プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近投稿した写真

ホーム > スキンケア



おかしな化粧品を使う方、多いですね~。

よくもこう、後から後から出てきますね、おかしな化粧品が。日本経済は活性化している証拠でしょうか。。

前にも、「おススメしない化粧品シリーズ」をブログに載せたことがありますが、定期的に、こういうテーマは書き続けないといけませんかね。。

ふう~。。。

どうにかできませんかね。。

とりあえず、ネットで、「敏感肌」「ドクターズコスメ」「オーガニック」「無添加」「アトピー用」などの単語で、化粧品を探すのは止めましょうよ。

もちろん、「美白」「アンチエジング」「シミ」「シワ」「タルミ」「ハリ」「毛穴」「ニキビ」などなどもそうです。

化粧品に過大な期待をするのを、まず止めましょう。

過大な期待はしていなくて、刺激のないお肌に優しいモノを使いたいだけなのに。。。

その気持ちよくわかります。私もそうです。

ただ、みなさんのその気持ち、悪徳業者にいいように使われています。

そういう単語で検索をかける方が多いので、そういう単語でヒットするように、お金さえ積めば、いくらでも可能です。

検索で1位にすることもお金さえあればできるんです。

検索順から見ていくことは悪いことではありませんが、ネットの情報をなんでも鵜呑みにするのは止めましょう。

今は、化粧品は、すごい極端な時代に突入していて、さっきも挙げた、「アンチエイジング」をはじめとした、なんかわけわからん成分が(いい成分はほとんど入っていないくせに)ガンガン入っている(というか、そういうふうに宣伝している)「攻めの化粧品」と、無添加のナチュラルなイメージの、赤ちゃんでも使えますよ~、という感じを漂わせている「守りの化粧品」と、両極端に分かれていますね。

その中間もあるんでしょうけど、中途半端というのは、目立ちませんから、今一山あてるには、どちらかに絞ったほうがいい、というくらい、両方が悪目立ちしています。

いつも散々書いていますが、一般の化粧品(クリニックに来なくても、誰でも買えるという意味です)で、「攻めの化粧品」はいりません。

だって、「攻め」ることなんて、できないから。

「攻め」として悪くないものもあるにはありますが、値段との費用対効果を考えると、私はいらないと思います。それだったら、私の言うところの、「いらんことはしない!」スキンケアを実践するほうが、どれほど大切か!と思います。

どうしても、「攻め」たかったら、クリニック用の化粧品を、ちゃんとドクターに肌を診てもらって、相談の上、買って使う、というのは、イイと思います。

(ネットで、診察も受けずにクリニック用の化粧品を買うのは、もっとも勧めていません。素人が勝手に使っていいモノではないからです。肌がおかしくなる覚悟はしてくださいね。)

そういうことはわかってます!という方が、探すのが、「守りの化粧品」なんですが、今の時代、「オーガニック」「敏感肌」「ドクターズコスメ」「無添加」などなど、「赤ちゃんでも使える」「アトピーでも使える」など書けば、それだけで売れる時代です。

SEO対策で、ちょっと(だいぶかな)お金を払って、検索のランキングを上位にもってきて、ちょっと感じのよい、いかにも「ナチュラル」な雰囲気のHPにして(今、すっごい流行っていますね。どこも似たりよったり。マネして作るんでしょうね。)、「話題の」「評判の」「○○万個売れています!」などもついでに書いておくと、中身も確認せずに買ってしまうという。。

よくも、そう、どこの企業かもわからない(たいてい、化粧品会社ではなく、今ものすごく多いベンチャー企業ですね。いわゆる素人の人(大体代表は女性のことが多いですね。実質上の経営者はわかりませんが。。イメージとして、女性を全面に出していることが多いです)ところが作った化粧品を、自分の顔につけますね~。

私はイヤだな、そんなわけのわからないもの。

なに入っているのか、わからないじゃないですか。全成分表示してあったって、そんなの本当かどうかなんて、わからないでしょ。

どうして、そこまで信用できるのかな。

私は、大手化粧品メーカーでも、サンプルをもらっても、全部捨てています(どんなに高いものであっても)。昔は、誰かがもらってくれましたが、今はうちのスタッフも、おかしなモノは肌につけませんし、そのまま置いておいても、結局ホコリだらけになるだけですから、捨てるんですが、さすがに先日は(口紅を買った時)、「肌には決まったものしかつけませんので、もらっても捨てますから、どうぞ他の方に上げてください」とお断りしました。

販売員さんもね、せっかくの好意のサンプルですからね、有効に使ってくださいね。

大手のちゃんとしたところのでも、「アンチエジング」「美白」となると、まあ、モノにもよることもありますが、使いません。赤くなったり、沁みたらイヤですもん。

ならなかったとしても、その間、普段使っているものが塗れないのもイヤだし、他に試さないといけないモノもあるのに、そんなものを使っている場合ではありません。

患者さんがよくおっしゃるのが、「○○月頃から調子が悪くなって、その後急にひどくなった」「20代のころから、ちょっとずつ調子が悪くなって、どんどんひどくなっている」

一見、違うようでいて、まあ、同じです。

もう顔(肌)を一目診ただけでわかります。

。。。ああ、化粧品だな、と。。。

(患者さんには、原因が化粧品とは全く自覚がないです。ほぼ全員です。

何か新しく使った化粧品はないですか?と聞いても、

ずっと同じです、何年も同じです、10年以上同じです。。

。。。ありえません。

この患者さんの「同じ」は、「同じ」メーカーのものを使っています、という意味らしいです。

実際、その後、細かく聞いていくと、そのおかしくなった時期の前から、おかしなものをどんどん足しておられます。。

原因は、それやろっ!!とツッコみまくりです。ええ、実際に。。

(一応、経過はず~っとお聞きして、他になにかないか、いろいろ考えますが、ほぼ9割以上、化粧品です。考えられる原因は、全て取り除かないといけませんから、経過がものすごく大事です。この経過をちゃんと覚えていない方の場合は、原因がなかなか見つからないので、回復が遅れることがあります。)

化粧品以外が原因ってないのか?!と言われれば、絶対にないっ!とは言いませんが、圧倒的に化粧品です。

化粧品で肌が痛んでいたところに、何か他のちょっとした刺激があって、一気に爆発する場合も多いです。

ちょっとずつちょっとずつ、やられていくですよね。。。

なので、すぐには気付かないし、化粧品が原因とも思わないんです。

すぐにかぶれたわけではないから。

微量過ぎて、慣れていくのもあります。うまく肌も化粧品と付き合っているというのか、どこかで、折り合いをつけているわけです、我慢して。

だから、何かがあると、一気に爆発するんです。

どんな化粧品にも、添加物というのは入っていて、それほど大した害のない(どこまでを害というかもありますが)モノもあります。

なにかを塗らないと、今の時代、女性はちょっと困りますよね。

山奥で、自給自足で生活しているわけでも、水で洗顔して、何もつけずに暮らしているわけでもないかな、と思います。

保湿はしなくてもいけたとしても、日本女性は、たいていファンデーションをつけますから、やはり化粧品は必要でしょう。

じゃあ、何を使うか?なんですが、添加物と肌への害というか刺激というか、どこで割り切るか、ですね。どうせ何を塗らないといけないのであれば。どこで、妥協するか。

それは、個人の好みであり、個人の肌の状態にもよるでしょう。お金の問題もあります。

さっき挙げた、「オーガニック」「無添加」「敏感肌用」「ドクターズコスメ」などなど、中には、本当に良心的な商品もあります。(絶対に刺激がないものなんてはありません。合う合わないは、絶対にありますし、添加物のない化粧品なんて、ありません。)

このきっと何億とある化粧品の中から、わずか一握りの良心的な化粧品を探すなんて、砂漠の中から一粒のダイアモンドを探すようなものだったりします。

一部の方には、それくらい難しいようです。

でも、他の一部の方は、いともたやすく、私のブログを読んで理解されて、市販の中から見つけて使っておられます。別にネットで探すこともなく。

それらの化粧品は、私から勧めることはありませんが、患者さんが使っていると言われて、肌に問題もなければ、私から止めることはありません。そうですか、で終わりです。

ですが、アンチエイジングの何万円もする、超有名メーカーを使っているとか、ネットで買った、自称「肌にとても優しい化粧品、アトピーでも赤ちゃんでも使える化粧品」などを使っている方は、一切止めてもらっています。

まだ大手が出している高級化粧品であれば、もったいない、と捨てられないのであれば、体に使って、使い切ってください、と言いますが、自称「肌に優しい」化粧品ほど、悪質なモノはないです。

こういう悪徳業者のモノは、全てすぐに捨ててください、と言っています。

そんな業者のものは信じられないからです。まだ、「アンチエジング」とうたっている有名メーカーのほうが、科学的根拠が、少~しあったりしますから、そういう名目で売るわな。。と理解できます。(効くわけがなくても。効くともメーカーはうたっていませんが)

でもね、「アトピーにも使える」って、どうやって確認したの?医者でもないのに?

医師でもないのに、アトピーの患者さんに、薬でもない化粧品で実験するなんて、言語道断ですよ。

かぶれたら、誰が診るんですか?実験していいかどうかの判断を、誰がしているんですか?

製薬会社が塗り薬で実験される場合でも、いきなりアトピーの人にやりませんよ。

健常な人にして大丈夫だったら、アトピーの人に試す、しかも医師の管理のもと、です。なにかあっても、すぐに中止したり、治療できるようになっています。

当たり前です。実験台の人の皮膚を守れる環境でやらないといけません。

そういうことをしてこそ、初めて、「アトピーにも使える」です。

ベンチャー企業は、安易に「アトピー」や「赤ちゃん」という言葉を使いすぎですね。

それでアトピーが悪化したら、訴えたらいいんですよ。警察に行って相談してください。

ヘタすると、医師法違反、薬事法違反の可能性があります。

一体、何を根拠に言っているんだか。。

また、買うほうも、どうして、その「自称」を簡単に信じますかね。どこのだれかもわからないのに。

信じれるほどの証拠でも見ましたか?一体、何を?ネットのそこのHPで?

