プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近投稿した写真

ホーム > 医療



ラティース®やルミガン®って、ご存知ですか?知る人ぞ知るまつ毛育毛剤なんです。頭の育毛剤と違う点は、使うのを止めたら、ゆっくりと元の状態に戻ることです。使っている間は、まつ毛を作るのを刺激して、濃く長く太くフサフサにしていってくれます。アメリカの薬ですが、白人よりも日本人やアジア人のほうが効果が出やすいと学会でも発表がありました(アジア人は白人よりも元々まつ毛は短く少ないため、結果が出たらすごくわかりやすいですよね)。

20100917_1.jpg  20100917_2.jpg

このモニターの方は、1か月でまつ毛がここまで増えて濃くなったので、喜んでおられました。1か月経つ前から、変化に気づいていたそうです。ちょっと写真が悪いので、よろしければ、クリックしてアップにしてみてください(ちなみに、左がビフォーで右がアフターです)。診察に来られたら、直接写真をお見せできます。使っていた患者さんで、あまりに長く伸びてフサフサになられたので、「それエクステですよね?」とお聞きしたら、「ラティースですよ」、という方がいらっしゃって、「まつ毛倒れませんか?少し休止しましょう(笑)」とおススメして止めた方がいらっしゃいました。ビックリです!(ちなみにこの方は4カ月使っておられた時のお話です)

皮膚や目の中に入ると、それなりの副作用が出ますが、うまくちゃんと使えば、いい状態を保つことができます。絶対、マスカラを塗るような感じで塗らないこと!そうすると、目の下の皮膚について、そこから毛が生えてきちゃいます!(産毛が濃くなるような感じです)まつ毛自体に塗っても、何の効果も出ません。まつ毛の生え際の毛を作っているところに薬がつかないと効きません。

エクステで、どんどんまつ毛は抜けちゃって、困っている方の救世主です。日本人のまつ毛は、下向きになっていることが多いので、増えた後は、ビューラーで優しくあげてあげれば、マスカラ要らずです。これにマスカラをつけると、さら目ヂカラアップです(人によっては、かなりの目ヂカラかも・・)ビューラーも絶対に挟んだまま引っ張っちゃいけませんよ!まつ毛抜けちゃいます!!

まつ毛は大切に、大切にしてくださいね。

(妊娠授乳中の方は使えません。持病をお持ちの方は、処方できないことがあります。医薬品になりますので、購入するのは、必ず診察・カウンセが必要です。)

 

まだ暑い日が続いておりますが、朝夜のひととき、涼しく感じる瞬間が少しずつ増えてきましたね。こういう季節になってくると、頭の抜け毛、気になりませんか?

私は、2年程前に初秋に結構抜けたことがあって、美容師さんに、夏冷たいものばかりとりませんでしたか?と聞かれたことがありました。東洋医学でも、昔から体を冷やさないというのは基本だそうです。

もともと顔のマッサージはよくないと思っていますから、その延長で洗髪時も頭をあまりワシワシとマッサージするほうではありません。それも災いしたのか、頭頂部の頭皮はガチガチでいかにも血行が悪そうでした。その時は本当に分け目の毛が薄いのが目立って、拡大鏡で頭皮を診ても、産毛のような細い毛が少し伸びてきているかというぐらいで、このままでは禿げる!と、かなりあせりました。

それ以来、育毛剤と頭のマッサージと体を温めるように続けて、数ヶ月で抜け毛のスピードが元に戻って、半年くらいで元の毛の太さと量に戻ったような気がします。それからも、マッサージと育毛剤は続けていたんですが、今年の夏があまりに暑くて、ついつい氷の入った飲み物を結構飲んでしまい(去年とか、できるだけ常温にしてたのに~)、ここ1~2週間結構抜けてきました・・・。1日に100~200本くらいは抜けていると言われる頭の毛ですが、やはり気にしている時はブラシやシャンプーの時に抜けてる毛が多いことに普段以上に気付きますよね~。そういう時って、知らない間にも結構抜けてるもので、掃除の時に気付いたり、トータルもっと抜けてるんだろうな~と思って見てました。最近、育毛剤切れたのをいいことに、さぼってたしな~と反省の毎日です。

とりあえず、冷たいものを減らさなければ!(ダイエットのためにも!)かなり抜け毛多かったですが、禿げる!とあせるところまでは幸いまだいっていません。あっ!拡大鏡で頭皮診て来るのを忘れました・・・。

