プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2021年6月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近投稿した写真

ホーム > ヘアケア



肌トラブルの患者さんを自費診療で診る時に、使っている化粧品をすべて商品名・会社名を聴いて先に調べておきますが、依然として自然派化粧品、オーガニック化粧品をなにかしら使っている人が多い、というかほとんど。
あるいは、悪くなったきっかけになっているとかね。
テレビやネットで大々的に宣伝している化粧品も、すぐに飛びつかない。
本当に良いものというのは、なかなか世の中には浸透しません。
いつか出てくる、という人もいますが、今の世の中、特にネット関係はお金を出して大量に宣伝に触れるようにできていますから、お金をかけた企業の商品ばかりが有名になります。
真面目にやっていたら、開発費はかかるし、原価も高いし、かといって、たくさんの人、特に敏感肌、赤ちゃんや子供、妊婦さんも誰でも安心して全身にでもたっぷりと使ってもらおうと思ったら、そんな高い金額は設定できません。
なので、1個の商品を売っても、それほどぼろ儲けできるわけではないのです。
小売店をされたり、そういう発注をしたことがある人はご存知でしょうけど、たくさん買うなら、すっごい値引きしてくる(返品不可もついてたり)企業もあれば、いくら買っても値引き率は一律、という企業も。
たくさん買うにしても、すっごく値引きしても、まだその企業はそこそこ儲かる、というわけです。
一体、原価、イクラやねん。。。と思わないとね。
芸能人が宣伝している、インフルエンサーがほめてた、など、そういう人がわざわざ言うなら、なんらかのお金が企業側と動いている場合がほとんど。
そうでないこともあるかもしれませんが、有名人であればあるほど、無料では宣伝しません。
他のスポンサーとの契約もあるからです。
それだけ企業もその人にお金を払っているわけで、その予算も皆さんが買っている化粧品などの価格に含まれているわけです。
ちょっとネットで検索したら、最初の1ページには、山ほどその化粧品がいかに素晴らしいのか!というページが出てくるかもしれません。
まずは、それを誰が書いたのか、情報源の確認です。
実名であったとしても、それがステマではないとどうやって確認していますか?
確認できないなら、ステマかもしれない、と今時思っておくこと。
もちろん、使ってみたら結構よかった、ということはあるので、使わないと確かにわからないこともあります。
でも、そのたびに、こんなの買うんじゃなかったとお金の面でも肌トラブルでも思いたくないですよね。
なんでも過信しないことと、特に敏感肌というか、肌の調子の悪い時に化粧品で解決しようとしないことです。
そもそも、すべての化粧品は、「肌に異常があれば使用を中止して皮膚科医にご相談ください」みたいな内容がパッケージに書いてあります。
そういうことが書いていない化粧品は、同じ企業の他の商品も含めて絶対に買わないこと。
異常のあるところ(特に赤みやかゆみ、痛みなど)に化粧品は薬ではないので、いらない添加物も山ほど入っています。
決して塗らないこと。
(皮膚科に受診して、特に顔の場合、化粧品の使用を止めない医者のところには受診してはいけません。とりあえず薬出してさっさと帰ってもらおう、というだけです。
化粧品を止めるように言うと、外来診察において引き下がらない患者さんというのはとても多いので、その分時間が取られます。場合により、そんなひどいことを言うなんて!となじられるわけです。なので、そういうことには一切触れない。だってめんどくさいから。そういう皮膚科にかかっても治るものも治りません。だって、そもそもの諸悪の根源こそ、その使っている化粧品だったりするわけです。延々とステロイドを出し続けられ、どんどんおかしな肌になっていく。。。)
患者さんからお聴きした化粧品を調べるのに、まずはそこのサイトを見るわけですが、値段のことと、いかに自分たちの化粧品や考え方が優れているのか、そればっかり。
どこの誰かもわからない、「買ってよかった!!」という企業が用意した口コミが延々と載っていることも。。。
(厚労省や消費者庁はこういう宣伝の仕方をしないように言っています。〇〇第1位!とかもそうです。
本当かどうか調べようがないからです。)
まず、そういう企業のは止めておくのが無難です。
最近はそういう風にしないと消費者が買ってくれない(目を引かないから)から、そういうなのばっかりになってきているような気もしますが。。。
あやしい企業ほど、肝心の化粧品の全成分表示が載っていない。
探すのにすっごく苦労します。
散々探した挙句、本当にその企業のHPにはどこにも載っていないこともよくあります。
そこの自社サイトでネット販売しているにも関わらず、です。
ネット販売しているくせに、化粧品の全成分表示をしていない企業のものは買わない。
それだけで、本当はかなりの被害が防げるのです。
で、表示があったなら、そこに食べ物のエキス、植物エキスが入っていないか必ず見ること。
たくさん入っているものは絶対買わない。
1種類、2種類、何種類ならいいかと言われれば困りますが、本当は1種類でも入っていたら、もう買わないでほしい。
植物エキス・食べ物エキスを入れているのにちゃんと遅延型アレルギー検査までしている企業もありますが、そこまで実施しているのは私の知る限り、資生堂と花王くらいです。
(だからって、この2つの企業の全商品がおすすめ、ではないです。)
要は、それくらいの研究所の規模と予算がないと調べられない、ということです。
自分のところで検査ができないなら、外注するかですが、遅延型アレルギーまで調べようと思ったら、ものすごくお金がかかります。
普通の企業ではできませんよ。というか外注もしてませんよ(ごくごく一部を除いて)。
その費用も上乗せなんてしたら、化粧品いくらで売るのか?!となります。
この成分は大丈夫、とある程度証明されているものはありますが(それでも誰にでも100%安全ではない)、その場合、同じ原材料メーカーの同じ品質のものを使わないといけなくて、不純物とかのね、ランクがあるわけです。
そこまで調べてもいないとかね。
そういうのは、原材料の名前は同じでも、中身は全然違うわけです。
ちゃんとしたものばかりで化粧品を作るなら、まして自社のではなくて取り寄せになるので、コストはとても高くなります。
純利益はそこまでぼろもうけにはなりません。
まじめにやればはるほどね。
いい加減にてきと~に作って、宣伝費にお金をかけるほうがぼろ儲けできるように今の世の中なっています。
だから、そういう商品に自分が引っかからないようにすることが大切です。
食べるものだから安心
植物の力を肌に
みたいな感じのことがHPにばんばん載っている企業の化粧品はほんとに一番危ない。
化粧品は科学です。
食べ物、植物エキスをそのまま混ぜてるような化粧品って、一体いつの時代の話やねん、ということです。
そこまでするなら、それこそ、山の中で自給自足なみの、昔の人と同じ生活、同じ環境、同じ食事にしないとね。
生活も環境もなにより食べているものも全然違うのに、添加物まみれで暮らしているのに、どうして化粧品だけそうなる?!
そういう宣伝にそのまま乗っかってしまう人が増えているから、毎年皮膚科学会総会では、びっくりするようなものでの接触性皮膚炎、食物アレルギーの新しい報告が増える一方です。。。
食べるもの、口から入れるものは、天然に近ければ近いほど良いと思いますが、皮膚にはそれをしたらダメ!
科学的に証明されているんだから。
まして、肌にトラブルのある人(化粧品が合わないものが多い、みんな使っているものが使えないなども含む。質の悪いものを使って、合わない合わない、と言っている人も結構います。肌に炎症を起こしているのに気づいていない人もいます)は、皮膚のバリア機能が壊れている可能性があるので、そこにそんなものを塗ると、もうばんばん侵入してきて大変なことに。。。。
なってからでは大変です。
食物アレルギーは治すのに大変な制限とお金と時間がかかります。
茶のしずく石鹸の二の舞にならないように。
あやしい化粧品には近づかないのが一番です。
本当にちゃんとした化粧品の情報が入ってくるような環境、たくさんある情報の中から自分で取捨選択できるようにすることが大切です。
 私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」に詳しく書いていますよ。ご参考に。

ご無沙汰しております。

夜にブログやフェイスブックを書くと、交感神経のスイッチが切りにくくなるため、夜遅い時間には書かないようにしていたら日にちがたってしまいました。。。

フェイスブックとインスタグラムはこまめに更新してますので、フェイスブックはアカウントなしで見られますから、よろしければそちらをどうぞ。

タイムリーな話題もよく載せています。

https://www.facebook.com/aikohifukaclinic/

 

 

昔からですが、化粧品でも薬でも美容医療でも、商品名や治療方法を名指しで、「絶対それが欲しい!」「絶対それをしてほしい!」という問い合わせはよくあります。

 

友達が使っていた、友達がやっていた、ということもありますが、そういう場合は、ほとんどネットからの情報です。

 

うちでは、名指しをされても、希望としてはうかがっておきますが、適応がなければいくらお金を払うと言ってもやりませんし、売りません。

 

「適応がない」=「デメリットが大きくてメリットがない」わけです。

 

もう根本的に違うこともあります。

 

例えば、しわ用の化粧品で、「シミが消えますよね?」とか。。。

 

他のクリニックでは、カウンターでそのまま受付が売ったり、診察に入ったところで形式上の医師の診察という儀式があるだけで、「〇〇がほしいんですね」ではい、終わり。

 

レーザーもそう。

「ニキビでレーザーしてほしい」「ピーリングしてほしい」

→「わかりました。あとはナース(受付)から説明があります」で終わり。

 