たまに、わけわからんデーターを載せているところもありますが、全然関係ないデーターだったり、別の団体が出したデーターを、いかにも自分のところの商品のデーターであるかのような表示をしたり。。悪質極まりないです。

ちゃんと読めば、そのデーターが、そことは全然関係なかったり、おかしいことはわかりますが、ちゃんと読まないと、錯覚してしまうことも多いでしょう。

だって、錯覚させるように、表示してあるんですから。最初から、それが目的なので。

だからね、そんなわけわからんところのものを簡単に信じなさんなって!!

何を買っていいのかわからない、データーが正しいかどうかなんて、判断できない、と思うなら、とりあえず、デパートとかに入っている、いわゆる大手のメーカーでいいじゃないですか。

ネットで買った、その自称「肌に優しい」化粧品も、デパートで売っている大手メーカーのも、中身はそれほど変わりません。

それだったら、「アトピーにも使える」「赤ちゃんでも使える」なんて、HPに載せない大手メーカーのほうが、よほどましです。

大手メーカーは、そんな詐欺まがいの営業は、信用問題ですからね、絶対にやりません。そんなの、大手が書いたら、苦情殺到で、消費者庁から指導が入ります。

でも、みなさんが買っているネットで調べたメーカーは、小さすぎて、被害が出ても被害も小さいし、目立たないんです。もう取り締まるにしても、キリがないんですよね。

詐欺にあったようなものですから、さっさと全部捨てて、キレイさっぱり忘れて、未来を行きましょう。

肌は、いらんことを止めれば、必ず回復します。

(おかしな化粧品でシミになった分が、自然に全部消えるとは、よう言いませんが)

さっさと縁を切ることです。見たら思い出して腹が立ちますから、腹を立てないためにも、全部捨ててください。

捨てて何を使っていいのかわからない、というなら、何も使わない。

そのほうがよほどいいです。そのほうが回復が早い場合もあります。

何を使ったらいいのかわからないなら、うちに相談に来ていただいたらいいですが、早く良くしたかったら、全部さっさと捨ててください。

「肌が荒れて。。。かゆいし、赤くなってきた。。」と、化粧品会社に相談に行くのも間違っていると思いますが、どうこうしてもらおうというのではなく、文句を言うために、言いに行く、というのはアリかな、と思います。

ただ、悪徳企業は、「皮膚科にいったら、副作用のあるステロイドを塗られるから行ったらいけません」とか、「保湿が足らないから、うちの○○を、もっとたくさん塗ってください」「これも使ってください」「毎日たっぷりと使ってください」とまた新しく買わせて、皮膚科に絶対に行かせません。

悪徳エステもそうです。

私には、霊感商法とかのツボや印鑑売るのと同じにしか見えませんけど。

少なくともデパートに入っている大手は、皮膚科に行くように勧めるし、化粧品を使うのは止めたほうが、、というはずです。だって、パッケージに、異常があれば使うのを止めてください、って書いてあるでしょ。

デパートだったら、使った後でもかぶれたら、返金してくれる場合もあります。(使用した分は払うこともあります)場合のよりますけどね。

今日は、八坂神社にお参りに行ってきました。引っ越ししてから、初めての八坂さんです。やはり、四条烏丸界隈の氏神さんは、八坂さんでしょうか。

炎天下の最中、四条河原町まで阪急に乗って、そこから歩きます。結構あります。。。

ああ。。タクシーの乗るんだったか。。いつも迷います。時間がない時は、乗る時もあります。

でも、四条烏丸から衹園に行く、この四条通りは、かなり混んでいて、タクシーに乗っても、この近距離が進まないんですよね~。

今日は、ウォーキング、というか散歩のかねて(運動不足なので)、歩きです。

。。クリニックから自転車乗っていこうと思ってたんでした。。忘れてました。。

でも、八坂神社の辺に、どこに自転車を止めていいのか、いつも悩んで、どっかに置き場所はちゃんとあると思うんですが、確かめないまま、自転車で行ったことはありません。

こんどこそ、自転車で行こう!と思うんですが、帰りや行きしに、寄り道をしたくなった時、めんどくさいんですよね。

お店に前に、自転車を止めないでください、というお店もあったり(道が狭いから)、京都は、自転車は便利ですが、時に邪魔になったり、と難しいのです。

さて、今日は、雨も降るという天気予報なので、晴れ雨兼用傘を持っていったんですが、あまりの太陽に、サングラスを持ってきたらよかった、と思いました。

まぶしくて、目が開けていられません。

まぶしくて、目をつぶろうとするのは、目を守ろうとする防御反応なんだな~、と改めて実感しました。

私は、ワンデーアキュビューのコンタクトをしているので、基本紫外線はカットされていますが、きつい場合には、やはり必要でしょう。

昔は、日傘をよくさしていて(日焼け止めも塗って、ですよ)、日傘も何本か持っていますが、最近は、多分あんまり歩かないから、日傘を持つクセが完全になくなっていて、たまに歩くときに、日傘を持ってきたら良かった。。。と後悔することに。。

日傘で紫外線は完全にはカットできません。

下からも横からも、紫外線は跳ね返って、顔に当たります。

でも、近赤外線は、日傘をさしたり、つばの広い帽子を被ったり、日陰に入ると、ちょっとカットできます。直射日光よりは、かなりマシです。

日傘や帽子も角度とか、ずっと日陰にいるわけにもいかないので、そういう場合は、エビーゼの日焼け止めをちゃんと塗っておくことですね。

エビーゼの日焼け止めは、基本1日1回です。朝一の行動前に塗っておくのがいいです。たっぷり塗ってくださいね。

塗り方の詳細は、処置中にお聞きください。

さて、お参りに後、この炎天下を帰って行かないといけません。。

。。。結構遠いです。。

途中で休憩しないと、私、川端通りと河原町が越せません。。富小路まで帰れない。。

そこで、鍵善さんです。

120.jpg 祇園界隈、観光客の方がとても多いですが、鍵善さんは比較的空いているかも。。

暖簾の横の提灯が、おばけで可愛らしい。

この辺だったら、鍵善さんは、ホントにおススメなのにね。

117.jpg 中に入ると、冷房も効いている空間(手前は、和菓子の販売です。その奥が喫茶です)に入ると、中庭が見えます。

とてもゆったりとテーブルが配置されていて、この界隈で、こんなにテーブルの間を開けてくれるなんて、他店ではありえないかも。すごい贅沢です。

なぜか、観光客の方、少ないんですよね~。なので、ゆっくりできるのかもしれません。

ただ、座席数が少ないので、(ゆったりとしている分)、すぐにいっぱいになってしまうことがあります。

どうして観光客が少ないか、というと、抹茶のメニューが少ないからでしょうか。。?

抹茶アイスクリームも、抹茶ソフトクリームも、抹茶ゼリーもありません。

「京都」=「抹茶」? そういうお店が、よく雑誌には取り上げられますかね。

鍵善と言えば、「くずきり」です。

飲みものも欲しかったので(冷たいお茶(ほうじ茶かしらん?麦茶?すみません、よくわかりませんでした)は、いくらでもくださいます。)、グリーンティーだと甘いかなと思い、おうすにしました。

118.jpg  おうすです。

でき次第、持ってきてくださいとお願いしました。3口半以上、たっぷりあったので、ゆっくいいただきました。

(あとでみたら、ちゃんとグリーンティー、シロップ別でした。素晴らしい!

今度から、グリーンティーにします)

119.jpg くずきりです。 中に、黒蜜のシロップの入ったお椀と、氷水に入ったくずきりが入っています。

(黒蜜、白蜜と選べます)

(写真を撮ったんですが、取れてなかったようです。。)

抹茶系のパフェもいいですけど、こういうのも京都らしいし、衹園らしいですよ。炎天下、抹茶のお店に並ばなくても、熱中症になる前に、休憩してください。

学会・引っ越しと、先延ばしにしていた、Dr.オバジの新しいシリーズ、「ZO Skin Health ゼオスキンヘルス」の一部を取扱いを開始するつもりです。

あの「オバジ ニューダーム」で有名なドクターオバジが、本当に自分の作りたいように作ったホームケアと言われています。

ホームケアにしたら、結構な効果が出るんですが、なんでもそうですが、効果が出るものというのは、ダウンタイムがあったり、副作用があったり、なにかしら患者さんが我慢しないといけないものが出てきます。

私は、レチノイド反応(赤くなったり、ひりひりしたり、かゆくなったり、皮がめくれたり、乾燥したりなどなど)があまり好きではないので(なるべく、日常生活に負担のならないホームケアや美容医療治療が好きなんです。)、今まで入れてなかったんですが、このZOシリーズが日本に入ってきて、ほぼ1年でしたっけ?

日本人のデーターも、ZOシリーズを真先に入れられたクリニックから結果が出そろってきて、(いいことも悪いことも。悪いことというのは、ダウンタイムや副作用のことです)、学会やセミナーで少し聞いているうちに、シリーズのうちの一部なら、使ってみてもいいんじゃない?と思ったのがきっかけです。

患者さんにお出しする前に、まずは、自分から。

学会前から、これぞ!と思うのを、自分でまずいくつか試してみて、自分が良かったと思ったものを入れることにしました。

(全部試したわけではありません)

目元用クリームがやっと出てきたので、試す価値ありかな、と。

前のエラスチダームも好きでしたけどね。結構な効果があったので。

(ちなみに、もう当院には、瓶のほうのエラスチダームはありません。

目の下のクマにもおススメのほうの、エラスチダームアイセラム(スティック状になっているヤツです。下まぶた専用です)のほうであれば、まだ在庫があります。

どちらがいいかは、処置時にご相談ください。)

自分で試してみた結果は、なんかいいかも。。

ただ、このシリーズは、必ず(他のもそうですが)診察・カウンセが必要です。

なんでもいいから、勝手に塗るというのは、絶対ダメ!

