プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近投稿した写真

ホーム > 医療



途中から見たので全部ではないんですが、この番組、時間があったら、つい見てしまいますね~。

学者の中では、澤口先生(鶏みたいな、落ち着きのない脳科学者の方です)・武田先生(環境問題専門のメガネの先生です)・池田先生(アンパンマンのジャムオジサンからひげを取ったような、ちょっと禿げた先生です)・尾木先生(教育評論家の尾木ママです)、好きですね~♪

皆さん、とても個性があって、変わっておられるので、それぞれの学会(業界)で、どこまで異端児かわかりませんが、あのまま、ご自分が思われるまま、どんどん行っていただきたいものです。

まあ、この番組、娯楽番組として観ないといけませんが、科学者の方だと、いろんな考え方やデータを教えてくださるので、「ああ、そんなデータもあるんだ」と興味深く拝見してます。きっと、自分と全然専門が違うから、楽しめるのかもしれません。同じ分野だと、「はあ~?」ということが多々あるので、私と専門の違う科学者の方々も、その業界では、「はあ~?」と思われているのか、いないのか。。

人によりますか。。

さて、今日の話題で、私の知る限りの真偽をお伝えしますね。

ストレス発散の方法だったかと思うんですけど、テレンス・リーさんが、炭酸飲んだら、ゲップが出るから、ストレス発散できる、だから何でも出したほうがいい、みたいなことを言われてました。戦争中、米軍の兵士のストレス発散のために配ったとか。

テレンス・リーさんのお話を、真面目に受け取っている方は少ないと思います。(言い切っておられても、決して真に受けないで下さいね、念のため。)お酒の席での、面白話みたいな感じですか?

ゲップがストレス発散に効くかどうか、聞いたことがないので知りませんが、炭酸ガスというのは、自律神経の中の副交感神経を優位にする(リラックスさせます)というデータを、かなり昔に論文か何かを読んだ記憶があって、患者さんのおうちでの生活指導にも炭酸飲料を使うことがあります。

例えば、皮膚科医としては、アトピーとかひどい湿疹・じんましんの方など、かゆみで悩んでいる方には、炭酸飲料をあまり飲まないように、指導します。どうしても飲みたい時は、かゆくなるのは覚悟していただきます。

リラックスさせてくれるのでだと思いますが、アトピーの子供たちって、ホントに炭酸が好きだったりするんですね(アトピーだけでなく、若い子は好きですけどね)。ストレスも多いんでしょう。でも、よけいに、痒くさせますから、ホドホドに炭酸を減らしていって(ストレスがかかりすぎないくらい)、皮膚を落ち着かせるのを、優先させることも大切なんですね。湿疹の程度にもよりますが。

それを利用して、ストレスのある時やちょっと元気のない時とかに、炭酸飲料を飲むというのはおススメです。リラックスできますよ。

ちょっとイヤなことがあったら、シャンパンやスパークリングワイン、炭酸の入った色のキレイなカクテルなど、見ているだけで、気分が上がりませんか?泡って、見ていて飽きませんね。

お祝い事に飲むのもいいですが、イヤなことがあった時に、炭酸で気分を上げてもらいましょう!

ガス入りのミネラルウォーターやペリエとかなら、ダイエット中でもいいですね。食事の時にも車でもいけますから。

炭酸で副交感神経優位ということは、消化管の動きも良くしてくれます。だから、食事の時に摂るのは、理にかなっているんですね~。

消化管の動きを良くしてくれるので、便秘の方にもおススメです。

便秘の方の場合、まず朝起きて、コップ1杯の水を飲みます。体を冷やさないほうが、ホントはいいんですが、常温や白湯を飲んでも腸が動かない方は、冷たいほうが、腸はビックリして動きやすいです。(冷たいモノ、飲んだら、おなか壊したりしますよね。同じことです)

それでも、ダメなら、水の代わりに炭酸を飲むんです。(ホントは、朝起きて軽い脱水になっているので、ジュースとかよりも何も入っていない水や白湯のほうがいいんですが。ガス入りミネラルウォーターなら、水と同様に扱っていいと思いますよ。まあ、ぬるい炭酸って、のみにくいですけど。。)

炭酸飲料は、腸を活発にしてくれるんですね~。

(ちなみに、他の科学者の方同士だと、言い合いになることもあるのに、テレンス・リーさんには、誰も意見しませんね。。言い切ったら、とりあえず番組はいいんでしょう。)

もひとつ、ちなみに、ハリウッドで流行っているとかいうコーヒーをおしりから入れる方法、痩せません。。。

腸内洗浄って、おぼえてらっしゃいませんか?7・8年ほど前に、結構日本でも流行りましたよね。

美容外科やエステサロンみたいなところでも、いっぱいやっていて、ワイドショーとか、雑誌とかにも良く出てました。

ものすごい便秘の方が、たまにするというのは、まあ、一つの選択肢にはなると思います。好きな方、というのは、確かにいらっしゃると思います。

ですが、しょっちゅうすると、腸内の大事な菌やビタミン(ビオチンってヤツです。美肌に効く、と美容サプリ好きの方の中では有名です。これも一昔前、結構流行ったんですが。。私は、今でも飲んでますけど。うちでも扱ってます。)を、どんどん流してしまうので、かえって腸内環境を悪くするという意見もあるくらいです。やるにしても、頻繁はダメです。おススメしません。

クリニックでする一応本格的なヤツは、ちゃんとできれば、宿便が結構とれるので、その分の体重が軽くなる、といのはあります。(ウンコの体重分ですね)。すぐに戻りますけど。。

脂肪が減るわけではありません。当たり前ですね。

ひどい便秘というのは、体のバランスが確かに乱れてますから、便秘を改善して、体調が良くなり、結果痩せた、という方もいるかもしれませんが、そこまでの効果はほとんど出ないので、廃れていった、という感じでしょうか。。痩せる!と謳い文句に商売しておいて、痩せないから、お客さんが離れて行って、サロンも激減しました。今では、やっているクリニックも、激減してると思います。

あと、腸内洗浄をもし、やり過ぎたら、栄養も吸収される前に、流してしまうので、栄養失調で痩せるかもしれませんね。モノすごく不健康な痩せ方ですけど。。肌は、カサカサで、ツヤも元気もないでしょう。。

なんでコーヒーが流行ったのか、もう古すぎて忘れてしまいましたが、ネットのいい加減な情報というか、コーヒーで!となると、インパクトがあるので、情報だけ一人歩きしてしまったようだった気がします。クリニックで、コーヒーでしていたところは、無かったと思いますよ。医学的根拠は、まったくありませんでしたから。新しい論文でも出てたら知りませんが、もともと腸内洗浄についての効能・効果の医療論文自体も、あの全盛のころにもなかったですからね~。

あの当時ですら、コーヒーは刺激があって、腸の粘膜に良くない、とかだったと記憶してます。

おうちでするのは、ホントの腸内洗浄できませんから、いろいろ入れて、簡単に手に入るコーヒーーにたどり着いたのかもしれませんね。

便秘は良くないですが、出すほうがいくらマシと言っても、まあ、ススメません。

便秘なら、薬や、生活改善など、普通のことから始めて、それでも無理だったら、、、

腸内洗浄の前に、病院で検査を先にしたほうがいいのかもしれませんね。

患者さんが、よく、「シミにレーザーをあてて、消してください」と言われますが、私たち美容皮膚科医にとっての、シミのレーザー治療というのは、主にQスイッチレーザーのことを指します。

