プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 医療



すみません、またFacebookのコピーです。

はんきょうが多きあったので貼っておきます。

 

 

肌荒れ相談に来られる方はとても多いですが、そういう方の中には、現在進行形で、悪さをシテイル化粧品をまだずーっと使い続けている方って結構おられます。

まず全部止めることです。

潔く。

 

これ!と思うものだけ止めて良くなればそれでいいですが、明らかにこいつ!というのがわかりきってたり、皮フ科で指摘されたとか、それを止めないから、そりゃあ治りませんよね。

 

1個止めて、まだ調子悪かったら、まだ犯人がいるわけです。

共犯かもしれないし、単独犯が複数いるのかもしれないし、冤罪かもしれません。

 

ところが、こじらせると、冤罪?と思われたものですら、その人の肌にとっては、イジワルする人だったりします。

 

凶悪犯じゃないけど、ホントに意地悪してるわけじゃないんだけど、その人は意地悪に感じる。

それくらい、肌が敏感で弱っていて、被害妄想も強いわけです。

こんなことで?!ということにも、過敏に反応する。

 

肌は内臓の映し鏡ですから、同じことが胃腸をはじめとして、全身で起こってるのかも、しれません。

 

肌がなにを攻撃ととるのか、なにを意地悪されたととるのかはわかりませんから、できる限りのあらゆる攻撃を止めてあげない限り、ヒドくなる一方です。

過敏になりすぎている肌を落ちつかせて、根本から変えてしまうために、栄養がいるわけです。

皮膚の表皮(1番外側)の良いところは、全部入れ替えができること。

ただ、ピーリングやってもレーザーやっても、入れ替わった皮膚も不良品ですよ。

同じことの繰り返しですよ。

ちゃんと栄養という材料さえ入れてあげれば、時間はかかる人もいますが、なににも負けない、強く、美しい肌になりますよ。

目指せ!
肉食美肌!

 

あにFacebookのコピペです。

こちらにも載せておきますね。

わかっている医師が、予算のこともあり、非ヘム鉄を一時的に使うということはあるかと思います。

お金を払うのは患者さんですから。

なにかあったら、すぐに止められるように心構えを、医者も患者さんもしておく。

 

ただ、すぐに止めなきゃいけなかったり、自覚症状が出なかったり、出ても気づかなかったり、検査でも見逃していたり、特に保険では詳しい炎症反応の検査はできませんから(高感度CRPだけではダメ。気づいた時には遅いことも)、結構炎症反応が大きくなっていて、突然の悪化や大きな体調不良もあり得ます。。

かなりリスキー。

でもそれだったら、ヘム鉄1粒でもいいから長く続けているほうが早く良くなると思います。

なにより安全。

 

 

以下、コピペです。

 

発達障害のお子さん、大人もそうですが、皆さん、とても腸が悪い。
腸での免疫寛容システムもうまく働いていない可能性も非常に高く、慢性炎症がほんとうに生まれた時から(生まれる前から?)ずっと続いている可能性もあります。

そういう方に、炎症を起こさせるものは、極力さけるというのが、治療での一番のポイントです。

だから、グルテンフリー、カゼインフリーは必須です。
食事がとても大事です。

 

腸が悪いから、よけいに大事な栄養素も吸収できない。

でも、悪いものはどんどん入ってくる。

 

栄養欠損がひどいため、サプリメントでの栄養補充は必ず必要となりますが、一番したらいけないことが、非ヘム鉄、特にキレート鉄を飲ませることです。

 

発達障害の方には、年齢に関わらず、必ずヘム鉄を飲んでください。

 

医師が処方するものも、決して非ヘム鉄、キレート鉄であってはいけない。

 

何かで一時的によくなることがあっても、その後、どんどん悪くなります。

 

キレート鉄で、恐ろしいほどの炎症が起こってくるからです。

 

キレート鉄自体が、生体の恒常性を破壊するもの(薬と同様副作用おこりまくりです)ですから、キレート鉄を出している時点で、オーソレモキュレラ―療法ではありません。

 

全く次元の違うものです。

 

え?!と驚いた方は、溝口先生の「最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門」を買って読んでください。

詳しくそちらに書いてあります。

 

自分がいいと信じているサプリや治療が、患者さんによけいに炎症を起こさせてるって、どう思いますか?

