プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517

ホーム



昨日から東京に移動して、今日は虎ノ門ヒルズで、アラガン社主催のジュビダームビスタ®ボリューマXCのシンポジウムでした。

facebookでも先に少し書いておりました。

 

 

さて、ヒアルロン酸のシンポジウム終わり、帰ってきました。

 

こういう美容医療の、特に注入系の話題の時にいつも思いますが、若い子の顔と40代50代以上の顔は、どんなに頑張っても一目瞭然ですね。
当たり前ですが…。

 

ホントに若い子は顔に凹凸がない(そうでもない子もいますが)。
もう40代後半50代と年とってくると、ヒアルロン酸を入れてても入れてなくても、凹凸が隠せない。

ぱっと見、パンパンなようで、よく見たら(見なくても)、凹凸があり、それが老けても見えるのかも…。

 

男性の先生はあまり自分に入れてない方が多くて、顔に凹凸があってもよくある老化の凹凸なので、そういう意味では自然です。

 

美容医療の会場ですから、いつもの風景ですが、女医さんはヒアルロン酸を入れている方がかなり多いです。ボトックスも含めて。

 

私もそうですが、まあ自分の顔でいろいろ試して、効果の感じをみたり、経過も含めて実感したり、と勉強になることもとても多いです。

 

ただ、自分で自分の顔に入れるとなると、私もそうですが、鏡を見ながら逆手で、ものすごくやりづらい。。。

(逆血と言って、吸引をかけて血管内に針先が入っていないかどうかを確認もしないといけないので、皮膚も固定して、となんやかんややっている間に、針先がずれたりします。。

片手では注射器も押しづらくて(新品だった場合)、入ってほしい深さに入らなかったり、場所もずれたり、量も微量な調節はしにくかったりと失敗することもあります。

 

知り合いのドクターは自分でいれやすくするために、自動注入できる器械を購入されたりしてました。

なるほど!その手もあるか、と思います。

自己注入だったらね~。

 

結構注入入れていても、やはり40代50代となってくると、凹凸が目立ちますね。

特に痩せている女性だと、顔全体に入れるわけにもいかないし。。。

その凹凸までなんとかしようとすると、巨大なアンパンマンになってしまうのかもしれません。

 

特に、肉魚卵をたっぷり食べている方じゃないと、皮膚のコラーゲンもそうですが、皮膚が作れていないからペラペラで、余計に凹凸の目立つのかもしれませんが。。

 

もともと皮膚の薄いところに入れる場合は、浅目に入れる、深めに入れるとか、もう同じになってくることもあります。

 

顔って、ものすごく動く場所ですからね~。

ボトックスで止めまくっていたら話は別ですが。

たくさん入れた場合(たくさんの量には個人差があります)、そこだけが目立つこともあるし、難しいですね。

 

そう思うと、芸能人の40代50代以上の女優さん方は、アンパンマン丸出しの方もいますが、そうでない、若々しく見える大人の女優さんのレベルは、やっぱりスゴイですね。

 

女医だから、余計にやりすぎるのか。その辺は、実験もあるかもしれませんからわかりません。

 

入れすぎると、下に下がってくるし、見た目としては、崩れてんな~という印象になってしまいます。

『ただの老化」に見えないところが、人工的なものをしてしまったからかもしれません。

 

やりすぎなければ、私はとてもいいと思っているんですけどね。

 

ヒアルロン酸を入れる入れないに関わらず、原因は何であれ、凹凸があるのであれば、肌さえ綺麗に見えれば、少々のことは目立たなくなるな、と改めて実感しました。

 

 

ちょっと前の話ですが、ゴルゴラインも結構目立っている患者さんが、イベントに備えて、もうちょっと肌をキレイにしたいと言われて来院されました。

 

肝斑や顔の赤みと合わさって、かなりの色むらが目立ってました。

 

シミもシワもたるみも皆さん気になるお年頃ですが、両方の治療をすると結構お金がかかるし(したい方はされたらいいんですが)、どちらかを先に、と言われた場合、より気にされているほうからされたら?とアドバイスしています。

 

この辺が難しいところで、

「シミは化粧で隠せるけど、シワとたるみは隠せないから、シワ・タルミを先に!」という方と、

「シワ・タルミは出てても当たり前だけど(そういう年齢だから)、シミは許せない、肌をキレイにしたい!」という方と、

どちらもなるほど、と納得のいく回答です。

迷われている方には、この話をして、選んでいただくか、私の思うほうをやると言われたら、より目立っているほう、化粧しても目立っているほうから勧めています。

 

 

で、この方は、先に肝斑治療をされました。

栄養状態も良くなかったので(皆さん全員、私も含めて悪いのですが)、栄養療法も同時進行で行かれました。

初日に、栄養解析と光治療、スキンケアも食事療法もサプリも同時進行です。

 

1か月後受診されたら、なんかゴルゴラインが浅くなってる。。。?気のせい・・?という感じで、患者さんも浅くなっているのを実感されていたそうです。

(これは前にも書きましたよね? ちなみに、やった光治療は、たるみ、もちろんゴルゴラインには効きません))

スキンケアと食事を頑張られたのと、サプリもうまい具合に効いてきたんですね。

もちろん、顔のまだら感もかなり薄くなり、肝斑も結構薄くなりました。

 

それから、数回肝斑治療をされて、すっかり色むらはなくなりました。

 

イベントの1か月半ほど前だったか、2か月前だったか、ゴルゴラインが良くなったとは言え、口元のたるみ、法令線もちょっと目立ちます。

顔のトーンが綺麗に均一になってきたから、余計かもしれません。

今までの栄養不足で、ちょっと法令線~口元のたるみが目立っている方でした。

 

「イベントが近づいてきたけど、法令線とかたるみはもういいですか?」とお聞きすると、「綺麗になったから余計気になってきた。。」と言われて、確かに、他のところが気になってきますよね。いいことなのか悪いことなのか。。。