昨日から育毛剤であるロゲイン®女性用をまた始めました。早い話、血行を良くする薬です。大正製薬のリアップ®って、ご存知ですか?もともとは、アメリカ製のこのロゲイン®が元祖の会社だそうで、大正製薬のが日本バージョンと言いますか、後から開発された同じ内容の薬になります。

ロゲイン®は、男性用が5%・女性用2%となっています。大正製薬のリアップ®は、男性用は昔5%もなかったんですが、今は5%が発売されていますので、ロゲイン®5%を医師であっても個人輸入することは禁止されています(国内で手に入らない場合のみ薬の個人輸入は認められています)。

ただ、女性用は大正製薬は1%なんですね~。それで私もロゲイン®を使っていますが、両方使ってみて、やはり日本製(大正製薬)のは、ホントに良くできています。1回の量が自動で測定されており、先が細くなっており、ひと塗りしても、1度にたくさん出ない様に容器が工夫されているので、まんべんなく塗ることが可能です。髪にもそれほどつきません。日本製ってスバラシイナと思う瞬間です。

ところがアメリカのは、アバウトなでっかいスポイトがついていて(製品は3本に1本しか、しかもついていない)、バーっと1度に出すことができます。早くていいんですが、1箇所にドバっとなってしまいやすいので、髪の毛ベタベタになりやすいです(後でちょっと固まったようにバシバシになります)。フタもすっごい開けにくいんですよね~。アメリカ製の革用のクリーナーかなんかも同じフタだったので、アメリカではよくあるフタなのかと思いました。フタを開けるのに、苦労するときがあります。ご年配の患者さんで開けることができなくて、持ってきていただいたこともありました。アメリカ製って・・・。

まあ、薬は濃いので、抜け毛を気にされている方は、ロゲイン®を一度どうぞお試しください。純正品のスポイトが3本に1本しかついていません(というか3本セット+スポイト1本というセットが1箱に入っています。3本いきなり買えってこと?と思いましたので、当院では1本ずつ販売しています。)ので、足りないスポイト分は別のをおつけしています。スポイトと薬ビンみたいなのがセットになっていますから、フタが開けにくい方には、移し変えしていただくことも可能です。

まだ暑い日がしばらく続くようですが、皆様もくれぐれもお体冷やしすぎませんよう(最近では熱中症が難しいところですが)、冷房の部屋にいるときは、温かいものを飲んでくださいね。

 

昨日は、五山の送り火だったんですね~。すっか忘れてました・・。帰り、地下鉄の駅の張り紙で思い出しました。クリニックからは見えませんもんね。どっか高ーいビルに行くとか、ビルとの隙間のある特定の場所とか、下調べをしないと、なかなか見えるようで、見えません。

さて、よく聞かれる当院のタイタンの効果ですか、もちろん手術みたいに、シャキーンと指で引っ張ったみたいにはなりません。全体を少しずつ引きしめていく感じです。まあ、むくみは即座にとれますが。

レディエッセのモニターの方にお願いしてタイタンをあててみました。

20100817_1.jpg

20100817_2.jpg

上がビフォー(目を開けている写真が、前々回のしかありませんでした。すみません。)下が処置直後のアフターです。もともと脂肪によるタルミが強いため、フェイスラインとかは写真では、効果はわかりにくかったです。ただ、引きしめていくため、

上まぶたもリフトアップしますので、タルんで小さくなってしまった目が大きくはっきりします。上まぶたのタルミは、基本手術ですが、手術したくない方は、一度タイタンでどこまで良くなるのか、試されるとおススメです。この方は、翌日お友達との食事会で、「痩せた?顔がすっきりして、お肌がツヤツヤしてる。なんかした?」と言われたそうで、喜んでおられました。この方の顔全体の写真を見てみたい方は診察時におっしゃってください。手術ではない自然な若返りがお好きな方には、大変好評です。

毛穴の開きで、悩んでおられる方、結構いると思います。私も脂性なので、鼻~頬にかけて、結構毛穴は開いてます。http://aiko-hifuka-clinic.com/symptom/pore.htmlにも書いてますが、皮脂の中に毛穴をすり鉢状にさせてしまう成分が入っているせいなんです。乾燥肌の方のほうが、毛穴が目立たない(開いてない)のは、そのせいなんですね~。だから、どうしても、Tゾーンや皮脂の多い所・肌の方が、毛穴が開いてしまうわけです。

