プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2013年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

  • スクリーンショット (271)
  • スクリーンショット (237)
  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719

ホーム > 2013年01月



アップするのが遅くなり、申し訳ありません。

2月のキャンペーンのお知らせです。

 

寒くて乾燥する日が続きますね~。寒さも折り返し地点でしょうか。

寒いと、出かけるのがイヤになる日もありますね。

さて、そういうおこもりしたい季節ですから、やはりホームケアの充実というのも、いいですね~。

光やレーザー治療は確かに素晴らしいですが、保湿の役割は果たせませんから、ホームケアはホームケアで、役割分担が違います。

 

今回のキャンペーンは、期間中、3万円以上の処置をされた当日に、化粧品やサプリメント、一部の医薬品をご購入いただく場合、対象商品は、全て10%オフとさせていただきます。

これを機会に、使ってみたかった商品を試されるいいチャンスですし、いつもお使いの化粧品、あるいは、飲んでおられるサプリを、少し買い置きされておくとお得かも。

ナビジョンのパックとかアスタキサンチンやプラセンタが人気です。

密かな人気は、ビタミン剤などのサプリや日焼け止め・まつ毛や頭の育毛系です。(みなさん、素晴らしい!さすがです!)

全く初めての商品をご購入される際は、カウンセが必要なものもありますし、使い方などご説明させていただくものもありますので、お電話や処置時にお尋ねくださいませ。

商品は余裕をもって、ご用意しておりますが、海外からの個人輸入のものや、遠方の方が大量に買いだめされたりなどもありますので、ご購入予定の方は、お早目にご連絡ください。在庫分を確保させていただきます。

もし、在庫切れが起こって、キャンペーン期間が終わってしまいそうでもお手続きをしていただきましたら、ご用意しておきますので、ご安心ください。

そして、イオン導入のキャンペーンも追加です。いつもの半額で追加できますから、とてもお得です。

バレンタインプレゼントです。

ホームケアよりも、クリニックでの処置を充実されたい方用ですかね。

イオン導入のキャンペーンって、実は、結構人気なんですね~。

気にはなっているけど、毎回するのはな。。という方がキャンペーンを利用される感じでしょうか。

イオン導入って、確かにいいんですが、1回で、それほど効果がわかるものではなく、まあ、症状によって、なんか違う、ちょっと嬉しい、くらいのことはわかることもありますが、やはりチリも積もれば山となる、で、回数を重ねないと、わかりにくいと思います。

今、何か直接お困りであれば、イオン導入を足せば、改善するのを手伝ってくれたり、と結果がわかりやすいこともあります。

寒い季節、トラネキサム酸も人気ですし、プラセンタのイオン導入も依然として人気ですね~。

毛穴が気になる方は、グリシルグリシンを足すのもありでしょう。

まあ、ビタミンCは、脂性(脂性+ニキビとか)でお悩みなら、されてもいいと思いますよ。

 

さて、今回のキャンペーンのお菓子は、お待たせしました!

2月!バレンタイン!チョコレートですよね~!

(愛の告白とかよりも、やはりチョコの日でしょ!)

なんと!オーレリーの、ショコラ・パリジェンヌです!

これはね~、ブラウニーの上に、生チョコがコーティングされていまして、チョコとブラウニー好きにはたまらんおいしさです!!

受注生産となったオーレリーですが、このショコラ・パリジェンヌは、3本以上からの注文になりますから、ひとりで頼む場合は、ちょっと多いかな、と食べたいのに、なかなか注文ができない、というジレンマの、憧れのお菓子だったんです。

今回、オーレリーのご主人と奥様とご相談させていただき、実現いたしました~!

この機会に、ぜひどうぞ!

今回は、多くの方に味わっていただきたいので、3万円以上のお支払をされた方にさせていただきましたので、大勢の方に召し上がっていただけると思います。

1月の和菓子は、なかなかいいものが見つかりませんでしたね。。和菓子の日持ちする、小さいものって、ホント難しい。。

和菓子でおあいしいとなると、生菓子か大きなタイプか、になっちゃいますね。

みなさん、洋菓子のほうがもらわれた時のテンションは、とても高いです。

来年から、お正月のお菓子も洋菓子にしようかしら。。(お正月なのに?)

 

 

 

ホントにおススメしない化粧品第5弾ですが、「自然派」「無添加」風を装った化粧品をする予定でしたが、予定を変更させていただきます。

「出所のわからない化粧品は使わない!」強化月間です。

(って、1月も終わっちゃいますけど。。)

 

先日来られた患者さんのお肌がボロボロでした。

かなり赤くて、その原因は、ものすごい毛細血管拡張です。

紫外線の影響もありますが、かなりお肌に負担がかかっている様子。。。

ダーマスコピー(肌を50倍で診るレンズです)で診てみると、角質がめくれて、ひどい状態に。。。

違う種類のクレンジング2種類を使って、2回洗顔していたのもありますが、全く保湿が追い付いていない状態でした。

ほとんど顔中肝斑で、肝斑治療になったわけですが、慢性的な炎症(刺激)があると、肝斑は良くなるわけがありません。

これは、絶対、おかしな化粧品を使っているな、と思い、ひとつずつお聞きしていったんですが、(それで、クレンジング2種類で2回洗顔していることも判明)、保湿の分がホントに追いついていない状態でした。

保湿は何を使っているのか、お聞きすると、「化粧品じゃないんですけど、卸してもらって、それを使ってます。」と、よくわからない答え。

薬局を経営されて、卸されているわけではないそうで。。。医薬品じゃないなら、化粧品ということにしかなりません。(医薬部外品というのもありますが、薬剤師の資格もないのに、医薬部外品を卸しで買うことは、まあ、できません)

????

よくよく聞いてみると、ある施設(というか企業?)の会員になって、分けてもらうんだそうです。(卸価格ということ?)

で、患者さんは、「化粧品ではないんです。」とはっきりおっしゃいます。

(いえ、化粧品でしか、ないんですけどね。)

 

なんか怪しいな。。と思い、なんていうメーカーですか?というと、「そういうメーカーではなくて、IPSなんとかかんとか(すみません、聞き取れませんでした)研究所です。」

 

。。。。怪しすぎます。。。

 

私が開業する時点(2年半前)で、そういう「○○研究所」とか、「アンチエイジング○○」「ホワイトニング○○」「なんたらセンター」とか、消費者にとって、いかにも効果があると思わせるような、あるいは、公的機関と勘違いさせるような名称は使わないように、と厚生労働省が禁止していました。

その取決めの前に、もう名前をつけてしまった分には、改名まではさせないけど、看板類は認めない、となっていたはずです。

これは、クリニックだけでなく、エステ・接骨院・整体院など、全てにあてはまると理解していました。

どうして、こんなことを厚生労働省が決めたのかというと、そういうところで、トラブルが相次ぐからです。

もちろん、そういう名前でもちゃんとやっているところもあるでしょうし、公的機関(ホントの国とか、都道府県・市町村が使ったとか、準公立の施設)であれば、○○研究所や、○○センターという名前はあります。以前からもあるし、新規でもあります。

なんとかセンターとか、なんとか研究所とかすると、いかにも公的機関っぽくなるし、そこに行ったら、効きそうな気がしますよね。

イメージがいいというか。。。

そういう、根拠がないのに、名称にするな、というのが、厚生労働省の見解なわけです。怪しいから。

だから、そういう、「いかにも」的な、怪しい名前をつける企業(クリニックも)というのを私はあまり信用していません。

 

だから、「IPS」という単語を名前に使うのもおかしいし、最後に「研究所」とまでつけて、しかも「会員制」でないと、買えない、と揃えば、おかしすぎます。

 

「会員になるのに、それ、どうやって見つけたんですか?」

「友達にいいって、勧められて。」

「それ、マルチ商法じゃないんですか?」

「マルチとかじゃないんです。私がいいと思って、勝手に買っているんです。」

「大量に在庫とか持っていないんですか?」

「大量じゃないけど、。。3本くらい、まだあります。」(もっとあるのかもしれませんね。)

「1本おいくらですか?」

「1本、8000円ちょっとです。」(化粧水と乳液の間みたいな感じ、とおっしゃってました。)

 

話を聞いているだけで、マルチでしょ?と思いました。

まあ、マルチかどうかは置いておいて、ともかく、その化粧品がホントに信じているくらい、いいものであるなら、どうして、貴女のお肌は、そんなにボロボロなんでしょう?

おかしいでしょ?

合ってないんですよ。

また、そんなものは、中身も成分表示通りかどうかも確認なんてできないし(表示自体が信用できるのか、ということです)、ホントにそこまでいいものなら、もっと評判になるし、美容皮膚科の業界まで伝わってくるだろうし、会員制なんてしないで、表(社会)に出てきて、ちゃんと販売されますよ。

ということを説明しました。

でどころのわからないものは、使わない!

まだまだ、そんな怪しいところがあるんだな、と思いましたが、念のため、山中教授のIPS細胞となんの関係もないか調べてみました。

IPS細胞を使っていけば、病気の医療の分野だけでなく、将来的に美容など、他の分野も含めて、莫大な富を生むことをわかっておられて、世界中のいろんな企業が開発を狙っているわけです。

ヘタすると、一部の企業が技術を独占してしまって、利益追求に走り、独占販売にならないように、患者さんが良心的な価格で、そういう医療を、将来的に提供してもらえるように、ただいま奔走されていらっしゃいます。

いろんなベンチャー企業とも一緒に開発もされていらっしゃいますし、研究費はまだまだ莫大に必要ですから、寄付金も多額が必要でしょう。

もしかしたら、そういう寄付のための会員制のベンチャー企業でもあるのか、と思い、調べてみました。

将来的には、IPS細胞を利用した化粧品(医薬品)も出るでしょうが、まだそんな(一般の方が購入できる)レベルまで行っていないはずだろうけどな。。。と思い、ネットで、「IPS細胞 研究所」と検索をかけても、山中教授のホントのIPS細胞研究所しかヒットしません。

「IPS細胞 研究所 化粧品」としたら、もっと出てきません。

 

。。う~ん、はっきり名前聞くべきだったな。。。

(そういう意味でも、当たり前ですが、山中教授とは全く関係のある企業ではありません。)

 

そこで、「IPS 研究所 化粧品」と検索すると、ヒットしました!