 

ちょっとはやりたい、でも少しでもお金をかけずにより効果的に。

 

で、うちのタイタンとボリューマXCというヒアルロン酸を1本だけお勧めしました。

(うちでは、ヒアルロン酸は結構使っても1本です。2本目は、1本目で全然足りない方以外(顔中やりたいとか、よほど皮膚が余っていて、ブルドッグみたいにシワとたるみの目立っている方なら、様子を見ながら2本目に行きますが、どんどん入れちゃうと、いきなり顔が変わったり、アンパンマンになりやすいので、私はあまり入れない派です。

どうしても足りないと言うなら(私がいらないと思っているけど)、せめて数日は置いて、冷静になってから、2本目行くように言っています。

 

タイタンの後に、ヒアルロン酸1本入れられて、結構jいい感じに仕上がりました。

 

それから1か月半くらい?ちょっとたって(2か月は経っていなかったかと)、イベントも終わり、肝斑治療の再開で受診されました。

 

。。なんか顔がとても小さい。。

お痩せになられましたか?

(もともとやせていらっしゃるので、これ以上痩せるのは良くない。でも、栄養療法で体調順調だったので(それくらい、食事も頑張っておられるので)

 

「いいえ、痩せていなんですけど、顔がとても引き締まって!」と嬉しそうに言われてました。

 

とてもいい感じです。

最初のシワたるみとは全然違うし、自然なので、kろえは絶対にばれないですよね!

(イベントでもばれていない)

良かったです=。

スキンケアも栄養もガ頑張っておられるので、まだまだ持ちますよ~。

 

さて、つい先日初診の方で、ゴルゴラインのご相談ですが、2か月前に、某問題の格安チェーン店美容外科でゴルゴラインにヒアルロン酸を注入された方で、もう出てきたから、そんな頻繁に入れるのは嫌だから、他に方法はないですか?というので来院されました。

 

確かに、栄養状態はとても悪そうですが、2か月前に入れたところ? うん? どこに・・?

触ってもわかりません。

(もちろん、パッと見、2か月前に入れたようには見えない。。。)

 

どこに入れたんですか?

 

「麻酔されていて、覚えていない」

 

麻酔?覚えていないような?たかがヒアルロン酸で?!

(局所麻酔じゃなくて?!)

 

お金を払って、笑気麻酔をされたそうです。。。

 

笑気麻酔って。。。

いらんもん、吸わすなよ。。。ヒアルロン酸でしょ。。?

ボーっとしている状態で、途中や最後の確認って、する気ないってことですよね。。?

ヒアルロン酸なんて、かなり仕上がりに好みが出るところなのに、こっちの好き勝手やっていいわけ・・?

最初から確認する気がゼロですかね。。ゼロなんでしょうね。。

 

しかもあとあと聞いてみうると、2本も入っているとのこと。

 

2本。。?2か月前ですよね?!

どこに。。。?

 

ヒアルロン酸の種類は聞いていませんか?

 

「覚えていません。(聞いたのは聞いたようですけど。。笑気麻酔されていたら、覚えていないかも。。)

 

なんで、もうこんな減ってるわけ。。。?

2か月前に2本も入れて。。?

(この方は、引っ張り上げたり、マッサージなどはされていませんでした)

 

一体、何を入れられたんだか。。

 

値段につられる方って、結構多いですよね。

値段も企業努力でできることとできないことがありますから。。。

安かろう、悪かろうで、ずば抜けて安いのには、なにか裏があります。

カウンセに行くことがダメとは思いませんが、すぐに考えなしで流されてしまう方は、要注意です。

 

 

 

こちらもfacebookで反響の大きかったのをコピペしておきます。

すみません、まだ今日は仕事が残っているので、コピペです。

 

 

妊娠したとなると、これまた栄養たくさんいります。
だって二人分ですからね。

 

最初肉眼ですら見えない大きさの受精卵が10ヶ月ほどで、人間の赤ちゃんの大きさまで育つわけですから、ものすごい細胞増殖しないといけないわけで、細胞分裂もそのあとの分化誘導(細胞の成長)もスムーズにいく必要があります。

 

なので、栄養はいくらあっても足りないんです。
奪われた母体のこともありますから、赤ちゃんも元気!お母さんも元気!となると、必ず二人分いります。

 

栄養療法をされていて妊娠された別の患者さんですが、たくさんのいろんな栄養素が必要となるんですが、ある日「ビタミンAは妊娠したら摂ってはいけないと聞いた(ネットに書いてあった)」と言われました。

 

 

はい、これ大ウソです。

ヒドい場合だと、管理栄養士と名乗る輩が、「妊娠したらビタミンAを摂ってはいけない」と堂々と書いてあって、国家資格返上しろ!と言いたくなります。

 

厚労省の国民の栄養の摂り方の見解のところに、「妊婦は過剰には摂らないように(サプリ含む)」という注意書きがあるだけで、「摂るな!」なんてどこにも書いてませんよ。

 

じゃあ過剰ってどれくらい…?

