プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > ヘアケア



先日の美容皮膚科学会で、ほとんどがレーザーなどの機器を使った治療や注入剤を使った治療の話が大半でした。

まあ、美容皮膚科学会ですから、それはそうだと思います。

そういう意味では、美容医療で使う機器の話をこれほど聴ける学会もないのかもしれません。

私も美容医療の機器は好きですし、自分にもやりますが、栄養状態が悪いのに、特に強い治療をやるというのは、副作用が強く出るリスクが高いので、あまり興味がありません。

侵襲性はそれほどなく、あまり生体の恒常性を邪魔しすぎない美容医療が好きです。

取り返しがつきやすいものというか。

それでもちゃんと効果が出ますし、安全を最優先でやりたいです。

 

今年は、スキンケア関係の話が全然なくて。。

毎年こんなんだったかな。。というくらい。。

 

スポンサーの問題もあるのもかもしれませんが。

 

一番期待していたのが

教育講演の「化粧品から機能性化粧品へ  -安全性と効能評価の為の倫理的課題」というものでした。

 

講演が始まってすぐに座長の先生から、

「本来、こういう講演は、美容皮膚科学会でやるものではないんですが、倫理審査委員会をずっとされている先生がいらっしゃって、こういう機会を借りてぜひ知ってもらいと思って、・・・」云々、おっしゃってまして。

私は逆にびっくりです!

美容皮膚科学会でやらなきゃ、どこでやる?! 皮膚科学会ってこと・・?

(基本、皮膚科学会で、美容の話は、スポンサードセミナーでなければされません。そのために美容皮膚科学会を作って分けられたので。

皮膚科学会で化粧品の話が出ても、保湿剤や日焼け止めで、あくまでも皮膚の健康のため、アトピーや敏感肌の方が使えるように、というための話だったり、レーザー治療に関しては保険が通るものだけの演題です。)

 

まあ、してくださってなにより。

とても嬉しくて楽しみにしていました。

 

でも、おそくら聴いているのは、ドクターはとても少ないかも。。。

各化粧品メーカーや企業の開発担当者のほうが多いのでは。。?と思ってしまうくらい。。

 

 

で、実際の講演ですが、化粧品が規制緩和の影響か、機能拡大して、いわゆる高機能化粧品がどんどん出てきて、皮膚トラブルがとても増えています。

 

皮膚トラブルに大して、ず~っとパッチテストを実施されて、多くの患者さんを診てこられている先生のご講演で、やはり、海外の化粧品、オーガニック化粧品の見直しをかなりおっしゃってました。

 

海外のものや国産でもオーガニック・自然派化粧品と言われるものに、かなりの確率で、食べ物や口にするもののエキスが入っています。

今や、というかかなり前から、皮膚科学、皮膚医学では、「食べ物は皮膚に塗らない」という常識(日本だけじゃないですよ。先進国では当たり前ですよ)が、そういうメーカーは知らないのか無視しているのかわかりませんが、今も作り続け、販売もされている。。

 

もちろん、海外のものは、添加物の問題があります。

日本では認可はされているけど、あまり日本のメーカーは使わないものだけど、海外のメーカーは当たり前に使っているとか。。

こういうのは山ほどあります。

まして、現地土産とか個人輸入となると、野放しです。

日本では認可されていない成分も平気で入っています。

欧米人は大丈夫でも、日本人はダメ、という成分もあります。

 

ちなみに、皆さんが使っているシャンプーで、

「イソチアゾリン」という成分が入っていたら、今すぐ止めましょう。

これは結構な確率でパッチテストで陽性(刺激が多いということ)になるそうです。

 

これが入っている有名なシャンプーがあって、ボディソープや石けんもそうですが、パッチテストをしなくても、これらのメーカーのをアトピーやアトピーの気がある方が使うと、てきめん、皮膚がかゆくなります。

ひどい場合は、湿疹皮膚炎が出ることも。

そのせいで出ているのか、掻いて出たのか、もう見分けがつかないくらいの時も。

商品名聴いただけで、即刻止めるように言っています。

 

これらの問題も成分が入っているのを止めてもらうだけで、ステロイドを使うこともなく、自然に、しかも短期間で治ることもあります。

だって、原因は、それだから。

(実際は。その添加物だけではないんでしょうけど。)

 

 

アトピーの方は、体に(基本、全身)石けんは使わないように言います。

特に、体で使う必要はありません。よほどの時以外。

どうしても使いたいなら、安全性が証明されているもので、部分洗いなら、です。許可するのは。

 

で、やはりアトピー素因のある方は、いろんなものに負けやすく、金属アレルギーも起こりやすいし、ヘアカラーとかそうですが、なんでもなりやすく、ひどくなりやすい。

 

エステで使われる化粧品も、海外のものやオーガニックのものが多い。

無知でしかないですね。

そういうのがいいと、何の根拠もなく、なんかイメージ、ってやつで思いこんでいる。

非常~に危ない。

そういうものを、下手したら、全身に塗られるわけです。

スクラブした後や、ゴシゴシ擦った後に塗られることもあるわけです。。。

 

ナノテクノロジー化粧品についても、安全性の保障はない、と言われてました。

そりゃあそうでしょう。

ナノの化粧品なんて、自然界に存在しないものですから、皮膚に塗ることの、浸透することへの本当の影響は?