まず、洗顔してニキビなのかどうか、どうしてそのレーザー(具体的な機器名を出してこられる方も)がしたいのか(何を期待しているのか)、そのレーザーも含めて、他にどういった治療があって、どんなメリット、デメリットがあるのか、金額や治療の回数、間隔の違いなど。。。

 

特にネットで、だいたいステマのことも多いんですが、「もう自分にはこれしかないっ!!」「これさえやればキレイになるっ!!」と思い込んでる呪いを解くのは大変です。

 

呪いを解いたら、レーザーしてくれないかもしれないし、他の治療ならやらない、化粧品(クリニック用)なら買わない、これ以上の金額になるならやらない、自分でスキンケアはしたくない、などなど、本当はとても大切なことは、めんどくさがってやらない傾向にある人に、真実を伝えたところでクリニックの売り上げが減るだけですから、伝えない。

 

化粧品もそうです。

 

とあるメーカーの化粧品が、爆発的に売れてるとか。

 

クリニック専用化粧品であるため、本当は、洗顔して診察して、副作用合併症の話をして、結構本格的にやるなら患者さんは大変です。

それさえ使えばいいというものではなく、日焼け止めすらちゃんと塗らない人には逆にひどい結果に。。。

 

医療でもなんでもそうですが、効果があればあるほど、それだけ副作用合併症も大きいということ。

 

しかも値段はクリニック用化粧品としてもかなり高い。

(本来、クリニック用化粧品というのは、市販の高級化粧品のことを思えば、あそこまで高くない。

そんなものに、何万円も値段つけたら、レーザーはいくらにするの?!という話になるから。レーザーに勝てるわけがないからです。)

 

しかも、医師の診察もないどころか、受付がセットのシリーズで買わせるパターンもとても多い。

もう10万円超えることも。。。

 

うちでも扱っていますが、ちゃんと説明して理解した方じゃないと売りません。

それだけトラブルが多いからです。

 

副作用合併症についてはかなり言いますが、聴いている時点で自分だけは大丈夫、という方がほとんど。

で、実際出たら、びっくりされるので、わかっていてもブルーになるでしょうし、うちではいきなりそれを買わせることはありません。

段階を経て、副作用合併症が起こりづらい状態にしておいて、次のレベルに行きたい方にだけ売っています。

そこまで行く方はとても少なく、そこまでも必要ない方がほとんどでもあるからです。

 

また、そのシリーズで使わせる、というのに私は大反対というか、なんでシリーズで使わないといかんねん?と思っていますから、シリーズでは取り扱っていません。

必要なもの、日本人でも使えるものをチョイスしています。

(さらに使えるかどうかは、個々による)

 

どこの化粧品会社でもそうですが、そりゃあ、シリーズで化粧品作ります。

そのほうが売れるからです。

だから、必ず、この後にはこれを塗ってください、セットで使ってください、セットで使わないと意味がない、などなど、販売員の営業に出くわした方は大勢おられるでしょう。

 

たまに、「セットでないと意味がない」といわれて、セットで買わされた、という方に、市販もクリニック用も含めて出会うことがありますが、「セットで使う意味がそもそもどこにある?説明してみろ!」と言ったところで、説明もできないわけです。

ほんとに意味がないなら、最初からセットで売っていないと、商品としておかしい。

ヘアカラーで1剤と2剤を混ぜるのに、単品で1剤だけ売ってる、なんて、大クレームの嵐でしょう?

 

バラバラにして売っている時点で、「意味ない」ことなんて、ないんですよ。

 

ただ、メーカーが一緒にまとめて売りたいだけ。

 

確かに、メーカーの言い分を聴いてみたら、まったく意味がないこともない。。。ということはあります。

ただ、セットで買うデメリット(コストがかさむ、手間がかかる、副作用合併症は増えるなど)と比べて、どうしたいのかは、人それぞれ。

 

 

なんにでもメリット、デメリットがあるんですよ。

 

去年、一昨年かな、その化粧品を取り扱っているのか、という問い合わせがすごく増えました。

今でもあります。

 

診察カウンセが必要というと、そういう方はほぼ100%、診察はいらない、それだけ売ってくれ、と言います。

他で使っていたから、という人もいます。

 

そういう他院で診察を受けずに(受けていても、我慢してくださいの一点張り)使っている人は、みんな顔が真っ赤っかで、ひどい人になると炎症がひどすぎて色素沈着を起こして、赤黒くなっている人も結構います。。。

 

欲張って、いろいろさらに重ねて、スキンケアも良かれと思って、こすり倒すわ、すり込むわ、美顔器使うわ、でもう散々です。

 

それを使って、そんなことをしていたら、肌は炎症どころの話ではなく、もうヒリヒリと痛みや灼熱感が止まらない、という人も。。。。

 

元の肌に戻していくのに、時間もお金も大変です。。。

 

もともとトラブルが多い化粧品が、どうしてそんなに話題になっているのか(今に出たものではなく、もう10年くらい前から売っている)、業界の方に聴いてみると、インスタだか、ネットで、インフルエンサーが勧めたとか。

 

まあ、こういうのはほとんどステマです。

ステマじゃなかったとしても、ちゃんとトラブルなく使うには、それなりの準備が必要なわけで、ネットで流行るもの(流行らせるもの)は、その商品だけが独り歩きして恐ろしいことに。。。。

 

 

ここ数か月、これまた別のメーカーの別の商品で、これも名指しで、それを売ってくれ、という問い合わせが多いです。

先週もありました。

もちろん、診察(自費)を受けないと売れないし、自費の診察を受けても適応がないと売れないことを伝えると、他をあたられます。

 

ちょっと前の話になりますが、初診の肌の相談の方で、相談内容の確認で、内容の一つに、その化粧品が良いと聴いたから、本当はどうか、自分には良いのかが知りたい、というのがありました。

 

診察で、その方が使って悪くはないんですが、その化粧品よりももっと良いものがあるので、うちでは取り扱いはしていますが、あまり売りません。

いろいろ選択肢があるので、値段やその肌の状態で、患者さんが選ぶ(適応がある場合)パターンです。

そういう意味では、その化粧品は、うちでは優先順位は下のほうです。

 

その患者さんに、その化粧品の問い合わせがとても多いんですが、どこで話題になっているんですか?と聴いたら、YouTube と言われました。

YouTuberが、それが良かった、と言っていたとか。

もちろん、この化粧品も、クリニック専売品なので、診察なしでは買えません。

 

 

こういうの見た時に、ステマかどうかって、多くの人は考えないんですかね?

ステマじゃなくても、自分にはどうなんだろう?と考えないんですかね?

気になるのはわかります。

でも、それだったら、この患者さんみたいに、「これってどうなんですか?」となるのが正解。

 

この方には結局売ってないし、買っておられません。

もっとい良いものを使うから。

 

肌の状態が変われば、勧めることもあるかもしれませんが、今のところ、いらないかな。

 

クリニック用の化粧品がそこまで高額でないとしても、(これは先ほどみたいに高くないです)優先順位の高いものがたくさんあるわけで、そっちにお金を使わないともったいない。

 

対症療法にお金を出すのも急いでいる時はありかもしれませんが、長い目で見ると、根本的な完治を目指してそれにお金をかけないともったいないと私は思います。

 

ステマかどうかも考えずに、話題の化粧品やサプリ、治療などに、すぐに飛びつく人。

それだけ、切羽詰まって、何も考えられなくなっているんでしょうけど、これが一番詐欺にあいやすい状態です。

一度、刷り込まれたら、他の考えを受けつけない。

 

例えば、シワやたるみが気にって、こういう治療があると聴いたけど私にはどうですか?他にもっと良いものはありますか?普段のケアで注意することはありますか?それをした場合の注意点は?

と聴かなきゃいけないし、こちらには説明する義務があります。

 

「〇〇がほしい。そちらで買えると聴いた」

→「▽▽でお悩みですか?お肌の状態を診て、▽▽にあったものをご提案します。〇〇以外にもいろいろありますから、説明を聴いて選んでください」

というのが、普通では?

 

もちろん、説明を聴いたうえで、買う買わない、やるやらないは個人の自由です。

やっぱり、当初の予定通り、〇〇がほしい、というのも、メリットデメリットを理解した上でありでしょう(適応があれば。適応がそこまでなくてもダメではないけど。。。という場合含む)。

 

ところが、もう聞く耳を持たない人、「これでないと絶対ダメなんでっ!!!」「絶対に買うから、説明はいりません!!」。

 

。。。おかしいですよね。

はい、おかしいんですよ。

そんなわけ、あるかあ?!って。

そういう宗教っぽいというか、もうそれしかない!という洗脳のようになっている人は、かなりの栄養欠損で、実はとても重症。。。

だから、それだけどうこうしてどうこうなるものではないんです。。。

他にいろいろやらなきゃいけないこと(患者さんがね)がたくさんあるのに、そういうことはやりたくないから、その商品に過大な期待をしていて、買ったはいいけど、使ってみたけど、効いたらそりゃあいいですけどね、世の中そんなに甘くない。。。

 

せっかく良い商品であったとしても使い方が間違っていたら、適応がないのに使ったら、そりゃあ効きません。副作用だけ出ることも。

 

魔法みたいな、「これだけでOK!!」なんてものはないんですよ。

そんなの、ほんとにあったら、ものすごく詐欺くさいでしょ。

そう思えないところがとても危ない。

 

だから、世の中、詐欺はなくならない。

 

これならこれ! あれならあれ!みたいに、世の中、どんどん、勝手にマニュアル化みたいになって、

それは医学の世界でもそうです。

その方に合わせてほんとは薬や治療を考えないといけないのに、医者側のほうが考えていない。

 

ニキビです

→これ、塗っておいてください。

って、まず、ニキビなのかどうか、診断しろよ!

