プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 医療, 学会で得た知識 > キュテラのユーザーズミーティング



キュテラのユーザーズミーティング

今日は、梅田で、キュテラ社のユーザーズミーティングがあり、行ってきました。

うちのタイタンやライムライト、ジェネシス、アキュチップ、プロウェーブ、全てキュテラ社の機械です。

XEOという、機械があり、これを一台買うと、バージョンアップをしていくことができて、ハンドピースをいろいろ変えれば、いろんなことができるんです。

最初に購入するお金は、結構しますが、一台でほとんど全部済んじゃうし、場所も取らないし、しかも機械自体がとても優秀、というところが、おススメです。

このXEOが欲しかったから、開業した、と言ったら言い過ぎですが、それくらいここの機械は気に入っています。

初めて、このXEOを知った時、これ、家に欲しい!と思いましたから。

 

さて、キュテラからは、今続々と新しい機械が発売されていて、他社の機械よりも、一工夫あったりと、技術の素晴らしさを感じますね。

著名な先生方が、みなさん学会発表をしてくださるので、自分の診療にも役立ちますし、持っていない機械のことでも、大変勉強になります。

 

今日は、湘南鎌倉総合病院の形成外科の山下先生のご講演もありました。

山下先生は、いつもご自分の発表以外に、ちょっとした雑談というか、ちょっとした一言をおっしゃるんですが、それがまた大変タメになったりするので、とてもありがたいです。

今日のタメになる一言は、

まず、ゲルマニウムローラーです。

今、大変流行して、バカ売れしているコロコロローラーですが、2009年に、科学的根拠なし、と証明されているそうです。ゲルマニウムを飲んで、死亡事故もあります。と。

そういえば、そんな事件、ありましたよね。

私は、うちの肝斑の患者さん全員と、顔の光・レーザー治療をされている患者さん全員に申し上げていますが、あのローラーは、一切止めてください、と言っています。

特に、肝斑の患者さんで、そういういらんことを止めない方は、うちでの治療をお断りしています。

よくなるわけがない、と私は思っているからです。

(今日の、他の先生方のご発表でもありましたが、肝斑の患者さんから、やはり刺激を無くす、ということの重要性を科学的に、発表されていました。)

 

次に、韓国コスメで流行っている、カタツムリエキスですが。。。

(私は、去年、ソウルに行った時、ロッテ免税店でもらったカタツムリパック、まだ使っていません。。。よくなるとは思っていないので。)

この成分について、山下先生は、

「人の鼻汁(ハナミズのことです)、痰、胃液と同じ成分ですね。」とバッサリ!

爽快です~。

未知の成分なので、アレルギーに注意とおっしゃってました。

。。。ハナミズと同じ、と聞いて、やりたい人、いますか?私は、早速、捨てることにしました。どうせ、やりませんからね。さっさと捨てておくんだった。。。

 

次に、またまた韓国コスメのヘビ毒です。

神経を麻痺させるから、ボトックスみたいに効いて、シワがなくなる!みたいに、宣伝されていますよね~。

ンなわけ、ないやんっ!とツッコみまくりの商品ですが、基本、たかが化粧品ですからね。そんなもの、塗って、筋肉止まっていたら、どれほどの毒やねんっ!怖くて、使えませんよ~。指についたら、指の筋肉、止まってしまって、動かなくなるじゃないですか!

ヘビ毒クリーム、いくら塗ったって、そんなことにはならないでしょ?

塗っただけで、そんなに影響が出るって、青酸カリくらいしか、私は思いつきませんね~。(ちなみに、青酸カリの浸透がいいわけではなく、ごく微量で、致死量に達するから、皮膚から塗るだけで、エライことになるんだと思います。)

ホントに、バカバカしいものが、商品として売られるんだな~と思っていましたが、山下先生曰く、「ヘビ毒は、神経毒ではなく、出血毒なので、シワには効きません。」とこれまたバッサリ!

そして、これも未知の成分なので、アレルギーに注意、とのことです。

 

マスコミが一番悪いんですけどね、効く!効く!みたいに、TVや雑誌で言うから。

そういうことを、ちゃんと報道しろ!と思いますね~。

韓国コスメって、IKKOさんもかなり宣伝してますから、IKKOさんも、そういうことに加担しているわけですが、流行みたいにしかけちゃうわけですが。。。。

私自身、今流行っている韓国コスメ(いわゆるチープだったり、極端に効果をうたっている商品のことです)は、一切信用していません。

韓国にもホントにいい化粧品て、あるとは思いますが、あんな安い値段ではないと思いますよ。

韓国でも、いいものって、日本とりは、ちょっとは安いですが、いいものはいいお値段してますもの。

 

さて、話が飛びました。

新しい機械の発表をいろいろ聴いていると、欲しくなってくるのが困ったところです。

(これが、メーカー側の戦略ですが。。。)

 

