プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近投稿した写真

ホーム > ヘアケア



お知らせが遅くなり、申し訳ありません。

昨日は、衹園の「炭火割烹 いふき」さんにお伺いしてきました。

いや=、良かったです~っ!! 京都の和食は素晴らしいですねっ!!

って、「京都」でひとくくりしたらいけませんね、いふきさんが素晴らしいのです。

詳しくは、後日にまたアップします!

 

さて、11月ですね。早いですね~。

 

今回も、季節の変わり目をなんとか乗り切っていただくためのキャンペーンです。

肌荒れ・スキンケア相談の方も、いろいろ選べるように。

肌荒れの程度もホントに千差万別で、普通に化粧品を使える方(っていっても、質の悪いモノはダメですよ。高いからって、質がいいわけでもなんでもないですよ)から、最低限のモノで、最悪、基礎化粧品一切今はダメ!という方から、いろいろです。

その段階で、選べるようにしました。

そして、定番のイオン導入ですね。

あとも、目元や口元などの小じわ・チリメンジワ対策や、シワが気になる季節ですから、アンチエイジング対策ですね。

 

グリシルグリシンも、一部の方には人気ですので、引き続き続行です。

向いていない方ももちろんいますので、必ず事前にご相談を。

 

そして、寒くなって、全てが億劫になっていく季節と活動性も低くなりますし、秋はおいしい食べ物も多いし、冷え症もあるし、と体もメンテも必要です。

トゥルースカルプで、セルライト撃沈と部分痩身、ついでに、冷え症対策にもなるし、AC BODYと合わせて、ついでに内臓脂肪も分解してしまおうという魂胆です。

基礎代謝を上げるのは、機械だけでは無理ですが(これは、栄養療法オーソモレキュラーですね)、即効性が実感しやすいので、今からの季節はとてもおススメです。

セルライトが雪だるまになる前に!

 

話題の食欲抑制剤です。と言っても、うちのはサプリみたいなもんですが。医薬品ではないので。

先日も、東京で、バカな医者が捕まってましたね。

食欲抑制剤を、えげつない量を中国人に売って、逮捕されてましたね。

えげつな~。ムチャクチャですね~。

保険で適応のある方も、美容医療でダイエット目的に使う方もそうですが、やっぱりああいうのはダメですね。つい頼ってしまうし、止めれなくなったり、止めたら、すぐにリバウンドして、元よりも悪い結果にもなるし、それで痩せても筋肉と骨がどんどん減っていて、内臓も栄養がないからボロボロです。ちゃんとした糖質制限をしていけば、無理なく脂肪を、(特に内臓脂肪はガンガン!)減らしていけるのに。。。

こちらのスプレーは、あくまで乗り切るためのお助けマンですね。

何度ブログで書いてもムダなのかもしれませんが、ネットでこういうクリニック用のサプリや医薬品の個人輸入は、偽物だらけで、お金のムダと、何が入っているのかわかりませんから、副作用で大変なことになりますよ。今までも亡くなっている方、いるでしょう。

言ってもダメなヒトはダメですが、わかっているヒトは、そういうことに手を染めるのは止めましょうね。自分の体と未来のために。

 

定番の日焼け止めのサンプルプレゼントも続行です。

 

そして、寒い季節にかけても、薄毛抜け毛はまだ解決していないでしょうから、こちらも続行です。

ついでに、まつ毛も。よく聞かれるので。

 

 

私の胃腸の調子はなんとか戻ったようです。

でも、忙しいとまた調子が悪くなりそうなので、気を付けないとね。

調子が悪いかな?と思った最初に、栄養療法の胃腸用のサプリではなく、保険の薬にしたのが敗因だったかも。。

(保険の薬と言っても、自費で買って使うんですが、自費でも全然値段は違います。。)

必要な栄養素の量や質など根本的に違うのです。

ケチったのがよくなかったか。。軽い時は、それで結構よくなるんですけどね。

集中的に、いいのばっかりにしたのが勝因でした~。さっさとそうしておけばよかったな。次からは、そうします。

まあ、調子が悪くても、たんぱく質を食べるのはセーブしませんからね。ガンガンいきます!

 

さて、間違ったあるある第2弾です。

 

何度もブログでも書いている話なので、またかと思われる方もいらっしゃるとは思いますが。。

 

第2弾は、日焼け止めの塗る量!

 

みなさん、ホントに全然塗っていないっ!

塗る回数はちょっと置いておきますが(これも少ないんですが)、1回の量が全然っ!足りていませんっ!!

 

うちでシミや肝斑の治療をされている方の場合、日焼け止めについては、口やかましいほど言っている私ですが、使う日焼け止めは、全部うちで買わないといけないことはないので、買っていない患者さんに、うちのを買え!買え!ということはあまりありません。質さえよくて、ご自身に合っていて、環境とTPOに合っていれば、何を使っても別にかまいません。

ただ、わけわからんのを使い続けていて、それを指摘すると、その言い訳が、「何をつかっていいかわからない」(うちに、もう何か月も通っていて、パウダールームで、うちで取扱いの日焼け止めを自由に試せる状況が何度もあって、説明紹介もしているというのに)と言われると、「はあ~?」と思いますが。。。

 

患者さんの中には、半年に1本、1年に数本くらいのペースで、うちで買う方がいらして、たまに、クリニック用のを使ったはるんやな~、くらいしか最初の頃は思っていなかったんですが、

(指示した通りに塗っていたとしたら、1日何回塗っているのかにもよりますが、月に1~2本はいるかなと。患者さんの普段過ごしている環境によったら、ホントに紫外線の当たらない方がいて、そういう方であれば、月1本だと余ってくるようですけど。)

うちのを使っていない方で、大体、市販のろくでもないモノ(質はそれほど悪くなくても、環境とTPOに合っていないとか)を使っていることが多く、そうなると、皮膚の赤みがいつまでたっても消えなかったり、その赤みはなんか茶色っぽく、色素沈着や肝斑みたいになってきた、皮膚の色つやが悪い、などなど、なんかおかしい。。?みたいなことが続くので、これは使っている化粧品がおかしいなと思って(皮膚の触り方が根本的におかしいこともありますが)、何をつかっていますか?と聞くと、「こちらで買ったものです」と。

 

。。。この前、買ったのをは、半年前に1本ですけど。。?

 

「そうです、それです。」

 

。。。

 

どうやったら、この1本を半年ももたせられるのか?!

そのほうが、私には不思議でなりません。

で、そういう方にはいくら説明しても、なかなか直らない(直さない?)ことが多いです。

 

先日、処置が終わっても、話が終わらず、患者さんをパウダールームに案内しても、またパウダールームで話していて、その間は、患者さんには保湿・日焼け止めなどは、塗ってもらうんですが、

(ちなみに、通常パウダールームに置いているのは、ナビジョンです。コットンは、一切、パウダールームには置いていません。全て、手指で塗るように言っていますから。)

患者さんの中には、保湿をたんまり塗る方がいて、

まあ、悪いことではないんですが。。

ナビジョンの場合、パンフレットに、「コットンに2~3プッシュ」って書いていましたっけ?

