プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > ヘアケア



猛暑ですよね。

冷たいものをガンガン飲んでいる人、料理でも冷たいものばかり食べている人、とても多いと思います。

 

熱中症も心配ですから、何か飲むのに、すべていつでも常温で!とは言いませんが、冷房のところにずっといるのに、冷たいものばかり。

飲み物の冷たいわ、料理も冷たいわ、では、体は冷えるしかありません。

 

夏野菜が美味しい季節になりましたね。

生で食べるのもいいし、ラタトゥイユとかいろんな温料理で食べるのもいいですけど、温料理で食べても、夏野菜というのは体を冷やします。

夏は暑いから、体の熱を取ってくれるんですね。

昔からの知恵ですね。

 

逆に冬野菜は、体を温めてくれる働きがあります。

 

なので、季節の旬のものを食べるというのが、本来はとてもいいことですが、夏は昔と違って冷房のもとで生活をしなきゃいけない環境になっているかと。。

 

家にいる時は、自分一人だと冷房はかけずに、扇風機でいろいろ家事したりしてます。

でも、すごい汗で、一段落すると、もう熱中症か?!というくらい、体に熱がこもっていて、水飲んでも、全然足りない。

一段落したら、少し冷房入れますけど。

 

会社やお店は冷房結構かかってますよね。

男性が多い職場は冷房も女性からしたら強めで、ケンカにもなりやすいでしょう。

 

冷え性の女性でも、そんな冷房の中、寒いと言いながら、冷たいものをガンガン飲んでいる人も結構多くて。。

う~ん。。。

 

冷ややっこ、そうめん、刺身、夏野菜のキュウリやトマトを生で。ビール。スイカ。アイスクリームやかき氷。

夏と言えば、という冷たいもの。

 

カツオの刺身や冷ややっこには、必ず生姜がのっていて、体を冷やしてばっかりにならない工夫が昔の人の知恵にはあったんですよね。

冷房もないけど。そんなことばっかりしてたら、体が冷えてしまうことがわかっていたんだと思います。

 

 

女性の薄毛。抜け毛が増えましたね。

 

以前は、40代から気になってきた、という方がほとんどでした。

若い人、20代などは、基本は気にしすぎで、ほんとに20代の薄毛というのは、特殊な場合とか、よほどの栄養失調とか(本人に自覚はありませんが)、ごくごく少数派。

(病気でなる場合は別ですよ)

 

最近は、20代、30代も昔よりは増えましたね~。

 

カラーリングもパーマもやりすぎ。

特に、カラーリングですね。

使っているシャンプーもトリートメントもあ~あ~というもので。。。

そりゃあ頭皮どんどんおかしくなるわな。

 

頭皮がおかしくなるということは、毛根のある毛穴は、とてもいろんなものが浸透しやすいので、害も届きやすい。

影響を受けますね。

 

すぐに、ば=っ!!とかぶれたら止めてくれるんですが、ちょっとずつ、ちょっとずつやられていきますから気づいた頃には、あれ?一体いつからこうなっちゃったんだろう。。と途方にくれてしまいます。

 

お肌と同じで、刺激のあるもの、合成界面活性剤の質の悪いもの(皆さんがいいと思っているような宣伝そのものを信じているものは、ほとんど悪いですよ、サロンのだから大丈夫、とかなんの根拠もなく、わざわざ高いお金を出して毎日せっせとつかっておられますが、ヘアケア相談に来られた方には全部止めてもらっています。)

可能な限り、刺激をなくす。

 

で、日常生活で一番してはいけないことは、やはり冷やすこと!

 

頭のてっぺんまで、栄養いきませんよ。

ただでさえ、心臓より上にありますから、上まで血液押し上げるだけの力がいりますからね。

 

栄養足りないと、血圧も低めに出ることも多いです。

(血圧高いから栄養足りてるわけではないですよ)

 

女性は、ただでさえ男性よりも栄養(特に絶対的な鉄不足)足りてませんから、髪の毛のつくる材料も足りないし、なにより質のいい赤血球がつくれません。

 

赤血球の質まで、普通の病院や検診では診てもらえませんからね~。

 

貧血なし、と言われても、そのまま信じていたら、困るのは自分です。

 

質のいい赤血球が作れていないと、まず酸素運べませんからね。あんな頭のてっぺんの、毛根の細い血管まで、酸素運べませんよ~。

 

酸素なくて窒息しかかっている毛母細胞しっかり頑張れ!と言っても無理というもの。

頑張れないから、もうさっさと抜けてしまうでしょう。

 

 

うちのクリニックの床は、明るいベージュなので、髪の毛が落ちていると、結構目立ちます。

 

パウダールームでブラッシングして抜けるのは、まあ仕方ないとしても、待合室のソファや診察室で座っていただけで、床に髪の毛が数本落ちている方が時々おられます。

(栄養欠損のひどい方です。やはり。。)

 

古い毛が抜けないと、新しい毛は生えてこないので、抜けるのは必要なんですが、早く抜け過ぎたら困りますよね。

 

それに、毛を作る材料も届いてないわけですから、新しい毛を作ることもできません。作れても伸ばすだけの材料もない。

全然伸びない。。

伸びてきても、ほっそい、ほっそい。

うぶげかな?という感じで、肉眼では見えません。

 

ダーモスコピーで頭皮と髪の毛の様子を育毛相談では必ずみますが、極細の毛だらけです。

(ひどい人は、頭皮、真っ赤っか!)