それがバンバンと市場に出回り、今では、食器洗い洗剤としても当たり前のようにスーパーで売られていますよね。

あんなの、まず、皮膚につけていいの?! そもそも、下水に流していいの?!と思います。

 

下水に流す場合、生態系にどんな影響が出るのかってわかんないですよね。

すぐには影響が出なくても、何年、何十年、となると、安全性なんて、どうやって検査しているの?と素直な疑問です。

 

それを言いだすと、洗濯洗剤の50倍抗菌とかもそうですけど。

その抗菌剤まみれの衣類を、自分の肌に直接つくことに、なんの不安もないんだな、ということにびっくりです。

 

 

一体、何をもって「安全」とメーカーは言うんでしょう。

浸透性はいいのかもしれませんが、安全性はどうやって確かめのか?

 

 

→続く。長くなったので、わけます。

 

 

 

肉食美肌 美容皮膚科の選び方 副作用合併症 胃弱 痩せている女性 魚多め

時間がなくてFacebookのコピペです。

講演会の翌日の月曜日に書いたものです。

今からゆっくり寝かしてもらいます。

さっきもう寝落ちしていたので。。。

すみません。。

 

 

以下、コピペです。

 

昨日の帰りの新幹線はさすがに爆睡でした。

睡眠時間2時間でいくら目の下にクマができないからと言っても、栄養はガンガン消費しているわけで、いつもなら、蛍光の黄色いオシッコが、飲んでも飲んでも結構昨日は無色に近かったです。

消費してますね~。

 

昨日のサイン会が、皆さんのお話が少しだけですが、聴けて良かったです!

学会抜けて行ったり来たりして、本当に良かったです~。

お母様に、と私の本をお母様に購入された男性もおられました。

なんて、母親思いの息子さんでしょう~!

素晴らしい男性に、育て上げられましたね!

 

最近は、男性の乾燥肌、とても増えてます。

化粧品会社も、女性へのマーケットは、頭打ちなので、ずいぶん前から男性にターゲットを広げて、必要の無い化粧品の宣伝がバンバンされて、よけいにひどくなるということにも…。

男性も日焼け止めはいります。

 

私の本の後半はスキンケアの話ですが、これは年齢性別関係なく必要ですから、ぜひ男性もお読み下さい!

 

サイン会で何人かの方に聞かれたので、〆の時に少し言い足したんですが、

私の講演の中で、美容医療でどうして副作用合併症が起こるのか、オーソモレキュラー的考えで、簡単に説明しました。
防ぐ方法と。

 

それで、ちょっと心配になったんだと思います。

 

今美容医療されてる方もありますこれからしたいと思ってる方も、
まずクリニック選び、ドクター選びですよね。

 

医者が全然出てこない、診察がない(毎回ですよ。レーザーで毎回診察があるのは当たり前、というか、診察ないのにホントはやったらいけない。脱毛でも、ですよ)

 

こんな当たり前のことをしてないクリニックは、まずろくでもないので、すぐに止めましょう。

 

コース組んでても、ちゃんと今の法律で解約できます。返金されます。
(手数料は取られるかと)

 

次に、医者の診察?はあるけど、効果の話(しかもすごく簡単に)とお金の話しかされていない。
副作用合併症の話が全然出てきてない。

 

副作用合併症ないんですか?と聞いても、ないと言われた。

 

こういうクリニックも止めましょう。

 

説明すらしないのは、論外。

 

副作用合併症ないって、効く場合そんなわけないやろ、つて話です。

確率の問題と、軽微か重度かなどの違いはありますが、ないです、で話は終わらない。

 

この2点は、必ず確認。

簡単でしよ。

 

多くのクリニックがしてないかと…。

 

ちゃんとやってるところはやってますよ。

 

ちゃんとしたところであろうとなかろうと、自分で自分の身は守らないといけませんから、
ぜったい負けない肌にしておかないと!!

 

そのためにも栄養と食事ですね。

 

私の本は中に、おすすめ食材NG食材の表がありますから、それをご参考に。

 

 

痩せてる女性は、皆さん胃腸が弱いです。
痩せてなくても弱いですけど。

 

いきなりステーキ、そんな食べられないですよ。

 

1口ずつたんぱく質増やすんでいいんですよ、とりあえず。

 

まず、魚とレバーから始めると、負担が少ないです。

 

食べられる方は、肉魚卵、ガンガン食べたらいいんですけど、必ず魚多めですよ。
(マグロとかの大型魚は水銀多いから、たまにはいいけど、ガンガン食べるのはNGですよ。本にも載せてます)

 

胃腸を労りながら、食べてくださいね。

保険診療で先日来られた患者さんが、円形脱毛症でお悩みでした。

うちに来られたのは、別の疾患でしたが、その疾患の説明が終了したら、これはどこで相談したらいいんですか?と相談されました。

 

円形脱毛症は、皮膚科です。

 

でも、保険診療でほとんどすることはありません。

 

