プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近投稿した写真

ホーム > 化粧品



今、クリニックの洗面所に置いてある、泡で出る、クレンジング、あの一度洗いでOKの、白い大きなボトルの分ですが、あれは、業務用なんです。

いつも患者さんから、「これ欲しいです!」とおっしゃっていただき、業務用なんです、とお断りしていたアレが、とうとう、ホームケア用に新発売です。

やっぱり同じようなことを思っていらっしゃる方が、とても多かったようで、今回、仕様をちょっと変えての新発売だそうです。

 

業務用は、どうしても、診察前・処置前用ですから、少し脱脂力が強くなっています。洗浄力もちょっときつめというか、しっかり落とすのが目的です。

化粧品などが残っていると、診察・処置の邪魔になるだけでなく、火傷のリスクも上げかねませんからね。とても大事なことです。

 

基本、私は、純せっけん(無添加せっけん。カリ石けん素地100%のみ。)しか使っていませんし、患者さんにもそれでいいと思っていますが、お使いの日焼け止めやファンデによったら、残った感じが、かなりあるとか、いつまでたっても慣れないとか、軽いけどアイメイクはするし、かといって、目元専用リムーバーを買うのもやるのもめんどくさい、という方には、固形のクレンジングソープを勧めていました。

(実際、純せっけんと人気を二分しております。)

泡立てネットで泡立てて、クレンジングソープの一度洗いのみでしたが、新しい泡で出るのも同様です。一度洗いのみ、です。

とても細かい泡が出てきますから、泡立てネットがめんどくさい、という方にはいいかもしれません。

 

ただ、もちは、やはり固形に勝るものはありません。

(ただし、水キレは、ちゃんとしないと、溶けて石けんはなくなります。)

泡ソープのほうは、どうしても、液体になった分なのかどうかはわかりませんが、ややスッキリと洗い上げる感があります。

かり石けん素地が、固形のよりもちょっと多く入っているそうです。

暑い今の季節には、なかなかの優れものです。

乾燥肌の方は、場合により、お勧めしないこともありますので、ご了承ください。

日焼け止めが無料でついてきますから、プラスリストアが気になっていたからしたら、とても魅力的ですね。

この機会に、どうぞお試しあれ。

今、通院中の肝斑の方で、私が勧めていない化粧品を使っていらっしゃる方は、ほとんどいらっしゃらないはず。。と思います。

その方の使っている化粧品を、自宅まで行って確認したわけではありませんから、証拠はありませんが、おかしな化粧品を使って、お肌に刺激があると、要は肝斑が良くなってこないわけですから、気づくわけです。

最初に、こういうのはダメですよ、止めないと肝斑は絶対に良くならないし、肝斑治療は受けませんよ、と言っているにも関わらず、言われたことは忘れてしまった、とか、自分のことだと思っていなかった、などなど、ろくでもない化粧品を使っている方というのは、肝斑は良くはならないわけです。

 

全然良くならなかったら、まあ、すぐに気づくわけですが、他院やエステで、わけわからんことをされて、肝斑が悪化して濃くなってしまった方などは、普通の肝斑よりもかなり余計に時間と回数(もちろんお金も)がかかるわけですから、気づくのに時間がかかります。

ご本人は、まさか自分が肌に悪いことをしているとは思っていないので、確認しても気づけないこともあります。

(そのまさに、悪いものを使っていること自体を、当たり前すぎて、忘れていらっしゃるのか、なんかよくわかりませんが、使っているものをお聞きしても、全然話に出てこないんです。。確認しようがないことが、たまにあります。)

あるいは、良くなったり、悪くなったり、変な波があって、紫外線の影響かな、ホルモンの影響かな。。?と様子を診ていても、やっぱり絶対おかしい!というので、かなり回数をやってから、発覚する(申告される)、ということも、まれにあります。

 

そういう方の中には、確認して、「ろくでもない化粧品」と発覚したから、「勧めませんよ」「もう止めておいてくださいね」と言ったにも関わらず、止めない、という方がいて。。。

そんなにその化粧品を使いたいなら、3万円も払って、肝斑セットをやったらダメだと思うんですが、(効くわけがないので。ろくでもない化粧品で刺激をするから、炎症が起こって、肝斑を悪化させているというのに。)、そのたかが数千円の化粧品を止めずに、(もったいないから、と言って)、3万円の処置代を、わざわざ払うという、もっともっとないことをされるわけです。

うちに寄付してくださっているんですね。ありがとうございます。

 

まあ、本末転倒ですね。

「ろくでもない化粧品」を使っていないとしたら、いくら言っても、日焼け止めの塗り方がおかしいとか(環境とTPOに合っていないものを使っている、自分の肌に合っていないものを使っている、質の悪いものを使っている→これは、「ろくでもない化粧品」でしたね、塗り直す回数が足らない、など)、洗顔の仕方や化粧品の塗り方など、なんかおかしなことをしていることがあります。

影で、おかしなことをしていることも、ごくまれに。。。

 

ま、ご本人が悪気がなくて、すぐに、そのおかしなことを止めてくださったら、治療に時間と回数とお金が余計にかかっただけで、理解しておられるなら、構わないんですが、悪気はないけど、理解もしてない、という方がごくまれにいらっしゃいます。

こういう方は、何度注意しても同じで、3万円さえ払って治療をしていれば良くなる、という他力本願なので、治療を断わらないといけません。

まずは、スキンケアだけ、理解できるまでやってもらう、と。理解できたら、またうちの肝斑治療をされてもいいと思いますが。。

理解できたのなら、ね。

 

通院中の方の場合、最初の診察・カウンセリングで、やってはいけないことを説明した後、理解した上でやりたいとおっしゃったから、治療を受けているわけです。

でも、初診で、最初から、肝斑のスキンケア相談のみ、という方が、時々いらっしゃいます。

いろいろな事情があって、今はうちの肝斑治療はできなくて(あるいは、やるつもりがない)、でも、スキンケアはやりたい、という方です。

こういう方は、予約の電話で、HPやブログを読んで、私の勧める通りにやっている、とかかんとか言われる方がいらっしゃいます。

ちょこっとだけ見た、という方も多いですが、しっかり大事なところは一応全部見たようなことをおっしゃる方も多いです。

ブログに共感して、ぜひスキンケア相談を受けたい、という方です。

 

ところが!

こういう方の中に、実際来られて、よくよく話を聞いてみると、全然ブログ通りのことはやってなくて、「はあ~?」と、一体どこのブログを読んだというんですか?と聞きたくなるくらい。。

(ブログを実践されている方は、あまり電話では、そういうことは言われません。ブログを読んで、くらいにはおっしゃいますが、熱心にすごく言われる、ということは、あまりないです。

時々、そういう方で、ホントにスキンケアも相談しなくていいんじゃない?とそのまま続行で止めることは何もない、という、ホントにブログをちゃんと実行してくださっている方もいらっしゃいますが。)

 

まあ、ブログを読んでも実践されていない方の中には、今までやっていたスキンケアを止めるタイミングがわからないのか、診察を受けてからやろうと思っていた、という先延ばしタイプの方もいらっしゃいます。

わかっているなら、さっさと始めておいたら、もっと早く良くなっているのに、と思いますが、まあ、その日から頑張る!と言われるなら、仕方ないです。患者さんがそれでいいなら。

 

でも、ブログを読んでも、「ろくでもない化粧品」を止めない方というのが、その中で、たま~に来られます。

読んで理解できなかった(頭が悪いから)、というのではなく、ホントに、読んだけど止める気がない、という方です。

はっきり言って、こういう方は、根本的に、私と考え方が違いますから、うちに来ても意味ないと思うんですけどね。。。なんで、来られますかね。。? よくわかりません。。

 

読んでいなくて、知らないなら仕方ないですよね。診察で止めてください、と言ったらいいわけです。

理解できない方の場合、素直でお金があったら、うちで化粧品を買われますし、素直に止めておられます。理解できないから、指示はとりあえず守ります、という方です。

少数派ですが、こういう方は、きっちり指示は守られるので、結構、早く良くなる気がします。

理解できなくて、お金もあまりない場合は、市販の化粧品の中で、自分で探さないといけないわけで、シンプルなものを見つけて買うことができたとして、日常生活で、どれだけ刺激なく過ごすことができるか、にかかっています。こっから先は、患者さんの理解度にかかっています。患者さん次第です。

(お金ないなら、肝斑セットする前に、スキンケアを徹底的に習得するほうが先だと思うんですけど。。理解できていないから、すぐ他力本願にいっちゃうわけなんですね。。)

 

ブログを読んで、ブログに書いてある意味はわかったが、どうして止めないといけないのか、わからない、という方。だから、そのまま続けている方。自分ではわかっているつもりで、自己流のアレンジをしている方。

こういう方は、うちに来ては、ダメですよ。

化粧品やスキンケアや日焼け止めの塗り直しとかに全くこだわらない、よその美容クリニックに行かないと。

そういうところなら、好きなようにお肌扱っても、何も言われないし、お金さえ払えば、いくらでもなんでもやってくれますよ。

(綺麗になるかどうかは知りませんが。)

ま、そういうことをしているから、顔中、ひどい肝斑になっているんだと私は思ってます。

ホルモンバランスで肝斑がどうしても出てしまう場合、というのはありますが、そういう場合は、あまり顔中に肝斑は出ないし、肝斑も、顔の中で、汚い濃淡があって、いろんなシミも混ざって、とか、肝斑の出方が全然違います。

スキンケアをしたところで、ホルモンバランスによる肝斑の部分は残るかもしれませんが、いろんな原因が合わさっている方がほとんどです。

たいていは、スキンケアがおかしくて、肝斑を悪化拡大させていることが多いです。

 