ニキビでも、どんなニキビなのか、そこの経過も聴けよ!ってこと。

それに合わせて薬は変わります。

結果同じ薬でも、選んだ経緯が違うから、中身は大違い。

 

効いた薬もずっと一生効いているわけではないですから、効かなくなる、副作用が目立つことも出てくるわけです。

 

そうなったら、今こうなっているから、薬をこう変えましょう、使い方を変えてください、日常生活でこんなことをしませんでしたか?などなど、聴かなきゃいけないこと、言わなきゃいけないこと、実はたくさんあります。

それが、医者のさじ加減ってやつです。

 

 

メーカーの宣伝文句そのまま、「これならこれ!!」を信じて、そのまま患者さんに売る。

 

物を考えない人が職種に関わらずとても増えた。。。

 

 

自分で考えない限り、宣伝を宣伝とも考えずに、「反応」だけしていたら、それこそ企業の思うがまま。

多くの企業が、売れることしか考えてないから、ますますそういうステマが過熱してますね。

 

情報格差は広がるばかり。

 

わからなくて当たり前なんですよ、だって、専門じゃないんだから。

 

わからないから、聴けばいいんですよ。情報を集めて、それから自分で情報を取捨選択して考えて選ぶ。

それがうまくいかなかったら、次に生かせばいいだけの話。

 

そこを理解しない限り、生かさない限り、何度でも同じことが起こります。

詐欺にあった人のリストが、売り買いされるのはそういうこと。

 

それがほんとに良い理由が説明できないなら、進むんじゃなくて、立ち止まって、わかる人に聴けばいいんですよ。

ただし、本当に有益な情報は無料じゃないです。

無料もありますが、ネットから有益な情報だけを自分で探してくるのは、砂漠でダイヤモンドを探すようなもの。特に、情報弱者の人の場合は特にね。だから、今まで、引っかかってきたわけでしょう?

同じ思考回路では同じことの繰り返しで、一旦、リセットするなりしなきゃ。

今までのステマからの情報は一旦全部捨てること。

 

どうしてもやりたい、使ってみたい!と気が済まないこともあるでしょうけど、せめて副作用合併症のデメリットだけはちゃんと押さえておきましょうよ。

それが最低限失敗しないコツです。

 

弱っている時ほど、思い込みやすくなるので、そこまで弱らないように普段から食事に気を付けることが実は一番大事だったりします。

 

 

 

 

ご無沙汰しております。

Facebookとインスタグラムはまめに更新しておりますので、そちらを覗いてみてください。フェイスブックはアカウントなしで見られるようにしてあります。

そちらのほうが写真も多いです。

夜帰ってきてからは、あまり仕事しないようにするようにしました。オンとオフをある程度はっきりしておこうかと。

そしたら、ブログを書く時間がなくなってしまいました。。すみません。。。

 

さて、3月のキャンペーンの内容は、「お知らせ」でお知らせしたとおりですが、ちょっと説明を。

 

薄毛の人が増えましたね~。

あと、薄毛や抜け毛を気にしている方も増えました。

昔だったら、秋に結構薄くなって、春までには回復、というのがほとんどのパターンでしたが、ここ5年くらい、いや、10年くらい、お盆くらいから薄くなってきて、春になっても戻らない。。そのまま薄いまま。。。年々、毛はさらに細くなり、立ち上がりにくくなり。。。

という方がとても増えています。

 

髪の毛に栄養が全然行っていないのと、シャンプーやらトリートメントやらヘアカラーやら、いらんことのやりすぎですね。。。。

シャンプーなども、薄毛の人は年々、どっからそんなの見つけてくるんだ?!というのを使っています。

ネットの広告やステマ、そのまま乗っかったんですかね。。。

その辺は肌荒れなどスキンケア、顔やからだの化粧品も同じです。

 

髪の毛は、肌もですが、ほんとに氷山の一角に過ぎない。

 

早く気づいて、早く対処したもの勝ちです。ええ、ほんとに。。。

 

 

肌荒れの人が増える中、スギ花粉本番ですね。

どんどん気温も上がって、これからさらにますますスギ花粉が大量に、さらに舞うことに。。。

 

スギ花粉のアレルギーがなくても、スギ花粉自体が皮膚に炎症を起こすことが報告されています。

なので、この季節、肌荒れする人もとても多い。。。

肌荒れしているのに、それを化粧品で治そうとする人も多く、化粧品は薬ではないので治るどころか余計にひどくなります。

ほんとにいらないものを全部止めることは最低しないとね。

治してくれるのに薬を使うこともありますが、基本は自分が口から摂った栄養です。

内臓に先に回りますから、すぐに皮膚には回ってこないけど、だからと言って栄養摂らなければ、いつまでたっても皮膚はトラブルだらけでどんどんひどくなる一方です。

ほんとに皆さん、ひどい化粧品をたくさん塗りすぎです。

ひどくなくても、その人の肌に合っていないもの、向いていないものもたくさん塗りすぎです。

 

乾燥肌って、体質でもなんでもないですよ?

 

そういう遺伝子だったとしても、乾燥肌くらいであれば、他からの代償で補えるので、乾燥肌を治すことは可能です。

その邪魔をしている一つが、間違ったスキンケアと質の悪い化粧品です。

食事と栄養のサポートはもちろん必ず必要です。

 

この季節、肌荒れのひどい方も多いため、イオン導入のプレゼントです。

準備と時間を別に取らなきゃいけませんから、必ずご予約の時にお申し込みください。

初診の方は肌の状況によって、診察によりできないこともありますからそれはご了承ください。

 

肌荒れ相談の方には、敏感肌用化粧品のサンプルプレゼントです。

サンプルの中身はその月によっても違いますが、いきなり買って使うのは怖いでしょうし、試せるものは試したほうがいいと思います。

 

 

そして、この肌荒れしやすい季節で、なおかつ紫外線が強くなってくる季節でもあります。

 

コロナ禍とは言え、外に出る機会が増える方も多いでしょう。

 

花粉症をしっかりとコントロールして、UVケアもして、しっかりと外でお日さんに浴びる時間も設けてほしいです。

日中、明るいところで過ごす、直射日光にある程度あたる、というのも健康を保つコツです。

人があまりいないところを散歩に行ったりしてほしいです。

 

なので、美容医療(レーザーとかね。レーザー以外も)をされている方には、日焼け止めのサンプルプレゼントと日焼け止めのキャンペーンです。

新しい日焼け止めを試すのも良し、これを機会にお試しください。

必ず、たっぷりと塗ってくださいね。

しっかりと塗っていれば、そうそう塗り直しができなくても、なんとかなる場面も多いです。

(アウトドアは厳しいけど)

 

まだ3月では薄着にはなりませんが、4月5月の薄着に向けて、ボディのお手入れが必要な頃です。

今からやったら、結構間に合うことも多いです。

 

ボディ関係が気になる方はご相談ください。

 

ボディが気になると言えば、部分痩身、筋肉アップですが、今回は、栄養療法されている方の代謝アップのために。

隠れ脂肪肝対策にも。むくみ対策にも。

 

処置時間は30分ほどですが、着替えてもらったり、装着時のゼリーを拭きとったりと前後で時間がかかります。

処置の時間、ずっと付いているとお約束できるわけではありませんが、ほぼ付いています。

(設定をこまめに変えていくためです)

その付いている間が診察時間になるので、お食事日記を持ってきてもらってチェックしたり、体調の相談ができます。

一石二鳥です。

 

いつもの自費の診察に追加もOKですし、点滴を足すのもOKです。

レーザーなどの処置と一緒にされる方もおられますが、話に集中したいから、とレーザーとは時間帯を別にされる方もいらっしゃいます。

人それぞれです。

 

 

花粉症ひどい方も多いので(コロナ禍だからでしょうか。今年は確かに花粉量がとても多い)、今回、医療用サプリのキャンペーンもします。

こちらのキャンペーンは、当院で栄養り療法をされている方限定です。

 

 

またまた、ADMのモニター募集です。

なかなか良い写真が撮れません。。。ADMの色が薄い方も多いので。。良くなっても写真ではわかりづらいんですよね。。。

ご本人がADMと気付いてないこともあったり、他院、特に美容外科で、「肝斑」と言われて、肝斑の治療としてもおかしいことをされていたりもします。かといって、もちろんADMにも効かない。。。

 

レーザーは、皮膚科医、形成外科医のクリニックでしましょう。

皮膚科医、形成外科医なら何でもいいのではなく、ちゃんと洗顔して医者の診察があって、副作用合併症も言ってくれるところね。

値段でとびつくと、後で困るのは自分です。

後悔のないように。

お金と時間で済む問題ならいいですが、それで済まない場合もあります。

「有名だから」(何をもって有名、と思っているのかその根拠は?)と確認もせずに、「お任せ」しないようにね。

仮にどんな良いクリ二ックや病院に行っても、自分で確認は必要ですよ。

 

学会のガイドライン的なものから逸脱する場合は、それ相応の説明(副作用合併症などのデメリットも含めて)がないのにやっているクリニックは関わらないこと。

 

