プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • スクリーンショット (237)
  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719

ホーム > 2017年10月30日



すみません、今日もフェイスブックのコピペです。

 

 

うちの患者さんで専業主婦の方の割合って統計取っていないからわかりませんが、半分ってことはなく、何かお仕事されてる方のほうが多いような気もします。

おうちの事業を少し手伝っておられる方、自宅でお仕事されてる方、趣味でしてたことが少し仕事になってますという方様々です。
時間は短くても、何か社会に関わっていらっしゃいます。

本当の専業主婦の方はかなり少ないかもしれません。

本当に家事とご家族の世話とおうちのことをされている方。

家事とか家族の世話ってキリがないですよね。
終わりがないというか…。

仕事をしていると家事ができていなくても、仕事を言い訳にできますから(ホントはできたとしても)逃げ道がありますが、ホントの専業主婦だと逃げ道がないので、大変だなぁと思います。
(マジメにやれば)

専業主婦の方でも新聞も数社読まれてたり、本もたくさん読まれてたりと政治経済にもとても詳しい方もいて、お話ししてると勉強させて頂くような方もいます。
きっとおうちでご主人やご家族と、そういう話題がよく出るご家庭なんだと思います。
ご家族や新聞、本を通して社会とつながっているわけです。

ホントに何もしてません、毎日テレビ観てるだけです、ホントにヒマなんです、という方もいて、テレビもワイドショー。あとは週刊誌くらいが情報源。
一日家でボーッと横になってるだけ。
思想に老けるとかではなく、何もやる気もなく、ボーッとしていて、気付いたらもう夕方や夜で、家事も全然できていない…。

こういう方もわりといててビックリしました。

友達や近所の方とおしゃべり三昧、家事は手抜き、話題はワイドショーと週刊誌。
そういうのもどうかと思いますが、まだ人と接してますから、情報源に偏りはかなりあると思いますがまだいいです。

でもホントに一人の方もいます。
近所の方でも友達でも知り合いでも、誰かと話してたら、そこまでヒドいことにならなかったんじゃない?という方もいます。

仕事に向いていない方もいるので(職種や環境を変えれば全く何もないということはないと思いますが、探すのも大変ですよね)、全くの専業主婦というのは、これも一つの職業なので、それがいい方はされればいいと思うんですが、情報源がワイドショー(報道番組やNHKは観ない)と週刊誌だけって…。
そこまでヒマなら、本を読め~!と思います。

とりあえず何でもいいんです。
料理は毎日するわけですから料理本でも、流行りの小説でも何でもいいんです。
できればいろんなジャンルで、いろんな作家の方を読んだほうが情報が偏らなくていいんですが、手始めは何でもいいです。

それだけでも世界が広がります。
こういう世界もあるんだな~でいいんです。

ご近所付き合い、友達付き合いが苦手な方が無理する必要はないと思いますが、何かで外の世界とつながっていないと、かなり良くないと思います。

ところが、一日ボーッとして終わってしまった、という方は、もう本が読めないんですよね…。
字がたくさん並んでいるともうわけがわからないようで…。
大きな字で単純な言葉だけに反応する。
(お得とかキャンペーンとか、口コミ1位!とか、今流行ってますとか、根拠が確認できない宣伝文句)
あとは、感じのいい映像。

なので、すぐ騙される。
確かめないから。

昔は仕事していたけど続けられなくなったので(仕事できる状態じゃないから)、専業主婦になった、毎日ボーッとしてる、ドンドンヒドくなってる、やる気も起こらない…、家族の世話どころか自分の世話もままならない…。
自分の世話がやっと、ヒドい方だと自分の世話すらできない…。
なので、本なんか読めないんですよね。

こういう方を栄養解析すると、えげつない結果が出ます。
副腎疲労もヒドいことが多いです。
(副腎疲労の方皆がこうなるわけではなく、データだけで測れるものではないのですが、こういうヒドい方を検査すると、副腎疲労がほぼあったりします。
副腎疲労で今仕事をされている方は、ホントに大変で、副腎疲労が少しでも良くなれば、その方はもっと仕事ができるです。)

ホントの廃人みたいになる前に、なんとか気づいてほしいなと願います。

1 / 11