 

でも、そこの企業のHPというより、被害者の会みたいな、被害にあった方や知人に勧められて困っているとか、勧められて買うべきかどうか悩んでる、みたいなサイトでした。

被害者の方が大勢書き込んでおられるようで、大半の悪口というか、まあ、想像通りのことが淡々と並んでいるというか、マルチっぽいところの企業反対派の意見としては、当たり前のことが並んでいるだけでした。

ただのふつうの化粧品を、さもものすごいように、広告をして、熱心に勧めて、強引に買わせるような。。

その中で出てくるのが、マルチ商法だから関わらないように、ということが山ほどでした。

いろいろ検索をその名前でかけていくと、とうとうその企業のサイトまでたどり着きました。

今は、名前を変えて、HPも、一見ただの、よくある、ようわからん化粧品のサイトです。

(新しい名前にも、「IPS」の名前は残してましたね。「研究所」は、取れましたけど。

かなり昔から、「IPS」という単語を使っておられましたが、山中教授のIPS細胞とは、なんの関係もなく、なんかわけわからん企業理念の英語の頭文字を並べただけでした。

マルチ商法がかなり問題になって、騒がれ出したころに名称を変えたのか、別の理由なのかは、わかりませんが。。

ただ、購入方法が、必ず販売員から直接買ってください、ネットではお売りできません、とかなり特殊な方法です。

知人に販売員がいないら、その企業が販売員を紹介してくれるそうな。。

あるいは、販売している各施設に行って買ってください、というものでした。

販売代理店というのが、エステっぽいところ(接骨院?整体院?みたいなものも混ざってました。)で、そこが卸していて、そこ行って買うようなシステムらしいです。

そういえば、被害者の会みたいなサイトで、エステでしつこく勧められて困っている、みたいな記述もありました。

 

どの書き込みを見ても、マルチのことばかり書いてあり、誰かに売れば売るほど、卸す側(紹介した側)は安く買えるような感じです。

(その辺の詳細は、おそらく関わらないと、教えてもらえないシステムになっているようです。だから、ネットを見ただけでは、本当のことはわかりません。。。

ただ、その企業が自分のところのサイトの化粧品紹介ページに載っていた値段と、患者さんが言っていた値段とで、かなり差があり、ネットだと、1本12000円くらいだったかな、と。

卸の値段ってやつでしょうか。。

商売をしているわけでもないのに、一般の方が、卸で買うということは、普通できません。

お店によっては、一般の方もOK!みたいに、不況のせいもあり、昔よりは増えたと思いますけど、それでも業者専用と一般小売OK、とまだまだ区別されているように思います。

仮の話ですが、マルチ商法っぽいような、法律すれすれでやっている企業があったとして、法律すれすれですから、違法行為ではありませんよね。

でも、「友達がとてもいいと勧めてくれた」化粧品は、実は、その辺にある、どうでもいい化粧品で、でも、値段は、高級化粧品並みに取られていて、でも、自分は、その使い心地に満足している(そりゃ、高かったですからね~)し、強引に勧誘されたわけでもないし、自分から進んで、ちょっと大目に(どうせ使うものですものね)買っただけだから。。。

と、自分に言い聞かせて、あるいは、本当にそれで満足されていれば、問題はないのかもしれません。。。

でも、その勧めて友達は、ホントにいいと思っていたのではなく、買ってくれたら(紹介して会員を増やして、なおかつ買ってくれれば)、自分にはマージンが入ってくる。

そのマージン欲しさに勧めたのだとしたら?

どこにでもある、ただの化粧品を。しかもバカ高いのに。

 

それって、人間不信になりませんか?ショックじゃないですか?友達と思っていた人に利用されただけなんて。

マルチ商法の一番ダメなところは、もちろん強引に買わされた、というお金の問題もありますが、商品が粗悪な場合、それが化粧品やサプリだったら、健康被害も出るかもしれない、そして、勧めたのがエステとかなら、関わらないようにしたらいいですが、友達だったら、心にも傷がつくでしょう。

お金と時間以外にも、お肌も体も心も傷つくわけです。

 

ホントにいいものだったら、もっと世の中に出てきますって。時間はかかりますけどね。

そりゃ、なんでも使ってみないと、ホントにいいものかどうかなんて、わからないし、怪しいものの中にも、実は、結構いいものって、あるのかもしれません。

でも、実際、この方のお肌はボロボロで、化粧品の質と値段は、少なくとも私には見合っているようには思えないし、今の状態では、わけわからんものは、全部止めてください、と必ず指導します。

どんな企業も表示がホントかどうかなんて、特殊な機関じゃないと調べるなんてできません。表示したもの勝ちでしょう。

でも、ちゃんとした表社会に出てきている企業、特に化粧品会社は、そんなウソをついてばれたら、もうつぶれますからね、会社。まず、そんなことはしない、という前提で、話をしています。それだけ、正々堂々としているわけです。いつでも勝手に調べられる可能性があるわけですから。

今の患者さんの肌の状態が、素晴らしかったら、私も、わざわざ止めません。

出所がわかっている商品だからこそ、簡単に確認できて、止めておきましょう、と言えるのに、(商品によったら、確認してから、再開してもらうこともあります。)出所がわからないものを、確認もできないわけで、信用して、顔に塗る、飲む、なんて、怖すぎます。。

 

高額・あるいは大量に買わされて、マルチかも、と悩んでおられる方、あるいは、怪しいかもというところで買ってしまって、聞いていた話と全然違う・健康被害が出ている方。

とりあえず、国民生活センターとお住まいの警察に相談してください。

お金が返ってくることもあるかもしれないし、成分を調べてくれることもあるかもしれません。違法行為なら、警察が捕まえてくれるでしょう。

どうぞひとりで悩まないで。

そういう怪しいものでかぶれたり、何かあった場合、皮膚科で必ず診断書をもらっておいてくださいね。いざとなったときの証拠になりますからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません、今日、ホントは、「ホントはおススメしない化粧品第五弾「自然派風化粧品・無添加風化粧品に騙されるな!」とするはずでしたが、時間が無くなり、番宣とさせていただきます。

さて、それに代わって、閑話休題。

今朝、烏丸仏光寺の辺を歩いていると、地下鉄の出口のところから出てきたオバサン(年齢不詳。30代にも50代にも見えるような。。。でも、60代ではないと思います。。)が、何か私に声をかけてきました。

私、よく道端で声をかけられるんです。。

隙があるんでしょうか。。

道を聞かれたり、時間を聞かれたり。。私ほど、方向音痴はいないのに、私に聞いてどうする!という感じですが、聞いている方は、知ったっこっちゃないですものね。

一番びっくりしたのは、学会でサンフランシスコ(初めて)行った時に、日本人の方に、道を聞かれたことです。

「。。。すみません、私も観光客なのでわかりません。。」(私も地図を持って、歩いていたんですが。。)

東京で、電車の乗り換えが自信なくて、「これ、絶対、品川駅に止まるやんな。。」と思って、恐る恐る乗ろうとしたら、地方から出張に来たらしい男性が、「これ、品川に止まりますよね?!」と私に聞いてきます。

「。。止まらないと、私も困るんですけど。。どうでしょう。。」

時間くらいなら、腕時計を見ればいいですが、私に道を聞くのは止めて!間違っているかも。。

で、今日のオバサンです。

手に何か握っておられます。

観光で来ていて、地図かな?と思ってそばに寄ってみると、それは、地図ではなく、電気料金の支払いの振込用紙のようで(?)、

「お金がないので、1000円か2000円、ください。」

????

一瞬、何を言われたのか、わかりませんでした。

。。。お金、ください?   って、そう言った??

とりあえず、無視して、その場から走り去りました=。

オバサンは、ニット帽か被って、普通にコートかなんか来ていたと思います。

お金持ちには見えませんでしたが、いわゆるホームレスではなく、普通のよくいはるオバサン、ってやつです。

私の格好はというと、雨に濡れてもいいように買ったZARAのダウンコートとユニクロのヒートテックパンツにUGGのブーツ、ストールを首にぐるぐる巻いて、耳あてをしていて、とうていお金持ちに見える格好ではありません。

(今日の京都は、またまたとっても寒かったです。防寒第一です!)

雪だるまみたいで、声かけやすかったんでしょうか。。

あるいは、サンタクロースと間違えられたのかしら。。?

今まで、いろんな声をかけられたことはありますが、物乞いって言うんでしょうか。。

こんなことは初めてで、かなりびっくりしました!

新手の新興宗教かなにかでしょうか。。

ちょっと怖くて、確認もしたくないです。

怪しい人からは、申し訳ありませんが、さっさと離れて、お近づきにはなりたくないですね。。お話も結構です。お願いですから、ご遠慮させてください。

こういう時に、「一体、どうしたんですか」と話を聞いてあげられるほど、私は、フランクではないので、ホントに勘弁してください。

エライ世の中ですね。。

(「エライ」というのは、関西弁で、「大変な」という意味です。)

その方の事情はわかりませんが、お金がないなら、市役所の福祉課とかに相談してもらうしかないんですけど。。

歩いている人に声かけるのは、ちょっとやっぱりダメでしょ。誰にでもされているんでしょうか。。

それとも、結構、お金を上げる人がいらっしゃるんでしょうか?