私も定期的に、ケミカルピーリングで毛穴掃除をして、皮脂を抑えていますが、40歳も過ぎると、あんなに脂性だったのに(今でもですが)、ピーリング後の乾燥がかなり気になるようになりました。そのため、回数は昔より減らしました。鼻だけやっても、鼻もカサカサになる時があって、歳をとったんだな~と実感する瞬間です。

そんな時に、資生堂NAVISIONから、グリシルグリシンの化粧品が販売されて、試してみました。スキンケアとして使う美容ジェル(GGエッセンス®)です。使い始めて数週間して、よくわからないけど、まあいいのかな~というぐらいの感じでした。理論的には素晴らしい成分なので、今も続けてます。

この商品は、マスクもシリーズで出ているんですが、私はもともとマスクって、そんなに効く?という考えの持ち主で、それほど期待はしていなかったんですが、グリシルグリシンが濃いのと、ヒアルロン酸など保湿成分もたくさん入っているというので、マスクを試してみました。すると、翌日、毛穴のすり鉢部分が浅くなってました!まるで、ピーリングで毛穴掃除をした時みたいに!おおっ!という感じです。もちろん、その成分で一時的に整えているだけなので、エッセンスを続けても、マスクほどの効果は持続しませんでした。翌々日に、もう1回マスクをすると、また毛穴が浅くなり、おおっ!という感じです。

化粧品は、まあ毎日のお手入れなので、継続することで落ち着かせるという感じのものです。毛穴の開きを気にされている方は、美容ジェルを使いながら、ここぞ!という大事な勝負の1週間前に集中パックをすると結構いいかもしれません。もっと何とかしたい!という方は、これのイオン導入がクリニックならできますので、さらに濃いのが毛穴の奥まで届くので、本当にオススメです。今週末にある美容皮膚科学会でも、このエッセンスの発表があるので、さらに効果的な方法を聞いてきますね。

ただし、タルミのせいの毛穴の開きや皮脂が原因ではない毛穴には効きませんので、ご注意を。

GGエッセンスを使っても、害はありませんし、皮脂が多くない方でも、予防的に使ってみるのももちろんありですが、目立つ原因が他にあれば、他の治療のほうがオススメです(当院では、拡大鏡で診察してから治療のご提案をしてます)。

これもよく患者さんから聞かれますが、「ニキビは、自費ですか?」と。

保険のみというのも、もちろんできます。ですが、HPにも書いてますが、保険診療をしながら、ピーリング(ニキビのために)や光・レーザー治療(ニキビのために)は、混合診療というものにあたり、できません。(ニキビ跡のシミ・赤み・くぼみは、もちろん自費診療です。保険で、良くしてくれる薬はありません。)

混合診療をやっているクリニックがあることも知っていますが、当院ではやりません。(厚生労働省は認めていませんので、後からエラいことになります。)

保険診療の場合、本当に保険の薬のみです。塗り薬がメインで、ひどい場合に、化膿止めの飲み薬を処方します。もちろん、ニキビのタイプで塗り薬は変えていますが、ニキビを出にくくさせるということはできません。塗り薬で、ディフェリンゲルというのが画期的な薬ですが、お肌に合わない場合、保険で代わりになる薬がありません。塗り方も大事ですが、やはり薬との相性もありますから・・・。

ディフェリンゲルに代わるものは、やはりピーリング(自費)で、ディフェリンゲルよりは、私は副作用が少ないと思います。(もちろん、正しく行えば、です。)

正しいピーリングで、毛穴の汚れを取って、お肌のバランスを整えて、ニキビを出にくくさせていくというのは、ニキビ肌の方の場合、大変有効です。殺菌効果もありますから。(お肌に合ったピーリングでないと、本当に逆効果です。特にやりすぎは、アトピーみたいに赤くかさかさの敏感肌になっちゃいますよ~。それと、やった後は、保湿と日焼け止めは、とっても大切です。)

薬も欲しいし、ピーリングもしてみたいという方には、塗り薬・飲み薬全て込のイオン導入までついたニキビセットは、かなり価格を抑えたので、本当におススメです。

保険の範囲内で、ニキビをなんとかしたいという方は、保険でご予約をお取りください。保険なので、初診料ももちろん保険です。(自費のカウンセ代は、かかりません。)

