プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近投稿した写真

ホーム > スキンケア



すみません、最近、ブログの更新をしておりませんで。。。

ちょっと忙しくて、他のことをちょこちょこやっております。お許しください。

今している仕事が終われば、またガンガン書いていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

ただ、ちょっと気になることがありましたので、休憩中に、お伝えしておきます。

 

このブログで、いろいろとスキンケアについて、私の考えること、私のおススメのスキンケアなど書いておりますが、これらは全て、健康なお肌の方の話です。

紫外線のカットの仕方、日焼け止めの選び方、塗り直しの方法・回数、基礎化粧品の選び方、ファンデの選び方、などなど、全てです。

アトピーとか慢性湿疹・皮膚炎などの炎症のある方、ニキビが出ている方(生理前とか、たまに出るくらいは構わないんですが)は、対象外です。

湿疹とか何かがあるわけではないけど、なんか調子が悪いとか、乾燥してるとか、合う化粧品が見つからない、または見つけにくい、洗顔後バシバシになる、など、あくまでも、アトピーや湿疹の方からしたら、贅沢な悩みというか、普通にお化粧ができる方の話です。

合わない合わない、といいつつも、使える化粧品があるだけ、幸せなことで、ホントに皮膚の病気の時は、化粧品なんて、使えません。

病気の種類にもよりますが。

(ここで言うところの、「病気」というのは、保険診療で薬が処方される状態のことを言います。保険で薬がもらえること自体、「健康」ではないわけです。異常事態なので、健康に戻すように治療が必要となります。軽い「異常」であっても、悪化してひどい「異常」になるかも知れない可能性があるわけで、だから、「薬(医薬品)」がいるのです。)

 

ニキビとアトピー・慢性湿疹・皮膚炎の方とで、私の説明する普段のスキンケアの内容は全然違いますし、よほどのことがない限り、ニキビで化粧品を止めなさい、とまではめったに言いませんが、現在、湿疹・皮膚炎が出ている方は、たいてい、化粧品を止めていただいています。

状態にもよりますが、基礎化粧品(日焼け止め含む)からメイクアップ用品(ファンデ含む)に至るまで、一切を禁止することが多いです。

これは、皮膚科医として、当たり前で、健康でない皮膚、特に、かゆみや痛み・刺激を伴うような赤みにとっては、化粧品(どんなものであっても。ナビジョンも、です)は害でしかありませんから、普通の皮膚科医は、「止めてください」と言うはずです。

柔らかく、遠回しに、「化粧品は勧めません」て感じのいい方にされることはあるかもしれませんが、こういう場合、患者さんは、絶対止めませんね。

だって、やりたいんだから。

今、起こっている皮膚炎が、化粧品自体が直接の原因ではなくても、治ろうとしている皮膚の邪魔はしていると思います。

ちゃんと早く治したかったら、さっさと化粧品全部を止めることです。

だから、いつまでたっても、治らないんですよ。

貴女自身が邪魔をしているから。

 

状態のひどい方に、全部止めるように言うと、何度も、「ファンデもですか?○○もですか?でも、オーガニックで安全なんです。」とか、わけわからん言い訳を何度もされます。

誰のための顔やねん、って話です。

化粧しながら治るなら、とっくに治っているでしょうに。

そうやって、治らないから、跡形がどんどんひどくなって、跡形だけでなく、皮膚炎自体も悪化して、そうしているうちに、ホントにワセリンしか塗るものが無くなってしまいます。

日焼け止めも、下手したら、一生塗れませんよ。

(日焼け止めが塗れない方は、病気が原因であっても、うちではシミの光・レーザー治療はやりません。原因が問題なのではなく、「塗れない」状態である以上、光・レーザー治療はすべきではない、とまで思っています。ものすごく効率が悪いだけでなく、火傷の危険も上がるため。)

悪循環は、一刻も早く、断ち切らないと。

化粧品が全くなんの関係もないかもしれません。

でも、それは、一切を止めてみないとわかりません。

それに、化粧品はもちろん、薬ではないので、そんな炎症を起こしているところに塗っていいものなんか、ありません。

(エステやわけわからん化粧品の一部に、アトピーが治る!とか書いてあるのは、詐欺と医師法違反ですから、警察にご相談ください)

ちゃんとした化粧品には、説明用紙に、「皮膚に異常がある場合は、おやめ下さい。皮膚科医いご相談ください。」って、ちゃんと書いてあるでしょう。

なんでも、説明書は、よく見て!

 

女性の顔に、何か起こった場合、状況にもよりますが、真先に疑うのは、化粧品です。

確率から言ったら、圧倒的です。

原因がいきなりわからない場合、ひとつずつ消していかないといけません。消去法です。

全部の生活を捨てるわけにいかないんですから、一番疑わしい化粧品を止められるなら全部止めてもらって、関係なくても、治る邪魔になるから、一旦休止するんです。

 

大人のアトピーの場合、また少し違ってきます。

アトピーの症状により、一部の化粧品を仕方ないから使っていてもらう、ということはあります。

何故かというと、完治できるわけではないから。

大人のアトピーの場合、多分一生(体質がいきなり変わらない限り)、メンテナンスをしていかないといけません。程度に差はあると思いますが。

そうなった場合、軽めのアトピーだと、うまく付き合っていく、というか、悪化させない程度に、日常を暮していけるように、化粧品が主に、その方の精神安定剤代わりであったり、メリットデメリットを判断して、メリットが勝つ場合に、軽めのメイクやあまり刺激にない化粧品を一緒に考えていくことがあります。

 

その方のお肌の調子によって、全く話が変わってくるわけです。

 

ホントにひどい方は、化粧品を使うと、反ってつらいのは自分なので、たいていの方が、使う気も無くなってしまっているというか、仕方ないともう考えないようにされていたり、とか、こちらで止めてください、という前に、とっくに使っていらしゃらないことが多いです。

人によっては、ポイントメイクですら、できないことがありますから。

 

自称「アトピー」みたいな方は、またこれ、話が違いますけれど。。。

(こういう方は、たいていアトピーではなく、というか、皮膚科を受診したこともなく、なので「アトピー性皮膚炎」と診断を受けたわけでもなく、「私って、アトピーだから、肌弱いんです~」と、自慢げに言う方が多いです。気のせいでしょうか。。。

そういう方は、お肌も、どこがアトピー?というくらい、健康で、よくよく話を聞いていると、おかしな化粧品を使って、肌の調子が悪くなったことがあった、という程度のことが多いです。

おもしろいことに、こういう方が、「合う化粧品がないんです。」「日焼け止めが何にも(!)合わないんです」とか、おっしゃるんですが、おかしな化粧品ばかり使っていたり、とか、たまたま使った2~3種類(それも、おかしなやつ)でかぶれた、という経過で。。市販されている全てが合わない!と言われるので、あ~あ~、と思っちゃいます。

こういう人の中にも、ホントの皮膚炎の方も混じっているので、お肌は診ないとわからないのはわからないんですけどね。)

お肌が健康な方でもなんですが、ブログの書いてる、前後の意味も理解せず、「○○はダメ」「○○は勧めない」というところだけしか、覚えておらず、はあ~?ということをされている方がやはり時々いらっしゃって、困ります。

なんでも、二面性がある、と何度となく、ブログで言ってきたつもりですが、意味がわからないなら、とりあえず、それをやるのは止めておきましょう。理解するまで。

 

何人か、そういう方が続いたので、まだまだブログをみて、思い込んでいる方がいるかも、と今回書きました。

 

お肌トラブルは、元気な時と違うんだし、一人一人でも全然違うわけですから、わからないなら、専門家(皮膚科医、もしくは形成外科医)に相談しましょう。

どんな素晴らしいスキンケアであったとしても、万人に効く方法というのはありません。

自分に合わないんだったら、やり方が間違っているか(解釈の問題)、たまたまなのか、それとも、根本的に大きくずれいてるか、(もちろん、根本的に合わない、ということもあるでしょうけど)などが考えられます。

おかしい、と思っているなら、一旦、いろんなことをお休みして、ゆっくりでいいので、ちゃんと考えましょうね。

 

 

「スキンコンディショナー」

流行ってますか。流行ってますね。

何ですか、それは?

それ、いるんですか?ホントですか?

。。。。私には、なんで、そんなものがいるのか、全く理解できません。

化粧品相談や肌荒れの相談で来られる患者さんや、なんか肌おかしいな、と思った患者さんに、何の化粧品を使っているんですか?とお聞きすると、とあるメーカーの、超~有名な「スキンコンディショナー」の名前が出てきます。

成分を見ると、

グリチルリチン酸ジカリウム

トップにきてます。これも流行りですね~。

「敏感肌用」とか「薬用」とかになると、今たいていこれが入っていると言っても過言ではないくらい、入っていますね。

まあ、これのアレルギーとかでない限り、止めはしませんが。。

ただ、エタノールが山ほど入っているんですね。

ここの商品だけでなく、「スキンコンディショナー」という代物、スーッとした塗り心地じゃないですか?

それアルコールがたっぷり入っているんですよ。

なんで、「敏感肌用」とか謳っておいて、アルコールがたっぷり入っているのか、私には全く理解できません。

グリチルリチン酸ジカリウムさえ、入れときゃいい、みたいに思うなよ。

じゃあ、アルコールを抜けよ!、って感じです。

患者さんは、どこまでやらせの口コミかわからない口コミにのせられて、「肌にいいはず。だって、薬用だし。評判だし。売れているし。」ということで、バンバン使って、どんどん肌がおかしくなるという、恐ろしいことに。

確かに、使ったら、アルコール入りの化粧品って、スーッとするから気持ちいいですよね。

病院とかで採血する時に、アルコールで消毒されたら、スーッと気持ちいいですよね。あれと同じですよ、極端に言えば。

なんで、顔、消毒せな、あきませんねん。

 

患者さんで、例えば、いわゆる高機能化粧品って奴で、ピーリング剤とかレチノール系とかたくさん入っていて、止めてもらう場合、捨てるのはもったいないので(あると、また患者さんは使ってしまうわけで。かといって、高いお金を出して買ったものを捨てるのも忍びないとまた使ってしまうので)、体に使ってもらってます。

美白系のピーリングであれば、膝とか肘とか。皮膚の分厚いところとか。

レチノール系とかのものであれば、首から下に塗ってもらってます。

体に塗ったら、すぐに無くなりますからね、一石二鳥ですね。

 

でも、アルコールたっぷりの化粧品は、もったいないお化けが出ようが、「捨ててください」と言ってます。

特殊な化粧品で、特殊な成分を、皮膚の奥に浸透させたいから、とか、どうしても成分を混ぜるのにアルコールが少量必要、という場合があります。

こういう化粧品は、メリットデメリットを天秤にかけて、自分の肌に合うかどうかもあわせて、使うかどうかを選ぶしかありません。仕方ないです。その成分が欲しいんだから。

アルコールも、すっごいたくさん入っているわけではないので、ジレンマな時もあるかもしれませんけれど。

 

でも、なんで、保湿のための化粧品に、しかも「敏感肌」と書いておいて、アルコールをたっぷり入れるんですかね。

世間一般の「敏感肌」って、なに?

アルコールが平気な肌のことですか?

知らなかった~!

 

私は、こういう「スキンコンディショナー」、アルコールがたくさん入っているので、ニキビの方が一生懸命塗っているんだと思ってました。

アルコールで、殺菌して、皮脂も取って、という、化粧品会社の安直な企みに乗せられて。

アルコールなんて、バイキンだけ殺すわけじゃないですよ。お肌も死んじゃいますよ。

(実際、肌が死ぬわけではないですが、肌のダメージはたいがいでしょう。)

 

そしたら!ニキビ用じゃないんですね、これ!「敏感肌」って、書いてあるじゃないですか!

。。。。よくわかりませんね。

 

今日の患者さんには、捨てないんだったら、鏡でも拭いてください、と言いました。

(アルコールで鏡を拭くと、とてもキレイになりますね。)

「スキンコンディショナー」

いかにも、肌に効きそうな、よさそうな、とても都合のいいネーミングですね!

初めて、この名前を付けた人、エライですよね=。化粧品としては、こんなそそられるネーミング、ないですよね。

お肌のコンディションを整える、ってことですか?

アルコール入っているのに?しかもたっぷりで。

今時、こんなたくさんアルコールが入っている化粧品があるなんて、ちょっと驚きです。

今の時代ほど、「アルコールフリー」を謳う化粧品が出てきている時代はないと思っていたのに。

いつの時代やねん。。。と思いました。

昔の、「収れん化粧水」とか、いうやつですかね。

(この「収れん」という意味も、よくわかりませんでした。今でもわかりません。)

(世の中で売っている全ての「スキンコンディショナー」という代物が、絶対にアルコールがたっぷり入っているわけではありません。

そんなに害のないものも探せばあるかと思いますが、それ、ホントにいります?

何度もいいますが、基礎化粧品なんて、ホントにただの保湿さえできていればいいんです。

ホントに単純な化粧品で。(市販で探すなら)

何種類も塗る必要もありません。

(化粧水の前にコンディショナーを塗って、乳液ぬって、美容液塗って、クリーム塗って、とかのことです。

それだけ塗らないと、保湿が足りない、あるいはまだ足りない、というなら、根本的に見直しましょう。)

先日、肌荒れ相談で来られた患者さんが、ここのシリーズの、一応、保湿ラインらしいものを使っていらっしゃいました。

若いのに、ここの、化粧水、乳液にセラム(とかいう高いやつ、美容液ですね)を塗っても、まだ乾燥する、ということで、さらに、そこに言いにいったら、オイルまで買わされたそうで。。。。それでも、まだ乾燥すると。(実際、お肌はボロボロでした。)

これだけ、塗っているのに、乾燥するって、おかしくないですか?