これが子供だったら、また違うのかもしれませんが(子供なら、警察に連れて行かないとね)、最近は、親が子供に、そういうことさせて、お金を騙して取っている、というのをTVでやっていたりしてましたね。

エライ世の中ですね。。

ホントにおススメしない化粧品第4弾「安物の化粧品」です。

ここで言う「安物」というのは、「安い」=「悪い」ということではありません。

安くても、質のいいもの、お肌にとっていいものは、たくさんあります(と、思います)。

それとは逆に、すっごい高くても肌にむちゃくちゃ悪いものもあるわけです。

(前回のおススメしない「高機能化粧品」もその一つです。)

ただ、全般的に言えることは、どうしても安いと、原価も安いので、お肌にとってまだマシな、比較的質のいい界面活性剤(乳化剤なども)を使えないことも事実です。

その辺が難しいところです。

例えば、今、ドラッグストアで、1000円以下の化粧品をお使いの方。

それで何も自分はトラブルがなく、満足しているというなら、そのまま使っていらっしゃったらいいと思います。

専門家が肌を診て、ホントに、お肌に負担がかかっていないかどうかは別として。

(お肌に自信をお持ちの方、あるいはトラブルは感じていない、という方のお肌を実際診ると、全体に変な赤みがあったり、顔中肝斑で茶色くくすんでいるので、ご本人が気づいていないだけ、ということもあったり、乾燥してお肌は悲鳴を上げているのに、全然気づいていない方、などなど、そういうこともあります。

どうして気づかないわけ?と思われるかもしれませんが、おそらく、ず~っとそんな状態が続いていて、ご本人からしたら、当たり前すぎて、そういうものだと思っていて、おかしいとか思いもしない、と言う感じなんでしょう。

自信を持ちすぎているというのも、イタイところでしょうけど。

そんな方を、こちらから説得して、今しているスキンケアを根底から変える、というのは、私は不可能だと思います。

だから、今のお肌に疑問を持っていない方は、どうぞそのままお過ごしください。)

やっぱりなんか調子悪い、という方。心配な方。

化粧品を見直してみませんか?

健康な肌の女性の肌トラブルの大半は、化粧品から来ているといっても過言ないかもしれません。

一般病院で、外来をしていた時も、女性の顔の場合、はっきりした湿疹や皮膚炎は別として、なんか調子悪いとか、確定診断がつかないような、皮膚炎や湿疹を繰り返すとか、そういう時は、まず使っている化粧品全部(基礎化粧品も一切)止めていただきますね。

皮膚科医として当たり前の判断です。

かぶれや湿疹とかで、皮膚科に受診して、化粧品全部止めるように言われた経験のある方は、大勢いらっしゃるんじゃないですか?

皮膚科の治療として、常識です。

でも、湿疹が出てるわけではなく、そこまでひどくない場合。

ステロイド塗るほどじゃないし、塗るにしても、弱~いのでいいけど、それをず~っと塗っておくのもダメだし、保険ではそんな処方する薬がないな。。という程度。

出す薬がないとなると、皮膚科外来行っても、あまり相手にされないでしょ?

保険診療の場合、さっさと薬を出して、次の患者さんを診る、というのがふつうでしょう。

(でないと、外来終わりませんからね。話をゆっくり聞いてる時間は、一般の皮膚科にはありません。)

何か言っても、適当に流されて終わりです。だって、出す薬ないから。

まあ、アレルギーの薬出したり、ビタミン剤出したり、当たり障りのない薬を適当に出して、あきらめて、どっかよそのクリニックに行くのを待っているんですよ。

あんまりうるさいと、体質改善したら?と言われ、漢方薬とか勧められて、そういうクリニック行くように言われたりとか。

(まあ、ホントに漢方がいい場合もありますけどね。でも、そういう場合は、出す薬もちゃんとあって、さらに追加で漢方も、あるいは、漢方に切り替えましょう、ということが多いですね。)

(病気の皮膚からしたら、症状が軽すぎて)薬を出せるような状態でもないのに、化粧品全部止めるように言ってくれるクリニックは、ホントは良心的なんですよ。

ちゃんと相手してくれています。

化粧品を全部止めるように言われた女性は、たいてい抵抗しますからね、それの相手をするだけで、余計に時間がかかるわけです。止めろ、と言った以上、説得する時間も余計にかかるわけですから。

化粧品を止めさせずに、不調をどうにかしていく、というのは、出す薬もないわけですから、保険診療で外来やっても、クリニック儲かりませんからね。むしろ、時間を取れば取るほど、他の患者さんも待たせて、自分がしんどいだけですから、そこまでの相手をしてくれ、と保険診療で要求するのは、なかなか酷というものです。

今の保険制度では、科に関わらず、患者さんの話を長く聞けば聞くほど、儲からないようにできています。薬出すか、検査するか、薄利多売と同じで、短時間に大勢診るか、をしないと、経営が成り立たないんです。

だから、話をちゃんと聞いてくれるドクターというのが、多くはないわけです。

ホントにひどいクリニックだと、ステロイド塗るほどでもないのに、きっついステロイドを出して、「これで様子をみてください。」と化粧品を止めるように言うこともなく、すぐに追い出されて、ステロイトド漬けにされて、気が付いたら、副作用でお肌がえらいことになっている方も結構いますからね。最悪です。

化粧品以外に、不調の原因があることもありますが、そういう場合は、ほとんどの皮膚科医は、パッと診たら、大体わかります。(そう訓練されていないと、一般外来はやっていけません。)

特殊な病気や、病気の出始め、とかで、すぐに確定診断して、治せ!というのは、無茶な話です。それは、誰でも、なかなか見抜けません。ある程度、症状がそろわないとね。

(ちなみに、原因を見つけていく場合に、経過がとても重要になりますから、患者さん自身がちゃんと把握していないと、調べようがありません。

また、客観的に判断することができず、自分で思い込んでいる方も、経過を話す時に、事実を言いませんからね。勝手に自分で、これは関係ないと判断して、(ホントはとても重要なことなのに)経過をはしょったり、脚色する方も、適当に薬出されて終わり、ということもあります。

お肌と経過を診ていたら、この人、絶対何か要らんことしている、というのは直感でわかります。

それぞれの病気なりのお肌の経過というのがあるわけなんです。

(特殊な場合を除いて。

そして、特殊な場合というのは、確率から言って、一般外来で、そうそう出くわすものではありません。)

それから外れていると、違うことが起こっているわけで、「何も悪いことはしていない」なんてことは、普通あり得ないわけです。

こちらが原因を探そうとしているのに、患者さん自身が協力しないなら、どうしようもありませんからね。そんな人を忙しい外来で、毎回毎回説得して一緒に原因を探してくれるドクターを見つけることは、ものすごく難しいでしょう。

さて、話を戻しますね。

これが美容皮膚科の場合(というよりも、うちの場合)、大した湿疹・皮膚炎があるわけでもなく、薬を出すようなひどい症状があるわけでもないのに、なんとなく調子が悪い、今は大丈夫だけで、湿疹を繰り返すこともあり、一度出ると長引いてしまうなど、そういう場合に、今、全部化粧品を止めさせるというのは、さすがに酷でしょう。

今日も明日も仕事に行ったり、学校に行ったり、人と会うわけですものね。特に、化粧をせずに、仕事に行くわけにいかないところが大人として難しいところです。

私は、そういう場合、まず使っているすべての化粧品を聞いて、あやしいものはすべて止めていただきます。

使っておられるものの中で、とりあえず続けてみましょうか、というのは続行です。

調子悪い時に、新しいものに変えても、それがどんなにいいものでも、刺激なったりすることもありますからね、少し落ち着くまで、基本は変えないほうがいいです。

どうしても、変えるなら、(家に使えるものが何もなかった場合など)、最低限、テスターを使って、お肌に沁みないか、かゆくならないか、など、感じを確認しましょう。

いつも言っているように、クレンジングは即止めてもらっています。

他のものは全部続行でもクレンジングは即止めです。

もちろん、「高機能化粧品」も。

最近は、安いものでも、「高機能」などの付加価値のついたものが増えましたよね。

そんな安い値段で、「高機能」なわけ、ないじゃないですか。

安物の、「高機能化粧品」も、即止めです。(高いものもね。)

おススメしている純石けん(カリ石けん素地のみ。)など、安くても質のいいものもあります。(うちで買えば、1個150円)

これは、「安物」ではなく、昔ながらの、シンプルな作り方とシンプルな材料だけで、作っているので、安いわけです。

その代り、消費者は、すぐに新しいものが好きなので、消費者離れも起こしやすいですし、使い続ける人って、決まっていきます。ホントに必要なものが何か、わかっている方は、そのまま使い続けます。

こういう商品て、付加価値も付いていないので、大勢に受ける商品ではないんです。

付加価値がない分、商品の値段を上げるわけにもいきません。(ますます売れなくなりますから。)

だから、安いんです。(材料もシンプルですからね。)安い分、メーカーの儲けもそれほどありません。

でも、メーカーの理念として、そういうシンプルな、なるべくお肌に負担にならないような化粧品を作り続けてくださっているわけです。

(だから、利益優先のメーカーは、あまりこういう商品は出しません。)

ドラッグストアでも、探せば、そういう昔ながらの成分だけで作ってある、シンプルな化粧品って、あると思います。

(昔から売っているもの全部が、質がいいわけではないですよ。)

ただね、そういう商品って、それほど、使い心地が良くなかったり、使い心地は悪くないけど、保湿効果が全然足りなかったり、と、なんかもひとつ、というか、物足りないというか。。

(化粧品に求めるのは、保湿だけだ、ということさえ、理解していたら、ホントはあまり気にならないんですけどね。みなさん、市販の化粧品に、大きな期待をし過ぎです。)

物足りないから、いろいろ書いてある、いらん化粧品を使いたくなってしまうんですよね。

また、一度、そういう、いらん化粧品を使うと、一見、塗り心地とか、なんとなく騙されてしまいますから、(一種の麻薬と同じですかね。)、もうそれが当たり前になっちゃうので、シンプルなものに戻れなくなっちゃうんです。

うちの患者さんの中には、ドラッグストアの安いやつを使っておられる方もいらっしゃいます。

なんか肌おかしいな、と思って、化粧品の商品名を聞いたら、恥ずかして(安物だから)いいたくないようなこともあるみたいです。

人に恥ずかしくて言えないような化粧品を使うのは、止めませんか?

