プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 化粧品



台風のせいで、すっかり涼しくなりました。

京都市内付近は、あまり被害はなかったようで、土曜日もあれっ?台風はどこに?くらいの感じでしたが、滋賀から来られる患者さんがJRが運休してるから、車で来たとおっしゃったので、ビックリしました。

台風に近いほうが被害がひどいわけでもないところが台風の恐ろしいところですね。

皆さんのところは大丈夫でしたか?

甚大な被害をこ被った所や行方不明の方もたくさんいらっしゃって、早く何もかもが元通りになることをお祈りいたします。

さて、涼しくなってくると、皆さん、サボりだすのが日焼け止めです。

初診のカウンセリングでも散々言うのに、何回も通っていても、まだ、冬でも日焼け止めがいりますか?という方がいらっしゃるので、ビックリします。(こういう方は、塗る気がないんですけどね、何回言っても。シミ治療には向かない方です。お金と時間がかかるだけです。)

9月は、8月よりは紫外線がマシはマシですが、紫外線は年中ありますから、ちゃんと塗っておかれるほうがいいと思います、シミやシワなどがイヤなら。

どこまでするのかは、その方次第ですけれど。

ただし、日焼け止めを塗る際、空気の乾燥は進んでいますから、保湿はしっかりされてください。

乾燥するタイプの日焼け止めは、夏であっても、お勧めできませんよ。

夏の間は、大丈夫だった日焼け止めも、私もお盆を過ぎたあたりから、少し乾燥する感じが出てきたので、ちゃんと乳液を塗るようになりました(それまで、乾燥してなかったので、よく塗り忘れることが多かったんです。)

9~11月は、気候も良くなって、お天気がいいと1日中、外にいたくなるような日がたくさん出て来ますね。

真夏は、暑すぎて、海やプールでもない限り、1日中炎天下にいらっしゃる方は、かなりの少数派だと思います。

でも、秋や春って、かなりの方が、1日中外にいる日が以前よりも増えて来ます。

9月はまだしっかり日焼け止めをしていた方でも、10~11月は油断してるうちに、お子さんの運動会やアウトドアで、結構焼けてしまった!ということもわりとあります。

真夏ほど紫外線が強いわけではありませんが、1日中外にいるなら、春や秋でも塗り直しは必要です。

(汗をかかないなら、ウォータープルーフはいりませんけどね。何回塗り直しするのかとか、日焼け止めの強さは、環境によって違います)

さて、そんな中、やっとナビジョンから、BBクリームの登場です!

正確には、BBクリームとは言わず、「ビューティープロテクトUV」と言います。

以前より、多くの方から、お肌に優しい日焼け止めでBBみたいに色のついたのや、クリニック専用化粧品の、塗りやすいクリームファンデーションみたいなのはないですか?と聞かれてました。

そういう商品って、すっごい難しいらしんです。開発は、絶対されてるところだと思うんですけど、とずっとお答えしてきました。

ナビジョンにしても、ホントは、夏前に発売したかったと思うんですが、間に合わなかったくらい、難しかったんだと思います。

市販でも、評判のいいBBクリームは売っていますし、わりといいかも、というBBも探せばあると思います。

でも、水・汗に強いのや、ウォータープルーフがなかったんですね~(私が探した範囲では。)

このナビジョンのBBは、汗・皮脂に強く、処置後の赤みや色ムラをカバーすることにこだわって作られており、BBというより、これは日焼け止めのファンデーションですね~。

しかも、スキンケア成分も入っていて、美容施術後の敏感な肌に塗っても大丈夫、というテストもされています。(誰にでも絶対大丈夫!ではないですよ。)

私もモニターで、使わせていただきましたが、8月から始めて、全くファンデいらずでした。

アネッサみたいな海用ほどのウォータープルーフではありませんが、夏場、買い物くらいの汗なら、大丈夫そうです。(庭仕事やアウトドアは保証しませんよ。かく汗の量で、耐水性は変わってきますから。)

もうひとつ、うるおい日焼け止め、ということで、「スキンケアプロテクトUV」が出ました。

これは、透明タイプで、白くなりません。SPF50のわりに、しっとりしてます。塗ることによって、お肌に保湿効果がある、というデーターがあります。

今までのナビジョンの日焼け止めや他の日焼け止めで、乾燥が気になっていた方、試す価値ありです。

ただ、こっちは、ウォータープルーフではありません。汗・皮脂に強い、という表示もありません。

(表示がなくても、わりと強い、ということはありますが、表示できるほどには、強くない、ということです)

そういう意味では、汗をかく時には、別のをお勧めします。

ま、今からの季節、汗い強いというのは、そんなにもう必要ないかもしれませんが。

こちらも、スキンケア成分配合です。

どちらの日焼け止めも、従来のどのクリニック用からも比べて、ちょっと高いです。

でも、BBのほうだと、ファンデも合わせて買うことを思えば、これだけでいけます。結果、安くなるとおもいます。

今まで、合う日焼け止めがない~、とお困りだった方も、一度お試しください。

絶対合う!保障はしませんが、選択肢が広がるのは、いいことです

またナビジョンシリーズの、フェイスパウダー、やっとレフィルが出ました♪

いつも使っていただいていた患者さんから、ケースや鏡がもったいなから、レフィルが欲しい、とおっしゃっていたのが、やっと商品化です。

このフェイスパウダー、さすが資生堂と思わせる優秀さで、フェイスパウダーなのに、パウダリーファンデ並みのカバー力で、なのに、スルスルと塗りやすくて、気持ちいいんです♪(パフも、お肌に優しい♪)

クリニック専用化粧品のファンデって、女心をわかるヤツがすっごい少ないんですよね~。

スキンケア成分たっぷりなので、今ミネラルファンデで注目されている、シリカやマイカ・酸化亜鉛・酸化チタン・酸鉄も入っています(というより、昔から、お肌に優しいパウダーには入っている成分なんですが。特に、目新しいわけではありません)

ヒアルロン酸も入っていますから、かなり乾燥肌の方でも使いやすいとは思います。

でも、毛穴やチリメンジワに、パウダーが入り込むのが気になる、という方は、クリームファンデやBBをお勧めします。

クリームタイプ・リキッドファンデは、かぶれるので、ダメという方には、お試しされる価値があります。

私は、パウダーファンデは使いませんが、もし買うなら、これはお勧めです。これは、塗ってみたら、感じがすぐにわかりますから、一度どうぞお試しください。

 今日、発注をかけたので、明日の午前中には、届くはず。。。だと思います。

午後以降に、いらした方には、お試しいただけると思いますよ。テスターをご準備しておきます。

(すみません、患者さん用のパンフレットをオーダーするのを忘れました。。資料は、院内でご覧ください。。)

もう夏休みが終わりますね。と言っても、大人には関係ありませんが、夏が終わろうとしてますね。

やはりお盆を過ぎたあたりから、朝晩、初秋の風を感じるようになりました。

虫の音も心地よいです。

やはり、9月と言えば、この真夏のダメージを早く回復させるというのが、第一目標ですね。

夏の間、日焼け止めを頑張った方でも、シミの予備軍は、準備万端に整っているはずです。

夏の間も、日焼け止めを塗りながら、ライムライトなどのフォトを頑張っていた方は、かなり予備軍は減っているとは思いますが(少しでも貯めないことって、結構大切です)、それでも、冬よりもお肌のダメージは、紫外線のダメージはあるはず。。(ちょっとお出かけしたりしまうものね)

そこで、9月のキャンペーンのテーマは、ダメージ回復です。

ホームケアとして、ナビジョンのトラネキサム酸で、紫外線による炎症を抑えて、美白・保湿もしっかりしていただければ、と思います。

また、冷房や紫外線の影響で、お肌が乾燥して、乾燥ジワが増えるんですよね。

その分の目元のケアをご用意しました。

夏の間、目元のシワは、汗や皮脂でよれたファンデがシワに入り込んだりしませんでしたか?大丈夫でしたか?