 

医者の無知は、犯罪と同じです。

 

現実を知ろうとしないで、キレート鉄を出し続けるのは、何かの洗脳ですか?

これを読んで、腹立てる前に、勉強したらどうですか?

昨日からのヘアケアの続きです。

Facebookに続きを書いたので、こちらにも載せておきます。

 

ヘナのカラーなら安心と信じてる方、結構多いですが、それを逆手に取る悪徳美容院もあります。

普通のヘアカラーに、ヘナ混ぜただけ、ってやつです。

 

こういうところは、ホームページみたらすぐにわかります。

本当にヘナ100%でやっているところは、そんな儲からないので(時間がかかりすぎるから、座席をひとつ占拠されるし、説明にも時間かけないと、クレームの嵐!みたいになることもあるでしょうから、結構大変だと思います。

 

そういう信念をある程度もっておられる美容院がされていると思います。

 

なので、なんちゃってのふざけているところは、すぐにわかります。

わからない人は、オーソモレキュラー療法、いますぐ始めましょう。

騙されることが減りますよ。

 

さて、以下、コピペです。

 

ヘアケア話の続きです。

 

いつもブログやFacebookでもたびたび書いてることですが、シャンプーの話は昨日ブログにまた、書きましたね。

肌同様、頭も石けんシャンプーとクエン酸リンスとで洗えば良いんですが、ホントの敏感肌用じゃなくても、石けんシャンプーだと、髪の毛染めた場合、色落ちが早くなるのが難点です。
ヘナ100%のだったら良いですけどね。

 

ヘナ100%の家で染めるの持ってますが、まだやったことはありません。
かなり時間を取るので、私の場合、なかなかできない。

 

私は、月1回のヘアマニキュアとたま~にカラートリートメントと、光染毛のヤツを生え際に。

光染毛のはとても便利でおすすめです。
(商品にもよります)

 

簡単に取れれば取れるほど、安全です。

 

光染毛のは、少し理屈が違うので、取れにくいけど安全。
(すごく使い勝手が良いわけでもないし、白髪以外は、染められないです)

 

真っ先に止めるのは、ヘアカラーです!

 

シャンプーもトリートメントも変えないといけませんが、1番毒性の高いヘアカラーをまず、すぐに止めましょう!

 

ジアミンの入った、ヘアカラー

美容院のは全部これです。

 

美容院で、ヘナ100%と書いてない限り、普通のヘアカラーにヘナ混ぜた、というだけの、ニセモノヘナです。

確認もせずに騙される女性とても多いです。

 

 

着物着るから、1回染めました、というのが絶対ダメ!とまでは言いませんが、
(他ので代用できます)
ひどい人だと、毎月やってる人いて、美容院も性悪ですね。お客さんの頭皮のことなんて、無視ですね。

美容師さんから止められたのに、自分で無理言ってやってるなら別ですけど。

 

ヘアカラー頻繁にやって、それで美髪にして、育毛治療して、と言われても、無理です、と言ってます。

畑にまず毒を撒くのを止めないと。

 

オーソモレキュラー療法で月十万円サプリ飲んでも、効きますよ、とはよう言いませんね~。

効いたら、ラッキー。
効いても一時的でしょう。
時間の問題です。

 

これもいつも書いてますが、ちゃんとわかってる美容師さんは、自分にはヘアカラーしませんよ。
結末がどうなるか、イヤと言うほど見てるから
仕事上、表だって言わないだけです。

 

情報格差は広がるばかり。

今日の「ガッテン!」、ご覧になりましたか?