安くても、それがいい!と自信を持って、使っているなら、別に聞かれたって、堂々と言えるでしょ?

「ただ、安いから」「安物でいいや」と、適当に買っちゃったから、恥ずかしいわけでしょう?

ひどい方になると、商品名すら覚えていない。

たまたま、ドラッグストアに行ったら、店頭に安売りして、山盛りで売っていたから。

ホントにテキトーです。

名前も憶えていないような化粧品を、顔に塗るのって、怖くないですか?

恥ずかしくて言えないようなもの(自分が人に言うのに、恥ずかしいと思ってしまうようなもの)や、名前すら憶えていない化粧品を使うのは止めましょう。

どっちにしろ、そんな化粧品で、保湿なんてできていないでしょう?

別に乾燥していません、というなら、たぶん、その化粧品を塗らなくても、その人の肌は、乾燥しないんじゃないですかね。

自分の肌自体が、ちゃんと保湿成分を保持していたら、化粧品を塗る必要はありません。

界面活性剤で負担になるだけです。どんな化粧品にも、乳化剤という形で、入っていますからね。

自分の保湿成分だけで足りないから、保湿するために、化粧品を使って、補うわけです。

化粧品のメリットデメリットとどっちが大きいか、自分にとって、メリットが多いなら、化粧品を使えばいいと思います。

普通に考えて、安い化粧品で、塗り心地も良くて、質も悪くなく、しかも保湿もしっかりしている、というのは、ちょっと難しいでしょう。もうちょっと、お金をかけないとね。

ドラッグストアでも、デパートの化粧品ほどではないけど、そこそこの値段のものも、たくさん、売っていますよね。そういう中にも、いいものは結構あると思いますよ。

今、人に聞かれたら、恥ずかしくていいたくないような安物を使っていて、しかも乾燥している、というなら、うちのレーザー治療、1回休んでもいいので、その分で、いい化粧品を買ってください。

普段の保湿ができていないと、光・レーザー治療に、どんなにお金をかけても、レーザーで保湿はできませんから、お肌はキレイになりません。

レーザー治療をされる場合、日焼け止めの塗り直しと、こすらない・一切の摩擦と刺激を止めることと、自分に合った保湿をするように、と必ず、申し上げているでしょう?

確かに、光・レーザー治療をして、お肌がキレイになれば、化粧品なんて、どんどんお金がかからなくなりますが、安物を使っていい、というのとは、別問題です。

安いのを使うといっても、テキトーはダメです。

化粧品もテキトーだと、お肌もテキトーにしかなりません。

ドラッグストアの安いやつでも、大した肌トラブルもなく、ご本人がこだわって、それを使っておられる場合、私から、「それ、肌に悪いから止めてください。」と全部止めているわけでもありません。

安いものでも、わざわざ止めることまでしないものもあります。

(何か起これば、後から止めることもありますが。)

お肌は乾燥していて、でも安いのしか買えない、というなら、せめて、塗る心地は我慢して、べたつくものを使わないと無理でしょう。

(塗り心地も良くて、保湿効果も高い、というのは、どうしても値段が上がります。)

レーザーする1回のお金で、もう少しランクを上げた化粧品が、何本も買えるでしょう。

それくらい、普段、顔に塗るものって、お肌の状態を左右するわけです。

ただ、いくらいい化粧品を使ったところで、レーザー1回するような効果なんて、出るわけないですから、化粧品をケチってでも、レーザーを1回でも多くしたい、と言う方。

まあ、そりゃそうでしょう。

でも、それなら、ちゃんと自分で調べて、安い化粧品で、質のまだマシなものを探すしかありませんね。

そんな手間暇もかけるのはイヤ、というなら、精製水にグリセリン混ぜて、化粧水として使って、最後にワセリン塗っておいてください。

塗る心地は悪いでしょうし、これで保湿が全然足りない方もいるでしょう。

(ワセリン自体には、保湿効果はありません。保湿できている状態の最後に塗って、蒸発しないようにフタをしているだけです。それと保護ですね。

でも、人によっては、ワセリンで、毛穴が詰まって、ニキビが出ることもあるので、誰でもワセリンが使えるわけではないですよ。)

グリセリン水とワセリンで、そのあと、日焼け止めとファンデーションが、塗りやすいかどうか、までは知りませんよ。

安くして、肌に負担をかけない、ということは、そういうことです。

どちらにしろ、基礎化粧品をケチりすぎたところで、日焼け止めとファンデの質を落としすぎると、肌にまた負担になるわけですから。

どこで妥協するか、ですけれど。

まあ、あんまり化粧品をケチって、レーザーしたところで、ちゃんとしている方と比べて、効果は悪いと思ってください。

化粧品を使う以上、必要悪というか、なんらかの害はあるわけです。安いものはどうしても、その害が、いいものに比べて、大きいのは当たり前です。負担がずっと続いてる肌に、お金かけてレーザーしても、効果どころか悪化することもあります。

まずは、普段のスキンケアありき、です。

それと、安物の化粧品って、使っているよくない成分とかも似たりよったりのことがあって、ずっと使っているのに、突然合わなくなる、ということがあります。

(ずっと使い続けたからこそ、ある成分に、「感作」されて、一種のアレルギー反応が起こったわけです。絶対誰にでも起こるわけではありません。たまたま、と言えば、たまたまです。でも、起こってしまったら、もうずっと、その成分は、合いません。)

安物は止めましょう、と言っているのに、また次に買った化粧品も安物で、またかぶれて、延々とかぶれを繰り返す方が時々いらっしゃいます。

こうなると、安物連鎖は、どっかで断ち切らないと。レーザーしてる場合じゃないです。レーサーのお金、ムダですから。

こういう方は、もう化粧品全部止めさせるしかないですかね。安物しか買いませんからね。

ケチっているわけではなく、なるべくシンプルでいきたいから、と信念を持って、市販の安いものからちゃんと探すなり、確認するなり、グリセリン+ワセリンでいいや、というなら、いいと思いますよ。

(安いっていっても、限度ありますけどね。100均は、絶対ダメですよ!念のため。

昔、勤めていたクリニックで、ジョークのつもりで、100均はダメですよ、と言ったら、(普通、こういうと、たいていの方は、そりゃそうですよね、と笑われます)、「そうなんですか?!」とビックリされたことがありました(使っておられたようで。。)。さるがに、今、うちに来られている方で、100均の化粧品を使う方はいません。)

あと、安いものでも、ティーンの子が使うような、(ティーン用に発売されているもの)化粧品を、大人の女性が使うのは止めておきましょう。

普通に考えて、お肌に合っているわけ、ないでしょう。

逆もそうです。

若い子が、アンチエイジング用の化粧品はいりません。毛穴が詰まって、ニキビ出るだけです。(高いものでもね。)

安いもので、「アンチエイジング用」なんて、あり得ませんからね。原価から言って。

安い「高機能化粧品」は、ホントにロクでもないと私は思います。

値段の高い光・レーザー治療をする前に、もう一度、化粧品を見直してみてください。

美容医療さえすれば済む話ではないので、毎日安物で肌を痛めていたら、本末転倒です。

お金はあるけど、何を買ったらいいかわからないし、化粧品にもあまり興味ないし、ついドラッグストアでテキトーに買っちゃう、と言う方は、うちで、化粧品(試せるのは、ちゃんと試してからね。)買ってください。こちらでおススメのものをご紹介します。

わからないときは、人に任せる、アウトソーシングですね。役割分担をしてしまいましょう。(その代り、こちらの指示はちゃんと守っていただきます。)

でも、自分で、ちゃんと化粧品と向き合うと、普段のお手入れって、もっと楽しいですよ。

どこで手を抜いていいのかもわかりますしね。

すみません。。今日も時間がなくなってしまい、お知らせに切り替わらせていただきます。。

昨日発売のSAVY、「てくてく京都地図本」(完全保存版)ご覧になられましたか?

IMG_20130124_230739350.jpgたいやきがおいしいそうですね~♪

今回も続けて、広告を出しました。

IMG_20130124_230931866.jpg

バリ島の特集の、ガルーダインドネシア航空の裏側です。(バリ、行きたいですね。。今年の夏休みこそ、バリ島行こうかな。鳥インフルエンザが出てから、行くのを止めていた団ですが、10年以上前に一度行って、とても良かったです。)

ガルーダインドネシア航空の広告の色が結構濃かったので、うちのページに少し透けてしまいました。

どんな広告が裏に来るのかわからないので、もう透けるのを覚悟で、クリニックカラーの薄い水色で作ってもらいました。

今回も、クリニック名とHPアドレスだけです。

前回の1回の広告でもよかったですが、京都特集とお聞きして、出しちゃいました。

だって、京都特集ですもの!うちのクリニック、京都ですもの!意気投合かな、と思っちゃいまして。。

当分、京都特集も美容特集もないので、広告はいったんお休みです。

広告を出したおかげで、少し認知度が上がったかしら。。?