 

 

そうなると、抜けるほうが勝ちますわね。

 

結果、髪の毛全体、量はどんどん減るし、薄毛に見えてしまいます。

 

髪の毛は、皮膚と同じで、ある程度栄養状態が良くないと、髪の毛にまで栄養回してもらえませんからね。

 

 

そんな材料ない中で、わざわざ冷たいものなんで、ますます体を冷やしたら、ただでさえパワーのない血管がキューっと縮んでしまって、ますます栄養運べません。

 

血行くらいは良くしておかないと。

 

 

冷たいものを飲むな、摂るな、とまではいいませんが、

(冷え性のひどい方は、生野菜は許可しますが、飲み物は常温、もしくはホットで、と指示します。熱中症とか野外などで危ない場合のみ、冷たいものはかまいませんと言っています)

冷たいものの前後では、温かいものを摂る。

料理に生姜やスパイスを使う。

(唐辛子単品とか辛過ぎるものはダメですよ。タイ料理とかの辛い料理でたくさん汗をかくと、そのあと体温下がって冷えますからね。タイの冷房利いていないことろで食べるならかまいませんが。胃腸の悪い方は唐辛子ダメ。)

温かいスープや味噌汁で体の中からも温めておく。

 

 

 

早い人で、お盆の少し前くらいから髪の毛抜ける量が増えますよ。

抜け毛の季節の秋まで待たずに抜けていきますよ。

 

この暑い時期から、ちょっと食生活見直してください。

どの季節でも、体を冷やさないように。

 

 

 

6月キャンペーンのお知らせです。

もう6月なんですね。早いですね~。

アッと言う間に5月が終わってしまいました。。

いつもキャンペーンのお知らせを出すのが遅くなって申し訳ありません。

 

さて、6月のキャンペーンです。

 

6月に結婚式される方って、結構やっぱり多いんでしょうか?

6月じゃなくても、結婚式に向けて、ウェディングプラン(レーザーなどの処置が結婚式当日まですべて10%オフ。継続お値引き対象外)をされている方って、チラホラいらっしゃいます。

 

一生に一度の結婚式、時間もあまりないことだし、少しでも気分も上げておきたいし、普段よりもいい状態の肌だと、化粧ノリも違うし、少しでも良くしておくって、結構大事ですよね。

 

大事な時期に、新しい化粧品を使ってかぶれても嫌だし、思っていたのとなんか違う、と買ってから気づいたら、ちょっとブルーですよね。

結婚式の後にすぐに新婚旅行に行かれる方も多いので、毎年恒例でしょうか?

ウェディングプランの方に、化粧品のサンプルセットです。

保湿と日焼け止めのセットです。

これだけあれば、かなりお試しができるかと。

 

 

気温も少し上がってきたので、毛穴が気になってくる季節ですよね。

毛穴を気にしてなんとかしたいと来院される方は結構いらっしゃって、皆さん、結構ないらんことをしておられます。。

それを全部止めてもらうわけですが。。。

 

よくされているのが、やはりピーリング系やアルコールまみれのものです。

 

アルコールやピーリング剤で、皮脂を押さえて、掃除もしようということなんでしょうけど、肌に合っていないものを、のべつまくなしやっちゃうので、しかもしたらダメな方が。。。

なので、肌がボロボロです。

 

毛穴が気になるという方には、必ずだーモスコピーで毛穴の状態を確認していますが、実は立派なうぶげでした!ということもとても多く、その方の毛穴の状態と、毛の太さや量を診たら、どれだけの負担を今までかけてきたのかが、とてもよくわかります。

 

毛穴相談には、ダーモスコピーは必須です。と私は思います。

 

なんの処置でも化粧品でも薬でもそうですが、一番大事なのは、「診断」と「適応」です。

 

なので、個人で、これがいいらしいとネットなどで情報を見つけてきても、その商品がいいと言われているものであっても、自分に合うかは全く別の話で。。。

 

ネットで、あれこれお金と時間を破たいて使ってきたのに、なんで、ちっとも綺麗にならないの?!むしろ、ひどくなっていないか。。?

というのは、根本的な診断から間違っているから、進む方向性(治療)も間違ってしまうわけです。

 

適応するかどうかの判断も難しいところですが、スキンケアも栄養もある程度の基準はクリアしておかないと、ピーリングなどが裏目に出て、副作用ばかりが目立つことになっていまいます。。。。

 

 

そして薄着になる季節。

肘や膝、かかとは皆さん、ケアはお済ですか?  それとも放置しておく派?

 

若い子は、この辺は結構気にしておいてほしいです。

(書いた後や擦った後が、色素沈着になりやすい)

若くないと、なおさらだったりもしますね。。そういうところ、もろに年齢出ますから。

 

 

いつも忘れがちになるヘアケア相談の方へのおまけ。

患者さんいつも、ヘアケアのがないっ!!と教えてくださるので、忘れずに載せておきました。

 

→続く

 

 

Facebookのコピペです。

反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。 シャンプーも同様ですよ!

 

以下、コピペです。

 

コマーシャルで、最近はやり男性臭対策のボディソープ、良くやってますよね。

拭き取りも含めて。

汗をよくかく季節になってきたから、広告が始まってるわけですが。

基本、日本人洗いすぎです。

子供も大人も。

子供ほ、母親が、洗わなきゃ!と広告に載せられてボディソープ使いまくるから、子供が自分で使いたくて使ってるわけではないですけど…。

ボディソープでも、薬用とか殺菌とか、ホントにいりませんよ。

一般家庭で、皮膚にどんな菌がいるんですか?
そんなに不衛生な、問題になるような菌がうじゃうじゃと付いているんですか?

