プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近投稿した写真

ホーム > 化粧品



シミ・肝斑の相談に来られる方に限らず、肌関係のシワやたるみ、赤ら顔もそうですが、あまりにもひどい方の場合、栄養欠損も半端なくひどいです。

 

シミの場合は、擦っている、使っていた化粧品や肌の触り方が悪い、日焼け止めを全然塗っていない、などなど外的要因が確かに山ほどあります。

 

シワ・たるみだと、美顔器やマッサージ、ガンガンやっているとか。顔筋体操もね。

 

確かに外的要因は可能な限りすべて排除してもらい、スキンケアを徹底していただくのは当たり前。

(ほんとにできるかどうかではなくて、やる気とやっている努力が大事。

ほんとにスキンケアやる気が全くない方は、何をしても向かない。。

お金ムチャクチャかけたら、ちょっとはなにか変わるかもしれませんが、どんだけ湯水のように使わないと、それだけの違いが出ないのか?!というくらい、大変です。

ビフォーがひどいと、初めの数回くらいはなにか変化が出るかもしれませんが、その後、頭打ちです。

ほんとに全然変わりません。。。また、火傷など悪化のリスクと絶えず背中合わせ。。

危ない橋は渡らないほうが。。。)

 

で、スキンケアは頑張ることを前提に、

光・レーザー治療を優先してやるのか、栄養を優先してやるのか、これは意見が分かれるところ。

 

まず、食事は何をやるにしても、スキンケア同様、変えましょう。

肌の代謝を上げるものに。

紫外線などの活性酸素に勝てるような肌になるような栄養素を、口から食事で摂る!

 

で、スキンケアと食事は変えることを前提に、

レーザーかサプリか、の選択ですか、ぶっちゃけ。

 

そりゃあ両方同時進行するのが一番いいですが、両方、ほんとに同時進行するとお金が一番かかりますよね。

 

なので、皆さん悩まれます。

悩む暇もなく、自分で、

先にレーザーから! 先に栄養から!と決まっている方も多いです。

決まっている方は、予約の段階で、そうおっしゃいます。

あるいは、さあどうしますか?となった時に、もうご自身で決めておられる。

 

それはそれでいいと思います。

 

ただ、迷っている方ですね。

自分で決められない。。

 

そういう方の場合、とりあえず最初の数回は、光・レーザー治療をしてみる!

いわゆる美容医療に専念してみる!

 

スキンケアと食事を頑張りながら始めれば、それだけで結構数回でもいい結果が出ることも多いです。

患者さんの頑張り具合によりますが。

 

クリニック用の化粧品も手伝ってくれるでしょうし、目標地点が、ちょっと良くなればいいんですけど、化粧がしやすくなればいいんですけど、という方であれば、数回レーザーやって、あとはたまに気になる時にやる。

その間は、クリニック用の化粧品でなんとかもたせる。

(スキンケアと食事はずっと続けているんですよ。)

 

日常のケアを間違えずに、その方のお肌に合わせて設定してレーザーなどを照射すると、やはり医療ですから、目で見える、わかる結果が出ると、人間嬉しいものです。

モチベーションも上がるし、気分も前向きになります。

頑張ってもっと良くしよう!これをせめて維持しよう!という気持ちも出てくる。

 

これ、結構大事です。

 

見た目のひどい方が、いくら栄養欠損重症となって、オーソモレキュレラー療法で食事もサプリも頑張ります!と始めても、皮膚までまだまだ回ってきません。。。

 

スキンケアと化粧品頑張ったとしても。

 

時々、1か月くらいで良くなる方もおられますが、1か月で皮膚にわかるくらいにまで栄養来るってことは、重症の栄養欠損ではなかった、そこまではひどくなかったということでもある科と思います。

 

そういう方ではなくて、ほんとに重症の栄養欠損の場合の話です。

 

まず、食事がなかなか変えられないので、食事で肌を変えられる?に期待する道は、ちょっとない。。。

 

サプリは、重症な人ほどたくさん要りますから、ほんとにちゃんと買おうと思ったら、結構な金額に。。

 

レーザー代金と同等回せば、そこそこ飲めますが、おそらく、重症の方はそれでも足りないことも多いです。

 

その状況でサプリをちょっとだけ飲んで、食事は全然変わってないのに、肌を変えるととなると、ほんとに全然、効果らしい効果は出ません。。

言われて見れば、なにかちょっと変わったのかもしれないけど、自分では全然わかりません。。というレベルです。

 

そうなってくると、サプリは全然足りないし、食事も変えられないから、体調自体も大きく変わりません。。

 

多分、やっていても、何をしているんだか、、ちっとも変わらないと不平不満だらけ。

そのうち、私はレーザーがやりたくて、シミを消したくて来たのであって、サプ飲んだり、食事変えたりわけじゃないのに~!!となってきます。

で、こういう方は、スキンケアもあまりできていないから、老化のスピードはそのまま進んでいますから、時間がたてばたつほど初診時より悪くなるのは当たり前と言えば当たり前です。

人間ですから、「不変」はあり得ない。

「不変」自体、老化のスピード、かなり抑えている?となるわけですから。

 

で、最近では、そういう方には、最初はレーザー治療を勧めます。

レーザーかサプリか、悩んでおられる場合にね。

 

その前に、オーソモレキュラー療法自体を受けるかどうかも悩んでおられる方もいます。

自費の血液検査である栄養解析やお食事日記の確認ですね。食事指導も含めて。

 

こればっかりは、ご本院がやる気がないと無理なので、やる気のない方に無理強いはしません。

こういうことしたほうがいいですよ、という話はするし、資料はお渡しします。

 

