プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近投稿した写真

ホーム > スキンケア



キャンペーンのイオン導入のことを書くのを、すっかり忘れておりました。すみません。

 

今回は、めずらしく、イオン導入のキャンペーンで、ビタミンCをやります。

何故かというと、患者さんから、一度やってほしい、やってみたい、と言われたからです。

 

ビタミンCは、美肌に必須!美白はビタミンC!と思っていらっしゃる方も多く、そういう化粧品も多いし、イオン導入と言えば、ビタミンC!というくらい、めやーですものね。

それは、確かに正しいんですが。。

 

うちでも、イオン導入のメニューにも加えていますし、ホームケア用としてのご用意もしていますが、ビタミンC大好き!絶対やりたい!!という方以外に、私からあまり勧めることはありません。

 

ビタミンCのイオン導入をやりたい、化粧品としてほしい、という方に、どうしてビタミンCがいいんですか?ビタミンCの何がいいんですか?(ビタミンCをやろうと思ったきっかけや理由ですね)とお聞きすると、美白になるから、シミが取れるから、美肌にいいって聞いたから、などなど、ご本人が今までにやってよかった、というのではなく、雑誌や化粧品会社の広告などによる刷り込み現象が大半です。

 

若い子がニキビや脂症に悩んでいて、という時は、私も勧めますが、若い時は、予算も限られていますから、イオン導入に回すお金を、他の薬やレーザー治療・ホームケア用化粧品などに回すほうが、優先順位は上かな、といつも申し上げています。

予算に余裕があれば、そりゃ足すほうがいいに決まっていますが、イオン導入の場合、1回で劇的に効く!というのは、期待してはいけません。

稀に、ドンピシャ!に、薬剤と肌の不足していた何か・悪化させていた何かと、ぴったり合って、1回で、私がびっくりするくらい良くなる方というのはいらっしゃいますから、絶対に期待するな、とは言いませんが、イオン導入は、「チリも積もれば山となる」で、積んでいかないと、効果がわかりにくいです。

いい成分を、皮膚の奥まで入れた、というだけの話です、ものすごく簡単にいうと。

 

光・レーザー治療みたいに、シミを破壊するとか、何かを刺激して、コラーゲンを出させるとか、そこまでの力はありません。

奥に入っていった成分が、肌の細胞に働きかけるのを、じ=っと待たなくてはいけません。

働いて、何かが変わるとしても、1回ではレーザーでも顕微鏡レベルのことが多いのに、「医療ではない」イオン導入で、どこまで確認できるのか?ということです。

 

イオン導入は、家庭用の機械も売っていますし、エステでもやっています。「医療」ではありませんから、資格も必要ないですし、間違ったやり方をしなければ、安全なものです。

(それでも、エステで火傷を起こすことがよくあるというので、ビックリします。

エステにも、イオン導入器を売っている業者さんから、買うかどうかの話を聞いたときに、売る際の同意書が必要と言われました。

業者側が教えていないやり方を勝手にやって、お客さんがホントに火傷して、責任をメーカー側に振ってくるので、間違ったやり方をした場合、メーカーは責任をとりません、という同意書です。

私がびっくりしていると、エステでは多いんです、とおっしゃってました。だから、同意書まで出てくる必要があるんでしょうね。。

機械が壊れていたとかなら、その場合は、家電でもそうですが、やり方・使い方の問題ではないので、メーカー側の責任も出てくる場合があるでしょうけど。

1回で普通は、効果が見えないことが多いので、わざと、流す電流の目盛をめいっぱい上げてビリビリさせて、「ほら、効いているでしょ!!」とやるパターンは非常に多いらしいです。

ビリビリ=火傷 ではありませんが、強くする場合、リスクもわかってやらないと、何でも強ければいいっていうものではありませんから。

リスクがわかってやる場合、(医療ならね)、前もって説明もしておけるし、何かあってもすぐに対処できるので、万が一の時でも、最小限で済むことが多いです。

エステや化粧品は、リスクを冒してやるものではありません。だって、そこまでの効果なんてそもそも出ないんだから。

(ホントの「効果」が出たら、逆に、ちょっとおかしいですよ。危ないですよ。

一時的にのみ変わる、というのはありますが、それは「効果」とは言いません。そんなものを「効果」と言われたら、エステのお客さんは、高いお金を払っているのに、こんなもの?!と思うでしょうし、実際、思っているでしょう。)

さて、イオン導入の成分に、話を戻します。

 

ビタミンCは、そりゃ確かにいいんですが、あまりみなさんご存知ないんですが、ビタミンCには、「皮脂を抑える」という働きがあります。

なので、脂症の方・ニキビのひどい方はいいんですが、自称脂性(実は混合肌、というか、乾燥がひどくなり、そのせいで変な脂が出てきて、悪循環にはまっている肌)だったり、乾燥肌の方が、「とにかくお肌にいいから!」と、一生懸命やればやるほど、どんどん乾燥がひどくなり、おかしなことになっていくわけです。

ビタミンCの化粧品を使う場合は、乾燥させる分、保湿成分を足してあるとか、なにかちゃんと(科学的にね)工夫されているものでないと、特に大人の肌には向きません。

また、市販で売っているビタミンC化粧品は、「高濃度」とすごく宣伝してあっても、ビタミンCは、そんな簡単には皮膚の奥に入らないので、信じて買っても、高濃度には作ってあっても、実際入っていないので、何の意味もありません。

(一部、ちゃんと入っているのもあるかもしれませんが、ちゃんと入っているのを、どうやって確認したのか、証拠を見せてもらったらいいんじゃないでしょうか。大半はそんな確認もしてないし、(できる研究室もない)、確認していても、そんな奥まで入っていません。

塗るだけで奥まで入るなら、イオン導入もいらないわけですし。)

 

ビタミンC単独で導入するなら、もうちょっと気温が上がって、皮脂が増える季節になってからのほうがいいかなと思ってましたが、患者さんからの要望もあり、今回、組合せならいいか、と思いました。

 

実際、イオン導入をしたいとおっしゃる患者さんの目的は、美白であったり、美肌であったり、アンチエイジングであったり、と欲張りな目的です。

同じやるなら、ビタミンCよりも、トラネキサム酸やプラセンタのほうが、目的によったら、優れていることが多いです。(値段も上がりますが)

なので、大人の方には、目的を聞いて、イオン導入の種類を選んでおススメしてました。

違うものを、それぞれ足してあげると、そりゃいいですが、予算のこともありますから、そこでやってみたい方に、今回キャンペーンです。

 

家庭用のイオン導入機にしろ、エステであろうと、クリニックであろうと、やり方を間違えたら、それこそ擦ってしまって、反って刺激になり、顔中肝斑になっている、という方が大勢いらっしゃいます。

クリニックでも、肝斑が悪化した方の経過を聞いていると、イオン導入で、ゴリゴリ、あるいは、ゴシゴシ擦ってされていて、いくら導入されても、擦っている刺激のほうが勝ちますから、良くなるはずがありません。

クリニックですら、それですから、一般の方がおうちで、正しく、一人で、しかもずっとやっていけるわけがない、と私は思っていますから、家庭用美顔器の類は一切おススメしていません。

とにかく、顔を極力触らないように、触らずに済ませられるなら済ます、というのが目標です。

イオン導入した成分にしても、そんな何日も持つものではありませんから、ホントは家庭用でちゃんと正しく行えば、機械自体はとてもいいものだと思いますが、これが無理なんだな~。

できる人が絶対いない!とまでは言いませんが、絶対自分は擦っていません!という方に限って、擦っていたりして、自覚がないから治らないのです。

仮に、擦らずにできたとしても、貴重な時間(お金もね)を削ってまで、やった価値がありましたか?

クリニックでやるならいざしらず、おうちで導入できる成分というのは、限られていますから、効果らしきものが出る前に、肌がおかしくなっていることのほうが圧倒的に多いです。効果が出ないから、もっともっと、とやり方もどんどん変な方向にいっちゃうことが多いのです。。

(これは、成分だけではなくて、大半はやり方の問題なんですが。ダーマスコピーで見ると、肌ボロボロ。。。悲しいですね。。)

患者さんがビタミンCを希望されても、お肌の状況によったら、お断りするかもしれません。

とりあえず、再診の方は、電話かメールでお問い合わせください。

当日追加を言われても、時間が空いていたらできますが、空いていないとできませんから、されたい方は、前もって言っておかれるほうがいいです。

ちょっと早めに来ていただいて、肌がいけるなら、追加、という形ですかね。

 

たま~に、患者さんから、「保湿の塗る量がわからない」と聞かれることがあります。

 

「塗る量」に正解はないし、その時々によって違うと思います。

ハンドクリームと同じような感覚だと思うんですけど。。。

ハンドクリームの量に悩む方は、あんまりいないと思うんですよね~。

顔も手も、同じです。

自分の体だし、同じ肌です。

手のほうが、脂分は少ないですが、たくさん塗ったら、ベタベタし過ぎて、手を使うのに気になるし、少なかったら、なんかまだ乾燥しているな~、もうちょっと足しておこう、と追加されませんか?

その日の肌の調子や、手を使う回数、過ごす環境によって違うでしょう。

よく紙を触る時(段ボールとかもね)や、よく手を洗う日、大掃除する時など、手指はガサガサになりますよね。

その場合、一度にたくさん塗っても、塊をのせておいても、なんかについて取れちゃうし、そこまでつけなくても、滑ってしまって、いろんなものがつかみにくかったり、と困る時は、少な目にする代わりに、塗る回数を増やしませんか?

顔も同じです。

まずは、保湿の話から。

ホントに合っている化粧品であれば、たくさん塗りすぎても、そんなに困ることって、あんまりないと思います。

(変な成分が入っているものは、もちろん論外です。変な成分が入っていると、たくさん塗れば塗るほど、どんどんお肌はおかしくなりますからね。)

種類にもよりますが、クリームやワセリンやオイルなど、肌の調子によったら、ニキビが出る時が、ひょっとしたらあるかもしれませんが。

 

足りないのかも。。。あるいは、足りてるのかな?って、思うんだったら、もっとたくさん塗ってみたらいいんです。

それで、困るかどうかを様子を見たらいいです。

それで、困ったことが起きたら、多すぎたんだな、とわかるわけです。

ハンドクリームと同じですね。

 

保湿の場合、例えば、朝の洗顔後、たくさん塗りすぎると、その後の日焼け止めやファンデーションが、滑ってつかない、ダマになる、よれる、ってことになりませんか?

困りますよね?

そりゃ、塗りすぎでしょ。

(保湿と、日焼け止め・ファンデが、それぞれメーカーが違って、相性が悪いということはあるでしょうけど、大半は、塗りすぎでは?)

 

昼間だったら、起きていて、乾燥しているのかどうかわかるわけですから、朝塗ったのが足りなければ、途中で塗り足してあげればいいだけです。

まさしくハンドクリームと同じです。

足りなければ足す。

それだけです。

 

夜はさすがに寝てしまうと、塗り足せませんからね。約6~7時間、足せませんよね。

所詮、何で保湿したところで、蒸発して乾燥する時は乾燥しますから、乾燥したら足すしかないんですよ。

でも、足せない。。。

だから、どのメーカーでも、夜用の化粧品は、濃いめになっていたり(油分が多いというか)するのでは?

日焼け止めもファンデも塗らないから、濃いのを塗っても、滑ることも、ヨレることもないですしね。心おきなく、濃いのが濡れますよね。(濃いのが塗りたい方はね。)

化粧品の場合、特殊なものを除いて、やっぱり油分が多いほうが、蒸発も遅いです。

水っぽければ水っぽいほど、蒸発は早いです。

なので、化粧水をいくら足しても、入る量は決まってますから、化粧水を延々塗っている方には、サッサと乳液やクリームか美容液でも、油分を足せば?と思います。

時間ももったいないし、その時間、ず~っと肌をいじっているわけですから、触る刺激のほうがよほど心配です。

 

逆に、量が少なすぎるのも、アウトですね。

顔の肌の上で、絶対に摩擦を起こさせない!

