プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > ヘアケア



ちょっと前に書いた、「円形脱毛症は自然に治るので、治療はない」というくだりの補足です。

 

自然に治るから、円形脱毛症、なわけでもあります。

 

一般の方の中には、薄毛=円形脱毛症という病名、みたいに思っておられる方がいるかもしれませんが、細かく分けるといろいろあります。

 

 

まず、「多発型円形脱毛症」。

 

これも、日にち薬で自然に治りますが、1個治っては、またでき、と再発を繰り返して、絶えずどこかにある状態がず~っと続いている、というのは、結構な難治性です。

 

「び漫性脱毛」

なんとなく、抜け毛の範囲が広い、というか、はっきりここまで、と言えるわけではなく、頭頂部や分け目のところ中心に、全体に広がっていることもあります。

調べてみると、病気が見つかることもあり、病気があれば、病気の治療最優先になることが多いと思いますが、その病気の治療をしたからと言って、抜け毛が治るわけではない。。。

徐々に治っていくこともありますが、悪化させずに早く治す方法は、育毛治療も同時進行で始めることです。

(「抜毛症(自分で毛を抜いていて、そのために円形脱毛症に診えたり、び漫性脱毛症に診えたりする。診察で、そこは見ぬきます。結構子供に多いです。ストレスが多いってこと。

治療法は、塗り薬とかよりも、環境を変えてあげる。習い事は一旦全部止めるとか。

 

「全頭脱毛」

これが一番やっかいです。

頭の毛だけに関わらず、眉毛やまつ毛、ワキ毛や陰毛などの体毛にまで脱毛が及ぶことがあります。

 

 

他にもありますが、メジャーなところがこれくらい。

 

保険診療では、もちろん病気があったらダメだから、血液検査をされることも多いですが。栄養解析ではないですよ。検査する項目がだいたい決まっていますから。

1個や数個の進行しない「円形脱毛症」は、ほんとに一時的なものですから、なにか薬をいっても、薬のせいで良くなったのか、自然に治ったのかわかりづらいかもしれませんが、ほとんどは自然治癒かと思います。

 

保険診療で出される薬の典型は、「ステロイド剤」です。

飲み薬で出ることもあるし、塗り薬で出ることもあります。

食生活の改善は必須です。

 

ステロイド摂ったからって、どこまで効いているのかはわかりません。

なにも効いていないということは全くないでしょうけど。

 

ステロイド。。。

 

長期化することが多いので、結構長期(短期でも)ステロイドいくのは、気が引けます。。。

根本的治療という意味からはちょっとずれるし。。。

 

どのタイプであっても、ヘアケアとオーソモレキュラー療法は基本です。

具体的なこれらの説明は保険診療ではやりません。

なので、結果、自費診療 となるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

#女性セブン #大島椿 #椿油 #馬油 #ホホバオイル

女性セブンの記事の補足です。

 

かゆみ対策には、お肌を乾燥させないように保湿しましょう、というところのくだり。

保湿剤の選び方のところ。

 

皮脂に近いということで、椿油をおススメしています。

記事の中に、ホホバオイルとか馬油が出てきてますが、ちなみに私が言ったのではないので念のため。

 

で、椿油も、わざわざ「大島椿の椿油」と限定しております。

 

いつもブログを前から読んでくださっている方は、何度も書いていることなので、ご存知で申し訳ありません。

昔の記事を知らない方もおられますから。

 

スーパーやドラッグストアに行くと、大島椿の椿油シリーズの横に、

ほんとに似たようなパッケージで、ちょっとこぶりで、値段も安くなっている、椿油、ありますよね。

いつも横に必ず置いてある。

まあ、メーカーが違っても、椿油シリーズということで並べてあるのでしょう。

その横には、杏油とか、他の油が置いてますから、まとめておくのは当たり前ですよね。

 

 

くどいようですが、私が勧めているのは、「大島椿」さんです。

ここの油は、ちゃんと検査されて、品質がいいことを確認してあるから、安心して使えます。

 

お肌に塗る油の場合、宇津木先生のご著書にも出てきますが、油の欠点は酸化です。

どんな油でも空気に触れると、必ず酸化します。もちろん皮脂もです。

 

で、椿油自体、油の中でも、オメガ9で、酸化に強い油です。

(オメガ9なので、調理に使うのもとてもいいです。普通では売ってませんし、いいやつは高いので、まあわざわざ買わなくても。。。口にする機会があれば、ぜひどうぞ!

オメガ9のオリーブオイルみたいに香りがあるわけではないので、料理の邪魔になることもなりません。風味を損なわないので、やはり和食、天ぷらとかにはとてもいいです!)

 

搾りたての原油と、ドラッグストアでよく置いている大島椿の椿油と、大島椿のアトピコスキンヘルスケアのオイルD(椿油)の酸化具合を比べた検査があり、

オイルDになると、皮脂よりも酸化しにくかったんです。

(もちろん他の種類の油よりも酸化しにくい)

油の欠点の酸化しやすい、という点をクリアしています。

酸化全くしないわけではないので、保湿剤として使う場合は、オイルDをおススメはしていますが、普通のほうを使ってもOKです。

精製度合が違うので、香りや手触りが全然違いますけどね。お値段も。

両方試して、使いわけてもいいと思います。

もちろん、私の本でも出てくる「椿油洗顔」は、どちらでも。オイルDですると、すぐになくなってしまいますが。。

(全身の保湿する時は、広範囲に使えるスプレータイプが、アトピコスキンケルスケアにはあります。これはとても便利です)

 

それと、油の場合、原材料はなにか?というのも結構大事で、どんな油でも微量のタンパク質の混入があります。

原材料によったら、タンパク質含有量も微量と言っても、多いかもしれない。

たいした量ではないでしょうけど、お肌の弱い方、バリア機能の弱い方だと、皮膚からそのタンパク質が入ってきて、アレルギーの原因となります。

その原材料が、口にするような油だったら、食物アレルギーになり、その食材がもう食べられなくなってしまいます。。

(治らないわけではないですが、とても大変です。。。食物アレルギーはならないにこしたことない。予防が大事。)

 

で、大島椿さんは、ちゃんと調べてあるんですよね~。

市販のほうもオイルDのほうも。安心して使っていただけるんです。

 

ここまで消費者の安全のために検査したり、確認している化粧品メーカーって、ほんとになかなかないですよ。

例えば、資生堂や花王は、自分のところで研究所がありますから、大学も顔負けの実験がいろいろできます。

そこまで大規模な研究所じゃないと、そう自社で徹底的に調べるってできません。

その場合は、第3者機関にお願いして調べてもらうんです。もちろん、コストが結構かかります。

そこまでコストをかけて販売している化粧品メーカーというのは、皆さんはご存知ないでしょうが、かなりの希少価値です。。。

口で安全安心とイメージ戦略のみで、なにも検査なんかされていないのが実態です。

 

特に、オーガニック化粧品とか自然派化粧品とか、まあしてないでしょう。

そういう検査を最初からするつもりだったら、オーガニック化粧品も自然派化粧品も、最初から作るわけないので。

いろんなタンパク質が混入しまくりですから、そこに手を出そうとは思わない。

 

塗るものに関しては、天然に近いほど、危ない。かぶれやすいし、刺激もある。アレルギーにもなりやすい。

特に、敏感肌の方。

 

 

馬油もよく皮脂に近いと言われていますが、そういう検査までされている馬油を見たことがないです。

もし、検査しているメーカーがあれば、教えてください。

 

で、くだんの似たパッケージの椿油。

そっくりさんのほうは、いつからか、「オーガニック」との表示が! あと、「生搾り」と。

昔はなかったんですよ。

 

「生搾り」で、ほんとに何も検査していないと、危ないという話はさっきしましたね。

 

で、「オーガニック」の椿油、ということですが。。

 

一体、どこの国の椿畑?