 

毎日1kgレバー食ってるとか?
それは食べ過ぎというか、栄養素片寄りすぎでしょう。
毎日1kgも食べてたら、他のもの全然食べてないってことでしょうし。
量ではなくて、それこそ「バランス」ってものです。

 

昔、合成のビタミンAのサプリを飲んでいる妊婦さんから先天異常(昔で言うところの奇形)の赤ちゃんが生まれて、それからビタミンAの過剰(サプリで飲んでたから)は良くないとなったわけです。

 

ところが、これ話に続きがありまして。

 

妊娠出産となると、ある一定の確率で、先天異常(発達がうまくいかなかった)の赤ちゃんは出ます。
人間に限らず、すべての生物、生物だけにも限らず、すべての生産されるものにおいて、避けられないことです。
確率が高いか低いかが問題になるわけです。

 

ビタミンAを摂っているお母さんのグループと、摂っていないお母さんのグループを調べてみると、摂っていないお母さんのグループのほうが先天異常の確率は高かったんです。
事実は真逆です。

 

コレステロールの時と同じで、草しか食べないウサギに卵10個も20個も食わしたら、そりゃあ血管詰まって死ぬっちゅーねん。
それから卵ダメ~!となっちゃったんですね~。
そもそもこの実験、なにがしたかったんだか…。

 

そういう質の悪い都市伝説が常識であるかのように世の中いっぱいあると思います。

 

ビタミンAを心配されていた患者さんにその話をしました。
その方は、研究職の方なので、「細胞の分化誘導にAが必ずいるでしょう?」と言うと、あ!絶対にいりますね!と気付かれました。

 

医者もそうですが、オーソモレキュラー療法(分子整合栄養医学)の基礎は、すべて生化学の本に載っている当たり前のことなんですよね~。
でも、生化学の勉強したときには、実際問題につながらないです。ただの化学の勉強で終わってしまっているんです。

 

その方も安心して、レバー召し上がられました。
今月出産のはず。
食事はすごく頑張っておられました。サプリも無理ない範囲で飲まれてます。
経過はものすごく順調で、お母さんも赤ちゃんもすごく元気です。
もうすぐ初対面ですねえ。
楽しみですね~。

 

 

 

 

facebookで反響の大きかったのとコピペしておきます。

 

以下、コピペです。

 

少し前ですが、シミの相談の初診の方で、予約時に不妊治療中ですと言われました。
(予約の際に、すべての病気、病院受診歴を聴きます。生まれたときから全て。栄養療法をしない方にも全員です。皮膚と体は一心同体ですから、同じ運命をたどります。特に不妊治療中は言わない人もたまにいて、そのくせ薬を飲ますような処置はしたがるし、自分では問題ないと思っているから手に負えません。こういうことが発覚したら、処置は一切お断りです。妊娠甘く考えすぎ。妊娠よりも自分のシミが優先なんだから、薬飲もうが関係ないんでしょう。また無知すぎるのと。)

 

不妊治療中の方って結構多いです。

 

そしたら、○日後に受精卵子宮に戻す予定と言われ(栄養療法希望ではない)、その受診の前か後にうちに来るか悩んでおられたので、

そりゃあ~、ウチでしょう?!早く栄養療法しないと!と思っていても、電話で言えませんが、前がよろしいかと、と2日前に来られました。

 

持参者して頂いた検診結果や今までの体調や経緯(皮膚も含めて)、肌の状態、どれをとっても重度の栄養失調です。

それは妊娠は、神様が許可出さないよ、危ないから(母体も赤ちゃんも)。

 

まずスキンケアですね。
レーザーとかダメじゃないけどもし妊娠したらどのみちしばらくお休みだから、そちらは様子みましょう。
それよりも、シミのためにもだけど、受精卵子宮に戻すなら、妊娠をうまくいかせるためにも、今回もしうまくいかなくてもまだ若いから、次の妊娠のためにも栄養療法すぐに始めたほうが良いと説明しました。
(検診結果などから、受精卵戻してもこれ維持できないよな…と思いましたが、もう決まっているわけで、絶対できないのか?!と言われたら、そこは言い切れるものではないし、私から止める権利もありません…。もう少し栄養つけてから、せめて戻すなら…、もう少し早く受診されていたら(卵子取る前に。できればそれよりももっと前に。))

 

もう時間がないから(2日後)、私ばっかりあせって話をしてましたが、患者さんの答えは、「妊娠よりもシミのほうが大事。私がそこまで妊娠したいわけじゃないから。」

 

そこまでお金払って、大変なことしてるのに?!

 

えっ?!
でも、受精卵戻すんですよね?!
お金もすごくかかってるでしょ?!

 

「親が出してるから、私には関係ない」

 

…子供を作るということは、夫婦だけの問題じゃないこともあるので、ご家族によっては複雑ですね…。

 

シミに良いなら、栄養療法もサプリ飲みたいとすこし買われました。血液検査もしました。

 

シミ優先で出すサプリと妊娠優先で出すサプリは、似てるようでちょっと違います。
特に限られた予算の中から選ぶ場合は、ガラッと変わります。

そこまで患者さんがおっしゃるので、散々悩みましたが、妊娠にも悪くないけど、シミのためのサプリにしました。

食事指導はしてますが、どこまでされるかは患者さん次第なので、2日後には間に合わないよな…かなり必死じゃないと…。

私ではどうもできません。

 

血液検査の結果は、7~10日ほどで出ます。
それから溝口先生に依頼するわけですが、あまりにも結果がヒドい方(皆さん悪いけど、ずば抜けて悪いとか)、病気で完全に引っかかっているとか、そういう場合は、その時点でお電話して、先に話を聞きに来るように言っています。

 

その方も予想通りの結果で、不妊に典型の、これは妊娠できないなという項目も引っかかっていて、でも他の方と比べてずば抜けて悪いわけでもないし、もう受精卵戻した後(もどせてないこともあり)で流れてるかもしれないから、そこに呼んで、妊娠できないのはこういう事情で、とすぐに言うのもどうかと思うし、患者さんの目的はシミ治療なので、電話はしませんでした。

 

解析結果がそれから2週間ほどして出ます。
検査して約1ヶ月。

結果が出たら、全員にお電話します。

 

お電話すると、

「妊娠しましたっ!
先生のお蔭ですっ!」

ととても嬉しそうにおっしゃって、とても喜んでおられました。

 

今まで妊娠がうまくいかなかったから、すこし投げやりになっておられたんですね。
期待しないように。
期待して、できなかったときの絶望というのは、どんどん希望を奪いますから、そうなることもありますよね。

やっぱり赤ちゃん欲しかったんだ。
ホントに良かったです。

 

でも、検査結果が!