なぜなら、自然に治るから。

 

そのうち、と言われると困るかもしれませんが、明日明後日ってことはないでしょうけど、しばらくしたら勝手に治ってます。

(抜毛症と言って、自分で抜いているとかは別。もちろんベースに他の病気があって、薄毛になっているのも、別です。

別の病気がベースの場合は、見た目が全然違うのと、他にいろいろ診たら、絶対ではないですけど、円形脱毛症かどうかがすぐに皮膚科医であればわかります。)

 

だから、出す薬はないと言えばない。

 

すぐに治るから、心配いりませんよという話はしますが、それだけでは患者さんも心配だろうから、一応保険で通る薬はあるので(どこまで効いているのかは、よくわかりません。。。塗らなくても治るものだから。)

、もし心配だったら、何もせずに待つのが心配だったら、塗ってみてもいいですよ、という話をします。

 

そういう意味で言えば、同じ塗るなら、自費の育毛剤のほうがいいですが、まあ値段が違うから。

 

ほとんどの方が塗らずに様子を診ることが多いです。

心配な方は、もちろん塗ったらいいです。ステロイドでなければ。

 

まず診断が大事ですけどね。

 

円形脱毛症で治るから様子を診ていると、たまに、一個治ってはまた別のところ、一個治っては別のところ、というのを繰り返し、しまいには、絶えず3~4個はどっかにある、治るけど、同時進行で別のところにまたできる、というのを繰り返す方。ど

あるいは、どんどん拡大して、とうとう全頭脱毛にまでいってしまう方。ごくまれにおられます。

 

こうなると、もともとが円形脱毛症でも、かなり詳しい検査もいりますが、保険の検査では、これといった異常は見つからないことも。。。

 

こうなると、ステロイドを使われることも多いです。

塗り薬だったり、飲み薬だったり。。

 

困った時のステロイドです。

これは何科とか、何の病気かに関わらず、もう出す薬がない、という時に、ステロイドをいくと、パッと改善することがあるので、最後の必殺技のように使われることもありますが、1回チャレンジはありかもしれませんが、長期となってくると、副作用も心配。。。

 

保険診療で、多発性円形脱毛症のひどいのや、全頭脱毛レベルとなると、大きな病院(大学病院とか)レベルの皮膚科で診ていることが多いですが、ほんとにいきなり治る方もいたら、治ってまたいきなり抜ける、という方もいて、難治性です。

 

生えてきても産毛とか。そこから育たないとか。。。

 

なんとかしたいという方は、このまま効いているのかどうかもわからないようなステロイドをずっと使っていくのも嫌だ、と思っているなら、オーソモレキュラー療法です。

 

くれぐれも、市販というか、ネットで、育毛剤やシャンプー買わないように。

 

ネットで、そういうので検索して、広告しか出てきません。

基本、水(お湯)で十分です。

いらん刺激をしない!というのもとても大切です。

 

育毛剤で、今皆さんが市販で(ネットでも)買える医薬品として効果が実証されているものは、リアップ®だけです。

これは、医薬品です

育毛剤?まがいのものをネットや新聞の折り込み広告で買わない!

いらんものは塗らない!!

 

下手したらかぶれて、生えてきたらいいですが、こういうのは大体刺激になって、ダメージに負けて、ますますひどくなることがほとんど。。

 

こじらせないことが大切です。

 

そのレベルまで行ってしまったら、市販のものは一切使わない。

どうせ効かないし、お金と時間の無駄です。そもそも、皮膚に異常があったら使うなと書いてあるはずです。

皮膚科に受診するようにも書いてあるはずです。

 

まして、頭用の育毛グッズの器具とか機械とか絶対にダメですよ。

使うなら、主治医に相談してください。

簡単に手に入る、ほとんどのものが、育毛関係の場合、ろくでもないです。

 

そんなもので良くなるなら、難治性で病院でも苦労しないはずです。

 

オーソモレキュラー療法に話を戻します。

 

いろいろ保険で調べて異常がなかった場合、栄養欠損は絶対にあります。

すべての毛根が活動できるだけのエネルギーが足りないのでしょう。

順番に休んでる。

 

髪の毛作る工場も材料が来ないから、休みっぱなし。

 

それだけでなく、免疫系も暴走しているのかもしれない。

 

オーソモレキュラー療法やったから、すぐに生えてくるわけではないでしょうけど(かなりひどい栄養欠損だから)、

少なくとも、免疫の暴走は止めないといけないし、いつでもすぐに作れるように材料は入れておいてあげないと、他何をしても、効果悪すぎですよね。

 

食事も糖質ばっかり食べてたら、毛根も周りの栄養血管も、もちろん皮膚も糖化しちゃうでしょ。

キャラメリゼみたいに、ベッタベタでは、毛も生えにくかろう。

 

環境は整えてあげないとね。

 

 

ちなみに、育毛剤も、一応保険の薬よりは、効果が高いと言われている塗り薬(個人輸入の医薬品)や医薬部外品で市販のものよりは効果が高いものも処方します、希望の方は。

 

男性の薄毛は話が全然違いますよ。

男性の薄毛は、とりあえず、リアップ®買って、AGA専門クリニックで、スタンダードな厚労省承認の飲み薬をもらうか、です。

(副作用はいろいろとあるから、よく説明聞いて!)