大丈夫だった方も、涼しい日が増えてくると、目元の小ジワが増えてくる時期ですね。

目元のホームケアのダントツは、エラスチダームだと思っていますが、ナビジョンのHAフィルパッチも、結構おもしろいんです。

なんと言っても、ヒアルロン酸が皮膚に直接刺さって、解けていきますから、翌朝にはふっくらしてるんです。即効性はあります。シンデレラ効果って、ヤツです。持続力は残念ながらありません。。

ヒアルロン酸ですからね。自分のコラーゲンが増えているわけではないので。。

ただ、ここぞ!という時や、過酷な環境が続いて、お肌が死んでいる時に、ちょっとすると楽しいですよ。とりあえず、救ってくれることと思います。

そこで、今回知っていただくために、キャンペーンに盛り込みました。

RTマスクは、レチノール商品のマスクなので、これはこれで、ちょっとスゴイんです。医薬部外品です。レチノール特有の刺激感は、ほとんどないとは思いますが(私は感じませんでした)、100%誰も感じないというわけではないと思います。

レチノールって、ちょっと怖いけど使ってみたいという方には、ナビジョンのレチノールは、入門編としては、とてもいい商品だと思います。保湿成分もたっぷりで、まぶたにも、もちろん貼っていただけます。

最初から現品を買うと、5枚入りで、¥8.400しますから、お試しができるように、HAフィルパッチとセットにしてみました。

この機会に、色々お試しください。

お肌だけでなく、体もお疲れが溜まっているのでは?ということで、効率よく栄養を点滴で入れることをご提案します。

でも、その日だけ、濃いのを取っても、体のケアは毎日のことですから、おうちでもケアが続けていけるように、お好きなビタミン剤を3種類セットで1か月プレゼントです。

もうすでに、いろいろお飲みの方もいらっしゃるので、中身はこちらで決めるのではなく、選んでいただくことにしました。もちろん、ご相談にのります。

選んでいただける種類は、

ビタミンC・ビタミンB・ビタミンE・アリナミン・ビオチン(ビタミンH)・コエンザイムQ10(ビタミンQ)・ビタミンB12です。

亜鉛をご希望の方は、2種類分としてカウントします。

この中からお選びください。

ビタミンCの入った化粧品って、みなさん、お好きですか?

ビタミンCのイメージって、シミが薄くなるとか、毛穴の開きがよくなるとか、コラーゲンが増えるんじゃないか、などなど、良いイメージを持っておられることと思います。

あまり表だって言われていませんが、ビタミンCは、皮脂の働きを抑える働きがあるんです。脂性のニキビの方には最適なんですけどね。

だから、乾燥肌の方が、「ビタミンCはいいから~♪」とたっぷりドンドンお手入れでやっていると、バシバシになって、ヒリヒリ乾燥がひどくなる、ということになってしまうんです。

それがちゃんとわかって、販売されていればいいんですが、患者さんの体験談などをお聞きすると、全然わからずに(販売元が)、説明もなく、買わせてるな~、ということがとても多いです。

これは、エステやクリニックのイオン導入でも同じことが言え、うちでビタミンCのイオン導入をお勧めするのって、ニキビ肌や脂性肌の方限定です。

ニキビが出来ていても、乾燥肌の方には、ビタミンCよりも、プラセンタやトラネキサム酸をお勧めしています。

たかがどこにでもあるビタミンCです。医師免許がなくても、化粧品会社でもエステでも、取り扱うことができます。だからこそ、ホントの使い方というか、使う目的があっているのかというのが大事です。

みなさんが買われる時に、化粧品で、「ニキビ肌へ」と書いてあるのに、乾燥肌の方が使うと多分良くない、と思って、買われませんか?それでも、ニキビが出るなら、買っちゃいますか?

化粧品の表示にも、「乾燥肌の方は、使用後に保湿をたっぷりされてください」と書いてあれば、まだいいんですが、書いていない商品のほうが圧倒的に多いと思います。

そもそも、市販のニキビ用の化粧品関係は、乾燥肌の方がいる、ということは除外して、作られていると思います。

乾燥肌なのに、ニキビが出る、というのは、実は診察してみると、ニキビではなくて、ただの毛穴の炎症だったりすることがほとんどです。乾燥しすぎて、代謝が遅くなって、毛穴が詰まっているだけ、ということも、もちろんあります。

そんな方が、ニキビ用の化粧品やニキビの薬が効かないのは当たり前で、ひどい時は、ガサガサになります(たいていが脂性を対象に作られているから)。

そういうのは、炎症がひどいと、ステロイドのホルモン剤がいる時もありますし、保湿をたくさんして、治る時もあります。光やレーザーを使うこともありますが、ピーリングはしません。

若い方に多いんですが、お肌は乾燥してるけど、時間が経つと、脂ぎってくるし、ニキビも出る、一部(鼻~ホホにかけて)毛穴が開いている、という方、時々いらっしゃいます。

ついついさっぱりタイプの化粧品を使いたくなるんですよね。それで余計、乾燥して、だから、皮脂も体は出そうとするんでしょうけど。。(皮脂は、分解されて、保湿成分に変わります。まあ、多すぎる皮脂が時間が経って、酸化すると、それはそれで良くないですが)

夏の今みたいな暑い時期は、毛穴も広がりやすいし、皮脂も汗もよく出ます。

特に、今年は節電ですから、あまりどこに行っても、そんなに冷房ガンガンのところって、少ないですよね。クーラーがあまり効いていないと、屋内にいてても、皮脂くらいなら出て来ますよね。

そういう混合肌でお悩みの方に、今の季節なら、ピーリングの石けんを鼻だけとか、アゴだけとか、ニキビだけ、とかでオススめするんですが、今の季節でも、ピーリングの石けんすらしないほうがいいかな、という方もたまにいらっしゃいます。

あと、ピーリングの石けんは、市販のクレンジングに比べたら、おもしろいように汚れが取れるので、ハマってしまう方がいて、おうちでのケアなので、誰も止めませんから、次来られた時に、皮めくれて乾燥して、エライことになってることって、ごくたま~にあります。

買われる時に、はまっちゃダメですよ~!としつこいくらい言いますが、「私はまるかも。。。」とご心配される方は、やはりおススメしていません。

そんな乾燥肌の方やピーリング石けんの使えない方などに、皮脂や毛穴が気になった時におススメしていたのが、ビタミンCローションです。

以前までは、ロート製薬の「DRX VCコンセントレート15」という、クリニック専用化粧品を使ってました。

院内製剤と言っても、薬ならいざ知らず、こういう化粧品関係は、やはり専門の業者さんには、私は負けると思ってます。

化粧品のノウハウや、吸収率・調剤する時の注意点・実際どれくらいの効果や副作用があるのか、などなどの調査も含めて、化粧品自体は素人の医師が勝てるわけないです。

(ただ、薬になると話変わるんですけどね。化粧品会社は、医薬品は扱えませんし、また販売もできません。化粧品は医薬部外品も含めて、い~っぱい法律があります。これは、医師法とか医療法とか、全然畑違いなので、独学でもしない限り、知ることは無理でしょう。医師免許があると、自費治療なら、ある程度の薬(おもに、塗る分ですが)を調剤して、処方することができます。ただ、これもPL法という法律があり、もちろんこれで何かあれば、調剤・処方した医師の全責任です。)

このロート製薬のDRXのビタミンC美容液、実は、優秀で、吸収がいいように、ちゃんと調剤されていて、(ビタミンCのイオン導入するなら、これ毎日使うほうがいいよ、と勧めちゃうくらい、吸収率がいいです)、しかもそれだけ吸収したら、乾燥が気になるところなんですが、乾燥しないように、保湿剤が配合されています。かなり濃いので、数日間、ちょっとピリピリと軽い刺激がありますけれど、まあ、塗って数分も感じません。

これは、いいな~、と思って、仕入れたんですが、結構高い。。。10mlしか入っていないのに、1本¥4.800します。いや、確かに良い商品なんですけど。。。アルコール・オイル・防腐剤全て入っていませんからね。

大人の方だと、他の美容液のことを思えば、まだそれほどむちゃくちゃ高くはありませんが、やはりニキビ・脂性でお悩みの方は、若い方が多いです。

ビタミンC飲むのも大事だけど、この子の肌にちょっと塗ったらいいだろうな~、という時に、若い方は、手が出ません。劇的に治るかどうか(たまに、いますが)もわかりませんからね。あくまで、ホームケアですしね。。。

ちょうとキャンペーンで、在庫が全部なくなりました(ありがとうございました)。それで、発注を追加するかだったんですが、若い子が気になって。。

それで、思い出したんですが、昔勤務していた美容皮膚科は、調合して、ビタミンCローションを売ってました(保湿成分とかは、入っていなかったと思います。防腐剤のパラベンが少しだけ、入っていたような気がします)。

今、クリニックで、ビタミンCのイオン導入するのにも使うビタミンCローション(ビタミンC誘導体)も、私が作っているんですが、これを代わりにしたら、価格を抑えられる、ということに気づきました。

最初、開業した時に、どうしても欲しい、と言われる方がいらっしゃったら、というので、容器とか仕入れたのをすっかり忘れてました。

トラネキサム酸を使うことのほうが圧倒的に多いですからね~。

作ったビタミンCローションは、2種類です。

まず、ビタミンC誘導体のリン酸アスコルビルナトリウムしか入っていない化粧水です。

精製水(純水です)に、これが10%入っています。他、な~んにも入っていません。

濃度は充分です。防腐剤も入っていませんから、保管は冷蔵庫で。

50ml ¥1.050ですから、たっぷり使っていただけると思います。背中や胸のニキビや脂が気になるなら、体にももちろん使って大丈夫です。

これには、保湿剤も入っていませんので、ニキビ・脂性でお悩みの方、あるいは、普段のお手入れに追加するだけ(一番最初に塗ってください)になるので、保湿は自分のいつも化粧品でするから大丈夫、という方におススメです。

