える場合は、使ってから買わないとね。(ナビジョンにしても、テスターを置いていないクリニックもあるでしょうが。)

ネットは、何でもそうですが、試すことはできませんからね。

私が、ブログで、医療用サプリや化粧品のことをおススメしたからといって、正規ルートでないところで買われたところで、ホントの私の言うところの効果は出ませんよ。

私の診察と診断のもとに、その方に合うものを勧めているわけで。

誰にでも合うもの、副作用のほとんどないもの、というのも、医療用とはいっても、もちろんありますが、プラセボ効果というか、相乗効果というか、カウンセを受けたことで、必要な持っていい期待と、必要以上の期待はしない、ということができるわけです。

だから、正しく使えた場合、よりいい感じに、みなさん感じるわけです。

まあ、受け取り方ですけどね。

サプリにしろ、化粧品にしろ、すぐに効果が出たり、目で見えて効果がわかる、ということは少ないので、続けることが前提なわけです。

続けていくには、ある程度の情熱とやる気が必要で、それを維持させるのを手助けするのが、診察であり、カウンセであると思います。

正規ルートのクリニックで買ったとしても、「おススメです~!」と言うだけで、営業しかかけないクリニックもあるでしょうけどね。

それなら、ネットで買うのと、なんら変わらないかもしれませんが、少なくとも、かぶれたり、何かあったら、そこに言えるわけだし、一応診てももらえるわけです(多分)。使い方も、(一応)気軽に聞けるでしょうしね。

(買わなくていいものまで、買わされる、というデメリットはあるかもしれませんが。。。)

もちろん、今、メーカー側でも、そういうクリニックは問題視しているでしょう。

メーカーも、なによりブランド力低下を恐れますし、わけわからん人が勝手に使って、「あの商品はダメだ」なんて、判断されたら、たまりませんからね。あんた、勝手に使ったんでしょ?!そもそも、合っているって、診断もされていないでしょ?!ていう感じでしょう~。

そのうち、ネット販売できなくなる商品が出てくると思います。

こういうことを野放しにしているメーカーは、それはそれで、ダメですね。そういうメーカーの商品は、いずれ私もあまり取引はしていかないと思います。

医療でも、もちろん利益も大事ですが、医療用の製品を販売しているメーカー側が、安全性や効果を求めず、利益優先で走ったら、いかに美容と言えども、いかんでしょう。

そういうメーカーの商品って、どこまで信じていいのかわかりませんからね。

海外からの個人輸入に関しては、仕入れメーカーもどうすることはできません。医薬品でなければ、規制もないので、続いていくんでしょうが、買った人自身が、一番、時間とお金を無駄にするだけで、効果が出ればラッキーでしょうし、ロシアンルーレットですかね。

まあ、そういうのがいい、という方は、うちに来ないで、そのままネットで買い続けてください。私には関係ないので。

止めときと言っても止めないのも、その人の人生です。

そこに、私を巻き込むなら、うちの患者さんの時間を奪うわけですから、それなりの診察料をいただきますので、ご了承ください。

診察したところで、止めとけば?と言うだけですけどね。一度、診察して、止めるように言っても止めない方は、診察はお断りさせていただきますので、それもご了承ください。

最近、ビタミンDって、どうなんですか?と数人の患者さんに聞かれました。

TVかなんかで、やりましたかね。

 

ビタミンDは、去年にあった、いくつかの学会や研究会でも、(一部の)ガン予防やアンチエイジングに効果あり、との発表があり、どのビタミン剤もそうですが、体にはいいと思います。

ただ、ビタミンDの過剰摂取は、ダメですけれどね。

取りすぎても、吸収されずに、おしっことかで出てしまうビタミンと、ずっと体の中に蓄積していくものと、種類によって違いますからね。

なんでも、どんどん取れば、いい、というものではないです。

 

確かにいいんですが、こういうビタミン剤にしろ、サプリにしろ、どこまで飲むか、なんですね。

 

うちで取扱いのある、医療用サプリは、何かしら、ある程度の効果が実証されているものだけを、取り扱っています。なんでもかんでも、取り扱ったら、飲むにしたって、キリないですからね。

 

学会で、発表を聴いた時に、私はまだいいや、と思ったのが、正直な気持ちです。

今ね、これ以上、もうサプリを増やしたくないというか。。。

今、飲んでるだけでも、まず、アスタリール®(アスタキサンチン)、ラエンネック®(プラセンタ)、パントガール®(育毛サプリ)、ビタミンB群 ビタミンB12 ビタミンC ビタミンE ビオチン(ビタミンH) コエンザイムQ10  亜鉛 アリナミン です。たまに、EPAも飲みます。

