プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近投稿した写真

ホーム > スキンケア



ブログでも紹介している無添加せっけん(純せっけんとも言います)ですが、裏の成分表を見て、「石けん素地」「カリ石けん素地」としか書いていないのであれば、どこのメーカーもいいですよ、と今までも紹介してきました。

(ちゃんと、自分の目で、裏の成分表を確認してください!表の広告宣伝に騙されたらダメですよ!!)

うちで取り扱っている、牛乳石鹸の無添加シリーズのせっけんをはじめ、ミヨシ・シャボン玉・太陽油脂のパックスナチュロン・白バラせっけん・松山油脂などなど探せばたくさんあると思います。

大手になってくると、どこのスーパーでも売っているので、そういう意味では便利ですよね。

 

私もいろいろな無添加せっけんを使ってきました。

牛乳石鹸のは、たまたまうちで卸すことができたから入れただけで、無添加の純せっけんであれば、どこでも良かったです。

ミヨシのせっけんシャンプーとせっけんシャンプー専用リンスは、問屋さんに言って、取り寄せていただきました。

でも、シャボン玉石鹸は取り扱いがなく、うちで仕入れるのが難しく、取り扱っていませんでした。

 

いろいろなところの石鹸を使いましたが、だいたいどこも無臭に近い、まあ純石鹸の香りと言えば香りなんですが、シャボン玉石鹸だけが独特の香りがします。

その時使ったのは、こちら。

IMG_20160510_170214 こちらは、EMシリーズと言って、有用微生物が入っているシリーズで、排水まで環境に役立つ成分です。より環境に優しいというわけです。

だから、香りも独特なのかな?と最初思っていました。

 

何年か前の皮膚科学会だったかと思うんですが、企業展示ブースにシャボン玉石鹸が出展されていて、ボディソープやシャンプーやら赤ちゃん用やら浴用・洗顔用などなど、いろいろ種類があって、でも裏の成分は全部「石けん素地」のみ。

 

いらっしゃった担当の方に、「これ、全部中身一緒じゃないんですか?商品名を変えているだけですか?」と聞くと、実は、それぞれ違うんです!

材料となっている油脂が、それぞれの目的で、変えているそうです!

 

純石けんというのは、いわゆる油から作るんですが、油(油脂)というのは、脂肪酸という成分とグリセリンという保湿成分からできています。

ほとんどの純せっけんは、いろんな油脂から脂肪酸だけ抽出して、作られています。

そのほうが、安定供給しやすいのと(油脂の種類にこだわらなくてもいいことが多いので)、どちらかというと安く早くできる、というのが最大のメリットかも。

脂肪酸のみですから、油独特のにおいもほとんどしません。

純せっけんって、安いでしょ。

私はそれで基本いいと思っていますが、純せっけんの洗顔についていけない方もいて、お肌が落ち着いたり、栄養が足りればいいのかもしれませんが、それを待っている間にも洗顔はしないといけないわけで、待てませんよね。

そういう時に、純せっけんと同じように添加物がなくて、お肌に優しいものはないかなと思っていました。

 

シャボン玉石鹸は、油脂そのものを使っていて、脂肪酸だけを使っていないので、保湿成分のグリセリンが残っています。

なので、油脂の香りが少しします。商品によって、香りが違うはずです。

もちろん、使い心地もそれぞれ違うと思います。

 

原料になる油の種類を変えることで、いろんな種類の石鹸を出されていて、ずっと使ってみたかったんですが、なかなか機会がなく、機会があっても、どちらにしろ、うちでは取り扱いできないし。。

 

と思っていたところ、今回取り扱いできそうです。

その前に、いろいろ試したいので、お願いして商品のサンプルやテスターをいただき ました。

IMG_20160510_170339  この他に赤ちゃん用がありますが、それはうちでは取り扱わないので、ここにはありません。

それぞれ、原料の油脂が違います。(もちろん、お値段も。。)

http://www.shabon.com/products/index/category_id:4

 

まだ全部試していませんが、楽しみ~(^^♪

 

特に楽しみなのが、これ!

IMG_20160510_170352  浴用石鹸のプレミアムですって!

 

もちろん、全て、石鹸素地のみです。

使ってみて、どれを導入するかまたご報告しますね。

 

 

 

もうとっくに夏並みの紫外線ですね。

みなさん、ちゃんと日焼け止めを適切に塗っておられますか?

環境やTPOに合わせて、塗り直しもされていますか?

ちゃんと自分に合った日焼け止めですか?

日焼け止めを塗ったことで、かえって、お肌が困っていることはありませんか?

 

レーザー等で来られている患者さんで、これからの季節、アウトドアをされる方は、個別にどういった日焼け止めがいいのか聞いてくださるので、どういったところに行くのか、水に顔をつけるのかどうか、汗をかくのかどうか、かくなら、どれくらいになるのか、その方のお肌に合わせて、テスターも試していただいて、いろいろご自分の好みに合わせて使われます。

 

クリニック専売品の日焼け止めで、耐水テストがされているものはないので(ウォータープルーフと書いてあっても)、実際に、プールや海に顔が完全に浸かった場合、本当に耐水できているかどうか、テストがそこまでされていないので(記載がありませんから)、わかりません。

なので、そういう場合に限り、市販のもので、耐水テストがちゃんとされているものを使っていただくしかありません。

 

ただ、市販のウォータープルーフのものを勧めているわけではありませんよ。

状況によって、使わざるを得ないので、他にないから使うだけの話です。

 

数年ほど前から、市販の日焼け止めの流行りがジェルタイプに変わって、今までのべたべたしたものから、さらっと塗りやすくなりました。

そりゃ、消費者からしたら、そのほうが塗りやすいですよね。

しかも、専用クレンジングを使わなくても、せっけんで簡単に落とせるようになったらしいです(メーカーのパッケージによると)。

でも、そんなうまい話はなくて、ジェルタイプのさらっとした使い心地のなった分、アルコールが多めに入っていることが多いです。

す~っとするタイプのものも市販ではとても多いですよね。

スースーするようなタイプは、かなりヤバいかもしれません。

アルコールが入っていないとしても、他の添加物が入っているだけで、そんな、肌にも優しい、耐水テストも全然OK!、SPFもPA値も高いものなんて、世界中探せばどこかで見つかるのかもしれませんが、私は見たことがないです。