病院内では、殺菌ソープというか、もう消毒液を使いますが、使いたくて使ってるんじゃなくて、必要だから使うわけです。

仕事で消毒液、殺菌ソープとかを使うと、手指はボロボロです。

それと同じことを、一般家庭で、自分の皮膚にしてるわけです。

ボディソープの場合、そこまですぐにボロボロにはなりませんが(これもたちが悪い)、ゆっくりゆっくり皮膚は破壊されていきます。

まず、消毒殺菌で、皮膚に住んでいる常在菌のバランス崩しまくりで、いわゆる悪玉菌だらけになります。

口の中も皮膚も腸の中も、いろんな菌がたくさん住んでいて、いわゆる悪玉菌もいますが。少しいないとダメで、皆でバランスとって暮らしてるわけです。

世の中と同じ。

ソコに消毒殺菌剤をばらまかれると、善玉菌は減って、悪玉菌だらけになってしまいます。
こういうの時は、悪玉菌強いですね~。

体臭はいろいろと原因がありますが、常在菌のバランスを崩すと、すごい変な臭いがしてきます。
汗や皮脂を菌が分解して、臭いが出るわけです。

それをまた殺菌するから、また悪玉菌増えて、とドンドン悪循環に。

無添加石鹸にまず変えてみるとか(殺菌を止めると言うことです)、いけるなら、石けんなしでお湯だけで洗うようにすると、情報が元のバランスに戻ってきて、その分の臭いはしなくなります。

子供は、まだソコまで臭いは普通しないはずデスガ、洗いすぎのせいでアトピーみたいな肌にしてしまっていることがやまほどあります。

子供は、まず石けん止める!
お湯で充分です。
ふだんの手洗いは、無添加石鹸で洗えばホントにOK。

それだけで、カラダのアトピーみたいなのが治ることがあります。

働き盛りの男性は、ストレスで皮脂や汗の量が増えたりします。

栄養も使いすぎとか、糖質摂り過ぎとかで、皮脂は酸化しやすく、これも臭い出やすいです。

働き盛りの男性の臭いは、殺菌ボディソープをまず止めること、お湯だけが気になるなら無添加石鹸で優しく洗って、休みの日はお湯のみで。

朝仕事行く前に、シャワーは浴びてくださいね。

皮脂が酸化しにくいように栄養補充ですが、かなり消耗してますからこそオーソモレキュラー療法したほうがいいです。

ご主人の大衆化がやまほど強くなったら、それだけストレスが多くて、疲れてボロボロと言うことですから、奥様は、ご主人をクサイというじゃなくて、労ってあげて下さい。

最近は、乾燥肌で無臭の男性も増えました。
皮脂も出てないと言うことです。
だから臭わない。

皮脂もあまり出ない男性は、結構な栄養欠損考えたほうがいいです。

こちらも労ってあげて下さい。

皮脂すらだせないですから。

昨日からのヘアケアの続きです。

Facebookに続きを書いたので、こちらにも載せておきます。

 

ヘナのカラーなら安心と信じてる方、結構多いですが、それを逆手に取る悪徳美容院もあります。

普通のヘアカラーに、ヘナ混ぜただけ、ってやつです。

 

こういうところは、ホームページみたらすぐにわかります。

本当にヘナ100%でやっているところは、そんな儲からないので(時間がかかりすぎるから、座席をひとつ占拠されるし、説明にも時間かけないと、クレームの嵐!みたいになることもあるでしょうから、結構大変だと思います。

 

そういう信念をある程度もっておられる美容院がされていると思います。

 

なので、なんちゃってのふざけているところは、すぐにわかります。

わからない人は、オーソモレキュラー療法、いますぐ始めましょう。

騙されることが減りますよ。

 

さて、以下、コピペです。

 

ヘアケア話の続きです。

 

いつもブログやFacebookでもたびたび書いてることですが、シャンプーの話は昨日ブログにまた、書きましたね。

肌同様、頭も石けんシャンプーとクエン酸リンスとで洗えば良いんですが、ホントの敏感肌用じゃなくても、石けんシャンプーだと、髪の毛染めた場合、色落ちが早くなるのが難点です。
ヘナ100%のだったら良いですけどね。

 

ヘナ100%の家で染めるの持ってますが、まだやったことはありません。
かなり時間を取るので、私の場合、なかなかできない。

 

私は、月1回のヘアマニキュアとたま~にカラートリートメントと、光染毛のヤツを生え際に。

光染毛のはとても便利でおすすめです。
(商品にもよります)

 

簡単に取れれば取れるほど、安全です。

 

光染毛のは、少し理屈が違うので、取れにくいけど安全。
(すごく使い勝手が良いわけでもないし、白髪以外は、染められないです)

 

真っ先に止めるのは、ヘアカラーです!

 

シャンプーもトリートメントも変えないといけませんが、1番毒性の高いヘアカラーをまず、すぐに止めましょう!

 

ジアミンの入った、ヘアカラー

美容院のは全部これです。

 

美容院で、ヘナ100%と書いてない限り、普通のヘアカラーにヘナ混ぜた、というだけの、ニセモノヘナです。

確認もせずに騙される女性とても多いです。

 

 

着物着るから、1回染めました、というのが絶対ダメ!とまでは言いませんが、
(他ので代用できます)
ひどい人だと、毎月やってる人いて、美容院も性悪ですね。お客さんの頭皮のことなんて、無視ですね。

美容師さんから止められたのに、自分で無理言ってやってるなら別ですけど。

 

ヘアカラー頻繁にやって、それで美髪にして、育毛治療して、と言われても、無理です、と言ってます。

畑にまず毒を撒くのを止めないと。

 

オーソモレキュラー療法で月十万円サプリ飲んでも、効きますよ、とはよう言いませんね~。

効いたら、ラッキー。
効いても一時的でしょう。
時間の問題です。

 

これもいつも書いてますが、ちゃんとわかってる美容師さんは、自分にはヘアカラーしませんよ。
結末がどうなるか、イヤと言うほど見てるから
仕事上、表だって言わないだけです。

 

情報格差は広がるばかり。

今日の「ガッテン!」、ご覧になりましたか?