なにかあったとき、それは栄養足りてないから、そうなるんですよ、なので、肌のためになにか(オーソレモキュラーの)始めたほうがいいんですよ、という話くらいは、折に触れします。

 

栄養解析などの自費治療がお金がかかりますから、レーザーしない月にされる方が多いです。

 

サプリをどこまで買うのかは、ご本人の予算次第なので、予算の低い方、低すぎる方は、無理のない範囲で、その代わり、食事死ぬ気で頑張れ!と言います。

 

レーザーに毎月サプリを足すとなると、結構な値段にもなりますから。

 

レーザー治療がある程度頭打ちになった時点、もしくは、これ以上は設定を強くしたくても危ない時などに、サプリの追加・増量を勧めます。

 

食事頑張っている方で、サプリをほんのちょっとでも飲んでいると、やっぱり設定は変えやすい。強い治療が、飲んでいない人よりもしやすいののはしやすいです。

(副作用出にくいから)

 

何をどうしたいのか、どこまで目指すのかで、そこにたどり着くのに最短の方法を診察カウンセでは、説明していますが、どう選ぶのかは患者さん次第ですからね。

こればっかりは。

 

あまりにも遠回りしすぎの時は、勧めません、とはっきりと言います。

 

#肉食美肌 #オーガニック化粧品 #自然派化粧品 #食物アレルギー #化粧品口コミサイト #化粧品ランキング

 

Facebookのコピペになります。

反響が大きかったので、こちらにも載せておきます。

以下、コピペです。

 

 

オーガニック化粧品、自然派化粧品ブームは、ちっともおさまりませんねー。

女性が買うから、でしょうけど。

 

食べ物のエキス
野菜や果物、

植物のエキス
ハーブも含めて

そういう化粧品、山ほど入ってる。

 

皮膚科学会だけでなく、厚労省ももっと注意勧告してほしいんですが、企業の宣伝のほうが莫大な費用投入されますから、情報の入る機会は、圧倒的に、企業の宣伝が勝ちます。

 

食物アレルギーの1番の原因は、皮膚に塗ることで、食べることではない、とまでは言い切りませんが、結構近いです。

 

そのエキスがホントにアレルギー反応を起こさないのか、と徹底的に調べているのは、先日の学会で聴いた話から推測すると、資生堂と花王くらいか?と思いました。

 

この2社が調べて使っている成分は安全だろうと、他社が使ってるようですが、出所が同じかどうかの保障もなく、またいろいろ組み合わせれば変わることもあるので、どこまで安全なのかはわかりません。

 

ソコまで調べている企業は、まずオーガニック化粧品、自然派化粧品のメーカーにはないです。

 

だって調べたら、ほとんど使えなくなるから。

 

そういう化粧品会社が、
「アトピーにも使える」
「敏感肌用」
「赤ちゃんも使える」
「お肌のことを考えて作りました」

って、ホントに口先だけなのが、ホームページ開けた瞬間にわかります。

怪しさ満天です。

 

 

ホームページ見てもわからないという人は、とりあえず成分表示確認しましょう。

 

ネットで売っているのに、成分表示を見せないところのは、絶対に買わない!

 

これ、まず1つ、自分を守る方法です。

 

何万種類もある化粧品の中から、わざわざそんな企業を選ぶ必要はありません。

 

大手メーカー、有名ブランドであっても、開示してないところは結構多いです。

 

で、成分表示ですが、ズラズラと化学薬品名が書いてあると思います。

 

それは飛ばして、植物エキス、ハーブエキス、果物や野菜のエキスが入っていたら、それも止める!買わない!

 

化学薬品名しかない方が、ずっとマシです。

 

食物アレルギーにはならないから。

 

肌荒れ相談の方の化粧品全部調べてて、多くの方で共通してるのは、化粧品の口コミサイトやランキングサイト、はたまた肩書きのよくわからない人のオススメ化粧品(たくさんの種類が紹介されていたり、メーカーから、コンセプトから、もうなんでもかんでも頻繁にいろんなものを勧めていたら、怪しいのは当たり前)から購入してる方、多いです。

 

なので、ステマ(ステルスマーケット)は、ますます巧妙になる。

 

ノーベル賞の本庶先生、山中先生が仰るように、「そのまま信じるな。自分の目で確認しなさい。どうしてそうなのか考える!」

 

こういうことって、実は脳にちゃんと栄養いってないと、できないんですよね…。

 

肌荒れ相談の方の肌診ただけで、栄養欠損のヒドいことがわかります。

 

情報、そのまま信じちゃうんです。

 

私も含めて皆栄養欠損なんですが、皆が皆、そういうのに引っかかるわけじゃないんですよね、これが。

引っかかるかどうかのボーダーがどこかであるんでしょうけど

すみません、いろいろ告知が遅くなりました。

さて、もう10月でハロウィンの季節ですね。

街中は、9月半ばくらいからハロウィンの飾りつけが出てきていたので、少しびっくり。年々早くなっているような。。?

 

キャンペーンは、そう変わり映えもしないものですが、美容医療の施術のキャンペーンはありません。

キャンペーンに関わらず、いつしても同じお値段です。

注射などを追加する、回数をこなしてやっていく、となると、もともとお得なセットがありますから、キャンペーンしなくてもお得なはずです。

(HPの値段表がかなりわかりづらいかもです。あれも修正しないといけないんですけどね、と言いだしたら、HP全部修正しないとね~。次足しと削除の繰り返しだから。)

 

で、やはりこの季節の変わり目は、肌トラブルが春ほどじゃないけどちょっと増えます。

メインは乾燥。

乾燥して、また荒れやすくなるという悪循環。。。

 

スキンケアを見直すことも必要ですが、すぐに治るわけではないので、ちょっとお化粧するのもしんどいかも。。もうすぐイベントあるのに。。毎日人前に出るのに気を使う。。

 

そういう時に、イオン導入って、薬剤とやり方にもよりますが、

(これが一番ポイントだったりします!間違ったやり方・薬剤使っている方多数!!)

