プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近投稿した写真

ホーム > 化粧品



先日、アトピコのシャンプーを買いたい、というお電話をいただいたそうで。

 

でも、当院では、化粧品の販売も、診察・カウンセリングを受けていただいて、ドクターが適応がある、と判断した場合しか、お売りしていません。

勝手に、それだけ、どこの誰でも買える、という形は取っていません。

申し訳ありません。

 

医薬品が、診察・カウンセリングが必要なのは当たり前ですが、クリニック用の化粧品(サプリも同様です)と言えども、患者さんのほうで、全く違う思い込みをされていることも多く、またどんな化粧品でも、間違った使い方や、根本的なスキンケアが間違っていたら、全く効かないどころか、かえって悪化することもありますので、必ず、診察をさせていただいております。

ホントに、その化粧品を使っても、お肌の状態が大丈夫かどうか、も一緒に診させていただいています。

ひどいクリニックなんか、アトピーに、オバジのピーリング剤を買わせていたり、患者さんが、何でも欲しいと言えば、なんでも売る、という、金さえ払えばいいのか、ということがまかり通っていますが、うちでは基本させません。

ただ、私が勧めていないのに、(はっきりと患者さんに、勧めません、使わないほうがいい、使わないでください、とまで言います)受付で、私が次の処置中で確認できないのをいいことに、「先生から許可が出てる」とか「話を聞いている」とウソをついて購入される方が、ごくまれにいらっしゃいます。

そういうことまでされると、勝手に使っておかしくなる、ということも防ぐことができません。

受付がしっかりしているので、私が普段患者さんにしてるような説明とほぼ同じことを患者さんにも説明してくれるし、注意事項も、化粧品の場合でも伝えないといけないときには、ちゃんと伝えてくれますから、医薬品を勝手に買うことは絶対できませんが、化粧品くらいなら、ものにもよりますが、買えることもあります。

 

ただ、必ず、うちで診察が済んでいる患者さんであることが絶対条件ですし、光・レーザー治療をされている方には、スキンケアの話が済んでいますから、そうそう勝手に使って困るような、そこまでリスクを伴う化粧品は置いていません。

(医薬品じゃないですからね。)

そんなリスクはあまりでなくても、「キレイなお肌」というのは、ちょっと違いますよ、ということが、私にとっては、重要です。

先日も、ナビジョンのレチノールを、その方には、勧めない(ピーリングとかやりすぎて、キメも荒れていて、顔も結構赤くて、やっと少しお肌が落ち着いてきたのかな、というところでした)し、止めてください、と言ったにも関わらず、受付で、(私は処置中)、レチノールを買う!絶対欲しい!とかなり言われたそうで、受付からも、赤くなることもあるし、今後は取扱いもしなくなるかもしれないし、やっていい時とダメなときがありますから、とかなり言ったそうですが、無理やり買って帰られたそうです。

まあ、無理やりと言っても、奪って行かれたわけではないので、私が処置中であっても、受付が絶対ダメ!と突っぱねれば、止めようと思えば止められたわけですが、クリニック用とはいえ、化粧品ですから、そこまで言っても、聞き入れない患者さんに、ドクターでもない受付が絶対ダメ!とはなかなか言えないでしょう。

(受付は、もちろん、私が、この患者さんに、止めてください、と言ったことは知りませんし、患者さんも、私から止められたことは言いもしませんでした。)

 

レチノールって、使ったら確かにいい時もあるんですよ。

市販のレチノールは、もうほんとに商品によって、かなりムラというか、良し悪しがあります。

まあ、考え方の違いですけど。

ナビジョンのは、医薬部外品ですから、そういう意味では、医薬部外品ではないレチノール商品に比べると、安全面とかいろいろテストされているので、まだ使いやすいかな、とは思っています。

たまに、レチノールがほしい、と言う方がいらっしゃって、確かにありかな、ということもあるので、少し置いているんですが、私からあんまり勧めることって、特殊な場合を除いてないですね。

光・レーザー治療ができないとか、使えない場所とか、の場合ですかね。

ナビジョンのRTマスクくらいなら、たまにしか使いませんから、イベント前とかには、ありだと思いますけど。

(1回使ったからって、速攻性は、もちろんないですよ。)

レチノール商品をずっと使っていると、どっかで赤くなってくるんですよね。。他にあまり副作用がなかったとしても。

あの赤くなるのが、私は、う~ん、と思っていて、期間を決めて使うか、お肌の状態を確認しながら使うか、と思っていて、毎月、レーザー治療をされている方は、必ずお肌を診ますから、大丈夫なんですけどね。

向いていない方もいらっしゃるし、今はダメ!ということも、もちろんあります。

テスターで使ってみたら、なんか刺激があるとか赤みが出た、とか、そういう方もまれにいらっしゃいます。

レチノールは、テスターがある場合は、必ず試してもらってから、買ってもらっているんです。

(ちょっと高いですからね。もし合わなかったら、もったいないですよね。)

で、その方は、テスターも使わずに、買いたい!買いたい!」と何か思いこんでおられたようで。。

 

で、結局、レチノールは取扱いをもう止めました。

もともと、うちでは、トレチノインも扱っていませんからね。

(トレチノインの必要性を感じないからです。今のところ。

副作用・効果の限界、両方とも、私は、敢えて使わなくても、というスタンスです。)

レチノールがなければ、もう買うことはできませんからね。

止めました。

RTマスクくらいなら、置いておいてもいいんですが、レチノールは止めているのにRTマスクだけ置いていたら、矛盾しているので、取扱いを止めました。

また、考え方が変わったり、違う使い方が出てきたら、仕入れるかもしれませんが。

まあ、ナビジョンはもともとクリニック用の化粧品ですからね、そういうこともちゃんとわかっいないのに、あやしいネットで買ったり、患者さんに売ったりしたらダメなわけです。

これだけ、ドクターと受付から、止めているわけですから、さすがに何かあったら、自分が悪い、と思っていただけると思いますけれど。

(結局、この方、買ったのはいいけど、使わなかったそうです。。。一番もったいないですね。。)

さて、そういうクリニック用の化粧品もあれば、無添加石けんや牛乳石鹸の無添加シリーズのヘアトリートメント、アトピコシリーズ(大島椿の)のシャンプー、椿オイルなどは、ドラッグストアでも売っていますし(どこでも、というわけではないと思います)、ネットでも買えるでしょう。

市販で売っているものを、わざわざうちで売らなくてもいいんですが、患者さんに紹介したら、どこで買えばいいのかわからない、こちらで取り扱っていないんですか?と結構言われたので、取り扱うことにしました。

(テスターはありません)

だから、診察もカウンセもいらないなら、化粧品のみ、買いたいなら、そういうところで普通に誰でも買うことができます。

うちのカウンセでは、そういう化粧品と一般の化粧品との違いを説明したりしています。

これが絶対お勧め!というのではなく、市販のものの中では、まだまし、とか、全然まし、とか、ものによって、いろいろです。

ひとつの商品の1例でしかすぎませんので、とりあえず、こういうのがありますよ、という見本ですね。

 

アトピコがほしい、と言われた患者さんは、阪大病院からうちを紹介されたそうで、ここで買えるよ、と教えてもらったそうです。

どうして阪大病院?大阪の人?

大阪の方なら、なおさら、アトピコ買うためだけに、わざわざうちまで来なくても。。。

診察やカウンセを受けたい、といおっしゃるなら、構わないんですけどね。

阪大のドクターが私のブログを見てくださっていて、アトピコの取扱いをご存知で、紹介していただいんたんでしょうかね。

とてもありがたいことですね。ありがとうございます。

でも、・・・惜しいっ!

すみません、うち、化粧品だけ買えないんです。。

せっかくご紹介いただいたのに、すみません。。

ネットで買えない方は、何件かドラッグストアをあたってみてください。

小さいとこと、大きいところ。。。市販の大島椿とは、ちょっと違います。

アトピコのほうが、よりお肌にやさしく作られているんです。

ご興味のある方が、うちに来られた時についでに買われてもいいですが、市販でも、買えますから、一度お試しください。

でも、市販の合成洗剤入りのものに慣れてると、なかなか受け入れにくい、と思います。

だから、説明しているんですよね。安心して使っていただけるように。)

 

 

 

最近、よく患者さんから、「何度くらいで、洗顔したらいいですか?」と聞かれることがあります。

また、雑誌とかで、「何度で洗顔するのか?!」みたいなことがテーマにでもなったのかのと思い、

(以前、「夜の洗顔はいつしたらいいですか?」という質問が続き、最初、聞いておられる意味が、何を言っているのか、全然わかりませんでした。

そんなのいつでもいいやん、と思っているので、わざわざ、それをドクターに聞くことが信じられませんでした。

どうして、そんなことを聞かれたのか、というと、またまた美容雑誌かなんかで、「洗顔はいつするのがいいのか?!」というテーマで、討論会が載っていたそうです。

。。。ほんとにどうでもいいことなんですが。。。

その雑誌によると、化粧(ファンデーション)は、肌に悪いから、帰宅したら、さっさと落とすほうがいい、という主張によるものから、そういう討論会になったようです。

患者さんが言うには、帰宅後、すぐに洗顔して、そしたら、化粧水や乳液を塗りますよね。

ごはんを食べた後、お風呂に入りますが、またそこでも顔を洗うそうで、顔は乾燥して、保湿がおいついていなくて、大変なことになってました。

乾燥で悩んでいらっしゃったから、洗顔は、夜1回の、1日朝と夜の2回だけにしてください、と言いました。

帰宅後、すぐに洗顔したいなら、したらいいですが、それなら、もうその日は洗わない、どうしても入浴の時に、気持ち悪いというのなら、ぬるま湯ですすぐだけにしてください、と言いました。

それでも、ぬるま湯だけで洗うのが気持ち悪い、と言われるので(石けんを使わないのが)、じゃあ、帰宅後すぐの洗顔を止めてください、と言うと、雑誌に、ファンデや化粧品は肌に悪いから、すぐに落とさないといけない、と書いてるから、とききません。

もう、好きにしたらいいやん、となりますけどね。

患者さんに、そこまで思わせる、その雑誌は、ホントにロクでもないです。

じゃあ、聞きますけど、帰宅後すぐに洗わないといけないような、肌に悪いものを、一日中、肌につけてるのは、どうなんですか?

 そのことは、問題だ、と思わないんですかね?

帰宅後か、数時間後の入浴か、なんて、たったの数時間で何が変わると言うんでしょう。。。どうせ、帰宅後は、しょっちゅうメイク直しをしていない限り、化粧なんて、ほとんど取れているでしょ?