 

ドラッグストアやスーパーで売る場合、デパートで売るよりも、もっと大量に製造しないといけません。

それだけ全国、どこでも買えるくらい流通させようと思ったら、それだけの原材料もいるわけです。

 

なので、ドラッグストアで売っているほうは、国産の椿だけではなく、中国のものも入っています。

アトピコシリーズのは、国産のみです。

気になる方は、値段は高いですが、アトピコシリーズのほうを使ったらいいです。

 

それくらい、国内の畑だけで大量に用意するのは大変。

 

で、今時、いきなり「オーガニック」の椿畑が、そんな広大な畑が一体どこにあると。。。?

 

で、産地も書いてないし、よくあるオーガニック認証マークもありません。

まあ、そりゃあ書く必要はないんですが、メーカーとして、このパッケージは良くないんじゃない?と思います。

そこまで書くならねー。

 

本当に、自社製品に自信があるなら、パッケージを酷似させる必要はないわけで、それこそ、うちのを買ってくれないと困る!他社と一緒にされたら困る!と、そっくりさんのところは、マネを止めるべきでは。。?

 

中身は全然違います。

 

まあ、好きな方を選ばれたらいいですが、化粧品は科学なので、私は品質を科学で証明してくれているメーカの商品を選ぶし、患者さんにも勧めています。

 

ああやって記事になると、こうやって話題にした時もそうですが、ドラッグストア行って、それでもまだ安いほう買う人いますからね~。

酸化しまくりです。

特に、生搾りは。

 

ちなみに、肉魚たくさんしっかり食べていない人ほど、油(皮脂も化粧品の油分も)は酸化しやすく、過酸化脂質になりやすく、皮膚に炎症を起こし、赤くなります。

 

だからこそ、皮膚に油を塗る時は、品質重視でないと、逆効果なんです。

 

ちなみに、ちなみに、鉱物油で作ってある、やっすいミネラルオイルは、ひどいかぶれ方をする方もいるので、ご注意ください。

かぶれも酸化もアレルギーも、個人の問題も大きいですが、安い油は、口にするのも、皮膚に塗るのも、おススメしません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日の育毛剤で肝障害の続きです。Facebookに今朝載せました。

肝障害だけではないし、頻度がそれほど多いものではないです。

甘く考えるな、という話。

 

医薬品を、サプリみたいに思ってはいけない。

 

市販のサプリでも、肝障害の報告は世界中であります。

 

個人が解毒できるのかどうかの問題は、さまざまです。

医薬品でもサプリでも、入っている添加物だけがダメだったということもあれば、有効成分そのものがダメだったということもあります。

すくなくとも、その成分を解毒するのに、その人の肝細胞は、とってもしんどくて大変だったんだ、ということ。

 

 

専業主婦の女性で、健康診断や人間ドックを受けていない方、結構おられます。

40代、50代、60代であっても、です。

検査していないから、気付いていないだけで、実は脂肪肝、糖尿病や糖尿病の手前の方、結構います。

お菓子とパンしか食べてないから、血液ドロドロの方も結構います。。。

 

検診もせずに、健康で元気で寿命を全うできればいいですが。。。

 

 

以下、フェイスブックのコピペです。

 

 

昨日に引き続き、医薬品の副作用の話。

 

美容医療で肝斑などによく出されるトラネキサム酸の飲み薬。

市販でも売ってますよね。

 

よく市販の許可が出たな〜とたまに思うことがあります。

 

市販のものは、病院処方よりも薄く(1粒当たりが)、一応2ヶ月飲んだら1ヶ月休むように書いてますけど、買った人が守ってるかどうかも不明…。

まあ自己責任ですね。使用方法守らないのは。

 

市販のでなくても、ずーっと何年も飲んでる方もおられます。

 

肝斑があっても、うちでは一旦止めてもらいます。

肝臓を休ませるためです。

 

よく書いてることですが、うちでは50代以上ではほとんど処方しません。

 

40代に処方する場合、検診とかの血液検査の結果を診て、短期間であれば、という条件付きであれば、処方します。

 

トラネキサム酸で肝斑を完治させてくれるものでもないし、ちょっと抑えることができる、くらいに思って下さい。

 

ずーっと飲むつもりですか?

 

顔をこすり倒したり、日焼け止めの塗り方が悪い、塗ってないとなると、効くわけもありません。

 

それでずーっと飲んで、しかも検診も受けずに、気づいたら、肝障害や血栓による障害で大変だった、とは目も当てられません。

 

トラネキサム酸の血栓性静脈炎はたまに聞きます。
私自身は、患者さんで診たことないですけど。

 

はっきりした血栓でなくても、少なくとも血行は悪くはさせてると思います。
抗プラスミン作用ですから。

 

若い人にも、処方しないこともあります。

 

ピルとは併用しませんし。

ホントに血栓ヤバイから。

 

 

結構飲んでいます、という方に、片っ端から一旦止めるように言ってますが、中には、内緒で他院で処方だけしてもらって、肝障害になった方おられました。

 

うちでは、シワたるみ治療で通っておられましたが、体調に変わりないか確認したら、トラネキサム酸による肝障害になったとのこと。

 

え?だって、止めてたでしょ?