Qスイッチレーザーにも、いろいろ種類がありまして、Qスイッチルビーレーザーが一番有名ですが、QスイッチヤグレーザーやQスイッチアレキサンドライトレーザーなどがあります。

いわゆるフォトフィエシャルや、当院のライムライトというのは、光治療という分類で、「レーザー」という治療とは全く違うモノになります。

それを知っていて、レーザー治療をしてほしいと希望される方と、知らずに、「シミを取るモノ」「顔に何かをあてるモノ」という総称を「レーザー」と呼ばれることがあるため、混同される方も結構いらっしゃって、カウンセリングにお時間のかかることもあります。

「肝斑には、レーザーあてたら、ダメなんですよね?」と当院の肝斑セットはフォトであるライムライトを使った治療なんですが、いいのかな?とビックリされる方もいらっしゃいます。

肝斑にフォトを使った治療をするクリニックが非常に少ないのと、「フォトはレーザーではないから、大丈夫なんですよ。でも、フォトだけを肝斑にあてるということはしませんよ」という話をしても、すっかり抜けてしまわれている場合などに、?になられるようです。

まあ、ご理解されてからしか処置はしませんから、普通は心配いりませんが。

患者さんから、他院での治療されたこられたお話とか聞いていると、あまり詳しい話(副作用やアフターケア・日焼け止めの必要性など)をされずに、Qスイッチレーザーをされていることが多くて、ビックリします。

Qスイッチレーザーの治療経過をちゃんと説明を受けて、処置される分には、患者さんがご自分で選択したことですから、いいと思います。

確かに、1回でもとてもよく効く方もいらっしゃいます。昔からある治療で、今も廃れずに、生き残ってる治療ですから。

これはこの治療でいいんですが、全員の方がうまくいくかというと違うんですね~。

 悪質な美容外科とかで、「すぐに消せます」とか騙されてくれぐれもされませんように。ホントにエラいことになりますから!そんなうまい話は、ありません。

Qスイッチレーザーの適応のあるシミであっても、一旦落ち着くまで、1週間前後はみておくほうがいいので、大事な用事のある直前にそんな危険な賭けは止めておかれるほうがいいです。しかもその間、テープを貼らせるクリニックが圧倒的に多いはずです。(テープの代わりに、薬に色のついた塗り薬?化粧品みたいなのを塗らせるクリニックもあります。クリニックによって、いろいろですが、私はできればテープを貼って湿潤させたほうが早く良くなるのでいいと思います。かさぶたがついた後は、そういうのを人前に出る時は、使って、家に帰ってきたら、薬を塗ってテープを貼って、湿らせてあげると、早くカサブタが取れます。

(当院でも、資生堂ナビジョンのスポッツカバーと言って、カサブタの上から塗って、隠して上から自分のファンデを塗る、という商品を置いています。さすがに、資生堂だけあって、カバー力はモノスゴイです。)

また、Qスイッチレーザーは、データによっても様々ですが、一旦キレイに取れたとしても、その後に炎症後色素沈着と言って、茶色くシミになってきます。こうなる方が約3割。

これが出たら、落ち着くのに、2~6か月以上、ひどい時で1年と、かなりの個人差があります。

Qスイッチレーザーは、あまり考えずに、気楽にやるものではない、と私は思っています。

ゆっくり、よく考えてからされるほうがいいです。簡単に取れるように言うクリニックが、まだあることに愕然とします。ちゃんとしたところは、副作用や経過を処置前に必ず言ってくれますから、そういうことを教えずに、処置させるクリニックは、おススメしません。

(何も教えずに、最初から、たくさんあてて、お金だけ巻き上げて、後は知らんぷり、みたいなクリニックもあります)

もちろん、肝斑の方・可能性のある方は絶対にやってはいけません。

何かあっても大丈夫な時に、わかりやすいところ(経過が見やすいところ)、もしくは、ホントに何かあっても(かえってシミになっても)気にならないところに、まず1個あててみて(たくさんしたい方であっても、初回は、せめて数個以内で我慢されては?)、経過がわかって、自分も安心したら、たくさんする、というのが私のおススメです。

もし、たくさんあてたところ全部、炎症後色素沈着になったら、とても困ると思うんですが・・・。

「安かったから」という理由でされる方も、結構いらっしゃいます。確かに、安いというのは、とても魅力的ですね。ただ、その場合は、大きな副作用のないことならいいと思うんですが、ダメ元で、仕方ないと思えますよね。大きな副作用(かえって、濃いシミになった、肝斑が悪化した、赤みが引かなくなった、凹んだまま戻らない、などなど)が出てしまうと、それを戻すまでの時間と早く落ち着かせるための治療の金額のことを思うと、途方にくれてしまうのではないでしょうか。。

他院で、処置されて、ひどくなって、「なんとかしてほしい」という方が、結構うちにいらっしゃいます。

その中には、説明されたけど患者さんが指示を守らなかった、という場合も少しありますが、ほとんどは、やったクリニックが説明をしてない、適当に看護師だけでやっている、ひどいのになると、肝斑かもと言いつつ、Qスイッチレーザーをしている、などなど。。そういう場面に出会うと、悲しくなりますね。

皮膚科医・形成外科医から診て、炎症後色素沈着を起こしやすい方というのもいらっしゃって、そういう方には私はQスイッチレーザーはススめません。それ以外の方なら大丈夫か?というと、これが必ずしもそうでないんですね~。肌質から大丈夫だろうと診断した方でも、その後のお手入れのせいなのか、何かわかりませんが、色沈を起こすことがあります。

確率の問題ですから、ある意味、患者さんからしたら、「賭け」ですよね。3割という確率は医療の副作用においては、かなりの高確率です。

また、説明を受けた患者さん側も、色沈の話をすっかり忘れて、なってからビックリされる方もいらっしゃいます。きっと自分は大丈夫と思っておられたのか、副作用も人ごとのように思い込んでいらっしゃったのかは、わかりませんが。

そのため、当院には、今のところ、Qスイッチレーザーを置く予定はありません。

私は、あまり副作用の出ない治療が好きです。

何にでも、二面性というのがあって、長所でもあり、欠点にもなりえます。

副作用が出る、ということはそれだけ強い、よく効く治療とも言えます(そうでないこともありますが)。

そういう治療の場合、ダウンタイムと言って、患者さんが我慢を一定の期間しなければいけないことも多いです。

逆に、ダウンタイムもなくて、すぐにお化粧が出来て、人からもばれなくて、キレイにしていく・・という治療、例えばフォトとかですが、そういう治療は、マイルドなため、キレイになるのに回数と時間がいります(ホントに1~数回で、良くなる方もいらっしゃいますが、全員ではありません)。