これが、塗る最低量の目安だと思います。

顔の上で、直に伸ばす場合、スルスル~っと伸びるヤツ、ピャ~っと塗れるヤツ(よくわかりませんよね。。)、とにかく顔の形が変わるほど、ホホの皮膚が動かさないと塗れないなら、顔の上で伸ばしたらいけません。

(それは、硬めの質感の化粧品なので、いわゆる「塗りやすい」化粧品ではありません。)

量が足りないと、「塗りやすい」化粧品であっても、ホホやら皮膚が動きますから、それは足りない証拠です。

もっとたっぷり塗りましょう。

それで、塗りすぎたな、と気づいたら、手の甲とか腕に、ぺたぺたつけたら、体も保湿できて一石二鳥です。

あるいは、アゴ下~首~デコルテに、伸ばすか。

(アゴ下~デコルテにしても、擦ってはいけません。無理して伸ばす必要はありません。結局、首やデコルテ、足りなくなりそう、擦りそう、というなら、さらに量を首とかに足せば済むかと思います。)

体中、擦っていいところは、どこにもありません。

 

「塗りにくい」保湿の場合はどうしたらいいか?

ホントにそれが塗りにくいかどうかは別として、「塗りにくいな、硬めかな。」と思うなら、塗る時に、皮膚が動かないと塗れないくらい、うまく塗れないなら、両方の手の平に多めにとって、両手ですり合わせます。

「すり合わせる」というと、またやり方を間違える方もいるかもしれませんから、もう少し詳しく。

手の体温で温めるように、何度か手の平同士をこすり合わせましょう。

(手のひらは、こんなのでこすり合わせたくらいでは、シミにはならないので安心してください。)

 

手のひら・指に保湿が取られますから、いつもよりも多めに、手に取ってくださいね。

 

その手の平を、顔の肌に、やさしく押しつける。皮膚の上にのせていくイメージですね。

顔を温めてあげるイメージですね。

この時は、ホントに、のせてくるだけで、ぐいぐい押したり、弾みをつけたらダメですよ。

 

真冬のとても寒い日、洗面所の化粧品も、結構冷たくなっていますから、(夏場はいいですけどね、冷たいと毛穴が一瞬、キュッとしまりますから。)、手の平で化粧品を体温になるべく近い温度にもっていけるわけですよね。

化粧品会社は、なんでもコットンで塗らせようとしますが、当院のスキンケアを受けていただいたいてる方には、「コットンで塗る」ということを一切止めてもらっています。

刺激しないように。

コットンを使わない分、メーカーの言っている量の、半分~3分の1くらいの量で、十分足りると思いますけど。

 

日焼け止めは、普段みなさんが塗っている量は、全然足りないと思ったほうがいいです。

特に、日焼け止めは、確かに、塗れば塗るほど、紫外線カット効果は強くなります。

場合によったら、朝たっぷり塗っていたら、お昼の塗り直しを省けたり、あるいは、もっと持ったり、といいことだらけです。

 

ただ、これもハンドクリームと同じで、塗りすぎたら、ファオンデ、のらないでしょ。

 

女性の肌は、とてもデリケートで、ホルモンのバランスで、脂っぽい日と、そうでない日と結構波があるでしょう。

その日過ごす環境によっても、早く蒸発しちゃうとか。

365日24時間、全部、自分で、結局は管理しないといけませんから、よ~くお肌を見て、観察してあげてたら、足りるてるのか・足りていないのか、わかると思います。

全部、うちに塗る量を聴きに来るわけにいきませんから、自分で、臨機応変に、その都度変えましょう。

 「ずっと同じ」というのは、四季のある日本では、なかなか統一することは無理でしょう。

どうぞご参考までに。

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

今年1年もまた、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

さて、キャンペーンのお知らせが遅くなり、申し訳ありません。

お待たせしました。

例年ですと、医療メニューであれこれ、福袋を、としておりました。毎年ご好評をいただいて、福袋を楽しみにされていらっしゃる方もたくさんいらっしゃったので、申し訳ありません。

医療のキャンペーンは、止めてしまいましたので。

そこで、化粧品の福袋にしました!

スキンケアバージョンやヘアケアバージョン、育毛バージョンと、各種ご用意しました。

お値段も、きっちり切ってみました!

ただし、化粧品やサプリメントの説明やテスターのご使用のまだの方は、使用後、あるいはカウンセ後のご購入になります。

場合により、お勧めしないこともありますので、ご了承ください。

 

さて、化粧品のバージョンは、洗顔もセットにしてますから、完璧バージョンです。椿オイルも付けてますから、乾燥する季節、純石けんで落ちにくくて困った時などに、クレンジングオイル代わりにお使いください。もちろん、保湿剤としても使えます。

 

ヘアケアの福袋は、椿オイルもセットにしてます。

ヘアムースやヘアトリートメントなどを使わなくても済むように、自分の髪の毛の輝きを取り戻せるように、液体状のオイルと頭頂部や髪の毛全体に、ちょっと保湿をしたいな、という時に、スプレータイプがおススメです。

(肌用のスプレーなので、近づけて出すと、ブシュッ!と多めに出てしまいますから、そお~っと押してくださいね。

慣れたら、大丈夫ですよ。

肌用なので、体や腕・脚の大きな面積を一気に保湿するのに、とても楽なので、ボディケアとしてもお勧めです。)

 

育毛の福袋は、ヘアケアで頭皮に負担を無くしておいて、ナビジョンの育毛エッセンスとサプリメントのセットです。

中からも外からも、毛根を保護し、より栄養を与えるために。

イオン導入の福袋も、2種類選んで、というのは、初めてでしたっけ?

いろいろされたい方におススメです。いろんな栄養を与えることで、相乗効果を期待しましょう!

 

1月に入っても、イベントは結構ありますよね。

2月にあるという方も、今から注射系をして、様子を見て、調節される、という方も、結構いらっしゃいます。

注射系を急いでやって、よほど慣れている方は別として、初めてで慌ててやる、というのは、私個人的には、勧めていません。

(昔、勤めていたクリニックで、翌日にお見合いだから、鼻にレディエッセだったか、ヒアルロン酸を入れてくれ、と言われて、私は、やらないことを勧めました。)

 

万が一のダウンタイムを気にされる方は、光・レーザー治療がおススメです。

うちのどの治療も、結構いいですよ。

(ただし、正しく理解しておられる方にしか処置はしません。

スキンケアを全くしない方・おかしなことを止めない方・過大に期待しすぎの方は、処置を希望されましても、お断りしております。)

光・レーザー治療は、ある程度の効果が欲しいなら、定期的に処置をしていくものです。スキンケアの医療バージョンとお考えください。

化粧品ではないので、チリも積もれば山となる、とまではいいませんが、積み重ねが大事です。

たった1回だけで、大きな効果を期待しすぎては困りますが、1回の積み重ねをしていかないと、大きな効果にはならないわけです。

なので、光・レーザー治療は、やってみたいと思った時がやりどきです。最初の1歩をどこで始めるか、ですね。

そういう意味で、イベント前とか、急に気になった時、というのが、やりどきです。

たまにしたらいいものから、ある程度毎月続けてやるものから、それは、患者さんがどこまで目指すのかで様々ですから、決まっているものではありません。

どこまでしたいのか、それなら、どれだけするのか、などは、診察・カウンセ時にご相談ください。

体は、寒い季節がまだまだ続きますから、AC BODYや、トゥルースカルプが人気です。

体が冷えている時に、無理して体を鍛えると、(特に、運動嫌いな慣れていない方が)関節を痛めかねないですし、おっくうになりがちで、一度やったらしんどくて、もう2度とやりたくなくなっちゃいませんか。

そんな時に、AC BODYは、お勧めです。

冷え症の方は、セルライトが腰~太ももにかけてつきやすい季節ですから、トゥルースカルプは超~お勧めです。部分痩せも合わせて。

今回のキャンペーンのお菓子は、オーレリーにお願いしました。

毎年1月は、お正月の営業をされた後は、ご旅行に行かれるので、1月は、オーレリーのお菓子をあきらめていたんですが、今年は行かれないそうで、ラッキー♪です!!

そこで、お願いしました。

お正月らしく、紅白のクッキーを予定されています。

でも、4日の朝に焼かれるので、4日の午前中の方は、間に合わないかも。。。。

その場合は、別のお菓子をご用意しておきますので、次回来られた時に、オーレリーのお菓子をご用意しておきますね。

 

そして、以前にもお伝えしていた、大島椿の椿油です。

うちの患者さんにどうぞ、といただいたのを、キャンペーンに使わせていただきます。

ただ、数に限りがありますので、無くなり次第、終了です。

いただいた椿油は、市販で売っている、一番メジャーなオイルです。

これは、クリニックでの取扱いはありません。

普段は、私は、アトピコスキンヘルスケアの椿オイルを使っていますが、クレンジングに使いたい時に使っちゃうと、あっ!という間になくなってしまうので、何か他にないかと、業務用のエステ用の椿オイル(カメリア種の)を仕入れたんですが、やはり、全然違います。。。

同じように、無色透明なんですが(もちろん、オイル100%なんですが)、髪の毛につけると、ベタベタして、あんまり使いたくない。。。。

まあ、肌のマッサージ用ですし、大島椿とは、値段が全然違うので、仕方ないです。

大島椿のオイルを、マッサージ用に大量に使うとしたら、エライお金がかかりますからね~。

肌のクレンジング用にします。

大島椿のオイルは、アトピコのヤツでなくても髪の毛サラサラで、いい感じ~♡

市販のヤツも、もちろん、肌のクレンジングにも保湿にも使えますから、みなさんもどうぞ使ってみてください。

 

 

 

 

 

 

タイのバンコクと京都を行ったり来ている患者さんから、今バンコクで流行っているという石けんをいただきました。

私も患者さんも、純石けんを使っていますが、話のネタにどうぞ、といただきました。

(顔・体用の石けんですが、患者さんも私も、顔に使うつもりはありません。)

 

患者さんからも、患者さん以外の方からも、お菓子をはじめ、いろいろいただきますが、それら全部をブログに載せることは、申し訳ありませんができません。

いろいろなレストランに食べに行ったのを、患者さんから、ブログにアップして!と言われながらも、なかなか載せてません。

モニターの方の写真も、撮らせていただいて、全然写真整理ができていないので、なかなかブログにも載せることができない状態です。

すみません。。。

その時、たまたま写真を取り込みした時の中に入っていた分や、ケータイでパッと適当に撮ったので載せられたとか、あるいは、お菓子や食べ物の時は、興奮して先に食べちゃって(写真を撮る前に)、気が付いたら、アチャ~、と食べた跡の残骸のような、ブログの載せられるような状態で、そうなると、写真は載せられません。すみません。。。

写真を撮る習慣が元々ないもので。。

レストランに行っても、カメラを持ち歩いていないので、わざわざ持っていくのを忘れてsまうと、ケータイで撮るしかなく、いくらお店の方に許可をいただいても、音を鳴らせてまで撮るのははばかられる時は、撮りません。

(食べることに夢中で、忘れている時もありますが。。。

基本、お皿が来たら、写真なんか撮っていずに、さっさと食べたい派なんです。)

 

患者さんは、本当にお気遣いなく!