こういう方が使っている化粧品の一例(集約した共通点)をお教えしましょう。

具体的な商品名は上げてもキリがありません。

メーカーそのものが怪しいこともあるし、メーカーは悪くなくても、そのブランド、あるいは、そのブランドの中の、これ、というように、全部が悪いわけではないこともあります。

ま、怪しいメーカーのものは、もう全部が信用できませんし、商品全てがうさんくさいので、(全成分表示を見たところで)、一切止めてもらってますけど。

 

①ネット販売中心のベンチャー企業の化粧品

②コスメショップみたいなところでしか取扱いのないベンチャー企業の化粧品

この①②は、探せば、まともな化粧品があるのかもしれません。

ベンチャーが悪いわけではホントはないと思います。

でも、私は未だかって、そんなもので、まともなものを見たことがないです

まともなものを使っている方は、多分、肌トラブルもなくて、うちに来る必要もないんじゃないかな。。

ベンチャーの化粧品を見る機会って、顔中おかしな肝斑の方が使っていて、初めて、その化粧品の名前を知るくらいで、私の日常生活の中で、あまり出てきません。

ひどい肝斑の方が使っているのが、ベンチャーだった、というわけです。

で、肝心の患者さんは、どうして、そのマイナーであるはずのベンチャー企業の化粧品を見つけたというと、ネットの怪しい広告や、検索(お金を払えばいくらでも上位にランキングができます)、あやしいコスメショップの店員が勧めた(マージンもらっているんじゃないんですか?)、などなどです。

その化粧品のHPを見ると、むちゃくちゃあやしい!

あまりにも書くのもバカバカしいので、どう具体的にあやしいのか、なんてことは書きませんが。。。

この怪しさを、怪しいと思わない方は、やっぱりうちでは無理だと確信します。

というか、美容医療はやっぱりやったらダメだと思いますね。カモがネギしょってますから。。。

 

③化粧品の口コミサイトで、上位にランキングされていた、あるいは、なんとか大賞受賞!、あるいは、なんとか大賞1位!

④IKKOさんおススメ! IKKOさんが選んだ○○!

    もういい加減にしましょう、という感じです。詳しいことが知りたい方は、今までも、    

    散々、こういうのは、ダメと言ってきました。ブログを見直してみてください。

⑤会員制の化粧品(というか、ネットワークビジネスのもの、ねずみ講のもの、マルチ商法のもの。会員制でも、こういう類ではないものは違うのかもしれません。私が知らないだけで。50代前後の方に、とても多いですね。こういう系統の化粧品。)

  化粧品の会社ではないでしょう?どうして、お金関係の被害者の会があるんでしょ  

  う。。しかも、その化粧品の名前を検索すると、すぐにそういうところがヒットします。

  ヒットするようなところのは止めておきましょう。 おかしくないですか?

  その企業の目的が、どうしても女性のキレイを目指す、とは、私には思えません。

⑥あやしいエステで、しつこい勧誘で買わされたもの。

   あやしいところが売っているものなんて、信用できますか?私なら、しないな~。

⑦全てに共通していますが、なんか心そそるような、つい買ってしまいたくなるような、キャッチコピーがでかでかと下品に宣伝されているもの。

化粧品本体にも、HPにも。

「下品」と書くと、主観の問題ですから、「上品」と思う人もいるかもしれません。

大きく書いてあったり、何度も繰り返し書いてあったり、ようは、印象だけ、インパクトで買わせようとするものです。

お手軽感であったり、すっごい効く!(ような印象を与えるもの。効くわけないのに。)、なんて、言葉に飛びつくから、顔中、肝斑なんですよ。

 

最近は、こういうあやしい化粧品のHPも、あまりにも下品だとバレるので、ちゃんとしたところのHP風に、どんどん変えてきてますね。見る人が見たら、すぐにわかりますけどね。

だって、書いてあることが根拠ないことだらけだし、もっともらしく書いてあるけど、それがどうした、ってことばかりだったり、矛盾だらけで、怪しさがそこかしこに痕跡が残っています。

その怪しさがわからないなら、普通の化粧品を買えば?と思いますけど、こういう人に限って、デパートとかでは買わないんですよね~。(お金はあるのに)よくわかりませんね。。。

 

今上げたのは、ほんの一例です。

この①~⑦に該当する、患者さんが使っていた、クレンジング、もしくは洗顔フォーム(あるいは両方)の全てに、ピーリングに該当する成分が入っていました。

基礎化粧品にも、入っている場合もあるし、アルコールがてんこもり入っていることもありました。

刺激だらけ、です。

もちろん、この中には、いわゆる、「オーガニック風」「自然派化粧品」ってやつも、多々ありました。(合成界面活性剤もアルコールも、てんこもりです。)

だから、顔中、えげつない肝斑なんですよ。

 

ただの、水とグリセリンの混ぜ物に、高額な値段が付いているものもありました。

(自分で作ったら、1000円以内で作れると思いますけど。)

これなら、成分としては、肝斑を悪化はさせないでしょうけど、ホントに、ものすごい値段、ついてましたよ。

カモですよ、カモ!

 

自己流にアレンジされる方は、アレンジした時点で、私と考え方が違います。

(そういう方は、180度くらい、実は違うんですよ。ご本人は、全く気付いていないところが、残念なんですが。。。

人工衛星や宇宙船って、宇宙だと、たった1度違っただけで、二度と地球には帰ってこられないそうです。軌道修正ができればいいですが、燃料切れだと修正できませんから、一生、宇宙をさまようんだそうです。)

だから、うちには来ないでください。私の思う、「キレイ」と根本的に違いますから。よそに行ってくださいね。

肝斑(シミも含む)以外の治療は、そこまでスキンケアを徹底しなくても、まあ火傷することはないし、悪化もそうそうありません。

患者さんが満足されているなら、止めはしませんが(副作用は効果の限界など、理解を全くしていない方は基本、断りますけどね)、肝斑だけは全然別物です。

そんな簡単なものではありません。

肝斑を甘く見たら、いけません。

学会でも、大変だ、大変だ、と肝斑専門でやっておられるドクター方が、毎日、日々精進して治療に取りくんでいるというのに。。

医学的な知識と経験があっても、肝斑治療というのは大変で、まだ、「これが正解」というのが出ていません。

各ドクターの考え方で、治療に取り組んで、少しでも早く良くしようと、長くいい状態を保てるようにしようと、四苦八苦しているんです。

自己アレンジしている限り、良くなるわけ、ないんですよ、悪化させることはあっても。

とにかく、刺激を止めることですが、私は、肝斑の悪化の原因を大きく占めるもののひとつが、「ろくでもない化粧品」だと確信しています。

 

 

 

 

     

 

 

日焼け止めの塗り直し、というか塗り重ねですが、みなさん、何回くらいされていますか?

日焼け止めのことは、今までにもたびたび書いてきましたし、ブログ内で、「日焼け止め」で検索していただいたら、たくさん出てくると思います。

でも、このブログで書いていることって、一般的な話であって、個々のお肌を診て、言った話ではありません。

なので、実際、直接お肌を診させてもらって、その方の肌色や肌質や紫外線との感受性や、普段いらっしゃる環境やどんなシミがあって、どうしていきたいのか、で、塗り直しの回数の目安は多少変わってきます。

すっごい簡単に言うと、例えば、色白でそばかすしかないような方と、色黒で、肝斑もあって、濃いシミも薄いシミも、めちゃくちゃある方とでは、回数は変わると私は思います。

 

もちろん、色白のそばかすの方が、日焼け止めをちゃんと塗り直ししていたら、もっと早く、安全にそばかすはどんどん取れていきますから、お金も時間もかけたくないなら、とにかく、塗り直しをすることです。

 

でも、色黒の方は、仮に、同じように塗っていても、シミの予備軍の溜まり方が違うというか、すぐに、全体が黒くなるんですよね。

ライムライトのパワーを上げると、そのたくさんあるシミの予備軍に、たくさん反応して、熱が出て、火傷してしまうんですよね~。

ここが、色白の方と違うところ。。。

色白の方でも、火傷のリスクはありますが、リスクは、よほどのムチャをしない限り、高いものではありません。

色黒の患者さんで、何度も塗り直しをされていて、ライムライトも結構マメに通って、私よりも色白になっている方って、実際、いらっしゃいます。

長く通っていらっしゃるから、私よりも、ライムライトのパワーも強くて、元々色黒だったことも、すっかり忘れていたんですが、ちょうどその話になって、「色黒でしたっけ?」みたいになった時、「そうですよ、ほら。」と腕を見せられたら、結構黒くて。。

腕にも塗っていらっしゃいますが、顔ほど塗り直しをされているわけではないので、腕は、少し焼けてしまうんですが、色黒になりやすいから、黒くなっちゃうんです。

(街中で、です。スポーツやアウトドアされているわけではありません。)

でも、その患者さんのことを考えれば、人間、肌質は変えられないけど、見た目は努力で変えられるよね~、ということです。

やれば、できる!

