プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近投稿した写真

ホーム > 化粧品



遅くなって、すみません。

あと、昨日アップした12月のキャンペーン、追加しました。

またしても、寝てしまいまして。。もうあれ以上書けなかったので、朝起きて反省し、追加となりました。

 

今回、初めての、タイタン・ジェネシスをされる場合は、HAフィルパッチプレゼント!です。

HAフィルパッチって、化粧品なので、好きな方はお好きなんですけど~。

。。ちょっと高め。でも、適応のあるところに使用した場合、翌日には、即効性が認められますから、シンデレラ効果と言いますか、イベント前にはおすすめです。

10人にお一人くらい、びっくりして使えない、途中で剥しちゃいました、という方がいらっしゃるので、まずはお試しで、どうぞ。

 

そして!!

栄養療法オーソモレキュラーの当院初のキャンペーンです!

ビタミンDとオリーブ葉のキャンペーンです。

先月来られている方には、資料をお配りしているのでご存知ですが、こちら両方とも、これからの季節の感染症対策になくてはならないサプリメントです。

抗生物質(化膿止め)って、飲まなきゃいけない時はあるんですが、予防で飲むっていうのは絶対にしてはいけないし(病気にもよる場合もありますが)、乱用することで、耐性ができちゃって、これが一番やっかいです。やはり、ここぞ!という時に使って、ドンピシャっ!と効いてほしいものです。

その抗生物質も、妊婦さんや薬の飲めない方の場合、どうするのか、って難しいですよね。

でも、この2種類は、大丈夫なんです。

(って、この栄養療法オーソモレキュラーのやつじゃないとダメですよ。何度言っても、しつこく市販の質の悪いのを飲み続けている方がいて(ブログを読んだのに)、しかも、ご自分が飲んでいるのだけは、大丈夫となぜか思っていらっしゃいます。

何度も書きますが、わけわからんものが入っていることで、肝臓は解毒のために、余計に働きますし、その際に、栄養が使われます。そして、その飲んでいるサプリには、ほとんど栄養は入っていないし、添加物だらけ。

裏の成分表すら見ない方は、もうサプリを買って飲むのは止めましょう。広告に踊らされているだけでしょ。ろくでもないんだから。

 

サプリで思い出しましたが、先日、アポもなしに、とある、クリニック用(としても売っている)サプリの会社の営業が来て、診察の邪魔をしました。

こういう営業が一番腹立つんですが、うちのインターホンには、アポのない人は、インターホンを鳴らすな、と書いてあります。営業一切お断りとも。

そのうえで鳴らすというのは、自分の都合しか考えておらず、(ちゃんとした営業の会社は、そのままインターホンを押さずに、ポストに名刺と資料を入れるか、電話して来られて、アポを取ろうとされます。素晴らしい!)止めてくれ、と書いているのにやる営業は会社も含めて、絶対に付き合いませんね~。どうせ、そういう会社です。ちなみに、このサプリの会社も。

もともとアメリカの会社で、クリニック用、アメリカのドクターの3割が患者さんに使っているとかどうとかが宣伝文句になっていたような気がしますが、そのサプリがなぜかネットでだれでも買えるという、わけわからん、お金のためなら、要は売れればいいわけのサプリです。

(そもそも、そんなものを、アメリカの医者の3割が患者さんに使うのか?!誰が言っているんねんっ!と疑いたくなります)

ちなみに、中身は、すっごい質が悪いです。

オーソモレキュラーで勉強して、そんなサプリ、うちの大事な患者さんに出すわけないやんっ?!と憤慨やるかたなしですが、まあ、そんな会社の営業に言ったところで、気づくわけもありません。ダメな会社ですね~。

 

話がそれました。

なんでしたっけ?。。

 

そうそう、ビタミンDとオリーブ葉ですね。

ビタミンDは、オーソモレキュラーのは、ちゃんと効くし、血中濃度もちゃんと上がるので、これは絶対に血液検査で確認して処方します。特に、続ける場合ですね。花粉症などのアレルギーには、即効性もあるし、一気に濃度を上げてしまうこともあります。あとが楽だから。

他のサプリは、血中濃度なんかまあ、上がりません。

もし上がったら、そんなもの、医者の管理もないのに、一般で売っていること自体、おかしいし、危ないと思います。過剰症を引き起こしたら、大変んですから。

上がるわけないから、市販で売っているんですよ。そんなもの、飲んで、なんの役に立つと言うんでしょう。。不思議ですね~。あ、日本経済はお金が流れるから、ちょっとよくなりますかね?

そして、こちらのオリーブ葉は、中身もさることながら、配合具合など、日本とアメリカで特許を取得されているそうです。

そんじゃそこらの、金儲けしか考えていないサプリとは違うんです。効かせたいから、その内容で作った、というサプリなわけです、どれも。

オリーブ葉は、血液検査はいりませんが、診察・カウンセリングは必要ですので、処置中にお聞きください。

 

もしかしたら、また思いついたら、キャンペーンを増やすかもしれませんが、もちろん未定です。気が向いて、思いついたら、です。

その時は、ご了承ください。

 

12月のセミナーの準備を始めていたら、あまりに膨大すぎて、ちょっと焦りだしました。。流れは、なんとなくできているんですが、頭の中でガサガサしていて、まとまっていない感じ。。

時間がないです。。

 

なので、今日は簡単に。

 

まつ毛の育毛、みなさんされていますか?

私もたくさんの商品をもっているんですが、どうも私はどの商品とも相性が悪いようで。。

 

うちでは、まつ毛の育毛や医薬品とクリニック専売品との2種類取り扱っていて、患者さんのそれぞれの要望や状態で、どちらも人気です。

やはり医薬品(アラガン社のグラッシュビスタ®ですね)のほうが、同じ期間使用したのであれば、濃さや長さや密度が勝っていると思いますが(患者さんの経過を診ていて)、個人差が大きい場合ももちろんあります。

ただ、グラッシュビスタ®は、医薬品ですから、副作用があり、全員の方に出るわけでもないですが、下まつ毛に塗りたい方は、ダメですよね。

あと、色素沈着が出やすい方(副作用でね)や、そういう副作用が心配の方にも向きません。

そこで、ZOオバジのまつ毛育毛剤になるわけですが、こちらは、上にも下にもOK。リキッドアイライナーみたいな感じになっているので、使いやすいですね。

 