正しく使わないと、逆に負担になるだけですから。

ちゃんと診てもらって、ダウンタイムや副作用も含めて、理解して、それから購入・使用となります。

必ず洗顔がいるので、通っていらっしゃる方は、レーザー処置時にご相談ください。

もちろん、向き不向きもあります。合う合わないも。

こればっかりは、肌を診ないとわからないし、使用許可が出ても、使って見ないとわかりません。

スペシャルなホームケアにご興味のある方は、どうぞご相談ください。

カウンセに時間がかかりますから、処置時に聞きたい方は、必ず前もって、ご予約時に受付におっしゃってください。

処置が終わるころに、いきなり聞かれても、話おわりませんから(って、次の方がいらっっしゃったら終わらないといけません。

お話しを聞かれたい方は、最初から飛ばしていきますので、前もってご予約ください。

いよいよ7月ですね~。

7月の京都と言えば、衹園祭りです。院内にも、お囃子を流して、1日中衹園祭り気分です。

今年は、2回も山鉾巡行があるので、すごいですね!どうなるんでしょうね~。

室町のみなさんも、すごい決心をされましたよね~。同じやるなら、ぜひ成功させていただきたいです。2回目の時は、夜の露店が出ないので、ちと寂しいですが、趣きのある衹園祭りがしっぽりと味わえるというウワサです。お楽しみに。

2回目の巡行の日は、引っ越しの準備期間としてお休みをいただいておりますが、クリニックでみんなで片付けをしていますから、ちょうど鉾がまたしても見ることができるので幸せです~♡ ラッキー!

さて、大量の紫外線・近赤外線が降り注いでいる今日この頃。まだまだ続きますね!

日焼け止めシーズン、ど真ん中です!

以前に、他院では、日焼け止めもセットで買わされる、というのを聞いた時に、そこまでするんや~とちょっとビックリしたことがありましたが、いろんな市販品の誘惑がそこかしこにありますから、おかしな日焼け止めを使われるくらいなら、クリニック推薦のものでケアしてもらいたい!ということで、そうされてるのかもしれないな、と思いました。

う~ん、。。。強制ね。。。

患者さんの中には、市販の中でも、うまく見つけてきて、私が、止めてください、とお願いしないモノを使っていらっしゃる方も結構いらっしゃいます。(と思います。)

使い方がうまく使い分けていらっしゃるのか、そのあたりはよくわかりませんが、それほどお肌が荒れることもなく、クリニック用のも時には使って、うまくされていらっしゃいます。

うちでは、取扱いの日焼け止めを強制で買っていただく、ということはしていないんですが、なんか肌の調子がおかしいな。。という方を細かく確認していくと、ええ~っ!ということがあったりするので、どうしたものか。。。。

どういうものを選んで塗るのかは、患者さん自身にまかせていますし(安物や逆に高機能は論外ですが)、塗っている回数は確認しますが、商品名も確認しないといけないのかな、というくらい、お肌が荒れていらっしゃる方がちらほら。。。

強制にはしなくても、光やレーザー治療とセットで、みたいなセット価格を作ったほうがいいんですかね。

夏は、日焼け止めがたくさんいりますから、夏のキャンペーンと言えば日焼け止めを必ずと言っていいほどやるので、個人でその辺は判断していただきたいです。

だって、自分の肌だから。

今のところ、キャンペーンでお得にするくらいしか、できないです。

何を買っていいのかわからない、という方は、うちで塗りやすいものを試して買われますし、市販のを選ぶ方もいろいろですが、何度もいいますが、汗に強い、ウォータープルーフで、SPF50やPA+++や++++の強いので、そうそう肌に優しいのものは、ありません。

市販では皆無とは言いませんが、なかなか見つからないと思います。

仮に見つかっても、塗りにくいんですよね。気持ち悪かったりして。。。真っ白になるか。。全然落とせなかったり。。。どうせ=っちゅーねんっ!というのが、たまにあります。

普段の街中の移動で、ちょっと汗ばむくらいや、冷房に効いたオフィスにいらっしゃるんだったら、うちで取り扱っているものと、汗をかかない時は、市販のモノ、と組み合わせて、過ごしていらっしゃる方もわりといらっしゃいます。

ただ、市販のもので、塗り重ねをしていった時に、ごわごわしたり、乾燥したり、気持ち悪かったり、塗り直しを前提としていないモノも多いのも事実です。

同じように、太陽に当たっても、すぐに黒くなりやすい方の場合は、お手入れの仕方も変わることがありますから、そういう方が、アウトドアするとか、南の島へ行くとか、外にいる時間や環境が普段と全然違う場合は、日焼け止めの塗り方も普段と違いますから、(種類もね)、処置されている方は、よかったら出かける前に、メールでどうぞご確認ください。

どこに、どれくらい行かれるのか、現地でどう過ごされるのか、患者さんの肌質は?どんなシミがあって、どうしていきたいのか?などなどで変わってきます。

(どうやっても、絶対に焼けるだろう、という時もありますが、そういう場合は、被害を最低限度に抑えることに専念しましょう。

リゾートや休日を我慢するのではなく、その辺は、たまにのことですから、そこそこ頑張って、ある程度は割り切るのも必要かな。

日焼け止めもあまり塗りたくない、でも焼けたくない、でも南の島は行きたい、アウトドアはしたい!というのは、無理難題というものです。

どっかで妥協はしてください。

どれで妥協するのかは、患者さん次第です。

そんな日に当たる機会が増えるときは、日焼け止めも大事ですが、ヘリオケアにもちょっと手助けしてもらいましょう。

1瓶あると便利ですよね。お守り代わりにおススメです。

日焼け止め以外で夏のお肌と言えば、やあり毛穴とニキビです。脂っぽさとかもね。

乾燥肌の方も、さすがに、Tゾーンがちょっと脂が気になってきましたか?

だからと言って、やりすぎは禁物です。

夏は紫外線も強いし、湿度もクーラーで乾燥しているのかと思えば、外に出たらむ=っとしてたりと、かなり過酷な環境になっているので、ピーリングは諸刃の剣ですから、肌を診てもらって、相談しながらやるのが、一番の理想だと私は思います。

やりすぎず、でもできるところまで。

毛穴用のキャンペーンをいくつか揃えましたが、貴女に合うかどうかは、肌を診ないとわかりませんのでね、場合によったら、お断りしたり、他の勧めますから、ご了承くださいね。

誰でもやったらいい、というわけではないと思います。

でないと、お金も時間ももったいないですよ。

で、露出の季節は、やはりボディ用の化粧品が人気です。

シミやチリメンジワが体も気になります(若い人はならないでしょうけどね、アラフォー以上になると気になってくるんです。)

そして、今回の目玉は、ビューティフルスキンのミネラルファンデのトライアルキットでしょうか。

エビーゼの時もそうですが、こういうのに興味ない方が、キャンペーンだからともらっても、あまり役に立たないのでは?と思うように。

欲しい方だったらいいんですけど。

使い方に、ちょっとしたコツがいりますから、そうするととても楽だし、肌もキレイになるし、と一石二鳥でいいんですけど。。。

数に限りがありますから、とりあえずカウンセが済んでいる方、今まで買っていただいた方の中で、3万円以上の処置のお支払をされた方で、ご希望の方、とさせていただきます。

自己申告制ですので、必ず欲しい方がおっしゃってくださいね。

今までに買っていらっしゃったら、こちらから声をかけさせていただきますが、くれるならなんでももらう、という方も中にはいらっしゃるので、そういう場合、時間をかけたカウンセは無理ですから、簡単に、となると、興味もないので、やはり話もスルーされていらっしゃるようで。。。ああ、もったいない。。

せっかくのトライアルキット、欲しい方はぜひどうぞ!

このミネラルファンデは、ものすごい広がりがあるんですよ~。使い方は、ホントにさまざまで、確かに持っていると、とても便利なんですよね=。しかも、肌に優しいときたら、これは持っておくべきでしょ!

さて、今回のお菓子ですが、去年好評をいただきました、オーレリーのコンフィチュールです!

ココナッツとパイナップルのバージョンです。

IMG_20140630_180023335.jpg

何種類かあったでしょ。

このまま冷やして召し上がってもいいですし、アイスクリームやヨーグルト、パンにつけても、とてもおいしいです~。

念のため、アイスノンをつけて、お渡ししますが、処置の後、いろいろまだ出かけるから、心配という方は、どうぞおっしゃってください。他のものになりますが、対応させていただきます。

いや~、寝不足が寝ていると思うんですけど、なかなか解消しませんね。。。

今日は、みなさん、サッカーのために早朝から起きてらしたんですか?

私は、野球と同じでサッカーのルールも、よくわからないので、サッカーも観ません。

ここ一番!という勝負の時に、たまたま起きていて、時間があったらちょっと観ますが、基本、結果を聞くくらいです。

今日も、家族は5時から起きて観てたみたいです。起きていたみなさん、ご苦労様です。

敗退だそうで、残念でしたね。世界は強いんですね。

サッカーをあまり知らない私でも、イングランドが負けた、というほうが、なんか衝撃でした。すっごい強いと思っていたので。。(あってます?)

