プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近投稿した写真

ホーム > 化粧品



今日は、大阪で開催されたキュテラ社のセミナーに行って来ました。

思った以上に、中身の濃い~い講演ばかりで、改めて、ホホーっ!と思ったこと多数あり、新しい発見や再認識などなど。

明日から早速やってみよう!自分にもやってみよう!と思うこともあり、とてもタメになりました。

宮崎の中野先生の、最新式のピコレーザーのご講演は、ははーっ!と感動するばかり。。。

(途中、ちょっとうたた寝をしてしまいましたが。。。いや、ちょっと暑かったもので。。

こういう会場は、空調が利きすぎたりするので、寒い時の場合はジャケットやストールを持って行っているのですが、途中で冷房を弱められると、暑くなってしまうので、心地よい眠気が。。。ずっとここまで全く寝ることなく、聴いていたというのに、最後のトリで、うたた寝するとは!くう~、不覚。。。)

中野先生のご発表は、開業医レベルをはるかに超えていらっしゃいました。

ここまでのことが、大学病院や大きな病院でなくても、できるんだ、と言っても、誰でもできるわけではありません。やる気だけでも無理で、頭もかなり必要です。。

学術的な内容があまりに濃くて、とても勉強になるだけでなく、私ももっと頑張らねば!と奮起させていただきました。

ありがとうございます。

(だからと言って、ピコレーザー、買えませんけどね。)

鹿児島の曽山聖子先生(相変わらず、お美しい~)に、久しぶりにお会いして、「痩せたね!」と言っていただけました。

嬉しいです~。

1か月毎に通っていらっしゃる患者さん数人から、「痩せた!顔が小っちゃくなった!」と言っていただき、おお!やはり?!と一人ほくそ笑んでおります。

(どんだけ、顔、でかかってん?!という話でもありますが。。)

ちなみに、私のちょびっと甲状腺機能低下症は、ホルモン剤は一切使わず、他の栄養療法で頑張っております。あとは、食事と。

そのおかげなのか、体重は言うほど変わりませんが(ゆ~っくりと減ってはいますが)、体脂肪がチョロチョロと下がっております。

全然なかった筋肉量が、こちらもチョロチョロと増えているようなので、体重としては、ガンガンは減りません。

(筋肉のほうが重いから)

ホルモン剤が必要な方ももちろんいらっしゃいますし、必要な時は使いますが、乱用するものではないので(どんなホルモン剤でもね)、他に方法があるなら、先にそちらからやる、というのが、私は自然でいいかな~と思います。

体に負担なく、健康に、もっと元気に!

同じ薬を使うのでも、栄養が足りていると、副作用が軽くて済んだり、ほんのちょっとで良く効いたりするので、食事(と、質のいいサプリメント、ただし本当に必要なもの)はとても重要です。

もうちょっとしたら、また検査するつもりです。

またまた楽しみです~♪

聖子先生のご講演は、オバジとレーザーの組み合わせで、改めて、またオバジの良さを認識しました。

私は、オバジもナビジョンのレチノールも大好きなので、交互に使っている感じですが、それぞれの長所が違いますからね、どっちも使いたい。

患者さんの場合は、あまり若い方に、オバジを勧めることはとても少ないです。

高いこともありますし、新しいオバジは、アンチエジング目的なので、あまり若い人には、まだいらないかな、と思っています。

その分のお金は、他に回しましょう!と思います。

(シワとかに直接関係しないモノは、若い人にも使うことがあります。やっぱり、良いモノはいいから~。)

アラフィフというか、40代半ば以上だと、オバジはとてもいいです。

もちろんナビジョンもいいので、どうしたいのか、予算のこともあるし、どこまで目指すのかにもよります。

ですが、一番大事なのは、その方の肌の状態なので、「オバジ買いたい」「はい、どうぞ」とは、私はしていません。

オバジが向いている方と向いていない方がいらっしゃるし、比較的使いやすいオバジを中心に揃えていますが、それでも誰でも、はい!どうぞ!と言えるわけではありません。

レーザーをされている方は、普段から皮膚を診ていますから、お勧めできるかどうかはすぐにわかりますが、顔の肌を診ていない方は、化粧を落として、素肌を診せていただかないと、うちでは最初買えません。

時々あるのが、他院で、オバジを、フルセットで買わされ、しかも肌も診てもらわず、ろくな説明も受けずに、全部使って、しかも、おそらく向いていない方だったようで、ちょっと説明を受けていたら、また違ったんだろうな、とは思いますが、何の説明も受けていないので(患者さんが忘れてしまっている可能性もなきにしもあらずですが、クリニック名を聞くと、多分何にも説明されずに売りつけられたんだな、とわかっているクリニックだったりします。)、ひりひりするわ、赤くなるわ、乾燥するわ、皮がめくれるわ、とビックリギョーッテン!されて、「捨てちゃいました。。。」ともったいなことがっ!!!

もったいな=いっ!

とりあえず、使うのを止めて、相談してくれたら、残り使えるのに~!!

肌の状態が落ち着いたら、こういうことが起こるけど、またチャレンジしますか?と使ったり、あるいは他の部分に応用したりできるのに!

(ネットで買ったのは、ダメですよ。

というか、新しいオバジはネット販売禁止なので、正規品は出回りません。全部偽物でしょう。何が入っているのかわかりません。

だから、ダメ!なんです。)

何でもそうですが、クリニック専売品の化粧品というのは(サプリメントもそうですが)、メリットもあれば、デメリットもあるし、メリット・デメリットの大小もそれぞれで、また使い方を間違えれば、デメリットしかない、ラッキーだったら、「効かない」で済むけど、ってことになるので、だからこそ、クリニックで診察なり、説明なりがいるわけです。

あ~あ~。。

栄養が足りても、サプリを飲んでいても、スキンケア頑張ってても、レーザーをあてても、注射をしても、それでも気になるのが、ホームケアですかね。

欲が出る、というか、まだこれの上があるのかしらん。。と上が見たくなる。

(私もです。)

問題は、どこまでやるか、ですね~。予算のこともあるし。

まあ、メリット・デメリットも含めて、処置中にご相談ください。一緒に考えましょう。

もう7月ですね。

今日、四条を歩いていて気づきましたが、祇園祭りでしたね~。早いですね~。

正しくは、「衹園祭り」です。「衹園」という漢字がすぐに出ませんね~。

さて、7月!

月末で、引っ越して、1年ですね。早かったです。

すっかり快適になった院内。間取りを変えていないせいか、ずっと最初からここにいたような錯覚を起こします。

移転の時にいただいた蘭が次々に花がたくさんついて、満開です。

やっぱり蘭って、華やかでいいんですね~。

話を戻します。

6月よりも、鼻の毛穴が気になっている方が増えてきてませんか?