 

今日は髪の毛のキューティクルというか、ツヤの話でした。

 

お肌同様、皆さん、髪の毛も擦りまくりですよね~。

 

しかも合成洗剤と同様のシャンプーつけて擦りまくって、次もさらに合成洗剤の入った、リンスやトリートメント、さらに、まだその後、、ムースとか付ける人もいるでしょ?

ドライヤー前のなにかとか、ドライヤー後のなにかとか。

 

そりゃあ、キューティクル剥がれるだろ、という話です。

 

ガッテン!ですから、シャンプー止めろとかは言われませんでしたが、ドライヤーの乾かし方の話でした。

 

自然乾燥の人が多いのにもびっくりですが、うちでも育毛相談の時は、必ず自然乾燥にしていないか、聴いています。

 

 

洗い方にしろ、ドライヤーにしろ、すぐに誰でも、あまりお金をかけずに始められることを、ガッテンでは基本言ってくれるので、ありがたいですよね。

 

ガッテンで言われたことは、早速されたらいいんですが、肌の触り方と同じで、なかなかクセって変えられないことも多いです。

 

すぐに変えられて、それがずっと続けられればいいんですけどね、なかなかそうはいかない方も多いでしょう。

 

そういう方は、まずシャンプーを止めてみる。

少なくとも、シャンプーの量や回数を減らす。

シャンプー使わない日は、お湯だけで洗ってください。

もしくは、本当の敏感肌用シャンプーに変える。

 

そして、髪を洗った後は、椿油で保護してから、ドライヤーであてると、髪の毛を保護してくれます。

 

椿油は、つけすぎないことがポイントです。

 

 

 

男性のAGA(薄毛抜け毛)と言えば、塗り薬と飲み薬。

昔のことを思えば、取り扱いをしているクリニックも増えましたね。

 

間違っても、クリニックじゃない、サロンとかに行かないようにね。

同じお金と時間をかけるなら、科学的に、根拠のあること、実証されていることをしてください。

 

サロンに行っても、それおかしいだろ!と突っ込む自信のある方、冷静に判断できると思っている方なら、行ってもいい?と思われるかもしれませんが、自分のコンプレックスのことになると、なかなか冷静になるのは難しく(冷静に判断できるなら、悩んでないわけで。。。)、こんな人が?!という方でも、つい騙される?ようなことになったりもしますから、それだけの覚悟と冷静さを持って、行くなら行ってほしいです。

 

まあ、そこまで思っているなら、医薬品の疲れるクリニックのほうが断然まだいいわけですが。。

 

女性の薄毛抜け毛となると、男性ホルモンの影響が。。とひとつのことだけが原因でなかったりして、女性の場合は、結構複雑です。。。

 

ただ、男性も女性も、栄養欠損があることだけは間違いない。

特に、女性の場合は。

 

オーソモレキュラー療法をやる前までは、男性のAGAの飲み薬、まあ仕方ないかと思ってましたが、オーソモレキュラー療法を勉強してからは、なるべく、薬って、ほんとに使わなくなりました。

 

使っている薬と使わらない薬がはっきりしてきました。

 

皮膚科のクリニックなのに、ステロイドの軟膏を出す場合は、多分院外処方で、処方箋を切らなけれがいけない。。

(よく使う薬は院内で出しています)

 

ステロイドも置いていない(その場でちょっと塗るくらいは置いていますが)皮膚科って。。と時々思います。。

 

塗り薬は、そこまで肝臓で代謝するわけでもないし、量もそれほどじゃないので、頭の皮膚

はとてもぶ厚いから、肉食っても、そこまで栄養はすぐには回ってきません。

なので、手っ取り早く、頭皮の毛根につけるための薬は使いますが、飲み薬には、自然の流れを消そうとするやつなら、まだマシかなとと思っていますです。

 

AGAも女性もいろいろな自費治療がありますが、しっかりと選んでくださいね。

ベースにあるのは、やはりいつでもなんでも、栄養欠損があります。

 

 

 

IMG_20180401_101633 桜を見に行っていたら、すっかり4月のキャンペーンのことを忘れておりました。。。

IMG_20180401_101908スミマセン。。

IMG_20180401_101603

いつも患者さんからも、遅いっ!!と催促をいただきますが、スミマセン・・。忘れているわけではないんですが。。いや、忘れているのか。。

バタバタしている間に、後回しのぎりぎりになってしまいます。。

後で、あれも追加しておこう!忘れてた!ということも多々あります。。

 

さて、4月のキャンペーンです。

もう3月も終わり、紫外線もそろそろ本番かと。

外で過ごす時間が長くなることが増えることが問題でしょうか。

自覚もあまりまだなかったりするこの時期に。

 

日焼け止めの塗り直しがメンドクサイと言っている時期では全くなくなってきましたので、塗りやすいものをいくつか持っておくことも大切です。

 

この機会に、いろいろな日焼け止めを試してみられるのはいかがでしょう。

 

ということで、日焼け止め購入されたら、ひとつにつき、おひとつ、日焼け止めのサンプルをぷえ®ゼントいたします。

*商品によって、お渡しできる数が違います。

全然サンプルがないのもありますので、ご了承ください。

 

 

気温が少し上がって、毛穴が毛穴が~!!という方も拭てました。

 