お値段安い割に、ちょっといい。

 

いれられるものは限られてきますが、イオン導入にそこまで大きなものを期待しなくても、と思います。

 

侵襲性が少ないので、私は患者さんに行う処置の中では結構好きです。

 

薬剤との相性がぴた!と合う方がたまにいて、1回で、お! おお~っ?!ということもたまにあります。

 

そうはならなくても、いい材料をちょっと入れてあげる、というのは、翌日や数日のお肌の感じが変わったり、化粧のり良くなることもあるし、見た目でわからなくても肌にいい材料を塗るより多めに届けるというのは、いいと思います。

 

先日の美容皮膚科学会で、いろいろな皮膚に導入する機械の特徴の講演がありましたが、イオン導入の素晴らしさを今一度見直そう!みたいな講義でしたが、私がイオン導入好き、というのがやはり!と思った内容でした。

 

世の中には、もっと入れるものはあります。

でも、顔、というか、皮膚、押しまくったりするのはどうしても抵抗あるんですよね~。

1回したくらいで、どうこうなりませんが、患者さんがマネしちゃうんですよ。

 

レーザー治療でゼリーを顔に塗るのがありますが、終わった後、ティッシュでゼリーを拭き取ります。

細心の注意を払って拭き取ります。

たまに患者さんに言われるのが、「こうやって肌って触らないといけないんですね」。

 

そう!拭くのも擦っちゃダメ!!

 

クリニックで、ぐりぐりされると、家でもぐりぐりやってもいいんだ、ぐりぐりしたほうが効くんだ!と思われると困るわけです。

(皆が思うわけではないですけどね)

 

レーザーいつもされている方は、お肌の状態がわかっていますから、予約時お伝えしてくださればOK。

もしくは、お渡ししているメールで相談しておいていただくか。

 

初診の肌荒れ相談・スキンケア相談の方でもイオン導入適応があればやりますから希望の場合は、予約時に言っておいてください、としたこともありましたが、どんな肌かわかりませんから。

中には、もう触らない!!みたいな肌がたま~にあったので、初診の方は止めました。

2回目以降の方であれば、肌の状態がわかっているので、問題ないかなと。

あんまり間が空いていだらダメですけどね。

 

これからの季節、日焼けの油断焼けが多いので、顔の処置されている方は、日焼け止め10%オフです。

夏ほどではなくても、しっかり顔は塗っておいてもらいましょう。

 

秋と言えば、薄毛抜け毛の季節なので、ヘアケアは、スキンケア同様、とても大切です。

ヘアケア用の化粧品の割引です。

 

 

寒くなってくるので、女性の冷え症が悪化し始めます。

筋肉をつけることは大切ですが、最低でも栄養も補充しながらでないと、筋肉なんて簡単にはつきません。

 

医療用のEMS(筋肉を鍛える器械)がありますが、パワーを上げればいいってものでもありません。

 

以前、メモリがMAXまで行った方がいましたが、全く筋肉はつかず。。

(この方はお肉が嫌い。かといって魚や卵をたくさん食べるわけでもない。。。)

筋破壊しているだけかもと思ったので、その後、お断りしました。

 

できれば、栄養解析とか採血結果あったほうがいいですけどね。

筋トレしていっていいレベルなのか、マッサージ程度にしたほうがいいのか。

もちろん食事はとても大切です。

AC BODYしている間、設定のこまめな調節はとても大事なので、だいたいほぼ付いていることが多いです(絶対ではないですよ)。

 

2週間前に受診されたシミが気になるという患者さんのお年が76歳でした。

 

今まで日焼け止めは塗ったことがないそうで、ガーデニングもされており、顔と手の甲に結構なシミが出てました。

 

濃い~いシミも多いことながら、肌全体がまだら感にくすんでいて、赤みはあまりないんですが、肌ツヤも悪く、皮膚のコラーゲンも薄く、日焼け止めもそうですが、あまりお手入れというお手入れもされてこれていないということ。

 

おかしな化粧品を塗りまくるよりは、何も塗ってないほうが実はマシだったりもします。

 

でも、日焼け止めが塗ってこなかったことと、結構擦っておられたので(洗顔とか化粧品塗る時とか)、それを変えていくことって結構大変です。

 

今までの長~いクセですから。

年をとるほど、実は大変です。

患者さん方の経過を診ていても、いつもそう思います。

 

赤みがない方の場合、患者さんが理解されて、スキンケア(この場合、日焼け止めと擦らない)を頑張るとおっしゃったら、光・レーザー治療を開始することをお勧めしています。

そのお肌の状態に合わせて、光やレーザーの設定を変えていくので、最初の段階は、ダメージを与えないレベルで、代謝アップ、うまくいけばシミを分解するところまではいきたい、という感じで治療を開始します。

 

早く良くしたい方は、医療用の化粧品や医薬部外品、場合により医薬品などは、塗り薬も含めて必要です。

 

食事も、サプリをどうするかも含めて、変える必要があります。

 

できる範囲で同時進行で、やればやるほど早く良くなります。

 

ただ、擦らない・日焼け止めを塗ることができなければ、現状維持、最悪悪化、もあり得ます。

 

 

治療を始めて2週間、擦らない・日焼け止めができたのだろうか。。無自覚にできていないということはよくあるし。。と大変心配でしたが、来られたらびっくり!!