6月に気になっていたけど、ピーリングは不向きと言われた方も、できるのかもしれません。

ピーリングは、バリア機能を破壊する行為ですから、誰でも、いつでも、顔中どこでも、やっていい、というものではありません。

適応がないと、逆に肌に負担になるんです。

特に、普段のスキンケアができていない方が、他力本願でやるものではありません。

気になる方は、どこまでの毛穴処置や毛穴用の化粧品が向いているのかは、個々によって違うので、処置中などにご相談ください。

今日気付いたんですが、「ドゥーエ」の取扱いを開始しました、のお知らせが、アップになっていませんでした。。。ガーンっ!!

保存になっていて、公開になっていませんでした。。。ああ。。申し訳ないです。

それと、今月のキャンペーンで、肌の弱い方の肌荒れ相談やスキンケア相談に、サンプルを差し上げようと思っていたのを、これまたすっかり忘れていて、さっき追加で載せました。

すみません。。。

今までも、肌の弱い方のご相談の場合、敏感肌用の化粧品の購入をお考えの方で、サンプルには限りがありますので(ない時もあります)、1回分とか、在庫のある時で、、3回分くらいしか、お一人には上げられませんでしたが、今回は、5回分セットです。

日焼け止めが使える方には、日焼け止めもセットです。

(全種類あるわけでは、ありません。)

今の状態なら使っていいですよ、という場合です。

いろいろなシリーズがあるので、それは、肌を診て、選びます。

普通のが使える方は、サンプルセットはありません。

どういうレベルの化粧品を使っていいのか、個々によって違いますから、それも含めてご相談ください。

日焼け止めの季節まっただ中ですので、日焼け止めのキャンペーンです。

光・レーザー治療をされている方ですね。

日焼け止めの説明を受けた方と言いますか。

10%オフと、サンプルセットです。持ち歩きにも便利ですね。

。。すみません、すごく眠いので、今日はここまで。

お休みなさいzzzz

今日は、ちょっと簡単に。

みなさん、白髪って何で染めていらっしゃいますか?

今までに何度も書いていますが、いわゆる白髪染めの「ヘアカラー」は一切勧めていません。

アレルギーが出ない方でも、皮膚へのダメージが大きいからです。

白髪染じゃなくても、若い方のオシャレカラーも、使っているモノは同じですから、勧めていません。

特に、髪の毛の抜け毛や薄毛で気にされている方は、止めるように言っています。

ヘアカラー以外だと、ヘアマニキュア、もしくはカラートリートメント、もしくは、ヘナです。

ヘナを除いたモノは、どうしても濡れていると、色落ちしやすくなりますから、洋服などに色移りする危険がありますね。特に、夏の暑い日など。梅雨もね。ジメジメしてね。汗かきますよね。

そういう場合に、着物を着るとか(夏でなくても)、白い服を着るとか、しかも自分では簡単に洗えないとか。

そういう場合に、すぐに落ちやすいマニキュアやトリートメントでは、心配。。。という日もありますね。

そういう時は、ジアミン系の入っていないヘアカラーをお勧めてしています。それか、ヘナ100%か。

ヘナ100%で染めてくれる美容院をお探しの方は、必ず、そこの美容院のHPで、「ヘナ100%」と書いてあるのか、確認してください。

ヘナ100%(あるいは、インディゴが混ざるのは仕方ないですが)ではないくせに、ジアミンをほんのちょびっと混ぜていて

(いわゆるノンアルコールビールみたいな感じ?ノンアルコールビールというのは、全商品ではないですが、全くの0%ではないものがあります。微量~に入っているものもあります。要は、検出されない濃度というか。○○%以下なら、ノンアルコールと言っていい、とかなんとか決まっていたと思います。お酒だけでなく、いろんな商品全般に、法律がどこまであるのか、業界の自主基準なのか、まちまちでしょうけど。)

HPには、「ヘナ 100%」とは書いていないんですね。口頭で聞くと、「ヘナ100%ですよ」と言います。だって、口で言ったことって、証拠が残りませんからね~。悪質ですね~。

ちゃんと、こだわって、「ヘナ 100%」を取り扱っている美容院は、そういうことがちゃんとHPに書いてあります。

ヘナのメリットとデメリットも含めて。

売る側の、勝手な営業文句を、そのまま信じるのは止めましょう。

良心的なお店がどうか、HPだけではわからないことも実際多いですが、とりあえず、ネットで検索かけて、上位にランキングが来たら、参考までにみる程度にして、そんな広告戦略に乗らない!

SEO対策で、いくらでもお金さえ払えば、ランキングは上にできます。そうやって、いいカモにされているんです。

検索の単語によったら、本当に良心的なところにあたることもあるでしょうけど、大勢の方が検索をかける、儲かりキーワードは、多くの企業やお店が、上位に来るように、莫大なお金をかけているんです。

それに、まんまとひっかかってやってきた、まぬけなお客さんから、お金をだまし取るなんて、朝飯前です。搾り取られるだけ、絞られますよ。

実際、いいお店が上位に来ている場合もありますが、そこは、HPだけでなく、実際に来院してみたら、ある程度はわかりますよね。

まあ、1回や2回ではわからないこともありますが、おかしいかな?と思ったら、一旦、止める、立ち止まって考える、ということをしましょう。

一方的な情報を鵜呑みにされないように。

何回通っても、そのお店がいいと思う!私は騙されていないし、それに見合う対価を払っている!と自信を持って言えるなら、それでいいじゃないですか。運命のお店(?)に出会えたんでしょう。ラッキーです。

そのお店と、考え方などにマッチされたということで、めでたしめでたしです。

話を戻します。

さて、ジアミン系の入っていないヘアカラーは以前にもご紹介しました。

今回は、カラートリートメントのご紹介です。

私は、美容院で、基本月1回ヘアマニキュアで白髪を染めてもらっていましたが、ここ1年くらいは、あまり時間がなく、自分で、市販のヘアマニキュアを使ったり、カラートリートメントをしたり、非ジアミンカラーを使ったり、(ヘナはまだです)と、その場しのぎです。

たまに美容院でしてもらいましたが、ともかく時間がかかって仕方ない!