 

妊娠したとなると、一刻も早く治療開始しないと妊娠維持にはかなりやばい項目が引っかかっています。
また焦る私。
それも電話では言えないので、妊娠したなら早めに受診してくださいと、早めに来られました。

 

その引っ掛かった項目は、保険で治療できますから、説明して、もうその場で薬飲んでもらいました。

 

前回の診察の後、食事をむちゃくちゃ頑張ったそうです。
サプリは少しでしたが、患者さんの頑張りで受精卵も着床して、胎嚢が無事確認されたそうです。
今のところ順調。

まだまだ余談は許しませんが、とりあえず一安心。

 

この薬は絶対に欠かしちゃいけない。不育症になるので、流産のリスクがむちゃくちゃ高くなる。
安定期に入っても早産のリスクが高くなるから、必ずきっちり飲むように。毎月採血も必要ですから(保険でいけます)と説明して、サプリも増やされて、まだ油断は出来ないので、食事ももっとがんばるようにお伝えして帰って行かれました。
→続く

 

続きますが、先に結果だけ。
心拍も確認され、赤ちゃん元気に今も育ってます。赤ちゃんはとても順調です。

 

明日って、もう今日ですけど、取材を受けます。

 

私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」を読んでくださった方が、内容に興味を持ってくださいまして、私が本当にあれだけ(本の中で出てくる量)を食べているのかどうか、私の普段食べているものの取材でございます。

100000009002749707_10204

まだ詳細は内緒ですが、決まりましたら、また皆さんに告知させていただきますね。

 

第2弾肉食ブーム到来か?!と思っておりますが、以前よりはお肉(も卵も)食べていいんだ!と知ってくださった方(特に女性)は増えたように思いますが、まだまだですね。。。

 

一番お肉や卵(もちろん魚も)たくさん食べないといけないような方が、まだまだ「お肉は体に悪い」と信じ切っているので、そこをなんとか流行りではなく、食の常識としてもっと広まってほしいですね。

 

肉食べなくても、魚(魚介類)山ほど食べていればいいんですが、肉食べない方は、魚もいうほど食べません。。。

食べても1日1切れとか、よく食べます!と言われてもせいぜい1日3切れ(毎食に1切れ)とか。。

全然足りません。。。

 

もちろん野菜も食べなきゃいけません。

 

これだけブログやフェイスブックで、野菜も食え!と言い続けていても、栄養療法されている患者さんでも、ほんっとに全然っ、野菜食べていません。。。

生野菜もとても少ない。。。

どうも動物性タンパク質をたくさん食べると、野菜が入らないようで。。

ということは、きっとその食べたタンパク質も消化吸収されていない可能性大。

肉魚卵食べた後に、野菜くらいばしばし入らなきゃ~。

 

とりあえず、一度に食べずに小分け食べをしましょう。

野菜料理はまとめて作っておいて(サラダも)、合間に食べるのでもいいんですよ。

1日トータルで考えましょう。

 

1日で無理なら、数日間トータルで。

 

土曜日くらいから緊張して(ちょっとハードスケジュールだったから)、日曜日はまた空腹時血糖値上がっちゃったし、う~ん。。。です。

日曜日は、サプリとココナッツオイル、MCTパウダーでかなり助けてもらいました。

(お昼は和食のお弁当いただきましたが)

夜はお豆腐にしたかな?(イワシ節はかけています。動物性のものをほんの少しでいいから必ずプラスしてください)

 

月曜日、胃腸は本調子だったと思いましたが、それでも朝は慎重にサプリとココナッツオイル、梨少し(熊本のほぼ無農薬栽培の奇跡の梨が届きました!)です。

 

お昼に、イオンのローストビーフと納豆食べたのに、しばらくしたらおなかがこなれたので、追加でなんか(たんぱく質)を食べたんですよね~。

それからまた調子悪い。。働かせ過ぎかな?

 

取材ということもあり、緊張しているのもあります。

 

その前に、顔にも体にもいろいろやりたかったですが、時間切れとなってしまいました。。。

ううう。。。

写真ってね=。太って見えますよね。。。

ただでさえ太いのに、これ以上に膨らんで見えるなんて。。。

健康そうではあると思いますが。。。見た目は栄養満点ですかね。ブタさんなら食べごろかと。

まあ仕方ないですね。これが現実ってやつです。

女優jさんでもないしね。そういう取材でもないし。

 

今日は、もうちょっと読んでおきたい資料(と言っても、前に読んでるんですが、忘れていることもあるし、確認も兼ねて)で軽くお勉強です。

 

もうちょっとだけ頑張ります!!

(これがモデルさんや女優さんだと、明日のために早く寝よう!となるところですが、私の場合はまあいいでしょう。。ほんとは寝たいけど。)

 

facebookのコピペですみません。。。Facebookだと、移動中に書けるのと、今日は久しぶりに起床時から血糖値が高く(糖質食べたからではなく、自分ではあまりしたくないスケジュールだったので副腎がストレスホルモンを出しているわけです)、日中もそれほど血糖値が下がらず、うう~ん。。。と疲れた日でした。

学会終わって、帰る頃から血糖値下がり出し、もう全然おなかが空かなかったんですが、家に着く頃から急激におなかが空いてきて、でも胃腸の調子はまだ本調子じゃない。。

早めに寝ましょう。

 

以下、コピペです。

 

今日の学会で、部分痩身の話があり、脂肪を凍らせて脂肪を減らす機械を持っている先生が、欧米で一番売れているという話をされてました。
アジアでもしかり。

脂肪を凍らせて、自殺してもらうわけです(アポトーシスと言います。脂肪吸引とかは、吸うと言いつつ、破壊もして殺すので、ネクローシスと言います)。

 

アポトーシスをするのは、この凍らせるのと、うちにあるトゥルースカルプのような熱による作用のものです。
凍らせるのか温めるのか、それぞれの機械でも特徴があるので、適応部位などによっても好みによっても違います。

 

私は、女性の体は冷やすな!と思っているので、凍らせることはしたくないわけですが、じゃあ欧米人や他のアジア人の女性はどうなのか?