強い治療をピンポイントにする分には、それほど困りませんが、顔全体にしたら、その後は落ち着くまで、かなり大変だと思います。

フォトなどは、マイルドな治療なので、一度に顔全体できます(というか、普通顔全体します)。

目的が、似ているようで、全然方向性が違うんですね~。

ですから、ご自分で、どうしたいのか、ピンポイントなのか、全体なのか、ダウンタイムはあってもいいのか、あったら困るのか、副作用は?価格は?通えるのか?肝斑はないのか、肌質は?シミの種類は?などなど、個人個人、合っている治療というのは、違います。

だから、診察とカウンセリングが必要なわけで、当院では受診していただかないと、ご提案はできません。

私が、今でもQスイッチレーザーを勧める場合というのは、患者さんが経過・副作用など納得された方で、ものすごく濃いシミです(10円玉みたいな)。これなら、色沈が出ても、もとよりはまだ薄いでしょう。(これは、場合によったら、Qスイッチでは無理で、炭酸ガスレーザーで削ることがあります)。

他には、アザ(遅発性太田母斑様色素斑など)のみがあって、肝斑のない場合です。

そういう方で、Qスイッチレーザーをご希望された場合は、他院での治療をお勧めしております。

あと、一番大事なことですが、必ず治療を受ける上での注意事項は、ちゃんと聞きましょう。聞いただけでなく、守っていくことが、副作用を少なくさせて、うまく早く良くなるコツです。

 

昼間は、かなり暖かくなってきましたね~。もうすぐ春ですね。お花屋さんには、たくさんのカラフルな花がたくさん売っていて、前を通るだけでウキウキします。

デパ地下のお菓子売り場に行っても、桜のお菓子が盛りだくさんで、全部食べたくなります。

桜のお菓子と言えば、やはり和菓子でしょうか。今回のキャンペーンのお菓子は、和菓子にさせていただきました。

どこのお菓子か悩んだ末、いろいろの桜のお菓子をご用意して、お好きなものを選んでいただく趣向にしました。どうぞお楽しみに。(生モノの和菓子はおいしいですが、日持ちがしませんので、生モノは残念ながら、はずしました。)

さて、キャンペーンの内容ですが、告知が遅くなりました。最近、なんかバタバタしてて、申し訳ないです。

やはり暖かくなってくると、皮脂がそろそろ鼻周りは気になりだしませんか?

そこで!再び、人気のグリシルグリシンのキャンペーンです♪

毛穴の開きには、やはりピーリングやレーザーもいいですが、グリシルグリシンでしょう~。

ピーリングは、肌質によっては、まだ早い方もいらっしゃると思います。

私自身は、先日から、少し鼻周りのピーリングを始めました。ピーリング石鹸のこともあるし、本格的な医療用のピーリングの時もあります。その後は、保湿は抜かりなく。

でも、私みたいな脂性でも、顔全体はまだ早い、という感じです(個人差はあります)。

もっと暖かくなったら、ピーリングのキャンペーンも考えますね。ピーリングには早いけど、毛穴の開きをなんとかしたい脂性の方には、グリシルグリシンが一番です。おうちでもケアできるところが最大のポイントです。皮脂は毎日出ますし、無くせませんから。

グリシルグリシンのセットだと、乾燥もしないので、安心して使えます。特に、グリシルグリシンのマスクは、保湿成分たっぷりなので、おうちでするスペシャルケアですね~。

まあ、正確に言えば、医療ではなく、化粧品の範疇にはなるんですが、皮脂ケア毛穴ケアは、毎日のお手入れが大切ですからね~。集中ケアすると、結構な効果が出ますよ!持続はしませんが(続けないと。。あくまでケアなので。)デートやイベント前には、おススメです。

毛穴が気になる、と言っても、毛穴にはいろんな種類があるので、どんな毛穴かで、おススメケアは全然違うので、診察とダーマスコピーで毛穴を50倍にして、一緒に診ましょう~。

もう1個のキャンペーンは、韓国製のボツリヌストキシンです。アラガンだけでいっぱいにしたいがための思い立ったら吉日キャンペーンなので、採算はちょっと度外視です。。。韓国製、悪くはないんです。トップブランドじゃない、というだけで。美容外科や美容皮膚科でも、韓国製を使っているところ、多いと思いますよ。(中国製は、絶対ダメ!ですけど)

ボツリヌストキシンにご興味のある方は、どうぞ診察を。

ボツリヌストキシン治療のおススメは、私もしていますが、①眉間のシワ ②おでこのシワ ③ワキの汗を抑える の3つです。

目尻の笑いジワは、好みが分かれるところなので、万人受けするものではないです。笑いジワが嫌いな方は、これしか方法はありませんが。

エラBTXは、張っているエラを小さくしてくれるので、エラ張りさんには、とてもオススメです。四角目の輪郭が、少し卵型になります。歯ぎしりの治療にもなりますよ。(エラの張っていない方は、しても変わりません)。

眉間に縦ジワがあると、顔が険しく不幸に見えるし、眉毛が動いておでこにシワが出ると、とても老けて見えます。BTXで、抑えると、結構変わります~♪

ワキのBTXは、本当に楽です。ワキ汗、嫌ですよね~。服につくのも、汗ジミも。服について、汗臭くなるのも。(ワキガには効きませんが、服につく汗が減るので、その分の汗臭さは、減ります)

ふくらはぎBTXは、時間も回数もかかりますから(やりすぎると、危ないので)、ふくらはぎがスッゴイコンプレックス!という方は、ご相談していただければいいですが、積極的には勧めていません。

適応のない方も、かなりいらっしゃいますから。全員に向いているわけではないです(何でもそうですが)。

BTX治療も、たくさんの場所にすると、結構な金額になりますから、いろいろしてみたいという方には、韓国製はお手軽な分、しやすいかもしれませんね。

当院のアラガン社製のボトックス®が全て無くなり、これを機会にボトックスビスタ®に全て変更しました。

まあ、中身は全く同じなので、患者さんからしたら、何も変わりませんが、ボトックスビスタ®は、厚生労働省の承認を受けたモノになりますから、より確かというか安全です(いえ、ボトックス®もそうなんですが)。

海外からの個人輸入ではなく、直接アラガン社が、認可されたボトックスビスタ®を持って来てくださるので、まがい物では一切ありません。

個人輸入だと、万が一にも、ニセモノの可能性も否定はできませんからね~。そんなことがないように、一流の代理店は、今までも通していますが。

以前にボトックスビスタ®に変わると、価格を見直して、値上がりするかも、とチラリとお伝えしておりましたが、お値段据え置きとさせていただきます。同じ価格でのご提供となります。

さて、韓国製のボツリヌストキシンですが、キャンペーンなどでご来院してくださった方、あるいは、ボツリヌストキシンにご興味のある方に、韓国製とアラガン社との違いのお話をさせていただいて、好きな方を選んでいただくんですが、皆さんアラガン社がお好きで、キャンペーンは終わっても、まだ韓国製が残っております。

韓国製のニューロノックス®、全然悪くはないんですけどね。普通にいいです。(悪いと、仕入れませんが。)