すごく良くなってました。

 

ファンデーションは塗らない方なので、待合室でお話しているだけで、顔も手も良くなっていることがとてもよくわかります。

 

全体のいやなまだら感がなくなり、シミがシミと境界がわかるようになり、シミ自体も薄くなっています。

皮膚全体がなんかハリが出たというか、しっかりして、ツヤが出て、チリメンジワだらけだった手の甲の皮膚がほんとに別人のようでした。

 

光や医療用の化粧品などの恩恵は確かにありますが、スキンケアができていないと、ほんとに台無しにもなるし、悪化もさせるくらい、大事なものです。

 

今回の恩恵は、ほんとに患者さんが擦らないように極力気を付けれられたのと、冷止めも頑張って、顔も手も塗っておられると、食事もお肉を少し増やされたそうです。

 

すぐに行動に移されて、注意されたことを気を付けて2週間されたことが、ほんとに今回の結果です。

 

サプリは、まだ鉄1粒だけでしたが、お食事を合わさって相乗効果のようです。

かといって、お年から考えても、そう大量に肉や魚を召し上がったわけでもないですが、食事全体のタンパク質といい油は増え、過剰だと思われた糖質は、全部ではないですが、一番これ!!というのを止められました。

 

それだけで、76歳でも、2週間で皮膚は生まれ変わるんだ、補強されるんだ!ということに、私がびっくりです。

感動です~!!

人間の体って、スゴイですね!年齢関係ないと思います!!

 

 

ほんとに短期間で、こちらが驚くくらい良くなる方というのが実際おられます。

 

そういう方に共通しているのは、完璧じゃなくても、言われたことを一つずつやってみた、ということです。

特に、摩擦を減らすことと紫外線対策です。

 

この2つはほんとに結構されています。

今までのことからしたら、180度変わるくらい、頑張ってされています。

 

この2つが意識できていなくて、なかなかできないと、あるいはやっているつもりで見直さない(でも擦り倒している)、全然擦るの変わってない、となると、悪化はなんとか免れても、現状維持です。

それでは、何回高いお金を払ってもおもしろくないですよね。

食事や栄養はともかく、スキンケアさえやらずに、数回光やレーザー治療を予約取る方もおられて、さすがに医療ですから、初診時よりは良くなりますが、すぐに効果は頭うちです。。

きつい治療にも入っていけないし、、とすべてが悪循環です。

 

ほんとに、想定外の改善ほど、嬉しく楽しいことはないです。

人間の神秘に驚かされます。

 

2週間で肌が完全に入れ替わっているわけではないですが、皮膚を構成している成分にはなにかしら変化があって、質感や見た目が変わったわけです。

 

擦るという摩擦、攻撃が止んだ分だけ、肌の再建はしやすくなります。

ほんとに相乗効果ですね。

 

 

手の甲のシミは、ほんとに厄介でなかなか日焼け止めを塗らない・塗れない方も多く、手の甲のシミ治療は100万円もらってもやらない、と昔講演されているドクターもおられました。

それくらい、やっかいです。

(レーザーのせいで、すぐに反ってシミになりやすいから)

 

スキンケアがある程度ポイントを押さえてできていれば、ほんとに光・レーザー治療というのは、素晴らしく効きますから(予想を超えて)気にされている方は、ほんとに方向を間違えずに頑張ってほしいです。

 

 

もう8月が終わりましたね。

早いですね~。

最近天候がおかしいですね。

暑いかと思うと、朝晩急に冷えたり、雨もよくわからないし。。

天候に振り回されると、ストレスもたまるし、体もなんとか順応しようとてんてこまいです。

そういう時は、お肌もなにかと調子が悪くなります。

季節の変わり目ってやつですね。

 

大したキャンペーンではないですが、季節の変わり目に、お肌が早く回復できるようなものにしました。

 

①ボディ用化粧品の10%オフ。

顔ももう乾燥を感じている方も出てきていますが、体はもっとです。

まず、体は石けんでもボディソープでも止めることです。お湯だけで洗う。どうしても気になるなら、気になるところだけ石けん使ってもかまいませんが、基本お湯だけです。

これだけで、かなりお肌の乾燥は防げます。

 

石けんで皮脂膜取っちゃうと、皮脂膜がなかなか回復してこない方、結構増えています。

 

そういう方や、お湯でしか洗ってないのに乾燥するという方、どちらにしろ、皮膚の保湿が自前でできない方ですね。

そういう方は、やはりなにか外から足してあげないといけません。

 

夏の間に、腕や脚、デコルテや背中など結構日に焼けてしまった方もいらっしゃるのでは?

