プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > スキンケア



お待たせいたしました。

ホントにおススメしない化粧品第六弾です。

ずっと書こうと思っていたんですが、なんか時間がなくてスミマセン。。。

おとついは、4月の形成外科学会総会の登録をしていたら、うまくいかない上に、参加したかったセミナーが、もう定員いっぱいで、参加できず。。。

(申し込み始まったのは、2月1日からなのに、ですよ!出遅れてしまいました。。。ああ。。)

追加変更のやり方がわからず、またホテル宿泊もうまくいかず、夜中にホテルで電話して予約をとってもらう、など、わけわからんことに時間がかかり、あっという間に、1時半で。。

いつまでたっても、朝型に変えられませんね。。

 

近況報告はこれくらいで。

 

さて、第六弾は、「無添加」風、「オーガニック」風、化粧品って、やつです。

これに加えて、「ドクターズコスメ」風、というのも付け加えましょう。

 

ただ、先日も書きましたが、もうどっから突っ込んでいいんだかわからないくらい、ひどい有様で。。。

これらの勧めない化粧品は、3回にわけたほうがいいのかもしれませんね。

 

まずは、「無添加」風からいきましょう。

 

「無添加」

いい響きですか?

でも、よく考えてください。

「無添加」って、なにが?なんのこと?

ホントに無添加(何も添加物が入っていない)なら、それは、ただの水か油ですよ。

そんな化粧品は存在しません。

医薬品の塗り薬にしたって、化粧品同様、薬の成分自体以外の添加物が入っています。そんなごく少量の添加物まで、医師も薬剤師も説明しません。薬の成分で、治すほうが大事なので。

それよりも、成分自体の効果・効能や副作用のほうが、よほど大切です。

まあ、病院の塗り薬は、そこまで添加物が問題になることはありませんが(かなり刺激にないものが使われているので)、たま~に、その添加物で、アレルギー反応が出る方もいらっしゃるので、病院からもらった塗り薬でも、合う合わないというのは、絶対あるわけです。過信は禁物です。

化粧品の場合、日本は、厚生労働省により、全成分の表示が義務付けられています。

パッケージには、必ず表示されていないといけません。

(買う前に、消費者が確認できないとダメなわけです。)

昔に比べて、「無添加」とやたら書いてある化粧品が増えたような気がします。

そう思いませんか?

昔って、そういう化粧品って、一部のコーナーにのみ置いてあったと思います。わかりやすくというか、敏感肌用のコーナーだったり、ドクターズコスメといわゆる呼ばれるコーナーだったり。

でも、最近は、普通の化粧品のコーナーにも、大きく表示して、「無添加」風を装い、並んでいることがあります。

(あくまで、「風」なので、普通のコーナーに置いてあるんだと思いますが、ドラッグストアによっても、そういう決まりがあるわけではありませんから、かためて置く義務はないわけですけど。)

 

先日、「オーガニック化粧品を使っているから、お肌にやさしいはず」と言われた初診の患者さんが来られ、その化粧品の名前をお聞きしましたが、全く聞いたことのない名前でした。

ネットで買ったそうです。

そのサイトを見ましたら、「無添加」「無添加」と、ものすっごい強調されています。

でも、何が「無添加」なのか、一切、そこには書いていないんです。

ここまであやしいメーカーも、初めて見ましたが。。。

 

例えばの話をします。

そこの化粧品会社の商品がいいのか悪いのかは、全く別の話で、「無添加」についての話をしているだけ、と必ず思ってくださいね。

(ブログを読んで、自己流にアレンジされる方がいらして、また情報の一部だけを抜粋したり、その前後が抜けているので、私の意図と全然違う結果になっている方が、時々いらっしゃいます。必ず、前後も読んで、理解されてください。

なぜ、それを否定しているのか、場合によったり、条件によったり、全面否定していないものもあれば、全面否定しているものもあるわけです。

状況によったら使えるのに、捨てていたり、あるいは、全面否定しているのに、アレンジして使い続けたり。。。

ダメですよ。)

 

さて、例え話です。

「無添加」化粧品として、一番有名なのは、ファンケルでしょうか。

昔、ファンケルが出てきた時って、通販だけで、一般の店舗はなく、しかも、ものすごい少量パッケージで、そのため何本も入っていて、1週間で使い切ってください(防腐剤が入っていないから)みたいな。要冷蔵じゃなかったでしたっけ?クール便かで届けてましたか?そこまではしてない?

なんかかなり大変だったような。。。

それでも、時代の流れに乗って、女性に「無添加」という考え方が受けて、どんどん売れていって、店舗を持つようになり、今は、ほとんど全国展開してますよね、多分。

 

今は、さっきちらっとサイトを見ましたが、少量パッケージは、今もされているようですね。

でも、トップページに、何が「無添加」なのか、ということは書いていませんでした。

ただ、「無添加」を世の中に知らしめた元祖のです会社ですから、ちゃんと「無添加」について、詳しく書いてあるページがありました。こだわりを持たれてるのでしょう。

ファンケルのサイト(たぶん、パッケージも)を見ていただいたら、わかりますが、ちゃんと何が無添加なのか書いてあります。

このサイトによると、

「(*) ファンケルの「無添加化粧品」は、防腐剤・殺菌剤・石油系界面活性剤・香料・鉱物油・紫外線吸収剤・合成色素を一切使っていません。」(HPより抜粋)

と書いてあります。

だから、これ以外の添加物は使う、ということです。いいか悪いかは別にして。

こちらの、「化粧品へのこだわり」というところを見ると、さらにわかりやすく、「無添加」に書いてあります。

簡単に言うと、かぶれやすかったり、アレルギーを起こしやすい成分は、極力除いて、作ってます、と言いたいわけです。

例えば、よくご紹介している、純せっけんです。

うちでの取扱いは、牛乳石鹸の「無添加シリーズ」です。

こちらは、商品の表や裏に、とてもわかりやすく、何が無添加なのか、書いてあります。

こちらの「無添加」は、「着色料・香料・防腐剤・品質安定剤は一切使っておりません」と書いてあります。

だから、裏の成分表を見ると、ファンケルでも、牛乳石鹸でも、いろいろと添加物の名前が書いてあります。

(純せっけんで書いてあるのは、「石けん素地」としか書いていませんが。石けん素地100%ですからね。)

 

中身がいいか悪いかは別として、ちゃんとしたメーカーは、ずべて無添加なんて、化粧品では存在しませんから、

(何も添加しなかったら、化粧水なんて、ただの水ですから。ただの水なら、「化粧水」ではなく、「精製水」(水100%のことです)と表示しないと詐欺でしょう。)

何を添加していないのか、書くわけです。

 

本来、「無添加化粧品」というのは、化粧品である以上、添加物を入れないと成り立たないわけですが、お肌への刺激が大なり小なりあって、少しでも刺激がないように作れないかな、と消費者のことを考えて作ってくれたんだと思います。

結構、いいイメージを、その会社にもたれますよね。

そりゃ、そうですよね。

成分になんかこだわりだしたら、作るのも大変ですし、下手したら、原価がかさみます。

自分たちの利益が減りますから、どこの企業だって、やりたくないわけです。

でも、それをわざわざ、企業努力でしてくれて販売してくれているので、私たち消費者にはとてもありがたいです。

 

これらのメーカーが使っていない成分が絶対肌に悪いのか、誰にでも悪いのか、というわけでは、もちろん、ありません。

世の中に出回っている、みなさんが使っている化粧品の大半に、入っているわけです。

でも、こういう化粧品があって、そういうことを言ってくれるメーカーがあると、私たちは、選ぶことができます。選択の幅がある、というのは、いろんな考え方が人によってありますから、とてもいいことですね。

 

そういうのをいいことに、「なんちゃって無添加」が出てくるわけです。

先日の患者さんのおっしゃった、いわゆる(自称)「オーガニック化粧品」、(また「オーガニック」のところでも言いますが)、トップページに、ものすっごい「無添加」ということが強調されています。

まあ、強調してダメ、というわけではないんですが、その同じページのどこにも、一体何が「無添加」なのか、一切書いていません。

何が無添加なのか、かなり探しましたよ~。

最終的には見つけましたが。。。そのサイトの全成分表示の怪しかったこと。。。つく

まあ、ものは言いようだな、と。

詐欺ではないですが、これで、「無添加」と強調するな!と言いたい。

他のいろんな添加物てんこもりでした。アルコールもたくさん入ってそうですし。。

(アルコールについては、「サトウキビから抽出精製」みたいに、科学薬品ではなく、オーガニックで自然なんですよ~、みたいに書いてありましたが、サトウキビなどの植物からアルコールを作るのはよくある話です。

以前に、バイオガソリンが話題になったこと、あったでしょ。サトウキビやトウモロコシからアルコールを作って、車のガソリン代わりに使って、CO2削減みたいな。

そのせいで、トウモロコシが足らなくなって、値上がりして、牛とか家畜が食べるエサも高騰して、肉の値段も上がる、みたいな報道あったのを覚えていらっしゃいますか?)

 

「アルコール」が化粧品に入っていた場合、「無添加」ってお肌にいい、だって、なんかナチュラルなんでしょ?みたいに思っていらっしゃる方からしたら、思いっきり、化学薬品のにおいがしませんか?

「無添加」と表示があっても、「アルコール無添加」と書いていない限り、アルコールは入っています。

さっぱりタイプの安物の化粧品だと、このアルコール(エタノール)がたくさん入っていて、塗ったら、お肌がスースーします。

こういう化粧品は、一切勧めていませんが(大量に入っているアルコールは、お肌がやられます。消毒剤ですからね。極端に言うと、毒なわけです。ばい菌だけ、殺さないんです。お肌の細胞も殺すんです(ダメにするんです)よ。

でも、どうしても、少量だけ、浸透をよくするためにとか、成分同士を混ぜるために、とかで、入っている化粧品も山ほどあります。いいか悪いかは別として。

 

何が言いたいのか、というと、「無添加化粧品」=「化学薬品成分ゼロではない」ということです。

 

「無添加」化粧品を使いたい方は、使ったらいいんですが、(エコな、なるべく化学成分を排除した生活が好きな方もいらっしゃいますよね)、ちゃんとしたメーカーでないと、騙されて終わりです。

ちゃんとしているところは、必ず、何が無添加なのか、表示があります。

たかが、「パラベンフリー、アルコールフリー、香料フリー」くらいで、「無添加」といばりません。

パラベンの代わりに、メチルパラベンという成分が入っています。(パラベンよりも、もう少し、お肌に優しくしたんでしょうね。)

メチルパラベンが入っていなかったら、そのほかの防腐剤が入っています。

それで、「無添加!」なんて、大々的に言ったら、ひどいでしょ。

(防腐剤が全部悪いわけではありませんよ。

防腐剤が入っていなかったら、少量パッケージになりますし、ひどい場合は、冷蔵庫保管ですよ。

早めに使い切らないと、やっぱり腐るんじゃないですか?ハエがたかることはないでしょうが、品質は変わるんじゃないかな。1年とか大丈夫って言われたら、防腐剤入っていないのに、なんで?って思いませんか?

防腐剤が入っているから、常温で、夏の暑い日には、そのまま洗面所やドレッザーに置いておいても、腐らないんです。便利にさせてくれているわけです。

化学薬品だらけなら、防腐剤いらない、というのも、ありえるかもしれませんね。

要は、防腐剤の種類と、量や濃度が大事でしょう。)

 

ちゃんとしたメーカーは、たんたんと、「○○無添加」とパッケージとかに、普通に書いてあるだけで、「無添加」だけを、誇張しません。

今の時代、そういう情報の一部だけを、過信している方が多いのか、「無添加」と表示するだけで、売れる時代です。

化粧品というのは売れれば、莫大な利益を生みますからね~。

特に、ネットでしか売っていない、あまり知られていない化粧品だと、少々かぶれた人が出たところで、あまり大きな社会問題にはならないし、騒がれないので、適当なところで、サイトを閉めれば終わりです。

また、会社名変えて、別に開くわけです。

全成分表示したところで、そんな会社の書くいていること、信用できます?

国民生活センター(消費者センター)だって、世の中の化粧品全部、調べているわけではないですよ。特に、ネットでしか売っていないものなんて、キリないですからね。

 

前にも言いましたが、出所のわからないものは使わない!

大手だから安心、デパートで売っているから安心、というわけではありませんが、とりあえず、何かあったら、文句言いに行けるでしょう。

対面販売している会社のほうが、 少なくとも、情報提供はしやすいわけです

「無添加」買って、いいんですけど、ちゃんと何が無添加なのか、確認しましょう。

やみくもに、とびつかない!

自分のとびつく根拠を、ホントかどうか、いったん、そのサイトで確認してください。

化学薬品がよくない、なんて、やみくもに信じていると、使う化粧品、なくなりますよ。

化学薬品というなら、純せっけんもそうですよ。

ワセリンなんて、石油から作っているんですよ。

石油系ってダメなんですよね?と聞かれる方も大勢います。

(そういう会社が、鉱物油は使っていません、とか、石油系界面活性剤は使っていない、とか書いてあるから、勝手に思い込んでいるんでしょうね。)

ワセリンが肌に悪いって、思っている方は、あまりいないと思います。

 

化学薬品すべてが肌に悪いわけではないですし、天然のものだから肌にやさしいわけではありません。

うるしなんて、かぶれるでしょ?