お電話での問い合わせは、前回からすっごい増えています。

ネットで検索で見つけてくださった方も多いんですが、SAVYがきっかけで、検索にひっかかりやすくなったのか、年末年始はさんで、みなさん、いろいろ見てくださったのかわかりませんが、美容医療を万能と思う方が少しでも魔法じゃない、ということに理解をしていただけたなら、うれしいですね。

あやしい広告に、ひっかからないように、少しでもそういうことを考えるきっかけに、うちがなれれば幸いですね~。

さて、この京都特集、結構、今回おもしろいです。

マイナーというか、割と地元の人しか知らないようなお店も結構載っていて、普通のありきたりのとは、ちょいと違います。

いつもの京都特集で、少し飽きてきた、と言う方には、うってつけです。

ぜひ、買って(必ず買ってください。立ち読みではなく。完全保存版です。)、ゆっくりとご堪能ください。

そうそう、HPを見て、とお電話をいただくのはとてもあリがたいのですが、HPのお知らせやブログでも何度も書いておりますが、うちは、電話カウンセリングは、一切やっていませんので、HPを見てもわからないことは、実際に診察・カウンセに来られて、ご相談ください。

肌の状態もわからないのに、なにもカウンセできるはずがありません。

うちには、いわゆる美容カウンセラーもいません。

電話は、基本、ご予約を取るための、確認をさせていただいているだけですので、ご了承ください。

「美容医療は、魔法じゃない」といくら書いても、HPのその部分を読んでいただかないと、結局、意味ないんですね。

「してくれるなら受診するけど、できないなら、いかない。」と電話口でおっしゃる方は、美容カウンセラーがいて、電話でいいことばっかり言って、来させて、お金を払ったらなんでもしてくれる、よくある美容クリニックに行ってください。

うちは、そういうんじゃないので。肌も状況もわからないのに、電話で約束なんて、できません。

そういう電話がかかる、ということは、まだ、HPの書き方、足りませんかね。

初診の方が、勘違いされないように、ちょっとHPの書き方を少し変えないといけませんよね。

「おまかせします。とりあえず、診察に行きます。」という場合は、HPのそういうところ、見なくてもかまわないんですけど、電話で「私はどうですか?一般的にどうですか?」と言われても、わからないんですよ。

「一般くらいわかるだろう」と思われるでしょうが、患者さんの言う「一般」とこちらの考える「一般」がえらくかけ離れていることも多いですからね。直接話を聞いて、患者さんの言う「一般」を確認しないといけません。

直接、お会いして、肌みて、全身状況もチェックして、改善したいことに対して、私が最善と考える治療を紹介させていただく、という形です。

当たり前だと思うんですけどね、こういう流れって。

まあ、とりあえず、HPの初診の方の誘導を少し考えます。もっとわかりやすいように。

おススメしない化粧品シリーズの途中ですが、トゥルースカルプのモニターさんの経過がひとつ出来上がりましたので、お見せします。

先日、太ももに16スタンプ使ったら、こんな感じの範囲ですよ、とお見せした方と同じ方です。

私の写真の撮り方が悪くて、施術前の写真は、ひざをちゃんとつけるのを忘れていて、さらに、横から見た写真を撮っていませんでした。。。あああ。。

今回お見せする写真のビフォーは、1回目施術後1週間目の写真です。

アフターは、2か月目に2回目の施術を同じ範囲に行って、2回目から1か月経った写真です。

どうぞ!

施術前2.JPG2回目1か月後.JPG

左がそのビフォーで、右がアフターです。

内ももの間に隙間ができたのがわかりますか?

この方は、まず1回目やって、4日目くらいに、「効果があった。全然違う!横からみたラインが違う!」と喜んでおられました。

(でも、施術前の横からの写真がありません。。。)

このおっしゃった効果というのは、いきなり脂肪が減ったのではなく、ただむくみが取れただけだと思うんですが、女性の場合、下半身ってむくみやすいし、それだけでちょっとしたラインも違うし、パンツがキレイに履けますよね。

写真のビフォーが本当の施術前であったのなら、もっと差が出た結果になったのかもしれないし、あまり変わらなかったのかもしれないし、それはわからないんですが、少なくとも、今回ので差が確認できたので、勘弁してください。

1回目から1か月とかでも差は出ていたんですが、黒いバックで撮っていました。

隙間は少し出ていたんですが、「影じゃないの?」と言われたら、身もふたもないので、今回まで待ちました。

隙間をお見せするのに、黒いバックよりも白い方がわかりやすかったので、今回、黒と白と両方撮って、やっぱり隙間は白いほうがわかりやすかったですね。

ご本人は、1回目の4日目から、ず~っと効果を実感されています。

まだ2回目から1か月なので、さらに脂肪は減りますよ~♪

「たったこれだけ?」と言わないでくださいね。

副作用なんてほぼないし、施術中、熱痛いといっても、全然大丈夫なレベルの施術で、1時間ちょいあてただけで(2回ですが)、これだけ効果出せてるって、これって、実はすごいんですよ!

ダウンタイムのある治療で、もっと効くのは、当たり前ですからね~。

しかも、トゥルースカルプは、これで、最終結果ではありませんよ~。

それに、ダイエットをされている方は、よ~く実感されていると思いますが、もともと痩せている方は、この内もも、なかなか減らないところですよね。

他の患者さんでも、かなり自分の努力したけど、ここだけ痩せない、とトゥルースカルプをされている方もいらっしゃいます。

内ももって、ほんのちょっと減るだけで、擦れたりするのが全然違ったりしますよね。

この方にしても、痩せているので、私からしたら、むちゃくちゃ贅沢な悩みやな~、と思うんですが、女性の欲望は計り知れません。特に、美意識の高い方は、気にするレベルが高いですね~。

だからこそ、それだけの細い体を維持されているわけなんですよね。

ちゃんと気にしなかったら、私のように、どこまでも太り続けるわけです。。。納得です。

で、細いからこそ、ほんのちょっとした脂肪や太さ(太くないんですけどね、他の部分と比べて、ご本人が太いと思っているところ)が余計、気になるんでしょうね。

私のように太いと、たくさん気にしないといけないところがありすぎて、キリがありません。。。

お待たせしました。

ホントにおススメしない化粧品の第3弾、「高機能化粧品」です。

「高機能化粧品」と聞かれて、ピンと来ないですか?

最近、雑誌とかでも、よくこの言葉が使われていることが増えましたね。

ようは、「高い効果をもたらせてくれる」と過大な期待をさせる、誇大広告化粧品の最たるものかもしれません。

基礎化粧品なんて、保湿さえできればそれでいいんです。

それ以上のことがおうちでしたかったら、一般の化粧品では無理ですよ。

せめてクリニック専用化粧品や、一部の特殊な医薬部外品や、ホントの医薬品を使わないと、どんなに高い化粧品を買おうとが、エステとかのサロン用を買おうが、クリニックで使うものと全然違います。

当たり前ですよね。

ホームケアに、市販のもので、過大な期待を抱くのは、ホントにいい加減止めましょう。

いわゆる「高機能化粧品」というのは、例えば、「美白○○」とか「○○ブラン」とか「ホワイト○○」とか、白くさせるようなものを連想させるもの、あるいは、「くすみ専用」とか、「お肌を明るくさせます」「角質を柔らかくして、化粧水の浸透をよくします」「余分な角質を取り」「毛穴の汚れをスッキリ!」「ツルツルのお肌に」「ニキビをできにくくさせます」などなど。

他には、「シワ用」「タルミの気になる方へ」「○○リフト」「アンチエイジングに着目した」など、いかにも老化に対して、効くかのような言い回しが書いてあるもの。。

こういう余分なことが枕詞のように書いてあり、しかもそのせいで、金額が上がっているでしょう~。

最近は、安い、ドラッグストアの化粧品でも表記がある商品が売っていますが、外資系・国産をはじめ、こぞって、高い化粧品をシリーズで出していますね。

1個1万円くらいは当たり前で、ひどいのになると、3万、5万、6万、7万、時には、10万円とか。。。(一揃えしたのではなく、あくまで1個の値段ですよ。)

また、こういうのが結構売れているらしいので、日本経済は安泰ですね。

みなさん、頑張って、経済を回るようにしてくださっているんですね。不況にご協力ありがとうございます。

さて、その高い化粧品を買って、使われて、何か効きましたか?

買って、初日は、なんか塗り心地もいいし、気分もいい。自分が上等になったような気がしますね。

いい気分でぐっすり寝れば、翌日のお肌は、しっとりとキレイ、化粧のりもいい。

「やっぱり、高い化粧品は違うわ~♪」と上機嫌で1日目は過ごされたかもしれません。

翌日は?

あれ?昨日ほどじゃないかな。。?気のせいかな?今日はちょっと疲れているのかも。。生理前だしね。

3日目。あんまりよくわからないな。昨日と同じくらい?

。。生理も終わったけど、なんか変わったのかな?化粧のりは良くなったよね?ホントに?でも、高かったし、それくらい良くなってくれないと、おかしいよね?効くって雑誌に書いてあったよね?口コミで1位だったよ?おかしくない?まだ塗り始めだから、効果が出てないんだよ。カウンターのオネエサンも、もう1個、使わないと効果がわからない、って言っていたもの。もう1個買いに行かなきゃ。。

合計、何個使いましたか?  合計、いくら使いました?

ホントに、お肌、良くなりましたか?反って、ひどくなっていませんか?

お肌が赤くなったり、どんどん調子が悪くなっていったり、乾燥がひどくなったりしていませんか?ホントに大丈夫?

中には、使って、ホントに良くなった方もいらっしゃるかもしれません。

そういう化粧品の全部が全部、ダメなわけではありませんから。

安いものを使うよりは、確かに化粧品にしては、いい成分がたっぷり入っていて、今まで使ったものよりは、うん、確かにいいかも、というものをあるでしょう。

でも、ホントにその効果(って呼ぶんでしょうか。。?)は、貴女がお金を払ったのと同じだけの、対価が出ていますか?費用対効果は適切ですか?