グラッシュビスタ®をお使いの患者さんは、たまたまかもしれませんが、みなさん順調に伸びていて、濃くなっていて、羨ましい。

今までお一人だけ、4か月ほど使ったけど、全然伸びなくて(それでも最初よりは伸びたんですが、ビューラーはちょっとしやすくなったそうです。すぐに伸びが止まったような感じで、密度はちょっと濃くなってました。)、4か月使って、この程度だから、薬との相性が悪いのかも、と止めてしまわれました。

 

オバジのほうは、医薬品ではないので、のんびりと言いますか、化粧品扱いなので、使いやすいのは使いやすいです。

先日、オバジを買って使われていた患者さんが、まだ1か月だったんですが、やっぱりグラッシュビスタ®に変える、と言われ、まつ毛を診たら、結構伸びてました。密度も濃くなっていて、結構効いてました。1か月だったら、十分でしょ、ていうくらいいには伸びていたんですけど、追加で買われました。

 

どちらもですが、使っておられる患者さんみなさん、まつ毛が濃く長くなっていて、診るたびに、私も頑張ろう!と誓うんですが、家に買えると忘れてしまいます。。

 

で、思い出したように使うと、翌日、もしくは翌々日には、私の目はめばちこ(ものもらい)ができるんですよね。

なんか眼に違和感があるな~、と思ってみたら、プチッと

できています。

あ~あ~。

 

他の商品も同じです。

翌日、翌々日ってことはないかもしれませんが、ちょっ数日続けると、プチっとできています。

 

できていたら、止めないといけないし、そのうちまた忘れてしまうので、いつまでたってもできないんですが。。

 

最近は、グラッシュビスタ®で、うっすら色素沈着ができるようになり、そこまで体がイヤか?!と問いかけたくなります。

(副作用なので、止めたら、すぐに治ります。

治らないという方は、何かが間違っているので、ぜひ診察をお受けください。

 

私は、普段アイメイクはしないし、最近は思いだしたら、ビューティフルスキンのをつけるんですが、基本しません。

おでかけの時には、ちょっと付けます。(忘れていることも多いんですが。。)

マスからは、ちょっと付けます。

そしたら、最近は、そのお出かけくらいでも、翌日(ひどい時は当日夜)に、めばちこが~っ!!

マスカラもイカンか。。

(とりあえず、マスカラは、新しいのにかいかえルほう買うがいいです。)

 

体のいらんことをしたら、アラームみたいに、「お知らせ」してくれるのは、とてもありがたいんですが。。

このままだったら、アイメイク、できひんやん。。。

う~ん。。まつ育したら、マスカラつけなくていいかな、と思っていましたが(実際そうだし)、私のまつ毛、どうなっているんでか!!

 

ちょっと考えます。。

男性のニオイ対策の化粧品が、大手メーカーがいろいろ出揃ってきましたね。

資生堂は、早々に加齢臭対策として、ノネナールが加齢臭の原因であることを突き止めて、「ジョイフルガーデン」を販売しましたが、男女のための加齢臭対策で(女性も加齢臭は出ます)、今いろんなメーカーが出している男性用のニオイ対策商品とは、ちょっと違うものかな。

(ちなみに、「ハーモナージュ効果」というのは、「香りでマスキング」というものとは全く別物で、科学的に、その香り同士でないと意味のない組み合わせになっています。科学の結晶です。

「マスキング」は、ホントにごまかしているだけで、ひどい場合は、悪臭に変わったり(相性が最悪で、増強させたり)することがあります。)

 

前にも書きましたが、男性用化粧品というと、メンソールだらけで、なんでもかんでも、ス~っとさせればいいと思いやがってっ!!と、メーカーに憤りを感じます。

男性が、ベタベタするのを嫌うというのもあるでしょうし、昔からメンソールのスウスウするのって、多かれ少なかれ、男性用のヘアトニックとかアフターシェーブとか、いわゆる男性化粧品には入ってきたので、そういうものだと思っている男性もいらっしゃるでしょうし、あれが好きという方もいらっしゃるのでしょう。

(嫌いだったら、メーカー側も、混ぜたモノをずっと売ったりしないでしょうから。)

 

ところが、男性も女性のように、乾燥肌の方が増え、大人のアトピーも、アトピーまでいかなくても、乾燥肌からちょっとした湿疹皮膚炎などの皮膚トラブルも増えてきていると思います。

男性と言えば、女性よりも脂っぽい、というのが、昔の定番だったのにね。

男性も女性も、乾燥肌の方は、やっぱり動物性蛋白質をあまり摂っていないと思います。

摂っているつもりかもしれませんが、全然足りていないから、皮膚にまで栄養も脂も回ってこないのです。

昔みたいに、男性=脂っぽい、のであれば、メンソールやアルコールが少々入っていても、そんなに負けなかったかもしれませんが、なんでもかんでも入っているし、昔は、1種類くらいしか使っていなかったのが、シャンプーも使う・ボディソープ・洗顔せっけん・化粧水や乳液・ボディ用ふき取りウェットティッシュなどなど、たくさん使うようになって、その結果、皮膚にもメンソールが触れる機会が増え、皮脂のない乾燥肌だと、守ってくれる皮脂も足りていないわけで、どんどんボロボロに。。。

 

商品によったら、「ニオイでごまかさない!だから無香料!」みたいなモノがありますが、メンソールやアルコールでごまかすな!と言いたいです。

 

男性のニオイは、いろんなメーカーの発表によると、年代によって違うそうです。30代~ニオイがきつくなってきますが、皮脂汗臭とよく言われますかね。

40代~加齢臭までまだいかなくて、皮脂の成分が違っていて、その皮脂やら汗を皮膚にいる菌が分解してニオイを出す、というのをマンダムが発見したんでしたっけ?

 

原因がわかったのであれば、対策がたてられるわけですが。。。

 

ワキでもそうなんですけどね、ニオイというと、皮膚にいる菌が、なんらかの関わりをもっていることがとても多いんですが、単純に「菌を殺す」というのがあります。

ただ、殺菌剤となると、いい菌も悪い菌も殺しますし、皮膚の上の菌のバランスをくずしますから、どこまでするのか、とても問題になります。

メンソールやアルコールをたくさん使っているのは、薬剤の混合や浸透させるために、さらっとした感触(べたつかない)などもあるんでしょうけど、アルコールで、殺菌しようとしていないか?!と疑いたくなるくらい、山ほど入っているので、それだと、乾燥肌の男性は毎日耐えられません。

耳の後ろやうなじなども皮膚もそれほど強いところではないし、脂性の方でも、ずっと使っていたら、皮膚がやられてくるんじゃないのかな。

アルコール消毒と同じですよね?