 

今日は髪の毛のキューティクルというか、ツヤの話でした。

 

お肌同様、皆さん、髪の毛も擦りまくりですよね~。

 

しかも合成洗剤と同様のシャンプーつけて擦りまくって、次もさらに合成洗剤の入った、リンスやトリートメント、さらに、まだその後、、ムースとか付ける人もいるでしょ?

ドライヤー前のなにかとか、ドライヤー後のなにかとか。

 

そりゃあ、キューティクル剥がれるだろ、という話です。

 

ガッテン!ですから、シャンプー止めろとかは言われませんでしたが、ドライヤーの乾かし方の話でした。

 

自然乾燥の人が多いのにもびっくりですが、うちでも育毛相談の時は、必ず自然乾燥にしていないか、聴いています。

 

 

洗い方にしろ、ドライヤーにしろ、すぐに誰でも、あまりお金をかけずに始められることを、ガッテンでは基本言ってくれるので、ありがたいですよね。

 

ガッテンで言われたことは、早速されたらいいんですが、肌の触り方と同じで、なかなかクセって変えられないことも多いです。

 

すぐに変えられて、それがずっと続けられればいいんですけどね、なかなかそうはいかない方も多いでしょう。

 

そういう方は、まずシャンプーを止めてみる。

少なくとも、シャンプーの量や回数を減らす。

シャンプー使わない日は、お湯だけで洗ってください。

もしくは、本当の敏感肌用シャンプーに変える。

 

そして、髪を洗った後は、椿油で保護してから、ドライヤーであてると、髪の毛を保護してくれます。

 

椿油は、つけすぎないことがポイントです。

 

 

 

男性のAGA(薄毛抜け毛)と言えば、塗り薬と飲み薬。

昔のことを思えば、取り扱いをしているクリニックも増えましたね。

 

間違っても、クリニックじゃない、サロンとかに行かないようにね。

同じお金と時間をかけるなら、科学的に、根拠のあること、実証されていることをしてください。

 

サロンに行っても、それおかしいだろ!と突っ込む自信のある方、冷静に判断できると思っている方なら、行ってもいい?と思われるかもしれませんが、自分のコンプレックスのことになると、なかなか冷静になるのは難しく(冷静に判断できるなら、悩んでないわけで。。。)、こんな人が?!という方でも、つい騙される?ようなことになったりもしますから、それだけの覚悟と冷静さを持って、行くなら行ってほしいです。

 

まあ、そこまで思っているなら、医薬品の疲れるクリニックのほうが断然まだいいわけですが。。

 

女性の薄毛抜け毛となると、男性ホルモンの影響が。。とひとつのことだけが原因でなかったりして、女性の場合は、結構複雑です。。。

 

ただ、男性も女性も、栄養欠損があることだけは間違いない。

特に、女性の場合は。

 

オーソモレキュラー療法をやる前までは、男性のAGAの飲み薬、まあ仕方ないかと思ってましたが、オーソモレキュラー療法を勉強してからは、なるべく、薬って、ほんとに使わなくなりました。

 

使っている薬と使わらない薬がはっきりしてきました。

 

皮膚科のクリニックなのに、ステロイドの軟膏を出す場合は、多分院外処方で、処方箋を切らなけれがいけない。。

(よく使う薬は院内で出しています)

 

ステロイドも置いていない(その場でちょっと塗るくらいは置いていますが)皮膚科って。。と時々思います。。

 

塗り薬は、そこまで肝臓で代謝するわけでもないし、量もそれほどじゃないので、頭の皮膚

はとてもぶ厚いから、肉食っても、そこまで栄養はすぐには回ってきません。

なので、手っ取り早く、頭皮の毛根につけるための薬は使いますが、飲み薬には、自然の流れを消そうとするやつなら、まだマシかなとと思っていますです。

 

AGAも女性もいろいろな自費治療がありますが、しっかりと選んでくださいね。

ベースにあるのは、やはりいつでもなんでも、栄養欠損があります。

 

 

 

Facebookからのコピペです。

 