 

半年以上だったか1年以上だったか、結構な時間が経ってるんですか、ずーっと飲んでたそうです…

 

トラネキサム酸飲ませられないような方には、医療用サプリをおすすめして代わりに飲んでもらってます。

そのほうがよほど根本的な治療に役立つからです。

活性酸素除去です。

 

理解して飲む方と、理解せずに、トラネキサム酸ばかりほしがる方と分かれますね…。

 

トラネキサム酸も欲しがらないけど、サプリも飲まないという方もいます。

 

これだと、スキンケアもそこまでできてない、肝斑も結構ひどい、となると、なかなか良くはなりません…。

気長にしてたら良くなるよかもしれませんが、悪化するほうが勝つかと思います。

まあヒドさと、スキンケアかどこまでできてるのか、食事の内容によりますが…。

 

トラネキサム酸を、サプリと思ってる方もいて、肝斑のサプリ下さい、肝斑のサプリ飲んでます、という方もいます…。

なので、副作用があるとは考えておられません。

 

薬は、なんでもメリットデメリットがありますから、特に美容やアンチエイジングで飲む場合は、ホントに必要なのか、代わりに何かないのか、とわかっておかないと自分が困ります。

デメリットのほうが大きいと判断した方が、どうしてもトラネキサム酸飲みたいなら、まず血液検査です。

続けるなら定期的な検査がいります。

 

ある程度健康で元気であってこその、美容とアンチエイジングです。

肝臓悪いのに、育毛も美肌もなるわけないです。

医薬品を気軽に考えるのは止めましょう。

育毛話の続きです。

 

年末の学会誌にだったか、掲載されてましたが、厚労省から、海外からの個人輸入による育毛のための医薬品(ミノキシジルとフィナステリド)の内服薬で肝障害が起こったらしく、注意喚起が来てました。

 

海外からの個人輸入と言っても、皆さんが怪しい業者から買っている偽物ではなく、ちゃんとしたルートで買っている本物のようです。

(クリニックで処方されたからと言って、まっとうなルートかどうかはわかりませんよ)

 

細かい経緯は載ってなかったのでわかりませんが、肝障害を診察した医師からは、育毛のための内服薬と因果関係があるだろうとの意見だったそうです。

 

ミノキシジルもフィナステリドも、サプリではなくて医薬品ですから、もちろん副作用があります。

 

国内で承認されているプロペシア®も肝障害の副作用報告があります。

これを飲んでいる際には、定期的に肝機能検査を普通はやります。

自分のところでやらないなら、他院でした結果をチェックするかです。

 

でも、多くのAGAクリニックでは、そういったフォローはされていないのかもしれません。

 

自費診療なので、一度に大量に処方は可能であり、可能だからと大量処方をしているクリニックもあるでしょう。

 

どんな薬でも、肝障害は起こってもおかしくはないわけです。

肝臓で解毒しないといけませんから、肝臓が余分に働かないといけないわけです。

 

 

若いならまだしも、AGA治療の場合、男女ともだいたい40代以上が多いと思います。

(最近は、低年齢化してきてます。。。もっと肉を食え!と思います)

 

40歳で、パッと切り替わるわけではありませんが、やはり40歳も過ぎると、実は体のいろんなところにいろいろ問題があって、血栓傾向も上がるし、耐糖能は悪くなるし、女性だと女性ホルモンもどんどん減ります。男性もでしょうけど。

 

いろいろガタが来やすくなってくるので、メンテナンスが必要なわけです。

 

どこにガタがきているのか、ガタが来る前にメンテでなんとかなるのか。

 

こればっかりは検査しないと、わかりません。

外から見ただけでは、また自分の自覚症状だけではわからないことがたくさんあります。

 

なので、検診しかり、人間ドックしかり、定期的に受けておく必要があります。

 

市町村からくる特定機能検診のご案内、40歳過ぎたらくるでしょう?

そういうことです。

 

検診を全然受けてもいない、病院にも行かない、となると、勝手に、「健康」と思っている方、たくさんいます。

 

確かに、本当に、「健康」な方もおられると思いますが、それも検査しないとわかりません。

 

ほんとに病院に行くこともなく、毎日が元気で楽しく、ボケることもなく、足腰も頭もしっかりしたまま、やり残したこともなく、眠るように死ねたらいいですが、こんな理想的な「老衰」で死ぬなんて、どれだけ稀なことか!!

 

これこそ、本当に「健康」な方でないと、なかなか。。。

 

『不健康」の典型の一つに突然死があります。

 

一瞬で死ねたら、ご本人は楽かもしれませんが、予期せず突然って、いろいろやり残したこともあるでしょうし、なにも準備もできていないでしょうし、ものすごく心残りがあることと思います。

 

だから検診は受けておくことをお勧めしていますが、健康診断の血液検査なんて、微々たる項目です。

 

これで、「問題なし」「健康」と言われても、ほんとに??ということだらけ。

 

特に、肝障害は結構見逃されているのでは?と思います。ビタミンB6不足がすごいから。

 

 

なので、検診などでは、ぜひとも肝臓のエコー(腹部エコー)も一緒にしておくことがお勧めです。

 

検査していない、検査していても見逃されている、そういう状態のところに、医薬品が入ってくると、肝障害が一気にわかりやすくなることもあります。

 

その処方したクリニックがどれくらい処方して、フォローはどうしていたのかはわかりませんが。仮に1年に1回検査しても足りないのかもしれないし、かと言って、数か月で自費でやるのか、と言われたら、患者さんが嫌がるでしょう。。

 

それくらい、医薬品というのは、副作用合併症が出たら、やっかいです。

 

肝臓がやられているのに、しっかりした太い毛が生えてくるわけ、ないですよね。。

肝臓は、ほんとに労わらないと。

 

 

クリニックで処方されても、肝障害がなる時はなります。

どこまで解毒できるのか、肝臓の予備能力は、人それぞれ違うわけですから。

 

 

 

まして、海外からの個人輸入のやつを、「安いから」というだけの理由で、ず~っと飲んでる人。

もうあ~あ~という自己責任です。。。

 

ほんとに何が起こるかわかりませんよ。慢性の炎症は、小さいキズでも、繰り返し起こることで、そこからガンになっていくきっかけになってしまいます。

肝硬変まで進んでしまうと、結構な取り返しのつかないことに。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「お知らせ」でもすでにお伝えしましたが、海外からの個人輸入の育毛剤の料金改定のお知らせです。

お待たせいたしました。どちらも入荷してまいりました。

年末に棚卸などをしたり、先日の部分痩身のトゥルースカルプの料金改定もそうでしたが、ふとした時に、価格の見直しをします。

「気づく」と言いますか。。。

いくらなんでもサービスしすぎかも。。ということがたびたびあるので。。

 

最初導入したときは、これくらいでいいかと思って値段設定したら、考えていたよりも時間がかかったとか、当初の内容と変えていっているのに値段はそのまますえおきとか。

そういうのが結構あります。

ホームページもいろいろと変えないといけないのですが、まだ放置したままになっています。

ご不便をおかけしております。。申し訳ありません。

 

 

育毛治療ですが、当院はすべて自費治療です。

 

たま=に保険診療で診てくれという電話が入ることがありますが、保険診療で出す薬がありません。

ないことはないですが、効くと思って処方しているわけではないので、まあこちらからは勧めてません。

本当の意味で、「効く」薬がないからです。

 

円形脱毛症は、自然に治るのが、円形脱毛症です。

円形脱毛症で、保険で出す薬もありません。

(自費ではあります)

円形脱毛症と、検査をしないといけない脱毛症は、違います。

皮膚科医であれば、一目でわかります。

円形脱毛症で、検査はしません。保険が通らないからです。

 

いろいろ合併していると判断した場合は別だし、それは円形脱毛症ではありません。

 