地球にやさしくても、人間の肌にやさしいかどうかは、全く別の問題です。

マンゴーやパイナップル、ももとかで、口の周りがかぶれる方もいるでしょう。

きゅうりにしたって、レモンもアロエもそうですが、そのまま切って、肌にのせたって、他の成分(いわゆるアクのようなもの。それ以外のいらない成分もたくさんあります)で、お肌はやられます。

自然のものの中から、化学的に、有効成分のみ抽出させないといけません。

抽出した時点で、それは、いわゆる化学薬品ではないんでしょうか。

ただ、原材料が、人工的に作られたものなのか、天然のものなのか、そこにこだわっておられるんですかね。

エコで、地球にやさしい生活したい、と言う方は、それで構いませんが、「天然」=「無添加」=「化学薬品は悪者」=「お肌にやさしい」、なんて、思っていると、大間違い、とだけ言っておきましょう。

化粧品を使う以上、化学薬品が入っているのは、仕方ないでしょう。

でないと、水だけで洗顔して、椿油とかオリーブオイルとかの油しか、顔に塗るもの、なくなりますよ。

化粧品を使っていくうえで、大事なのは、その入っている成分の質とか量とか濃度とか、化粧品自体の質ですよ。

言葉に踊らされない、ということは一番大切です。

 

 

 

 

 

 

 

ホントにおススメしない化粧品第5弾ですが、「自然派」「無添加」風を装った化粧品をする予定でしたが、予定を変更させていただきます。

「出所のわからない化粧品は使わない!」強化月間です。

(って、1月も終わっちゃいますけど。。)

 

先日来られた患者さんのお肌がボロボロでした。

かなり赤くて、その原因は、ものすごい毛細血管拡張です。

紫外線の影響もありますが、かなりお肌に負担がかかっている様子。。。

ダーマスコピー(肌を50倍で診るレンズです)で診てみると、角質がめくれて、ひどい状態に。。。

違う種類のクレンジング2種類を使って、2回洗顔していたのもありますが、全く保湿が追い付いていない状態でした。

ほとんど顔中肝斑で、肝斑治療になったわけですが、慢性的な炎症(刺激)があると、肝斑は良くなるわけがありません。

これは、絶対、おかしな化粧品を使っているな、と思い、ひとつずつお聞きしていったんですが、(それで、クレンジング2種類で2回洗顔していることも判明)、保湿の分がホントに追いついていない状態でした。

保湿は何を使っているのか、お聞きすると、「化粧品じゃないんですけど、卸してもらって、それを使ってます。」と、よくわからない答え。

薬局を経営されて、卸されているわけではないそうで。。。医薬品じゃないなら、化粧品ということにしかなりません。(医薬部外品というのもありますが、薬剤師の資格もないのに、医薬部外品を卸しで買うことは、まあ、できません)

????

よくよく聞いてみると、ある施設(というか企業?)の会員になって、分けてもらうんだそうです。(卸価格ということ?)

で、患者さんは、「化粧品ではないんです。」とはっきりおっしゃいます。

(いえ、化粧品でしか、ないんですけどね。)

 

なんか怪しいな。。と思い、なんていうメーカーですか?というと、「そういうメーカーではなくて、IPSなんとかかんとか(すみません、聞き取れませんでした)研究所です。」

 

。。。。怪しすぎます。。。

 

私が開業する時点(2年半前)で、そういう「○○研究所」とか、「アンチエイジング○○」「ホワイトニング○○」「なんたらセンター」とか、消費者にとって、いかにも効果があると思わせるような、あるいは、公的機関と勘違いさせるような名称は使わないように、と厚生労働省が禁止していました。

その取決めの前に、もう名前をつけてしまった分には、改名まではさせないけど、看板類は認めない、となっていたはずです。

これは、クリニックだけでなく、エステ・接骨院・整体院など、全てにあてはまると理解していました。

どうして、こんなことを厚生労働省が決めたのかというと、そういうところで、トラブルが相次ぐからです。

もちろん、そういう名前でもちゃんとやっているところもあるでしょうし、公的機関(ホントの国とか、都道府県・市町村が使ったとか、準公立の施設)であれば、○○研究所や、○○センターという名前はあります。以前からもあるし、新規でもあります。

なんとかセンターとか、なんとか研究所とかすると、いかにも公的機関っぽくなるし、そこに行ったら、効きそうな気がしますよね。

イメージがいいというか。。。

そういう、根拠がないのに、名称にするな、というのが、厚生労働省の見解なわけです。怪しいから。

だから、そういう、「いかにも」的な、怪しい名前をつける企業(クリニックも)というのを私はあまり信用していません。

 

だから、「IPS」という単語を名前に使うのもおかしいし、最後に「研究所」とまでつけて、しかも「会員制」でないと、買えない、と揃えば、おかしすぎます。

 

「会員になるのに、それ、どうやって見つけたんですか?」

「友達にいいって、勧められて。」

「それ、マルチ商法じゃないんですか?」

「マルチとかじゃないんです。私がいいと思って、勝手に買っているんです。」

「大量に在庫とか持っていないんですか?」

「大量じゃないけど、。。3本くらい、まだあります。」(もっとあるのかもしれませんね。)

「1本おいくらですか?」

「1本、8000円ちょっとです。」(化粧水と乳液の間みたいな感じ、とおっしゃってました。)

 

話を聞いているだけで、マルチでしょ?と思いました。

まあ、マルチかどうかは置いておいて、ともかく、その化粧品がホントに信じているくらい、いいものであるなら、どうして、貴女のお肌は、そんなにボロボロなんでしょう?

おかしいでしょ?

合ってないんですよ。

また、そんなものは、中身も成分表示通りかどうかも確認なんてできないし(表示自体が信用できるのか、ということです)、ホントにそこまでいいものなら、もっと評判になるし、美容皮膚科の業界まで伝わってくるだろうし、会員制なんてしないで、表(社会)に出てきて、ちゃんと販売されますよ。

ということを説明しました。

でどころのわからないものは、使わない!

まだまだ、そんな怪しいところがあるんだな、と思いましたが、念のため、山中教授のIPS細胞となんの関係もないか調べてみました。

IPS細胞を使っていけば、病気の医療の分野だけでなく、将来的に美容など、他の分野も含めて、莫大な富を生むことをわかっておられて、世界中のいろんな企業が開発を狙っているわけです。

ヘタすると、一部の企業が技術を独占してしまって、利益追求に走り、独占販売にならないように、患者さんが良心的な価格で、そういう医療を、将来的に提供してもらえるように、ただいま奔走されていらっしゃいます。

いろんなベンチャー企業とも一緒に開発もされていらっしゃいますし、研究費はまだまだ莫大に必要ですから、寄付金も多額が必要でしょう。

もしかしたら、そういう寄付のための会員制のベンチャー企業でもあるのか、と思い、調べてみました。

将来的には、IPS細胞を利用した化粧品(医薬品)も出るでしょうが、まだそんな(一般の方が購入できる)レベルまで行っていないはずだろうけどな。。。と思い、ネットで、「IPS細胞 研究所」と検索をかけても、山中教授のホントのIPS細胞研究所しかヒットしません。

「IPS細胞 研究所 化粧品」としたら、もっと出てきません。

 

。。う~ん、はっきり名前聞くべきだったな。。。

(そういう意味でも、当たり前ですが、山中教授とは全く関係のある企業ではありません。)

 

そこで、「IPS 研究所 化粧品」と検索すると、ヒットしました!

 

でも、そこの企業のHPというより、被害者の会みたいな、被害にあった方や知人に勧められて困っているとか、勧められて買うべきかどうか悩んでる、みたいなサイトでした。

被害者の方が大勢書き込んでおられるようで、大半の悪口というか、まあ、想像通りのことが淡々と並んでいるというか、マルチっぽいところの企業反対派の意見としては、当たり前のことが並んでいるだけでした。

ただのふつうの化粧品を、さもものすごいように、広告をして、熱心に勧めて、強引に買わせるような。。

その中で出てくるのが、マルチ商法だから関わらないように、ということが山ほどでした。

いろいろ検索をその名前でかけていくと、とうとうその企業のサイトまでたどり着きました。

今は、名前を変えて、HPも、一見ただの、よくある、ようわからん化粧品のサイトです。

(新しい名前にも、「IPS」の名前は残してましたね。「研究所」は、取れましたけど。

かなり昔から、「IPS」という単語を使っておられましたが、山中教授のIPS細胞とは、なんの関係もなく、なんかわけわからん企業理念の英語の頭文字を並べただけでした。

マルチ商法がかなり問題になって、騒がれ出したころに名称を変えたのか、別の理由なのかは、わかりませんが。。

ただ、購入方法が、必ず販売員から直接買ってください、ネットではお売りできません、とかなり特殊な方法です。

知人に販売員がいないら、その企業が販売員を紹介してくれるそうな。。

あるいは、販売している各施設に行って買ってください、というものでした。

販売代理店というのが、エステっぽいところ(接骨院?整体院?みたいなものも混ざってました。)で、そこが卸していて、そこ行って買うようなシステムらしいです。

そういえば、被害者の会みたいなサイトで、エステでしつこく勧められて困っている、みたいな記述もありました。

 

どの書き込みを見ても、マルチのことばかり書いてあり、誰かに売れば売るほど、卸す側(紹介した側)は安く買えるような感じです。

(その辺の詳細は、おそらく関わらないと、教えてもらえないシステムになっているようです。だから、ネットを見ただけでは、本当のことはわかりません。。。

ただ、その企業が自分のところのサイトの化粧品紹介ページに載っていた値段と、患者さんが言っていた値段とで、かなり差があり、ネットだと、1本12000円くらいだったかな、と。

卸の値段ってやつでしょうか。。

商売をしているわけでもないのに、一般の方が、卸で買うということは、普通できません。

お店によっては、一般の方もOK!みたいに、不況のせいもあり、昔よりは増えたと思いますけど、それでも業者専用と一般小売OK、とまだまだ区別されているように思います。

仮の話ですが、マルチ商法っぽいような、法律すれすれでやっている企業があったとして、法律すれすれですから、違法行為ではありませんよね。

でも、「友達がとてもいいと勧めてくれた」化粧品は、実は、その辺にある、どうでもいい化粧品で、でも、値段は、高級化粧品並みに取られていて、でも、自分は、その使い心地に満足している(そりゃ、高かったですからね~)し、強引に勧誘されたわけでもないし、自分から進んで、ちょっと大目に(どうせ使うものですものね)買っただけだから。。。

と、自分に言い聞かせて、あるいは、本当にそれで満足されていれば、問題はないのかもしれません。。。

でも、その勧めて友達は、ホントにいいと思っていたのではなく、買ってくれたら(紹介して会員を増やして、なおかつ買ってくれれば)、自分にはマージンが入ってくる。

そのマージン欲しさに勧めたのだとしたら?

どこにでもある、ただの化粧品を。しかもバカ高いのに。

 

それって、人間不信になりませんか?ショックじゃないですか?友達と思っていた人に利用されただけなんて。

マルチ商法の一番ダメなところは、もちろん強引に買わされた、というお金の問題もありますが、商品が粗悪な場合、それが化粧品やサプリだったら、健康被害も出るかもしれない、そして、勧めたのがエステとかなら、関わらないようにしたらいいですが、友達だったら、心にも傷がつくでしょう。

お金と時間以外にも、お肌も体も心も傷つくわけです。

 

ホントにいいものだったら、もっと世の中に出てきますって。時間はかかりますけどね。

そりゃ、なんでも使ってみないと、ホントにいいものかどうかなんて、わからないし、怪しいものの中にも、実は、結構いいものって、あるのかもしれません。

でも、実際、この方のお肌はボロボロで、化粧品の質と値段は、少なくとも私には見合っているようには思えないし、今の状態では、わけわからんものは、全部止めてください、と必ず指導します。

どんな企業も表示がホントかどうかなんて、特殊な機関じゃないと調べるなんてできません。表示したもの勝ちでしょう。

でも、ちゃんとした表社会に出てきている企業、特に化粧品会社は、そんなウソをついてばれたら、もうつぶれますからね、会社。まず、そんなことはしない、という前提で、話をしています。それだけ、正々堂々としているわけです。いつでも勝手に調べられる可能性があるわけですから。

今の患者さんの肌の状態が、素晴らしかったら、私も、わざわざ止めません。

出所がわかっている商品だからこそ、簡単に確認できて、止めておきましょう、と言えるのに、(商品によったら、確認してから、再開してもらうこともあります。)出所がわからないものを、確認もできないわけで、信用して、顔に塗る、飲む、なんて、怖すぎます。。

 

高額・あるいは大量に買わされて、マルチかも、と悩んでおられる方、あるいは、怪しいかもというところで買ってしまって、聞いていた話と全然違う・健康被害が出ている方。

とりあえず、国民生活センターとお住まいの警察に相談してください。

お金が返ってくることもあるかもしれないし、成分を調べてくれることもあるかもしれません。違法行為なら、警察が捕まえてくれるでしょう。

どうぞひとりで悩まないで。

そういう怪しいものでかぶれたり、何かあった場合、皮膚科で必ず診断書をもらっておいてくださいね。いざとなったときの証拠になりますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホントにおススメしない化粧品第4弾「安物の化粧品」です。

ここで言う「安物」というのは、「安い」=「悪い」ということではありません。

安くても、質のいいもの、お肌にとっていいものは、たくさんあります(と、思います)。

それとは逆に、すっごい高くても肌にむちゃくちゃ悪いものもあるわけです。

(前回のおススメしない「高機能化粧品」もその一つです。)

ただ、全般的に言えることは、どうしても安いと、原価も安いので、お肌にとってまだマシな、比較的質のいい界面活性剤(乳化剤なども)を使えないことも事実です。

その辺が難しいところです。

例えば、今、ドラッグストアで、1000円以下の化粧品をお使いの方。

それで何も自分はトラブルがなく、満足しているというなら、そのまま使っていらっしゃったらいいと思います。

専門家が肌を診て、ホントに、お肌に負担がかかっていないかどうかは別として。

(お肌に自信をお持ちの方、あるいはトラブルは感じていない、という方のお肌を実際診ると、全体に変な赤みがあったり、顔中肝斑で茶色くくすんでいるので、ご本人が気づいていないだけ、ということもあったり、乾燥してお肌は悲鳴を上げているのに、全然気づいていない方、などなど、そういうこともあります。

どうして気づかないわけ?と思われるかもしれませんが、おそらく、ず~っとそんな状態が続いていて、ご本人からしたら、当たり前すぎて、そういうものだと思っていて、おかしいとか思いもしない、と言う感じなんでしょう。

自信を持ちすぎているというのも、イタイところでしょうけど。

そんな方を、こちらから説得して、今しているスキンケアを根底から変える、というのは、私は不可能だと思います。

だから、今のお肌に疑問を持っていない方は、どうぞそのままお過ごしください。)

やっぱりなんか調子悪い、という方。心配な方。

化粧品を見直してみませんか?