絶対、おかしいでしょ!

ミイラじゃないんだから。

それだけ、塗っているのに、乾燥する、というなら、根本的なスキンケアが間違っているのか(根底からです)、使っている化粧品が大概おかしなものが入っているか、悪くはないけど肌に合っていない、か。

そのうちのどれかか、全部か、か。。

 

化粧品相談だったので、来られる前に、ここの化粧品の全成分をみたら、保湿ラインのくせに、ほぼ全部にアルコールが入っているんです!

なんじゃこりゃ~?!(松田優作風にお願いします)

いろんな化粧品会社で、乳液にもさっぱりタイプとか、3種類くらいあって、さっぱり系のにはアルコールが入っているけど、しっとりには入っていない、とかが普通というか、当たり前です。

(乾燥肌に人に、アルコール塗らせてどうする!)

でも、ここの全部、入っているんですよ。

塗り心地重視ってこと?

そりゃ、乾燥するわな。

 

化粧品相談じゃない方で、処置中に化粧品に話になった時に、ただの保湿なんだったら使っていたらいいですよ、と以前は言ってましたが、こんな化粧品があるんだったら(しかも有名な大手で)、保湿のラインも、信用しちゃいけないってことですよね。

 

化粧品を使っていて、「なんかおかしい」と思ったら、とりあえず、一旦止まりましょう。

そして、「おかしくならなかった」時まで、戻ってみたらどうでしょう。

被害が少なくても済むんじゃないのかな。

よかれ、と思ってされてみて、ホントにおかしなことになっている方が結構来られます。

たいていは、何かを読んだり聞いたりして、ガラッと化粧品を変えられたわけですが、やればやるほど、どんどんひどくなっていて、それだったら、変える前の状態のほうがましだったんじゃない?ということになります。

 

思い込みの激しい女性って多いですかね。

誰でも思い込んでしまった経験って、あると思いますが、一部の女性の、化粧品とか美顔器とか美容に関わるものへの執着というか、思い込みが激しすぎますね。

冷静な判断ができないのか、すぐに間違った情報に、そのまま乗せられて、どんどんおかしなことになっていく、という。。

(美容にいいと)思い込んでいるから、よほどのカルチャーショックでも受けない限り、止めないんですよね~。よほど困ることが出てくるか。。

一体、どうしたらいいんでしょうね。

「キレイになりたい」という気持ちが強すぎて、その心の隙というか、貪欲さにつけこまれてしまっているんですかね。

他力本願というか、過信しすぎる、というか。。。

化粧品でも医療でもなんでもそうですけど、神様じゃないんだから、そんな都合のいい、魔法みたいなものはないですよ。

「キレイになりたい」という気持ちと努力は大事ですけど、なんかずれていってしまわれるんですよね。。。

どうしてなのか、私には、ホントによくわかりません。

たった1度でもずれると、人工衛星って起動修正するのって大変って、ご存知ですか?

どんどん地球から離れていってしまうんです。

 

たかが化粧品に、頼り過ぎないでください。

ただの保湿であって、それ以上でも以下でもないです。

ずれている人は、またちょっと目を離した隙に、またろくでもない化粧品を使って、肌がボロボロに、ということを繰り返されることがあります。

もうこういう方は、どうしようもないですね。

どう話せば、わかるのか、私には、ちょっとわかりません。自己流のアレンジが強すぎるんですよね。

(先日は、私の純石けん(石けん素地100%の無添加石けん)のブログを読んで買いました、と言って、石けん素地に、オリーブオイルやら、わけわからんものが山ほど入った石けんを買っていて、勧めている純石けんと全く同じものだと信じている方が来られました。

あれだけ、メーカーの名前まで、いくつかあげていたというのに。

成分表に、「石けん素地」という文字さえ入っていれば、他にどんな添加物が混ざっていようと、同じ「純石けん」だと思っていらしたそうです。)

日本人同士なのに、日本語が通じない。日本語を違う風に訳して理解される。

まあ、こういう方は、ごく一部なんですけどね。

でも、こういう方に、どう言えば、今後もおかしな化粧品を信じて買わないようにさせられるのか、わたしの言語能力の限界を感じます。

私では、その方がキレイになる手助けは、してあげられないのかもしれませんね。

使う化粧品に迷ったら、そりゃ、うちで予約を取るなり、処置中に聞くなりされればいいですが、そのタンビに、うちまで来るって大変じゃないですか。たかが化粧品を買うだけなのに。

うちに置いてない、一般の化粧品を買いたい時もあるでしょうし、自由に選びたいことないですか?

自分で、いわゆる、それこそ普通の化粧品を買えばいいだけなんですけどね。

ほとんどの患者さんができることができない方が一部いらっしゃって、おかしなものばかり、繰り返し使われます。(しかも、自信を持って購入されているわけです)

どうしたら、いいんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

ナビジョンから新しく、「NAVISION DR」という、非常にアグレッシブなシリーズが出ました。

前にも少しお話したやつです。

IMG_20130323_110611126.jpg

資生堂が社運をかけて(?)というと言い過ぎでしょうが、かなり力を入れて、開発販売に挑んだ商品のようです。

ちなみに、この「DR」というのは、クリニック限定なので、「ドクター」の意味かと思っていましたが、「Dermatology Research(皮膚科学研究)」という意味だそうです。

 

資生堂のナビジョンシリーズは、もともとクリニック限定の化粧品であり、診察・カウンセリングをしてから、ドクターが勧めて買う、ということが前提というか、暗黙の了解で発売されたものです。

クリニック専用化粧品というのは、もともと、そういうもので、クリニックを受診もしていない、もちろんどんな肌の人なのか、わからないのに、売る化粧品ではありません。

(普通のカウンセリング化粧品(資生堂やSK-Ⅱとか)でも、昔、大型の安売り店が、カウンセリングもしないで(人件費が削減できるので)、3割引きとかで売っていて、もめていましたね。裁判にまでなりましたっけ?話合いで済みましたっけ?結局、安売り店でも、カウンセラーを置く、という条件で決着がついたんでしたっけ?)

「診察をして、処方をする」なんて、医療では当たり前のことですから、資生堂も岩城製薬(ナビジョンを販売している製薬会社です)も、対面販売でないとダメ!なんて、当たり前のことを、わざわざ契約書を作ってまで規制しなかったんです。

ところが、やっぱり金儲け主義のドクターというのは、どこにでもいて、ネット販売を始めてしまったものだから、真面目にやっているクリニックから大ブーイングです。

再診の、使ったことのある方が、買いにいけないからそこのHPでオンラインで買うならまだしも、誰にでも売っているクリニックがあって、患者さんというか素人の人が、好き勝手に買っちゃう始末。

買う側からしたらいいとお思いでしょうが、便利ですものね、わざわざ行かなくて、好きに買えますものね~、私は、そんな金儲け主義のところが売っているものなんて、(大量ですから)、品質管理がちゃんとしているのかも疑問ですし(中身が劣化している可能性もあるでしょう。)、今の時代、儲かるなら、と偽物も出ているかもしれません。

ナビジョンの卸値から言って、光・レーザー治療をしたりして、クリニックにお金を落としてくれている患者さんに、少々値引きして売るのはアリでしょうが、クリニックで処置もしていないナビジョンだけの人にポイント制にしてお得感を出したり、配送料やパッキングの手間暇のことを考えると、儲けなんて、クリニック側にはほとんど出ません。場合によったら、配送料まで持っていたら、おそらく赤字かな、と。。。

となると、本物は売れないんじゃないでしょうか。。

だって、金儲け主義のクリニックが、わざわざ赤字で、商品売るわけないですからね~。偽物なら、黒字ウハウハでしょうけど。

ま、真相はわかりません。普通ならやらないことはやっているようなクリニックなので。医薬部外品とはいっても、化粧品扱いになりますから、クリニックで売る分には、違法行為ではないわけなので。

私は、そういうことには関わりたくないし、うちの患者さんも関わられません。

 

化粧品って、安いものでも、肌に合わなかったりすると、ちょっとへこみませんか?ブルーになりますよね。

ナビジョンって、決して安いわけではないので、私は、テスターで試せる限り試していただきたいですし、ホントにご自分に合ったものを使っていただきたいと思います。適応がないのに、勝手に塗っても、お金も時間も無駄だと私は思います。

塗って害がないものもありますが、使い方が間違っていたり、あた、根本的なスキンケアのやり方がおかしかったら、1億円化粧品にお金かけたって、キレイな肌には絶対なりません。どんどんおかしくなるだけです。(いつも言っていますよね。)

ナビジョンだから、何でもおススメ!というわけでは、私はありませんので、うちでわけあって、卸していない商品を、患者さんでたまにネットで買って使って、あちゃ~、となっていることもあります。

それは、貴女は使っちゃダメでしょう~、となっちゃうわけです。

 

と、書くと、うちで散々ナビジョンのカウンセだけ聞いておいて(レーザーをしたいとする気もないのに診察に来て、レーザーの話そっちのけで)、テスターを散々試した挙句、うちで買わずにネットで買う人がたまにいて、まあ、非常識を通り越して、あきれますね。

そういう人は、お断りですけど。二度とうちの敷居はまたがせません(笑)。

 

得に、お金がちょっと安くなるからとネットで買っている方は、せこすぎます。(ホントにどこまで安くなっているのかは知りません。安すぎたら、卸値割れしていますから、ホントにおかしいですよ。)

そういう、せこい人は、美容医療に向いていません。

だって、本物かどうかもわからないのに。それでかぶれたり、変になったら、お金もっとかかりますからね。

そこまでケチって、ナビジョンを使わないと効かない、なんてものはありませんから、ナビジョンが高いと思うなら、別の他の保湿を使えばいいわけで、保湿さえできていれば何でもいいわけです。

物事を本質をとらえられない方は、何度注意しても、おかしなことばかり、家でやりますからね、たまにクリニック来て、処置したって、キレイになかなかならないんですよ。

やらないよりは、マシなこともありますが、ちゃんとしていたら、もっと早くお金もかからずに、キレイになれたのに、という方がいらっしゃって、あちゃちゃ~と思います。

ま、仕方ないですね。その人の人生ですから。

 

さて、本題の新商品です。

資生堂も岩城製薬も、そんなことをされたら困るわけですが、最初に契約していないので、どうにもこうにもできません。

で、今度のこの新しいラインは、クリニックが卸すのに、契約書を交わして、購入という形を取られました。

初の(というのも、おかしな言い方ですが)、対面販売による、クリニック限定化粧品です。

資生堂特許成分である、トラネキサム酸・4MSKがたっぷり入っています。

資生堂の研究所というのは、ものすごい設備ですからね~。研究費にも、普通の大学では考えられないほど、莫大にかけています。資生堂の売り上げの大半が研究費と言っても、過言ではないかもしれません(って、ホントは知りませんけどね。でも、きっとそう。だって、すごいから。)

ホントによく研究されていて、その発表を聴いているだけで、効く気がしてきます。説得力があるんです。

(私は、こういう科学的なデータにとても弱いです。)

今回の発売ラインのものは、かないアグレッシブで、ホームケアとしてなら十二分すぎるほど。

従来のナビジョンのWの美白・美肌・肌荒れ・保湿目的のものの、パワーアップと思っていただけると、とてもわかりやすいのかもしれません。

 

そう聞くと、どなたでも使ってみたくなるんじゃないですか?なりますよね~。

 

で、ここで、私のいらん考えが出てくるんですが。。

この特許成分である4MSK、非常に優れた成分で、シミを気にされている方からしたら、ホームケア(予防も含めて)として、とてもいいんですが、これ、はっきり言って、ピーリング作用があります。

このおかげで、トラネキサム酸をバンバンお肌の本当の奥まで届けてくれるわけですが、バリア機能が破壊されている方・敏感肌っぽい方には、私は勧めません。

バリア機能がある程度元気でしっかりしている方で、シミ対策として、特にくすみやすい方(ジェネシスやライムライトを当てた直後に、パ=っと白くなる方がいらっしゃいます。角質が溜まり易い方ですね。)は、あまり溜めないよう化粧品でしてあげるのは、いいかもしれません。

ニキビが出やすい、毛穴が詰まりやすい方にも、いいと思いますが、バリア機能が壊れていたら、勧めません。

使えるには、いろいろ条件があると私は思います。

ちゃんといざというときの保湿の分は、もっておいて、集中ケアみたいな感じで、このDRシリーズを使う、という使い方ならアリかなと。。

バリア機能もチェックしながらのほうが安心ですね。

赤み・乾燥などが、もしひどくなったら、一旦ふつうの保湿に戻していただきます。

 

夜用のクリームには、レチノールが入ったので、これもバリア機能が破壊されている方には、勧めません。

 

このシリーズ、全部を仕入れるわけではありませんが、必ずお肌を診せていただいてから、私の許可がないと、売らないように受付に言ってあります。

(患者さんが、勝手に買って帰らないように(笑)。)

どなたでも、というわけではありませんが、合う方には、とてもいいのかな、と思います。好きな方は好きですね~。前のラインよりも気に入っておられ、全然困ったことはないそうです。乾燥肌だから使えない、というわけではなく、やはりバリア機能の問題なのかな、と。

(私としては、他にいい美容成分が山ほど入っているので、ピーリング系を全部抜いたものを別ラインで作ってほしいんですが。。)

 

取扱いのあるもの以外が、パンフレット見て使ってみたいとなったら、ご相談の上、取り寄せ、ですかね。

ご興味のある方は、処置の時にご相談ください。

IMG_20130323_111121651.jpg

今日から入荷です。

(ですが、佐川急便が指定時間になっても持ってこないので、まだ届いていません。。。)

 

 

「のオーガニック」編に行こうと思っていましたが、続けて、あやしいドクターズコスメに騙される患者さんが続いてこられましたので、ご紹介です。

 

先日来られた方が、あるドクターズコスメを使っておられました。

化粧品かぶれで、いろいろと悪循環にはまっている方だったので、ドクターズコスメであろうが、なんであろうが、スキンケア自体がむちゃくちゃだったので、まあ、何を使っても、同じ結果だったと思います。

でも、おかしなものだな、と確信したのは理由があります。

(当日、持ってこられたもので、調べる時間もなく、また、持ってこられたのには、成分表がなかったので、何が入っているのかもわかりませんでした。)

以前に、少し使ったことがある化粧品だったらしく、久しぶりに、使ったら、ピリピリして、沁みたそうです。

そのメーカーに電話をして、刺激がある、と言ったところ、そのシリーズの別の化粧品を使うように言われたそうです。(!! しかも新しく買って、ですよ!)