でも、コットンを使わないなら、1プッシュで十分足りています。

たくさん塗りたかったら、塗ってもいいんですが、1プッシュでも十分ですし、2~3プッシュを皮膚に乗せても、一度にそれだけ塗ると、多過ぎで、角質に入っていける許容量を超えているんじゃないのかなと思いますが、保湿で、ベッタベタにされる方が時々いらっしゃいます。

化粧水もベッタベタだから、その後の乳液も滑って付くのかな、と思いますが、たまに、それをティッシュオフ(!)しようとされる方がいて、もったいないのと(だったら、多いのは最初からわかっているんだから、そんなにのせるな!ってなりますし)、根本的に、ティッシュで皮膚に摩擦かける可能性が出てくるわけで(実際、擦る方もいるわけで。。。)、何をやっているのか、理解できなくて、しばらく(と言っても、1~2秒でしょうけど)ボー然として見ていて、ハッ!と気付いて、とめに入るわけですが。。

 

で、そのベッタベタの次は、日焼け止めを塗られるわけですが、この日焼け止めに入った瞬間、日焼け止めを、指先に、1滴くらい、米粒くらいに、ちびっと出されます。

 

もうずっと使っているのに、どうして今さら色の確認をするのかな?と思って診ていると、どうもそれは、色の確認ではなく、マジ塗りの日焼け止めでした。。

 

。。。なんで、保湿は、2~3プッシュも出しておいて、日焼け止めは米粒やねんっ!!って、思わずツッコみますが。。

これ、マジな話で、しかもお一人だけでなく、実は結構いらっしゃるんですよ。。。大問題です。。

 

歯磨き粉出すほうが、多いっちゅーっねんっ!

 

顔の大きさから考えたら、米一粒の日焼け止めで足りるわけあらしませんっ!

 

でも、ご本人、塗れいてるつもり。。

 

日焼け止めの前の保湿がまだベッタベタですから、その後の日焼け止めなんて、いくらでも伸ばせます。

 

どれだけ伸ばせるか?!というコンテストではないんですよね。

体どれだけ、紫外線カットができているのか、という話です。

 

っていうか、どう考えても、保湿でそれだけ出しているなら、日焼け止めもそこまでいるんじゃないですかね。。

 

米一粒なら、半年も1年ももつのは納得がいきます。うんうん。。そりゃ、もつわな。。

(全く、「効果」というものは、ないでしょうけど。。。)

 

みなさんももう一度量を見直してください。

クリームタイプで、ひと差し指の第一関節まで、歯磨き粉みたいにあ、もりもりと出しましょう。

これ、顔1回分です。

ローションタイプは、500円玉よりも大きいくらい。

手の平いっぱいぬります。

それでも、まだ足らないこともあるかもしれません。

 

ちゃんと正しく日焼け止めが塗れていたら、塗り直しの回数も減らすことができるし、なにより顔にも触らないし、日焼け止めの添加物にふりまされることがありません。

塗り直しが必要な環境というのはありますが、そりゃ、顔を触らなくて

いいなら、それに越したことはありません。

 

まずは、量の確認をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう10月ですね。10月と言えば、ハロウィーンでしょうか。

以前だったら、ハロウィーンの季節になると、たくさんカボチャのお菓子が出てくるので、かぼちゃ大好きなので、それがとても嬉しかったです。

今は、あまりカボチャを食べないので、たまに、ですね。

院内も、ハロウィーンの置物をちょこっと置いたり、院内のアートフラワーをオレンジにしたり、ソファのところのクッションを変えましたがついでにエトロベアーも変えました。

DSC_0011 イエロー系です。

オレンジのクマだったら、まさしくハロウィーンでしがたが、仕方ないです。

このエトロベアーは売っている期間が限られているので、見かけた時にゲットしておかないとなくなります~。

アラガン社のボトックスビスタのポスター、新しいのをもらっているんですが、まだ貼り換えていません。。。すみません。。。

くまつげ先生のグラッシュビスタ®(まつ毛育毛剤)のも、まだです。。すみません。。

 

さて、今月のキャンペーンです。

ご好評のモノは引き続きにしました。

やはり、保湿の基本と、イオン導入ですね。アンチエジングのシリーズも引き続きキャンペーンです。

乾燥シーズン本番ですから、目元の乾燥ジワも深刻になります。30歳を過ぎると、乾燥ジワが固定していまいますね。。

保湿だけでは、どうにもこうにもいかないことも増えてきます。

(でも、保湿は大事ですよ。基本です。)

 

グリシルグルシンのイオン導入も、引き続きです。

毛穴を気にされている方には、ひそかに人気で、ナビジョンのGGシリーズが気になっている方には、かなりお得です。

(ですが、適応のない方もいらっしゃいますから、必ず診察・カウンセが必要です。)

 

これから寒い季節ですので、トゥルースカルプにAC BODYが付くキャンペーンです。

代謝を上げていくのが、これからの季節大事です。

まあ、どこまで強さを上げていけるかは、患者さんの栄養状態によります。栄養不足の方は、マッサージ程度にしてしまうこともあります。

それでも、筋トレ効果があった方がいらっしゃったので、ホントにどこまで強くするかは、今後の検討課題です。

 

あと!先日の「3f」!

自分が糖質制限できるようになって、すっかり忘れておりましたが、晩御飯の後に、お菓子をたべてしまう、しかも寝る直前まで、という、昔の私をしのぐ強者が何人もいらっしゃって、そういう場合は、こういうのいいのかもしれません。気を紛らせてもらうとか。。

ただ、「食べちゃダメ!でも我慢できない~。とりあえず3f!」みたいな使い方はいいんですが、「いや、お菓子は止めないっ!ご飯は止めても!!」みたいな方には、無効です。。。とりあえず、お菓子に手を出す前に、スプレーしないといけませんから。。

 

秋も本格的ですから、ヘアケアも育毛(頭です)もキャンペーン続行です。

 

そして、今回は、肌荒れの方に、ビューティフルスキンのサンプルセットとビオチンのサプリをプレゼントです。肌への負担もなくして、炎症を抑えてくれたらいいな~、と思いつきました。

 

日焼け止めのキャンペーンですが、オバジのプラスプライマーにとって、とてもいい季節になりました。

新しい使い方もプラスプライマーのファンの方には、ご提案しております。

私も、今の季節大活躍ですですが、オバジの欠点は、高いことです。。

先日も患者さんがおっしゃってました。。

すみません、なにせ、ZOオバジは、世界のトップブランドで、ハリウッドセレブ御用達ですから、ブランド代としても高いでしょうし、ZOオバジ製品を使ってみると、お分かりでしょうけど、この品質なら仕方ないか、と。。

で、今回、オバジの日焼け止めだけ、10%オフです。

他の日焼け止めは、日焼け止めサンプルをおつけします。

 

キャンペーンの一部は、数に限りがございますから、ご了承ください。早いもの勝ちですが、適応がないとできません。

気になる方は、お早目に。

アトピーの方のスキンケア・ヘアケアをちょっとお伝えします。

ブログでも今まで何度か書いていますが、かなり前だとお忘れの方もいらっしゃいますしね。

 