さて、肌荒れのご相談というのは、とても多いのですが、圧倒的大半が、みなさん、いらんことのやりすぎです。

いらんことを止めるだけで、大体は良くなることも多いんですが、中には、なかなか良くならない方もいらっしゃいます。

そういう方の中には、ご自分ではいらんことはしていないつもりが、まだ気づかないけどやっていた、とか、荒れていた期間が長すぎて、肌がカンカンに怒っていて、なかなか機嫌を直してくれない時など。。

あまりに肌がボロボロだと、バリア機能が完全に破壊されて、そりゃもう、アトピーそっくり!みたいな肌になっちゃって。。。痛々しいこと、この上ない。

そこまで、バリア機能が破壊されていると、クリーム系は全滅で、沁みたり、痒くなったりします。

病院の薬であっても、クリーム基剤・乳液基剤は、やはり添加物がありますから、それが刺激になることがあります。

やっぱり、化粧品というのは、(病院のクリーム基剤もですが)、ある程度、健康な肌の方用なんですよね。

バリア機能がある程度保たれているから、いろいろ添加物の入ったモノが使えるわけです。

クリーム系・乳液系全滅か?!となったら、ワセリンか、椿油か(精製度の高いほうね。)という選択になってくるんですが、今の季節、ベタベタして、人によったら、毛穴が詰まってニキビができたり、塗り心地が気持ち悪いなどなど。。なかなか、使えるモノがなかったりすることがあります。

ワセリンや椿油は、化粧品みたいに、すごく塗りやすいことは、まああまりないので、患者さん側が、食わず嫌いならぬ、塗らず嫌いになっていることも。。

そうなってくると、ホントにぬるま湯で洗顔して、何もつけずにしばらく過ごすわけですが、大人の女性では、なかなか大変です。

それで、また化粧をして、悪循環をますます悪化させて、泥沼化に。。。となってしまうわけですが、これがまた難しいところです。

すーっと、良くなっちゃう方と、いつまでも泥沼化されている方と。。

ひどい皮膚炎だと、ステロイドホルモンを使うこともありますが、使うほどではないから、あまり使いたくない~、という時が困ったり、そうなると、良くなるまで、果たして患者さんのほうが待てるのか?!という問題も出てきます。

できれば、せかないでいてほしいものですが、仕事の内容によっては、難しいことも。。ホントに難しいですよね。

悪循環を断ち切るために、ステロイド剤を使うこともありますが、まだ肌荒れさせている原因が現在進行形であれば、ステロイドで無理やり落ち着かせると、症状を押さえるだけで、一見治ったように見せてしまうので、原因を絞り込んでいない時に、しかも皮膚炎が軽いのに、ばんばんステロイドは使わないように、患者さんに言っています。

ステロイドで、パッと!悪循環が断ち切れれば、問題ないんですけどね。

バリア機能が結構破壊されていると、使える保湿剤も見つからないこともあって、そうなると、乾燥もひどい場合は、余計に乾燥もして、悪循環から抜け出せないこともあり、少しでも早く炎症を押さえるのに、ジェネシスを使うことがあります。

イオン導入で薬を入れたり、中から落ち着かせるために、サプリも飲んでもらって。

場合により、塗り薬も使って、悪循環を断ち切ります。

そのままじっと我慢しておくよりは、一歩進んでいく感じです。

炎症も抑えせてくれて、なおかつ美肌治療もできる、という意味ではお勧めです。

ただし、肌荒れなら、誰でもできるのか、というと誰にでもお勧めしているわけではありません。

あまりにひどい場合は、患者さんがジェネシスを希望されても、先にちゃんと炎症を抑えましょう、ということもあります。

ケースバイケースですね。

ステロイドを使っていても、かゆみが全然治まらないような場合は、特殊ケースであてる場合もあります。設定も普通とは変えます。

それは、ご相談ください。

こういう肌荒れの時に、一番勧めないのが、ファンデーションとかBBクリームとかの色のついているヤツです。

ポイントメイクはOKですが、患者さんによったら、「ポイントメイク」の考え方が違って、それはポイントメイクではないでしょう、というのまでポイントメイクに入れておられることもあって、確認しないといけないわけですが。。

基本、ポイントメイクは、(内容にもよりますが)、したい方のうち、大体の方はしてもらっています。

ただ、なんのメーカーでもいいわけではありませんよ。

質の悪いものは勧めていません。

肌荒れの状態のよって、どこまでのメイクをしてもいけるかも、というGoサインは違います。

詳しくは、処置中にご相談ください。

メイクをすると、「メイクは落とさないといけない」という、呪縛みたいなものがありますから、どうしても洗顔がついてくるんですが、洗顔の方法も、人によって違いますので、必ず確認してくださいね。

敏感な時に、いらんことすると、また良くなるのが遅れますからね、いつまでたっても、化粧品が使えなくなってしまいます。

「肌あれセット」は、そこまで長期続ける方はいないかと思って、1回あたり、かなり料金をその分押さえました。

早く良くしたい方、サプリ等も使って、早く良くしたい方、には、とてもいいです。

よろしければ、ご相談ください。

毎月来られている患者さんには、日焼け止めの話はしていますが、久しぶりに来られた方などは、冬のまま、紫外線対策がとまっていたりします。。。

中には、毎月来られているのに、何度言ってもされない方も、たまにいらっしゃいます。。

シミ・肝斑の治療でなければ、お伝えはしているので、その方の考え方次第ですから、

日焼け止めが塗っていなくても、私が困るのではなく、患者さん自身が老化していくスピードを速めているんですから、お好きにされたらいいです。

その方の人生ですし。

日焼け止めを塗っていないせいで、タイタンやジェネシスをして、火傷するとか、なにかそのせいでリスクが上がるわけではありませんから、もちろん、太陽光をたくさん浴びて、細胞もへばりますから、光にも慣れちゃって、ちょっとやそっとの刺激では、コラーゲンもなかなか出ませんしね、光やレーザーへの反応も悪くなります。

シミ治療になると、日焼け止めをちゃんと塗っておられない方は、.シミの予備軍は溜まるわ、地肌も黒くなるわ、シミ自体も黒くなるわ、肝斑は悪化するわ、で、そこにシミ用の光やレーザーを強くあてたら、火傷するか、反って、黒くなるか。。

お金払った意味がないわけで、マイナスの結果になるわけです。

たまに来て、ちょっとシミの予備軍を減らしておいたらいいか、というくらいの方と、肝斑の方、あるいは、ガンガンシミを取っていこうという方、みなさん、同じライムライトをあてるにしても、照射方法が全然違います。

もちろん、肌の色でも変わるし、どんなシミがどこにあるのかでも変わります。

早く、しかも安全にシミを取る、薄くする方法は、地肌とのコントラストがあればあるほどいいです。

地肌が真っ白で、シミだけ濃いっ!というのが理想です。

(この場合のシミは、肝斑ではなく、そばかすや年齢の変化で出てきた丸いシミのことです。)

ライムライトにしろ、アキュチップにしろ、結構強くしても、地肌は火傷せず、シミだけ黒く浮いてきて、ポロっと取れる(薄くなる)イメージですね。

地肌の色が黒い方の場合は、そりゃもう全然強い治療なんてできませんから、まずは全体をまんべんなく、明るくしていくということが最優先。

地肌が明るくなると、隠れていたシミが見えてきて、逆に目立ったりすることもありますが、どんどんそうなって来ないと、強い治療に入っていけません。

ブログでいつも書いていますが、早くお金をかけずにキレイになるコツは、どれだけ紫外線カットをするか、ですから、シミでも肝斑でも、どれだけ日焼け止めを塗っているか、にかかってきます。

初診の時には、日焼け止めの全般的な話をします。

シミの処置をされる方の場合、その方が今までどんな感じで塗っているのかの確認も合わせてします。

どんな日焼け止めを塗るのか、どれくらいの間隔で塗っていくのか、などなど、それはその方が普段過ごしている環境によっても、肌質によっても、かなり変わってきます。

全般的な話をして、次回に来られるまでの間に、日焼け止めを塗るクセを患者さんがつけてこられます。

何度言っても、紫外線のケアをせずに、シミ・肝斑治療の予約を入れる方は、他力本願な方で、カウンセの内容を理解もしていないということなので、治療はお断りです。

また、スキンケア指導から受けてもらいます。

低~いパワーでよければ、火傷のリスクはかなり下がりますが(ゼロにはなりません)、ピンポイントのシミがある場合、そんな低いのでばっかりあてていても、なかなか変化はしないので、シミに合わせた強さが必要なわけですが、強くすると、火傷や逆に悪化するリスクも増えますから、その辺のバランスが大切です。

その一番大事な日焼け止めですが、ホントにその方の肌の状態によって変わってきますから、誰でも全く同じわけではありません。

なので、シミ・肝斑治療の方は、特に強い治療をしていく場合は、普段どんな環境にいるのか、休みの日はどうしているのか、詳しく聞いて、日焼け止めが足りているのか、逆に塗り過ぎなのか、塗ったことで乾燥はしていないのか、日焼け止めの害はないのか、などをチェックしています。

ここで、ウソを言う方、てきと~に言う方も、たまにいらっしゃいますが、ウソをついた分、テキト~にしている分、全て肌に出ていますから、バレバレなわけです。

毎月来ておられる方だし、「日焼け止めを頑張ってぬってます!」とも言われるし、ブログも読んで日焼け止めの重要性もわかっています!みたいな方は、全員塗っているかというと、またこれがそうでもないことがたまにあり、昔にひどい目に遭ったことがあるので、今は強い治療をしていく場合は、細かく聞いてからしていますが、またここでウソをついたことが発覚すると、もうその方のシミ治療はお断りしています。

信用できませんからね。

ウソついて、強い治療をしたって、悪化するだけなのに、それを理解できない方は、悪化しても人のせいにするというか、そこは他力本願が根底にずっとあるので、やはりこういう方には、治療はしません。

困るのは、自分ですよ=!

私が困るんじゃないですよ=!