 

それだったら、ハーモナージュ効果のほうが、よほど安全です。

(男性臭対策用は、まだ資生堂は出していませんでしたよね。)

できれば、香水みたいに、香りだけつける、というのが理想ですけど。

(原因が皮脂や汗になってくるので、どうしても「洗浄」、しかも「しっかり」となってしまうんでしょうかね、どのメーカーも。)

 

そんな中、ロート製薬から、「ノンメントール」というのが男性用で出ましたね。デ・オウのシリーズ。

ついでに、アルコールももっと減らしてくれたら良かったのに。

まあ、そういう商品が出てきたことがとてもめでたいです。

いろんな商品があって、(できれば、安全なものばかり、というのが理想ですが)、消費者側が、好みや肌の状態で選べる、というのが一番いいのかもしれません。

 

シャンプーにしろ、ボディソープにしろ、あんなにメンソール(やアルコール)入れていたら、冬乗り切れませんよ。ス=ス=しちゃって。寒くないのか?!

薬剤の配合によったら、どうしてもべたつくなどいろいろありますから、絶対に入れるな、とまでは言いませんが(入れないでほしいですが)、もっと減らしてほしいな~、と思います。

男性だって、肌弱いんですよ。

お知らせが遅くなり、申し訳ありません。

昨日は、衹園の「炭火割烹 いふき」さんにお伺いしてきました。

いや=、良かったです~っ!! 京都の和食は素晴らしいですねっ!!

って、「京都」でひとくくりしたらいけませんね、いふきさんが素晴らしいのです。

詳しくは、後日にまたアップします!

 

さて、11月ですね。早いですね~。

 

今回も、季節の変わり目をなんとか乗り切っていただくためのキャンペーンです。

肌荒れ・スキンケア相談の方も、いろいろ選べるように。

肌荒れの程度もホントに千差万別で、普通に化粧品を使える方(っていっても、質の悪いモノはダメですよ。高いからって、質がいいわけでもなんでもないですよ)から、最低限のモノで、最悪、基礎化粧品一切今はダメ!という方から、いろいろです。

その段階で、選べるようにしました。

そして、定番のイオン導入ですね。

あとも、目元や口元などの小じわ・チリメンジワ対策や、シワが気になる季節ですから、アンチエイジング対策ですね。

 

グリシルグリシンも、一部の方には人気ですので、引き続き続行です。

向いていない方ももちろんいますので、必ず事前にご相談を。

 

そして、寒くなって、全てが億劫になっていく季節と活動性も低くなりますし、秋はおいしい食べ物も多いし、冷え症もあるし、と体もメンテも必要です。

トゥルースカルプで、セルライト撃沈と部分痩身、ついでに、冷え症対策にもなるし、AC BODYと合わせて、ついでに内臓脂肪も分解してしまおうという魂胆です。

基礎代謝を上げるのは、機械だけでは無理ですが(これは、栄養療法オーソモレキュラーですね)、即効性が実感しやすいので、今からの季節はとてもおススメです。

セルライトが雪だるまになる前に!

 

話題の食欲抑制剤です。と言っても、うちのはサプリみたいなもんですが。医薬品ではないので。

先日も、東京で、バカな医者が捕まってましたね。

食欲抑制剤を、えげつない量を中国人に売って、逮捕されてましたね。

えげつな~。ムチャクチャですね~。

保険で適応のある方も、美容医療でダイエット目的に使う方もそうですが、やっぱりああいうのはダメですね。つい頼ってしまうし、止めれなくなったり、止めたら、すぐにリバウンドして、元よりも悪い結果にもなるし、それで痩せても筋肉と骨がどんどん減っていて、内臓も栄養がないからボロボロです。ちゃんとした糖質制限をしていけば、無理なく脂肪を、(特に内臓脂肪はガンガン!)減らしていけるのに。。。

こちらのスプレーは、あくまで乗り切るためのお助けマンですね。

何度ブログで書いてもムダなのかもしれませんが、ネットでこういうクリニック用のサプリや医薬品の個人輸入は、偽物だらけで、お金のムダと、何が入っているのかわかりませんから、副作用で大変なことになりますよ。今までも亡くなっている方、いるでしょう。

言ってもダメなヒトはダメですが、わかっているヒトは、そういうことに手を染めるのは止めましょうね。自分の体と未来のために。

 

定番の日焼け止めのサンプルプレゼントも続行です。

 

そして、寒い季節にかけても、薄毛抜け毛はまだ解決していないでしょうから、こちらも続行です。

ついでに、まつ毛も。よく聞かれるので。

 

 

 今日、大丸に草うしを買いにいったら、売り切れてた。。。

ガーンっ!!  いつ行っても、売っているわけではないそうで。。

先日行った時に、次の入荷の日を聞いて、26日月曜日、走って大丸に買いに行きました。

草うし、もも焼肉用、300gお買い上げ。

家族があまり食べなかったので、ほとんど一人でぺロリと食べちゃいました。

(草うしは、ペロリといけちゃうのです)

売り切れる前に、もう1回買っておこう!と思ったら、さっきまであったんですけど~、となくなってました。。

次回は、入荷は来月だそうで。。。

さらに、ガーンっ!!

大丸さん、もっと草うし、仕入れて売ってください。

草うしのおじちゃん、もっと大丸に卸してください。

私が好きな時に、好きなだけ食べられるように。

お願いします。

 

さて、今日は、目元のメイクのお話しです。

 

みなさん、アイメイクやりすぎ。。なので、目元の皮膚、触り過ぎです。。

だから、どんどん茶色く、色素沈着してしまうんです。

しかも間違ったアイメイクの落とし方。

(詳しくは、ブログ内を検索するか、処置の時などに直接聞いてくださいね。)

 

目元の色素沈着やコジワ・チリメンジワが気になる方は、

とりあえず、今使っているアイメイク化粧品(専用リムーバー含む)を全部止めましょうか。

 

でも、アイメイクは絶対しないと!という方は、ビューティフルスキンがおススメです。

純せっけんで落とせますし、残っても、ほっておいてかまいません。

DSC_0059 うちの待合室に置いている、ビューティフルスキン専用のドレッサーです。

こういうのって、見てるだけで楽しいですよね。

この秋におススメは、

DSC_0062  右側のカーキ色に見えるアイシャドウです。

(アイシャドウと言っても、好きなところに使えばいいです。)