ガイドライン的なことがわからないと、わかりませんよね。

値段に飛びつくんじゃなくて、何軒か回って比べましょう。

格安クリニックばっかり回っても、中身は同じですよ。

どこも説明はしないし、ガイドラインどころの話じゃないですから。

 

まあ、それもその人の人生だから、悔いのないように。貴重なお金と時間をムダにしないでくださいね。

久しぶりのブログです。

Facebookとインスタグラムはほぼ毎日こまめに更新しております。そちらのほうが写真も多いです。写真のアップが簡単なので。

(こちらにあげるには、写真のピクセルを小さくしてアップしないといけないので、手間がかかる)

仕事が終わって家に帰って、晩ごはん作って食べて、とすると、もう全然動けません。。。サプリを飲むのも放置していて後から飲んだりするくらい。。。

マンガ読みながら、ダイニングテーブルで寝落ちしていることもしばしば。。。

 

以前は、その後夜中に(寒くて)目を覚まして、ブログ書いたりしてましたが、家に帰ってきた時点で、副交感神経優位になっています。

ところが、ブログやFacebookなどを書き出すと、これは仕事の一環なので、いきなり交感神経のスイッチが入り、ブログ書いたらその後すぐに眠れていたのが、交感神経のスイッチがなかなか切れずに、まぶたは重いけど頭は起きていて、まぶたと闘いながら寝るまでマンガを夜中に読んでいたりと悪循環です。。

それでもう家に帰ってきたら、よほど急ぎの仕事以外は(取材の原稿とかね)もうあまりしないようにしています。

休みの日でも朝や昼間は交感神経のスイッチ入っていてもいいけど、夜はね。

夜は、副交感神経優位にして休まなきゃ。

退院後、高かった血圧はかなり戻りましたが、以前よりは高い。上はかまわないけど下はもっと下げたい。

交感神経の緊張もあって動脈硬化が進んだのかもしれません。

近々受ける人間ドッグが怖い。。。

でも、検査しなきゃね。何事も早期発見です。自覚ができるからこそ、改善しようというモチベーションになるというもの。

具体的なターゲットもわかるしね。

先日した血液検査は、かなり悪いかと思いましたが、結構良かった。特に脂肪肝は心配なさそう。

(皆さん、知らないだけで、指摘されないだけで、隠れ脂肪肝ありますよ。特に女性。痩せている人も。お酒飲んでなくても。糖質の摂り過ぎとタンパク・ビタミン不足の脂肪肝です。)

 

今は、さっきFacebookとインスタにアップしていたら交感神経のスイッチが入り、ブログを書くことにしました。

アップした話題が良くなかったかな~。

交感神経優位になるような内容でした。

 

 

さて、話を今日のテーマに。

 

今日(って昨日)の「ダウンタウンなう」を観てたら、からだをどう洗うのか、というテーマでおしゃべりされてました。

 

皆さん、「洗う」=手でもタオルでもスポンジでも、石けんなり、ボディソープなりで、撫でるなり、擦ること、って思ってますよね。

番組でもそうでした。

そうやって洗わないと(一部分を、(そうやって)そこは洗っていない、というタレントさんがいて)、「汚いっ!!」「ニオイかいだら、絶対くさいっと!!」と散々言われてました。

 

特に、足の指の間。

 

一人のタレントさん(男性)が、湯船に入って、足の指、開いたら、それで十分やろっ!!」と言ったら、「汚い~!!絶対ニオイするっ!!」と言われてましたが、

私の回答は、湯船で足の指開く、でOK。

 

というか、湯船入らなくても、お湯をシャワーなりでかけたらOKです。

 

せっけんも使わなくて、お湯かけるだけ。

ものたりない時は、シャワーのお湯を手で撫でるようにしてもかまいませんが、ここで、さするように力を入れないこと。

手で撫でるくらいなら、こするわけじゃないので、シャワーのみで十分です。

さらに、湯船に入るなら、浸かっている時間にもよりますが、角質がふやけてさらに落ちやすくなります。

 

かかとであろうと絶対に擦らないこと。

擦っても、軽石などで擦り倒しても、その後またよけいにひどくなるだけです。

かかとのカサカサやガサガサは、中の栄養の問題なので、擦ってイジメたら、そのイジメに対抗するために次もっと分厚くなるだけです。

また、そうやって擦っている、肉眼では見えないキズに、プールやらジムやらクリニックでスリッパに履き替えるところで、水虫うつされやすくなります。

 

足の指の間は、洗いづらいですが、指の間を少しだけ開いて、もしくは足の指を踏ん張って開くようにして、シャワーかけたらOKです。

1本ずつ、間をシャワー流してもいいですよ。めんどくさくなければ。

 

お湯で洗う、というか流す(シャワーでも湯船でも)、ということもしなければ、ホームレスの人みたいに何日もお風呂に入っていない皮膚や体臭になります。

 

人間のからだの汚れなんて、特殊な薬液や機械油を浴びながら仕事しているならともかく、普通は、自分の皮脂とと汗とホコリです。

そんなものは、お湯で落ちます。

女性がよく使う化粧品、特にファンデーションなどの色物や日焼け止めは水(お湯)で落ちないから石けんを使うわけです。

 

お湯で落ちないからだの汚れって、一体、なに?

なにがついてるの?

どこでつけてきたの?

 

からだの皮膚も脂性というか、しっかりと自前で保湿できている方が、皮膚を破壊するような合成界面活性剤のボディソープでなく、低刺激、もしくは純石けんでなら、毎日洗ってもかまいませんけど、今の日本人、年齢、性別に限らず、乾燥肌の人、むちゃくちゃ増えています。

 

保湿成分になる栄養を口から摂っていないことと、ボディソープの乱用です。

どんどん皮膚のバリア機能を破壊して、材料もないから再生が進まない。。。

 

自分の皮脂と汗で、天然のオーダーメードの美容液をからだが作っています。

どんな高い美容液も、この天然ものには勝てません。(肌が荒れていたら、そこまで上質の美容液は作れないからもしれません。

それだけ、上質の美容液を作る材料もない、足りない、ってことだから)

 

その高級美容液をわざわざ合成洗剤とタオルやスポンジでごしごしと化学的にも物理的に落として、添加物だらけの合成の保湿剤を塗っても、どっちがいいか、明白です。

 

ずっとお湯だけで洗って(流していて)、その日の体調や環境によっては、気になる時もあるでしょう。

そういう時は、ちゃんとした石けんをその部分にだけ使えばいいですが、皮脂がほとんどない人、ない部分にまで使うものではありません。

 

保険診療でも自費診療でも、乾燥肌・皮膚のバリア機能が弱い・壊れている人で、湿疹皮膚炎も合併していたら(してなくても)、ほんとに全員、いらんボディソープ使っています。

 

保険診療の場合、事前やその場で調べたりもしませんが、もう名前を聴いただけで、即刻捨てて!というものがほとんど。

名前を知らなくても、どんな商品かちょっと聴いただけでろくでもなかったり。。。(後で調べるので、わかる)

 

患者さんには、自分のからだ(家族にもね)には使わないように言って、捨てるのがもったいなかったら、お風呂掃除に使ってください、と言っています。

特に、湯船の掃除には最適ですよ。よく皮脂を落としてくれます。

びっくりするくらい落ちるからやってみて!!

 

びっくりしたら、そんなもので、自分の乾燥肌・敏感肌を洗っていたんだ。。。と改めて恐怖を感じてください。

もう二度と使わないように、しっかりと心に刻みましょう。

 

 

いつも患者さんに言うのは、私の本(「きれいな肌をつくるには赤いお肉を食べなさい」)にも書いたかもしれませんが、例えばアフリカの人、毎日、石けんでからだをあらいませんよね?水も貴重だし、石けんも貴重です。

アフリカで水がそこまで豊富でない地域もありますが、じゃあ、東南アジアは?

東南アジアの人、日本人みたいに、ボディソープや石けんで毎日からだを洗うと思いますか?欧米人しかり。

 

化粧品会社の宣伝を鵜呑みにそのまま信じて、毎日せっせとボディソープやタオルやスポンジなどを買って洗っているのは、日本人だけでは?

 

日本人は、そういう国よりはお金持ちの人が多いのもあるんでしょうけど、昔からの清潔志向、潔癖思考もあるんでしょうけど、ほんとに洗い過ぎで、海外はそんなに洗ってなくても、困っている人はとても少ない。

 

湿度が低くて乾燥している欧米では、それほど汗もかかないから、石けんいらないのでは?という人もいるでしょうけど、そもそも硬水だから石けん、泡立たないしね。

硬水用の石けんも売っているみたいですが、そんなものまで買って、からだを洗っていないと思いますよ。

だって、そこまで困らないもの。

湿度の高い東南アジアでは、汗も多いでしょうけど、水浴びさえしていれば、問題になることはあまりないかと。

 

 

肉や魚もろくに食べていない日本人が、皮膚のバリアを破壊する行為ばかりするから、お肌がおかしくなるわけです。

(ちなみに、日本人の平均摂取カロリーは、先進国最下位で、日本と並ぶのはアフリカの食糧支援が必要な国ばかり。。。特に日本の女性は、さらに摂取カロリーが低くなります。

摂取カロリーがそこまで低いのにお肌の栄養だけは取れてる、なんてことはできません。

だからこそ、世界中で、食糧難の国に支援するわけです。

 

 

アトピーでも慢性の湿疹皮膚炎でも難治性と言われているものも、急に最近悪化した、という痒みや皮膚炎も、ほとんどボディソープや使っているクレンジングや石けんをやめさせるだけで良くなります。

 

保険診療であまりにも炎症が強かったら、ステロイドも多少出しますが(患者さんが掻き破るからよけいにひどくなるので、炎症までいっていると一旦早く落ち着かせるほうがいい)、まずはそのおかしなボディソープや石けんを止めること。

 

難治性のアトピーとか、ほとんど、これ、ベースにあります。

原因を止めてない全身の慢性接触性皮膚炎なわけです。

 

患者さんでも、言われてすぐに止める方と、いつまでたっても止めないから落ち着いたかと思えばすぐにぶり返し、ステロイドばあkり欲しがる人になるのか、あなた次第です。

 

 

すぐに止めた方の、治りの早いことったら!!!