 

色黒の方は、やっぱり人一倍、日焼け止めは努力されないと、お金と時間ばかりかかってしまいます。

ご本人がそれでいいなら、構わないんですけど。。。

シミと地肌の色によったら、構わないから、と言われても、限度がありますから、ライムライトがあてられないくらい黒いと、いくらライムライトと言えども、私は断ることがあります。

まあ、どのレベルで我慢するか、ですけどね。高望みも絶対無理でしょう。

 

肌質・環境によっては、合う日焼け止めがなかなか見つからなかったり、塗り直ししたくてもできないこともあるでしょう。

私も、患者さんを待たせてまで、自分の日焼け止めの塗り直しは、しませんから。

そういう中で、できる範囲でちゃんと頑張ってされている方は、それなりに、ゆっくりでも効果が出るし、遅い場合もありますが、ご理解いただいている場合は、全然OKで、ウェルカム!です。

ライムライトができなくても、他に白くする方法がないか、一緒にできることを考えましょう、と励ましたくなりますね。

でも、何回言っても、他力本願の、塗れる環境にあるのに、塗らない方の場合、美容医療を甘く考えすぎですからね。

こんな方に火傷なんか万が一させたら、エライことになりますからね。

(理解していないから、日焼け止めを何回言っても塗らないわけで。。。)

そんな方に、私もリスクをかけて治療をするのはイヤですね~。

ライムライトのパワーを上げていくときは、結構気を使います。命がけ、というほどではありませんが、それなりに、悩みます。上げ過ぎてなかったかな、問題なかったかな、と、モヤモヤと気になることもあります。

 

なので、患者さんが本気じゃないのに、どうして、私だけが本気出して親身になりますかってーのっ!!

低いパワーでいける場合はまだしも、すぐに治療にも限界がありますし、こういう方は、やっぱりホントに理解していないので、その内、治療を断ります。

理解もしておらず、私の勧めるスキンケアもせず、でもライムライトをあてたい、という方は、他のクリニックに行けばいいと思います。というか、行ってください。

お金さえ出せば、いくらでもなんでもやってくれるクリニックは、山ほどあるというのに。。。

行くクリニック、間違ってますよ~。うちに来たら、ダメですよ~!!

夏の間、あまり外に出ない、という方もいらっしゃいます。

出たくなければそれでもいいんですが(暑いですしね)、出たいのに我慢している方。

これは、止めてください、外に出ましょう、と促します。

私は、患者さんに、塗る日焼け止めが環境とTPOにちゃんと合っていれば(もちろん、日焼け止めの質も良くないとダメですし、なにより、ご自身の肌に合っていないとダメですけどね。)、そして、ちゃんと環境に合わせて塗り直しをしていれば、スキューバーダイビングをしようが、毎日ゴルフに行こうが、毎日畑に行こうが、お好きにされてください、と言っています。

 

トライアスロンが趣味、という患者さんがいらっしゃって、肝斑がおありでした。

トライアスロンの練習も毎日結構、ジョギングか自転車でトレーニングもされていますし、よく大会に出られます。

で、日焼け止めの塗るクセは、ついておられませんでした。

なので、トレーニング中や大会の間、日焼け止めが塗れるとは思わなかったので、ライムライトを含めた肝斑セットを止めておいたら?と最初、お勧めしました。

できることからやってみては?効果がどこまで出るのか、わからないけど、スキンケアはまず基本だし、とお話ししましたが、ご本人が、ちゃんと塗るから、とおっしゃって、治療が始まりました。

実際、この方は、トライアスロンの当日であっても、日焼け止めをちゃんともって、休憩の時にちゃんと塗り直ししている、とおっしゃってました。

で、実際、塗っておられるんだと思います。

だって、どんどん良くなっていったので。

 

逆に、色黒の方で、あまりちゃんと塗られないので、(まあ、塗っていないわけではないんですが、その方の肌質などトータルで考えると、全然足りませんよ、と何度も言っている方です)、効果も、ものすごくゆっくりしか良くならなかったですが、ライムライトを当てたら、直後、パッと白くなります。

これは、ただのくすみが取れただけなんですけど、毎回毎回、そうなるので、そんなにくすみやすいのか。。。と、じゃあ、ナビジョンのDRシリーズもいいのかも、と思っていた矢先。

肝斑セット、やっと6回目にして、私から文句を言われないくらい、ちゃんと塗れるようになれたようです。

そしたら!

肌が、ものすごく白くなっていらっしゃいました。。

くすみじゃなかったんですね。。。

ただ、日焼け止めが足りなくて、色黒が進んだだけでした。。。あああ・・・。もったいない。。。

(今は、ちゃんと塗っておられますけどね。お金、もったいないでしょ。)

 

いろんな色黒さんがいらっしゃるので、似たような肌質でも、ご本人の頑張り具合は様々です。

 

全体を黒くさせるのは、UVAのほうですから、窓からも服を通しても、曇りでも、腫れの日とほぼ同じように、紫外線は届いている、とおもってください。

お金と時間をかけたくないなら、ね。

色黒の方が、ホントに頑張って、色白まで行かなくとも、普通の肌色になったら、とてもわかりやすく、見違えるようになりますから、そういう意味で言えば、お互い大変な分、灌漑深いものがあります。ちょっとした感動ー!です。

だから、色黒の方は、塗ってもどうせ黒くなるから、なんて、あきらめたりせず、頑張ってください。

すぐ黒くなる方も、ちゃんと塗っていたら、キレイなキャラメル色~ミルクキャラメル色になりますから、それはそれで、キレイですよ。均一感さえ出せれば、こっちのものです。

だから、ホントに頑張ってください。

 

 

さっき、TVで男性美容の特集をやってました。

化粧品や美容院や服飾雑貨でもなんでもそうですが、もともと女性メインだった商品やサービスも供給が多くなりすぎて、お客さんの取り合いで、そうなってくると、新たなターゲットの発掘が必要となり、男性に目をつけたわけです。

企業側の、男性もお客さんになってほしい気持ちと、商品やサービスを受けたい男性側の気持ちが、今の時代、うまくマッチしたんでしょうね。

昔から、「男女共用のお店」とは別に、「男性専用」「女性専用」と、特化することで、よそとの差別化をはかって、利益を上げてきた企業はたくさんあり、そんなに珍しいことではないんでしょうけど、TVでは、まとめて特集していたから、ちょっと悪目立ちしてたかしらん。

 

男性のネイルって、梅田の阪急メンズ館ができた時から、やってたような気がしますが、ネイルサロンでやってもらっているのが、お店の外から見えるようになっていて、男性からしたら、イヤじゃないのかな、とずっと思ってました。

お店の外は、普通に女性も歩いているし、人から見えないところで、してほしい人もきっといるだろうに、と思ってます。

(今は、どうなっているのか、知りませんが。)

 

ちなみに、ネイルですが、「甘皮」ってとりますよね。

そのほうが、ネイルを塗った時に、キレイに見えるからとかで、女性でネイルをする方からしたら、当たり前のことなんですよね。

私は、ずっと以前から雑誌とかのネイル特集で、この甘皮と取る意味がわからん、と思ってきましたし、今もそう思っています。

自分でもネイル(簡単なやつ)はしますが、甘皮あったからって、そんな汚いとも思わないけど、と思います。

 

実は、ネイルサロンって、行ったことがなくて、人からネイルをやってもらったこともほとんどないです。

今、流行っているジュエネイルとか、すっごい時間がかかるじゃないですか。

一度、患者さんに、ネイルって、ハンドマッサージもしてくれるんですか?とお聞きしたら、そんなことは私の行っているところはしてくれません、とのこと。

それでも、結構な時間がかかりますよね。

 

行っている美容院で、ネイルのキャンペーンをしていて、ちょっと気が向いて、一度普通のマニキュアをしてもらったことがあります。

なんか塗って、甘皮を無理やり(一応取りやすいように塗っているらしいです。力を入れるのは、よくないらしいので。)取られていきます。

ネイリストの方に、「それは、なに(成分)を塗っているんですか?」と聞いたら、わかりません、とのことでした。

恐らく、ピーリング成分の入ったものだと思いますけど。

 

この甘皮って、皮膚科医からしたら、とっても大事なもので、「爪上皮」と言います。

甘皮が無くなっちゃうと、爪の根本が皮膚から離れた状態になっていて、この隙間から、いろんなバイキンや刺激が入ってきやすくなります。

爪の根本で、炎症を起こして、変ながたがたの爪が生えてきたり、根本周りが赤く湿疹みたいになったり、とトラブルが起こりやすくなります。

手荒れの方の場合、この爪上皮がなくなっていると、かなり荒れてるんだな、最近ずっと荒れているのかな、と程度を推測したりするのに役立ちます。

軽い手荒れくらいだと、爪上皮がなくなるほどには、荒れてないことが多いです。

10本の指のうち、何本かの爪上皮が無くなってきていたら、ヤバい!と手をいたわってあげてくださいね。

 

男性の美容に、話を戻します。

男性のネイルもやってました。

イタリアンシェフの川添達也さんも、ネイルをされているようなことを以前TVでおっしゃってました。

爪やすりで整えて、という程度ではなく、透明のマニキュアを塗るんですよね。

かあんりぴかぴかキレイに光ってますね。

みるからに「オッサン」な方が、爪だけ、ぴかぴかだと、そりゃ、目を引くっつーの!