韓国製のほうが、少し安くしてあるんですが、恐らく当院のアラガン社の分を、私が計算を間違えて、あまり高くしなかったために、お値段に、むちゃくちゃな差がないため、「もうそれなら、アラガンで。」という方が非常に多いです。私もアラガンが好きなので、嬉しい限りです。

韓国製の使用期限は、まだまだいけるので、ずっと置いといてもいいんですが、冷蔵庫がビスタだらけになっている今、ビスタだけにしたいな~、とも思っちゃうんですね~。切り替える、となったら、すぐに切り替えたい派で、こんなところだけ、片づけ魔です。

ニューロノックス®よりも、アラガンのボトックス®のほうが、こんなに早く在庫が無くなるとは、思いもしませんでした。予想では、やはりニューロノックス®が先かな~、と思っていたので。

同じだけ、最初に仕入れたんですが。さすが、アラガンですね~。トップブランドは、人気強いです。

そこで、今回の4月キャンペーンでも、引き続き、韓国製ボツリヌストキシンのキャンペーンを続行することにしました。今回は、10%オフから15%オフにさせていただきます。

暖かくなってくるため、ワキの多汗症には、大変おススメです♪

アラガンは、そりゃいいのは当たり前ですが、アラガンが高いという方・ボツリヌストキシンって、どんなん?という方には、最初にはお手軽で、普通にいいですよ。

一度受けてみたい、という方は、ご相談ください。

できる場所と、あまりしないほうがいい場所・できない場所などありますから。

ボツリヌストキシンのいいところは、(欠点でもありますが)必ず、元に戻ることです。

表情ジワが抑えられて、その表情が好きな方(思い通りだった方)と、想像していたのとちょっと違うという方、様々です。(特に、目の下や横の笑いジワなど)

もし、それが気にいらなくても、必ず戻りますから、安心です。(よほど気に入らない、という場合は、指示する日までに受診していただいたら、失活(効果を無くす)させられることもできますが、料金は返金しません。失活させる処置は、無料です。韓国製もアラガンもどちらでもです。)

 

昨日フジテレビをたまたま見ていて、「つかえるテレビ」とかいう番組です。

その中で、「法令線を5日で薄くする方法」を見て、呆れてしまいました。

どこからツッコんでいいのか、というくらい、おかしいことの連続で、それをさも効くかのほうに放送するなんて、許せませんね~。

「ホンマでっか?!TV」くらいまでしたら、信じない方もいらっしゃると思うし、テロップも流れるから娯楽番組として楽しめますが、昨日のアレはダメでしょう。

まるで、「あるある大辞典」を彷彿とさせました。日本中から納豆が無くなりましたね。。

とりあえず、一番ひどいところをツッコミます。

まず、顔の筋肉は、コリません(番組の中で、どっかの美容皮膚科医が、筋肉が薄くなっていくことを「顔コリ」とか呼んでましたが、訳がわかりません。年を取れば、代謝も落ちるし、栄養の吸収も落ちるし、筋肉を使う機会も減るのもあって、体中どこの筋肉も痩せて衰えて来ます。当たり前です。それを、「コリ」とは言いません。)

肩こりみたいに、こるわけではないので、ほぐす必要はありません。

また、その次にどっかの柔道整復士とかいう方が、5日で法令線を消すとか薄くするだとか断言してしきりにマッサージさせてました。もちろん、薄くも消えてもいません。

ひどいのは、テレビ局が用意したビフォーアフターの写真、アフターのは、顔の向きが違います。少し上を向かせています。鼻の向きが全然違いましたから。

その写真を持ったモニターの方が、「全然違う~」とか言います。(実際、上を向かせていても、全然違うなんてことなかったです)そしたら、参加したモニターの大勢が、一緒に写真を見て、「違う!違う!」とか言うんですね~。まるで新興宗教の勧誘か、悪徳商法の勧誘と同じですね~。ひどいです。まだこんなことをフジテレビはしますか!

なにか番組として、目玉欲しかったんでしょうが(新聞にも思いっきり書いてましたから)、悪質ですね~。

整体士の方が、マッサージの仕方を教えてました。皮膚をこすらずに、筋肉だけマッサージするように、って。。。

できるわけなかろうっ!!顔の筋肉は、皮膚と筋肉はピッタリとつながってるんです。だからこそ、表情筋と言って、体とは構造が全く違うんです。

そんなことも知らない方が、顔のマッサージを勧めるのはホントに止めてほしいです。また、肝斑の患者さんが増えてしまいます。

また、刺激したら筋肉が太くなってくる、ということで咬筋をマッサージで刺激するように言ってました。たかがマッサージの刺激で筋肉が本当に太くなるんでしょうか?それなら、寝たきりの方で、萎えた筋肉のリハビリは、マッサージだけしておけば、歩けるようになるのでは?怪しすぎます・・・。

仮に、本当にマッサージで、咬筋が太くなったら、エラが張るので、顔は大きく四角くなります。

咬筋を鍛えさせるなら、それも伝えてあげないと、エラ張るのが嫌な人って、いっぱいいらっしゃると思いますよ。エラを細くするエラボトックスが流行るくらいですから。

先日も、フジテレビは震災の報道で、不適切発言があったところだから、焦ってるのかもしれませんが、いかにもちゃんと検証したように放送するのは、いい加減止めてほしいです。

皆さんも、決して鵜呑みにされませんよう。

マッサージしたら、その一瞬は、リンパが流れてむくみが取れて、少しスッキリします。が、すぐにまたむくむので、元に戻ります。ほんのわずかな時間のために、お肌をこすって、シミを作ったり、キメを荒らしたりしたら、何してるのかわかりません。引っ張ることを繰り返すと、皮膚は伸びて、タルミの原因になります。(やりすぎないように、ってテレビで言ってましたが、誰でもやりすぎるにきまってるでしょう~。だって、元々効くわけないのに、効くと思ってやるので、いつまで経っても終わりませんよね。まだやり足りないから効かないんだ~、という方、ものすごくたくさんいらっしゃいます。だから、やりすぎちゃうんです。家ですることって、誰も止めてくれませんからね~。そういうことを放送するほうが悪いと思います。やりすぎたら、どうなるって、同じくらいの時間をかけて番組で説明するべきです。)

確かに、顔の筋肉も年齢とともに、重力に負けて、下がってきます。筋肉が鍛えられていると、支えてくれるので、下がるのがマシだとは思います。

ただ、顔の筋肉は、皮膚とくっついているので、鍛えようと思ったら、皮膚も一緒に動かさなくてはいけません。(筋肉が動くと、皮膚も同じように動きます)

そうなると、シワがドンドン刻まれるので、シワだらけになります。肌質にも依りますが、シワが嫌な方は、なるべく顔は動かさないことです(特に、口角だけ上げる愛想笑いなど)。

顔中笑顔で笑う方なら、まんべんなく筋肉を使うので、全体に小じわが増えます。笑いジワってヤツですね。1箇所だけ使う愛想笑いのシワよりは全然いいんですが、表情豊かな方ほど、シワは多くなってしまいます。(愛想笑いの口角横のシワは、ホントに取れません。ご本人も、もうクセになっているので、止めれません。ここにはボトックスも打てないし、動くシワにヒアルロン酸とかは、あまりいい結果になりません。また良くなっても、すぐに愛想笑いすることで、皮膚が折り畳められるので、また溝になります。)