 

「診断だけつけてほしい」という電話もありますが、診断だけつけて、どうする気?と思います。

診断も大事ですが、治療や今後の対策が一番大事であって、そこは。。?って感じです。

それでもいいなら、保険診療で予約を取ったらいいですが、保険診療は当日予約のみですから、当日枠が空いていないと予約できません。

勝手に来ても対応は一切できません。

 

保険診療できて、ヘアケア指導もしません。

それは自費です。

シャンプーとかも調べません。

全部止めてください、ということはありますが、別のものを紹介もしません。

シャンプーやリンスを変えれば済むという話でもないからです。

一言で終わるわけがないので、だから自費診療は1時間の枠を取っているわけです。

それを保険診療ではしません。

(しませんと言って保険診療の予約を取っているのに、受診して当日無料で聴きだそうとする方もたまにいます。来たもん勝ちと思っているのかわかりませんが、保険診療では話しませんし、自費診療で説明も受けてないいない人は、自費の育毛剤やシャンプーなども購入できません。)

 

 

その方それぞれの、抜け毛の感じ、脱毛具合、頭皮の状態はもちろん、人によって全然違うわけです。

お肌と同じです。

そこに、質の悪いシャンプーやトリートメント、育毛剤を使っているわけですから、まさに、畑に毒撒いているようなものです。

それを言っても止めない人も時々います。

言っても止める気がない人は、説得しても結果無駄なことも多いですが、それが諸悪の根源ですから、説得に時間をかけざるを得ません。。。。

むなしいですけど。。

 

今回の価格改定した育毛剤を全員に処方しているわけではないです。

向く不向きもありますし、もちろん使ったらダメな人もいます。

治療内容も人それぞれです。抜け毛の程度も違うわけですから。

当たり前ですが、医薬品ですから、副作用があります。

 

こうやってなんでも商品名を出すと、ネットで、わけわからん業者の個人輸入から医薬品を買う人結構います。

 

そういうことをやっているから、いつまでたっても、ちっとも良くならないんですよ。

厚労省が散々、医薬品の個人輸入は止めるように勧告しているわけです。

偽物だらけなわけで。。。お金の無駄としか言いようがない。

 

クリニックも個人輸入する場合、どこの代理店でもいいわけではないです。

学会から認められているような代理店。メジャーどころです。

わけわからんところから仕入れた場合、その薬剤でなにかあっても、学会の賠償責任保証対象外です。

ようは、そんなもの、信用できないから、保証もしないということです。

 

ほとんど全員に、ヘアケアのやり方とオーソモレキュラー療法は勧めますが、血液検査はしても食事は変えない。

ひどい人だと、医療用のサプリは買うけど、食事は変えない。

という人も結構います。

(こういう人は、ヘアケアもやらない。本人は、なんでもやっているつもり、できているつもりだから、絶対に変えない。

じゃあ、なんでこうなってしまったんですか?というお話。

今までのことではダメだから、ここまで来てしまったわけで、今まで違うことをやらなきゃ!

これに気づくかどうか、ですね。。。)

 

これは、肌荒れ相談やシミやシワたるみ相談でも同じですけど。。

 

 

これもよく問い合わせがあるので、書いておきますが、海外からの個人輸入の育毛サプリの「パントガール®」、

もう当院では取り扱いを止めました。

オーソモレキュラー療法を始めてから、切り替えたという感じです。

予算に余裕があれば、飲むこと自体は、正規品であればダメではないですが。。。

そのお金があるなら、食費や、医療用のオーソモレキュラー療法のサプリに回すほうが、よほど育毛になります。根本的治療です。

費用対効果ですね。

 

自費のサプリを買うなら、費用対効果の高い、根本的なものを買わないと、お金も時間ももったいないです。

 

 

 

さて、以下は、お知らせのコピペです。こちらにも貼っておきます。

「育毛治療で処方している、パントスチン® 、ロゲイン®をこの度、値上げさせていただくことにしました。

海外からの個人輸入のため、仕入れ価格などにすでに改定があり、今まで、原価にあまり利益はのせておりませんでしたが、今回値上げさせていただくことになりました。

・パントスチン® 1本

今まで¥8.640(税込み)→改定後価格 ¥10.800(税込み)

・ロゲイン® 1本

今まで¥4.320(税込み)→改定後価格 5.830(税込み)

・ロゲイン®3本セット

改定後 ¥16.200(税込み)

・新セット

育毛剤セット(パントスチン®+ロゲイン® 1本ずつセット)

 ¥14.960(税込み)

です。

処方希望されましても、適応がないと購入はできません。

医薬品のため、ご購入は毎回診察が必要となりますので、ご了承ください。

私のブログや拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」やFacebook並びにインスタグラムを読んで、ご自身でろいろやってみるのはもちろんいいことだと思いますが、私の言っていることをその通りしているのか、勘違いとか理解していなくて間違えてしているのか、もうそれは自己責任ですから、直接診察を受けて、確認してもらっているわけでもないわけです。

それに関しては責任は取れません。

 

ただ、本や記事を読んで、わからないことがあれば、Facebookで質問できるようにしてあるわけですから、それを使うのか使わないのかは、その方の自由です。

 

でも、中には、他院でかかっているにも関わらず、クリニック専売の化粧品や医薬品、サプリメント、検査や治療に至るまで、私に質問してくる方がおられます。

主治医に聞くことなく。

 

順番、おかしくないですか?

 

じゃあ主治医って、なんですか?

そこのクリニックで何をしてもらっているんですか?

それは、医療なんですか? なにも質問もせずに、自分のほしいもの、出されたものだけ、なんの説明も受けずにお金払って、ドラッグストアとどう違うんですか?

通っているクリニックは、医薬品やクリニック専売品を売っている、ただの販売店ってことですか?

 

 

なので、Facebookの投稿規定のところに書いています。

主治医に聞いた上でのセカンドオピニオンを言うなら、わかりますが、セカンドオピニオンを受けるなら、Facebookで全世界に公開している場で、聞くことではないでしょう。

Facebookに、自分の年齢、性別、今までの病歴、場合により家族歴、今の症状、検査結果すべて、使用している薬やサプリメント、主治医からどう説明を受けているのか、など、個人情報を全てそこに書いたとしても、それに答えるのは、「診察」です。

Facebookでやることはでないです。

もちろん、料金も発生します。

 

Facebookでできるのは、あくまでも一般的な話で、個人個人のそれぞれの症状に合わせての話ではないです。

相手からの一方的な意見だけで、「診察」と同じレベルで意見をする、なんてできるわけがありません。

 

診察でも、Facebookでもしょっちゅうあるのが、「なにも病気はないんですか?今まで、生まれた時からも含めて、病院にいったことはないですか?」と問診表に何も記載がないので、聞くと、後から次から次へと出てきます。

 

「なにもないです」と言っておいて、これも後から後から、「アレルギーがあります」「花粉症があります」ということもザラです。

 