たった今気づいたんですが。。

その企業からの「友達リクエスト」、なんかエステ?リラクゼーションサロン?で、怪しすぎると思って放置してましたが、こういうのが増えると困るので、わざわざ出しました。

ず~っと残っていて、間違って承認ボタン押したらいけないと思って、削除してしまうとそこをクリックしたら、「脱毛サロン」となってました。

 

全く何も知らずに申請されたのか、どういう気持ちで(うちを利用しようとしてなのか、そこはわかりませんが)、申請されたのかわかりませんが、企業云々以前の問題で、エステでする脱毛行為は、すべて違法の医師法違反ですから、「友達」になるはずがありません。

 

厚労省が、はっきりと脱毛は医療行為と言っています。

 

消費者庁では、脱毛エステの誇大広告と勧誘と高額なコースを買わせることと副作用などの被害が多いことがかなり問題になっていて、厚労省とどこまで組んでやるのか、以前よりは協力されているのかな~と思うこともありますが。。

なかなかお役所仕事は横には難しい。。

あまりにひどい場合は、警察が見せしめに逮捕していますが、あまりにも多すぎて、大人の事情もあって(エステの管轄は、経済産業省だそうです。厚労省ではない。家電と同じ扱いということです。なので効くわけがない。効くといった時点で、アウト!違法です。)、一斉に法律でバシっ!とエステとクリニックの間をちゃんと線を引いてほしいものです。
(欧米では、ちゃんと線引きがされているそうです。欧米のエステは、怪しくないし、すっごいプロのはず。なんちゃってですぐになれる日本とは大違い。フランスは国家資格だし。
日本は格差が何でも大きすぎて、玉石混交。)

 

刑罰を作らないとね。

 

エステの脱毛で被害にあった方全員に、診断書書くから警察行きなさいと言っています。
でも、なかなかいかない。

 

それはあなたも悪いでしょ、という人に限って、診断書、診断書と言いますが、その人の望むような内容はたいてい書けない。
虚偽だから。

エステ相手にゆする気か?!というのが見えます。

まあ、健康被害は出ているので、事実のみを書きますが、こういう人は診断書欲しがっても、警察には絶対いかない。

エステをゆすって、多額の慰謝料せしめるつもりで、実際、そうでした。

まあ、お互い利害関係が一致している仲良しさんです。

そういことをされても、違法行為だから、逮捕されたくなかったら、相手の言いなりにたかられることは覚悟して、そういうエステの違法行為はしてないといけませんよ。

軽く何も考えてないエステティシャン、多数。。

すべて違法行為とは知りませんでした。。

逮捕で一言、で必ず出てくる一言。

下の子はともかく、経営者と上はわかってやってるはず。

ブログやFacebookでも散々、エステで脱毛はしてはいけないと何度も書いています。

「除毛」「除毛サロン」としている分は全然OK。
良心的でしょう。

って、除毛ならお金払ってしなくても、クリニックで脱毛すれば済む話です。

脱毛は、クリニックで、しかもちゃんと医師の診察が毎回あるところに行きましょう。
(チェーン店だと、診察ではなく、見に来た、という証拠のための「なんちゃって診察」もあるので、紛らわしい。。)

年々厳しくなっているので、そのうち、エステで完全に「脱毛j」ごっこはできなくなると思いますが、最近、脱毛専門クリニック増えたでしょ。どんな医者がいるのか、全く中身が見えないところ。

バイトの医者や名前貸しなど責任の所在がわからないクリニック、増えました。

オーナー(理事長ってやつです)医者じゃないところも増えましたよね~。法改正が前にあったから。

抜け道を作る必要があるから、先に法改正があったりする。

用意周到。

必要悪なのかもしれませんが、需要があるから。

良い子はそういうのに関わらないようにしましょうね。

 