今流行りのカーキ色の目元になりますが、濃さはつける量によって変えられるますから、たくさんつけてもどぎつくないし。

大人の落ち着いたメイクには、秋らしくていいんじゃないでしょうか。

左は、私が一緒に買った、「クリスタル」で、キラキラしていて、ハイライトや目元の眉毛の下などにちょっと使うと、光が反射して、とても綺麗です。

光は味方にしないとね。

どちらの色も、年中おススメですが、この秋に私が買ったのはこの2色で、めったにアイメイクしない私ですが、キレイな緑なので、せっかくなので、もうちょっとメイクしたいな~。

 

気になる方は、どうぞお試しください。

色は実際につけてみないとね。

ただし、ビューティフルスキンを試される場合は、急に言われても対応できませんから、必ずご予約の時におっしゃってくださいね。

 

 

 

私の胃腸の調子はなんとか戻ったようです。

でも、忙しいとまた調子が悪くなりそうなので、気を付けないとね。

調子が悪いかな?と思った最初に、栄養療法の胃腸用のサプリではなく、保険の薬にしたのが敗因だったかも。。

(保険の薬と言っても、自費で買って使うんですが、自費でも全然値段は違います。。)

必要な栄養素の量や質など根本的に違うのです。

ケチったのがよくなかったか。。軽い時は、それで結構よくなるんですけどね。

集中的に、いいのばっかりにしたのが勝因でした~。さっさとそうしておけばよかったな。次からは、そうします。

まあ、調子が悪くても、たんぱく質を食べるのはセーブしませんからね。ガンガンいきます!

 

さて、間違ったあるある第2弾です。

 

何度もブログでも書いている話なので、またかと思われる方もいらっしゃるとは思いますが。。

 

第2弾は、日焼け止めの塗る量!

 

みなさん、ホントに全然塗っていないっ!

塗る回数はちょっと置いておきますが(これも少ないんですが)、1回の量が全然っ!足りていませんっ!!

 

うちでシミや肝斑の治療をされている方の場合、日焼け止めについては、口やかましいほど言っている私ですが、使う日焼け止めは、全部うちで買わないといけないことはないので、買っていない患者さんに、うちのを買え!買え!ということはあまりありません。質さえよくて、ご自身に合っていて、環境とTPOに合っていれば、何を使っても別にかまいません。

ただ、わけわからんのを使い続けていて、それを指摘すると、その言い訳が、「何をつかっていいかわからない」(うちに、もう何か月も通っていて、パウダールームで、うちで取扱いの日焼け止めを自由に試せる状況が何度もあって、説明紹介もしているというのに)と言われると、「はあ~?」と思いますが。。。

 

患者さんの中には、半年に1本、1年に数本くらいのペースで、うちで買う方がいらして、たまに、クリニック用のを使ったはるんやな~、くらいしか最初の頃は思っていなかったんですが、

(指示した通りに塗っていたとしたら、1日何回塗っているのかにもよりますが、月に1~2本はいるかなと。患者さんの普段過ごしている環境によったら、ホントに紫外線の当たらない方がいて、そういう方であれば、月1本だと余ってくるようですけど。)

うちのを使っていない方で、大体、市販のろくでもないモノ(質はそれほど悪くなくても、環境とTPOに合っていないとか)を使っていることが多く、そうなると、皮膚の赤みがいつまでたっても消えなかったり、その赤みはなんか茶色っぽく、色素沈着や肝斑みたいになってきた、皮膚の色つやが悪い、などなど、なんかおかしい。。?みたいなことが続くので、これは使っている化粧品がおかしいなと思って(皮膚の触り方が根本的におかしいこともありますが)、何をつかっていますか?と聞くと、「こちらで買ったものです」と。

 

。。。この前、買ったのをは、半年前に1本ですけど。。?

 

「そうです、それです。」

 

。。。

 

どうやったら、この1本を半年ももたせられるのか?!

そのほうが、私には不思議でなりません。

で、そういう方にはいくら説明しても、なかなか直らない(直さない?)ことが多いです。

 

先日、処置が終わっても、話が終わらず、患者さんをパウダールームに案内しても、またパウダールームで話していて、その間は、患者さんには保湿・日焼け止めなどは、塗ってもらうんですが、

(ちなみに、通常パウダールームに置いているのは、ナビジョンです。コットンは、一切、パウダールームには置いていません。全て、手指で塗るように言っていますから。)

患者さんの中には、保湿をたんまり塗る方がいて、

まあ、悪いことではないんですが。。

ナビジョンの場合、パンフレットに、「コットンに2~3プッシュ」って書いていましたっけ?

でも、コットンを使わないなら、1プッシュで十分足りています。

たくさん塗りたかったら、塗ってもいいんですが、1プッシュでも十分ですし、2~3プッシュを皮膚に乗せても、一度にそれだけ塗ると、多過ぎで、角質に入っていける許容量を超えているんじゃないのかなと思いますが、保湿で、ベッタベタにされる方が時々いらっしゃいます。

化粧水もベッタベタだから、その後の乳液も滑って付くのかな、と思いますが、たまに、それをティッシュオフ(!)しようとされる方がいて、もったいないのと(だったら、多いのは最初からわかっているんだから、そんなにのせるな!ってなりますし)、根本的に、ティッシュで皮膚に摩擦かける可能性が出てくるわけで(実際、擦る方もいるわけで。。。)、何をやっているのか、理解できなくて、しばらく(と言っても、1~2秒でしょうけど)ボー然として見ていて、ハッ!と気付いて、とめに入るわけですが。。

 

で、そのベッタベタの次は、日焼け止めを塗られるわけですが、この日焼け止めに入った瞬間、日焼け止めを、指先に、1滴くらい、米粒くらいに、ちびっと出されます。

 

もうずっと使っているのに、どうして今さら色の確認をするのかな?と思って診ていると、どうもそれは、色の確認ではなく、マジ塗りの日焼け止めでした。。

 

。。。なんで、保湿は、2~3プッシュも出しておいて、日焼け止めは米粒やねんっ!!って、思わずツッコみますが。。

これ、マジな話で、しかもお一人だけでなく、実は結構いらっしゃるんですよ。。。大問題です。。

 

歯磨き粉出すほうが、多いっちゅーっねんっ!

 

顔の大きさから考えたら、米一粒の日焼け止めで足りるわけあらしませんっ!