なんとかならんか、と思ったら、自分でするほうが時間の融通が利くか、とマシなほうを選びました。

ヘアマニキュアも、市販のものって、白髪にはそんなに染まりはよくないですよね。

(染まりが良すぎる、というのも、ちと問題かと。。)

なにかないかな~と、一番簡単なのは、部分のマスカラみたいなヤツですが、頭頂部の広範囲となってくると、マスカラみたいなのではバシバシになりますから、そこで思い出したのが、ヘアカラートリートメントです。

なんと!あのアトピコの椿油でおなじみの、大島椿から、椿油シリーズの、「ヘアーカラートリートメント」が出ています。

DSC_0364.jpg  色は、ブラックとダークブラウンだったかな。

かなり昔ですが、東京大丸のところの東急ハンズで、これのお試しセットみたいなのがあって、5回分くらい入っているお手頃なのがありました。

それをやったことがあります。

で、患者さんにも、簡単に染めたいと言われたら、こちらを勧めていました。

ちょっと前に、大島椿の方にその話をしていた時だったかに、テスターをくださって、たまにやっていました。

でも白髪って、そう簡単には、ヘアカラーほどには染まりませんよね。

で、ダークブラウンに、ブラックをする日を足してみたらどうだろう、と今日、東急ハンズに買いに行って、買ってきました。

さっき、試してみました。

やっぱり黒だからか、やり方を勝手に工夫したせいか(パッケージには書いていないやり方なので、いいか悪いのかはわかりません。やってみたい方は、処置中にご相談ください。)

ダークブラウンよりも染まっているような。。。

やっぱり両方あったほうがいいですね。

カラートリートメントですから、止めたらすぐに落ちるし、1回でつくのも、それほど付きませんが、似たような商品の中では、まだ添加物は圧倒的に少ないほうです。

(こちらは、アトピコのように、敏感肌などの方に、安全テストがされているわけではありません。

さすがに、染料では、ちょっと難しいかも。。。ヘナだから、アトピーの人にも安全というわけではありませんよ。かぶれる方は被れますから。)

ずら~っと商品がな並んでいて、これはちょっとのスペースしか置いていませんでしたが(京都店には、お試しのはありませんでした。置いたらいいのにね。)、他社の、わりと染まりやすいカラートリートメントが優勢でした。

確かに人気なのかもしれません。

でも、裏のパッケージを見ると、添加物の量が全然違いました。う~ん、そりゃそうだわな。。。でないと、そこまで染まらんわな。。

ま、何を度選ぶのかは、使う方の目的と相性ですね。

ヘナはイヤだし、マニキュアよりも優しいものはないかな、とお探しの方は、ぜひ一度お試しください。

毎日ちょっとずつやっていけば、より染まるようです。

(私は、メンドクサイのでしていませんが。。時間がある時に、なにかちゃんと染めないとね。)

資生堂「2e(ドゥーエ)」の取扱いを開始しました。   http://2e.shiseido.co.jp/index.html

おお知らせもご覧ください。

いや~、ドゥーエに逢うのは、10年ぶりくらいでしょうか。いや、もっとかな。

公立病院や大学病院だと(今の時代が知りませんが)、昔は、特定の化粧品などを置いて、販売する、ということができませんでした。

なので、一般皮膚科医だった時は、サンプルを、取扱い代理店が製薬会社だったので、その製薬会社の担当の方からもらって、患者さんに、ご紹介するという形でした。

医薬品の保湿剤との違いは、やはり塗り心地ですね。

薬が必要な方も大勢いらっしゃいますが、良くなってくると、病院に来るのも大変だし、保険で処方できる量なども、無制限ってわけにもいきませんし、特に顔などは、その後、日焼け止めやファンデーションを塗れるように(塗りやすいように)、作られているわけではないので(だって、薬だから)、やはり化粧品になってくるので、とても塗りやすいです。

5年前に開業した時に、そこの製薬会社の方が来られましたが、クリニックには卸せない、と言われたと記憶していて、調剤薬局に買いにいっていただく、という形でした。

でも、なかなか患者さんもいけないこともあり、他の商品(ナビジョンの中の敏感肌用(と言っていいと思います)やアトピコなど)で、代わりができて、しかもそれらは、仕入れることができたので、すっかり忘れていました。

時々、初診の患者さんが、ドゥーエを使っていらっしゃって、その場合、どうぞ使い続けてください、と万々歳です。

よく見つけられたな~!と感心していました。

今回、資生堂の方とお話ししていた時に、ドゥーエの話になり、今年の皮膚科学会でセミナーをするとお聞きして、聴きた~い!と言っていたところ(抗加齢医学会のほうに行くので、皮膚科学会には行けないのです)、ドゥーエの担当の方をご紹介していただいて、いろいろ説明を受けました。

昔は、クレンジングジェルも泡の洗顔フォームもなかったのに、新しくなっていました。(って、10年前と比べて、ですよ。)

知らない間に、ドゥーエの赤ちゃん用も出ていて、素晴らしいです~!!

世の中に、いわゆる、「赤ちゃん用」化粧品って、山ほど出ていますよね。

でも、それ、どうやって確かめたの?って話です。

もし、自分が子供産んで、赤ちゃんの時に、化粧品の実験台になって!と頼まれたら、自分の子供にさせますか?

「させる」と答えた方、その、わけわからん化粧品は、そんなに信用しているんですか?薬でもないのに?

(薬の場合は、ちゃんとそういうデーターが取られた上で、安全性が確認されているのです。)

もし、わけわからんモノを塗って、かぶれるくらいだったら、いいけど、その後、ひどい状態になったり、シミになったり、一生消えなかったら?どうします?

誰でも、合う合わない、というのがありますから、絶対に100%安全、というものは、この世の中存在しませんが、ある程度の「安全性」は大事でしょう。

まして、赤ちゃんなんて、大人と違って、まだバリア機能が発達していなかったりしますから。

よく、そんなわけわからんメーカーのモノを、ご自身の顔だけではなく、赤ちゃんにも塗るな~、と感心します。

「赤ちゃん用」=「低刺激」「安全」みたいな、イメージですよね。業者の作った。

言ったもん勝ちですか。それでいいんですか?

私だったら、イヤだな~。

クリニック専売品で、赤ちゃんでも塗れるものがある、というのは、実際ありますが、ドゥーエや大島椿のアトピコシリーズのように、皮膚科医の診察の元、データーを取っている化粧品は、そうそうありません。

しかも、ドゥーエとアトピコシリーズは、どなたでも買えますから。

(うちでは、診察・カウンセリングにはいっていただきます。

間違った使い方をしていたら、効かない、となってしまうので。

あまり、市販で買えるものは、商品名は、言ってこなかったんですけどね。

クリニックに来られた方に、お肌に合わせて、直接、ご紹介する形でした。

でないと、商品名だけが先行しちゃって、肝心の肌の触り方や、またネットで偽物を買われたりとか、正規ルート以外のところから買われる方も多いし、それと逆手に取って、うまく騙して、儲けてやれ、みたいない業者が出てきたりするので、何も考えていない方の場合、ホントにおかしなことになってしまうですね。

ただ、あまりにも、おかしな化粧品を、いわゆる「敏感肌」の方がネットや情報に騙されて使って、エライ目に遭っている方がとても多いので、今回、商品名を出します。

このベビープラスは、ホントに赤ちゃんで、ちゃんとデーターを取っておられるんですよ。

スゴイですっ!

