プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2013年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2013年10月



さて、美STの美容医療総仕分けの記事について、「心外シリーズ」を書いてきましたが、ライターさんの(あるいは、編集部・編集長なのか?真偽はわかりませんが)好みによる記事について、いつまで言ってても仕方ありません。

これを読んでおられる方は、「結局、何がおススメなの?」というが一番知りたいのかもしれませんが、そんな正解はありません。

患者さんの肌の状態・どうしたいのか、どこまでのダウンタイムならいいのか、予算や期間は?などなど、変わってくるからです。

いくらやってみたい医療機器を見つけたとしても、近くにない、しかも通えない(通わないといけない治療の場合)、となると、どこまで妥協するか、でしょう。

遠方でも通う方もいれば、市内であっても、「遠い」と言う方もいらっしゃいます。

また近くても、仕事などで忙しかったら、近くにあっても、できないわけです。

ドクターも100人いたら、100人とも考え方も、同じレーザーであってもやり方が違います。

スキンケアの指導の仕方も違います。

それでも、私は、何をするにしても、しないにしても、スキンケアが一番大事だし、スキンケアをしない人は、美容医療は向いていないと思います。

(お金ばっかり、かかるし、その割に、効果が出にくいです。レーザーの種類によったら、悪化する場合もあります。)

正しいスキンケアができていれば、私は、美容医療なんて、そんな必要ない人も多いんじゃないのかな?と思います。

(まあ、どこまで目指すか、ですが。。。)

 

二重にするとか、鼻にシリコンを入れるとか、そんなのは、スキンケアは関係ありません。

これこそ、他力本願の最たるもので、これは、担当医にある程度おまかせしないと無理でしょう。

(指示はちゃんと聞かないといけないし、手術までに、診察・カウンセは、ちゃんとじっくり納得いくまで話し合わないといけませんよ)

 

美STの記事で、レーザーの種類云々言う前に、まずはスキンケアだし、そういうことをちゃんと説明してくれて、患者さんの親身になって(金儲けの道具ではなく)くれるドクターが、一番、患者さんにとって大事だと思います。

本当に仕分けされるのは、お金の話ばかりして、一人一人に合わせたカウンセもせず、どこにでも書いてあることだけ言って、効果は過大に言って、副作用はほとんど言わない、お金を巻き上げるクリニックだと思いますけどね。

こればっかりは、行ってみないと、わからないかも。。。

学会で超~有名であっても、地元で老舗で有名であっても、TVや雑誌でバンバン宣伝していても、ロクなカウンセもせず、ナース(場合によったら、エステティシャン)にレーザーさせて、レーザー前の診察もなく。。。洗顔すらさせずに診察(顔なのに)する。。。

こういう最低なクリニックの話は、山ほど知っています。

「有名だから」「雑誌に載っていたから」

と参考にされるのは結構なことですが、ちゃんと診察・カウンセを受けてから、治療は決めてください。

「有名だから」「老舗だから」大丈夫だろう、なんて、ことは存在しません。

 

初診で、初回の治療なのに、最初から、コースを買わせようとするクリニックはおかしいですよ。

合うかどうかすらわからないのに。

確かに、コースのほうが得なことが多いですから、最初に、「お知らせしておきます」くらいはあると思いますけど、熱心に営業されてきたら、やっぱりおかしいでしょ!

(解約の手数料が、良心的なら、まあ、コース初回からアリ、でしょうけどね。)

 

貴女のする治療は、スキンケアが全くいらない治療ですか?

光・レーザー・RF・超音波など照射するのに、スキンケアの必要のない治療、というのが、私は、パッとは思いつきませんが。。。

スキンケアの話はありましたか?

なかったのなら、止めておきましょう。一旦、帰りましょう。

 

レーザーの照射前に、ドクターの診察はありましたか?

初診時に初回をしたら、診察は済んでる、となっているかもしれませんが、2回目以降の処置の時、ドクターが診察して、設定を決めましたか?