そう思ってくださるお気持ちだけで、十分ですので。

お心遣いはありがたいですが、患者さんの肌や頭髪などが、スキンケアやヘアケアを頑張られて、どんどん良くなっていくのが、私は何より嬉しいので。

本当にお気持ちだけで十分ですから。

 

この石けんをくださった患者さんは、バンコクに1か月の半分とは言いませんが、結構頻繁にバンコクに行かれ、一度行くと、2週間近くあちらに滞在されます。

(バンコクで、大きなデモなどがあると、心配です。)

紫外線(近赤外線も)の強いバンコクで、日焼け止めや保湿などのスキンケアをとても頑張ってしていらっしゃいます。

 

さて、そのバンコクでは、皮膚科のドクターが作ったという、この石けんが今バカ売れだそうで。。

IMG_20131223_214925688.jpgIMG_20131223_21515394.jpg中身はういろうみたいで、おいしそうです。

マンゴスチンの皮が入っているですって。

美白になる、というウワサです。

バンコクでは、マネをして、似たような商品が山ほど売られているそうです。

これは、日本人用のお店で、売っている商品だそうです。

 

一緒に、もひとつ、別の種類もいただきました。

IMG_20131223_214932717.jpgIMG_20131223_215048885.jpg白カオグルアという植物の入った石けんですって。

右の写真の白いのは、果皮や果肉ではないと思うんですが。。。こういうデザインの石けんなのかな、と。

 

マンゴスチンのほうは、要は、ピーリング剤が入っています。

 

アジアの方は、ピーリング剤がホントに好きですね~。

一番人気の理由は、「美白」なんですね~。

(光・レーザー治療よりも(大体)安い、というのも、ポイントかも。)

ピーリングをすることで、溜まっている角質を剥がして、その角質の中にあったシミのカスも一緒に剥がれていきますから、ピーリングをしたら、その後、溜まっていた分、白くなります。

(溜まっているモノがあればね。)

表面の角質が剥がされて薄くなりますから、角質を作ろうとしますから、皮膚の代謝が活発になって、皮膚の生まれかわりが早くなります。

溜まっていたシミは、代謝が早くなることで、一緒に外に追い出される仕組み、というわけです。

 

こういう話を聞くと、ピーリングやりたくなるでしょ?

(ケミカルピーリングの効果は、それ以外にもいろいろあるんですが、それは、今ちょっと置いておきます。)

光・レーザー機器を置いていないクリニックは、ケミカルピーリングのこのいい面だけを言って、患者さんに勧めるわけです。

あるいは、レーザーを置いているクリニックでも、ドクター自らピーリングを患者さんにする、というクリニックは、まあ、あまりありませんから(うちは私がやりますが)、ナースに適当にさせたらいいや、と思っているクリニックも、患者さんがやりたいって言ったら、止めることもなく、そのままやったりしていることもしばしば。。。

(で、こういうクリニックは、2回目以降のケミカルピーリングの処置の時も、ドクターの診察はありません。。。

エステレベルのケミカルピーリングであれば、ドクターの診察は要らないと思いますが、クリニックレベルのものであれば、ナースだけで、どこまでちゃんとやっているのかは、疑問が残ります。

ナース教育がちゃんとやっているクリニックもあり、患者さんの肌の状態によったら、ちゃんと止めてくれることもあるでしょうが、その日のお金は欲しいから、止めたほうがいいな、と思っていても、その日ととりあえずやっちゃって、次回は止めたほうがいいですよ、と言ったりします。

結果的に、やらないほうが良かった、というのと、やる前から、やらないほうがいいのに、やってしまうのとでは、全然意味が違いますが、これは、患者さんには、わかりませんよね。

何かあったら、ちゃんとドクターを呼んでくれるようなクリニックだったら、(その日の肌の状態で、違う処置を勧めたりするようなクリニックだったら)、ナース任せでもある程度いいと思うんですが。。。)

 

どんな処置にも、いい面と悪い面があって、ケミカルピーリングで、皮膚の代謝が良くなったり、毛穴掃除をしたり、ニキビの治療に役立ったり、と、それは決して嘘ではないし、それは、ピーリングのとてもいい面なんですが、角質を剥がすことで、バリア機能が一時的に弱くなります。

肌のバリア機能である角質が薄くなることで、いろいろな刺激やダメージ(擦ること・紫外線や近赤外線・化粧品の添加物・クレンジングなどの洗剤などなど)が直撃するので、角質が元の、あるいはある程度の厚さになるまで、普段よりも敏感になっていることを心がけないといけません。

普段以上に、刺激のない生活、普段以上にスキンケアに気を配ってあげるということが必要だと私は思います。

 

特に、乾燥肌の方は、実は目では見えない小さな傷みたいなものが皮膚の表面にはあって、ピーリング剤は、たいてい酸性ですから、とても沁みたり、痛かったりします。

もうそれだけで、不快感マックスですから、精神衛生上も良くないでしょう。

ただでさえ、普段のスキンケアすらうまく行っていないのに、ピーリングをして、普段以上に気を遣ってくださいね、と言われたところで、どうしたらいいんですか?とキレたくなります。

 

ケミカルピーリングの種類や強さにもよりますが、その人がどうしたいのか、どこまで目指すのか、副作用はどこまでOKなのか、普段のスキンケアはできているのか、肌の調子はどうか、季節は?普段どんな環境にいることが多いのか、などなど、いつでも誰でもケミカルピーリングをしていいとは、私は思いません。

 

うちでは、ケミカルピーリングをやりたい、と希望して受診されても、実際、私が勧めず、他の処置をすることが多いです。

あるいは、ケミカルピーリングをするにしても、ホームケア用のもので、回数で調整してもらったり、など。

(ホームケアもいろいろですが)

 

私自身は、ケミカルピーリングは大好きで、自分にも時々やります。

最近は、あんまりしてませんけどね。それほどケミカルピーリングの必要を感じないから。

皮脂も毛穴に溜まっていないし。これだけ、寒いと、皮脂もそんなに出ないでしょ。

 

今の時期、乾燥して、肌がミイラのように固まっちゃって、代謝も落ちている方も多いので(そのせいで、ぶつぶつが出たり。それをニキビだと思って、ピーリングをして、ますますひどくなるという。。。)、まずは、保湿!です。

 

それでも、角質をちょっと剥離して代謝を良くしたいなら、レーザーで十分ですよ。

ピーリングほどめくらなくても。

例えば、ライムライトやジェネシスとか。

光が角質をちょっと飛ばしてくれます。

それで、十分です。

 

タイタンは、角質剥離作用は一切ありませんが、血行が良くなるので、それで肌の調子がいい、とおっしゃる方もいらっしゃいます。剥離したくない方にはいいのでは?

 

かかとみたいに、角質が溜まりまくっていて、ホントに鏡餅みたいに、ごわごわと硬くなっているなら、ピーリングもいいんですが、日本女性総敏感肌!と思うくらい、クレンジングや間違ったスキンケアや高機能化粧品のせいで、お肌がエライことになっている方がとても多いのに、そこでピーリングなんて、一体、なにをめくろうと言うのでしょう。。。

角質ゼロってことはないから、何かはめくれるかもしれませんが、キメはないわ、肌は余計ボロボロだわ、何をしたいんだか。。。

 

ピーリングにはまる方は、手触りが忘れられないことがあるみたいです。

たかが手触りのために、肌のバリア機能、壊し過ぎて、どうしたいの?と思います。

 

日本で、TVや雑誌の通りのスキンケアをしている方で、ピーリングをしたほうがいいくらい、角質が溜まっている方って、そうそういないですよ。

まあ、ニキビのボコボコにひどい方は、また話が変わるので、その辺は、主治医のドクターとよく相談してください。

メリット・デメリットのどっちが勝つのか?

ニキビの場合は、毛穴の詰まりを掃除してくれたり、詰まりにくい肌をもう一度再生しなおしたり(やりたくなる言い方になってますが)、殺菌効果も期待できたり、と、レーザーなどではできないメリットもあるのは事実です。

でも、美白目的の方であれば、ライムライトをはじめとした、フォト系の光治療のほうがそりゃ、有効です。

だって、直接、メラニンの茶色に働きかけるわけですから。

ピーリングみたいに、新陳代謝をどうこう、とまどろこしい話ではないのです。

(実際、いろいろ他にも効果はあるんですけどね。メラニンに直接働いて、分解するとか破壊するとか、そんなことはしてくれないわけです。)

光・レーザーだったら、そこまでバリア機能を破壊もしませんし、ジェネシスだったら、アトピーの方にもうちではやりますから(肌の調子が良くなるので)、新陳代謝を早めるだけでいいなら、十分です。

(ジェネシスでは、くすみは取れても、シミには直接働きません。フォト系とは違います。)

 

患者さんが何をどうしたいのか。

それで、おススメの処置の説明(メリット・デメリット含めて)があると思うので、その中から(複数ある場合は)ご自分に撮って一番都合のいい処置を選んだらいいと思います。

複数ない場合は、メリット・デメリットで、それで自分がいいのかどうかで、決めたらいいと思います。

「○○をしたい」と処置の名指しでは、ないわけです。

希望通りの処置が合えばいいですけどね。

とりあえず、どんな感じか(自分に合っているかどうかは、そっちのけで)やってみたい、というのも、患者さんんがいいならいいのかもしれませんが。。。

処置にったら、とりあえずやっていいものと、勧めないものもあります。

やっても、それほど害はないけど、肌がボロボロで、やっても、他の人みたいな効果はまだ出ませんよ、ということもあります。

そういう方の場合、お金を有効に使いたいなら、まずは、スキンケアを先にして、お肌の調子をもうちょっと整えてからやったほうが、有効でしょう。

そういうのも含めて、思い違いや思い込んでおられる方も、結構いますから、一旦、そういった思い込みを置いておいて、診察・カウンセを受ける、というのが一番いいと思います。

迷ったら、必ずその日にやるのではなく、納得いくまでゆっくり考える、というのが正しい選択ですよ。例え、デメリットが少なくてもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でも取り扱っている大島椿の「アトピコ」シリーズですが、これは、クリニック用化粧品ではなく、一般のドラッグストアで売っているし、大島椿のHPからも、どなたでも購入できます。

でも、なかなか売っているドラッグストアがないんですよね~。

患者さんから、売っているところがない、とよく言われたのも、取扱いを始めたきっかけでもあります。

 

先日、たまたま行ったドラッグストアで、アトピコシリーズを見たので、おおっ!と思ったんですが、あれ、デザインが違う。。。

デザイン変更の話は聞いていないし、なんで。。。?

 

と思って、大島椿のHPで確認しましたhttp://www.oshimatsubaki.co.jp/

違うんですね~。

うちで取り扱っているのは、

「アトピコスキンヘルスケア」http://www.atopico.co.jp/index.html です。

IMG_20131221_114102447.jpgIMG_20131221_114117916.jpgその中で、取り扱っている商品です。

これ以外の商品が欲しい方は、取り寄せ(他のとまとめて発注しますから時間がかかることがあります)か、ご自分でドラッグストアか大島椿から買っていただくか、です。

 

クリニック用の発注書に載っているのが、このシリーズだったので、てっきり、「アトピコ」=「アトピコスキンヘルスケア」だと思ってました。

うちで、診察・カウンセを受けられた方には、カタログやサンプル(ある時は)などお渡ししているので、おそらく間違えて買っておられる方はいらっしゃらないと思いますが、ブログを読んでご自分で実践しておられる方の中に、全然違う商品を、そのつもりで買って使って、「?」みたいになっている方がいらっしゃるようで。。。。

(初診で来られた時に、そういうことが発覚しているので、ブログを読んで診察に来られる方というのは、ごく一部ですから、もっと勘違いも多いのでは?と思っています。

例えば、純石けん(石けん素地100%)を勧めているのに、で、たまたまうちでは、牛乳石鹸の無添加シリーズの「無添加石けん」を置いているわけですが、何故か牛乳石鹸の赤箱・青箱のを買ったりとか、ネットで、「無添加石けん」と検索して、わけわからんおかしな石けんを買っていたりとか、固形石鹸ならなんでもいいと思って、たちの悪い固形石鹸を使っていたりとか。。

あるいは、クレンジングに純石けんを足すとか。。(バシバシになりますよ。。。洗いすぎを通り越します。。。)

ブログを読んで、ちゃんと実践で来ておられる方が、うちの初診の方の大半ですが、たまに、アレンジされて、その方向が違うほうに行っておられる方が。。。

どうしてなのか、私にはよくわかりませんが、カウンセに来られた時点で、それは訂正しますから、それから直していただいたらいいわけですが。。。)