まず、「アトピー」と一口に言っても、ピンキリです。

正確には、「アトピー性皮膚炎」なんですが、ちゃんとした皮膚科医から、「アトピー性皮膚炎」と診断を受けた方から、皮膚科医以外の医師から、ただの湿疹を「アトピー」と言われていて、ずっと自分はアトピーだと信じてしまっている方、ちょっと肌が弱いだけなのに(しかもスキンケア・ヘアケアが間違っていたりするだけなのに)、自称「アトピー」と言っている方まで、ホント様々です。

 

今は、ややこしいので、自称アトピーの方は、ちょっと置いておきます。

で、本当のアトピー性皮膚炎の方です。

アトピーでなくても、湿疹皮膚炎がずっとある方も同様と思っていただいてもいいですが、アトピー性皮膚炎は、ベースにアレルギー体質があるので、アトピー以外の湿疹皮膚炎の方とは、一見似ていても全然違ったりします。

 

ちょっとした肌荒れといいますか、乾燥している・保湿がおいつかないくらいであれば、スキンケアと使っている化粧品がおかしいだけですから、それを止めれば、ほとんど良くなります。

(それでもダメなら、かなりの栄養失調ですが、まあ、スキンケアのみ直しだけでかなり良くなります。)

ちょっと軽い赤みがある場合、素人からしたら、気付かないくらいの赤みですが、こちらもスキンケアとおかしな化粧品を止めるだけで、かなり良くなります。

この赤みがあるかないかで、あと、患者さんの自覚症状にもよりますが、それによって、お勧めする化粧品が変わってきます。

 

でも、皮膚科医(うちでも他院でも)からステロイド(ホルモン剤)の塗り薬を出されているような方は、いわゆる「化粧品」はダメですよ。

 

一時的なかぶれ(原因がはっきりしているモノ)で、数日~1週間もしないうちに治るなら、ステロイドを使いながら、一部の化粧品は許可、と言いますか、まあ、そこは避けるように私は言いますが、それを守っているかどうかは患者さんのみぞ知る。。まあ、いけることが多いです。

原因さえ止めれば、ステロイドを使わなくても、体が自然に治してくれるんですが、女性は、やはり早く化粧をしたいし、止めるように言ったところで止めずに、こじらせてしまうことも多いので、原因さえ止めさせて、さっさとステロイドで落ち着かせてしまうほうが、メリットデメリットからすると、メリットが勝つかな、と判断されることが多いです。

私もそうです。

 

ところが、アトピーの場合は、「完治」するわけではなく、コントロールすると言いますか、うまく付き合っていかないといけないものですから、ある意味、終わりがないです。

落ち着いたと思っていたら、すぐまた次の波が襲ってくるといいますから、自分の力でどうこうなるものではないこともあります。

落ち着いたら化粧しましょうね、と言っていたら、いつまでたっても、化粧ができない(この場合の化粧は、基礎化粧ではなくて、ファンデやメイクと思ってください)んですね。

それで開発されたのが、野本先生考案の「ビューティフルスキン」のミネラルファンデやチークや日焼け止めパウダーやグロスなどのメイク用品です。

アトピーの方が、すぐにメイクできるようにと、これ以上はないところまで添加物を抑え、必要最低限にされています。

私も、アトピーに関わらず、顔にひどい炎症があって、ステロイドを使わざるを得ない時に、患者さんがどうしても出かけるのにメイクをしたい、隠したい、と言われたら、ビューティフルスキンだったら、いけるかもしれません、と許可しています。

 

このミネラルファンデのシリーズは、全て粉ですから(グロスは、ワセリンにミネラルの粉が入っているだけです)、クリームや乳液・固形の固めてあるパウダーと違って、おかしな添加物がホントにありません。

 

でも、ほとんどの「化粧品」が、添加物が入っています。

病院でもらう塗り薬でさえ、ワセリン基剤ではなく、クリームや乳液状のモノには添加物が入っています。

でないと、水と油は混ざりません。

病院の薬は、市販のものよりは刺激の少ないモノが選ばれていますが、絶対誰でにでも合う薬なんてのは存在しませんから、合わない方・かぶれる方は、薬であっても、いらっしゃいます。

 

アトピーの方の場合、基本、皮膚のバリア機能の破壊があります。

皮膚のよろいが穴だらけみたいなもんです。

おかしな化粧品と間違ったスキンケアをず~っと繰り返してきた方も、自分でバリア機能を壊してしまって(壊し続けて)、アトピ似たような状態にしてしまっている方もいます。

アトピーない湿疹皮膚炎も、こじらせて、慢性化している間に、バリア機能が壊れてしまっていることもあります。

 

このバリア機能が壊れて、よろいに穴だらけになっていると、この穴から、いろんな異物が入ってきます。

なので、化粧品の添加物なんて、バンバン入っちゃいます。

薬の添加物ですら、さすがにバンバン入られると、合わない・痒くなる・痛い・ヒリヒリするなど何かイヤなことが起こります。

体が「止めて」と言ってくるわけです。

まして、化粧品なんて~っ!!

 

どんなに「低刺激」と証明されているものであっても、添加物は入っているわけですから、バリア機能がある程度保たれていれば大丈夫なのに、バリア機能が壊れているせいで、ダメ!ということが多々あります。

やはり「刺激」になってしまうわけです。

 

冷静に考えてみましょう。

顔が赤くなって、ヒリヒリとか、痒いとか、痛いとか、何か違和感もあって、医者からステロイドまで処方されているわけですよ。

化粧品使って、いいと思います?

 

ダメですよ、使ったら。

せっかく、ステロイドまで使って、皮膚を騙くらかせてでも治そうとしているのに、邪魔しているでしょ。

で、ほとんどの方が、皮膚科医から、「化粧品を使わないように」と言われているはずです。

それを無視して、ステロイド塗っていたらいいや、前よりマシだし、薬よりも化粧品のほうが使いやすいしね、日焼け止めもこの美容液も塗っとかないとね、お肌のお手入れだもんね~、としていること全部が、皮膚も体も怒らせることに。。。

一旦、怒らせたら、そうそう機嫌は直りませんよ~。

皮膚と体の復讐は、根深いですよ~。

 

みなさん、かなり勘違いしていらっしゃる方が多いんですが、「薬」ではない「化粧品」というものは、基本、皮膚が健康な方のためのものです。

ちゃんとしたメーカー・化粧品は、パッケージに、「肌に異常がある場合は、使わないでください」と表示されています。

ステロイドまで処方されている、その状態は、「異常」であって、「健康」ではないですよね。

 

もちろん、日焼け止めもそうです。

これは、薬ではありません。化粧品です。

クリニック用のものであってもそうです。

皮膚炎のきつい時、真っ最中に、日焼け止めは、私も許可しません。

どうしても塗りたい、という場合、「ビューティフルスキンだったらいけるかも」となるわけですが、もうできたら、顔を触る回数も減らしてほしいことも多いので、いろいろ工夫を提案します。

 