(もちろん、普通のドゥーエもね)

使いい心地は、薬よりは断然塗りやすいです。

でも、例えば、アトピコシリーズやナビジョンのシリーズなどと比べると、これだけでいいの?と心配される方も、たまにいらっしゃいます。

なんか物足りない、というか。。。心もとない、というか。。

ようは、使い分けですね。ステップアップといいますか。

患者さんの選択肢は、多いほどいいと思いますので、うちでも、取扱いを開始しました。

「肌に優しい」ということは、ホントはどういうことなのか、その辺を知ることもできます。

。。すみません、話の途中ですが、すっごく眠いので、寝ます。。。

今日は、簡単に。

まずは先日お知らせした、「低GIへるしごはん」です。

DSC_0357.jpg  左が、レンジでチンするパックのごはん3個パックと、右が生米3kgです。

お値段は、3個パック ¥470(税込)

1個単品  ¥180(税込)

生米 3kg   ¥3.000(税込)

です。

送料分をちょっとたけ上乗せさせていただいていますので、今後ご希望の方が多いと、値段はさらに下がる可能性もあります。

今のところのお値段です。

ちなみに、パックごはんを1パック、おとついのお昼に食べてみました。

そりゃ、白米に比べたら、麦も入っているし(でも、麦ごはんは私は大好きです)、難消化性デキストリンでしたっけ?入っているので、味は劣りますが、チンするご飯のことを思えば、全然OK!おいしかったですよ。

低GIだからって、味のことは、あまり気にされなくてもいいんじゃないですかね。

これだったら、ミネラルの吸収阻害は起こらないし、お値段も割と良心的ですから、糖質カットの切り替えがうまくいかない方には、特に、お昼ね、持ってこいかと。

生米は、持って帰る腕力のある方は、ぜひどうぞ。

そりゃ、炊いたら、もっとおいしいですよね。

私も家族のために、炊こうかしらん。でも、パックも捨てがたいですね。だって、簡単だから~。

私は、今はほとんど家で、主食の炭水化物を食べないので、炊いても、余ってしまうんです。冷凍しておいても、全然使わないから、結局捨ててしまうことになることも。。申し訳ないです。。

でも、いくら低GIだからと言っても、ほどほどに。

血糖値が全く上がらないわけではないですから。

その辺は、個人個人の耐糖能にもよるし、食べ方や食べる量にもよって全然違います。

詳しくお知りになりたい方は、ご相談をどうぞ。

さて、糖質制限のスイーツのご紹介です。

先日のチーズケーキ、というか、チーズのデザートは、ラズベリーソースではなくて、フランボワーズソースでした。

おいしかったです~。

違うお店のお菓子で、前にもご紹介した、香川県の「ルーヴ」さんの糖質制限のお菓子です。

DSC_0359.jpg  ゼリーの詰め合わせです。マンゴー・オレンジ・ブドウです。

DSC_0361.jpg こちらは、アマンドショコラ・フィナンシェ・ゼリーの詰め合わせです。

お中元にもいいと思いますよ。

まだ食べていませんが、味は絶対においしいと思うんですよね~。

今までも、ルーヴさんのお菓子、おいしかったから。

で、こちらのゼリーとフィナンシェは、キャンペーンのお菓子に追加です。

プロテインビスケットか、フィナンシェか、ゼリーか、お好きなものをおひとつどうぞ。

(アマンドショコラは、私が食べちゃうので、許してください~。)

キャンペーンの追加で、ついでなんですが、今日焼け止めを買われた方に、日焼け止めのサンプルを、お好きなものを差し上げています。

ミニチューブのものは1本、パウチタイプのものは5回分です。

6月の途中から始めたので、期間は、6月が終わっても続行ですので、どうぞご安心を。

日焼け止めのサンプルを用意しているメーカーが少ないので(経費が掛かり過ぎるから)、そう思ったら、資生堂はさすがです。

やっぱり人気は、ナビジョンのミニチューブなんですが、まだ試していないもの(TAマイルドプロテクト)をこの機会に続けて使う方もいらっしゃいます。

ちょっとだけ、欲しい時って、ありますしね。

とても便利ですよね。

大島椿さんから、うちの患者さんへどうぞ、と市販のドラッグストアやスーパーで売られている、最もメジャーな椿油(ロングセラー・ベストセラー)をいただきました。

大きなほうですよ~。

6月のキャンペーンで、使わせていただきます。

告知が遅くなり、申し訳ありません。

この椿油って、どこのスーパーでもどこのドラッグストアでも売っていますよね。

まさに、ロングセラー・ベストセラーです。

またこうやって書くと、大島椿以外の、「椿油っていいんでしょ?」と、隣に置いてある安物のほうを、勘違いして買っちゃう方や、市販の他のメーカーの椿油を買ったりと、あるいは高いんだけど、中身は全然違うものとか。。

「椿油」と一言で言っても、メーカーによって、作り方や原材料など全然違います。

また、口から入れる食用と皮膚に塗るものって、「良いモノ」って基準が全然違います。

髪の毛に塗るなら、まあまだいいですが、皮膚に塗る場合、「搾りたて」は勧めていません。

ところは、もし椿油を食用するのであれば(油の専門店では売っていますし、大島椿さんでも取扱いがあるらしい。詳細は知りませんが)、それはもちろん、エキストラバージンでしょう!!

皮膚と粘膜で、免疫の働き方も違いますから。

純石けん(石けん素地100%)と違って、どのメーカーでもいいですよ、というものではありません。

椿油は、一家にひとつあると、とても便利ですよね。

実際、このパッケージにはいろんな使い方が書いてあるので、皆さんも一度ご覧ください。

(なんでもそうですが、みなさんは、パッケージや中の説明書を読まなさすぎ。。。結構いいことやタメになることが書いてあることが案外あるんですよ。)

アトピコの椿油との使い分けが、一番節約できるかもしれません。

(アトピコのほうが高いから)

詳しくは、診察中、もしくは処置中にお聞きください。

学会やらなんやかやで、6月のキャンペーンのことをすっかり忘れておりました。。。申し訳ありません。。

やっぱり、博多は遠いですね。新幹線で行ったからでしょうか。飛行機でも結局同じくらいかかりますよね。空港まで移動するのに。

2時間半以上、ずっと乗りっぱなしですものね。東京よりも遠いわ~。

お土産に買って帰った明太子が、辛くて~!

前の私だったら、「博多とおりもん」と「ひよこ」は絶対にはずさなかっと思いますが、

今回はナシです。私も頑張ってるね~。

おいしいのはわかっていますし、知っていますが、買いませんものね~。

いつもだったら、明太子でもリサーチをするんですが、忙しくて忘れてました。。

できれば、添加物の少ないモノがいいな~。

ごはんではなくて、お豆腐などにのっけて、食べます。

この2日間、ホテルの朝ごはんも明太子は、お豆腐につけていただきました。

あ~、もっとちゃんと調べておくんでした。次回、博多に来た時は、それを買います!絶対に!!

さて、6月のキャンペーンです。

さっき、思いついて書いたので、追加が途中から出るかもしれません。

思いついたら、すぐに足しますね。

6月と言えば、ジューンブライドと思いきや、最近は梅雨になるから、5月や7月のほうが多いらしいですね。

ジューンブライドは、日本の気候のことは考えていませんものね。

ま、でも毎年恒例の、ジューンブライドフェア(?)で、ウェディングプランをされた患者さんに、スキンケアセットをお渡しします。日焼け止めも!