私から、市販の化粧品(基礎化粧品について)を勧めることって、ほとんどありません。

だって、クリニック用のほうが、ちょっとでも添加物の刺激がマシだったりしますし、機能も優れていたりしているのに、なんでわざわざ勧めるかって、おかしな話でしょ。

(患者さんが市販の中から、選んで使っておられる化粧品で、今の肌の調子も悪くなく、シンプルなもので、質が悪くなければ、私から止めることはありません。

でも、いくら高額であろうと、ブランドであろうと、市販の高機能化粧品は一切勧めていません。

一部の高機能化粧品でおかしなものが入っていないモノも、もちろんありますから、確認ができた後は、もったいないから(捨てるのも)無くなるまで使ったら?でも次はいりませんよ(どうせ効かないから。コストパフォーマンスが悪すぎ)、と言っています。

いつも読んでいただいている方には、毎度おなじみの話の下りですが、今までのを読んでいいない方で、そこだけ切り取って、違う方向に行く方がいるようなので、また書きました。

すみません、お付き合いください。)

さて、話を戻します。

基本、私は、石けん・シャンプーなど洗うもので一番勧めているのは、石けん素地100%のモノです。

でも、アトピー・乾燥肌・敏感肌の一部の方に、夜だけ使う、たまに使う、と回数の制限をしても、化粧も落とすくらいですから、脱脂力・洗浄力が強い(そういう方からしたらね。市販のクレンジングや合成洗剤のことを思えば、可愛いものです。)ので、乾燥がきつくなったり、ピリピリしたり、と、石けんでいい、とは済まされません。

(ブログで言っているのは、あくまで一般的なスキンケアの話で、肌によって違うわけです、だから、うちでは、全ての取扱い化粧品・サプリは、診察を受けないと一切の購入はできません。

勝手に使っても、綺麗にはならないと、私は思っているので。勝手に使いたい方は、市販のものを買えばいいと思います。クリニック用の化粧品というのは、診察が必要だと私は思います。実際、メーカーのほうも、そう指導していますけどね。)

 

話を戻します。

純石けんが使えない場合、あるいは、使いにくくて、また市販の要らんものを買っちゃった!ということになってしまう場合、他の方法を考えないといけません。

他の方法で行く場合もあるし、方法がなくて(というか、勧めなくて)慣れましょう、と頑張ってもらうこともあるし。

 

シャンプーの場合、石けんシャンプーは、慣れるまでギシギシすることが多いので(専用リンスをちゃんと使えば、かなりマシなんですが、それでも今までの市販のシャンプーを使っていた方からすれば)、やっぱり、市販のに戻しちゃいました、と、悪循環に戻ることがあります。

市販のでも、悪循環にはまっていないなら、止めることはありませんが、頭皮や生え際あたりのトラブルのある方には、市販の合成シャンプーは勧めていません。

で、そういう時に、石けんシャンプーの変わりに、このアトピコのシャンプー(リンスも要りません)を勧めています。

私も使っています。それで、椿油ですね。

それでも物足りない時は、牛乳石鹸の「無添加」シリーズのヘアトリートメントです。今はあまりトリートメントも使っていませんが。

(昔は、石けんシャンプーを使ってました。)

ヘアトリートメントは、ホントに、添加物を極力減らして、というのはかなり難しいようで、石けんシャンプーを出しているメーカーは、「トリートメント剤」をほとんど作っていないんですね。

あっても、あまり、これ、ホントにトリートメント剤?とやる意味あまりないかも、というものや、使い心地が悪かったり、と使う気がなくなるものだったり。

オーガニック化粧品や低刺激用化粧品(ホントのちゃんとしたメーカーね)で、ヘアトリートメント剤を作っているところもありますが、お値段も結構良かったりします。

ヘアケア剤・基礎化粧品って、ある程度、自分にとって負担にならない値段でないと、毎日使っていけないかな、と私はおもっているので、ヘアトリートメントやシャンプーに、1本4000円もかけて、というのは、いや~、ちょっと使いづらいでしょ。。。と思います。

(負担にならない方は、使ったらいいですよ。)

その点、牛乳石鹸のこのシリーズのトリートメントは、安いので、その割に、市販トリートメントに比べたら、まだ刺激がマシかな、と、取り扱っているわけです。

(どちらにしろ、地肌にはあまりつけないようにね。毛先とか、髪の毛用ですから。)

 

このアトピコのシャンプーもそうです。

敏感肌用・低刺激用(オーガニック化粧品も含めて)にしたら、価格がお手頃なんです。

 

そして、このシリーズの最大の特徴は、医学論文で、安全性・有用性が証明されているところです。

いろんな大学病院の皮膚科で、アトピー・皮脂欠乏症などの患者さんを対象に試験をして、データーを集めて、調べているわけです。

わけわからんメーカーが、自分たちで勝手にデーターを並べ立てて、さも自分のところの化粧品がいいように見せているデーターをたまに見かけますが、よくよく見ると、データー表記がおかしかったり、よく見えるように作為的に仕組まれていたり、と、おかしなことだらけ。

医学論文になって、医学雑誌に載る、という段階で、普通に見えてもこのデーター、おかしいでしょ、というようなものは、論外というか、圏外です。

 

このシリーズは、実は、いくつも医学論文で安全性・有用性が出ているんですね。

同じ使うなら、そういうほうが、安心ではあります。

データーがなくてもいいもの、というのは、もちろんありますが、とりあえず何かを使わなくていけなくて、大勢の方がとりあえず刺激がない、と証明されている商品、というのは、取扱いもしやすいし、勧めやすいわけです。

いくつかの種類を勧めた中で、個別にどうか、というのは、次の段階の話ですから。

保湿で困っていらっしゃるなら、一般の化粧品みたいな使いやすさ・塗りこ心地はないかもしれませんが、ネットでおかしな化粧品を買って使うくらいなら、一度試してみては?

お値段もそんなに高くないし。

(うちでは、クリームやオイルローションなどの保湿は置いていませんが)

 

何を使っていいのかわからなくて。。。

という方は、非常に多いです。

たいていの方は、それでも何か使わないといけないので、手に入りやすい、デパートやドラッグストアで売っている、どこにでもよくある、メジャーなヤツを使っておられます。

たまに、それはどこで売っているんですか?と、全然知らない(たいていおかしかったりします)モノを使っていて、どうやって、そんなの探してくるのかな、と、そちらのほうがよほどの私には不思議。。。

メジャーがいい、マイナーが悪い、というわけではありませんが、

(それでいけば、アトピコもマイナーです)

マイナーでも、どうしてそんなのにひっかかるかな、と詐欺まがいのおかしなモノだったりして。。

(そこのサイトが怪しさ満点で。。。)

どうしてそこにひっかっかったのか、お聞きしますが、その経過が、それは仕方ないか、ということもありますが、ず~っと、「????」の連続もあり、「?」の方は、またそういうのにひっかかるので、私では止めようがありません。

で、こういう方には、うちでは美容医療はしません。スキンケア相談や指導ですね。

(高いお金を出しても、効かないので。お金が無駄になるから。)

とりあえず、何か買うなら、出所のわかっている、ある程度メジャーなメーカーの出している、なにかあったら、そのメーカーが電話対応などしてきちんと対応してくれそうなところのモノを買いませんか?

化粧品トラブルって、大したことなくても(命に関わらない、という意味でね)、顔ですから、結構なブルーになるでしょ。

化粧品自体に、そんな高いお金はいりません。

高いのが欲しいなら、ホントの高機能が欲しいなら、それは、クリニックでご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイシャルヨガ・顔筋体操の話の前に、ちょっとスキンケアの話です。

 

今からの季節、いよいよ冬本番です。

実は、お盆あたりから、湿度は、少し下がる時間帯が出て、季節は秋に変わってきていました。

秋からいよいよ冬で、スキンケアも、夏とは全然違います。

毎月、レーザーをあてに来られている方は、私もお肌の確認ができるので、ちょっとおかしい、という時は、スキンケアの確認をしてこうしては、とアドバイスをしてきました。

ですが、夏~10月くらいから全然来られていない方の中に、夏の時のスキンケアをず~っとされている方がチラホラいらっしゃって、お肌が乾燥で赤くなっていたり、乾燥ジワが増えたり、乾燥しているのに、保湿を追加せず、日焼け止めをガンガン塗っていたり、夏用や海用の日焼け止めを今も使っていたり、と、それはダメでしょ、ということをされていらっしゃるようです。

 

シミ治療の方には、日焼け止めを塗ることを申し上げていますし、できるくせにやらない方・やる気のない方は、シミ治療は一切お断りしています。

(合う日焼け止めが本当になかなかないとか(本当にない場合ですよ、確認したら、それはダメでしょ、というのばかり使っていて、合うのがないない、と言う方は、圏外です)、特殊な事情がある方は、条件付きで、治療をお受けしています。

塗っている場合と、効果とリスクが全然違いますからね。その辺を了承して理解いただかないと治療はお受けしません。)

シミ治療で、確かに日焼け止めはものすごく重要だと私は思いますが、その使い方の際に、①環境に合わせたモノ、②TPOに合わせたモノ、③質のいいもの、④自分に合うモノ、この4つを満たさないとダメですよ、どれか一つでも欠けていたら、塗っていても、塗らないほうがマシだったり、意味ないですよ、と申し上げています。

乾燥するものはダメ!と、散々申し上げたことを、忘れる方がチラホラ。

というか、クリニック用の日焼け止めさえ、塗っていたら、それでいい、絶対肌に優しい!と思い込んでいる方がチラホラ。。

誰にでも、いつでも合うものなんて、ありませんよ。

だから、パウダールームに、何種類も日焼け止めのテスターを置いて、実際、自分の肌に塗って、触感や乾燥具合、塗りやすさ、塗り心地などを確認してもらえるようにしているわけです。

ウォータープルーフのものから、汗に強いモノ、汗をかいたら流れるもの、など様々で、またそれぞれが、しっとり具合も全然違っていて、その方の過ごす環境によっても感じ方が違うわけです。

 

今の季節、ウォータープルーフや汗に強いモノを絶対使ってはいけない、というわけではもちろんありませんが、汗をかかなかったり、水に浸からないのであれば、ウォータープルーフまで使う必要はないわけで。。。

そんなに、それが気に入っていて、乾燥もせず、お肌に負担にもなっていないのであれば、私からわざわざ止めることまではしませんが、実際、乾燥しているのに、なぜか闇雲に使い続けるという。。。

思い込み、ってヤツでしょうか。

 

季節によって、パウダールームで、メインでおススメする日焼け止めは、うちでは変えています。

取扱い全種類並べるのは並べますから、患者さんが、自分で考えて、さっきの4つさえ満たすのであれば、何を使っても構わないわけですが、手前にあるのを買うとか、最後(あるいは最初)に説明したのを買う、(しかも他のは全然試さず)みたいな方がたまにいらっしゃるので、(また、そういう方に限って、全然試しもせずに、「おススメを買います」とおっしゃるので)、一応、今の季節は、これを買う方が多いですよ、これ(ら)が使いやすいですよ、と申し上げています。

それでも、カウンターで、まだ、「おススメはどれですか?」と聞かれるので、全部試したのかどうかお聞きして、(試していない、と言われるので)、またふりだしに戻る、みたいな、延々すごろくみたいなことをやっています。

初診の方の場合ですけれど。

 

再診の方の場合、説明は済んでいますから、患者さんから聞かれない限り、説明はしていません。(新しいモノを入れていない限り)

でも、パウダールームに並べるモノの位置は、初診の方同様、季節によって、変えています。

 

なので、ご予約時や会計の時に、この真冬に、ウォータープルーフの日焼け止めが欲しい、と言われたら、受付から、「乾燥はしていませんか?大丈夫ですか?」とお聞きしているのですが、「気に入っているし、乾燥もしていない」とおっしゃって、買われるので、その話を聞いて、「ホンマか~?!」と私は思いますから、処置中に、それをどこで使うのか、1日に何回それを塗っているのか、などなど聞きます。

そしたら、結局、乾燥しているんですよね。

(また、ご本人も乾燥の自覚はあり。)