何度も何度も、他にはなにもないですか?と聞いて、何度めかで、初めて、高血圧、脂質異常症、糖尿病疑い、せんそく、アトピーなど、キリがないくらい出てくることもあります。

手術歴を黙っている(忘れているのではなく)人もいます。通院して5年以上たって、初めて、飲んでいる薬や病気を言う(ほんとにたまたま)人もいます。

 

「関係ないと思った」

こういう人はほぼ必ずこう言います。

自分で治療の邪魔をしてるわけですから、治療がうまくいくはずがありません。

いったら、たまたま、ラッキーだったというだけ。

 

必要だから、こんだけしつこく聞いているのに、まだ「関係ないから言わない」ってするか?といつも思います。

治療は、医者と患者、お互いが協力しあわないとできません。

 

 

なにかの異常や病気がある・あった場合、そこの細胞がうまく働いていないということです。

花粉症やアレルギーは軽く考えている方がとても多いですが、確かに保険診療では抗アレルギー剤を出すくらいで、アレルギーの方はとても多く、特殊な場合以外、すぐに命に関わらないため、軽く、というか、流されてしまいます。

症状出ていない時に、薬を出す医者もいないし、保険診療では今必要でなければ処方も検査もしないのが鉄則です。

 

 

「この薬をください」、と私に相談したり、わざわざ受診しているわけではないでしょう?

自分に合っているものが知りたかったり、なるべく薬を遣わずに、元気になりたい、症状をもっと軽くしたい、副作用を減らしたい、と思っているわけでしょう?

 

それには、細胞のどこがうまくいっていないのか、それに関連する他の臓器やホルモンは?などなど、体のことなんて、全部関わってくるわけです。

 

「たかがアレルギー」というのは、皮膚や粘膜(鼻から気道にいたるすべて。口から直腸までの消化管粘膜)が弱い、ちゃんと作れていない、機能していない、ということをまず表しています。

 

そこが作れていないということは、他の臓器もちゃんと機能していない可能性もあります。

 

アレルギー自体、ビタミンD欠乏は必ずあるし、それは魚や肉をあまり食べておらず、糖質は過剰に取っていることも意味します。

そうなると、他のあらゆる不調が出てもおかしくない。

 

 

なので、診察に来られる場合は、予約の段階で、保険診療であろうと、自費であろうと、先に全部聞いておいて、詳しくない病気や薬もあるわけですから、事前に全部調べておくわけです。

それに伴って必要なものも準備しておくわけです。

 

全部言いもしていないのに、どうやって、アドバイスや治療をしろと?

霊能力者でも予言者でも神様でもないわけですから、できるわけがありません。

たまたま当たった!なんて、当てものしてるわけではないんですから。

 

てきと~になんか薬出して、「様子を診てください」というのと、いろいろ考えた上で、「様子を診てください」というのでは、中身は全然違うわけですが、患者さんからしたら、わかんないですよね。

特に1回来ただけでは。

保険なんて全然時間ないし、自費診療の場合は、説明することがたくさんありすぎて、全然時間が足りません。

 

てきと~に、というのが、私にはできません。

てきと~にしたほうが、絶対楽で儲かる、というのはわかっていますが、できませんねー。

 

保険診療でも、医薬品には必ず副作用があるので、必要最低限で済ませたいわけです。

そこまで処方しないといけないレベルなのか、処方が要らない、まだ様子を診てもいいレベルなのか、患者さんの症状(薬使ってでも、症状を抑えたいのかなどの希望)に合わせて治療法を選びます。

保険診療の場合、ほとんどオーソモレキュラー療法の話はしませんけれどね。

薬がない時、使いたくない時は、ちょっとだけ話して、本勧めたり、自費診療を勧めます。

 

 

たかが化粧品と言えども、アトピコやドゥーエ、ビューティフルスキンなどは、クリニックに来なくても、どなたでも買えるようになっています(場所は限定されます)。

わからなければ、メーカーに聞くか、購入したところで聞くか、どちらかです。

(メーカーに聞くのが一番の推奨方法を教えてくれるでしょう)

一般化粧品ですから。

 

でも、クリニック専売品というのは、診察を受けて購入するものです。

販売しているメーカー側も、診察を受けている前提で卸しています。

それが条件だから。

 

「そこでは買っているだけで、診察は受けていないから」という方が時々おられますが、診察も受けずに買っていること自体が根本的に間違っているわけです。

 

あるいは、「そこでは説明してくれないから」とクリニックのせいにする方もおられますが、そういうところで買っていることが間違っているわけです。

 

そこが説明してくれないなら、説明してくれるクリニックに行けばいいだけの話です。

 

その商品が欲しいからと、診察にも入らずに買って使うから、どんどんおかしくなるわけです。

一番大事な診察を飛ばすわけで、その必要性もわかっていないから、適応もないものを使って、どんどんおかしくなる。

 

 

クリニック用専売化粧品のものすごくきついものがあります。

これは、使う人を選びます。肌の状態も選びます。

初診の方にいきなりは出さないものもあります。

出していいものとダメなもの(副作用がひどすぎる)があり、いいものでも、肌に状態によったらダメ。というか勧めない。(から、売らない)

 

それを、「そのシリーズ、セットで売ってますか?」「セットで買いたいんですけど」とブランド名も(英語)も間違った読み方で、電話してくる人が時々います。

 

おそらく、ネットで、どっかの誰かの投稿で、その化粧品がいい!とかなんとか、セットで買うのがいいとかのやらせ記事を読んで真に受けてるのか、セットで買わせるクリニックが多いので(むちゃくちゃ高くなる。しかもその多くが、肌の診察はしていない。受付が勧めてセットで買わせているなどなど)、そう信じて疑わない人も多い。

 

必要なものだけ使えばいい、ということに考えがいたらないところが悲しいですね。

そういう説明も受けていないのもあるんでしょうけど。

シリーズで使うことにも意味はありますが、その分のデメリットを理解して使っているわけでもないところも悲しい。

 

そこで医薬品(自費)やクリニック専売化粧品を買ったけど、使い方を説明してくれない、ケアの仕方を教えてくれない、って、普通に考えたらおかしいでしょう。

 

いわゆるカウンセリングコスメ(高めの店員さんがいて説明してもらって買う化粧品のこと)を初めて買って、なんの説明もされなかったら、どうやって使うの?って思いませんか?

使い方の説明書が入っていたらまだしも、ちゃんと説明してよ。って思いませんか?