新婚旅行などの時にあったら便利、とよく言っていただくので、付けてみます。

そして、暑くなってくる季節、やはり毛穴と毛穴のつまり・汚れが気になる季節本番到来ですね。

毛穴強化キャンペーンです。

それと、ボディですね~。脱毛ももちろんですが、あ、ワキボトックスもね、クリニックでのケアも大事ですが、ホームケアも大事です。

かかとのピーリングとか背中や胸のニキビ(ニキビじゃないこともしばしば)、脚や腕のシミ、手や腕のシワ、肘や膝の黒ずみなどなど、体の露出度が上がる季節ですね。

体のシミやシワに、レーザーなどはもちろんあてればいいんですが、かなり贅沢な話ですし、お金もかかります。。。

なので、ホームケアですね。

よほどのコンプレックスか、急いでなんとかしたい、という方以外は、ホームケアでのんびり、というのも一つの方法です。

そして、ダイエットが気になる季節ですね。

全体痩せか部分痩せか。。

どちらの方でも、栄養解析はおススメです。

効率よく、科学的に、痩せましょう!

若い方は、代謝がまだいいから(栄養不足でも)、頑張れば、すぐに効きますよ~。

トゥルースカルプもいいですが、AC BODYで汗をかくのもいいと思います。

なにせ、ご本人は寝ているだけなので、そういう意味では楽ちんです♪

筋肉がついてこないと、体も動かせられませんしね。

まだ、やったことのない方は、ぜひどうぞ。

抗加齢医学会総会、2日目。

いや~、やっぱり今日来て良かったです~。たくさんの新しいことを知ることができました。良かった、良かった♪

朝早かったのと、お昼に出たお弁当のおにぎりを食べてしまったので、ちょっとだけ、ホントにちょっとだけね、途中で寝てしまった。。。うう。。。ああああ===-=午後からのは、ひとつの演題をまるまる寝てしまったのは、痛かった。。恐るべし、糖質!眠気に抗えませんでした。

今日の商業展示で、付き合いのある業者さんを回っていたら、私のブログを見た、一般の方やドクターからの問い合わせやご購入があったそうで、良かったです~。

(私に、何かマージンが入るとか、そんなことは何もありません。)

声をかけてくださったドクターもいらっしゃって、とても嬉しかったです! 私も励みになります!

私のブログが、みなさんのなにかしらお役に立てたのであれば、幸いです。

いわゆる、たくさんの敏感肌用、とうたっているような化粧品等があります。サプリもしかり。

でも、その中で、本当に良心的な企業や中身も良心的なものとなると、ホントにちょっとです。

また、個人個人によって、合う合わないもありますし、もちろん好き嫌いの好みも、値段もいろいろなわけですから、選択肢は多いほうがいいと思います。

選択肢も、10個も20個もあったら迷いますが、2~3個とか、せめて5種類くらいの中からだったら、選びやすいでしょうし、それくらいの種類があったら、大体の方をカバーできるのでは?と思います。

シンプルに、保湿オンリー、です。美白もアンチエジングもニキビとかのおまけはなしです。

化粧品ですが、例えば、レチノール商品のオバジやナビジョンのシリーズやアンチエジングのエビーゼなどは、お肌の状況によったら、今はまだ止めておきましょうと、私は言う時もありますし、使ってもいいですけど、合うかどうかは使ってみないとわかりませんよ、という時もあるし、良かったら一度使ってみては?はと積極的におススメする場合など、それは人それぞれです。

何かしら、「効果」を求めるモノは、、リスクというか、敏感肌用ではないため、やはり基本は健康な肌(そこまでいかなくても、大きなトラブルのない方)用です。今、炎症がある方には、薬ではないので、勧めないことが多いです。

(ごく一部に例外あり。それは、商品や状況によります。)

いわゆる、低刺激用、敏感肌用となると、別に敏感肌じゃなくても、誰でも使っていただけるので(合う合わないは、別の話です)、あとは好みの問題ですから、もうちょっと種類は欲しいところです。

先日、資生堂の方(開発のほうです)とお話しした時に、こんな化粧品が欲しい~っ!と私の要望も好き勝手にお伝えしました。

ま、一消費者の一意見です。

できたらいいな~。

ついでに、忘れていた商品が話題に上がり、おお!そうだったっ!と、再認識!

(また、ご紹介します。)

化粧品の開発って、真剣にやればやるほど、お金がかかります。規模もある程度要ります。

だって、いろいろと実験しないといけませんからね。

規模(実験施設とか)のないところであれば、どこかの別の機関に、それをお願いしないといけません。大変です。

できと~に、混ぜたらOK!というものではありません。もちろん、法律の問題もあります。

てきと~で、刺激なく、というなら、ワセリン塗るか、精製水にてきと~にグリセリンでもちょっと混ぜておけば、すっごく安くで自分で作れるわけです。

でも、そんなの、みなさん、イヤですよね。使い心地とか、保湿力とか。。いくら、刺激が少ないと言っても、ね~。

やはり、餅や餅屋、です。プロが作ったものに勝てるわけがありません。

企業が作る以上、どこでもそうですが、コストを考えないと、企業は潰れますから、原価率や販売戦略も大事ですが、やっぱり、本当にいい商品やいい企業が生き残ってほしいな~。あやしい企業が、すごく儲かって、消費者をだましまくって、使っている人は肌(体)ボロボロ。。ムダ使いでした。。では、行けないと思います!

本物のドクターズコスメって、開発に携わるドクターの知識などって、ハンパないと思います。(本物ね。ほ・ん・も・の!)

メーカーに、「こんな感じで~。お願いしま~す。」って言って丸投げで、クリニックのシールを作ってもらって貼って、オリジナル化粧品、としているのとは、わけが違います。

ドクターズコスメに関わらず、手間暇かけた本当にいい商品と、てきと~な商品と、どの世界でもありますよね。

全部がてきと~になってしまったら、日本は滅びてしまいますよ~。消費者が踊らされることなく、良いモノを選んでほしいです。

そりゃ、添加物ゼロのモノなんて存在はしないんですが、イメージで買うのは止めましょうよ。そして、根拠も何もない、お金でどうにでもなるような宣伝(テレビ・雑誌・ネットなど)を真に受けて買うようなことをしている限り、そういう悪徳企業は、いくらでも出てきます。

ホントにいい企業って、そんな、消費者が飛びつくような、都合だけがいいような、イメージだけの商品って、あんまり作りません。

品質が落ちますからね。それなりの、ブランドによっても違うでしょうけど。

なので、いい企業は、そういう世間の変な嵐に巻き込まれないようにしてほしいな~。でないと、自分が買いたい時に、まともなところがないっ!ってなっちゃいますもの。困るのは、自分になるんです。

なので、皆さんも、化粧品でも、サプリでも、買う時は、ちゃんと選んでください。

ドラっグストアで、店頭山盛りになっていたから、と、名前すらも憶えていないような商品を使うのは止めましょう。

安いなら、安くても、ちゃんとこだわって買う! 名前くらい、わかって買いましょう。

てきと=に買って、てきと~に使っていたら、肌も体も、てきと~になっちゃいますよ。

(ホントにいいものが、そんな安い値段で買えるわけはないんですが。。冷静に考えましょう。ただ、純石けんのように例外はあります。)

お肌が健康になれば、そこまで行かなくても、ある程度元気になれば、いろんな次のステップがあります。好きな時に好きなことができます。

そこが大事です。

ベースがないのに、いきなり応用したって、無理なだけです。

特に、肌のアンチエイジング関係をしたい方は、まず先に、お肌の健康を!!