ステロイドはあまりまくりだしね。

スキンケアにあっける時間も減って良いことづくめです。

 

 

保険診療の薬は、基本、対症療法なので、根本的に治すことはそうそうできません。

 

治したとしても、間違ったスキンケアで、擦り倒していたら、すぐに再発します。

 

元から治してくれるのは、口から入って消化吸収される栄養素と、肌のバリア機能を損なわないないスキンケアです。

 

自分が使っているものが正しい、というか自分に合っているはずなら、今。そこまで肌トラブルに悩まないはずです。

 

悩みがある、というなら、それは、今、今までやってきたことがあっていない、という何よりの証拠です。

 

そこにまず気づいてみては?

過信は禁物です。

 

 

 

立て続けに来られた初診の方が、ああああ。。。ということがあったので、今一度注意喚起を。

 

まず美容外科などの手術をする場合のクリニックの選び方。

 

最低限、形成外科の認定医を持っているドクターにしてもらうこと!!

 

もともとの出身が外科であっても、脳外科であろうと整形外科であろうと、消化器外科であろうと、「形成外科」とは全然違います。

 

形成外科以外のドクターでも、形成外科で研修されて、形成外科認定医を取っていたらそれは立派な形成外科医ですが、クリニックのホームぺージを見たら、何かの医者なのか書いていないところも多々あります。。。

 

どこの形成外科で研修したのか。

どこの病院でもいいんですが、勝手に書いていたら困るわけですから、院長経歴のところに書いてあるドクターを選ぶ、というのは最低限の前提です。

 

医者の名前すら書いていない、というのは、アルバイトの医者だけで回していたり、一体誰が責任者ですか?ということも。。。

 

名前や写真が載っていても、現場には一切出てこない、と言うクリニックもありますが、まずは、名前、経歴が書いてある形成外科認定医を選ぶこと。

 

形成外科出身、と形成外科認定医は全然違いますよ。

 

私は最初形成外科を3年ほどやって、その後皮膚科に転科しましたので、形成外科認定医は持っていません(皮膚科専門医も持っていないけど)。

形成外科認定医を持っていないので、「形成外科」の看板はあげないし、開業する時は簡単な手術くらいはできますが、保険診療でもやっぱり形成外科の先生に紹介しようと手術は全部他院へ紹介です。

万が一のケガなどで縫わなきゃいけない時にために、一応縫合できる準備は用意はしてますが、縫わずに紹介するほうが絶対キズのため、患者さんの今後のためにはいいです。

テーピングくらいならやるかもしれませんけど。

 

形成外科やっていた時は、形成外科認定医を持っていないと、開業の時の看板に、「形成外科」と書いてはいけない、と学会が決めていると聴かされました。

(「形成外科」と看板が上がっているのに、形成外科学会にすら入っていない医者がいたりして、学会は知っているのかな?といつも思います。

ちなみにそういうクリニックは手術は外しましょうね。

形成外科医は他にたくさんいるわけですから。

わざわざ、「自称」の医者を選ばなくても。。。

看板だけそのまま信用したらダメってことです)

 

 

実際、形成外科学会に入るのは、ちゃんと形成外科研修施設で形成外科医として働いていないと入れませんし、認定医を取るのは何年も形成外科医として働いていた証拠です。

 

手術ですよ、手術!!

 

しかも、ほとんど顔ですよね?

 

見た目を気にしての手術で、どうして形成外科医以外の、内科や麻酔科かもしれない医者の練習台になるかもしれないのに任せるのかな?と思います。

 

例えば、胃がんの手術で、皮膚科医に手術してもらおうとは思わないでしょ?

 

何回か見学しましたから、大丈夫です、と言われて、皮膚科医に胃がんの手術させます?

 

美容外科(正しくは美容形成外科)は、扱うのは異常のない、健常な肌や顔立ちで、それをさらに患者さんの希望に合わせてメスを入れるなどして変えるわけですから、ものすごく特殊です。

キズの縫い方、皮膚の扱い方は、形成外科独特で、最初に皮膚の扱い方を徹底して叩き込まれます。

いかに、創傷治癒が早く起こるか。

 

キズが塞がればいい、という話ではなく、いかにキレイなキズ跡にするか、ということに徹底的にこだわるのが形成外科医です。

だって、皮膚を愛していますから~。(と思っていますけど)

 

大学病院にいた時、他の外科の手術に立ち会って、皮膚の一部を検査に出すことがありまして、普通の外科では出血が一番嫌ですから、皮膚を電気メスで切っていきます。

 

皮膚科医・形成外科医からしたら、電気メス=火傷、というか皮膚を焦がしているわけなので、もう叫び出したくなります。

電気メスで焼かれた皮膚は切り取らないと、最低でもキレイなキズ跡にはなりません。。。焼け焦げのままではね。。。

 

その外科の手術に入った時も、自分よりもむちゃくちゃ上の先生の執刀でしたが(大学病院というのは、序列が厳しい。。。)、電気メスで皮膚を切ろうとされたので(そんなことをされたら、皮膚が焼かれて検査ができません。。。)、叫んで(笑)止めました。。

 

事前の準備が普通の外科とは違うので、普通のメスで切ると血まみれです。。。検査に出す皮膚を取った後は、「もういいですか?」と全部電気メスで焼かれてました。。。

 

普通の手術の場合は、早く手術を終わらせる(麻酔薬を使う量を減らす、全身麻酔の時間を短くする)、出血は最小限にする、なども目的に入っていますから、仕方ないことです。。。

 

手術後のキズをどう扱うのか、ガーゼの下になにか塗るのか、貼るのか、縫い方、針や糸の種類や細さ、テーピングのやり方、期間に至るまで、すべてキレイなキズ跡に少しでもするために時間をかけるわけです。

 

そういうことを徹底して最初に叩き込まれました。

 

まあ、それくらいなら、他の科のドクターでも勉強する気があればできるでしょうけど、形成外科研修施設でもなく、形成外科誰一人もいない美容外科で教えてもらってやっていたりすることもあるわけです。

 

皮膚科でも皮膚外科専門の先生はおられますが、皮膚外科の先生は主に皮膚の悪性腫瘍などの切除目的で、形成外科に依頼するのではなく、自分たちで治療しようという流れであって、こちらも形成外科医とは違います。

 

からだをちょっと縫うくらいなら、理論を勉強して練習すれば(美容外科クリニックでは、美容整形に来た患者さんですよ)、できるようになるでしょうけど、顔の手術となると全然話は別で、顔の神経、血管は複雑で、これは専門の知識がないと他科の先生も顔をがサッと触るようなことは普通はされません。

交通事故の外傷で形成外科医がいない時は仕方ないですが(出血も止めないといけないから)、フランケンシュタインのキズ跡のようにされて修整に来られる方もたくさん診ました。。。

 

もちはもち屋です。

ちょっと勉強して触りくらいなら問題ないでしょうけど、勉強してわかっていないと、どこまで触っていいのかもわからないわけです。

これ以上は専門家へ、って。

 

事故とかケガとか悪性腫瘍の場合は、確かに早く手術したほうがいいし、1分1秒を争うこともありますが、美容外科の手術を急いでどうする?!と思います。

 

じっくり医者は選ばないと。

 

うちで手術はしてませんからね。

患者さんが美容外科の手術をしたいと言われた時、クリニックの選び方をアドバイスしています。

① 美容外科だけでなく、形成外科も看板があがっているところ

②ホームページで医者の経歴をちゃんと確認する。

自称、形成外科医じゃないかね。

③経歴に、何年卒業とかね、医者やって何年とわかるように書いてあること。

経験の若い先生が絶対ダメ!ってこともないし、経験だけ長くても手術全然ダメ!って医者もいます。

そこはやってみないとわからないところですが、わざわざ書かない、ってところが、経験がないから?と疑りたくなります。

④最低でも、2,3軒、診察カウンセリングを受けること。

3軒くらいではわからないこともありますが(3軒とも、似たような、させることしか考えてない、お金の話ばっかり、みたいなところばかりを回ってしまうと。。)、3軒も回ると、ちょっと違いが普通はわかってくるかと。

⑤ちゃんと副作用・合併症を言うドクターであること。

良いことだけ言っている、っておかしい。

だって、手術だから。

特に美容外科、顔の場合、術後のアフターでどこまで困るのか、会社にいけるのかどうか、メイクはどうしたら?などアドバイスを細かくしてくれたら(アドバイスするのはナースでも可)、とても良い。

ただし、お金を払って手術を決める前に言ってくれるかどうか。

 

副作用・合併症を全然言わないところが無茶苦茶多い。

同意書に書いてあって、「読んどいてください・サインはしてください」は絶対にNG!!