何かを我慢しないといけません。

何を選ぶのかは、その人の価値感にもよりますが。

 

私が今もし南の島に行く、プールや海で泳ぐとなると、仕方ないので、市販のものも持っていきますが、普段使っているもの、その他のクリニック用の汗皮脂水に強いと表示のあるもので、紫外線カット効果の高いものを結構山ほどすべて持っていきます。

特に、海外では現地で買うということはまあ、しませんから、途中でもし無くなったら、ものすごく困りますし、日本から持っていくしかないです。

水に浸かる時は、仕方ないので、そういうのを塗りますが、海やプールから上がったら、他のを塗ります。

 

私は脂性だし(かなりマシになりましたが)、肌も強いので、そういうのを、3,4日間塗ったところで多分大丈夫でしょうけど、乾燥肌・混合肌の方が、同じように塗り続けたら、たぶんガサガサになります。

まして、アトピーや湿疹皮膚炎がある方がマネして塗るようなものではないですよ。

全ての化粧品がそうですが、「皮膚に異常があったら使わないでください」「異常がある場合は皮膚科医にご相談ください」などの表示が必ずあります。(ないような化粧品は絶対に使ってはいけません。ろくでもないです。)

表示すら見ずに、なんでも使っている方が多いです。特に、アトピーの方。

自分の皮膚をそんなにいじめて、可愛くないのか、と思いますが、「化粧品を塗らなきゃいけない」「化粧品を塗るもの」と思いこんでいるので、止めないことが多いようです。

一体いつからそうなったんでしょうね。。。

アトピーの方が化粧品を使うことは原則私は止めてもらっています。

ただ、程度ですね。皮膚炎などの。

それによったら、ここまでなら使って様子をみましょうか、ここから選んでみては?とアドバイスはしています。

(無視する方も時々いますが)

 

話を戻しますが、それくらい、日焼け止めは、いろいろな添加物が入っていますが、デメリットよりもメリットのほうが勝つ場合、私は塗ったほうが良いと思います。

だからこそ、少しでも質のいいものを塗らなきゃいけませんし、環境やTPOに合わせて、しかも自分の肌に合っているものでないと、塗らないほうがマシなことも出てきます。

質の悪いものを、何度も塗るのは絶対におやめくださいね。

これまた、何でも塗ればいいというものでもありません。

 

 

この5月21日で、開院6周年を迎えます。

ここまでやってこれたのも、遠方からも多くの患者さんにお越しいただいたおかげです。

ありがとうございました。感謝いたします。

これからも、さらによりよい医療が皆さんに提供できるように、もっともっと頑張りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、5月の開院記念キャンペーンですが、お越しいただいた方に、なにかお返しをとキャンペーンを考えておりましたが、バタバタしていて、すっかり5月になったことを忘れておりました。

キャンペーンの告知が遅くなり、申し訳ありません。

 

今回も、お好きな化粧品のサンプルを差し上げるのが、久しぶりのキャンペーンなんですが、スキンケアに興味のない方に、サンプルを差し上げても、中身がわかっていらっしゃらないので、ふ~ん、という感じでもらわれるだけですので、その場で説明を一からしていくわけにもいきませんので(初診時のパウダールームのご案内で、簡単には説明しているんですが)、テンション含めなだけでなく、数の少ないものを選ばれたり、しかもそれを理解しているわけではなく、たまたま選んだ、という感じのことも多く、本当に欲しい方に、それが届かないのもどうかと思って、化粧品サンプルプレゼントは、そういうことに興味のある方ということで、肌荒れ相談・スキンケア相談・スキンケア講習・光レーザー治療をされている方限定とさせていただきます。

 

今日は、遅くなったので、この辺で。

 

肌荒れ相談で来られる患者さんの中には、いわゆる「肌断食」をされていた方・されている方が、時々いらっしゃいます。

私もブログで「いらんことはしない!」「必要以上に触らない!」「必要ないものは塗らない!」など何度も言っていますが、肌断食(?)を勧めることって、まあありません。

今、顔中に赤くて炎症真っ只中の皮膚炎になっていて、ひりひりする・かゆい・痛いなどの症状があった場合は、何も塗らないようにということはたまにあります。

薬ですら、ダメな場合も。(まあ、ちょっとは使うことも多いですけど)

化粧品はもってのほかで、化粧品を塗らないので、せっけんで顔を洗う必要もないので、ぬるま湯洗顔のみで、嵐が過ぎ去るのを待つ、みたいな。。とにかく、今は刺激しないことを最優先で、一切禁止することが、たま=にです。

 

以前にもブログで紹介した、宇津木先生のご本(肌断食という書名ではありませんが)、覚えていらっしゃいますか?

あまりにも、みなさんがテレビや雑誌やネットのわけわからん化粧品などを、とてもいいと思っていたり、やればやるほどいい!みたいに思って(騙されて)いるので、ま反対の意見も知ろう!ということで、とてもわかりやすく書いてくださっているので、ご紹介しました。

化粧品会社の言い分、それを否という側の言い分、両方聞いた上で、自分の頭で判断する、というのが正解だと思うわけですが。

 

例えば、皮膚科医であっても、美容皮膚科医・形成外科医・美容外科医であっても、スキンケアに対する考え方が、100人いれば100人とも違います。

大体、摩擦をなくす・保湿・日焼け止め、というこの3本柱の根幹は同じかと思いますが、細かいところで意見が分かれてきます。

そして、もちろん、個々の患者さんも、肌質も環境も、まして今の状態も目標も違うので、細かくわかれます。

そういう意味では、正解はなく、患者さんの肌が良くなれば正解でしょうし、時間がかかることもありますから、ちょっと時間がたたないと、何が正解だったのか、わからない(気づかない)こともあるでしょう。

一緒に肌の経過を診て、スキンケアを変えていかないといけなこともあります。

肌は生き物ですから、刻一刻と状況が変わることもあります。

 

よくみなさんがされている「肌断食」は、洗顔は純せっけんのみ、もしくは水(ぬるま湯)のみ、保湿はワセリン、あるいは、ほんとに何もつけない。(もちろん、日焼け止めも)

 

でも、私は、日焼け止めも塗りたいし、簡単な化粧(っていっても、BBで肌に色をつけるくらいですが)くらいは、したい。

 

シミの治療でも、あまり積極的に治療もしないし、シワやたるみもそれほど気にしないし、最低限のスキンケアでいいという方の場合、日焼け止めを塗るのかどうかは、お好きにされたらいいですが(うちでは、シミや肝斑に、光・レーザー治療はしませんが)、そういうのが気になる方の場合、私は、日焼け止めは必要だと思っています。

ワセリンだけでは、日焼け止めもファンデーションも作れないので、なにかしらの薬剤がいるわけですが。。

 

肌断食をして、いらんことを全部止めるわけですから、そのうち、肌の機嫌も良くなって、調子が良くなることが考えれます。

もちろん、肌の調子の悪い時に、肌断食で乗り切れる方は、そして、肌断食をやってみたい方・我慢できる方は、されたらいいと思います。

 

ただ、乗り切るのがいつか、というのは、神様しかわかりません。。

1週間後なのか、1か月後なのか、3か月後なのか、半年後?1年後?3年後?