fcaebookで反響が大きかったものをこちらにも載せておきます。
(うちのFacebookページは、アカウントなしでも見られるようになっていますから、そちらはこまめに更新していますので、ご覧ください)
肌を診たら、その人の今までの人生がわかってしまう。
スキンケアも栄養状態も。。。
まるで占い師みたいですね(笑)。
早く気づいて、止めたもの勝ち、始めたもの勝ちです。
人生の分れ目ですね。
以下、コピペです。
患者さんのしみや肝斑のひどさで、こじらせ具合がわかります。
どれだけ長いこと、いらんことを、日常的にしてきたか、そして大事なことをしてこなかったか。
ひどい人ほど、これは説明してもわからないんじゃないかなと思うこともしばしば…。
ご自身で気付いて、パッ!と変えられた方もおられますが、うちに来る前にある程度気付いていないと、なかなか厳しい…。
私の本やブログを読んでも、クレンジングすら止めないと言うのは、あー、これは時間かかるなと思います。
こじらせ方がひどいから、顔中、肝斑と他のあらゆるシミが混じってひどくなるわけですが、まだ赤ら顔の方のほうが、マシかな。
人にもよりますし、赤みがマシになったら、下から、恐ろしいほどの肝斑としみが見付かることもよくあります。
赤すぎてわからなかった。
でも、こういう人は、赤いんじゃなくて赤黒いから、わかることがほとんど。
単純な赤みは、現在進行形ですから、まず原因を取り除くことが大事。
原因取り除くだけで、薄くなります。
程度の差はありますよ。
それは、肝斑も同じですけどね。
どんだけ擦っててん?!って。
ホントに患者さん次第なんですよね~。
どんなに有名なクリニックに行こうと、こじらせ方がひどい人は、言ってもわからないと思われているので(確かに)、断られたり(効かないと言われてもめるだけだから。日焼け止めも最低限すら塗らないだろうと判断されたり)、低ーい設定でとりあえすをやっておいて、お金もらっとく、みたいな。
レーザーせずに話だけしても儲かりませんからね。
向いてません、効きませんとサッサと断るか、最低限の話だけして、レーザーあてちゃうか。
まあテキトーにあしらわれるわけです。
こじらせてない方でも、こういう似たようなことはされているので、そのクリニックはそういう方針ってことですが、ちゃんとするつもりの患者さんは、だいぶ選んでいるのかもしれませんね。
患者さん自身が気付くしかないんですよね~。
ちゃんとやれば、皮膚はある程度戻るのに、他力本願だから、ドンドンヒドくなる。
一瞬少しマシになりますからこそますます他力本願に拍車がかかる。
虚しいですね。

年を重ねるほど、いろんなシミが混ざってきます。

 

もちろん、その中には、大人になってから出てくる「アザ」も出てくることも。

大体、左右対象に出るので、美容クリニックのおバカなところに行ってしまうと、「肝斑」と言われ、余計な薬を飲ませるはめに。。

 

実は、こういう人、結構多いです。

 

きついレーザー治療をいきなりできる方というのはおられますが、ほぼ皆無です。

10代前半とか、20代前半くらいまでなら、問題なくいけるかのしれませんが、20代後半になると、今まで刺激してきた長年のツケが溜まってますから、いきなりきついのをやると、逆に副作用で余計に濃くなったりすることがあります。

 

もちろん、UVケアをはじめ、できる限りの刺激を止めておかないと、レーザーの種類や設定によったら、もっときつい刺激となって、お肌を傷めるだけです。

 

 

肝斑治療=レーザートーニング、と信じきっている患者さんと医者と。

 

患者さんは、そういうろくでもない広告をそのまま信じちゃったからもう仕方ないんでしょうけど、医者で何も考えずに言っていたら、ただのバカです。

 

それなりの信念のもとに、最初っから肝斑にレーザートーニングをする、というドクターも探せばいるかもしれませんが、私はかなり危険かと思います。。。

 

最近は、栄養失調の女性(男性も)が激増していますから、レーザートーニングに関わらず、きつい治療の副作用合併症が目立つ方が増えているような気がします。

 

