プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近投稿した写真

ホーム > ヘアケア



育毛・薄毛相談というのは、案外多いんですが、前にも書きましたが、みなさん気にし過ぎで、加齢の変化と言えども、同年齢の人と比べても、全然薄毛ではなく、その人の周りの人は、そんなに剛毛で多毛なのか?!と思うくらい、みなさん、正常です。

確かに、20代、30代と年々毛が細くなり、毛と毛の間も広くなり、病的な範囲では全くないんですが、前と違う、微妙~な差に気づいて来られる、20代、30代の方もいらっしゃいます。

こういう若い方は、やり過ぎているカラーリングやCMや美容院、ネットの広告に載せられて買ったシャンプー・トリートメントを止めれば、少なくとも、どんどん薄毛かも?!と心配するのは、止まるはずです。

(加齢の変化まで、止めるのは無理ですよ。)

40代は、さすがに30代との差に気が付いてこられる方が増えます。

気になってきたら、どこまでするのかは、その方次第ですが、なにか始めてもいいと思います。

お金かかりますけどね。治療に終わりはないので。老化は進む一方ですから、治療して良くなったからと言って、そのままでずっといけるわけではありません。

のんびりカメでいいので、休み休みでいいので、継続していくことが大切です。

うちでしている育毛・薄毛治療は、あくまでも「加齢」による変化であって、病気の分はしていません。

気にし過ぎという方が大勢いらっしゃる中、同年齢の人と比べても、薄毛、かなり薄毛、という方が時々いらっしゃいます。

すぐメソセラピー!とは、うちではしません。

いつから、薄毛になってきたのか、経過が大事です。

AGA専門のところだど、AGAの原因がなにか、かなり専門的に(本当かどうかまでは知りません)血液検査をするそうですが(もちろん、自費で、かなりの高額のようです。自費の検査ですから、仕方ないと思います)、うちでは、そこまで専門的にやっていません。

血液検査も時間かかるし、わかったところで、治療費は別で、その原因以外のアプローチから始めても、育毛できることもあるし、スタンダードなサプリ・塗り薬から始める方が多いですが、それに追加して、もうちょっと専門的な薬や治療を、となると、どんどんお金がかかるし、1回や2回で終わるわけではないし、その方に必要な説明はしますが、関係と思った薬や治療の話はしません。

(いろいろ聞かれて、話が脱線して、時間がなくなったら、「話はしない」じゃなくて、「できませんでした」ですが。。)

その全部の話をしたからといって、全部をされる患者さんは、そう多くはないです。

サプリ・外用剤だけでも、継続すると結構かかりますからね。

血液検査も大事ですが、その分のお金をスタンダードな治療にとりあえず最初回してみて様子をみてもいいんじゃない?と思います。

最初から検査したい方は、そういう専門のところに行ったらいいと思いますよ。

いくらでも、検査してくれます。ホントに。

(いくらかかるのかは、知りません。)

私は、スキンケア同様、まずはベースはヘアケアだと思っているので、検査をするにしろ、薬を使うにしろ、ヘアケアありきだと思います。

ヘアケアだけで、なんでも、誰でも、どうにかなるというものでもありませんが。

育毛・薄毛を気にするなら、当たり前にやることだと思います。

その同年齢の方と比べての薄毛が、加齢の変化が疑わしい場合は、薬やサプリを使うにしろ、メソセラピーをするにしろ、リスクもご承知の上なら、いくらでも始められたらいいですが、加齢。。。ではないかな、という方もいらっしゃいます。

もちろん加齢かもしれませんが、ちょっと先に体の中を調べたほうがいいですよ、と経過を聞いて、判断します。

最初に、電話で簡単に、うちの受付が経過などをお聞きしますが、医師ではない受付でも、それは加齢ではないかも。。?と思うような方がいらっしゃいます。

育毛を扱っているクリニックで働いているわけですから、一般の方よりは、知識があるのかもしれないので、そう思うのかもしれませんが、加齢だけで片付けられる?ちょっと違うんじゃないかな。。という経過の方が、たまにいらっしゃいます。

体の中を調べたほうがいいと判断した場合、うちでは、治療は開始しません、患者さんが希望されても。

専門の保険が効く病院に紹介する、あるいは受診するよう、勧めます。

シャンプーくらいなら、買われてもいいですが、塗り薬やサプリメントは、もし本当に病気のせいであれば、そんなものは何の役にも立たないこともあり、お金がもったいないからです。

役に立つ、というか、併用してもいいこともありますが、それは内臓のことが白黒はっきりしてから、の話です。

もし、何か見つかったら、体の負担にならない範囲で。

検査の結果、異常なし、となったら、それからの治療でいいと思います。そうなったら、心おきなく、始められたらいいです。

電話で、受付が、多分紹介になるかも、と思った場合、「うちに来られても、治療できないこともありますし、紹介になることもありますよ。それでもいいんですか?」とお伝えするんですが、来られる方もいらっしゃいます。

先に、保険の病院にいくほうがいいと思うんですけどね。

(なので、事前に前フリをしてもらっています。じゃあ、先に言ってくれればいいのに、となるのがイヤなので。)

もし、それでも来たい、私に診てほしい、とまで言われるなら、構いませんが、初診料は全て自費ですし、内臓疾患を疑った場合は、ヘアケアもそりゃ大事ですが、内臓のほうがもっと大事なわけです。ヘアケアでどうにかなるものではありません。

紹介して欲しいとなったら、紹介状を書きますが、もちろん、紹介状も自費です。

(混合診療できませんから、自費でしたなら、全て自費です。)

京都府以外の方であれば、ここに行ったら?とお勧めの病院は知りません。

宛名なしの紹介状でいいなら、書きます。(自費です。)

紹介状を書きましょうか、と聞いても、最初いらないといっておいて、もうカウンセ時間終了と言う時に、書いてほしいと言われた方が何人かいらっしゃっいました。

(電話予約の時に、紹介になるかもしれませんよ、とご本人に確認して、それでもいいと予約を取られています。)

そうなると、完全に時間オーバーですから、次の予約の方にご迷惑がかかるので、これは困ります。

私一人でやっているので、次の方の準備も後片付けもあるので、ナースが準備して整っている部屋に呼ばれていく、というわけではないんです。

(だから、完全予約制で、ご予約の内容の分しか、、予約の枠はお取りしません。

次に空いていれば、当日追加されても大丈夫ですが、空いていなければ、準備する時間もありませんので、追加できません。

たかが点滴や注射でも、必ず事前に、追加できるか電話にてご確認くださいね。)

紹介状に話を戻します。

そういう方が何人か続くと、対策を練らないといけなくなりました。

もし紹介状を書くとなったら、お取りしているカウンセ時間を使って、書かせてもらいます。(紹介状代は別途必要です)

余った時間は、ヘアケアの話をさせていただきます。

薬は原則出しません。サプリも、です。

もし、先にヘアケアやサプリ・外用の話をして、紹介状を書く時間がなくなったら、別の日にまた来ていただいて、とさせていただくことにしました。

受付だけで判断できるわけではありませんが、うちの受付から、「紹介かも」と言われたら、まずは、保険診療の病院に行かれて、加齢のせいです、とわかってから、うちに受診されうほうがいいと思います。

患者さん側で、じつは、そういう場合、ちょっと病院に行った方がいいかも、とは薄々みなさん気づいていらっしゃって、でも、病院に行く勇気はなくて、サプリや外用でごまかそうと言ったら、言い方は悪いですが、現実逃避される方もいらっしゃいます。

もし、病気だったら、怖いから。。「治りません」と診断されたら怖いから、という方もいらっしゃいますが、保険の治療は限界があるので、「(これ以上は)無理」ということも、そりゃあります。

他に全身状態が健康であれば、お金と時間が許すのなら、自費治療を追加されたらいいと思います。

自費の場合、毛母細胞など、毛を作る細胞がまだ生きているのであれば、復活する可能性はあります。

(いつそれがわかるのか、というのは、わかりません。お金もいくらかかるのかも知りません。)

完全に毛が死んじゃう前に、助けてあげる、というのが理想です。

現実逃避しても、本当に病気があったら、ますます悪化進行して、事態が悪くなるだけです。

ホントに、病気か加齢かわからない方は、とりあえず先に病院に行っては?

病院に行くのはイヤだと言うのであれば、40歳を過ぎた方は、まずは人間ドッグに行ってください。

40歳過ぎても、全然検診をしていない方も、結構いらっしゃいます。

20代からしていない、という方も。。。

体調管理は、特にアラフォー以上はされてください。車の車検と同じです。

体あっての、肌や髪の毛です。

病院にしろ、人間ドッグにしろ、健康で問題なし!とわかってから、治療をしても、何も遅くはありません。むしろ、安心して、治療できます。

(その場合は、検査結果をお持ちくださいね。ドッグだと、髪の毛関係の検査ばかりでは、もちろんありませんし、検査したけど、肝心のことはわからない、ということもあります。

病気で検査するのとは違うわけです。)

それでもいいから、うちに受診したい!予約を取ってほしい!と思われるなら、止めはしませんが、ホントに何も処方しないこともありますので、ご了承くださいね。

「お知らせ」でも載せましたが、刺激が少ないかな?というヘアカラーを見つけました。

先日の皮膚科学会で見つけて、サンプルをお願いしていたのが、やっと届きました。

学会でお願いしたのが、資料でもサンプルでも届くのは、大体のメーカーは約1か月かかります。

どうしてそんなにかかるのか、よくわかりませんが、いろいろ学会の後は、後片付けも多そうですし、たくさんの対応を一気にしないといけないから、営業マンの方は普段の業務に追加ですから、まあ大変なんでしょう。

なので、すぐに、資料が届いたり、コンタクトをしていただくと、すっごい目立つので、すごっ!と思ってしまうわけです。際立っている企業というのが、時々あります。

私は、20代のころから白髪が出だして、年齢の割に早くて白髪が多いほうかなと思っています。

今までも、月1回ヘアマニキュアで白髪を染めていました。

ホントは、3週間くらいで染めたいんですが、3週間毎に美容院い行く時間がなく、月1回行って、3週間過ぎたあたりから目立ってくるので、マスカラみたいなヤツで白髪に塗ったり、時には、市販の部分染め(ヘアマニキュアの)をしたりしてました。

最近は、なかなか美容院に行く時間が取れなかったのと、ヘナを試してみたいけど、買ったはいいがする時間がなく、カラートリートメントを使ったりしてました。

カラートリートメントは、お手軽でいいんですが、思っているよりも結構染まるし、いいんですが、やっぱり早く取れちゃいますよね。

マニキュアをすると、石けんシャンプーでは早めに取れてしまうと思うので、ヘナをしたいのですが、まだメンドクさくて(時間がかかるから)、どうしようかな~と思ってました。

今回のヘアカラーもまだかな、まだかな~?まだだろうな~、と思っていて、まず私自身が試したいのですが、先日したカラートリートメントが取れてきて、美容院に来週予約しちゃいました。

その後に届いたんですね~。残念!