それは、わかりません。

 

日本は四季があるので、肌の状態はまだ戻っていないところに、季節の変わり目が来て、それについていけない方がものすごく多いです。

 

散々過保護で甘やかされて、薬漬けになっていた人に、いきなり、無人島で生活しろ!と無人島に放り込んだところで、やっていける人といけない人がいるのと同じで、スパルタについてける肌とついていけない肌があります。

 

なので、よほどのことがない限り、私は勧めてはいません。

 

いらんスキンケア(そうなると、スキンケアではないですが)は全部止めないといけませんが、保湿は必要なわけで、しかも自分の肌が乾燥しているわけですから、自分で自分の保湿剤を作れていないので、そういう時こそ、化粧品の出番です。というか、それが本来の化粧品の役割だと思います。

 

最低限のものだけ使って、お肌が落ち着いたら、いろいろチャレンジしたい方はされたらいいですし、もっと添加物を減らしていきたい方は、ここまで来たら、引き算をする。足すことでは一生やっていけません(、いけないこともないですけど)。

でも、最初から無理して飛ばして、引き算!引き算!ってやらなくてもいいと思います。

個人の肌の状態によっても違うので、そこは診察しないとわかりませんけど。

 

唯一無二のスキンケアや化粧品があるわけではないんです。

 

以前、来られた患者さんで、ほんとに肌断食をされている方で(患者さんのいうことを信じるのであれば)、肌断食は、もう2年以上されているそうです。

 

ところが、顔は真っ赤っかで、キメも全然なく、もちろんツヤもなく、なので若さが全く足りません。。。

そんなことを言って、ほんとはいらんことを一杯していることも多いですが、この方は、ほんとに何もしていないと言われます。

2年以上やっていたら、多少は良くなるものですが。。

 

。。。?

 

と思っていましたが、その方、洗顔はこすりまくるわ、普段あら顔はしょっちゅう触っているし、何かを塗る時も、刷り込んでこすり倒し。。。

ここまでやってしまっていたら、顔も真っ赤っかで、ツヤもキメもなくなるんだな。。とわかりました。

どんなものを使うのか、肌に何を塗るのか、も大事ですが、それ以上に大事なのが、肌の触り方かもしれません。。

 

 

なんでもやってみる・やってみて試してみる、ということは、やってみないとわかりませんけど、とりあえず、チャレンジするのはいいことです。

どこまで様子をみたらいい?と聞かれたら、診ていないので、わかりません。。

ただ、とりあえず、ちゃんとやってみて、ダメだったら、すぐに引き返すなり、立ち止まるなどをされてください。被害が少なくて済みますからね。

遅くなってしまい、申し訳ありません。

さて、4月のキャンペーンです。

例年通り、この季節に人気のメニューや、そろそろ気になってこられたことなどをキャンペーンにしています。

なんか忘れていたことが思い出して、追加になるかもしれません。

その時は、またお知らせいたします。

 

この季節ということで、紫外線がきつくなってきましたね。

まだ春と思って油断されている方、危ないですよ~。

(って、誰でもガンガン塗れるわけではありませんが)

今までの冬用とは別に春~初夏用に別のが欲しいという方も出てきました。もう日焼け止めはいくつあっても足りない季節到来ですね。

そこで、毎年恒例の「日焼け止め塗りましょうキャンペーン」と言いますか「塗りなさいキャンペーン」と言いますか、まあ塗らせようという魂胆です。

(くれぐれも言いますが、誰でもなんでも塗っていればいいわけではありません)

 

あと、すみません、休診日のお知らせが遅くなりました。

問い合わせのあった患者さんには個別にはお伝えしていましたが、HPに掲載するのを忘れておりました。

福岡で開催される日本形成外科学会に、形成外科医ではありませんが、参加してきます。

レーザーや美容医療などは、よく講師をされるようなドクターは、形成外科のドクターのほうが多いかと思うんですが、やはりこの学会に参加して、いろいろな講演を聴いてきたいんですね~。

特に今回は抗加齢に力を入れておられる大慈弥先生の福岡大学主催ですから、楽しみです。

でも、水~金曜日という日程で、水曜日は休診日でいいとして、3日間休診にはできません。。

プログラムを出るのをまって、散々迷った末、金曜日のみ参加することとしました。

残念。。。

水曜日がいくら休診と言っても、水金と福岡にいて、木曜京都、というのもこれまた大変で、またその週末は栄養療法のセミナーで東京に行きますから、家もクリニックも私もこれまた大変です。

で、金曜日のみ学会参加です。

 

話をキャンペーンに戻します。

ちょっと気温も上がりつつある中、そろそろ毛穴が気になってきた方も増えてきましたね。

季節の風物詩ですね。

でも、肌の状態が良くなかったり、スキンケアを間違っていたりすると、きつい治療はかえって副作用を招いたり、効かないどころか余計にひどくなったりと、踏んだり蹴ったりで、クリニックが儲かるだけです。

 なので、誰でもいつでも、毛穴治療をガンガンやっていけるわけではありません。

そのためにも、普段から、正しいスキンケアと丈夫な肌を育てておくことがとても大切です。

もちろん、栄養もね。

 

そろそろ、露出も増えるころですから、ボディ用のものをお買い求めしやすく、です。

かかとのかさかさから、体hや腕足のシミやら、ツヤも含めて、もちろん、シワもです。

体にレーザーを当てるというのは、すっごい贅沢な話ですので、うちでは、ほとんど化粧品をお勧めしています。

もちろん、レーザーしたい方はされたらいいんですが、お金と時間は覚悟されてください。

 