 

日本人以外は、肉たくさん食べてますからね~。女性の栄養状態が全然違う。
(だから、欧米人のデータをそのまま日本女性に当てはめても意味がない。全然違う個体と思ったほうがいい。同じ人間でも。)
他のアジア女性でもそうです。

先進国やアジアの美容医療をされるくらいの経済力がある方は、ごく一部の瘦せすぎをのぞいて、日本女性が1番の栄養失調、ワースト1です。ダントツでしょう。戦後よりも栄養状態が悪い。アフリカの食料支援される国の方々よりも悪い人も多いです。

肉食わないし、かといって魚たくさん食ってるわけでもない。冷え性になるのは当たり前です。

 

凍らせるのはね~、しばらく氷を体に貼り付けておくようなもんですから、むちゃくちゃ冷えます…。

 

日本男性は、好みでされたらいいですが、最近男性も肉食べずに糖質ばかり食べてて冷え症の方が増えてます…。
ああ…、日本はこのままだとホントに滅びますね…。

 

冷え症の男性にもオススメしません。

男性の場合は、皮下脂肪が付いている方は内臓脂肪もっとありますから、そういう意味では、内臓脂肪も分解してくれる、温める機械のほうが(もちろん女性にも。痩せてる女性で、内臓脂肪は結構あるというかた、実は多いです。糖質の処理ができるほどの栄養がないから、内臓脂肪に変わりました)、オススメです。

 

ただ、ホントに効く機械は、溶かされた脂肪が血管内にも入ってきますから、年齢、状態に寄ったら血液検査してからでないと危ないことがあります。
40歳過ぎてたら、絶対ではないですが、検査で確認してからでないと、トゥルスカやらないこともあります。
40未満でも、あまりにもひどい内臓脂肪の場合は、検査してからですね。
特にお腹に当てるとき。

 

内臓脂肪は分解早いですから、効くということは、リスクがあるということです。

facebookで反響が大きかったのをコピペしておきます。

 

20代の若い女性の患者さんの中には(年齢は、30代でも40代でも50代でも同じような方はびっくりするくらい大勢いたりするのですが。。。)、

まともな食事をほとんど摂らずに(白米食べているとかそういう問題ですらない)、お菓子や菓子パンだけで食事を済ませている方って、結構多いです。。

 

そういう方皆さん、もう廃人の手前と言いますか、ひどい方は日常生活がままなりません。

仕事も続けていけたらいいほうで、休みがちは当たり前。辞めてずっと家にいるとか、専業主婦でも家族の世話どころか自分の世話もままならない。

寝てばかりで、やる気も起こらず、今精神科に行くと、絶対うつ病と診断されるような人生になってしまっています。

お肌は荒れ、生理は止まっているか、不順。情緒不安定。体調があちこち不良、でも病院行っても正常と言われる。。。仕事はうまくいかないし、もう嫌になるけど、悪いのが自分ってわかっているけど、どうにもならない。

みたいな、無限地獄にいるような。。

 

女性であれば、20代が一番人生で若さと綺麗さMAXってわかります?

男性の目からも見てもそうだと思いますが、年を重ねることでの「綺麗さ」というのはもちろんありますが、絶対的な「美」、はちきれんばかりの若さって、やはり20代かなと思います。

テレビ観てても、すぐにわかりますものね。

30代の綺麗さとは、肌が全然違う。

 

20代の一番輝いている時に、お菓子で人生棒にふらないでほしいといつも思います。

一番綺麗であるはずの肌をいじめないでほしいし、お肌にもちゃんと栄養が中から行くようにしてほしいです。

 

まだ20代でも重症の栄養欠損の方も結構多いですが(なので、10代どころか子供のころからずっと不調続き。20代になって(年を重ねて)ますます絶不調)、40代50代の絶不調の栄養欠損の重症の方に比べれば、まだまだ軽症。

人生、半分以下どころか始まったばかりです。

20代から食事変えれば、40代50代に比べたら、圧倒的に回復が早い。

サプリはほんのつけたしで、食事だけでも結構なんとか持ち直す子も大勢います。

 

10代も予備軍ですから、10代から、できれば、子供の時から親が気を付けてあげてほしいものです。

 

今、20代でもいくつでもいいですが、ほんとに早く食事の大事さに気づいてください。

 

 

 

以下、コピペです。

 

 

昨日の「マツコの知らない世界」にすごい男性出てましたね。
スイーツビュッフェ行きまくりで、スイーツビュッフェに行きたいから仕事場止めて、ニートになった方。。

仕事で行き詰まっていたときに、ホテルのスイーツビュッフェ行って、すごく幸せな気持ちになれて、そこからハマったそうです…。

おそらくセロトニンが一時的に出たせいかと思います。
その時の衝撃がスゴすぎて、麻薬みたいに求めているのもあるでしょうし、精神依存もかなり強そうでした。

スイーツビュッフェって、主にケーキですから、小麦のグルテンと牛乳、生クリームなどの乳製品のカゼインで、もう中毒ですから、止められませんね。
砂糖にも支配されちゃっているから、あそこから抜け出すのは、ホントに体壊さないと無理かも…。
見てて、恐ろしかったです。

30過ぎだったか、まだ若いから、どうこうなっていないだけで、瘦せていて、異化亢進してると思うんですけど…。

タンパク質食ってんのかな?