で、スキンケアと顔に塗る化粧品と、ヘアケア・ボディケアも同じです。

だって、同じ自分の体ですから。

髪の毛だからいい、手だからいい、というものではありません。

シャンプー・リンス・トリートメント・ハンドクリームなど自分の体につけるモノ全て、固形でないなら、全て、皮膚に反応が出ます。

量の問題もありますし、質の問題もありますが、とにかく早く治すコツは、いらんことをしないことです。

体の機嫌を直してあげないと。

 

特に、アトピーの方の場合、体にはずっと機嫌よくしておいてほしいので、考えられる限りの「低刺激」がお勧めですが、確かに落ち着いたら、「化粧品」を使いたくなりますよね。薬よりも塗り心地がいいから。

 

使える時もあると思います。

でも、使って、また痒くなったり、赤くなったり、ヒリヒリしたらステロイドを使いながら「化粧品」を塗るのではなく、その「化粧品」を一旦止める、ということがとても大切です。

 

 

みなさんステロイドの副作用を診たことがほとんどないでしょうし、実際使っている方も、他人事と言いますか、自分は大丈夫、と思っている節がありますが、これは誰にでも起こりえます。

適切な止め方で、すぐに戻れることもありますが、こじれてしまって、他にも栄養が足りないとか、まだスキンケア・ヘアケアが間違っているとか、おかしな化粧品を使っているなど、ご本人は、おかしいことに全く気付いていないんですが、ず=っと続いていて、どんどんこじれる、ということもとても多いです。

 

今、ステロイドを処方されている方、特にアトピーの方は、どうしてその化粧品を使わないといけないのか、その理由をきちんと考えてください。

ほとんどの方は、ただの思い込みです。

塗らなきゃいけない理由なんて、おそらくほとんどありません。

多少のメリットはあっても、デメリットのほうがかなり大きはずです。

さて、お盆前後から、みなさん、頭の毛、抜けてきてませんか?

まあ、抜けるのはいいんですが、抜ける量、増えていませんか?

秋は、抜け毛の季節です。

抜ける量が一番多いのが秋です。

毛が抜けないと、次の新しい毛も生えてこないわけで、この儀式といいますか、毛の周期の定められた運命なので、「抜ける」ことも大事なわけです。

 

でも、抜けた以上、次の新しい毛が生えてきてくれないと困りますよね。

 

私もお盆前後から、結構抜けています。

特に、毛の長い方は、数本抜けても集まっているとすっごい抜けたように感じますよね。

決して、抜けた毛の数は数えちゃダメですよ。

そんなことをしている暇があったら、お肉食べてください。

数えたところで、何も解決しないところが、気になって気になって仕方ないところに追い打ちをかけますし、そういうストレスが余計に毛が抜けます。

余計なストレスは良くないですからね~。

 

私は、栄養療法オーソモレキュラーをする前から、育毛の薬(医薬品など)をいろいろしていましたが、この秋の季節はさすがにちょっといつもより薄くなったかな?と思っていましたし、ホントは注射でメソセラピーをしたいんですが、自分の頭にさすがにできないので、されている患者さんを羨んでいました。

でも、栄養療法オーソモレキュラーを始めてから、普段の抜け毛は減っていて、この秋の抜け毛シーズンは抜けてはいるんですが、新しい毛が生えてきているおかげで、例年ほど気になっていません。

栄養って、素晴らしい~っ!!

 

毛が抜けてしまうのは仕方ないんですが、早く次の毛が生えてきてくれるように、他の休んでいた毛が早く活動してきてくれるように、休止期の時間を短くし、生えてきた毛が早く太くコシのある毛に育ってくれるようにしていけばいいんです。

 

医薬品も大事な役割をしてくれるので、この辺はさすがに薬だな~、医学だな~、と思いますが、髪の毛にとっての、毛髪を再生成長させる栄養が足りていないと、効果も弱いようです。

 

って、当たり前と言えば当たり前の話なんですが、自分の目で目の当りに、その様を診ていると、ははーっ!と実感ですね~。

 

育毛治療を本格的に始めて、しかも続けていく、というのは、結構お金がかかります。

外用(医薬品含む)やパントガール®くらいであれば、市販のわけわからん、効きもせず、かぶれるような育毛剤とメーカーが勝手に言っている代物を買ってしていることを思えば、ちょっと高いかな、くらいです。

あやしい、医師もいないような育毛サロンなるものに行くくらいなら、10分の1以下のお金で済みますよ、きっと。

 

外用やパントガール®くらいで良くなる方もいらっしゃいます。

 

ドンピシャ!で、はまった方や、元々の薄毛の程度がそれほどひどくなく、ちょっと悪循環にはまっていたのかな、という場合でしょうか。

 

ほとんどの方が、スキンケア同様、ヘアケアも間違っていらっしゃるので、ヘアケアって、肌と違って、ちょっと間違っていても、なんか髪の毛、調子悪くないかな、と気付くのに時間がかかりますから、たかがヘアケアが間違っているとは思っていらっしゃらないようです。

ヘアケアをちょっと気を付けるだけで、今ある毛もコシが出たりすることもあり、やはり頭皮も髪の毛も、いじめちゃダメですね。

(みなさんのしているヘアケアも、いじめているつもりでされているわけではないんですが、間違っていることが多いので、結果、「いじめ」ていることになってしまっているんです。)

 

でも、そういうレベルではないくらい、毛が薄くなってしまっている場合は、そういうことは基本ではありますが、メソセラピーもできたら、お金の許す限り、早くしたほうがいいと思います。

毛の細胞が、完全に弱りきる前に、早く復活させたほうが。。。

 

最新の研究で、いわゆる「禿げ」の状態は、毛母細胞なりが完全に死んでしまっているのでははなく、眠っているだけ、という報告があります。

全部の毛がそうなのかはわかりませんが。

 

でも、完全に、「死んでいる」と思われるくらいの細胞をどうやったら、復活させることができるのか、までは、まだ見つかってはいないようです。

 

今の治療でも、復活してくる毛もあれば、なかなか反応してこない毛もあり、1個ずつ、切り取って、顕微鏡でそう簡単に見れるわけではないので、なかなか研究も大変だと思うんですが、あきらかに、同年齢よりも、薄毛の方は、早く始めたほうがいいと思います。

毛が仮に復活しても、伸びてくるのに時間がかかるので、数日でどうこうなるものではないです。

 

メソセラピーを続けていらっしゃる患者さんから、「ちゃんと毛って、生えてくるんですね。」と言われたことがあるんですが、「お金をかければね、その分は生えるんですけどね。」とお答えしたことがあります。

でも、だからといって、1万円=何本、とか言える世界でもないんですよね。

メソセラピーは、確かに、良くなるんですが、何回か続けていくと、効果に頭打ちがきたように思うことがあり、ああ、ここまでなのか?ここからは、維持になるのか?と思うことがあります。

それは経過を診ていく過程でわかることで、やっている処置中の瞬間にわかるわけではないんですが、増えている毛の数や太さで、「前ほどの勢いがない。。?」と気付くわけです。

 

そんな時に、栄養療法オーソモレキュラーに出会ったわけですが、毛にとっての栄養を、しかもその方に取っての足りない栄養を、効率よく足すわけですから、毛が嬉しそうにしているのがよくわかります。