普通のメーカーだったら、使うのを止めるように勧められたり、皮膚科に行くように勧めるのが当たり前だし、常識です。

ちゃんとしたメーカーの説明分には、「異常があれば、使用を止め、皮膚科医にご相談ください」とかなんとか書いてあります。

使うのを止めさせるどころか、別のを買わせるなんて、あくどいにもほどがあります。

で、もちろん、それも使われましたが、刺激があって、ダメでした。

(おかしな化粧品でしたからね、健康でない肌に、使えるわけありません。)

その方の肌荒れの根本的なきっかけと、その化粧品自体は関係なかったんですが、なんとなく名前と見た目は覚えていました。

 

その記憶も冷めないうちに、別の肌荒れの方の相談があり、化粧品の名前を先に聞いておいたら、なんか聞き覚えがあるな。。と。

ネットで調べたら、同じものでした。

「ドクター○○」という名前で、ドラッグストアで買ったそうです。

さて、ここの「ドクター○○」、HPのどこにも、よくある「皮膚科医が開発した」とか、「皮膚科医監修」とか何も書いていません。

そんなことも書いていないくらいですから、皮膚科医の名前も写真もあるわけありません。

それで、なんで、「ドクター」という名前を付けるんでしょう。。

HPには、化粧品のコンセプトというか、「こだわり」が、もっともらしく書いていましたが、あやしさ満点で。。。あ~あ~。。最低ですね。。

 

さりげな~く、ピーリング剤も入っているし、「ビタミンC」を濃いめに入れているのが、どうもポイントらしいです。

 

みなさんは、ビタミンCの入った化粧品、というと、なんか肌によさそう、シミも消えるんじゃない?シワにも毛穴にもいいんじゃない?と思うでしょうが、実は、なかなかそうはいきません。

ビタミンCというのは、化粧品として、混ぜたところで、そうそうお肌の奥には入りません。奥に入れるには、技術がいるんです。

だから、イオン導入によく使われるんですよ。塗るだけでは、なかなか入りませんからね。

また、よくある間違いが、なんの成分でもそうですが、「濃ければいい」みたいに、自分で作る時に、すっごい濃いのを作ることです。

コーヒーだって、お茶だって、限度を超えて、濃すぎたら、飲めないし、体にも悪いでしょう。もちろん、塩や砂糖もそうですよね。

何事もほどほどに、という言葉を知らないんでしょうね。

濃ければ濃いほど、副作用が出ることも多いんです。

 

ビタミンCの作用の一つに、「毛穴を小さくする、目立たなくする」というのが有名ですが、これは、皮脂を抑えるためです。

「皮脂を抑える」というのが、作用でもあり、副作用でもあるわけです。

脂ぎったニキビの方には、いいことが多いですが、大人の女性の乾燥肌や混合肌(大人の女性で、本当の脂性って、実は、なかなかいませんよ。自分でもそう思っているだけで、実際は、混合肌です。勘違いされている方が圧倒的に多いです。脂性だと思って、いらんことを山ほどするので、お肌(体)は困って、保湿せなっ!!と皮脂をどんどん出してくるという悪循環にはまっていくわけです。)

なにより、乾燥肌で悩んでいる方が、キレイになる!とガンガンビタミンCを塗っていると、どんどん乾燥していくという、恐ろしいことに。。。

この患者さんは、乾燥で悩んでいたところに、ピーリング剤とビタミンCのダブルパンチの上に、季節柄、どんどん乾燥していく時期に突入したため、泥沼に落ちてしまったわけです。。

こんな短期間に、同じ化粧品を使って、エライことに。。

どっかに、「おススメ化粧品」って、口コミサイトかなんかに書いてるんですかね。

何度も言いますが、口コミサイトは、お金で情報操作ができますから、過信してはいけません。

とりあえずの、「きっかけ」にするならいいと思いますが、テスターやサンプルで、必ず使い心地を確認してください。

それで、気に入ったのなら、使ってみたらいいと思います。

使わないと、どちらにしろ、わかりませんし、1週間とか1か月使わないと、ホントに合っているかどうか、わからないこともありますから、テスターやサンプルで、全てが分かるわけではありませんしね。

 

だから、ネット化粧品は、試すことすらできないわけで、おススメしないんです。ネット化化粧品でも、サンプルがもらえるなら、試してから買う!

いきなり買う場合は、もうそのお金は、捨てたも同然、と思って買いましょう。あくまでも、試すために、使うお金です。

なんの化粧品を使ってもいいと思うんですが、

保湿以外の何か別のことを書いてある化粧品は使わない!保湿目的の化粧品を使う!(特に、高機能化粧品や、キャッチコピーとかに、付加価値のついている化粧品です。)

さっぱりタイプは、どんな化粧品であっても、止めておきましょう。

(アルコールが入っているものが圧倒的に多いです。絶対入っていないし、絶対使いたい!というなら、使ってもいいんじゃないですか。でも、そこまでして使わなくてもいいんじゃない?さっぱりタイプでいけるなら、多分、その化粧品、いらないんじゃないかな。。)

できれば、試してから使う。

人それぞれ、好みはいろいろです。友達に合っていても、貴女に合っているかどうかは、使わないとわかりません。

できれば、安物(値段が安いのではなく、質自体が悪い、という意味です)は使わない。

どんないいと評判のものでも、過信しない!

「絶対」なんて、ありえません。信じ過ぎていると、何かあったときに、いつまでたっても止めないので、どんどん被害が広がります。客観的判断をにぶらせます。

たかが化粧品、されど化粧品です。

 

何を使っていいのかわからない、という方で、うちに受診されれば、うちで取り扱っているもののご紹介はします。テスターを使われて、気に入ったら、買うこともできますよ、とは言います。

ですが、強制はしていません。だから買って帰らない方もいらっしゃいます。

ドラッグストアでもデパートでもスーパーでも、自分で探して買ったらいいと思いますし、うちで買わないんだったら、市販のものを買われるんだな、と思うだけです。

人それぞれ、化粧品にかける金額の価値観って、違いますから、強制はしていません。

なのに、またドラッグストアの、買っちゃダメ!と勧めている化粧品を買って、肌の調子が悪くなって、ということをいつまでたっても繰り返して、そのたびに、「何を買っていいのかわからない」と言われても、私は困ります。

うちで買ったものであれば、ピーリング剤が入っていないとかわかりますし、その方に合うだろうな、というものを勧めているので、お勧めした責任がありますが、市販でダメなものを買っておいて、どうしろというんでしょう。

市販で買うなら、自分でちゃんと選ばないと。

肌トラブルのない方であれば、いきなり合わない、とかは、特殊なものでない限り、あまりないでしょうが(ゆっくりやられていく、というのはありますよ。)、肌トラブルで、今悩んでいる方が、なんでもかんでも使えるわけではないでしょう。

その状態で、市販のあれこれを買ったらいいですよ、なんて、私からは勧めません。市販のものと、クリニック専用の化粧品とは、刺激感などやっぱり違うからです。

市販でおススメのものがあるなら、わざわざクリニック専用化粧品を仕入れません。患者さんが、何を買ったらいいかわからない、と言われるので、仕入れてるわけです。

 

「市販の○○を使っている」と言われた場合、ひどい害がないと思ったら、前にも書きましたが、止めることはしません。何か化粧品を使わないといけないわけで、今使っているもの全部止めさせたら、今日から何を使えばいいんでしょう、と化粧品全部変えなきゃいけなくなりますよね。

(たまに、全部止めないといけない方もいらっしゃいますが、これはもう、ただの肌荒れではなく、薬が必要な、ひどい状態なわけです。化粧品どころの話ではないわけです。)

まあ、市販で勧めるのは、ワセリンと純せっけんくらいですね。

(ワセリンの副作用は、もちろん、ワセリンでかぶれる方もいらっしゃいますし、ニキビが出ることが一番多いかも。人によったら、毛穴をふさぎ過ぎてしまうようです。ニキビが出たら、塗る量が多いのか、今のあなたの肌に合っていないんでしょう。その場合は、止めましょう。)

「使用を止めない」=「おススメ」ではありません。

でも、何か化粧品を使わないといけないのであれば、市販かクリニック専用か、何か選ばないといけませんよね。

「使わない」という選択肢を選ばれるなら、また話は別ですが。

 

「使用を止められなかった」というのであれば、とりあえず、何か困ったことが起こるまで、使っていたらいいと思います。

止めてほしい場合は、そんな呑気なこと、言いませんから。

「帰ったらすぐに捨ててください」とまで言う化粧品もあります。

でも、使い続けるのは心配、というなら、残っている間に、ゆっくり探せばいいと思いますよ。

 

TVや雑誌を見て、いつも思いますが、情報に踊らされない、というのがとても大事です。それは、友達からの情報でもそうです。

たまたま、その友達の、その時(今)の肌の状態にマッチしただけで、今の貴女に合うかどうかは、全く別の話です。

なんでも、過信しない!!

なんでも疑ってかかれ!とまでは言いませんが、確認くらいはしましょうよ。

 

 

 

 

 

 

 

今日、たまたまキュテラの方と話をしていて、デコルタージュシステム®をキャンペーンに入れるのを忘れていたことに気づきました。

私としては、入れているつもりだったんですが、ただ、「お知らせ」に書くのを忘れていて、すっかり書いたつもりでいたら、抜けていました。。。

すみません。。。

 

もうすでに、3万円以上の処置をされた方で、キャンペーン対象だったら、欲しかったのに、という方がいらっしゃれば、ご連絡いただきましたら、ご用意しておきますので、申し訳ありませんが、お電話ください。

以前にも書きましたが、デコルタージュシステム®のバラ売りもしております。

 

中身は、エラスチダーム®と同じ濃度のマロン酸(エラスチンを増やしてくれる有効成分です)の、シワ・アンチエイジング用のと、ホワイトニング用のハイドロキノン4%含有のクリームの2本セットです。

ただ、患者さんによったら、ハイドロキノンにかぶれる方で、マロン酸だけ欲しい、という方や、あるいは、体用のハイドロキノンだけ欲しい、という方が、ちょっと出てきて、被れるなら仕方ないな~、とばらしたのがきっかけです。

 

体の美白には、ライムライトをあてる、というのは、もちろんできますが、ものすごい贅沢ですね。

顔にするのを止めて、その分されている方もいらっしゃいますし、顔もやって、体もやって、と頑張っておられる方もいらっしゃいます。

 

光・レーザーを体にあてない場合、ホームケアが中心となります。

お値段もお手軽だし、のんびり気長に長くやっていけますよね。

体の黒ずみが小さい場合は、顔と同様、エクイタンス®を塗るのが一番おススメですが、脚全体とか、ひじからひじ下にかけて、とか、ひざ下周りとか、おしり周りとか、範囲が広いと、エクイタンス®が、あっという間になくなって、もったいないですね。

(お金かかりすぎ。。お金は構わない、という方は、どうぞ使ってくださいね。)

エクイタンス以外で、となると、今までなら、ナビジョンのボディクリームを使ってもらってました。

保湿と美白の一石二鳥で、便利ですよね~。

でも、安全な分、もひとつ、と思っていた方、早くなんとかしたいから、もっときついの、と思っている方に、説明の上、ハイドロキノン入りの、デコルタージュシステム®を勧めてました。

ハイドロキノン4%で、こんなたっぷり入っているのは、そうそうありませんものね。

その割に、お値段もお得かな、と。

お得なのは、この片割れの、マロン酸のほうもです。

首や体に、定期的に、タイタンやジェネシスをあてるのも、かなりの贅沢ですものね。

日焼け止めと保湿もしっかりしたうえで、さらに、アンチエイジングをしたいなら、うってつけです。

エラスチダーム®の量と値段から言えば、かなりのお得です。

たっぷり使えますね。

(だからって、顔に塗ったら、ダメですよ。顔に塗って大丈夫という実験はされていないので、あくまで、首から下です。)

 

二つ合わせて、かなりお得です。

 

ただ、ばらした場合、中途半端にどちらかだけ余るとか、ややこしくなるし、基本2本セットのものなので、ばらした場合は、少し割高にさせてもらっています。

1本¥10.500です。(2本セットなら、¥18.900です。)

ばらしても、キャンペーン対象なので、どうぞご相談ください。

 

ただ、どちらも、どこの、どんなものに塗りたいのか、適応があるし、塗り方など説明しますので、必ず診察が必要です。

気になる方は、ご予約の時に、お申し付けください。

 

 

お待たせしました。

ホントにおススメしない化粧品第六弾です。

「ドクターズコスメ」

 

みなさんの「ドクターズコスメ」というイメージは、皮膚科医が作った化粧品だから安心して使える、効果がより出る気がする、おかしな成分は入っていないだろう、というところでしょうか。。

みなさんが、そう思うから、悪徳業者に利用されてしまうんです。

厚生労働省は、根拠のない「ドクターズコスメ」は名前が消費者に誤解を招くので、「ドクター○○」みたいな名前は、化粧品につけないように指導されています。(広告規制です。)

 

本当の意味での「ドクターズコスメ」というなら、そのクリニックに行って、そこのドクターが実際作っていて、処方してくれる(販売している)化粧品でしょう。

それであれば、全く問題ありません。

 

ですが、みなさんが買っているドクターズコスメは、ドラッグストアや、ひどい場合だとネットで買っていますよね。

それ、ホントにドクターズコスメですか?