ちなみに、患者さんが、「日焼け止め頑張っています!」と言った場合、全然塗っていないことも多く、頑張っているというのなら、1日に何回塗っているのか聞くと、朝のみとか、昼にもう1回だけ(もっとケアする必要のある方なのに)、ということが多いです。

それって、初診時と何も変わってやん。。何を、頑張っているんだか。。

アキュチップにしろ、ライムライトにしろ、強く当てたいのであれば、自分で紫外線カットを、ホントにやるしかないので、それをせずに、「強くあててほしい」というのは無理な話です。

それでもやって!というのなら、「じゃあ、もっと黒くなっていいですか?」という話です。

運が良ければ、火傷もせず、お金は払ったけど、変化なし、です。

それでいいんですか?

いいわけ、ないですよね。

だから、私はやりません。

最初に、日焼け止めの重要性を、シミ治療の方には、かなりの時間を割いて説明していますから、そういうことをしたくないなら、うちではシミ治療はできません。

その指示を守る、というから、シミ治療をお受けしているわけで、その約束を反故されては、話が違うわけです。

早く強い治療をしたいなら、言われているスキンケアを守ってください。

シミ・肝斑治療は、ス~っと、とんとん拍子にうまくいく方と、すっごい時間のかかる方と、結構分かれます。

まあ、その間の方も大勢いらっしゃいますが。

ベースが色黒目、あるいは、すぐに黒くなりやすい方、ニキビや蚊に咬まれた跡が黒く残りやすい方で、ピンポイントのシミがたくさんある、あるいは、肝斑の上にシミがのっているなどの方は、ホントに時間がかかります。

そういう方の中にも、ス~っとうまくいく方がいらっしゃって、初診時と地肌の色が全然違う(明るくなって)ようになるまで、短期間でいく方がいらっしゃいます。

こういう方を診ていると、やっぱり指示をちゃんと守っておられる方ですね。

すごい時間がかかる、ちょっと良くなっていたのに、また振出に戻る、などなど、そういう方は、悪気はないんでしょうが(困るのは自分ですから)、おかしなことをやっている、質の悪い日焼け止めを買って使っている、などなど。自分で、治療の邪魔をしてうr方が多いです。

ご本人は、大真面目で、治療の邪魔とは思っていなくて、むしろいいと思ってやっておられるので、止めることはないし、良くなったり悪くなったりを繰り返したりすることがあるので、こちらの発見も遅れます。

ご本人に聞いても、忘れているのか、それをやっている(使っている)ことを言わなかったりします。

使っている化粧品を全部言ってください、と言っても、言わないので、ずっとそのまま行ってしまうわけです。無意識?なんですかね。。これでは、悪化させている原因を見つけられないんです。

シミ・肝斑治療は、焦らず、時間がかかるもの、とのんびり構えることも大事ですが、自分で邪魔をしない、というのが一番大事です。

いくらのんびりと言っても、どなたでも、お金を無制限に使えるわけではないと思いますし、時間はお金では買えませんから、スムーズに治療を勧めるに越したことないと思います。

ホントに、お金をドブに捨てているのと同じですよ?

日焼け止めの種類ですが、シミ治療をされている方全員に言っていますが、SPF50で、汗に強いとか、ウォータープルーフのモノで、市販で勧める日焼け止めは一切ありません。

おかしな添加物が山ほど入っていますから、そんなもので塗り直しをしたら、肌に炎症を起こして、赤くなって、それがまたシミや肝斑になったり、黒ずんだりします。

初診時に言っているように、おかしなモノを使うなら、塗らないほうがマシです。

クリニック専用の化粧品を絶対塗らないといけないと強制には一切していませんが、市販のおかしなモノばかり買うくらいなら、うちに来た時に、買えば?と思います。

何度もいいますが、たかが日焼け止めにかけるお金をケチるような人は、もっと高いお金を払って、シミ治療を受けてはいけません。受ける資格はありません。

日焼け止めは一生の話ですが、シミ治療を一生する人は少ないでしょう。

うちの肝斑セット1回で、日焼け止めが一体何本買えますか?

クリニック専用のものであっても、10本くらいは買えるわけで、それだったら、当分の間もつわけで、美容医療1回するよりも、よほど大切だと私は思います。

日焼け止めなら何でもいいわけではなく、質の悪いモノをずっと塗っていた肌は、ホントにボロボロです。

そういう方も顔中、肝斑とか、おかしなシミだらけだったりします。

質の悪いものは、SPF50と書いてあっても、全然50じゃなかったりしますし、肌が荒れるから、と塗る量が少なかったり、塗る回数が少なかったり、とろくでもありません。

患者さんによったら、ご本人が言うにはですが、ものすごい回数を塗っておられるわけですが、そうなると大量の日焼け止めがいるのに、全然買っていないんですよね。

(クリニック専用化粧品のものをお使いです)

3か月以上前に買った1本が、それだけの回数を塗って、足りているというのは、明らかにおかしいわけです。

①塗っている量が極端に少なすぎる

②すごい回数塗っているというが、実際は全然塗っていない

③クリニック専用の日焼け止めとウソをついて、市販のモノを使っている

④日焼け止めをうちで買わずに、他院(あるいはネット)で買っている

以上のどれかだと思いますが、

①であれば、もう一度スキンケア指導からです。

少なすぎる量を、頻回に塗っていたら、紫外線カットは効いていないわ、肌に触る分、刺激になっているわで、最悪です。

ご本人にうちで治療をしたい・継続したいという気があるのなら、スキンケア指導を受けない限り、シミ治療の予約は絶対に取りません。

②③は、塗っていないなら、塗っていないと言えばいいものを(言ったら、処置ではなく、再度スキンケア指導からですが)、それを「ウソつく」となると、その方は信用できませんので、今後の治療はお断りです。

特に、強い治療をしてもらおうとしてのウソは、悪質ですから、絶対に、断ります。

市販のもので、何度も塗りなおして、肌にそれほど負担がかからないものって、皆無とは言いませんが、まあ、なかなかないでしょう。

それを頻回に塗っていること自体、肌はダメージを受けていますから、しみ治療は中止です。

④の方もお断りです。

一番、タチが悪いかもしれません。

最初に、他院やエステとの併用は一切お断りの旨、お伝えしています。

治療の邪魔になることも多いし、悪化した場合なにで悪化しているのかわからなくなるし、まして、クリニックによって考え方が全く違いますから、言われた指示がごちゃまぜになったら、うまくいく治療もいかなくなるので、うちでやるなら、うちのやり方を守っていただきます。

その場合、他院で治療を受けなければいいでしょ、と、他院(その方の家に近いんでしょう)で、クリニック専用化粧品を買っているという方が、今までに数人いました。

他院では、何の説明もなく、欲しいという場合、なんでも売ってくれることも多いでしょう。

うちで、説明を聞くだけ聞いて(肌も診てもらって)、テスターで試すだけ試して、買うのは他院、というのであれば、うちはボランティアでやっているわけではありませんから、

そういうのは一切お断りです。

そういう他院に出入りして、またろくでもない情報を吹き込まれて、おかしなことをやったりするわけです。

肌がおかしくなっていたので、発覚したこともあります。

そこが近くていいんだったら、最初からそこで、全ての治療をしてもらえばいいわけで、遠方のうちまで来る必要はありません。そちらでどうぞ治療してもらってください。

ネットで買うのも同様です。

何度も書いていますが、クリニック専用化粧品(企業が販売しているもの)をネットで売ること自体、私はおかしいと思っています。

中には、誰が使っても、問題ないものもありますから、そのクリニックオリジナルの化粧品をネットで販売されているところもあります。

そこのドクターが、とても良いモノを作られて、たくさんの方に使ってほしいから、とネット販売されている場合もあります。

(例えば、ドクターエビーゼや、ビューティフルスキンのように。)

これはまた話が全然別です。

なぜクリニック専用化粧品なのか、というと、根本として、その方の肌を診て、説明を受けた上で、テスターが試せるなら試した上で買う、というのがあるからです。

クリニック専用の化粧品なら、安心、安全!というものではありません。

危ないものもたくさんあります。

それをネットで販売したら、何も考えずに、クリニック用というだけで欲しがる人が大勢いるんでしょう。

ネットで売ったら、そりゃ、儲かるでしょう。

ネット販売の中に、偽物・品質の劣化等々、問題のある商品がものすごく多いです。

契約書の不備で、売られてしまっていて企業側が止められない場合、売ってはいけないモノが売られている場合、様々です。

ただ、ネットで売られるというのが一つでも出ると、そのブランド名だけで売れますから、爆発的に偽物が出ています。

もう正規ルートから外れているわけです。

私は、一切信用していませんから、「クリニック用を使っています」と言われても、ネットで買ったものは一切止めてもらっています。

初診でも再診でも。

そういう方に限って、肌がボロボロだから。あまりにひどいので、使っている化粧品の質が、おかしいんじゃないですか?となります。

その方の肌に合うか、どういう時に使うのか、などなど、そのケース毎に、合う化粧品というのは、様々です。

どんないいものでも、正しく使わないと、逆に肌に悪いですし、他のスキンケアが間違っていたら、良くなるものも良くなりません。

化粧品の質も大事ですが、化粧品さえ変えれば済む、という他力本願で済む話ではないのです。

ネットで買っていた人は、ほとんど全て治療をお断りしました。

そういう方の大半は、もともと根本的な考え方が違って、ネット購入で発覚しただけとも言えますが。

うちは、患者さんとの距離がとても近いですから、その方の日常生活というか、周りの環境や肌質も含めて、なんでも治療は決めています。もちろん、性格もです。

かなり踏み込んだ話もしますから、親身になることもできるわけで、その方にとって、一番いい治療はなにか、と考えるわけです。

周りの目が気になる時に、ライムライトやアキュチップで、バンバンシミを浮かせるわけにはいかないでしょうし、人それぞれです。

治療の内容も、それぞれのレーザーの強さも、強くすることで、なにか弊害が出るのであれば、患者さんに確認します。

それだけ、確認しても、思った以上に反応が強く出ることもあるし、うまくいかないこともあります。

人間の体というのは、それだけ難しく、医療において、「絶対」というのはあり得ず、日々患者さんの治療をさせてもらいながら、その全てが勉強になるわけです。

なので、患者さんも理解しておられないと、確認しても要領を得なかったりと、私も困ります。

要領を得ない場合は、強い治療は危ないのでしません。安全を取ります。

かなり細かいことも聞いていきますから、そこで患者さんがウソをつくとか、言わないとか、おかしな化粧品を使っていると、治療は全く進まず、リスクばかり上がるわけです。

美容に限らず、どんな治療でもそうですが、患者さんの協力がなければ、なにひとつうまくいきませんから、安全にうまく早く良くなるコツは、指示を守っていただくことも大事ですが、守れなかった時は、それはそれでちゃんと言っていただく、ということも大事です。