一体、何が問題なんでしょうね。。。夜、いつ洗顔しようが、ど~でもいいことなんです。(前にも、ブログに書いたんですけどね。)

そういうことも、雑誌の言うがままに、信じてしまうと、ホントに、お肌に悪いことばっかりしてしまいますよ。

ちゃんと自分の頭で、考えるようにしないとね。

で、今回は、氷水洗顔ですか。。。

ぬるま湯で洗えばいいんですよ。ぬるま湯で。

熱めのお湯はダメですよ。皮脂とか取りすぎて、バシバシなっちゃうから。よほどの脂性なら別ですが、自称脂性という方の大半は、大人の女性の場合、混合肌の方がほとんどなので、自称脂性は、脂性ではない、と思っておかれるほうがいいです。

まあ、乾燥ジワの気になる大人は、熱めで洗うのは止めてください。

 

「ぬるま湯」というのが、これまた、その方の常識というか、結構、考え方に個人差が恐ろしくありまして。。。

先日は、30度くらい、とか35度くらいですか?と何人かに聞かれました。

最近の湯沸かし器は、温度表示ができるので、具体的な温度を聞いてこられるんでしょうけど、どこに行っても、毎回、温度表示ができるところだけで、洗顔できるわけではありませんから、温度表示は、あまりアテにしないほうが。。

だって、その時の環境によって、(季節とかにもよりますからね。)、同じ温度でも、全然皮膚の感じ方って、違うでしょ?

夏の35度って、結構熱めに感じるかもしれませんが、今の時期、35度だと、ぬるすぎ、というか、日によったら、冷たく感じることもあるんじゃないですか?

「ぬるま湯」というのは、もともと、「ここちよい温度のお湯」という意味で使われていることが一般的に多いと思いますが、「ぬるめのお湯」と思っておられる方で、この「ぬるめ」の幅がありすぎるようです。。

気持ち良い温度なら、何度でもいいと思うんですけどね。

どうでもいい、とまでは言いませんが。。

 

氷水で洗うのを、美魔女か誰かがしてるそうで、30分とかですか?

その人はね、きっと雪女の生まれ変わりなんですよ。

雪女じゃなかったら、北極グマかも。

(この話を聞いたときに、夏の動物園で、氷の塊をもらって喜んでいる白熊のシーンが頭をよぎりました。)

今の季節、真夏でもないのにで、(真夏でもですが)、氷水で洗顔して気持ちいいですか?真夏でも冷たすぎるでしょう。

熱中症の治療じゃないんだから。

貴女が、雪女や白熊の生まれかわりだというなら、されたらいいです。きっと気持ちいいでしょうね。

でも、普通の人間なら、冷たいので洗ったら、気持ちよくない場合、ちゃんとすすげないでしょ?

早く終わろうと思うのが、当たり前です。

しかも、体温よりも、急激に冷やすと、毛穴がキュッと閉じてしまいますよ。せっかくの洗顔で、汚れを落とそうと思っているんじゃないですか?

一時的に、キュッと毛穴を温度で縮めたところで、どうせ、すぐに体温で開いてきますから、冷水洗顔が終わってから、毛穴は開きます。

肝心の洗顔で開く邪魔を、貴女がしてどうします?

真夏に洗顔後、気持ちいいから、と最後に冷水ですすぐとか、化粧水を冷やしておくのと、わけが違うでしょう。

洗顔なんて、気持ちいい温度のぬるま湯なら、何度でも結構です、ちゃんとすすいでさえくれていれば。

特に、純石けんではなくて、合成洗剤のクレンジングを使っている方なんて、ホントにえげつないくらい、すすがないと、お肌に、洗剤成分は残りまくりです。(肉眼では見えません。)

 

そういう雑誌やTVでしている、読者モデルや女優さん・モデルさんの、ホームケアって、全部、ホントじゃないですよ。

紹介したからって、それを毎日、その人がホントにやっている、なんて、証拠、ありませんからね。

若くて、お肌がきれい、というのは、芸能人とかなら、ある程度当たり前でしょうが、(キレイな子ばっかり、もともと集まっている世界ですからね。)大人の女性で、アラフォー過ぎて、キレイな人って、もともと美人か、肌がキレイというのは、やっぱり美容クリニックにお世話になっていることが大半です。

全員とは言いませんが、ある程度、そういうケアをしているのは、常識だと思います。

だって、一般人のみなさんだって、やっているんだから、「見た目」で仕事されている人がしてないわけ、ないでしょ。

どの程度までされているのか、どれくらいの頻度でされているのか、光やレーザー治療までなのか、プチ整形と言われる、注射レベルくらいなら、時々、あるいは、頻繁にしているのか、はたまた整形と言われる手術までしているのか、それは人それぞれですけれど。

雑誌やTVの取材で、「キレイのこつは??」と聞かれて、「美容クリニックで、いろいろやってます!」と堂々と言うわけ、ないでしょ。

また、言ったとしたら、取材として、成り立たないわけです。

じゃあ、キレイなの(若く見えるの)、当たり前やん、となるからです。

雑誌やTVがほしいのは、一般の人が、おうちで、気軽にやることができて、私も頑張れば、ああなれるんだ!と信じ込ませてほしいわけです。

で、しかも、そのホームケアは、気軽にはできるけど、あまり誰もやってなくて、え?そんなことするの?みたいな、インパクトがほしいんです。

だから、もちろん、全然ご本人はやっていなくても、やらせで、「今回は、これで。」みたいに、決まっていることもあるわけです。

 

マスコミを攻めたらいけませんよ。

だって、そんなこと、昔からやっているし、あるんだから。雑誌やTVって、真面目な医療番組じゃないんだから、ホントのちゃんとした医療監修が入っているわけでなし、「バラエティ」なんですから、あくまで。

(ただ、最近は、美STとか、どんどんエスカレートして、えげつなくなってきてますね。ビフォーアフターの写真もそうですし、私から見たら、やらせだらけのスポンサーとのタイアップ記事だらけ、という感じですが、ただの情報誌として見てる読者なら、そういうのにも敏感に気づかれると思います。

でもね、そのまま、ホントにそのまま、信じてしまっている方が多いので、そういう方がうちに来られると、全く話が噛み合わないので、とても困ります。

信じるほうが悪いのか、信じさせるほうが悪いのか。。。

不況が続いているのと、雑誌は今(TVもですが)、売れない時代なので、厚生労働省や国民生活センターとかから、勧告でも入らない限り、ますます、エスカレートしていくと私は見ています。

一度、刺激的な内容にすると、読者は、もっと刺激を求めますからね。でないと雑誌は売れなくなるので、極端な、インパクトのある記事のオンパレードになっていって、やらせ問題とか発覚していくんですよね。。。

TVの番組とかもそうですが、自爆していくんですよね。。。

えげつないことをする、ということは、自分たちで、時限爆弾のスイッチを押してしまったようなもの。。。編集部もわかっていると思いますけどね。もう止められないのを。

 

決して、情報に惑わされず、ちゃんと自分の頭で考えましょう。

考えてもわからないなら、今の時代、ネットで検索かけましょう。

その時、必ず、反対意見を探してくださいね。

肯定意見だけを聞くのではなく、反対意見を聞いて、(誰が言っているのか、というのが一番大切ですけどね。誰が言っているのか、わからない意見は、参考にするのは構いませんが、そのまま絶対信じないように。)、ご自身で判断されてください。

ご自身で判断されたのなら、それは仕方ないです。それが正しいのか、自分で実験して、確かめるしか、正しいかどうかはわかりませんが、自分で決めたのなら、納得がいくでしょ?

 

ちなみに、その氷水洗顔が肌にいい、と美魔女の人が思ったきっかけは、「寒い地方の人は、肌がキレイだから、冷やしたらいいんだ、と思いました」みたいなことをおっしゃってたようで。。。

 

どこから突っ込んだらいいのか。。。

寒い地方の方が肌がキレイと言われるのは、(秋田美人とか)、緯度が北に行きますからね、紫外線が弱いだけです。

一生で、紫外線を浴びている量自体が全然違うわけです。

紫外線による、光老化が少なくてすむからで、「冷たい=肌キレイ」とは関係ありません。

こんな寒い時に、皮膚冷やしたら、血行が悪くなって、毛細血管増えてしまいますよ。(赤ら顔になります)

どうしても、自律神経を、冷やして刺激したい、というなら、そんな長い時間は、いりません。短時間で十分でしょ。

長い時間、毎日やっていたら、しもやけになりますよ。

誰か、ちゃんと教えてあげたらいいのに。

(ホントにやっているなら、私の患者さんなら、止めさせます。私の考えるキレイ、と違うので。

やっていないなら、そんなことを、雑誌やTVで言うのを止めさせますけどね。

いや、「私、雪女の生まれかわりなので、氷、好きなんです。そしたら、キレイになったんです。」と言わせるほうが、インパクトがあって、TV的にはOKじゃないですか?)

 

私は、基本、特殊な場合を除いて、女性の体は冷やすものではないと思っていますし、体が不快に感じることは、体が止めて、と言っている信号だと思っています。

医療とか特殊なものは、副作用も含めて、いろんな不快感を我慢しないといけないこともありますが、(だって、医療だから。効く以上、ある程度の我慢は仕方ないことがあります。)ホームケアで、自分で、自分の体にできることなんて、大したことはできないのに、不快感与えて、いじめてどうする?!と思います。

過保護にする必要はありませんが、愛護的に、愛情を持って、お肌を優しく扱ってあげてください。

 

 

 

 

前回書いた、患者さんのスキンケアの勘違いが、ひょっとして、皆さんの中にも、勘違いされている方がいたら大変と思い、具体例を示します。

私も、そう思っていた!というのなら、すぐに止めましょう。

まずは、クレンジング編です。

①何度も書いていますし、直接患者さんにも言っていますが、いわゆるクレンジングは、一切勧めていません。

特に、クレンジングオイルですね。

クレンジングオイルは、私は、洗剤の固まりだと思っているので、今、とても調子がいいとか、悩み事が何もない、という方であれば、好きにされればいいですが、肝斑がある・肝斑の可能性がある・顔が赤くて悩んでいる乾燥がひどい・肌がイタイ、などなど、そういう悩みを持っている方には、絶対やめてもらっています。

クレンジングそのものが、そのおかしな肌にさせてしまった原因のひとつ、あるいは、悪循環にはめさせた原因だと私は思っているからです。

患者さんの中には、

①少しの時間、使えばいいだろう(肌にのせる時間が短ければ大丈夫)、と勝手に自己解釈をしている。

 →結局、短時間であろうとなかろうと、肌について刺激していることに変わりありません。

  長時間のせているよりは、マシですが目くそ鼻くそです。

  ダブル洗顔をしているのは同じです。

  2回、洗剤で顔を洗っているわけです。

②ダブル洗顔がダメなんだ、と思って、(ここまでは、別にいいんですが)、クレンジングだけして、ダブル洗顔をしない。

  →しかも、このクレンジングは、絶対ダブル洗顔をしないといけないものです。たまに、1回洗いのみで大   丈夫、というのがありますが、患者さんから聞いた分は、いる分でした。

   ダブル洗顔がいる、と書かれているのに、ダブル洗顔をしないということは、クレンジングの洗剤成分    が、水だけでは落ちないので、ずっとお肌に残ったままです。

   ず~っと洗剤を肌にのせたまま、過ごしているわけです。お肌、ボロボロです。

③私の勧めた純石けんで顔を洗っても、残っている感が気持ち悪くて、クレンジングオイルをした後に、純石けんを使って、ダブル洗顔をしている。

  →やりすぎです。

   何度も言いますが、純石けんは、かなりの洗浄力がありますから、一度洗いでいい、と説明しています    し、メイクとの相性によって、残った感が気持ち悪いなら、クリニック専用のクレンジングソープを使うよう   に言っているわけです。

   もちろん、残った感は、ほっておいてよくて、しばらくしたら、どうせ慣れます。今までが異常だった(取り   すぎていた)ことに気づくのが、正しい道のりです。

   そもそも、クレンジングオイルという洗剤で荒らされた肌に、洗力の強い純石けんで、ダブル洗顔した    ら、やりすぎで、もっとお肌がボロボロになります。

   勝手に、組み合わせない!

