プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近投稿した写真

ホーム > 2018年12月05日



#肉食美肌 #口臭 #オリーブオイル #ココナッツオイルプリング #抗菌作用 #エキストラバージンオイル

#歯周病 #歯周病菌 #老廃物 #再取り込み #胃酸で殺菌 #歯石 #デンタルチェック #歯石取り #歯磨き #歯磨き指導

オイルを口に入れて、くちゅくちゅする、オイルプリング。

されたことがありますか?

私も、たまに、思い出した時にやります。口の中が気持ち悪い時とか。

ココナッツオイル舐めることはしても、オイルプリング、忘れているので、

テレビ番組で口臭対策として、紹介されてたのを、Facebookで書きました。

 

記事の中でも書いていますが、くちゅくちゅした後のオイル、「汚い」という方、よくおられます。

Facebookでもそういう意見をいただきました。

 

医学的にみて、その「汚い」ものが口の中にあること自体、問題では?

ヒトの口の中に(ていうか、自分の口の中)、そこまで「汚い」ものなんて、ありません。

(あるんだったら、困りませんか? 自分の口の中ですよ)

実際は、「汚い」ではなく、「汚く感じる」。

生きている歯周病菌の塊は確かに「汚い」でしょうけど。

 

 

歯周病にしても、専門ではありませんが、(皮膚も腸も同じで、良い菌、悪い菌、どっちでもない菌(いざとなったら、どっちかに加勢したりする。どっちでもない、普段はおとなしい、どうでもいい菌も増えすぎると、悪さをしたりもします。人によって住んでいる菌の種類も違ったりします)、口腔内に住んでいる菌のバランスが崩れ、悪い菌が増えたり、良い菌が減ったりして、口腔内の環境が違ってしまっているわけですが、そのせいで口臭がしたりするんですが、

(口臭の原因は、口の中の問題だけではなく、胃腸の問題が絡んでくるので、口腔内解決して終わり!になる方とならない方がおられます)

菌が増えすぎて、炎症がひどいことになって、本当に感染症レベルまで行くと、これは抗生物質などで菌を殺さないといけませんが、良い菌も殺されますから、抗生物質などの殺菌剤は、皮膚でも腸でも口腔内でも乱用するものではないです。

ここぞ!という時に取っておく。

菌がいます、くらいで使ってはダメです。いるのは当たり前で、いてくれるからこそ、その部分の平和が保たれています。

 

歯石は、菌の住処にもなりやすいし、いろいろ影響が出てきますから、歯石はとらないといけないと思います。

これは確かに、「汚い」というか、不要なものだと思います。菌の住処というなら、医学的には「汚い」のでしょう。

歯石は、歯医者さんで取ってもらうしかありません。

自分でどうこうできませんし、オイルプリングで取れるものではない。

なりかけ?くらいならいけるのかもしれませんが、それだったら、先にちゃんと歯磨きしたら?という話のような気もする。。。

歯医者さんで、デンタルチェックを受けて、歯石取ってもらって、正しい歯磨き指導してもらって、ちゃんと歯を磨いて、できれば、口腔内の良い菌を増やすようなサプリ(腸にしたらビフィズス菌みたいな)を舐めていれば、それが一番安全で健康かと思います。

殺菌剤の強い歯磨き粉は、菌皆殺しですから、ダメだと思いますよ。どこも同じ。

ガム(サンスターの)くらいなら、殺し過ぎることはないですが歯周病菌の抑える、勢いを弱らす程度かと。

きっついのあるでしょう、消毒剤の入ったやつ。私も昔、歯医者さんおススメとか、卸のカタログに載っていて、使っていたことあります。

毎朝、口の中、ネバネバして余計気持ち悪かったです。。。口腔内の菌のバランス、おかしくなっていたかと。。

しかも殺菌剤(の歯磨き粉)、飲み込んでなくても口腔内から腸に落ちてますからね。腸の菌に悪いことしたわー。

(今は、石けん歯磨き粉、使ってます。緑茶エキス配合。専門じゃないから、ほんとにいいかどうかは知りませんよ。石けん歯磨きにしてから、私の人生では一番口腔内の調子は良いです。私調べ。)