材料がちゃんと、中から補充されるっていうのは、当たり前なんですが、いいですね。

栄養療法オーソモレキュラーをやりながら、メソセラピーをすると、頭打ちか?と思っていた壁を突破できるというか、次の段階にまた進めるので、とてもいいです。

両方をするというのは、お金がとてもかかりますから、どこまで本格的にやるのか、治療間隔などにもよりますが、いい循環にはまるようにもっていってあげるきっかけになればいいですね。

もちろん、食事は一番に頑張っていただかないといけませんが。

 

以前よりも、女性の抜け毛を気にする年齢が早くなりました。

女性誌での、なんちゃっベジタリアン礼賛や、肉は悪者、のような記事が出続けたために、今女性の体は、ボロボロです。

体の中がボロボロなのに、肌や髪の毛が綺麗で若々しく、なんて、あり得ません。

ちゃんとした栄養を、正しい知識で、一刻も早くつけてほしいです。

 

さて、8月キャンペーンの詳細です。

 

イオン導入の追加キャンペーンは、毛穴のひどい方でないと、あまりやっても効果の実感がわからないのかなあ?と思っていて、あまりひどくない方は、やるのはいいですが、やっても実感あまりないと思いますよ、とやっていました。

そしたら、結構、患者さんからは好評で(無料というのもあるのかもしれませんが)、やった後、毛穴が気にならなくなったから、またやってほしい(料金を払って)と言われる方が多かったです。

ふ~ん、これくらいの毛穴でもやる価値はあるんだな、と改めて実感しました。

まあ、イオン導入だけやっているのではなく、レーザーと組み合わせたり、そのレーザーやイオン導入にしても、患者さんの肌を診て、適応がないものはあまりさせていなので、トータルの結果かもしれません。

そういう意味では、ホントに誰でも効くわけではないとは思っていますが、案外いいこともあるので、まずはご相談ください。

 

当日、いきなり言われても、その後のご予約が空いていればいいですが、空いていないと、適応があってもできませんので、必ず事前に、予約時におっしゃってくださいね。

 

毛穴系にガンガン何かするとしたら、皮脂の多い夏がある意味無難は無難ですが、そこは、肌を診てでの話ですから、誰でも、何でも、OK!というわけではありません。

また、エステや他院でわけわからんことをされてトラぶっても、私は一切知りませんから、肌を診てくれないところでやる方にも責任があると思います。一番悪いのは、そこのエステやクリニックですが、お金返してもらって、済むことと済まないことがありますから、何でもやればいい、という問題ではありません。

もちろん、スキンケアができていることが前提での話ですので、スキンケアもできていないのに、機械や施術に頼ろうとしても、餌食にされるだけですから、ご注意ください。

 

本格的な夏到来と、夏休み、引き続き、9月の大型連休に海外に行かれる方など、体型や体のことは、早くなんとかしてしまわないと!

脱毛は、はっきり言って、間に合いませんが、ちょっとお手入れを楽にしたり、減らしたり、薄くしたりする分にはいいと思いますから、まだ脱毛していない・途中、という方は、お急ぎください。

夏は、ボディ系の化粧品も大活躍ですね。見えますからね~。

まあ、そういう意味では遅いんでしょうけど、夏くらいしか、頑張ってお手入れしよう!と思いませんよね。

そういう意味では、やり時ですね。

AC BODYやトゥルースカルプもね。

特に、セルライトの分解はとても早いので、太もも周り~腰~おしりを気にされている方には、とてもいいです。

あと、おなかの内臓脂肪ですね。

 

夏と言えば、細い女性で、食も細い方は、夏バテ必須!ですよね。

もっとお肉、特に牛肉・豚肉を食べましょう。

もちろん、魚も貝も卵もね。いろんな種類を、たくさん!

栄養療法のサプリも大事ですが、なにより大事なのは、食事と睡眠です。

もちろん、お通じも!便秘・下痢は、美容と健康の大敵です。

 

なかなか食事は無理、という方は、いろいろな裏の手で乗り切りましょう!

処置中などにご相談ください。

それと、点滴をいろいろ足すのもアリです。

とりあえずの、即効性といいますか、ちょっと楽になります。

体調に合わせて、点滴の中身を選んでいますが、いらない、と言われない限り、ほぼ全部のせ、というか、トッピング全部入れ、状態です、今は。

まだ、点滴メニューを完成させていないのと、これ、全部、入れたいやん?と思ってしまっている結果です。。

将来的に変わるかもしれませんが、とりあえず、今は、ほぼ全部のせ状態です。

 

頭にしろ、まつ毛にしろ、刺激はよくないのと、冷やさないように!

自己ケア、勘違いしないように、頑張ってくださいね。

日々の努力で、変わるところは変わりますから。

あとは、医療の力に頼るのが、一番効果的です。

お金と時間は有効に。

 

何がどれだけ足りていないのかは、血液検査をしないとわかりませんから、てきと~に、いろんなサプリを飲んでも、お金のわりに効かない・よくわからない、となってしまうので、もったいないです。

本格的になんとかしたい方は、ぜひ、血液検査(栄養解析)を!!

 

いや~、最近ブログさぼってました。すみません。。なんか忙しくて。

患者さんの栄養解析を一生懸命解析依頼かけてました。

なんか血液検査とか返ってくるのって、重なるんですよね~。

どうしてかな~?と思うと、同じ日に検査している方が重なっていたからでした。なるほど。そりゃそうだ。

先日は、一日中、栄養解析の結果説明に明け暮れた日があり、ちょっとビックリ!

解析結果単独の方もいれば、脱毛や頭の育毛メソセラピーや顔のタイタンやジェネシスやら肝斑セットやらと、他の処置の間に説明することも多いです。

私の先日の4回目の結果も、ちょっと下がってしまい、判定は

Cっ! Bから下がっちゃいました。。血液検査見て、疲れてるんだな~と思っていましたが、良くなっているものもあり、マスクされていた本当の結果が見えてきたのかもしれません。

ちょっと良くなって、いろいろわかってくると、他のいろいろなモノも摂りたくなってしまい、減ったはずが、増えてしまうという。。。欲にはキリがありませんね。。

患者さんのお肌の状況とかいろいろな話とか、今かかっている病気とか、過去の病気とか、先に聞いているので、血液検査、悪いんだろうな~と思っていると、なんとなく予想通りだったりする時はいいんですが、予想以上に悪かったりして、本当に気力だけで、頑張っていらっしゃるんだな、と思うと、胸が熱くなりますね。

よくぞ仕事も休まずに、毎日元気そうに過ごしていらしゃることです。

あ~、頭が上がりませんね。

女性は、すごいっ!

どうしても月経がある間は、絶対的な鉄欠乏になるので、男性よりも、初潮が始まった頃から、身体的にハンディを負っているのです。

頑張れ!女性!もっと肉、食え!

閉経したら、出血は止まるわけですが、もっとお肉やレバーを食べないと、溜まっていきませんからね。頑張れ!

さて、この週末は、またまた東京へ、栄養療法オーソモレキュラーのセミナーに行って来ました。

今回のテーマは、「皮膚」っ!