私は、市販の(サロンも含めて)高価な化粧品で、費用対高価に見合うものはない、と考えています。

もうここ何年も市販の高い基礎化粧品を買うことはありません。

ず~っと昔に、有名なかなり高い化粧品を使ったこともありましたが、この値段で、何か変わったのか?という感じです。ひどい時は、お肌に合わなくて、ニキビが出ましたね。

(まあ、これは、私に合っていなかっただけですが。)

クレ・ド・ポーでファンデとか買ったり、他の外資系とかでメイク用品など買ったら、、高い基礎化粧品のサンプルをくださることがありますが、まあ、自分では使いませんね。

誰かにあげるか、ひどい時は、そのまま捨てます。

女性雑誌に貼ってある高い化粧品のサンプルも捨てますし、韓国土産とかで回ってきた安いパックも、基本使いません。

誰かに上げます。

市販の高い化粧品も韓国の安いものも、私からしたら、同じ扱いです。

まあ、気に入らなければ使わない、中身がわからないなら使わない、調べるのもめんどくさいし、そこまでして別に、そのサンプルを使いたくない、というのが理由です。

近々、出張とかあって、旅行用の化粧品がいる時くらいですかね、置いておくのは。

だって、市販のものを、クリニック用と比べて、そんなにいいと思っていないから。

今使っているナビジョンとかでお肌トラブルないのに、他のを使ってかぶれたりしたらいやだし。

わざわざ、質や安全性を落とすようなことはしません。自分の顔で、実験でもするなら別ですが。

ファンデやメイク用品ならいざ知らず、基礎化粧品は保湿さえできれば充分ですし、それ以上でもそれ以下でもありません。保湿以外の役割は、一般の化粧品ではいりません。

どうして、そこまで「高機能化粧品」を目の敵にするのかと言うと、たいてい、最初に言った、「○○なんとか」とかは、大体、ピーリング剤が入っているんですよ。

ピーリング剤が入っていなかったら、ピーリングに相当するもの、ピーリングと同等の働きをするものが入っています。

市販のものは、当たり前ですが、本当に効く成分なんて、混ぜられるわけがありません。

だって、医薬品ではないわけですから。

でも、なんか効果っぽいもの(この、「っぽい」というのがポイントです。医薬品ではないので、「効果」なんて、出るわけがありません。)が出ないと、商品、売れませんよね。

お客さん誰も買ってくれないし、ましてリピートしてもらおう、口コミで使ってもらおう、となるなら、一番手っ取り早いのは、ピーリング剤です。

規制緩和のせいですかね?安い化粧品から高い化粧品まで、何にでも、今時、ピーリング剤が入っています。

原価、安っいですからね~。やっすいものを混ぜただけで、売値を上げて、しかもバカ売れしたら、そりゃ企業は止められないですよ~。笑いが止まりません。

でも、買った方は、そんなことは知りませんから、せっせと、毎日、一生懸命、たくさん顔中塗りたくるわけです。

ひどい方は、擦り込んだり、それでマッサージしたり、と、えらいことです。。。

嬉々として洗剤を顔に塗りつけているようなものです。。ああ。。お肌の悲鳴が聞こえる。。

タチが悪いことに、すぐにかぶれたり、赤くなったり、ぶつぶつが出たり、と悪化すれば、すぐに止めていただけるんですが、入っている量が微量だと、変化もゆっくりですから、長期間かけて、ゆっくりとだんだんに肌が悪くなっていくので、ほとんどの方が気づかないことがあります。だから、ご自分で止める、というところまで、たどり着かないことが多いんですよね。

確かに、美白(アンチエイジングも)を謳っている化粧品とかの中には、ホントに、有効成分だけで、(有効といっても、すごい効くものではないですよ)ピーリング系は何も入っていない商品もあります。

患者さんのお肌に変な赤み・くすみがあったり、なんかおかしいな~、と思った時は、使っている化粧品を全種類お聞きするんですが、たいてい、先ほど言ったような「○○なんとか」なんですよね。

それで、調べてみると、ピーリング剤や、ひどいのになると、アルコールたっぷりと入っているものまで。。あちゃちゃ~、です。

(まだ、ネットで、全成分がちゃんと表示しているメーカーはいいですよ。外資系なんて、ほとんど表示ないですし、国産でもないメーカーがあります。

対面販売にこだわっている、というなら、いいですが、(店頭でパッケージを見ないと、わからない、というこです)、今のそういう有名メーカーなんて、ネット販売していますよね。しかも自分のところのサイトからでも。

ネット販売しているくせに、成分全部も見られないなんて、かなりおかしいでしょう~。

そういうメーカーのものは、基本、買わないし、使わないほうがいいです。

高~い、超有名高級ブランドでも、平気で、表示ありませんからね。

むちゃくちゃ高いブランドの化粧品でも、お肌にいいわけではありません。かぶれている患者さんだって、大勢いらしゃいます。

かぶれなくても、自分には合わない、ということも当たり前ですが、あるんです。

万能な化粧品なんて、ありません。

ピーリング剤以外にも、浸透をよくしたり、成分自体がいろいろ混ざって分離するのを防ぐために、極少量アルコールが使われることはあると思いますが、塗った瞬間からアルコールの匂いがプンプンしていたり、塗られたら、す=っとアルコールを感じたり、と、そりゃ、イカンでしょ。アルコール多過ぎでしょ。

じゃあ、成分調べて、ピーリング系やアルコールが入っていなかったらいいの?となりますよね。

調べて、そういう成分がなさそう、となったら、とりあえず、使うのは止めはしません。

それ使ってから、特に、お肌にトラブルがないなら、もったいないので、最後まで使われたいいと思いますし、使ってもらってます。

でも、それが無くなったら、次はわざわざそんな高いの、買わなくていいんじゃないですか?とお伝えしています。

だって、費用対効果、悪いでしょ。

それだったら、シンプルなただの保湿だけの化粧品にして、余ったお金を、クリニック用のを買うのに回すか、光やレーザー治療をする分に回すか、あるいは、服や靴を買う足しにしてもいいですし、おいしいランチを食べにいく分に回してもいいですよね。

とりあえず、そういうムダなお金はいらないでしょ。

貴女が、日本経済を回すために、そういうことにお金を払う、というなら、それはそれでいいと思います。

好きなブランドの好きなシリーズを使う、というのは、精神衛生上、いいことです。

化粧品なんて、自己満足の世界ですからね。

お肌に問題がなければ、構わないと思います。

どんなに高くても(安くても、とはいいませんが。。安い化粧品のいい悪い、は次回に。)、高い=質がいい・安心、とは思わないでください。

どんな化粧品も、使ってみないと、ホントの評価はわかりません。

食わず嫌いと同じで、使ってみたら、案外よかった、ということもあるでしょう。

ただし、必ず、成分はちゃんと確認されて(自分でできないなら、誰かにやってもらうかです。)、期待しすぎないこと!安全だと信じしすぎないこと!

これ、とても大事なポイントです。

信じすぎていると、お肌がおかしくなったときに、絶対これじゃない、とノーマークになってしまって、原因究明が遅れてしまいます。

どんなに高いものでも、値段に惑わされず、客観的にお選びください。

そのうえで、日本経済に貢献されてください。

でないと、お肌も顔も、お金も時間も、いくつかあっても、足りませんよ。

すみません、今日、ホントは、「おススメしない化粧品第3弾高機能化粧品」を書くつもりでしたが、時間が無くなました。。。

後日書こうと思っていた、おいしかったもののご紹介を先にしちゃいますね。

今日は、長崎から、私のタイタンをしてみたい、と2か月前からご予約をいただき、ご来院いただきました。

お土産に本家の福砂屋のカステラをいただきました。

私は実は、カステラは大好きで、まあ、お菓子はなんでも好きなんですけど、包み紙を見た時点で、「おおっ!本家福砂屋!!」と、静かに興奮してしまいました。。。

添加物ゼロの、卵と砂糖と、小麦(少な目)と水あめしか入っていない、伝統的なカステラです。

IMG_20130121_17405123.jpgすみません、ちょっとボケてしまいました。。。

説明書には、「特製五三焼き」と書いてあり、プロの焼きの職人さんしか焼くことができない製法で焼き上げたとか。

う~ん、素晴らしい!!

もちろん、お味のほうも、さすが、長崎の本家本元ですね~。

長崎行って、カステラ、山ほど食べたいですね。長崎ちゃんぽんも!

スタッフが、私のために、お皿に一切れセットしておいてくれたのを、何も考えずに、ぺろっと食べてしまったので、写真を撮るのを忘れてしまい、もう一度箱を開けて、写真を~、と言いつつ、もう一切れ、食べてしまいました。。。ああ、、幸せです。。

京都の大極殿のカステラ(大丸横の本店です。クリニックから、徒歩5分。)もおいしいけど、さすが本場は素晴らしい!

でも、大極殿のカステラ、どんな味だったのか、忘れちゃったので、久しぶりに、またいただかないといけません。

(いや、食べないとダメなわけではないんですけど。。)

大極殿のも、添加物入っていないし、しかも安いです。

一棹1000円だったような。。半分のが500円だったような気がしましたが、違いましたっけ?

二代目が長崎で修業されたとか。

こちらはちなみに、「カステイラ」とレトロな包装紙で、可愛らしいです。京都の老舗らしいですかね。

いただいた特製に比べると、味はちょっと落ちると思いますが、お値段も安いし、普段のおやつとして、とてもおいしいです。優しい味です。

(大極殿のお菓子は、なんでもおいしいような気がします。)

よろしければ、今度、うちに来られた時に、帰りにお買い求めください。

その辺の、ケーキ買うくらいだったら、大極殿のカステイラのほうが断然おいしいです。

いただいた福砂屋のがある間に、大極殿のを買ってきて、ちょと食べ比べしたい気もしますね~。

和風シフォンケーキというか、カステラが日本にあって、よかったです。

スーパーとかで適当に売っているカステラでも、普通においしいですものね。

こんな風に特別に作られたカステラのおいしさと言ったら!