 

 

ただ、悪い菌が増えてくる勢いは、普段からなんとかしたいですよね。

 

で、オイルプリングですが、私のおススメは、ココナッツオイルです。

(MCTオイルではダメだったはずです。天然のココナッツオイルでないと、ココナッツオイルの抗菌作用が出ません。精製する時に、いろんな成分、排除してますから。

MCTオイル自体の良い影響は、別にあるとは思いますが)

 

で、そのあとのオイル、気持ち悪いという方は吐きだせばいいし、そのままココナッツオイルとして飲み込んでOKです。

(何度も書きますが、オイルプリングは、歯磨き後です。)

医者でも意見が分かれることではあると思いますが、Facebookの返信に書いたものを先に、コピペしておきます。

オイルプリングしてせっかく出た老廃物を再取り込みするのが嫌だから、と書かれたものに対しての返事です。

 

以下、その返事です。

「引き出された老廃物とおっしゃいますが、この目的(オイルプリング)は抗菌などです。

粘膜の脱落したものなどを老廃物というなら、オイルプリングしなくても、絶えず、飲食や唾液と一緒に飲み込んでます。

ついでに言うなら、粘膜の脱落したもの、それ以外でも、タンパク質の成分であれば、体はアミノ酸にまで分解して再吸収しています。元がなにであろうと栄養分は摂りこみます。

口腔内にある以上、全部つながってますから、飲み込んでも同じです。

殺菌できなかったとしても飲み込んで胃酸で殺菌して便として下から出すだけの話です。再取り込みにはなりません。

胃酸で死なないのはピロリ菌くらいです。

医学的見地からではなく、感覚的に気持ち悪いと思う方は吐きだせばいいし、ココナッツオイル摂取と思う方は、そのまま飲めばいいです。

歯磨き後に行うことが条件ですが、歯磨きしてなくても、飲み込むこと自体に問題がないのは同じです。

歯磨き後にしないと、食べカスなど歯についてる汚れに隠れて潜んでいる菌に、オイルが届かないともったいないですから、やはり歯磨き後にオイルプリングはしないと、今回のような歯周病菌を減らす(という番組でしたが)目的であれば意味がない。

ビタミンCでうがいしても、オリーブ葉でうがいしても、そのまま私は飲みます。高いサプリもったいないですから。

ただの水うがいは、別に水が飲みたいわけではないので、そのまま吐き出しています。

デトックスのメインは、腸で行いますから、口腔内から下(胃)に流しこんでも、体に害をなすものは排出されます。

口腔内にあるものが飲み込んで悪さをするというのなら、消化管粘膜の脆弱化や胃酸の分泌などにかなり問題があり、その場合は、オイルプリングでどうこうできるものではないです。

消化管のアプローチが必要となります。

また、流しこんでいはいけないような有害物質が口の中にある、というのは、あり得ないというか、口の中に入った時点で病気になります。」

 

これより下記が、もともとのFacebookの記事です。

以下、そのコピペです。

 

昨日、テレビつけたら、最近よくある健康番組?やってました。

口臭対策として、寝る前に、オリーブオイルでオイルプリング(口に入れて、クチュクチュすること)をやると、口臭が減るというもの。

番組では、すごく効いてるように出てました。

オリーブオイルの油で、歯磨きでは取れにくい汚れも取れるから、歯周病になりにくいだったか、そんな解説がありました。

オリーブオイルに含まれる、ビタミンEの抗酸化力作用や血行促進も効いてるのか、その辺はわかりません。
番組では、そこまで詳しくはされてなかったので。

でも、同じするなら、ココナッツオイルのほうがオススメです。

ココナッツオイル自体に、抗菌作用があります。

オイルプリングした後のオイルは、気になる方は、吐き出したら良いし、もったいないと思う方は、そのまま飲めば良いですよ。

口の中には触れているのは同じだから、ココナッツオイル舐めてるのと、あまり変わりません。

オイルプディング自体、オリーブオイルでも、ココナッツオイルでも、害がないから良いですよね~。

どちらも必ずエキストラバージンでお願いします!

酸化した油は良くない。

1 / 11