それと3月から発売になった、スキンケアベールとスポッツカバーのキャンペーンです。

月の途中だったから、キリが悪かったので、4月からとしました。

必ず、カウンセとテスター使用をご確認ください。

 

あと、キャンペーンではないですが、栄養療法と肝斑治療の併用療法のお知らせです。

すでに両方されている方は、トラネキサム酸の内服をとっくに止めて、食事とサプリに助けてもらっています。

 

以前は、漢方薬に切り替えたりしていましたが、限界がありますね。。

もちろん、栄養だけで片付くものでもありませんが、栄養はとても大事です。

まだお渡しする説明書が作れていないので、詳細は直接お聞きください。

 

すみません。。また寝ていたので、もう寝ます。

昨日の続きですっていうか、補足です。

 

私のブログを読んでくださるのは嬉しいですが、情報というのは、常のアップデートというか、更新されています。

なので、必ずブログは必ず新しいものから読んでくださいね。

検索をかけて、昔のブログがヒットして、おおまかな考え方は変わっていませんが、細かいことが変わっています。

 

例えば、おススメの化粧品です。

昔は、取り扱っていたり、おススメしたりしていたものが、今では取り扱っていないとか、おススメどころは逆に使わないように言っているとか(ここまで極端なものはないですが、使い方にコツというか、使っていい方と、ダメな方、こういう時限定であれば、いいですよ、普段は止めておいてください、などなど)、そういうものがあります。

どうして、そうなっていくか、というと、もちろん、自分の知識量が増えていくのもそうですが、実際に、自分や患者さんが使ってみての、肌の状態の変化ですね。

こういう人にはいいけど、こういう人にはダメだな、とか、思っていたよりも刺激があるのかもしれない(短期ではわからなかったことが、ず~と使ってみたら、思っていたのとは違う結果が出てくる人がいる)、商品はいいけど、うまく使えないとか、メーカー自体が信用できないことがあったとか、いろいろです。

それも時間がかかったからこそ、たくさんの患者さんの肌を診てきて、分かったこと・見えてきたことがあります。

こういう時だけはあり、という商品は、確かにこちらからしたら使いづらいので、患者さんが欲しいと言っても、今は使ったらダメですよ、となると、在庫が回転しにくいということもあります。

「こういう時」限定で使ってもらっていたけど、思ったほど、メリットがなかったとかになっちゃうと、もう仕入れなくてもいいかなと、在庫なくなったら終わり、という商品もあります。

 

うちのクリニックで取り扱っている化粧品・サプリメントは、全て自信を持って、おススメできる商品ですが、個々に合う合わないというのは別です。

なので、日焼け止めだけでも、17種類以上おいています。

もういくつおいているのか、わからなくなっちゃいました。

環境やTPOに合わせて、変える。

肌質や塗り心地の好みで変わる、となると、なんやかんやで増えちゃいました。

時々、「どれがいいんですか?」「一番いいのはどれですか?」と聞いてくる方がいます。

 

どれもいいんです。

良くないものはおいていません。

 

っていうか、一番ってなに。。。?

 

パウダールームで、紹介した時点で、今のその人にとって、使ってもいいものを紹介しています。

使ったらダメなものは紹介しないか、今はダメとはっきり言っています。

その中から、環境やTPOに合わせて、自分の塗りやすいもの・好み・目的に合うものを選んでください、と時間を取って説明して、あとは、使ってみないとわかりません。最低でも2週間。

普段の自分のいる環境に合うのか、女性の肌は、生理前後でも全然変わりますから、その時々で合うもの・好みも変わります。

いろいろ揃えたらそれにこしたことないですが、どれかひとつというのなら、じっくり試してみないと、そりゃ、誰にもわかりません。

どれも質のいいものを置いているので、その中での差は確かにありますが、それは考え方の違いで、添加物をどうとらえるかで、何がいいのか意見がわかれます。

どんなにいいものでも、その人が使いづらかったら、全く意味がないんです。

そういうものって、使うたびにストレスですし、そのうち、使わなくなります。

なにしてるんだかってか。

 

日焼け止めは、かなり塗り心地で好みが出るので、なので、全商品テスターを置いています。

話に聞くのと、塗るのとで大違いだからです。

ここまでの商品を全部自由に試せるクリニックって、まあないと思いますよ。

それだけやっても、全然試しもせずに、パウダールームからバッチリメイクもして帰ってきて、「一番いい日焼け止めをください」と言われたら、あきれるというよりも、もう説明しても無駄だなと。。

昔は、もう一度パウダールームに連れていって、ちゃんと試してから、買ってください、とやっていました。

でも、そういう方は、説明しても、人の話を聞く気がないのがもう態度に出ていて、ひどい方だと、スタッフが説明している途中で、一番近いのをば~っと勝手に塗り出すそうです。

聞く気がない人に説明しても、うっとうしがられるだけですし、なにより自分の時間がもったいないですね。

そういう方が、一番知りたいのは、どれが一番よく売れているのか?ということが多いんですが、一番売れているから、一番いいとは限らないんですけど。。まあ、売れているからには売れている理由があって、全部の商品そうですが、メリットとデメリットがあります。

で、一番売れている(使いやすいと思われる)のを、試させると、「べたべたして嫌だ」と文句を言うので、だから、試せっていってるだろっ==!!となっていましたが、もうこういう人に時間を割くのは止めて、他の方の時間に充てるようにしています。

 

あ、すみません、話を戻します。

ブログを読んでくださるのはいいですが、なんの情報でもそうですが、それが書かれた日付はかなり大事です。

医学でもなんでもそうですが、情報って変わっていくでしょ。

レストランの口コミサイトで、5年前の口コミよりも、直近のものから普通みませんか?

シェフが変わっているかもしれないし、引っ越しされているかもしれません。料理の内容もコンセプトもガラッと変わることもあります。営業時間も定休日も変わるでしょう。

それと同じです。

 

このブログに書いてあるから、絶対に大丈夫!なんてことは、絶対にないわけです。

最低、ブログを書いた日付をみてください。

もちろん、書いていることが、貴女に合うかどうかは、全くの別問題です。

 

時々初診の方がされている大間違いが、ブログで私がナビジョンやオバジのことを書いたら、何がどういいのか、何が欠点なのか、どういう人が使ったらいいのか、など、な~んにも考えずに、「ナビジョンでさえあればいい」「オバジであれば、なんだっていい」と勘違いされている人がいます。

ナビジョンにしろ、オバジにしろ、全商品取り扱っているわけでもないですし、その中から、自分の考えに合うものだけを仕入れて、患者さんの肌を診て、どうしていきたいのか、などを考えて、これはおススメですよ、こういうのもありますよ、使いたかったらつかってもいいですよ、としているんです。

そもそも、クリニック用の化粧品が、洗顔もせず、医師が肌を診ることなく、買えるっておかしくないですか?