塗りやすい日焼け止めって、とても貴重ですよね。

お気に入りのものを、なかなか止めて、新しく変える、っていうのも、ちょっと冒険だし、ストレスかもしれません。

朝一に塗る時だと、洗顔後、しっかり保湿もしてあるし、その後に塗るわけですから、それほど、乾燥はまだ感じていないことも多いです。

でも、途中から、湿度が低いので、どんどん乾燥していて、その状態で塗り直しをしても、ますます乾燥させるだけ。

そりゃ、この季節、ウィンタースポーツをするとか、南の島に旅行に行く、というなら、まだわかりますが、暖房の効いたオフィスやおうちで過ごすだけで、ウォータープルーフはいらんでしょ。

どうしても、それがムチャクチャ気に入っていてど~しても塗りたいだったら、せめて、乾燥しているんだから、塗り直しの前に、保湿を足しましょう。

20代後半を過ぎると、乾燥ジワは、そのまま、固定された、消えないシワに変わっちゃいますよ~。

 

あと、気づいていない方がチラホラいらっしゃるので、言っておきますが、ナビジョンのスキンケアプロテクトと、ビューティプロテクト、中身は全然違いますよ。

だって、名前が違うでしょ。

同じシリーズの色つき・色なし、というものであれば、「スキンケアプロテクト(肌色タイプ)」みたいな名前がつくんじゃないでしょうか。色ないほうは、クリアタイプとか。

化粧品では、よくそういうこと、あるでしょ。

全くの別ものです。

スキンケアプロテクトに色が足されただけ、と思っている方がたまにいらっしゃいます。

だって、塗り心地、全然違うでしょ。使ってみたら、すぐにわかると思うんですけどね。

ビューティプロテクトのほうが、ちょっと硬いというか、乾燥している時に塗り直しをすると、結構固まるというか、ごわつくというか、うまく塗り直しができないことも多いのでは?と私は思うのですが。。。

(患者さんの中には、うまくできてて困らない、という方も結構いらっしゃるので、その方の、肌の状態や環境によっても変わります。)

 

質のいい日焼け止めに、「色をつける」「BBクリームみたいにする」というのは、ものすごく大変らしく、この日焼け止め、当初の予定よりも、発売が大幅に遅れましたものね~。

 

ビューティプロテクトは、とても優秀にカバーしてくれますから、お化粧直しにまた使いたい、これで塗り直しをしたい、という方は、せめて、その前に保湿をしましょう。

(これ、時間が経っても、他のファンデほど、色が落ちてないと思うんですけどね。)

うまくいかない方は、処置中にご相談ください。

 

乾燥するから、と、日焼け止めに乳液を混ぜる方いらっしゃいます。

そんなことは、私は一切勧めていません。むしろ、止めてもらってます。

だって、日焼け止め、薄くなるじゃないですか。

ただでさえ、みなさんが塗っている、日焼け止めの量というのは、大体薄付きです。

足らないんです。

そこに、乳液で薄めたら、日焼け止めの意味がないです。

混ぜたいだったら、日焼け止めと混ぜるなら、日焼け止めのままですが。

(例えば、ビューティプロテクトと、スキンケアプロテクトを混ぜる。

これは、されている方、とても多いです。

パウダールームでも、ご案内しています。

カバー力は落ちますが、肌色の調整がしやすくなるし(トーンを明るくしたい場合)、塗りやすさも上がるし、保湿力も上がるので、塗り直しもしやすくなります。

(聞き流している方、いらっしゃいますが、パウダールームでは、このやり方、必ず案内していますよ。

ま、お好みですけどね。)

 

乾燥する、という方が、ファンデーションと乳液を混ぜたいのは、いくらでもされたらいいですが(その分、ファンデのカバー力はもちろん落ちますが)、日焼け止めは、ダメです。

本来の目的を下げてどうします?という話です。

 

確信がないなら、とりあえず、止めましょう。

カウンセ時にも何度も言っていますが、ホントにTVや雑誌で言われてきた美容法は、一切、忘れましょう。

どうしてもやりたかったら、それ、ホントに正しいの?と一旦考えてください。

それをする目的を。あと、メリットとデメリットですね。

どっちが勝ちますか?

メリット・デメリットは、人それぞれで、価値観が変わるでしょう。

自分にとって、メリットが勝つ!と自信を持って言えるなら、やったらいいと思いますよ。

 

考えてもわからない場合、処置されている方は、メールアドレスをお渡ししているでしょ?

そういう時こそ、使わないと。

電話でなかなか聞きにくいこと(電話でスキンケアは教えませんが)が、出てくるだろうから、メールをお渡ししているんですよ。

ただし、全然来ていない方は、お肌の状態もわからないので、一般的な話しかできません。

貴女が何をどうしたらいいのか、は、全くわかりません。

毎月かよっていらっしゃる方も、お肌の状態が変わってしまったら、診てみないとわからないことも多いですが、一般的な話になるかもしれませんが。。。

毎月通っていらっしゃったら、お肌の感じが想像できることもあります。

とりあえず、メールで聞いてみては?

予約を取って、スキンケアの再相談は、料金が発生しますが、メールはタダですから。

(すぐにお返事できるわけではないですし、それが正解かはわかりませんよ。)

お肌は毎日変わります。時間帯によっても変わるかもしれません。

自分の皮膚なんですから、過保護ではなく、愛情を持って、気を使ってあげる!

おかしなこと・いらんことは、止めてあげて、足らないモノは足す、これ、基本です。

やるのは、何度も言っていますが、

①日焼け止め ②保湿 ③いらんこと(一切の摩擦と刺激)をしない 

この3つですよ!赤ちゃんと同じように扱ってあげる!

具体的な内容は、その都度変わるでしょうけど、基本を押さえていれば、そんな難しいことではないと思うんですけどね。

どうですか?

 

 

 

 

 

最近、また顔筋体操やフェイシャルヨガが流行ってますか。。。というか、マスコミが取り上げる機会が増えましたか。。。

いつまで経っても、こういう家でしたら、若返る!みたいな、何の科学的根拠もない特集をすると、視聴率が上がったり、雑誌が売れたりするからでしょう。

そういうのを鵜呑みにする人たちにも責任があるのではないでしょうか。

 

そんなウマい話、あるわけないやんっ!とちゃんとツッコみができない方と、そういう話にすぐ乗っちゃう人と。。。

騙される方も、悪い?

いえ、そりゃ、一番悪いのは騙すほうなんですけどね。。。

でも、キリ、ないでしょ。

 

まあ、また流行っていて、初診の患者さんの中に、やっている方がいらっしゃったので、また書いておきます。

いつも読んでいただいている方には、またか、と思われるかもしれませんが、お付き合いください。

人間の顔の皮膚と筋肉というのは、体とは違って、皮膚と筋肉が一枚板のようにつながっています。

なので、筋トレをしたら、顔の筋肉は鍛えられるかもしれませんが、筋肉だけ動いてくれるわけはなく、一緒に皮膚も動くのです。

例えば、腕を動かしてください。肘を曲げても、関節のところ以外、シワは出ませんよね。

関節のところは、完全に曲がるから、オリタタミジワが出ますが、手首と肘の間なんて、シワ、出ませんよね。

体の他の場所もそうです。

関節以外は、シワ、出ませんよね。

筋肉の付き方にもよりますが、皮膚と筋肉が独立しているからです。

ふくらはぎを、キュッとと力を入れても、ふくらはぎに、シワは出ないしょ?

 

でも、顔は違います。

筋肉と皮膚がかまぼことかまぼこ板のようにピッタリくっついているので、板だけ動かす、なんて、できません。切り離さない限り。。

また、顔というのは、とても小さな筋肉から、ある程度の大きさの筋肉まで、ものすごく複雑につながっていて、ようは、引っ張り合いなんです。

(だから、「ボトックスリフト」という治療があるわけですが)

1か所動いたら、連携しているんです。

筋肉をギュッとさせたら、そこには、筋肉はギュッと縮んで、くっついている、その上の皮膚は、ギュッとシワになるわけです。

巾着の口と同じですね。

 

子供でも顔の筋肉を動かせば、シワが出ます。

目をギュッとつぶれば、シワが出るし、口角を上げれば、法令線のところに、溝ができます。

筋肉が動くから、当たり前です。

でも、子供は、シワが残りませんね。

ギュッとさせた一瞬だけです。

これは、まだ皮膚の弾力がすごくしっかりしていて、皮膚もコラーゲンなどたっぷりで、みずみずしく(ひからびた鏡モチのようではなく)、折りたたんでいる時間が短いからです。

 

お札でも、新札を折りたたんで、すぐに伸ばしたら、一見、まだ新札に見えますが、何度も何度も折りたたんでいたら、アイロンかけても、伸びないですよね、しわくちゃです。

 

ようは、どれだけ、折りたたんできたのか、というのが、非常に重要になってくるのです。

(皮膚の質も、もちろん大事は大事なのですが。)

 

皆さんの周りで、顔中で笑う方はいらっしゃいませんか?

学生の頃から、顔中で満面の笑顔の方。

その方は、目じりのシワが、ものすごく早くからなかったですか?

顔中で笑う方、よく笑う方、笑顔の多い方は、もう20歳過ぎでも、目じりにうっすらとシワが出てきます。

眉間をしかめてばかりいる方は、立てジワが早く入るし、眉毛を上げるクセの方は、おでこに、お猿さんみたなシワが早くから出てきます。

タバコを吸う方、ストローをよく使う方、口をとがらせるクセのある方は、梅干しジワが口周りにたくさん出ます。

(口をとがらせる、というのは、きっと、若い頃は可愛かったんでしょうね。。。男性の前ですると。拗ねて見せる、っていうんですか?

でも、アラフォー以上でやっていると、大人の女性として、どうかと思います。。だって、口をとがらせた瞬間、ものすご~く、深~いシワが出ていますから、ご本人は知らないんでしょうけど、あ~あ~、と思いますね。。アラフォー以上で、そういうのが似合う方と、似合わない方、どう違うんでしょうね。。めったにいませんけどね、そういう少女がするような表情をやって可愛い方って。。。

表情の豊かな、キラキラされている大人の女性で、たまに、口をとがらせる方、いらっしゃいます。そういう方は、不自然ではなく、とても魅力的なんですよね~。

たいていの方は、「媚」のような(きっと若い頃の)ものが感じ取れるので、かなり痛いです。)

前にも書きましたが、エラが張っているのを気にしている方には、ガム・スルメやおしゃぶりコンブは止めてもらっています。

アンタが筋トレしてどうする?!

(エラボトックスで、筋トレを、お金を払って、科学的に止めに行くわけです。お金かけてるのに、普段逆のことをされたら、効くわけないでしょ。早く戻るし。)

 

わかりますか?

体は、ある程度の筋トレはされたらいいですが(やりすぎは反って、ダメですよ)、顔は、全然構造が違うんです。

顔の筋トレ(顔筋体操やフェイシャルヨガ)をやればやるほど、シワクチャになるんです。

顔の筋トレをしていなくても、表情の豊かな方は、早くに、シワが出来てきます。

だって、他の人よりも、多く、折りたたんでいるんだから。

当たり前でしょ?

 

美容医療で、シワ治療として使うボトックス注射は、筋トレを止める注射です。

打ったところは、打つ量にもよりますが、全く動きません。

だから、折りたたまなくなるので、シワの予防にもなるし、シワを作らせない(動かないから)薬なんです。

(だから、打ちすぎると、場所にもよりますが、顔が全く動かない、怒っても泣いても笑っても、顔は全く一緒。眉間はしかめられないし、目じりにシワはよらないし。。。サイボーグみたい。。こういう女優さん・タレントさん、増えましたね。。。)

 

最近のわかりやすい例で言うと、女優の倍賞美津子さんです。

女優という仕事柄、絶対に、表情は豊かでないと、演じている役の気持ちが表現できませんものね。

眉毛の動き方ひとつ、口の動き方ひとつで、全ての気持ちを表現されるわけですから、他の方よりもシワが多いのは当たり前です。

倍賞さんのお顔は、ボトックス注射は、もちろんどこにもされていないでしょう。

だって、シワが寄るから。

ネット調べで、67歳となっていました。

表情豊かな67歳の方って、ボトックスしてなかったら、ああなりますよ。

皆さんの周りやお母様、お祖母様のお顔をご覧になったら、そうでしょ?