乾燥肌だけど、一部の脂やニキビが気になる混合肌の方には、モイスチャーローションに、配合したものをご用意しました。同じ10%です。

これには、ヒアルロン酸がたっぷり入っているので、塗ったせいで乾燥することはないと思います。

また、グりチルリチン酸ジカリウムが配合されいますので、肌荒れとかの炎症を抑えてくれる働きが少しあります(ナビジョンほどじゃないですよ)

塗り心地と保管を考えて、こちらには、少~しだけ保存料が入っています(一般の化粧品よりは、少ないです)。でも、できれば、冷蔵庫がおススメです。

こちらの化粧水であれば、普段の化粧水代わりにしても、いいかもしれません。その後で、普段お使いの乳液や美容液・クリームなど普段通り、お使いください。

こちらは、50ml 1本 ¥2.620 となります。

購入ご希望の場合、お肌の診察もありますが、塗り心地をまず両方試していただきます。

その上で、塗りやすさなどがお好みと合うかどうかをみてからのご購入です。

シミには、エクイタンスやナビジョンのほうをお勧めしてます。毛穴の開きも、ナビジョンのグリシルグリシンは、やはり欠かせないかなと思います。

ビタミンCがお好きでも、向き不向きも、もちろんありますから、まずは診察です。

院内製剤のビタミンCローションとしては、中身はそんなに他院とは変わらないと思います。どこも材料の仕入れ先は、似たりよったりですから。作り方もね。

ロート製薬もうちのも両方使われて、それでもロート製薬のがいい!という方は、また仕入れますので、おっしゃってください。

 

 

 

 

だいぶ前に、ロート製薬から、この商品の新発売のお知らせをもらっていて、ちょっと興味はあったんですね。
毛穴がつまって、ニキビ予備軍を作るのを防いでくれる働きがあります。

1個、サンプルはもらっていたんですが、中々モニターの方が見つからなくて、試すことができませんでした。

一番心配していたのは、ケア中の、赤みやヒリヒリなどの刺激感です。あと、皮むけですね。
ディフェリンゲルもいいんですが、ニキビの予防で使おうと思ったら、広めに塗らないといけなくて、そうしているうちに、副作用が出て、つらくてできない、という方が結構いらっしゃいます。
ニキビの出ているところに、ピンポイントだけ塗っても、副作用の強い方がいらっしゃって、どんなにいいモノでも、ご本人がつらくて使えない、という治療は、私はできれば反対派です。
どうしても仕方のない治療は、世の中にありますが、ニキビ治療は、自費になれば、他に選択肢が広がりますからね~。わざわざディフェリン使って、つらい思いしなくても~。それに、ディフェリンは万能ではありませんから。結局、何かと併用治療しないと、患者さんの思っているキレイな肌というのにはなれません。

ちょっと前に、ディフェリンゲルは赤くなって、その後シミになる(一応ちゃんと日焼け止めは塗っている方です)という方がいらっしゃって、思いついて、この「AZAクリア」を試してもらいました。
塗り始めて、少しの刺激感を感じたそうですが、ディフェリンのことを思えば、全然大丈夫という程度のモノだそうで、開始して、1週間くらいは、まだ少しニキビが新しいのが1個出たりされてましたが、そのうち全然出なくなりました。
いい感じです~♪
私から診て、赤くなってる、と思ったことはありませんし、ご本人もないそうです。

これちょっといいかも、と今回取り扱うことにしました。
1本15gで、¥1.890と、良心的なお値段です。

乾燥肌もあるし、ニキビも出るし、という患者さんがいらっしゃいます。思っている以上に多いかも。。。
そういう方は、ディフェリンも従来のピーリングもなかなかできないんですよね。
乾燥肌のニキビで、光・レーザー治療でいける方もいますが、全員がそうできるわけでもありません。
このアゼライン酸で、どこまでいけるかわかりませんが、試す価値は全然あると思います。
(まずは、診察しないとわかりませんが)

それに、なんと!この中には「アゼライン酸」という酸が入っているんですが、これはメラニンが出来るのを抑えるので、美白目的の塗り薬として、使われていたものなんです。
だから、ニキビ跡がシミになりやすい方には、シミの予防も兼ねて一石二鳥です。

ヨーロッパ・アメリカ・アジア(日本以外)など世界中で、ニキビ治療薬として、約30年間使われてきて、海外では、化粧品ではなく、医薬品です。
(なぜか、日本では化粧品として、厚生労働省より認可が出ました。。。)

このアゼライン酸は、妊娠していても授乳していても使えるので、他のニキビ治療と違うところですね~。

これで、ニキビの予防とケアをして、光・レーザー治療で、ニキビ跡をさらにキレイにしていく、というのが一番理想ですね。

市販の飲み薬「トランシーノ」を始め、トラネキサム酸の入ったサプリや化粧品が、注目されていますね。

飲む方は、いろいろ制限がありますが、化粧品に関しては、トラネキサム酸入りは、シミ・肌荒れでお悩みの方であれば、一度は試してみる、というのは、おススメです。

肝斑や肌荒れ・シミの方に、資生堂ナビジョンのシリーズをご紹介することが多いです。

それだけのデーターがちゃんとあって、道理にかなっている化粧品だと思っているので、自分がいいと思ったモノは、患者さんにもおススメします。

ですが、このナビジョン、安くはありません。

デパートで売っている、アンチエイジング系の化粧品に比べて、全然安いし、効果は断然こちらです

ですが、ドラッグストアやスーパーで売っている化粧品よりも、高いのは当たり前ですよね。

時々、患者さんから、「トラネキサム酸が入っているヤツなら、何でもいいですか?」と聞かれます。

答えは、「ノー!」です。

ダメなんですね、ナビジョン、というか資生堂でないと。

4・5年前の美容皮膚科学会だったと思いますが、その時の美容皮膚科学会は、もう美容皮膚科をやっているドクター用の専門的なセッションと、これからやろうと思っている・あるいは始めたばかりのドクター用の初心者コースのセッションとがありました。

研究部門の発表も、すごく専門的で、一番印象深かったのが、資生堂のラボの研究です。

それまで、私はあまり資生堂自体、快く思っていませんでした。だって、あまりにも、商業戦力丸出しの感が否めなかったので。。

ところが、この日の数々の素晴らしい発表を聴いて、180度考え方が変わりました(単純ですね。。)。

資生堂のラボは、さすがに世界の資生堂で、規模が全然違います。また、研究費も。一般の大学病院とは、ケタが違う可能性もあります。これだけ、研究に予算をかける、というのは、いち大学レベルでは、なかなか難しく、やはり業界最大手でこその資金力だと思います。

資金だけでなく、研究結果も素晴らしく、内容も大学病院顔負けです。

その年の学会発表の中で、優秀な発表が表彰されるんですが、資生堂ラボがいくつも取られたのを覚えてます。(ヤラセではなく、裏金でもなく、本当の実力だと思います。表彰されるに値する発表でした。)

その時の発表の中に、トラネキサム酸の発表があったんですね。

資生堂ナビジョン(クリニック専用化粧品)のトラネキサム酸イオン導入剤などが出るまで、クリニックでは、トラネキサム酸の飲み薬を砕いて、粉にして、水に混ぜて、トラネキサム酸水を作り、それでイオン導入したり、軟膏やクリームに混ぜて、売っているクリニックがありました。

作っていたドクターなりに、トラネキサム酸をなんとか外用で、と考えられた苦肉の策だったんだと思います。

ところが、資生堂の研究結果によると、この医師たちが今まで一生懸命作って処置したり、売っていたモノは、全然ダメだったんです。皮膚の中に入っていなかったんです。効いていなかったんですね~。

どれだけ、効いていないか(浸透していないか)というのも、詳しく発表されていました。

(こういう発表は、大学とかのエライ先生から、難癖つけられたら困りますから、資生堂みたいなちゃんとしたところは、徹底的にスキのない、実験をされます。この時もそうでした。完璧で、ツッコミどころはなかったです。ただ、見とれるだけ。。みたいな感じです。)

トラネキサム酸という物質は、皮膚の中に、すごく入りづらいらしく(角質層よりも、まだ奥の話です。角質にトラネキサム酸塗っても、意味ないです)、入らないと真のトラネキサム酸の効果は発揮できません。

長年の研究で、トラネキサム酸を浸透させる方法を編み出したそうで、特許を取られました。

この日が、確か、ナビジョンのトラネキサム酸の導入剤の発表の日で、会場で、すぐに買える(申し込める)わけではなく、まさに、世の中に知らしめられた瞬間だったと記憶してます。