私が試す前に、みなさんに試していただくことになってしまいました。

先にみなさんに試していただくとは言っても、すでに発売されているものですし、一応メーカー側は、一般のヘアカラーには入っている、「ジアミン」を抜いているので、刺激になりにくい、という主張のもとに売られているものなので、それほどの心配はされなくてもいいかな、と思っています。

ただ、やはりヘアカラー剤ではありますが、パッチテストをするようにメーカーも言っていますし、今回のモニターさんには、念のため、やっていただこうかと思います。

それで、実際、染めて1か月どうだったか、教えていただきたいです。

刺激の少ないものというのは、なんでもそうですが、効果が短いもので、持ちは、1か月程度だそうです。

使っているシャンプーの種類によって、持ちは多少影響しますが、だからと言って、高いお金を出して、ヘアカラー用のシャンプーは買わなくていいと思います。

刺激のないカラーリングを目指しているのに、シャンプーで刺激していたら、本末転倒ですからね。

私は、以前夏にヘアマニキュアをして、美容院の帰りに汗をかいて、白の麻のジャケットに、茶色い色が付いたことがあって、(幸い、帰ってすぐに洗ったら、落ちました。良かったです。)、夏場は1回だけヘアカラーをしていたことがあったんですが、去年だったか、やっている最中は沁みるわ、後からものすごく痒くなってくるわで、もう二度とカラーはやらないと決心しました。

それじゃあ、ヘナか、となるんですが、普通のヘナはオレンジになりますあからね、時間もかかるし。。。作り方も、ちょっとメンドクサイので、気合をいれてかからないと、と今はとても億劫です。

(私が買ったヘナは、他のハーブと混ぜてあって、一応焦げ茶になるらしいです、まだやっていないので、わかりません)

色落ちが困る時に、もうちょっと簡単で、マニキュアよりも色の持つものが欲しいんですよね~。

今回のカラー剤がどこまでホントに優しいのかは、わかりませんが、少なくとも従来のカラーリング剤よりは、マシかなと、思っています。

刺激がないとわかっても、しょっちゅうするのではなく、駆け込み寺的に、たまの染料と思っていただける位置づけになればいいかなと思います。

あくまでも、白髪染めで、白髪じゃない方の髪の毛を明るくするものではありません。

アジア人の黒髪を明るくしようと思ったら、一度色を抜かないといけませんよね。

脱色の程度はいろいろでしょうけど。

金髪にするとか、明るめに茶色にするとか、黒い毛がそんな色に染まって、洗っても落ちないわけですから、そりゃ、髪の毛にも悪いし、肌にも悪いでしょ。

中に入っている「ジアミン系薬剤」で、アレルギーが出ることが多いです。

だから、カラーリング剤は、パッチテストが義務付けられているんですよ。

ほとんどの美容院が、同意書もなく、そういう説明もなく、お客さんにカラーリングをバンバン勧めていると思います。

店側から教えてもらっていたら、知る機会があったら、自分で選択できますよね。

そしたら、そんな頻繁に、カラーリングやっていなかったんじゃないですか?

薄毛相談の患者さんは結構いらっしゃいますが、大半の方が、カラーリングをバンバンしていて、それで薄毛にならないほうがおかしいと思います。

それだけ刺激を加えて、肌も髪の毛も無事なわけないじゃないですか。

白髪を染めたい、という場合は、中途半端な白髪の量では、確かに染めたくなる気持ちもわかりますが、オシャレ染めの場合、そんな痒くなるものを、わざわざしなくていいやん、と思います。

特に、金髪や明るすぎる色にすると、プリンみたいになって(根本は黒いから)、すぐにまた染めないと、それこそみっともないでしょ。悪循環ですよね。

どうしても明るい髪にしたかったら、つけ毛やウィッグを使ったらいいと思うんですけどね。

患者さんの中には、自分の毛はすごく短くして、その日の気分でウィッグで髪型や色を変えて、楽しんでいらっしゃる方もいらっしゃいます。

洗うのも乾かすのも、楽とおっしゃってました。

伸ばしたくなったら、伸ばせばいいですしね。

とりあえず、薄毛に悩む方(実際に薄毛かどうかは別として。薄毛と思い込んでいる方がとても多いです)は、ジアミンの入った、市販(美容院も含めて)のヘアカラーは止めましょう。

ヘナだから大丈夫、と思っている方、ホントにそれ、ヘナ100%ですか?ヘナといいつつ、ヘナが入っているというだけで、ジアミンが入っているものはたくさんあります。

そしたら、結局、意味ないですよ。

そういうことも説明せずに、お客さんを騙して、ジアミンの入っているヘナ入りを使う美容院は、関わるのは止めておきましょう。

ちゃんとしたところは、「ジアミン」という名前まで出さなくても、ヘナ100%なのか、化学薬品が入っているものか、説明があります。

あるいは、選べるか。

やっぱり入っていると、染まりやすかったり、髪の毛が扱いやすかったり、時間の短縮があったりと、「便利さ」というメリットがあるので、どこまで選ぶのかは、その方次第ですが、騙されてずっとヘアカラーをしているのは、イヤでしょ。

同じするなら、把握した上で、自分の意思で選びたいと思うんですけどね。

よく患者さんに、ヘアカラーの話をすると、通っている美容院で、「うちのヘアカラー安全と言われた」「肌に優しいと言われた」とおっしゃいます。

危険です、と言う美容師はそうそういないでしょう。だって、売上減りますからね。

そこまで、言われるなら、ちゃんと証拠を見せてもらっては?

その証拠を、診察の時に持ってきてくださったら、その証拠の信憑性を見ておきます。

怪しいでまかせの証拠なのか、科学的に信用できるものなのか。

(アレルギーの原因である、ジアミンが入っていて、「優しい」「安全」という美容師は、いないでしょ。いたら、悪徳ですよ~。で、そういうところは、パッチテストの説明も言っていないし、パッチテストを省いてもいいですか?という同意書も取っていませんよね、たいがい。

そして、毎月カラーリングするように、営業するんですよ。自分の売り上げになるから。

見た目もそりゃ、綺麗でしょう。

パッチテストを必ずしている美容院は、ほとんどないと思いますが、毎回同意書を取って、かぶれたことがないか、希望があればパッチテストを行うこと、今回は省いて毛染めをしてもいいのか、という同意書です。

毛染めでトラブルがあって、皮膚科に行ったら、ほとんど、毛染めによるかぶれです。診断書は、「接触性皮膚炎」「アレルギー性接触性皮膚炎」などなどの病名が並びます。)

ヘアマニキュアでも、カラートリートメントでも、かぶれる人はいるし、それは、どんなものでもありえます。

誰にでも100%絶対安全、というものは存在しません。

どこで妥協するかですが、便利・オシャレと、安全・健康は、なかなか一致しないんですよね。

オシャレを貫きたい、という方は、好きにされたらいいんですが、皮膚や毛根に負担になった分は、結局自分に返ってきますから、(回数の問題もありますが。負担になる回数は少ないにこしたことはないです。)、オシャレもほどほどに。

毛根(毛母細胞など含めて全部)のところ、弱っていたら、復活もあり得ますが、完全に死んじゃったものは生き返らせることはできません。

死んでしまう前に、助けてくださいね。

先日も、60代の方が薄毛相談に来られました。(この方は、カラーリングは全然されていない方です)

今更やってもダメかな、とちょっとあきらめモード。。。でも、ちょっと希望というか、なんとかしたい!という願望があるから、受診されたわけです。

あきらめたら、そこで終わりです。

髪の毛のことだけでなく、なんでもそうですが。

すごいお金をかけて、どっかであきらめさせてあげたほうがいい場合(完全に毛の細胞が死んじゃっている時とか)もあるでしょうが、そうなっていたら、私は、それは止めます。

その場合は、あきらめるのではなく、育毛ではなく、別の方法を考える、という提案ですね。

でも、育毛したほうがいい場合(同年齢の人と比べて、かなり薄毛という場合)、で、ご自身も育毛したいなら、あきらめないでください。

どこまでお金をかけるのかは、その方次第ですけど、無理のない範囲でやってみる、というのがお勧めです。決して無理はしない、という絶対条件はつきますが。

20代みたいに、ふさふさになるわけではありませんからね。

薄毛じゃないのに、気にする方は、いらんことをせず、「気にしない」ことをまず気にしましょ。「気にする」から、余計に抜けるんですよ。

今日は、本の紹介です。

IMG_20140514_230658952.jpg

クリニック宇津木流院長の、宇津木 龍一先生が書かれた本です。

医学書ではなく、一般の方を対象とした、とてもわかりやすい本です。

本の題名を見て、ビックリされた方、ウソだと思っていらっしゃる方、大勢いらっしゃると思います。

ここに書いてあることは、本当です(私は、本当だと思います)。

私のブログでもたびたび書いている、顔のクレンジング(全ての市販で売っているクレンジング剤・洗顔フォーム含む)全否定の分、ご覧になって、実践していただいていますか?