 

厚生労働省が、どうして、そんな名前をつけるな!と指導するかというと、そうやって騙される消費者が後を絶たないからです。

その規制をする前に、もう登録して販売されている化粧品までは、名前を変えなさい、と強制にまではしていませんが、その規制後には、販売はしたら、ホントはダメなわけです。

でも、一般で売っている化粧品が莫大な数なので、もう管理ができない状態で、まして、ネット販売となると、把握もできないでしょう。

 

もし騙されたと思うなら、国民生活センター(消費者センター)、もしくは、保健福祉局(保健所ですね)にご相談されてみてください。

消費者庁ができましたから、みなさんからの問い合わせが多いと、お役所も動いてくれるかもしれません。

 

基本は、そういう化粧品には関わらない、というのが一番なんですが。。。

 

中には、昔からある、「ドクターズコスメ」で、良心的なところもあるかもしれません。

ドクターとは何にも関係なくても、中身は悪くない、というものがあるのかもしれません。

(私は、今のところ、知りませんけど。誰か、ホントにおススメの、正しい意味での、「ドクターズコスメ」は、市販されているなら、その名前(メーカー)を教えてください。)

 

中身がそれほど悪くない化粧品は、世の中に山ほどありますが、それをアピールするのに、「ドクター○○」って、関係ないのにおかしいでしょ。

 

先日も、患者さんが、皮膚科医が開発した、とかいういわゆる「ドクターズコスメ」を使っている、とおっしゃってました。

ところが、そこの保湿クリームをたっぷり塗っても、2時間ほどしたら、すごくつっぱるのか乾燥しているそうで、そのせいで、違うクリームをまた足さないといけないそうです。

なんやそれ。。

 

ホントにドクターが作った化粧品で安心というなら、保湿くらいはちゃんとしてほしいものですが、まあ、あやしい、名前だけ、ということでしょう。

何の役にも立ってませんよね。

患者さんに、「それ、おかしくないですか?」と言ったら、「でも、皮膚科の女医さんの顔写真が載っていた」と言われます。

。。。だから、何?って感じですけど。。

その女医さんは、一体、どこの人?どこのクリニックで、どこで働いているの?

(ここの広告には載ってましたが。)

ご自分でも把握していない、そんな得体のしれない人が作ったかどうかもわからない化粧品を高いお金を出して、どうして買うんでしょうね。。

はっきり言って、その人がホントに医者かどうかもわからないわけでしょ。

 

そのメーカーの名前を聞いて、ちょっとパンフをもらってきました。

(最初、名前がうろ覚えだったので、ネットで検索しても出てこなくて、たまたまスーパーの化粧品売り場を歩いていたら、見かけて、あああ、これか、とわかりました。

前にも書きましたが、名前も憶えていないような化粧品を使うのは止めましょう。

何を自分が使っているのか、それくらいは把握しておきましょうね。

たかが化粧品でも、いい加減に選ばない!化粧品のことを、たかが、と思っているくせに、高いものを買ったり、キャッチコピーに振り回されたり、と、いらん時間とお金を使っているわけです。

どうせ時間とお金を使うなら、納得したものを使いませんか?だって、自分の顔に、365日毎日何年も使っていくんでしょ?

普段のスキンケアで大事な役割をしているのは、化粧品です。女性にとって、なくてはならないもので、化粧品は正しく選べば、とても信頼できる(言い過ぎかな)友達と同じですよ。

 

話を戻します。

そのパンフには、確かに女医さんの顔が載っていました。

でも、その人が作ったとか開発したとかは、書いていませんでした。

そのブランドは、20年以上前から販売されていて、ドクターズコスメの先駆者みたいに書いていますが、ドクターの話は全然出てこなくて、その写真の女医さんのことが出てくるのは、2011年です。しかも、「ブランドコンサルタント」であって、その人が開発しているわけでも、その人が立ち上げたブランドでも何もないようです。

 

「ドクターズコスメ」を謳っている化粧品で多いのが、「皮膚科医の意見を取り入れて」「皮膚科医に評価してもらいました」「開発に関わった」などといううたい文句です。

どこまで関係していると思います、実際?

個人でやっているネットとかの化粧品の場合にも、「うちのは安心・安全です。だって、皮膚科医・小児科医の意見を聞いたから!」みたいなことが延々と書いてあることがあります。

一体どこの誰?

ヘタすると、たまたま友達か知り合いで、一緒にご飯食べてて、「それ、いいんじゃない。」とか「へ~、塗りやすいね。」と言われただけかもしれませんよ。

それでも、「開発に関与した」と書いたところで、ウソではないでしょ。

極端な話、こういう程度でも書いちゃうんですよ。キャッチコピーって。広告の基本です。

ウソをついていなければ、なんでもいいんです。(中には、ウソもついているでしょうけど。)

 

実際、医者の仕事の中には、そういう化粧品会社に勤務するとか、ひどい場合は、名義貸しというか、名前を貸す仕事があります。

化粧品会社に勤めるのと名前を貸すのは、全然内容が違いますけどね。

単に名義貸しでも、「ドクターズコスメ」なわけです。

ホントにどこまで、そのドクターが実際関わっているのかなんて、その会社の開発の中に入らないとわかりません。

パンフレットからそれを読み取るなんて、不可能です。

もっともらしく見せるのがパンフですから。当たり前ですよね。

もし、名義貸しだったら、そんな化粧品を使って、楽しいですか?

じゃあ、もっと安いのでいいですよね。

だって、そのもっともらしいキャッチコピーのせいで、余分に値段が上乗せされているわけですから。

中身は、どこにでもある化粧品というのはよくある話です。

 

ちなみに、こちらの化粧品、エタノール(アルコール)はばんばん入っているわ、私の嫌う、毎日のお手入れにピーリング剤を混ぜた商品をバンバン売っていました。

ピーリング入りは、各ドクターによって、考え方の違いということで、仕方ないとしても、エタノールたっぷり入った化粧品を売るか?と思います。

(もちろん、お値段もそこそこいい値段をつけています。)

私からしたら、なにもこれ、この値段で買わなくてもいいんじゃない?という類のものでした。

 

ちなみに、エタノールがたくさん入った化粧品は止めましょう。

アルコールには殺菌作用があります。(ノロウィルスとか死にませんけどね。)

でもバイキンだけ殺すのではなく、正常なお肌の細胞も殺します。殺さなくても、ダメージは起こします。

量や濃度の問題もありますが、少なくとも、いわゆる「トーニングローション」「さっぱりタイプ」とかいうのには、エタノールがたっぷり入っていることが多いです。

裏の表示を見たら、書いてありますが(最初のほうに。多い順に書いてますので。)、裏を見てもわからない、という方は、使っているとアルコールの匂いがするとか、ス~っとするとかいうのは、たいていアルコールです。

うちの患者さんには、そういうのは全部止めていただいています。

でないと、どんどん肌が赤くなって、しまいに、赤みが茶色くシミになってしまうことがあります。

「さっぱりタイプ」でもアルコールが全然入っていない化粧品もありますが、市販で探すのは、かなり大変かも。

今日、たまたまドラッグストアに行ったので、いわゆるドクターズコスメとか、「お肌に優しい」と全面に押している化粧品をちょっと覗いてみました。

そういう化粧品でも、しっとりタイプとさっぱりタイプがあって、さっぱりタイプのは、私が見た商品全部にアルコールが入っていました。しかもたっぷりと。

笑ったのが、ドクターズコスメと売りにしておいて、しかもパッケージに、「エタノール不使用」とでかでか書いておいて、裏の成分表には、違うアルコールの名前が。。。確かにエタノールではないけど。。と苦笑いです。じゃあ、わざわざ書かなくていいのに、と思いますね。

 

化粧品会社の開発には、全員ではないですが、ちゃんとしたメーカーであれば、医師免許を持ったドクターがいたりします。開発を一緒にされていたりしてます。病院に勤めるのでなく、化粧品会社に就職しただけの話です。

でも、同じ化粧品会社で開発するなら、皮膚科医、もしくは形成外科医の知識と経験をもって、開発にあたってほしいです。

実際の現場(臨床といいます)と、開発だけの研究職では、ちょっとずれていることもあったり、開発には、現場の声が必ず必要だと私は思うので。

多分、資生堂とか花王とかにも、開発にどこまで関わっているのかわかりませんが、医師が必ずいると思います。何科が専門かは別としても、ちゃんと医師が非常勤でも、名誉顧問かもしれませんが、なんらかの形で関わっていると思います。

でもだからって、資生堂や花王の化粧品全部を、「ドクターズコスメ」と言って、売ってませんよね。

(それぞれの会社の中で、ドクターズブランドっっぽいのを立ち上げてるのはありますよ。でも、ドクター○○ではなく、敏感肌用とか肌に優しいとか、そういう言い方をしていると思います。)

 

今、かなり化粧品に規制もゆるくなって、一般の化粧品でも昔のことを思えば、きつい成分もある程度は混ぜられるようになりました。

ドクターズコスメといちいち書かなくても、きつい成分(消費者が効くのでは、と思っている成分。効くかどうかは別として。)が入っている化粧品は、一般に山ほど売っています。

「ドクター」という名前を過信していると、ホントにエライ目に遭いますよ。

 

何の化粧品を買うにしても、実際使ってみないと、それがホントにいいのか悪いのか、自分に合っているのかどうかも、そりゃわかりません。

使って確認する(ダメなことも)、ということは、大切なことですし、まず化粧品を買う目安に、そういう名前で魅かれる、というのも、理解できますが、そこまで大きな期待と安心感を持っていると、裏切られるので、ほどほどに。

 

実際、クリニックにいって、そこのドクターを信用していて、そのドクターが作ったり、販売している化粧品を買う、というのであれば、安心と期待を込めてもいいと思いますが、全然知らない、ホントに医師かどうかもわからないドクターが勧めている化粧品を、買わなくてもいいんじゃないですか。あくまでも、ドクターズではない、普通の化粧品と同じと思って、選択肢のひとつ、と思ってください。

 

新聞の折り込み広告に載っている怪しいドクター(?)の写真の肩書に、「医学博士」とか書いてあります。

(ちなみに、「医学博士」は医師免許がなくても取ることができます。「医師」=「医学博士」ではありません。)

ひどい広告では、内科とか外科とか皮膚科・形成外科と全然皮膚と関係のないドクターが宣伝していたりして、すごいバイトだな~、と思っていつも見ています。

いろんなおかしな化粧品が山ほど出回っていて、情報(やらせの口コミサイトや雑誌やTVの広告・あやしい折り込みちらしなど)に振り回されて、というか、素直に信じてしまうというか。。。純粋というよりは、ちょっと無防備過ぎです。

人間誰でも一度は、こういう買い物した記憶って、あると思います。

私も18歳の時に、化粧品のオネーサン(今はなき、京都ビブレです。メーカーの名前は絶対に忘れませんが、今でもあるのかな。。ロンドン発の、若い子に当時人気で、結構雑誌にも広告をバンバン出してました)にローンを組まされて(お金ないって言ったから)、親からこっぴどく怒られて、10分ほどで解約をしました。

若い時って、いろいろ痛い目にあって、経験をつんで、こういうのはやっぱりダメなんだ、と覚えていきますよね。

でも、30になっても40になっても、はたまた50歳になっても、あいかわらず騙されている(過信して、広告を鵜呑みにしている)患者さんがいて、毎回毎回、同じことの繰り返しです。で、無駄なお金と時間を使って、肌をボロボロにしていく、ということを繰り返しておられるわけです。

こういう方は、大体の方がそうですが、若い時からずっとそんな感じだそうで。。。

大人になって、いきなり、というわけではないようで。。やっぱり昔からなんですね。

(一部に、50代になってから、という方もいらっしゃいます。

50歳を過ぎると、脳の一部が働くなくなって、ウソが見破れにくくなるようなことを、(ホンマでっか」の澤口先生が言っていたと思います。

だから、高齢者を狙った詐欺が多いそうです。

その論文を見ていないので、断言はできませんが、聞いた時に、なるほどな~、と思いました。)

若い時からずっととなると、どうも経験が生かされていないというか、覚えないというか。。きっと一生なんでしょうね。。。

こういう方には、もう何を言っても、同じなのかな、と思う今日この頃です。

 

でも、そんな方ばかりではなく、大半の方は、今まで知らなかったけど、教えてもらって、いらんものを買わなくてなって、良かったです!と喜んでくださるので、頑張って、ブログで情報発信をしていこうと思います。