いくらでも食べられちゃいますね~。みなさんも久しぶりに、カステラをどうぞ。

スタンダードで、懐かしく、しかもいつ食べてもおいしいですね。

ちなみに、うちのタイタンは、ご満足いただいて、帰られています。

私自身がタイタンを大好きで愛しているのと、うちのタイタンは自信があるので、適応のある方には、どんどんやっていただきたいくらい、自慢したい治療法です。

(と自画自賛で〆させていただきます。)

トゥルースカルプのふくらはぎのお問い合わせが多いので、ちょっと触れておきますね。

ふくらはぎのトゥルースカルプの、いい写真がまだ撮れていないので、ちょっと様子を見ていたんですが、ふくらはぎが太い(と思っている患者さんの場合)のは、全部が全部、脂肪のせいではない、ということです。

ふくらはぎの太さは、筋肉によるところがむちゃくちゃ大きいです。

若い女性(大人よりは筋肉がしっかりしているという意味です)の方、あるいは、比較的痩せていらっしゃる方、太っていないけど昔運動をしていてふくらはぎが気になる、という方。

こういう方のふくらはぎの厚みや横幅は、ほとんど筋肉です。

脂肪は絶対皮膚がある以上、筋肉と皮膚の間に、うっすらとありますが、これすらなくなったら、筋肉がもろに形見えちゃいますし、女性らしい、いわゆるキレイな脚ではないと私は思います。

適度な脂肪は、女性らしい丸みと柔らかみある体を表現してくれますし、なにより、若さの象徴でもあります。キレイなラインを作るのに、クッションとして必ず必要です。

(この「適度」というのが、難しいところではあるんですが。。。)

アスリートのような脚がみなさん、困ると言われます。

昔は、シシャモ脚といって、結構人気あったような気もしますが。。適度にふくらはぎがあって、足首がキュッとしているのが、とてもセクシーなんですが。。。

KARAや少女時代の韓流アイドルの影響で、まっすぐな脚が、今の流行りなんでしょう。

ふくらはぎに結構脂肪のついている方って、ふくらはぎ以外のところにもたっぷり脂肪がついていて、そういう方の場合は、ふくらはぎよりも、例えばおなかとか、やっぱりおなかとか、一番もおなか、二番もやはりおなか、というように、まずはおなかから行かれることが多いです。

脂肪が体全体についていて、ふくらはぎをしたい順番がとても後ろのほうなんですね。

私から言わせてもらえば、ふくらはぎを気にする方は、どちらかというと痩せている、少なくとも太っていない方ですね。

今回のモニターの方は、もちろん真先におなかをされています。

冬になって、ブーツがむくんで履けない時があると気にされて、ふくらはぎもすることになりました。

まずは、写真をお見せしましょう。トゥルースカルプ1回施術後4週間目の写真です。

施術前①.JPG

こちらの方は、ふくらはぎのモニターの方ですが、右脚にしか、トゥルースカルプを照射していません。

(かなりの無理を聞いていただきました。経過観察が終わったら、もちろん、ちゃんと左にもあてて、最終的には、ちゃんと左右対称にします。)

右脚のふくらはぎというよりは、右脚のひざ下の後ろ側全体(~横側にかけて)にトゥルースカルプを10スタンプ、照射しています。

左には、全く照射していません。

わざと、照射の効果を見るために、そういう風にさせていただきました。

はっきりと写真でわかるわけではありませんが、言われてみればなんとなく右のほうが、ちょっと細いのかな。。?という感じです。

ふくらはぎの一番横幅のあるトップの位置が、右のほうが、少し、下側に下がったかな、って、わかります?

左と比べて、脚のラインが、少し変わっています。

写真ではわかりませんが、トゥルースカルプを脚にあてると、むくみにくくなり、その分、少し細くなるというか、そういう意味の実感は、太もももそうですが、ひざ下も割と早めに(1週間以内に)、でやすいようです。

(太ももは、セルライトがやっぱりマシになりますしね。)

この患者さんは、ブーツが履きやすくなったと喜んでおられました。

仕事が終わって帰る時には、脚が絶対むくんでいるそうで、右のほうが、いつもむくみがきつく、ブーツが履きにくい(ファスナーが上がりにくい)のは、いつも右のほうがきつかったそうです。

この方の脚は、失礼ですが、細くはありません。

でも、脂肪がむちゃくちゃついているわけではないんですよね~。

トゥルースカルプの場合、他のどの場所でもそうですが、脂肪が少ないところのほうが、熱さを感じやすいように思います。感じやすい中で、どこまで温度を上げて行けるかが、ポイントになるんですけれど。

その日の体調にもよりますので、温度が上げやすいこともありますし、熱さを感じやすい日もあると思います。

最初の照射の時、脂肪がすごくついているわけではないので、最初、照射を初めても、少し温度が上げにくく、大体みなさん45.5度まで温度を上げていけるんですが、45度止まりでした。

一部、45.5℃に少しできるところもありましたが、他の場所ほど、温度を上げて行けたわけではありません。

(温度は高ければ高いほど、効果的です。45℃3分間は最低照射したいです。この条件は、ほぼみなさんクリアできます。)

この方は、温度が上げて行けなかった分、スタンプ数を増やしました。

脚が細くない、とは言え、ひざ下自体、側面(横側)が、5×5センチがピタッと隙間なく照射できるほど、脚は太くないため、照射面全部が当たっていないところも、あります。

とくに、アキレス腱の少し上とか周りは、3分の2は当たっていますが、(それ以下だと、エラーが出て、作動しません)、細かく当てた方がいいので、もったいないですが、その分、スタンプ数を余分に費やしました。

(太ってくると、このアキレス腱周りに、脂肪がついてきて、アキレス腱がはっきり出ません。おデブの宿命です。。あるいは、脚に脂肪がつきやすい方の。。

痩せている方からしたら、信じられないようなところに、脂肪って、どこにでもついていくんですよね。

このアキレス腱周りに、可能な限り、照射する(脂肪を減らす)というのが、やはりひざ下をほっそり見せるコツですが、今のトゥルースカルプでは、そこまでの小回りはまだ利きません。

今後(今年?来年?)、小さなスタンプのトゥルースカルプが出てきて、小回りが利くようになりますから、無駄なく照射できるのは、もう少し先の話です。小回りは、もう少し、お待ちください。

欧米人みたいな、おデブであれば、5×5センチも、小回りなんでしょうけどね。)

先日、6週間目に、2回目の照射をされています。

この時は、45℃~45.5℃と、結構温度が上げられました。

慣れなのか、たまたま体調によるのか、ちょっとわかりませんが、まあ、温度が上げられてよかったです。

(私も、温度を無理なく上げていく、コツがわかってきました。

だからといって、どこでも、誰でも、46℃とかにもっていけるわけではありませんが。)

2回目というのは、緊張がちょっと取れているので、リラックスしてお互いできますね。

温度は上がりましたが、数の条件を同じにするために、同じく10スタンプ、照射しています。

ふくらはぎを気にされている方は、「ほら、こんなに脂肪がついている!」と言って、筋肉を摘まんで、おっしゃるんです。

ひざ下をぶらぶらさせて、筋肉が緊張していない状態で、摘まんでおられるのは、脂肪ではなく、筋肉ごと、つまんでいらっしゃるんです。

例えば、爪先立ちしたり、ハイヒールを履いた時に、ふくらはぎ、カチカチになっていて、全然つまめないでしょう?

その状態で、ある程度、柔らかいなら、脂肪が結構ついていると思います。(もし、摘まめたら、ついていと思いますが。。)

で、この方にも、爪先立ちをしていただきました。

爪先立ち.JPG

この方は、運動をされてきたわけではないので、ふくらはぎボトックスをされる方ほど、ふくらはぎの筋肉が見えるわけではありません。

うっすらと筋肉のでっぱりの影が見えますか?

さすがに、爪先立ちされると、カチカチになってしまいます。

これ以上、細くしたいなら、ホントはボトックスもすると、見た目にはわかりやすいんですが、もともと、筋肉量も多いわけではない方に、ボトックスで、脚の筋肉を萎えさせる方向に治療をするのは、私としては、あまり気が進まず、この方も納得されています。

(痩せるコツは、筋肉量が多いに越したことはありません。基礎代謝を上げないと、痩せにくいのも、もちろんありますし、リバウンドの嵐です。)

でも、この方は、痩せている方よりは、脂肪はついているわけなので、もうミリ単位なんでしょうね。写真ではわからなくても、ブーツは履きやすくなるという程度の改善は可能です。

まあ、体のラインって、ほんの数ミリで印象変わりますからね。

まだ、この方は、やっと1か月半ですので、脂肪が減るのは、さらにこれからです。

写真をお見せするのは、ちょっと早いな、と思ってましたが、問い合わせが多いので、今回、発表いたしました。

ふくらはぎを気にして、トゥルースカルプの診察・カウンセをされるのは構いませんし、脂肪が全くない方は、アスリートでない限り、まあ、普通の女性であれば、そうそういらっしゃいませんから、ご理解の上、トゥルースカルプをされるならいいんですが、ふくらはぎを気にされている患者さんの大半は、ふくらはぎボトックスのほうが、見た目の結果としては、わかりやすいことが多いです。

「ダイエット」という「部分痩せ」というのと、ちょっと方向性は変わりますが。

ふくらはぎを気にされている方は、ボトックスのほうかも、と必ず年頭に置いておかれるほうがいいですよ。全然話が違ってきますからね。もちろん、回数もお金も時間もね。

患者さんが使っていた場合、私から止めておいてください、と申し上げる化粧品第二弾です。

とりあえずね、出所のわからない化粧品は、止めておきましょう。

出所のわからない化粧品というので、代表的なのが、ネットでしか店舗のない商品ですね。

例えば、デパートやスーパー、ドラッグストアで売っている化粧品は、販売会社そのものの店舗だったり、取扱い代理店があったり、売っている店舗自体も、取り扱うことの責任を取ってくれるというか、何かあったとしても文句を言える立場にありますよね。

万が一の時、交換も直接してもらえるし、場合により、返品・返金が目の前でできるわけです。

これって、実は、スゴイことですよ。

実体があるって素晴らしい!