その日の体調によっても、飲む量や、めんどくさい時は、飲まないのもあったり、日によって違いますが、まあ、結構な量です。種類も。

ここに、さらに、ビタミンDを足すのは、今は、めんどくさいし、まだいいや~、っていう感じです。

 

飲みたい方は、もちろん飲まれたらいいですが、私が飲んでるサプリに比べて、そこまでビタミンDだけが、特別に優れているわけではないので、サプリを飲む時に、大切なことは、サプリに、何を求めているのか、です。

たくさんある中から、いくつか選んでいくわけですから、どれかひとつ、と思っていらっしゃる場合、多くの中から、いきなりビタミンDを選ばれると、????とは思いますけど。。。

 

女性は、閉経後、骨がもろくなります。骨粗鬆症という病気になりやすくなるわけです。

日本の女性の平均閉経年齢が、50歳と言われているそうで、私は去年の人間ドッグで、骨量を測ってもらいましたが、正常でした。

閉経したら、あるいは、骨量が減ってきたら、私は飲もうかな、と思ってます。

もちろん、患者さんで、閉経後、気になる、という方が何人か出てこられたら、入荷を考えますが、閉経後骨粗鬆症は、ちゃんと保険が通りますから、美容クリニックで、自費でサプリを購入しなくても、ちゃんと病院で(診断されれば)もらえます。

閉経後、あるいは、骨のもろさや量が気になる方は、病院で調べてもらって、異常があれば、病院で薬として、もらってください。それが一番です。

 

若い方の場合、総合ビタミン剤とかで取られてもいいと思いますが、サプリはあくまで健康補助食品なので、例え医療用のビタミン剤を摂ったとしても、それだけで、体の栄養がすべて賄えるわけではありません。

基本は、普段の食事です。バランスよく、まんべんなく、食べる、ということです。そのうえで、摂りにくい成分を、サプリにちょこっと助けてもらう、というスタンスでないと、飲んだサプリ全部が吸収しているわけではないですから、サプリに頼りすぎる方が、たまにいらっしゃいますが、あくまで薬ではないので、(薬くらい効果があったとしても)、そういう考え方は、私は危険だと思います。

なので、サプリに、過大な期待を持ちすぎている方の場合は、処方をお断りすることもありますが。まあ、そんな害のあるサプリは置いていませんから、どうしても買う!というなら、止めはしませんが、過大な期待に応えるものでは全くありませんが、いいんですね?と念を押します。それでもいいなら、出します、というスタンスです。

サプリって、あくまで、補助ですからね。

これだけ飲んだら済む、というものではないのです。他力本願で済むものなんて、世の中、ほとんどありませんから。

 

 

はっきり言って、サプリやイオン導入に、そこまでの効果や効能というのはありません。

最近、サプリやイオン導入に、過大な期待をして、カウンセ・処置(処方)希望という方が、何人か続いていて、「???」の連続です。

何のために、それがしたいのか(飲みたいのか)、その目的を聞くと、少なくも、その目的のためなら、サプリやイオン導入は、第一選択肢ではないですよ、むしろ、下から数えるほうが早い、いや、一番最後に、お金に余裕があるなら、追加されては?というくらいのものであるのに、どこで、そんな勘違いをしてきたのか、そんな思ってるようは効果を期待するのは止めておいてください、ということが続いています。

どうしてなんでしょう。。。謎です。

雑誌やTVで、また煽ったんでしょうか。それとも、どっかの美容クリニックが、すっごく効果があるように、宣伝していたんでしょうか。。。

 

どちらも、あくまでも、本来の(第一選択であるはずの)治療をしていて、それの補助する役割に過ぎません。

所詮、医療用とは言っても、サプリはサプリだし、イオン導入はイオン導入なんです。

サプリは薬じゃないし、(だから、副作用もほとんどないし、長期間、あるいは一生、飲めるんですが)、イオン導入は、光・レーザー治療と、全く治療目的というか、治療の中においての役割が全く違うというか。。。もう、どっから突っ込んでいいのか。。。

 

そういうことを分かった上で、サプリ大好きで、どんどん日常生活に取り入れるというのは、全然構わないですし、むしろ、アンチエイジングや美肌を志すものとしては、基本中の基本、と言ってもいいくらいの、当たり前のことかもしれません。