私が勧めているのは、純せっけん(石けん素地100%のもの。ちゃんと裏の成分表を見て、成分表に、「石けん素地」、もしくは、「水 石けん素地」としか書いていないか確認しましょう。)のみの1度洗いです。

これがどうしても無理な方(化粧が濃すぎるととか、純石けんだと乾燥する、刺激があるとか、純石けんで化粧品が残った場合、我慢できない方・どうしても慣れない方など)には、少しでも肌に負担がかからないように、他の方法をアドバイスしています。

どうしてクレンジング一切を勧めないかというと、合成洗剤と同じだから。

貴女が、肌に良いと信じて買っている、その商品は、どんなに高くても、ただの質の悪い合成界面活性剤たっぷりの洗剤です。

だから、肌がどんどんボロボロに、赤く、キメがなくなり、ひどい状態になっていくわけです。

肌の調子が悪いと自覚があるなら、まずはクレンジングを一切止めて、ただの純せっけんのみにすること!

肝斑・赤ら顔・肌荒れ等々の方には、一切止めてもらっています。

シャンプーも同じです。

普通に売っているシャンプー(どんなに高くても、です。サロンで買おうが、業務用と言われようが同様です)は、全て合成界面活性剤の洗剤と同じです。

私が勧めているシャンプーは、ブログでも何度も書いていた、純石けんと同じ、石けんシャンプー(と必ず専用のリンス)です。取扱い始めました、とブログでも書いたと思います。

(市販で買う場合は、これも、ちゃんと成分表をみてください)

それが(ギシギシするので、慣れるまで時間のかかる方もいます)無理という方には、アトピコの医療機関専売品のシャンプーを、うちでは取り扱っています。

両方とも、中身も使い心地も全然違いますから、市販のわけわからんシャンプーから、いきなり石けんシャンプーって、無理な方もいますから、無理だった場合、またおかしなシャンプーを買うので、段階を踏めるように、トリートメントが欲しい方には、トリートメントも置いています。

最終は、石けんシャンプーと専用リンスと椿オイルのみ、という理想かなと私は思います。

ブログで説明しても、そんなに長々とちゃんと説明できるわけではないですし、わかりづらい方もいらっしゃるようで。。。

私のブログを読んだにも関わらず、おかしなモノを買って使っていて、診察時に自信満々に、肌い優しいのを使っています、とおっしゃるので、なんで。。。?となることが時々。。。そんなにわかりにくいのか、と悩むことも。。

たいていの患者さんは、理解されているんですが。。また騙されて、という方が、無くなりませんね。。。

先日も、ドラッグストアに行ったら(普段あまり行かないんですが。。ろくでもないモノがたくさん売っているから。見てると、時により、こんな悪質な宣伝してっ!!と腹が立つこともあるので、用事がないといかないし、用事がある時も、買うモノしか見ないようにしています)、「洗浄成分は、石けん100%」みたいな感じのパッケージで、まるで、純石けんかと消費者が勘違いするような、宣伝文句の商品があり。。。あ~あ~。。。

どうして、わざわざそんなこと書くんでしょうね。。。

「洗浄成分は石けん100%」ということは、洗浄成分以外、何かを入れているということです。

どうして、その必要でない、「何か」をわざわざ入れるんでしょうね。。。

(それは、入れないといけない、何か理由があるんでしょう。。

それは、いいこと。。?悪いこと?

私は、そんなものはいらないと思いますが。。その分、値段も上がるわけですから。

そういう、紛らわしい宣伝文句を表示してある商品は、絶対私は買わないですね。

患者さんにも、買いたくなるような、都合のいい、宣伝文句が書いてあったら、それは買わないでください、と言っています。

わかって買うならいいんですが。わからないなら、そうするしか、自己防衛手段はないかな、と。。

話を戻しますね。

この宇津木先生のご本は、本当にとてもわかりやすいです。

合成界面活性剤のことがどう悪いのか、今どきのシャンプーの何が悪いのか、などなど、TVや雑誌の宣伝文句をそのまま信じている方には、天変地異と同じくらい、ショックなことがたくさん載っていると思います。

これくらいのショック療法をしないと、化粧品会社の呪いは解けないのかもしれません。

ただ、宇津木先生は、石けん自体は否定はされていませんが、基本、水(かぬるま湯かお湯か)のみで洗うことを推奨されています。

このご本以外にも、肌の本がありまして、その本もとてもいい本でお勧めですが

(「「肌」の悩みがすべて消えるたったひとつの方法」)

どちらの本に書いているあること全て、本当です(と私は思います)。

髪のほうも、肌のほうも、医師(特に、皮膚科医と皮膚科医以外)によっては、考え方の違いはあります。

私も、本の内容全部と全く同じ意見ではありません。

間違っているかどうか、という問題ではなくて、あくまでも考え方の違いで、そこは、各患者さんによって、どの考え方が合うのかは、人それぞれだと思います。

(違う点は、日焼け止めの話や、保湿剤を使うなら、ワセリンのみとか、ちょっとしたところです。)

あと、宇津木先生のおっしゃることが正しい(石けんすら使わないなど)ことはわかっていますが、(石けん100%だから、肌に優しいわけではありません。所詮は、汚れを落とすものであり、石けんでも刺激にはなるのです)、私は、日焼け止めも塗りたいし、ファンデーションも塗りたいし、石けんも使いたいです。

石けんが無理な時は、アトピコにしろ、何か他にないか探して使います。

保湿もワセリン(実際は、保湿ではなく保護ですが)はできれば、使いたくないし(ベタベタするから)、もう少し塗りやすいモノを塗りたいです。

どこまで、これらの本の内容を実践するかは、各個人の問題で、何を使おうが、その人の自由ですが、「肌に優しい、髪に優しい」と信じ切って、わざわざ高いお金を出して、肌も髪もボロボロにしているんですから、せめて、もうちょっとわかって使えば?と日々思いますね。

わかっていたら、何かトラブルがあった時、やっぱりこれか!ということで、すぐに止めてもらえるんですよね。

でも、わかっていないと、ご本人は、とてもいいと思っているので、まさかそれが原因と思っていないので、いつまでたっても、止めないんです。。。どんどん悪化の一路をいたどります。。。

この本を読んで、おかしなモノを買う方が少しでも減ればな、と思います。

水洗いのみを実践するかどうかは別として。

(私は、完全休みの日は、水のみですが、でかける日は、石けんシャンプーで洗います。)

うちに来られる患者さんの中で、うちを見つけた検索ワードに、「宇津木先生の本」と書かれる方が結構いらっしゃって、どこかのサイトで、載っているんでしょうね。。

石けんのこととか、高機能化粧品とか使うな、とか、そういうシンプルスキンケア推奨派には、知っていただいているんでしょうか。。

宇津木先生(面識はありません)のお名前で、うちのクリニックが出てくるとは、大変光栄なことです。もったいなや。。

で、宇津木先生の本も読んで、私のブログも読んで、かなり遠方から来られるんですが、スキンケアは実践しているのかと思いきや!!

宇津木先生も私も絶対に勧めていない化粧品を使っていて、肌はボロボロ。。。。

。。。なんで。。?

本もブログも読んで、なんで、それ、使う。。?

謎です。。。

遠方から、何しに来たんだか。。。

宇津木先生の本の内容は、かなりのカルチャーショックでしょうから、化粧品をわりと使いたい方には、なかなか受け入れるのが難しいこともあるし、全部受け入れたとしても、合わない患者さんも中にはいるでしょう。

それは、どんな治療法でも、合う合わないは必ずありますから、当たり前です。

本というのは、あくまで一般的な話で、個人個人の肌を診て、スキンケア指導されているわけではありませんから。

まあ、私は、化粧もしたいし、石けんも使いたいので、宇津木先生の内容に比べると、かなりゆるいというか、まだ受け入れやすいと思っています。

それも受け入れられないという方(わざわざ来て、ごくたまにそういう方がいます)は、一生、化粧品の呪いにかかっていなさい。ムダなお金を化粧品会社に寄付していたら、よろし。

でも、大勢の方が、宇津木先生の本もそうですし、私のブログ(並べてすみません。)も、誰でも見ることができます。(本は買ってくださいね)

そしたら、遠方からお金かけて来なくても、毎日実践しているだけで、肌は結構綺麗になると思うんですけどね。。

たいていの方は、おかしな、いらんことばっかりしているから、肌が汚くなっているので、止めるだけで、少なくともマシになるはず。

ホントに実践しているのに、綺麗にならないという方は、特殊な場合(皮膚炎など化粧品ではなく、薬が必要なレベルとか)だったり、スキンケアでは無理なことを最初から期待しているとか(もうできてしまっているシミとかシワとかタルミとかを、なくしてくれ、ということ)、そういうのは、やはり個別の診察が必要です。

でも、やっているつもりで、全然やっていない方も多いので、(これはかなりタチが悪いんですが。。何がいけないのか、全く理解していないので、注意しても、また別のおかしなことに手を出します。)、そういう方は、いつまでたっても、綺麗にはなりません。

ああ。。。肌が可哀そう。。。時間もお金ももったいないですが、一番もったいないのは、その肌自身です。

その肌で、ずっと過ごしているなんて!!人生、もったいないと思いませんか?