表情ジワが困るなら、ボトックスしかありません。くれぐれも、ボトックスのやりすぎにはご注意ください。人形みたいな、全然表情の出ない不自然な顔になってしまいますから。(打っていいところと悪いところがあります)

事故とか病気で、顔面神経麻痺になった方は、麻痺側は、シワが全然ありません。動くことが少ないからです。筋肉も伸びてるので(弛緩といいます)、下がりやすいです。だから、法令線やフェイスラインとかは、タルミ(下にさがっている感)が反対側よりも目立つかもしれません。

麻痺していないほうは、普通に動くので、年齢相当のシワができます。タルミも年齢相当ですが、麻痺側よりは、筋肉が弛緩していないので、ちょっとマシなはずです。

まあ、法令線は、頬骨についている脂肪や筋肉の量でも違うので、たるんでなくても、頬にだけたくさん筋肉や脂肪があると、口周りとでできる段差の落差がきつくなるので、そのせいで、たるんでなくても、法令線が目立つ、という方もいらっしゃいます。人それぞれですね~。

ビートたけしさんには失礼ですが、一度テレビでたけしさんのお顔を観察されてみてください。麻痺側のほうが、動きにくいので、どちらが麻痺側か、しばらくしたらわかると思うんですが。シワとタルミの関係・動かすことで、シワ・タルミがどう変わるのか、ということがわかるはずです。

何でも二面性があります。長所にもなれば、欠点にもなります。欠点の部分を放送されていないこともありますし、逆のこともあります。(さんざん褒めて持ちあげといて、急にバッシングに変わったりしますよね)

そうなったら、どうなるか、反対の意見はどうか、と考えながらテレビを見るのも頭を使うので、いいと思いますが、気が休まりませんね。

だから、テレビは、あくまで娯楽ですから、くれぐれも信用されませんように。

 

 

 

卒業式・入学式などのセレモニーに出席されることが多い季節になりましたね。

先日、美容師さんが教えてくださったんですが、関西でも自粛ムードで、謝恩会などが取りやめになっており、卒業式などはやっても、その後のパーティが激減して、美容院にセットに訪れる方が減っているそうです。

女の子達は、卒業式だけでなく、謝恩会にオシャレしようと楽しみにしていたのに、ちょっと可哀想な気もします。謝恩会も趣向を変えて、何かチャリティーみたいに変えられないものでしょうか。

謝恩会が多数取りやめてしまうと、ホテル・外食産業などが関西まで落ち込んでしまって、ますます不況になって、よくないように思います。何かいい方法はないものでしょうか。

さて、そんな中、患者さんの多くは、普段通りの日常を送られていて、うちにも通ってくださってます。皆さん、普段通りにプラスして、被災地のためにできることを考えておられます。もちろん、義援金に送るから、と今回治療をお休みされている方もいらっしゃいます。

自分にできることをする、というのが一番ですね。

こういうセレモニーがあると、お子さんのために出席されるお母様方が結構うちにもいらっしゃって、「えっ!そんな大きなお子さん、いらっしゃったんですか?!」とこちらがビックリしてしまうことも多々あります。卒業式とおっしゃるので、小学校中学校かな、と思っていると、高校だったり、スゴイ時は大学、とええ~!という感じです。いわゆる魔女の方々です。

そんな魔女の方々ですが、やはり最近は、参加されるお母さんの年齢に、かなりの幅があり、ヤンママと言われる20代前半(10代とかも?)と、40代前後と、あいだの30代といろいろだそうです。

お子さんが大学の場合だと、50代、60代、70代と、さらに広がりますよね

子供って、どうして自分の母親の年齢を競うんでしょうね~。

「○○ちゃんのお母さん、若いね~。」とか、逆に「おばあちゃんじゃないの?」と言われて、凹んだり・・。なんでですかね?まるで、若い女の子がいいというオヤジみたいで、笑ってしまいます。

子供なんて、母親の本当の年齢を知っているわけではないと思うので(私も小さい時、母がウソをつくので、本当の年齢を知りませんでした)、ようは見た目で、友達と競い合っているわけで、その辺は、お母さん方も気が気ではありませんね。お母さん同士、お互いに気にする、という女の闘いも重なるそうで、皆さん大変です。

そういうお悩みで、困ってらっしゃる方には、「何をしたらいいですか?」とよく聞かれますが、とにかく法令線を少しでも浅くするために、タイタンがおススメです。ホントのタイタンの効果は、すぐには出ませんが、むくみを即座に取るため、スッキリします。むくみって、こんなに老けてみえさせるなんて、恐ろしいな~と思ってしまうくらいです。

法令線に、レディエッセやヒアルロン酸も即効性があっていいんですが、直前にして、万が一内出血が出たら困りますから、そういう注入剤をされる時は、余裕を持ってされてくださいね。

ボトックスも同じです。ボトックスの内出血もかなり確率は低いですが、ゼロではありませんから、直前は止めておかれたほうがいいと思います。慣れておられる方で、カバーファンデなどお持ちで、もうここしか時間がない、というなら、ありかとは思いますが。

でも、ボトックスが効くのに、2~3日はかかりますし、ちょうどよくなる、というか落ち着くのに1週間要りますから、やはり直前は止めておかれる方がいいと思います。

シミとかは、直前に消せるものではありませんから、せめて何回か光治療などができないのであれば、もう式に間に合わすのはあきらめて、カバーファンデで隠してください。

ホントの直前は、内出血も起こさないタイタンが、おススメです。温かい光をあてるだけなので、患者さんは寝ておられるか、ご一緒におしゃべりされているかのどちらかなので、本当に痛くありません。

時間が無くなってきて、何か若返られないと!と焦っておられる方には、一番人気です♪ 

 

 

花粉症

今日は、休みで家にいて掃除とかする予定だったんですが、朝起きてからずっとえげつない花粉症です。

もちろん薬は予防的にも飲んでいて、1日1錠でいけるヤツで最初はいけてたんですが、本格的になってきて、1錠では効かず、少し前から2錠朝晩飲んでいます。それでも、最近キテるな~と思っていたんですが、今朝ビックリしました。

薬飲んでいるのに、全くダメ!という感じで、何これ?と少し恐ろしくなりました。

眼の症状も早々と出ていて、アレルギー用の目薬もしているんですが、寝ている間に眼をくちゅくちゅと掻いて、起きてしまい、イカンイカンと思いながらまた寝るんですが、またこするのを繰り返すので、今はステロイドの弱いヤツを寝る前にだけ使っています。

ちなみに、花粉症で目が痒いのを何とかするのは、基本眼科でもらう目薬です。飲み薬だけでは、絶対痒みは止まりません。本当に、早く眼科を受診することをおススメします。

花粉症で、どこまでステロイドを使うのかは、医師によっても考え方はバラバラで、できれば使わないにこしたことないです、特に飲み薬は。

目薬や鼻用のスプレーにも、ステロイドはありますが、飲むよりは体への影響は少ないです。影響が少ないからと言って、目にステロイドを使うのは、眼科の先生も慎重だと思います。