   どうしても、市販のクレンジングを使いたいなら、ホントに(偽物ではなく)お肌に優しいクレンジングと洗   顔フォームのセット(ちゃんとしたメーカーならセットで出しています。)で使うべきです。

   それでも、勧めませんけどね。取り過ぎにはなっているので。

④目元専用リムーバーを買わずに、クレンジングオイルを使う。

  →クレンジングオイル自体、止めるように言っているのに、違いがわからないようで。。。

   患者さんで、赤ら顔+肝斑、という、化粧品の害・こすりすぎ・紫外線、という三重苦になっていて、案の定、初診時に聞いたら、クレンジングオイルやふき取り化粧品を使ってました。

すぐに止めるように言って、純石けんを使っておられたんですが、私がブログで、目元専用リムーバーのことを書いたら、ネットで、ナビジョンのクレンジングオイルを買われました。。。石けんを止めて。。

。。。。もう、どっから突っ込んだらいいのか。。。

しかも、クレンジングを止めるように言う時に、必ず、純石けんと目元専用リムーバーの話と、クレンジングソープの話はしているわけで、さらに、しかもブログで、私がクレンジングをけなしていることも、ネットでナビジョンを買うのは、品質劣化や偽物もあるかもしれないから、止めておくように言っているのも、知っていて、全部されていました。

もう、はっきり言って、指示を守る気、ないですよね。。どう考えても。。

その方は、せっかく、赤みと肝斑が良くなってきていたのに、あっ!と言う間に、元に戻りました。

診て、すぐにわかりましたね。化粧品の害だって。。

でも、クレンジングも止めてはったのにな、おかしいな、と思ったら、いらんこと、たくさんされてました。。

その間に使ったお金が、約13万円。

全部、台無しです。13万ですよ!13万!

13万、使って、元に戻っただけです。うちは、儲かりましたね。

目元専用リムーバーとクレンジングオイルの違いがわからないそうで。。。

日本語からして違うでしょ。。

どうして、ネットでクレンジングオイルを買う前に、「目元専用リムーバー」で検索しませんかね?

あれだけ、クレンジングオイルを止めるように聞いていて、また戻すなんて、私には理解不能ですね。しかも、勧めたのは、目元専用リムーバーだし。。

うちでは、ナビジョンのたいていの商品は取り扱っていますが、私の考え方と一致しないものに関しては、仕入れないし、患者さんにも売りません。

だから、ナビジョンのクレンジングオイルと洗顔フォームは置いていません。

確かに、市販のものよりは、幾分かマシでしょう。

でも、オイルはオイルなんです。

ホントは、うちのクリニックの洗面所にも、純石けんを置いて、それだけで患者さんには洗顔してほしいんですが、患者さんのしてこられるアイメイクやカバー力の強いファンデなど、純石けんでは、ホントに残ってしまうことがあります。

家なら、それでもいいんですが、(目元以外は)、これから診察しよう、処置をしよう、としているのに、化粧品が残っていたら、邪魔ですよね。

光・レーザーも、化粧品に吸収して効果が下がったり、なにか変な反応が出るかもしれません。

処置前には、キレイに落としておくに越したことないわけです。

だから、濃いメイク・アイメイクをされている方用に、ナビジョンのクレンジングオイルを置いているだけで、販売はしていません。

書きだしたら、キリがないかもしれませんね。。

クレンジング以外で、はあ~?と思った事例です。

①パウダー系は勧めませんよ、ファンデはリキッドやクリーム系にしておいたら、日焼け止めや乳液などの保湿も、あとから重ねて塗り直ししやすいですよ、粉系を使うと、どっかに粉が残っていて、ダマになりやすいですよ、しかも小じわやチリメンジワに入り込んだら、とても老けてみえるし、乾燥肌の人は、お肌の水分や油分など、必要なものが粉に吸われてしまいますからね。

乾燥で悩んでいるのに、粉に吸わすことないでしょ。

と説明しているのに、おしろい(フェースパウダー)だけ使うのを止めて、パウダリーファンデーションはずっと使っている。

  →パウダリーファンデを使ったから、肝斑になるわけではないですが、ダマになったり、乾燥を助長させた    ら、お肌、キレイに見えないですよね。

    もう、塗り直ししないなら、粉系もいいでしょうが、朝塗って、これから塗り直しするのに、邪魔でしょ?

   結局、パウダリーファンデを使ったことで、日焼け止めなどが塗り直ししにくくなるから、塗るのもイヤに   なって、実際、塗らなくなる、→ますます、お肌に紫外線の害が出る→よけい乾燥して、シワっぽくなる    →もっと汚く見える・・・・と負の連鎖にはまるわけです。

「粉は勧めないって言われたから、おしろいのことだと思っていた!」

→話を中途半端に聞いているのか、忘れているのか知りません。

 使ったから肝斑が悪化したわけでもないですが、せっかく、もっと早くお肌をキレイに見せることができたのに、そしたら、そんなに悩まなくてよかったのに、という後悔だけが残るだけです。

パウダリーファンデが、粉系でないなら、一体なんだと言うんでしょう。。。

②汗をかく時に、汗に強くない日焼け止めやファンデを使って、汗で流れるから、全然塗れていません、と言い切る方。

  →最初に、日焼け止めの説明の時に、全員に話していますが、それは、日焼け止めのTPOが間違っています。

TPOに合っていない日焼け止めを塗っても、自分がしんどいだけで、なんの役にもたたないものを塗ることで、お肌にいらん負担は書けてしまっているわけです。

正しい日焼け止めを塗るからこそ、お肌の味方をして守ってくれますが、正しくないものを使えば、たった1回でも、負担になることがあります。

意味のない、塗り直しは止めましょう。刺激になるだけです。

③日焼け止めに関しての勘違いは、今までにも散々書いていますから、ご自分で検索してご覧ください。

もう私は疲れました。。

基本、私がブログで言っているスキンケアは、あくまでも、ある程度健康な肌の方の場合です。

アトピーとかボコボコのニキビがある方とかは、また話が違ってきます。

そういう方は、実際、診察に来られて、話が少し違うことがわかると思います。

大きく変わることはありませんが、その方のお肌の状態によって、使える化粧品や薬が違ってきますから、なんでも使えるわけではありません。

できることから始めて、少しえも早く、健康な元気な肌に戻そう!それから、その先のことは考えましょう、という感じですから、全然スキンケアが違ってくるわけです。

それくらいは、ご自分に御判断ください。ちゃんと診てもらわないと、自分は違うんだ、と自覚されてくださいね。

診なくても、それでキレイになったら、越したことないですけどね。

④何度言っても、化粧品を押し込もうとする。

 →押し込んだって、入りません。

  何度言っても、止めないなら、もう一生やっていなさい。肝斑も一生治りません。 

  だから、うちでも治療をお断りします。

 肌でも何でも、雑に扱う人って、ダメですね。

肌を診たら、すぐにわかります。なんでもだらしないのに、肌だけキレイな人って、あんまり見たことないですね。。。

会計・トイレ・洗面所・パウダールームなど、その人が使った後は、はっきり言って、ぐちゃぐちゃです。

きっちりキレイにする必要はありませんが、その後、見にいったら、ビックリすることがあります。

会計が雑って。。?と思われるでしょ?

お札とかしわくちゃのまま(キレイに畳んであるとかではなくて)、トレーに出したり、領収書もぐちゃぐちゃにして、いれたりするそうです。

あまり、そういう人で、お肌だけ優しく扱っている、というのは見たこと、やっぱりないですね。。。

「自分では、わからない」というのも、こういう方は言われます。

「わからない」のでなく、私は、注意する気がないんだと思いますよ。

だって、こういう時に、気をつけてください、と全部説明して、しかも今、肝斑がひどい、とか顔が赤いとか、刺激がある中で、お金を払って、治療をしようとしているのに、自分のスキンケアは見直さない、って、自分のスキンケアのやり方が正しいと思っておられる方ばかりです。

思い当たることないですか?と聞いても、「ない」と言われますからね。

見直す気もないわけです。

はっきり言いますが、ちゃんとした患者さんは、みなさん、自分のスキンケアを改めて見直しされます。

正しかろうが、間違っていようが、もし刺激になっていたら、お金も時間ももったいないですからね。

みなさん、ちゃんと注意されます。

こういうことができない雑な方は、お金と時間をかけている割に、全然キレイにはなりません。

ものすっごい低レベルの次元での、「改善」は、あるのはありますが、こんなレベルで、やっていて楽しいわけ?と思います。(だから、治療を断るんですけどね。)

全然、ツヤが出ないんですよね、健康なキレイな肌特有のツヤが。

ちゃんとしている患者さんは、肝斑が落ち着くのに時間がかかっても、ツヤがどんどん出てくるから、シミ自体がぼやけてくるんですよね。

すぐにわかります。

また、そういう人に限って、どっか他力本願であったり、自分ではやってるつもりなので、全然ダメ、ということに気づかないから、無駄なお金がどんどん出ていきます。

スキンケアを見直してください、ちゃんとできてからでないとホントに無駄なので、(あまりにひどかったので。普通の方は、同時進行でいけるんですが。。)と言っているのに、次の予約を取って帰ろうとしたり、もう次の強い治療はまだかまだか、と聞いてこられたり。。。

。。。そんなの、まだまだに決まってるやんっ! 。。というのが、わからないわけです。

その人なりには頑張っておられるんでしょうけど、強い治療ができるなんて、そんな高望みする前に、雑にお肌を扱うのを、まず止めましょう。

元が低レベルで、知らなかった、全然スキンケアしてこなかった、という方でも、どんどん努力して、どんどんキレイになっている患者さんを、大勢知っています。目の前で、診てきましたから。

ご本人の努力で、いくらでも変われるんですよ。

多少の時間とお金はかかりますが、ちゃんとしたら、最短で良くなるわけです。

まあ、ご本人のやる気次第なので、私が24時間365日見張っているわけではないので、お好きにされれたらいいんですよ。自分の肌なんだから。

私が困るわけでも、私のシミやシワが増えるわけではないので。

そういうことがわからない方は、お金の問題もありますが、美容医療自体に、向いていない、と私は思いますね。

悪徳クリニックの餌食になるなら、もう止めませんけど。

先日、ブログで書いた、クラランスのまつ毛コート、覚えていらっしゃいますか?

どんなマスカラも、上から塗り重ねるだけで、ウォータープルーフにして、レインコートを着せたみたに、パンダにするのを防いでくれるという優れもの。

ただし、普通のマスカラだけで塗るよりも、やっぱり、ちょっと太くなるというか、ホントになにかでコーティングされている感じです。

じゅんさいの周りのゼリーみたいな?