 

でも、ご本人、塗れいてるつもり。。

 

日焼け止めの前の保湿がまだベッタベタですから、その後の日焼け止めなんて、いくらでも伸ばせます。

 

どれだけ伸ばせるか?!というコンテストではないんですよね。

体どれだけ、紫外線カットができているのか、という話です。

 

っていうか、どう考えても、保湿でそれだけ出しているなら、日焼け止めもそこまでいるんじゃないですかね。。

 

米一粒なら、半年も1年ももつのは納得がいきます。うんうん。。そりゃ、もつわな。。

(全く、「効果」というものは、ないでしょうけど。。。)

 

みなさんももう一度量を見直してください。

クリームタイプで、ひと差し指の第一関節まで、歯磨き粉みたいにあ、もりもりと出しましょう。

これ、顔1回分です。

ローションタイプは、500円玉よりも大きいくらい。

手の平いっぱいぬります。

それでも、まだ足らないこともあるかもしれません。

 

ちゃんと正しく日焼け止めが塗れていたら、塗り直しの回数も減らすことができるし、なにより顔にも触らないし、日焼け止めの添加物にふりまされることがありません。

塗り直しが必要な環境というのはありますが、そりゃ、顔を触らなくて

いいなら、それに越したことはありません。

 

まずは、量の確認をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日から東京に移動して、今日は、栄養療法オーソモレキュラーのセミナーに行って来ました。

最近、忙しくて、食事がままならず、食事時間が不規則なんですが、忙しいからこそ、たんぱく質はたくさん食べるようにしているんですが、消化吸収がうまくいっていないようで、胃腸にいいサプリや漢方などいろいろ飲んでいますが、飲み忘れたり、遅い時間に食べて、その後すぐに寝たりすると、ダメですね~。

今日も、帰りの新幹線で、食べた後、うたた寝したら、やっぱりもたれてしまいました。。

食べずに、胃腸を休ませるのも手ですが、栄養は絶対にいるので、たんぱく質の摂り方を変えるかですが、食事でもガンガン摂れると、栄養価も高いし、思案のしどころです。

出張の時だと、持って行くサプリの量も限られるので、今晩からまたガンガン飲みます!胃腸、頑張れ!!

 

さて、患者さんの時々(よくある?)されている間違ったスキンケアシリーズのご紹介です。

 

こちらのブログをかなり読んでいらっしゃる方、最近から読み始めた方、みなさん、いろいろですね。

でも、できればお時間のある時に、ず~っと遡って読んでいってみてください。

特に、スキンケアのところ。(スキンケアが気になっている方は)

 

化粧品やスキンケアにしても、昔は、これくらいなら使ってもいいのかな、やってもいいのかな、と思っていたことも、自分でずっと使ってみたり、患者さんが使っているのを診たりしていて、やっぱりアカンなあ~、ということや、こういう人(場合)にはアリやけど、全員にいつでも使えるわけではなく、扱いづらいなあ~、というモノもあったり、企業の姿勢がどうも信用できない(ということは、そこの商品も信用できない。実際、?ということも起こりました。)、という商品があるので、昔は止めていなかったことも、今は勧めていなかったり、取扱いを止めているモノもあります。

なので、新しいブログから読んでくださいね。あるいは、みなさんの記憶の中で上書きをお願いします。

 

さて、洗顔バージョンです。

「洗いすぎはよくない」というのは、かなり大勢の方に浸透してきているようで、気を付けようとしている方も増えてきたようなんですが。。

 

ブログを見て、早速純せっけんを買って、純せっけん洗顔を始めた方、なかなか慣れなくて、椿オイル(大島椿のね)+純せっけんで洗顔されている方、素晴らしいです~!

貴女のお肌は、もうこれからどんどん良くなります!

その行動力こそが、貴女の人生をいい方向に向かわせてくれる原動力です!

そして、その決断力ですね!

まずは、やってみる! やって、なにかダメだったら、またそこで考える!何がダメだったんだろう、何が合わなかったんだろう、と考えること自体が素晴らしいんですよ。

考えた分だけ、貴女の肌は輝くようになります。絶対です!

 

椿オイル+純せっけん洗顔になじめなくて、いわゆる市販されている敏感肌用と言われているクレンジングや洗顔フォームを買って、使いだした方。

まあ、気持ちはわかります。

ここで、ドゥーエとか買われていたら、全然アリなんですが(ただし、ドゥーエのクレンジングでは、ウォータープルーフのモノは落とせません。)。

ドゥーエじゃなくても、まあ、それは有名だから買っちゃうか、という商品を買った方もいらっしゃいます。

まあ、それは仕方ないし、気持ちもわかります。

ここまでは、よくあるあるパターン。

 

ところが!

 

違う方向に行く方が時々います。

 

「洗い過ぎはよくない」=「クレンジングだけして、洗顔フォームを止める」という方が時々います。

このクレンジングは、もちろんW洗顔が必要なもので、時々売っている「W洗顔不要!メイクも普段の洗顔もこれ1本でOK!」とかいう代物ではありません。

いわゆる普通のクレンジングです。

それが、クレンジングオイルの時もあるし、クレンジングミルクの時もあるし、クレンジングジェルのこともあります。

 

ところで、どうしてW洗顔が必要か、みなさん考えたことありますか?

メーカーによってはいろいろ理由をつけているでしょうけど、ついでに洗顔フォームを買わせようという思惑もあるのかもしれませんけど、一番の理由は、クレンジングを水ですすいでも、落ち切れないからです。

一見取れたように見えていますが(クレンジングの中にも、合成界面活性剤が山ほどぶっこんでありますから、水で乳化させて、かなり流せるのが流せるんだと思いますが)、完全には落とし切れていません。

お肌には、クレンジングの洗剤成分が残っているわけです。

なので、残った洗浄成分を落とし切るために、洗顔フォームを使うわけです。

 

まあ、所詮、どちらも合成界面活性剤ですから、どこまで落とすか、どこまで刺激のあるモノを使うか(刺激の少ないモノは、原価も高くなる)、の違いです。

化粧品なんて、油と水の混ぜ物ですから、クレンジングで油汚れを落として、その油ごと、次の洗顔フォームを使って、水の分の汚れも落とす、と言えば、わかりやすいでしょうか。

 

なので、「これ1本でOK!」というモノは、メイクなどをしていない時に使えば、きつすぎるのかもしれないし、逆に、メイクしている時には、弱すぎる場合もあるのかもしれません。

そんな都合のいい合成界面活性剤は、そうそうありません。

やっぱり、汚れの程度によって、普通は使い分けをしたほうが、まあ無難でしょう。

(私の勧めている椿オイル+純せっけん洗顔は、同じと言えば、同じですが、ちょっと考え方が違うので)

 

メーカーも最初から1本で落とせるモノを作って売れるわけですが、用途によって使い分けをすると、倍売れるわけですから、余計に分けて売りたいでしょうね。

 

さて、そんなクレンジングを水で流しただけで、W洗顔もせずにいたら、一体どうなると思います?