仮に、紫外線カットできていないのに、「やっています」とウソをつかれたら、これこそ大火傷します。

ウソをついているな、と、処置の最中でわかる場合は、わかり次第、すに対処しますが、終わってから、赤み・ほてり感が、バーッと出てくることも稀にありますから、結局、困るのは、患者さん自身です。

全部、自分に返ってくるだけですよ。

他力本願は止めておきましょう。

今日は、うちで取扱いをしておりますミネラルファンデーションのシリーズの「ビューティフル・スキン」の研修をしていただきました。

まずは、「ビューティフル・スキン」の化粧品ってどんなもの?ということから始まり、実際のファンデや日焼け止め(粉です)、色物類(アイライン・アイシャドウやチークやリップグロスなど)の使い方・応用編などです。

いや~、全てが目から鱗で、ともてタメになりました。

担当の方が、うちのために、わざわざ東京からお越しくださって、説明をしてくださって、おお=っ!の連続でしたね~。

新ためて、「ビューティフル・スキン」の素晴らしさを再認識しました。

再三ブログでも書きましたが、いわゆる「ミネラルファンデーション」とうたっていても、何がミネラルやねん?!という、バッタもんもとても多く、わけわからん添加物ごっちゃりで、私がお勧めするミネラルファンデは、この「ビューティフル・スキン」ですよ~!、他のは混ぜ物があるからダメですよ~!と言っても、TVや雑誌・ネットの広告を真に受けて、しかも肌に優しいと思ってつけているから、絶対止めないんですよね。。

そんなに広告通りにいいなら、どうして、貴女の肌は、ボロボロなんですか?ってね。

まずは、裏の成分表くらい見てはどうでしょう。

それで、「ビューティフル・スキン」のと比べてみてください。

山ほど、科学薬品名が、ずらずらと並んでいるものが、どれだけ多いかっ!

あと、前に書きましたが、プレストタイプやリキッド・クリームタイプで、「ミネラルファンデーション」というのは、あり得ません。

それって、普通のファンデに、てきと~に、金属の粉混ぜちゃえ!って感じのモノと同じですよ。

みなさんが思っているイメージの、「ミネラルファンデーション」で、固めたり、クリーム状・液体にするというのはできません。

「ミネラルファンデーション」なら、ただの粉です。

使いやすくなっているものというのは、そりゃ、添加物入っていますよ。

当たり前です。

アメリカの有名な「ミネラルファンデーション」、日本にも入ってきて、草分け的存在というんでしょうか、今でも普通によく名前をきくメーカーなどなど。。。

成分表に、あまり日本でなじみのない成分が。。。。

アメリカ製のミネラルファンデには、たいがい入っているそうで、欧米人には刺激がなくても、日本人には刺激があるそうです。

だから、ダメなんですね~。

かりに、その成分が「ミネラル」だからといって、「ミネラル」=「安全」ではないんです。

そんなに、自然のものがいいと断固言い張る方は、山芋顔に塗ってみたらいいんですよ。

私は絶対にしませんけどね。

里芋の皮を剥くのも、痒くなるのでキライですから、チンしてから、皮を剥きます。

漆もそうでしょう。草木の汁もそうです。

自然のものも、いわゆる「アク」がありますから、食べられても、肌に塗っていい、とはならないし、かぶれるものなんて、山ほどあります。

地球にやさしくても、人には優しくないとか、肌には優しくない、とか色々です。

日本人の肌は、とってもデリケートです。繊細というか、敏感というのか。。。

私の個人的な意見ですが(証拠も何もありませんが)、世界中で一番デリケートなのは、日本人の肌では?と思っています。

理由は、メーカーが言うままに、化粧品でもなんでも買って、いじりすぎるからです。

触り過ぎですね。

で、そんだけ触るから、そりゃ赤くもなるし、乾燥もするし、シワもシミも増えるし、となるのは当たり前なんですが、そうやって、ひどくしておいて、それを気にする人種というか、ものすごく気になるんですよね。

気になるから、またメーカーの言うがままに、化粧品を買って、よけいおかしくなって、と雪だるま式に悪循環にはまっている方のなんと多いことか!

海外の化粧品全部がダメとは言いませんが、私は、国産派です。

国産に該当するものがなくて、仕方ないから海外のものを、というのは、本当に仕方ないのかもしれませんが、日本人が日本人のために開発したものですから、欧米人が開発したものよりも、そりゃ、合うでしょ、と思います。

まして、スキンケア商品なんて、超敏感肌・気にし過ぎの日本人ですから、その辺のことをわかっている商品じゃないと、「合わない」わけです。

赤くなろうが、多少違和感があろうが、キレイにのらなかろうが、日本人以外の一般の方は、そこまで気にしていないと思います。

白人なんか、ファンデ塗っている人も少ないし、顔は赤いわ、シミは多いわ、シワも多いわ。。。でも、あんまり隠そうともせず、気にしている人って、少数派で、みなさん、開き直りというか、根本的にあまり気にされていらっしゃらないんだと思います。

根本的な文化と考え方が違うので、

(韓国と日本も、美容に関して、ホントに全然違いますよ。アジア圏は同じ、というわけではありません。日本人と日本人以外、とでお考えください。

日本人の肌も考え方も、一番わかってくれるのは、日本人だと思います。

そうやって考えると、国産で間に合うなら、そのほうが絶対いいと思うし、今度は、国産の中から、自分に合うものを選んでいくわけですが、本当の「ミネラルファンデーション」を使いたい方は、私調べですが、この「ビューティフル・スキン」のみだと思います。

このシリーズは、ファンデや日焼け止めだけではなくて、色モノがいろいろあって、一おとりのメイクをするには、全然困らないので、それがなによりのお勧めポイントです。

ホントに肌の弱い方って、メイク用品なんて、夢の夢で使えませんからね。

たまに、患者さんから、「肌にいい、アイメイク用品(アイラインやアイシャドウなど)を教えてください。」と聞かれますが、「そんなものはありません」と今まで言ってきました。

そもそも、化粧品っていうのは、バリア機能が保たれている方(お肌がある程度健康ということです)じゃないと、添加物が刺激になって、使えないわけです。

肌が元気な方のためにある、というか、元気じゃないと、すぐに添加物に負けてしまうわけです。

ところが!このメイク用品のおかげで、「あるやんっ!」となりました。

アイラインも引けちゃうんですよね~。

(コツがいりますから、処置時にお聞きください。今日伝授していただいたコツです。ウフフ♡)

今日、担当の方に付けていただきましたが、これ、ホントに落ちませんね。

汗かいても、へっちゃらです。

擦ったり、拭いたらダメですけど(当たり前ですが)、ホントに落ちないのにはビックリ!

プロの方なので、とても綺麗に付けてくださいました。

いつもより、肌が綺麗に見えます♡ ウフフ♡

私が自分でてきと~に付けたのとはわけが違う!

素晴らしいっ!!

いろいろなコツを教えてくださったので、これはまず使うとっかかりが出来て、変えていきやすいかも。。。

いや=、ホントに目から鱗です~。

いろいろ聴いたり、お試しをされたい方は、ご予約時におっしゃってくださいね。

処置時間が短かったら、説明は全部終わりませんし、時間が空いていないと、お試しはできません。

試したい方は、事前にご連絡を。試さずに、買うのは止めるまではないですが、せっかくだから、試してから買った方がいいでしょう~。

ぜひ、お試しを。

ホントに、肌への炎症(赤み)は、かなり減るでしょう~。

最近、TVの番組などで、肌が綺麗な芸能人の話題が多いですか?気のせいでしょうか。

番組の場合は、事務所の関係や、自分の局でやっているドラマに出ている人の番宣だったり、その番組に出演している人を出してあげたり、などなど。。。

「お約束」というのもあるでしょうから、まあ、ただのどうでもいいランキングですよね。

メイクでいくらでもごまかせる場合もあるし、ライトをビカビカにあてると、シミやシワも多少のものは吹っ飛びますしね。

本当にキレイかどうかなんて、スッピンを見ないとわからないし、ホントにどうでもいいことですね。大きなお世話ですね。

モデルさんにしろ、女優さんにしろ、特に女優さんでしょうか、メイクは自分で好き勝手にする、というわけにいきませんから、撮影中に、日焼け止めを塗りたいから、と足すこともできないですし、肌に合わない、あるいは塗りたくない化粧品を塗られることもあるかもしれません。