日焼け止め塗っていても、腕脚体にまで塗り直しを普段からしている方も少ないでしょうし、私もひと夏終わると、なんとなく腕の色がワントーン濃くなっているような気がします。

 

ボディ用にも美白成分の入ったものもありますから、同じ保湿するなら、そういうのもありです。

 

体にレーザーあてる、というのはものすごく贅沢ですしね~。

ㇾ-ザー当てても、乾燥肌は治りませんしね。

 

②恒例と言えば恒例の、光・レーザー治療されていて、ご希望の方にはプラセンタのイオン導入のプレゼントです。

イオン導入は、その間、皮膚をゆっくりと観察もできますし、単純で比較的安いのに、そこそこいい(即効性は普通ないですよ)ので、結構好きです。

(自分にはできないけど。。。)

 

③乾燥の季節と言えば、やはりシワです。

鏡餅にヒビが入るようなものです。

完全にひび割れまでしてしまうと、化粧品云々の問題ではなくなってくるので。。。

そうなる前に少しでも、予防できたらというものです。

また、肌トラブルにとてもいいことがあります(皆が皆ではないですよ)

 

当日いきなり言われても準備ができませんから、必ず事前にご予約をお願いたします。カウンセもメールで済ませてくださいね。

 

④髪の毛も同様です。秋は抜け毛薄毛の季節です。

少しでも早く、防ぐために。

 

⑥、秋だから日焼け止めを手を抜く方が出てきます。

秋は結構油断焼けが多いですから、まだまだ日焼け止めは夏と同じくらいの対策が必要です。

そんな頑張る方には、日焼け止め10%オフの割引です。

 

サンプルプレゼントもありますから、おうちでゆっくりお試しができます。

 

あと、キャンペーンではないですが、

アトピーなどの全身でも顔だけでもいいので、皮膚トラブルの方のオーソモレキュラー療法のモニター募集と、

顔のADM(遅発性太田母斑様色素)のレーザー治療のモニターも募集しております。

よろしければ、お問い合わせください。

 

 

これは8月に入った時くらいに患者さんに教えてもらったことですが、

「dプログラムの口紅がもう販売中止だから売ってなかった」とのこと。

 

え=っ?!

 

この方は、ビューティフルスキンのメイクアップ化粧品をお使いですが(妊娠もされているし、赤ちゃんが生まれてからのこともあるし、いいことです)、もうちょっと口紅で色が欲しい時に困っておられたので、ビューティフルスキンのよりは添加物が増えるけど(と言っても、市販のものよりも全然少ない)、とdプログラムの口紅を教えたので、使っておられたようです。

患者さんがどこの店に行ったのか聞いて、他にここでも変えますよ、買えるお店をいくつか教えました。

 

早速、その帰り、私も口紅探しの旅へ、

 

普段、全くと言っていいほど口紅はつけません。

休みの日もほとんどつけません。

 

学会参加中で、第3者の人がいっぱいいるところとか、ちゃんとした恰好をしている時とか(さすがに唇に色も何もないとバランス悪い)、美容院行く時とか、食事会など(どうせすぐに取れますが)、そういう時だけ。

 

最初つけても、あまり口紅を塗りなおす習慣がないため、そのまま放置もざらにあります。

 

昔は、口紅は外資系のやら(発色がキレイ)高いのやら持っていて、いくら使わないとは言っても、1~2シーズンに1本くらいは、流行りの色を買ってたような気がします。

 

でも、結局似たような色ばっかりで、使いきるわけでもなく、そう頻繁には買ってませんでした。

 

オーソモレキュラー療法始めて、しばらくしてから、なんか口紅がかぶれるわけではないけど、気持ち悪くてムズムズする。

 

我慢してつけていると、若干腫れている気もしてきた。

 

これは止めとけと言っているなということで、2,3年前に外資のも国産高めのものも全部捨てました。

 

何にもないのはさすがに大人なので困りますから、ビューティフルスキンで物足りない時は、dプログラムのを使ってました。

 

それも続けて塗っていると、なんかムズムズし出して、持っているけどあまり塗らないようにしてました。

 

それから、またしばらくして、ムズムズがなくなり、塗る時間もどうせ短いですし、トラブルはありませんでした。

 

それがなくなるですと?!

 

いくらあまり塗らないからと言って、なくなるのは困ります。

 

ドラッグストア8軒ほど回って(数日かけて)、自分の好きな使う色のを、1本ずつ買い足しました。

一番好きなよく使うのは、2本目も買っておきました。

 

今、資生堂の化粧品の容器が足りないそうで、容器も全部「メイドインジャパン」にしているからだそうです。

 

なので、容器を作る工場を、優先順位で回しているから、今だけでリニューアル、というならいいんですが、復活する兆しもないとか、リニューアルのため一旦製造中止でもないとか、となると、次いつ買えるか(似たようなものにしても)、わかりませんよね。

そのために、買いだめに行きました。

 

さすがに何軒か回りましたが、もうわずかでした。

わずかに置いていたのが私が持っているやつだったりしました。

 

まあ、とりあえず目標数はゲットしました。

目標数以上買うのも意味ないし。。

 

早く容器の工場の態勢を立て直して、今止めているブランドの再開を望みます。

 

dプログラムのメイク用品なんか、専用サイトからもなくなっているし!!

 

以前に(かなり前ですが)、dプログラムの担当の方に、「口紅の新色は出ないんですか?」とお聴きすると、予算がつかないから出ません、と言われたことがあります。

 

資生堂の中には、社会貢献と言えるくらい、コストがかかっていて、需要が少ないから再三が合わない部門というのが必ずあり、人数少ないものから切られていきますよね。。(絶対ではない)

 

もっと広く知られて売れていればいいんですけど。。

宣伝もしないしな~。

 

宣伝しても、イメージとか雰囲気だけでの勝負なので、知っている人でないと、わからないかもと思うことも。

 

他メーカーの化粧品が、結構あからさまなので、良いものが送れをとるのは止めてほしい。。

 

早く回復して、早く再開できるようにお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の続きです。

 

シワはたるみと違って、どこのシワか、どれくらいの深さなのかによって、治療法がいろいろ変わります。

 

浅~いチリメンジワというのか、小じわというのか、そもそも小じわの定義が人によっても全然違うため、おススメはこれ!というひとつがなかなか難しい。。

 