中には、そんなたいした成分も入っていないから、それほどの害はないものもあります。

でも、使い方が間違っているとか、根本的なスキンケアが間違っている場合など、1億円化粧品にかけても、キレイにはなりませんよ。

まして、ネットで買うなんて、私からしたら、よくそんなものを自分の顔につけるな?!と思います。

正規ルートで買っていない以上、本物って証拠、どこにあります?

偽物かもしれないでしょ。

売れるものって、すぐに偽物作りますからね~。ぼろ儲けですね、業者は。ロシアンルーレットですね。勇気ある~!

おかしなもの使って、肌荒れたりしたら、その倍以上の時間とお金を使いますから、私だったら、絶対に嫌ですけどね。

正規でしか買えないものが、手に入るって、あやしすぎます。。

 

なにより自分の触り方や塗り方が悪いのに、それをナビジョンやオバジのせいにされたら、困ります。あげくのはてに、効かないと言われ日には、そりゃそうだろっと突っ込みたくなります。

それ、貴女は今絶対に使ったらダメなやつですよ、ということもあります。。。

あ~あ~。。

なんでそうなるのか、今まで理解不能でしたが、おそらく、栄養が足りないせいす。

思考力・判断力が落ちていて、強迫観念に捕らわれがち。

まさに、栄養不足ですね。

そういう方に限って、自覚がないのと、人の話も聞かないので、もう私には何もできないので、サヨナラ~となりますが。

自覚があったらね、どうにかしたい!自分で、情報惑わされることなく、化粧が買えるようにしたい!と思っている方は、大丈夫なんですが。。

 

ちゃんと使えば、5千円も1万円もする化粧品の価値がもっと上がるのに、自分で下げているんですよね~。

なので、うちでは、化粧品だけ欲しいという方も、全て診察が必要で、カウンターでだれでも買えるわけではありません。

患者さんが欲しがっても、肌を診て、買わせない・勧めないこともあります。(今、使えるような肌じゃないから)

 

「絶対に、○○でないと!」と思いがちなこと自体、スキンケアも化粧品も大事ですが、栄養を見直してみてください。

 

 

 

 

 

まだ十津川に行ってきた話の途中ですが、ちょっとスキンケアの話を。

 

肌荒れや、なんか肌の調子が悪いと悩んでいらっしゃる方、お金や時間をかけているのに、なんでこんなに肌がキレイにならないんだろうと思っていらっしゃる方々が、私のブログを見つけて、自分の使っている化粧品から肌の触り方まで見直されて、とりあえず、何を使ってもいいかわからないので、ブログで紹介していた一般で買える化粧品に買い換えて、受診される方は結構いらっしゃいます。

 

そういう方の場合は、どれくらい実践されたかにもよりますが、tよっとお肌の落ち着いて、これからどんどんキレイになっていきます。

楽しみですね。

 

そういう方の中には、もうとりあえず一切を止めて、ぬるま湯で洗顔しているのみで、日焼け止めも保湿もしない(たまにワセリンくらい)のに変えちゃって、受診まで待つ、という方もいらっしゃいます。

それはそれで、もちろんありです。

ケースバイケースと言いますか、ほんとに受診されて、何も一切塗らないように、と指示する方もたまにいます。

赤みの炎症が強すぎるとか、もう皮膚炎(異常)レベルの時です。

医薬品の薬を使わないといけない時(ステロイド含む)もあります。

そんな時に、化粧品を塗っている場合ではないです。

だって、異常があったら、塗らないでください、医師に相談してください、って書いてあるでしょ。

診察の上で、これくらいなら、こういう化粧品なら、使ってもいいですよ、ということはありますが、診ていない方の場合、患者さんの自己判断ですから、それが正解かどうかは、やってみないと、経過を診ないとわかりません。

なので、そういう場合に、全部とりあえず止める、というのは、ありです。

まあ、そういう場合は、早めに受診してもらったほうがいいですが。炎症をなんとかしないとね。

良くなったらいいですが、悪循環にはまることも多いので、ほんとのひどい状態になる前に、早めに受診をしたほうがいいです。

 

さて、肌荒れ相談の方の場合、今使っている化粧品をすべて先に予約時にお聴きしているんですが、前日の確認電話で、化粧品を変えている方が時々いらっしゃいます。

ひどい方だと、予約日の2日前に、化粧品を変えるということをされます。

 

。。。なんで?

化粧品、もう変えてたやん?(しかも、新しく買ったのが、ろくでもなかったりして。。診察で、使うなと言われるだけなのに。。)

と不思議でたまらないです。

だって、もう2日くらいだったら、変えた化粧品で、とりあえず過ごしたらいいと思うんですが。。。

新しく買い足していっている化粧品全部が、「いいもの」とは限らないわけで、まして「自分の肌に塗っていいのか」というのは、全く別の話です。

 

そういうことをされる患者さんみなさんに、どうして受診の2日前(前日のこともあり)に化粧品を変えたんですか?と聞くと、みなさん言うのが、「買わなくても良かったのかもしれないけど、塗らなきゃ!!塗らなきゃ~っ!!と思って、買ってしまった。。」という答えがほとんどです。

 

肌荒れで悩んでいる方に、まず2パターンあるんですが、

①な~んにも考えていない方。使っている化粧品の名前もわからない、覚えていない、ドラッグストアの店頭に並んでいるやつから安いから買った、とりあえず、一番前で売っていたから買った、というてきと~な方。

それで、肌がキレイだったらいいんですけどね。。あんまりキレイじゃない、いや、ひどい。。

大体こういう方は、擦りまくっていることが多く、あと、日焼け止めも全然塗っていなくて、その分肌もひどくなっているパターンです。

今後、それではだめなんだ、と気づかれて、注意されれば、OKです。

 

一番大変なのが、

②思い込みパターンです。

「絶対に、ダブル洗顔しないといけない!」「日焼け止めを塗らないといけない!」「化粧水を塗らないといけない!」などなど、自分で、いろいろと義務を増やして、がんじがらめになっちゃっている方です。

考え方が、融通が利かなくなっているというか、他の考えが浮かばない、あるいは受け入れられなくなっているパターンです。

これは、しんどいでしょう。。ご自身も。。

ちょっと強迫観念にとらわれていると言いますか。。

こういう方全員、なんと!痩せています!