発売されるのが待ち遠しく、資生堂のブースに行って、発売がわかったら知らせてください、と名刺をお渡ししました。

皮膚に浸透される技術(成分というのか)だけでなく、イオン導入の順番まで、細かく調べられていて、どうすれば、一番効果的に導入できるのか、というのまで、発表されていました。

(簡単に言うと、いろんな機械を使って、皮膚の中に導入された分量を全て計測されているわけです。)

特許まで、取られた技術ですから、今市販されている資生堂の一般化粧品の一部(特に、美白シリーズ)には、この技術を使ってトラネキサム酸が配合されているはずです。(せっかくの特許ですからね)

だから、トラネキサム酸入りの化粧品や導入剤を使うのなら、この資生堂ナビジョンのモノでないと、意味ないんです。入っていませんから。薬を何でも混ぜればいいというものではありません。

飲む薬にしろ、注射薬にしろ、消化吸収の過程で、ちゃんと入るように全て実験されて、飲み薬や注射薬として、役立つように、調合されています。

成分自体が同じだからと言って、皮膚に塗ったところで、生理作用が違いますから、例え注射薬の原液を皮膚に塗ったところで、吸収しません。

そんなモノが同じと思って、やっている医師がいtら、薬理学生理学を全く理解していません。(胃腸と皮膚で、違うの、当たり前ですよね)

たまに、「前に行っていたクリニックで、トラネキサム酸の化粧品(塗り薬?)をもらって(買わされて)、それを塗っていてもいいですか?」と聞かれることがあります。

かぶれないなら、塗っても害はないと思いますが、トラネキサム酸の効果は残念ながら、ありません。。高いお金を出して買われたのに、申し訳ありませんが。。

クリニックで、医師が、資生堂と同じ技術で、作るのは、まあ、無理でしょう。

多分、注射薬や薬の粉を混ぜただけだと思いますが、なんの意味もないことが証明されています。

そんなわけわからんモノを塗るくらいなら、さっさと捨てて、ナビジョン塗ったほうが絶対おススメです。

そんな怪しいモノを今時売っているクリニックって。。。ダメですよ、多分、全てが。

勉強不足です。(専門の美容皮膚科医でないなら、仕方ないかも。その先生の専門が他にあるんでしょう。でも、専門でないなら、お金取って、売らないでほしいですよね。ただなら、いいと思いますが、効果はありません。)

その学会に行ってなくても、ナビジョンのイオン導入を購入する時に、ちゃんと担当に方に聞いたら、今まで医師が作っていたものと、どう違うのか、とかちゃんと説明してくださいます。

医師への発売は、全て岩城製薬というところがされていますが、営業の方、みなさん、しっかりされています。資料もきちんとくださいます。社外秘とかの資料は、もちろん、いただけないので、それ以外の質問は、自分でドンドン質問しないとね~。(薬でも、何でもそうですけど)

先日も、「クリニックで買わされた」という方で、いらっしゃって、(もちろん、ナビジョン発売後の話です)今時そんなクリニックがあるのかと、かなりビックリしました。

それで、ちょっとお知らせです。

塗るモノに関しては、資生堂ナビジョンでないと、ダメですよ~。クリニックのは、効きませんよ~。

(ナビジョンは、品質と大きさからすると、むちゃくちゃ高くはないんですけどね。コストパフォーマンスは、私はいいと思います。もちろん、私もナビジョン愛用です。)

最近、オーガニックの化粧品が流行ってますか。昔からも「オーガニック」「自然派」と名乗る化粧品は、山のようにあります。

さて、そのうち、消費者が思っている「オーガニック」「自然派」と、メーカーがうたっている「オーガニック」が、全然一致していないことが多いのは、ご存知でしょうか。

「無添加」というのも、よくありますね。

ただ、化粧品で、全くの化学薬品なしというのは、ほとんど不可能ではないでしょうか。

「無添加」と書いてあっても、防腐剤や着色料が無添加、とか、一体何が無添加なのか確認しないと、実はエラい商品を知らずに買っている、ということも、患者さんを見てると、大変多いと思います。

ちょっと前にも、TVで、「自然派化粧品」とうたって、急成長した化粧品メーカーがありました。

一気に、デパートとかにも店舗を出すくらいの勢いでした。

患者さんも、それを使っているから、かぶれは、化粧品じゃない、という方が結構いて、どうしてそう思うんですか?とお聞きすると、自然の成分しか入っていないから、安全だと思う、とおっしゃるんです。

そこのHPの全成分表を見ると、ふつうに、アルコールはもちろんのこと、化学薬品はい~っぱい入っていて、、何が自然なんだか。。。自然のエキスを入れてる、というだけの話です。

しばらくして、店舗はどんどん消えていって、今はたま~に、CMを見るくらいです。

(どうして、急に規模が小さくなったのかは、知りませんが)

まあ、化粧品の場合、「自然派」とか「天然」とか、「無農薬」「オーガニック」とかの言葉が並んで、それを大々的に宣伝されている場合は、疑ってかかったほうがいいと思います。

中には、ちゃんとしたものもあるとは思いますが、基本、自然のものだけでなんて、無理ですから。

例えば、昔みたいに、へちまの茎を切って、ビンにとって、へちま水を化粧品として、使う、というなら、

天然100%ですが、冷蔵庫に入れて、何日持つか、ということです。

また、それで保湿が足りるのか、ということも問題です。

昔から、はちみつを塗ったり、卵白でパックしたり、アロエ・キュウリやレモン・ハーブなど。

化粧品自体がなかった時代の話です。

薬理学が進歩するにしたがって、そのままつけたら、かぶれたり、かえってシミを作ったり、かゆくなったり、などなど、いろいろ副作用もわかってきて、化粧品の開発が進んで、現在に至ります。

自然のものは地球にやさしくても、お肌にやさしいとは限りません。

「うるし」なんて、むちゃくちゃかぶれますよね。野菜や果物の、いわゆるアクも、かゆくなるし、山芋・桃やマンゴー・パイナップルなども、かゆくなる原因です。

口周りがただれたり、かゆみ・赤みが出た患者さんが来られたら、これらの食べ物を食べていないか、必ず聞きます。

昔ながらの、シンプル化粧品で、日本酒にゆずの種とグりセリンを入れて、しばらく置いたのを使う、というのも流行りましたね。(いいか悪いかは、別にして)

日本酒は、天然かもしれませんが、アルコールですし、グリセリンなんて、化学薬品です。

化学薬品の全てが悪いわけではありません。

また、「オーガニック」で、ツルピカになる!とか、こういうピカピカ・ツルツル系の表現があれば、たいてい、ピーリング剤が入ってます。

ピーリングと書くと、恐いといって、買わない方も増えてきたので、最近はあまり化粧品でもわざわざ書かなくなってきました(一昔前は、ピーリングと書いたほうが売れたようです)。

成分表をみると、はっきりと「AHA」と書いてあって、これは典型的なピーリング剤です。

ちなみに、AHAは、さとうきびが原料です。パイナップルとかも酵素がたくさん入っているので、一種のピーリング作用みたいに使われることもあります。

天然イコール安全では、ありません。

その方がピーリングに向いているのかは、肌によっても、体調によっても、季節によっても、全然違います。また、使う頻度や強さも、症状によって、違います。

AHA入りの洗顔石鹸を毎日使って、乾燥するんです、という患者さんが、むちゃくちゃ多いです。当たり前ですね。

ちゃんと表示しないメーカーが一番悪いんですが、メーカーは利益のことしか考えていないことがあるので、「乾燥しやすいです」なんて、死んでも書きません。

自分の身は、自分で守らないと。

先日も、オーガニック化粧品を使っている患者さんのお肌が、すごい乾燥していて、キメが全然なくて、何かで刺激が続いているお肌でした。

お聞きしたメーカーが知らないものだったので、そのあと調べていて、興味深いサイトを見つけました。

「シャンプー格付けサイト」http://www.shampoo-analyst.com/ です。

この日本シャンプー分析研究会というところの、一意見なので、これが絶対正しい、というものではありません。

ただ、化粧品で、一番問題になる、界面活性剤のことが詳しく、わかりやすく書いてあって、大変参考になりました。

そういう観点からみると、ちまたで売っているシャンプーが、どれだけエライことか、違う面が見えてきます。

「オーガニック」とうたいつつ、平気で、合成界面活性剤が入っていたり、石油系のよくないものが入っていたり。。。ウソだけらです。

お使いのシャンプーとか、調べてみてはいかがでしょう。

その上で、値段と買いやすさ・自分の髪にとって、実際結果はどうなのか、で、結論をだされてください。

かなり高めのシャンプーのランクが、ここではかなり低かったり、するかもしれません。

合成界面活性剤がダメ!となると、シャンプー類は、石鹸シャンプーしかなくなります。

私も少し前は、石鹸シャンプーを使ってました。そうすると、地肌への負担は、格段に減ると思います。地肌が元気になると、健康な髪の毛になりやすい、と思います。

ただ、石鹸シャンプーは、かなり毛がきしむので、必ず専用のリンスが要ります。

シャンプー(石鹸自体)がアルカリ性なので、弱酸性のリンスで、中和させないといけません。

そうすると、きしむのが、スッと取れます。

私は、結構リンスをたくさん使うので、すぐになくなってしまい、追いつかなくて、薬局やスーパーの掃除売り場で売ってるクエン酸を、溶かして、薄めて、リンスにしていました。