 

それは責任説明義務違反です。

⑥ ①~⑤まで納得できるクリニックがもし複数見つかった場合は、一番話しやすい先生にもう一度話を詰めて聴いてくるよう言っています。

術前、術後は、たとえ二重の手術でも(美容外科では一番多い)、患者さんは不安です。初めてならなおさらでしょう。

聴きづらくて我慢する、というのはやはり避けたい。

それでうまくいったら結果良し!かもしれませんが、ちょっとした勘違いも含めてうまくいかなかったら、結局困るのは患者さん自身だから。

そういうストレスもキズが治るのには良くないと思います。

 

 

どこに行っていいのかわからない、とテレビや雑誌の宣伝で決めないこと。

形成外科認定医の美容外科で、ほとんどテレビCMはやっていないはずです。

経費がかかりすぎます。

ネットの宣伝もしかり。

 

まずが、自分が通える範囲で検索をかけること。

焦って決めない。

焦って、美容外科の手術をやるものではないです。焦ってやっても、ほんとにろくなことがない。

 

メスを入れると、もう元には戻せません。

 

二重手術の糸で止めるだけ、メスで切りません、みたいな宣伝広告を鵜呑みにしていたら、ほんとにとんでもないことに。。。

メスが入っていないはずが、糸で止めてあるだけのはずが、なんでこんなことに???!!みたいになった方を何人も診たことがあります。。。

恐ろしい世界です。。。

形成外科認定医であればだれでもいいわけではありませんが、まずはその中から選ぶということ。

 

 

あと、一番肝心なことは、価格で決めない!!

安いから、という理由で選ばない。

 

安い=薄利多売、と思ってください。

 

自分の顔を手術するのに薄利多売でいいんですか?

 

ものにはなんでも相場があります。

相場よりもちょっと安い、くらいはありでしょうけど、

形成外科医として真面目に働いてこられたドクターであれば、ケタはずれに安いとか、相場の半額以下とか、普通はないです。

なにか特別な理由があるなら別ですが(そこで他の手術もしていて、おまけしてくれたとか、2回目だから、とかね。)

 

広告ではすごく安いから行ったのに、受診したら、ケタが違う手術や注射を勧められた。。というのもよく聴く話です。。

高額なローンを組むよう勧めれたとかもね。

そこは一旦帰ってきましょう。

 

断ったら、医者だけでなく、ナースや受付も出てきて何人もで囲まれて勧められた、なども聴きます。

断る勇気がない人は、そういう意味では美容外科に行ったらダメ。

カモネギにされますよ。

 

 

長くなったので、一旦切りますが、美容皮膚科の場合は、皮膚科医や形成外科医を選ぶこと。

 

極端な話、ホクロがガンや」悪性腫瘍だったらどうしますか?

 

レーザー治療、特にシミや肝斑の治療をするのに、スキンケアの話が全然出てこないクリニックは私は勧めません。

他力本願では無理だと思っているので。

 

もちろん、診察はちゃんと洗顔して化粧を落とした状態を医者が診察したのかどうか。

してないところが多いんだな、これが。

副作用や合併症の話があったかどうか。

 

うまい話にはのらない。

 

魔法みたいなものはありません。

もちろん、安すぎるのにうまい話もね。

 