飲み屋やキャバクラに行ったら、「可愛い~♡」とでも言われて、もてるんでしょうか。。。

番組スタッフに、「どうして、ネイルをするんですか?」と聞かれて、どっかの男性社長さんは、「細かいところにまで気が付く、というアピール、とかなんとかかんとか。。。」とおっしゃってました。

ネイルをしているほうが、自分の会社の売り上げができるようなことをおっしゃってました。。

(必ずしも、そうではないと思いますが。。売り上げることができる方もいらっしゃるし、できない方もいらっしゃるでしょうし。。女性も男性も、関係ありませんよね。

でも、ファッション関係の仕事をされている方は、そういうことも知っておかれると、仕事に役立つこともあるんでしょうね。。

他に気を使うところはないのかな、と素朴に疑問を持ちましたが。。。)

 

女性も男性もそうですが、どうして、この「やる」理由を聞かれたら、仕事と結びつけたりされるんでしょうか。

単純に、「やりたいから」「やりたかったから」と正直に言ったら、かっこいいのに、と思います。

「仕事」を理由にしようが、やりたくない方はやらないでしょうし、なんやかんや言って、ご本人がやりたいからで、やりたくはないけど必要だし、当たり前でしょ~?みたいに言われると、いや、やりたかったんでしょ?と、突っ込みたくなりますよね。

いーやん、「やりたいから」で。

 

以前から思っているのが、男性専用美容クリニックをやったら、儲かるんじゃない?と思っています。

(私は、やるつもりはありませんが。)

泌尿器科関係の男性専用クリニックはあっても、美容皮膚科の光・レーザーなどの専門で、男性専用のクリニックって、私のしる限り、ありません。

効率が悪いから、女性だけでなく、男性も受けていただけますよ、的なクリニックが大半です。

でも、男性も女性も、できれば、そういう場に、異性にはいてほしくない、さらに言えば、誰にも会いたくない、という方も多いと思います。

両方の性を診るなら、私は、フロアを変えるとか、待合いも、全然合わなくて済む、とか、院内の廊下でも合わなくて済む、というのが理想ではないでしょうか。

うちは、待合室も狭いので、美容医療は女性限定で男性はお断りしています。

場所が広かったら、男性にも美容医療をやるのか、と問いには、答えは、NO!です。

 

私は、「男性専用」というなら、ドクターも看護師も受付もスタッフが全員男性、というほうが相談もしやすいしし、気持ちもわかってもらえると思うんですけどね。

あるいは、目的がちょっとずれますが、若い女の子で占めるか、ですかね。。?

(スタッフと言えども、女性だと気になって、イヤではないんでしょうか。)

いかがですか?

そういう男性専用美容クリニックが全然できてこないから、エステが、「男性専用」みたいなことやり始めたりするわけです。

医療は、出遅れてますね~。

女性の脱毛にしろ、エステ行ったって、時間もお金も無駄ですし、火傷もけがもせず、無事に帰ってこれたら、ホントにラッキーなので、いい社会勉強をしたということで、もう関わらないようにしたらいいと思いますが、男性のひげ脱毛なんて、クリニック行かないと無駄ですよ。

京都でも、女性専用って、うちくらいじゃないですかね。

男性は、ちゃんとしたクリニックに行きましょうね。特に、ひげ脱毛は、トラブルも多いですから、ちゃんと毎回ドクターが見に来るところにしてくださいね。

 

 

オバジのデコルタージュシステム®は、今までにも何度か、単品でもキャンペーンにも登場した秘かな人気商品です。

顔にレーザーをしても体にレーザーをするのは、かなりお金もかかる贅沢なことですから、体は、ホームケアを使われる方が多いです。

ナビジョンからも、体用の、ボディトリートメントは出ていますが、化粧品の域を出ないというか、いやまあ、医薬部外品ではあるんですけど、あまり副作用もなく、お手頃な価格で、あれはあれでいい感じです。

でも、もっと効果がほしい方には、ちと物足りない。。。

 

根本的は話になりますが、みなさん、「Obagi®(オバジ)」って、ご存知ですか?

ドラッグストアに行ったら、「Obagi®」のコーナーありますよね。ロート製薬が宣伝しているやつ。

あれは、アメリカのオバジとは、全くの別物です。

名前の版権をロート製薬が入手して、オバジの考え方に沿って、作った、独自ラインとでも思ってください。

本物の「Obagi®」は、「Obagi medical」と言って、クリニック専用の化粧品であり、クリニックでないと販売もできませんし、(卸すこともできません)、必ず医師の診察が必要なホームケア用品です。

化粧品と言えば、化粧品でしょうが、いわゆる「化粧品」という感覚で使っていると、えらいことになることがあるので、あくまでも、「クリニック限定のホームケア用品」と思って使ってください。

(効果がある程度期待できるものは、副作用も起こりえるわけです。誰でもなんでも適当に使えばいい、というわけではありません。

適応がないのに使っていると、副作用だけ出て、お肌を落ち着かせるのに、何倍もの時間とお金もかかるわけです。

ご購入は、ちゃんと肌を診てくれて、説明のあるクリニックで買いましょう。)

 

そのオバジ・メディカルが出している商品が、オバジ・ニューダーム・システムだったり、デコルタージュ・システムだったり、エラスチダームだったりするわけです。

その中の、ニューダーム・システムは、家でするホームケア用のケミカルピーリングとハイドロキノン・アルブチンなどのセットですね。

(そこに、クリニックで、トレチノインを追加処方する、というのが本来のやり方で、やっているところと、やっていないところと、さまざまです。

ちなみに、うちでは、トレチノインは処方もしていないし、取扱い自体もしていません。トレチノインの副作用が、私はあまり好きじゃないからです。)

私の考え方は、家でするのは、なるべく安全なもの(副作用・ダウンタイムの極力ないもの)というのが基本的な考え方ですから、このニューダームシステムは、今のところ、取扱いをしていません。まあ、予定もないんですが、未来永劫というわけでもないし、考え方というのは変わりますし、こういう人にはニューダームがいいだろうな、ということもあります。

モノは、もちろんオバジ・メディカルですから、悪くないんですが、適応のある方の見定めをしていくと、私が勧める方は、かなりの少人数になってしまうので、うちでは違うものを勧めることも多いため、取扱いをしていません。

この辺は、各ドクターによっても考え方も違いますし、もちろん患者さんのしたいこと・目指すことによっても違ってきますから、何が正しいとか間違っているという話ではありません。

 

それに引き替え、デコルタージュシステムは、大した副作用もなく(絶対誰にでも合うわけではありません。また、そんなものは、この世に存在しません)、「デコルテ用」として、ネーミングはなっていますが、首・デコルテ以外に、顔以外であれば、どこにでもOKです。(粘膜はダメですよ。当たり前ですが。)

たとえば、セットの美白のほうだと、肘や膝の黒すみとか、ワキとかね。背中のニキビ跡のシミや、体の日焼けの跡とか。。結構、体って、シミや黒ずみがあります。

もちろん、全身の美白クリームとして、シミがなくても、お手入れとして使うのもOKです。

ライムライトをあてたら、大変なお金ですものね。。

首やデコルテには、とてもいいでしょう。

おしりの座った時にこすれてできる黒ずみにも、とてもおススメです。

 

もう1本のほうは、エラスチンというコラーゲンとは別の皮膚の線維を増やしますから、胸や全身のチリメンジワにアンチエイジングとして、ホームケアには十分です。

 

どちらも、たっぷり入っているので、面積の大きい体に塗るのはもってこいです。

キュテラ(オバジの正規代理店)から、いろいろな症例写真も参考にといただいたので、ご興味のある方は、どうぞお申し付けください。

 

さて、今回、ウェディングの話になって、やっぱり、花嫁さんも、参列者の方も、結構、肌の露出が増える季節ですね。

顔には気を使っても、体までお金かけていられなかったり、また早く効果が欲しいから、ホームケアも充実させたり、となると、デコルタージュシステムはおススメです。

(いきなり効くわけではないので、どうぞおは早めに。)

ちょうど日焼け止めとのセットのご案内を紹介していただいたので、6月のキャンペーンに急遽、加えました。

 

これが、ウワサの日焼け止めです。

 P1080820.JPGニューダーム・システムの日焼け止めです。

なんと!89ml!!

大きさが、そんな数字だけ聞いてもわかりませんよね。

比べてみましょう。

 P1080821.JPG

ナビジョンの、人気の日焼け止めが、1本25gです。

オバジが、89mlで、重さと体積なので、正確に比べるのは、単位が違うので真の比較はできませんが、かなり大きいのはわかっていただけると思います。

正規料金、1本、なんと!¥8.400!!

値段を聞くと、ビックリしますが、(最初、私もビックリしました。オバジは高いのです。いいものは、高い。。。)

まあ、とてつもなく大きいので、たっぷり使えることを考えると、実は、1ml当たりは、それほど高くないのです。

たっぷり使いたい方には、とてもいいんですが、ひとつ欠点が。。。。

ウォータープルーフではありませんので、汗をかいたら、とれちゃいます。

汗をかかない環境ならいいです。

どういいかと、言うと、これ、ジェルローションみたいな感じで、とてもさらっとしていて塗りやすいんです。

そのくせ、あまり乾燥もせず、クリームや乳液状の日焼け止めのべたつきが嫌いで、あまり塗りたくない、と思っていた方には、朗報ですよ~。

体にもたっぷり塗れます。

市販のものでダメな方には、いいかもしれません。

(何度も言いますが、汗かく時は、ダメですよ。TPOは選んでくださいね。

アメリカは、日本ほど湿度がないから、汗かかないんでしょうね~。日本仕様のも、作ってほしいな~。)

 

こちらの日焼け止めと、セットで買われる場合は、デコルタージュシステムと合わせて10%オフです。

もちろん、デコルタージュシステムだけでもOKです。

 

こちらの、日焼け止め、高いですからね、最初に払うお金が。

衛生用品の返品はお断りしていますので、必ず、テスターで使い心地が試されてから、ご購入ください。

ホントに合っているかどうかは、1週間2週間と様子を見ないと、ホントのところわかりませんが、2週間使って、となると、サンプルでは普通無理でしょう。それだけの期間試すなら、やっぱる買わないと。

空調の効いているところなら、ウォータープルーフでないものでいいんですけどね。

 

遅くなり、申し訳ありません。

6月のキャンペーンのご案内です。

6月と言えば、ジューンブライドですかね。私には、ジューンブライドよりも、アジサイとか水無月(和菓子のね)のほうが断然興味がありますが。。梅雨もいよいよ到来ですね。乾燥していた5月も終わり、ム~っとしたジメジメの日本の夏の前ぶれですね。

ちなみに、京都の梅雨開けてからの、蒸し暑さは、最悪です。。。

 

①まずは、ウェディングの方に人気の、ブライダルプランのキャンペーンです。

以前に、結婚式に出る方限定でキャンペーンをしましたが、出席される方にはいいですが、出席しない方には、何にも関係ないというキャンペーン。。。ま、6月なので、キャンペーンの一部ということで。。

今回は、ご本人だけでなく、ご家族やご友人の方も適応です。

イベント事は、頑張らなければね!