昨日の続きのようなものです。

今、日焼け止めスプレー、流行っていますか、流行ってますね。

何年か前、いえ、もっと前でしょうか。

外国製の日焼け止めスプレーが、テレビショッピングや化粧品専用ショップみたいなところで売り出され、発売当初は、汗をかいたら流れるのに、真夏でも、汗をかいていようが塗っている方も多く、また質も悪く、私の診ている患者さんには一切勧めていませんでした。

しばらくして、化粧品大手メーカーからも発売され、テレビCMで大ヒットしたのがきっかけでしょうか。。

ひとつあたると、いろんなメーカーや同じメーカーでもブランドやシリーズを変えて、出してきます。

この大手メーカーは、発売当初、パッケージには、「髪の毛には使えません」と表示しているくせに、CMでは、女優さんが髪の毛にもかけていて、「髪の毛にも?!」と言葉で流して、髪の毛にもかける人多数。そりゃ、そうですよね、そんなCM流すんだから。

髪の毛にかけていいのか?とドラっグストアに見に行くと、「使えない」と書いてあり、そのことは、当時のブログでも書きました。

メーカーの詐欺のような消費者を騙すような行為は、そこら中に転がっています。

必ず、自分で、パッケージの表示内容を確認して、「書いていないことは、効かない」ということがわかって買わないと、効いているつもりが、全く効いていないどころか、質の悪い添加物で肌がやられただけ、という最悪の事態も待っています。

今でも時々、スプレータイプを使っている患者さんもいらっしゃって、一切勧めていません。

クリニック用の日焼け止めを、うちのパウダールームで使ってみた方、あるいは市販の日焼け止めでも、比較的肌に優しいのかな、という日焼け止めを使われた方は、あまりサラサラしておらず、クリームタイプか、せいぜい乳液タイプか、べったりと使いづらいものも時にはあったり(特に市販のもの)、とスプレータイプのモノと、触感が全然違うことがわかりますよね。

ある程度の肌への安全性と日焼け止めとしての効果等を考えると、スプレータイプではノズルがすぐに詰まっちゃって、商品として売れません。

無理なんです。

スプレータイプに使えるようにしようと思ったら、なんやかやといらない成分を使わずにはいられません。

そして、どんどん添加物が増えていくのです。

かぶれる人もいるし、かぶれない人もいますが、すぐにかぶれなくても、毎日使っていたら、ちょっとずつ肌の調子が悪くなってくることが多く、気付いた人はすぐに止めてくれるのでいいんですが、気付かない人は、大変なことになってから、受診されるので、あちゃ~!という感じで、そうなると、全ての化粧品一切がっさいを止めないといけなくなります。

もう何が悪いんだか、時間が経ちすぎて、わからなくなっているんですよね。全部止めるしかありません。

(ここまで来ると、当分、化粧品は禁止する羽目になることも。。)

スプレータイプの最大の欠点は、全く量が足りていないこと!

クリームタイプなど指で塗るのと同じ量を、スプレータイプで塗ろうと思ったら、一体、何分・何秒同じ場所にスプレーしないといけないのか。

しかも、スプレータイプは、噴霧したところの温度が下がりますから、1か所に、何秒もスプレーしてはいけません。しかも至近距離で。

(ワキ汗ニオイのスプレーも、30センチ以上離して、と書いてあります。みなさん、表示を見ないので、しもやけになって、知らない間に、黒ずんで色素沈着されている方が結構います。表示を見ないで使うと、こういうことになります。)

1か所に、何秒もスプレーしたらいけないんだったら、一体何往復しないといけないのか?!

わかりません。時間があったら、お客様相談室に電話して聞きたいんですが、時間がないので、聞けていません。知りたい方は、各メーカーのお客様相談室(パッケージに電話番号が書いてあります)に聞いてください。

一体、どれだけスプレーすれば、SPF50だの50+だのの表示通りになるのか。

(絶対、ビックリしますよ。あまりの大量さに。)

さて、今ジェルタイプが人気ですね。

ほとんどのジェルタイプ日焼け止めには大量のアルコールが入っています。でないと、あの触感はなかなか作れないでしょう。

アルコールが入っていないのがもしあれば、そしてそれの質がホントに良ければ、すっごい高いと思います。やっすい金額でなんか、買えるわけがない。

日焼け止めに関しては、5千円も以上もする市販のモノはいらないと思いますが、安いモノは、質が圧倒的に悪いことが多く、ある程度値段と質は比例していると思います。(例外があったら、教えてください。まあ、ないでしょう。)

安い、という感覚が人によって違うでしょうけど。

特に、SPF値なども高いのに、ウォータープルーフや汗・皮脂に強いとなると、しかもサラサラして塗り心地がいい、なんて、一体いくら出せば買えると思います?質が悪いから、そこそこの値段で買えるわけです。

アルコールが入っていても、まだそういう商品にしてはマシなものもあるでしょうけど、そこまでして、(アルコールだけでなくね)いらん添加物の入った日焼け止めを、塗り心地がいいから、というだけの理由で買うのはどうかと思います。

今まで、患者さんにスプレータイプを勧めない際に、「ちゃんとしたメーカーは出していませんよ。だって、作れないもの、そんな都合のいいもの。質が下がってしまうから。資生堂は出していませんよ。」と言っていたのに、とうとう今年、資生堂から、アネッサのスプレータイプが出ちゃいましたね。。。

世間でスプレータイプが流行ると、そういう質の悪いのばっかり売れてしまったりするわけで、資生堂も、売らざるを得ないってか。。

市場原理ですが、消費者が、化粧品の安全性よりも、塗り心地や便利さばかり求めていると、どんどん質の悪い化粧品が横行していきます。

便利で塗り心地もいい、しかもある程度質がいい、となると、値段は跳ね上がりますから、市場の価格競争に負けます。売れないんですね。消費者が買わないから。

ドラッグストアでも、安売り専門店とかだと、資生堂(ドラッグストアで売っている他よりもちょっと高いかな)とか高めのモノは売っていなかったりします。

売れ筋しかおかない。

(あ~あ~、と思いますね。)

資生堂の中でも、アネッサは売っている店はまだ多くても、他のシリーズで、あまり目立たないけど、アネッサよりは刺激がないモノとかになると、ホントに置いている店を探すのが大変だったりします。

(あ~あ~、と思いますね。)

さっき、コーセーと資生堂の、スプレータイプの日焼け止めのページを確認しました。

意外なことに、両方とも、「顔に直接かけないでください」と表示があります。

 

なんじゃそりゃ?!