やはり、まずは診察を受けて、何が合っているのか、自分のスキンケアは間違っていないのか(結構、間違っている方、多いんですよね。)、どうしたほうがいいのか、という治療方針が大切です。

一人で悩まずに、まずは診察をお勧めします。

 

 

以前より、よく患者さんさんから、「コースはないんですか?」と聞かれていました。

実は、開業準備の時に、クレジットカード会社の方から、コース料金のカード支払いはできません、と言われました(今まで、クレジットと契約していたところは、どうなっているかは知りません)。

コース料金を払ってしまった後で、返金でもめたり、よくエステとか美容外科で倒産というか突然閉めて、コースが残っているのに残りの金額は戻ってこないという事件があったりしたせいだそうです。消費者保護法が、消費者の方に有利に改定された影響もあるのかもしれませんね(詳しくは知りません)。

ちなみに、現金払いでコースを購入するのは、カード会社は無関係なので、できますが、現金の方だけコースはOKというのも不公平だし、コースを買っても忘れてしまう方や、わかっていないまま衝動買いみたいな方もいらっしゃるので、私は、コースはやめておこうと思ってました。コース以外で、なにか継続していただいた方がお得になって、現金でもクレジットでもいける方法はないかと開業前から考えていて、思いついたのが、このシステムです。やはり、1回払いだと、自分で好きな時に止めることもできますよね。

最初に価格を決める時に、比較的抑えましたので、割引きをどこまでするかは、結構悩んでいました。そろそろ3回目の方々がいらっしゃるので、急がねば!と思い、作っちゃいました。

どの治療も回数は多ければ多いほどいいので、4回目6回目は、もう1回追加することで、さらにキレイになってもらいたくて、このお値段にしました。

特に、5回された後の6回目は、かなりのお値打ちですので、おススメです。(ちょっと、下げすぎたかな~と思っている感もありますので、将来的には変更するかもしれません。当分は、この料金で行きますし、変更の場合は必ず前もってお伝えしますので、どうぞご安心ください。)

2年ほど前に発売された新しい注入剤レディエッセのモニターの方の写真ができましたので、アップさせていただきますね。今までのヒアルロン酸と違って、最大の特徴は、持ちの良さです。従来のヒアルロン酸だと、3か月~半年に1度減ってしまった分を追加して、という感じでしたが、これは、1年~1年半持つと言われています。注入できる場所は、限定されますが、法令線・口角下(口元)・ゴルゴライン(頬のくぼみ)・鼻・アゴには、こちらのほうが向いていると言われており、私もそう思います。写真の角度が、ちょっと違うので、わかりにくいと思いますが、左2枚が注入前・右2本が注入後です。

20100727_3.jpg 20100727_4.jpg                20100727_1.jpg 20100727_2.jpg

法令線・口元・右のゴルゴライン(頬のくぼみ)にトータル2本入れています。タルミがきついと、これだけ改善するのに、最低2本は必要です。(どこまで、その方が目指すのかにもよりますが。)結果、かなり若々しく見えるようになり、大変喜んでおられます。注入剤が気になる方は、吸収の遅いレディエッセがお薦めです。オープニングキャンペーンのレディエッセも、残り5本となりました。今ならヒアルロン酸をするよりもかなりお得ですので、注入にご興味のある方は、お早目にカウンセにお越しください。キャンペーンはなくなり次第、終了とさせていただきます。

よく、患者さんから聞かれますが、「夏の間は、フォトしないほうがいいですよね?」「暑い間(紫外線が強い間)は、レーザーしないほうがいいですよね?」と。

私は、そんなことはありませんよ、といつも答えます。(ただし、日焼け止めをちゃんと塗らない方は、絶対しません。効かなくて無駄なだけでなく、火傷のリスクを上げてしまうからです。)

私は、日焼け止めさえ、きちんと塗っていれば、ゴルフに行こうが、南の島に行こうが、スキューバーダイビングしようが、構わないと思います。人生を楽しまずに、夏の間我慢して、家に引きこもってるなんて、もったいないです(家派の方は家の中でエンジョイされていたら、それでもちろん素敵です)。家に居てても、窓から紫外線は入ってきますから、建物の中にいるからといって、大丈夫だということはありません。外にいるのか、中にいるのか、また同じ中でも、窓側なのか、反対側かで、日焼け止めのケアの仕方はもちろん違いますが。