健康な肌の女性の肌トラブルの大半は、化粧品から来ているといっても過言ないかもしれません。

一般病院で、外来をしていた時も、女性の顔の場合、はっきりした湿疹や皮膚炎は別として、なんか調子悪いとか、確定診断がつかないような、皮膚炎や湿疹を繰り返すとか、そういう時は、まず使っている化粧品全部(基礎化粧品も一切)止めていただきますね。

皮膚科医として当たり前の判断です。

かぶれや湿疹とかで、皮膚科に受診して、化粧品全部止めるように言われた経験のある方は、大勢いらっしゃるんじゃないですか?

皮膚科の治療として、常識です。

でも、湿疹が出てるわけではなく、そこまでひどくない場合。

ステロイド塗るほどじゃないし、塗るにしても、弱~いのでいいけど、それをず~っと塗っておくのもダメだし、保険ではそんな処方する薬がないな。。という程度。

出す薬がないとなると、皮膚科外来行っても、あまり相手にされないでしょ?

保険診療の場合、さっさと薬を出して、次の患者さんを診る、というのがふつうでしょう。

(でないと、外来終わりませんからね。話をゆっくり聞いてる時間は、一般の皮膚科にはありません。)

何か言っても、適当に流されて終わりです。だって、出す薬ないから。

まあ、アレルギーの薬出したり、ビタミン剤出したり、当たり障りのない薬を適当に出して、あきらめて、どっかよそのクリニックに行くのを待っているんですよ。

あんまりうるさいと、体質改善したら?と言われ、漢方薬とか勧められて、そういうクリニック行くように言われたりとか。

(まあ、ホントに漢方がいい場合もありますけどね。でも、そういう場合は、出す薬もちゃんとあって、さらに追加で漢方も、あるいは、漢方に切り替えましょう、ということが多いですね。)

(病気の皮膚からしたら、症状が軽すぎて)薬を出せるような状態でもないのに、化粧品全部止めるように言ってくれるクリニックは、ホントは良心的なんですよ。

ちゃんと相手してくれています。

化粧品を全部止めるように言われた女性は、たいてい抵抗しますからね、それの相手をするだけで、余計に時間がかかるわけです。止めろ、と言った以上、説得する時間も余計にかかるわけですから。

化粧品を止めさせずに、不調をどうにかしていく、というのは、出す薬もないわけですから、保険診療で外来やっても、クリニック儲かりませんからね。むしろ、時間を取れば取るほど、他の患者さんも待たせて、自分がしんどいだけですから、そこまでの相手をしてくれ、と保険診療で要求するのは、なかなか酷というものです。

今の保険制度では、科に関わらず、患者さんの話を長く聞けば聞くほど、儲からないようにできています。薬出すか、検査するか、薄利多売と同じで、短時間に大勢診るか、をしないと、経営が成り立たないんです。

だから、話をちゃんと聞いてくれるドクターというのが、多くはないわけです。

ホントにひどいクリニックだと、ステロイド塗るほどでもないのに、きっついステロイドを出して、「これで様子をみてください。」と化粧品を止めるように言うこともなく、すぐに追い出されて、ステロイトド漬けにされて、気が付いたら、副作用でお肌がえらいことになっている方も結構いますからね。最悪です。

化粧品以外に、不調の原因があることもありますが、そういう場合は、ほとんどの皮膚科医は、パッと診たら、大体わかります。(そう訓練されていないと、一般外来はやっていけません。)

特殊な病気や、病気の出始め、とかで、すぐに確定診断して、治せ!というのは、無茶な話です。それは、誰でも、なかなか見抜けません。ある程度、症状がそろわないとね。

(ちなみに、原因を見つけていく場合に、経過がとても重要になりますから、患者さん自身がちゃんと把握していないと、調べようがありません。

また、客観的に判断することができず、自分で思い込んでいる方も、経過を話す時に、事実を言いませんからね。勝手に自分で、これは関係ないと判断して、(ホントはとても重要なことなのに)経過をはしょったり、脚色する方も、適当に薬出されて終わり、ということもあります。

お肌と経過を診ていたら、この人、絶対何か要らんことしている、というのは直感でわかります。

それぞれの病気なりのお肌の経過というのがあるわけなんです。

(特殊な場合を除いて。

そして、特殊な場合というのは、確率から言って、一般外来で、そうそう出くわすものではありません。)

それから外れていると、違うことが起こっているわけで、「何も悪いことはしていない」なんてことは、普通あり得ないわけです。

こちらが原因を探そうとしているのに、患者さん自身が協力しないなら、どうしようもありませんからね。そんな人を忙しい外来で、毎回毎回説得して一緒に原因を探してくれるドクターを見つけることは、ものすごく難しいでしょう。

さて、話を戻しますね。

これが美容皮膚科の場合(というよりも、うちの場合)、大した湿疹・皮膚炎があるわけでもなく、薬を出すようなひどい症状があるわけでもないのに、なんとなく調子が悪い、今は大丈夫だけで、湿疹を繰り返すこともあり、一度出ると長引いてしまうなど、そういう場合に、今、全部化粧品を止めさせるというのは、さすがに酷でしょう。

今日も明日も仕事に行ったり、学校に行ったり、人と会うわけですものね。特に、化粧をせずに、仕事に行くわけにいかないところが大人として難しいところです。

私は、そういう場合、まず使っているすべての化粧品を聞いて、あやしいものはすべて止めていただきます。

使っておられるものの中で、とりあえず続けてみましょうか、というのは続行です。

調子悪い時に、新しいものに変えても、それがどんなにいいものでも、刺激なったりすることもありますからね、少し落ち着くまで、基本は変えないほうがいいです。

どうしても、変えるなら、(家に使えるものが何もなかった場合など)、最低限、テスターを使って、お肌に沁みないか、かゆくならないか、など、感じを確認しましょう。

いつも言っているように、クレンジングは即止めてもらっています。

他のものは全部続行でもクレンジングは即止めです。

もちろん、「高機能化粧品」も。

最近は、安いものでも、「高機能」などの付加価値のついたものが増えましたよね。

そんな安い値段で、「高機能」なわけ、ないじゃないですか。

安物の、「高機能化粧品」も、即止めです。(高いものもね。)

おススメしている純石けん(カリ石けん素地のみ。)など、安くても質のいいものもあります。(うちで買えば、1個150円)

これは、「安物」ではなく、昔ながらの、シンプルな作り方とシンプルな材料だけで、作っているので、安いわけです。

その代り、消費者は、すぐに新しいものが好きなので、消費者離れも起こしやすいですし、使い続ける人って、決まっていきます。ホントに必要なものが何か、わかっている方は、そのまま使い続けます。

こういう商品て、付加価値も付いていないので、大勢に受ける商品ではないんです。

付加価値がない分、商品の値段を上げるわけにもいきません。(ますます売れなくなりますから。)

だから、安いんです。(材料もシンプルですからね。)安い分、メーカーの儲けもそれほどありません。

でも、メーカーの理念として、そういうシンプルな、なるべくお肌に負担にならないような化粧品を作り続けてくださっているわけです。

(だから、利益優先のメーカーは、あまりこういう商品は出しません。)

ドラッグストアでも、探せば、そういう昔ながらの成分だけで作ってある、シンプルな化粧品って、あると思います。

(昔から売っているもの全部が、質がいいわけではないですよ。)

ただね、そういう商品って、それほど、使い心地が良くなかったり、使い心地は悪くないけど、保湿効果が全然足りなかったり、と、なんかもひとつ、というか、物足りないというか。。

(化粧品に求めるのは、保湿だけだ、ということさえ、理解していたら、ホントはあまり気にならないんですけどね。みなさん、市販の化粧品に、大きな期待をし過ぎです。)

物足りないから、いろいろ書いてある、いらん化粧品を使いたくなってしまうんですよね。

また、一度、そういう、いらん化粧品を使うと、一見、塗り心地とか、なんとなく騙されてしまいますから、(一種の麻薬と同じですかね。)、もうそれが当たり前になっちゃうので、シンプルなものに戻れなくなっちゃうんです。

うちの患者さんの中には、ドラッグストアの安いやつを使っておられる方もいらっしゃいます。

なんか肌おかしいな、と思って、化粧品の商品名を聞いたら、恥ずかして(安物だから)いいたくないようなこともあるみたいです。

人に恥ずかしくて言えないような化粧品を使うのは、止めませんか?

安くても、それがいい!と自信を持って、使っているなら、別に聞かれたって、堂々と言えるでしょ?

「ただ、安いから」「安物でいいや」と、適当に買っちゃったから、恥ずかしいわけでしょう?

ひどい方になると、商品名すら覚えていない。

たまたま、ドラッグストアに行ったら、店頭に安売りして、山盛りで売っていたから。

ホントにテキトーです。

名前も憶えていないような化粧品を、顔に塗るのって、怖くないですか?

恥ずかしくて言えないようなもの(自分が人に言うのに、恥ずかしいと思ってしまうようなもの)や、名前すら憶えていない化粧品を使うのは止めましょう。

どっちにしろ、そんな化粧品で、保湿なんてできていないでしょう?

別に乾燥していません、というなら、たぶん、その化粧品を塗らなくても、その人の肌は、乾燥しないんじゃないですかね。

自分の肌自体が、ちゃんと保湿成分を保持していたら、化粧品を塗る必要はありません。

界面活性剤で負担になるだけです。どんな化粧品にも、乳化剤という形で、入っていますからね。

自分の保湿成分だけで足りないから、保湿するために、化粧品を使って、補うわけです。

化粧品のメリットデメリットとどっちが大きいか、自分にとって、メリットが多いなら、化粧品を使えばいいと思います。

普通に考えて、安い化粧品で、塗り心地も良くて、質も悪くなく、しかも保湿もしっかりしている、というのは、ちょっと難しいでしょう。もうちょっと、お金をかけないとね。

ドラッグストアでも、デパートの化粧品ほどではないけど、そこそこの値段のものも、たくさん、売っていますよね。そういう中にも、いいものは結構あると思いますよ。

今、人に聞かれたら、恥ずかしくていいたくないような安物を使っていて、しかも乾燥している、というなら、うちのレーザー治療、1回休んでもいいので、その分で、いい化粧品を買ってください。

普段の保湿ができていないと、光・レーザー治療に、どんなにお金をかけても、レーザーで保湿はできませんから、お肌はキレイになりません。

レーザー治療をされる場合、日焼け止めの塗り直しと、こすらない・一切の摩擦と刺激を止めることと、自分に合った保湿をするように、と必ず、申し上げているでしょう?