検査もあるでしょうけどね。

 

AGA専門クリニックに行くと、いろいろな検査や治療を勧められると思いますが、とりあえず、この上2つでしばらく様子を診たら?

それだけで結構生える方、多いですよ。

 

男性も、市販の、ネットや通販の怪しいものに手を出さない!!

外用で、リアップ®以上の効果は、一切認めれてないですよ。医薬品だから。

もちろん変なシャンプーも器具も。

 

男性も、もちろん多少栄養欠損はベースにありますから、栄養の補充です。

AGAの場合は、ちょっと栄養素の種類変えますけどね。

 

全頭脱毛の方に、育毛メソセラピーと言って、海外の育毛剤(医薬品)を直接毛根のところに注射するのも、うちでもやりますが、それはあまりおススメしていません。

 

なぜなら、1回が高いのと、何回で効いてくるのか、ほんとに全頭の場合は、わからないからです。

(痛いし。。ブロック注射しても、全頭となると。。。)

 

患者さんがそれでもいいと言われたらやりますが、先に栄養補充ですね、やっぱり。

どうしても、というなら、せめて同時進行。

材料ないと、注射しても効率悪いでしょ。

 

普通の薄毛には、結構これはいいんですけどね。薄毛と、多発性円形脱毛症は全然違うから。

 

こじらせないことが大切で、今書いた、できることをちゃんと全部やったけど、ダメっぽい。。となったら、やはり専門クリニックで相談しましょう。

それが一番の近道です。

 

 

 

 

 

 

猛暑ですよね。

冷たいものをガンガン飲んでいる人、料理でも冷たいものばかり食べている人、とても多いと思います。

 

熱中症も心配ですから、何か飲むのに、すべていつでも常温で!とは言いませんが、冷房のところにずっといるのに、冷たいものばかり。

飲み物の冷たいわ、料理も冷たいわ、では、体は冷えるしかありません。

 

夏野菜が美味しい季節になりましたね。

生で食べるのもいいし、ラタトゥイユとかいろんな温料理で食べるのもいいですけど、温料理で食べても、夏野菜というのは体を冷やします。

夏は暑いから、体の熱を取ってくれるんですね。

昔からの知恵ですね。

 

逆に冬野菜は、体を温めてくれる働きがあります。

 

なので、季節の旬のものを食べるというのが、本来はとてもいいことですが、夏は昔と違って冷房のもとで生活をしなきゃいけない環境になっているかと。。

 

家にいる時は、自分一人だと冷房はかけずに、扇風機でいろいろ家事したりしてます。

でも、すごい汗で、一段落すると、もう熱中症か?!というくらい、体に熱がこもっていて、水飲んでも、全然足りない。

一段落したら、少し冷房入れますけど。

 

会社やお店は冷房結構かかってますよね。

男性が多い職場は冷房も女性からしたら強めで、ケンカにもなりやすいでしょう。

 

冷え性の女性でも、そんな冷房の中、寒いと言いながら、冷たいものをガンガン飲んでいる人も結構多くて。。

う~ん。。。

 

冷ややっこ、そうめん、刺身、夏野菜のキュウリやトマトを生で。ビール。スイカ。アイスクリームやかき氷。

夏と言えば、という冷たいもの。

 

カツオの刺身や冷ややっこには、必ず生姜がのっていて、体を冷やしてばっかりにならない工夫が昔の人の知恵にはあったんですよね。

冷房もないけど。そんなことばっかりしてたら、体が冷えてしまうことがわかっていたんだと思います。

 

 

女性の薄毛。抜け毛が増えましたね。

 

以前は、40代から気になってきた、という方がほとんどでした。

若い人、20代などは、基本は気にしすぎで、ほんとに20代の薄毛というのは、特殊な場合とか、よほどの栄養失調とか(本人に自覚はありませんが)、ごくごく少数派。

(病気でなる場合は別ですよ)

 

最近は、20代、30代も昔よりは増えましたね~。

 

カラーリングもパーマもやりすぎ。

特に、カラーリングですね。

使っているシャンプーもトリートメントもあ~あ~というもので。。。

そりゃあ頭皮どんどんおかしくなるわな。

 

頭皮がおかしくなるということは、毛根のある毛穴は、とてもいろんなものが浸透しやすいので、害も届きやすい。

影響を受けますね。

 

すぐに、ば=っ!!とかぶれたら止めてくれるんですが、ちょっとずつ、ちょっとずつやられていきますから気づいた頃には、あれ?一体いつからこうなっちゃったんだろう。。と途方にくれてしまいます。

 

お肌と同じで、刺激のあるもの、合成界面活性剤の質の悪いもの(皆さんがいいと思っているような宣伝そのものを信じているものは、ほとんど悪いですよ、サロンのだから大丈夫、とかなんの根拠もなく、わざわざ高いお金を出して毎日せっせとつかっておられますが、ヘアケア相談に来られた方には全部止めてもらっています。)

可能な限り、刺激をなくす。

 

で、日常生活で一番してはいけないことは、やはり冷やすこと!