 

どんなに高くて素晴らしい医薬品や化粧品でも、間違って使っていたら、台無しです。

台無しどころか、副作用ひどくなって終わりです。

 

先日のスプレー缶の爆発事故と同じで、あんな日常どこにでもあるようなものも、説明すら読まないし、常識的なことも知らない。

自己責任で済まなかった典型例ですね。

周りまで巻き込んでしまって。。。

 

化粧品や医薬品などで周りの人の健康を害することはないでしょうけど、全部の害も含めて自分の体内に入るということです。

大爆発は、自分の体で起こり得るんです。

 

どんなものでも、最低、メーカーの説明書は読まなきゃいけないし、説明書がないなら、購入したところで、そこに関わるケアも含めて聴かなきゃいけない。

まして、自費診療に関するものであればなおさらです。

 

 

自費診療をするなら、最低でも、診察の上、ちゃんと説明してくれるところで購入すること。買い続けるなら、そこでちゃんと診察に入って、経過を診てもらう、使い方が間違っていないか、副作用などが出ていないか、確認してもらうこと。

できないなら、使わないことです。

道理を通さないから、どんどんおかしくなる。

 

 

 

ヘアケアも基本はスキンケアと同じです。

 

特に、シャンプー。

 

一番いいのは、やはりお湯のみで洗うこと。

 

でも、いきなりお湯だけで洗うのが心配という方は、敏感肌用の洗浄力のほんとに弱い、汚れだけを落とすようなものか、石けんシャンプー(石けん素地と水のみ。グリセリンくらいは入っていてもOK。必ずクエン酸やお酢など、石けんシャンプー専用リンスで、石けんのアルカリ性を酸で中和させること)をおススメしています。

 

よく皆さんが使っているのが、合成界面活性剤のシャンプー。

 

先日から時々書いている、「ラウレス硫酸ナトリウム」が入っていなくても、良くないものは良くない。

 

汚れをよく落とすとか書いてあったら、なにが入っているんだか。。。

 

そんなのに汚れをしっかり落としたいたいなら、それこそ石けんシャンプーはとてもいいです。

敏感肌用に比べると、脱脂力も洗浄力もあるので(なので、スキンケアの場合、ファンデや日焼け止めもよく落ちる。洗い方がちゃんとしていたら)、頭皮も乾燥や皮膚炎のある方は、よけいに乾燥する、なんかひりひりする、という方も、ごくたまにおられます。

 

こういう方は、やはりお湯のみか、ちゃんとデータの取っている、安全性の証明されているもの、

うちでは、石けんシャンプー以外には、ドゥーエとアトピコのシャンプーをおススメしています。

(ドゥーエのシャンプーは取り扱ってません。先に、アトピコを入れていたので、石けんシャンプーもあるし、そんなにシャンプーばかりうちでおいても。。欲しい方は、前もって言っていただければ、取り寄せますが、資生堂の「ワタシ+」でドゥーエ買えるようになったんじゃなかったかな。

ドゥーエは、取り扱い店舗がHPに載っています。

調剤薬局か取り扱いクリニックのみで、普通のドラッグストアには置いてません)

 

 

敏感肌と思った方で、よく買ってしまうのが、自然派シャンプーやオーガニック化粧品から出ているシャンプー。

 

これは、化粧品でもたびたびダメ!と言っている、食べ物や植物のエキスが入っているので、食物アレルギーにもなりやすく、地球に優しくてもヒトには優しくない。とてもかぶれやすいです。

 

敏感肌や荒れている時は、目で見えないくらいの細かいキズもありますから、そこからエキスが入りこむと、どんな悪さをするかわかりません。

 

お風呂場の洗剤に使うなどして、人体には使わないように。

 

 

以前、ヘアケア相談で来られた方が使っていたのが、某有名なオーガニック化粧品メーカーのもの。

頭がとても痒くて困っていて、頭皮は炎症を起こしてました。

ステロイド剤使うほどではないですが、そのシャンプー止めない限り、どんどん悪化するし、そのたびにステロイド使っても、根本原因止めてない限り、一生ステロイド塗る気か?!となります。

(そのうち、副作用で負けてきて、何がなんだかもうわからなくなる。。。)

 

当時、そのメーカー、シャンプーも何種類かありましたが、中に、ピーリング剤にあたるものが入ってました。

 

なにがオーガニックで、お肌に優しいやねん。。。と思いますが。。

(こういうところが、このメーカー、いつも信用できない)

 

で、その方、一度私のブログ読んだかして、石けんシャンプーに変えたそうです。

 

そしたら、すごく頭皮が脂っぽくなったそうで、我慢できずに、そのオーガニックのシャンプーにまた戻したそうです。。。

 

 

推測するに、

オーガニックでピーリング毎日毎日頭皮にやりすぎて皮脂を取りまくっていたところを(なので、乾燥しまくっていた。体ははんとかしようと、皮脂を一生懸命出すけど、また取られてしまう。。というジレンマ)、石けんシャンプーに変えて、そこまで皮脂を取るものがなくなって、いつもの癖で、ドバっと皮脂を出してしまった、というパターン。

 

これはしばらくすると、こんなに皮脂出さなくてもいいんやん?と体もわかるようになるので、皮脂量はコントロールされていきます。

普通に戻ります。

 

スキンケアのクレンジングや合成界面活性剤やアルコールやピーリング剤まみれの化粧品をたくさん使っていたのに、いきなり、椿油と純石鹸、それに例えば、ビューティフルスキンの保湿剤、みたいな、ほんとになにも入っていない、というくらい、添加物を究極まで減らすと、ごまかすものがすべてなくなりますから、素のままの状態が出てきます。

 

それで、どこまで肌がやられているのか、わかります。

 

今回の場合、それだけまだ頭皮から皮脂が出せるだけ全然マシです。

 

ひどい方は、出せなくて、皮脂腺回復させるまで結構な時間がかかることもあります。

 

 

あと、よく、ネットで、敏感肌用シャンプーなるものを買って使っている方も多いですが、ネットの世界で、そこまで本当にいいものなんて、ありません。

 

そこまでちゃんとデータを出しているなら、もっと医学会に出てきます。

でないと、そこまで敏感肌用というなら、アピールできないから。

医学会に出てこなかったから、眉唾ものと思ったほうがいい。

 

そりゃあ、あるかもしれませんよ。

ちゃんとしたもの。

 

でも、砂漠でダイヤモンド見つけるようなものです。

 

企業名や商品名をわかっていて、検索した、というならともかく、「敏感肌用シャンプー」「肌に優しいシャンプー」とか、こんな単語で検索して、ほんとにいいのが出てくるわけない。

 

検索上位は、ほぼすべて、スポンサー・広告で占められるでしょう。。

 

 

アトピコやドゥーエのシャンプーでもかゆいという方、ごくたまにおられます。

 

石けんシャンプーじゃないから、どちらも添加物はゼロでもないし、添加物の考えたやもっているデータは、企業によって違うから、一社の商品で、万人にOK、というわけではないです。

(なので、スキンケア化粧品は、うちでは、複数社のものを置いています。)

 

確かに、どちらも合っていない可能性もあります。

 

でも、そのネットで買ったシャンプーの中に入っている、合成界面活性剤で、頭皮が溶かされ、麻痺されて、もう感覚がなくなっていることも多々あります。

 

で、こういう方は、もっと落ち着くまでお湯だけで洗るのが一番いいんですが。。。できない方も多いしね。。。

 

 

頭皮にトラブルある時は、一刻も早くシャンプーを止めることです。

原因は、シャンプー以外かもしれませんが、髪の毛伸びるのが遅いですから、もうさっさと止めて、被害を最小限度に治まるようにしておかないと。

 

そもそも、その「敏感肌用」って、誰がいいましたか?

