プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年8月
« 7月   9月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2016年08月17日



すみません、昨日も途中で寝てしまいました。。

トゥルスカの話になったので、ちょっと続きです。

 

少し前にトゥルスカをされた患者さんが、二の腕中心でされたんですが、ムチャクチャ効いているんですよね~。ええ、こちらがびっくりするくらい。。

しかも短期間に。

セルライトは1週間くらいでもう全然違いますし、むくみは即効性があっても、肝心の脂肪は、脂肪吸引の手術ではありませんから、いきなり1週間で消えるものではありません。脂肪が死んで、それを処理して、と時間がかかるのは当たりまえで、時間をかければ、効果が出てくるのはわかっています。

 

でも、患者さんの中に、ほんとに1~2週間で、確実に減っている方がいて、サイズ測定は、生理前かどうかでも前後で変わりますし、機械での測定ではなく、人間が測定していますから、微妙にずれたりもします。サイズ測定というのは、確認も含めてしていますが、どこまでが誤差の範囲かわからないこともあります。

それでも、患者さんが、「確実に効いている!」と言われるので、どうしてそう思うんですか?言い切れるんですか?とお聞きすると、普段着ている服が全然違うとのことで、服の中で、やったところがスイスイ泳いでいるというか、余裕ブッチギリで、ウエストの場合だと、がばがばするとか。

(おなかの場合は、内臓脂肪が多かった場合もあります。内臓脂肪の分解は、ムチャクチャ早いです。付くのも早いけど。。)

 

今回の二の腕の方は、ぴちぴちだったTシャツが、ほんとにがばがばになったそうで。

(私もそのTシャツを見ましたが、えっ?!とビックリギョーテンでした。

AC BODYやっても、1回ですごく筋肉がついたりして、この方は、スゴイ!の連続です。

(はっきり言って、たった1回でここまで筋肉がついた方を初めて見ました。女性は、ほんとに筋肉がつかないので(たんぱく質を食べていないから)、マッサージ程度になることも多いです。下手したら、筋破壊しただけ、となることもあります)

 

ちなみに言っておきますが、手前みそで恐縮ですが、トゥルスカにしてもAC BODYにしてもそうですが、機械の設定とかがいいのは言うまでもないです。

ただ、それを早く、しかもギョーテン度マックスなくらい効かせようとなると、患者さんの個体の問題もかなり大きいです。

 

どういう方がよく効くかというと、やはり断然若い方!

若い方で、お菓子ばっかり食べていなくて、ある程度、炭水化物のコントロールができている方。

炭水化物は食べているけど、血糖値の乱高下のない方はよく効きます。

(もちろん、照射する温度が設定条件を満たしている場合です)

女性で、栄養が足りている方はまずいないので(その中でも、栄養欠損の程度には差が天と地ほどあることもあるんでしょうけど)、血糖値のコントロールさえできていれば、そうすごく栄養状態が関わることはない印象です。

 

ところが、40代・50代になってくると、効果の悪い方、すぐに戻る方(戻る、という言い方は悪いのかもしれません)が出てきます。

 

この年齢でも、基本太っていない方(BMI18~22くらい)の部分痩せは、まあ大体予想通りの効果です。ちゃんと効果は出ます。効果が出る時間もモニターの方々から割り出した平均くらいです。

 

問題は、BMI18未満や、23以上、って感じです。

はっきりこれで分かれるわけではないです。あくまで、全体のぽっちゃり・痩せすぎの印象と思っていただいたらいいです。

 

まず、ぽっちゃりさんですが、脂肪は分解されるんですが、それが処理されないんですね。処理された分だけ痩せます。

処理されなかった分は、どこかに行って居ついたり(まあ、主に肝臓だと思いますが、脂肪肝の傾向が出たり)、処理されないまま、またそこで再びついてしまう。

あるいは、一旦処理されたけど、炭水化物の食べ方・摂る量などが悪いのと、今までのツケで耐糖能異常が結構ひどい方などは、そこが痩せたのをいいことに、油断して今まで以上に食べたり、(心のどこかで、またやればいいや、と思ってしまう傾向が強い)飲んだりするので、食生活が一向に改善せず(人によったらひどくなったり。。。)、結局そのせいで太って、戻ったように感じる。