これは、行かねばなりますまい。

午前中と午後の半分くらいは、みっちりと理論の勉強ですが、新しく知ることもあったり、合点がいって、目からウロコがボロボロ大量に出ましたね~。

いや~、良かったです~。

あと、自分がやっている治療(スキンケアや内服や外用やレーザーなど含めて、皮膚全般に関する治療)が、栄養療法的にも良かって、科学的に説明するとこういうことなのね、と嬉しくなってしまいました。

ますます自信を持って、治療にあたっていけます。

パワーアップですっ!

4回目の解析結果と合わせて、ちょっといろいろ変えたりして、ちょうど忙しかったのも手伝ってか、ちょっと痩せました。

いえ、体重はあまり変わらないんですが。筋肉量が増えると、重くなりますからね。

体脂肪がちょこっと減って、服に余裕ができました。

4か月たって、いい感じのところまで来たのもあるので、これからやっと、本当のダイエットの始まりですかね~。

まあ、私の年で、いきなり痩せますとね、皮がたるむのがひどくなりますから、いくら、トゥルスカやタイタンに助けてもらうと言っても、無理なモノは無理です。限界があります。

ゆっくりが基本です。まあ、今くらいのペースでもいいか。

私の甲状腺機能が、ちょっと低下したいた件ですが、ホルモン剤は飲まず、ほかの方法で様子を診ています。

あ!

大島椿の担当の方から、ご連絡をいただきました。

あのカラートリートメント、お試しセットは、もう生産していないそうです。

あら、残念!

でもまあ、そこまで高いものでもないし、他に売っているカラートリートメントのことを思えば、現品でいいと思います。

髪の毛の長さでも違いますし、現品のサイズのほうが使いやすいですしね。

ダークブラウンをして、ブラックを別に日にやる、というのは、私が勝手にやっているだけで、メーカー保証はないですよ?

皆さんももし、マネされるなら、自己責任でお願いします。

もちろん、アトピーとか頭の皮膚に異常のある方が、やって大丈夫、というものではありません。

あくまで、一般の化粧品というのは、皮膚にトラブルのない方のためのモノですから、アトピーだけど、髪を染めたい、という方は、診察に入って、診てから、やってくださいね。

眠いので、寝ます~zzzz

寝てしまう前に、お休みなさい。

今日は、ちょっと簡単に。

みなさん、白髪って何で染めていらっしゃいますか?

今までに何度も書いていますが、いわゆる白髪染めの「ヘアカラー」は一切勧めていません。

アレルギーが出ない方でも、皮膚へのダメージが大きいからです。

白髪染じゃなくても、若い方のオシャレカラーも、使っているモノは同じですから、勧めていません。

特に、髪の毛の抜け毛や薄毛で気にされている方は、止めるように言っています。

ヘアカラー以外だと、ヘアマニキュア、もしくはカラートリートメント、もしくは、ヘナです。

ヘナを除いたモノは、どうしても濡れていると、色落ちしやすくなりますから、洋服などに色移りする危険がありますね。特に、夏の暑い日など。梅雨もね。ジメジメしてね。汗かきますよね。

そういう場合に、着物を着るとか(夏でなくても)、白い服を着るとか、しかも自分では簡単に洗えないとか。

そういう場合に、すぐに落ちやすいマニキュアやトリートメントでは、心配。。。という日もありますね。

そういう時は、ジアミン系の入っていないヘアカラーをお勧めてしています。それか、ヘナ100%か。

ヘナ100%で染めてくれる美容院をお探しの方は、必ず、そこの美容院のHPで、「ヘナ100%」と書いてあるのか、確認してください。

ヘナ100%(あるいは、インディゴが混ざるのは仕方ないですが)ではないくせに、ジアミンをほんのちょびっと混ぜていて

(いわゆるノンアルコールビールみたいな感じ?ノンアルコールビールというのは、全商品ではないですが、全くの0%ではないものがあります。微量~に入っているものもあります。要は、検出されない濃度というか。○○%以下なら、ノンアルコールと言っていい、とかなんとか決まっていたと思います。お酒だけでなく、いろんな商品全般に、法律がどこまであるのか、業界の自主基準なのか、まちまちでしょうけど。)

HPには、「ヘナ 100%」とは書いていないんですね。口頭で聞くと、「ヘナ100%ですよ」と言います。だって、口で言ったことって、証拠が残りませんからね~。悪質ですね~。

ちゃんと、こだわって、「ヘナ 100%」を取り扱っている美容院は、そういうことがちゃんとHPに書いてあります。

ヘナのメリットとデメリットも含めて。

売る側の、勝手な営業文句を、そのまま信じるのは止めましょう。

良心的なお店がどうか、HPだけではわからないことも実際多いですが、とりあえず、ネットで検索かけて、上位にランキングが来たら、参考までにみる程度にして、そんな広告戦略に乗らない!

SEO対策で、いくらでもお金さえ払えば、ランキングは上にできます。そうやって、いいカモにされているんです。

検索の単語によったら、本当に良心的なところにあたることもあるでしょうけど、大勢の方が検索をかける、儲かりキーワードは、多くの企業やお店が、上位に来るように、莫大なお金をかけているんです。

それに、まんまとひっかかってやってきた、まぬけなお客さんから、お金をだまし取るなんて、朝飯前です。搾り取られるだけ、絞られますよ。

実際、いいお店が上位に来ている場合もありますが、そこは、HPだけでなく、実際に来院してみたら、ある程度はわかりますよね。

まあ、1回や2回ではわからないこともありますが、おかしいかな?と思ったら、一旦、止める、立ち止まって考える、ということをしましょう。

一方的な情報を鵜呑みにされないように。

何回通っても、そのお店がいいと思う!私は騙されていないし、それに見合う対価を払っている!と自信を持って言えるなら、それでいいじゃないですか。運命のお店(?)に出会えたんでしょう。ラッキーです。

そのお店と、考え方などにマッチされたということで、めでたしめでたしです。

話を戻します。

さて、ジアミン系の入っていないヘアカラーは以前にもご紹介しました。

今回は、カラートリートメントのご紹介です。

私は、美容院で、基本月1回ヘアマニキュアで白髪を染めてもらっていましたが、ここ1年くらいは、あまり時間がなく、自分で、市販のヘアマニキュアを使ったり、カラートリートメントをしたり、非ジアミンカラーを使ったり、(ヘナはまだです)と、その場しのぎです。

たまに美容院でしてもらいましたが、ともかく時間がかかって仕方ない!