たまたま受診されたところが、ろくでもない、いい加減なところで、てきと~にされたから、というのはもちろんありますが、そんなの、昔も同じですから、そういうところが増えた、というのも差し引いても、やっぱり副作用の重症度というか、そんなことになっちゃいましたか?!ということが多い気がします。。。

 

前もって、いろいろ調べた上で、きちんと話を聴くことも大事ですし、そういう説明がない医者のところで何かをするのは、一旦止めておきましょう。

 

うまい話なんてありませんからね。

 

茶色にすごくよく効く、と言われたら、レーザーの名前だけ聴いて、一旦持ち帰るか。

副作用やスキンケアの説明がちゃんとされたのであれば、かけてみてもいいと思いますけど。。

 

シミの状態がひどければひどいほど、いきなりきつい治療というのは、リスク満点ですよ。

 

なんでも段階があるし準備も必要。

 

栄養ないせいで、光過敏症みたいになっている方もいます。

 

きつい治療は慎重に。

 

欧米人と食べているものが違いますからね。特に日本の女性は。

食べているものが違うから、皮膚の強さも違う。

欧米人が大丈夫なものでも、日本女性にはものすごく危険だったりするわけです。

世界一の敏感肌だから。

ふくはらぎボトックスをされている患者さんが、8か月ぶりに受診されました。

 

ふくらはぎの、シシャモのおなかみたいに、ボコッと膨れているの、わかります?

筋肉の膨らみなんですが、むか~しは、こういうシシャモあしって、アスリートみたいで引き締まった足首(足首が引き締まっても見える、引き締まってなくても)で、素敵と思われた時代があったんですが。。。

 

韓流アイドルが流行ってからというもの(それより前から?)、いわゆる昔の「大根あし」と言われるような、すっとした凹凸のない脚が人気のようです。

 

筋肉の凹凸の全然ない脚・・・。

 

フラットな靴だとわかりませんが、ヒールの靴をはくと、ふくらはぎの筋肉が多少ボコッと出ないと、ふくらはぎの筋肉が全然ない、おばあさんと同じ、ということになりますから、筋肉、特に脚は必要です。

 

ただ、まあ「程度」というのがありますかね。

 

昔、陸上部だったとか、体育会系のスポーツで結構頑張っていた方とか、ふくらはぎの筋肉が、体細いのに、結構しっかりとボコッと出ていて、確かに、脚をあらわにするファッションだと、結構目立つ。

 

ご本人からしたら、悪目立ちしているように見えてします。

 

それを、ボトックスという、神経の動きを抑える薬を筋肉に打って、筋肉の動きを抑え、筋肉を使わないようにさせるので、萎えさせることと同じなので、それを利用して脚を細くしようとする治療です。

(正式には、ボツリヌストキシンA型。ボトックス®は、アラガン社の商品名。それ以外は、ボトックス®ではありません。ただ、この商品名が有名になっちゃったので、イコールみたいに使われていますが、全然違います。うちは、すべて、アラガン・ジャパンから購入すている、厚労省承認のボトックスビスタ®です)

 

また、ボトックスは、筋肉の緊張を取りますから、筋肉が緩んで弛緩します。

その結果、ボコッと張りにくくもなる。

 

弛緩だけなら、2週間もあれば違いが多少出ます。

(完全にふくらはぎの筋肉を止めるというのは、危ない。体が支えられなくなる。)

 

でも、筋肉を萎えさせる(実際は、過大な分を普通の女性並みに戻す程度でしょうけど)のには、続けて何回かやらないと、そこまでいきません。

 

3か月毎に、数回、それ以上。

 

毎日使う場所ですからね。ボトックスで完全に止めていませんから。毎日使うのが多い方(一日中立ちっぱなしとか、歩きまわる時間が長い、運動も然り、スポーツインストラクターなど絶対に脚を使う仕事)は、自分で毎日筋トレしているようなものなので、ボトックスと真逆のことをしています。

 

そういう場合は、効果は悪い。

 

どこまで目指すのかは、人によっても違いますし、お金の問題もありますからね。

 