特に、カツラをかぶる仕事(時代劇とか)だと、ビンチョウ油でニキビが出たりしますし、ライト焼けもありえます。

仕事時間も不規則で、夜中起きているとか、寝不足なことも多いでしょうし、生活リズムを規則正しくなんて、自分の意思だけでは不可能でしょう。

食事も、現場のお弁当だと、野菜も足りないし、全般的に栄養が足りません。

芸能人って、ホントに、ハードだと思いますよ。

売れている時は、仕事つめまくりですものね。

そういう忙しい中で、肌や体調に気を遣っておられるところが、やはりプロだし、体が資本でいらっしゃいますから、素人とかける意気込みが根本的に違うのでしょう。

じゃあ、自分たちの周りにいるキレイな肌の子は、どういう子でしょうか。

まず、若い。

若くて、肌が綺麗なのは、当たり前です。

いろいろな年代の女性がいたら、若い子のほうが肌が綺麗なのは、そりゃそうでしょう。

なので、職場や普段の場で、人と肌を比べても、年齢が違えば、肌も違うわけです。

若い子と張り合っても、根本的にムダですから、違う面で張り合いましょう。

肌に、凹凸がない、まだら感がない、というのが、キレイに見えますね。

シミ・そばかすはあってもいいんですが(誰でも、ひとつふたつ、シミがあります。)。

化粧で十分隠れるくらいだったら、全然OKですよ。

できれば、赤みなどの炎症も起こっていない、健康である肌、というのが、理想でしょうか。

あと、若い時は、どうしても乾燥肌気味のほうが、ちょっと肌が綺麗に見えます。

それは、皮脂が少ないから、毛穴があまり大きくならないんですね。

皮脂が少ないと、鼻ですら、毛穴の開き(くぼみ)が目立ちません。

皮脂も多いと、若い時は、ニキビが出やすいこともあるでしょうし、皮脂が酸化して、過酸化脂質に変わり、肌に炎症を起こして、赤くなったりすることもあります。

皮脂というのは、トラブルを起こすことも、若いと特に多いんです。

「乾燥肌」に生まれてきたかった、という方もいらっしゃるでしょうが、毛穴にとってはいいかもしれませんが、もうちょっと年をとると、今度は、乾燥肌の方は、シワが多くて悩みだしますから、乾燥肌も皮脂が多いのも、一長一短です。

どちらの肌に合わせて、化粧品を買うか、というのは決まってくるわけです。

皮脂もね、ある程度はあったらいいんですが、多くても困るんですよね~。

コントロールは難しい。。(市販のもので自分でするのは、止めておいたほうがいいかな、と。。

肌質というのは、ホントに人それぞれですから、肌に合ったスキンケアが大事です。

もちろん、肌質にあった化粧品選びというのも大事です。

(化粧品の場合、化粧品に何を求めるかで、お勧めのものは全然変わってきます。

化粧品は、ある程度、目安は必要ですが、おかしなモノを使わないように、本当に品質のいいものであることが大事です。

その辺の見極めは、自分でもある程度できないと、結構大変なので、せめて、取説・成分表くらいは見るクセをつけてくださいね。

火曜日は、時間があると、沢村一樹さんの「ブラック・プレジデント」を観ています。

沢村一樹さんのファンなので。

結構おもしろいですよ。イケメンだし。

終盤に、ちょっとホロッとくる良いことを言っておいて、必ず最後に、オチがあるというお約束の展開です。

基本1話完結なので、観たことない方は、ぜひどうぞ。

さて、洗顔方法ですが、ここ最近、「え~っ?!」という洗顔の方が数人続いたので、ちょっと注意事項を書いておきます。

うちで数人見かけたということは、世の中にはたくさんいらっしゃるということなのかな、と。。。

以前にも、数人続いたことがあって、前にも書いたと思うんですが、新しいバージョンです。

いつも来られている方ではなく、ものすごく久しぶり再診の方や初診か2回目の方々ばかりでした。

基本、私がお勧めしている洗顔料は、純石けんです。石けん素地100%で、他に混ぜ物が全くないものでの、1度洗いのみです。化粧をしてようが、ウォータープルーフの日焼け止めを塗っていようが、これで1度洗いのみです。

これで、ひりひりする方や、乾燥するとか何か困ることがある方の場合は、お肌の状態に合わせて、洗顔料を変えています。

また、カバー力の強いファンデを使っている方、日焼け止めを結構塗りなおしてをしてくださっている方の場合、純石けんのみでは落ちが悪い場合があって、それが気持ち悪い・我慢できないという方には(アイメイクを毎日しっかりする方にも)、大島椿の椿オイル(精製度の高いほう)でなじませてから、純石けんで洗顔してもらっています。

(詳しくは、処置中にお聞きください。まあ、うちの肌系の処置をされている患者さんのほとんどは、ちゃんとされていますので、今更ですが。)

ちゃんと洗って、それでも化粧や日焼け止めが残っていた場合は、ほっといて構いません、と言っています。それ以上、深追いして、2回目の洗顔をしたり、ふき取りを足したりしない!

でも、クリニックで、診察前とか処置前だけは、しっかりと落としてもらっています。

メイクなどが残っていると、ダーマスコピーで肌をアップして診るのに、邪魔になったり、処置の時は、レーザーが反応してもダメだし、光を吸収したり、逆に反射したり、何が起こっているのかわかりませんから、この時だけは、ちゃんと落としてもらっています。

なので、クリニックの洗面所には、普段は勧めていない、クレンジング類はいろいろ置いてあります。(一応、少しでも負担のないように、と選んでいますが、純石けんよりは、もちろん負担があります。)

患者さんが、何を肌に塗ってきているのか、ファンデ塗ってきたのか、日焼け止めだけか、日焼け止めは、ウォータープルーフか汗に強いのか、アイメイクはしているのか、などなど洗顔前にお聞きして、クレンジングの種類を変えています。

純石けんも置いてはいますが、メイクやウォータープルーフの日焼け止めなどの場合は、それだけでの洗顔はしていません。

万が一、落ちなかったり、残っていたら、困りますから。

(ここで、ウソをつくと、ちゃんと落ちないので、適当に言う人は困りますよね~。

貴女のために、聞いてるんだから、困るのは、私ではなく、貴女ですよ~。)

ちょっと前に、洗顔時に、全然ちゃんと洗っていない方がいて、うちのスタッフが注意したらしんですが、私は見ていなかったので、どうされていたのか聞くと、(この時は、泡のクレンジングソープで1回洗いのみだったかな。。)、泡をちょっとずつ、頬、おでこなどに、ちょこんとのせて、指先で、そのちょこっと分を、くりくりと数回回して、洗い流したそうです。。。

(泡を全体にのせることもなく、指で触ったところ以外は、ほぼぬるま湯のみの状態になっているわけです。)

いや、ファンデにしろ、日焼け止めにしろ、落ちているわけないですから。。。

別の方は、保湿しかしてきていない、ということだったので、純石けんでの1度洗いをお願いしたんですが、処置室に入ってくると、両頬に、思いっきり、ファンデらしき肌色が残っていて、「?!?!?!」

。。なんで?塗ってきてないって。。?

(前日のBBクリームだそうです。。)

これだけ残っていたら、もう一度洗顔してもらっています。

クレンジングオイルと石けんのW洗顔だったんですが、顔に、化粧水や乳液をのせるように、のせて、指先だけで、ちょこっとくるくる回して(もちろん、頬全体も顔全体も触っていません)、ほとんど数秒(10秒もないです)で洗い流そうとしたので、「それでは落ちませんから」と、ちゃんと洗ってもらいました。

その後の、石けん洗顔も同じような感じでした。

W洗顔の2回目洗顔する目的は、1回目の洗浄剤が肌に残っていたら、肌に良くないから、それを落とすためにあると思います。

1回目で、落ちにくかった部分も、2回目でさらに落とす、という場合もあるでしょうけど、W洗顔するように言っているクレンジング剤を、時々1度洗いのみで止めている方がいて、洗剤残っていますから。。。ちゃんと落とさないと、肌、荒れますよ。。。

台所洗剤の「チャレンジ・ジョイ!」じゃないんだから、そんな肌にのせただけで、みるみるファデや日焼け止めが落ちるなんて、ないですよ。

もし、一瞬で落ちたら、そのクレンジング剤、怖くないですか?何がはいっているんねん。。って。

他に、乳液を押し当てるような感覚で、クレンジング剤をずっと肌に押し込んでいる方。。。

しばらく、手で押しながら、じっとしてるんですよね。

クレンジングを押し込まなくても、いいのでは?

ついでに、すずぎの水(ぬるま湯)も、肌にずっと押し込んでいました。。

一体何を、そんなに、押し込みたいんでしょう。。

特に、2回目は、さっさと1回目の洗浄剤を落としてしまうほうがいいので(もちろん、1回目の洗浄剤も、押し込んでいる場合ではありません。)、手早くされたほうがいいのでは?と思います。

1回目の、ぬるま湯で落ちなかった、残っている洗浄剤を流すだけでいいんですから。

ファンデや日焼け止め(しかも汗に強いとかウォータープルーフとか)を使っているのに、水(ぬるま湯)のみで洗っている。。。

などなど。。

。。。。どして?

また、誰かがどっかに書いたの?マネしてるの?どこの誰?それ書いたの?

「チャレンジジョイ」ではないので、ちゃんと純石けんで洗うにしろ、クレンジングにしろ、顔にたっぷりのせて、摩擦が起こらないように、なじませて、指も揃えてて手の平と1枚になったように手指全体を使って、なでるように洗ってあげる。

顔が変形するほど、押さないでくださいね。力は入れない!指先で洗わない!(指先だと力が入ります。洗う面は、大きくして。)

なじでしまったら、すぐに水(ぬるま湯)で洗い流す。

しっかり、たっぷり。生え際もね。手の平を、すすぎの時に押すんじゃなくて、水をかけることに徹します。

純石けんの1度洗いで、それでファンデなどが残っていてもいい、と言っているのは、ちゃんと洗ったのに、それでも残っている場合です。

(落ちるのに)落とさなくていい、と言っているわけではないです。

ちゃんと純石けんで洗った場合、残っていたとしても、微々たるものですから。

でも、ちゃんと洗顔料をなじませていなかったら、何を使っても落ちるわけありませんから、結果顔を洗っていないのと、結果は、ほぼ同じことになってしまいます。

ファンデや汗に強い・ウォータープルーフの日焼け止めを使っておいて、水(ぬるま湯)のみで落ちるなんて、あり得ません!