あれだけの糖質食べて
(お腹いっぱいになって、元が取れてもまだ詰め込んでいて、まさに中毒症状でしたねえ)
タンパク質もたくさん食べてたら普通太りますから、全然食べていないのか、異化亢進しまくってんのか、両方か、どちらにしろ体にはとてもよくない。

太らないように、毎朝2時間半マラソン?ジョギング?されてて、ますます良くないかと…。筋破壊が進んでるだけでは…?

あれはリブレ付けて、血糖値モニタリングと、栄養解析したら、ホントに糖尿病か、糖尿病の手前にはいるのではと思います。

病気って、自覚症状ないと病院行かなきゃ見つからないでしょうし、病院の検査では低血糖があるかどうか、タンパク質代謝、脂質代謝いけてるかまで診てくれないですからね。
あくまで、診断基準を満たすような数値があるかどうかです。
保険診療上、何でも検査できるわけではないですから。

映像で映ってましたが、圧倒的に女性だらけでしたね。
どこかのところでは、男性はこの方だけでした。

同じことが皆さんに起こってますよ。
体調やお肌の調子が悪いのは、タンパク質食べなさすぎもありますが、お菓子食べ過ぎというのもかなり原因として大きい。

たまの楽しみでも、大量に食べるのは、とても恐ろしいことです。
雰囲気だけ味わって、良いものをほどほどに。
そして必ずいきなり食べずに、あくまでタンパク質とかたくさん食べた後のデザートですよ~。
食事せずにお菓子食べてたら、人生大変なことになりますよ~って、もうなってますよ

これも本に書いてあることですが。。。

(詳しくは本をお読みください。やってはいけない(おすすめしない)スキンケアのところです。要点を書いています。非常~にわかりやすいと思います。)

顔を引っ張ったり、引っ張り上げたりしてはいけません!!

 

のびのびに伸びまくります。

子供の皮膚だったら、戻ってきますが、

(それでも伸ばし続けたら、ある程度戻らなくなります。大人よりは戻りやすいですが)

大人の皮膚は、引っ張ったら、お餅と同じで戻りません。

(25歳過ぎたら、と以前は言っていましたが、今の女性だと栄養足りていないので、もっと早いような印象です。また、要らん事やり始めている年齢が年々若くなってきているので、その分余計にひどくなっている気がします。。)

 

伸びたら伸びっぱなしです。。

だから、シワもひどくなるし、余計にたるみます。。

もしくは、ブチブチコラーゲン切れまくりです。。。

切れたコラーゲンは戻りません。。。修復してくれたらいいのですが。。。ブチブチ切った分はね。。そんな都合よくはならないですわね。。。

 

修復するための材料も届いていませんから、そういう人の皮膚は、ふにゃんふにゃんです。

ものすご~く頼りない。

やわらかいと言えばものは言い様ですが、「女性の体は柔らかい」というレベルではなく、ふにゃんふにゃんの柔らかさ。

これがいわゆる「ハリがない」というやつです。

 

しわ、特にたるみを気にされている方は、うちではタイタンをされることが多いです。

それはいいと思いますし、

(患者さんの悩んでいるシワ・タルミと一口で言っても、いろいろあるでの、タイタンが向いていないものもあります。悪くはないけど、もっと良いものがありますとか。万能ではないです。)

副作用など理解された上でされているのであれば、問題はありません。

 

もう何年も前から来られている患者さんで、年に2,3回(場合によりもうちょっと多いことあり)タイタンをしに来られます。

 

自分の口から言うのもなんですが、うちのタイタンは結構いいです。効果が高いです。

(当て方などによってだいぶ変わります)

 

今回が数か月ぶりくらいだったか、もう少し空いていたのか忘れましたが、洗顔の時、思いっきり引っ張っておられました。。

 

実はその方、毎回引っ張っている旨伝えますが、聞き入れられたためしありません。。。

カルテを見たら、毎回同じことを言っていました。。

初診時から何年だったか。。4年?5年?

いや、実にもったいないです。

 

たまにタイタンあてたからって、タイタンが効くからって、毎日毎日引っ張り上げていたら、おいつきません。。

 

患者さんで、初診時でも結構お肌綺麗な方っています。。

 

レーザーの本来の効果を生かすも殺すも、患者さん次第です。

ちゃんとやっていれば、数か月やらなくても、わりと維持できる人も出てきます。

(完全じゃないですよ)

タイタンのようなあまり侵襲性のないものであっても、刺激してこらーゲンか出るか、というとあまり出ない。。。

 

そういう人にも効果がある程度出ちゃうので、注意しても止めませんわな。

他力本願にますます磨きがかかると言いますか。。弊害ですね。

 

でも、そういう方は、うちのタイタンの本当の実力を知らない。

(自分で潰しているから)

 

もったいないです。。

本当の効果を知ってほしいといつも思います。

これも何回も書いていることですが。。。

いつも呼んでいただいている方は飽きておられると思いますが、何度書いても自分は関係ないと思っている人も多く、また新しく読み始めた方は知らないことなので、お付き合いください。

 

うちでは、他院との併用不可にしております。

どこまでが「併用不可」と言われればケースバイケースなので、個々に細かく聞いていかないと、それはOK,それはダメ、そこはOK、そこはダメなどさまざまです。

 

でも、完全にかぶっているのは、完全NGです。

 

すべての処置がうちでできるわけではないので、手術とか、うちではしていない治療で私がやったほうがいいと思った場合は、しかるべきところをご紹介しています。

(必要性を感じなければ、紹介もしませんし(そんなの紹介したら、紹介先の先生に迷惑がかかります。やりたければ、自分で勝手に探していってください。)、うちでは治療もおそらくしませんから、もううちには関係のない話です)

 