エコの方なら、ここに、ハーブの精油をたらしたりされるのかもしれません。いい香りが付きます。

弱酸ならいいのでお酢でもいいんですが、匂いが気になるので、クエン酸にしてました(クエン酸、安いので、たっぷり使えます)。

タオルドライしてから、椿油をつけるんですが、それまでの間、やっぱり乾燥するので、牛乳石鹸の無添加シリーズのトリートメントをつけてました。

ずっとこれを続けてましたが(美容師さんには、髪の毛のツヤとかうるおいとか、褒められてました♪へへっ!)、めんどくさくなって(シャンプー・リンス・トリートメントと3段階するのと、クエン酸作るのが)、それで今では、大島椿の敏感肌用アトピコシリーズの、椿油シャンプー(あまり、きしみません)と、牛乳石鹸の無添加トリートメントと椿油です。(むっちゃ、楽になりました~)

市販の大島椿も、椿油シャンプーが売られていて、いいと思いますよ。ただ、アトピコシリーズのほうが、刺激がちょっとマシかな、と思います。やさしく洗うというか。短い髪の毛の方は、一応リンスは要らないそうです。

アトピコシリーズはうちみたいなクリニックで購入するか、ネットで大島椿から買うか、牛乳石鹸の無添加シリーズのトリートメントは、売っていないお店もあると思います。

どこでも絶対買える、という商品ではないかもしれません。

日常使いやすいもの、便利なもの、簡単なもの、となると、何かが犠牲になります。

何を、犠牲にするのか。。。それは、その方の価値感なので、市販のシャンプー全部を否定するつもりはありませんが、素晴らしい!と思って、高いお金を出して買われているものが、実はそんなよくないかも、とは知っておかれたほうがいいかと思います。

石鹸シャンプーと専用リンスは、ふつうのスーパーやドラッグストアで、手に入る、と思います。

ただ、合成界面活性剤に慣れてしまった髪の毛には、最初、びっくりされると思います。手触り(髪触りというのでしょうか)ときしみ具合に!

ふつうのシャンプーが、きしまないのは、シリコンやら、わけわからんもんがいっぱい入っているから、ということが多いです。

どうしても、きしむのがイヤな方は、シャンプーやリンスに、椿オイルを混ぜてみたり、リンスは(必ず専用でないとダメですよ!)たっぷりと!

1~2週間で、慣れてくると思います。

合成界面活性剤をやめるだけで、かゆい方は、落ち着く場合もありますから、悩んでおられる方は、一度お試しください。

これは、シャンプーだけでなく、クレンジング・洗顔フォーム・ボディソープ全般に言えます。

(私は、クレンジングは一切使いません。石鹸成分100%の無添加せっけん(ホントの)だけで、顔を洗ってます(メイクしてても、ウォータープルーフの日焼け止めを使っても)。

うちには、アイメイク専用のリムーバー以外、クレンジングは存在しません。石鹸成分100%というのは、油脂から作った、脂肪酸ナトリウムという、昔ながらの石鹸です。エコのコーナーに必ずあります。「石鹸素地」とかの表示になっていると思います。これは、地球にもお肌にもやさしいです。

ちなみに、うちの洗濯洗剤も、液体石鹸です。合成洗剤は使いません。食器洗いも、石鹸のやつです。手にやさしいですよ。洗剤で、手が荒れる方・手袋して洗いモノをしたくない方は、石鹸のやつに変えてみてください。

クリニックの洗濯モノは、洗浄重視にしたほうがいいのかと、合成洗剤を使ってますけどね。)

ブログの調子が悪くて、連休中はお休みいたしました。

宵山や山鉾巡行の写真など載せる予定でしたが、次に載せますね。

衹園祭りでお休みしていた、女性の老け手見えるポイントの続きです。

 

さて、女性の髪の毛ですが、どんどん年をとってくると、髪の毛を長く伸ばしている方って、少ないですよね。その中でも、さらに、キレイな髪の毛で、長い方、というのは、もっと減ってきます。

以前に、年配の方にお聞きしたことがありますが、髪の量も減ってくるし、ツヤもなくなってくるし、メンドクサイし、ついつい短くして、パーマをかけてボリュームを増やしてしまう。。とおっしゃっていたことがよくわかります。

女優の萬田久子さんみたいなキレイな髪の、しかもロングの、一般人、というのは、かなり珍しいですよね。

コシもなくなって、へちゃっとしてしまうので、やはりパーマをかける方が増えますね。

一番髪の毛に悪いのは、前回も書きましたが、ヘアムースなど髪の毛につける化粧品関係だと思います。

パーマ液にしても、ヘアカラーにしても、頻繁でなければ、それほどのダメージはないかもしれませんが(この辺は、どこまでを頻繁と思うのか、とか、肌質・髪質によってもかなり違うと思います)、3か月以上経ってるとか(ホントは、もっと空けるにこしたことないもかもしれません)なら、神経質にならなくてもいいのかも。

でも、地肌に液が直接付くのは、やはりおススメしませんね~。

(その点、ヘアマニキュアは、落ちやすい、という欠点はありますが、地肌には、ほとんど付かないため、ダメージはだいぶマシだと思います。

私は、白髪が昔から多くて、月1回、美容院でヘアマニキュアをしてもらってます。最初に、ヘアカラーをしたら、やっぱり1~2か月くらいで、もう白髪が気になって、予約を取ろうとしたら、美容師さんに止められました。短期間にやると、地肌どんどん傷んで、頭の毛穴とか年いくと、広がったり、老化が早くなりますよ、と。ホントかどうかの科学的な解明はしてませんが、一理あるな、と思いました。

いい美容師さんというのは、髪の毛・地肌に悪いことは、ちゃんと止めてくださいますよね。それが大切です。美容院としたら、お客さんが望むなら、その通り止めずにやれば、その分、儲かりますが、その方の立場に立って、勧める、というのが大事ですよね。

また、長年、いろんな方の地肌・髪の毛を見られてますから、無茶をされている方の髪の毛・地肌がどうなっているのか、というお話もしてくださいました。

ヘアカラーは、皮膚科でも、かぶれて受診される方、多いですからね~。一応、初回はパッチテストがやる前に、するように指導がある(市販のモノにも必ず書いてあります)と思いますが、ほとんどの美容院でされていないと思います。

ご心配な方は、パッチテストをされてから、するほうがいいと思います。

私の行っているところは、初回の時、そんな同意書みたいなのにサインを求められたと思います。もちろん、希望されたら、テストもしてもらえます(希望しません、に丸をつけました)

その点、ヘアマニキュアは、地肌につかないから、極端な話、1週間後にまたやってもいいそうです。

1週間で、染めにいきませんが、月1回行ってます。ホントは、3週間くらいで行きたいんですが、心斎橋まで行くので、ちょっと無理です。。。)

まあ、たまにする分には、カラーリングも女性をキレイに見せるための手段ですし、何より女性自身が一番喜ばれるので、やりすぎでなければ、精神衛生上、とてもいいと思います。

やっぱり美容院でキレイにしてもらうと、元気になれるというか、時間かかっても、いいものですよね。

でも、普段毎日使う、ヘアケア用品って、ホントに毎日ですよね。

10年以上前に、ヘアムースとかをよく使っている時期がありました。シャンプーやリンスも、普通のスーパーで売っているようなヤツです。

そのうち、どんどん髪の毛にツヤが無くなってきて、枝毛や切れ毛が増えて、ムースを使わないと、ツヤで出ない、という悪循環に陥ってました。

ふとしたことから、高校の時に読んだ「危ない化粧品シリーズ」のことを思い出し、ムース系をほとんど全て止めて、椿オイルに変えました。

昔に、TVの「伊東家の食卓」みたいな番組でやっていたと思うんですが、ガムが髪の毛のくっついてしまった時とか、フローリングにクレヨンだかマジックで、落書きされてしまった時だったか、なんかで汚れた時に、ヘアムースをつけて拭くと、キレイに取れる!というのをやってました。何種類か、いろんなパターンがあったと思います。

何故、ヘアムースとかが効くのか、というと、「これは、界面活性剤という洗剤の塊なので、よく何でも落ちるんです~」とか言っていて、「すご~い!」とかなってましたが、誰もツッコミません。。

そんなの、髪の毛につけても、大丈夫なの。。?