そういう意味では、皮膚に塗る薬には、たくさんの種類のステロイドがあり、皮膚科医がステロイドには慣れてしまっていて、ちょっとしたことにも使うのかもしれません(非ステロイドのいい薬が少ない、ということも原因ですが)。

内科の医師も、内服や点滴で結構な量を使う時は使うので(花粉症に、ではなく、重症の病気の時です)、皮膚に塗るステロイドや鼻用のステロイドになると、吸収量や使用量が全然違いますから、気軽に考えやすいこともあるかもしれません。

アレルギーでよく使われる内服に、「セレスタミン」という薬があります。これは、ステロイドが入っています。ただ、内科で使われるステロイドにしたら、量がかなり少ないので、よく処方されることがあります。

もちろん、ひどい時のステロイドというのは、悪化させないないためにも、ある程度必要なんですが(ひとたび悪化すると、もっとエライことになって、同じステロイドもきつくて、しかもたくさんいくハメになることが多いです)、よく皮膚科で目にするのが、患者さんはステロイドと知らずに処方されていて、ただのアレルギーの薬だと思って、1年以上(場合により何年も)ずっとこのセレスタミンを飲んでいたり、1日3回ずっと飲んでいたり、ということがあります(こういう処方するのは、内科・耳鼻科・皮膚科とか科には、あまり関係ないかもしれません)。

ここまでステロイドを飲んでしまうと、いくら1錠に入っている量が少ないと言っても、何かしら体に影響が出ますので、切っていくのも大変です(いきなり止めるわけにはいかないんです)。

花粉症でも、スギだけとかヒノキだけ、となると、限られた期間なので、もしステロイドを使うにしても、そういう意味で言えば、短期間なので、全然問題ない、という医師もいます。

この短期間の中で、ひどい時だけ、使ってもらうなら、さらに使うのを短くできるので、それほど問題はないのかもしれませんが、患者さんの中には、精神的に頼ってしまって、ステロイド依存みたいになってしまう方がいるので、処方も慎重にしないと、そういう患者さんを医師が作ってしまうんですね。

今日、あまりにひどくて、ステロイドを飲もうか一瞬迷いましたが、休みの日にそこまでして抑えなくても、明日クリニックで、違う薬(ステロイド以外)を追加すればいいので、グッと我慢しました。

でも、買い物に行くのに、なんとかしてくれ~!と心の中で叫びながら、ドラッグストアで、エーザイという製薬メーカーが出している鼻の周りにぬって、イオンバリアで花粉をブロックするという「クリスタルヴェール」というのを買って、その場ですぐに鼻周りに塗りました。

一昨年とかも確か塗ったはずで、効いているのかどうかもよくわかりませんが、かぶれなければ、とにかく害がないはずなので、わらにもすがる気持ちで塗りました。

今まで花粉症でマスクをしようと思ったことはなかったんですが(そこまで困らなかったので)、今年は無理なようです。去年が楽だっただっけに、さすがに今年はスゴイ量が飛んでいるんでしょうね。

眼の周りに、、ステロイドの塗り薬が使えるかどうかは、診察しないとわかりません。誰にでも使えるわけではありませんから、ご注意ください。

目薬は、基本眼科で診察してもらってからになります。こすったりして、炎症で腫れたり、キズがいっていることもありますから、それは眼科の診察でないとわかりません。

夕方、節電しているので、暖房もつけずにいたら、結構寒くて、被災地はもっとつらいだろうな、と考えました。

明かりも今は、最低限度にしているので(いつもは明るいのが好きなので、割と電気を付けるほうです)、寒くて暗いと、なんか暗い気持ちにさせてしまいますね。

被災地も、せめて暖房と明かりが十分にあれば、もう少し精神的に楽でしょうに。

花粉症で悩める私は、本当に幸せです。贅沢を言っては、バチが当たりますね。

日曜日に、大神神社のお山に登ったら、次の日から、地獄のような筋肉痛が始まりました。。。

まず、月曜日は、下半身が、硬直して曲がらないような、ロボットになったような、ギシギシ動かす感じでした。もちろん、動くとすごく痛い。

次の火曜日、少し動くようになりましたが、筋肉が棒のようです。動かすたびに、ビーン!と張る感じです。前かがみで動かす、ような感じです。月曜とは全然違う痛みです。

水曜日、平らな靴だとあまり感じなかったんですが、7センチのヒールスニーカーを履いて、お出かけしました。自転車は大丈夫だったんですが、普通に歩くとか、階段とか、足の裏からふくらはぎにかけて、ものすごい痛みが走ります。

本日、木曜日、やっと普通の今までに覚えのあるような筋肉痛になってくれました。

いや~、恐るべし乳酸のたまり方です。筋破壊が著しかったんですね~。

恐るべしお山、というより、私の運動不足が原因です。そりゃ、太るわな~。。。

いつか将来、屋久島や富士山に登れたらいいな~、と思ってましたが、今のままなら間違いなく遭難ですね。いや、遭難の前にメタボですね。う~ん、自業自得ってヤツですね。

筋肉痛が落ち着いたら、もうちょっと運動しなければ!

今回一番の筋破壊は、ふくらはぎだと思うんですが(ずっと一番痛いので)、そうするとこの後、筋肉が大きくなるのは、ふくらはぎが一番てこと?

これ以上、ふくらはぎが太くなったら、困るな~。

患者さんからお聞きしましたが、週刊誌に、「韓国の美少女アイドルは皆ふくらはぎボトックスをしている」と先日載っていたそうです。(確かめていないので、表現の仕方は、実際と違うかもしれません)

真偽のほどはわかりませんが、ホントにふくらはぎボトックスを結構やって、細くしたら、あんな激しいダンスが長くできるかな~、とちょっと思いました。

例えば、バレーとか足腰を鍛えるスポーツをされていた方で、立派なふくらはぎをもっていらっしゃる方が結構多いです。脂肪はあまりないけど、ふくらはぎがドーンと大きい方、誰が見ても大きい方(いわゆるシシャモあしは、キレイな肉感的で素敵だと私は思います。この立派な方は、シシャモではなく、もうちょっとふくらはぎの大きい方です)。

そういう方で、コンプレックスがあるなら、確かにボトックスは一つの治療です。当院でも行っています。

脚を使うことで、筋トレになりますから、どんどん脚は筋肉で太くなるんですよね~。例えば、骨折でギプスをはめて数か月過ごすと、ギプスのほうだけ、極端に細くなる感じ、わかりますか?

お年寄りとか病気とかで、、寝たきりになっちゃうと、筋肉がやせ細ってしまいますよね?