この機会に、キレイになっちゃってください!気合いを入れて!!

でも、キャンペーン適応は必ず何か証明できるものをお持ちください。でないと、キャンペーン適応になりません。

ご友人の場合は、招待状しか無理だと思いますけど。

ご家族の方は、ご本人から、なにか式場の打ち合わせ表とか、結婚式をする、という書類のコピーですね。(まだ招待状までできていないこともおありでしょうし。)

②で、ウェディングのご本人は、ウェディングプランからお値引き、ということはありません。

このウェディングプラン、もともと、かなりお得に作ってますので、これ以上の値下げは勘弁してください。

その代わり、ナビジョンの1週間お試しセットをプレゼントします。(Wのシリーズではありませんよ。)

クレンジングオイルと洗顔フォームがセットで付いていますが、もともと付いているので、わざわざ抜くことはありません。

新婚旅行や引っ越しなど、お忙しい日が続くでしょうから、トライアルキットで、旅行に便利なように、と思いました。

③お待たせしました。

いよいよ、鼻のケミカルピーリングの季節到来ですね~。

まだ乾燥肌の方には、ちいいと無理だと思いますが、脂性・混合肌の方なら、鼻くらいならそろそろできるかな?

鼻の毛穴掃除ですが、大掃除です。

サリチル酸マクロゴールを使います。

ただし、ピーリング後は、半日ファンデは勧めていません。

勝手にするのは、ご本人の勝手ですが、赤くなったり、痒くなったり、かぶれても知りませんよ。普段使っているファンデでも、ダメなときはダメです。

(まあ、やってみないとわかりませんけど、まあ、勧めません。)

保湿と日焼け止めは、しっかり塗って帰っていただきます。

日焼け止めをちゃんと塗っていない方(塗り直しも含めて)は、ケミカルピーリングは、お断りしていますから、ご了承ください。

まずは、診察・カウンセリングから、です。

ケミPをした後に、光やレーザーをあてると、掃除の後ですからね、光が届きやすくなります。毛穴もキュッと小さくしやすいです。

そのあとに、毛穴と言えば、GGなんですが、ピーリングの後だから、ビタミンCのほうがいいかな、と今回はビタミンCをセットにしました。

これだけ揃えると、乾燥肌の方には、ちょっと無理。。。と思います。っていうか、いらないし。

④多汗症ボトックス(ワキボトックス)は、すっかり今回のキャンペーンから忘れ去っていたんですが、ふと今朝、ああ、ワキボトの季節になるな、と思いだしました。

暑く、蒸れてくるから、ワキ汗気になる季節到来です。

私もそろそろやらなくちゃね。

今回は、痛みを軽減させるために、ボトックスをする時の、針を、極細針に変えるキャンペーンです。

半額にしてみました。(あまり、コスト計算をしていませんが。。)

ちょっとでも、痛み少なくね。麻酔薬は混ぜてますけど、すっごい数刺しますから、針は細いほうがかなりマシです。

よろしければ、一度どうぞ。

何本使うか、ですが、麻酔が効いてくるまでの最小単位(左右1本ずつでいけたらいいですね。やってみないとわかりませんけど。ものすごく細いから、潰れやすいんです。)

 

⑤久ぶりに、点滴や注射のキャンペーンです。

暑くなってきて、皮脂がよく出てくる季節なので、ビタミンBを中心に、お肌にもビタミン補給です。

もちろん、体にも。

皮脂のコントロールには、ビタミンBがとてもいいんです。いい皮脂にしてくれるかな?いまのうちに、皮脂のご機嫌を取っておきましょう。

夏前に、バテテしまうその前に、濃い~いビタミン注射を味わってみてください。

 

⑥珍しいですが、ナビジョンのサンプルプレゼントです。

実は、先日、ナビジョンのビューティープロテクトが、生産が追い付かず、(発注が3倍きたそうです)、うちが注文したものも、ダダ遅れて、なんとか、無事にギリギリセーフで届きましたが。(ホントにギリギリで、あせりました。)

このギリギリになったのには、生産が追い付かなかったせいだけではなく、ちょっとした手違いがあり、焦ってしまったんですけど、岩城製薬(資生堂ナビジョンを販売している製薬会社。ナビジョンは、法律上の規制があって、成分とかの兼ね合いもあり、資生堂が直接は売れないのです。)から、お詫びにと、サンプルをたくさんいただきました。

ありがとうございます!さすが、岩城製薬!さすがナビジョン!

 

。。。と、ヨイショはこれくらいにして、と。

せっかくいただいたナビジョンのサンプルですから(めったにもらえません)、ナビジョンのキャンペーンに使わせていただこうと思いました。

ナビジョンの日焼け止めをご購入いただきましたら、お好きなサンプルを差し上げます。

(なくなったら、ごめんなさいね。)

大人気の、ナビジョンの日焼け止めのミニチューブも、サンプルの中には入っているので、持ち運びに便利なアレです。

旅行にも、サンプルは便利ですが、普段使っているもののサンプルが欲しいですよね。

移し替えるのは、とてもめんどくさいし。

よろしければ、どうぞお早目に。

 

⑦お待たせしました!

6月のキャンペーンのお菓子も、オーレリーです~♪

ホントは、お持ち帰り用の、フルーツとかのコンフィチュールって、されていないんですけど、無理言って、作っていただきました。

ビンにしちゃうと、中身はちょっとしか入っていないのに、コストがかかりすぎる、というので、ご主人がいろいろパッケージを探してくださいました。

ありがとうございます。

今月は、パイナップルとココナッツ(スライスのね)のコンフィチュール(生ジャム)です。

ハワイ~な感じ♪

アクセントに、赤いピンクペッパーが入っていて、どても可愛らしいです。

IMG_20130531_221741229.jpgパッケージは、シンプルです。工場での大量生産ではありませんから。

防腐剤が、ホントにゼロなので、こちらは、アイスノンと一緒に、持って帰っていただきます。

帰ったら、すぐに冷蔵庫にお入れください。

フルーツの実がたっぷりですから。糖度も抑えてあるので、保存食ではありません。

さっき、味見として、ひとついただいてみました。

無茶苦茶おいしい~!

生ジャムですから、このままだとちょっと甘いですが、アイスもいいけど、ヨーグルトに混ぜて食べたら、絶品でした!

料理に使ってよし、炭酸で割ってよし。もちろん、パンにもよし、です。

いいわ~。(アッという間に食べちゃいましたけど。。。)

アイスノンをつけさせていただきますが、お荷物になって困る方、うちの後、お出かけになる方には、ちょっと考えますね。困られないように。。

 

 

 

 

 

初診のみなさんが、よく使っておられる一般の日焼け止めで、名前がよくあがるのが、ランコムと資生堂のアネッサです。

環境とTPOがマッチしていて、その方のお肌に合っているなら、私のほうから、止めさせることはありません。

でも、大半の方が、使い方というか、環境にもTPOにも合っていない使い方をされていることが多く、使い方が悪い。

 

「日焼け止め」と一口で言っても、タイプは様々で、大半がサラサラタイプであることが多いです。

デパートで売っている日焼け止めで、しっとりめとかもありますが、SPF50とかになってくると、サラサラ(というか、カサカサ)してしまうものが多い印象です。

全部が全部ではありませんし、1日1回朝に塗ったくらいでは、カサカサ度合がわかりにくいでしょうけど、1日何度も塗っていただく、となると、そのうち、カサカサ乾燥してきたり、塗り重ねることでごわごわしてきたり、と、使いにくいものも多いです。

湿度の高いところにいる時に、そういうタイプなら塗り直ししても、カサカサにならないかもしれませんが、エアコンの効いた部屋にいるとか、カラッと晴れて湿度の低いところで塗ると、塗りなおすことで、つっぱったり、かゆくなることもあるでしょう。

それだったら、塗り直しには適さない、ということです。

正確に言えば、その時の、貴女のお肌には合っていない、ということです。

状況が変われば、その「合わない」ものも「合う」時があるでしょうけど、湿度の低い環境にいて、汗もあまりかかず、また皮脂も少な目の乾燥肌の方には、厳しいことも多いでしょう。

結構しっとりめを使っているのに、なかなか乾燥しちゃって、合うのが見つからない、というのであれば、日焼け止めを塗る前に、乳液やクリームを足して、保湿をしてから塗り直しするか、ですが。。

(こういう方は、日焼け止めを塗りなおす前から、もう乾燥しているわけで、そんな状態で塗っても、よけい乾燥しちゃうでしょう。)

ランコムも含めて、デパートで売っている日焼け止めの大半は、パッケージや中に入っている説明書きのどこにも、「汗・皮脂に強い」とか、「ウォータープルーフ」という表示はありません。

ということは、汗をかいたら、もう効いていない、と思ったほうがいいです。

表示がない、ということは、どこまで強いのか、メーカー側が確認をしていない、ということです。

確認もされていないものを、汗かく状況で使ってもダメでしょう。

汗をかかない環境で使うなら構いませんが、そうでないなら、TPOが間違ってますよ。

化粧品カウンターでオネーサンに聞いても、「案外これ、強いんですよ。」と何度売りつけられようとしたか。。。詐欺やん?