TV見ながら、そうそう、と思っていたのは覚えていたんですけどね~。

髪の毛にツヤがない、枝毛が多い、など髪の毛自体のトラブルを気にされている方は、とりあえず、ヘアムースとかウォータースプレーみたいなの、止めてみましょう!

イベントのために、その日だけたまたまとか、ごくたまに、というのであれば、それほどまでの痛まないかもしれませんが、つける回数は、少ない方がいいに決まってます!

私が、そういうのをつけることって、美容院に行った時に、ヘアクリームとワックスを少し塗られるくらいで、普段は椿オイルだけです。一応、ヘアクリームやワックスも、置いていますが、ごくごくたまに(何かあった時に)使うくらいですね~。

今、資生堂から、椿オイル配合のシャンプー出てますね。ウォータースプレイも。シャンプーは使ってませんが、ウォータースプレイは、使いやすくていいかな、とつい買っちゃいました。

オイルそのままで、塗りすぎちゃうと、ベタベタになることがあるので、スプレーって、量の調節がしやすいですよね。

買ってから気づいてしまったんですが、基本、水と油は混じりません。ということは、この基材の水に、椿油が混じるわけがない。ということは、何か界面活性剤系のものが入っている、ということか。。。

しまった。。うかつでした。。ちゃんと調べたわけではありませんから、どうやって混ざっているのかは、わかりません。でも、便利なモノっていうのは、要らないモノが入っていることが多いんですよね。

そういう混ざったものしか、ない時は仕方ありませんが、混ざっていないものが手に入るなら、断然そちらのほうがおススメです。

この、オイルウウォーター、結構新品のまま、洗面所に置いてあります。いつか無くなるのかな。。

これはこれで、アリだと思いますが、私は、ただのオイルで良かったな、と思いました。

髪の毛の保湿やツヤ出しは、ホントに椿オイルそのままでいいと思います。ベタベタして困るのは、つけすぎるからなので、慣れればつけすぎないようにできます。

椿オイルは、主成分のオレイン酸トリグリセリドが、皮脂にも含まれている成分のため、非常に皮膚になじみやすいオイルです。

シャンプー前に、これで頭をマッサージすると、汚れも取れやすくて、気持ちいいので、お勧めです。

詳しくは、大島椿のHPまでhttp://www.oshimatsubaki.co.jp/index.html

大島椿、昔からありますよね。手っ取り早く、髪の毛の保湿をしてくれると思います。しかも安全に。

医療用だと、この大島椿の会社から出ているアトピコシリーズもおススメです。

乳液やクリームの一部には乳化剤が使われていると思うので、もしそれも心配・・という方は、そのままオイルを塗るのがおススメです。アトピコシリーズのオイルは、精製度合いが、ものすごくいいので、もちろん皮膚にもそのまま塗れます。贅沢シリーズです。その割に、値段は、それほどしませんから、クリニックに来ないと無理です(大島椿のHPのオンラインから買えるようです)が、刺激のないところがおススメです。

クリニックに、一通りのサンプルセットがまだあったと思います。ご希望の方は、おっしゃってください。

今の季節だと、よほどの乾燥肌の方でない限り、オイルを直接肌に塗るのは抵抗感があるかもしれません。無理して、もちろん肌に塗ることはありません。自分にとって、塗りやすいモノ・気持ちのいいモノを使う、ということが一番大事です。

でも、髪の毛だったら、今の季節でも、全然OKですよ~。

 京都に、「かづら清」という、椿オイルのお店があります。

とても可愛らしいパッケージで、椿オイルのいろんな化粧品が置いてあります。衹園の本店は、いつもお客さんで賑わってますね。

私も、一度こちらの「香る椿」という椿オイルを買いました。パッケージがキレイだったのと、椿油以外に、ハーブの精油が入っていて、それが香るんですね~。IKOKOさんご愛用、とかなんとか書いて貼ってありました。

確かに、ハーブのいいニオイがして、いい感じですが、やはりその分、お値段に反ってきます。

大島椿でいいかな。。アトピコで。。

お肌の弱い方は、ハーブの精油でかぶれることもありますから、椿オイルのみ、というのを使ってくださいね。精製度合いもいいヤツをお使いください。(そういう意味では、アトピコはお勧めです)

お肌が普通の方は、まあ、好みで椿オイルを選ばれてもいいと思います。

「かづら清」さんは、いかにも京都らしい店内で、中を覗くととても楽しいです。一度、ご覧になってください。

昔ながらのモノって、いいモノは良いですね。安全だし。ただ、それを材料にして化粧品に使われた時は、添加物によって変わってきますから、できれば、試してから買われるほうがいいですね。

髪の毛は、外からつけるものだけでなく、もちろんシャンプーやリンス・トリートメントも大切ですが、とりあえず、今回は、ヘアムースを止めて椿オイルを!というお話です。

次回、シャンプーの話をいたします。

以前に、女性の年齢が出てしまいやすいのが、ヒザやヒジ、脚の肌のツヤなど、というお話をしました。

他にも、年齢が出やすいのが、髪のツヤです。

これは、若い方でも、パーマや脱色・カラーリング・ヘアケア商品のやりすぎで、ツヤがなく、パサパサの方、多いですね。

加齢とともに、何も髪に悪いことをしてなくても、髪自体は細く、薄くなり、色も抜けていって白髪が増えて来ます。

これはある程度仕方のないことなんですが、一番髪に悪いのは、シャンプー・リンス・トリートメントも悪いのでしょうが、やはり髪に直接つけるヘアムースとかだと私は思っています。

ヘアムースだけでなく、化粧品全般に言えることですが、負担のかかる化粧品は、ホントに、髪も肌も台無しにします。自分に合っていないモノもそうです。

高校生の時に、「本当は恐い化粧品」(という感じだったと思うんですが、正式な題名は覚えていません)という本を読みました。

いろんな化粧品の害が書いてある本です。

今でも探せば、今の化粧品に関して執筆されているモノがあるかもしれません。

極端な意見も一部載っていますが、スポンサーの関係で、マスコミとかには報道が絶対されないような害や、化粧品会社の裏事情も載っていたりしますから、化粧品自体が、手離しで、歓迎できる、とても肌にいいモノ、という概念は、覆された記憶があります。

良い面だけでなく、悪い面も知って、自分はどう選択していくか、の基準になりますし、化粧品会社のCMやマスコミに踊らされるのではなく、一般の方だと、過大広告も見分けられやすくなるかもしれませんね。

わかった上で、納得して、本当に必要な化粧品だけを使う、という感じです。

石けんで顔洗って、何も塗らずに生きていくって、やっぱり無理ですからね。塗りやすい保湿も欲しいし、副作用のない美白クリームも欲しいし、日焼け止めも、肌をキレイに見せるファンデーションも口紅だって、欲しいです。

化粧品なしの生活は、私にとっても、考えられません。

化粧品自体の、元々の目的は、お肌をより健やかに保ち、メイクは、よりキレイに見せてくれるためのモノなので、自分にあった化粧品というのは、戦友のような、とても大切な友達みたいな、最大の自分の味方ですよね。

(ここで、誇大広告に載せられて、欲張ってしまうと、化粧品の役割から逸脱してしまって、おかしなモノを買ってしまうことになります。化粧品は、薬ではありませんから、お肌をあくまで健やかに保たせる道具であって、医療ではありません。何かを治すわけでも、シミやシワといった老化の治療でもありません)

そこで、化粧品の害につていです。

化粧品は、元をたどって行けば、水と油も混ぜているものです。塗り薬も基本そうです。水っぽいものだけ、油っぽいものだけ、というのであれば、まだいいんですが、水と油を混ぜてある、いわゆるクリーム・乳液系の場合なんですね。問題は。

水と油は、基本混ざりません。ドレッシングを見ていただいたら、わかりますが、分離してますね。油が浮いている状態です。使う直前に、振って混ぜて、かけますよね。

化粧品でも、たまに使う直前に振ってください、と表示のあるモノもありますが、あまりありません。

お客さんが、めんどくさがってしないし、そのまま使われたら、クレームになりやすいからです。

水と油を混ぜるのには、界面活性剤といって、洗剤と同じような成分が必要になります。界面活性剤でなければ、乳化剤というものが使われます。水と油をくっつけて、うまく混ざらすためのものです。(自家製マヨネーズを作る時に、お酢と油だけだと混ざらないけど、卵黄をいれると、クリーミィーになりますよね。乳化させるわけです。)

まあ、界面活性剤も乳化剤も、似たようなものんですが、ちょっと乳化剤のほうが、お肌にはまだ優しいです。

先ほどの本(20年以上前の話です)には、この界面活性剤の恐さが、たくさん書いてありました。

(化粧品の実験、例えばマスカラとか、で、ウサギを使っている話なども書いてあり、ウサギの目が真っ赤になっても、実験を続けている、云々。。と書いてました。いきなり、人間で実験するわけにいきませんから、どうしても動物が実験台になってしまいます。薬でもそうです。どこまで、人間のエゴのために、他の動物を犠牲にするか、なので、化粧品の直接的な害とは違う話になりますから、今回は置いておきます。ただ、そういう犠牲の上に成り立っているんですよ、ということが、本には書いてあったと思います。)