話が飛びました。

毛に戻します。

肌と同じように、毛も同じです。

毛自体は、ただのたんぱく質です。毛を切っても痛くないように、毛自体は生きていません。

でも、毛根や毛根の周りは生きているんです。

なので、抜くと痛いんです。生きている毛は、引っ張っても抜けませんしね。

毛根の周りには、皮膚があります。

毛根の埋まっている皮膚が、ボロボロなのに、毛だけちゃんとしたものが生えるわけ、ないと思いませんか?

私は、いつも育毛相談の方に言うのが、いい土(土壌)じゃないと、いい木は育たないんですよ、と言っています。

アスファルトで固めたようなカチカチの皮膚に、根(血管)が張れるわけありません。

いいふかふかの、根がやりやすい土にしてあげないと。

化学肥料や農薬や殺虫剤だらけの土で、苗が育つわけもないし、葉っぱも出ないし、花も咲きません。

不健康だから、すぐに病気になります。ヘタすると、その苗は枯れてしまうのです。

草木を育てるのと同じで、必要な栄養はいるけど、おかしな毒はまかない。

完全有機栽培の土もあれば、無農薬・減農薬の畑もあって、そのレベルは様々。

どのレベルまで目指すのかは、その人次第です。

レベルに差はありますが、毒は撒いちゃあ、いかんでしょ。草木は枯れますよね。

減農薬とかいう問題ではないのです。

化粧品の場合、本当の毒ではありませんが、悪影響という意味であれば、そりゃ、全部禁止なわけですが。。どこで妥協するか、難しいところです。

使うなら、わかって使いましょうね。

ちなみに、遠方からシミ相談に来られた方は、さっきのダメと言っている化粧品ばかり使っていて、肌がボロボロだったんですが、雑誌で紹介されているミネラルファンデを使っていて、(他にもおかしなものを使っていて)、これだけ肌がボロボロなのは、使っている化粧品にも質に問題があると思いますよ、(もちろん、洗顔もゴシゴシしていたんですが)という話をしました。

あとから調べたら、この使っていたミネラルファンデ、おかしなものがたくさん入っていて、よくこれでミネラルファンデっていうな~!!という代物。

しかも、HPや雑誌のイメージは、さも、「こんな肌に優しいモノはないです!」「こころを込めて作りました、みんなに幸せになってほしいから!」みたいな、みせかえのナチュラル感満載でした。

私が今のところ、ミネラルファンデで使ってもいいとおススメしているのは、野本先生の開発されたビューティフルスキンだけです。

(国産に私はこだわっているので、外国製のは信用していないこともあり、また日本人と欧米人の肌は違うのです。

本当の皮膚科医が開発されているので、なんちゃってでも、バッタもんではないのです。

しかも、野本先生のは、良心的な価格ですから、こんないいモノはありません。)

まあ、肌も髪の毛も同じです。体の一部ですから。

勧めないモノは、どこの場所でも勧めません。

呪いを解きたい方、なんとかしたいとおもっている方、一度、宇津木先生の本を読んでください。

貴女の理解がよければ、この本の良さがわかります。

どこまで実践するかは、次の段階としても、とりあえず理解というか、知ってください。

おかしなモノを買わなくて済むように。

実践できればできるほど、スキンケア・ヘアケアに、お金も時間も、どんどんかからなくなりますよ。

本当です。

薄毛・育毛相談にしろ、頭の髪の毛を気にされている方、あるいは、少しでも刺激のないものをお探しの方には、顔同様、せっけんシャンプーをおススメしています。

せっけんシャンプーの取扱いができないと勝手に思っていたので(卸しの関係で)、今まで取扱いをしませんでした。

幸い、アトピコのスキンケアヘルスのシリーズが、クリニック専用であったことと、いきなり石けんシャンプーを使うのが難しい方もいるだろうから、ちょうどいいと、アトピコのシャンプーを仕入れました。

アトピコのシャンプーは、とても使いやすく、慣れてくれば、リンスもトリートメントもなしで、これだけでいけるようになります。その後、タオルドライした後に、椿オイルを塗ったら、完璧です。

でも、アトピコのシャンプーよりも、もっと優しいのが、石けんシャンプーだと私は思います。

添加物による刺激を限りなく、なくす、という意味で。

なので、シャンプーの話をした方には、一番いいのは、石けんシャンプーですよ、とお伝えしているのですが、なぜか、全然違うものを買ってきて、でも、ご本人は石けんシャンプーだと思って、使っておられたりするので、やっぱり仕入れられないかな、と卸し業者さんにお聞きしたら、取り寄せてくださいました。

IMG_20140315_152913113.jpgミヨシの石けんシャンプーと、専用リンスです。

それぞれ、1本350ml ¥600と消費税です。

(5%なら、¥630です。8%なら、¥640です。うちでは、消費税の1円は切り捨てにしています。)

うちで取り扱っている、牛乳石鹸の無添加シリーズの、「無添加せっけん」は、石けん素地100%ですが、このシリーズの、シャンプーは、刺激少なく作られていますが、石けんシャンプーではありません。

石けんシャンプーだと思って、買われる方もチラホラ。。。

買ってダメではないんですが、石けんシャンプーだと思って、買っているなら、違いますよ、という話です。

石けんシャンプー、そんなに、買うのが大変でしょうか。。

ミヨシや玉の肌、パックスなど、たくさんメメーカーが探せば、いくらでもあるし、スーパーのエコのコーナー(洗濯の粉石けんとかの)やドラッグストアのそういうコーナーに並んでいると思います。(お店によって、品ぞろえは違うと思います)

石けんシャンプーは、地球にもお肌に優しくていいんですが、ひとつ注意点があります。

必ず、専用のリンスを使わないといけないことです。

石けんシャンプーというのは、ただの石けんで、ホントに何も入っていませんから、アルカリ性です。汚れをよくとってくれます。

バシバシになります。シリコンはおろか、ホントにな~んにも入っていませんから。汚れを取るのみです。

汚れを取った後は、必ず、酸性のもので、中和させないと、バシバシのままです。

だから、専用のリンスがいるんです。

たいていは、専用リンスと書いてあっても、中身はただのクエン酸で、クエン酸を適当に見水で薄めただけのものです。

薬局で売っているクエン酸をご自身で薄めて使ってもいいし、お酢やリンゴ酢を薄めて使っておられる方もいらっしゃいます。

香りが欲しいから、と、そこに、アロマオイルを垂らしている方もいらっしゃいます。

人それぞれです。

そこを理解せず、石けんシャンプーだけ使って、市販の普通のリンスを使っても、中和させてくれませんから、おかしくなるだけですし、市販のリンスにも、おかしな添加物は山ほど入っているので、石けんシャンプーをせっかく使った意味がなくなります。

また、今まで、市販の、混ぜ物てんこ盛りのシャンプーやリンス、トリートメンに慣れている方は、いきなり添加物なしのモノって、ギシギシするし、ビックリされると思います。

しばらくしたら、頭皮も健康になって、自分のちゃんとした皮脂が出てきて、髪の毛をコーティングして、毛自体も潤うようになってきます。

地肌が荒らされていた期間の長い方、ひどく荒れていた方は、ちょっと時間がかかるかも。。。

いきなり、切り替えるのではなく、アトピコとかでワンクッションおく、というのが、やりやすいかな、と思います。

それだけ、何も入っていないシャンプーというのは、顔のクレンジングを止めて、石けんだけで洗う、という以上に、ビックリされると思います。

(耐えられない方も出てくるかなと。。それくらい、ギシギシするから。)

タオルドライした後に、椿オイルを塗れば、櫛通りは良くなりますが、オイルをつけすぎると、ベタベタになって、髪の毛、特にトップは、ベタっとペッちゃんこになってしまいますから、難しいところ。。。

(スプレータイプの椿オイルを使えば、解決はしやすいんですが、慣れるまで、ね。ちょっと難しいかも。。)

コツはね、専用リンスでたっぷりとすすぐこと。

私が昔使っていた時は、シャンプーの倍使ってすすでいて、すぐにリンスがなくなって、買い足しするのがめんどくさくなって、クエン酸を自分で薄めて、すすいでいました。

(たっぷりすすいだからと言って、添加物てんこ盛りのシャンプーみたいに、ツルツルの手触りに変わるわけではありません。)

椿オイルをその後に塗ってましたが、トップは塗らないし、全体にもたくさんは塗らないし、(ベタつくから)、でも、髪の毛の乾燥が気になって、それで、牛乳石鹸のトリートメントを使ってました。

石けんシャンプー・専用リンス・トリートメントと、3回洗うのがめんどくさくなったのと、月1回マニキュアで白髪を染めているんですが、石けんシャンプーをすると、取れやすくなってしまうのです。

(ヘアカラーなどは、酸性なので、石けんシャンプーのアルカリがケンカし合うというか、取れやすくしてしまいます。

なので、ヘアカラー専用シャンプーというのは、酸性になっています。)

いわゆる、よく売っているシャンプー(リンス・トリートメントなど一切を含めて)の何がいけないのか?というのは、主成分である、合成界面活性剤がダメなわけです。

低刺激のシャンプーなどになると、その中でも、乳化剤と言って、(似たようなものと言えば、そうなのかもしれませんが、刺激は、モノによったら、やっぱりマシです)、ちょっと違うものが主成分になっています。

合成界面活性剤だと、必要な保湿成分や肌の大事な成分まで、奪ってしますので、(顔のクレンジングや洗顔フォームなどと同じです)、ず~っと使っていると、クレンジングでお肌がボロボロになるのと同じように、頭皮にも、ず~っとダメージを起こします。

ものすごい洗浄力なので、添加物ごっちゃり入った、リンスやトリートメントで、ごまかそうとしているわけです。

ごまかすためにも、たくさん、本来いらないはずのものがたくさん入っています。

これらで、ゆっくりゆっくり、やられていくわけです。

頭の皮膚は、顔よりもとても分厚いので、顔よりは、赤み・乾燥・かゆみなどの症状が出てくるのに時間がかかることが多いですが、その間にも毛はどんどん弱っていくわけです。

いきなりかぶれるとか、大変なことになったら、みんな気づいて止めてくれるわけですが、ゆ~っくり、侵されていきますから、気づかないことが多いです。

(まさに、顔のクレンジングと同じです。)

最近、CMで、シリコンが悪いだの、水が悪いだの、宣伝していますが、はっきり言って、どうでもいいです。

シリコンがダメ、なんて、言い出したら、多くのの化粧品は使えませんよ。ファンデーションにもたくさん入っていますよ。

はっきり言って、ホントに、シリコンはどうでもいいです。

そりゃ、本来はいらないはずの添加物で、手触りを良くするためのものですから、ないにこしたことないです。

でも、シャンプー会社は、今まで散々シリコン入りを売っておいて、しかも今でも売っているクセに、何をいまさら?!と思います。

そこまで、しりこんが悪いなら、ノンシリコンを売っている会社は、全商品から、シリコンを抜かなきゃおかしいですよね。

抜いている会社、ありますか?