「痩せ」の程度もバラバラですが、パッと見た目、「痩せている」に分類がすぐにされる方です。

 

男性も女性そうですが、痩せすぎは良くないです。

太っているのも良くないんでしょうけど、「健康で元気」となると、痩せているよりも太っているほうです。一番いいのは、小太りが一番元気で長生きです。

もちろん、太りすぎはダメですよ。

この「太っている」っていっても、炭水化物ばっかり食べての肥満は絶対にダメですが、動物性蛋白質もたくさん食べているし、炭水化物もたくさん食べていて、小太りになった、という場合、栄養もちょっと摂れていますから、まだいいんです。

 

ところが、痩せている場合、(検診で、「痩せすぎ」と出たら、たいがいですよ。BMI計算して、18ないとか(18.5ないのも、たいがいですけど)。

そんなに痩せているのは、栄養が全然足りないからで、内臓の大事なところも栄養が足らんと悲鳴を上げていますから、皮膚になんか栄養は回ってきません。

だから、調子がすぐに悪くなるんですが、一番困るのは、脳のバランスですね。

強迫観念って、ちょっとコントロール自分でできないでしょ。

できないと思いますね~。

いろんな脳の中のホルモンが、全然足りないとか、すっごくバランスが悪くなっているとか。

だから、おかしな広告や宣伝に、すぐに乗せられてしまうし、買わなきゃいけな、使わなきゃいけない、と自分で追い込んでしまうんですよね。

栄養療法するまでは、そういうこと全然わかりませんでしたけど、栄養療法をするようになって、すっごく実感しています。

脳に栄養がいかないせいで、思考力の低下、判断力の低下などなど、物忘れもひどくなっていませんか?思い込んでいて、他の考え方が受け入れられない、あるいは、他の方法があると考えもしなかった。。

こうなっちゃうと、自力で脱出するのは、不可能とは言いませんが、かなり大変なのでは?

 

そうい時は、診察に来ていただいたらいいですが、いつもいつも診察に来れるわけじゃないですよね。1回の診察で、全部のスキンケアを隅から隅まで話ができるわけでもありません。

ひどい方になると、思考力も低下していますから、説明を聞いてもよくわからない。。。となります。

 

そういう時は、栄養療法です。

食事メインで、食事で足りない分の栄養素をサプリで補います。

そしたら、肌にも栄養が届くなるし、キレイになります(これは、ちょっと時間がかかりますが)。

頭の血流もよくなるし、ホルモンはちゃんと出ているし、脳のバランスがとても良くなります。

そうなると、おかしな広告に踊らされることなく、皮膚を触らなくて済みます。

 

とはいっても、全員の方が栄養療法されるわけではないので、とりあえず受診されたら、スキンケアの最低限のことをお教えするんですが、肌が荒れている時に、特に、日焼け止めはそんなに頑張ってやらなくていいですよ。

 

日焼け止めって、ある程度、皮膚が健康じゃない使えません。

それくらい、日焼け止めになると、いらん添加物が混ざってきます。

でないと、日焼け止めが作れませんからね~。

 

ニキビのひどい方や肌荒れ(程度にもよります)の方には、保湿は勧めても、日焼け止めは勧めていないことが多いです。

ビューティフルスキンの日焼け止め(粉のほう)であっても、顔を触らないと塗れませんから、もうしばらく止めておきましょうと止めることもあります。

 

日焼け止めは、塗らないとどんどん老化するんじゃないか、と脅迫観念にある方が、たまにいらっしゃいますが、おそらく今までの塗り方ではどうせ効いていないし、肌が荒れている時に塗ったら、入っている添加物がよけいに刺激になることもあります。

なので、させないんです。

今まで、何十年も、ちゃんとしたスキンケアをされていきていないですから、2日間しなかったからと何かが変わるものではありません。)

買う時は、成分表を観てください。

たくさん化学薬品が入っているでしょう。

商品によったら、塗らないほうがマシ、という選択肢もありますよえ。

 

 

 

 

 

 

新商品ラッシュが続きますね~。

とてもいいことですよね。しかも、どの商品も素晴らしいときたもんだ!

 

さて、今回は、新潟の野本真由美先生が患者さんのことを考えて開発された、本当のミネラルファンデーションのシリーズ、「ビューティフルスキン」から、新商品発売のお知らせです。

 

なんと!日焼け止めのローションが出ました!!

「ビューティフルスキン ノンUVミルク SPF30 PA+++」です。

 

今までは、ミネラルで日焼け止めを作る場合、いらん添加物を混ぜずに作ろうとすると、まさに、ただの粉でした。

粉がコンパクトに固まっていたり、液体状になっている時点で、何か混ぜ物は入っているのです。

しかも紫外線吸収剤なしで作ったら、かなり白くなるし、SPFなどはなかなか上げていけないし、塗りにくかったりもしたり、とかなりこちらが我慢というか、使いづらい面もあります。添加物が入ることでの恩恵は受けられないわけです。

まさに、どこで妥協するのか、考え方はひとそれぞれですが。

なので、今まで、液体状でもクリーム状でも、そういった日焼け止めが使えないような(かゆくなったり、しみたりされるので)方の場合は、こちらの日焼け止めを、裏バージョンの使い方などもお教えして、使ってもらっていました。

それはそれでよかったんですが、やはり液体やクリームの完成品のようなわけにはいきません。

 

今回のは、なんと、UVミルクなんですが、もちろん紫外線吸収剤不使用で、鉱物油・カルボマー・アルコール・香料・着色料・パラベン、すべてフリーで、しかも、今回最大の目玉は、

界面活性剤フリーっ!!

おお!!素晴らしい!!