特に若い方の「気になるシワ」は、レーザーを使うこともありますが、スキンケアをちゃんとするだけで良くなることもありますし、シワ用のクリニック専売化粧品の軽いもので良くなることも多いです。

 

大人のシワでも、場所によったら、クリニック用の化粧品で結構対応ができます。

(スキンケアをちゃんとするのは、大前提です。)

 

クリニック用化粧品でも、強さを選んでいけば、それほど困ることもなく、そこそこ良かったりもします。

 

ところが、眉間のシワやおでこのシワ目じり、目じりの深いシワ、口回りのシワ。。

ようは動くところですね。

 

動いたせいでできる、折りたたみジワ。

 

長年、そこばっかり折りたたまれるので、年月が経てば経つほど、深くなりますよね。

完全な溝になる。

まるで、ナイフの先で、ピーッと薄く削ったみたいな、シワ。。

 

この深さは、浅いようで、結構深いです。

 

こういう。シワは、患者さんがどこまで浅くしたいのか

(シワを消す、というのは無理と思っておきましょう。一見、消えたように見えることもありますが、消えたわけではないし、こちらから、「消します」と言うと、言い過ぎです。患者さんが、「消えた!」と喜ばれることはありますが、よくみると、消えているわけではなく、うっすらと残っています。

溝を浅くする、と思っておかれたほうがいいです。)

それによっても違ってはきますが、動くせいでできたシワで、そこまで深くなってしまうと、いろいろな治療を組み合わせないと、患者さんの満足度というのは、低くなります。

 

動いたせいでできるシワ(表情ジワと言います)は、まず動くのを止めないといけません。

 

もうこれ以上折りたたませないようにする。

 

それが、いわゆるボトックス治療というやつです。

(ボトックス®は、アラガン社の商標登録です)

 

でも、動きを止めただけ。

 

溝は残る。

 

深い溝を早く改善したいというなら、レーザーなどよりもヒアルロン酸注入と言って、注射器の中に寒天みたいに入っているものを注射して溝を埋めるという治療法があります。

 

レーザーなどにも世の中にはきついものもあって、1度の効果が高いものもありますが、その分の副作用合併症もきつい。

 

全部、レーザーなどでなんとか、となると、回数がかかりすぎるのと、何回やっても、全体の良くなった印象と、溝のシワの印象とのギャップが大きいかも。

 

注射系はいやだという方もおられて

(注射で刺す以上、内出血、腫れは可能性があります。溝の深さとヒアルロン酸の粒の大きさや入れる深さが違うと、ちょっとミミズ腫れみたいになっちゃったり。

日にち薬で馴染んできますが、なかなか馴染みにくいこともあります。

もちろん、吸収していずれなくなります。)

それはそれでいいんですが、ひとつの治療では、効果に限界があるということです。

 

 

なんの治療にもメリットデメリットがありますから、理解した上でやるのは、個人の責任でるからなんでもいいと思います。

 

理解せず思いこんでやっちゃうと、こんなはずじゃなかった、になりがちです。

お気を付けください。

 

一昨日にFacebookに上げた記事のコピペです。

 

以下、コピペです。

 

 

今世間はお盆休みですよね。

 

海外に行かれている方も多いと思います。

免税店も含めて、化粧品を買って帰る方も多いのではないでしょうか。

お土産としてもらう方も多いのではないでしょうか。

 

海外では買わないことともらっても使わないことですね。

 

それが一番安全。

 

ブログでも書いていますが、アトピー素因のある方は、そういうのは絶対使わないこと!

 

国産であっても、赤くなってる、湿疹が出てるなど、そういう異常があるところには使わないで下さい、とちゃんと書いてあります。

 

学会でも問題になってましたけどね。

化粧品のパッケージを読まないって。

好き勝手な使い方して、おかしくなって、文句を言う。

 

ちゃんと説明書通りに使えばなにも起こらなかったはずなのに、ということは往々にしてあります。

 

アトピーというか、皮膚炎起こして大変なことになっているのに、平気で化粧品塗りたくってる人、結構います…。

しかも、質の悪いものを何個も重ねて…。

 

良くなるものもなるわけないやろって当たり前なんですが、止めませんねー。

 

それでも塗っていいと保障はできないけど、同じ塗るなら、まだ刺激ないかも、という化粧品勧めても買うわけでなし…。

 

肌をなんとかしようとは思ってないのか?と思います。

 

 

そういうひとは、お決まりのステロイド漬けです。そういうクリニックに薬だけもらいに行くから。

 

アトピー素因がなくても、乾燥肌の方も含めて、肌に塗るものは慎重に。

思い込みも止めること。

 

製薬会社が作ってるから安心安全、ということもないですよ。

会社名なんて、それっぽく勝手につけられるわけですし。

 

ドラッグストアに行って、 すごいイチオシ!!みたいに派手派手しいポップと一緒に並んでいたら、とりあえず止めておくこと。

 

それは、ドラッグストアが儲けが大きいから売りたいだけです。

 

ホントに良い商品というのは、あまり卸値を下げないので、ドラッグストアの儲けは少ない。

なので、大体的に場所押さえてまでは売らない。

 

これはお店としては当たり前のことですから、自分が引っかからなければ良いですから話です。

「化粧品の安全性①」の続きです。

 

で、化粧品の安全性に関してですが、安全性を確認するのに、いろいろな実験が行われていて、その試験をして安全性が確認されたものが市場に出てきているはずです。本来は。

性善説で言うと。

 

欧米で、化粧品の動物実験が禁止され、そのあとに、日本で最初に動物実験を止めたのが、実は資生堂です。

自然派化粧品やオーガニック化粧品を使っている方は、資生堂を悪の手先、化学薬品の塊、そのせいで皮膚がダメになるんだ、みたいに思っておられる方がおられますが、最初に止めたのはなんと資生堂です。