両方、売っているんじゃないですか?

要は、シャンプー市場の売り上げが頭打ちだから、発想の転換というか、違った発想の商品を開発して、市場を活性させて、また売ろう!という魂胆だと私は思っています。

添加物のなるべく少ない商品へ!とホントの動いていっているなら、喜ばしい限りですが。。

シリコンを抜いたところで、合成界面活性剤がたっぷり入っていたら、そっちのほうがよほど問題なわけで、それからしたら、シリコンは、ほんと~にどうでもいいです。

まして、「水が悪い」なんて!

水道水は、(日本の場合ね)、飲めますけど、シャンプーは飲めませんよ!

そりゃ、塩素なんてないにこしたことありません。

皮膚科をしていると、昔、転勤で水が変わって、湿疹やかゆみが出るようになった、乾燥するようになった、という患者さんを結構診たことがあります。

各市町村で、塩素の含有量が違うんでしょうね。

プールなどの塩素たっぷり水に、しょっちゅう浸かっていると、髪の毛もバシバシになるし、脱色されることもあるし、肌も乾燥するし、と、そりゃ、塩素はないにこしたことないです。

でも、水道水に入っている量なんて、飲めるんですから!

プールの水は、飲み水じゃないでしょ。それくらい、塩素の量は違います。

そんなに、塩素が気になるなら、水が悪いというシャンプーなんか買わなくても、ネットで、塩素を抜いてくれる、シャワーヘッドが売っているはずです。

まあ、浄水器みたいなものですがか。そりゃ、贅沢だ。

ちょっとお値段は、するかもしれませんが、そんなに気になるなら、そういうのを買えばいいです。

でも、いくら塩素を抜いても、一番悪いのは、シャンプーそのもの、主成分である、合成界面活性剤なので、そのシャンプーを止めない限り、水なんて、問題ではありません。

ほんと~に、水なんて、どうでもいいんです。

ホントに、そんな塩素やシリコンまで気にするなら、石けんシャンプーにしてください。

一番シンプルで、真髄をついています。

私は、石けんシャンプーを使って、待っていたら、必ず、髪の毛が健康になって、バシバシも、それほど困らなくなる、ということを知っていましたから、我慢というか、気になりませんでしたが、みなさんは、どうでしょう。

いける方も結構いらっしゃいますが、さっさとあきらめる方も。。。

(まず、正しい使い方、しましょうね。これ、最低条件です。)

まあ、無理せず、いきなりじゃなくても、順番に段階を踏んでは?

アトピコのシャンプー + 牛乳石鹸のトリートメント

(どちらも、量は少な目で十分ですし、頭頂部にいきなり原液をたっぷりかける、というのは絶対になんでも止めてください。

どんなものでも、シャンプーは、先に泡立てておいて、のほうがいいんですが、なかなかやってられないですからね、たっぷりのお湯で、先に髪の毛をすすいでおいて、後頭部に少量つけてください。

普通のリンスやトリートメントは、毛先だけにつけるとか、頭頂部などは止めておきましょう。どうせ、すすぐ時に、ちょっとついてしまいますから、それで十分です。

(石けんシャンプー専用リンスは、必ずたっぷり全体で。全然話が違いますからね。)

それに慣れたら、トリートメントを止めてみる、シャンプーを、交互に、石けんシャンプーとで使ってみる、など。

(人間の汚れなんて、皮脂・汗・ほこりくらいですから、お湯で十分落ちます。)

私も、せっかくなので、久しぶりに、石けんシャンプーに戻そうかな~。

問題は、白髪染めのヘアマニキュアなんですね~。

うちの患者さんみたいに、ヘナに変えようかな~。

うちの患者さんみなさん、ヘナでうまく染めておられます。

ヘナは、白髪専用で、黒い毛を明るくすることはできません。また、ヘナ100%の、化学薬品無添加のものは、すごく時間がかかります。

1時間前後以上。。。。う~ん。。。そうなると、美容院ではヤだし。。。家で自分でしかない。。。(メンドクサイ。。長いから。本でも読んでいるか。。)

今日、東急ハンズで、ヘナやらカラートリートメントやら、いろいろ買ってきました。

試してみます。

そのご報告は、また後日。

気になっておられる方は、一度お試しください。お値段も、かなりお得です。

そうそう、久しぶりに見ましたが、専用リンスが、薄めるタイプに変わっていました。

私みたいに、たくさん使う、という方が大勢いらっしゃったのかもしれませんね。嬉しい改善点でした。

明けましておめでとうございます。

今年1年もまた、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

さて、キャンペーンのお知らせが遅くなり、申し訳ありません。

お待たせしました。

例年ですと、医療メニューであれこれ、福袋を、としておりました。毎年ご好評をいただいて、福袋を楽しみにされていらっしゃる方もたくさんいらっしゃったので、申し訳ありません。

医療のキャンペーンは、止めてしまいましたので。

そこで、化粧品の福袋にしました!

スキンケアバージョンやヘアケアバージョン、育毛バージョンと、各種ご用意しました。

お値段も、きっちり切ってみました!

ただし、化粧品やサプリメントの説明やテスターのご使用のまだの方は、使用後、あるいはカウンセ後のご購入になります。

場合により、お勧めしないこともありますので、ご了承ください。

 

さて、化粧品のバージョンは、洗顔もセットにしてますから、完璧バージョンです。椿オイルも付けてますから、乾燥する季節、純石けんで落ちにくくて困った時などに、クレンジングオイル代わりにお使いください。もちろん、保湿剤としても使えます。

 

ヘアケアの福袋は、椿オイルもセットにしてます。

ヘアムースやヘアトリートメントなどを使わなくても済むように、自分の髪の毛の輝きを取り戻せるように、液体状のオイルと頭頂部や髪の毛全体に、ちょっと保湿をしたいな、という時に、スプレータイプがおススメです。

(肌用のスプレーなので、近づけて出すと、ブシュッ!と多めに出てしまいますから、そお~っと押してくださいね。

慣れたら、大丈夫ですよ。

肌用なので、体や腕・脚の大きな面積を一気に保湿するのに、とても楽なので、ボディケアとしてもお勧めです。)

 

育毛の福袋は、ヘアケアで頭皮に負担を無くしておいて、ナビジョンの育毛エッセンスとサプリメントのセットです。

中からも外からも、毛根を保護し、より栄養を与えるために。

イオン導入の福袋も、2種類選んで、というのは、初めてでしたっけ?

いろいろされたい方におススメです。いろんな栄養を与えることで、相乗効果を期待しましょう!

 

1月に入っても、イベントは結構ありますよね。

2月にあるという方も、今から注射系をして、様子を見て、調節される、という方も、結構いらっしゃいます。

注射系を急いでやって、よほど慣れている方は別として、初めてで慌ててやる、というのは、私個人的には、勧めていません。

(昔、勤めていたクリニックで、翌日にお見合いだから、鼻にレディエッセだったか、ヒアルロン酸を入れてくれ、と言われて、私は、やらないことを勧めました。)

 

万が一のダウンタイムを気にされる方は、光・レーザー治療がおススメです。

うちのどの治療も、結構いいですよ。

(ただし、正しく理解しておられる方にしか処置はしません。

スキンケアを全くしない方・おかしなことを止めない方・過大に期待しすぎの方は、処置を希望されましても、お断りしております。)

光・レーザー治療は、ある程度の効果が欲しいなら、定期的に処置をしていくものです。スキンケアの医療バージョンとお考えください。

化粧品ではないので、チリも積もれば山となる、とまではいいませんが、積み重ねが大事です。

たった1回だけで、大きな効果を期待しすぎては困りますが、1回の積み重ねをしていかないと、大きな効果にはならないわけです。

なので、光・レーザー治療は、やってみたいと思った時がやりどきです。最初の1歩をどこで始めるか、ですね。

そういう意味で、イベント前とか、急に気になった時、というのが、やりどきです。

たまにしたらいいものから、ある程度毎月続けてやるものから、それは、患者さんがどこまで目指すのかで様々ですから、決まっているものではありません。

どこまでしたいのか、それなら、どれだけするのか、などは、診察・カウンセ時にご相談ください。

体は、寒い季節がまだまだ続きますから、AC BODYや、トゥルースカルプが人気です。

体が冷えている時に、無理して体を鍛えると、(特に、運動嫌いな慣れていない方が)関節を痛めかねないですし、おっくうになりがちで、一度やったらしんどくて、もう2度とやりたくなくなっちゃいませんか。

そんな時に、AC BODYは、お勧めです。

冷え症の方は、セルライトが腰~太ももにかけてつきやすい季節ですから、トゥルースカルプは超~お勧めです。部分痩せも合わせて。

今回のキャンペーンのお菓子は、オーレリーにお願いしました。

毎年1月は、お正月の営業をされた後は、ご旅行に行かれるので、1月は、オーレリーのお菓子をあきらめていたんですが、今年は行かれないそうで、ラッキー♪です!!