毛穴のつまりは、スキンケアと食事に栄養に、というのがとても大切ですが、すぐに効果があるものではありません。

ある程度の効果を早く欲しいとなること、そこは美容医療に助けてもらうと、モチベーションも上がるでしょう。

少しだけ、一足早くにご褒美をちょっともらう。後は、もっと努力してから、という感じです。

 

適応のない方もいますので、必ず相談が必要です。

 

うで、脚などの露出も増えるし、ボディケアも真剣にやないといけない日もいます、

 

AC BDYもそうです。体型のためにですが、栄養を摂っていない方は、全然効果出ません。

メモリがMAXまでいった患者さんが折られましたが、肉嫌い!と全然タンパク質を摂らず(結局肉だけじゃないから。オーソモレキュラー療法している方ではない)、MAXまでいっても筋肉全くつきませんでした。

破壊だけになるので、その方には止めてもらいました。

 

なんでもやればいいわけでもないし、強ければいいわけでもない。

 

薄毛育毛治療されている患者さんから、育毛に関するキャンペーンが少ない!と言われましたので、忘れないうちに上げておきます。

 

定番になりつつある、肌荒れ相談、スキンケア相談の敏感肌用化粧品のサンプルプレゼントと、栄養解析のグルタミンプレゼント。

微妙~に中身を少し変えることがあるので、定番になっていないだけです。。

今のところ、変わり映えしませんが。。

 

 

 

 

 

 

 

キャンペーンの追加です。

ナビジョンDRの育毛剤が、皮膚科学会の薄毛治療のガイドライン(男性型脱毛症に対して)の治療として薦めるにランクが上がったそうです。

学会のガイドラインは、科学的にエビデンス(証拠)が論文で発表されているものを検証して、ランク付けがされています。

なので、論文で発表されていないものは、圏外なわけです。

(なので、育毛サロンに行って、お医者さんごっごみたいなことをしても。。。と思いますが。。

ちゃんとしたエビデンスを診せてもらいましょうね。

ひどいサロンはほんとにひどいので。。。

ほんとにそこまでのお金を払う価値があるものか、ちゃんと考えてくださいね。

そういうサロンの半分以下、あるいは何分の一かの金額で、クリニックだったら発毛したりすることもあります。

使うのは、医薬品ですから、効果が実証されたものが普通かと。

まあ、使い方も医者それぞれですが。。)

 

 

ああ、ついでに言っておきますが、ナビジョンDRは、クリニック専売品でネット販売禁止です。

なので、ネットで購入したら、それは偽物と思ったほうがいいですよ。

さっきネットとちらっとみたら、パッケージ、本物と違うのありましたよ。

売れるものの偽物が出てくるのは、これ、常識です。

まして、ネットの世界ですから。

クリニックに行って診察しないと買えないような商品を、そういうせこい考えで購入しようとするから、いつまでたっても、どんどんひどくなるわけです。

ひどくなる人は、そういう人です。自分で負の連鎖に入っていくわけですから~。

 

ま、そんな人は放っておいて、自業自得なので。

 

さて、本当の医療用の育毛剤ですが、うちではいくつか種類があります。

ナビジョンDRのもありますが、これは医薬部外品で、医薬品ではありません。

医薬部外品のが他のもう1種類と、医薬品が今は3種類です。

 

それぞれ、成分や目的(どうしたいのか、どういう原因に対して使うのか)が違いますから、全塗ってもいいんですが、全部塗るのも買うのも大変です。

 

なので、うちでは診察して、患者さんが薄毛抜け毛育毛と一口に言っても、皆さん気にしているポイントは、微妙に違います。

 

育毛治療は、男性も女性もキリがないと言えばキリがないです。

 

男性の場合は、男性ホルモンからの攻撃をどうするか?というのがメインになりますが、男性全員が薄毛になるわけではないですよね。

男性である以上、男性ホルモンはあるわけで。(多い少ないは確かにありますが。。)

 

女性の場合は、ちょっと複雑で、女性にも男性ホルモンはあるので、男性ホルモンのせいの薄毛というのもあります。

男性よりも女性のほうが、頭皮(もちろん髪の毛も)に、いらんことしすぎて、ダメージを与えすぎて、というのもあります。

(最近、というか結構前から、男性も雑誌の広告の影響されて、頭や髪の毛にいっぱいいらんもの塗りますよね。。)

 

ほんとに男女とも、いらんことしすぎです。。。肌と同じ。。

 

性別関係なく、ヘアケアを正すというか、いらんんこと止めさせるだけで、育毛剤とか薬も使わなくても、髪の毛しっかり生えてきたという方は結構います。

それだけ、ダメージを与えて、毛根弱らせていた、と思うと(いらんもの、止めただけですよ)、今まで使っていたもの、恐ろしいですよね。。。

何入ってんの。。。?って考えるだけで。。。

 

 

育毛治療と言っても、ピンキリで、ヘアケアは基本として、一番簡単なのは、育毛剤ですね、塗ること。

次に、飲むこと。

男女で薬というか飲ませる内容も違ったりしますが、今うちでは、オーソモレキュラー療法で使うサプリ以外は、薬は飲ませないですよね。男性も。

薬は副作用があるから。

あれはあれでいいと思いますが、私は使いたくない。

 

そして一番高いというか、確実というか。。。

薬を直接頭皮の毛根のところに注射します。

これは確かに、効きます(うちでは)。

もひとつ欠点は痛いこと。

ブロック麻酔はしますが、全範囲に効いているわけでじゃない。

 

 

 