その企業の自称じゃなくて。。?

 

栄養状態が良ければ、ある程度の刺激には耐えられます。

 

 

 

 

ちょっと前から品川で泊まるホテルを変えたんですが

(部屋や設備は良くても朝ごはんに飽きたから。飽きたというよりも、なんか胃もたれ?胃腸の動きがセミナーの日は悪いのかなと思ってましたが、料理の油が悪いのかな?と思い。。。ちょっと変えたみた。

変えたけど、一緒でした。やっぱり、胃もたれ?ていうか、なんか気持ち悪い?

やっぱり油。。?サラダは、オリーブオイルと塩コショウにしてみたけど、スクランブルエッグか?たまたまか?

う~ん。。。油なしの和食にしないと、わからんなー。。。もっといいホテルだと、ならない。

でも、それは出張じゃなくて、プライベートで遊びの日だからかもしれない。そういう日は、胃腸の調子も違います)

 

さて、変えたホテル。今回は、クラブフロア。

安かったのと、貯まっているポイントで、安く泊まれた。

でも、朝食は、場所がクラブラウンジになっただけで、中身は同じでした。

で、部屋に付いてるシャンプーやボディソープなども同じメーカー。

 

そこそこのホテルでも、外資系のお高いホテルでも、アメニティの質にこだわっているホテルは、ほとんどないのかもしれません。

(私調べ)

 

アメニティの質というのは、オーガニックならいいとか、外資系のお高いのならいいとか、そういうんじゃないですよ。

 

今回のホテル、ここ立て続けに2回。そのあと泊まったホテルも、たまたまなのか、仕入れが同じところなのか、同じメーカーのでした。

アメリカだっけ?

ヨーロッパだっけ?

なんか外資系の、お高そうなやつ。

 

ちょっと前にも、女性雑誌に宣伝されてたのを見ました。

(まあ、仕掛けているのかなと思いましたけど)

 

なんか、高そうで(きっと買うと高い)、お肌にも地球にも優しそう~♡というイメージで、そんな感じのことがパッケージにも書いてます。。。

 

ところが!!!

 

シャンプーもボディソープも、思いっきり、「ラウレス硫酸ナトリウム」!!

むっちゃあ~多い~っ!!!

 

国産のメーカーでも、安いのには、入っています。

まあ、安いから仕方ないかなという感じです。

嫌なら、もうちょっと高いのを買えばいい話。

(一番いいのは、お湯だけで洗うこと)

国産メーカーで入ってるやつも、量減らしてあったり。他の洗剤成分と混ぜてあったり。

せめてもの良心でしょうか。たまたまでしょうか。

 

外資系のは、思いっきり、これだけ!とか、これメインで!というくらい、まさに主役です。

 

外資系の、かなりお高いホテルに泊まった時、思いっきり、ラウレス硫酸ナトリウムオンリーの、一見自然派化粧品っぽいパッケージになっていて、笑うというか、飽きれるというか。。

日本人、舐めてんのか。。いや、欧米人もたくさん泊まっているのに、いいのか、これ?ヨーロッパでは禁止になっていると聞いてますけど。。

 

安いビジネスホテルに泊まったのなら仕方ないですが、お高い金額出して、このアメニティでは。。。

担当者は、ほんとになにも考えていないのか。。

(卸値は、すっごい安かったりするのかもしれません。高級感重視ってことで。)

 

小さい子供も泊まると思うんです。

 

赤ちゃんに使うのも、幼児や小学生に使うのも、完全にアウトですよ。

中学生や高校生でもアウトでしょ、ていうか、大人もダメだし、お年寄りなんて、もっとダメ!

 

業務用で、備え付けの大きいボトルに詰め替えしてるホテルもあって、こういう場合は、中身が確認できません。

悪くない時もあれば、悪い時もあるでしょうね。

 

家で使う洗浄剤は、ほぼ無添加石けんですが、旅行の時はわざわざ持っていきません。

 

備え付けのボディソープで顔を洗ったりします。

シンプルでいいやと思っているから。

 

でも、たま~に、バシバシになるアメニティがあります。高いホテルでも。

で、ここ数年は、アメニティはほぼ使わないように(ホテルにも寄りますが。知っているところのは使う)することが増えました。

 

何度も言いますが、泊まっているホテルのランクに限りません。

いわゆる五つ星ホテルでも、ラウレス硫酸ナトリウムに遭遇して、使えませんでした。

(私調べ)

 

国産メーカーの、ちょっといいやつ、入れといてくれよ~といつも思います。

ここは日本だから、国産メーカーのでいいやん?と思うんですけどね~。

 

ホテルのアメニティで、赤ちゃんや敏感肌用のアメニティを選べるようになったら、そこのホテルのことをすごく宣伝してあげたいです!!

素晴らしいホテルだと思います!!

(まだ、お目にかかったことはありません。。。

昔泊まったところで、アメニティをたくさんの数から選べるのがありましたが、その中に、本当の敏感肌用はひとつもありませんでした。

自称、地球と肌に優しいのはありました)

 

以前、化粧品会社のとある営業の方に、この話をしたら、だいたいこういうホテル(特に外資系など)は、その負担を、化粧品会社に支払わせることが多いそうです。

提供するなら、置いてあげる、お客さんに提供してあげる、というスタンスらしいです。。。

 

嘆かわしい。。。

結構な金額出して泊まるのにね。。

 

それでは、化粧品会社も困るでしょう。

 

せめてフロントで、数百円で1泊セットみたいなのを買えるようにおいておいてほしいな^と思います。

 

お湯で洗っている人はいいですけど、旅行のたびに、普段の洗浄剤をたくさん移し替えてもっていかないといけないのって、結構めんどくさいですよね。

荷物になるし。

 

ホテル関係者の方がおられましたら、ちゃんとした、敏感肌用化粧品のサンプルセット、ぜひご検討ください。

なんちゃって、でも、自称でもじゃなくて、ちゃんと医学的に証明されている敏感肌用の化粧品セットですよ。

テスター1回分ずつでいいんですよ。

100円とか200円とかで無理かしらん。。

 

お客さんが選べるというのがいいと思うんですけど。

気にしない方は、そのまま備え付け使ってもらって、気にする人は買えますよ、みたいな。

 

お肌に気を使ってくれるホテルって、いいと思うんですけどね~。

アメニティ欲しさに、女性客、増えるかも?

 ついに出ました~! と言っても、ちょっと前から発売されてましたが。

 

   大島椿さんの、白髪用のヘアカラートリートメント、発売再開です。

 

以前は、東急ハンズとか行ったら売ってたんですが、一旦製造中止になってしまって。。。とても残念でした。

 

カラートリートメントは、自宅でできてとても便利ですが、落ちやすいということと、何回かやらないと染まりにくいという欠点があります。

 

ところが!