欲をかいたら、騙されやすくなる。

やってみないとわからないことも確かに多々ありますが、最初からコースを買わないこと。

コースがいかに得か、最初からコースを買わせようとするのも、私はどうかと思います。

返金手数料なしで、いつでも返金にすぐ応じてくれるなら、それもありかもしれませんが、期限が決まっていたりして、行かなくなる人も多いから。

お金だけのトラブルで済んだらいいですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

ずっとブログで書かなきゃなと思っていたんですが、書く時間がなくて先にFacebookで書きました。
そういう勘違いをされている患者さんやそれ以外の方が結構おられるから。
電話でも、「遠方でそちらに行けないから、近くで、先生と同じ考え方のクリニックを教えてください」という問い合わせがよくあります。
はっきり言って、そんなクリニックはありません(笑)。
断言します。
医者がそこまでお一人に時間を取っているクリニックは、日本中探してもないです。
日本一、診察時間が長い医者と言って過言ではない、と自信があります(笑)。
以下、コピペです。
たくさんの患者さんや、うちの患者さんじゃない方から聴くことですが、
オーソモレキュラー療法にしろ、美容皮膚科での美容医療も、最初に私のブログなどで知って、やってみたくなって、うちに来るのは遠くて行けないから近くのクリニックに行きました、という話。
知ってもらえたことは良かったですが、
そこでは私がいつも大事と言っている、食事指導やスキンケア指導がちゃんとありますか?
なければ、私のやっている医療とは、似て非なるもので、全く違うことをされています。
栄養療法、オーソモレキュラー療法と言っても、
食事指導がなければ、それはただのサプリ屋さんでは?
クリニックだから医療用サプリが取り扱いはできても、医療用サプリもピンキリで、値段はそこそこするのに中身は安物を飲んでる方もおられます。
患者さんからしたら、受診したクリニックで勧められたわけですから、良いと思いますよね。
うちと同じメーカーであっても、血液検査のデータの解釈、どんな栄養素のサプリヲン選ぶのか、どれくらい飲ませるのか?薬は必要ないのか?などなど、それらはすべて、「医者のさじ加減」っていうやつで、医者が変われば中身も変わります。
保健診療ですら、全然違うことがあり、びっくりすることも多々あるというのに…。
自費診療ならなおさらです。
栄養療法のクリニックに通院中というのに、食事指導もしてくれないようなクリニックに行っていたら、何が「栄養療法」?!
サプリ屋とどう違うの?
これだけ食事の大切さを言っているわけですから、そんなクリニックはうちとは真逆かもしれません。
全く違うことをされているわけです。
食事指導もせずにサプリだけ買わす、というのは、私が一番関わりたくないところ。
またそういうところに限って、サプリ山ほど飼わせたりすることも…。
患者さんの中には、
食事は一切変えたくない!
指図されるのもイヤ!
サプリだけ買わせろ!
勝手に買わせろ!
という人もいます。
そういう人は、そういうクリニックとWin-Winで利害も一致しているわけです。
時間もかけたくない、
食事指導なんてできない、やりたくない、する気もない、
サプリだけ買ってくれてればそれでOK。
そういうクリニックもあるわけです。
美容皮膚科もそうです。
スキンケア指導どころか、医者がどれだけ肌を診察しましたか?
スキンケア指導もせずにレーザーを当てるというのは、私が一番やってはいけない、と常々言ってることです。
そういうクリニック似て行くと、肌も診ずに、そこが売りたいものを買わされるだけ。
その化粧品で肌がどう変わったのか、医者が診てもいないどころか、化粧品の説明をするのも受付かナース。
医者は使ってることすら把握もしてない。
何か言っても、
「そういうものだから」でおしまい。
まさにうちとは考え方もやっているコトも真逆です。
栄養療法でも美容皮膚科でも、そこのクリニックなりの言い分や考え方はあるでしょう。
そういうことをしている患者さんは、
「良いとこ取り」をしたつもり。
でも根本的なところで真逆同士を混ぜても、相殺しあってゼロ、もしくはマイナスになるだけ。
いわゆる「ドクターショッピング」と同じ結果に…。
そんなことはない。ちゃんとプラスになった。
という方も中にはおられるでしょう。
じゃあ、費用対効果は?
かけたお金と時間は?
私のブログなどを読んでこうなる?と思っていたのと同じですか?
ちゃんとやれば、もっと少ないお金と時間で、もっと良くなったのかもしれません。
ちゃんとやっても、難しい方は確かにおられます。
うまくいってないときに、医者からちゃんと説明がありましたか?
放置どころか、心配もされてないのでは?
それで構わないならいいんですが、
私の医療をやってる、と思ってされているなら、全然違う、ということはお伝えしておきます。
画像に含まれている可能性があるもの:テキスト
Facebookからのコピペです。
うちのFacebookページはアカウントなしで見られるようにしているんですが、Facebookまで見てない方も結構おられるのでこちらにもコピペしておきます。
関連記事もリンクさせておきますね。
ちょっと追加して、
和食=からだに良い、と思っておられる方もとても多いのですが、
ごはん、納豆、焼き魚(塩焼き)、おひやし、筑前煮
みたいな食事だと、カロリーが全然摂れません。。。
動物性タンパク質は圧倒的に少なく、糖質の割合がとても高い。。。味ツケに砂糖やみりんを必ず使う。。。
これでは、カロリーが少ないため、せっかくの動物性タンパク質は、エネルギーとして燃やされてしまうし、血にも肉にも骨にもなりません。。。
糖質まみれですから、耐糖能はますます悪くなり、糖尿病になりやすくなります。
少々カロリーは過多でもいいので(良質の油で)、動物性タンパク質と一緒に摂る。
もちろん野菜もいりますが、葉っぱ野菜、緑の濃い野菜中心に摂る。
ただし、自分の消化吸収能力を超えて、油やタンパク質を摂り過ぎてはいけません。
胃腸に負担をかけてしまい、全然吸収ができなくなります。。。
胃腸の悪い方は、胃腸に負担をかけずに栄養をしっかり摂っていきたいと思うなら、医療の力が必要と私は考えます。
ちょうどタイムリーにヴィーガンが健康を害する話が載っていたのでリンクしておきます。
「肉を食べない人は骨折のリスクが上昇する」というものです。
魚だけではダメってこと。
以下、facebookからのコピペです。
患者さんが友達とヴィーガン料理に行かれたので、誘われて仕方なかったのかなと思っていると、
オーソモレキュラー療法をして体調が良くなったので、からだに良いものを食べよう!
と思ったそうです。
 こういうお店って全部じゃないけど、無農薬、減農薬の農作物を材料にしていたりしますから、それは確かにからだに良い❗
農薬は使ってないか、落としてから調理をしてくれていると、すごく嬉しい😄
無農薬野菜も使っていてあげるのは肉魚卵も出すお店なんて、無農薬、減農薬農法をされている地方に行けば見つけることもできますが、街中ではあんまりないです…。
だって、むちゃくちゃ高くなりますからね、材料費も売値も。
私の提案するオーソモレキュラー療法、栄養療法の食事、スキンケアの方法など、 今までの「思い込み」でやらないで、一旦全部今までの情報は捨ててしまう、ということ。
その「思い込み」の結果が、今の体調ではあり、お肌なわけです。
それらの情報は、テレビのCMだったり、雑誌だったり、ステマのタレントだったり、ネットの広告、ステマでしょ?
牛やヤギじゃないから、人間は穀物と野菜だけではからだが作れません。
牛やヤギは、草からタンパク質が合成できますが、人間はできません。
人間はもともと肉食がベースだからです。
オーガニック、自然食のレストランなら、肉魚も卵も出せ!と思いますが、なぜかあんまり使っていないところが多い。
使っていて、出汁に動物性のものが入ってるか、出てきて卵くらいです。
卵出てくるだけマシなほう。
ヴィーガン料理になると、一切動物性のものは出ませんねー。
マクロビや玄米菜食も出てこない。
日本の精進料理=玄米菜食ですが、あれは、お坊さんの修行です。
人間が生きていく上で必要な栄養素を摂らないわけですから、そりゃあツライです。
まさに修行です。
昔はお坊さんが隠れて、肉や魚を食べていたら、生ぐさ坊主、みたいな言葉がありましたが、そりゃあ食べなきゃからだ壊しますよ。
まさに命を削る修行です。
いくら豆を食べても、植物性の物には入っていない栄養素があって、正確には微量はいってますが、植物性のものは吸収が悪いので、いわゆる普通の食事の量を食べたくらいでは全然摂れません。
草食動物と消化吸収のシステムが違うから、人間はそこまで栄養素が摂れない。
仮に摂れたとしても、牛やヤギは1日中草食ってるでしょ。
穀物食べさせるにしても、たくさん食わせるでしょ。
あのからだを維持するのにあれだけの量が必要ってことです。
ヴィーガン、マクロビ、玄米菜食などので料理の場合、まず穀物はたんまり出ますよね。
食物繊維豊富な玄米や全粉粒のパン。
フィチン酸もたっぷりですから、これで貴重などミネラルが排泄されます。
ただでさえ、肉魚卵食べてないからミネラル摂れないのに、さらに排泄させるわけです。
おかずは野菜ばかり。
ボリュームが出ないから、根菜類も多い。
 日本の場合、味付けはてん菜糖などの精製してない砂糖やはちみつを使う。
精製してないだけで、血糖値は普通にむちゃくちゃ上がります。
デザートは必ず付いてるしね。
(でないと女性の人気が出ないとか)
精進料理はコクを出すために揚げ物が多く、糖質の多い野菜に、糖質の衣をたっぷり付けて糖質三昧。
そこまで糖質、いらないでしょ。
肉魚卵をしっかり食べた上での糖質はかまいませんが、食べずに、って、血糖値どうなってんだか…。
たくさん食べないなら痩せていくかもしれませんが、筋肉と骨が痩せていきます。
もちろん、お肌も臓器もね。
タンパク合成できないから。
極端な例を出すと、片岡鶴太郎さんみたいな見た目でしょうか。
そういう考え方って、動物世タンパク質がからだに悪い、っていう話が始まり。
広めた人の責任は重大と思います。
特に日本人は諸外国よりも全然動物性タンパク質食べてないから。
そのつけが今、というかもう10年以上前から来てる。
どんな宗教も、動物性タンパク質を一切食べるな! なんてものはありません。
だってからだ壊すもの。
ブタはダメ、牛はダメ、でも他の動物はOK。
仏教はインド〜中国〜日本と伝わって着たのに、インドも中国も動物性タンパク質食べるのになんで日本だけ玄米菜食?!
だから修行ですって。
欧米のヴィーガンの人は普通サプリ飲んでますよ。
どうしてヴィーガンになったのかはわかりませんが、ヴィーガンだとからだ壊すの知ってますから足りない栄養素はサプリで摂るわけです。
サプリ摂ってないと、からだを壊したり、精神的にも困ったことに…。
わかってるなら何を食べても良いんですけどね、からだに良いと思って食べてたら、もったいないですよね。
他に選択肢はあるのに。
同じ1食たべるなら、わかって食べてほしい。
講演会、というか、一般の方向けのミニセミナーの日を決めました。
①令和2年 12/29 午後2時から1時間
②令和3年 1/4 午後2時から1時間。
最初は少人数で。
どちらも人数は、10人くらいまで。
最大でも20人くらいまでで予定しています。
私も初めての試みですので、不手際はご了承いただけると幸いです。
何回かやるつもりですので、今回のお日にちがあえば、ぜひウェブですがお会いしましょう!!
食事と栄養、サプリなどの回と、スキンケアや化粧品の回と、どっちから先にしようかなと思いましたが、
1回目を年末の12月29日 午後2時から1時間。
 テーマは、「食事と栄養の大切さ。ぜったい負けないからだになる!!」と題しまして、
体調と食事関係、栄養とどういったサプリを飲んだほうがいいのか、薬は飲んだほうがいいの?
などなど。
普段、私が、オーソモレキュラー療法(栄養療法)の診察でしている話を、一般的な話にしてお話したいと思います。
時間の半分、それ以上は、事前に参加される方からの質問をまとめておいてお答えしようかと。
多数のご質問で時間内に終わらない場合は、皆さんに知っておいてほしいことを優先に取り上げさせていただきますね。
セミナーの最後にサプライズもありますから、お楽しみに!!
年末年始、今年は、宴会はなくても、家族といろいろと普段食べないものを食べるのが、年末年始。
少しでも普段を減らすためにの工夫。
糖質を食べるにしても、罪悪感なく食べてもらう工夫。
糖質の害がそのまま来ないようにするための工夫など、お話できればいいと思います。
年末年始の長いお休み、仕事がなくても、生活が不規則になり、普段よりも逆に体調を崩しやすい今日この頃。
なんとか無事に乗り切って、年始からは元気いっぱいでスタートしてほしいです。
で、最初は、食事と栄養のほうにしました。
2回目のセミナー、
1月4日。
「絶対負けない肌になる!」と題しまして、スキンケアや化粧品などについて。
お肌と栄養は切っても切り離せませんが、スキンケアと化粧品メインの回になります。
栄養のことまで言い出すと時間がないのでね~。
年明けて、仕事が始まる直前、年末年始のツケがお肌に来るころでしょうか。。。
うまく乗り切れた方は、そこまでツケは回ってきませんけどね。
翌日の仕事には間に合わないかもしれませんが、次の連休明けまでには、いろんなことが良くなるように。
トラブルがない方も、このお肌に厳しい冬をさらに難なく乗り切ってさらなる美肌になってもらうために。
こちらも最初にお肌のことをちょっと話して、時間の半分、それ以上は、事前にいただいた質問にお答えしたいと思います。
こちらもセミナーの最後に、サプライズの特典付きです。
セミナー参加費は、
1回 ¥3.300(税込)。
申し込まれましたら、
クレジットカード決済のご案内をいたします。
銀行振込がいいという方は、お振込手数料はご負担ください。
お支払いのご案内から1週間以内にお支払いいただけませんとキャンセルになりますのでご注意ください。
キャンセルはお振込やカード決済されるまでとさせていただきます。
セミナー開始までにご連絡をいただきましたら、別の日のセミナーに振り替えは可能です。
(この2回以外にも何度かするつもりです)
ご返金はいたしかねます。
セミナー中、「荒らし」は禁止ですので、その場合は、参加を止めていただきますので、ご了承ください。
(返金もありません)
ZOOMによるウェブセミナーになると思います。
<参加申し込み方法>
お名前フルネーム
ご生年月日
どちらのセミナーに参加希望なのか、
必ずお伝えください。
①お電話:075-231-9500 クリニックまで。
②フェイスブックのメッセンジャー
 クリニック宛てのメッセージでも結構ですし、
「柴亜伊子」宛てでもどちらでも大丈夫で
③インスタグラムのダイレクトメッセージ
  「aikohifukaclinic」
にお願いいたします。
お電話で申し込まれた方は、やり取りを残せるようにラインのIDをお伝えします。
それでお手続きをしていただくか、
ラインがなければ、スマホであれば、ショートメッセージでお送りします。
お支払い完了後、
ご質問の受付をご案内いたします。
ご興味のある方は、年末年始の忙しい時期ではありますが、
ぜひこの機会にお会いしましょう!!
フェイスブックやインスタではあまり私が公表しない商品名なども実名で登場しますので、他の方には内緒にしてくださいね。
**セミナーの録音・録画は、他の方のプライバシーもありますので、お断りいたします。