顔にも使えるとは書いていますが、直接はかけずに、手に取ってから塗るように、と書いています。

みなさん、知っていましたか?

特に、もう買っちゃった方。そうやって塗っていました?塗っていませんよね。

資生堂のほうは、患者さんがよく使うので(腕とかにね)、私も腕や手には、市販のものを使います。

一度ナビジョンとか腕に塗ったら、一度に無くなって、さすがに困るな~と市販のものをいろいろ買って、この時ぞとばかりに、市販モノを調べるんですが。

顔用と書いてあっても、顔には塗りません。

首・デコルテも、顔と同じものを使います。

まあ、塗るとしたら、南の島に行って、海やプールに完全に浸かる時くらいでしょうか。。

スプレータイプの日焼け止めは、目に入ったらどうするんだろう、と常々不思議でした。

顔にかける時に、目をつぶるのを忘れてしまった方とか絶対に出てきます。人数としては多くはないでしょうけど、ついやっちゃった、という人は、使っている人数が多ければ多いほど、チラホラ出てきます。

そりゃ、誰でも買えるものですから、顔にかけたら、アカンやろ。危ないでしょう。

絶対に、説明を受けないと買えない、という商品にはされていませんので。

まだ、大手メーカーは、そういう表示が有るだけマシです。

目も心配ですが、顔に直接かけて、鼻や口で吸っていいの?と思います。

アレルギー体質というか、粘膜の弱い人は、ダメなことないのかな、と思います。

ワキスプレーでも、結構吸いませんか?

私は、そういうのを使う時は、息をなるべく止めて、かけたら、すぐにその部屋を出て、息をします。その部屋は喚起します。

髪の毛とかのシリコンスプレーなんかは使いませんが、絶対にアレは吸いたくないですね。美容院に行っても、断ります。

(シリコン入りクリームを塗るのと、吸うのとでは、人体への害は全く違います。)

どっかのメーカーはテレビCMで、思い切り顔にかけていませんでしたっけ?

最近じゃなかったかもしれませんが。

まだそんなCM流しているとしたら、これはもう詐欺でしょう。消費者の安全をどう考えているのか、とも思います。

CMや企業が与える一方的なイメージって、怖いと思いませんか?

パッケージの表示は誰でも見て買えるようになっているし(これは企業の義務です。なので、ネットで売っているクセに、全成分表示をしていない化粧品メーカーなんて、信用できるわけがありません)、メーカーのHPも誰でも見れるわけです。

パッケージに、詳細全部が書けるわけでもないでしょうし。

見るのも見ないのも、買う側の自由ですが、便利だから、安いから、店員が言ったから、テレビでやっていたから、雑誌の載っていたから、と安易に乗っかっちゃうと、企業のいいようにされてしまいますよ。

そのたびに困るのは、貴女であって、企業は喜ぶだけです。

先日、とあるデパートに、靴を買いにいったんですが、美人の患者さんが、いつもキレイな靴を履いていらっしゃって、いいな~、どこのかな~?と思っていたら、セルジオ・ロッシで、やっぱりキレイなんだな~と思って、いろいろ見に行きました。

いろいろ履いてみましたが、ウワサ通り、とても履きやすく、私の足にもぴったりと痛くなく、買っちゃいました!

(私の足は、下駄のように、幅広で、足の指も短く、足は親指が一番長くて、小指にいくにしたがって短くなっていく足なので、海外モノはほとんど合いません。

もう、履いた瞬間に、木型が全くあっていないことがわかります。

ちょっときついかな?ゆるいかな?というのを、自分で調整して、履きなれるのにも時間をかけて、と大変なんですが、これはなんかいけそう。楽しみです。

さて、そのついでに、そう言えば、患者さんがデパートの売り場で日焼け止めを買ったけど、使ってもいいですか?と聞かれたいたものがあったのを思い出し、

(患者さんが名前がわからない、と言われていて、ネットで検索できませんでした)

新しく出たらしく(だいぶ前の話ですが)、しかもウォータープルーフで、SPF50ある、とか言われて、それ、おかしな成分入っていませんか?と言ったところでした。

市販で、ウォータープルーフで、SPF50など強い場合、大体いらん成分が入っていることが大半で、1回2回塗ったくらいでは、そう害はないかもしれませんが、毎日使うとか、顔にも使うとか、1日何回も塗るとかしていると、2・3日もしたら、赤くなったり、乾燥したり、とイヤなことになってきます。

気付いた方は、止めてくれるのでいいんですが、気付かない方は、どんどんひどくなって、気付いたら、あちゃちゃ~!という状態に。

で、そこの店舗にいって、多分、これだろう、という商品を見つけました。

2種類あって、SPF30、PA+++との、SPF50+、PA++++ とかなり強い。

どっちかな?とまずSPF30のを眺めていると、本体にはなにも情報が書いていなくて、それを見ていたスタッフの人が、新しく出たんですよ、とかなんとか話しかけてきました。

SPF30のを持ったまま、「これ、ウォータープルーフですか?」と聞くと、それには答えず、SPF50+のほうを持ってきて、「こちらウォータープルーフです」と言います。

私の質問に答えないので、(多分違うんでしょうけど)、もう一度、「これは、ウォータープルーフですか?」と聞くと、「赤ちゃんでも使えるんですよ、スゴイんですよ」とまた答えないので、もう一度聞いたら、やっと「それは違います。こちらはウォータープルーフです」とさっきのSPF50+のを持って言いました。

こういう、客が商品について質問しているのに、肝心なことは決して言わず、ごまして、別のことに話を持って行こうとする店員って、大嫌いで、こういう人からは買いたくないんです。

以前にも、服屋さんでしたが、私はデパートで、Lサイズの服も見るんですが、お店によったら、トールサイズであって、ちょっと大き目に作ってあるけど、Lサイズではないところって、あるんです。

で、そこは、トールサイズだったか、トール&Lサイズだったか忘れましたが、試着したら、袖の長さは丈がやっぱり合っておらず(私は身長159㎝と高くはありません)、普通サイズの服と比べるためと、今後の参考にと思い(そこの服自体はわりと好きだったので)、「これ、元々は身長何センチに合わせて作ってあるんですか?」と聞いたんです。

そしたら、それには全く答えず、袖を直せばいいとか、似合っているとか(全くに合っていませんでした)、身長が低い方でも着れるように作ってあるとか(んなわけ、ねーだろっ!って!)、質問に答えずに誤魔化すわけです。

「いや、だから何センチ用なんですか?」と聞いても、今度はダンマリ作戦です。

もちろん、買っていませんし、こちらのお店には二度と行っていません。(他店で行っています)