しかも、市販の質の悪い合成界面活性剤てんこ盛りです。

ちなみに、純せっけんと違って、合成界面活性剤は、みなさん思っているすすぎの量くらいでは、全然落ち切れずに残っています。

目で見えるわけではなく、もっと細かいレベルの話です。

泡さえキレたら、それでいいわけではないですよ。

(食器洗剤も同じですよ。心配な方は、食器洗剤も合成は止めて、純せっけんやヤシの実洗剤などに変えましょうね。洗剤に関しては、地球に優しいモノは、肌にも優しいです。アトピーとか敏感肌の方の場合は、また違う話なので、それは直にご相談ください。)

 

クレンジング成分がすすぎ切れずに、毎日毎日、肌にず=っと残っていくわけで、そりゃもう、肌はこれ以上はないってほど、ボロボロに。。

お約束通り、そういう洗顔をされてきた方全員、ボロボロです。。

顔を洗わないほうがまだマシか?!というくらいですかね。

それだったら、洗浄力の弱すぎるモノで洗って、残っているとか、洗い方が悪くて、ちゃんと洗えてないとか、そのほうが100倍マシです。

もう使っている合成界面活性剤の量が違い過ぎますからね。

 

「洗い過ぎはよくない」=「クレンジングを止めて、洗顔フォームだけで洗う」という方もいらっしゃいますが、もちろん、それではメイクは落ちないんですが、これも、「クレンジングのみ」と比べたら、やっぱり100倍マシです。

こういう風な考えに至った経緯は、よくわかります。

メイクをする以上、正しくはないんですが、気持ちはわかるし、ちょっとおしいっ!って感じでしょうか。かすったね~、みたいな。

 

「クレンジングのみのW洗顔なし」は、かすりもしないんですが、開業した頃からも、時々こういう方はいらっしゃいました。。。

もしかして、またネットかなにかに、こういう洗顔法がのっているんでしょうか。。

こういうロクでもないことって、大体ネット情報なので(テレビと雑誌は、ここま間違っていると、さすがにスポンサーである化粧品会社からクレームが入りますから、まあないと思います。)

 

すっぴんの肌を診たら、その方が、今までどれだけ間違ったことをして、お肌をいためてきたか、いじめてきたのか、すぐにわかりますね。

まず、ツヤがない、赤みとシミと色素沈着のまだら感、どす黒いか赤黒い。。。年齢と肌の質が合わなさすぎ。。

ダーマスコピーで診るまでもありません(診ますけどね)。

 

こういう肌になってしまった原因は、

①肌の触り方がおかしい

②使っている化粧品の質が悪い・あるいは、自分に合っていないモノを使っている

③化粧品はそこまで悪くないが、使い方が完全に間違っている

この3つです。

どれかひとつのこともありますが、大体複数合わさっていることが多いです。

でないと、そこまでひどくならないから。。

ちょっとした勘違い、では済まないレベルまで、持ってきてしまったわけですから。。

 

なんででしょうね。。

 

 

 

 

もう10月ですね。10月と言えば、ハロウィーンでしょうか。

以前だったら、ハロウィーンの季節になると、たくさんカボチャのお菓子が出てくるので、かぼちゃ大好きなので、それがとても嬉しかったです。

今は、あまりカボチャを食べないので、たまに、ですね。

院内も、ハロウィーンの置物をちょこっと置いたり、院内のアートフラワーをオレンジにしたり、ソファのところのクッションを変えましたがついでにエトロベアーも変えました。

DSC_0011 イエロー系です。

オレンジのクマだったら、まさしくハロウィーンでしがたが、仕方ないです。

このエトロベアーは売っている期間が限られているので、見かけた時にゲットしておかないとなくなります~。

アラガン社のボトックスビスタのポスター、新しいのをもらっているんですが、まだ貼り換えていません。。。すみません。。。

くまつげ先生のグラッシュビスタ®(まつ毛育毛剤)のも、まだです。。すみません。。

 

さて、今月のキャンペーンです。

ご好評のモノは引き続きにしました。

やはり、保湿の基本と、イオン導入ですね。アンチエジングのシリーズも引き続きキャンペーンです。

乾燥シーズン本番ですから、目元の乾燥ジワも深刻になります。30歳を過ぎると、乾燥ジワが固定していまいますね。。

保湿だけでは、どうにもこうにもいかないことも増えてきます。

(でも、保湿は大事ですよ。基本です。)

 

グリシルグルシンのイオン導入も、引き続きです。

毛穴を気にされている方には、ひそかに人気で、ナビジョンのGGシリーズが気になっている方には、かなりお得です。

(ですが、適応のない方もいらっしゃいますから、必ず診察・カウンセが必要です。)

 

これから寒い季節ですので、トゥルースカルプにAC BODYが付くキャンペーンです。

代謝を上げていくのが、これからの季節大事です。

まあ、どこまで強さを上げていけるかは、患者さんの栄養状態によります。栄養不足の方は、マッサージ程度にしてしまうこともあります。

それでも、筋トレ効果があった方がいらっしゃったので、ホントにどこまで強くするかは、今後の検討課題です。

 

あと!先日の「3f」!

自分が糖質制限できるようになって、すっかり忘れておりましたが、晩御飯の後に、お菓子をたべてしまう、しかも寝る直前まで、という、昔の私をしのぐ強者が何人もいらっしゃって、そういう場合は、こういうのいいのかもしれません。気を紛らせてもらうとか。。

ただ、「食べちゃダメ!でも我慢できない~。とりあえず3f!」みたいな使い方はいいんですが、「いや、お菓子は止めないっ!ご飯は止めても!!」みたいな方には、無効です。。。とりあえず、お菓子に手を出す前に、スプレーしないといけませんから。。

 

秋も本格的ですから、ヘアケアも育毛(頭です)もキャンペーン続行です。

 

そして、今回は、肌荒れの方に、ビューティフルスキンのサンプルセットとビオチンのサプリをプレゼントです。肌への負担もなくして、炎症を抑えてくれたらいいな~、と思いつきました。

 

日焼け止めのキャンペーンですが、オバジのプラスプライマーにとって、とてもいい季節になりました。

新しい使い方もプラスプライマーのファンの方には、ご提案しております。

私も、今の季節大活躍ですですが、オバジの欠点は、高いことです。。

先日も患者さんがおっしゃってました。。

すみません、なにせ、ZOオバジは、世界のトップブランドで、ハリウッドセレブ御用達ですから、ブランド代としても高いでしょうし、ZOオバジ製品を使ってみると、お分かりでしょうけど、この品質なら仕方ないか、と。。