確かに、光・レーザー治療をして、お肌がキレイになれば、化粧品なんて、どんどんお金がかからなくなりますが、安物を使っていい、というのとは、別問題です。

安いのを使うといっても、テキトーはダメです。

化粧品もテキトーだと、お肌もテキトーにしかなりません。

ドラッグストアの安いやつでも、大した肌トラブルもなく、ご本人がこだわって、それを使っておられる場合、私から、「それ、肌に悪いから止めてください。」と全部止めているわけでもありません。

安いものでも、わざわざ止めることまでしないものもあります。

(何か起これば、後から止めることもありますが。)

お肌は乾燥していて、でも安いのしか買えない、というなら、せめて、塗る心地は我慢して、べたつくものを使わないと無理でしょう。

(塗り心地も良くて、保湿効果も高い、というのは、どうしても値段が上がります。)

レーザーする1回のお金で、もう少しランクを上げた化粧品が、何本も買えるでしょう。

それくらい、普段、顔に塗るものって、お肌の状態を左右するわけです。

ただ、いくらいい化粧品を使ったところで、レーザー1回するような効果なんて、出るわけないですから、化粧品をケチってでも、レーザーを1回でも多くしたい、と言う方。

まあ、そりゃそうでしょう。

でも、それなら、ちゃんと自分で調べて、安い化粧品で、質のまだマシなものを探すしかありませんね。

そんな手間暇もかけるのはイヤ、というなら、精製水にグリセリン混ぜて、化粧水として使って、最後にワセリン塗っておいてください。

塗る心地は悪いでしょうし、これで保湿が全然足りない方もいるでしょう。

(ワセリン自体には、保湿効果はありません。保湿できている状態の最後に塗って、蒸発しないようにフタをしているだけです。それと保護ですね。

でも、人によっては、ワセリンで、毛穴が詰まって、ニキビが出ることもあるので、誰でもワセリンが使えるわけではないですよ。)

グリセリン水とワセリンで、そのあと、日焼け止めとファンデーションが、塗りやすいかどうか、までは知りませんよ。

安くして、肌に負担をかけない、ということは、そういうことです。

どちらにしろ、基礎化粧品をケチりすぎたところで、日焼け止めとファンデの質を落としすぎると、肌にまた負担になるわけですから。

どこで妥協するか、ですけれど。

まあ、あんまり化粧品をケチって、レーザーしたところで、ちゃんとしている方と比べて、効果は悪いと思ってください。

化粧品を使う以上、必要悪というか、なんらかの害はあるわけです。安いものはどうしても、その害が、いいものに比べて、大きいのは当たり前です。負担がずっと続いてる肌に、お金かけてレーザーしても、効果どころか悪化することもあります。

まずは、普段のスキンケアありき、です。

それと、安物の化粧品って、使っているよくない成分とかも似たりよったりのことがあって、ずっと使っているのに、突然合わなくなる、ということがあります。

(ずっと使い続けたからこそ、ある成分に、「感作」されて、一種のアレルギー反応が起こったわけです。絶対誰にでも起こるわけではありません。たまたま、と言えば、たまたまです。でも、起こってしまったら、もうずっと、その成分は、合いません。)

安物は止めましょう、と言っているのに、また次に買った化粧品も安物で、またかぶれて、延々とかぶれを繰り返す方が時々いらっしゃいます。

こうなると、安物連鎖は、どっかで断ち切らないと。レーザーしてる場合じゃないです。レーサーのお金、ムダですから。

こういう方は、もう化粧品全部止めさせるしかないですかね。安物しか買いませんからね。

ケチっているわけではなく、なるべくシンプルでいきたいから、と信念を持って、市販の安いものからちゃんと探すなり、確認するなり、グリセリン+ワセリンでいいや、というなら、いいと思いますよ。

(安いっていっても、限度ありますけどね。100均は、絶対ダメですよ!念のため。

昔、勤めていたクリニックで、ジョークのつもりで、100均はダメですよ、と言ったら、(普通、こういうと、たいていの方は、そりゃそうですよね、と笑われます)、「そうなんですか?!」とビックリされたことがありました(使っておられたようで。。)。さるがに、今、うちに来られている方で、100均の化粧品を使う方はいません。)

あと、安いものでも、ティーンの子が使うような、(ティーン用に発売されているもの)化粧品を、大人の女性が使うのは止めておきましょう。

普通に考えて、お肌に合っているわけ、ないでしょう。

逆もそうです。

若い子が、アンチエイジング用の化粧品はいりません。毛穴が詰まって、ニキビ出るだけです。(高いものでもね。)

安いもので、「アンチエイジング用」なんて、あり得ませんからね。原価から言って。

安い「高機能化粧品」は、ホントにロクでもないと私は思います。

値段の高い光・レーザー治療をする前に、もう一度、化粧品を見直してみてください。

美容医療さえすれば済む話ではないので、毎日安物で肌を痛めていたら、本末転倒です。

お金はあるけど、何を買ったらいいかわからないし、化粧品にもあまり興味ないし、ついドラッグストアでテキトーに買っちゃう、と言う方は、うちで、化粧品(試せるのは、ちゃんと試してからね。)買ってください。こちらでおススメのものをご紹介します。

わからないときは、人に任せる、アウトソーシングですね。役割分担をしてしまいましょう。(その代り、こちらの指示はちゃんと守っていただきます。)

でも、自分で、ちゃんと化粧品と向き合うと、普段のお手入れって、もっと楽しいですよ。

どこで手を抜いていいのかもわかりますしね。

お待たせしました。

ホントにおススメしない化粧品の第3弾、「高機能化粧品」です。

「高機能化粧品」と聞かれて、ピンと来ないですか?

最近、雑誌とかでも、よくこの言葉が使われていることが増えましたね。

ようは、「高い効果をもたらせてくれる」と過大な期待をさせる、誇大広告化粧品の最たるものかもしれません。

基礎化粧品なんて、保湿さえできればそれでいいんです。

それ以上のことがおうちでしたかったら、一般の化粧品では無理ですよ。

せめてクリニック専用化粧品や、一部の特殊な医薬部外品や、ホントの医薬品を使わないと、どんなに高い化粧品を買おうとが、エステとかのサロン用を買おうが、クリニックで使うものと全然違います。

当たり前ですよね。

ホームケアに、市販のもので、過大な期待を抱くのは、ホントにいい加減止めましょう。

いわゆる「高機能化粧品」というのは、例えば、「美白○○」とか「○○ブラン」とか「ホワイト○○」とか、白くさせるようなものを連想させるもの、あるいは、「くすみ専用」とか、「お肌を明るくさせます」「角質を柔らかくして、化粧水の浸透をよくします」「余分な角質を取り」「毛穴の汚れをスッキリ!」「ツルツルのお肌に」「ニキビをできにくくさせます」などなど。

他には、「シワ用」「タルミの気になる方へ」「○○リフト」「アンチエイジングに着目した」など、いかにも老化に対して、効くかのような言い回しが書いてあるもの。。

こういう余分なことが枕詞のように書いてあり、しかもそのせいで、金額が上がっているでしょう~。

最近は、安い、ドラッグストアの化粧品でも表記がある商品が売っていますが、外資系・国産をはじめ、こぞって、高い化粧品をシリーズで出していますね。

1個1万円くらいは当たり前で、ひどいのになると、3万、5万、6万、7万、時には、10万円とか。。。(一揃えしたのではなく、あくまで1個の値段ですよ。)

また、こういうのが結構売れているらしいので、日本経済は安泰ですね。

みなさん、頑張って、経済を回るようにしてくださっているんですね。不況にご協力ありがとうございます。

さて、その高い化粧品を買って、使われて、何か効きましたか?

買って、初日は、なんか塗り心地もいいし、気分もいい。自分が上等になったような気がしますね。

いい気分でぐっすり寝れば、翌日のお肌は、しっとりとキレイ、化粧のりもいい。

「やっぱり、高い化粧品は違うわ~♪」と上機嫌で1日目は過ごされたかもしれません。

翌日は?

あれ?昨日ほどじゃないかな。。?気のせいかな?今日はちょっと疲れているのかも。。生理前だしね。

3日目。あんまりよくわからないな。昨日と同じくらい?

。。生理も終わったけど、なんか変わったのかな?化粧のりは良くなったよね?ホントに?でも、高かったし、それくらい良くなってくれないと、おかしいよね?効くって雑誌に書いてあったよね?口コミで1位だったよ?おかしくない?まだ塗り始めだから、効果が出てないんだよ。カウンターのオネエサンも、もう1個、使わないと効果がわからない、って言っていたもの。もう1個買いに行かなきゃ。。

合計、何個使いましたか?  合計、いくら使いました?

ホントに、お肌、良くなりましたか?反って、ひどくなっていませんか?

お肌が赤くなったり、どんどん調子が悪くなっていったり、乾燥がひどくなったりしていませんか?ホントに大丈夫?

中には、使って、ホントに良くなった方もいらっしゃるかもしれません。

そういう化粧品の全部が全部、ダメなわけではありませんから。

安いものを使うよりは、確かに化粧品にしては、いい成分がたっぷり入っていて、今まで使ったものよりは、うん、確かにいいかも、というものをあるでしょう。

でも、ホントにその効果(って呼ぶんでしょうか。。?)は、貴女がお金を払ったのと同じだけの、対価が出ていますか?費用対効果は適切ですか?

私は、市販の(サロンも含めて)高価な化粧品で、費用対高価に見合うものはない、と考えています。

もうここ何年も市販の高い基礎化粧品を買うことはありません。

ず~っと昔に、有名なかなり高い化粧品を使ったこともありましたが、この値段で、何か変わったのか?という感じです。ひどい時は、お肌に合わなくて、ニキビが出ましたね。

(まあ、これは、私に合っていなかっただけですが。)

クレ・ド・ポーでファンデとか買ったり、他の外資系とかでメイク用品など買ったら、、高い基礎化粧品のサンプルをくださることがありますが、まあ、自分では使いませんね。

誰かにあげるか、ひどい時は、そのまま捨てます。

女性雑誌に貼ってある高い化粧品のサンプルも捨てますし、韓国土産とかで回ってきた安いパックも、基本使いません。

誰かに上げます。

市販の高い化粧品も韓国の安いものも、私からしたら、同じ扱いです。

まあ、気に入らなければ使わない、中身がわからないなら使わない、調べるのもめんどくさいし、そこまでして別に、そのサンプルを使いたくない、というのが理由です。

近々、出張とかあって、旅行用の化粧品がいる時くらいですかね、置いておくのは。

だって、市販のものを、クリニック用と比べて、そんなにいいと思っていないから。

今使っているナビジョンとかでお肌トラブルないのに、他のを使ってかぶれたりしたらいやだし。

わざわざ、質や安全性を落とすようなことはしません。自分の顔で、実験でもするなら別ですが。

ファンデやメイク用品ならいざ知らず、基礎化粧品は保湿さえできれば充分ですし、それ以上でもそれ以下でもありません。保湿以外の役割は、一般の化粧品ではいりません。

どうして、そこまで「高機能化粧品」を目の敵にするのかと言うと、たいてい、最初に言った、「○○なんとか」とかは、大体、ピーリング剤が入っているんですよ。

ピーリング剤が入っていなかったら、ピーリングに相当するもの、ピーリングと同等の働きをするものが入っています。

市販のものは、当たり前ですが、本当に効く成分なんて、混ぜられるわけがありません。

だって、医薬品ではないわけですから。

でも、なんか効果っぽいもの(この、「っぽい」というのがポイントです。医薬品ではないので、「効果」なんて、出るわけがありません。)が出ないと、商品、売れませんよね。

お客さん誰も買ってくれないし、ましてリピートしてもらおう、口コミで使ってもらおう、となるなら、一番手っ取り早いのは、ピーリング剤です。

規制緩和のせいですかね?安い化粧品から高い化粧品まで、何にでも、今時、ピーリング剤が入っています。

原価、安っいですからね~。やっすいものを混ぜただけで、売値を上げて、しかもバカ売れしたら、そりゃ企業は止められないですよ~。笑いが止まりません。

でも、買った方は、そんなことは知りませんから、せっせと、毎日、一生懸命、たくさん顔中塗りたくるわけです。

ひどい方は、擦り込んだり、それでマッサージしたり、と、えらいことです。。。

嬉々として洗剤を顔に塗りつけているようなものです。。ああ。。お肌の悲鳴が聞こえる。。

タチが悪いことに、すぐにかぶれたり、赤くなったり、ぶつぶつが出たり、と悪化すれば、すぐに止めていただけるんですが、入っている量が微量だと、変化もゆっくりですから、長期間かけて、ゆっくりとだんだんに肌が悪くなっていくので、ほとんどの方が気づかないことがあります。だから、ご自分で止める、というところまで、たどり着かないことが多いんですよね。

確かに、美白(アンチエイジングも)を謳っている化粧品とかの中には、ホントに、有効成分だけで、(有効といっても、すごい効くものではないですよ)ピーリング系は何も入っていない商品もあります。

患者さんのお肌に変な赤み・くすみがあったり、なんかおかしいな~、と思った時は、使っている化粧品を全種類お聞きするんですが、たいてい、先ほど言ったような「○○なんとか」なんですよね。

それで、調べてみると、ピーリング剤や、ひどいのになると、アルコールたっぷりと入っているものまで。。あちゃちゃ~、です。

(まだ、ネットで、全成分がちゃんと表示しているメーカーはいいですよ。外資系なんて、ほとんど表示ないですし、国産でもないメーカーがあります。

対面販売にこだわっている、というなら、いいですが、(店頭でパッケージを見ないと、わからない、というこです)、今のそういう有名メーカーなんて、ネット販売していますよね。しかも自分のところのサイトからでも。

ネット販売しているくせに、成分全部も見られないなんて、かなりおかしいでしょう~。

そういうメーカーのものは、基本、買わないし、使わないほうがいいです。

高~い、超有名高級ブランドでも、平気で、表示ありませんからね。

むちゃくちゃ高いブランドの化粧品でも、お肌にいいわけではありません。かぶれている患者さんだって、大勢いらしゃいます。

かぶれなくても、自分には合わない、ということも当たり前ですが、あるんです。

万能な化粧品なんて、ありません。

ピーリング剤以外にも、浸透をよくしたり、成分自体がいろいろ混ざって分離するのを防ぐために、極少量アルコールが使われることはあると思いますが、塗った瞬間からアルコールの匂いがプンプンしていたり、塗られたら、す=っとアルコールを感じたり、と、そりゃ、イカンでしょ。アルコール多過ぎでしょ。

じゃあ、成分調べて、ピーリング系やアルコールが入っていなかったらいいの?となりますよね。

調べて、そういう成分がなさそう、となったら、とりあえず、使うのは止めはしません。

それ使ってから、特に、お肌にトラブルがないなら、もったいないので、最後まで使われたいいと思いますし、使ってもらってます。

でも、それが無くなったら、次はわざわざそんな高いの、買わなくていいんじゃないですか?とお伝えしています。

だって、費用対効果、悪いでしょ。

それだったら、シンプルなただの保湿だけの化粧品にして、余ったお金を、クリニック用のを買うのに回すか、光やレーザー治療をする分に回すか、あるいは、服や靴を買う足しにしてもいいですし、おいしいランチを食べにいく分に回してもいいですよね。

とりあえず、そういうムダなお金はいらないでしょ。

貴女が、日本経済を回すために、そういうことにお金を払う、というなら、それはそれでいいと思います。

好きなブランドの好きなシリーズを使う、というのは、精神衛生上、いいことです。

化粧品なんて、自己満足の世界ですからね。

お肌に問題がなければ、構わないと思います。

どんなに高くても(安くても、とはいいませんが。。安い化粧品のいい悪い、は次回に。)、高い=質がいい・安心、とは思わないでください。

どんな化粧品も、使ってみないと、ホントの評価はわかりません。

食わず嫌いと同じで、使ってみたら、案外よかった、ということもあるでしょう。

ただし、必ず、成分はちゃんと確認されて(自分でできないなら、誰かにやってもらうかです。)、期待しすぎないこと!安全だと信じしすぎないこと!