私からしたら、「サプリを飲んでる日常」というのは、とても当たり前のことで、飲んでいないから悪いとかいうものではなく、日常生活の中の、個人の好みによるものですが、自分も含めて、当たり前にしている人たちがいる、というのものです。「食品添加物は、あまり摂らないようにしています」という感覚と似ていると思います。

 

薬ではありませんから、飲んだからと言って、何日で効いてくる、とか、これだけの効果が期待できる、というわけでは全くなく、もともと、サプリは、「健康補助食品」であり、健康をサポートしてくれるものです。

 

医療用のサプリの中でも、たとえば、ヒトプラセンタ(ラエンネックP.O.®)とか、パントガール®(女性の頭髪の育毛用サプリ)やアスタリール®(富士化学工業のアスタキサンチンのサプリです。他のメーカーのものではいけません。)などは、かなり特殊です。

特に、頭の毛の育毛の女性用なんて、他に飲んでもらう薬もhとんどありませんし、パントガール®は、確かに、世界初の女性用育毛サプリとなります。

こういう場合は、パントガール®は、治療の中でも、第一選択肢に入ってきます。

(ただし、育毛は、あくまで、年齢の変化で生じる、薄毛対策であって、病気で脱毛になった・薄毛になった場合は、もちろん第一選択ではありません。まず、薬です。)

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)は、現在治療薬がなく、患者さん(現場の医師も含めて)は大変困っていると聞きましたが、アスタリール®は、効果が実証されているらしく、(どこまで改善するのかは、ちゃんと聞きませんでしたが)飲む価値はかなりあるようです。

プラセンタの内服も、更年期障害で、ホントはホルモン療法をやりたいけど、理由があって投与できない時に、けっこういい、という発表をされているのを学会で聴きました。わりと良い結果を出しておられ、副作用もないに近いわけですから、飲むのはとてもいいと思います。

 

ただ、これらの例は、かなり特殊で、たとえば、ニキビや吹き出ものの治療の第一選択肢は、医療において、サプリではないわけです。

(皮膚科では、「吹き出もの」という、病気はありません。世間一般の人が、勝手に、ニキビや湿疹や皮膚炎のことを「吹き出もの」と呼んでるだけです。50代でも、ニキビは出ます。)

 

第一選択肢は、まず診断と、その症状の程度を判断して、薬や、何らかの処置をしていくわけなので、まずそのもの自身を診ないと、なにも始りません。

(またこういう過信している方に限って、診察時には、その肝心のニキビや吹き出ものは出ていないわけです。診断もつけられませんから、対処もできません。)

 

ニキビや湿疹・皮膚炎で、サプリ(ビタミン剤も含めて)を勧めるのは、私は、最後のほうです。(なにをどうしたいのか、で、サプリが上位に来ることもありますが、ちょっと特殊な例です。個人個人によっても、違います。)

 

なぜ優先順位が最後のほうかというと、コストパフォーマンスが悪いから。

その割に、当分の間、ずっと続けていくわけですから、なんやかやで維持にお金がかかるわけです。

「サプリ1カ月分」単独で見れば、すごい高いものではありませんが、あまり効果の優先順位の低いものに、どれだけお金がかけられますか?という話なわけです。

だから、お金に余裕のある方は、そりゃ飲んだほうがいいと思いますし、治療のサポートはしてくれるでしょうが、何割くらい助けてるのか、どくれらい、足すことで改善したのか、なんて、わからないわけです。

まして、美肌目的で使う医療用のサプリなんて、うちで扱ってるだけでも、何種類もあるのに、どこまで手を出しますか?という話です。

 

美肌の基本のサプリと言えば、まずビタミン剤は各種押さえるというのがセオリーでしょうし、それもどこまで手を出すのか。。。

ビタミンB・C・Eに始って、ビタミンBも細かく分かれてきます。そこに、コエンザイムQ10(ビタミンQと呼ばれてます)やビタミンH(ビオチン)や亜鉛、などなど。。。毎月かなりのお金がかかります。

 

すっごい効くわけでもないものに、ひと月の予算が限られてるとしたら、あなたはどこまで投資しますか?