一般的な話なので、例外もありますが、化粧品の安いモノには、安い界面活性剤が使われていると思います。原価が安いんですから、材料にお金がかかっているわけ、ありませんよね、普通。

むか~しの化粧品っていうのは、大変粗悪だったと思います。モノもなかったし、科学も進んでなかったし、江戸時代とかもっと昔になると、いわゆる化粧で使うモノの中には、鉛が入っていたりして、たくさん化粧品を使う職業の方は、鉛中毒になったりとかあったそうです(時代が時代ですから、鉛中毒とも診断されません)

そういう過去の方達が犠牲になって、これは使っちゃいけない、というのがわかり、化粧品の成分も製造技術も、医学と同じで、どんどん進化してきたんですね。

だから、今、スーパーやドラッグストア・デパートなどで売られている化粧品で、昔みたいな粗悪なモノって、ほとんど無いと思うんですね、特に、国産の場合。

(粗悪でなくても、自分には合わない、というのは、もちろんあって当たり前の話です)

ただ、100均(ほとんど中国製のはずです)とか、個人輸入(ニセモノがとても多いです。日本で認可されていない成分も多いです→トラブルがよくおきます)とかだと、粗悪のモノも混じってくると思います。

やはり、高い化粧品になると、いい界面活性剤(?)というか、乳化剤を使っていて、お肌への刺激が、ちょっとマシ・だいぶマシ、というのがありますね。

かといって、高い割に、よくない化粧品というのもたくさんあったりしますから、このへんがどう選ぶのか、難しいところです。

また、反対に安くても、広告費にあまりお金をかけていない、とか、パッケージや、店舗にお金をかけていない、とかで、安くなっている化粧品もありますし、原価をケチっているわけではないところもあります。

原価・材料と言っても、化粧品の保湿なんて、水にグリセリン(薬局で普通に売ってます。化粧品のことを思えば、安っいものです)を混ぜたものを塗っておけば、それで保湿になりますが、まあ、それだけで満足される方は、あまりいらっしゃらないと思います。

理由は、保湿が足らなかったり、塗りにくかったり、気持ち悪い(塗り心地が良くない)とか、商品としてはあまり売れないわけです。自分のためのお手製なら、アリかもしれませんが、市販されている化粧品の塗り個心地がいかに優秀か、ビックリされると思います。

どこの化粧品メーカーも、ちょっとでも塗りやすくて、気持ちよくて、保湿効果が高いものを、一生懸命開発されているわけです。(その分、値段になって、はね反ってきます。開発費と言うヤツです)

安い化粧品の中には、昔ながらの、あまり害のない(それほど効果自体は高くないけど)成分だけ、入れている、というのもあります。原点に戻る、というか、シンプルに考えて作られてる、という感じです。

使い心地は、素晴らしい!とまではいかないけど、保湿効果ももひとつけど、まあ、安いし、負担少ないし、アリか、みたいな。

うちでも、ご紹介する、無添加石けんとかのシリーズですね。

無添加と言っても、何が無添加なのか。。添加物一切なしのものなんて、ありえません。

例えば、防腐剤や発泡剤(泡立ちが良過ぎたら、注意です)・品質安定剤などが無添加、というのが、こういうシリーズでは多いでしょうか。

界面活性剤フリーとまでは、なかなか書いてていなこともあります。(こういうメーカーは、乳化剤も界面活性剤としてみなされてることも多いので、乳化剤を入れている以上、表示はされないのかもしれません。ちょっと言い過ぎになるんでしょうね)

牛乳石鹸の無添加シリーズや、ミヨシ・玉の肌・シャボン玉、など。昔ならがの、メーカーがあります。

こういうところは、全部、石けんシャンプーを売っておられます。(スーパーのエコのコーナーとか覗いてみてください)。

シャンプー・クレンジング・洗顔フォームというのが、界面活性剤が一番たくさん入っています。

肌に悪い界面活性剤を肌にのっけている時間というのは、数分でしょうが、それでも、毎日のことですから、やられてしまいますね~。

クレンジングやシャンプーの肌についている時間が、とても長い方とかいらっしゃって、お肌に優しいモノでも、5分以上、というのは、やりすぎで、界面活性剤のではない、石けん成分でも、お肌はもちろんヤラれます。

なんでも、やりすぎはいけません。

お皿洗うのも、素手で長時間やると、手荒れ、ひどくなりますよね。同じです。

洗剤と同じですね。汚れたモノを全部洗う、という感覚。

そんなに、肌(頭も含めて)の汚れって、取らなくていいですよ。皆さん、落とし過ぎです。必要なモノまで、洗い流しちゃってるんです。→続く

レチノールって、ご存知ですか?

数年前(もっと前ですね)から化粧品にも配合されるようになりましたし、美容医療でも良く使う成分です。

ビタミンAとも言うんですが、レチノイド・レチノイン酸(トレチノイン)など、みんな親戚みたいなものです。

どれかによって、強さ・副作用のきつさなどが変わってきます。

ビタミンA自体は、皮膚病の一部に対して従来より使ってきてますが、妊娠中に飲むと、先天異常児(いわゆる奇形です)になる確率を上げてしまうため、飲んでる間は避妊が必要な薬です。

飲むことによって、皮膚の代謝が、ものすごくすすむので、皮膚が薄くなったり、赤くなったり、と副作用もいろいろあります。

サプリとして、ビタミンAを飲んでも大丈夫なんですが、なんでもそうですが、必ず用法用量は守りましょう。一般の方が知らない副作用がありますから。なんでも、取り過ぎはダメです。

さて、塗る方のお話です。

レチノール・トレチノインの効果として、ものすごく大雑把に話しますが、皮膚の代謝をものすごく亢進します。その結果、メラニン(シミの元)をどんどん排出してくれて、角質をどんどん剥がすので、毛穴掃除に役立ちます。表皮のヒアルロン酸が増えて、小じわが目立たなくなります。コラーゲンの作るのを促進してくれるので、小じわ・ハリ(これは、何を「ハリ」と取るか、主観の問題もあrますが、タルミは無理です)に役立ちます。皮脂も抑える働きがあるため、ニキビのケアにも有効です。

これだけ、聞くと、魔法みたいな薬ですが、そんなうまくはいきません。

副作用として、代謝が亢進しすぎることで、皮がボロボロめくれて、乾燥・赤み・角質が薄くなる→バリア機能が下がる(いわゆる敏感肌っていうヤツです)・ヒリヒリするなどの刺激感などなど。。

このため、使えない方あるいは、間違った使い方をして、ひどい副作用が出る方など。

また、クリニックでもらうトレチノインの場合、必ず改善したいところの一回り小さめに塗らないといけません。そこに重ねて、一回り大きくハイドロキノンを塗らないといけません。

これは、何故かというと、トレチノインでシミになるからなんです。ハイドロキノンを重ねて塗って、シミができるのをブロックしようという目的です。

でも、トレチノインも刺激があり、ハイドロキノンも(ちゃんとした濃度のは)刺激があり、ハイドロキノンにかぶれる方は、もちろん使えません。

トレチノインも、しばらく使うと、耐性ができて、効かなくなってしまうので、濃度を様子を診て変えていかないといけないんですね~。そのため、赤みなどが出なくなったら、受診する必要があります。

また、最初、濃度が適切かどうかも、診察の必要があるので、ちゃんと正しく、少しでも安全に使うなら、少しマメにクリニックに行く必要があります。

「全然かぶれない~」と喜んで使っていたら、実は、耐性が出来て、効いていないだけだった、ということもあるかもしれません。

トレチノインにしろ、ハイドロキノンにしろ、なんでも擦りこんで使う方がいらっしゃって、何回説明しても、ダメな方、というのが、たまにいらっしゃいます。

そういう方は、次に受診された時に、真っ赤っかの顔で、ヒリヒリしまくって、一部はシミになって、まだらになって、エライことになって、来られるんです。

患者さんもビックリですが、こちらもビックリです!

