プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

最近投稿した写真

ホーム > 2019年02月20日



Facebookのコピペになります。流れるのから、こちらに残しておきます。

体にいいと思って一生懸命やっているのものが、間違っているとなったら、時間がほんとにもったいないですよ。

消化できなかったら、肉は、悪者に変わります。

それは魚も卵もですけどね。

 

 

以下、コピペです。

 

食事を頑張る、というのは、お肉をたくさん食べることではないですよ。
魚を全然食べていないのに、肉ばかり食べるのは、本でも勧めていません。
自分の消化吸収能力も考えずに、たくさんお肉を食べることでもないですよ
胃腸に無理させるくらいなら、お豆腐食べてるほうがマシなこともあります。

 

自分に合った食事とは、どういったものか?
自分はどこまで消化吸収できるのか?
どんなものが、消化吸収しやすいのか、しにくいのか?

 

それがわかっていないのに、やみくもに肉ばっかり食べてもダメです。

 

それは、医療じゃないです。

ただの、肉好きなのに焼き肉で下痢するパターンです。

 

そういうことをする人が多いから、「肉は体に悪い」と言われてしまうんです。

 

肉が悪いのではなく、悪いのは、その人の胃腸と、魚を全然食べない食生活が悪い。

 

血液検査も受けず、卵を1日4個も5個も、毎日食べていいのでもないですよ。

 

コレステロールが高いほうがいいと言っても限度もあるし、高くしたら命に関わる人もいます。
バランスがとても悪く、動脈硬化がものすごく進んでいる人もいます。

 

それで普通の病院に行ったら、「だから糖質制限は、心筋梗塞になるんだ!けしからん!!」となるわけです。

 

糖質制限が悪いのではなく、その人の食生活そのものが間違っているんです。

 

血液検査をしても、保険診療は仕方ないですが、栄養の過不足や病気と診断がつかないけど本当に健康なのかどうかを診てもらうには、わかっている医師に診てもらわないと、

問題大ありなのに、「問題なし」
問題全然ないのに、「問題あり」とされてしまいます。

 

自分にとって良いもの・悪いものをわかった上で、食べないと、自分で良いと思っているものが実は、体に害及ぼしまくり、では、なにをしているのかわかりません。

 

自力でやって、おかしなことになる前に、一度さっさと専門クリニックを受診することをお勧めします。

 

とりあえず、自分はどうなのか?という情報を仕入れる。

 

SNSの、どこの誰が言ってるんだか、わけわからん情報に、一喜一憂している時間が無駄なのと、素人が間違ったことを断言している恐ろしい情報に乗っかってしまった自分の体の受けた被害を考えると、SNSは、考え物です。

 

医者だから正しいわけでもないです。

 

医者100人いたら、100人とも考え方が違います。

 

患者さんが本当の意味で元気になれば(プラセボではなく)、それが正解で、どの考え方が正して、間違っているというのは本来ないんですが、知識不足・情報不足のまま、SNSではいろいろ情報が流れていることがなんと多いことか。。

 

さっきも、見かけたSNSで、素人(医療関係者ですらない)が、食事と病状について、おかしなことを断言していて、びっくりしました。。。
他人を間違っていると指摘している、そいつが一番間違っている。。

 

人のページですから、そこに乗りこんでいって、「あなたのほうがおかしいんですよ」とは言えませんが。。
荒らすわけにもいきませんしね。

 

こういう人は、いろんなところで、間違ったことを断言しまくるんでしょうね~。

 

情報源の確認ができない人こそ、専門クリニックへの早い受診をお勧めします。

とりあえず、食についての、正しい知識と情報はもらう。
それをどこまでやっていくのかは、人によって違いますし、体調によってアレンジがされます。

私がマンガ好きなのは皆さん知っていただいていると思います。

今はまっているマンガの一つに、

三田紀房さんの「ドラゴン桜」があります。

かなり昔のマンガです。2003~2007年まで、モーニングに連載。

もうこの頃は医者になっていたので、いわゆる受験勉強とは無縁でしたが、このマンガが高校時代に読めていたら、私は医学部入るのに、2浪しなくて済んだかも?!と思ってしまうくらい、よくできてますね~。

 

作家の三田先生は、とても頭が良い方なんですね。

すっごいおもしろいわ~。

 

「エンゼルバンク」も好きです!