とりあえず、ビタミンB・C・Eの基本を押さえますか?でも、これって、スタートであって、終わりじゃあないですよ。サプリなんてね、キリないんですよ。しかも、維持費は、地味なようで、結構かかります。

 

サプリは、食べ物と同じで、どこまで贅沢に、足していくか、です。飲んでる方からしたら、基本ですが、治療だ!と思っては、ほとんど飲んでいないと思います。食事を摂る感覚と同じです。体にいい栄養を、ついでに効率よく足しておこう、という感覚です。

 

サプリを飲んでいないから、ひどくなったんだ、飲んでいたら予防ができる、なんて、過信しすぎてる方は、かなり危ないと私は思います。あやしい水を、「神の水」とか言って買わせる新興宗教と同じです。

もう一度言いますが、サプリは所詮サプリです。それだけ飲んだから、どうこう、そんな言えるものではありません。

特殊な場合を除き、まずやらなきゃいけない治療や日常生活の改善があるのに、それにはフタをして、無視して、サプリにだけ頼る、というのは、本末転倒で、そんなことをしていたら、おかしな人に身ぐるみはがされるだけなんですけどね。。。

根本的な治療の方向性が間違っているというか、ずれてるというか、次元が違うというか、少なくとも、私とは、考え方が違います。

(だから、話は、いつまでたっても並行線というか、混じることはありません。物別れに終わります。

サプリで、そこまで害のあるもは、取り扱っていませんから、それでも欲しいと言われるなら、出しますけど、過大な期待は止めて置いて下さい、と釘を指します。

私の考える「キレイ」と、彼女たちの「キレイ」は、違うんでしょう。相入れません。優先順位の低い治療(治療と呼ぶのかすら、わかりませんが)を、最初から選ぶ、という、考え方、説明を聞いてもなおかつ、まだ選ぼうとする思い込み、かなり危ないと私は思います。)

 

どうして、サプリ崇拝者(サプリ好きレベルではなく、崇拝です)みたいな人が、うちに相談にくるのか、よくわからない今日この頃です。

(また、こういう人に限って、最初に、「わからないから、先生のお薦めを」と言っておいて、人のアドバイスは、全く無視で、全然関係ないサプリを欲しいと言いだします。

「わからないから、お薦めを」と言っておいて、もう最初から、「このサプリを買う」と決めているわけです。

なんで、その悩みで、そのサプリなわけ??みたいな感じです。何がしたいのか、よくわかりません。。それなら、最初から正直に、「このサプリが気になる」と言われれば、また話は全然違ってくるわけですが、そういうのを恥ずかしいと思っているのか、私には、ホントに理解できません。

たかがサプリですから、飲みたかったら、飲んだらいいんですよ。

ただ、それなら、「ひと月の予算が決まってるから、買えない」と言いつつ、「?」のサプリを欲しがるのは、止めたほうがいいと思います。それこそ、無駄使いです。

体に影響がないなら、どうしても買うというなら、売りますが、うちで買わなくてもいいんじゃない?というのが正直な気持ちです。「?」と思っている商品は、サプリであれ化粧品であれ、私は売りたくないですね。

サプリ専門みたいな、サロン?クリニック?が、おそらくどこかに(京都でもあるかな?東京だと、絶対あるんですが。)あると思うんですが、サプリ崇拝者の方は、そういうところに行ったほうがいいです。

私は、サプリは好きだし、かなりの種類を飲んでいますが、崇拝者ではありませんし、依存もしていません。食べ物と同じで、健康と肌のために、ただ、続けられるなら続けたいな、と思って、飲んでるだけです。

ただし、お金が続くなら、です。お金がない時に、サプリにお金は回しません。まあ、その時に何が気になっているか、にもよりますが。。限られた予算であれば、確実に効くものに、お金を回します。

 

女性に多いんですが、(すみません、独断と偏見です)、「相談に乗ってほしいんだけど、これこれ、どう思う?」と言われて、自分の意見を言ったら、「私は違うと思う!」と言われた経験ないですか?相談に乗ってほしいんではなくて、ただ、愚痴を聞いたり、そのまま自分が思っていたことを肯定してほしいだけなんですよね。その人のためを思って、反対意見を言ったところで、逆に、「冷たい」とか「ひどい」と言われたことってないですか?じゃあ、聞くなよって話ですよね。

男性だと、「相談」は会議であり、お互いの意見の交換であり、理詰めなわけで、女性だと、感情論であり、正しいかどうかなんて、関係ないわけで、自分ととにかく可哀そうに、と受け止めてくれれば、それでよくて、正解を求めてるわけではない、というのを聞いたことがあります。

 

すみませんが、私には、そういう回りくどいのはわからないので、欲しいなら、これが欲しい、とはっきり言ってもらったほうが助かります。はっきり言ってくれれば、その人に、(私から診た)お薦めなのかどうか、をお答えしますので。同じ意見なら、買って下さい。でも、反対なら、違うところで買ったほうがいいと思います。