(最近は、ボトックスされている方も増えましたけどね。)

 

TVや映画の世界では、女優さんで、ボトックスを全く打っていない方、というのが少ないのか、(まあ、少ないんでしょう)、皆さん、シワは素人に比べたらありませんよね。

(だから、TVや映画の世界の女優さんに慣れちゃっているから、倍賞さんのシワがものすごく目立ってしまったわけです。)

ボトックス以外のことをされていらっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、完全にシワの形成を止められるのは、ボトックスだけです。

40歳過ぎて、どこにもシワ出ないって、変でしょう~。

まあ、シワのよりづらい方、できづらい方、というのはいらっしゃるんでしょうけど(お肌がムチムチで、とか)、表情が豊かでは無理ですよ。

無表情気味の方は、ホントにシワ、ないですね。素人でも。

(だって、筋肉使っていないから。シワが寄りませんもの。)

 

なので、40代~50代前後以上の女優さんで、シワが全く寄らなくなると、「女優業」よりも、自分の「美」(とご本人が思う)を取ったんだな、と思って、私はTV観てます。

女優、捨てたのね。。と。。

肝斑やシミ治療の方には、絶対、顔のマッサージは止めてもらっていますが、シワ治療で、タイタンやジェネシスをされる方には、マッサージももちろんですが、顔筋体操やフェイシャルヨガも止めてもらってます。

だって、効くわけ、ないでしょ。たまに、レーザーあてたって、増やしたコラーゲンごと、毎日毎日、せっせと折りたたんでおいて。。。

うちに来るまでしちゃってた分は仕方ありません。その時点から、といか、このブログを読んだ時点から、止めれば、それで貴女の未来は明るいっ!

でも、お金払って、タイタンやジェネシスをしているというのに、何度言っても止めない方は、理解されておられないので、治療はお断りしてます。効きませんからね~。

効かないことは、いたしませ=ん!

そろそろ、また、「ためしてガッテン!」で、顔ヨガ止めるように、特集してほしいな~。

むか~し、顔筋マッサージが流行った時(全盛の時)に、マッサージ止めなさい、って、特集してくれたんですが。。。

(この特集が、私が「ためしてガッテン!」を観るようになったきっかけです。

この番組で、「やるな!NHK!、さすがNHKだからかっ?!」と興奮したのを覚えています。

(NHK全部の番組がいいわけではないですよ。

NHKの情報番組みたいなので、民放のマネをして、変なホームケアの紹介とかしていることもあるそうですね。患者さんが教えてくれました。

NHKですから、紹介はしても勧めているわけではないようですが、「世の中には、こんなことをしている方がいます、こんな美容法があるらしい」というような紹介みたいですが、知らない方は、NHKで紹介するから、いいのか、と思って、やっちゃいますよね!

でも、「ためしてガッテン!」だけは、「これは、やってはいけません!逆効果ですよ!」と言ってくれるんです。(美容の特集の時ね。)

これは、プロデューサーの方の方針なんだと思いますが、ブロぐでも何度も書いていますが、TVや雑誌の美容法は、一切信用するな、と。信じていいのは、「ガッテン!」だけ、と。

(全部を観ているわけではないですけどね。少なくとも、私が観たお肌関係の時は、そうでした。)

NHKですから、ボトックス打ったり、レーザーしなさい、と勧めるわけではありません。

「ガッテン!」こそ、普段、おうちでできるホームケアのやるべきこと・やってはいけないことを教えてくれて、これこそ、おうちでお金もかけずに美容法をやりたい方は観るべきなのに。。。

インパクトにかけるんですかね。。もっと宣伝してほしいですね。

 

さて、この顔筋体操、おもしろい話があります。グフフ♡

これは、次の機会に。

お楽しみに。

 

 

 

 

みなさんお馴染みの、クリニカタナカの田中洋平先生より、エビーゼのサングラスをいただきました!

P1160215.JPGhttp://hikari-aging.com/p7.html

 

このサングラス、紫外線カットだけではなく、もちろん近赤外線をカットする優れもの!

今話題の、ブルーライトもカットしますよ!

さすが、田中先生です!

太陽から出る光が、有害な作用を及ぼすのは、皮膚だけではなく、もちろん目にも影響があります。

白内障も心配です。。。

 

アウトドアをよくする方・太陽光に曝される時間の長い方など、こういうサングラスをされたほうがいいです。

私は、普段、サングラスはあまりかける習慣がないんですが、バリに行った時に、サングラスをしたら、とても目が楽で、ついはまっちゃったことを覚えています。

(*もちろん、近赤外線はカットしないヤツでした。)

 

田中先生からのお話しを聞いて、来年、もし南の島に行くなら、いや、春や夏前に、ちょっと外で遊ぶなら、このメガネがいるな、と思っていたところだったので、超~ラッキーですっ!!

田中先生、エビーゼの柏村さん(わざわざお持ちくださいました)、ありがとうございますっ!!

 

私は、結構パソコンを触る時間も長いので、桜井クンのCMを見て、、ブルーライトのメガネは買ってもっていたほどです。

ブルーライトも気になっていたんです。

なんか目も疲れる気もするし、寝る前にブログを長時間書いていると、頭が変に冴えて寝られない時が、ごくたまにあり。。。

(大半は、書いている途中で、寝ているんですけどね。。)

前は、持ち歩いていたんですが、鞄に入れて持ち歩くと、ついつい忘れちゃって、家かクリニックに忘れてきた、とか、鞄から出すのがメンドクサイとか。。。

なので、今回いただいて、クリニックに置いておけるので、ホントにラッキーです。

サングラスは、今流行りのオシャレサングラスです。

大きなレンズで、誰でも、あれは美人度がアップしますよね。

(写真には載せていませんが、アスリート用と言いますか、スポーツの時用のもあります。)

メガネのほうは、やはりちゃんとカットするので、どうしてもレンズに薄ら色がついてしまいます。

これが、カットしている証なので、我慢、というか、こういうものだと思ってください。

(巷で、ブルーライトカット用に、透明タイプのが売っていますが、あれは、カット率がかなり下がりますから、大丈夫!とタカをくくっていると、裏切られることに。。。)

メガネの青い淵のほうは、まさに桜井クンがCMでかけている風です。
(ちょっと形違いますか?)

ブルーって、綺麗ですね~。

 

もし、うちの患者さんで、これ欲しいっ!という方は、おっしゃっていただければ、お取り寄せさせていただきます。

どうぞお問い合わせください。

 

 

 

オバジ・メディカルの日本正規代理店であるキュテラ社が、オバジ・メディカルの取扱いを中止することが発表されました。

ちょっと前に発表はあったんですが、アップするのが遅くなり、申し訳ありません。

秋のキュテラのセミナーで、ドクターオバジの講演があり、新しいシリーズ「ZO SKIN HEARTH」の立ち上げの紹介があり、また別のシリーズなのねん、と思って、結構聞き流していました。

(うちでは、オバジ・メディカルのニューダームシステム®は入れていないので、直接は関係ないや、と他人事だったわけです。)

 

ところが!

オバジ・メディカルが、カナダの製薬会社に買収だか、M&Aだかなんだったか忘れましたが、とにかく経営やら変わったらしいんです。

でも、オバジ・メディカルの商品は、相変わらず作り続けるわけで、なんら問題はないはずが、経営が新しくなってから、世界中の正規代理店に、オバジの商品が入ってこなくなり、(発注をかけても)、何故か、何か月もかかって、やっと商品が届いたと思ったら、ちょっとこれは売り物にはならないかな、というものが増えたそうで。。。

*日本の場合、正規代理店がキュテラ社なので、全ての商品は、キュテラ社がチェックして、不良品や質の劣化している商品は、全て省かれています。

ちゃんとしたものだけが、私たちクリニックは、キュテラ社から納品されています。

なので、どうぞご安心ください。

 

不良品をチェックしているだけだったら、まだ良かったみたいなんですが、ホントに商品が全然入ってこなくなったそうで。。。

これでは、クリニック、しいては患者さんに、ちゃんと責任を持って、継続して使っていただけない、ということになり、やむなく撤退だそうです。

ホントは、別の代理店を紹介して、という形にしたかったそうですが、どこも正規代理店に名を上げず。。。

 

ドクターオバジが、そもそも全部の商品をプロデュースされてるわけで、ご本人は、別のブランドを作っておられるわけで、それぞれの商品が切り替わるわけですが、ニューダームのほうは、うまく切り替わるのかな。。?全く同じかどうかは、うちで取り扱っていないので、わかりませんが、問題は、エラスティラッシュ®やエラスチダーム®、デコルタージュシステム®にクレンジダーム®関係、日焼け止めもね、まだ切り替わるのは、先。。。?みたいらしく。。

アメリカでは普通に(クリニックに行かないとダメですが)手に入るそうですが、正規代理店のところまでは、まだ発表がないらしく。。。

日付は未定だそうです・

うまくいけば、今の在庫がなくなるころに、新しいシリーズが入ってきて、無事切り替え完了!となるわけですが、絶対そうなる!とは、現時点では言えません。。

なので、オバジ・メディカルファンの方は、お早目にお問い合わせください。

(今月、オバジのキャンペーンをしてましたね。。。ハハハ。。。キャンペーンしてる場合じゃないかも。。。とりあえず、来月は、キャンペーンは止めます。今月いっぱいです。)

切り替え時に、パワーアップして、帰ってきてほしいですね。

ニューダームシステムは、かなり、パワーアップしているようですが。。。

いいか悪いのかは別として。

今度のZOシリーズは、たくさんの商品がありますから、ちょうどいいのを選ばないとね。

(ニューダームは、ホームケア商品ですものね。無くなったら、困る方も多いと思います。

ちゃんとしたクリニックは、対策を考えておられると思いますよ。きっと。多分。。。)

ついでに、ちなみにですが、このブログを読んでおられる方の中には、いらっしゃらないと思いますが、よく、クリニック限定化粧品などを、ネットで売っていることがあって、オバジ・メディカルの商品に関しても、おかしなサイトで売っていることがあります。

なんでもそうですが、正規代理店を通さずに、なんで買える?っていう話で、いくら個人輸入っていっても、よくそんなよくわからない業者を信じますね!って話です。

まして、自分の顔に塗るものなのに。。

効かない、で終わればラッキーですが、もしただれたり、おかしくなったらどうするんでしょう。

はっきり言って、こういうあやしい個人輸入のサイトや、正規ルート以外で売っている商品て、偽物か品質劣化しているか、どっちかでしょう。

全部がウソだと、すぐにばれて大変だから、ちょっとだけ本物が混ざっている、あるいは、似せてあるものがあるのかもしれませんが、売る方も悪いけど、買うほうも悪いと思います。

そういうサイトって、「個人の責任です」って、書いてあるんじゃないですか。

偽物でも、文句言うな、ってことですよ。

だって、原価割れしてたりしますから。。。。正規ルートでもないのに、なんで、もとより安いねんって。。。

あと、顔や肌に塗るもので、品質劣化しているものって、結構怖いと思うんですけどね。

自分の顔なのにね。

世界規模レベルで、正規ルートで全然手に入らないのに、あやしいルートで、なんで手に入る?って、普通に考えたら、おかしいでしょう。

あんな、エラスティラッシュ®なんて、目の際に塗るのに、失明とかしたらどうすんでしょうね。

(もちろん、本物に、そんな副作用は全くありません。)

「クリニック用化粧品」なのに、受診もせず、診察も受けずに、買えるって、どうしておかしいって思わないんですかね。

ドクターが直接肌を診て、その人にまず合うかどうか、使い方も説明などなど(効果も含めて)、もちろん欠点や副作用なども、説明するから、クリニック限定コスメなんです。

誰でもネットで買えたら、おかしいでしょう。(これに疑問を持たない方は、かなりやばいですよ。)