うちに受診に来なくても、ブログを読んでいただいて、本当に必要なものだけ買って、いらん被害を受けなくても済む方もいらっしゃるようで。それで、お肌の調子が良くなりました、と知らせていただくことが多いです。とても嬉しくなりますね。書いたかいがあったというものです。

 

化粧品の本来の目的は、女性をよりキレイに見せることだと私は思います。

キレイに見せるだけであって、根本的にキレイに治してくれるわけではなく、まして、お肌の健康の邪魔をしてはいけません。

健康を維持してくれる化粧品を選んでくださいね。

基礎化粧品に必要なのは、保湿と日焼け止めだけだと思います。

うちに患者さんには、それ以上のことが家でしたかったら、クリニック用化粧品とか一部の医薬部外品とか医薬品でないと、無理ですよ、と言っています。

保湿と日焼け止めだけであれな、基礎化粧品なんて、そんなにお金も手間もかかりませんよ。

それ以上のお金をかけたいなら、メイクアップ用品にかけるとか、美容医療に回すとか、あるいは、洋服やバッグでもなんでもいいと思います。他のキレイに見せることに、お金と時間を回してください。

 

 

 

 

おススめしない化粧品「ドクターズコスメ」「オーガニック」。編は、少々お待ちください。

かなり長くなりそうなので、私が時間があって、元気な時に。。

 

最近、仕事が全然終わりません。何をしているのかわからない間に、あっという間にもう夜中で。。寝不足気味の毎日です。。すみません。ブログがさぼりがちです。。。

 

さて、今日は、クリニックが終わってから、大阪のリッツカールトンで開かれたナビジョンの新作発表会に行ってきました。

今までのTA(W)のシリーズなどは、そのままで、さらにバージョンアップというか、ちょっと違うシリーズで、一新されて、全シリーズで出てきます。

発表を聞いていると、理論はとても素晴らしく、聞いているだけで、ぜひ使ってみたくなるような発表ですが。。

 

こういう企業発表や学会発表もそうですが、まず、仮説(自分の出したい結論)があるわけで、それに導くように、データーを集めて、さも、その仮説が正しいかのように、発表をする、というのが、よくあるパターンです。

それが本当に正しいかどうか別として、これは、発表を聞いている側は、そういうことをわかって聞いていますから、そのまま真に受けるほうが悪いです。

学会発表でも論文でもそういうもので、でないと、やみくもに実験やデーターだけ集めても、結論が出ないまま、莫大な時間とお金がかかるだけです。やってられません。

いろんな情報を処理して、何が一番いいのか、という発表とかはまた別ですけどね。

 

だから、ナビジョンの発表が、とても素晴らしいように聞こえるのは当たり前で、だって、これから売り出そうとしているんだから、企業側がけなすような発表をするわけ、ありません。

 

さて、実際、どうなのか。

資生堂側の理論は、ひとつの意見として、立派で、ちゃんとその結果やデーターに基づいて、どうだ!と見せておられます。突っ込みどころはありません。

 

でも、私には、ひっかかるんですよね。。。いろいろと。

前にも、一部、使ったことがあるんですけど、その時もちょっとひっかかって。。。

 

で、今回の全シリーズの新シリーズです。

まあ、とにかく、試してみないとわかりません。

私の杞憂に終わるのか、それとも、私の考えとやはり合わないのか。。

何がいいとか悪いとかではなく、この資生堂の意見と結果がとても気に入っているドクターもいらっしゃると思います。

ただ、私とは考え方が違う、というだけで、それぞれの患者さんが、結局キレイになれればいいわけで、これはもう、自分に合うドクターを探すしかないですね。

 

シリーズを一揃い、使ったら、また結果を書くかもしれません。

書かなかったら、合わなかったということかな。

合わないものまで、書いている時間がないから。

合ったら、おススメとして、紹介させてもらうかもしれませんけど。仕入れるだろうし。

 

前からもいらっしゃいましたが、最近、初診の患者さんで、私のブログを読んで、「共感しました!」と来てくださる方が多く、ありがたい話ですが、そういう方の中で、突っ込みたくなる患者さんがチラホラ。。(まあ、前からもいらっしゃいましたが。。)

 

例えば、ブログで、私が勧めないことを、堂々とされていて、胸張って、言われたり。。

まあ、日焼け止め塗ってないとか、塗り直ししてないとか。ふき取りクレンジングシートで顔こすりまくっているとか、コットンで顔たたいているとか。上げたらキリがないんですけど。。

ひどい方になると、「やっぱり、(日焼け止めの塗り直し)しないとダメですか?」「やっぱり、(私の勧めていないこと)止めないとダメですか?」

 

・・・・ブログに書いてたんやん。。

(もちろん、それも読んでご存知です。

読んでないなら、わかりますが、読んでるのに、なぜ?共感しているんですよね。。?)

ダウンタウンの浜ちゃんだったら、「何言うとんねんっ!!」と、頭はたかれますよ。

吉本じゃないんだから。。

私に突っ込んでほしいのかしら。。。?わざわざ遠方から来て?高いカウンセリング料払ってまで?

う~ん、謎です。

 

突っ込みどころ満載の方が、まだまだ突っ込みまくりなんですが、例えば私がナビジョンを好きでブログに書いたりしていると、ナビジョンであれば、なんでもいいと思って、私が勧めていない(だから、うちのクリニックでは取扱いをしてません。卸してません。売ってません。)商品を、これまた、私が勧めていない、あやしいネット販売で、ナビジョンを買って、あ~あ~と残念なことになっています。

(ナビジョンはクリニック専用化粧品で、基本対面販売です。ドクターがちゃんと肌を診て、売る、というのが正しい形で、当たり前です。そういう暗黙の了解というか、常識を、契約書に書いていないから、という理由だけで、ネット販売しているあやしいところがあり、そういうところの商品は、中身もホントに大丈夫かどうかも信用できませんし、使い方の説明も、適応不適応なんて、教えてくれるわけでもなく。

間違った使い方、間違った化粧品を、わざわざ買って、お肌をおかしくさせるという。。。

まあ、自業自得と言えばそうなんですが。。

堂々と当たりまえのように売っているクリニックが一番悪いんでしょうが、「クリニック専用」という名前に過信して、肌を診てもらってもいないのに、買うほうも、どうかしているでしょう。

それで買えるなら、なんで、クリニック専用なんだ?と疑ってかからないと。

 

私は、ナビジョンの化粧品が好きですが、全部を手離しで肯定しているわけでもなく、考え方の合っていないナビジョンは、仕入れないし、患者さんがまた勝手に買って使っていた時、止めてもらってます。(うちで、治療を続けるなら。)

私の考えるキレイなお肌とは、かけはなれていくので。

それは、他のメーカーのものでもそうで、例えば、牛乳石鹸の「無添加シリーズ」。

このシリーズの、純石けんとヘアトリートメントは取扱いをしています。

でも、他の分は、仕入れることはできますが、うちで取扱いをしなくても、あるいは、考え方に合わないから、仕入れていません。

 

悪くはないし、使っていて、止めはしないけど、私から積極的に勧めないものもあれば、使っていたら、ソッコー止めてください、というものまで、ピンキリです。

また、その方の肌質やどうしたいのか、状況や季節によっても、違うので、一概に言えないのも難しいところ。

だから、診察・カウンセが必要なわけです。

 

また、勧めている化粧品にしても、貴女に合うかどうかは、全く別の話です。

 

ブログを読んでくださるのは、とてもうれしいんですが、意味をはき違えないようにお願いします。

自分で、違うほうに翻訳されてしまう方がいて、もう、どっから突っ込んだらいいのか。。

カウンセ時間は限られてますからね、狭い診察室で、二人で、お笑いネタをしている時間までありません。

あと、時々あるのが、親族がクリニックをやっていて、ご自分はドクターでもないけど、ナビジョンをはじめとした医療用のいろんなものを、親やダンナであるドクターの名前を借りて、仕入れてもらって、自分に使うならまだしも、患者さんに使いだす、あるいは、売り出す、奥様・お嬢様がいらっしゃいます。

まして、そのドクターも皮膚科医でも形成外科医でもなく、お肌のことは畑違いです。

歯科だったり、婦人科や内科・整形外科であったり、ひどい時は、エステ関係ですね。

ちゃんとドクターがいて、皮膚のことも勉強されてていて、患者さんの肌を診て、売るなら、全然問題ないと思いますが、ドクターでもないのに、売っていたら(勧めていたら)(ドクターが肌も診ずに)、かなり問題ですよ。

違法行為まではいかないでしょうが、もしなにかあったら、クリニックの信用問題ですけどね。

特に、クリニックではなく、エステでやって、患者さん(お客さん)がかぶれたりして、警察に行かれたら、終わりですよ。

患者さんは、一体だれが熱心に売っているのか、営業をかけてきたのか、あやしい営業なのか、本当に心から心配して勧めてくれたのか、なんて、賢い患者さんはみんなわかっていますから。

本当にいい患者さんは、みんな他に行ってしまいますよ。

何も考えずに、勧めるがまま買ってくれる方だけ残したいのかもしれませんが、それって、詐欺とどう違うんですかね。

患者さんをただの金づるにして、良心痛まないんでしょうか。。

 

特に、エステは、私がブログで何度も言っていますが、あくまでリラクゼーションであって、美容医療とは全く役割が違うものです。

エステで効果を出そうとするほうがおかしい。

(ドクターが本当に管理していて、ナースなどにさせている、メディカルエステ、というなら、問題ありません。

でも、ドクターが管理して、ナースが美容医療の施術をしていたら、それは、エステではなく、医療ですけどね。)

 

エステが、お医者さんごっごみたいに、ホントにわかってもいないくせに、わけわからんことをやって、効果・効能を、出もしないのに、説明してお金を巻き上げる、というのが一番嫌っていることで、ドクターでもないのに、医薬品などを使って、効果を出そうとするのは、完全な医師法違反と何度も言ってきましたし、これからも言い続けます。

役割を間違えないでください。

 

 

 

 

お待たせいたしました。

ホントにおススメしない化粧品第六弾です。

ずっと書こうと思っていたんですが、なんか時間がなくてスミマセン。。。

おとついは、4月の形成外科学会総会の登録をしていたら、うまくいかない上に、参加したかったセミナーが、もう定員いっぱいで、参加できず。。。

(申し込み始まったのは、2月1日からなのに、ですよ!出遅れてしまいました。。。ああ。。)

追加変更のやり方がわからず、またホテル宿泊もうまくいかず、夜中にホテルで電話して予約をとってもらう、など、わけわからんことに時間がかかり、あっという間に、1時半で。。

いつまでたっても、朝型に変えられませんね。。

 

近況報告はこれくらいで。

 

さて、第六弾は、「無添加」風、「オーガニック」風、化粧品って、やつです。

これに加えて、「ドクターズコスメ」風、というのも付け加えましょう。

 

ただ、先日も書きましたが、もうどっから突っ込んでいいんだかわからないくらい、ひどい有様で。。。

これらの勧めない化粧品は、3回にわけたほうがいいのかもしれませんね。

 

まずは、「無添加」風からいきましょう。

 

「無添加」

いい響きですか?

でも、よく考えてください。

「無添加」って、なにが?なんのこと?

ホントに無添加(何も添加物が入っていない)なら、それは、ただの水か油ですよ。

そんな化粧品は存在しません。

医薬品の塗り薬にしたって、化粧品同様、薬の成分自体以外の添加物が入っています。そんなごく少量の添加物まで、医師も薬剤師も説明しません。薬の成分で、治すほうが大事なので。

それよりも、成分自体の効果・効能や副作用のほうが、よほど大切です。

まあ、病院の塗り薬は、そこまで添加物が問題になることはありませんが(かなり刺激にないものが使われているので)、たま~に、その添加物で、アレルギー反応が出る方もいらっしゃるので、病院からもらった塗り薬でも、合う合わないというのは、絶対あるわけです。過信は禁物です。

化粧品の場合、日本は、厚生労働省により、全成分の表示が義務付けられています。

パッケージには、必ず表示されていないといけません。

(買う前に、消費者が確認できないとダメなわけです。)

昔に比べて、「無添加」とやたら書いてある化粧品が増えたような気がします。

そう思いませんか?

昔って、そういう化粧品って、一部のコーナーにのみ置いてあったと思います。わかりやすくというか、敏感肌用のコーナーだったり、ドクターズコスメといわゆる呼ばれるコーナーだったり。

でも、最近は、普通の化粧品のコーナーにも、大きく表示して、「無添加」風を装い、並んでいることがあります。

(あくまで、「風」なので、普通のコーナーに置いてあるんだと思いますが、ドラッグストアによっても、そういう決まりがあるわけではありませんから、かためて置く義務はないわけですけど。)

 

先日、「オーガニック化粧品を使っているから、お肌にやさしいはず」と言われた初診の患者さんが来られ、その化粧品の名前をお聞きしましたが、全く聞いたことのない名前でした。

ネットで買ったそうです。

そのサイトを見ましたら、「無添加」「無添加」と、ものすっごい強調されています。

でも、何が「無添加」なのか、一切、そこには書いていないんです。

ここまであやしいメーカーも、初めて見ましたが。。。

 

例えばの話をします。

そこの化粧品会社の商品がいいのか悪いのかは、全く別の話で、「無添加」についての話をしているだけ、と必ず思ってくださいね。

(ブログを読んで、自己流にアレンジされる方がいらして、また情報の一部だけを抜粋したり、その前後が抜けているので、私の意図と全然違う結果になっている方が、時々いらっしゃいます。必ず、前後も読んで、理解されてください。

なぜ、それを否定しているのか、場合によったり、条件によったり、全面否定していないものもあれば、全面否定しているものもあるわけです。

状況によったら使えるのに、捨てていたり、あるいは、全面否定しているのに、アレンジして使い続けたり。。。

ダメですよ。)

 

さて、例え話です。

「無添加」化粧品として、一番有名なのは、ファンケルでしょうか。

昔、ファンケルが出てきた時って、通販だけで、一般の店舗はなく、しかも、ものすごい少量パッケージで、そのため何本も入っていて、1週間で使い切ってください(防腐剤が入っていないから)みたいな。要冷蔵じゃなかったでしたっけ?クール便かで届けてましたか?そこまではしてない?