うちは、もともとレーザーしている方が、追加でされることが多く、ボトックスは必ず切れるので、維持したかったら定期的にやることになるので、レーザーもして、ボトックスもして、となるとお金かかりますから、ボトックスを患者さんサービスの一環で、安めに設定しています。

(安いボトックスを求めてくる人が増えると、遅刻や無断キャンセルなども増えたので、ボトックスの値段を、レーザーしている方としてない方で、変えました。

ふくらはぎのは同じままにしています。あまり困らなかったので。

でも困ることが出てきたら、今までの患者さんと新規のボトックスのみの人で値段変えると思います。)

 

値段設定安めと言っても、普通に考えて、そこそこかかります。

(ちなみに、ふくらはぎボトックス内側のみもしくは、外側のみ、1回¥45,000+消費税)

 

まあ、1~数回やって、気が済む方も多いです。

 

お金というのは、こういう時冷静にさせてくれるもので、これを維持するのに、これだけのお金がかかるんだとわかれば、スーッと憑き物が落ちたみたいに気が済む方がいます。

じゃあ、もういいいや、またすごく気になった時にしよう、みたいな感じです。

まあ、いいことです。

 

私も脚が太くて、昔ふくらはぎの脂肪に対して、トゥルースカルプという脂肪を減らす医療をして、確かにこれはよく効いて、ふくらはぎに関してはリバウンドなしです。

体重が増えようとも。

(これは、筋肥大には効きません。脂肪がそこそこついていないと効きません。

ほとんどの患者さんが、してくれと受診されても、ほんとに適応のある方は、ごくごくわずかです。)

 

ただ、結構脂肪が落ちたので、筋肉の形がとてもよく見えるようになってしまいまいた。

昔は、脂肪というクッションで筋肉を覆っていたので、そこまでわからなかったわけです。

 

運動も全然していないくせに、私のふくらはぎ、結構立派です。

 

なんで?!としばしば思うのですが、この重い体を毎日支え続け、歩いてくれるわけですから、かなりの筋トレです。

なので、筋肉がよく育っちゃったわけです。

 

ここにボトックスをすると、私の体を支えるのに支障が出るかもしれない。

 

痩せたいのに、筋肉を萎えさせる方向にいかせるというのは、全くの逆ですから、自分はやったらいかんよな~と思っています。

 

まあ、すごく痩せたら、考えてもいいですけど(笑)。

(どちらにしろ、自分でふくらはぎに注射するのは、危ないからやりません。

やっぱり、うつぶせになって、筋肉緊張させて、狙ったところに注射しないと効果も悪いし、危ない。

なので、誰かにやってもらわないと無理ですね。)

 

ふくらはぎの筋肉の緊張や力を弱めるということは、リンパや静脈が心臓に返っていく力も弱くなる可能性があり、筋肉はポンプみたいなものですから、過大な人がちょっと弱めるだけならわからないかもしれませんが、ある程度続けてやっちゃうと、むくみやすくなったり、脚がだるくなる可能性もあります。

続けてやる人には、必ず伝えています。

 

最初にも、効く過ぎる人もいるので、階段をかけおりないように、ヒールの靴を履いての雨の日や階段を下りる時は、てすりを持つなど注意するように言っています。

 

元陸上部の方が、走ろうと思っても、前みたいに脚が動かしづらかった、と言われてました。

今まで見たいについてきていない感じがしたと言われました(走れたそうですが、遅いわけではなかったそうですが、いつもより動かしづらさを感じだそうです)。

 

医療は効く分、リスクが必ずあります。

 

今回の方みたいに、たまにちょっと緩めるくらいなら、あまり問題はないと思いますけど。

 

スポーツインストラクターの方で、やってほしいと言われたことが今までも何人かいて、仕事変えない限り、効かないし、効いたら危なくて仕事になりませんよ。全員に言いますが、とにかくやってほしい、それで気が済むから、と。

 

やってみないと気が済まないという方は、美容医療では結構います。

 

それでもやりたいと言われたら、もう一度、徹底して、リスク散々説明の上、1回やる方と止めておく方。

 

2回目は、うちではないです。

 

いや、あったかな。。?