スーパーの化粧品売り場なんて、手書きのポップで、「皮脂・汗に強い!」なんて、ウソの表示、平気で貼ってありますからね。

あれは、メーカーから、極秘で、そういうポップを書くようにいってきていると思うんですけどね。。。何軒もで、見かけてますから。

カウンターで、虚偽の売り込みも同じです。

「社外秘」と書かれた、売り込みの宣伝文句が山ほどあります。

(だから、カウンターで言われることを、いちいち真に受けていたら、お金も時間もお肌ももたないんですよ。ま、昔からよくあることです。化粧品に限らず、商売って、そうやって、お客さんをどこまで騙すのかで、やってきているんですよね。

どこまで悪どい営業をかけるのかは、メーカーによって全然違いますけどね。)

 

パッケージや説明書に書いて、文書化してしまうと、完全に、メーカーぐるみの詐欺罪発生です。逮捕されちゃいますよ。

でも、オネーサンが口頭で言ったところで、証拠残りませんからね。

残ったところで、「こいつが勝手にやっただけ」と、その人の責任にして、しらんぷりするだけです。

だから、口頭であったり、手書きだったりするんですよ。

 

営業文句は、なんでも話半分以下に聞いておかないとね。

 

さて、アネッサですが、いろんなシリーズが出ていて、かなり中身が変わりましたか。

専用クレンジングがいらなくなった、と書いてありますね。

 

アネッサを使う方も多いし、私も腕や体に塗るのに、アネッサを使いますから、毎年買います。

 

アネッサをまだ買っていない時に、ナビジョンを腕に塗ったら、あっという間になくなってしまって、(当たり前ですが)、急いでアネッサを買いに行きました。

 

わたしが普段腕に塗っているのは、新しい白いタイプのものです。

ゴールドは、前にも書きましたが、ホントのウォータープルーフですから、海やプールにもいかないし、アウトドアも、そこまで汗を大量にかくようなことはしませんから、ゴールドは一応もっていますが、普段は使いません。

 

白いタイプは、以前の水色タイプよりも、一応しっとりタイプに変更されたようですね。

保湿成分を従来よりも多くして、落としやすくなったようなことが表示にあったと思います。

 

顔の塗る時は、ナビジョンで、そのまま、首~デコルテに塗ります。(これでも結構いります)。

手の甲まで、ナビジョンにすることもあるし、アネッサで、手の甲から腕に全部伸ばす時もありますし、いろいろです。

 

顔にもアネッサを試しに塗ってみると、まだ湿度の低い、4月5月の初めに塗ったら、脂性の私でも、結構乾燥するな、と思いました(この日は、1日室内です)。

朝1回塗ったくらいなら、あまりわかりませんでしたが。

 

脂性の私(今はかなり混合肌になりました。皮脂はかなり減りましたね。)ですら、乾燥感を感じたのに、40代50代の方でも結構アネッサを日常使っておられて、(もちろん、屋内で活動される方です)、そりゃ、乾燥するでしょう~。

30代でも、乾燥肌の方は、日によったら、乾燥するんじゃないでしょうか。。。

20代なら、その人に寄るかな。20代では、いけているのか、ご本人があまり気づいていないのか。。(若い方は、化粧品はなんでもサラサラ目がお好きですからね。いい悪いは別として。)

やっぱり、、年がいけばいくほど、皮脂は減ってきますから、日焼け止めは、しっとりタイプや乳液~クリームタイプでないと、難しいんじゃないでしょうか。

乾燥肌や50代の方が、アネッサで何度も塗り直しをしているので、大丈夫なのかな、と不思議に思って、「乾燥しませんか?」と尋ねると、「乾燥します~!」とおっしゃるから、なんで塗ってるの?と不思議で仕方ないです。。

(初診時に、乾燥するのは、ダメ、と言っていますから。環境とTPOに合わせて、自分の肌に合うものを使ってください、と言ってます。ここには書きませんが、実際は、もう少し踏み混んで、細かく言っています。)

 

日焼け止めに関わらず、いろんな化粧品で、お肌を見て、結構荒れていて、乾燥もして困る、と患者さんが言われた場合、この化粧品がダメかな、と思うもの、絶対ダメだと思うものなど、私から勧めないことがあります。

なのに、次回来ても、そのまた次回来ても、まだ止めない方というのが、時々いらっしゃって、何か月前から止めるように言っているねんっ!と突っ込みたくなるんですが、ツッコんでも止めないんですよね~。

なんで止めないかと言うと、「まだ残っているから」。

勧めません、と言っているのに、止めない患者さんのほぼ全員が、こう言います。

 

100万円の日焼け止めを買ってしまった!もったいない!とでも言うなら、気持ちわからんでもないですが(そんな日焼け止めは、ありませんが)、たかが数千円(アネッサで、ドラッグストアで、2500円前後ですよね。)の日焼け止め(しかも残り)をもったいないとケチって、使って、その代り、3万以上もする肝斑セットしたって、意味ないでしょ。

本末転倒です。

腕や体に使えばいいでしょう~、そこまでもったいない、と言うなら。

そんな残りを顔に塗って、お肌に負担かけ続ける状態で、3万の治療しても、3万の価値ないでしょ。

肌に悪いと思うから、やめろ、と言っているのに、何してはるんでしょうね。。

(こういう方には、「勧めません」という、婉曲した言い方は、わからないんですかね?「止めてください」とはっきり言うしかないんでしょうか。。ここまではっきり言っても、止めない方は止めませんけどね。なんで、ここまできつい言い方をしないと止めないのか、ホントによくわかりません。。。)

 

前にも(というか、何度も書いていますが)、基礎化粧品をケチる方は、美容医療をやってはいけません。数千円をケチったせいで、もっと大損していることすら、こういう方はわかりません。

ということは、私が最初あれだけ時間をかけて説明したスキンケアを、全く理解していない、ということです。

 

最初に、「スキンケアをちゃんとするなら、治療を始めたいなら、今日から始めていいですよ」と言ったら、やります!と言われます。

でも、肝心のスキンケアを手を抜くから、いつまでたっても、お金ばかりかかります。

ちゃんとやっていたら、もっと早くキレイになったのに。。。

というか、理解していないなら、お金を払って、処置をするな!と、何回言わすねんっ!

それこそ、一番もったいないのに。。。

他力本願は、ダメっちゅーのっ!

ダウンタウンの浜ちゃんに、頭をはたいてもらいなさいっ!

3万円無駄ですよ、と何回言わすねん、というお話です。

こういう方には、3万円が無駄、というのが一番効くようで。。。(すでに、3万どころではない無駄が出ていますが)、あるいは、うちに寄付するつもりなら、いいですよ、と。

。。。。私のおせっかいも、永遠終わりません。

断言しますが、こんな親切な美容皮膚科、他にはないですよ。お金もらわないほうに誘導しているんですから。

(実際は、おせっかいにも限度があります。

特に、肝斑治療は、ホントに、治療をお断りしますからね。キレイにならないのに、お金をもらうのは、私もイヤだし、そんなレベルの低い、「キレイ」の話をしているわけでもないです。私も目指している、患者さんの「キレイ」は、もっと上のほうにあります。

理解していない方を適当にごまかしてお金を巻き上げる、なんてことは、もっとやりたくないのです。

ようは、スキンケアをちゃんとやってくれれば、それでいいんですけど、なんで毎回毎回、お小言を言ってまで、スキンケアをしてください、とお願いしないといけないのか、私には、よくわからないことがたまにあります。

誰の顔で、誰のために、誰がお金を払ってるねん!って。貴女でしょ? 私じゃないよ!私が困るんじゃないですよーーっ!)

 

光やレーザーを1回するお金で、質のいい日焼け止めがたくさん買えます。

環境やTPOに合わせて、いろんな種類の日焼け止めを揃えることができます。

まずは、そっちが先でしょ?

ちゃんと同時にする方が、もちろん大半なんですが、(早い方は、ブログを読んだ段階か始めてくださってます。行動が早いので、そういう方は、すっごく早く良くなります。さすがです!)、同時にするお金がないなら、まずはスキンケアですよ。

スキンケアが、一番大事なんですよ===!!

とりあえず、やってみなさいって!

やって、ダメだったら、また違う方法考えたらいいじゃないですか。

(ダメな場合は、大概スキンケアのやり方がおかしいんですけどね。)

いいから、やりなさいって!

*日焼け止めの詳しい話は、去年の秋ごろにたくさんブログに書いていますから、ブログ内で検索かけて、読んでみてください。ぜひ!