なんかかなり大変だったような。。。

それでも、時代の流れに乗って、女性に「無添加」という考え方が受けて、どんどん売れていって、店舗を持つようになり、今は、ほとんど全国展開してますよね、多分。

 

今は、さっきちらっとサイトを見ましたが、少量パッケージは、今もされているようですね。

でも、トップページに、何が「無添加」なのか、ということは書いていませんでした。

ただ、「無添加」を世の中に知らしめた元祖のです会社ですから、ちゃんと「無添加」について、詳しく書いてあるページがありました。こだわりを持たれてるのでしょう。

ファンケルのサイト(たぶん、パッケージも)を見ていただいたら、わかりますが、ちゃんと何が無添加なのか書いてあります。

このサイトによると、

「(*) ファンケルの「無添加化粧品」は、防腐剤・殺菌剤・石油系界面活性剤・香料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成色素を一切使っていません。」(HPより抜粋)

と書いてあります。

だから、これ以外の添加物は使う、ということです。いいか悪いかは別にして。

こちらの、「化粧品へのこだわり」というところを見ると、さらにわかりやすく、「無添加」に書いてあります。

簡単に言うと、かぶれやすかったり、アレルギーを起こしやすい成分は、極力除いて、作ってます、と言いたいわけです。

例えば、よくご紹介している、純せっけんです。

うちでの取扱いは、牛乳石鹸の「無添加シリーズ」です。

こちらは、商品の表や裏に、とてもわかりやすく、何が無添加なのか、書いてあります。

こちらの「無添加」は、「着色料・香料・防腐剤・品質安定剤は一切使っておりません」と書いてあります。

だから、裏の成分表を見ると、ファンケルでも、牛乳石鹸でも、いろいろと添加物の名前が書いてあります。

(純せっけんで書いてあるのは、「石けん素地」としか書いていませんが。石けん素地100%ですからね。)

 

中身がいいか悪いかは別として、ちゃんとしたメーカーは、ずべて無添加なんて、化粧品では存在しませんから、

(何も添加しなかったら、化粧水なんて、ただの水ですから。ただの水なら、「化粧水」ではなく、「精製水」(水100%のことです)と表示しないと詐欺でしょう。)

何を添加していないのか、書くわけです。

 

本来、「無添加化粧品」というのは、化粧品である以上、添加物を入れないと成り立たないわけですが、お肌への刺激が大なり小なりあって、少しでも刺激がないように作れないかな、と消費者のことを考えて作ってくれたんだと思います。

結構、いいイメージを、その会社にもたれますよね。

そりゃ、そうですよね。

成分になんかこだわりだしたら、作るのも大変ですし、下手したら、原価がかさみます。

自分たちの利益が減りますから、どこの企業だって、やりたくないわけです。

でも、それをわざわざ、企業努力でしてくれて販売してくれているので、私たち消費者にはとてもありがたいです。

 

これらのメーカーが使っていない成分が絶対肌に悪いのか、誰にでも悪いのか、というわけでは、もちろん、ありません。

世の中に出回っている、みなさんが使っている化粧品の大半に、入っているわけです。

でも、こういう化粧品があって、そういうことを言ってくれるメーカーがあると、私たちは、選ぶことができます。選択の幅がある、というのは、いろんな考え方が人によってありますから、とてもいいことですね。

 

そういうのをいいことに、「なんちゃって無添加」が出てくるわけです。

先日の患者さんのおっしゃった、いわゆる(自称)「オーガニック化粧品」、(また「オーガニック」のところでも言いますが)、トップページに、ものすっごい「無添加」ということが強調されています。

まあ、強調してダメ、というわけではないんですが、その同じページのどこにも、一体何が「無添加」なのか、一切書いていません。

何が無添加なのか、かなり探しましたよ~。

最終的には見つけましたが。。。そのサイトの全成分表示の怪しかったこと。。。つく

まあ、ものは言いようだな、と。

詐欺ではないですが、これで、「無添加」と強調するな!と言いたい。

他のいろんな添加物てんこもりでした。アルコールもたくさん入ってそうですし。。

(アルコールについては、「サトウキビから抽出精製」みたいに、科学薬品ではなく、オーガニックで自然なんですよ~、みたいに書いてありましたが、サトウキビなどの植物からアルコールを作るのはよくある話です。

以前に、バイオガソリンが話題になったこと、あったでしょ。サトウキビやトウモロコシからアルコールを作って、車のガソリン代わりに使って、CO2削減みたいな。

そのせいで、トウモロコシが足らなくなって、値上がりして、牛とか家畜が食べるエサも高騰して、肉の値段も上がる、みたいな報道あったのを覚えていらっしゃいますか?)

 

「アルコール」が化粧品に入っていた場合、「無添加」ってお肌にいい、だって、なんかナチュラルなんでしょ?みたいに思っていらっしゃる方からしたら、思いっきり、化学薬品のにおいがしませんか?

「無添加」と表示があっても、「アルコール無添加」と書いていない限り、アルコールは入っています。

さっぱりタイプの安物の化粧品だと、このアルコール(エタノール)がたくさん入っていて、塗ったら、お肌がスースーします。

こういう化粧品は、一切勧めていませんが(大量に入っているアルコールは、お肌がやられます。消毒剤ですからね。極端に言うと、毒なわけです。ばい菌だけ、殺さないんです。お肌の細胞も殺すんです(ダメにするんです)よ。

でも、どうしても、少量だけ、浸透をよくするためにとか、成分同士を混ぜるために、とかで、入っている化粧品も山ほどあります。いいか悪いかは別として。

 

何が言いたいのか、というと、「無添加化粧品」=「化学薬品成分ゼロではない」ということです。

 

「無添加」化粧品を使いたい方は、使ったらいいんですが、(エコな、なるべく化学成分を排除した生活が好きな方もいらっしゃいますよね)、ちゃんとしたメーカーでないと、騙されて終わりです。

ちゃんとしているところは、必ず、何が無添加なのか、表示があります。

たかが、「パラベンフリー、アルコールフリー、香料フリー」くらいで、「無添加」といばりません。

パラベンの代わりに、メチルパラベンという成分が入っています。(パラベンよりも、もう少し、お肌に優しくしたんでしょうね。)

メチルパラベンが入っていなかったら、そのほかの防腐剤が入っています。

それで、「無添加!」なんて、大々的に言ったら、ひどいでしょ。

(防腐剤が全部悪いわけではありませんよ。

防腐剤が入っていなかったら、少量パッケージになりますし、ひどい場合は、冷蔵庫保管ですよ。

早めに使い切らないと、やっぱり腐るんじゃないですか?ハエがたかることはないでしょうが、品質は変わるんじゃないかな。1年とか大丈夫って言われたら、防腐剤入っていないのに、なんで?って思いませんか?

防腐剤が入っているから、常温で、夏の暑い日には、そのまま洗面所やドレッザーに置いておいても、腐らないんです。便利にさせてくれているわけです。

化学薬品だらけなら、防腐剤いらない、というのも、ありえるかもしれませんね。

要は、防腐剤の種類と、量や濃度が大事でしょう。)

 

ちゃんとしたメーカーは、たんたんと、「○○無添加」とパッケージとかに、普通に書いてあるだけで、「無添加」だけを、誇張しません。

今の時代、そういう情報の一部だけを、過信している方が多いのか、「無添加」と表示するだけで、売れる時代です。

化粧品というのは売れれば、莫大な利益を生みますからね~。

特に、ネットでしか売っていない、あまり知られていない化粧品だと、少々かぶれた人が出たところで、あまり大きな社会問題にはならないし、騒がれないので、適当なところで、サイトを閉めれば終わりです。

また、会社名変えて、別に開くわけです。

全成分表示したところで、そんな会社の書くいていること、信用できます?

国民生活センター(消費者センター)だって、世の中の化粧品全部、調べているわけではないですよ。特に、ネットでしか売っていないものなんて、キリないですからね。

 

前にも言いましたが、出所のわからないものは使わない!

大手だから安心、デパートで売っているから安心、というわけではありませんが、とりあえず、何かあったら、文句言いに行けるでしょう。

対面販売している会社のほうが、 少なくとも、情報提供はしやすいわけです

「無添加」買って、いいんですけど、ちゃんと何が無添加なのか、確認しましょう。

やみくもに、とびつかない!

自分のとびつく根拠を、ホントかどうか、いったん、そのサイトで確認してください。

化学薬品がよくない、なんて、やみくもに信じていると、使う化粧品、なくなりますよ。

化学薬品というなら、純せっけんもそうですよ。

ワセリンなんて、石油から作っているんですよ。

石油系ってダメなんですよね?と聞かれる方も大勢います。

(そういう会社が、鉱物油は使っていません、とか、石油系界面活性剤は使っていない、とか書いてあるから、勝手に思い込んでいるんでしょうね。)

ワセリンが肌に悪いって、思っている方は、あまりいないと思います。

 

化学薬品すべてが肌に悪いわけではないですし、天然のものだから肌にやさしいわけではありません。

うるしなんて、かぶれるでしょ?

地球にやさしくても、人間の肌にやさしいかどうかは、全く別の問題です。

マンゴーやパイナップル、ももとかで、口の周りがかぶれる方もいるでしょう。

きゅうりにしたって、レモンもアロエもそうですが、そのまま切って、肌にのせたって、他の成分(いわゆるアクのようなもの。それ以外のいらない成分もたくさんあります)で、お肌はやられます。

自然のものの中から、化学的に、有効成分のみ抽出させないといけません。

抽出した時点で、それは、いわゆる化学薬品ではないんでしょうか。

ただ、原材料が、人工的に作られたものなのか、天然のものなのか、そこにこだわっておられるんですかね。

エコで、地球にやさしい生活したい、と言う方は、それで構いませんが、「天然」=「無添加」=「化学薬品は悪者」=「お肌にやさしい」、なんて、思っていると、大間違い、とだけ言っておきましょう。

化粧品を使う以上、化学薬品が入っているのは、仕方ないでしょう。

でないと、水だけで洗顔して、椿油とかオリーブオイルとかの油しか、顔に塗るもの、なくなりますよ。

化粧品を使っていくうえで、大事なのは、その入っている成分の質とか量とか濃度とか、化粧品自体の質ですよ。

言葉に踊らされない、ということは一番大切です。

 

 

 

 

 

 

 

ホントにおススメしない化粧品第5弾ですが、「自然派」「無添加」風を装った化粧品をする予定でしたが、予定を変更させていただきます。

「出所のわからない化粧品は使わない!」強化月間です。

(って、1月も終わっちゃいますけど。。)

 

先日来られた患者さんのお肌がボロボロでした。

かなり赤くて、その原因は、ものすごい毛細血管拡張です。

紫外線の影響もありますが、かなりお肌に負担がかかっている様子。。。

ダーマスコピー(肌を50倍で診るレンズです)で診てみると、角質がめくれて、ひどい状態に。。。

違う種類のクレンジング2種類を使って、2回洗顔していたのもありますが、全く保湿が追い付いていない状態でした。

ほとんど顔中肝斑で、肝斑治療になったわけですが、慢性的な炎症(刺激)があると、肝斑は良くなるわけがありません。

これは、絶対、おかしな化粧品を使っているな、と思い、ひとつずつお聞きしていったんですが、(それで、クレンジング2種類で2回洗顔していることも判明)、保湿の分がホントに追いついていない状態でした。

保湿は何を使っているのか、お聞きすると、「化粧品じゃないんですけど、卸してもらって、それを使ってます。」と、よくわからない答え。

薬局を経営されて、卸されているわけではないそうで。。。医薬品じゃないなら、化粧品ということにしかなりません。(医薬部外品というのもありますが、薬剤師の資格もないのに、医薬部外品を卸しで買うことは、まあ、できません)

????

よくよく聞いてみると、ある施設(というか企業?)の会員になって、分けてもらうんだそうです。(卸価格ということ?)