オーソモレキュラー療法をやる前からやっていて、欠点は、というか、私は、何回で効きますよ、とは絶対言わないです。

薬を作っているメーカー推奨の治療間隔というのがありますが、そんなペースでやっていたら、お金かかって仕方ないので、うち独自の間隔(というか、患者さんさえ良ければ、いくらでも空けます。最低これだけ空けてください、ということはあっても、どこまでやるのかは患者さん次第です)

 

結構ひどい方(道ですれ違ったら、思わず見てしまうくらい、え?!可哀想、というレベルと言いますか、誰が見ても薄毛、抜け毛ひどい、というレベルの方)でも、続けてやっていくと、生えてきます。

(そこまでひどい人じゃないと、直接注射はあまり薦めていません。

ひどくない方のほうがやったりします。やらなくてもいいのに。。と思いますが、効果や副作用理解した上でやりたいなら、自己責任でやるかどうかです。

 

医学ってスゴイな、と思う瞬間です。

ありえないっ!というくらい、2週間で毛がわさ=っとなった方がいて、え?!とこっちが驚く、みたいな。

(ちょっとした悪循環だったんでしょうけど)

 

ただ、どこまで持つのか、ということです。

やっている間だけ、刺激したから、ということもあるでしょうし、しばらくしたら、また全部抜けちゃって、元に戻った、ということもあるでしょう。

 

問題は、維持することが一番大事。

 

そのために、塗り薬があったり、処置を定期的にしたりということが一般的に必要となります。

 

前まではそんな感じでしたが、今は、オーソモレキュラー療法をやっていますから、あまり注射のは薦めていません。

すっごくひどい方はやってもいいですが、予算の問題がありますから、オーソモレキュラー療法もやって、注射もして、となると、かなりの金額に。。

 

最初のステージを上げるために、ボン!と1~数回やるくらいなら、いいかなと思います。

オーソモレキュラー療法であとを維持してもらう。

 

特に女性で、周りがぎょっとするくらいの薄毛だったら、やはり早くなんとかしたほうが良いと思うので。。。

(実際は、やる必要のない方が、他の治療(オーソモレキュラー療法や外用)には一切目もくれず、注射やりたい!やりたい!になることも。。。

肌と同じで他力本願なのか、もう思いこんでいるのか。。

やってもちろんダメではないですけどね。。。)

 

実際の薬との相性もあるでしょうし、人によって違いますが、ある程度のレベルまであげるなら、医療はやっぱりすごいな、と思います。

 

 

患者さんによって、薄毛のタイプも(性別含む)、予算も、目標も違うわけですから、のんびりいきたい方は、自分のペースでしたらいいです。

長い人生ですから。

 

気にしている人の中で、ぎょっとされるレベルなら、できれば急いだほうがいいです。

 

オーソモレキュラー療法を始めるまでは、この辺で頭打ちかな。。もうどうしようもないのかな。。

この人の本当の年齢から行ったら、頭皮の薄毛具合は本来この辺なのでは?と思います。

 

元を超えることもあるでしょうし、元は絶対に超えないこともあるでしょうし。。

 

オーソモレキュラー療法を始めて、ほんとに薬を使うことが減りました。

もともと注射みたいな痛い治療好きじゃないし、毛が生えても維持は必ずしないといけないので。そこそこ適応があって、したい人がいるならどうぞ、メリットデメリット承知の上でなら、という感じです。

 

もう取り扱い止めてもいいんでしょうけど、ほんとにひどい方、たま=に来られるので。

 

そうそう、それでキャンペーンの追加の話。

薄毛・育毛相談を受けられた方は、ナビジョンDRの育毛剤を10%オフにてご提供します。

サンプルプレゼントだけじゃなくて。

初めてのものって、お試ししてもちょっと心配だったりしますよね。

もうちょっと気軽に試したいとか。

 

 

 

 

 

 

もう3月ですね。早いですね。お雛様ですね~。すっかり忘れておりました。。。

お雛様、飾らないといけませんね。。

だって、好きだから。

 

いつもぎりぎりに飾って、名残惜しく、「京都は旧暦でいいや」と3月いっぱい飾っていたりします。。

 

さて、3月。

4月もそうですが、イベントちょっと多いですね。

4月に向けての準備期間でもあるし、3月年度末の会社は大忙しのところもあるでしょう。

イベントに向けて、美容医療される方も増えるのがこの季節ですね。

 

いわゆるプチ整形という注射系、光、レーザー系、手術を春休みにする、大学デビューというのもあるかもしれません。

まあ、手術は、その方の人生ですから、否定しません。ちゃんとリスクをわかった上で、問題になっているような格安クリニックは避けたほうが良いと思いますが、まあその方の人生ですから、大きなお世話です。

 

でも、手術は、形成外科認定医の資格のあるドクターというのが最低の条件だと私は思います。

一般社団法人 日本美容外科学会JSAPS

http://www.jsaps.com/

から、ドクターを探しましょう。

こちらは、形成外科認定医をもっていないと、入れません。

同じ名前の学会がありますが、似て非なるもので、形成外科医ではないことが大半です。。

最低、ここをクリア! そこからは自分に、その先生との考え方が合うかどうか。

「美」の基準と言いますか。

腕は、やってみないとわかりません。。。

 

うちは手術しないので、もっぱらちょっとだけ注射してみたいとか、光・レーザーがメインです。

周りにばれずに、でも、なんかキレイ。。というコンセプトです。

もちろん、プチ整形の方もスキンケアと栄養足せば、最強です!