 

頭のてっぺんまで、栄養いきませんよ。

ただでさえ、心臓より上にありますから、上まで血液押し上げるだけの力がいりますからね。

 

栄養足りないと、血圧も低めに出ることも多いです。

(血圧高いから栄養足りてるわけではないですよ)

 

女性は、ただでさえ男性よりも栄養(特に絶対的な鉄不足)足りてませんから、髪の毛のつくる材料も足りないし、なにより質のいい赤血球がつくれません。

 

赤血球の質まで、普通の病院や検診では診てもらえませんからね~。

 

貧血なし、と言われても、そのまま信じていたら、困るのは自分です。

 

質のいい赤血球が作れていないと、まず酸素運べませんからね。あんな頭のてっぺんの、毛根の細い血管まで、酸素運べませんよ~。

 

酸素なくて窒息しかかっている毛母細胞しっかり頑張れ!と言っても無理というもの。

頑張れないから、もうさっさと抜けてしまうでしょう。

 

 

うちのクリニックの床は、明るいベージュなので、髪の毛が落ちていると、結構目立ちます。

 

パウダールームでブラッシングして抜けるのは、まあ仕方ないとしても、待合室のソファや診察室で座っていただけで、床に髪の毛が数本落ちている方が時々おられます。

(栄養欠損のひどい方です。やはり。。)

 

古い毛が抜けないと、新しい毛は生えてこないので、抜けるのは必要なんですが、早く抜け過ぎたら困りますよね。

 

それに、毛を作る材料も届いてないわけですから、新しい毛を作ることもできません。作れても伸ばすだけの材料もない。

全然伸びない。。

伸びてきても、ほっそい、ほっそい。

うぶげかな?という感じで、肉眼では見えません。

 

ダーモスコピーで頭皮と髪の毛の様子を育毛相談では必ずみますが、極細の毛だらけです。

(ひどい人は、頭皮、真っ赤っか!)

 

 

そうなると、抜けるほうが勝ちますわね。

 

結果、髪の毛全体、量はどんどん減るし、薄毛に見えてしまいます。

 

髪の毛は、皮膚と同じで、ある程度栄養状態が良くないと、髪の毛にまで栄養回してもらえませんからね。

 

 

そんな材料ない中で、わざわざ冷たいものなんで、ますます体を冷やしたら、ただでさえパワーのない血管がキューっと縮んでしまって、ますます栄養運べません。

 

血行くらいは良くしておかないと。

 

 

冷たいものを飲むな、摂るな、とまではいいませんが、

(冷え性のひどい方は、生野菜は許可しますが、飲み物は常温、もしくはホットで、と指示します。熱中症とか野外などで危ない場合のみ、冷たいものはかまいませんと言っています)

冷たいものの前後では、温かいものを摂る。

料理に生姜やスパイスを使う。

(唐辛子単品とか辛過ぎるものはダメですよ。タイ料理とかの辛い料理でたくさん汗をかくと、そのあと体温下がって冷えますからね。タイの冷房利いていないことろで食べるならかまいませんが。胃腸の悪い方は唐辛子ダメ。)

温かいスープや味噌汁で体の中からも温めておく。

 

 

 

早い人で、お盆の少し前くらいから髪の毛抜ける量が増えますよ。

抜け毛の季節の秋まで待たずに抜けていきますよ。

 

この暑い時期から、ちょっと食生活見直してください。

どの季節でも、体を冷やさないように。

 

 

 

6月キャンペーンのお知らせです。

もう6月なんですね。早いですね~。

アッと言う間に5月が終わってしまいました。。

いつもキャンペーンのお知らせを出すのが遅くなって申し訳ありません。

 

さて、6月のキャンペーンです。

 

6月に結婚式される方って、結構やっぱり多いんでしょうか?

6月じゃなくても、結婚式に向けて、ウェディングプラン(レーザーなどの処置が結婚式当日まですべて10%オフ。継続お値引き対象外)をされている方って、チラホラいらっしゃいます。

 

一生に一度の結婚式、時間もあまりないことだし、少しでも気分も上げておきたいし、普段よりもいい状態の肌だと、化粧ノリも違うし、少しでも良くしておくって、結構大事ですよね。

 

大事な時期に、新しい化粧品を使ってかぶれても嫌だし、思っていたのとなんか違う、と買ってから気づいたら、ちょっとブルーですよね。

結婚式の後にすぐに新婚旅行に行かれる方も多いので、毎年恒例でしょうか?