これ、とても大事なポイントです。

信じすぎていると、お肌がおかしくなったときに、絶対これじゃない、とノーマークになってしまって、原因究明が遅れてしまいます。

どんなに高いものでも、値段に惑わされず、客観的にお選びください。

そのうえで、日本経済に貢献されてください。

でないと、お肌も顔も、お金も時間も、いくつかあっても、足りませんよ。

患者さんのお肌の調子が悪い場合、スキンケアもちゃんとしているのに、となったら、一番に疑うのが化粧品です。

そういう場合、逐一、患者さんに、使っている化粧品を全部お聞きするんですが、商品名を聞いて、「それは、止めたほうがいいですよ。」と言うのもあれば、「今すぐ、止めてください。」と言うのもあれば、止めはしないけど、無くなったら別にそれでなくてもいいんじゃない、ということもあれば、気に入っているなら、無理して変えなくてもいいですよ、ということもあります。

その判断は、私の考えによるわけで、絶対正しいというわけではありませんが、うちの患者さんには、私の考え方に従っていただきます。

でないと、キレイなお肌にならないと私は思っているからです。

では、どういう化粧品なら、いいのか?

これは、具体的に、絶対これを使ってください!とまで、強制しているものはありません。

ナビジョンにしろ、クリニックで取り扱っていますし、今、うちの保湿は、基本的にこれしか置いていませんが、保湿であれば、一般のものでもいいものはあるでしょうし、基礎化粧品を全部クリニックで揃えないといけないものではありません。

ただ、ナビジョンのような、クリニック専用の化粧品は、特殊な成分も入っているものを扱えるのも、クリニックならではなので、私自身もナビジョンが気に入っているので、置いています。

でも、強制はしてません。気に入った方は、どうぞ使ってください、という感じです。

これなら使ってもいいですよ、という化粧品が市販のものであるわけではないので、商品名はいいません。勧めてもいないのに、買って、なにかあってもいけませんから。

自分の使っている化粧品が、使っていていいのかどうかを知りたい方は、処置の時にお聞きください。

さて、一番大事なのは、やはり、「今すぐ止めてください」という化粧品ですよね。

いくつかあるんですが、患者さんから言われる代表格は、韓国製のやつです。

例えば、アモーレパシッフィックとか、いわゆる高級化粧品であれば、また話は別です。

アモーレパシフィックがいいとか悪いとかいう話ではなく、アモーレパシフィックぐらいになると、国産の高級化粧品と値段変わりませんよね。

質も、多分、日本で売っているもの(韓国で買ってきて、個人で輸入してきたものは、中身が全然違うことがありますよ。)とそう大して変わらないんじゃないかと思います。

コンセプトは、メーカーによって、いろいろです。

 

明洞とかで、やっすい化粧品、山ほど売っていますよね。

韓国がいくら日本より物価が安いと言っても、安すぎでしょ~。

 1枚10円もしないパックなんて、「韓国製=キレイになれる」みたいな、都市伝説があるから、買うのであって、「韓国製」と表示がなかったら、日本でそのまま売っていて、買いますか?100均よりも安いわけでしょ?

冷静に考えてください。

日本で売っているものは、まだ、厚生労働省が認可している成分しか入っていないことが確認されて、一応売られているわけですが、(調べたら、おかしなものも入っているかもしれませんよ。全部が、くまなくチェックされているわけではないでしょうし。。)韓国で売っているものは、日本と売っていい成分の基準が違います。当たり前ですよね。

 

化粧品に対する考え方が全く違うので、また日本ほど規制も厳しくないので、いいんだか悪いんだか、いわゆるきつい成分が入っていることも多いわけです。

そういうものの大半は、ピーリング剤と似たようなものと思っていただいて構いません。

特に、「美白」「アンチエイジング」「シワ」とか、何か付加価値がついていると、まあ、ピーリング剤は入っているでしょう。安いですからね、原価が。

ホントに、そんなものに効く成分を入れたら、そんな値段で売れるわけありません。

韓国製でも、高いものは高いんです。観光客に有名ではないだけで。

明洞とかの安いものは、韓国セレブや韓国の芸能人が使っていると思いますか?

日本の女優さんが、100均の化粧品使っているとは思わないでしょう?

患者さんもおっしゃってましたが、韓国の友達(セレブ)は、SK-Ⅱや資生堂を使っている、と。

(SK-Ⅱや資生堂がおすすめというのではないですよ。韓国の方も、日本の化粧品を使っている、ということが言いたいわけです。)

 

まあ、韓国や欧米の美容に興味のある方は、ホントにピーリング剤が好きですね~。

だから、あちらの化粧品にも、ピーリング系がとても多いです。

私も脂性なので、ピーリングは好きですが、のべつまくなしにはやりませんし、患者さんにも、適応のない時には絶対させません。

適応があっても、その時のお肌の状況で、使うピーリング剤の種類は検討しないといけないと思っているので、必ず診察して確認がいると思います。

どんなに弱いものでも、毎日使っていいいものは、私は基本ないと思っています。

特殊な場合を除いて。

(それは、お肌を診ないとわかりません。)

 

患者さんは、キレイになると思って、毎日せっせと韓国製の、なんかわけわからんやつを使うことによって、ピーリングをせっせとやって、炎症を起こして、肝斑も悪化させるという悪循環にはまってることがむちゃくちゃ多いです。

どうしても、韓国製のを使いたいなら、(これは、国産でもそうですが)、ちゃんと出所がわかっているもの(作っている企業の得体が知ることができるもの)、そして、何が入っているのか、ちゃんと調べられること、が条件です。

韓国で買ったら、ハングル文字で、成分が書いてあったりしますよね。

最近は日本語でもついでに書いてあることも多いですよね。

でも、それ、ホントに合ってますか?

誰が確認できますか?

例え、ハングル文字がそのままに日本語で正しく訳してあったとしても、成分通りの表記をしているなんて、信じられます?

韓国って、旅行に行った方はご存知でしょうけど、日本と比べて、なんでも雑でしょ?アバウトっていうのか。。。それがいいこともあるし、悪いこともあるし。。。日本人が細かすぎっていうのもありますが、日本人の感覚とは全然違うでしょ?

偽装事件なんて、たくさん今までも報道されてきたし、海外に行ったら、おかしな日本語訳なんて、山ほどあるでしょ?

どうして、化粧品だけ、(というか、韓国ブームだから、結構なんでもですかね~。)あんなに、無防備に信じますかね?

私にはとても不思議です。

何が入っているのかわからないものを、ただ、「韓国製」というだけで、「カタツムリ」とか「毒蛇」とか、なんのこっちゃ、という、どうでもいいことで、過度な期待をしてしまうって、ちょっと危ないと私は思います。

韓国って、ひとつ流行ると、すぐにまねして、どこが本家かわからなくなるじゃないですか。偽物もたくさん出回るし。。

そういうことも踏まえて使わないと、話のネタに、とか、仕事のリサーチで、とかなら、致し方ないですが、ものすごく期待して使うと、えらいことになりますよ。

実際、なったことないですか?

身近にそういう方、いませんか?韓国で、たくさん化粧品買ってきて、かぶれたり、赤くなったり、皮めくれた人。。

まあ、そういうわかりやすい、「かぶれ」や「合わない」だと、すぐに止めてくださるので、幸いなんですが、おかしな変化が、ものすごい微量だと、全然ふつうの方は気づかないので、ずっと使っていて、えらいことになるんですよね。

これは、国産のものでも、化粧品はなんでも同じです。

 

どうしても使いたいなら、日本に店舗があって、日本語で、詳細を聞こうと思えば聞けるところで、成分をちゃんと調べられるところにしてください。

で、必ず、日本で買ってください。

(そしたら、日本の厚生労働省の管轄です)

そして、大きな期待はしすぎないこと。

美白・アンチエイジングなどの付加価値のついていないものなら止めはしませんが、それなら、わざわざ、韓国製を、日本で買って使わなくてもいいんじゃない?と思います。

(っていうか、そこまで、韓国製が塗りたいですか?どうして?どの辺が、日本製よりも優れているのか、具体的に、教えてほしいです、正直なところ。)

 

韓国人と日本人とは肌質も違うし、韓国と日本で、土壌というか、環境が全然違うので、向こうで、どんなに質が良くても、日本で、日本人に合うかどうかは別の話です。

日本人なら、日本製を使え!くらいの勢いで、基本、私は、国産派です。(特殊なものを除いて。)

だって、日本人のことは、日本人が一番よく知っているから。

日本製は、ホントにかゆいところに手が届くというか、素晴らしい質を提供していると、私は、全ての商品において信じています。

(日本が遅れている分野もありますけどね。)

 

いいものは、どこの国のものでもいいものはありますし、日本人に合うものもあるでしょうけど、無条件に、信じるのは止めてほしいものです。

 

また、どこのメーカーの、なんていう化粧品なのか、そんなことすら、言えないようなら、使うのを止めましょう。(韓国製に限らず)

メーカーも商品名もわからないということは、その程度の、どうでもいいってことです。

ちゃんと選んですらいない、ということです。

そんなものを自分の顔に塗って、なにかあったら、困りませんか?自分の顔は実験台ですか?

私たち美容医療に携わるドクターは、自分の顔を実験台にすることは日常茶飯事ですが、一般の方はしなくていいでしょう~。

何かあったら、困るでしょう。

私らは、起こり得る副作用もある程度予想して、実験しますし、火傷しようがシミになろうが、そのあと、自分で治しますし、なんとかします。

でも、患者さんは、そうもいかない。

よく、得体のしれないものを、顔に塗るな~、と私はいつも感心してしまいます。チャレンジャーですよね、みなさん。

それなら、何も塗らないか、ワセリン塗っているほうが、よほどましです。

化粧品自体に過度な期待をするから、弱みに付け込まれて、おかしなものを使ってしまうだと思うので、化粧品に、絶対過度な期待はしない!ということです。

医療とは違うので。

基礎化粧品は、ホントに保湿の役割さえあれば、それ以上でもそれ以下でもないです。

それ以上のことがしたいなら、クリニックで相談しましょう。

 

とりあえず、今、韓国製を使っている方は、得体が知れているかどうか、まず、確認してください。

それを使って、客観的に、ホントにお肌の調子がいい!というなら、止めはしませんが、あんまり、とか期待したほどでは、というなら、もう一度見直しましょう。

すぐに止めていただいて、乾燥するなら、とりあえず、ワセリン、塗っておいてはどうでしょうか。次の化粧品が見つかるまで。

 

 

 

 

 

 

前回書いた、患者さんのスキンケアの勘違いが、ひょっとして、皆さんの中にも、勘違いされている方がいたら大変と思い、具体例を示します。

私も、そう思っていた!というのなら、すぐに止めましょう。

まずは、クレンジング編です。

①何度も書いていますし、直接患者さんにも言っていますが、いわゆるクレンジングは、一切勧めていません。

特に、クレンジングオイルですね。

クレンジングオイルは、私は、洗剤の固まりだと思っているので、今、とても調子がいいとか、悩み事が何もない、という方であれば、好きにされればいいですが、肝斑がある・肝斑の可能性がある・顔が赤くて悩んでいる乾燥がひどい・肌がイタイ、などなど、そういう悩みを持っている方には、絶対やめてもらっています。

クレンジングそのものが、そのおかしな肌にさせてしまった原因のひとつ、あるいは、悪循環にはめさせた原因だと私は思っているからです。

患者さんの中には、

①少しの時間、使えばいいだろう(肌にのせる時間が短ければ大丈夫)、と勝手に自己解釈をしている。

 →結局、短時間であろうとなかろうと、肌について刺激していることに変わりありません。

  長時間のせているよりは、マシですが目くそ鼻くそです。

  ダブル洗顔をしているのは同じです。

  2回、洗剤で顔を洗っているわけです。

②ダブル洗顔がダメなんだ、と思って、(ここまでは、別にいいんですが)、クレンジングだけして、ダブル洗顔をしない。

  →しかも、このクレンジングは、絶対ダブル洗顔をしないといけないものです。たまに、1回洗いのみで大   丈夫、というのがありますが、患者さんから聞いた分は、いる分でした。

   ダブル洗顔がいる、と書かれているのに、ダブル洗顔をしないということは、クレンジングの洗剤成分    が、水だけでは落ちないので、ずっとお肌に残ったままです。

   ず~っと洗剤を肌にのせたまま、過ごしているわけです。お肌、ボロボロです。

③私の勧めた純石けんで顔を洗っても、残っている感が気持ち悪くて、クレンジングオイルをした後に、純石けんを使って、ダブル洗顔をしている。

  →やりすぎです。

   何度も言いますが、純石けんは、かなりの洗浄力がありますから、一度洗いでいい、と説明しています    し、メイクとの相性によって、残った感が気持ち悪いなら、クリニック専用のクレンジングソープを使うよう   に言っているわけです。

   もちろん、残った感は、ほっておいてよくて、しばらくしたら、どうせ慣れます。今までが異常だった(取り   すぎていた)ことに気づくのが、正しい道のりです。

   そもそも、クレンジングオイルという洗剤で荒らされた肌に、洗力の強い純石けんで、ダブル洗顔した    ら、やりすぎで、もっとお肌がボロボロになります。

   勝手に、組み合わせない!