市販のもの中には、1回でも結構染まるものがあり、カラートリートメントなのに!

私も何種類か使ったことがありますが、やはり結構かゆくなりました。。。。

 

私はハタチくらいから白髪が多く(これは鉄欠乏のひどさを表しています)、若白髪というんでしょうか、もう若い頃からあきらめていて、でも染めるほどではない。。

30代後半くらいからですかね。染めだしたの。

 

最初は、ヘアマニキュアにしてましたが、やはりすぐに落ちるので、ヘアカラー(いわゆる白髪染)を美容院でやってもらってました。

 

でも、根っこからすぐに白髪出てくるでしょ?

なので、1か月半とかで次のヘアカラーの予約を取って行くと、担当の美容師さんが、そんなペースでヘアカラーをやっていると、年いくと、頭皮がやられて、毛穴も広がって大変なことになるから、3か月以上は空けたほうがいいですよ、ヘアマニキュアなら、3週間や2週間で次染めてもいいですよ、と教えてくださいました。

 

まともな美容師さんは、皆さん、ヘアカラーの害を一番身近で、しかも大勢のお客さんの頭皮と髪の毛で見てますから(実際、自分やスタッフの手や皮膚につくとどうなるか、ということも)、ヘアカラーがいかに悪いか、知っています。

 

でも、お客さんが、やれ、やれ、というから、断ると、他店に行かれるので、断らないという営業重視の考え方です。

 

すごく良い、良心的な美容師さんは、必ず、私の時のように言ってくれます。

(ひどい店は、ヘアマニキュアというメニューすらない! 髪の毛は、自分の作品だと思っている美容師もいて、キレイに染まらない、好きな色の染められないなどの理由で、置いていないそうです。

実際、そう言われた患者さんがおられて、美容院変更されました。)

 

で、それ以来、ずっとヘアマニキュアで、だいたい月1回染めてもらってます。

 

でも、それだと、やっぱり根っこの生え際とか白髪出てくるし、忙しくて行けない時など、家で染めるしかありません。

 

市販のヘアマニキュアも、ちょっとむずかゆい気もする。。

そのくせ、すぐに落ちる。

美容院のほうがもちがいい。

 

ヘナのも持ってますが、時間がかかりすぎるので、まだチャレンジしてません。

患者さんでされている方を見ていると、白髪だけオレンジ。

綺麗ですが、私の普段の白衣にどうかな。。。とまだしてません。。

 

で、カラートリートメント。

こちらの大島椿さんのだと、私の場合、不快感がない!!

 

市販でもっと染まる(ビックリするくらい染まるのもあります)のは、なんかかゆい。。

 

すごく染まる、ということは、それなりに添加物もいろいろ入っていたり、新成分もあるんでしょうけど、カラートリートメントでしっかり染まりすぎるというのも、普通に考えて危なくない?と思います。

 

取れにくければ取れにくいほど、よく染まれば染まるほど、トラブルが多いような気がします。

 

 

昔は、年に1~2回くらい、ヘアカラーをしたことがあり、夏に、美容院の帰りい色落ちしてジャケット汚したり、着物着る時心配で。。としましたが、かなりかゆい。。。かゆさMAX!!

私はかぶれはしませんが。。できればやりたくない。

 

何年前か忘れましたけど、夏にヘアカラーしてもらっている最中に、体中のカラータイマーが、ピコーン!ピコーン!と危険を知らしているのが、とてもよくわかりました。

やっている最中からおそろしくて、それ以来してません。

 

ヘアカラーに入っている「ジアミン」、皆さんが使っているのにほぼ全部入っていると思ってください。

 

先日から話題にしている、「接触性皮膚炎」の原因。

ダントツ1位は、「ジアミン」です。

ヘアカラーです!!

(そのうち、厚労省、規制かけないのかな~と個人的に思ってます)

 

 

私に関しては、生え際のところは、銀の光触媒のを使ったりしてなかなか調子よかったですが、これは全体にすると、ばしばしになるので(塗って乾いた直後ね)、長い髪や全体には向かない。。

 

そうしたところに、大島椿のが生産中止~?!!と困っていたら、再開です!!

良かったです~!!

 

こちらは、アマゾンと楽天ダイレクトとロハコと、契約している調剤薬局とクリニック限定発売だそうです。

 

ネットで頼むのが大変という方は、うちでも取り寄せできますので、事前にお申し付けください。

1本、税込み ¥2.670です(1円単位は、切り捨てしてます)。

 

早速、明日使ってみようと思います。

 

島田順子さんや草笛光子さんのような白髪ヘアを目指しているのですが、まだそこまでいかない中途半端なので、ちょっとまだ染めないといけないレベルなんです。

まだ先は長いのかな=。

嬉しいような、じれったいような。。

 

 

 

すっかり遅くなり申し訳ありません。

11月キャンペーンのご案内です。

 

まああまりたいして変わり映えのしない内容ですが。。

 

イオン導入は、患者さんから11月もしてほしいと言われたので、そのまま続行です。

秘かに好きな方は好き。

ちょっと困った時に、でもレーザーとか大きなことはしたくない、スキンケアは頑張っている、もうちょっとなんかしたい、という時ですかね~。

 

でも、イオン導入1回に大きな期待はされませんように。

たまに、薬の成分とドンピシャ!で細胞の相性が良く、1日でニキビが引いていったのを診たことああります。

なにかの悪循環を断ち切ってくれたのかなと。

こちらがびっくり。

 

無料だったら、されたらいいと思います。

(必ず事前にご相談ください)

 

 

育毛発毛用の化粧品も引き続きそうです。

 

最近は抜け始めてると、なかなか自力で回復してきませんからね。

育毛薄毛の場合、一時的なものでしばらくしたら、ごまかせてよかった、ということもありますが、気になってきている時点で、氷山の1角で、これを機会に、ヘアケア、と食事と栄養について見直しをしていただきたいです。

 

顔の処置されている方の日焼け止めのサンプルプレゼントですが、これからどんどん乾燥してくる季節。

日焼け止めも、今までのだと、乾燥する、という方も増えてきています。

日焼け止めだけのせいではありませんが、この機会に、ゆっくりおうちでも試してみる、同じ環境で、いろいろ試していただくのに、3種類(同じのばかりでもダメではないですが)プレゼントです。

じっくりお試しができると思います。

 

11月のキャンペーンとは別に、レーザートーニングの新しいメニューを出しました。

患者さんからずっと言われていたことですが、単回の場合の価格です。

今までのだと、1か月に2回以上来られたら、とてもお値打ち!

もうさすがに4回は、よほどの方しか許可してませんが。。

MAX4回までセットか、1回単品か、お好きなほうが選べます。

前のメニューも残してありますので、診察や処置の時に、医師とご相談ください。

 

 

 

2 / 1012345...10...Last »