ウェディングプランの方に、化粧品のサンプルセットです。

保湿と日焼け止めのセットです。

これだけあれば、かなりお試しができるかと。

 

 

気温も少し上がってきたので、毛穴が気になってくる季節ですよね。

毛穴を気にしてなんとかしたいと来院される方は結構いらっしゃって、皆さん、結構ないらんことをしておられます。。

それを全部止めてもらうわけですが。。。

 

よくされているのが、やはりピーリング系やアルコールまみれのものです。

 

アルコールやピーリング剤で、皮脂を押さえて、掃除もしようということなんでしょうけど、肌に合っていないものを、のべつまくなしやっちゃうので、しかもしたらダメな方が。。。

なので、肌がボロボロです。

 

毛穴が気になるという方には、必ずだーモスコピーで毛穴の状態を確認していますが、実は立派なうぶげでした!ということもとても多く、その方の毛穴の状態と、毛の太さや量を診たら、どれだけの負担を今までかけてきたのかが、とてもよくわかります。

 

毛穴相談には、ダーモスコピーは必須です。と私は思います。

 

なんの処置でも化粧品でも薬でもそうですが、一番大事なのは、「診断」と「適応」です。

 

なので、個人で、これがいいらしいとネットなどで情報を見つけてきても、その商品がいいと言われているものであっても、自分に合うかは全く別の話で。。。

 

ネットで、あれこれお金と時間を破たいて使ってきたのに、なんで、ちっとも綺麗にならないの?!むしろ、ひどくなっていないか。。?

というのは、根本的な診断から間違っているから、進む方向性(治療)も間違ってしまうわけです。

 

適応するかどうかの判断も難しいところですが、スキンケアも栄養もある程度の基準はクリアしておかないと、ピーリングなどが裏目に出て、副作用ばかりが目立つことになっていまいます。。。。

 

 

そして薄着になる季節。

肘や膝、かかとは皆さん、ケアはお済ですか?  それとも放置しておく派?

 

若い子は、この辺は結構気にしておいてほしいです。

(書いた後や擦った後が、色素沈着になりやすい)

若くないと、なおさらだったりもしますね。。そういうところ、もろに年齢出ますから。

 

 

いつも忘れがちになるヘアケア相談の方へのおまけ。

患者さんいつも、ヘアケアのがないっ!!と教えてくださるので、忘れずに載せておきました。

 

→続く

 

 

Facebookのコピペです。

反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。 シャンプーも同様ですよ!

 

以下、コピペです。

 

コマーシャルで、最近はやり男性臭対策のボディソープ、良くやってますよね。

拭き取りも含めて。

汗をよくかく季節になってきたから、広告が始まってるわけですが。

基本、日本人洗いすぎです。

子供も大人も。

子供ほ、母親が、洗わなきゃ!と広告に載せられてボディソープ使いまくるから、子供が自分で使いたくて使ってるわけではないですけど…。

ボディソープでも、薬用とか殺菌とか、ホントにいりませんよ。

一般家庭で、皮膚にどんな菌がいるんですか?
そんなに不衛生な、問題になるような菌がうじゃうじゃと付いているんですか?

病院内では、殺菌ソープというか、もう消毒液を使いますが、使いたくて使ってるんじゃなくて、必要だから使うわけです。

仕事で消毒液、殺菌ソープとかを使うと、手指はボロボロです。

それと同じことを、一般家庭で、自分の皮膚にしてるわけです。

ボディソープの場合、そこまですぐにボロボロにはなりませんが(これもたちが悪い)、ゆっくりゆっくり皮膚は破壊されていきます。

まず、消毒殺菌で、皮膚に住んでいる常在菌のバランス崩しまくりで、いわゆる悪玉菌だらけになります。

口の中も皮膚も腸の中も、いろんな菌がたくさん住んでいて、いわゆる悪玉菌もいますが。少しいないとダメで、皆でバランスとって暮らしてるわけです。

世の中と同じ。

ソコに消毒殺菌剤をばらまかれると、善玉菌は減って、悪玉菌だらけになってしまいます。
こういうの時は、悪玉菌強いですね~。

体臭はいろいろと原因がありますが、常在菌のバランスを崩すと、すごい変な臭いがしてきます。
汗や皮脂を菌が分解して、臭いが出るわけです。

それをまた殺菌するから、また悪玉菌増えて、とドンドン悪循環に。

無添加石鹸にまず変えてみるとか(殺菌を止めると言うことです)、いけるなら、石けんなしでお湯だけで洗うようにすると、情報が元のバランスに戻ってきて、その分の臭いはしなくなります。

子供は、まだソコまで臭いは普通しないはずデスガ、洗いすぎのせいでアトピーみたいな肌にしてしまっていることがやまほどあります。

子供は、まず石けん止める!
お湯で充分です。
ふだんの手洗いは、無添加石鹸で洗えばホントにOK。

それだけで、カラダのアトピーみたいなのが治ることがあります。

働き盛りの男性は、ストレスで皮脂や汗の量が増えたりします。

栄養も使いすぎとか、糖質摂り過ぎとかで、皮脂は酸化しやすく、これも臭い出やすいです。

働き盛りの男性の臭いは、殺菌ボディソープをまず止めること、お湯だけが気になるなら無添加石鹸で優しく洗って、休みの日はお湯のみで。

朝仕事行く前に、シャワーは浴びてくださいね。

皮脂が酸化しにくいように栄養補充ですが、かなり消耗してますからこそオーソモレキュラー療法したほうがいいです。

ご主人の大衆化がやまほど強くなったら、それだけストレスが多くて、疲れてボロボロと言うことですから、奥様は、ご主人をクサイというじゃなくて、労ってあげて下さい。

最近は、乾燥肌で無臭の男性も増えました。
皮脂も出てないと言うことです。
だから臭わない。

皮脂もあまり出ない男性は、結構な栄養欠損考えたほうがいいです。

こちらも労ってあげて下さい。

皮脂すらだせないですから。

昨日からのヘアケアの続きです。

Facebookに続きを書いたので、こちらにも載せておきます。

 