筋肉は使わなければ、どんどん細くなってしまうんです。

それを利用して、脚を細くするのがボトックスです。ふくらはぎの筋肉に注射して、筋肉の動きを抑えるため、筋トレをやめさせるようなものですから、ゆっくりと脚は細くなっていきます。

ただ、脚の場合、立った時に全体重を支えないと、歩けません。走るなんて、もっと支えないといけません。ボトックスを大量に注射してしまうと、体重をささえられなくなります。特に、階段で、降りる時とか、カクっとなってとても危ないです。

1回で、どれくらいの量を注射するのかは、クリニックによって考え方が違うので、量も違うと思いますが、やりすぎるとホントに危ないです。ちょっとずつやって、慣れさせていくかですが、ボトックスをしても、スポーツやダンスなど筋肉を使う(鍛える)ようなことをすると、逆のことをするので、もちろん効きは悪くなります。

アイドルの場合、ダンスの練習しながら、どれくらい注射するかですが、時間はすごくかかると思います。無理なくやっていくなら、1年以上は覚悟しないと。また、注射をやめると、そのうち薬の効果が切れますから、定期的に維持のための注射もある程度は必要です。

ふくらはぎの注射は、内側だけか、外側だけか、両方するのか、診察と患者さんとの相談で決めます。ふくらはぎの筋肉の発達した方は、筋肉がキンキンで、すっごい硬いんですね~。ぶよぶよの脚とは違うんですね~。

まず、1回の注射で、硬い筋肉が柔らかくなったら、ラッキーです。人によっては、2回以上かかるかも。(すぐに効くんじゃなくて、ゆっくり効いていきます)

ただ、その後、3か月間隔(3か月以内のこともありますし、もっと空くこともあります。経過次第です)で、注射を繰り返して、筋トレを抑えていくんですが、脚は普通毎日使いますし、効きすぎると危ないので、回数がかなり必要です。5回して、効果があったらラッキーと思っておくと、いいかもしれません。

もちろん、もっと早く効果がすごく出る方もいらっしゃいますが、みなさんそうなるわけではないです。

日常生活で、どこまで脚を使っているのか、ボトックスとの相性もありますから。

それくらいにお金と時間はかかるかも、と覚悟してやらないと、ヘタすると、ホントに期待外れということになるので、回数を重ねるのに、結構お金もかかりますから、患者さんも安易に考えないほうがいいです。

打たれすぎても、時間が経てば、元に戻りますが、数か月以上かかることもあるため、その間、歩くのがとても危ない可能性があります。大量に打つクリニックは、すぐに効くかもしれませんが、とても危険です。(大量に打つ分、値段も半端ないかもしれません。)

エラ縮小のボトックスは、もっとお気楽なんですけどね。体重の負荷がかかるところは大変です。

週刊誌に、どんな感じで載っていたのかわかりませんが、魔法みたいなことはないので、治療を受けたい場合、しっかりとご相談されてくださいね。

当院の量は、危険を冒す量ではもちろんありませんが、個人差もありますから、ホントにふくらはぎのみすごく太い、という方の場合は、カウンセリングとご理解の上、治療をさせていただいております。

十分細い(太くない)という方には、しませんので、ご希望されても、皆さんできるわけではありません。ご注意を。

 

先日まつ毛が抜けていく、という患者さんが来られました。

若い方です。

診ると、まつ毛の半分くらいが抜けてスカスカです。

今までの経過や普段しているアイメイク・クレンジングの仕方・他の体毛(頭や眉毛や他の部分)はどうか、などなどをお聞きして、皮膚の状態を診て、かゆみなどの自覚症状の有無なども含めて、その結果、原因はアイメイク以外、私には考えられませんでした。

アイメイクは、アイライン・シャドウ・マスカラと結構濃くされるそうです。

クレンジングは、ドラッグストアの目元専用リムーバーを使っておられたそうです。

ラティースは、以前にかぶれたことがあるそうです。間違った使い方(塗りすぎとか、塗ってるところがおかしいとか)をして、かぶれた方なら、正しい塗り方に変えてもらうだけで、かぶれなくなることがありますが、この方は、一応正しく使っておられたようで、その場合、医師としては、勧められません。

 仮に、かぶれなかったとしても、一番原因としてのアイメイクをやめない限り、まつ毛を育てるほうが時間がかかりますから、なかなか難しいと思います。

「そんなことない!」とメイクを続けながら、ラティースもする、という方もいらっしゃるでしょうが、その人の自由ですから、止めても聞かないなら、もうしょうがないですが、無理して、まつ毛がちゃんと伸びてくれたらいいですが、育たなかったら、その間にもどんどん抜けていくので、毛根までやらてしまったら、下手すると取り返しがつきません。自分の体で実験する、という方は、誰も止められませんが、どうしようもなくなってから、何とかしてくれ、となっても、人間の体は、そんなにうまくできていないこともあります。

さて、そこまでまつ毛を抜けさせるほどのアイメイクって、想像つきますか?私はつきません。

確かに、この方、お話を聞く分には、今若い子たちがしている目の周り真っ黒のグリングリンメイクなのかな~、と思いましたが、そういうメイクの子みんながどんどん抜けるわけではありません。

エクステのやりすぎ(接着剤のせいか、刺激自体が悪いのかはわかりませんが)や、ビューラーの使いすぎ・やりすぎで、まつ毛が抜けるのが増えることは多いです。

まつ毛を引っ張ることは、大変良くないです。まつ毛って、頭の毛よりも簡単に抜けますよね~。

エクステでどんどん抜けて、つけるまつ毛が無くなってきたから、つけまつ毛に変えた、という方も結構いらっしゃいます。合う方・合わない方、人それぞれです。

ちなみに、この方は、エクステもマスカラもビューラーもされていないそうです。それでも抜けていくと。

この方のまつ毛の根本の際には、何か薄いベージュ色の塊みたいなのがらたくさん付着していて、肉眼でも見て取れました。ダーマスコピーで50倍アップでみても、ビッシリとついています。

一瞬シラミかと思いました!大人でシラミって・・・?!!

もしシラミなら、大人の場合、どんな環境で生活しているのか疑いたくなります。普通の大人にまつ毛にシラミはつかないでしょう。頭には、たまに付きますけどね、子供から逆にうつされて。まつ毛についたら、かなりビックリです。大学にいた若い時なら、学会の地方会くらいなら、学会発表してるかもしれません。

ちなみに、子供なら、頭にシラミがたかっているのに気付かなかった場合、まつ毛にまで付くことがマレにあります。いきなり、まつ毛のみ、というのは、かなりマレと思います。頭は、夏のプールやスイミングでうつってくることがあります。

昔は、お母さんが気付いて早めに連れてきて、早く治す、ということが当たり前でしたが、最近は、育児放棄やお母さんが働いているので、なかなか気づいてあげれず、かなりひどくなって連れてこられることが増えました。(髪を梳かしてあげてたら、普通気づきます)

まあ、シラミがついても、卵を目の詰まったクシでマメに梳いて落として、薬局でスミスリンシャンプーというのを買って、頭をしばらく洗ってもらったら、シラミはいなくなります。痒くて、掻いて湿疹にまでなったら、薬を塗てもらいます。