おかしんですよ。ホントに。

そういう自分にとって、一見都合のいいことばかりに、気を取られていると、詐欺に遭うのは時間の問題ですよ。ちょっとなんでも考え直したほうがいいですよ。

世の中、悪い人って、山ほどいますからね~。いいカモですよ~。

キュテラが前もって、仕入れていた分で、うちが頼んでいる種類くらいは、まだ当分大丈夫、という話を聞きましたが、今後の動向がはっきりしているわけでもなく、もちろんキュテラの在庫がなくなれば、一旦終了です。ZOシリーズで出てくるのを待つのみ、となります。

オバジ独自の浸透圧処方と言いますか、やっぱりオバジ商品て、独特ですからね、他に似たような商品があれば、いいんですが。。同じコンセプトって、ドクターオバジしか無理ですよね。

全てのシリーズに、さっさと日本向け用を作ってほしいものです。

今後、在庫が少なくなる可能性はありますが、今月のキャンペーンは、変更なしですので、どうぞご安心を。

(来月は、ホントにやりませんけど。)

 

 

 

うちのHPの「よくあるご相談」というところに、「費用が高額にならないか心配です」という欄があると思います。

月々のご予算に合わせて、治療のご提案をさせていただく、と書いてあるところです。

ただし、予算によっては、ご提供できる治療がない場合もございます、と書いてますよね。

 

まあ、どこまでの話か、となるわけですが、ブログをちゃんと読んでいらっしゃる方なら、ご存知なことですが、シミにしろ、シワにしろ、タルミにしろ、まず一番大事なことは、おうちで365日行うスキンケアで、一番お金をかけないコツは、あと、効果を最大限長引かせるコツ(老化を遅くするコツ)は、正しいスキンケア(いらんことはしないで、必要なことはやる)をどれだけやるか、です。

なので、お金がないのに、無理やり生活費を切り詰めて、美容医療をやる前に、ブログを読んでスキンケアを専念されてください。

本を買わなくても、ブログを読むだけなら、お金は電気代くらいでしょ?

読むのに時間はいりますが、ブログ内を、「日焼け止め」「保湿」「こすらない」「刺激」「摩擦」「クレンジング」「おススメしない化粧品」などなどで検索をかければ、効率よく読めると思います。

お金をかけないなら、それくらいの時間をかけるのは仕方ないでしょ。

 

で、私の言うところのスキンケアもできている言う方、それ以上の美肌・美白・若返りを求めるなら、美容医療しかありません。

せめてクリニック用の化粧品か医薬品・医薬部外品か。

 

(お金のある方は、同時進行されます。

それは、人それぞれです。

診察・カウンセを受けて、お肌ボロボロで、スキンケアももちろんボロボロで、ちゃんとできるようになってからしたら?と言っても、今日からやるから、と(時間が空いていて)当日からされる方はいらっしゃいます。

患者さんさえ、それでいいなら、治療はお受けします。

(肌状態によったら、許可しないこともありますけどね。あと、今日からやる、と言われても、あまりに、理解が悪すぎて、絶対にわかっていないから(あるいは、分かり合えないから)、お金はいただかない(処置はやらない)時はあります。

こういう方は、所詮、他力本願なので、わかってる、わかってる、というだけで、結局、全然できてないのに、処置をして、また注意しても、反省したようなフリだけして、また処置の予約を取って、予約を取った以上は、ちゃんとやっていたのか、と思ったら、全然できてなくて。。。の繰り返しになるので、最近は、こういう方は、もう早めに、処置はお断りして、スキンケアに専念するように言っています。

お金も時間も無駄でしょ?)

で、スキンケアができる・できてる、として、シワ・タルミ系のコラーゲンが減っていくこと(だけではありませんが)による凹凸(化粧で隠せないモノ)の治療がしたいのか、シミや赤みの色系・色ムラ(化粧でちょっと隠せるモノ)の治療がしないのか、それによって、予算は全然変わってきます。

(どこまでしたいのか、は、今、ちょっと置いておきます。)

 

よく金額のことを言われるのは、シミ(肝斑も含めて)の相談に来られる方です。

 

HPやブログにも書いていますが、何をするにしても、「○○回でシミが取れますよ」「○回で満足されますよ」ということは、うちではほとんど言いません。

そんなもの、わからないからです。

散々書いていますが、シミの濃さも肌質も人によって、それぞれ違いますし、今までどれだけ紫外線を浴びてきたのか(日焼け止めのケアをどれだけやっていないか)、これからどれだけ頑張るのか、薬や光の相性がありますから、平均も出せないし、目安なんて、ありません。

 

よく他院で、「3回で取れます」「5回が目安」とか、適当に書いてるのもありますが、そうカウンセで言われたところで、その方がその回数でシミが取れる保障なんて、あるはずないんです。

(しかも、スキンケアどころか日焼け止めの話もされていないのに)

ま、そういうクリニックに行って、3回コースなり、5回コースなり、(おそらく、そこの買ってほしいコースの回数分)勧められて、初回からコースを買って、最初の1~2回は、ちょっとマシになのかな?という程度が出れば、まだいいほうで、3回やろうが、5回やろうが、カウンセで言われたような効果は全然出なくて、もうコースも終わりだというのに、ちっとも変っていない、コースの最後に、「シミ、取れてませんけど」と言ったら、ナースとドクター・カウンセラーで、口裏を合わせたように、「普通だったら、取れているんですけど、貴女は、効きが悪いみたいだから、もう1コースいるみたいですね。」とハンを押したように言われる。。。

よくあるパターンです。

 

あるいは、いきなり、Qスイッチレーザーをされて、1~2か月は良くなったと思っていたら、そのあとから、余計に黒くなった。半年たっても、全然消えない、むしろ、前よりも黒くなっている。。。

(で、もちろん、そういう説明は、一切されていない。。。)

濃くなった、と言いに行ったら、そのうち消えるから、と相手にされない。

(説明を受けた上なら、ちゃんと日焼け止めと美白剤を塗って、待つしかありませんけどね。ちゃんとしたところは、そういう説明もされますよ。)

 

神様じゃないんですからね、何回で取れるのか、なんて、わかるはずがないんですよ。

スキンケアからしてボロボロなのに、いきなり、そんな人がちゃんとしたスキンケアをやれるのか、また持続できるのか、もわからないのに、言えるはずもないし、せめてやってから聞けば?と思います。

(聞かれても、わかりません、としか答えません。だって、わからないから。)

 

シミなんて、毎日増えているんです。

これは、絶対に止められません。地下室でずっと暮らすなら別ですけど。

新しくできるのが止められないんだから、今どれだけのシミが溜まっているのかなんて、見えません。

増え続ける中で、無くそうとするわけですから、そりゃ、患者さんも頑張らないと。

手術じゃないんだから、他力本願は無理です。

そういう気持ちでいるから、悪徳クリニックのいいカモにされるんです。

たまたま、悪化もなく、良くなることも、ロシアンルーレットみたいなもんですから、実際あるでしょうが、そんな確率でいいんですか?

(ロシアンルーレットを例えに出しましたが、5分の1とかの確率じゃないですよ。不確か、ということが言いたいわけです。宝くじの確率かもしれないし、たまたま良かっただけ、って、ものすごいラッキー♪なわけで、よく自分の顔で、そんな賭けをするな、といつも感心します。)

お金、ないんでしょ?  無駄な使い方は止めませんか?

1回何万円もする治療を、うまい言葉だけを信じてやったら、困るのは貴女ですよ。

貴重であれば、あるほど、ちゃんと考えて選ばないと。

(考えてもわからないから、お任せします、という方。

こういう方の場合は、お金がないと無理です。もう「おまかせ」になるわけですから。

また、そういう場合は、クリニック・ドクター選びを間違うと、大金を巻き上げられて、良くなったらいいですが、悪くなったら、目も当てられません。

あと、そういう場合でも、わからないならわからないなりでも、ドクターの指示には素直に従わないと、1億円出したって、効きませんよ。

手術とレーザー治療は、やっていることが全く違うのです。

実際、1億出したら、全く効かないわけではないでしょうが、1億の価値はありません。

もちろん、1億出しても、悪化する可能性も大です。)

シミの治療なんて、死ぬまでシミは増え続けるんですから、どこまで薄くしたのか、どこを目指すのか、どこで維持したいのか、みなさん、人それぞれ目標地点は違うわけです。

同じ肝斑セットでも、1回で気が済む方も要れば、途中で休みながら、何年も続けている方もいらっしゃいますし、ひと段落したら、とりあえず、今度は違う治療をやりたい、と言って、変える方もいらっしゃいます。

回数が少ないのが満足しているわけでもなく、回数の多いのが効いていないからずっとされているわけではありません。

途中であきらめて、早々に止める方もいれば、満足して、違う治療に早々変える方もいれば、気に入っているから、ずっとやっている方・メンテナンスとしてされている方もいらっしゃるわけです。

それぞれの満足度が違うのに、何度説明しても、「平均」「目安」を教えろ、教えろ、という方がいらっしゃって、(そういう方が来られたのは、ホントに久しぶりですが)、そういう方は、うちに来ても無駄ですよ。治療はしません。根本的な考え方が違いすぎるので、治療してもうまくいきませんし、考え方の違う方には治療はやりません。

目指しているところが違うから。

なので、「平均」も「目安」も出せないんです。

個々の条件が違うのに、「平均値」を出しても、そんなものは、統計学上、意味のないことです。

「平均」を出すのに、「各条件を揃える」というのは最低限度の当たり前です。

条件も揃えずに出したところで、学会とか、専門のドクターばかり集まっていて、そういうこともみんなわかった上で、出しているなら、それはそれでありかもしれませんが、シミ・シワ・タルミなんて、終わりはありませんからね、そんなものを出すドクターもあまり見ません。

出したって、だから?条件違うのに?何?って感じで、スルーされるか、ツッコまれて終わりです。

「素人だから、わからない」「知らない」と言われる方がたまにいらっしゃいますが、「人によて、肌質もシミの濃さも何でも全部違うでしょう?」という説明もした上で、「平均なんて出せないんですよ」と言っているわけですから、それでもまだ理解できない方は、私は、やっぱり美容医療はやったらダメだと思います。

お金、無駄ですから。

大半の方が理解して、納得する方は治療をやって、納得していない方は、とりあえず治療を止める・もう一度よく考える、というのが、正しい、というか当たり前だと思います。

とにかくその気にさせて、お金だけ取って、形だけレーザーあてる、なんて、最低だと思いませんか?