そこで、お願いしました。

お正月らしく、紅白のクッキーを予定されています。

でも、4日の朝に焼かれるので、4日の午前中の方は、間に合わないかも。。。。

その場合は、別のお菓子をご用意しておきますので、次回来られた時に、オーレリーのお菓子をご用意しておきますね。

 

そして、以前にもお伝えしていた、大島椿の椿油です。

うちの患者さんにどうぞ、といただいたのを、キャンペーンに使わせていただきます。

ただ、数に限りがありますので、無くなり次第、終了です。

いただいた椿油は、市販で売っている、一番メジャーなオイルです。

これは、クリニックでの取扱いはありません。

普段は、私は、アトピコスキンヘルスケアの椿オイルを使っていますが、クレンジングに使いたい時に使っちゃうと、あっ!という間になくなってしまうので、何か他にないかと、業務用のエステ用の椿オイル(カメリア種の)を仕入れたんですが、やはり、全然違います。。。

同じように、無色透明なんですが(もちろん、オイル100%なんですが)、髪の毛につけると、ベタベタして、あんまり使いたくない。。。。

まあ、肌のマッサージ用ですし、大島椿とは、値段が全然違うので、仕方ないです。

大島椿のオイルを、マッサージ用に大量に使うとしたら、エライお金がかかりますからね~。

肌のクレンジング用にします。

大島椿のオイルは、アトピコのヤツでなくても髪の毛サラサラで、いい感じ~♡

市販のヤツも、もちろん、肌のクレンジングにも保湿にも使えますから、みなさんもどうぞ使ってみてください。

 

 

 

 

 

 

先週の土曜日は、クリニックが終わってから、大阪のウワサのリッツカールトンで開催されましたナビジョンの新作発表会に行ってきました。

今回の新作は、もちろん、ナビジョンDR薬用スカルプエッセンスです。

10月1日から発売なので、ちょっと発表会のほうが遅い形になりました。

秋は学会シーズンですから、ちょうどよかったです。

初の、ナビジョンからの頭皮のケア製品ということで、いい感じです。

 

今までに開催された学会でのランチョンセミナーとか、参加できるのは参加していましたので、ちょっと知っている内容もありましたが、先日の美容外科学会のは、他に聴きたいとの重なったので、この発表会で聴くつもりでした。

 

ナビジョンのこの薬用スカルプエッセンスの何がいいかというと、やはり「国産」ということでしょう。

医薬品ではなくて、医薬部外品ですが、国産の医薬部外品ですから、一応、厚労省のチェックも済んでいるし、(カネボウのことがありますから、済んでいるから、どやねん、というのはあるかもしれませんが、まあ、安心感ですね。認可がおりるのに、結構長い年月、様子をみてこられたわけなので。)、データーが日本人で出してくださるのが、なにより有難い。

 

美容クリニックで頭の薄毛・育毛治療で処方する、ロゲイン・パントガール・パントスチンなどなど、全て、厚労省認可ではなく、各ドクターが個人輸入して、自己責任で患者さんに処方することになります。

海外では、それなりのデーターが出ているから、医薬品、あるいは、クリニック専用サプリメントとして、発売されていますが、日本人にはどうか?というのは、また別の問題です。

効果面も副作用の面も、もちろん、使い心地も。

 

資生堂の何がいいかって、データーを出す際の人数、というか、実験の規模がやはり大きいです。

もちろん、お金も時間も、ものすごくかかっているし、ちゃんとデーターを出してくるのに、検査する機械も人手もハンパなく、お金がかかっています。

大学病院顔負けというか、超えていることもあるくらい。

さすが、世界の資生堂です。

大企業は大企業なりの資本力と人力で、いろいろなデーターを出してくれるので、とてもありがたいのです。

(わかりやすい、っていうのも、いい!)

 

さて、単純な私は、こういうデーターを見せられると、使ってみたくなる派!です。

薄毛・育毛の場合、特に、女性は、男性のように、プロペシア・ミノキシジルみたいに、第一選択はまずこれっ!みたいなものが明確化していません。

確かに、パントガール・ロゲインは、当たり前になりつつあるかもしれませんが、それだけで効くのかどうか、というのは、かなりの個人差があります。

(それは、男性もそうですが、プロペシアとミノキシジルによる改善度は、かなりいいんではないでしょうか。「かなり」というのは、患者さんの思う「かなり」と医師側の「かなり」で、結構差があるかと思いますが。。)

女性の薄毛・育毛は、一筋縄で行かないこともしばしば。。。

毛が育つのにも時間がかかりますからね。

私の勝手な言い分ですが、男性の薄毛よりも女性の薄毛のほうが、少数派な分、深刻じゃないかな、と思います。

(もちろん、ご本人からしたら、男性側も深刻な問題ですが、周りの同情というか、表を歩いた時の目立ち具合は、やはり女性の薄毛のほうが、人目を引くと思います。

他人からの視線にいたたまれないのは、女性のほうかと思います。

帽子や髪型でカバーできればいいんですけど、そうもできないこともあります。

髪の毛が育つには、最低でも3か月単位では様子を診なくてはいけなくて、

(この資生堂のは、6か月はまず様子を見てください、ということです。)

気の長い話になります。

もう待っていられない!という時もありますから、いいものは全部始めたい!という方も多いです。

実際には、気にし過ぎ、という方も大勢いらっしゃるわけで、そういう時に、厚労省が認可していない薬をどこまでいくのか、というのも迷うところでしょう。

値段もね。

 

症状の軽い方・あるいは、将来心配だから、という方には、こういう国産のモノって、いいかもしれませんね。

医薬品は、効くわけですが(効く程度も様々ですが)、その分、副作用というのもあるわけで、確率の低い副作用となると、なかなか海外の薬って、よくわからないこともあります。

たまたまなのか、そうなのか。。

認可されていない薬の副作用を心配される方もいらっしゃって、そういう場合は、もう止めておいてもらうほうがいいですけどね。

認可されていない薬ですから。絶対安全!なんて、ものはないです。

 

今回のデーターで、一番興味深かったのは、男性と女性で、薄毛の状況が違う、ということでした。

男性は、毛の数が減るのではなく、毛の産毛化。

どんどん細くなってしますわけです。

女性は、毛の数も減るし、毛の産毛化もある。

似ているようんで、全然違うんですね~。

(原因も、男女で、全然違うわけです。)

 

何が問題なのか、で、使う薬の種類が違ってくるわけです。

 

このナビジョンだと、一応1本で、「太く」「増やす」「黒く」を、可能にできるような成分が入っているところもポイントです。

私は、それぞれの育毛剤が成分違いますから、3種類ほど塗ってます。

(3種類塗るのは、かなりメンドクサイですが。。。仕方ないです。。。それぞれに成分が違うので。。)

1本で、一応全部のポイントを押さえる、というのは、結構お得です。

というか、なかなか育毛剤って、ホントに効くものって、ないんですよ~。

効く、と言われたら、全部やりたくなるのが女心ってやつですね。

 

ナビジョンのHPで、ヘアケアのやり方(塗り方?)が見れるようですよ。

親切ですね。

 

帰りには、資生堂パーラーのマロンチーズケーキをお土産にくださいました。

どうして、私が資生堂パーラーのチーズケーキが食べたい、とばれたんだろう。。。

ちょうど、資生堂パーラーの、チーズケーキが食べたかったんですよ~。

ついてるわ~♪

スカルプエッセンスの現品1本もお土産です。

まだ、私は初めて、2か月ちょいくらいですが、まだ効果(白髪が黒く変わるところ)はわかりません。

これからかしらん。。。頑張れ、私の毛根!

 

ちなみに、白髪を黒くする、というのは、このナビジョンの特徴ですが、毛のところの色をつく細胞(メラノサイト)が死んでしまうと、もう何を塗っても効かないそうです。

弱ってるかな。。。あるいは、冬眠してる?メラノサイトであれば、復活してきて、また色を出して、黒髪になるそうです。

死ぬ前に、なんとかしなきゃ、ですね。

 

 

 

育毛メソセラピーの料金ですが、注射で行う分の料金を変更させていただきました。

 

大半の方は、スタンプ(医療用の剣山みたいなモノ)で、頭皮に小さい穴を開けて、薬剤を塗る方法でされていらしゃいます。

穴を多数開けていきますから、頭皮から出血はしますし、薬剤は全部中に入るわけではなく、流れてしまう分もあるので、とてももったいないですが、スタンプ式だと、一度にたくさんの穴を開けることができますから、患者さんにとっては、苦痛がマシ、といいますか。。

痛いのは痛いと思いますが、一度にたくさん穴が開けられるので、時間も短くて済む分、苦痛を感じる時間も短くて済む、というメリットがあります。

それに引き替え、注射で注入していくやり方は、極細針を使って、注射していきますし、液垂れしない分、全部頭皮に入れてしまいますから(その分効くわけですが)、ものすっごい時間がかかります。

特に、育毛メソセラピーのスペシャルのほう。。。

34Gという、特注の極細針(ムチャクチャ細いです。)で、8cc以上(10ccだったか?)の液を入れていくので、そりゃもう、大変です。

指痛くなりますよ~。

初めてした時、次の予約が空いていて、よかった。。。と安堵したくらい、予想外に時間がかかりました。

(患者さんも大変でした。。すみません。。)

 

スタンダードのほうだと、4ccちょい(だったと思うんですけど)くらいなので、それでも時間はかかりますが、まだ患者さんの苦痛もマシですかね。。。?