 

それだけサプリも信じて飲めば、サプリもさぞ、本望でしょう。そして、プラセボ効果で、本領以上の効果を発揮するかもしれませんが、そんなの一時的で、長く続けると、プラセボの魔法は消えてしまうわけです。お金と一緒に。。。

 

日焼け止めの塗り直しもしていない人が、「シミを薄くするサプリ・シミを消すサプリ」なんて、飲んだって効かないし、また、そんなサプリ、ありません。

体のために、ビタミンCを飲む、というなら、反対しませんが、日焼け止めも塗る気もない人が、「ビタミンCで、シミを減らしたい」と言われても、意味ないですよ、ときっぱり言います。

(日焼け止め塗り直し推進委員会(今、勝手に作りました。肝斑撲滅推進委員会も勝手に作ってます)の委員長の私に向かって、日焼け止めを塗らないで、シミを消せ、薄くしろ、とは~。これだけ、ブログで書いても、まだ、私の活動が足りませんかね?!だから、日焼け止めの塗るつもりがない(過去は仕方ないとして、今後も)人が、うちに来てしまうんでしょうか。。?)

 

他力本願なんて、サプリに一番求めてはいけないことです。薬じゃないんだから。

薬にしたって、どんなに強い抗生物質を飲んだところで、本人の免疫力が弱かったら、効かないわけです。本人の免疫力をあくまで手助けして、サポートしてくれるものなんです。

 

サプリを初めとした、化学薬品すべてが嫌いな方というのも、いらっしゃって、そういう方は、食事重視されますが、食事だけで栄養素を摂ろうとされます。サプリにも添加物が含まれているし、自然のものだけで作られているわけではないことも多いので、サプリ反対派の科学者も実際、おられます。ただ、食事だけで、その成分を摂るのには限界があるので、私は、ちゃんとそのサプリの効果・効能・限界を分かった上で、摂ることは、とてもいいことだと信じています。

全く期待するな、となると、じゃあ、どうして飲むの?となりますから、期待はしてもいいんですが、過信しない、ということです。理解していない方は、何であれ、自費治療は向きません。理解していないのに、お金だけかけても、「あれだけ、お金と時間をかけたのに、なんだったんだろう。。」と空しくなるだけです。高い社会勉強です。社会勉強も、わかって投資(浪費?)するのと、わからずにするのとでは、総額が全然変わってきます。

大きなお世話でしょうが、理解していない人の社会勉強には、反対する派(断固阻止派?)です。

 

今飲んでいるサプリに続き、今使っている化粧品もよく聞かれますので、それのご紹介です。

前にも書いて、それからあんまり変わってないんですけどね。

 

まず、洗顔は、石けん成分100%の無添加石けんです。

メーカーは、うちでも取り扱っている牛乳石鹸の無添加シリーズのヤツです。

(青箱・赤箱のとは、中身が違いますので、ご注意ください。

白い石けんであれば、何でもいいと思っていらっしゃる方がいるので。。。固形石けんがいいのではなくて、石けん素地100%(脂肪酸ナトリウムっていうヤツです)の石けんがいいと思ってます。昔ながらのエコな石けんです。メーカーは、エコな石けんであれば、どこでも同じとお考えください。

手に入りやすさとメーカーの好みでしょうか。値段は、10~30円くらいしか変わらないと思います。)

クレンジングはなしで、この無添加石けんの1度洗いのみです。

私は、脂性なので、時々、サンソリットのピールバー(ピーリング石けん)を使いますが、鼻だけとか、その日のお肌次第で、どう使うか、どれくらいの間隔で使うのか、どの強さにするのかは、その時々で違います。

(乾燥肌の方には、なかなか勧めません。まだ今の季節では。。)

洗顔後、

アスタリズム®(アスタキサンチンの美容液)を塗ります。

(最近は、白髪が気になる生え際まで)

その次は、資生堂ナビジョンのTA(トラネキサム酸)のWシリーズの化粧水です。

このWシリーズは、トラネキサム酸がとても濃く、保湿効果も高く、美肌・美白・保湿・肌荒れ対策に、という優れものです。

保湿さえできていれば、いきなり乳液を塗ろうが、クリームを塗ろうが、何でも構わないと私は考えますが、こちらの化粧水、塗り心地がとても気持ちいいので、私は、この化粧水を使ってます。

(脂性なので、去年、夏の間の保湿は、この化粧水だけで、乳液もクリームも私は、必要ありませんでした。お盆過ぎから、乾燥してきたかな?と乳液を足しました)