今日、一番楽しみにしていたのが、クリニカタナカのタナカ先生のタイタンを始めとした、キュテラの機器のご発表です。

いや~。最高でした。やっぱり、田中先生、最高っ!!濃いキャラと言えば濃いかもしれませんが、魅了される患者さんも多いのではないでしょうか。

形成外科学会では、ジェネシスの発表をされていて、ジェネシスの良さを改めて認識させていただいたんですが、今回は、タイタンも、アキュチップもプロウェーブも(もちろんライムライトも)、やっぱり良い機械だな~、と、ちょっと感動ものでした。

田中先生は、タイタンだけも、たくさん医学論文を発表されていて、数あるシワ・タルミ系の機器で、ここまで論文で、効果を実証されている機器はないそうです。

医学的に、シワ・タルミの改善に有効である、と証拠を出しておられるわけです。(これって、この業界の機器としては、ホントにスゴイことなんです。)

むちゃくちゃ、論文を書いておられました。スゴイっ!!

 

その中で、いろいろタイタンの良さを教えてくださったわけですが、知らないことがありました

なんと、タイタンは、エラ張りに効くそうで、田中先生は、顔にボトックスを使われるのがお嫌いで、エラ張りは、タイタンを勧められるそうです。若返りもできて、一石二鳥だから。

その原理は、タイタンは、「過剰な筋肉の収縮を緩和させることができる」そうです。

素晴らしいっ!!もちもち感もでて、表面が滑らかになって、血行もよくなり、コラーゲン以外の繊維も増えて、その他いろいろいいことづくめです。

私も、今後も、自身を持って、今まで以上に、患者さんにタイタンを進めることができます。

田中先生、ありがとうございます。

 

それから、またまた実感したことですが、肝斑治療の、レーザートーニングは、今までにも何度も書いていますが、本当に、ちゃんとしたところでないと、副作用バンバン出ますよ。

今日、発表されていた先生方であれば、トーニングをされたい方は、いいと思いますが、ただの金儲け主義のところで受けるのは、ホントにアウト!です。

この「ちゃんとしたところ」を選ぶのが、患者さんからしたら、ちょっと見分けはできないかもしれませんが。。。

まあ、最低でも、「皮膚科」あるいは、「形成外科」のクリニックで受けましょう。(自称のところもありますけどね。。)

広告をバンバンしているところも、まあ、おかしいかも。

(まともなクリニックって、あんまり、広告してませんからね。絶対とは言いませんが。。。広告しているまともなところって、今、ちょっと思いつかないです。。)

それ以外で、見分けるポイント。。。う~ん、難しいですね。。

診察とカウンセをいくつか回ってみて、それぞれ比較するくらいしか、患者さんからはわからないかな。。。

「この先生に、副作用を起こされたのなら、仕方ない。」と思えるクリニックでしてもらう、というのは一番大事ですね。

もちろん、副作用(あるいは、欠点)の説明が全くない、というのは、どう考えてもおかしいです。

副作用がほとんど起こらない、ということは、効きが悪いので、回数が必要、という欠点があったり、効果が出るまで時間がかかる、という欠点があったり、なんにでも二面性というのがありますから、いいことしか言わない、というのは、やっぱり金儲け主義と思っていいでしょう。

まあ、多々ある美容クリニックで、まともなほうが圧倒的に少ない、と思ってください。

よく患者さんともいいますが、チェーン店はダメですよ。フランチャイズもね。

病気でいく大病院でも、チェーン店やフランチャイズはないでしょう?

京大病院や府立医大みたいな大病院はありますが、京大病院のチェーン店が全国展開してる、なんて、ないですよね?

ひとつか二つくらいの分院くらいは、大学病院とか大きな病院でありますが、その程度でしょう。

大病院に有名なドクターがいても、その先生は一人しかいませんからね、チェーン店にするなんて、できないわけです。そんなことして、質を保てるわけ、ないんですよ。

工場で大量生産する洋服とか食べ物とか薬品じゃないんだから。

そこが、医療業界と、他の業種との、決定的な違いですね。

それぞれの先生でキャラも違うし、考え方も違います。医者が100人いたら、100通りの治療法があるわけです。何が正解とかではなく、どれが自分に合うのか、です。

合う先生を探す、万が一なにかあっても、許せる先生を選ぶ(もちろん、医者側も、責任を持って、アフターケアをする、ということが大前提ですが)、という、気持ちで、治療を受ける(お金を払う)のが、ちょっとしたトラブル回避でしょうか。。

地元や学会で、いくら有名でも、自分との相性が悪かったら、どうしようもないので、実際は、診察にいくしかないんですけどね。

あやしい大手悪徳美容クリニック以外であれば、診察・カウンセに行ったからと言って、拉致されるわけでなし、気楽に、診察に行かれたらいいと思いますよ。行ってみないと、わかりませんしね。

(あやしいところは、ホントに拉致まがいの囲み営業がありますからね。エステの安い広告にのせられて行っちゃった方は、囲み営業がどれほどストレスか、ご存知でしょう。)

カテゴリ:

医療, 学会で得た知識