   どうしても、市販のクレンジングを使いたいなら、ホントに(偽物ではなく)お肌に優しいクレンジングと洗   顔フォームのセット(ちゃんとしたメーカーならセットで出しています。)で使うべきです。

   それでも、勧めませんけどね。取り過ぎにはなっているので。

④目元専用リムーバーを買わずに、クレンジングオイルを使う。

  →クレンジングオイル自体、止めるように言っているのに、違いがわからないようで。。。

   患者さんで、赤ら顔+肝斑、という、化粧品の害・こすりすぎ・紫外線、という三重苦になっていて、案の定、初診時に聞いたら、クレンジングオイルやふき取り化粧品を使ってました。

すぐに止めるように言って、純石けんを使っておられたんですが、私がブログで、目元専用リムーバーのことを書いたら、ネットで、ナビジョンのクレンジングオイルを買われました。。。石けんを止めて。。

。。。。もう、どっから突っ込んだらいいのか。。。

しかも、クレンジングを止めるように言う時に、必ず、純石けんと目元専用リムーバーの話と、クレンジングソープの話はしているわけで、さらに、しかもブログで、私がクレンジングをけなしていることも、ネットでナビジョンを買うのは、品質劣化や偽物もあるかもしれないから、止めておくように言っているのも、知っていて、全部されていました。

もう、はっきり言って、指示を守る気、ないですよね。。どう考えても。。

その方は、せっかく、赤みと肝斑が良くなってきていたのに、あっ!と言う間に、元に戻りました。

診て、すぐにわかりましたね。化粧品の害だって。。

でも、クレンジングも止めてはったのにな、おかしいな、と思ったら、いらんこと、たくさんされてました。。

その間に使ったお金が、約13万円。

全部、台無しです。13万ですよ!13万!

13万、使って、元に戻っただけです。うちは、儲かりましたね。

目元専用リムーバーとクレンジングオイルの違いがわからないそうで。。。

日本語からして違うでしょ。。

どうして、ネットでクレンジングオイルを買う前に、「目元専用リムーバー」で検索しませんかね?

あれだけ、クレンジングオイルを止めるように聞いていて、また戻すなんて、私には理解不能ですね。しかも、勧めたのは、目元専用リムーバーだし。。

うちでは、ナビジョンのたいていの商品は取り扱っていますが、私の考え方と一致しないものに関しては、仕入れないし、患者さんにも売りません。

だから、ナビジョンのクレンジングオイルと洗顔フォームは置いていません。

確かに、市販のものよりは、幾分かマシでしょう。

でも、オイルはオイルなんです。

ホントは、うちのクリニックの洗面所にも、純石けんを置いて、それだけで患者さんには洗顔してほしいんですが、患者さんのしてこられるアイメイクやカバー力の強いファンデなど、純石けんでは、ホントに残ってしまうことがあります。

家なら、それでもいいんですが、(目元以外は)、これから診察しよう、処置をしよう、としているのに、化粧品が残っていたら、邪魔ですよね。

光・レーザーも、化粧品に吸収して効果が下がったり、なにか変な反応が出るかもしれません。

処置前には、キレイに落としておくに越したことないわけです。

だから、濃いメイク・アイメイクをされている方用に、ナビジョンのクレンジングオイルを置いているだけで、販売はしていません。

書きだしたら、キリがないかもしれませんね。。

クレンジング以外で、はあ~?と思った事例です。

①パウダー系は勧めませんよ、ファンデはリキッドやクリーム系にしておいたら、日焼け止めや乳液などの保湿も、あとから重ねて塗り直ししやすいですよ、粉系を使うと、どっかに粉が残っていて、ダマになりやすいですよ、しかも小じわやチリメンジワに入り込んだら、とても老けてみえるし、乾燥肌の人は、お肌の水分や油分など、必要なものが粉に吸われてしまいますからね。

乾燥で悩んでいるのに、粉に吸わすことないでしょ。

と説明しているのに、おしろい(フェースパウダー)だけ使うのを止めて、パウダリーファンデーションはずっと使っている。

  →パウダリーファンデを使ったから、肝斑になるわけではないですが、ダマになったり、乾燥を助長させた    ら、お肌、キレイに見えないですよね。

    もう、塗り直ししないなら、粉系もいいでしょうが、朝塗って、これから塗り直しするのに、邪魔でしょ?

   結局、パウダリーファンデを使ったことで、日焼け止めなどが塗り直ししにくくなるから、塗るのもイヤに   なって、実際、塗らなくなる、→ますます、お肌に紫外線の害が出る→よけい乾燥して、シワっぽくなる    →もっと汚く見える・・・・と負の連鎖にはまるわけです。

「粉は勧めないって言われたから、おしろいのことだと思っていた!」

→話を中途半端に聞いているのか、忘れているのか知りません。

 使ったから肝斑が悪化したわけでもないですが、せっかく、もっと早くお肌をキレイに見せることができたのに、そしたら、そんなに悩まなくてよかったのに、という後悔だけが残るだけです。

パウダリーファンデが、粉系でないなら、一体なんだと言うんでしょう。。。

②汗をかく時に、汗に強くない日焼け止めやファンデを使って、汗で流れるから、全然塗れていません、と言い切る方。

  →最初に、日焼け止めの説明の時に、全員に話していますが、それは、日焼け止めのTPOが間違っています。

TPOに合っていない日焼け止めを塗っても、自分がしんどいだけで、なんの役にもたたないものを塗ることで、お肌にいらん負担は書けてしまっているわけです。

正しい日焼け止めを塗るからこそ、お肌の味方をして守ってくれますが、正しくないものを使えば、たった1回でも、負担になることがあります。

意味のない、塗り直しは止めましょう。刺激になるだけです。

③日焼け止めに関しての勘違いは、今までにも散々書いていますから、ご自分で検索してご覧ください。

もう私は疲れました。。

基本、私がブログで言っているスキンケアは、あくまでも、ある程度健康な肌の方の場合です。

アトピーとかボコボコのニキビがある方とかは、また話が違ってきます。

そういう方は、実際、診察に来られて、話が少し違うことがわかると思います。

大きく変わることはありませんが、その方のお肌の状態によって、使える化粧品や薬が違ってきますから、なんでも使えるわけではありません。

できることから始めて、少しえも早く、健康な元気な肌に戻そう!それから、その先のことは考えましょう、という感じですから、全然スキンケアが違ってくるわけです。

それくらいは、ご自分に御判断ください。ちゃんと診てもらわないと、自分は違うんだ、と自覚されてくださいね。

診なくても、それでキレイになったら、越したことないですけどね。

④何度言っても、化粧品を押し込もうとする。

 →押し込んだって、入りません。

  何度言っても、止めないなら、もう一生やっていなさい。肝斑も一生治りません。 

  だから、うちでも治療をお断りします。

 肌でも何でも、雑に扱う人って、ダメですね。

肌を診たら、すぐにわかります。なんでもだらしないのに、肌だけキレイな人って、あんまり見たことないですね。。。

会計・トイレ・洗面所・パウダールームなど、その人が使った後は、はっきり言って、ぐちゃぐちゃです。

きっちりキレイにする必要はありませんが、その後、見にいったら、ビックリすることがあります。

会計が雑って。。?と思われるでしょ?

お札とかしわくちゃのまま(キレイに畳んであるとかではなくて)、トレーに出したり、領収書もぐちゃぐちゃにして、いれたりするそうです。

あまり、そういう人で、お肌だけ優しく扱っている、というのは見たこと、やっぱりないですね。。。

「自分では、わからない」というのも、こういう方は言われます。

「わからない」のでなく、私は、注意する気がないんだと思いますよ。

だって、こういう時に、気をつけてください、と全部説明して、しかも今、肝斑がひどい、とか顔が赤いとか、刺激がある中で、お金を払って、治療をしようとしているのに、自分のスキンケアは見直さない、って、自分のスキンケアのやり方が正しいと思っておられる方ばかりです。

思い当たることないですか?と聞いても、「ない」と言われますからね。

見直す気もないわけです。

はっきり言いますが、ちゃんとした患者さんは、みなさん、自分のスキンケアを改めて見直しされます。

正しかろうが、間違っていようが、もし刺激になっていたら、お金も時間ももったいないですからね。

みなさん、ちゃんと注意されます。

こういうことができない雑な方は、お金と時間をかけている割に、全然キレイにはなりません。

ものすっごい低レベルの次元での、「改善」は、あるのはありますが、こんなレベルで、やっていて楽しいわけ?と思います。(だから、治療を断るんですけどね。)

全然、ツヤが出ないんですよね、健康なキレイな肌特有のツヤが。

ちゃんとしている患者さんは、肝斑が落ち着くのに時間がかかっても、ツヤがどんどん出てくるから、シミ自体がぼやけてくるんですよね。

すぐにわかります。

また、そういう人に限って、どっか他力本願であったり、自分ではやってるつもりなので、全然ダメ、ということに気づかないから、無駄なお金がどんどん出ていきます。

スキンケアを見直してください、ちゃんとできてからでないとホントに無駄なので、(あまりにひどかったので。普通の方は、同時進行でいけるんですが。。)と言っているのに、次の予約を取って帰ろうとしたり、もう次の強い治療はまだかまだか、と聞いてこられたり。。。

。。。そんなの、まだまだに決まってるやんっ! 。。というのが、わからないわけです。

その人なりには頑張っておられるんでしょうけど、強い治療ができるなんて、そんな高望みする前に、雑にお肌を扱うのを、まず止めましょう。

元が低レベルで、知らなかった、全然スキンケアしてこなかった、という方でも、どんどん努力して、どんどんキレイになっている患者さんを、大勢知っています。目の前で、診てきましたから。

ご本人の努力で、いくらでも変われるんですよ。

多少の時間とお金はかかりますが、ちゃんとしたら、最短で良くなるわけです。

まあ、ご本人のやる気次第なので、私が24時間365日見張っているわけではないので、お好きにされれたらいいんですよ。自分の肌なんだから。

私が困るわけでも、私のシミやシワが増えるわけではないので。

そういうことがわからない方は、お金の問題もありますが、美容医療自体に、向いていない、と私は思いますね。

悪徳クリニックの餌食になるなら、もう止めませんけど。

先日、ブログで書いた、クラランスのまつ毛コート、覚えていらっしゃいますか?

どんなマスカラも、上から塗り重ねるだけで、ウォータープルーフにして、レインコートを着せたみたに、パンダにするのを防いでくれるという優れもの。

ただし、普通のマスカラだけで塗るよりも、やっぱり、ちょっと太くなるというか、ホントになにかでコーティングされている感じです。

じゅんさいの周りのゼリーみたいな?

ちょっと違うか。。。

普通のマスカラだけ塗った時よりも、先端がちょっと丸いかな?コーティングゼリーがしっかり付けば付くほどです。

でも、ホントに、1日中滲まないので、安心してあくびができるというものです。

さて、それだけ落ちにくいコーティングですから、必ず専用のリムーバーが必要です。

ファンデも日焼け止めも、純石けんで1度洗いするだけで、二度洗いもいらないし、化粧が残っていてもほっておいてください、と言っている私ですが、アイメイクは、全然別です。

アイメイクをあまりしない方は、ほっておいてもいいと思います。

私も、たま~に、アイメイクをちゃんとするんですが、アイメイクをしたことを忘れて、純石けんだけで洗顔してしまって、保湿をする時に、一部残っていて、あっ!忘れた!と思い出すのですが、その残っている目尻とか目の下のファンデの上から、クリームや乳液を塗ってなじませると、勝手に溶けて、わからなくなるので、そのままほっています。

ところが、今のギャルメイクというか、アイメイクてんこもりの人、いますよね。

アイシャドウ・アイライン(結膜の内側までとか)・マスカラは何十にも重ねているように束になっていて。。。

という人。

これは、もちろん、石けんで二度洗いしようが、普通のメイク落とししようが、ちょっとなかなか無理で、残った分を、乳液やクリームで溶かしてなじませる、と言っても、やっぱりなかなか難しい。。。

目の周りって、ほとんど皮脂がありませんから、代謝も悪いし、角質と一緒に剥がれ落ちにく場所でもあります。

前に、まつ毛がどんどん抜ける、という患者さんを診たことがありますが、(ルミガンなど使っても、追いつかないそうです。)、アイメイクは、てんこもりで、しかも専用のリムーバーは使っているんですが、ドラッグストアの600円くらいの安物で、ダーマスコピー(50倍のアップで診ることができます)で診たら、化粧クズというか、得たいのしれない黒いごみがびっしりとまつ毛の根本に大量にへばりついてました。

(シラミとかではないですよ。)

こりゃ、まつ毛も抜けるだろ~。

こんなごみ溜めのような目元に、それでも毎日、アイメイクを重ね続けるわけです。

ごみが積み重なるだけです。

この患者さんには、(ルミガン処方希望でしたが)、まず、ちゃんとした専用のリムーバーで毎日落とすこと(毎日アイメイクをするなら)、めんどくさい、と言って落とさないなら、アイメイクはしないこと、どちらかを実行するように言いました。

そのどちらもしないし、やる気がないなら、ルミガン塗ったって、副作用が出るだけで、効果出ませんからね、

ご本人が、どちらもやる気がないので、何も処方はしていません。そのまま帰っていただきました。

そんな都合のいい、魔法みたいな話はありません。少なくとも、私の提供する治療法にはありません。

さて、このクラランスのトップコートですが、専用リムーバーを使えば、優しく簡単に落とすことができます。

(目元は、とても敏感ですから、いいヤツでないと、簡単には落ちないし、簡単に落ちないと、こすることになるし、しかも肌や眼に負担がかかってはやる意味がありません。だから、いいものを使いましょう。

デパートに入っているようあブランドはほとんどのブランドが、専用リムーバーを出しているはずです。)

ある日、夜、疲れていたので、顔を洗わずに寝ました。(歯は磨きましたよ。。。いばるなって!)