その後、目元にシワ対策のエラスチダーム®、美白美容液のエクイタンス®、毛穴対策に、ナビジョンのGGエッセンス®を、それぞれ気になる場所に塗ります。

その後に、ナビジョンのTAのWシリーズの乳液を重ねます。

(たまに、忘れることがあります。もうすでに、結構しっとりしてるので。

でも、翌朝の洗顔の時に、もうちょっと保湿しとかないとな、と思うので、忘れないようにしてます)

 

朝なら、その後に、日焼け止めです。

今は、ナビジョンの新しい日焼け止めの、スキンプロテクトUV®を塗って、ファンデは、クレ・ド・ポーのリキッドファンデです。

(ホントは、ナビジョンのビューティープロテクトUV®(BBクリームみたいな感じで、日焼け止めに色が付いてます)のほうが気に入っているんですが、このビューティープロテクトのモニターをする前に、クレ・ド・ポーのファンデを開封しちゃっていたので、もうそろそろ使い切らなきゃ、と今せっせと使ってます。

これが無くなったら、ビューティープロテクトUV®に戻すつもりです。)

ファンデの後に、フェースパウダーは使いません。特に昼間は。

お粉を使うと、塗り直しの時に、邪魔になりますから。

(チークは、直接、ブラシで取ったヤツを、粉ものせていない、リキッドファンデ後の肌に塗ってます。

フェースパウダーが無くても、ちゃんと塗れてますよ。)

 

日焼け止めは、家に何種類か置いていて、SPF30を塗る時もありますし、サラサラタイプを使う時も、しっとりタイプを使う時も、その日の気分や状況によって変えています。

時間がない時は、サッと塗れるのがいい時がありますからね。特に、夏に、顔だけじゃなく首・手・ウデ、と広い範囲を塗る時とか。

基本、年中、ウォータープルーフタイプか、汗に強いタイプです。

今、そんな汗をかくわけではありませんが、SPF50の気に入っているのが、たいてい、ウォータープルーフか汗に強いタイプなので。

スキンプロテクトUV®もビューティープロテクトUV®も汗に強いタイプです。

自分の肌に合っているので、塗り直しをしようが、毎日塗ろうが、肌荒れはしません。

むしろ、塗れば塗るほど、紫外線から守ってくれて、老化を遅くしてくれます。

 

さて、夜は、ナビジョンの、その乳液を塗って終わりですが、最近、もうちょっと保湿しようかな、と同じシリーズのクリームを、おとといくらいから、ちょこっと足し出しました。

いい感じです。

 

私のマネをしたから、お肌がキレイになる、とか、これが理想のスキンケア商品、っていうわけではないですよ。

何を使うにしても、必ず自分に合ったモノを使うということと、その時々によって、乾燥具合とか脂っぽさというのも違いますから、その辺は、自分でしっかり見極めて、保湿を行う、ということが大切です。

あと、クレンジングし過ぎない・きついのを使わない・落とし過ぎない、肌に長い時間クレンジングや洗顔料をのせない、ということが大切です。

はっきり言って、みなさん、クレンジングや洗顔、やり過ぎです。そのせいで、お肌は、結構傷んでますから。

クレンジングを止めるだけで、お肌の調子って、良くなりますよ。(何度も、ブログで言ってますから、今回は簡単に。)

 

保湿と日焼け止めさえあれば、基礎化粧品は、それ以外要りません。

すっごいシンプルで、短い時間で終わります。

余った時間は、睡眠にあてるか、好きな時間に使いましょう。

これ以上のことをおうちでしたかったら、クリニック専用の化粧品とか医薬部外品とか医薬品を足していくか、です。

それも、どこまで足していくのかは、個人の考え方ですね。

(市販のたっかいモノをいくら足しても、費用対効果は悪いですよ。所詮、市販品ですから。

まあ、こればっかりは、実際買って、自分で経験してみないと、実感はわかないと思います。

私も、若い時に、散々基礎化粧品に結構お金をかけましたが、広告に載せられただけ、という資本主義の奴隷でした。そのおかげで、今、こうして、悟りを開くことができました。良かった~♪ 良かった~♪)

 

これら以外では、時々、違うメーカーのモノや新商品を試したり、レチノール系をちょこっと使ったり、などなど。

いろいろ新しいモノも試しますが、生き残るものは、ほとんどありません。

結構長い間、今のメンバーで、落ち着いてますね~。

あと、ナビジョンの各種マスクを、時間のある時で、かなり気になっている時とかに、使います。

 