で、今回、オバジの日焼け止めだけ、10%オフです。

他の日焼け止めは、日焼け止めサンプルをおつけします。

 

キャンペーンの一部は、数に限りがございますから、ご了承ください。早いもの勝ちですが、適応がないとできません。

気になる方は、お早目に。

アトピーの方のスキンケア・ヘアケアをちょっとお伝えします。

ブログでも今まで何度か書いていますが、かなり前だとお忘れの方もいらっしゃいますしね。

 

まず、「アトピー」と一口に言っても、ピンキリです。

正確には、「アトピー性皮膚炎」なんですが、ちゃんとした皮膚科医から、「アトピー性皮膚炎」と診断を受けた方から、皮膚科医以外の医師から、ただの湿疹を「アトピー」と言われていて、ずっと自分はアトピーだと信じてしまっている方、ちょっと肌が弱いだけなのに(しかもスキンケア・ヘアケアが間違っていたりするだけなのに)、自称「アトピー」と言っている方まで、ホント様々です。

 

今は、ややこしいので、自称アトピーの方は、ちょっと置いておきます。

で、本当のアトピー性皮膚炎の方です。

アトピーでなくても、湿疹皮膚炎がずっとある方も同様と思っていただいてもいいですが、アトピー性皮膚炎は、ベースにアレルギー体質があるので、アトピー以外の湿疹皮膚炎の方とは、一見似ていても全然違ったりします。

 

ちょっとした肌荒れといいますか、乾燥している・保湿がおいつかないくらいであれば、スキンケアと使っている化粧品がおかしいだけですから、それを止めれば、ほとんど良くなります。

(それでもダメなら、かなりの栄養失調ですが、まあ、スキンケアのみ直しだけでかなり良くなります。)

ちょっと軽い赤みがある場合、素人からしたら、気付かないくらいの赤みですが、こちらもスキンケアとおかしな化粧品を止めるだけで、かなり良くなります。

この赤みがあるかないかで、あと、患者さんの自覚症状にもよりますが、それによって、お勧めする化粧品が変わってきます。

 

でも、皮膚科医(うちでも他院でも)からステロイド(ホルモン剤)の塗り薬を出されているような方は、いわゆる「化粧品」はダメですよ。

 

一時的なかぶれ(原因がはっきりしているモノ)で、数日~1週間もしないうちに治るなら、ステロイドを使いながら、一部の化粧品は許可、と言いますか、まあ、そこは避けるように私は言いますが、それを守っているかどうかは患者さんのみぞ知る。。まあ、いけることが多いです。

原因さえ止めれば、ステロイドを使わなくても、体が自然に治してくれるんですが、女性は、やはり早く化粧をしたいし、止めるように言ったところで止めずに、こじらせてしまうことも多いので、原因さえ止めさせて、さっさとステロイドで落ち着かせてしまうほうが、メリットデメリットからすると、メリットが勝つかな、と判断されることが多いです。

私もそうです。

 

ところが、アトピーの場合は、「完治」するわけではなく、コントロールすると言いますか、うまく付き合っていかないといけないものですから、ある意味、終わりがないです。

落ち着いたと思っていたら、すぐまた次の波が襲ってくるといいますから、自分の力でどうこうなるものではないこともあります。

落ち着いたら化粧しましょうね、と言っていたら、いつまでたっても、化粧ができない(この場合の化粧は、基礎化粧ではなくて、ファンデやメイクと思ってください)んですね。

それで開発されたのが、野本先生考案の「ビューティフルスキン」のミネラルファンデやチークや日焼け止めパウダーやグロスなどのメイク用品です。

アトピーの方が、すぐにメイクできるようにと、これ以上はないところまで添加物を抑え、必要最低限にされています。

私も、アトピーに関わらず、顔にひどい炎症があって、ステロイドを使わざるを得ない時に、患者さんがどうしても出かけるのにメイクをしたい、隠したい、と言われたら、ビューティフルスキンだったら、いけるかもしれません、と許可しています。

 

このミネラルファンデのシリーズは、全て粉ですから(グロスは、ワセリンにミネラルの粉が入っているだけです)、クリームや乳液・固形の固めてあるパウダーと違って、おかしな添加物がホントにありません。

 

でも、ほとんどの「化粧品」が、添加物が入っています。

病院でもらう塗り薬でさえ、ワセリン基剤ではなく、クリームや乳液状のモノには添加物が入っています。

でないと、水と油は混ざりません。

病院の薬は、市販のものよりは刺激の少ないモノが選ばれていますが、絶対誰でにでも合う薬なんてのは存在しませんから、合わない方・かぶれる方は、薬であっても、いらっしゃいます。

 

アトピーの方の場合、基本、皮膚のバリア機能の破壊があります。

皮膚のよろいが穴だらけみたいなもんです。

おかしな化粧品と間違ったスキンケアをず~っと繰り返してきた方も、自分でバリア機能を壊してしまって(壊し続けて)、アトピ似たような状態にしてしまっている方もいます。

アトピーない湿疹皮膚炎も、こじらせて、慢性化している間に、バリア機能が壊れてしまっていることもあります。

 

このバリア機能が壊れて、よろいに穴だらけになっていると、この穴から、いろんな異物が入ってきます。

なので、化粧品の添加物なんて、バンバン入っちゃいます。

薬の添加物ですら、さすがにバンバン入られると、合わない・痒くなる・痛い・ヒリヒリするなど何かイヤなことが起こります。

体が「止めて」と言ってくるわけです。

まして、化粧品なんて~っ!!

 

どんなに「低刺激」と証明されているものであっても、添加物は入っているわけですから、バリア機能がある程度保たれていれば大丈夫なのに、バリア機能が壊れているせいで、ダメ!ということが多々あります。

やはり「刺激」になってしまうわけです。

 

冷静に考えてみましょう。

顔が赤くなって、ヒリヒリとか、痒いとか、痛いとか、何か違和感もあって、医者からステロイドまで処方されているわけですよ。

化粧品使って、いいと思います?