 

 

 

 

 

 

アメリカの皮膚科学会より、日焼け止めを選び役立つ基準が発表されました。

よろしければ、どうぞご参考に。

http://www.aad.org/stories-and-news/news-releases/sunscreen-101-dermatologists-answer-burning-questions-about-sunscreens

もちろん、英語ですが、ネットの翻訳機能を使えば、日本語にしてくれますが、無茶苦茶変な日本語でした。。。

いいたいことは、なんとなくわかりますが、全然わからないところも。。

 

m3.com という、医療専門向けのサイトがあるんですが、そちらで紹介されていました。

そこで簡単にまとめてくれてある分を引用させていただきます。

(会員制のサイトですので、医療関係者でないと閲覧できませんので、抜粋とさせていただきます。)

 

「何度も使えるタイプの日焼け止めがベスト。広い波長域のUV(紫外線)を防ぎ、SPF(紫外線防御指数)は30以上で、耐水性のものを選んでほしい」と皮膚科医Henry W. Lim氏は述べている。

 ポイントとしては、(1)SPF 30で紫外線は97%遮断される。SPFが高くても100%遮断はできないので、屋外等では2時間おきに塗り直したい(2)6カ月未満の乳児は直射日光下を避け、日焼け止めは使わないのが理想。6カ月以上の子どもには肌に優しい成分のものを選んで使用可能(3)日焼け止め成分の毒性や健康への害の懸念より、日焼け止め使用による皮膚癌予防の利点の方が上回る(4)スプレー式は吸い込まないよう、顔や口周りに使わないことや使用時の風向きに注意が必要。

 日焼け止めにはUV防止効果の高いものから、子どもの皮膚に合った成分を含むものまで様々。家族全員にとって最適な日焼け止めを選ぶと同時に、肌の露出を避ける服装やサングラスの着用、日陰利用などの他のUV対策を併用することをAADは推奨している。また、どの日焼け止めにしても、製品表示にあるUV防止効果を得るには、たっぷりしっかり塗ることが大事である。」

 

どういう環境にいるのか、肌質によっても、話は違ってきますが、ひとつの基準と思っていただいたらいいと思いますよ。

 

補足ですが(m3.comには書いていませんでしたが)、スプレー式の日焼け止めが、ちゃんと塗れていない可能性がある、ということも一部言われていて、FDAが、口などからスプレー式の日焼け止めを吸入してしまった場合の健康被害を調査されているそうです。

 

ちなみに、私は、スプレー式の日焼け止めは、一切、認めていません。

質が悪いものが圧倒的に多く、仮に質が良かったとしても、規定量(表示されているSPF値やPA値を満たすための量)を塗るのに、何分、同じ場所に噴霧するっちゅーねん!と思います。

例えば、指や手で塗る時に、結構、盛り上がるくらいの量を取ってますよね。

それをスプレーで同じだけの量を出そうと思ったら、何分、スプレーします?

それとも、微量でいいくらい、スプレー式のは濃いってこと?(多分、そんなことはないと思いますけど。)

スプレー式で、「同じ場所に、何分以上は噴霧してください」なんて、表示のある物なんて、見たことがありません。

(仮にあったとしても、またこういうことを書くと、ネットで、そういう表示のある、偽物が出回ったりするんでしょうね。。。誰が調べてん?ホンマでっか~?そんな怪しいところの商品を、よく信じれますね。私は、信じません。)

 

今、TVで宣伝しているスプレー式の日焼け止め、去年なんて、女優さんに、髪の毛にまでスプレーさせて、「髪の毛まで?!」みたいな、言葉で締めくくっていて、まるで髪の毛にも使えるような、髪の毛にもスプレーしないといけないかのような印象を与えてました。ところが、商品のパッケージの裏側を見ると、「髪の毛には使用できません」とか書いてあって、なんじゃそりゃ~?!

アクドイと思いませんか?このメーカー?

あんなのこそ、消費者庁は、ちゃんと注意勧告しろよ!と思いますね。大手メーカーのくせに、あんなCMって。。。かなりひどいかな、と。インパクトがあれば、それでいいんでしょうか。。。

(今年は、表示が髪の毛にも使えます、と変更されていました。

中身が変わったのか、実験で証明されたのかわかりません。

でも、「同じ場所に何分以上スプレーしてください」などの目安の表示は、私がちょっと前に見に行った時には、なしでした。

こういうメーカーの日焼け止めを、私は信用しませんね。

星の数ほど売っているのに、なんで、わざわざ、そんな怪しいものを使わな、アカンねん。。

(例えば、資生堂は、使用量の目安、というのが、大体のパッケージに書いてあるかと。。いくら状況によって違うとは言っても、量の目安は参考にしたいところですものね。

わからない場合は、大目に塗るしかないですね。

ムラムラになって困らない限り、大目に塗って、そんな困ることって、あまりないですから。

少なすぎて、足りないと困りますからね。

(もちろん、環境やTPO,ご自分の肌に合っていないと、ダメですよ。)

化粧品だけでなく、なんでもそうですが、お手軽で、便利そうなもの、って、基本ダメでしょ。

所詮、「お手軽」というメリット以外は、デメリットだらけであることが、圧倒的す。

食べ物でも、お手軽なもの(ファストフードやインスタント食品・冷凍食品などなど)って、体に悪かったり、まずかったり、妙~に高かったり。。。何を重要視するかですけど。

最近は、髪の毛用の日焼け止めスプレーも出ていますが、私は使っていませんし、患者さんにも、そこまでしなくていいと言っています。

むか~し、髪の毛に椿油を塗ると、紫外線カット効果(紫外線からの害から守るだけだったかな?)がある、と何かで読んだ記憶があるんですが、すみません、はっきり覚えていません。

私は、もともと、髪の毛に椿油を塗っていますから、夏でも冬でも同じです。

椿油は、酸化しにくいし、髪の毛を保護してくれますから、仮に紫外線カットと言えるほどの効果がなくても、お勧めです。

海やプールとかアウトドアとか、強い紫外線を浴びる時は、小さくまとめたり、それこそ帽子を被ったりして、紫外線にあたる面積を減らすのが、髪の場合は、一番いいかな、と思います。

頭皮は、強い紫外線を浴びる場合(アウトドアとか)は、日焼けしすぎると、頭の皮、剥けてしまいますものね。

私も経験が昔ありますが、フケみたいに見えて、自分で止めることもできないし、全部剥けるのを待つだけで、結構なストレス。。。

そういうのが心配な時は、帽子を被りましょう。

 

でも、街中などの日常生活であれば、そこまで頭皮の日焼けを気にしなくてもいいんじゃないですか?

体に必要な紫外線量というのもありますから。頭皮くらいは、紫外線を吸収させてあげてください。

 

 

 

 

すみません、アネッサの続きです。

 

さて、例えば南の島に行って、海やプールに行くからと、アネッサのゴールドをしょっちゅう塗り直ししていたら、若い方はともかく、40前後以上の大人の女性は、ガサガサに乾燥してきませんかね?

いくら東南アジアとか湿度の高い地域に行っても、何度も塗り重ねてるのを数日続けていると、やっぱりガサガサになりますよね~。

 

でも、今、やっぱり私も、南の島に行くんだったら、海やプールに行くんだったら、

(水着を来て、人前に果たして出られるのか、という問題は置いておいて。。)

アネッサゴールドを持っていくでしょう。

例え、がさがさになったとしても、紫外線の害のほうが大変だな、と思うから。

 

でも、滞在中ずっと毎日、アネッサゴールドを塗るわけではないと思います。

水に完全につからない時は、そこまで耐水性のないもの(汗・皮脂に強いタイプは使うでしょうが)を使って、TPOによって、使い分ける、ということをすると思います。

 

そうは行っても、毎日、海やプールに、何日か続けて入る時はどうしましょうか?

水泳選手じゃないんだから、1時間~1時間半くらいしたら、一旦あがって休憩しますよね。

子供の時のプールの時間も、途中で無理やりあがって休憩取らされましたよね。

慣れないことをすると、体も疲れますし、強力な紫外線(赤外線も含めて)は、免疫力の低下を招くし、脱水も起こします。無理して働いて、やっと取った休暇ですから、みなさん、体も移動も含めて、実は結構疲れているはず。。

興奮して遊び続けたら、ホントに体力的にももたないので、こまめに水からあがって休んでください。

デッキチェアで休んでいる間は、ゴールドじゃなくても、他の日焼け止めでも代用できるんじゃないでしょうか。

 

そうしていると、滞在中ずっとアネッサゴールドを使わなくて済むから、ガサガサ具合もマシじゃないかな。。?

夜(昼でもいいですが)、シャワーを浴びた後、滞在中でも、ボディの保湿もお忘れなく。

熱を持っている時は、冷やしてくださいね。

水分もたっぷり摂って、ゆっくり休んでください。

 

年齢や肌質・環境によって、乾燥具合は、かなり変わりますから、お肌の感じをよく見て、そのへんは判断されてください。

乾燥さえしなければ、いいと思いますよ。

 

体にしょっちゅう塗るのがめんどくさいなら、ラッシュガードを着たほうがいいし、ラッシュガードがなければ、Tシャツ1枚でも着ているだけ、まだマシです。

海やプールで遊んでいると、気が付いたら、何時間もたっていることがあり、日焼け止めを塗り直しするのを忘れて、夜に大変な目に遭った経験って、結構ありませんか?

 

私は、かなり昔、プーケットやセブ島で、シュノーケリングをずっとしちゃって、顔はずっと海の底を見ていたから、焼けませんでしたが、背中から太ももの裏側、ふくらはぎとか、エライ目に遭ったことがあります。

アネッサゴールドは持って行っていたと思いますが、塗り直しをしていないんだから、どうしようもないです。

真っ赤になって、かなり腫れましたね~。

(夜は、死んだように寝てましたが。。)

南の島の紫外線は、ハンパないですからね、火傷と同じです。

特に、色白目の方は、紫外線の害を受けやすいので、色黒目の方よりも、火傷様になりやすくなりますので、ご注意ください。

火傷までしなくても、梅雨が始まって、湿度が上がってきて、炎天下でテニスをするとか、ジョキングするとか、ガーデニングするとか、滝のように汗をかきながら、ってことありますよね。

それくらい、汗をかくなら、ゴールドのほうがいいこともあるかもしれません。

汗の量や年齢・肌質・状況にもよりますけどね。

 

で、こうやって、日焼け止めの耐水性の話を書くと、またネット販売のみのあやしい化粧品会社が、なんの根拠もないくせに、「耐水テスト○○分!」みたいに、表示書いたり、宣伝して、売ろうとするんですよ。

たかが化粧品と言えども、よく、そんなあやしい会社が作った、得体のしれないものを信用して使うな~、とむしろ感心してしまいますね。

私は、そんなのは、まず買いません。

(うちの患者さんにも勧めませんし、あやしいものを使っている方は、日焼け止めをちゃんと使っているとはみなしません。信用できないから。)

だって、これだけ、普通にたくさん売っている中で、なんで、わざわざそんなあやしいものをお金を出して買って、自分顔に塗らなくても、という話です。

小さい規模の会社の商品だと、確認もできないでしょ。

誰も確認なんかしてないっつーの。

ネットのHPで、言っちゃったもん勝ちでしょ。

「テストした」なんて、書いていても、信じられますか?