初診の人に中には、現在進行形の人がいらっしゃいます。

その中での一番のNGは、今他院でレーザーなどの処置を顔にしていて、うちでスキンケア相談だけしたいというものです。

「他院併用不可」は、「初めての方はお読みください」に書いていて、それを読んだかどうかも予約の際に聞いているわけで、他院での治療を続けたい人は、うちに来なければ済む話なわけです。

(まあ、「読みました」と言われても理解していなかったり眺めているだけで、内容無視の人もいます)

そこを読んでも気づかなくて、予約の際に併用不可だけどかまわないのかと聞かれて初めて気づく?人もいます。

 

そこで、もうそこに通いませんとなればそれで一件落着、もしくは、うちに来ませんとなれば、それも一見落着ですが、そこにもまだ通ってレーザーやるし、うちでもスキンケア教えろって、どう考えてもおかしいでしょう、と、そういう人は思わないようです。。

 

まず、一番のダメダメポイントは、お肌も診ずに、スキンケアも教えてくれないようなクリニックで、レーザーをあてているところ!

 

だから、肌がいつまでたっても綺麗なじゃないんですよ。

 

レーザーなんて、まだどこで受けても同じと思っている人がいるようですが、医師が変われば(同じクリニックであっても)、それぞれ当て方がレーザーの考え方が全然違います。

スキンケアの考え方も違うのも当たり前だし、それら合わせてのセットです。

スキンケアの上に、レーザー治療が成り立っているので、土台すっとばして上のものをやったって、崩れて終わりです。

ブログも本も読んでます!と言いつつ、この基本がわかっていない人が増えましたね~。

 

肌と現状とどうなりたいのか、スキンケアは今までどこまでできているのか、これからスキンケアもやっていく自信があるのか、などなどに合わせて設定というのは変わりますから、患者さんそれぞれで違うのは当たり前です。

だからこそ、「美容医療」であり、「効く」わけであり、「効かす」ために最大限の工夫をしているわけです。

 

私の考えるスキンケアとは、邪魔しているものを全て排除することです。

爆撃は一刻も早く止めないといけません。

 

肌を汚くしている最大の要因が、そこのレーザーかもしれないのに(大体そうです)、それを止めないで一体どんなスキンケアしろと言うのでしょう。

 

スキンケアって、もう一生一人で毎日毎日やっていくものです。

診察に来て、チェックしてもらうことはあっても、誰かが365日24時間ついて見ていてくれるわけではなありません。

だからこそ、臨機応変に自分である程度対応していかないといけないわけで。

正しい知識があれば、たいていのことに立ち向かい解決していけます。

さらに栄養が足りていれば、ほんとの放っておいても体で勝手になんとかしておいてくれます。

本来は、皮膚って、そんなやわなものではないんです(栄養が全然足りていないと、やわやわですが。。。)。

 

理解していないとね~、またそこで余計なことするわけで、そしてますます肌が汚くなる。。

「自分はやっているのに!」と時間とお金ばかりが取られていく。。。

理解していない人を説得して止めさせようとすることほど、むなしいことはありません。

根本的なところからずれていますからね~。

 

うちでレーザーする必要ないですが、わけわからんレーザーをさっさと止めて、浮いたお金を食費(肉魚卵とちゃんとしたサプリ)に回せば、もっと早くお肌は綺麗になるのに、と毎日のように思っておりますが、唐の本人が思わない以上、どうしようもないですね。。

1回のレーザーの金額で、結構いられるのに。。。

 

早く気づいてほしいものですね~。

今日家族がテレビで駅伝を観ていて、ちょっとだけ私も観てました。

(私は、スポーツがよくわからないので、ルールや面白さがもひとつ理解していない。。

名場面となると、ちょっとわかりますが、観てわかるのではなく、実況や場内の興奮度合で、すごいことが起こったらしい、という推測でわかる、というレベルです。

なので、家族がスポーツを観ていても、私は全然違う観点から観ていることがあります。)

今日の駅伝は、男性でした。大学生。

(女性の駅伝もありますよね?念のため。)

駅伝が主題にした映画を観た時はよくわかりましたが、テレビ中継で生を観ても、背景がわからないから、観てておもしろくない。。

どこが有名なのかももちろんわかっていない。

ただ、観てて、皆細いなあ~ということ。

でも、マラソン選手でデブはいませんよね。

デブというか、脂肪の混じった筋肉っぽく見える体型のような人。

プロレスラーなんて、霜降り?と思う時もあるし、結構脂肪がついている人もいますよね。

プロ野球選手でも、下半身がでかい(筋肉で)のはわかりますが、なんか太くないか。。?(脂肪で)という人もたまに見ますので、スポーツによって、筋肉の付き方と脂肪の量や付き方が全然違うのがとてもおもしろいです。

まあ駅伝の選手が細いのは当たり前ですが、今日衝撃的だったのは、男性で全員ランニングと短パン姿でしたが、

ワキ毛、ないっ?!

ワキを、脱毛のCMみたいに見せているわけではないので、わかりませんが、腕をあれだけ降っても、ワキ毛の片りんすら見えませんでした。

。。。短いの?

それとも脱毛してんの?

と思ってみていたら、すね毛も目立たないっ!!

・・・擦れてんの?

(擦れるなどの摩擦で、体毛など薄くなってなくなってしまうこともあります。逆もあったり(濃くなる)します。)

若いから。。?

って言っても大学生だし、中学生じゃあるまいし。

すね毛もない、となると。。

。。。剃ってんの。。?

ワキ毛も。。?