これは、さすがに、自分の頭に、自分で注射することができないので、スタンプ式みたいに試すことができないので、ごめんなさい、どれくらいの痛みかわからないです。

 

何が一番痛いかって、針で刺されるよりも、薬液が入ってきて、皮膚を広げる瞬間です。

スタンプだと、サクサクと刺されますが、液で広げられる感覚はありませんから、刺されたら終わり、なわけです。

一度にたくさんの針が刺さりますから、痛いのは痛いですが、時間は注射よりも断然早いです。(刺されている時間も)

 

薄毛・抜け毛相談に来られる方の大半が、いわゆる、「気にし過ぎ」ってヤツで、育毛メソセラピーまでいらないんじゃないですか?となります。

特に若い方の場合、全然薄毛じゃないから!私のほうが(って、私よりも若いんですけど)よっぽど薄毛だから!ということもしばしば。。

40代半ば~50代以降となると、もう老化に向かって、薄毛・抜け毛は加速が進みますからね~、どこまでやっていくのか、どこで維持したいのか(維持も難しいこともあるでしょうけど)、になりますから、お金と時間が許すなら、される方が多いです。

育毛メソセラピーまでやる、一つの基準は、同世代の方と比べてどうか、です。

(毛がふさふさなのに、「私だけ、薄いっ!」みたいに、思い込んでおられる方も、ごくたまにいらっしゃいますが。。

こういう方には、処置はしません。終わりがないですし、元々適応もないですし。いくら自費で、患者さんがやりたい、と言われても、こういう場合は、改善しようがない(元が異常ではないので、それ以上は増やせません)ので、治療をさせたらいけない、と私は思います。)

 

若い方(20代~30代)で、パッと診ただけで、頭皮が透けて見えている方は、ちょっとやったほうがいいですよ。。とこちらが心配になります。

若い方で、そこまでの薄毛となると、いつからなのか、他に(内臓とか体のほうに)異常がないか、健康診断などは受けているのか、などなど、頭皮だけの問題ではないこともあります。

(病気があれば、まずそちらの治療が最優先です。)

でも、どこにも全身異常はないのに、かなり薄毛の方の場合、ストレスやヘアケアが間違ってる、あるいは、ホルモンの影響などなど、複雑に原因が絡み合っていることもあります。

(正しいヘアケアは、一番大事ですけどね。

すごく髪の毛のことを気にされてるくせに、頭皮と髪の毛に悪いことばかりしている方が、たまにいらっしゃるので、そりゃ、毛、抜けるわな。。。と納得してしまうこともあります。)

お金と時間が許すなら、早く育毛メソセラピーを始めたほうがいいです。

もちろん、ホームケアも!

医学的に、「いい!」と言われていることは、毛母細胞が死んでしまう前に、サッサと始めないとね!

 

50代前後となると、年齢的なものがありますから、時間もかかるし、老化を止めることもできないので、回数がかなりかかることがありますが(お金もかかります)、若い方の場合、ちょっと毛母細胞がさぼっているだけなんでしょうか。結構、早く良くなる方が多いです。

ホントに活性化させてあげただけなのかな、という感じです。寝ていた細胞を起こすような感じです。

やる毎に、あれ、増えてませんか?気のせい?ということが多いです。

若い方の場合は、スタンプ式の方しか、今のところ、いません。

男性ホルモンの影響かな?という方も、パントスチンを使わなくても(妊娠を考えている方には、処方しません)、結構いいですね。

 

50代前後となると、最初の数回は、ちょっと良くなったように感じていたのでに、経過が止まってきたような気がする。。。となることがあります。

ホントは、メソは、1週間おきにするのがベストなんでしょうけど、お金かかって仕方ないですからね、自分の無理のない範囲でやっていくしかありません。

そんな時、スタンプでやっていて、効果が止まっているように思うなら、注射式に切り替えると、薬液も垂れることなく、全部、毛根のそばまで入れられるし、毛の薄いところに、集中的にもできるし、細かい施術が可能です。

時間が長い(ホントの長いです!)という欠点はありますが、確実に薬を入れられるという最大のメリットがあります。

 

スタンプ式で、変化が止まっちゃったかな。。?という方が、注射式に切り替えたところ、あれ、増えてませんか?と変化を感じるようになりました。

さすがですね~。

こんなに差があるとは、思っていませんでした。

(今までのが、効いてきただけかもしれませんが。。。それは、確認しようがないので、わかりません。)

 

効果の差を感じたので、効きの悪い方だと、注射式をお勧めすることが増えるかな、と思って、値段も改定させていただきました。

すみません。。

さすがに、時間かかりすぎました。。。

詳しいことは、診察時にご相談ください。

 

 

最近、お電話での問い合わせがとても多いんですが、季節柄、気になっておられる方がとても多いんだと思います。

そんなお電話の中で、「原因(薄毛の)を教えてくれるんですよね?」という問い合わせがとても多いです。

なぜ、そんなことを聞いてこられるのか、私・スタッフ共々、全くわかりません。。。

 

女性の薄毛・育毛相談の診察で、うちで血液検査などは一切行っておりません。

毛や頭皮の状態を肉眼で観察させていただいて、頭皮も触らせていただいて、ダーマスコピーで、頭皮などを50倍で診て、いつから薄毛が気になっておられるのか、昔はどうだったのか、最近はどうなのか、何か薬などを使っていたのか、普段のヘアケアはどうしているのかなどなど、そういったことを聴かせていただいて、私の考える、頭皮・頭髪にとっていいこと(まあ、ヘアケアですね)をアドバイスしています。

 

ヘアケアは、スキンケアと同じで、どんな状態の方でも、一番大切なことだと思うので、原因がなんであれ、TVや雑誌などの間違った情報に振り回されている方がとても多いので、そういう間違ったことをされていないか、なども含めて、ヘアケアの指導をしています。

 

薄毛・育毛相談に来られる方のほぼ半分くらいが、全く正常な方です。

気のし過ぎ、ってヤツです。

そりゃ、20歳頃と比べたら、多少、毛は細く、腰が無くなっているでしょうけど。

これは、年々、進んでいきます。

40歳を境に、毛の直径がガクンと細くなる統計があり、早い方で40歳前、いわゆるアラフォーが気になってくる方が多いでしょう。

もっと若い方で、気になる、というか、本当に毛が薄くなっている方もいらっしゃって、大抵が病気ではなく、個人の体質というか、体調というか、いろんなことがからんでいるんだろうな、という方も多いです。

 

経過と症状を診て、内臓からの病気を疑う場合は、当院では血液検査などはしません。

混合診療はしていないですし、また禁止されているからです。

(混合診療してほしい・保険と自費と混ぜてほしい、とお思いでしょうが、実際は、混合診療しているクリニックは、適当な流れ作業で、自費の薬や処置にしても、ちゃんとした説明がされていないことも多く、副作用が出た時に、結構もめてますね。

保険で安くしているんだから、これくらい我慢しろ、的なクリニックも多いのです。

そんなところばかりではないでしょうが、混合診療をしている時点で、薄利多売になってしまいやすいので、質は下がりやすいでしょう。)

 

経過・症状から、内臓からの病気を疑った方は、ほとんどいませんが、30代後半以上の方や、若いのに、ちょっとひどいかな、という時は、健康診断とか全然していなかったら、検診もかねて、受けたらどうですか?とアドバイスしています。

 

検診で異常がないとわかってから、自費の治療は始めるほうがいいです。

もし内臓からのせいなら、自費治療にいくら出しても、効果が出ないからです。

 

ですが、たいていの方が、同時進行を望まれる方も多いです。

(ホントに内臓からを疑う場合は、やりませんけどね。体に負担がかかったら、いけないので。)

病気を疑っていなくて、ご本人の理解も良く、金額なども納得されているのであれば、やることもありますが、大抵は、当たり触りのない程度の薬やサプリを購入だけされて、しばらく様子を見ていただくことも多いです。

 

早く治療を始めたほうがいいですよ、という方は、少数派で、大半の方は、ホントに気にし過ぎです。

そういう方の大部分は、「全然薄毛じゃないですよ」と言って、安心されますが、ごくまれに、「異常」と言わないと気が済まないのか、「薄毛じゃないんですかっ?!」とばかりにつっかっかってくる方がいます。

(すっごい稀ですけどね)

 

こういう方は、いくら言っても納得しないので、「異常」と言ってくれるクリニックを探すんですよね~。

そこで、効きもしないのに、金ヅルとして、どんどんお金を巻き上げられるわけです。

まあ、それを望んだのも、その方なわけですから、その方の勝手なわけですが。。。

(ビフォーが正常範囲なので、アフターなんて、効果がわかるわけないんですけどね。。。納得するまで治療をやり続けてくれるわけですから、いいカモですよね。)

 

京都にはあまりありませんが、(あるのかもしれないけど、有名なところはないです、というか、知らないです)、大阪には、AGA専門のクリニックというのが、わりとあります。

いいか悪いかは、別として。

TVにも出てたりしますかね。出てないところもあるでしょうけど。

東京は、もっと多いと思いますよ。

うちに来られた患者さんからお聞きしましたが、大阪のとあるAGA専門(TVに出ていたそうで)のクリニックに受診したら、まず初診料が1万円。

まあ、これは仕方ないでしょう。結構時間を取りますから。うちでも、処置をされなけければ、同じだけいただきます。

血液検査が、1回2万だか3万だか。。

しかも、その結果を言う外来の再診料が、2万だか3万。

(血液検査のコピーもくれなかったらしいです)

そして、薬代・処置代はもちろん別!