なんとかならんか、と思ったら、自分でするほうが時間の融通が利くか、とマシなほうを選びました。

ヘアマニキュアも、市販のものって、白髪にはそんなに染まりはよくないですよね。

(染まりが良すぎる、というのも、ちと問題かと。。)

なにかないかな~と、一番簡単なのは、部分のマスカラみたいなヤツですが、頭頂部の広範囲となってくると、マスカラみたいなのではバシバシになりますから、そこで思い出したのが、ヘアカラートリートメントです。

なんと!あのアトピコの椿油でおなじみの、大島椿から、椿油シリーズの、「ヘアーカラートリートメント」が出ています。

DSC_0364.jpg  色は、ブラックとダークブラウンだったかな。

かなり昔ですが、東京大丸のところの東急ハンズで、これのお試しセットみたいなのがあって、5回分くらい入っているお手頃なのがありました。

それをやったことがあります。

で、患者さんにも、簡単に染めたいと言われたら、こちらを勧めていました。

ちょっと前に、大島椿の方にその話をしていた時だったかに、テスターをくださって、たまにやっていました。

でも白髪って、そう簡単には、ヘアカラーほどには染まりませんよね。

で、ダークブラウンに、ブラックをする日を足してみたらどうだろう、と今日、東急ハンズに買いに行って、買ってきました。

さっき、試してみました。

やっぱり黒だからか、やり方を勝手に工夫したせいか(パッケージには書いていないやり方なので、いいか悪いのかはわかりません。やってみたい方は、処置中にご相談ください。)

ダークブラウンよりも染まっているような。。。

やっぱり両方あったほうがいいですね。

カラートリートメントですから、止めたらすぐに落ちるし、1回でつくのも、それほど付きませんが、似たような商品の中では、まだ添加物は圧倒的に少ないほうです。

(こちらは、アトピコのように、敏感肌などの方に、安全テストがされているわけではありません。

さすがに、染料では、ちょっと難しいかも。。。ヘナだから、アトピーの人にも安全というわけではありませんよ。かぶれる方は被れますから。)

ずら~っと商品がな並んでいて、これはちょっとのスペースしか置いていませんでしたが(京都店には、お試しのはありませんでした。置いたらいいのにね。)、他社の、わりと染まりやすいカラートリートメントが優勢でした。

確かに人気なのかもしれません。

でも、裏のパッケージを見ると、添加物の量が全然違いました。う~ん、そりゃそうだわな。。。でないと、そこまで染まらんわな。。

ま、何を度選ぶのかは、使う方の目的と相性ですね。

ヘナはイヤだし、マニキュアよりも優しいものはないかな、とお探しの方は、ぜひ一度お試しください。

毎日ちょっとずつやっていけば、より染まるようです。

(私は、メンドクサイのでしていませんが。。時間がある時に、なにかちゃんと染めないとね。)

大島椿さんから、うちの患者さんへどうぞ、と市販のドラッグストアやスーパーで売られている、最もメジャーな椿油(ロングセラー・ベストセラー)をいただきました。

大きなほうですよ~。

6月のキャンペーンで、使わせていただきます。

告知が遅くなり、申し訳ありません。

この椿油って、どこのスーパーでもどこのドラッグストアでも売っていますよね。

まさに、ロングセラー・ベストセラーです。

またこうやって書くと、大島椿以外の、「椿油っていいんでしょ?」と、隣に置いてある安物のほうを、勘違いして買っちゃう方や、市販の他のメーカーの椿油を買ったりと、あるいは高いんだけど、中身は全然違うものとか。。

「椿油」と一言で言っても、メーカーによって、作り方や原材料など全然違います。

また、口から入れる食用と皮膚に塗るものって、「良いモノ」って基準が全然違います。

髪の毛に塗るなら、まあまだいいですが、皮膚に塗る場合、「搾りたて」は勧めていません。

ところは、もし椿油を食用するのであれば(油の専門店では売っていますし、大島椿さんでも取扱いがあるらしい。詳細は知りませんが)、それはもちろん、エキストラバージンでしょう!!

皮膚と粘膜で、免疫の働き方も違いますから。

純石けん(石けん素地100%)と違って、どのメーカーでもいいですよ、というものではありません。

椿油は、一家にひとつあると、とても便利ですよね。

実際、このパッケージにはいろんな使い方が書いてあるので、皆さんも一度ご覧ください。

(なんでもそうですが、みなさんは、パッケージや中の説明書を読まなさすぎ。。。結構いいことやタメになることが書いてあることが案外あるんですよ。)

アトピコの椿油との使い分けが、一番節約できるかもしれません。

(アトピコのほうが高いから)

詳しくは、診察中、もしくは処置中にお聞きください。

みなさんのところは、雪は大丈夫でしたか?

私は、今日はホントは、初売りセールに梅田阪急に行くつもりをしていたんですが、もう出かけるのを止めて、ほとんど家にいました。

もう雪は大丈夫だったんですが、こんな寒い日に出かけても、特に初売りセールなんて、また買わなくてもいいものを買ってしまいそうで、絶対に狙っているモノがあったわけではなかったので、家で片づけに続きをちょっとやってました。

本棚の整理をして、気になった本を読み返したり、テレビを観たり、のんびりさせていただきました。

ありがたいですね~。

ホンットにテレビって好きで、温かい部屋で、本を読みながら、テレビも観る、って、なんて、幸せなんでしょう~。

ちょっとテレビ三昧かも。。ホントは、あまり良くないんでしょうけど、ここまでテレビ三昧も久しぶりだから、まあいいでしょう。

さて、お待たせしました。1月のお正月キャンペーンです。

今月のお菓子は、オーレリー特製の、ブール・ド・ネージュです。アーモンドパウダーたっぷりのクッキーで、白い粉砂糖がかかった、ふわっと口の中で溶ろけるクッキーで私も大好きです。ぜひ、ご賞味ください。

(写真を撮ってくるのを忘れました。。またアップします。)

お正月恒例(?)の、化粧品一式の福袋です。

オバジ・ナビジョン・エビーゼでセットをそれぞれ組みました。

椿オイルに純せっけんもつけて、日焼け止めもセットですから、これだけで、基礎化粧品は完璧ですっ!!

アンチエイジングを考えたセットばかりになると、若い方が困るので、それでナビジョンは、シンプルセットのほうも作りました。

セット価格で、いくら、としようかと思いましたが、レチノール商品のどれを選ぶかで、価格も変わるし、特に、オバジはどこまで揃えるのかでも変わりますし、お肌に向いている向いていないでも、セットの内容も変わるし、というので、まとめたセット価格を止めました。

(1個ずつの価格も覚えていなかったのと、会計が恐ろしくややこしくなるので。。)

ヘアケア商品も同様です。石けんシャンプー派も大勢いらっしゃるし、もうトリートメントなしで、椿オイルのみでいけてる、という方もいらっしゃるので、選んでいただきやすいようにしました。

ただ、どれも一式買いになるので、かなりお得にさせていただきました。

だって、福袋だもの~。

この機会に、試してみたかったものを試されるのも、いいですね。

ただし、どの商品も説明を受けてくださいね。もうお済の方はいいんですが。

商品によったら、勧めない場合もあるし、患者さんにも覚悟が必要だったり、テスターで使い心地を試していただいてからお勧めしています。

全部の商品がテスターがあるわけではありませんが、試せるものは全部試していただいてのご購入を勧めています。

絶対に誰にでも合う化粧品なんて、存在しませんから、塗った瞬間や数分で痒くなるとか、刺激があるとか、個人のお肌によっては可能性はゼロではありませんから、私は、試せるなら、試さないと!と思います。

化粧品って、合わなかった時って、ちょっとブルーになるでしょう?