ドラゴン桜も、両方ともまだ途中です。

 

で、今ずっとドラゴン桜を読み進んでいて、さっき、すごくいいこと載ってました!

おそらく9巻に掲載だと思います。

82限目「直感的思考段階」

 

この話の中で、子供の脳の発達が、直感的思考から、論理的思考に切り替わっていく時のことが、とてもわかりやすく書いてあって、これは、子育て中のお母さんにぜひ読んでほしいなと。

(もちろん、お父さんにも!)

 

一つの意見ではありますが、とても腑に落ちました。

 

このマンガのいたるところに、腑に落ちるところがあり、大学受験に間に合わなくても、医師国家試験までに読めていたら、もうちょっと勉強楽だったかも。。と思うところが山ほどあります。

 

確かに、大学時代、論理的思考が徹底していた友達は、とても頭がよく、進級試験の時も、バイトで勉強時間ないのに、短時間でものすごく理解して、理解しているから応用が利くから、成績もよかったです。

 

 

医学部なので、社会人になってから医学部入り直しとか、専業主婦で40歳過ぎて入学しなおしとか、他大学他学部から編入とか、同級生にはいろいろいました。

 

医学部は、暗記物も山ほどあって、解剖の1個ずつの臓器や骨、細胞の名前とか、理屈じゃないので、もう丸暗記です。

 

丸暗記となると、やはり若いほうが得意で、年齢上の同級生は苦労していたようですが、論理的思考は、年齢上の同級生のほうがやはり優れていたかと思います。

だって、その年で、医学部入ってきてますから。社会人として仕事こなしながらとか、他大学で勉強もしつつとか、家事育児しながらとか。。

当時もすごいな~と思ってましたが、今自分が同じことやれ、と言われた、絶対無理!というか、受けてたとう!とも露ほどにも思わない。

 

今だからこそ、彼ら、彼女らのすごさがわかります。ほんとにすごかったんだな~。

 

もう試験はやりたくないです。。。

 

 

で、「ドラゴン桜」

7歳が一つの境目として例が上がっていますが、子育て中の方には、とても参考になる意見です。

 

論理的思考

 

大人になってからも大事だし、大人だからこそ、大事ですね。

 

もうセンター終わっちゃいましたけど、今高校生や浪人生は、このマンガ読んだほうがいいですね。

ほんとに、よくできてるわ~。

東大受けなくても、これは読んだほうがいいです。

 

医学部対策は、東大でないなら直接は関係ないですけど、論理的思考はどこの大学、学部を受けるにしても必要です。

医学部は、総合大学の医学部も多いですが、単科の医大も多いので、傾向って、バラバラなのかな。

それでも論理的思考があれば、とても楽なはずです。

 

私は、丸暗記派だったので、緊張すると、頭真っ白で覚えたのが出てこない派です。

大学受験も医師国家試験も、テスト中、どうだったか、全然記憶がなくて。。

そういう緊張パニック状態って、記憶飛びがちですよね。。。

問題解いたのは解いたんでしょうけど。。。どちらにしろ、20年以上前の話だから忘れてますね。。

 

国家試験は、まだマークシートだからいいですが、大学受験の二次試験って、筆記でしたよね。

私は物理選択でしたが、今「フレミング」とか言われても、わかんないです、もう。

物理解けないです。

数Ⅲも勉強しましたが、今微分積分どころか、因数分解解けないだろうし、幾何も無理ですね。

もう全部忘れてしまいました。

教科書見たら、思い出すのかな。。?

 

 

「ドラゴン桜」読みながら、受験生の時がちょっと懐かしい。

 

同じ作家さんの、「エンゼルバンク」は転職がテーマのマンガですが、働く上での大事なことが載っていて、とても参考になります。

 

昔は、小説読んでましたけど、オーソモレキュラー療法始めたら、小説読んでる時間ってなくなってしまいました。

 

勉強で必要な資料は読まなきゃいけないし、内科や生化学の教科書も引っ張り出して、というか買い直して、皮膚科美容皮膚科、抗加齢医学とキリがないです。。

でも、マンガの時間は取ってます。

 

やっぱり小説よりも情報が絵だから早いですね。

映画と違って、途中で止められるし。

短時間でたくさん読めるから、世界も広がりますね。マンガだから、すべてがノンフィクションではないですが、いろんな考え方がおもしろい。

 

 

またハマっているマンガ、あげておきます。

 

 

 

 

 

 

1 / 11