 

美容医療は、もともと値段設定をそんなに高くしていないのと、回数を重ねれば、コースではないですが、お得な料金になったり、レーザーと同じ日に注射したらちょっと安くなったり(手間暇同じですから)、というのは前からしているので、キャンペーンではなく、年中、いつでもというわけです。

今月やらないと安くならない!と焦らなくてもいいのです。本当にやりたいと思ったら、副作用や効果も含めて納得してからやったらいいです。

逃げませんから~。

 

さて、今回のキャンペーン。

 

 

花粉で皮膚が荒れる、炎症を起こす(アレルギーでなくても)というのは、先月もしましたね。

2月は結構寒かったので、思った以上に飛散量がまだ少なかったようですね。

(私はオーソモレキュラー療法で治ったようなものなので、どんだけ被害が出ているのかが自分で体感できません。。もともと、ものすごくひどい花粉症でしたが)

 

 

3月、温かくなってくるので、いよいよ本番ですね。

 

イオン導入のキャンペーンですが、3月も花粉症だからしてほしいと患者さんに言われ、またトラネキサム酸好きな方、グリシルグリシン好きな方から(特にグリシルグリシンの方)からは、プラセンタ以外もやってほしい、トラネキサム酸もまたやってほしいと言われ、確かにこの季節お肌荒れますからね~。

3月は、イオン導入の種類は全種類にしました。

必ず、事前にカウンセお済ませください。当日言ってもできませんので、ご了承ください。

準備が間に合いませんから。

 

そして、3月は、ちょっと今までよりも紫外線が強くなります。

すごく強くなるわけではないですが、それよりも皆さん外に出る機会が増えるんですよね~。

うつうつとした冬っぽい空でもないし、日照時間も長くなっていくし、と日焼け止めの塗り直しがいる方が出てくる季節です。

今までさぼっていた方も、塗り直しメンドクサイ、と思っていた方も、いろいろな種類を試したいと思っている方も、試すいいチャンスです。

塗り心地の好みがかなりありますからね~。

なので、うちでは結構な数を置いています。

塗り直しすると、量もいるし、お財布に優しくお値引きです。

レーザーするしないに限らずです。

 

 

育毛・薄毛治療・相談されている患者さんから、ヘア関係もキャンペーン欲しいと言われたので、足しました。

まあ、シャンプー基本いりませんから、気になった時だけでも。

椿油あれば、髪の毛の保湿は事足りますし。安いし。

 

そう!椿油で思い出しました!!

大島椿さんのキティちゃんバージョン!!

ミントグリーンが欲しくて買い足しましたが、またしてもピンクとレッド。。。

いや、可愛いんですが。。。全色ほしい。。

買えなかった方、知らなかった方に、箱を空けたものでよければ(中身は未開封)でよければ、条件をクリアした方に差し上げます。

早い者勝ちなので、どうぞおっしゃってくださいね。

興味ない方もおられるので、できれば、欲しい方にもらっていただきたいです。

ちょっとしかありませんから。

 

 

初診の肌荒れの患者さんから、前みたいなイオン導入のキャンペーンを付けてほしいと言われたので、確かに花粉の季節、つけました。

必ず予約の時に希望をお伝えください。

あまりに状態が悪すぎて、断ることもあります。

入りすぎるというか、刺激が多すぎたり、、電気抵抗が上がって、ピリピリするという方がおられます。細かいキズがあって、手にに水膨れできた方を診たことがあります。

まあ、ピりぴり言わずに黙っておられたんですが。。。

 

薄着の季節もすぐそこなので、部分痩身には、AC BODYのキャンペーンで、こちらも患者さんからもご要望です。

マッサージ程度になる方もおられますが。。

 

 

肌荒れ相談は、引き続きサンプルプレゼントです。

キャンペーンじゃなくても、ほんとに肌が荒れている方で化粧品使いたい場合、保険診療でも、サンプルを少し上げています。

(保険診療は説明なしですよ)

キャンペーンとの違いは、1回で差し上げる量ですね~。

ものにもよりますが、できれば1回だけではなく、数日、それ以上は試してほしいわけです。

 

 

 

ブログでもよく書いていますが、ヘアカラー(ジアミン入り)のは一切勧めていません。

どうしても、着物着るから色落ちが心配とかそういう時に、1年に1~2回は仕方あるまいと思いますが、ヘアカラーを1か月毎にやっている方もいて、無知は恐ろしいなり。。と思います。

うちのヘアケア相談・育毛相談の方には、やらないように言っていますが。患者さんが守るかどうかは知りません。

(髪の毛育てていこうとしているのに、自分で毒撒いどうする?!とまで言いますが、守らない方は守りません。まあ、その方の髪の毛だし、頭皮だから、お好きにどうぞ)

 

一般的に、白髪染めや若い子のするヘアカラーは、とても良く染まりますよね。

これ、「ジアミン」という成分が入っています。

で、むちゃくちゃかぶれやすいです。

かなり刺激がある。

 

厚労省は、ヘアカラー(ジアミン入り)する時は、先にパッチテストしてからするようにと指導がされています。

毎回ですよ。最初だけじゃないですよ。

それだけかぶれるし、かぶれた時の被害が結構ひどいからです・・。

 

かゆいとか赤くなった、とかいうレベルで済まないことも多々ありますよ。

栄養状態の悪い方だと、頭皮から顔まで腫れて、赤くなることもあります。

もちろん痒い! 場合により、痛い?ひりひりするとか。

そういう薬を塗っているわけでし。

 

そんなことを、美容院からも美容師さんからも説明を受けて、ヘアカラーをしている方、一体どれくらいいらっしゃいますか?