ヘナのカラーなら安心と信じてる方、結構多いですが、それを逆手に取る悪徳美容院もあります。

普通のヘアカラーに、ヘナ混ぜただけ、ってやつです。

 

こういうところは、ホームページみたらすぐにわかります。

本当にヘナ100%でやっているところは、そんな儲からないので(時間がかかりすぎるから、座席をひとつ占拠されるし、説明にも時間かけないと、クレームの嵐!みたいになることもあるでしょうから、結構大変だと思います。

 

そういう信念をある程度もっておられる美容院がされていると思います。

 

なので、なんちゃってのふざけているところは、すぐにわかります。

わからない人は、オーソモレキュラー療法、いますぐ始めましょう。

騙されることが減りますよ。

 

さて、以下、コピペです。

 

ヘアケア話の続きです。

 

いつもブログやFacebookでもたびたび書いてることですが、シャンプーの話は昨日ブログにまた、書きましたね。

肌同様、頭も石けんシャンプーとクエン酸リンスとで洗えば良いんですが、ホントの敏感肌用じゃなくても、石けんシャンプーだと、髪の毛染めた場合、色落ちが早くなるのが難点です。
ヘナ100%のだったら良いですけどね。

 

ヘナ100%の家で染めるの持ってますが、まだやったことはありません。
かなり時間を取るので、私の場合、なかなかできない。

 

私は、月1回のヘアマニキュアとたま~にカラートリートメントと、光染毛のヤツを生え際に。

光染毛のはとても便利でおすすめです。
(商品にもよります)

 

簡単に取れれば取れるほど、安全です。

 

光染毛のは、少し理屈が違うので、取れにくいけど安全。
(すごく使い勝手が良いわけでもないし、白髪以外は、染められないです)

 

真っ先に止めるのは、ヘアカラーです!

 

シャンプーもトリートメントも変えないといけませんが、1番毒性の高いヘアカラーをまず、すぐに止めましょう!

 

ジアミンの入った、ヘアカラー

美容院のは全部これです。

 

美容院で、ヘナ100%と書いてない限り、普通のヘアカラーにヘナ混ぜた、というだけの、ニセモノヘナです。

確認もせずに騙される女性とても多いです。

 

 

着物着るから、1回染めました、というのが絶対ダメ!とまでは言いませんが、
(他ので代用できます)
ひどい人だと、毎月やってる人いて、美容院も性悪ですね。お客さんの頭皮のことなんて、無視ですね。

美容師さんから止められたのに、自分で無理言ってやってるなら別ですけど。

 

ヘアカラー頻繁にやって、それで美髪にして、育毛治療して、と言われても、無理です、と言ってます。

畑にまず毒を撒くのを止めないと。

 

オーソモレキュラー療法で月十万円サプリ飲んでも、効きますよ、とはよう言いませんね~。

効いたら、ラッキー。
効いても一時的でしょう。
時間の問題です。

 

これもいつも書いてますが、ちゃんとわかってる美容師さんは、自分にはヘアカラーしませんよ。
結末がどうなるか、イヤと言うほど見てるから
仕事上、表だって言わないだけです。

 

情報格差は広がるばかり。

今日の「ガッテン!」、ご覧になりましたか?

 

今日は髪の毛のキューティクルというか、ツヤの話でした。

 

お肌同様、皆さん、髪の毛も擦りまくりですよね~。

 

しかも合成洗剤と同様のシャンプーつけて擦りまくって、次もさらに合成洗剤の入った、リンスやトリートメント、さらに、まだその後、、ムースとか付ける人もいるでしょ?

ドライヤー前のなにかとか、ドライヤー後のなにかとか。

 

そりゃあ、キューティクル剥がれるだろ、という話です。

 

ガッテン!ですから、シャンプー止めろとかは言われませんでしたが、ドライヤーの乾かし方の話でした。

 

自然乾燥の人が多いのにもびっくりですが、うちでも育毛相談の時は、必ず自然乾燥にしていないか、聴いています。

 

 

洗い方にしろ、ドライヤーにしろ、すぐに誰でも、あまりお金をかけずに始められることを、ガッテンでは基本言ってくれるので、ありがたいですよね。

 

ガッテンで言われたことは、早速されたらいいんですが、肌の触り方と同じで、なかなかクセって変えられないことも多いです。

 

すぐに変えられて、それがずっと続けられればいいんですけどね、なかなかそうはいかない方も多いでしょう。

 

そういう方は、まずシャンプーを止めてみる。

少なくとも、シャンプーの量や回数を減らす。

シャンプー使わない日は、お湯だけで洗ってください。

もしくは、本当の敏感肌用シャンプーに変える。

 

そして、髪を洗った後は、椿油で保護してから、ドライヤーであてると、髪の毛を保護してくれます。

 