(実際は、太ったほどには、そこには脂肪はついていませんが、全体の印象が部分痩せした意味がなくなっている)

 

で、痩せすぎの方ですが、痩せすぎで、40代・50代となると、もう腕脚の筋肉が全然ないです。もちろん、体幹も。脂肪もすごく少ない。

こんな方のどこに、部分痩身を希望されるほど脂肪がついているのか、というと、内臓脂肪も含めた腹部と腰・おしり~太ももにかけてのセルライトです。(おなかにセルライトらしきものがある方もいます)

セルライトならすぐに効くからいいんですが、内臓脂肪も効きますが、効く以上、年がいけばいくほど、血液検査をしないと、ヤバいかもしれません。栄養療法をするようになって、血液検査の必要性がいかに痩身に大事か、ということがわかりました。

代謝も悪いし、痩せているので、栄養欠損は、一番重篤です。下半身の色がとても悪い方も多く、血行もとても悪い。

(合併症が起きやすいです)

 

年齢に関わらず、内臓脂肪がもう一目で、えげつなく付いている方は、全員血液検査をしないと(結果も問題がないと確認しないと)、まずやりません。

ものすごく、ものすごく危ないです。

部分痩身とか、そんな呑気なことを言っている場合ではないです。

 

内臓脂肪は、そこまでではないけど、まあ、ちょっとついているという方も多いですが、筋肉がもう異化亢進でむっちゃ少ないのと、栄養欠損がひどいですから、分解した脂肪を処理できる栄養があるのかな、となります。

照射目的が、セルライトや内臓脂肪だったら、まあ、リスクはありますが、効きます。

でも、ほんとの脂肪だったら、うまく処理できるように、どうして処理できないのか、、やはり血液検査をしたほうが絶対にいいです。

40代・50代に関わらず、全ての方に、血液検査はススメてます。

されるかどうかは別として。

 

他力本願だと、お金はほんとに覚悟してください。

炭水化物の上手な取り方(制限も含めて)・扱い方は、必須です。特に、この年代は。

太りやすい原因は、ひとつだけではないんですね~。

運動不足だけでもないし、食事だけの問題でもないです(食事の割合は、とてもとても高いですが)。

足りない栄養素も一つだけではなく、たくさんの栄養が足りないせいで痩せにくくしています。

そして、どなたでも、年々痩せにくい体になっていく。。。

 

部分痩せも全身痩せも科学だからと言って、医療だけに頼るのも、お金と時間がかかりすぎ。。。

原因を見つけるためにも、血液検査は、全員にしてほしいところですが、これもお金がかかりますから、されない方も多いです。

やらずに効けばいいんですけどね。。全員がね。どの年齢でもね。。

 

 

 

昨日、トゥルスカのことまで書こうとして、あまりにも眠くて、寝ちゃいました。

 

さて、部分痩身用の機械のトゥルースカルプをいよいよ顔にあてようかと。

 

以前から、他院でもうすでに処置が始まっているのは知っていました。

実は、アゴ下用のハンドピースがない時代から(っていうか、トゥルスカを導入した時)、自分の顔にちょっと当ててみてました。

ただ、もうむっちゃ怖くて(顔用ではないです、ちなみに)、温度も目標まで上げこともなかなかせず、すぐに止めてました。

でも、なんかスッキリしたような気もして、またしばらくしたらやってみるんですが、やっぱり怖いな、と思いつつ、と温度は前よりも上げましたが、体みたいにがっつりはせず。。。というのを、たま~にやってみる、というくらい。

それでも、なんとなくいいのかな、という感じはありました。

 