シラミの卵自体がそんなに悪いわけではありませんが、そのうち卵が孵ります。それに気付かれない状況に子供が置かれている、ということのほうが問題では?と思います。

シラミの卵が髪についても、痒くもなんともありませんが、ほっておくとどんどん幼虫→成虫に孵るんですね~。なんせ卵ですから。

本人はかなり痒いです。それで、やっと気づいて連れてこられます。

昔、かなり育児放棄の家庭で、かなりの長髪の女の子姉妹3人全員、シラミというのを診たことがあります。最初にうつった子は、かなりの長い間、放っておかれました。

受診されたのが、夏だったので、子供の頭で痒い・どんどん他の子も同じことを言い出した、となると、ああ~シラミだな、と思って、診察を始めるんですが、最初にうつった子の髪の毛をサッと分けて診た瞬間、一斉に、ササ~っと動くモノがたくさんいて、全部シラミの成虫でした。。。もう、「ヒィ~!!」という感じです。髪の毛の中、虫だらけです。育ちすぎです。。。こんな大きなシラミなんて。。。ここまでひどい(たくさんの大きな)シラミを診たのは、これが最初で最後でした。またその子が診察中に、ピョンピョン跳ねて暴れるので、シラミの成虫が降ってきたら、どうしようかと焦ってしまいました。その後(まだ外来中だったので)、看護婦さんとシーツを変えたり、拭いたり、一応殺虫剤を撒いたり、と大変です。

話が飛びましたね。まつ毛のシラミでしたね。結果、この子のまつ毛にこびりついていたのは、シラミではなかったです。(シラミは顕微鏡で確認します。ちなみに、頭シラミと毛じらみ(いわゆる性病です)とは、シラミの種類が違います)

この子のまつ毛についていたのは、メイクの残りかすや垢というか皮膚の角質などの、まあゴミみたいなモノです。

こんなこびりついたメイクカスって、そんなに見ないですね~。顕微鏡で調べるには、ピンセットである程度つまんで取れないと、この部分は検査できません。肉眼でついてるのが見えて、ピンセットで無理なくとれましたから、かなりのカスの量です。

何故、こんなにカスが残っているのか?

①メイクが濃すぎる ②使っているリムーバーーがよくない ③リムーバーーの使い方が悪い ④①~③が複数合わさっている という4種類が考えられます。

 濃いアイメイクをするなら、リムーバーは、もう少しお金をかけないと、あと、手間暇と。ちょっといいヤツを使うだけで、落とす時間は格段に短くて済みます。

負担をかけるなら、どこかで、別の負担は軽くしてあげないと、肌でもまつ毛でも、機嫌を損ねて、拗ねてしまいます。拗ねてるくらいならいいですが、仕返しされて、家出されても困るので、ホドホドに。

その患者さんは、アイメイクをやめましたかね~(止めることに、かなりの抵抗があるようでした)。

私の意見が受け入れられないなら、別の医師に相談してみるしかないです。セカンドオピニオンというか、医師によっても考え方は違いますから、考えが合わなければ、命に係わる病気ではないので、ゆっくりと自分に合う医師を探せばいいと思いますが、要は、良くなればいいわけなので。

でも、スグにでも始められることは始めないと!まつ毛は抜ける一方なので。。

育てるのって、ただでさせ、時間かかりますからね~。皆さんもご注意くださいね。

アイメイクのやりすぎで、まつ毛が抜ける方が、若い方で多いようです。

診察の結果、原因はアイメイク、となったら、アイメイクを当分止めるしか方法はありません。

いくらまつ毛育毛剤を塗ろうと、原因のメイクを続けていると、育つまつ毛も育ちません。

ダメージが大きくて、本当にまつ毛の毛根までやられてしまったら、もうどうしようもないかもしれません。

まつ毛がどんどん抜けて、生えてこなくなるくらいのメイクって、私には想像できませんが、恐らく患者さんの話から推測するに、アイシャドウ・アイライン・マスカラなど、際も含めてグリングリンに書いてるようです。真っ黒って、言うんでしょか?

そういうメイクが必ずしも悪いわけではありませんが(いえ、やっぱり医学的には悪いでしょう)、どこまで塗るか、によっても違うみたいですが、眼にとっては、かなり悪いです。最近、粘膜のところまで、アイラインを埋める方が多く、涙が出る腺もメイクでつぶされて、涙が極端に出なくなり、眼に障害が起きていることが問題になっています。皮膚側に少々アイラインを書いても眼はあまり関係ないですが、眼側というか粘膜まで触っちゃ、アウトでしょう。

さて、皮膚のほうですが、きつくペンシルでこすって何度も書いたり、アイシャドウもブラシや指でこすって伸ばしたり、メイクを取るのにゴシゴシこすったり、そういうことを毎日とか頻繁にしていると、やはり色素沈着(シミ)になったり、まぶたの筋肉が弱ってまぶたが下がってきたり、赤くなったり、腫れたり、といいこと一つもありません。

どうしてもアイメイクをしっかりしたい方は、こすらずに塗れる方法を考えましょう。

例えば、アイラインは、リキッドのアイライナーを使うとか、シャドウは、優しい刺激のあまりないブラシでサッと塗るとか、クレンジングは必ず専用のリムーバーを使ってください。

専用のリムーバーーも、安いものだと、あまり落ちなかったり、眼に刺激があったり、と負担になりやすいので、ちょっと高いヤツのほうが、まだ眼と肌への刺激はマシだと思います。

化粧を落とす洗浄力の強さと眼・肌へは刺激がない、となると、安いモノでは、なかなか難しいのではないでしょうか。

石けん洗顔を勧めている私ですが、目元は専用のリムーバーでないと落ちません、と患者さんにお伝えしています。

軽いアイメイクの方なら、石けん洗顔だけでもいいかもしれませんが(私は、石けんのみです。こすらずに洗って、それで目元に化粧品が残っている場合は、放置してます。そんな大した汚れではないので。たまに、マスカラとか塗っても、そのまま石けんのみの時もありますが、そのうち落ちてます)、ちゃんと落としたい方は、専用のリムーバーを使ってください。

その方のメイクがどれくらい普段濃いのか、私にはわかりませんからね~。

専用のリムーバーで、おススメなのは、ビオデルマのクレンジングウォーターです。これは界面活性剤が入っていません。洗い流さなくてもOKという優れモノです。マスカラも取れますし、敏感肌用に開発されたモノなので、目元の普段のメイク落としには、ドラッグストアやソニプラ・ロフトなどで売っていますから(当院でも売ってます)、簡単に手に入ると思います。

使い方は、これは液体なので、コットンにたっぷり取って(目に入らないようにしてください)、目元にしばらく貼り付けて溶かすようになじませます。その後、コットンでトントン優しくなじませます。それでも落ちない時は、先細綿棒にクレンジングをつけて、ゆっくり溶かしていくようにするかです。

濃い~いメイクをしちゃうと、これくらいめんどくさい丁寧なことをしないいと、いけないと思います。大変です~。

自分にとって、何が一番大事か?流行のアイメイク?まつ毛?

若い時に、流行や勢いでやってしまったことって、その時は楽しくていいかもしれませんが、後になって、必ずツケが回ってきますね。大人だったら、誰でも何かしら経験ありますよね~。

若い子たちが、どこで気付くのか?

誰も教えてくれなかったら、本人が気付くまで時間もかかることが多いですが、知らされて気づいた後、止めるかどうか。

私は、診察とアドバイスしかできません。そのアドバイスを受け入れてみるかどうかは、その方の意思ですものね。

せめて、まつ毛が落ち着くまでは、濃いアイメイクを止めてほしいものです。