(いつも読んでいる方は、聞き飽きたましたよね。。スミマセン。

初めて読む方のために、書いていますので、ご辛抱ください。)

 

ごくたまに、「予算を相談したい」という方がいらっしゃいます。

これは、お電話の段階で、受付にそうおっしゃれば、それはどういう意味か聞かれます。

たいていは、こういう方には、今私が書いたようなことを受付が言って、それでいいか(回数の約束はしないし、どこまで目指すのかは人それぞれだから、治療方法によっても全く変わるし、治療方法は診察しないと一切わかりません、などなど)とお伝えしています。

この意味のわからない方は、予約は取りません。

それでも取りたい、と言われたら(多分わかっていないと思うので、ブログやHPをもう一度ちゃんと読んでください、と言ってもらってます。

(それで受診しても、うちの治療方針が理解できない方には、どうせ治療はやりませんから、来るだけ時間とお金の無駄ですよ。なんでもやるわけではないので、絶対やりたい!という方は、他院に行ってください。)

その意味が電話口でもちゃんとわかって理解されて、それで構いません、とか、とりあえず診察だけ、という方はご予約をお取りしています。

でも、シミの治療でも、肝斑があったり、肝斑の可能性があると、スキンケアのみか、肝斑セット(1回¥31.500 基本月1回。薬が1か月分しか出しませんから)になるわけで、肝斑が落ち着かないとピンポイントのシミの治療はやりません。

そういったこともHPに書いてありますし、受付からも予約時に必ず言っています。

 

この予約時に、受付には、「わかりました」と言っておいて、診察時に私に予算を相談される方がごくまれにいらっしゃいます。

(で、そういう人に限って、自分は肝斑じゃないと思い込んでいるから、HPも見ないし、見ても、真剣に、というか、他人事で自分は関係ないと思っているから、ピンポイントの治療をやって、取れた自分しか想像していません。

また、こういう人の大半が顔中ひどい肝斑だったりするわけです。肌もボロボロで。。。

まあ、そりゃ、無理でしょう~。

ここで、そこまで予約時に言われるんだから、ひょっとしたら、私もそうかもしれない、とちょっとでも気づかれて、もう一度HPやブログなどを読み返されたら、受診しなかったかもしれないし、別の方法があったかもしれないのにね。ホントに、これこそ無駄です。そういうことはしたくない方が、来なくても済むように、わざわざ予約時に伝えているんですけどね。)

 

また、その相談の内容が、

「予算はそんなにかけられないから、肝斑セット2~3回で、ピンポイント治療をして、シミを取ってくれませんか?」

という代物です。。。。

(こういう方は、うちでの美容医療はお断りしました。肌もボロボロなので、まずスキンケアをちゃんとやってから、ですが、こういう考え方を改めない限り、悪徳クリニックの餌食になるだけだし、ちゃんとしたクリニックだとしても、そんな安い金額でできる保証もできるわけもありませんから、現状では、美容医療は向いていません、近づくべきではないとお伝えしました。

(うちみたいに、スキンケアもできていない・予算も限られていると言っている方に、断るところって、少ないですからね。騙してでも、なんかさせて、お金使わせるところが圧倒的に多いですから、近づいたら、その辺は覚悟しないと。

こういうクリニックは、いいことだけ言ったり、根拠もないのに言い切ったりしますからね。「5回で取れます」とか。

まあ、その方の人生ですから、私のアドバイスを聞くも聞かないも、好きにされたらいいことなので。)

 

魔法みたいに簡単に、しかも安く!なんて、思っているから、おかしな道に入っていくんですよー。

そんなうまい話、あるわけないでしょ~。

エビの養殖や投資詐欺に引っかかりますよ~。

 

まあ、仮にですが(あくまで仮ですよ)、例えばそのシミを取るのに、10回かかったとしましょう。

10回かかる必要があるものを、2~3回でできるんだったら、10回、そもそもいるのか?って話ですよね?

それだったら、最初から、「2~3回」と言えるのを、儲けたいから、「10回かかる」と言っている詐欺と同じ悪徳商法じゃないですか。

2~3回で取れた人がいたからって、その方がそうなる保証は何ひとつないわけで、その話を聞いて、「私も2~3回でできるかもしれない、いや、できる!」と勝手に妄想が突っ走るわけです。

それで、3回やって取れなかったら?

(その方は、「取れなかったら、3回した分、全くの無駄ですか?」と聞かれました。

もうこういう質問をされること自体、うちのクリニックには向いていないんですが。。。

ちゃんとHPとブログ読んでから来たほうが、時間とお金の節約になっていいと思うんですけどね。

こういう方は、読んだところで、関係ないと思っておられるから、読め、読め、と読ましたところで、結局、無駄なわけです。。。こういう無駄な例は、全例ですね。これこそ開業してからのデーターとして。参考までに。

 

何をもって3回が無駄だった、と判断するのか?

 

「3回でシミが(多少薄くなったとしても)完全に取れていなければ、無駄なのか」

(ALL or NOTHING という考え方ですね)

「3回で、ピンポイント治療に入れなったから無駄なのか」

こういう人は、うちでは治療しません。

メンテナンス、って言っているんだから。

しつこいようですが。。。他院に行ってください。

(そこで、ちゃんとしてくれるか、なんて、私は責任持ちません。そこのドクターに聞いてください。で、そこで責任持ってもらってくださいね。「絶対」なんて、あり得ないんですから。)

 

同じ3回やったとしても、スキンケアは頑張って続けていて、お肌はツルツルでピカピカしてきたし、変な赤みもだいぶ消えて、シミはあるけど、変な色むらは消えて、という状態になったから、シミは取れなかったけど、予算の都合で一旦お休みします、でもスキンケアが頑張るから(結構維持ができます)、またお金を貯めて、続きをやりに来ます!という方と、根本的な姿勢が違うわけです。

3回しかできる予算がないのは、患者さんの自由です。

病気じゃありませんから、私から、何回やりなさい、と強制することはありません。

気になるなら、続けてください、となるだけです。

できる予算で、いけるところまで行く、やらない間は、スキンケアを一層頑張る!というのが、うちのやり方です。

大人の女性なんですから、自分の無理のない範囲で、バランスよく、美容医療を選ぶ、というのは、自分である程度できないと、お金いくらあっても、キリがないですよ。

自由になるお金の金額は、人によって違うわけですから。

 

予算がないと言えば、少ない回数でシミを取ってくれるなら、誰も高いお金払わないでしょ?

予算の相談って、内容の、もう次元が違うでしょう~。

それって、別の言い方で、わかりやすく言うと、10万で売っているものを、2~3万にまけて、っていうのと同じでしょうか?そういうこと?私には、理解できないので、よくわかりません。。。

ちなみに、予算があろうがなかろうが、定価から「まける」ということはやりません。

院長であるドクターに相談したら、まけてもらえると思っているのか、その辺はよくわかりません。

 

シミの治療に関わらず、美容皮膚科でやることは、大抵がメンテナンスです。

(メンテ、と散々HPにも書いたつもりなんですが。。。まだ足りませんかね。。。

こういう方は、ものすご~く久しぶりだったので、かなりギョーテン!しました。

まだ、こういう人が、うちに¥10.500(スキンケア相談の予約だったので)払ってくるんだ、と心底ビックリ!しました。

金額を気にされる方は、普通、相談料を聞いて予約を取られません、か、考えられます。だから、そもそも来ません。)

 

ご本人が気になるなら、お金をかけて、メンテするしかありません。

どこで妥協するか、なんです。

お金さえ出せば、そりゃいろいろできますが、それ、今後も定期的にやるわけですから、長い目で見れば、お金は絶対かかります。(老化は進む一方ですから)

 

本当の「予算の相談」という内容の話をしましょう。

 

例えば、シミにしろ、シワ・タルミにしろ、毎月のメンテとしてかけられる金額が、1万円以内としましょう。

そしたら、スキンケアしかありません。

なにが気になっているかで、クリニック専用化粧品や医薬品をどこまで使うのかで、金額も変わりますから、予算の中で、優先順位で化粧品を選ぶしかありません。

毎月3000円以内、という方は、うちでは、買える日焼け止めと買えない日焼け止めが出てきます。

保湿は買えません。

ブログでもしょっちゅう書いていますが、保湿はまあいいとして、日焼け止めの質の悪いものなら、ホントに塗らないほうがマシですから、たかが3000~4000円くらいの日焼け止めをケチる方(ケチって、安物の質の悪いものを使う方)は、シミ(特に肝斑)治療はやってはいけません。

(肝斑セット1回で、ちゃんとした日焼け止めが約10本買えます。)

その安物の化粧品が肌に炎症を起こして、肝斑を悪化させるからです。

化粧品で炎症を起こしているところに、トーニングなんかしたら、余計におかしくなりますよ。(ちゃんとしたところは、そんな肌にいきなりトーニングなんて、やりませんけどね。)

月々の予算が3000~5000円とか、1万円いかないなら、ブログを読んで、スキンケアに励んでください。それが一番害がなくて、低予算でできる最大限の美肌治療です。

(治療とは言わないか。)

 

予算が、月1万~2万、となると、何が気になっているか、ですが、肝斑の方は、肝斑セットもできません。

¥21.000まで出せるなら、ジェネシスができますが、日焼け止めなどが買えません。

何をするにしても、スキンケアにかけるお金は要るわけなので、日焼け止め代は別、という方はいいんですけど。

込みなら、「美容医療」は、ちょっと厳しいかな。クリニック用化粧品や医薬品で、いけたらいいですけどね。。。。いけるならね。。。

シミではなく、シワ・タルミなら、毎月その予算をかける代わりに、ちょっと貯めておいて、たまにタイタンやジェネシスをするとか、毎月じゃなくて、まとめて続けてやるとか、注射系をするとか、ですかね。

(もちろん、スキンケアは、毎日です。)

 

月3万くらいなら、肝斑の方は肝斑セットができますが、日焼け止め代は別です。

シワの方は、選択肢はかなり広がりますが(かなり、でもないか)、タルミ系は3万では無理なので、貯金して貯まってから何かする、という方法です。

 

月々にそれ以上出せる方は、みなさんご自分のペースでされていらっしゃいますから、おかしな相談はしてこられません。いわゆる普通の相談です。

 

迷われる時もありますが、予算が5万でも10万でも、限られているなら、「気になる順番でやる」というのが正解です。

だって、お金を出すのは、患者さんですからね。私ではありません。

(あまりにも、現状がひどくて、その治療は向いていない、という場合は、私から止めたり、別のを勧めますけど。)

いっぱいやりたいこと・気になることがあったとしても、実はみなさんの中で、順位というのは決まっていて、背中を押してほしいだけなんです。

その順位と違う順で、私が勧めたとしても、「う~ん。。。」と考えてされないか、しばらくしたら、やっぱり、こっちからやりたい、戻したい、と言ってこられます。

(医学的に向いていないと判断した時は、ストップをかけます。)

お金のある方は、いいんですけどね、ないなら、せめて、無料で読めるブログを読んでください。

お金をかけずに、美肌になる方法がたくさん載っているでしょう。

それをすぐにやりましょう。

それをやらない方は、遠方から来ようが、何回カウンセを聞こうが、お金を払って処置をしようが、同じです。

面と向かって、肌を診て言われても、結局、スキンケアをおろそかにするので、効くわけありません。

今までの「無駄」だと思って、美容医療を断った方(スキンケアをまずやるように勧めた方)全員が、ブログを読んだにも関わらず、私の言っているスキンケアを実践されなかった方・自己流のおかしなアレンジを加える方(合っていればいいんですけどね。。。)、あるいは、理解できなくて(?)、やらなかった方、です。

100%です。

(厳密に言えば、100%じゃないのかもしれませんが、あてはまらない患者さんが、全然思い出せません。。。そういう方がいれば、目立つので、覚えてるはずなんですが。。。)

その場で注意して、そのひとつを治したとしても、また違うおかしなことされます。

根本的に理解していないので、結局、自分で何が正しくて、何がおかしいのか、選べないわけです。

強く言われたから、それに従っただけ、みたいな。

なので、TVや雑誌、あるいは、化粧品のカウンターやネットで、言い切ってあったりすると、またそれをフラフラ買ったり、やったりします。

ブログが理解できない方・賛同できない方、賛同しててもやらない方(やっていない方)は、うちに来ても無駄ですよ。

同じ話しかしません。そういう人には、絶対治療はしませんから。

以前は、その場で、やります、わかりました、と言われたら、治療をお受けしてましたが、結局、それこそ「無駄」だということがよくわかりました。お金は大事ですからね。

よくそれだけ、おかしなことが思いつくな、と感心しちゃうほどです。

毎回毎回、違うおかしなことが出てきて、予想を超えてます。。。

今頃、なんで、そんなこと。。。的なこともオンパレードです。

(処置予約を取って、処置を2~3回してても、注意する方はいらっしゃいます。

こういう方は、基本はできているので、チョコチョコ注意するだけで、ちゃんとお肌がゆっくりではありますが、キレイにはなっていくのです。)

 

ブログを知らなかった方(あるいは、予約を取ったのが、知った当日や前日とか)は、実践できないのは仕方ないですが、理解できていないと判断したら、治療はお受けしません。スキンケアからやってください。

理解できていないまま、処置をしても、それこそお金も時間も無駄ですから、(うちは儲かっていいのかもしれませんが、私の目指す「キレイになる美容医療」ではないので。)、早々に断ることにしました。

「やっても無駄ですよ」と言って、「ハイ」と返事されるので、わかったのかと思ったら、またできてもいないのに処置の予約を取るので、そういう方は、完全に止めることにしました。

ちゃんとスキンケアが出来たら、再開しますが、こういう人に限って、スキンケアはやらないので、再開は、ほとんどありません。