だいぶしてから。

 

だから、効いてないでしょ、と言っても、仕事の内容がちょっと変わったから、と言って、2回目されたんだったかな?

 

効かないだけならいいですけどね。

ボトックスは、2回生理が来るまで避妊は必須です。

妊娠考えている方には絶対やりません。

(他院で、そういうこと言われたことないとずっとやっている方がいて、ビックリギョーテンしたことあります。)

 

注射で刺しますから、それ自体のリスクもあるでしょう。

 

なんでもリスクはゼロにはなりません。

 

だからこそ、高額の美容医療は、適応がない人がやってもお金もったいないし、同じやるなら最大限効かたいですよね。

患者さん側の冷静さが、とても大事ではあります。

最近、もの忘れが増えてます。。

最近、というか、数か月単位でしょうか。もっと前からでしょうか。。

 

毎日の診察は、思い出した時点でメモしておくか、絶対に目に触れるところに置いておいて忘れないようにするか、思い出した時にやってしまうかで、なんとか患者さんにはご迷惑をかけることなくやっておりますが、外来診療が終わったら、スイッチが切れた感じでミスや物忘れ、勘違いが増えているような。。

 

そのせいで、業者さんを含め、関係者の方々にご迷惑をおかけし、申し訳ありません。

 

いろいろな申し込みを忘れていて、担当の方に直前に連絡取ってなんとかしていただいたり、申請書を忘れて、余分な会費を払うことになったり(後から出したので、1か月分くらいで被害は済みそう)、あ~あ~、という始末。

 

仕事中は気が張っているけど、終わった途端に電池が切れたみたいになる。。

 

って、副腎疲労の手前の患者さんや副腎疲労の患者さん、そのままやんっ?!

(3年前と比べて、少しずつ副腎は疲れてきております。データの数値が下がっているから。老化が勝っちゃってますかね。)

 

今日は、品川駅からの帰り、スマホでネットで新幹線予約するんですが、トップ画面がいつも東京駅から始まっています。

 

なにを思ったのか、東京だからそのまま、と東京~京都で予約しました。

(ほんとは品川~京都)

 

新幹線のホームにいて、自分が乗る時間の新幹線が、のぞみじゃなくて、ひかりになっていたので、ちょっとパニック。

 

なにがどうなってんの??!!

(まだ気づいていない)

 

スマホの画面を何度も見直して、やった意味がわかりました。。。

 

無事乗れましたが、東京~品川間の新幹線代をまた余分に払うことに。。。

 

 

そして今日は、うちの結婚記念日でした。22年目。4月8日=シバの日。

 

今日のセミナーの日程見た時は覚えてましたが、ここ数日すっかり忘れておりました。。。

 

家族が迎えにきてくれて、指摘されました。。。

 

申し訳ない。。。

 

仕事に忙してく結婚記念日忘れてしまったお父さん、みたいになってますね。。

あああ。。。

 

まあ、何するってわけでもないんですけど。。覚えていることが大事。

って、覚えてなかったし。。。

 

前にも物忘れ続いて、イチョウ葉のサプリ足したりしましたね。

 

イチョウ葉飲むのはいいですが、今の年齢だと、もっと他のサプリが必要です。物忘れも。

 

今月の血液検査はまだですからって、3月飛ばしちゃったか、じゃあやらなきゃね。

腸内環境も調べておきましょう。

 

溝口先生が発案されて開発された、BioactiveDHA、ウルトラDHAを追加で飲んでおきましょう。

もちろん、ビタミンB群も。消費しっぱなしだから。さらに追加で。

飲んでるけど、他の栄養素も減っていると思います。

他に随伴するいろいろな症状、自分で診ててわかりますし。

 

思い出しましたが、4月8日は別名「シワの日」です。

アラガン社から、啓蒙用のポスターとか届いているのもすっかり忘れておりました。。。

 

今日は、もう寝ます。