 

毎回、言われて、同意書まで取られて、わかっていてやっている、とそこまで言うならほんとにお好きにどうぞですが、言われていない方がほとんど。

めったにいません。

 

最低でも3か月は空けたほうがいいものを、1か月でやるように勧める、お客さんの頭皮や髪の毛のことなんて考えたこともない美容師がたくさんいます。

1か月毎やっていて、「もうちょっと間空けたほうがいいですよ」と1回も言われたことがなければ、そんな美容師と美容院は、即刻変わりましょう。

お金さえもられば、人の健康は気にしないタイプです。

そういうサロンが使くシャンプーやトリートメント、パーマ液など、かなり質も悪いのではないでしょうか。

(おそらくカラーの染料も。だって、コスト重視ですから。)

 

私が使っている商品の名前を教えて、と患者さんに聞かれて、殺気調べたんですよね。

 

そしたら、銀のは絶対に使うな!!というサイトがいくつか出てきました、

もちろん、トップです。

 

この緑色になるから使うな!ということが言いたいようです。

 

緑になったことがあるのか、心配されているのか、ふんふん、と思って読んでいると、なんだ、コンプのトリートメントのステマでした。

(散々、銀のやつダメだダメだ!!と述べたかと思いきや、一番最後に、

 

 

私が勧めているのは、ヘアマニキュアです。綺麗に染めるというなら。’(若い子のカラーリングは無理があるかも)。

欠点は落ちやすいこと。根元まで染められないこと。(だから、刺激になりにくい)

あとは、カラートリートメントやジアミン入っていないヘアカラーもあります。

部分染めのマスカラみたいなのとか、落ちやすいものが、皮膚にもいいです。

 

最近、というか、結構前から、カラートリートメントでも結構染まるものがあり(洗えば落ちる。多少残りますが)、昔のことを思えばびっくりするくらい。

 

私は、そういうのをすると、かゆくなったりと体が教えてくれるので、助かります。

ウルトラマンのカラータイマーが鳴っているようなイメージです。

その鳴り方が、「これ結構ヤバいかも?!」と焦るものもあれば、何もならないこともあります。

(ヤバい?!と思ったのは、確かに良く染まりましたが。。。)

 

ヘナ100%(インディゴ入り)のは持っているんですが、時間がかかりすぎるので、まだやっていません。

(ヘナ入りのヘアカラーと、ヘナ100%の染色剤は、似て非なるものですよ、ただのジアミン入りの染色剤に、多少ヘナを混ぜた、というもの多数出ています。。)

 

根元が伸びてきた時に、マスカラタイプのは便利で簡単、いいんですが、もひとつキレイに染まらないし、根元だけ部分ヘアマニキュアするっていうのもメンドクサイですよね。

 

2年以上前から使っているのが、銀イオンがはいっていて、光に当たると黒く発色して多少残ります。洗っても少し残ります。

 

男性や短髪であれば、全部それで、というのもありかも。

ロングの方は、乾くのに時間もかかるし、やはり根元や部分染だけにしといたほうがいいです。

 

でも、月1回美容院にいってマニキュアしてもらうなら、その銀の部分染めで十分です。

 

ただし、必ず担当の美容師さんなり、美容院に、銀の部分染をしたことを言っておくこと。

 

ヘアカラーやパーマをかけると、それらの液の中の成分と反応して緑色に染まることがあるそうです。

 

かなり昔に担当の美容師さんに初めてヘアマニキュアしてもらう時に、なにで今まで染めてきたのか聞かれました。

金属が入っているもので、緑色になることがあるから、と言われたのを覚えています。

 

私は、その銀のやつをもう3年近く使っていて、ヘアマニキュアもほぼ毎月していますし、半年~10か月くらいに1回、デジタルパーマをかけていますが、緑色になったことは一度もありません。

(だからって、あなたが大丈夫、という保証はしませんよ、私は大丈夫、という話です)

 

そのサロンでの取り扱い商品の成分によるのかもしれないし(マニキュアは大丈夫っぽいけど、必ず美容師さんに聞いてください)、髪の毛に残っている銀イオンの量によって違うのかもしれません。

 

この商品が出始めた時は仕方ないとしても、もう何年も経っていてそれで美容師さんに相談して、「は?なにそれ?」と言われたら、そんなレベルの低い美容師さんと関わるのは止めましょう。

 

知っているけど、試したことはないとか、そういうことはあると思います。

 

今時、緑色になってしまったら、確認していない美容師が悪いと思いますよ。

業界では、もうとっくに当たり前の話のはずですから。

 

 

さっき患者さんに、私が使っている銀のやつの商品名を教えてほしいと言われ、ド忘れたしたので、検索したら、「絶対に使うな!!」みたいなサイトが出てきました。トップです。

その後も、そういサイトが続きます。

 

昔調べた時にはそんなのなかったのに、と思って、さ=っと読んでみました。

 

やはり緑色のことが問題とされているようで。

(それは聞かない美容師の問題。一般人にそんなことわかるわけありませんから、知っていない限り。)

 

他にもいろいろ否定的な、私からしたら難癖?と思いましたが、まあ、この人はそう感じでいるのか、と思って読み進めていたら、最後に、コンプのトリートメントがおすすめ!というステマサイトでした。

(ステマじゃないかもしれませんが、私は100%ステマだと思います。そのコンプトリートメントの販売のサイトに飛びますからね=。

 

銀ので、コンブ関係売り上げ減りましたかね。 なんでコンプがいいのかよくわかりませんが。。

 

 

あ~、ビックリしたあああ。

ある意味、わかりやすいステマでしたが。こうあからさまなステマに、ステマも質が落ちてんだな。・。。と思いました。

(ステマだと独断と偏見で決めつけていますが)

 

 

ちなみに、金属というのは、体に必要な金属と有害な金属、それほど害はない金属、といろいろです。

銀は、一般的にあまり気にしなくてもいい、とは言われています。

 

 

 

 

 

 

4 / 10« First...23456...10...Last »