髪の毛は、アトピコ(大島椿の椿オイルの敏感肌用のシリーズです)のシャンプーと、牛乳石鹸の無添加シリーズのヘアトリートメントです。

洗髪後は、薄毛治療薬の、ロゲイン®を薄毛の気になるところに塗ります。(これは、洗髪してなくても、塗ります。べたつかないので。)

髪の毛には、ドライヤーの前に、アトピコシリーズの椿オイルを毛先を中心に少し塗ります。

(昔は、石けんシャンプーと専用のリンス(弱酸性のクエン酸のヤツ)をして、無添加トリートメント(乾燥するから)を使ってましたが、3つも使うのがめんどくさくなって、アトピコのシャンプーに変えました。)

 

今、使っているモノは、全て取り扱っているものです。

自分が使いたいから、取り扱っている、とも言えます。

逆に、自分が使いたくないものは、取扱いませんから、うちに置いている化粧品・医薬部外品・医薬品は、全て私のおススメです。

(よく、患者さんから、「どれが、先生のおススメですか?」と聞かれるので、「全部ですよ。」とお答えします。

その中から、どうされたいのか、どういう肌なのか、塗り心地の好みは?とかで、選んでいくんですけどね。)

使ってみたい、という方は、一度お試しください。

ただ、初診の方は、診察・カウンセリングが必要ですので(もちろん、洗顔も、初診料も)、ご了承ください。

お肌によって、ご希望されても、適応がないと、お売りしない場合もあります。テスター・サンプルのないモノもありますので、それもご了承くださいね。

 

よく患者さんから、「先生は、どんなサプリを飲んでいるんですか?」と聞かれることが多いです。

かなり以前にもブログで書きましたが、また変わってるモノもあるので、今の段階で飲んでいるモノをお知らせします。

 

①アスタキサンチン

これは、富士化学工業のアスタリール®でないといけません。他のメーカーのではいけません。

1日2個でいいですが、私は4個飲んでいます。(4個飲んでいいんですが、あっ!と言う間になくなりますから、みなさんは、マネしなくても、1日2個でいいですよ~。)

飲む時間のない時は、これだけは欠かさずに飲むようにしてます。タバコを吸う方は、これ、絶対おススメです!

②プラセンタ(ラエンネックP.O.®)

ヒトの胎盤から作ったエキスのサプリです。通販やドラッグストアで売っているのは、ブタか馬です。あと、魚ですね。ヒトのは、クリニックでないと、買えません。

プラセンタならどれも同じと思われるかもしれませんが、抽出したエキスの成分はそりゃ、人間とは違うでしょう。

魚なんて、「魚類」ですよ!哺乳類ですらないんですから。魚の胎盤エキスなんて。。。

(ちなみに、魚に胎盤はありません。メスの卵を包んでいる膜が原料となっていることが多いと思います。筋子の外側のつつまれている膜ですね。捨てるだけのものが廃物利用です。栄養はあるかもしれませんが、美肌になりたい!と思って飲んでも、筋子の膜の成分で、人間の皮膚に役立つモノが一体どれだけ入っているんでしょうね。。。)

馬やブタは、同じ哺乳類ですから、もちろん胎盤もありますし、いろんなものを成長させる成分は、たくさん入っていると思いますが、ヒトと皮膚の構造は違いますからね。。そりゃ、人間同士、同じ成分がいいでしょう~。(馬やブタだと、たくさん原料が取れますから、業者は生産しやすいわけです。)

ちなみに、昔は市販は牛が多かったですが、狂牛病以来、牛で作っている会社は、ありません。まあ、普通のちゃんとした会社は、牛では作らないでしょう。

(先日、なにかの広告で、牛から作ったプラセンタ系の化粧品だったか、サプリだったかの商品を見かけました。いけてない会社です。。。そんな医療界の常識を知らないような会社が作るものなんて、ロクなものではないでしょう。。プラセンタと言えば、何でも儲かる!と思って、そういう商品をこぞって作って売りだそうとしている悪徳会社が増えて来ました。ちゃんとしたメーカーのモノを買いましょう。おかしなところは、何が入っているのかわかりませんから。)