ちょっと違うか。。。

普通のマスカラだけ塗った時よりも、先端がちょっと丸いかな?コーティングゼリーがしっかり付けば付くほどです。

でも、ホントに、1日中滲まないので、安心してあくびができるというものです。

さて、それだけ落ちにくいコーティングですから、必ず専用のリムーバーが必要です。

ファンデも日焼け止めも、純石けんで1度洗いするだけで、二度洗いもいらないし、化粧が残っていてもほっておいてください、と言っている私ですが、アイメイクは、全然別です。

アイメイクをあまりしない方は、ほっておいてもいいと思います。

私も、たま~に、アイメイクをちゃんとするんですが、アイメイクをしたことを忘れて、純石けんだけで洗顔してしまって、保湿をする時に、一部残っていて、あっ!忘れた!と思い出すのですが、その残っている目尻とか目の下のファンデの上から、クリームや乳液を塗ってなじませると、勝手に溶けて、わからなくなるので、そのままほっています。

ところが、今のギャルメイクというか、アイメイクてんこもりの人、いますよね。

アイシャドウ・アイライン(結膜の内側までとか)・マスカラは何十にも重ねているように束になっていて。。。

という人。

これは、もちろん、石けんで二度洗いしようが、普通のメイク落とししようが、ちょっとなかなか無理で、残った分を、乳液やクリームで溶かしてなじませる、と言っても、やっぱりなかなか難しい。。。

目の周りって、ほとんど皮脂がありませんから、代謝も悪いし、角質と一緒に剥がれ落ちにく場所でもあります。

前に、まつ毛がどんどん抜ける、という患者さんを診たことがありますが、(ルミガンなど使っても、追いつかないそうです。)、アイメイクは、てんこもりで、しかも専用のリムーバーは使っているんですが、ドラッグストアの600円くらいの安物で、ダーマスコピー(50倍のアップで診ることができます)で診たら、化粧クズというか、得たいのしれない黒いごみがびっしりとまつ毛の根本に大量にへばりついてました。

(シラミとかではないですよ。)

こりゃ、まつ毛も抜けるだろ~。

こんなごみ溜めのような目元に、それでも毎日、アイメイクを重ね続けるわけです。

ごみが積み重なるだけです。

この患者さんには、(ルミガン処方希望でしたが)、まず、ちゃんとした専用のリムーバーで毎日落とすこと(毎日アイメイクをするなら)、めんどくさい、と言って落とさないなら、アイメイクはしないこと、どちらかを実行するように言いました。

そのどちらもしないし、やる気がないなら、ルミガン塗ったって、副作用が出るだけで、効果出ませんからね、

ご本人が、どちらもやる気がないので、何も処方はしていません。そのまま帰っていただきました。

そんな都合のいい、魔法みたいな話はありません。少なくとも、私の提供する治療法にはありません。

さて、このクラランスのトップコートですが、専用リムーバーを使えば、優しく簡単に落とすことができます。

(目元は、とても敏感ですから、いいヤツでないと、簡単には落ちないし、簡単に落ちないと、こすることになるし、しかも肌や眼に負担がかかってはやる意味がありません。だから、いいものを使いましょう。

デパートに入っているようあブランドはほとんどのブランドが、専用リムーバーを出しているはずです。)

ある日、夜、疲れていたので、顔を洗わずに寝ました。(歯は磨きましたよ。。。いばるなって!)

私は、ドロドロに疲れている時は、夜は顔を洗わずに、さっさと寝ます。

そのほうが、体にとって健康ですから。洗顔よりも、睡眠のほうが大切です。どうせ、朝、洗顔しますからね。

疲れていたら、さっさと休む!これに限ります。

洗顔せずに、目の周りの乾燥するところにだけ、クリームを、ピッピッっとつけて、それで寝てしまいます。)

翌朝、まつ毛コートをしていたのをすっかり忘れて、純石けんの1度洗いだけにしてしまい、シャワーを浴びた後、目の周りが変な感じがして、思い出しました。

あっ!忘れた!

。。。なんか、まつ毛同士がくっついている感じ。。。ちょっと気持ち悪い。。

でも、まつ毛のところだけだし。。と、目薬をして、コンタクトレンズをはめました。

(私は、ワンデーアキュビューです。)

しばらくしたら、なんか右目がおかしい。ちょっと見にくい。。。

クリニックに着く頃には、右目の半分がもやがかかったようになっています。

あ~、マスカラのカスが、コンタクトにひっかかったね。。と、外しました。

そしたら、なんかもやがかかったみたいに、コンタクトがなっています。

化粧品のカスが付いたんですね~。

クリニックに置いてある、ふき取り用クレンジングで、まつ毛周りを溶かして、残っているコーティングを取ってから、もう一度、目薬をして、新しいレンズをはめました。

しばらくは良かったんですが、またしばらくしたら、見にくくなってきます。

仕方ないので、またもう一度はずして、レンズを見ると、白いモノがぺたーっとレンズに着いてました。

。。。ちょっと恐ろしくなりましたね~。

どんだけ、残ってるねん!いや~。恐るべしです!

その後も、落とし方が、ちょっと足りなかったかな、という日は、なんかコンタクトにへばりついているようで、その後も1度、レンズを変えました。

レンズ、もったいないですね。。。

最近は、時間のある時でないと、そのコーティングもマスカラもちょっとお休みしています。

時間(ちゃんと取る)がない日は、目に負担がかかるだけなので、レンズもにごったら、うっとうしいし。。

ちょっとお休みしています。

早く、マスカラ、使ってしまわないと、揮発して、溶液の濃さ粘つき具合が変わってくるんで、早くつかいたいんですけどね。。。

みなさんも、ご注意くださいね。

メンドクサイから、と、目の周りをごしごしする、というのは、一番やったらいけないことです。

まぶたの筋力は弱るわ、色素沈着にはなるわ、たるみの原因になるわ、キメは荒れるわ、と、いいことなしです。

専用リムーバーで落とすのがメンドクサイなら、アイメイクを毎日するのは止めておきましょう。

使い方はちゃんと守らないと、私みたいになりますよ。

目の健康も心配だし、コンタクト、もったいないですよ。

身を持って体験しました。あちゃ~で、自業自得でした。

反省です。。

マスカラって、やっぱり落ちてきますよね。

ウォータープルーフのは、皮脂に弱いし、お湯で落ちるマスカラと言っても、よくあくびして、涙流すと、涙って結構温度高いから、なんか落ちてくるし、下まぶたのところが、黒ずんで、パンダ目になっちゃいますね。

よく見ていたら、いいですが、鏡を見るチャンスがなければ、知らない間に、エライことになっていて、後から気づいて、ゲ~っ!みたいになることもしばしば。。。

クレ・ド・ポーも、カウンターのオネエサンは、滲みません、と言うければ、確かに最初は、全然滲まなくてスゴイ!と思っていましたが、その日のあくびの回数によって、やっぱり滲んできます。。

一番新しく買った、ヘレナ・ルビンスタインのコブラマスカラ、最新のゴールド色のパッケージのものと、どっちが滲みにくいですか?と聞いたら、「滲みにくさは、どちらも同じです。」と言われました。

私が、上に向くのが長く持ってほしい、と言ったら、コブラのほうを勧められました。

一緒に、ゴールドのラメが入った最新のものも買いましたが、なんか最新のもののほうが、滲みにくいような気もする。。。

ただ、こればっかりは、左右に違うのを塗って、同じ条件で比べてみないと、正しい判断はできません。

違う日で試すなら、1週間とか2週間とか、ある一定の期間を、それぞれ試さないとね。

昔、ランコムのもよく買いましたが、滲みません、と何度も言われましたが、全部、滲みましたね~。

最近のは、知りませんよ。

ディオールの、アイコニックでしたっけ?名前、もう忘れましたが、最初のヤツ、ちょっと良かったような気がしましたが、妹にあげてしまったので、新しいのを買おうとディオールに行った時に、「滲まないのが欲しいんですが。」と言うと、「こちらが、ウォータープルーフです。」と言われただけで、「滲みませんか?」と何度か聞いても、「ウォータープルーフになります。」と言われるだけでした。

(正しい回答ですね。)

結局、これも滲みました。

昔、メイべリンとか全然滲まないと、何本か買いましたけど、やっぱりダメでしたね。

私も、マスカラって、しょっちゅう塗るわけではないし、たまになので、(塗り方もうまくないんですが。。)すぐに、ダマになっちゃいます。。揮発性の基剤か何かが蒸発して、こてこて気味になるんですね。

だから、あまり使っていないうちに、次のを買わないといけなくなるんですが。。。

昔、ランコムので、黒とこげ茶と青と、海外に行った時だか、買いだめして、でも、全然使わないから、何年も残っていて、しかも、さすがランコムなのか、全然コテコテにならなくて、何年たっても、一応、普通に塗れていたんですね。

でも、5年以上だったか、たった時に、その話を誰かにしたら、マスカラのニオイを嗅がれて、「酸いっ!酸いニオイがするっ!」と言われて、確かに酸っぱかった。。。で、捨てました。

今回、ヘレナのも、あまり使っていないうちに、コテコテ気味になってきたかも?と思って、パンダになるし、また、買い換えるの?と思っていた、矢先、マスカラのトップコートのことを思い出しました。

クラランスの、「ダブル フィックス マスカラ」。

お使いのマスカラのトップコートにするだけで、そのマスカラは、本当のウォータープルーフに早変わりするわけです。

初めてこれが出た時に、「マスカラのレインコート」と言われ、確かに効きました。

ちょっと使いづらかったし、結構ごわごわになったような。。。でも、ホントに滲みませんでした。

その後、すっかり忘れていたんですよね~。

今回、急にそれを思い出し、調べました。

ありました!クラランスの「ダブル フィックス マスカラ」!

さらに、進化して、使いやすくなったみたい。

それで、今日、クレ・ド・ポーのマスカラを塗って、重ねてみました。

落ちませんね!

ちょっと、ごわごわまで行かないけど、クラランス使わない時よりは、重ねただけの、透明の分厚さというか、ちょっとありますけど、それほど気にならないですね。

これで、クレ・ド・ポーのマスカラが、使い切れます~。ラッキー♡

マスカラの滲みでお悩みの方、一度、クラランスのトップココートを試されてはいかがでしょう。

やる価値、ありますよ。

ただし、このトップコート、何をしても落ちにくいので、必ず、8クラランスの)専用のリムーバーを使ってくださいね。

例えば、資生堂のナビジョンやクリニック限定の化粧品、クリニック専用のサプリメント(医薬品ではなく)。

こういうものって、クリニックに来て、診察・カウンセリングを受けてから、購入するものです。

ただ、法律的な規制はないはず。。

クリニック専用化粧品の場合は、それを販売しているメーカーとの契約でしょうし、ちゃんとした契約書に、院内での対面販売で、という文面があれば、別ですが、そういう契約でなければ、どう売ろうが、そこのクリニックの勝手です。

また、クリニック専用サプリメントは、医薬品と違い、医師個人の責任において販売するものであって、これまた勝手です。

でも、そういうものを、診察もせずに売っている、というのは、患者さんにとっては、一見便利なようですが、じゃあ、最初からネットで、そのメーカーも売っていればいいわけで、おかしいですよね?