また、そういう方に限って、塗るのを止めないんですね~。普通だったら、赤みが出る・ヒリヒリし出す、となると、恐くなって止めるか、ご連絡して来られます。そういう方は、「塗れば塗るほど、良くなる」と思いこんでおられるので(合っていれば、そうなんですが。。副作用もありますし。。)、絶対止めないんですね~。

そういう意味で、トレチノイン・ハイドロキノンを効かそうと思うと、患者さんを選ばないといけません。

また、この方なら、大丈夫!と思って、説明して、次回来られて、あちゃ~、ということもたまにあります。

結構、使いづらい薬なんですね~。ちゃんと使っても、元々の副作用(というか、赤むけとか刺激感は、普通起こります)は、必ずどこかで出て来ますから、そんな薬って、長続きしませんよね。

劇的な効果があるなら、ともかく、私は、使いづらいと思っているので、当院では、今のところ、トレチノインは取り扱っていません。他の方法で、なんとかなるので、トレチノインでないと!という患者さんが出てこられたら、考えます。

同様に、ハイドロキノンもあまり、出しません。

一応、お出しできるように、用意はしてありますが、エクイタンス®で、事足りるため、開業してから、お出ししたことがありません。

やっぱり、どなたでも、安心して使える薬(仮に、間違った使い方をしても、そんな大したことは起こらない)、というのが、普段のスキンケアとして、いいかな~、と思います。

そんな中、やはりレチノール商品というのは、モノによったら、アリだと思います。

このRocのレチン-OXセラムMは、以前より私も使ってました。

市販の化粧品でも、レチノール商品は、いろんなブランドから出ていますが、濃度が薄いと、せいぜい保湿くらいの効果しかありません。

ところが、このRocのは、市販なのに、濃い~いんですね~。Rocの(これの)従来のモノの3倍、濃いそうです。しかも、お値段が安い。

化粧品としたら、高めに入りますが、レチノール商品で、この値段はほとんどないです。

そして、小じわの改善を認めた、というデーターがあったため、使い始めたのがきっかけです。

小じわがあまりないと、どう変わっているのか、目に見えてはわかりづらいと思いますが、普段のスキンケアとして、タイタン・ジェネシスに足すように使ってました。

これは、あまりに濃いため、4週間限定です。集中ケアなので、4週間使ったら、しばらくお休みしていただきます(角質が薄くなりすぎることがあるので)。

さすがに濃いため、市販と言っても、人によれば、赤み・ヒリヒリ感を感じる方も時々いらっしゃいます。そういう時は、1回使って、数日休んで、とするか、乳液の後に塗るとか、刺激を減らすように使うかですが。

今は、Rocのレチノールは、全て白いシリーズに変わってます。新しいバージョンになって、かなりパワーアップしたようで、シワに対する効果も、パワーアップしたみたいですが、私は、使ってみて、かなりの刺激感を感じました。(前のは、全然大丈夫でした)

私で刺激感ということは、結構他の方も刺激では?と思い、新しいバージョンのは取り扱っていません。

Rocのレチノール商品が好きだったけど、新しいのはダメだった、という方(現にいらっしゃいました)には、こちらの前のバージョンがおススメです。

そうは言っても、レチノールの刺激が苦手も方も、もちろんいらっしゃるので、レチノール商品を入れ替えることにしました。

そのため、在庫一掃セールみたいな感じです。

ちょっと、家でシワ用の化粧品を使ってみたい方には、いいと思います。

ただし、目の周りには使えません。目の周りには、エラスチダーム®をお使いください。

これも、絶対擦り込まないように!(擦り込んで良いもの・いいところなんて、ありませんけどね)

夜1回のみの使用です。

こちらのレチノールシリーズは、もうドラッグストアとかに行っても、販売していませんので、狙っていた方はお早目にどうぞ。在庫が無くなり次第、終了です。

 

当院では、アザ(太田母斑・扁平母斑など)用のレーザーは取り扱っておりません。

でも、時々アザの患者さんがいらっしゃいます。

ご本人は、シミだと思っていて、実はアザだった、という場合です。

特に、遅発性太田母斑様色素斑は、子供の時にはなく、ある程度の大人になってからできるので、薄めのモノだと、そばかすやシミだと思っておられる患者さんもいらっしゃいます。

皮膚科医・美容外科医でも、シミなどを専門でやっていないと、ただのシミと言われたり、ひどい時には、肝斑と言われたり、と中々アザの指摘をされないことも結構あります。

アザか、シミか(あるいは肝斑か)で、治療経過・治療方法が全然変わってくるので、診断を正しくつけるというのは、とても大切なんです。

うちに来られた場合、アザのみ、という方もいらっしゃれば、肝斑が混ざってる方、あるいは、普通のシミも混ざってる方、いろいろです。

肝斑が混ざっていたら、アザであろうと、まず肝斑治療からですが、アザと普通のシミだけであれば、フォト(ライムライト®)をすることがあります。

肌を50倍にして見ることができるので、それで、茶色い色素(太田母斑とか深いアザは、灰色の色素が見えます)があれば、フォトでできるところまで、やってみるのも一つの方法です、というご案内はします。

(扁平母斑は、あまり積極的にはしていません。確かに、ちょっと薄くなる方もいますが、再燃しやすいこともあるからです。患者さんのご希望ですることもあります。)

ただし、最終、深い部分のアザは必ず残ります。どこまでがアザで、どれだけシミが混ざってるかは、経過を見ないとわからないんですが、シミであれば、ある程度フォトで薄くできるし、アザの浅い部分が確かに薄くなることがあるので、できるところまででよければ、ということでライムライトをあてています。

経過は様々ですが、日焼け止めさえ頑張っていただければ、確かにちょと薄くなります。

フォトで反応がある間は、フォトでもいいと思います。薄くなって、もうレーザーしなくていいや、という方も出てこられます。人それぞれです。

アザでも濃い目の患者さんから、よくお聞きするのが、コンシーラーというより、カバーファンデーションの話です。

中々、市販でいいモノがないのと、塗りにくいわりに結構値段がするのと。。毎日のことなので、かなり大変だと思います。

以前に知ったんですが、資生堂の中には、いろんなグループがあって、その中の一つに、アザやキズ跡用のファンデーションを作っている部門があります。

「パーフェクトカバー」のシリーズですhttp://www.shiseido.co.jp/pc/index.htm

学会に行くと、専用ブースがあったので、頼んでテスターをいくつかいただきました。

各種の色はありませんが、テスターがありますので、これを試しに塗ってもらったところ、かなり今使っているのよりも塗りやすいのと、価格も良心的なのと、カバー力もある、ということで、喜ばれる方が多いです。

ただ、塗り方にコツがいるそうで、ご購入をお考えの方は、HPに載っている取り扱い店で、予約をしてもらって、塗り方指導を受けてから、購入していただくことになります。(そのほうが、絶対キレイに塗れると思います!色も色々見てもらえますしね。クリニックに一番近いところだと、高島屋の角にある、池善化粧品でしょうか。確認して、予約してくださいね)

ただ、ホントにスゴイカバー力なので、ここまでは要らないという方、アザの方というより、ニキビ跡の赤みの方とかには、資生堂ナビジョンのスポッツカバーファンデーションがおススメです。

これは、レーザーー後のかさぶたなどにも塗ってカバーしてもらうために開発されたもので、ニキビやニキビ跡にもちろん使ってもらえるタイプになります。

パーフェクトカバーほどではありませんが、これも結構なカバー力で、塗りやすさは、かなり上です。お値段もお手頃です。

これは、ウォータープルーフとも皮脂・汗に強いとも表示がないんですが、水で洗ったくらいでは落ちません。

基本、洗顔は、石けんやマイルドなクレンジングをおススメしているんですが、マイルドすぎると全然落とすことができません。これは、やっぱりちゃんとしたクレンジングオイル(ナビジョンのは、取り扱ってませんが、いいと思います)か、キレート剤配合とかのクレンジングでないと、ちょっと難しいかな。。。無添加石けんを泡立てたら、一応落ちましたけど。

先日、ニキビ跡の赤みを気にされている患者さんと、水に塗れても落ちにくいBBクリームって、まだないですね~、とお話していて、「そうだ!スポッツカバーだ!」と気づきました。

帰りに塗ってみてもらったところ、結構なカバー力で、普通のファンデより、全然カバーできますね。

ノンコメドジェニックなので、ニキビが出る方も、使いやすいと思います。

色が2種類しかないので、赤みの強いところだけ、カバーして、上から自分のファンデやBBクリームを塗ってもいいと思います。

赤みって、普通のファンデでは、なかなかカバーできませんものね。

こういう、一見もうかりそうもない化粧品(実際、そんなに儲けないと思います)に、開発・販売に時間とお金をかけてくれるのは、資生堂という大企業だからかも。

他の部門で、儲かっているから、こういう少数派の方用の、化粧品を作ってくれるところはさすがです。

資生堂だけあって、塗りやすさは、他のメーカーのカバーファンデよりも群を抜いていると思うんですけどね。

こういうところは、いつもスゴイな~と尊敬しちゃいます。

資生堂さん、これからも研究頑張ってください。

多くの患者さんから、肌にやさしいBBクリーム(ファンデでもいいんでしょうが)があったらな~、と言われます。

今、開発中かもしれませんが、ナビジョンの日焼け止めのウォータープルーフタイプと、色つき、お願いしますね~。