ご無沙汰しております。

Facebookとインスタグラムではこまめに更新しております。

Facebookはアカウントなくても見られるようにしてますので、そちらもどうぞご覧ください。

入院してからというもの、マウスピースをずっとはめているせいと、痛みがあったせいで(痛みは今もゼロではないですが、言われてみれば痛いのかな?というレベルです。むしろ、マウスピースの拘束感のほうがいやなんでしょうね)血圧が高く。。。

 

リブレ®はまだ装着してませんが、血圧が高いということは、日中、血糖値も私なりに高い=私は普通の血糖値でもインスリンがものすごく出るのです。。交感神経の緊張のせいかと。。)

 

ブログやFacebookなどを夜書くと、ますます交感神経緊張して眠れなくなるので、ちょっと控えておりました。

今日は久しぶりにいろいろ見たり書いたりしてたら、案の定、眠くなりません。。。

 

血圧が高めなので、漢方薬も変えてみました。

体調が変わると、漢方も変えなきゃね。しばらく様子を診るつもりです。

 

マウスピースだから噛みにくくて食べづらい、のではなく、ああ、あれは痛かったのか、とわかってきた今日この頃。

今は、結構噛めるから。

こんにゃくとかは食べないようにしてますけど。たくさん噛むようなものもちょっと避けてます。噛みづらいのは噛みづらい。

 

退院後、溜まっていた仕事と、体調が本調子ではないのか、なんか要領がとても悪い。1日がアッと言う間に終わってしまいます。。

いろいろと失った栄養素を補うのは大変ですね~。日々消費もしますからね~。

退院後の栄養解析もしなきゃね。 普通の血液検査は確認しましたけど、項目が少ないからね。副腎にどれだけ影響があったかな~。

副腎疲労してなきゃいいな。

 

12月のクリスマスキャンペーンの前にお伝えし忘れていたことが。

 

取り扱いの化粧品の一部を入れ替えるため、切り替え分のお値引きをします。

詳細はご来院の時にお伝えします(もしくはご予約の時にお聴きください)。

 

さて、クリスマスキャンペーンということで、クリスマスプレゼントに見立ててみました。

 

また、コロナ禍で、急に寒くなって(体調を崩す方も出てきました)、しかも年末ですから、毎日少しでも元気にやっていけるように、ビタミン点滴と医療用EMS(マッサージや筋トレにあたります。その方の症状や目標で設定を変えます)のセットは、とてもおススメです。

絶対ずっと付いているわけではありませんが、まあ、ほぼ処置中、点滴中は付いていますから、その間、自費の診察付きです。

美容医療のことでもスキンケア、化粧品のことでも(洗顔はありません)、お食事日記を持ってこられる方もおられます。

 

最初に診察カウンセリングは受けてもらわないといけませんが、保険診療で来られてる方の場合、最低限の診察は済んでいるので、簡単にお話ししてそのまま処置の予約をお取りすることもあります。

その時に初めて自費治療の相談をされる方も時々おられます。

 

動物性タンパク質をガンガン食べていない女性に、激しい筋トレはよけいにからだや関節に害になることもあるので勧めていませんが、医療用のEMSはおすすめです。

(設定がポイントですから、機器の種類も大事ですが、一番大事なのは設定です。どの部分を重点的にやるのかとかね。)

マッサージレベルで済ませたほうが良い方もおられます。

マッサージレベルとは言っても、自分でちょっと運動するよりはしているレベルになるでしょうけど。

私もほんとは週2回ほどやりたいんですが、顔のレーザーもする時間がないのに、EMSをしている時間がない。。。

自分で自分にするのは、かなりめんどくさいのです。

 

機械で筋肉を鍛える、筋肉量をアップさせるような医療機器が新しいものが少し前から出ていますが、1回が高い(機械が高いから)のと、リスクと、効果(それなのに結局回数がかかる)と合わせたら、私からしたら、今のうちの機械で効くのに(しかもリスクも大してなく)、なんでそんなのいるの?と思うことも。。

ちゃんとやったら、ちゃんと効くんです。

効果の悪い方は、それなりの理由があって、筋肉量アップや痩身関係は、効果が悪い時は栄養解析するようにお伝えしています。

根本的なところで問題がいろいろ見つかりますからね。

そこをなんとかしないと、お金と時間ばっかりかかったり、すぐに戻ったりします。効率が悪い。

処置中に食事の指導は時間内で簡単にしますが、実際のお食事日記を持ってこない方も多いですから、そういう場合はあまりうまくいかないことも。

特に40歳を超えてくると、いろいろ問題が出てくるので余計ですね。

若い人は、ちょっと悪循環を直すだけで、すぐに良くなることがほとんど。若いって素晴らしいなーといつも思います。

 

 

当院でオーソモレキュラー療法をされている方(栄養療法の診察を受けて栄養解析をされたことのある方)は、医療用のサプリを全商品10%オフ!!

すっごいクリスマスプレゼントにしました。

コロナ禍でいろいろと体調を崩す方がすごく増えていますからね。

食事もなかなか大変な方も多いので。。。季節がら、食事も乱れやすいですからね。免疫力も落ちやすい。

自分でできることはやって、あとは医療用サプリで他力本願もお願いする。自力本願との日本柱がおすすめです。

 

買いだめされる方は、必ず事前にご予約を。

在庫全部とかになると、他の患者さんが困りますからね。

入荷がすぐできるものではないのでね。

 

体調を崩しやすい・崩している時だからこそ、サプリの内容がとても大切です。

飲む種類や数ね。

あれも、これも、1粒ずつ。

みたいなのは、ただの健康補助食品みたいになっちゃって、目的と外れることもあります。

だから診察が必要なんですよ。

もちろん、お食事の確認もね。

食事の内容が、かなり足を引っ張る場合は、そこの害を最小限にするように栄養素を選びますから。

好きなものを食べて、食べたくないものは食べない、では、効率はとても悪い。悪すぎる。。

いきなり全部直さなくても、直していこう!という姿勢と、少しでもいいから行動が大切です。

結局、なにかはやらなきゃ、なにも変わりませんからねー。

一歩踏み出せば、一歩ずつでも必ず良くなります。

あきらめないことです。 一歩下がる時があっても、必ず前を向いてすすむこと。

 

必ず、進んでいきます。

 

 

 

 

 

 

Facebookの投稿の続きです。
投稿が流れていかないように、残って検索がかけられるように。
防げる食物アレルギーは防ぎたいなー。
食物アレルギーの話の続きですが、
私はぬか漬けをつけています。
糠床と言えば、毎日新聞かき回さないといけませんが、うちの糠床は無農薬のせいなのか、糠の質が良いのか、結構放ったらかしをしても元気な糠床です。
何ヵ月も放置したことものがありますが、最後に見た時と変わらない姿でした。
それでも漬ける時は、手指を突っ込んで多少かき回したり、野菜を突っ込むのにズボッ!と入れます。
ある冬の日、手指に切り傷があって、こんなので糠の中に手指入れたら食物アレルギーになるよな~と思って糠をかき回しながら眺めてました。
何日か続けていると、ぬか漬けを食べると、口の中がムズムズします…。
糠のアレルギーなっちゃったやんっ⁉️
Σ(゜Д゜)(゜ロ゜)
ほらー。
ムズムズくらいだからと侮っているといきなりショック状態、ということもあるので、ムズムズだけだから、というのは油断禁物です、ホントに。
しばらくぬか漬けを食べるのを止めてました。
1ヶ月以上だったかな。
間を空けてから食べると、ムズムズは、ほぼなくなって今は普通に食べてます。
ムズムズしてからは、糠をかき回す時は手袋はめたり、お箸で混ぜたりしてます。
皮膚をさらさないことがとても大切です。
糠くらいのアレルギーなら大して困りませんが、大豆、卵となると外食はまず大変。
特定の食材でも、タンパク質の形が似ている仲間のものは、同じようにアレルギー反応が出ることがあります。
そういうのを、一般のお店で、
「なんで知らないんだっ?!って言っても知りませんよ~。
食物アレルギーの外食は、全部自分で確認するしかないのでね、結局自炊の方が楽、となります…。
そば
ピーナッツは、下手するとショック状態に。
小麦、特に小麦摂った後に運動しての運動量誘発性アナフィラキシーショックが茶のしずくせっけんが原因とわかった発端です。
その患者さんを診た皮膚科の先生が、絶対におかしい‼️と調べて小麦成分が入っていた茶のしずくせっけんを原因と特定したことからだも始まります。
幸か不幸か、あれは女優さんがコマーシャルに出て大ヒットしたので、被害者が大勢出ました。
被害者が大勢出ないと、そのままスルーされることも多々あります。
アレルギーや炎症反応が軽ければ、食物アレルギーと気付いてもらえないことも…。
とにかく、皮膚に塗らないことですね。
スキンケアと食事で、皮膚のバリア機能は保って下さいね。
画像に含まれている可能性があるもの:2人、、「NHK NHK+ EX 新型ウイルスニュース 番組配信 健康 食べてないのに突然発症 ?食物ア レルギーの新常識」というテキスト
392
リーチした人数
43
エンゲージメント数
投稿を宣伝
12
コメント4件
シェア2件
いいね!

コメント
シェア