なんで。。。?  お人好しも、度が過ぎますよ。

 

その人にあっていて、質が良ければなんでもいいんですが(環境とTPOに合ってないと、もちろんダメですよ)、ちゃんとしたメーカーのものを、買いましょう。普通でしょ?わざわざネットで買わなくても、普通に売っているもので十分でしょう。

 

資生堂が、虚偽の表示をしていたら、こんなの大問題です。ヘタしたら、倒産に追い込まれたり、社名変更・再生機構に委託とか、とんでもないことになりますから、まあしてないと信じて、私は買っています。

他の大手も、さすがに虚偽の表示はしませんから(と思います)、データーとしてもっていないことは、表示していません。大手もで、表示はないけど、広告が紛らわして、誤解させるような広告をわざとしているところもあるので、これも注意が必要です。

必ずパッケージの表示で、確認してくださいね。自分のいいように解釈するのではなく。

(だから、信用問題になりますから、耐水テスト何分したのか、の表示がないんですよ。どこに出しても恥ずかしないデータとして、証拠を出さないといけませんからね。もちろん、そのテストしてデーターを出すのに、えげつない経費がかかるでしょう。だからよけいにやらないんです。あるいは、ちゃんとした結果が出なくても、表示そのものができなくなったとか。)

 

あやしい化粧品は、問題になったら、わざと会社潰して、全然違う名前でまた会社作ればいいわけなので、お金を楽して儲けることしか考えていませんからね、そういうことを平気でするわけです。

とりあえず、下品な広告(強調しすぎの)は、おかしいでしょう。

(おかしさが見抜けない方は、もうどうもしてあげられませんので、ご自分で頑張ってください。)

 

アネッサにも、いろいろ種類がありますから、どのアネッサもでいい、というわけではないですよ。

もちろん、アネッサそのものが合わない方もいるし、ゴールドだけダメ、という方もいるでしょう。

だれにでも、なんにでも合うものなんて、存在しませんからね。

私が使っているのが、貴女に合う、なんて、一言も言っていませんよ。

「耐水性」の、本当に日焼け止めのご紹介であって、参考にされるのはいいですし、間違った日焼け止めで真っ赤に日焼けされるくらいなら、塗ったほうがいいのかもしれませんが、かぶれるなら、塗ったらダメですし、かぶれているのとカサカサになるのは、また全然意味が違いますよ。

私が勧めたさえ使えばいいんでしょ?みたいに、盲目的に過信している方が、たまに来られるので、困ったものです。

人によって、塗り心地の好みも違うし、肌質も違うし、どこでどんな時に使うのかも違うから、うちのクリニックのパウダールームには、日焼け止めが7種類くらい置いてあるわけです。

それぞれ、テスターで試していただけるように。

「試してください」と言って、置いているのに、試さずに、帰りのカウンターで、「お勧めをください」という方がいて、困ります。

(こういう、自分でなにもせず、なんでもわからない、わからないと言えば、他人が世話してくれて、それを使えばいい買えばいい、と思っている方は、うちのクリニックには向いていませんよ。

うちに通う以上、私の意見は参考にされればいいですが、塗り心地をどう感じるかまで、わかるわけないんだから。

まずは、試してって!

そういう人は、営業をガンガンかけて、なんでも買わせようとするクリニックやエステに行ってください。そこで言われるままに買えばどうですか。いくらでも売りつけてくれますよ。

いい加減、自分で判断する、ということを、覚えないとダメでしょう。

それくらいの自立は、いい大人なんだから、していただかないと。お金も時間も、いくらあっても、キリがないですよ。

とりあえず、人の話を、聞きましょう。聞いてくださいね。聞き流しているのではなく。

 

 

 

ゴールデンウィークの前に書くべきでしたが、すみません、書く時間がありませんでした。

患者さんの中にも、ハワイや南の島に行かれる方もいらっしゃって、受診されて、南の島に行って、海に入る、と言われたので、その方には直接お伝えしましたが、そういう機会のなかった方の中には、日焼け止めの勘違いされている方が、きっととても多いんだろうな、と毎年のことですが、実感しております。

 

毎年言っておりますが、海やプールに入るなら、それがまた南の島ならなおのこと、ウォータープルーフの日焼け止めを塗るのは当たり前ですし、こまめに塗り直しするのも、当たり前ですよね。

これをいつも読んでいただいている患者さんは、実行していただいていることだと思います。

でもね、南の島の海では、2~3時間毎に塗ったとしても、足りませんよ。

紫外線がハンパないですからね。

それだけではなく、これがまた落とし穴なんですが、その使っておられるウォータープルーフは、水につけたら、何分持ちますかね?

書いてないでしょう。

書いてない、ということは、そこまでの耐水テストをしていない、ということです。

 

資生堂の宣伝をするわけではないんですが、

(って、宣伝になっちゃうんですけど。念のため、申し上げますが、資生堂からは一円ももらってませんし、ナビジョンを買っているからと、特別扱いもしてもらってませんので。念のため。)

資生堂のアネッサ、ありますよね。

患者さんの中には、このアネッサを使っておられる方って結構いらっしゃいます。

(アネッサのシリーズもいろいろです。いい悪い、という話は、ちょっと置いておきますが。)

 

このアネッサの、ゴールド色のヤツ、海・プール用、アウトドアなど、資生堂の中では、ウォータープルーフの日焼け止めとしては、最強ですね。

これのパッケージの裏を、ちょっと見てみてください。

「耐水テスト80分」と表示があります。

耐水テストをしたら、80分、もった、ということです。

知ってました?

 

あの、アネッサゴールドをもってしても、たったの80分しか、水につかりっぱなしなら、もたないんですよ!

たったの80分です。1時間20分です。1時間半も、もたないんですよ。

そうなると、海に完全にもぐるとか、水につかっている状態であれば、2~3時間毎では、足りないわけです。

状況にもよりますが、ホントに、日焼けによる皮膚ダメージを最小限にしたかったら、1時間~1時間半後には、塗り重ねないといけない、ということになります。

 

自覚、ありました?

 

そして、これまた恐ろしいことなんですが、私は、今のところ、このアネッサゴールド以外で、「耐水テスト○○分」と書いてある日焼け止めを見たことがありません。

ドラッグストアで、よく資生堂と並んでおかれている、海用のイメージの日焼け止めは、先月だったか、ドラッグストアで確認したら、表示はありませんでした。

(追記:7月17日にドラッグストアに行ったら、カネボウのアリーの中の1種類に、「耐水テスト80分」の表示がありました。失礼しました。H25年7月23日追加記載。)

もちろん、他のでも見たことないですね~。

 

ということは、耐水テストをちゃんとやっていない、ということです。

やっているなら、そのテストを結果に、ホントに自信があるなら、表示するはずなんですよ。

毎度言っていますが、「表示がない」ということは、メーカー自体が保障していない、ということです。

 

とある、敏感肌用の化粧品で有名なメーカーが、学会の商業展示でブースを出していて、SPF50で、ウォータープルーフが展示されていて、「新商品か。珍しいな。」と思い、

(それくらい、敏感肌用で、ウォータープルーフのSPF50の日焼け止め、というのが難しいんです。

たいがい、塗り心地が最悪で、真っ白になったり、石けんで全く落ちなかったり、塗り重ねると、えげつなく、ごわごわに固まるという代物。。。こんなの、売っていいん?

これで、塗り直しとかしたら、ハンパないですけど、敏感肌用って、言うん?メーカーは、一体、これを1日に何回塗れと思っているでしょうか。。。)

ブースにいたスタッフの方に、「これ、何分、水にもつんですか?耐水テストは、どうなっていますか?」と聞くと、「耐水テストはしてません。手とかに塗って、水につけたら、落ちなかったから、ウォータープルーフとしました。」と、非科学的な答えが。。。

 

まあ、たいていのメーカーのウォータープルーフって、こんなものだと思います。

海やプールにつからないなら、それでもいいと思いますよ。マメに塗り直ししていたら。

でも、完全につかるなら、それって、アカンのんちゃうん?

特に、こういう「敏感肌用」を売り物にしているメーカーは、それを過信して(必要ないのに)、つい頼っちゃう人もいるから、そういう人の期待を裏切らないように、その辺も考えてほしいものですが。。。それなら、そう説明して、売るとかね(説明もせずに、売っているのを、患者さんから聞いて、知ってますが。。)

。。。。うう。。。このあと、たくさん書いていたのに、保存に失敗したようで、消えてしまいました。。。ううう。。。

ちょっと疲れたので、今日はもう寝ます。。続きの消えた分は、次回に書きます。すみません。。

http://www.shiseido.co.jp/anessa/howtouse.html

資生堂のHPに、こんなの見つけました。

南の島には足りませんが、参考にされてみてください。

「2~3時間毎に塗り直しがおススメ」と、資生堂が書いているのを、初めて見ました。

(今までは、私は目にしたことがなかったので。少なくても、パッケージには表示がないです。)