クリニック専用とすることで、他の化粧品やサプリメントとは違う、という差別化をして、ブランド力を高める、という狙いももちろん、メーカー側にはあるでしょうが、ホントに、素人の方が好き勝手に、購入して、飲んだり、塗ったりして、副作用が出るものもあるので注意がいるわけです。

また、副作用というほどのことはなくても、適応のある方、というのがありますが、誰でもいいわではなくて、患者さんが自分に絶対合う、と思っていても、全然違う、ということはよくある話で、専門の医師から、客観的に診てもらって使う、というのが、いいわけです。

せっかくのお金と時間を使うわけですから。

例えば、アスタキサンチンで有名な、アスタリール®やアスタリズム®は、クリニック専用です。

松田聖子さんが宣伝している、誰でも買えるアスタリフト®とは、全然ものが違うわけです。

よく電話で聞かれるのが、「遠方なので、送ってください。」です。

お金の支払いをどうするのか、パっキングに手間暇かかる、という問題もありますが、正しく理解して、アスタキサンチンを使うのか、というのが一番大切なんです。

たまに、新患の方で、「これって(アスタリール®やアスタキサンチン®)、シミ(シワ)が消えるんですよね?」ということを聞かれます。

「れ、塗ったら、日焼け止め塗らなくていいんですか?」とか。。。

。。。そんなわけ、ないでしょう。どこで、そんな間違った知識を仕入れてきたのか、私には謎ですが。。

アスタキサンチンは、ものすごい抗酸化力がありますから、確かに、続けることで、お肌や体を、活性酸素の害から守ってくれて、その結果、シミが薄くなったり、シワがマシになることはあります。

大きな意味言えば、ウソではないです。。ただ、患者さんの期待している意味とは、違うはずです。

また、正しく理解していても、日焼け止めも塗らずに、アスタキサンチンを摂取しても、意味ないでしょう。

うちで購入される患者さんには、そういったことを説明の上、お渡ししています。

副作用や害は、ほぼないと思っていただいていいですが、違った意識で使っても、お金、もったいないでしょ?

効率よく、効くための、説明をさせていただいているわけです。

クリニック用の化粧品にしても、ピーリング系とかレチノール系の場合、患者さんの肌を診て、おススメしない場合もあります。

それでも勝手に買っていく、というのであれば、もうほんとに勝手にされたらいいですが、それで合わなかろうか、かぶれようが、私は知りませんし、責任持ちませんよ。勧めていないんだから。

また、そういう時のかぶれや副作用に限って、治るのに時間もお金もかかるんですよね~。(自業自得ですが。。)

ナビジョンの化粧品にしても、今、うちの保湿化粧品は、ナビジョンにしてますし、大概、ナビジョンの製品は取り扱っていますが、私の考え方にそぐわないもの(必要ないと思うもの、お肌への負担が気になるものなど)は、置いていませんので、売っていません。

ナビジョンだから、何でもあり、にしているわけではありません。

また、取り扱っているものすべてが、どの患者さんにも合うわけではありません。

だって、肌が違うんだから。

クリニックによったら、一度診察して、購入したことがある患者さんが、ネットでログインして同じものなら買える、とか、診察歴のある方なら買えるとか、切れた場合のみ、電話で送ってあげる、というところもあるでしょう。

(うちではやっていませんが。だから、遠方の方は、合うとわかっているものは、買いだめされます。特に、キャンペーンの時とかに。)

でも、診察したこともない人が、誰でも買えるし、売りまくり、って、やっぱりおかしいでしょう。

(で、今、業界では、そういうクリニックが問題になっています。)

ちょっと前までは、あやしい摘発すれすれの業者がしていたようなことを、クリニックがする時代になってしまったんですね。。スゴイ時代です。。もはや、常識破壊ですね。

医師個人の責任でやるなら、何をしてもいいのかもしれませんが、こんなことにまで、性善説は通じなくなってしまったんですね。。

市販の化粧品でかぶれた、とか、薬が合わなかった、というのであれば、普通の保険の診察ですが、ネットで、他のクリニックで購入して、その後の面倒(診察とか、何かあった時の相談とか)を診てくれ、というのは、はっきり言って、お断りです。

もし、ご希望されるなら、セカンドオピニオン診察料金として、¥10.500いただきます。

そういう診察も含めての責任を持って、クリニック用の化粧品やサプリは販売をするものですし、またその義務があると私は思います。

(まあ、当たり前のことですよね。)

どうして、そういうことをするクリニックが出てくるのか。

(私の知る限り、数軒でしょうか。)

そりゃ、儲かるからでしょう~。

診察もせず、ネットで、日本中(世界中?)から、患者でもない人まで買ってくれたら、医者である自分は寝ててもいいわけで、そりゃ、ラクですよね~。

かぶれたところで、知らんぷりでしょうし、本院まで診察に来てください、で終わりでしょう。

(遠くていけないから、ネットで購入している人が大半でしょう。)

化粧品でもサプリでもそうですが、人気のものは、必ず偽物が出てきます。

特に、海外からの個人輸入の医薬品や化粧品などの大半が偽物なのは有名な話で、本物だとしても、劣化しているものや使用期限が終わっている、あるいは終わりかけの、不良品であったり、品質保証なんて、ないわけです。

うちでは、海外からの個人輸入の医薬品・化粧品・サプリはすべて、業界の代理店の中の、トップブランドの会社から仕入れていいます。

(手数料が高い、ということです。)

あやしい業者から、しょっちゅう、FAXで、安売りのチラシのようなものが送られてきますが、絶対かかわりません。

品質劣化や偽物の可能性があるからです。

それは、国内のクリニック専用化粧品にしても同じです。

偽物のこともあるでしょう。

また、そういう、普通のクリニックは常識でもって、やらないようなネット販売を、儲かるから、という理由でしているクリニックが販売しているものなんて、本物であったとしても、品質なんて、ちゃんと管理しているかわかりません。

高温多湿の倉庫でほったらかしでも、古いのが混じっていようと、そんなことまで、ちゃんと管理してるわけない、と私は思います。

そういう管理をちゃんとすると、経費がかかりますからね。儲け優先ではできません。

また、ネット販売までするとなると、ものすごい在庫をかかえますから、必ず、在庫を置く倉庫(場所)が必要になってくるわけです。場所代もかかるわけで。。。

そんなちゃんとやっていますかね。。。やっていると思います?やってたしても、ドクターはノータッチじゃないですか?

(そんな大量の在庫管理、まして医薬品でもないのに、医者が直接管理するわけありません。医薬品は、医者が管理する義務があるので、普段はスタッフが在庫を管理していたとしても、管理責任は医者にありますから、自分もチェックしておかないといけないわけです。何かあったら、責任が問われます。)

ネットで買われたクリニック専用化粧品を使っていた患者さんがいらっしゃって、かぶれたというか、合わなかったそうです。

その商品の成分そのものがホントに合わないのか、商品自体が劣化していたのか、あるいは、偽物なのか。。。まあ、判断はつきません。

確認するには、ちゃんとしたクリニックで、再度購入して試してみるかですが、成分そのものが合わなかった場合、また、合わないものを買ってしまうことになります。

お金も時間も無駄ですね。

せめて、テスターが使える場合は、使ってから買わないとね。(ナビジョンにしても、テスターを置いていないクリニックもあるでしょうが。)

ネットは、何でもそうですが、試すことはできませんからね。

私が、ブログで、医療用サプリや化粧品のことをおススメしたからといって、正規ルートでないところで買われたところで、ホントの私の言うところの効果は出ませんよ。

私の診察と診断のもとに、その方に合うものを勧めているわけで。

誰にでも合うもの、副作用のほとんどないもの、というのも、医療用とはいっても、もちろんありますが、プラセボ効果というか、相乗効果というか、カウンセを受けたことで、必要な持っていい期待と、必要以上の期待はしない、ということができるわけです。

だから、正しく使えた場合、よりいい感じに、みなさん感じるわけです。

まあ、受け取り方ですけどね。

サプリにしろ、化粧品にしろ、すぐに効果が出たり、目で見えて効果がわかる、ということは少ないので、続けることが前提なわけです。

続けていくには、ある程度の情熱とやる気が必要で、それを維持させるのを手助けするのが、診察であり、カウンセであると思います。

正規ルートのクリニックで買ったとしても、「おススメです~!」と言うだけで、営業しかかけないクリニックもあるでしょうけどね。

それなら、ネットで買うのと、なんら変わらないかもしれませんが、少なくとも、かぶれたり、何かあったら、そこに言えるわけだし、一応診てももらえるわけです(多分)。使い方も、(一応)気軽に聞けるでしょうしね。

(買わなくていいものまで、買わされる、というデメリットはあるかもしれませんが。。。)

もちろん、今、メーカー側でも、そういうクリニックは問題視しているでしょう。

メーカーも、なによりブランド力低下を恐れますし、わけわからん人が勝手に使って、「あの商品はダメだ」なんて、判断されたら、たまりませんからね。あんた、勝手に使ったんでしょ?!そもそも、合っているって、診断もされていないでしょ?!ていう感じでしょう~。

そのうち、ネット販売できなくなる商品が出てくると思います。

こういうことを野放しにしているメーカーは、それはそれで、ダメですね。そういうメーカーの商品は、いずれ私もあまり取引はしていかないと思います。

医療でも、もちろん利益も大事ですが、医療用の製品を販売しているメーカー側が、安全性や効果を求めず、利益優先で走ったら、いかに美容と言えども、いかんでしょう。

そういうメーカーの商品って、どこまで信じていいのかわかりませんからね。

海外からの個人輸入に関しては、仕入れメーカーもどうすることはできません。医薬品でなければ、規制もないので、続いていくんでしょうが、買った人自身が、一番、時間とお金を無駄にするだけで、効果が出ればラッキーでしょうし、ロシアンルーレットですかね。

まあ、そういうのがいい、という方は、うちに来ないで、そのままネットで買い続けてください。私には関係ないので。

止めときと言っても止めないのも、その人の人生です。

そこに、私を巻き込むなら、うちの患者さんの時間を奪うわけですから、それなりの診察料をいただきますので、ご了承ください。

診察したところで、止めとけば?と言うだけですけどね。一度、診察して、止めるように言っても止めない方は、診察はお断りさせていただきますので、それもご了承ください。

前回申し上げた、「サリチル酸シランジオール」、これ以外の名前でも、もちろんピーリング系の薬剤はあります。

化粧品会社なりに、ピーリング剤を入れることで、浸透を良くして、より効果を出そうとしているんでしょう。(というのが、おそらく、向こう側の言い分だと思います。)

見解の違い、と言ってしまえば、それでいいのですが、私は、ピーリング剤をのべつまくなし、しかも消費者にちゃんと知らせることなく、使う(使わせる)ということに、ものすごい不快感があるので、全否定させていただきます。

 