モノによったら、我慢していただくモノもありますが、そうでないモノの場合は、体が今は止めて(一生かもしれませんが)、と言っているわけですから、素直に言うことを聞かないといけません。

たかが化粧品、されど化粧品です。

クリニック用は、それだけ効果も出る分、リスクが伴う場合もあります。

デパートの高級化粧品に比べたら、お値段は良心的ですが、それでも、安くはありませんからね~。

今の自分にとって、目的に合うモノ、ちゃんと理解した上で使う、正しく使う、ということをすると、効果倍増どころか、数倍にもなって帰ってくるという、大切なパートナーである化粧品ですから、なんでも使えば、買えばいい、というものではありません。

そういう買い方を今までしてきて、お金と時間の割に、お肌綺麗じゃないでしょ?

肌が実証してくれているわけです。

使い方が間違っているんです。逆効果になることも多々あります。。。残念ですね~。

それと、福袋定番のイオン導入福袋です。

イオン導入は、安くて、しかも安全で、その割に、足せるんだったら、足したほうがいいです。エステ感覚で簡単にいけるところが、私はいいと思います。

こういうのって、回数は多いほうがいいですからね、そりゃ、もっと大量に導入できるものもありますが、お値段も上がってきますし、そこまで上がると、回数をするにしても、レーザーに足すにしても、トータルの価格が結構してきますから、そういう意味では、お勧めです。

この厳寒の折、ちょっと簡単にお肌を労わってあげるには、お勧めです。

そうそう、大島椿の方が、うちに患者さんにどうぞ、と椿オイル(市販の分)をいくつかくださいましたので、1月のキャンペーンにつけさせていただきます。

数に限りがありますので、早いモノ勝です、すみません。無くなり次第、終了となります。

この季節に人気なのは、やはり注入系です。

マスクや帽子もあるから、隠しやすいのか、イベントがひと段落して、内出血なども気にならなくなるのか、1月にされる方も多いです。

50代の方で痩せておられる方は、やはりボリュームアップ系はいいですね~。

特に、目の周り。

目の周りが凹んでいる方、多少は誰だって凹んでいるんですが、それが深くなると、老けて見えたり、疲れて見えたり。。

それがちょっと浅くなるだけで、若々しく見えるから、不思議ですね~。

脂肪って、若さの象徴ですから~。(減った脂肪の代わりに、注入するわけです)

ただし、欲をかいて、入れすぎないこと!

特に、ヒアルロン酸は、目の周りは、吸収も早いモノを使いますから、多めに入れて、という方も多く、多めに入れた分、吸収も遅くなりますが、それが裏目に出ることも多いです。。。まあ、場所にもよるんですけど。。

ヒアルロン酸は、後から水分を吸着して膨らみますから、ボリュームがさらに増えることもあります。これが予想よりも(ご本人の。時々私のも)超えて、ボリュームアップすることもあります。

注射の腫れも引くし、麻酔も吸収して減るし、吸収も始まるから、入れ過ぎなければ、私から見たら、とんとん、と思うことが多いですが、あれ、思ったよりも水吸ったな、ということも。

私から見たら、膨らんだな、と思っても患者さんは喜んでいることもありますが、これは、微量な差なので、困らずに済んでいると思います。

欲をかくと、あそこで止めておいたら良かったのに。。。ということもあります。

ちょっと物足りないか、ちょうど良い、というのが、一番自然で、ちょっと若々しくなっていいです。

入れ過ぎても、日にち薬でなじみますけどね、入れす種類にも場所にもよりますし、どう感じるのかは個人差が大きいですから。

特に、初心者の方で、目の周りは、欲をかかないほうがいいですよ~。

その点、レーザー系(うちにある、炭酸ガスレーザー以外)は、痛くないし、やったことが人にばれませんから、美容医療初心者の方は、それから入るほうが無難ではあります。

レーザー系でできることの限界はあります。(ボリュームアップはできません)

真冬は、お肌の代謝も落ちてるし、血行も悪いので、光・レーザー等はいいですよ。

(種類・設定・肌の状態によります)

代謝を上げるのは、AC BODYもトゥルースカルプもいいですけどね、美肌とは違う。

代謝を上げることでの恩恵はあるでしょうけど、患者さんの思っている美肌とは違いますよ~。

(先日、テレビで温泉の紹介をされていて、温泉=乾燥肌に効く、というわけわからんことがナレーターで流れていて、温泉→血行が良くなる→肌にいい→乾燥肌に効く、という図式らしく。。。飛躍しすぎやしっ!!

温泉が一番いいのは、天地療法と言って、環境を変えることによるストレス発散です。旅行はなんでもそうだと思いますが。

温泉に限らず、大きなお風呂にゆっくり入ると、そりゃ血行は良くなります。

ただの水と比べて、温泉はいろんな成分が入っているので、ホントは乾燥肌の方・敏感肌の方が長湯をしたらダメなことも多いです。逆にカサカサになることもすごく多いです。皮脂・汚れを取りすぎるんですね~。温度も高めなことが多いし。

ただ、周りの雰囲気で、リラクゼーション効果のほうが高いので、短時間であれば、そういう方もアリですが、肌の弱い方・トラブルのある方・出やすい方は、行く温泉の水質を調べて、皮膚科医に相談してくださいね。

温泉=美肌、ではありません。

昔でいうところの「肌にいい」=今の時代の「美肌」は、似て非なるものですから。

今の季節人気なのが、帽子で隠せる育毛メソセラピーでしょうか。

今はほとんどの方が、注射で直接ですから、前ほど、髪の毛も汚れないし、夏ほど気にならないですが、精神的にしやすいようです。

帽子って、便利ですね~、頭も冷やさないし、ポカポカしますものね。冷えは大敵です~!!

(育毛相談の大半の方が、高いメソセラピーをする必要はありません。

一番大事なのは、ヘアケアです。

必要な方・した方がいい方・早速始めたほうが。。という方には、はっきり申し上げているので、そういう方は、やっぱりしたほうがいいと思います、お金と時間が許せば。

した方がいい方というのは、同世代の方と比べて人目を引くくらい、薄毛の場合、です。

それ以外の方は、やってはダメではないですが、治療に終わりはないので、(一生かけて、毛はどんどん減るし、細くなるわけですから。老化は止められないので、遅くするくらいしかできません)、効果が見えそうな(適応がある、という意味で)場合じゃないと、やっても楽しくないでしょう?

どうしても試したいなら、構いませんが、そのお金をヘアケアに回すほうがいい方も多いです。

ヘアケアができていない方のほうがすごく多いので。。。

何でもそうですが、一番に、スキンケア・ヘアケア・ボディケアです。いらんことをしない、ということと、必要なことはしてあげる、ということ。

二番に、化粧品・塗り薬・飲み薬・サプリも含めた、ホームケアです。

三番に、クリニックでの医療ですね。

二番と三番をどこまで抜けがけして、混ぜていくのか、ケースバイケースですが、ゼロになにをかけても、ゼロでしょう?

でも、1や2に、なにかかけたら、大きくなりますよね?

美容医療は、相乗効果であって、足し算にならない場合もあります。

足し算でいける場合もありますが、純粋な足し算にはなりませんよ。マイナスが発生しますから、費用対効果・効率はすごい悪いです。

やはり、理解してなんでもやらないとね。もったいないですよ~。

今年こそは、もっないこと、止めておきましょうね~。