店舗がある、お店で取り扱ってもらえる、というのは、信用がある程度ないとできません。

それだけの実績があるわけです。

店舗を構える以上、経費がかかるわけで、それだけの資金を用意できたお店ということですし、取り扱ってもらうにしても、それだけの数を生産できる体制ができているということでもあるし、そのお店の信用をもらって、売ることを許可されたお店なわけです。

その商品自体の「信用」を、第三者がしてくれている証拠なわけです。

ところが、ネットでしか買えない商品というのは、実体がありません。というか、実体がわかりません。

店舗を構えるというのは、経費がかかります。

いきなり、誰でも気軽に始められるというものでもありません。

でも、ネットだと、それほど経費がかからないんですよね。

そのおかげで、要らない経費がかからない分、本当にいい商品を安く、しかも参入できるハードルが低いので、知識のある方であれば(もしくは代わりにできる方を雇って)、生産の体制さえ整えば、化粧品を開発して、売ることができます。

そう考えると、ネット販売って、素晴らしいんですけど。。。

でも、誰が信用を保証していますか?

誰も保障していませんよね?

ネットでよくある、化粧品の口コミサイトとかは、お金を出せば、情報は操作できます。

よくある話です。

参考にする場合や、とりあえず使わないといいか悪いか(自分に合うかどうか)なんて、わかりませんから、そういうこともわかった上で、買うなら全然いいと思います。

ただ、最近は、ネットの口コミ情報を全くそのまま信用して、完全にいい!と思って買って、何の疑問もなく使う方が非常に多いような。。。危ないです。

どうして、ネットでどこの誰がいいと言ったわけでもない商品を、過信できるのか、不思議です。

半信半疑とか、確かめるために、とかじゃないんですよね。信じているレベルが。

中には、ホントにいい商品って、あると思いますよ。

経費がかからない分、良心的に、情報発信されているお店は絶対あると思います。

でも、あやしいところ」ほうが圧倒的に多いんです。確率の問題ですよね。

今は、「オーガニック」「有機原料」とか、「敏感肌用」「赤ちゃんにも大丈夫」「皮膚科医が開発」「無添加」「アルコールフリー、鉱物油フリー、防腐剤フリー」とか、「口コミナンバー1!」「顧客満足度○○年連続1位!」とか、HPに書いたら、どんな商品も売れる時代です。

でも、それ、ホントですか?

勝手に、言ったもの勝ちです。確かめる方法がないんです。

店舗で売るものって、卸す側も、卸される側も、信用第一ですから、それを裏切って、万が一、虚偽が発覚したら、もう二度と、まともに売ってもらうことはできません。

大手であれば、あるほど、そういう最低限のことは守っていると思います。(そう、思いたいですよね。)

国民生活センターでは、消費者からの希望や、あるいは自主的に、いろんなものを独自に調べておられます。

あまりに、パッケージの説明書と違うものであれば、問題ですよね。

マスコミも黙っちゃいないでしょう。

信用問題にかかわりますから、企業ダメージは、計り知れないものがあるでしょう。

でもね、ネットでしか売っていないお店って、例えば、なにか都合が悪くなったら、HPを消してしまえば済むんですよ。

もう誰もアクセスできませんからね。

店舗を構えているお店だって、そりゃ夜逃げしたらアクセスできませんが、(時々、エステとかの計画倒産、ニュースになってますよね。)、そうそう、店舗をたたんで夜逃げって、ないでしょう。大変ですもの。

ネットは簡単ですよ。

ネットで買うこと自体が悪いとはいいませんが、買う場合は、あまり大きな期待はしないこと、ネットで、成分とか見られるかどうかもちゃんとチェックすること、

(ちゃんとしたお店であれば、手に取って確認できないのが、ネットの欠点ですから、購入前に、消費者の方が損をしないように、できる限りの情報を載せてくれてるはずです。

化粧品で、ネット販売しているくせに、全成分表示もしていないものは、勧めていません。

消費者が調べることを拒否しているわけです。調べられたら、いけないことでもあるのか。。?買ってからしか、確認できないなんて、おかしすぎます。

まあ、仮に、本当にいいものであったとしても、全成分表示もしない化粧品なんて、作って販売しているのは、素人の集団だと思ったほうがいいでしょう。

そんなことの必要性もわからない集団は、化粧品業界、甘く見過ぎです。

自分たちが必要性を感じていないから、載せないわけです。

何度も言っていますが、得体のしれないものを、そのまま全面的に信用して、顔に塗らない!

「よう、塗るな~」、というのが、私の正直な感想です。

私は、得体のしれないものは絶対塗りません。

かぶれたらいやだもの~。

何でかぶれたのか、せめてわかりたいし、とんでもないものが入っていたら、えらい目に遭いますからね。治るのにも時間もお金もかかります。

化粧品以外でも、たまに、子供のおもちゃで、鉛混入とかでニトリが自主回収しているのがニュースで出るじゃないですか。

あんなの、ニトリだから、ちゃんと会社側でチェックして、わざわざニュースにまでなって、自主回収してくれているわけです。

ニトリじゃなかったら、そんな大変で損すること、しませんよ。

大手のホームセンターだったら、ある程度のチェック体制はあるでしょうが、個人商店(というか、個人輸入レベルのお店)で、成分までホントに大丈夫かどうかなんて、調べられないでしょう。そんな設備もありませんしね。

大手でしか、できないこともあるわけで、化粧品は餅は餅屋、じゃないですけど、やっぱり専門の企業とは、ノウハウも知識も規模も、そうそう勝てません。

私も、自社化粧品の開発とか、いろいろ言われることがありますが、

(化粧品会社に、こんな感じで、とか、これとこれ混ぜて、とか言えば、簡単に自社製品を作れるシステムが、こういう業界にはあります。パッケージやラベルも、お金を払えば、いくらでも作ってくれます。簡単です。)

私自身は、化粧品を作って、売れるほど、化粧品の知識(法律的なことも含めて)が、化粧品会社の専門家に勝てない、と思っています。

餅は餅屋です。

仮に、すっごいいいものを作ったとして、あの資生堂の研究所に勝るものが、作れる自信はありませんね。もちろん、作ったものが、本当にどうなのか、を調べる施設もありません。

だから、今は、化粧品には手を出しません。既存のもののほうが、優れていると思いっているから。

(自分のところで、調合した薬を売る、となると、話は別で、それは医薬品になります。PL法という法律もありますが、どうしてもその医薬品がいるなら、それは、今でも作ることもあります。

そこまでのものって、あんまり、今のところ、間に合っているというか、必要性がないので、ほとんど作ってませんけれど。)

作っている側が、「いい!」と思っていても、どんなに理論上、正しいし、効く!と思っていても、調べてみたら、全然、ということは山ほどあります。

勝手に自分で言うだけなら、誰もできるんです。

ネットで売っているものが、ホントにいいのか、調べている間に、お店のHP,見れなくなった。。。なんてこと、あり得ますよ。

確認のつもりで、とか、わかって使うなら、何をされてもいいと思うんですが、どうして、あんなに過信しますかね~。

素直すぎるというか。。。ちょっとは疑わないと、詐欺にすぐに遭いますよ。みぐるみ、はがされますよ。

しかも、むちゃくちゃ安いわけでもなく、かといって、返品するほど高いわけでもなく、ネット販売の場合、値段はいいところをついてきます。

問題になったり、もめない程度の値段設定にしてあるところが大半です。

そこまでして、ネットでしか売っていないような(店舗が少なくて手に入りにくとかではなく、ネットの店舗しかないお店、という意味です)化粧品、欲しいんですかね。。?

クレンジングや洗顔フォームなんて、純石けんひとつあったら、十分だし、保湿は、質のいいものなら、なんでもいいし、ファンデとかは、絶対デパートで売っているもののほうがキレイに見せてくれると思います。

そんなにネットの化粧品、要りますかね?

どうしてもネットで買う!というなら、それは構いませんが、せめて買う前に、調べられることは調べましょう。

最低限、一体どこの誰が売っているのか、会社の実態ですね。

それと、全成分は、絶対必要でしょう。

次に、そそるキャッチコピーがあった場合、その根拠がちゃんとHPに書いてあるのか、ようは、その証拠がちゃんとあるのか。

でないと、ただのオオカミ少年ですから。

それくらいは、調べましょうよ~。

ちゃんと確認できることは確認してから、買いましょうよ~。むやみに飛びつくのではなく。

ホントに、その口コミ通り、全国第一みたな、いいものであれば、絶対店舗で全国展開されてきますよ。普通。

オーナーが変人とかで全国展開しないとか、ならいざしらず。

(それなら、ネットで、誇大広告はしないと思います。)

生産体制ができていない、というなら、まだわかりますが、そんな大量生産できる段階ではないものって、安く買うことはできませんよ。しかもネットで誰でも簡単に、って、おかしいでしょう。数が限られたものは、特定の方にしか、いかないようにできています。

たかが、化粧品です。

保湿と日焼け止めさえあれば、十分なのに、ネットでまで、正体もわからないのに、買わないといけないものですかね?

デパートのなんて、テスターはあるし、実際に、顔にも塗ってもらえるし(オネエサンの話は、じっと我慢して話は聞かないといけませんけどね。)、サンプルをもらえることもあるでしょ?

そんないいこと、ないですよ。

誰もが知っているメーカーって、絶対大丈夫とは言いませんが、そういう意味での信用は、ありますよ。実際、よくできているものも多いですし。(いらんものも多いですけどね。)

市販では、本当に肌にいいものがなかなか売っていないので、ネットで、少しでもお肌に優しいものを欲しい、と思って、ネットで買っていらっしゃる方、そういう方は、ワセリン塗ったらいいと思います。添加物ゼロです。もちろん、界面活性剤もです。

またワセリンのことは書きますが、ワセリンなら、ものすっごく安く買えるし、信用も日本全国どこに行ってもあるし、どこでも売っているでしょう。

(毛穴が詰まって、ニキビが増える方もいるので、注意してくださいね。だれでも、顔中、合うわけではありません。)

1 / 212