椿油は、つけすぎないことがポイントです。

 

 

 

男性のAGA(薄毛抜け毛)と言えば、塗り薬と飲み薬。

昔のことを思えば、取り扱いをしているクリニックも増えましたね。

 

間違っても、クリニックじゃない、サロンとかに行かないようにね。

同じお金と時間をかけるなら、科学的に、根拠のあること、実証されていることをしてください。

 

サロンに行っても、それおかしいだろ!と突っ込む自信のある方、冷静に判断できると思っている方なら、行ってもいい?と思われるかもしれませんが、自分のコンプレックスのことになると、なかなか冷静になるのは難しく(冷静に判断できるなら、悩んでないわけで。。。)、こんな人が?!という方でも、つい騙される?ようなことになったりもしますから、それだけの覚悟と冷静さを持って、行くなら行ってほしいです。

 

まあ、そこまで思っているなら、医薬品の疲れるクリニックのほうが断然まだいいわけですが。。

 

女性の薄毛抜け毛となると、男性ホルモンの影響が。。とひとつのことだけが原因でなかったりして、女性の場合は、結構複雑です。。。

 

ただ、男性も女性も、栄養欠損があることだけは間違いない。

特に、女性の場合は。

 

オーソモレキュラー療法をやる前までは、男性のAGAの飲み薬、まあ仕方ないかと思ってましたが、オーソモレキュラー療法を勉強してからは、なるべく、薬って、ほんとに使わなくなりました。

 

使っている薬と使わらない薬がはっきりしてきました。

 

皮膚科のクリニックなのに、ステロイドの軟膏を出す場合は、多分院外処方で、処方箋を切らなけれがいけない。。

(よく使う薬は院内で出しています)

 

ステロイドも置いていない(その場でちょっと塗るくらいは置いていますが)皮膚科って。。と時々思います。。

 

塗り薬は、そこまで肝臓で代謝するわけでもないし、量もそれほどじゃないので、頭の皮膚

はとてもぶ厚いから、肉食っても、そこまで栄養はすぐには回ってきません。

なので、手っ取り早く、頭皮の毛根につけるための薬は使いますが、飲み薬には、自然の流れを消そうとするやつなら、まだマシかなとと思っていますです。

 

AGAも女性もいろいろな自費治療がありますが、しっかりと選んでくださいね。

ベースにあるのは、やはりいつでもなんでも、栄養欠損があります。

 

 

 

IMG_20180401_101633 桜を見に行っていたら、すっかり4月のキャンペーンのことを忘れておりました。。。

IMG_20180401_101908スミマセン。。

IMG_20180401_101603

いつも患者さんからも、遅いっ!!と催促をいただきますが、スミマセン・・。忘れているわけではないんですが。。いや、忘れているのか。。

バタバタしている間に、後回しのぎりぎりになってしまいます。。

後で、あれも追加しておこう!忘れてた!ということも多々あります。。

 

さて、4月のキャンペーンです。

もう3月も終わり、紫外線もそろそろ本番かと。

外で過ごす時間が長くなることが増えることが問題でしょうか。

自覚もあまりまだなかったりするこの時期に。

 

日焼け止めの塗り直しがメンドクサイと言っている時期では全くなくなってきましたので、塗りやすいものをいくつか持っておくことも大切です。

 

この機会に、いろいろな日焼け止めを試してみられるのはいかがでしょう。

 

ということで、日焼け止め購入されたら、ひとつにつき、おひとつ、日焼け止めのサンプルをぷえ®ゼントいたします。

*商品によって、お渡しできる数が違います。

全然サンプルがないのもありますので、ご了承ください。

 

 

気温が少し上がって、毛穴が毛穴が~!!という方も拭てました。

 

毛穴のつまりは、スキンケアと食事に栄養に、というのがとても大切ですが、すぐに効果があるものではありません。

ある程度の効果を早く欲しいとなること、そこは美容医療に助けてもらうと、モチベーションも上がるでしょう。

少しだけ、一足早くにご褒美をちょっともらう。後は、もっと努力してから、という感じです。

 

適応のない方もいますので、必ず相談が必要です。

 

うで、脚などの露出も増えるし、ボディケアも真剣にやないといけない日もいます、

 

AC BDYもそうです。体型のためにですが、栄養を摂っていない方は、全然効果出ません。

メモリがMAXまでいった患者さんが折られましたが、肉嫌い!と全然タンパク質を摂らず(結局肉だけじゃないから。オーソモレキュラー療法している方ではない)、MAXまでいっても筋肉全くつきませんでした。

破壊だけになるので、その方には止めてもらいました。

 

なんでもやればいいわけでもないし、強ければいいわけでもない。

 

薄毛育毛治療されている患者さんから、育毛に関するキャンペーンが少ない!と言われましたので、忘れないうちに上げておきます。

 

定番になりつつある、肌荒れ相談、スキンケア相談の敏感肌用化粧品のサンプルプレゼントと、栄養解析のグルタミンプレゼント。

微妙~に中身を少し変えることがあるので、定番になっていないだけです。。

今のところ、変わり映えしませんが。。

 

 

 

 

 

 

 

1 / 712345...Last »