TVでは、ダーマスコピーで頭皮を診ていたのに、診察では、診てくれなかったそうで、「診ても同じ」とかなんとか言われたそうです。

ちなみに、この方は、正常で気にし過ぎ、というのではなく、できれば、早く、なんでもいいから始めたほうがいいですね、という方でした。

(今、うちで、育毛メソセラピーをされています。)

 

AGA専門クリニックの、いろんなところのHPを見られたらおあわかりでしょうが、結構、高いです。

使う薬も、何を使っているのか、わからないこともあり、企業秘密というか。。。

たくさんの種類の薬を使っているクリニックもあります。

 

うちは、そこまではやっていません。

 

まず、自分が頭の薄毛・育毛が気になって、薬などの取扱いを始めてわけで、メソセラピーの薬も、自分が使うとしたら、という基準(まずは金額ですね)で、いろいろ選びました。

塗る薬・飲む薬(サプリ)・メソセラピーなど、1回で効くわけではなく、回数もいりますし、継続して続ける必要があります。

だって、老化は死ぬまで続きますから、どこまで目指して維持したいのか、なので、終わりは、はっきり言って、ありません。

継続していくと、それなりにお金がいるわけです。

数回、高い金額を出せたとしても、数回で終わってしまったら、まだ全然生えていないのに、となりかねません。

なので、比較的、価格を抑えめで、副作用が少な目のモノを取り入れました。

(絶対副作用がない医療なんて、ありませんよ。まして、育毛治療で使う薬の大半が、厚労省は認可していませんから。各自の自己責任です。)

うち以上に、本格的にやりたい方は、専門のAGAクリニックに受診したらいいんじゃない、と思うからです。

 

間違ったヘアケアを止めてもらって、ちょっと毛の成長を手助けしてあげる感じです、うちでやっていることは。

なので、うちに来たって、原因はわかりません。

この薬はやる価値はあるんじゃない?というアドバイス止まりとお思い下さい。

薬を入れた時は、やっぱりもっと濃い薬を入れなきゃ、毛生えないかな。。?と思ってましたが、結構患者さんの経過が、思ったよりもいいので、そこまで高い薬を使わなくてもいいのでは?と思って、今日となっています。

 

どこまで目指すのかは、患者さん次第です。

その時の症状や経過で、もちろん、勧める薬・勧めない薬や処置もありますから、誰でもなんでもやったらいい、というわけではないですし、処方する薬に関しては、おススメ内容は、ひとそれぞれ違うわけです。

だから、そんな大したことをやっているわけではありません。

ホントにヘアケア中心ですね。うちのスキンケアと同じです。

そういうのでいい方は、受診していただいたらいいですが、血液検査などガッツリやりたい方は、うちには向いていませんよ。

 

 

 

 

すみません、アップしていたつもりがしていませんでした。。

(8/16に書いたものです)

 

先日の美容皮膚科学会で、資生堂のセミナーがあり、そこで、新しい育毛剤の発表がありました。

ジャーン!

IMG_20130816_220608231.jpg

資生堂ナビジョンDRからの新発売です。薬用スカルプエッセンスです。

(クリニックに来ないと、絶対買えません。そういう契約で卸す商品ですから。)

メインの主成分は、アデノシンです。

以前から、資生堂が、アデノシンを含んだ育毛剤(と言っていいのかしら。。?頭皮に塗るヤツです)を売っていたのは知っていました。

通っている美容院にも、宣伝がデカデカとあって、TVCMでも、なんかありましたよね。

多分、市販のものも、医薬部外品です。

(前までは、「アデノバイタル」っていう名前でしたね。)

市販品も、新しくなったんですかね。

市販のは、そこまで興味がなかったので、見てませんでした。

(市販品で、「「発毛剤」と呼んでいいのは、リアップだけ!」というのは、正しいのです。)

 

さて、今回のは、そのアデノシンに、さらに、いい成分を足して、吸収も良くして、パワーアップしたのを、ナビジョンDRから出すようです。

残念ながら、発売は、10月末だったと思います。

セミナーに参加したので、現品を、一人1本ずつくださいました。テスターって、ヤツです。

さすが、資生堂、太っ腹ですね~。

うまくいけば、発売までに、このいただいた1本を使い切って、発売に合わせて、2本目が買える計算かしら。。

うまく、使わないとね!

中身は、「太く、増やす、黒く」というのがテーマで、いろいろなデーターを見せてくださいました。

こういうのをみちゃうと、効く気になってしまうから、ある意味、恐ろしいですよね。

でも、データーがないより、あったほうがそりゃいいですよね。

いつも思うんですけど、こういう頭髪育毛のデーターって、男女において、結構、結果に差が出ますね。

やっぱり、男性と女性とで、薄毛のメカニズムが、根本的に違うんですね。

男性用のがよく効く女性も、もちろんいらっしゃいますが、全体として、データーを出した時、毛の増え方が、圧倒的に、男性のほうがいい!

(それは、男性の薄毛を念頭において、開発されている薬だから?)

女性も、確かに増えていましたが、男性ほどには、増えていないような。。。

 

今回の最大の目玉、白髪が黒くなるんです!

アデノシンだけでは「黒く」はならず、いろいろとメラニン(茶色い色素)を作り出すように、作っている細胞を元気にさせるような成分を、混ぜていることです。

私の知る限り、ホントに、「黒くする」育毛剤は、これが初めてでは?

(怪しい、折り込み広告とか、ネットのわけわからん育毛美容液みたいなのと、一緒にはしないでくださいね。あんな薬事法違反すれすれの、(なかには抵触しているのもあると思いますが)

ナビジョンを販売している、岩城製薬の担当の方に、

「本当に、白髪が黒くなるんだったら、世界初じゃないですか?!」とちょっと興奮して聞くと、

「資生堂は(岩城製薬への説明として)そんなこと言っていないから、多分、違うと思います。」

 

。。。チーン!

はいっ、違った~!!

 

でも、もし本当に効くなら、スゴイですよ!

私が思うに、ビフォーアフターの写真を見せられただけで、データーとして、ちゃんと(まだ?)取れていないから、そこまで言えないのかしらん。。。医学論文で、出してこないといけませんものね。

どうなんですか?資生堂さん?

(これは、発表会の時に、聞かないといけませんね。)

 

私は、若いころから白髪が多くて、今は、月1回、ヘアマニキュアをしています。

ホントは、3週間くらいで、ヘアマニキュアで染めたほうがいいんですが、3週間毎に美容院に行く時間がないので、困ったら、マスカラみたいな、白髪用の部分染めを使っています。

(ヘアカラーを頻繁にしてる方は、ちゃんと間隔をあけましょうね。頭皮、ボロボロになりますよ。)

なので、本当に、白髪が黒く戻ってくる育毛剤があるなら、これほど、嬉しいことはありません。

私は、ホントは、全白髪にしたいんです。

あの「たかじん」に出ている、金美鈴さんみたいな。。

「白髪」ではなく、プラチナシルバーみたいに、白髪を染められないかしらん、と思って、以前、美容師さんに聞いたことがありますが、さすがに、全白髪になるには、まだだいぶ先だし、今やるとしたら、一旦、脱色しないと、染まらないらしく。。。。

脱色はイヤだー!!

髪の毛にも、頭の皮膚にも悪そうです。少なくとも、髪の毛には、ものすっごい負担です。

まあ、真っ白になるまで、その件は、置いておきましょう。

 

さて、この新商品ですが、毛も太く、本数も増え、白髪が減っていました。

 

今、私の頭は、パントスチンは塗るわ、ロゲインはするわ、アデノシンは増えるわ、で、ワヤヤです。

 

割と、アルコールが入っていますが、パントスチンにも入っているし、どうしても薬剤の浸透を良くするには、アルコールは、欠かせません。

(これは、肌用の化粧品でも同じです)

アルコールがダメな方は、なかなかこういう商品を塗るのは難しい。。。

 

でも、メントールもたくさん入っているんですよ~。

男性が、こういう、ス~っとした感じが好きだからですかね?

メントールはいらないんじゃない?

「清涼感」以外に、なんか意味があるのかな。。。?

皮膚科医としては、(というか、私個人的に)、メントール、抜いてほしいな。。。

頭も、スースーして、こんなに、頭皮の温度、下げていいのかしらん。。

皮膚から熱を奪わないほうが、毛髪の血行からいくと、いいのでは?と私は思っちゃいますけどね。アルコールが入っているから、もう十分だと思うんですけど。。。

どうなんでしょう。資生堂さん?

 

塗り心地だけの問題なら、クリニック専売品なんですから、メントール、抜いてください。

お願いします。

 

最近の汗ふきシートとか、便利なので、使いますけど、なんにでも、アルコールとメントールが入っているから、続けて使うと、皮膚が痛くて。。

なんか熱もってくるし。。。ヤバいな、とおもいながら、使っています。

もう少し、少な目で、いいんじゃないですかね?

(心の叫び~!)

抜け毛の季節といえば、秋だとみなさん思っていらっしゃいますが、このお盆頃、そろそろ来てる方は来てますよ。

朝晩、一瞬、涼しい時が増えてでしょ?

特に、夏場に、(今も)、冷たいモノばかり、ガンガン飲んだり食べていた方は、抜け毛が増えますよ。

普通だったら、新しい毛がちゃんと生えてきますが、抜けるスピードが速いので、新しく生えた毛が追い付かないんですよね。

「お知らせ」でも書きましたが、ヤバい。。かも。。。と思っていらっしゃる方は、今からでもいいので、とにあく、頭を冷やし過ぎない!

(熱中症が心配なんですけどね)

とにかく、あきらめないこと~!!

(かといって、わけわからん「発毛サロン」とか行ったら、ダメですよ。おかしなことばかり、されますからね。お金も巻き上げられて。

行くなら、ちゃんとしたクリニックに行きましょうね。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9 / 9« First...56789