 

それにならって、そのあと各社化粧品メーカーが動物実験を止めて、1989年より動物実験は各社の発表が正しいとすると実施されていないはずだそうです。

 

動物実験の代わりに、科学の進歩により、代替実験が行われ、資生堂に方に前気になることがあって、お聞きしましたが、そりゃあ、すごいテストをされていました。

 

ちなみに資生堂の化粧品には、いわゆるオーガニック化粧品や自然派化粧品のようなものはあまりほとんど入っていません。

それは、調べてみると、皮膚と人体にとって、皮膚から塗るには刺激があるから、使わない、という回答でした。

 

その時、ここまで調べているのか?!と驚愕でした。

それで、なんらかのアレルギーなり出たら、それはもうその人の個体の問題。だと思います。

(というか皮膚のバリア機能の状態や免疫力、ひいては、ようは栄養状態と普段のスキンケアの問題なので)

 

 

検査に、ものすごっくお金がかかります。時間も。

 

 

で、実際に、どんな検査があるのか、しているのか、というのを、実際されてきた先生が講演してくださいました。

 

 

多くの方が買っている、ネットや通販の怪しい、マイナーなところの化粧品会社が、私は常々安全テストなんてしているわけがない、と思っておりますが、

(規模からいっても無理でしょうし、外注で頼むと、ものすごくお金がかかります。HPなどのあやしさから言って、消費者の健康と安全を考えているとは、とうてい思えない。いかに、今、たくさん買わせるか?!という企業の思いがだだもれのサイトを見て、思えるはずがない。)

それで、お聞きしました。

 

「大手は別として、ネットや通販のあやしい小さい会社が、実際、今おっしゃったような検査をしているものでしょうか?」

 

大手ほどはやっていないだろうけど、一番簡単な(?)検査があって、それだけで済ませているところが実際多いかも。。

 

小さいところや大手でも予算があまりつかないところ(?)は、資生堂や花王が使っているから、化粧品の材料成分としては安全、というもとに、その材料を使うところが多いそうです。

(本当は、使うのであれば、自分たちでちゃんと調べなければならない。仕入れ先が変われば、成分も違う可能性もあります。)

 

今の法律で、全成分を表示さえすれば、極端な話、何をしてもいい、そうです。

企業の全責任に置いてやるから。

 

 

高機能性化粧品などの医薬部外品に関しては、今の動物実験なしで、代替法だけで検査して(大手であっても)、そのあと、いきなり人間でのテストですから、危ない、とおっしゃってました。

医薬部外品に関しては、動物実験がないと、ほんとに安全かどうかは確認が不十分だと。

(カネボウのロドデノールの白斑の問題とか。

動物実験があれば、あの被害は避けられたかもしれません。。)

 

 

で、倫理審査委員会の先生がおっしゃってましたが、化粧品などの安全性を審査して、承認する、ということをされているわけですが、多くのマイナーな企業が、

「処方成分すら出さない。どれは有効成分なのかもわからない。安全性の資料が全く出てこない。」とおっしゃってました。

 

あれは、検査なんか全然してないでしょうね。ともおっしゃってました。

 

 

動物実験反対!というのを、自分のところの商品の「売り」にしているメーカーってありますけど、日本の大手化粧品メーカーは、もう30年ほど前にとっくに止めているわけです。

今更、なにを。。という話で、全然「売り」でもなんでもない。

それよりも、他のちゃんと安全テストをしたのかどうか聴きたい。

あんだけ、食べ物エキスまぜまくりで、何が「お肌に優しい」だ?!といつも思います。

 

食べ物エキスだけでなく、科学薬品の成分であっても、刺激の多いものを平気でいれていたり、日本人にはダメだっちゅーねんっ!!て。

 

皆さんが化粧品で迷ったら、スタンダードにやはりせめて国産の、どこにも売っている、長いこと売っていて、多くの人が使っている化粧品からせめて選ぶのが一番被害は少ないのではないでしょうか。

国産だから、売れているから(売れているらしい、というだけで、ほんとにいい商品だから売れているのかどうかは別です)安心というわけでは決してないのですが、少なくとも、そういう時に海外のものやオーガニック・自然派化粧品は手を出さない!!絶対に!!

 

このブログをずっと読んでくださっている方は、ご存知のことですが。

今、情報格差がものすごいです。

たくさんの情報からどれだめ取捨選択できるかで、どれだけ企業の広告宣伝に乗せられることなく、自分で、自分にとっていいものを選び取れるか、まさにサバイバルですね。

 

情報を一方的に鵜呑みにせず、心地いいいキャッチコピーは疑ってかかると、おのずから、怪しいものにはひっかかりにくくなるんですけどね。。

高機能化粧品に、過大に期待すること自体が、ひっかかりやすくなります。

化粧品にそこまで期待はしない。

医療ではないのですから。

 

 

 

 

 

 

先日の美容皮膚科学会で、ほとんどがレーザーなどの機器を使った治療や注入剤を使った治療の話が大半でした。

まあ、美容皮膚科学会ですから、それはそうだと思います。

そういう意味では、美容医療で使う機器の話をこれほど聴ける学会もないのかもしれません。

私も美容医療の機器は好きですし、自分にもやりますが、栄養状態が悪いのに、特に強い治療をやるというのは、副作用が強く出るリスクが高いので、あまり興味がありません。

侵襲性はそれほどなく、あまり生体の恒常性を邪魔しすぎない美容医療が好きです。

取り返しがつきやすいものというか。

それでもちゃんと効果が出ますし、安全を最優先でやりたいです。

 

今年は、スキンケア関係の話が全然なくて。。

毎年こんなんだったかな。。というくらい。。

 

スポンサーの問題もあるのもかもしれませんが。

 

一番期待していたのが

教育講演の「化粧品から機能性化粧品へ  -安全性と効能評価の為の倫理的課題」というものでした。

 

講演が始まってすぐに座長の先生から、

「本来、こういう講演は、美容皮膚科学会でやるものではないんですが、倫理審査委員会をずっとされている先生がいらっしゃって、こういう機会を借りてぜひ知ってもらいと思って、・・・」云々、おっしゃってまして。

私は逆にびっくりです!