私は、ドロドロに疲れている時は、夜は顔を洗わずに、さっさと寝ます。

そのほうが、体にとって健康ですから。洗顔よりも、睡眠のほうが大切です。どうせ、朝、洗顔しますからね。

疲れていたら、さっさと休む!これに限ります。

洗顔せずに、目の周りの乾燥するところにだけ、クリームを、ピッピッっとつけて、それで寝てしまいます。)

翌朝、まつ毛コートをしていたのをすっかり忘れて、純石けんの1度洗いだけにしてしまい、シャワーを浴びた後、目の周りが変な感じがして、思い出しました。

あっ!忘れた!

。。。なんか、まつ毛同士がくっついている感じ。。。ちょっと気持ち悪い。。

でも、まつ毛のところだけだし。。と、目薬をして、コンタクトレンズをはめました。

(私は、ワンデーアキュビューです。)

しばらくしたら、なんか右目がおかしい。ちょっと見にくい。。。

クリニックに着く頃には、右目の半分がもやがかかったようになっています。

あ~、マスカラのカスが、コンタクトにひっかかったね。。と、外しました。

そしたら、なんかもやがかかったみたいに、コンタクトがなっています。

化粧品のカスが付いたんですね~。

クリニックに置いてある、ふき取り用クレンジングで、まつ毛周りを溶かして、残っているコーティングを取ってから、もう一度、目薬をして、新しいレンズをはめました。

しばらくは良かったんですが、またしばらくしたら、見にくくなってきます。

仕方ないので、またもう一度はずして、レンズを見ると、白いモノがぺたーっとレンズに着いてました。

。。。ちょっと恐ろしくなりましたね~。

どんだけ、残ってるねん!いや~。恐るべしです!

その後も、落とし方が、ちょっと足りなかったかな、という日は、なんかコンタクトにへばりついているようで、その後も1度、レンズを変えました。

レンズ、もったいないですね。。。

最近は、時間のある時でないと、そのコーティングもマスカラもちょっとお休みしています。

時間(ちゃんと取る)がない日は、目に負担がかかるだけなので、レンズもにごったら、うっとうしいし。。

ちょっとお休みしています。

早く、マスカラ、使ってしまわないと、揮発して、溶液の濃さ粘つき具合が変わってくるんで、早くつかいたいんですけどね。。。

みなさんも、ご注意くださいね。

メンドクサイから、と、目の周りをごしごしする、というのは、一番やったらいけないことです。

まぶたの筋力は弱るわ、色素沈着にはなるわ、たるみの原因になるわ、キメは荒れるわ、と、いいことなしです。

専用リムーバーで落とすのがメンドクサイなら、アイメイクを毎日するのは止めておきましょう。

使い方はちゃんと守らないと、私みたいになりますよ。

目の健康も心配だし、コンタクト、もったいないですよ。

身を持って体験しました。あちゃ~で、自業自得でした。

反省です。。

マスカラって、やっぱり落ちてきますよね。

ウォータープルーフのは、皮脂に弱いし、お湯で落ちるマスカラと言っても、よくあくびして、涙流すと、涙って結構温度高いから、なんか落ちてくるし、下まぶたのところが、黒ずんで、パンダ目になっちゃいますね。

よく見ていたら、いいですが、鏡を見るチャンスがなければ、知らない間に、エライことになっていて、後から気づいて、ゲ~っ!みたいになることもしばしば。。。

クレ・ド・ポーも、カウンターのオネエサンは、滲みません、と言うければ、確かに最初は、全然滲まなくてスゴイ!と思っていましたが、その日のあくびの回数によって、やっぱり滲んできます。。

一番新しく買った、ヘレナ・ルビンスタインのコブラマスカラ、最新のゴールド色のパッケージのものと、どっちが滲みにくいですか?と聞いたら、「滲みにくさは、どちらも同じです。」と言われました。

私が、上に向くのが長く持ってほしい、と言ったら、コブラのほうを勧められました。

一緒に、ゴールドのラメが入った最新のものも買いましたが、なんか最新のもののほうが、滲みにくいような気もする。。。

ただ、こればっかりは、左右に違うのを塗って、同じ条件で比べてみないと、正しい判断はできません。

違う日で試すなら、1週間とか2週間とか、ある一定の期間を、それぞれ試さないとね。

昔、ランコムのもよく買いましたが、滲みません、と何度も言われましたが、全部、滲みましたね~。

最近のは、知りませんよ。

ディオールの、アイコニックでしたっけ?名前、もう忘れましたが、最初のヤツ、ちょっと良かったような気がしましたが、妹にあげてしまったので、新しいのを買おうとディオールに行った時に、「滲まないのが欲しいんですが。」と言うと、「こちらが、ウォータープルーフです。」と言われただけで、「滲みませんか?」と何度か聞いても、「ウォータープルーフになります。」と言われるだけでした。

(正しい回答ですね。)

結局、これも滲みました。

昔、メイべリンとか全然滲まないと、何本か買いましたけど、やっぱりダメでしたね。

私も、マスカラって、しょっちゅう塗るわけではないし、たまになので、(塗り方もうまくないんですが。。)すぐに、ダマになっちゃいます。。揮発性の基剤か何かが蒸発して、こてこて気味になるんですね。

だから、あまり使っていないうちに、次のを買わないといけなくなるんですが。。。

昔、ランコムので、黒とこげ茶と青と、海外に行った時だか、買いだめして、でも、全然使わないから、何年も残っていて、しかも、さすがランコムなのか、全然コテコテにならなくて、何年たっても、一応、普通に塗れていたんですね。

でも、5年以上だったか、たった時に、その話を誰かにしたら、マスカラのニオイを嗅がれて、「酸いっ!酸いニオイがするっ!」と言われて、確かに酸っぱかった。。。で、捨てました。

今回、ヘレナのも、あまり使っていないうちに、コテコテ気味になってきたかも?と思って、パンダになるし、また、買い換えるの?と思っていた、矢先、マスカラのトップコートのことを思い出しました。

クラランスの、「ダブル フィックス マスカラ」。

お使いのマスカラのトップコートにするだけで、そのマスカラは、本当のウォータープルーフに早変わりするわけです。

初めてこれが出た時に、「マスカラのレインコート」と言われ、確かに効きました。

ちょっと使いづらかったし、結構ごわごわになったような。。。でも、ホントに滲みませんでした。

その後、すっかり忘れていたんですよね~。

今回、急にそれを思い出し、調べました。

ありました!クラランスの「ダブル フィックス マスカラ」!

さらに、進化して、使いやすくなったみたい。

それで、今日、クレ・ド・ポーのマスカラを塗って、重ねてみました。

落ちませんね!

ちょっと、ごわごわまで行かないけど、クラランス使わない時よりは、重ねただけの、透明の分厚さというか、ちょっとありますけど、それほど気にならないですね。

これで、クレ・ド・ポーのマスカラが、使い切れます~。ラッキー♡

マスカラの滲みでお悩みの方、一度、クラランスのトップココートを試されてはいかがでしょう。

やる価値、ありますよ。

ただし、このトップコート、何をしても落ちにくいので、必ず、8クラランスの)専用のリムーバーを使ってくださいね。

例えば、資生堂のナビジョンやクリニック限定の化粧品、クリニック専用のサプリメント(医薬品ではなく)。

こういうものって、クリニックに来て、診察・カウンセリングを受けてから、購入するものです。

ただ、法律的な規制はないはず。。

クリニック専用化粧品の場合は、それを販売しているメーカーとの契約でしょうし、ちゃんとした契約書に、院内での対面販売で、という文面があれば、別ですが、そういう契約でなければ、どう売ろうが、そこのクリニックの勝手です。

また、クリニック専用サプリメントは、医薬品と違い、医師個人の責任において販売するものであって、これまた勝手です。

でも、そういうものを、診察もせずに売っている、というのは、患者さんにとっては、一見便利なようですが、じゃあ、最初からネットで、そのメーカーも売っていればいいわけで、おかしいですよね?

クリニック専用とすることで、他の化粧品やサプリメントとは違う、という差別化をして、ブランド力を高める、という狙いももちろん、メーカー側にはあるでしょうが、ホントに、素人の方が好き勝手に、購入して、飲んだり、塗ったりして、副作用が出るものもあるので注意がいるわけです。

また、副作用というほどのことはなくても、適応のある方、というのがありますが、誰でもいいわではなくて、患者さんが自分に絶対合う、と思っていても、全然違う、ということはよくある話で、専門の医師から、客観的に診てもらって使う、というのが、いいわけです。

せっかくのお金と時間を使うわけですから。

例えば、アスタキサンチンで有名な、アスタリール®やアスタリズム®は、クリニック専用です。

松田聖子さんが宣伝している、誰でも買えるアスタリフト®とは、全然ものが違うわけです。

よく電話で聞かれるのが、「遠方なので、送ってください。」です。

お金の支払いをどうするのか、パっキングに手間暇かかる、という問題もありますが、正しく理解して、アスタキサンチンを使うのか、というのが一番大切なんです。

たまに、新患の方で、「これって(アスタリール®やアスタキサンチン®)、シミ(シワ)が消えるんですよね?」ということを聞かれます。

「れ、塗ったら、日焼け止め塗らなくていいんですか?」とか。。。

。。。そんなわけ、ないでしょう。どこで、そんな間違った知識を仕入れてきたのか、私には謎ですが。。

アスタキサンチンは、ものすごい抗酸化力がありますから、確かに、続けることで、お肌や体を、活性酸素の害から守ってくれて、その結果、シミが薄くなったり、シワがマシになることはあります。

大きな意味言えば、ウソではないです。。ただ、患者さんの期待している意味とは、違うはずです。

また、正しく理解していても、日焼け止めも塗らずに、アスタキサンチンを摂取しても、意味ないでしょう。

うちで購入される患者さんには、そういったことを説明の上、お渡ししています。

副作用や害は、ほぼないと思っていただいていいですが、違った意識で使っても、お金、もったいないでしょ?

効率よく、効くための、説明をさせていただいているわけです。

クリニック用の化粧品にしても、ピーリング系とかレチノール系の場合、患者さんの肌を診て、おススメしない場合もあります。

それでも勝手に買っていく、というのであれば、もうほんとに勝手にされたらいいですが、それで合わなかろうか、かぶれようが、私は知りませんし、責任持ちませんよ。勧めていないんだから。

また、そういう時のかぶれや副作用に限って、治るのに時間もお金もかかるんですよね~。(自業自得ですが。。)

ナビジョンの化粧品にしても、今、うちの保湿化粧品は、ナビジョンにしてますし、大概、ナビジョンの製品は取り扱っていますが、私の考え方にそぐわないもの(必要ないと思うもの、お肌への負担が気になるものなど)は、置いていませんので、売っていません。

ナビジョンだから、何でもあり、にしているわけではありません。

また、取り扱っているものすべてが、どの患者さんにも合うわけではありません。

だって、肌が違うんだから。

クリニックによったら、一度診察して、購入したことがある患者さんが、ネットでログインして同じものなら買える、とか、診察歴のある方なら買えるとか、切れた場合のみ、電話で送ってあげる、というところもあるでしょう。

(うちではやっていませんが。だから、遠方の方は、合うとわかっているものは、買いだめされます。特に、キャンペーンの時とかに。)

でも、診察したこともない人が、誰でも買えるし、売りまくり、って、やっぱりおかしいでしょう。

(で、今、業界では、そういうクリニックが問題になっています。)

ちょっと前までは、あやしい摘発すれすれの業者がしていたようなことを、クリニックがする時代になってしまったんですね。。スゴイ時代です。。もはや、常識破壊ですね。

医師個人の責任でやるなら、何をしてもいいのかもしれませんが、こんなことにまで、性善説は通じなくなってしまったんですね。。

市販の化粧品でかぶれた、とか、薬が合わなかった、というのであれば、普通の保険の診察ですが、ネットで、他のクリニックで購入して、その後の面倒(診察とか、何かあった時の相談とか)を診てくれ、というのは、はっきり言って、お断りです。

もし、ご希望されるなら、セカンドオピニオン診察料金として、¥10.500いただきます。

そういう診察も含めての責任を持って、クリニック用の化粧品やサプリは販売をするものですし、またその義務があると私は思います。

(まあ、当たり前のことですよね。)

どうして、そういうことをするクリニックが出てくるのか。

(私の知る限り、数軒でしょうか。)

そりゃ、儲かるからでしょう~。

診察もせず、ネットで、日本中(世界中?)から、患者でもない人まで買ってくれたら、医者である自分は寝ててもいいわけで、そりゃ、ラクですよね~。

かぶれたところで、知らんぷりでしょうし、本院まで診察に来てください、で終わりでしょう。

(遠くていけないから、ネットで購入している人が大半でしょう。)

化粧品でもサプリでもそうですが、人気のものは、必ず偽物が出てきます。

特に、海外からの個人輸入の医薬品や化粧品などの大半が偽物なのは有名な話で、本物だとしても、劣化しているものや使用期限が終わっている、あるいは終わりかけの、不良品であったり、品質保証なんて、ないわけです。

うちでは、海外からの個人輸入の医薬品・化粧品・サプリはすべて、業界の代理店の中の、トップブランドの会社から仕入れていいます。

(手数料が高い、ということです。)

あやしい業者から、しょっちゅう、FAXで、安売りのチラシのようなものが送られてきますが、絶対かかわりません。

品質劣化や偽物の可能性があるからです。

それは、国内のクリニック専用化粧品にしても同じです。

偽物のこともあるでしょう。

また、そういう、普通のクリニックは常識でもって、やらないようなネット販売を、儲かるから、という理由でしているクリニックが販売しているものなんて、本物であったとしても、品質なんて、ちゃんと管理しているかわかりません。

高温多湿の倉庫でほったらかしでも、古いのが混じっていようと、そんなことまで、ちゃんと管理してるわけない、と私は思います。

そういう管理をちゃんとすると、経費がかかりますからね。儲け優先ではできません。

また、ネット販売までするとなると、ものすごい在庫をかかえますから、必ず、在庫を置く倉庫(場所)が必要になってくるわけです。場所代もかかるわけで。。。

そんなちゃんとやっていますかね。。。やっていると思います?やってたしても、ドクターはノータッチじゃないですか?