フォトしたいために夏のスポーツが大好きなのに我慢される方、逆に、スポーツをしたいから大好きなフォトを我慢される方、どちらも対立するものではないんです。(日焼け止め塗るのがめんどくさいという方は、残念ながらあきらめてくださいね。)

もちろん、紫外線の強い時期と弱い時期で、フォトの設定は私は変えています。やはり強い時期は、溜まっているシミの予備群がたくさんいますから、日焼け止めを塗っている方でもこちら側としては注意が必要です。夏の間は、より白くするためにフォトをするというより、秋に新しいシミを増やさないために・増えても少しで済むように、予備軍を溜めないために、フォトをおすすめします。逆に夏こそフォトだと思います!そうは言っても、思いがけず日焼けをしてしまった場合は、その時の状況を細かく教えてください。お肌のダメージ具合を考えて照射します。ただ、真っ赤になっている間だけは、赤みが引くまで、フォトはせずに、早く赤みが引くように、ダメージを抑えるような処置に変えますので、少しだけ辛抱してくださいね。

うちは、ナースがフォトをあてるのではなくて、私(医師)があてますので、1発ずつお肌の反応をみて次の設定をしていますから、安心していただいて大丈夫ですよ。日焼け止めも塗り方がわからない・どんなものを塗っていいのかわからないという方(結構いらっしゃるんですね~)、お肌に優しいクリニック専用の日焼け止めを各種揃えていますので、どうぞご相談ください。塗り心地やお好み・ライフスタイルに合わせて、ご提案しています。きっと貴女に合うのがみつかると思いますよ。

お知らせにも載せましたが、保険の方だけでなく、自費診療の方にも明細書付き領収書が出せるように、電子カルテで設定を行いました。

保険診療の明細書発行については、いろいろな意見があり、やはり患者さんに直接言えない薬や治療(もちろん、ご家族はご存知です。ご本人への告知の問題です)の場合、明細書をお渡しするわけにはいかない場合などもあり得るわけです。当院では、告知問題でご家族とご相談しないといけないということは、ほとんどないと思いますが。明細書の義務化を構成労働省は言っていますが、病院によっては対応できなかったり(結局、そのせいで全ての会計をはじめとする事務手続きが時間がかかり、患者さんはさらに待たされ、一体誰のための明細書発行なのかという意見もあるそうです。)、今のところ、全ての病院でもらえるわけではありません。

ですが、自費診療のクリニックでは、お店で商品を買ってレシートを貰うのと同じようにレシート(明細)をくれるところはほとんどありません。

私は、常々、自費診療こそ明細は必要と思っていました。開業したら、何かできないかな~と思ってました。全て手書きは、時間がかかるので、どうしてもお待たせしてしまいますからね。

昔勤めていた自費診療のクリニックでは、合計金額を言われて払うだけで、一体何の金額なのか中身はわかりません。領収書は、ご希望の方には渡していたようですが、患者さんからしたら、お金を払った証拠すらないわけですから、ちょっと不安になると思います(カルテの入金欄には、もちろん記載されていますが、患者さんからは、わからないですよね。)

今回の開業にあたり、導入した電子カルテ「ダイナミクス」は、自費診療分も全て登録できて、明細書付き領収書が出せるんです。スゴイです。忙しかったので、自費分全て登録するまでに少し時間がかかりましたが(作業を始めると、ダイナはすごく簡単なので、作業自体はめっちゃ早かったです。ダイナって、すばらしい~。)電子カルテが自動で計算してくれますから、明細に載っていないことは、一切金額にはのってきません。

安心して、治療を受けていただけると思います。

(もちろん、明細書は困る(?)という方は、出さないようにしますので、どうぞおっしゃってください。)

「お知らせ」のページの調子が悪いみたいなので、こちらにお知らせいたします。忙しさにかまけて、HPにのせていなかったんですが、オープニングキャンペーンのお知らせです。

先着10名の方限定で、

ヒアルロン酸の次世代注入剤レディエッセR1本¥130,000→¥78,750(¥75,000+消費税) 

にさせていただきます。

定員人数に達しますと、自動的にキャンペーンは終了ですので、ご了承ください。

レディエッセRや注入剤にご興味のある方は、一度診察・カウンセリングをお受けください。

(お肌の状態により、適応がない場合もございます。)

 

114 / 115« First...102030...111112113114115