そんなの、無理って思っていました。作れたとしても、塗り心地や仕上り感がもひとつだったり、値段がムチャクチャ高かったりと、ちょっと使えないかな。。と思っていました。

IMG_20160306_003411 いろいろな技術が駆使されていることで、従来難しかったことを、可能にしたように感じました。

IMG_20160306_000454 ほんとに、白浮きしません。

実は、こんな日焼け止めを待っていました。

界面活性剤のない日焼け止めって、そうそうないです。

(界面活性剤が入っていなければ、なんでもいいわけではありませんよ)

 

いや~、よかったです。

年中これ1本でいけるのか、色がほしかったらどうするのか、だれでも使いやすいのか(おすすめと使いやすいと感じるかどうかは別の話です)好みもありますから、詳細は処置時などにお聞きください。

 

1本30mlで、¥2.982と消費税で、¥3.220(税込み)です。

また、キレイに展示した写真を載せますね。

3月7日から発売です。お楽しみに!!

 

 

ナビジョンDRより、新商品発売のお知らせです。

303

従来のスポッツカバーとスキンケアベールのDRバージョンですね。

値段を比べてくるのを忘れましたが、据え置きのような気がします。

今までのも良かったですが、今回は、さらにうるおい成分たっぷりと言いますか、しっとりとさらに塗りやすくなりましたね。

まだ手の甲に塗ったくらいで、顔に塗っていないのでわかりませんが、確かに、しっとりと塗りやすいです前のスポッツカバーは、結構硬くて、と言っても、市販で売っている、アザの方用?の有名な某ファンデーションよりも、無茶苦茶塗りやすいし、アザの患者さんに、カバー力は落ちるかもしれないけど、それよりは塗りやすいですよ、と勧めたところ、某それよりも、塗りやすいし、値段も安いし、しかもカバー力も勝ると喜んで買って帰られました。ついでに、資生堂の、本当のアザ用のファンデーションが変える場所もお教えしておきました。

 

基本、私は、患者さんに、「ファンデーション」として、何度も、いくつも塗るのは勧めていません。

むしろ、止めるように勧めています。

厚塗りすればするほど、汚く見えるし、本人の自己満足だけで、実際全然隠れていないのに、これだけ塗ったんだから、それで見えている分には仕方ない、ともこれ以上しようがないからあきらめる、というところまでいかれるわけですが、ほんとに塗っていないほうがマシでは?というくらい、肌が汚く見えています。

結構うまく隠せたとしても、厚塗り感満載で、周りの人は、みんな心の中で、「なんて化粧の厚い人なんだろう、化粧の下の肌は、さぞ汚いんだろうな、」と思っているんです。

しかも、そんなにうまく隠せている方は、ご自身で思っている以上に少なく、隠せていないですよ。

透けて見えるので、灰色がよけい際立たせ、あ”==という感じです。

ちょっとファンデの厚塗りや重ね塗りを止めるだけで、もうちょっと肌も綺麗に見えるし、肌もマシになっていくのに、と思うし、実際患者さんに言いますが、そこが我慢できないらしく、ず~っと触り続け、ひどくなり、レーザーなんか効くわけありません。。

 

止めたところで、院内で塗らなくても、家に帰ったら塗るわけで、また日常生活、毎日、何度も何度も、塗るわけです。しかもボロボロになった、いつ洗ったのかわからないようなスポンジで塗るから、うまく塗れるわけでなく、なので、余計に擦って塗って、肝斑の悪化・誘発はやぶさかではない。。

あ”===、本当に悪循環です。。

悪循環から抜け出せるのは、その人自身の気の持ちようで、その人にかかっています。

 

とはいえ、止めさせて、1日2日でシミは消えたり薄くなるわけでもなく、せめて、1~2週間は待てほしいところなんですが、劇的に変わるわけではないので、ご本人が気づからいくらいのレベルのこともあり、また気になり出して、待てなくて、振り出しに戻る方もいらっしゃいます。

 

止めたところで、市販のまたおかしなコンシーラーやろくでもないパウダリーファンデを買うくらいなら、確かにナビジョンは塗りやすく、よくできています。

特に、コンシーラーで、市販の硬いものだと最悪で、どこでそれを伸ばす気だ?!と突っ込みたくなるような代物。。。そんな硬いものを、皮膚の上で、伸ばす気でか。。。擦るわけですわな。。わなわな。。

ある程度の硬さがないと、市販のものは、すぐに崩れやすいのかもしれません。カバー力も下がるのでしょう。

 

そういう意味では、さらに塗りやすくなって、新登場です。

 

い新しいスキンケアベールの中身は、前のと同じ大きさだそうで、レフィルを新しいの、ケースは前のでいけるそうです。

でも、新しいケースのほうが、なんかコンパクトでした。

 

ビューティフルスキンの、本当のミネラルファンデに勝るものはないんですが、いかんせん、持ち運びの便利さはどうか、塗りやすいかどうか、慣れるまでの時間などなど、そりゃ、どっかで我慢がいることもあります。

添加物を極力減らす、ということは、そういうことです。

どこかで、何かを妥協しないといけません。

化粧品とは、添加物との戦いですね。

どこまで妥協するのか、どこまで便利さや仕上がりの良さを追求するのか、安全面はどうか、コストも含めて、常に戦いですかね。

(私は、そこまでは戦ってはおりませんが。。

いらんことをしなければ、まあ、そんな戦わなくても、肌も呑気に機嫌よく過ごしてくれているようです。必要なことだけ最低限して、ほっておく、というのが一番らくちんで、お肌もご機嫌よろしい。)

 

市販の、おかしなものを買うくらいなら、という方には、超~お勧めです。

あと、どんな化粧品を使ったところで、アザではないんですから、完全に隠そうとするのは止めておきましょうね。

化粧品にそこまで期待してはいけません。

期待するから、もっともっとと、いろいろ使いたくなるし、いらんことがどんどん増えて、肌が汚くなります。

いじる回数を増やさない!

 

試してみたい方は、ご予約時や追加でご連絡ください。

対応できないこともありますので、ご了承くださいね。

 

新商品の発売にあたり、当院ではすべて切り替えますので、

(どうしても前のバージョンがいいという方には、ご用意もしますが)

前のバージョンの在庫セールを行います。

前のバージョンのスポッツカバーとスキンケアベールを、色を問わず、20%オフとさせていただきます。

在庫が無くなり次第、終了ですので、ご了承くださいませ。

 

 

 

 

ほんと~にすみません、昨日は寝てしまいました。

さて、どこまで書きましたっけ?