接客マニュアルかなにかで、店側に都合の悪い情報は、客に教えずに、他の情報で誤魔化して、違う商品に誘導して買わせましょう、みたいなマニュアルでもあるんでしょうか。

だれか、そんな、質の悪い、店側のエゴ丸出しの接客を教えているヤツがいるんですかね。

店側にとって、都合が悪くても、客のためであれば、それは教えた上で、違う情報やプランを提供する、というのが、私は誠実だと思うし、そういう人から買い物をしたいです。

さて、日焼け止めに話を戻します。

今回の目的は、例え、あまりよくない成分が入っていようが、とりあえず使ってみる(顔じゃないですよ、腕とか手とか体です。首にも塗りません。)、それでどうなるか診るのが目的です。

なので、違う店員に変える時間も惜しいわけです、どうせ買うわけですから。

(時間のある時で、高い買い物の時は、変えることがあります。おかしな人からは、有益な情報は得られませんからね。たかが市販の化粧品と言えども、なにかしらいい店員さんからは、有益な情報が得られるものです。)

で、手の甲に試してみたら、サラサラと塗りやすい。薄いピンク色が付いていました。

「成分表を見せてください」とお願いすると、パッケージ(箱)を持ってきてくれました。

。。。一番にジメチコン 二番に水、三番にエタノール。。。

そりゃ、そうだ。

で、もちろん、耐水テスト○○分、なんて表示はどこにもありません。

(アネッサやアリーの海用にはパッケージにちゃんと書いてあります。これらの海用を使っても、水に浸かった場合、80分しか持たない、それ以上は保障しない、ということです。)

「これは、ウォータープルーフじゃなくて、その上を行く、ウォーターフェース(だったか?)なんですよ!!」と単語の連呼だけします。

「。。どう違うんですか?」

「ウォータープルーフよりもスゴイんです。その上を行くんです。」

「アネッサのウォータープルーフとは違うんですか?」

「アネッサよりスゴイんですっ!水に浸かっても、何時間でも持つんです!!」

。。。。んなわけ、ねーだろっ!!


そんな化粧品、あるわけないし!あったら、何入っとんねーんっ!!怖くて、使えねーわっ!!


(あら、やだ、お下品だわ。。怒りのあまり、お下品になってしまいました。)

もちろん、箱には、そんなことは書いていません。

もうとっくに、この店員にはカチンときていて、化粧品を買う時は、こういうダメな人って、結構いるものなので、いつもはスル~するんですが(自分の時間がもったいないから)、こういう店員の詐欺行為が、消費者をダメにするわけです。

これ、言ったことがホントだったらいいですよ。そのまま信じたらいいわけで。

水に浸かっても何時間でも持つ、アネッサ(海用の)よりもスゴイ!と言われたら、みなさん、買うんじゃないですか?信じちゃうんですよね?!

騙されるほうが悪いのか、騙すほうが悪いのか。。

当たり前ですが、一番悪いのは、こんな店員です。

そこまで言いうなら、証拠を見せろっ!見せてみろっ!!

「アネッサでも、耐水テスト80分なのに、アネッサよりも持つんですか?」と非難めいた口調で言ったら、

「。。。すみません、SPFの表示内でです。。」と言い直しやがりました。

「だって、あなた今、何時間でも持つ、って言ったじゃないですか。」

「。。。すみません。。」

こういうのは、社内だけの極秘マニュアルで、コイツだけじゃなくて、「こういう風に客に言って、売りましょう」というのがあったります。口で言った分は、証拠が残りませんからね。

外部に出てこないだけ、というか、一般の方はご存知ないのかもしれませんが。

この店舗やこのメーカーでどこまであるのかは知りません。

ただ、外部に漏れた時には、「この店員が勝手にやりました。そういう指導は一切行っておりません」とトカゲのしっぽ切りみたいに切られるわけです。

商品の箱の中に、いわゆる説明書が入っていて、それを読んでも、一体何がどうスゴイのかは、結局わかりませんでした。肝心なことは書いていない。

独自のテクノロジーで、スゴイらしい。。。もうちょっと説明書に書いてもいいんじゃないですかね。書ききれないとか?じゃあ、自発的にHPで、そのテクノロジーを確認するしかないですね。

そして、その説明書にも、もちろん、「何時間でも持つ」とは書いていないし、耐水テストの話もありません。

紫外線防御効果を維持するために、特に泳いだりタオルで拭いた後などは、頻繁に重ね付けしてください。」と書いてありました。

(まあ、これは、そのメーカーの日焼け止め全商品に書いてあるのかもしれませんが(そういう意味では、以前よりは良心的になったんでしょうけど。)

水に強い話は、どこに行ったんですかね。そこまで強いなら、この商品に限って、「泳いだ後に重ね付け」は、いらないんじゃないですか。

その店員は詐欺でしょう。店舗ぐるみ?その子だけ?

最初から、誤魔化すような接客をするような子だから、詐欺行為するわけ?

(他の店員さんは知りません。)

自分の売り上げが欲しいから、消費者が泳いだ後、付け直しをしなくて、日焼けしようが、シミになろうが、赤くなろうが、知ったこっちゃない、信じるほうが悪いって言い分ですか?

「何時間でも」って言われなかったら、ちゃんと塗り直す方だって、大勢います。

その方々の、機会を奪うわけです。

で、ホントにテクノロジーで、持つんです、と言うなら、規定量をちゃんと教えろ!

「これだけ(ちゃんと見せて)、塗ったら、何時間でも持ちますよ」と。

そこまで言うなら、わかります。

実際、何時間も持たないので、「朝塗ったら、日が暮れるまで」とか、「翌朝には効いていません」とか「お風呂に入ったら、効果はなくなります」とか。

こういう悪質は、ここだけじゃないです。

もうめったに、こういう化粧品売り場って来ませんが、いろんなメーカーで、詐欺まがいな行為は受けています。

日焼け止めが12時間持つ、と言い張る外資系メーカー。

(そんなことは、どこにも表記はありません。)

24時間(だったか)持つという、リップグロス(リキッドルージュだったか)

(これは、その後の食事で、すぐに取れました。)

こんなのは氷山の一角で、まだ私が自腹で買って、自分に使おうとするだけ、マシなほうです。

ひどいものは、まず買わないし、話題の上げないし、もらっても捨てます。自分には絶対に塗りません。

話題に上がるだけ、マシなメーカーと思いますが。。。

だからって、何をしてもいいわけじゃない。

せいがらい、ですね。。。。

こういう悪質な場合は、今度から消費者庁なりに通報することにします。

店側の、売る側の言い分を鵜呑みにしていると、損をしたり、困ったりするのは自分です。

お金と時間、皮膚などを良くしたいのであれば、ちゃんと疑問にもつクセをつけましょう。

できない、という方は、栄養が足りていない可能性があるので、栄養解析をお受けください。

 

 

 

20 / 40« First...10...1819202122...3040...Last »