で、患者さんは、「化粧品ではないんです。」とはっきりおっしゃいます。

(いえ、化粧品でしか、ないんですけどね。)

 

なんか怪しいな。。と思い、なんていうメーカーですか?というと、「そういうメーカーではなくて、IPSなんとかかんとか(すみません、聞き取れませんでした)研究所です。」

 

。。。。怪しすぎます。。。

 

私が開業する時点(2年半前)で、そういう「○○研究所」とか、「アンチエイジング○○」「ホワイトニング○○」「なんたらセンター」とか、消費者にとって、いかにも効果があると思わせるような、あるいは、公的機関と勘違いさせるような名称は使わないように、と厚生労働省が禁止していました。

その取決めの前に、もう名前をつけてしまった分には、改名まではさせないけど、看板類は認めない、となっていたはずです。

これは、クリニックだけでなく、エステ・接骨院・整体院など、全てにあてはまると理解していました。

どうして、こんなことを厚生労働省が決めたのかというと、そういうところで、トラブルが相次ぐからです。

もちろん、そういう名前でもちゃんとやっているところもあるでしょうし、公的機関(ホントの国とか、都道府県・市町村が使ったとか、準公立の施設)であれば、○○研究所や、○○センターという名前はあります。以前からもあるし、新規でもあります。

なんとかセンターとか、なんとか研究所とかすると、いかにも公的機関っぽくなるし、そこに行ったら、効きそうな気がしますよね。

イメージがいいというか。。。

そういう、根拠がないのに、名称にするな、というのが、厚生労働省の見解なわけです。怪しいから。

だから、そういう、「いかにも」的な、怪しい名前をつける企業(クリニックも)というのを私はあまり信用していません。

 

だから、「IPS」という単語を名前に使うのもおかしいし、最後に「研究所」とまでつけて、しかも「会員制」でないと、買えない、と揃えば、おかしすぎます。

 

「会員になるのに、それ、どうやって見つけたんですか?」

「友達にいいって、勧められて。」

「それ、マルチ商法じゃないんですか?」

「マルチとかじゃないんです。私がいいと思って、勝手に買っているんです。」

「大量に在庫とか持っていないんですか?」

「大量じゃないけど、。。3本くらい、まだあります。」(もっとあるのかもしれませんね。)

「1本おいくらですか?」

「1本、8000円ちょっとです。」(化粧水と乳液の間みたいな感じ、とおっしゃってました。)

 

話を聞いているだけで、マルチでしょ?と思いました。

まあ、マルチかどうかは置いておいて、ともかく、その化粧品がホントに信じているくらい、いいものであるなら、どうして、貴女のお肌は、そんなにボロボロなんでしょう?

おかしいでしょ?

合ってないんですよ。

また、そんなものは、中身も成分表示通りかどうかも確認なんてできないし(表示自体が信用できるのか、ということです)、ホントにそこまでいいものなら、もっと評判になるし、美容皮膚科の業界まで伝わってくるだろうし、会員制なんてしないで、表(社会)に出てきて、ちゃんと販売されますよ。

ということを説明しました。

でどころのわからないものは、使わない!

まだまだ、そんな怪しいところがあるんだな、と思いましたが、念のため、山中教授のIPS細胞となんの関係もないか調べてみました。

IPS細胞を使っていけば、病気の医療の分野だけでなく、将来的に美容など、他の分野も含めて、莫大な富を生むことをわかっておられて、世界中のいろんな企業が開発を狙っているわけです。

ヘタすると、一部の企業が技術を独占してしまって、利益追求に走り、独占販売にならないように、患者さんが良心的な価格で、そういう医療を、将来的に提供してもらえるように、ただいま奔走されていらっしゃいます。

いろんなベンチャー企業とも一緒に開発もされていらっしゃいますし、研究費はまだまだ莫大に必要ですから、寄付金も多額が必要でしょう。

もしかしたら、そういう寄付のための会員制のベンチャー企業でもあるのか、と思い、調べてみました。

将来的には、IPS細胞を利用した化粧品(医薬品)も出るでしょうが、まだそんな(一般の方が購入できる)レベルまで行っていないはずだろうけどな。。。と思い、ネットで、「IPS細胞 研究所」と検索をかけても、山中教授のホントのIPS細胞研究所しかヒットしません。

「IPS細胞 研究所 化粧品」としたら、もっと出てきません。

 

。。う~ん、はっきり名前聞くべきだったな。。。

(そういう意味でも、当たり前ですが、山中教授とは全く関係のある企業ではありません。)

 

そこで、「IPS 研究所 化粧品」と検索すると、ヒットしました!

 

でも、そこの企業のHPというより、被害者の会みたいな、被害にあった方や知人に勧められて困っているとか、勧められて買うべきかどうか悩んでる、みたいなサイトでした。

被害者の方が大勢書き込んでおられるようで、大半の悪口というか、まあ、想像通りのことが淡々と並んでいるというか、マルチっぽいところの企業反対派の意見としては、当たり前のことが並んでいるだけでした。

ただのふつうの化粧品を、さもものすごいように、広告をして、熱心に勧めて、強引に買わせるような。。

その中で出てくるのが、マルチ商法だから関わらないように、ということが山ほどでした。

いろいろ検索をその名前でかけていくと、とうとうその企業のサイトまでたどり着きました。

今は、名前を変えて、HPも、一見ただの、よくある、ようわからん化粧品のサイトです。

(新しい名前にも、「IPS」の名前は残してましたね。「研究所」は、取れましたけど。

かなり昔から、「IPS」という単語を使っておられましたが、山中教授のIPS細胞とは、なんの関係もなく、なんかわけわからん企業理念の英語の頭文字を並べただけでした。

マルチ商法がかなり問題になって、騒がれ出したころに名称を変えたのか、別の理由なのかは、わかりませんが。。

ただ、購入方法が、必ず販売員から直接買ってください、ネットではお売りできません、とかなり特殊な方法です。

知人に販売員がいないら、その企業が販売員を紹介してくれるそうな。。

あるいは、販売している各施設に行って買ってください、というものでした。

販売代理店というのが、エステっぽいところ(接骨院?整体院?みたいなものも混ざってました。)で、そこが卸していて、そこ行って買うようなシステムらしいです。

そういえば、被害者の会みたいなサイトで、エステでしつこく勧められて困っている、みたいな記述もありました。

 

どの書き込みを見ても、マルチのことばかり書いてあり、誰かに売れば売るほど、卸す側(紹介した側)は安く買えるような感じです。

(その辺の詳細は、おそらく関わらないと、教えてもらえないシステムになっているようです。だから、ネットを見ただけでは、本当のことはわかりません。。。

ただ、その企業が自分のところのサイトの化粧品紹介ページに載っていた値段と、患者さんが言っていた値段とで、かなり差があり、ネットだと、1本12000円くらいだったかな、と。

卸の値段ってやつでしょうか。。

商売をしているわけでもないのに、一般の方が、卸で買うということは、普通できません。

お店によっては、一般の方もOK!みたいに、不況のせいもあり、昔よりは増えたと思いますけど、それでも業者専用と一般小売OK、とまだまだ区別されているように思います。

仮の話ですが、マルチ商法っぽいような、法律すれすれでやっている企業があったとして、法律すれすれですから、違法行為ではありませんよね。

でも、「友達がとてもいいと勧めてくれた」化粧品は、実は、その辺にある、どうでもいい化粧品で、でも、値段は、高級化粧品並みに取られていて、でも、自分は、その使い心地に満足している(そりゃ、高かったですからね~)し、強引に勧誘されたわけでもないし、自分から進んで、ちょっと大目に(どうせ使うものですものね)買っただけだから。。。

と、自分に言い聞かせて、あるいは、本当にそれで満足されていれば、問題はないのかもしれません。。。

でも、その勧めて友達は、ホントにいいと思っていたのではなく、買ってくれたら(紹介して会員を増やして、なおかつ買ってくれれば)、自分にはマージンが入ってくる。

そのマージン欲しさに勧めたのだとしたら?

どこにでもある、ただの化粧品を。しかもバカ高いのに。

 

それって、人間不信になりませんか?ショックじゃないですか?友達と思っていた人に利用されただけなんて。

マルチ商法の一番ダメなところは、もちろん強引に買わされた、というお金の問題もありますが、商品が粗悪な場合、それが化粧品やサプリだったら、健康被害も出るかもしれない、そして、勧めたのがエステとかなら、関わらないようにしたらいいですが、友達だったら、心にも傷がつくでしょう。

お金と時間以外にも、お肌も体も心も傷つくわけです。

 

ホントにいいものだったら、もっと世の中に出てきますって。時間はかかりますけどね。

そりゃ、なんでも使ってみないと、ホントにいいものかどうかなんて、わからないし、怪しいものの中にも、実は、結構いいものって、あるのかもしれません。

でも、実際、この方のお肌はボロボロで、化粧品の質と値段は、少なくとも私には見合っているようには思えないし、今の状態では、わけわからんものは、全部止めてください、と必ず指導します。

どんな企業も表示がホントかどうかなんて、特殊な機関じゃないと調べるなんてできません。表示したもの勝ちでしょう。

でも、ちゃんとした表社会に出てきている企業、特に化粧品会社は、そんなウソをついてばれたら、もうつぶれますからね、会社。まず、そんなことはしない、という前提で、話をしています。それだけ、正々堂々としているわけです。いつでも勝手に調べられる可能性があるわけですから。

今の患者さんの肌の状態が、素晴らしかったら、私も、わざわざ止めません。

出所がわかっている商品だからこそ、簡単に確認できて、止めておきましょう、と言えるのに、(商品によったら、確認してから、再開してもらうこともあります。)出所がわからないものを、確認もできないわけで、信用して、顔に塗る、飲む、なんて、怖すぎます。。

 

高額・あるいは大量に買わされて、マルチかも、と悩んでおられる方、あるいは、怪しいかもというところで買ってしまって、聞いていた話と全然違う・健康被害が出ている方。

とりあえず、国民生活センターとお住まいの警察に相談してください。

お金が返ってくることもあるかもしれないし、成分を調べてくれることもあるかもしれません。違法行為なら、警察が捕まえてくれるでしょう。

どうぞひとりで悩まないで。

そういう怪しいものでかぶれたり、何かあった場合、皮膚科で必ず診断書をもらっておいてくださいね。いざとなったときの証拠になりますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントにおススメしない化粧品第4弾「安物の化粧品」です。

ここで言う「安物」というのは、「安い」=「悪い」ということではありません。

安くても、質のいいもの、お肌にとっていいものは、たくさんあります(と、思います)。

それとは逆に、すっごい高くても肌にむちゃくちゃ悪いものもあるわけです。

(前回のおススメしない「高機能化粧品」もその一つです。)

ただ、全般的に言えることは、どうしても安いと、原価も安いので、お肌にとってまだマシな、比較的質のいい界面活性剤(乳化剤なども)を使えないことも事実です。

その辺が難しいところです。

例えば、今、ドラッグストアで、1000円以下の化粧品をお使いの方。

それで何も自分はトラブルがなく、満足しているというなら、そのまま使っていらっしゃったらいいと思います。

専門家が肌を診て、ホントに、お肌に負担がかかっていないかどうかは別として。

(お肌に自信をお持ちの方、あるいはトラブルは感じていない、という方のお肌を実際診ると、全体に変な赤みがあったり、顔中肝斑で茶色くくすんでいるので、ご本人が気づいていないだけ、ということもあったり、乾燥してお肌は悲鳴を上げているのに、全然気づいていない方、などなど、そういうこともあります。

どうして気づかないわけ?と思われるかもしれませんが、おそらく、ず~っとそんな状態が続いていて、ご本人からしたら、当たり前すぎて、そういうものだと思っていて、おかしいとか思いもしない、と言う感じなんでしょう。

自信を持ちすぎているというのも、イタイところでしょうけど。

そんな方を、こちらから説得して、今しているスキンケアを根底から変える、というのは、私は不可能だと思います。

だから、今のお肌に疑問を持っていない方は、どうぞそのままお過ごしください。)

やっぱりなんか調子悪い、という方。心配な方。

化粧品を見直してみませんか?

健康な肌の女性の肌トラブルの大半は、化粧品から来ているといっても過言ないかもしれません。

一般病院で、外来をしていた時も、女性の顔の場合、はっきりした湿疹や皮膚炎は別として、なんか調子悪いとか、確定診断がつかないような、皮膚炎や湿疹を繰り返すとか、そういう時は、まず使っている化粧品全部(基礎化粧品も一切)止めていただきますね。

皮膚科医として当たり前の判断です。

かぶれや湿疹とかで、皮膚科に受診して、化粧品全部止めるように言われた経験のある方は、大勢いらっしゃるんじゃないですか?

皮膚科の治療として、常識です。

でも、湿疹が出てるわけではなく、そこまでひどくない場合。

ステロイド塗るほどじゃないし、塗るにしても、弱~いのでいいけど、それをず~っと塗っておくのもダメだし、保険ではそんな処方する薬がないな。。という程度。

出す薬がないとなると、皮膚科外来行っても、あまり相手にされないでしょ?