同じものを使っても、全然赤みも出ず、乾燥もせず、という人もいらっしゃるかもしれません。

それは、ラッキーでしたね。

よほど、角質がたまりやすいのか(代謝が落ちていて)、角化異常で角化が亢進しているのか。。。

まあ、正常な肌の大人の女性で、私は、あまりそういう人は見たことないですが。。。

赤みが起こっていても、全然気づかない人・皮膚科医が診ても気づかれないこともあるのかもしれません。

赤みが起こっていても、異常とは思われないこともあるでしょうし。。。見解の相違でしょうか。。。

私は、変な赤みはないほうがいいと思うし、ピーリングをするなら、ちゃんとわかってやりたいですね、自分にも患者さんにも。

ところで、数日前に、牛乳石けんの無添加石けんの発注をかけたら、今、欠品していて、入荷に少し時間がかかると言われました。

在庫はまだちょっとあるので、大丈夫なんですが、私、宣伝しすぎましたか?(笑)

無添加石けんが欲しくて、ついでに、髪の毛用のトリートメントも欲しくて、どうせなら、同じメーカーで揃えたら、一度で済むや、と調べたら、牛乳石けんの無添加シリーズだったので、入荷ルートを調べて、お願いして納入していただいています。

たまたま、牛乳石けんだっただけなので、純石けんであれば、みなさん、買われるのは、どこのメーカーでもいいんですよ。

玉の肌でもミヨシでも、シャボン玉でも。

患者さんに人気なのは、ミヨシの黄色いボトルの石けんが、泡で出てくるので、ミヨシが人気です。

エコのコーナーに行けば、もっといろいろあると思います。

なんとか作業所、という、小さな町工場とかでも、よく油脂から作っていらっしゃいますよ。まさに手作りですね。

油脂から作っている脂肪酸ナトリウムという名前の石けんです。体・肌用であれば、「石けん素地」という名前になっていると思います。

メーカーによったら、純石けんに、ハーブオイルを混ぜて、いい香りをさせていたり、とさまざまです。

私もハーブの香りもオイルも大好きですが、ハーブであろうと、天然であろうと、オーガニックであろうと、かぶれる人はかぶれます。

ハーブオイルの中には、紫外線にあたると、かぶれやすく、日光過敏を起こすものもあり、その後、色素沈着(シミ)になるものもありますから、注意が必要です。

前にも言っていますが、地球に優しいものが肌に優しいわけでもないですし、化学薬品の全てが肌に悪いわけではありません。

天然の植物の、よくいう、「アク」というものは、たいてい、皮膚がかゆくなったり、赤くなったりします。

桃やマンゴーとか、唇以外の皮膚につくと、痒くなることないですか?

食べ物だって、アレルギーもあるでしょ?漆もかぶれるでしょ?

天然だからとか、自然だからとか、関係ないんです。

ローズオイルもかぶれる方が多いですし、柑橘系のオイルは日光過敏を起こすものも多いです。

クロロフィルも日光過敏を起こすことが多いです。

アロエだって、そのまま皮を剥いて、皮膚ののせたら、中にトゲのような結晶がありますから、お肌を傷めます。

(化粧品だと、アロエから、保湿成分だけを抽出して、混ぜたりできるんですけどね。)

もちろん、そういう成分も、全員がかぶれるわけではないし、入っているから、絶対かぶれるものでもありません。

量の問題なのか、たまたま体調や肌の状態が悪かったのか。。。(カニやエビ・サバを食べて、じんましんが出る時もあれば、出ない時もあるでしょう。)

かぶれることが多い、というのは、10人に1人の確率でも、「多い」と言うと思いますよ。

だって、大した効果もないのに、1割の人がかぶれたら、いかんでしょ。

「かぶれにくい」「かぶれる人が少ない」というなら、もっと確率を下げないと。

10人中、9人がかぶれない成分くらいでは、安心して使えません。100人に1人、1000人に1人、それでも多いかな。。

だって、ただの化粧品なんだから。

とてもよく効く薬というのであれば、多少の副作用は我慢しないといけませんが、たかが化粧品です。かぶれたら、やっていられません。

かぶれる程度も、軽いなら、100人に1人くらいでもいいんですけどね。日光過敏でシミになった分は、元通りになるのに、エライ時間がかかりますよ。(もちろ、、お金も)

化学薬品が嫌いな方がいて、なんでも天然だけの成分で行こうとする方がいらっしゃって、そりゃ、それでいけるなら、そうされたらいいと思いますが、ワセリンや純石けんですら、化学薬品ですよ。

そうなったら、肌に塗れるのは、ただの水と、椿オイルとかエキストラバージンオリーブオイルとかくらいになります。

界面活性剤が一切使えないアトピーや敏感肌の方の場合、ワセリンや椿オイルくらいしか保湿ができなくなることがありますが、オイルは、空気に触れたら、酸化します。

酸化した油は、過酸化脂質と言って、お肌に悪い影響があります。

「悪い」といっても、そんな大した影響ではありませんが、「天然だから、安心」というわけではない、ということです。

「化学薬品が悪い」という風潮が出てくると、「天然」「オーガニック」「自然派」と謳う化粧品が出てきて、今、そういうことを表示すると、売れる時代です。中身が、どうであろうと。

ホントに、天然のものもあるでしょうし、天然で優しいものもあるでしょうが、ちゃんと確認して買わないと、かぶれたり、実際、その人が嫌っている化学薬品だらけの、偽物だったり、となにしてんだか。。ということになります。

何かわからないものを塗るなら、何も塗らないか、ワセリン、塗ってるほうがマシかもしれませんよ。

まあ、そこまで極端に行かなくても、とりあえず、一般で売られている、高すぎもせず、安すぎもせず、みたいなもので、その場しのぎしておいて、ゆっくり選ぶか、でしょうか。

ご本人がいいなら、何でもいいんですが、メーカーもわからない、なんための(保湿とか美白とか毛穴掃除とか)化粧品かもわからないようなものは、使うのは止めましょう。

何度もいいますが、市販の基礎化粧品で、(ホームケアとして)必要なのは、保湿と日焼け止めだけです。あと、汚れを落とす純石けんですね。市販のもので、美白もアンチエイジングもいりません。

それ以上のことがしたかったら、市販のものでは無理です。もちろん、エステも。エステの化粧品も、です。

だって、医療じゃないんだから。どこにも、効果なんて、約束されていないでしょ?

(医薬品・医薬部外品でないのに、効果を約束したら、薬事法・医師法違反です。だから、効果なんて、書けるわけないんです。)

エステの人が言った、というなら、契約書に、ちゃんと文書で明記してもらってください。その文書通りの効果が出ないなら、責任、取ってもらってくださいね。もしくは、詐欺で訴えるか。

(まあ、ホントに効くことがあったら、医師法違反行為をやっている可能性あり、で、ムチャクチャ怖いですよ。無事に帰ってこられただけ、ラッキーかも。。医師でないと使えない薬や治療法をしていることが本当にありますからね。)

それ以上のことがしたかったら、クリニック用の化粧品や一部のちゃんとした医薬部外品や医薬品でないと、無理ですよ。

無駄なことに、お金と時間を使うのは止めましょう。ホントに、もったいないですよ。

クレンジング、みなさん、止めていただけましたでしょうか?

無添加石けん(純石けん)を購入して、使ってみたのはいいけど、ファンデとかの種類によったら、なんか残っているような感じがする。。。と、なかなか純石けんになじめない方もいらっしゃると思います。

そこをなんとか我慢して、しばらく使っていると、それに慣れてきますから、そうなると、お肌も、どんどん合成界面活性剤の害から、立ち直ってきますから、洗顔後、乾燥がひどかったり、痒くなったり、赤くなったり、などなどの、お肌トラブルが減っていきます。

早い方で、止めたその日のうちに、調子が良くなる方もいらっしゃいます。

それが我慢できずに、やっぱりクレンジングを止められない方も、もちろんいらっしゃいます。

そういう場合は、うちの化粧品なら、プラスリストアのクレンジングソープを使われたらいいんですが、クリニック限定化粧品ですので、クリニックに来ないと(うちなら、診察を受けないと)買えません。

なかなか来れない方、あるいは、クレンジングソープが高いと思われる方、(だったら、純石けん(1個¥150くらい)で頑張ればいいんですけど)、そういう方が、今まで使っていたクレンジングはそのままに、ダブル洗顔の洗顔フォームを、純石けんに変えた、という方が、たまにいらっしゃいます。

はっきり言って、これは、やりすぎです。洗いすぎです。

純石けんだけで、メイクが落ちるくらいですから、かなりの洗浄力があります。

クレンジングで、お肌を根こそぎ荒らされた後に、純石けんで、さらに洗ったら、乾燥肌の方なんて、もうバシバシになります。

以前にまして、乾燥がひどくなり、今までの、クレンジング+洗顔フォームの組み合わせよりも、ひどくなるんじゃないでしょうか。

界面活性剤の害はマシかもしれませんが、乾燥がひどくなりますから、お肌の状態は、トータルでひどくなると思いますし、私は、勧めません。

私の言っているスキンケアを、自分にとってのいいとこどりをされても、それが、私の考える理論と一致されていればいいですが、一致していなければ、全く違うスキンケアのわけで、自分でそれが皮膚科学上わかってされているなら、何も言いません。

(でも、私と考え方が違うなら、うちで治療をしないでください。キレイにする自信はありません。)

ご自分で、正しいと思う道を進んでください。

クレンジングをしながら、洗顔フォームを純石けんに変えるだけでいいなら、私も最初から、そういうわけでしょ?