このクリニック用の、プラセンタのサプリは、2個飲んだら、プラセンタ注射と同じエキス量が入ってます。注射のほうが、そりゃ吸収はいいですが、毎日クリニックで注射するわけにもいきませんし、初めて注射するなら、同意書(血液製剤と同じ扱いになるので)が必要といろいろありますし。。その点、サプリは、感覚としては、モツを食べるのと同じことですから、同意書入りませんし、毎日摂ることもできるし、自分の体調に合わせて増量減量も可能なのが大きいと思います。

濃いのをたまに入れるくらいなら、私は、定期的に摂るほうが大事かな、と思います。

昔一度、患者さんから、「この胎盤は、日本人ですか?」と聞かれたことがあります。人種はわかりませんが、日本製です。何人なら、その方はイヤなんでしょうね。。

何人が特定の病気を持っているわけでもないですし、日本国内に住んでいたら、環境でかかる病気は、日本人も外国人も条件は同じですけどね。

作っている工場が日本かどうかのほうが、私はよっぽど気になります。日本の工場のチェックは、とても素晴らしいですから。

製造する原料として、適切かどうか、というのは、いただいた胎盤全てが、厳重なチェックにかかりますし、ひっかっかたら、原料としては使われません。何かウィルスに感染してるとか病気を持っているとか、あらゆる感染症のチェックがされます。

人種云々よりも、正しい検査がちゃんと行われたかどうかが大事なわけです。それでも、未知のウィルスとかは調べようがありませんから、血液製剤と同じで、注射するなら、ご本人の同意がいるわけです。

「そんな薬でもいいですか?」と。(ちなみに、一度でもプラセンタ注射をしたら、今は、献血が禁止されています。輸血をしたことと同じ扱いがされます。)

サプリはいいんですが、注射は、完全に医薬品ですから。

私は、これを1日2個飲むようにしています。でも、海外からの個人輸入なので、入荷がすごく遅れることがあって(人気で在庫がなくて)、その時は、自分の分が無くなっていても、患者さんの分の確保のために、グッと我慢します。

③ビタミン剤各種など

ビタミンC、 E 、総合ビタミンB剤(Bにはいろんな種類があるので、まとめてあるヤツです)  ビオチン(ビタミンH)  コエンザイムQ10  アリナミン(ビタミンB1誘導体)  ビタミンB12  亜鉛 です。

その時によって、切れていたら、飲まない日もありますし、体調に合わせて選ぶ日もあるし、しばらく切れてて、再開することもあるし。。いろいろです。

アスタキサンチンが最強の抗酸化剤と思っているので、ビタミンをはしょることも日によってはあります。

でも、ビタミンならではの働きもありますから、きっちりではないですが、一応ちゃんと飲んでます。美肌と髪・体の健康・体のアンチエイジングのためですね。

④パントガール®

頭の育毛用のサプリです。ツメがもろい方にもお薦めです。

業界初の、女性用サプリメントです。

(ちなみに、市販の髪用のサプリで、効果が実証されたものなんて、存在しませんから、騙されて購入されませんように。塗る育毛剤も同様で、市販で女性が買ってもいいのは(効果を期待していいのは)、大正製薬のりアップ®だけです。他のモノは、効果の実証なんてされていません。わけわからんモノを買って悩むくらいなら、専門のクリニックで相談しましょう。)

1日3回なんですが、どうしても2回になる日もあります。気にかけて、これも飲むようにしてます。

秋になって薄くなるのがイヤで、もう1年以上飲んでるかな?フサフサにはなっていませんが、飲む前よりは、予防は充分にできてると思います。抜けても前より気にならなくなったので。

⑤EPA

魚の油です。それの医療用。これは、毎日ではなくて、脂っぽいものを食べたけど、ゼニカル®を飲むほどではないしな、という時に、飲んでます。血液はサラサラになりますよ~。メタボ改善にもいいです。

魚の油は健康にとてもいいんですが、生でないと、油の質が変わって、栄養素が変わります。刺身ばっかり、しょっちゅう食べてるわけにもいきませんから。

 

そんなものかな~。生理前や整理中のむくみのひどい時は、漢方を足すとかそれくらいです。

よく聞かれるますが、コラーゲンドリンクは飲んでません。私は、コラーゲンは食事で、いろんな栄養と一緒に摂取する派です。(だって、そのほうが安いし、おいしいし、いろんな栄養も取れて、材料の質もわかって買えますから、安心です。)

 

サプリって、飲みだすとキリがないので、ある程度、効果が実証されているモノの中で、自分が気になるモノを選んで飲んでいます。

ちなみに、私が飲んでいるのは、全て医療用か、クリニック専用サプリです。当院で、取り扱っているものですので、気になる方は、一度ご相談ください。