(そんな大量の在庫管理、まして医薬品でもないのに、医者が直接管理するわけありません。医薬品は、医者が管理する義務があるので、普段はスタッフが在庫を管理していたとしても、管理責任は医者にありますから、自分もチェックしておかないといけないわけです。何かあったら、責任が問われます。)

ネットで買われたクリニック専用化粧品を使っていた患者さんがいらっしゃって、かぶれたというか、合わなかったそうです。

その商品の成分そのものがホントに合わないのか、商品自体が劣化していたのか、あるいは、偽物なのか。。。まあ、判断はつきません。

確認するには、ちゃんとしたクリニックで、再度購入して試してみるかですが、成分そのものが合わなかった場合、また、合わないものを買ってしまうことになります。

お金も時間も無駄ですね。

せめて、テスターが使える場合は、使ってから買わないとね。(ナビジョンにしても、テスターを置いていないクリニックもあるでしょうが。)

ネットは、何でもそうですが、試すことはできませんからね。

私が、ブログで、医療用サプリや化粧品のことをおススメしたからといって、正規ルートでないところで買われたところで、ホントの私の言うところの効果は出ませんよ。

私の診察と診断のもとに、その方に合うものを勧めているわけで。

誰にでも合うもの、副作用のほとんどないもの、というのも、医療用とはいっても、もちろんありますが、プラセボ効果というか、相乗効果というか、カウンセを受けたことで、必要な持っていい期待と、必要以上の期待はしない、ということができるわけです。

だから、正しく使えた場合、よりいい感じに、みなさん感じるわけです。

まあ、受け取り方ですけどね。

サプリにしろ、化粧品にしろ、すぐに効果が出たり、目で見えて効果がわかる、ということは少ないので、続けることが前提なわけです。

続けていくには、ある程度の情熱とやる気が必要で、それを維持させるのを手助けするのが、診察であり、カウンセであると思います。

正規ルートのクリニックで買ったとしても、「おススメです~!」と言うだけで、営業しかかけないクリニックもあるでしょうけどね。

それなら、ネットで買うのと、なんら変わらないかもしれませんが、少なくとも、かぶれたり、何かあったら、そこに言えるわけだし、一応診てももらえるわけです(多分)。使い方も、(一応)気軽に聞けるでしょうしね。

(買わなくていいものまで、買わされる、というデメリットはあるかもしれませんが。。。)

もちろん、今、メーカー側でも、そういうクリニックは問題視しているでしょう。

メーカーも、なによりブランド力低下を恐れますし、わけわからん人が勝手に使って、「あの商品はダメだ」なんて、判断されたら、たまりませんからね。あんた、勝手に使ったんでしょ?!そもそも、合っているって、診断もされていないでしょ?!ていう感じでしょう~。

そのうち、ネット販売できなくなる商品が出てくると思います。

こういうことを野放しにしているメーカーは、それはそれで、ダメですね。そういうメーカーの商品は、いずれ私もあまり取引はしていかないと思います。

医療でも、もちろん利益も大事ですが、医療用の製品を販売しているメーカー側が、安全性や効果を求めず、利益優先で走ったら、いかに美容と言えども、いかんでしょう。

そういうメーカーの商品って、どこまで信じていいのかわかりませんからね。

海外からの個人輸入に関しては、仕入れメーカーもどうすることはできません。医薬品でなければ、規制もないので、続いていくんでしょうが、買った人自身が、一番、時間とお金を無駄にするだけで、効果が出ればラッキーでしょうし、ロシアンルーレットですかね。

まあ、そういうのがいい、という方は、うちに来ないで、そのままネットで買い続けてください。私には関係ないので。

止めときと言っても止めないのも、その人の人生です。

そこに、私を巻き込むなら、うちの患者さんの時間を奪うわけですから、それなりの診察料をいただきますので、ご了承ください。

診察したところで、止めとけば?と言うだけですけどね。一度、診察して、止めるように言っても止めない方は、診察はお断りさせていただきますので、それもご了承ください。

前回申し上げた、「サリチル酸シランジオール」、これ以外の名前でも、もちろんピーリング系の薬剤はあります。

化粧品会社なりに、ピーリング剤を入れることで、浸透を良くして、より効果を出そうとしているんでしょう。(というのが、おそらく、向こう側の言い分だと思います。)

見解の違い、と言ってしまえば、それでいいのですが、私は、ピーリング剤をのべつまくなし、しかも消費者にちゃんと知らせることなく、使う(使わせる)ということに、ものすごい不快感があるので、全否定させていただきます。

 

同じものを使っても、全然赤みも出ず、乾燥もせず、という人もいらっしゃるかもしれません。

それは、ラッキーでしたね。

よほど、角質がたまりやすいのか(代謝が落ちていて)、角化異常で角化が亢進しているのか。。。

まあ、正常な肌の大人の女性で、私は、あまりそういう人は見たことないですが。。。

赤みが起こっていても、全然気づかない人・皮膚科医が診ても気づかれないこともあるのかもしれません。

赤みが起こっていても、異常とは思われないこともあるでしょうし。。。見解の相違でしょうか。。。

私は、変な赤みはないほうがいいと思うし、ピーリングをするなら、ちゃんとわかってやりたいですね、自分にも患者さんにも。

ところで、数日前に、牛乳石けんの無添加石けんの発注をかけたら、今、欠品していて、入荷に少し時間がかかると言われました。

在庫はまだちょっとあるので、大丈夫なんですが、私、宣伝しすぎましたか?(笑)

無添加石けんが欲しくて、ついでに、髪の毛用のトリートメントも欲しくて、どうせなら、同じメーカーで揃えたら、一度で済むや、と調べたら、牛乳石けんの無添加シリーズだったので、入荷ルートを調べて、お願いして納入していただいています。

たまたま、牛乳石けんだっただけなので、純石けんであれば、みなさん、買われるのは、どこのメーカーでもいいんですよ。

玉の肌でもミヨシでも、シャボン玉でも。

患者さんに人気なのは、ミヨシの黄色いボトルの石けんが、泡で出てくるので、ミヨシが人気です。

エコのコーナーに行けば、もっといろいろあると思います。

なんとか作業所、という、小さな町工場とかでも、よく油脂から作っていらっしゃいますよ。まさに手作りですね。

油脂から作っている脂肪酸ナトリウムという名前の石けんです。体・肌用であれば、「石けん素地」という名前になっていると思います。

メーカーによったら、純石けんに、ハーブオイルを混ぜて、いい香りをさせていたり、とさまざまです。

私もハーブの香りもオイルも大好きですが、ハーブであろうと、天然であろうと、オーガニックであろうと、かぶれる人はかぶれます。

ハーブオイルの中には、紫外線にあたると、かぶれやすく、日光過敏を起こすものもあり、その後、色素沈着(シミ)になるものもありますから、注意が必要です。

前にも言っていますが、地球に優しいものが肌に優しいわけでもないですし、化学薬品の全てが肌に悪いわけではありません。

天然の植物の、よくいう、「アク」というものは、たいてい、皮膚がかゆくなったり、赤くなったりします。

桃やマンゴーとか、唇以外の皮膚につくと、痒くなることないですか?

食べ物だって、アレルギーもあるでしょ?漆もかぶれるでしょ?

天然だからとか、自然だからとか、関係ないんです。

ローズオイルもかぶれる方が多いですし、柑橘系のオイルは日光過敏を起こすものも多いです。

クロロフィルも日光過敏を起こすことが多いです。

アロエだって、そのまま皮を剥いて、皮膚ののせたら、中にトゲのような結晶がありますから、お肌を傷めます。

(化粧品だと、アロエから、保湿成分だけを抽出して、混ぜたりできるんですけどね。)

もちろん、そういう成分も、全員がかぶれるわけではないし、入っているから、絶対かぶれるものでもありません。

量の問題なのか、たまたま体調や肌の状態が悪かったのか。。。(カニやエビ・サバを食べて、じんましんが出る時もあれば、出ない時もあるでしょう。)

かぶれることが多い、というのは、10人に1人の確率でも、「多い」と言うと思いますよ。

だって、大した効果もないのに、1割の人がかぶれたら、いかんでしょ。

「かぶれにくい」「かぶれる人が少ない」というなら、もっと確率を下げないと。

10人中、9人がかぶれない成分くらいでは、安心して使えません。100人に1人、1000人に1人、それでも多いかな。。

だって、ただの化粧品なんだから。

とてもよく効く薬というのであれば、多少の副作用は我慢しないといけませんが、たかが化粧品です。かぶれたら、やっていられません。

かぶれる程度も、軽いなら、100人に1人くらいでもいいんですけどね。日光過敏でシミになった分は、元通りになるのに、エライ時間がかかりますよ。(もちろ、、お金も)

化学薬品が嫌いな方がいて、なんでも天然だけの成分で行こうとする方がいらっしゃって、そりゃ、それでいけるなら、そうされたらいいと思いますが、ワセリンや純石けんですら、化学薬品ですよ。

そうなったら、肌に塗れるのは、ただの水と、椿オイルとかエキストラバージンオリーブオイルとかくらいになります。

界面活性剤が一切使えないアトピーや敏感肌の方の場合、ワセリンや椿オイルくらいしか保湿ができなくなることがありますが、オイルは、空気に触れたら、酸化します。

酸化した油は、過酸化脂質と言って、お肌に悪い影響があります。

「悪い」といっても、そんな大した影響ではありませんが、「天然だから、安心」というわけではない、ということです。

「化学薬品が悪い」という風潮が出てくると、「天然」「オーガニック」「自然派」と謳う化粧品が出てきて、今、そういうことを表示すると、売れる時代です。中身が、どうであろうと。

ホントに、天然のものもあるでしょうし、天然で優しいものもあるでしょうが、ちゃんと確認して買わないと、かぶれたり、実際、その人が嫌っている化学薬品だらけの、偽物だったり、となにしてんだか。。ということになります。

何かわからないものを塗るなら、何も塗らないか、ワセリン、塗ってるほうがマシかもしれませんよ。

まあ、そこまで極端に行かなくても、とりあえず、一般で売られている、高すぎもせず、安すぎもせず、みたいなもので、その場しのぎしておいて、ゆっくり選ぶか、でしょうか。

ご本人がいいなら、何でもいいんですが、メーカーもわからない、なんための(保湿とか美白とか毛穴掃除とか)化粧品かもわからないようなものは、使うのは止めましょう。

何度もいいますが、市販の基礎化粧品で、(ホームケアとして)必要なのは、保湿と日焼け止めだけです。あと、汚れを落とす純石けんですね。市販のもので、美白もアンチエイジングもいりません。

それ以上のことがしたかったら、市販のものでは無理です。もちろん、エステも。エステの化粧品も、です。

だって、医療じゃないんだから。どこにも、効果なんて、約束されていないでしょ?

(医薬品・医薬部外品でないのに、効果を約束したら、薬事法・医師法違反です。だから、効果なんて、書けるわけないんです。)

エステの人が言った、というなら、契約書に、ちゃんと文書で明記してもらってください。その文書通りの効果が出ないなら、責任、取ってもらってくださいね。もしくは、詐欺で訴えるか。

(まあ、ホントに効くことがあったら、医師法違反行為をやっている可能性あり、で、ムチャクチャ怖いですよ。無事に帰ってこられただけ、ラッキーかも。。医師でないと使えない薬や治療法をしていることが本当にありますからね。)

それ以上のことがしたかったら、クリニック用の化粧品や一部のちゃんとした医薬部外品や医薬品でないと、無理ですよ。

無駄なことに、お金と時間を使うのは止めましょう。ホントに、もったいないですよ。

33 / 34« First...1020...3031323334