でも、そうは言っていませんよね。

クレンジング一切(洗顔フォームも)を止めろ、と言っているんです。

世の中には、合成界面活性剤の害をわかっているメーカーも、もちろんあり、ちょっとでも優しく汚れを落とそうと、界面活性剤の代わりに、乳化剤という成分に変えて、クレンジングと洗顔フォームを出しているメーカーーもあります。

(うちのクリニックの洗面所にも、置いています。)

確かに、市販のクレンジングのことを思えば、かなり優しいとは思いますが、やっぱり純石けんとは違うんですね~。

私の家には、クレンジングというものが存在しません。純石けんのみです。脂性なので、たま~に、ピールバー(ピーリング石けんのことです。肌が健康であれば、好きな時に、乾燥さえしていなければ、ピーリングができます。ただし、ピーリングの強さとかは選ばないといけませんが。)を使います。

化粧を落とすためにピーリングをするのではなく、たまの毛穴掃除目的で使います。

純石けんで、ず~っと洗っていて、たまに、そういう優しいと配慮されているクレンジングと洗顔フォームを使うと、「取られた~!(肌のいろんな成分が)」という感じがします。

洗顔後、乾燥しますね。

純石けんに慣れると、比べることができるので、いかに、いろんな大事なものが取られたのかがわかります。

汚れだけ取れたらいいんですが、なかなかそういうクレンジングはなくて、あっても、お値段もそこそこします。

(市販では、合成界面活性剤のくせに、高い値段を取っているメーカーもあります。高いから、いい、というわけではありません。)

汚れだけでなく、お肌の大事な成分まで取ってしまうなら、ホントに洗わないほうがマシです。

顔を洗うな、と言っているんではないですよ。それだけ、クレンジングというものが、やりすぎ、ということが言いたいわけです。

日本製のメイク用品で、純石けんで顔を洗って、それでも残っているようなものって、害はありません。ほっておいたら、勝手に垢と一緒に取れ行きます。

(日本製でないもの・あまりにも品質の悪いものは、ちょっとわかりませんが。100均の化粧品は、止めておきましょうね。化粧品の原価は、1割以下、と一般的に言われていますから、その辺は、ご自分で推測してください。)

で、クレンジングを止めて、お肌を扱うのも、とっても優しく、赤ちゃんを扱うように扱っているのに、なかなか肝斑やお肌のちょっとしたトラブルが良くならない方がいらっしゃいます。

良くなる時もあるんですが、またすぐに戻るんですね。

そういう方の中には、季節の花粉などでもアレルギーがあって、最初は、アレルギーのせいかな、と思っていたんですが、肝斑や赤みのでき方が、顔のほほの端のほう、首との境目くらいに、赤み・茶色みが地図みたいに、なっています。

(だからご自分では、見えないので、気づかれないわけです。)

そういう方が使われている化粧品を、ず~っと聞いていくと、高機能化粧品を足しておられる場合があります。

うちで、ナビジョンを買っておられても、ご自分で他の化粧品(ファンデや美容液など)を足しておられる場合もあるので、基礎化粧品だけでなく、全ての化粧品を聞いていく必要があります。

「高機能化粧品」というと、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、例えば、化粧品のパッケージなどに、「美白」「ホワイトニング」「くすみを取る」「シワ対策」「たるみ予防」など、みなさんが大好きな言葉が書いてある化粧品のことです。

そもそも、市販の化粧品は、薬ではないわけで、ホントに効く成分なんて、混ざられるわけがありません。

一部、医薬部外品という、特殊な、化粧品と医薬品との間みたいなものもありますが、それでも、医薬品なみに、成分をバンバン混ぜられるわけではないのです。

ホントに、「効く」なら、それなりの副作用があったり、使っていい人に制限があったり(だから、診察がいるわけです)、すなわち、「医療」なんです。

赤の他人に、「効きますよ」「改善しますよ」と言っていいのは、医師免許のある医師と医療行為だけです。

それ以外のエステ・化粧品は、医療ではないから、言ってはいけません。医師法違反・薬事法違反です。

どうして言ってはいけないのか?

だって、効かないから。効くわけないので、完全に詐欺なんです。

「だって、化粧品に書いてある!」と憤慨される方、もう一度、パッケージをよく読んでください。

どこにも「シミを消す」「シワを消す」「たるみを改善する」なんて、書いてないでしょ?

雑誌やCMのイメージだけで、「効く」と思わせられているだけなんです。

でも、それだと、化粧品売れませんよね。

特に、高機能化粧品は、各メーカーとも、一応高い研究開発費もかけていますし、広告にも費用をかけています。これで儲けないとメーカーも困るわけです。

でも、ホントに効く成分を、効くほどには、いれられないわけです。

じゃあ、どうしたらいいのか?どうしたら、またお客さんは、リピートして買ってくれて、「この化粧品は効く!」と評判になるのか?

答えは、ピーリング剤を混ぜるんです。あるいは、ピーリングと同等の作用をするものを。

ごく弱~いものを、少量混ぜてあるんです。成分表を見ても、あまりトップには書いていません。(多分)

ピーリング作用があることで、角質を取って、クスミを取り、つるつるには一見なりますから、使った人は、なんとなく白くなった気がする、手触りがつるつるする!とはまるわけです。

そのメーカーが押している成分で、効いてるように感じているのではないんです。

ピーリング自体の作用として、角質をちょっと取って、そうすることで、お肌の代謝が上がって、手触りもつるつるさせる、素晴らしいことですね。

私もピーリングは大好きです。

でも、やっていい時と悪い時があるし、強さも大切ですし、顔中やっていいのか、鼻だけなのか、一部分なのか、というのもその都度、お肌の状態によっても違うわけです。

また、「この日にピーリングをした」と自覚を持って、やることが大切です。

のべつまくなし、何も考えずに、やる、というのは、私は勧めていません。

絶えずやり続けることで、弱いものであっても、角質がどんどん薄くなり、バリア機能が弱くなってしまいます。また、角質が薄くなることで、肌の保湿機能も減るし、紫外線などのカット機能も減るわけです。

角質は、お肌の鎧みたいなものなのです。

たまに、古い鎧を取ってあげて、新しい鎧に変える、というのはいいんですが、(必要なら)、毎日毎日、鎧を取っていたら、鎧が無くなってしまうか、弱い鎧だけ、ということになりかねません。

ニキビとか特別な理由があって、わかっていて毎日やるのは構いませんが(ちゃんと専門の医師と相談しならがね。)、普段のスキンケアとして、特に乾燥肌の方がやるものではないと私は思います。

高機能化粧品でも、そういうピーリング剤が入っていないものもあるかもしれませんが、たいてい市販のものに入っていると思ってください。

肝斑や赤みがなかなか引かなかった患者さんの化粧品を調べていったときに、ひとつが、某有名ドクターズコスメメーカーの美白機能付きBBクリームです。

これには、「サリチル酸シランジオール」という、ピーリング剤が入っていました。美白、美白といいながら、ピーリング剤が入っているわけです。

毎日、ピーリング剤とは患者さんは知らずに、顔中、何年も塗っておられたわけです。

患者さんに指摘した時に、「言われてみれば、これを使いだしてから、顔がかゆくなるようになった気がする。。」と言われ、調べる前に確信を持ちました。

ただ、メーカーによっては、ネットで、全成分表示をしていないメーカーもあり、(私は、こういうメーカーはダメだと思いますが。どんなに、高級化粧品であっても、ブランドであっても。)、成分が見えないと、調べられません。

別の患者さんは、ナビジョンを買っておられたので、基礎化粧品ではないのかな、と油断していたら、化粧水だけ別のメーカーを使っておられて、その化粧水が、さっぱりしているヤツでした。(塗ると、す~す~するタイプです。)

たいてい、こういうのには、アルコールがたっぷり入っていて、これまたろくでもありません。

アルコールによる慢性炎症を引き起こします。

どんな化粧品でも、水と油を混ぜて溶かすために、極少量のアルコールが入っていることはあります。

極少量であれば、まあ、言うほど、問題になることはありませんが、塗ってスースーするくらいとなると、ものすごい量です。ホントに、アルコールを塗っているわけです。

アルコールは消毒薬としても使われますが、バイ菌を殺すだけでなく、お肌も殺してしまうわけです。バイ菌だけ殺すなんて、都合のいいことはできません。

かなり前からの医学でも、キズは消毒しません。(健康な方のキレイなキズの場合です。すべてではないです。)

それくらい、消毒は、有効なこともあれば、体にとって、毒にもなるんです。

アルコールも同じです。

今、一般によく売れている化粧品メーカーは、「アルコールが悪い」とかなり前から知られるようになって、減らしているメーカーが多いと思いますが、大手でもまだまだ、山ほどアルコールを入れている商品もあるので、注意が必要です。

ニキビは、化粧品では治りませんから、「薬用」「ニキビ用」というのに、騙されて使っていると、たっぷりアルコールとピーリング剤が入っていることがあり、ニキビお死ぬけど、お肌も死んじゃう、ということにもなるわけです。

ニキビ肌でも保湿は必要で、(注:保湿=クリームではありません)、もちろん、自分の皮脂で保湿がいけてるなら、化粧品で保湿する必要はありません。

CMでもやっているでしょ?「ニキビは皮膚科へ」って。

市販の化粧品で必要なものは、保湿と日焼け止めだけです。

(ちなみに、エステも、ただの化粧品です。医薬品ではありません。だからエステでなんか、「治す」ということはできません。)

それ以上のことが、家でしたいのなら、クリニック用の化粧品を選んでもらうか、一部の医薬部外品を使うか(中身がわかってて、使いましょうね。)、医薬品を使うか、です。

化粧品に、できないことを求めてはいけません。役割が違うんですから。

私は、化粧品自体は大好きですし、化粧品を使うな、と言っているわけではありません。

ただ、みなさん、マスコミに躍らせれて、いらんものをたくさん買って、その上、お肌を痛めているのが、悲しいです。

正しく選んで使えば、最低必要な基礎化粧品なんて、ホントに、それほどお金がかかるものではありません。

保湿目的の化粧品に、無茶なお金をかけるなら、メイクアップの化粧品にお金を回すほうがいいですし、高機能化粧品をホントに使いたいなら、クリニック用のものでないと、意味ないですよ。市販で効くものなんて、存在しませんから。

11月キャンペーンの内容です。

遅くなり、申し訳ありません。

 

①まず、毛穴ですね~。

秋になったからといって、毛穴の悩みが無くなるわけではないですよね。

だって、毛穴は、何をしたところで、無くすことはできませんから。

今回のは、毛穴と言っても、毛穴の開き・凹みですから、それ以外の毛穴の方には、あまり関係はありません。

今の季節、大人の女性で、そうそうケミカルピーリングをして、毛穴掃除もやっていられませんよ。ガサガサになるし、バリア機能は、破壊されるし、まあ、その人の状態によって、鼻だけ、ピーリング石けんをたまに使ってみては?と勧めるくらいです。やりすぎ厳禁だし、誰でもやっていいわけではありません。

じゃあ、この季節、なにが毛穴の開きに対してできるかというと、こちらのキャンペーンは、おススメです。

ジェネシスの設定を変えて、強くするのを、鼻にオプションで足して、さらに、GGシリーズを全部するわけですから、充分でしょう~。

急いでなんとかしたい、というなら、一度お試しください。

タイタンでもジェネシスでもライムライトをされる方は、追加可能です。もちろん、肝斑セットにもニキビ・ニキビ跡セットにも、です。

ただ、イオン導入の追加時間もいりますし、カウンセもいるので(まだ聞いていない方は)、当日いきなり言っても、時間がないとできませんので。。。

空いていたら、いいですけどね。

されたい方は、もう予約をお取りでも、追加する時間があるか、お電話でご確認くださいね。

 

②目元のシワは、秋冬対策続行です。

効果のわかりやすい2種類に絞って、その分、お安くしました。

まだ、試されていない方は、どうぞお試しください。

カウンセがまだの方は、カウンセを聞いてから、ご購入されてくださいね。

そんな害のあるものではありませんが、使い方を間違うと、効かなかったり、もったいないので。

 

③まつ毛育毛剤のキャンペーンの久しぶりの登場です。

まだまだ、エクステをされている方が多いですね。

以前に、ブログでエクステの害について、書いたところ、エクステをしようかと思っていたけど、やめました、という方が、何人もいらっしゃいました。

まつ毛が無くならいうちに、目や皮膚が炎症を起こさないうちに、やめましょう。

最初からしないに、こしたことはありません。

そこで、今月、啓蒙活動として、キャンペーンです。

自分のまつ毛が一番ですよ。

まつ毛育毛剤でも、使い続ければ、エクステ並みに、伸びすぎている方(わざと伸ばしている)も、たまに見ますが、あれは、やりすぎでしょう。。。若い子なら、いいですが、30代後半~40代で、やりすぎのまつ毛は、ちょっと痛いと思うんですけど。。。私の独断と偏見ですが。。。まあ、好みですけどね。。