ワセリン基剤の日焼け止めなら、落ちるのかもしれませんけど。。。

使ったことがないので、これはわかりません。

顔に保湿剤しか塗っていないのなら、水(ぬるま湯)だけでも構いませんけど、化粧して、そりゃ、無理でしょう~。

化粧をする、日焼け止めを塗る、となると、洗顔料は「何か」使わないと!

水(ぬるま湯)だけで洗顔したい方は、ファンデや日焼け止めは使ったらいけません。

だって、落ちないから。

「なんかおかしい。。。」と洗顔に疑問を持っている方は、早速試してみてください。

クレンジングを止めるだけで、1か月もあれば、お肌は結構変わりますよ。

早い方で、1週間くらいで、「あれ、なんか。。。」と変化が見えることもあるし、個人差も大きいですけど。

ちなみに、いつまで経っても変化がない、という人は、おかしなことを他にもたくんさんやっているから、肌が綺麗にならないんです。

それだけではないんですね。。。

先日発売の美STに、クリニカタナカの田中洋平先生が取材を受けておられました。

日焼け止めの特集のところで、ドクターエビーゼの日焼け止めと一緒に、近赤外線も皮膚を老化させるので、カットしたほうがいいということが少し載っていました。

まだご覧になっておられない方は、本屋さんで、どうぞご覧ください。

近赤外線研究者の第一人者と言ってもいい田中先生に、取材をしたのはいいと思いますが、取り上げ方が、ほんのわずかなコメントのみで、全然ダメですね~。

ちゃんと田中先生で、バーンっ!と1~2ページくらい、近赤外線について特集しないと!

化粧品メインの雑誌は、(おそらく)全ての化粧品会社がスポンサーですから(ケンカして、もめていない限り)、ドクターエビーゼのことばかり取り上げていたら、他の会社からクレームが出ますからね、まあ、取り上げられないんでしょうけど。。

特に、近赤外線をちゃんとカットしてくれるのは、ドクターエビーゼの一人勝ちだと思うので、まあ、大々的には書けませんよね~。仕方ないです。

前回の号では、「塗らない日焼け止め」特集をして、読者に、これをしたら塗っているのと同じ効果が出るかのような記事を載せておいて、今回は、日焼け止め特集で、塗れ!塗れ!とは。。。

180度全く考え方の記事を載せるのには、あきれてしまいますが。。。

塗れなかった場合や塗れない方が、何かできることがあるか、と、もうちょっと科学的に記事にできないんですかね。できないんでしょうね。仕方ないですよね。

さて、日焼け止めの話が出たついでに、うちの患者さんの日焼け止めの話をしておきます。

初診や再診でも、肌の調子がホントに悪い時や炎症(赤みなど)のひどい時に、日焼け止めは塗るようには言っていません。

日焼け止めは、やはり保湿剤よりも添加物が多く、ある程度肌が健康なので、塗れるわけです。

健康でない時に、添加物の多い(どんなものであっても)日焼け止めは、かえって刺激になるかもしれないし、肌の炎症を悪化させる可能性もあるので、肌の炎症の度合によっても内容は変えていますが、基本止めてもらっています。

肌が元気になってから、使う、というのをお勧めしています。

なので、その間は、なるべくアウトドアはせず、日に当たらないように過ごすしか方法がありません。

四条通り歩いているだけで、太陽光にあたるわけですから。

帽子・日傘も下や横から入ってくるとは言え、しないよりはマシですから、外に出ないといけないならしていただいています。

外もなるべく日陰に入るようにしてもらいます。

それで十分ではありませんが、日焼け止めも塗れないけど、外に出ないといけないなら、そうするより仕方ありません。

日に当たった分、赤みの炎症のある皮膚は、色素沈着も起こしやすいですが、家の中にお籠りで暮らしていける方ばかりではないので、全部が落ちついてから、もしできてしまったシミや黒ズミはその後で、治療をするしかありません。

絶対消して、元通りにできるか?と言われると、約束はできませんが、その時にできることをするしかありません。

無理して、日焼け止めを塗ったところで、皮膚炎を悪化させて長引かせたら、何をしているのか本末転倒です。

我慢も時には必要です。

最悪の事態を脱したら、状態によって、使えそうな日焼け止めからお勧めしています。

それを使って大丈夫かどうかは、実際に使ってもらって、様子を見ないと、それはわかりません。

まあ、どこかで始めないといけませんしね。

あと、ニキビ肌の方や本当の脂症の方の場合、日焼け止めを塗り直しして、ブツブツができた経験があったりする方もいて、塗り直しが怖い方もいらっしゃいます。

脂症くらいだったら、それほど問題はないんですが、ニキビの方は、ニキビが新しく増える、というのは、ものすごいイヤなことですよね。

うちに来られる初診の方の半分(ブログを見ていないとか、実践していないとか)は、ものすごく間違ったスキンケアをされていることが多くて、そのせいで、ニキビを悪化させている方が圧倒的多数です。

ニキビ用の薬を何にも使わなくても、スキンケアでいらんことをしなくなっただけで、ニキビが出なくなった、ということもあります。

(要は、肌が、「やめて~!」とSOSを出していただけなんですよね。今やっていることの中に、おかしなことがあるよ、ということに気づいてあげないと。)

純粋なニキビの方もいますが、どちらにしろ、変なことをたくさんして、肌も炎症を起こして、おかしくなっていますからね、まずは、スキンケアで、健康な肌にして、日焼け止めはそれから、です。

どんなにいい日焼け止めでも、肌が弱っている時に塗っても、ブツブツが出るかもしれないし、痒くなるかもしれないし、健康な時に塗るのとは違う反応が出る可能性があります。

所詮、化粧品というのは、健康は肌の人が塗るように開発されているモノなんです。

「健康」の幅は、かなり広いのは広いので、クリニック用の化粧品などは、ある程度対応できることもありますが、完璧ではもちろんありません。

使えない時は使えないんです。使ったら、いけない時というのももちろんあります。

肌は生きていますからね~。

肌を健康にしてあげている間に、自分に合う、品質のいい日焼け止めを探す、というのを、いつもお勧めしています。

見つけるのに、時間のかかる人は、結構かかりますからね。

お肌が健康になったら、すぐに日焼け止めが塗れるように、スタンばっておくわけです。

元気に戻すのと、全部同時進行でいくわけです。

そしたら、シミの光治療をしたいとなっても、スムーズに行けます。

初診から、いきなりシミ治療でバンバンいけるというのは、健康でないとまず無理ですし、日焼け止めが塗れる状態の肌でないと、なかなか難しいと思います。

健康であって、ご本人にやる気がちゃんとあれば、バンバンとまではいかなくても、普通にやるのはできますけれど。

肌の調子がいい、というか、「健康」である、というのは、実はとてもありがたいことです。

体の調子が悪い時に、肌だけ綺麗で健康、というのはできません。

肌も体の一部ですから、特に、胃腸が荒れていると、栄養がうまく吸収もできないし、肌にまで栄養が回って来ません。

肝臓や腎臓がやれると、解毒作用もうまくいかないし、特に肝臓はいろいろな栄養も作り出してくれるところなので、とても重要です。

心臓も肺も、もちろん脳も、臓器の病気のある方は、あせらず、できることからしましょう。

体が元気になったら、自然と肌も戻ってきますから。

長期にかかる病気だったら、内臓に負担をかけないような、スキンケアだけやりましょう。

(詳しいスキンケアは、個別に診察しないと、一般論で書けるものではありません。)

今、うちで取り扱っている日焼け止めが9種類だったと思います。

肌が健康な方であれば、どれを選ぶのかは、その方の好みです。

いつ塗るのか、汗はどれくらいかくのか、紫外線吸収剤はあってもいいのか、色つきがいいのか、などなど。

それで絞りこんだ後は、塗り心地の好みですね。

毎日おそらく塗るわけですから、自分のイヤな塗り心地のモノを買っても仕方ないでしょ。

初診の方で、たまに、パウダールームで日焼け止めを試し塗りされることもなく、化粧も全部終わってから、受付カウンターで、「どれを買えばいいですか?」と聞いてこられる方がいます。

試したかどうか聞くと、全く試さず、ファンデを塗っていて、なんで。。?と思います。

(パウダールームの案内時に、日焼け止めの説明は全て行って、試していただくよう、申し上げているんですが。。)

試せないモノは仕方ありませんが、試せるなら、絶対に試して買いましょう。

自分のことなんですから。

その方の塗り心地がどれが好きかまで、そこまでの世話は焼きません。大人ですからね。

好みがあるからこそ、これだけの種類を取り揃えているわけで、環境やTPOに合わせて、自分で選ぶ気もない人は、美容医療は止めておきましょう。

他力本願でうまくいくものなんて、ほとんどありませんから。お金巻き上げられて終わりですよ。

日焼け止めなんて、塗ってみたら、塗り心地がそれぞれ全然違うんですから、試して、と言っているんですから、とりあえず試せ、と思いますけど。考えたって、使って見ないとわかんないですから。

その場で合う、と思って買っても、実際使ってみて、2週間くらい様子を見ないと、本当に自分に合うかはわかりません。

2週間試せるテスターをくれることはまずないので、買うしか方法はありませんが、塗ってみて、院内にいる短時間お間に、かゆみや何か違和感が出てくるなら、それは、ちょっと買うのを一旦止めたほうがいいです。たまたまかもしれませんが、違和感が出たものは、止めてもらっています。

まれですが、そういうこともあります。

誰でもいける万能のモノは、存在しませんから、ちゃんと自分で選びましょう。