 

ダメですよ、使ったら。

せっかく、ステロイドまで使って、皮膚を騙くらかせてでも治そうとしているのに、邪魔しているでしょ。

で、ほとんどの方が、皮膚科医から、「化粧品を使わないように」と言われているはずです。

それを無視して、ステロイド塗っていたらいいや、前よりマシだし、薬よりも化粧品のほうが使いやすいしね、日焼け止めもこの美容液も塗っとかないとね、お肌のお手入れだもんね~、としていること全部が、皮膚も体も怒らせることに。。。

一旦、怒らせたら、そうそう機嫌は直りませんよ~。

皮膚と体の復讐は、根深いですよ~。

 

みなさん、かなり勘違いしていらっしゃる方が多いんですが、「薬」ではない「化粧品」というものは、基本、皮膚が健康な方のためのものです。

ちゃんとしたメーカー・化粧品は、パッケージに、「肌に異常がある場合は、使わないでください」と表示されています。

ステロイドまで処方されている、その状態は、「異常」であって、「健康」ではないですよね。

 

もちろん、日焼け止めもそうです。

これは、薬ではありません。化粧品です。

クリニック用のものであってもそうです。

皮膚炎のきつい時、真っ最中に、日焼け止めは、私も許可しません。

どうしても塗りたい、という場合、「ビューティフルスキンだったらいけるかも」となるわけですが、もうできたら、顔を触る回数も減らしてほしいことも多いので、いろいろ工夫を提案します。

 

で、スキンケアと顔に塗る化粧品と、ヘアケア・ボディケアも同じです。

だって、同じ自分の体ですから。

髪の毛だからいい、手だからいい、というものではありません。

シャンプー・リンス・トリートメント・ハンドクリームなど自分の体につけるモノ全て、固形でないなら、全て、皮膚に反応が出ます。

量の問題もありますし、質の問題もありますが、とにかく早く治すコツは、いらんことをしないことです。

体の機嫌を直してあげないと。

 

特に、アトピーの方の場合、体にはずっと機嫌よくしておいてほしいので、考えられる限りの「低刺激」がお勧めですが、確かに落ち着いたら、「化粧品」を使いたくなりますよね。薬よりも塗り心地がいいから。

 

使える時もあると思います。

でも、使って、また痒くなったり、赤くなったり、ヒリヒリしたらステロイドを使いながら「化粧品」を塗るのではなく、その「化粧品」を一旦止める、ということがとても大切です。

 

 

みなさんステロイドの副作用を診たことがほとんどないでしょうし、実際使っている方も、他人事と言いますか、自分は大丈夫、と思っている節がありますが、これは誰にでも起こりえます。

適切な止め方で、すぐに戻れることもありますが、こじれてしまって、他にも栄養が足りないとか、まだスキンケア・ヘアケアが間違っているとか、おかしな化粧品を使っているなど、ご本人は、おかしいことに全く気付いていないんですが、ず=っと続いていて、どんどんこじれる、ということもとても多いです。

 

今、ステロイドを処方されている方、特にアトピーの方は、どうしてその化粧品を使わないといけないのか、その理由をきちんと考えてください。

ほとんどの方は、ただの思い込みです。

塗らなきゃいけない理由なんて、おそらくほとんどありません。

多少のメリットはあっても、デメリットのほうがかなり大きはずです。

遅くなって、申し訳ありません。

さて、9月のキャンペーンです。

すっかり、朝晩涼しくなりましたね。

日中も、ジメ~っとする日もあれば、湿度が下がっている時もあり、日中は、クーラーは入っていて、お肌は乾燥し始めるし、と、乾燥本番シーズン、プレオープン!って感じでしょうか。

この湿度の高かかった夏の間も、乾燥していた、という方は、お肌はかなり傷んでいると思ってください。

使っている化粧品がおかしい、はたまた肌の触り方(要はスキンケア自体)が間違っている、その両方が間違っている、となると、お肌が壊滅状態間近。。。トホホ。。です。

回復させるのにもお金と時間がむちゃくちゃかかります。

ちょっとでも早く回復してくれたらいいんですけどね~。

時間とお金を少しでもかけずに解決する方法は、一刻も早くおかしなことを止めることです。

それだったら、何もしないほうがマシ。。?ということも、人によったら出てきます。。。

大変です。。。

 

で、今からの厳しいシーズンに備えてもだし、今までの夏のダメージ(夏のせいだけではないと思いますが。。。)からの回復も考えて、これからは、まず保湿っ!!

保湿重視ですね~。

女性は、生理の周期によっても、肌の脂っぽさが違ったり、場所によっても違いますよね。

保湿は大事ですが、必要ないところには、そんなにいらないし、必要なところはちゃんとつけないといけないし、と臨機応変です。

ケースバイケースで、ちゃんと自分の肌を毎日看てあげて、足すのか引くのか、判断してくださいね。

 

乾燥と言えば、乾燥ジワも増えてきますし、シワ対策シーズン本格的ですね~。

保湿重視!シワ対策重視!でしょうか。

(夏が終わると、シミもふ増えるんですけどね。100%紫外線をカットすることは、まあそうそうできませんから。)

今月は、シミよりも乾燥とシワ重視で行きます!

肌荒れメインといいますか。

アンチエジングもね!

シワ・アンチエジングは、どこの化粧品を使うか、何を求めるのか、値段は?効果は?などなど、人によって価値観が違うため、おススメのモノが違ってきます。

何が正解か?!は、しばらく様子を見ないとわかりませんが、この機会に、いろいろ使ってみて、感触と効果を試してみてはいかがでしょう?

 

なので、イオン導入は、トラネキサム酸かプラセンタメインで!定番です。

 

初企画とまでは言いませんが、ホームケアを楽しんでいただこうと、今回パックのプレゼントがあります。

秋の夜長に、一度どうぞ。

 

あと、髪の毛ですね!

薄毛の季節もさらにパワーアップですね。

ヘアケアはとても大事ですが、ヘアケアだけではすぐに限界が来ますから。。

まあ、元の状態と、どこまで変えたいかにもよりますが。。。

(年代を越えてまで、増量を可能に!とかいうのは無理ですよ。)

髪の毛にとって、一番しっかりケアをするのが、やはり気になる秋ですね~。

しっかりケアして、早く回復させましょう!

 

涼しくなってきたので、AC BODYは相変わらずです。おススメです。

 

珍しいところで、ラエンネック.O.(医療用ヒトプラセンタサプリメント)が、キャンペーン対象ってところでしょうか。

確かに、ラエンネック、いいと思います。

でも、高い。。

栄養療法やりながら、であれば、さらにもっと効くんだろうな、と思いつつ、今飲んでいるサプリも数も量も多いので、プラセンタにまで手が回らない、というのが本音です。

薬の棚のところも場所を摂るので、在庫処分とは言いませんが(在庫がなくなったら、とりあえず次はしばらくお休みです。)、ちょっと場所を空けてほしいです。

なので、プラセンタ好きの方は、お早目に~。

無くなり次第、終了です。