保険診療の場合、さっさと薬を出して、次の患者さんを診る、というのがふつうでしょう。

(でないと、外来終わりませんからね。話をゆっくり聞いてる時間は、一般の皮膚科にはありません。)

何か言っても、適当に流されて終わりです。だって、出す薬ないから。

まあ、アレルギーの薬出したり、ビタミン剤出したり、当たり障りのない薬を適当に出して、あきらめて、どっかよそのクリニックに行くのを待っているんですよ。

あんまりうるさいと、体質改善したら?と言われ、漢方薬とか勧められて、そういうクリニック行くように言われたりとか。

(まあ、ホントに漢方がいい場合もありますけどね。でも、そういう場合は、出す薬もちゃんとあって、さらに追加で漢方も、あるいは、漢方に切り替えましょう、ということが多いですね。)

(病気の皮膚からしたら、症状が軽すぎて)薬を出せるような状態でもないのに、化粧品全部止めるように言ってくれるクリニックは、ホントは良心的なんですよ。

ちゃんと相手してくれています。

化粧品を全部止めるように言われた女性は、たいてい抵抗しますからね、それの相手をするだけで、余計に時間がかかるわけです。止めろ、と言った以上、説得する時間も余計にかかるわけですから。

化粧品を止めさせずに、不調をどうにかしていく、というのは、出す薬もないわけですから、保険診療で外来やっても、クリニック儲かりませんからね。むしろ、時間を取れば取るほど、他の患者さんも待たせて、自分がしんどいだけですから、そこまでの相手をしてくれ、と保険診療で要求するのは、なかなか酷というものです。

今の保険制度では、科に関わらず、患者さんの話を長く聞けば聞くほど、儲からないようにできています。薬出すか、検査するか、薄利多売と同じで、短時間に大勢診るか、をしないと、経営が成り立たないんです。

だから、話をちゃんと聞いてくれるドクターというのが、多くはないわけです。

ホントにひどいクリニックだと、ステロイド塗るほどでもないのに、きっついステロイドを出して、「これで様子をみてください。」と化粧品を止めるように言うこともなく、すぐに追い出されて、ステロイトド漬けにされて、気が付いたら、副作用でお肌がえらいことになっている方も結構いますからね。最悪です。

化粧品以外に、不調の原因があることもありますが、そういう場合は、ほとんどの皮膚科医は、パッと診たら、大体わかります。(そう訓練されていないと、一般外来はやっていけません。)

特殊な病気や、病気の出始め、とかで、すぐに確定診断して、治せ!というのは、無茶な話です。それは、誰でも、なかなか見抜けません。ある程度、症状がそろわないとね。

(ちなみに、原因を見つけていく場合に、経過がとても重要になりますから、患者さん自身がちゃんと把握していないと、調べようがありません。

また、客観的に判断することができず、自分で思い込んでいる方も、経過を話す時に、事実を言いませんからね。勝手に自分で、これは関係ないと判断して、(ホントはとても重要なことなのに)経過をはしょったり、脚色する方も、適当に薬出されて終わり、ということもあります。

お肌と経過を診ていたら、この人、絶対何か要らんことしている、というのは直感でわかります。

それぞれの病気なりのお肌の経過というのがあるわけなんです。

(特殊な場合を除いて。

そして、特殊な場合というのは、確率から言って、一般外来で、そうそう出くわすものではありません。)

それから外れていると、違うことが起こっているわけで、「何も悪いことはしていない」なんてことは、普通あり得ないわけです。

こちらが原因を探そうとしているのに、患者さん自身が協力しないなら、どうしようもありませんからね。そんな人を忙しい外来で、毎回毎回説得して一緒に原因を探してくれるドクターを見つけることは、ものすごく難しいでしょう。

さて、話を戻しますね。

これが美容皮膚科の場合(というよりも、うちの場合)、大した湿疹・皮膚炎があるわけでもなく、薬を出すようなひどい症状があるわけでもないのに、なんとなく調子が悪い、今は大丈夫だけで、湿疹を繰り返すこともあり、一度出ると長引いてしまうなど、そういう場合に、今、全部化粧品を止めさせるというのは、さすがに酷でしょう。

今日も明日も仕事に行ったり、学校に行ったり、人と会うわけですものね。特に、化粧をせずに、仕事に行くわけにいかないところが大人として難しいところです。

私は、そういう場合、まず使っているすべての化粧品を聞いて、あやしいものはすべて止めていただきます。

使っておられるものの中で、とりあえず続けてみましょうか、というのは続行です。

調子悪い時に、新しいものに変えても、それがどんなにいいものでも、刺激なったりすることもありますからね、少し落ち着くまで、基本は変えないほうがいいです。

どうしても、変えるなら、(家に使えるものが何もなかった場合など)、最低限、テスターを使って、お肌に沁みないか、かゆくならないか、など、感じを確認しましょう。

いつも言っているように、クレンジングは即止めてもらっています。

他のものは全部続行でもクレンジングは即止めです。

もちろん、「高機能化粧品」も。

最近は、安いものでも、「高機能」などの付加価値のついたものが増えましたよね。

そんな安い値段で、「高機能」なわけ、ないじゃないですか。

安物の、「高機能化粧品」も、即止めです。(高いものもね。)

おススメしている純石けん(カリ石けん素地のみ。)など、安くても質のいいものもあります。(うちで買えば、1個150円)

これは、「安物」ではなく、昔ながらの、シンプルな作り方とシンプルな材料だけで、作っているので、安いわけです。

その代り、消費者は、すぐに新しいものが好きなので、消費者離れも起こしやすいですし、使い続ける人って、決まっていきます。ホントに必要なものが何か、わかっている方は、そのまま使い続けます。

こういう商品て、付加価値も付いていないので、大勢に受ける商品ではないんです。

付加価値がない分、商品の値段を上げるわけにもいきません。(ますます売れなくなりますから。)

だから、安いんです。(材料もシンプルですからね。)安い分、メーカーの儲けもそれほどありません。

でも、メーカーの理念として、そういうシンプルな、なるべくお肌に負担にならないような化粧品を作り続けてくださっているわけです。

(だから、利益優先のメーカーは、あまりこういう商品は出しません。)

ドラッグストアでも、探せば、そういう昔ながらの成分だけで作ってある、シンプルな化粧品って、あると思います。

(昔から売っているもの全部が、質がいいわけではないですよ。)

ただね、そういう商品って、それほど、使い心地が良くなかったり、使い心地は悪くないけど、保湿効果が全然足りなかったり、と、なんかもひとつ、というか、物足りないというか。。

(化粧品に求めるのは、保湿だけだ、ということさえ、理解していたら、ホントはあまり気にならないんですけどね。みなさん、市販の化粧品に、大きな期待をし過ぎです。)

物足りないから、いろいろ書いてある、いらん化粧品を使いたくなってしまうんですよね。

また、一度、そういう、いらん化粧品を使うと、一見、塗り心地とか、なんとなく騙されてしまいますから、(一種の麻薬と同じですかね。)、もうそれが当たり前になっちゃうので、シンプルなものに戻れなくなっちゃうんです。

うちの患者さんの中には、ドラッグストアの安いやつを使っておられる方もいらっしゃいます。

なんか肌おかしいな、と思って、化粧品の商品名を聞いたら、恥ずかして(安物だから)いいたくないようなこともあるみたいです。

人に恥ずかしくて言えないような化粧品を使うのは、止めませんか?

安くても、それがいい!と自信を持って、使っているなら、別に聞かれたって、堂々と言えるでしょ?

「ただ、安いから」「安物でいいや」と、適当に買っちゃったから、恥ずかしいわけでしょう?

ひどい方になると、商品名すら覚えていない。

たまたま、ドラッグストアに行ったら、店頭に安売りして、山盛りで売っていたから。

ホントにテキトーです。

名前も憶えていないような化粧品を、顔に塗るのって、怖くないですか?

恥ずかしくて言えないようなもの(自分が人に言うのに、恥ずかしいと思ってしまうようなもの)や、名前すら憶えていない化粧品を使うのは止めましょう。

どっちにしろ、そんな化粧品で、保湿なんてできていないでしょう?

別に乾燥していません、というなら、たぶん、その化粧品を塗らなくても、その人の肌は、乾燥しないんじゃないですかね。

自分の肌自体が、ちゃんと保湿成分を保持していたら、化粧品を塗る必要はありません。

界面活性剤で負担になるだけです。どんな化粧品にも、乳化剤という形で、入っていますからね。

自分の保湿成分だけで足りないから、保湿するために、化粧品を使って、補うわけです。

化粧品のメリットデメリットとどっちが大きいか、自分にとって、メリットが多いなら、化粧品を使えばいいと思います。

普通に考えて、安い化粧品で、塗り心地も良くて、質も悪くなく、しかも保湿もしっかりしている、というのは、ちょっと難しいでしょう。もうちょっと、お金をかけないとね。

ドラッグストアでも、デパートの化粧品ほどではないけど、そこそこの値段のものも、たくさん、売っていますよね。そういう中にも、いいものは結構あると思いますよ。

今、人に聞かれたら、恥ずかしくていいたくないような安物を使っていて、しかも乾燥している、というなら、うちのレーザー治療、1回休んでもいいので、その分で、いい化粧品を買ってください。

普段の保湿ができていないと、光・レーザー治療に、どんなにお金をかけても、レーザーで保湿はできませんから、お肌はキレイになりません。

レーザー治療をされる場合、日焼け止めの塗り直しと、こすらない・一切の摩擦と刺激を止めることと、自分に合った保湿をするように、と必ず、申し上げているでしょう?

確かに、光・レーザー治療をして、お肌がキレイになれば、化粧品なんて、どんどんお金がかからなくなりますが、安物を使っていい、というのとは、別問題です。

安いのを使うといっても、テキトーはダメです。

化粧品もテキトーだと、お肌もテキトーにしかなりません。

ドラッグストアの安いやつでも、大した肌トラブルもなく、ご本人がこだわって、それを使っておられる場合、私から、「それ、肌に悪いから止めてください。」と全部止めているわけでもありません。

安いものでも、わざわざ止めることまでしないものもあります。

(何か起これば、後から止めることもありますが。)

お肌は乾燥していて、でも安いのしか買えない、というなら、せめて、塗る心地は我慢して、べたつくものを使わないと無理でしょう。

(塗り心地も良くて、保湿効果も高い、というのは、どうしても値段が上がります。)

レーザーする1回のお金で、もう少しランクを上げた化粧品が、何本も買えるでしょう。

それくらい、普段、顔に塗るものって、お肌の状態を左右するわけです。

ただ、いくらいい化粧品を使ったところで、レーザー1回するような効果なんて、出るわけないですから、化粧品をケチってでも、レーザーを1回でも多くしたい、と言う方。

まあ、そりゃそうでしょう。

でも、それなら、ちゃんと自分で調べて、安い化粧品で、質のまだマシなものを探すしかありませんね。

そんな手間暇もかけるのはイヤ、というなら、精製水にグリセリン混ぜて、化粧水として使って、最後にワセリン塗っておいてください。

塗る心地は悪いでしょうし、これで保湿が全然足りない方もいるでしょう。

(ワセリン自体には、保湿効果はありません。保湿できている状態の最後に塗って、蒸発しないようにフタをしているだけです。それと保護ですね。

でも、人によっては、ワセリンで、毛穴が詰まって、ニキビが出ることもあるので、誰でもワセリンが使えるわけではないですよ。)

グリセリン水とワセリンで、そのあと、日焼け止めとファンデーションが、塗りやすいかどうか、までは知りませんよ。

安くして、肌に負担をかけない、ということは、そういうことです。

どちらにしろ、基礎化粧品をケチりすぎたところで、日焼け止めとファンデの質を落としすぎると、肌にまた負担になるわけですから。

どこで妥協するか、ですけれど。

まあ、あんまり化粧品をケチって、レーザーしたところで、ちゃんとしている方と比べて、効果は悪いと思ってください。

化粧品を使う以上、必要悪というか、なんらかの害はあるわけです。安いものはどうしても、その害が、いいものに比べて、大きいのは当たり前です。負担がずっと続いてる肌に、お金かけてレーザーしても、効果どころか悪化することもあります。

まずは、普段のスキンケアありき、です。

それと、安物の化粧品って、使っているよくない成分とかも似たりよったりのことがあって、ずっと使っているのに、突然合わなくなる、ということがあります。

(ずっと使い続けたからこそ、ある成分に、「感作」されて、一種のアレルギー反応が起こったわけです。絶対誰にでも起こるわけではありません。たまたま、と言えば、たまたまです。でも、起こってしまったら、もうずっと、その成分は、合いません。)

安物は止めましょう、と言っているのに、また次に買った化粧品も安物で、またかぶれて、延々とかぶれを繰り返す方が時々いらっしゃいます。

こうなると、安物連鎖は、どっかで断ち切らないと。レーザーしてる場合じゃないです。レーサーのお金、ムダですから。

こういう方は、もう化粧品全部止めさせるしかないですかね。安物しか買いませんからね。

ケチっているわけではなく、なるべくシンプルでいきたいから、と信念を持って、市販の安いものからちゃんと探すなり、確認するなり、グリセリン+ワセリンでいいや、というなら、いいと思いますよ。

(安いっていっても、限度ありますけどね。100均は、絶対ダメですよ!念のため。

昔、勤めていたクリニックで、ジョークのつもりで、100均はダメですよ、と言ったら、(普通、こういうと、たいていの方は、そりゃそうですよね、と笑われます)、「そうなんですか?!」とビックリされたことがありました(使っておられたようで。。)。さるがに、今、うちに来られている方で、100均の化粧品を使う方はいません。)

あと、安いものでも、ティーンの子が使うような、(ティーン用に発売されているもの)化粧品を、大人の女性が使うのは止めておきましょう。

普通に考えて、お肌に合っているわけ、ないでしょう。

逆もそうです。

若い子が、アンチエイジング用の化粧品はいりません。毛穴が詰まって、ニキビ出るだけです。(高いものでもね。)

安いもので、「アンチエイジング用」なんて、あり得ませんからね。原価から言って。

安い「高機能化粧品」は、ホントにロクでもないと私は思います。

値段の高い光・レーザー治療をする前に、もう一度、化粧品を見直してみてください。

美容医療さえすれば済む話ではないので、毎日安物で肌を痛めていたら、本末転倒です。

お金はあるけど、何を買ったらいいかわからないし、化粧品にもあまり興味ないし、ついドラッグストアでテキトーに買っちゃう、と言う方は、うちで、化粧品(試せるのは、ちゃんと試してからね。)買ってください。こちらでおススメのものをご紹介します。

わからないときは、人に任せる、アウトソーシングですね。役割分担をしてしまいましょう。(その代り、こちらの指示はちゃんと守っていただきます。)

でも、自分で、ちゃんと化粧品と向き合うと、普段のお手入れって、もっと楽しいですよ。

どこで手を抜いていいのかもわかりますしね。

32 / 34« First...1020...3031323334