ちょっと前に、男性のスポーツ選手も「身だしなみ」として、体毛を剃ったり脱毛したりしている、というようなうわさ?を聞いたことがあります。

欧米人がしているとかしていないとか。

欧米人がしているから、日本人がマネをしなくてもいいとは思いますが、そこはマネしたくなるもんでしょうし、世界大会などは欧米社会だと思うので、アジア人だと肩身が狭かったりするから、脱毛が常識と言われたら男性も気にするのかもしれない、とは思いました。

こういう情報の裏側には、実は、エステの脱毛戦略が隠れていて(なんでもそうですが)、それが流行れば儲かる人たちが、お金を使って流行らせようとしかけているわけです。

なので、あまり気にしていませんでしたが、ほんとに剃ったり脱毛したりしてるんでしょうか。。?

大学駅伝のレベルでも?全国中継だから・・?

確かに今の時代、毛むくじゃらのスポーツ選手って、かなり目立つのかもしれませんけど。。

特に、薄着のスポーツの場合、見えちゃいますしね。

ほんとに剃ったり脱毛もしていないのに、あんなに薄いのであれば、擦れている影響も少ないとしたら

(ワキは腕をよく振るから擦れるのかもしれませんが、すね毛は擦れんだろう。。長パンでもないし。。)

体毛にまで栄養回っていないのかしらん。。

(練習などがハードすぎて、栄養使い過ぎ。。やっていることがスポーツ選手の場合、尋常じゃない。なので、ケガが皆さん多いですよね。焼き肉10人前食べたって、まだまだ足りないんでしょうね。)

男性ホルモンの象徴は、

筋肉・体毛・薄毛(いわゆるハゲ)でしょうか。

なので、欧米では、ハゲの人はモテる!男性ホルモンが多い証拠だから。

(薄毛は、それだけの問題ではないですが、男性ホルモンからの害をなんとかするのは先決です)

日本では、ハゲはモテない、という定説ですね。

ハゲはモテない、というよりも、実際は、そのヘアスタイルだったり、他のことも合わせてだと思うんですけど。。

知り合いに若い頃から頭の毛がほとんどなくて、それでも結婚2回だか3回だかしている人がいます。

(顔もそれほどイケメンではない。「モテる」「モテない」って、トータルですよね。)

話を戻します。

日本と欧米で、価値観というか感覚が違うので、日本では確かに熊みたいに体毛の濃い方は女性から引かれやすいのかもしれません。

日本人は極端を嫌いますよね~。真ん中がいいというか。

ヒゲも、剃ってあまりに青々しているのはきっとあまりに女性好きするタイプではないですかね、日本の場合。

それで気にして、脱毛しようとなるのかもしれませんが。

あと、よく聞くのが、髭剃りメンドクサイ、ということです。

毎朝毎朝メンドクサイのはとてもよくわかります。

で、脱毛するなら、必ずクリニックに行ってくださいね。エステではなく!

ご存知だと思いますが、エステの脱毛は違法行為です。エステのはただの除毛です。

(除毛だと言って宣伝しているエステは見たことがないですが。。。)

効かないのは当たり前です。医療機器ではありませんから。

もし効いたら、許可なく医療用と同等の破壊力をもつ機器でお客さんに施術をしている可能性があり、いつ火傷してもおかしくない。

安全性も確認されてもいないようなもぐりの機械だったりもしますから、危ないことこの上ない。

火傷せずに帰って来れたら、ラッキーだったと思ってください。ロシアンルーレットです。

時々逮捕されているでしょう?医師法違反です。

今後は、厚労省も警察もかなり取締りが強くなっていきますから、そこが業務停止受けたら、クレジットでコースとか買っていても無駄になりますからね。関わらないことです。

また、ああいう脱毛エステで、1回100円とか数百円とかわけわからん値段をつけているようなところは(美容クリニックでも格安のところは)、自転車操業ですから、現金収入が途絶えると、すぐに不渡りですから、いつ倒産してもおかしくない。

ローンもクレジットも水の泡ですよ。

関わらないことです。

さて、男性の脱毛ですが、男性は女性よりも月経がないため、体内の鉄分が多めです。

鉄が少ないと、痛みの閾値が上がります。鈍くなります。

(なので、女性は陣痛の痛みも耐えられるのではないかしらん。美容医療でかなり痛いことをされても、我慢できるのは圧倒的に女性です)

男性が女性よりも痛がりなのではなく、男性が実は普通で女性が鈍い。

(女性で、ちょっとしたことで痛い痛い!とわめくのは、精神的なことが多く、そういう人に限ってまだ触る前から、痛い痛い!と騒ぎます。詐病といいますか。。本人は嘘をついているわけではなく、ほんとに痛いんでしょうけど。。。治療はなんでも難渋しますよね。。それだけ栄養欠損がひどい証拠ですが。。)

男性のヒゲは、女性の産毛とは全然太さがちがいます。

(産毛が濃くなったと言っても、しょせん女性の産毛ですから、男性ほど濃くはないです。ホルモン異常とかでない限り。)

低いパワーであてても、結構痛いし、涙出されるほど痛いようです。

しかも女性よりも結構回数かかります。

パワーを上げるのも大変で、我慢さえすればという問題ではなく、火傷のリスクもついて回りますから、そう簡単な問題ではない。

クリニックであれば、麻酔クリームも使ってくれるでしょうし(別料金だと思います)、万が一火傷してもすぐに薬が使えます。

(エステでは使えません。わけわからん化粧品塗られて、皮膚科受診を阻止され、悪化して大変な状態になって初めて皮膚科受診、という最悪パターン。。)

もうどうやっても痛いし、回数もかかるわけですから、最初から確実に効果のあるクリニックに、できる男性は行きましょう。

間違ってもエステに行かないように。

(もちろん女性も)

クリニックも、格安チェーン店は、ドクター関与していないことも多いので、ちゃんとしたところに行きましょうね。

(これも難しい話ですが。。とりあえず、お値段は平均的なところから行くしかないですよね。)

減らしたいだけであれば、途中で止めればいいわけですよ。

 

ちなみにうちで男性の方の自費治療(美容医療も)は、女性患者さんのご家族のみです。