美容皮膚科学会でやらなきゃ、どこでやる?! 皮膚科学会ってこと・・?

(基本、皮膚科学会で、美容の話は、スポンサードセミナーでなければされません。そのために美容皮膚科学会を作って分けられたので。

皮膚科学会で化粧品の話が出ても、保湿剤や日焼け止めで、あくまでも皮膚の健康のため、アトピーや敏感肌の方が使えるように、というための話だったり、レーザー治療に関しては保険が通るものだけの演題です。)

 

まあ、してくださってなにより。

とても嬉しくて楽しみにしていました。

 

でも、おそくら聴いているのは、ドクターはとても少ないかも。。。

各化粧品メーカーや企業の開発担当者のほうが多いのでは。。?と思ってしまうくらい。。

 

 

で、実際の講演ですが、化粧品が規制緩和の影響か、機能拡大して、いわゆる高機能化粧品がどんどん出てきて、皮膚トラブルがとても増えています。

 

皮膚トラブルに大して、ず~っとパッチテストを実施されて、多くの患者さんを診てこられている先生のご講演で、やはり、海外の化粧品、オーガニック化粧品の見直しをかなりおっしゃってました。

 

海外のものや国産でもオーガニック・自然派化粧品と言われるものに、かなりの確率で、食べ物や口にするもののエキスが入っています。

今や、というかかなり前から、皮膚科学、皮膚医学では、「食べ物は皮膚に塗らない」という常識(日本だけじゃないですよ。先進国では当たり前ですよ)が、そういうメーカーは知らないのか無視しているのかわかりませんが、今も作り続け、販売もされている。。

 

もちろん、海外のものは、添加物の問題があります。

日本では認可はされているけど、あまり日本のメーカーは使わないものだけど、海外のメーカーは当たり前に使っているとか。。

こういうのは山ほどあります。

まして、現地土産とか個人輸入となると、野放しです。

日本では認可されていない成分も平気で入っています。

欧米人は大丈夫でも、日本人はダメ、という成分もあります。

 

ちなみに、皆さんが使っているシャンプーで、

「イソチアゾリン」という成分が入っていたら、今すぐ止めましょう。

これは結構な確率でパッチテストで陽性(刺激が多いということ)になるそうです。

 

これが入っている有名なシャンプーがあって、ボディソープや石けんもそうですが、パッチテストをしなくても、これらのメーカーのをアトピーやアトピーの気がある方が使うと、てきめん、皮膚がかゆくなります。

ひどい場合は、湿疹皮膚炎が出ることも。

そのせいで出ているのか、掻いて出たのか、もう見分けがつかないくらいの時も。

商品名聴いただけで、即刻止めるように言っています。

 

これらの問題も成分が入っているのを止めてもらうだけで、ステロイドを使うこともなく、自然に、しかも短期間で治ることもあります。

だって、原因は、それだから。

(実際は。その添加物だけではないんでしょうけど。)

 

 

アトピーの方は、体に(基本、全身)石けんは使わないように言います。

特に、体で使う必要はありません。よほどの時以外。

どうしても使いたいなら、安全性が証明されているもので、部分洗いなら、です。許可するのは。

 

で、やはりアトピー素因のある方は、いろんなものに負けやすく、金属アレルギーも起こりやすいし、ヘアカラーとかそうですが、なんでもなりやすく、ひどくなりやすい。

 

エステで使われる化粧品も、海外のものやオーガニックのものが多い。

無知でしかないですね。

そういうのがいいと、何の根拠もなく、なんかイメージ、ってやつで思いこんでいる。

非常~に危ない。

そういうものを、下手したら、全身に塗られるわけです。

スクラブした後や、ゴシゴシ擦った後に塗られることもあるわけです。。。

 

ナノテクノロジー化粧品についても、安全性の保障はない、と言われてました。

そりゃあそうでしょう。

ナノの化粧品なんて、自然界に存在しないものですから、皮膚に塗ることの、浸透することへの本当の影響は?

それがバンバンと市場に出回り、今では、食器洗い洗剤としても当たり前のようにスーパーで売られていますよね。

あんなの、まず、皮膚につけていいの?! そもそも、下水に流していいの?!と思います。

 

下水に流す場合、生態系にどんな影響が出るのかってわかんないですよね。

すぐには影響が出なくても、何年、何十年、となると、安全性なんて、どうやって検査しているの?と素直な疑問です。

 

それを言いだすと、洗濯洗剤の50倍抗菌とかもそうですけど。

その抗菌剤まみれの衣類を、自分の肌に直接つくことに、なんの不安もないんだな、ということにびっくりです。

 

 

一体、何をもって「安全」とメーカーは言うんでしょう。

浸透性はいいのかもしれませんが、安全性はどうやって確かめのか?

 

 

→続く。長くなったので、わけます。

 

 

 

3 / 3912345...102030...Last »