 

そうそう、大島椿のキャンペーンの椿油、3月1日にご来院いただて、キャンペーン適応の方の分は、ちゃんと取り置きしておりますので、どうぞご安心くださいませ。後から追加して申し訳ありません。次回来られた時に、お渡ししますね。

 

肌荒れの季節本番となりましたが、毛穴もそろそろ気になって来られた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

花粉の季節は、特に春はお肌もトラブル続きです。

でも、ちゃんとスキンケアができていて、おかしな化粧品を使っていなければ、結構荒れませんよ。

実は、肌を荒らしている一番の原因は、自分自身なんですよ~。

肌の触り方から使っている化粧品まで、全部自分がやっていることです。

毛穴にしろ、肌荒れにしろ、まずは見直しが優先です。

 

ただ、それだけでいけるわけではないので、そこからは医療の力が必要になりますが、美容医療だけでは、これまた効率が悪い。っていうか、お金と時間が結構かかることがあります。マメな維持にもね。

栄養がある程度足りていると、ちょっとくらいの化粧品にも負けないし、花粉症もどんとこい!です。

肌自体に強く、賢く、美しくなってもらえるんです、体の中からね。

本当~の美しさです。

栄養が足りてくるのに、時間はかかりますが、とりあえず、肉も魚も全然食べていないくせに、お菓子とパンばっかり食べるのを、まず止めましょう。それだけでも、ちょっとマシになるはずです。

お菓子とパンを絶対に食うなっ!とは言いませんが(場合と症状により言いますが)、先に、肉魚卵大豆など、山ほど食ってから、食えっ!!ってなわけです。

 

先日、スキンケアと毛穴相談で来られた患者さんが、初診1回だけでは、両方の話は無理です。

よほど、ブログをちゃんと読んでいただいていて、しかも実践されていて、もうスキンケアは復習くらいで、サッと流してOK!という場合は、別ですが、まあ、無理です。

顔の肌を診た瞬間に、かなりいらんことを今までされてきたな、というのがとてもよくわかりました。

なので、よけいに毛穴が目立つんです。

こんな時に、レーザー(種類によりますが)をやって、絶対にダメではないですが、支払ったお金の価値は絶対に出ません。クリニックが儲かるだけです。

患者さんが効果を実感するのに、なんぼ金使うねんっちゅー話どすえ。

他力本願を心でどこかで願っている方は、スキンケアの話なんかしても、耳もかさないし、まあ、人の話は聞いていません。

聞いているのかもしれませんが、そわそわされているというか、上の空というか、気になって仕方ない毛穴のことで頭一杯なんでしょうね。。

(だったら、先に毛穴相談にされたらいいわけですが。。どちらにしろ、スキンケアに話は戻るんですが、とりあえず気になっている毛穴の話を聞けたことで、ちょっと気が済むというか、落ち着くと思うんです。

予約の時に、いろいろ聞きたいことがある方に、優先順位をつけていただきますが、まずは、ご自身が気になっている順番で話を聞いていかれるのが一番ですので、いつもそうおススメして、順番を決めてもらっています。

 

シミでも毛穴でもたるみでもシワでもなんでもそうですが、気になるから、余計に隠そうと(触ったり、厚化粧したり、いらん化粧品を使ったりなどなど)されるわけですが、それが一番悪目立ちをさせているわけです。肌のきめも荒らしますし、炎症を起こさせるので。

気持ちはわからないことはないですが、ここがぐっと我慢して、ほんのしばらく、最低限しか触らないようにするのが、最大の治療です。

ここで、できるかどうかで、そのあとのお金の使い道と肌が綺麗になるかどうかの運命の分かれ道です。

ファイナルアンサーではありませんが、ここで方向を間違うと、軌道修正にかなりのお金と時間がかかり、しかもその間に老化は進んでいきますから、気が付いた時には、元に戻すこともできません。老化は止められないので。。

 

とりあえず、その患者さんには、スキンケアの話をしましたが、ちょっとだけ化粧品を購入され、毛穴の再カウンセの予約を取って帰られました。

最初の話を実践しないのであれば、この次回予約は全く無駄になるので、大丈夫かな、(スキンケアを)直す気があるのかな、と心配していましたが、次の予約まで1週間もなかったんですが、2回目来られた時には、いやな赤みがかなり引いて、毛穴もちょっとマシになっていました。

ああ、スキンケア、頑張られたんだな、とすぐにわかりました。

そりゃ、まだまだですが、少なくとも、かなり行動に変化があったことは十分わかるくらいに、皮膚の触り方を考えられたんだと思います。

こうなると、レーザーやってもOKです!

いや、良かった、良かった。

スキンケアがちゃんとできていれば、レーザーはとてもよく効きますから。

あとは、栄養が増えれば、言うことなしなんですけどね。カウンセの時間が全然足りないので(肌だけでも足りません。。)、栄養については、栄養療法の一般書を読んでもらって、簡単に先に食事だけでも変えるように言っています。

そしたら、ほんとに綺麗になりますからね~。

みなさんも頑張ってくださいね~。

 

栄養解析をされる方に、恒例のビタミックス®を差し上げていましたが、いろいろな栄養素を摂っていただきたいので、特に、動物性たんぱく質ですね、なので、今回は、プロテインにしました。

(大豆アレルギーの方は、試食テストをしていただいてから(実費必要です)、差し上げます。無理な場合は、他のに変えますね)

 

トゥルースカルプの部分痩身をされる方は、できれば、先に栄養解析で、痩せにくい原因を探ったほうが断然いいです。

AC BODYにしても、栄養が全然足りない方は、筋肉がほんとにつきませんね。

AC BODYの設置値がMAXまで行った方がいらっしゃるんですが、筋肉はついていませんでした。(栄養療法を始める前の方です)

 

なんでもそうですが、物事には適応というのがあって、やっていい人。やったらダメな人がいます。

ほんとに、クリニックだけが儲かる仕組みに、世の中なってますか。

せっかくうちのブログを読んでいただいているんですが、そういうのに引っかからないように、されてくださいね。

すぐに引っかかる、という方は、かならい栄養が足りていないのかも?!

さきほどの患者さんも、顔に触るのが止められなかったら、栄養療法したら(っていうか、したほうがいいに決まっていますが)と思います。脳の中のバランスが、いろいろ悪いんちゃうかな~?と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

20 / 34« First...10...1819202122...30...Last »