トゥルースカルプの場合、温度が45℃なので、リンパドレナージュ作用があるので、それだけでもむくみが取れて、すっきりします。

また、45℃の熱源ですから、皮膚のタイトニングは期待できるのと(体ではありました)、熱による刺激でコラーゲン増生が期待できます。(これも、妊娠線が少し目立たなくなりました)

 

ただ、やっぱり顔の脂肪の厚みと体とでは全然違いますから、脂肪が減ったな、というほどではなかったです。(温度設定の問題も大きいですが)

 

起こり得る副作用は、脂肪萎縮というか、脂肪が減りすぎることが心配です。

体のトゥルスカの時に、1年以上フォローしましたが、9か月でもまだ脂肪が減った気がする、という患者さんがいてて、これが、患者さんの気のせいなのか、トゥルスカのせいなのかどうかはわかりませんが、脂肪細胞はゆっくりゆっくりと勝手に死んでいくので、こちらの意図してない量が減る可能性があります。

体は全然ありでしょうけど、顔は微妙なバランスが大事だったりするので、やりすぎはちと怖いかなと。

 

基本、トゥルスカで減ったところは、不可逆性と言いますか、太らない限り、戻りません。3キロくらい太ったところで、やる前よりもボリュームダウンです。5キロ太ると、さすがに元に戻ります。

その時は、脂肪が減っても、その後、ジワジワとリバウンドしますと(脂肪が減ったからと、油断して淡水化物ばかり食べていると)

戻ると言えば戻ります。

厳密に言えば、他よりも戻りにくいとは思いますが。

 

でも、顔の一部分だけ脂肪が少ないとなると、そこだけ戻るくらい、太るというのは、まあ無理では。。?

というか、かなり太らないといけないかも。。それでも、そこだけボリュームは少ないと思います。

 

そんな中、やっとアゴ下用が出まして、これは結構効きますね。

(ブログで、モニターの方のビフォーアフターを公開しているので、よろしければ検索してみてください)

 

で、これも、勝手に顔に当てたりしていました。

これは、45℃まで持っていきましたが、アゴ下もそうですが、ちょっとマメに照射したほうがいいんですね。

早く結果を出したい方は、アゴ下なら1週間毎とか2週間毎とか。2~4回って感じです。

 

顔もじゃあ同じようにしたら?となるかもしれませんが、実は、頬の下側、口元の横と言いますか、この部分の脂肪というのはちょっと特殊でして、アゴ下ほど簡単に効くわけではない。。。と思います。

 

自分の顔にたま~に当ててるだけですから、毎週とか2週毎とかやりたくても時間が見つからず(というか割かないから)、効果がガンガンみられているわけではないですが、忘れたころに、なんか脂肪が減っている、というのはなんとなくわかります。

(体重の変動と、頬の脂肪~アゴ下の脂肪の量は比例していない。他は比例することはあっても)

 

このアゴ下のを顔に勝手にもってくるわけですが、メーカー推奨ではありません。

(顔用のハンドピースの開発がどうなっているのか、全くわかりませんが。。)

メーカー推奨分は、全部FDA承認ですが、推奨じゃないから、FDAも知りません。もちろん、日本の厚労省なんか、未認可の機械ですから、知ったこっちゃないです。

やるドクターの責任でやるわけですが。。

 

脂肪のボリュームダウンしすぎが心配ですが、(そういう意味では、そんな頻繁にはしなくていいかと)

さっきも言いましたが、この部分の脂肪というのは、厄介ですから、そこまで効きすぎることはないかなと思っています。

でも、はっきり言って、わかりません。

 

顔のトゥルスカやってませんか?というお問い合わせは、何度かいただきました。

てきと~にやるくらいなら、モニター募集で、ちゃんとフォローしたいところです。

最後の照射から、1年間です。

診察の結果、適応のない方ももちろんいらっしゃいますので、誰でもできるわけではありませんから、ご注意ください。

 

 

 

 

 

1 / 11