 

④先日、ブログで言っていた、無添加石けんです。

クレンジングの害を減らすために、光・レーザー治療をされる方全員にプレゼントです。

まだ無添加石けんの話を聞かれたことのない方には、処置中に、ご説明しますね。

今、肌荒れでトラブルを抱えている方は、クレンジングを止めて、元気な健康な肌を取り戻しましょう。

もし、もらっても、気に入らなければ、体にももちろん使えますし、ハンドソープとして、洗面所に置かれても、キッチンに置かれても、万能です。

 

⑤肌荒れの話の続きです。

肌荒れして、お肌がガサガサになっている方、もちろん、クレンジングを止めて、保湿の回数も増やして、というのは、とても大事ですが、今、ひどすぎる!と悩んでおられたら、プラセンタ、いいんじゃないでしょうか。

先日も、肌荒れの患者さんに勧めていて、そうだ、次のキャンペーンにしよう!と思いつきました。

トラネキサム酸のイオン導入も、もちろんいいですが、プラセンタで、栄養の元を入れてあげるのもいいかも。

プらセンタは、独特のニオイがします。ホントの原液ですから。実際、注射で使う、医薬品ですので、化粧品やエステのとは、全然モノが違いますよ。あんなものは、高いだけで、意味ないです。

原液だと、かなりのニオイなので、少しだけ薄めて使います。余った分は、ご希望の方は、お持ち帰りしていただけますよ。おうちで、化粧水の前に、、お使いください。

 

⑥基礎化粧品を何を使っていいか、お悩みの方に、ナビジョンのTAのWシリーズのローションを、ミニサイズでお試しいただけるように、ご用意しました。

ナビジョンが絶対誰にでも合う、とかいうわけではありませんが、私は、今のところ、気に入って使っているし、実際、患者さんからの評判もリピート率も高く、比較的、安心して使いやすいと思い、うちで扱っている保湿化粧品は、ナビジョンを揃えています。

数に限りがありますので、ナビジョンの日焼け止めを買っていただいた方のみとさせていただきます。

それも、ミニローションのご用意した数が無くなれば、終了ですので、ご了承ください。 

 

 

湿度がめっきり減って、乾燥がいきなりひどくなっていませんか?

今まで、乾燥肌だった方は、ますます追いつかなくなってきていませんか?大丈夫ですか?

 

肌荒れや乾燥で、ガサガザや赤みが出ている方が、うちに来られた場合、まず一番にいてもらうのが、クレンジングを止めてもらうことです。

いつも紹介している、純石けん(石けん素地100%の無添加石けん)でのみ、洗顔をしてもらいます。

朝は、ぬるま湯だけで、石けんを使う必要はありません。

(ただし、アイメイクは、純石けんでは落ちませんから、専用のリムーバーで優しく、先に落としてもらいます。)

 

肌荒れしている方の、大半は、クレンジングのせいで、お肌が荒れています。

クレンジングは、洗剤と同じと考えてください。

そりゃ、お肌の汚れがちゃんと全部落ちるに越したことないと思いますけど、そのために、洗剤で、顔洗って、汚れだけでなく、大事なお肌の保湿成分や角質まで、ブルドーザーで剥ぎ取るごとく、荒野にしてしまっているようなものです。

どれだけの犠牲を払いますか?ってことです。

 

洗顔後、顔がピキピキ乾燥しているくらいなら、まだしも、痛くて痛くて、すぐにでも保湿の化粧水や乳液を塗らないと、つらくてたまらない、と言う方は、かなりの重症です。

キメもボロボロで、ホントに、荒野です。

根こそぎなぎ倒されて、草1本、生えていない状態ですよ~。

落とし過ぎです。

 

そんなに落とすくらいなら、顔洗わずに寝たほうが、よっぽどマシです。

 

私は、すんごい疲れている日は、歯は磨いても、顔は洗わずに寝ること、ありますよ。

睡眠時間のほうが、よっぽど体にもお肌にも大切ですからね。

 

人間の肌は、ほっておいても、自浄作用があり、勝手に、垢として、いらない角質は自然にはがれていきます。

日本みたいに、きっちり洗顔している国って、そうそうないですよ。

よその国は、水も貴重ですし、日本みたいに、軟水じゃないから、うまく泡立たないし、(だから、ヨーロッパとかは、ふき取りクレンジングが主なんでしょうけど。)お風呂も(シャワーも)、そんなに入らないですよ。

先進国は、日本ほどじゃなくても、シャワーを浴びるでしょうが、発展途上国では、水なんて、ものすごい貴重で、シャワーなんて、貴重な水でやりません。

それでも、別に、お肌、困ってないでしょ?もちろん、石けんもクレンジングも、日本ほど贅沢にも使えないし、毎日も使っていなくても、困っておられないと思いますよ。

東南アジアに行っても、現地の方のお肌は、確かに日に焼けて黒いですが、(光老化のせいの、お肌の負担はありますが)、クレンジングをしていないことで、肌が汚い、なんて、ことはありません。みなさん、お肌、キレイです。

調べたら、きっと日本人よりも、お肌のきめはととのっていると思います。

それは、なぜかと言うと、クレンジングを始めとした、化粧品を、日本人ほど使っていないからです。

 

なにもつけていない、男性のほうが、お肌キレイ、と思った経験はないですか?

 

根本的な考え方が、みなさん、TVと雑誌の広告のせいで、おかしくなっているんですが、化粧品は、肌をキレイにみせるためのものであって、ぜいたく品です。

薬ではないわけです。

私は、化粧品が大好きですから、基礎化粧品もつけるし、ファンデも、出かける時はつけたいし、イザという時は、いろいろなメークもしたいし、しています。

「化粧品」の目的を、勘違いしてはいけません。

肌荒れは、化粧品で治す、ものではありません。

化粧品を止めれば、肌荒れは、勝手に落ち着いていくのです。

 

ただ、実際問題として、化粧品って、止められないですよね。

私も、いきなり、明日から化粧品、全部やめろ、と言われたら、ちょっとイヤだし、無理ですね~。

患者さんにも、化粧品全部やめさせるのは、かなりひどい、肌荒れ・アトピーの時くらいですね。

ホントに、ワセリンくらいしか、滲みちゃって、つけるものがなくなってしまうからです。

 

働いている女性・人前に出る女性から、化粧品を全部やめさせる、というのは、不可能に近いのでは?と思いますが、クレンジングだけ、止めてもらう、というのは、簡単です。

 

だって、一番つけたいファンデはつけてて言い訳ですから。

 

ファンデであろうと、汗に強い日焼け止めであろうと、ウォータープルーフであろうと、純石けんで、1回洗うだけで、ちゃんと取れます。

1回洗いと言っても、5分も10分も洗ってたら、ダメですよ。

石けんは石けんなので、そんなことしたら、肌荒れるの、当たり前です。

でも、2分も長いかもしれませんね。

洗う時も決して、力をこめず、やさしく、なじませて、なでるように洗うだけです。

(肌に触らずに、洗うのは、不可能だと思います。それができたら、どんだけ、強い洗浄力かと思います。)

 

理想は、その1度洗いで、全部落ちるような、日焼け止めやファンデがいいわけですが、そうもなかなかできないこともあるでしょう。

私も、1回洗っただけでは、(特に、私は、洗顔の時間が短すぎるかもしれません。1分も洗ってないかな。。)落ちてないな~、と思う時があります。

 

落ちてなくても構いません。

それで、私は、この5年くらい、困ったことはありません。

むしろ、調子がいいくらいです。

 

みなさん、洗顔で、取り過ぎなんです。

 

残っているような感じがしても、取られ過ぎて、痛くて、早く保湿をしないと我慢できない、なんて、感じたことはありません。

たまに、いわゆるやさしめの、クレンジングジェルと洗顔フォームで、ダブル洗顔すると、洗顔後、「取られた~!!」という、つっぱり感が、半端なく感じます。恐ろしいです。。。

それを、みなさん、真日、下手すると、朝晩されているわけです。

 

クレンジングでマッサージしている方、いますぐ止めましょう。洗剤を刷り込んでいるだけです。お肌が、おかしくならないほうがおかしいです。

スクラブ洗顔も、すぐに止めてください。ジャリで顔を洗うようなものです。

クレンジングオイルのダブル洗顔もやりすぎです。洗剤まみれです。

「美白」「くすみ」とか、なにかそういうものが表示があれば、恐らくピーリング剤が入っています。ブルドーザーまみれです。

市販のピーリング剤・拭き取り化粧水、全て、一切止めてください。

 

これらを続ける限り、肌荒れは、治りません。乾燥による赤みもかゆみも。そのうち、顔中、肝斑になりますよ、真っ赤っかにもなっていって。

 

自分のクレンジングはそのまま使って、洗顔フォームを、純石けんに、変える方がいます。

こういう中途半端はダメです。

クレンジングを止めない限り、肌荒れは治らないのに、そこに、純石けんで洗顔したら、洗浄力が強くなりすぎて、よけいに肌荒れしますよ。

自分なりの解釈で、勝手に変えても、私と解釈が違うんだから、私の言っているようにはなりません。

私のやり方をやるなら、全部最初から最後まで、マネしないと。

 

どうしても、純石けんで洗った後の残った感じがイヤ、と言って、またクレンジングに戻っていく方がいらっしゃいます。

それは、もうその人の運命なんですかね。

私には、どうもしてあげられません。

だって、それを我慢できないんだから。

何回か続けてやっていると、慣れるし、そうでない状態が、いかに異常なのか、ということがわかるんですけどね。

 

そういう方には、純石けんではなくて、プラスリストアのクレンジングソープをご用意していますが、値段が全然違いますからね~。

純石けんはうちで買えば、1個150円です。スーパーなら、もっと安いかも。

クレンジングソープは、1個(同じ大きさで)2940円です。

どっちでもいいと思いますが、確かに、クレンジングソープだと、アイメイクも普通のくらいなら、落とすことができますが、私は、純石けんでいいと思っているので、うちの家には、クレンジングは一切ありません。純石けんのみです。

この5年ほど、ずっとそれです。

(まあ、私は、脂症なので、ピーリング石けんをたまに使いますが、ここ1年ほどは、かなり回数減りましたね~。)

 

なかなか、クレンジングのことまで、みなさんに説明している時間がないことも多いので、11月のキャンペーンで、この、純石けんを1個、プレゼントすることにしました。

対象は、光・レーザー治療をしている方限定です。

気に入らなかったら、体を洗うのに使ってもいいし、ハンドソープとしてお使いください。

顔も体も手も、同じ、人間の皮膚ですから、同じもので、基本洗えば、それでいいのです。

家族中で使えて、赤ちゃんからお年寄りまで。

それで、乾燥する、乾燥しているという方は、使う回数を減らしてください。

皮脂と汗とホコリと、ちょっとした基礎化粧品の残りくらいだったら、ぬるま湯で、充分流せます。

 

まあ、一度、お試しください。