医療機器で、ドクターの診察なし、というクリニックや止めておきましょう。

医療脱毛なら、男性ドクターしかいないクリニックだと、患者さんが気にされるので、ベテランナースが、逐一ドクターに報告する、という形で、(万が一の時は、ちゃんと同時間にドクターが別室にいてて)ナースだけで照射、ということはあると思います。

でも、顔とか、体でも特殊とか、診察なかったら、誰が設定しているの?って、話です。

超~有名なところで、肝斑治療をされていた患者さんで、何年もドクターの診察なくレーザーをあてられていて、どんどん肝斑が悪化するから、担当者(ナースですらなく、エステティシャンだそうです。。。)に言ったら、「じゃあ、強くしますね」(!!!)と言われて強くされたそうです。。。

どんどん悪化です。。当たりまえです。。。(肝斑は、強い治療をやったらいけません。禁忌!です)

当たりまえの話ですが、レーザーをあてているのが、ナースですらない!というのは、最低以下!!ですよ。

そんなところは、速攻止めましょう。何が起こるかわかりません。

(医療機器の場合、これは完全に違法行為です。警察に相談してください。)

お金は全額返してもらいましょうね。当たり前です。

さて、じゃあ、誰が、ちゃんとスキンケアの話をしてくれるのか?です。

これは、もう探すしかありません。

うちみたいに、ブログを書いているドクターはわかりやすいですけど、HPのトっプページに書いてある場合は、業者がどこにでもあるような感じで作ってますから、全然、診察もしないのに、いいことばっかり書いてあるので、そんなHPは見抜くしかありません。

(口先だけのところは、HPをちゃんと見ていたら、結構わかりますけどね。ちゃんと見なくても、そういうところは、どこも似たような感じですから、反ってわかりやすいかな、と私は思いますけど。)

見抜けなず受診してしまっても、とりあえず「考えます」と言って、帰ってきたらいいんですから。

 

いい話をひとつ。

以前に、学会の懇親会で声をかけてくださったドクター(男性・内科医)が、私のブログを見てくださっていて、スタッフと一緒に、スキンケアを頑張っておられる、という話をしたのを覚えていらっしゃいますか?

あとから、このドクターから、メールをいただいて、「いらんことをしないスキンケア」を実践sるまでの経緯を教えてくださいました。

 

大阪に、葛西形成外科の葛西先生という先生がいらっしゃいます。(残念ながら面識はございません。)

学会でも大御所の偉い先生で、葛西先生のご講演は大変ためにになるので、時間が合う限り、セミナーなど聴きたいといつも私は思っております。

葛西先生は、「シミの治療」という、レーザーをしていくうえでは、必ず読む(と思います)教科書を書いていらっしゃって、その中で、「肝斑の原因は摩擦、擦りすぎ、触りすぎ」ということをおっしゃってます。

学会でも議論の分かれるところですが、葛西先生が言い切れらるくらい、顔を必要以上に触ったり、擦ったり、というのは、肝斑は絶対に悪化するわけです。

葛西先生の肝斑の治療方針は、基本、顔を触るな、いらんことを一切やめなさい、ということです。それと内服と塗り薬だったかな。

レーザートーニングもお持ちで、トーニング治療もされていらっしゃったようですが、他院からのトーニング治療で引きこされた莫大な数の副作用を診て、(ムチャクチャやっているクリニックが、なんと多いことか!)学会で、「肝斑にトーニングはするべきでない!」と宣言されたドクターです。

トーニングの被害は、いろんなクリニックから報告が出てきていましたが、それでも、「肝斑=トーニング!」みたいな風潮が、学会の中でも出来上がりつつあったのを、葛西先生がストップをかけた形になりました。

注意喚起ですね。

もちろん、ちゃんとされているドクターも大勢いらっしゃいますし、それ全部を否定しておられるわけではありません。

ただ、あまりにも目にあまるひどいクリニックがあって、被害者が多数出ているので、猫も杓子もダメ!と、悪者になる覚悟で、学会に異論を投じられられた方です。

こんなことができるのは、やっぱり学会でも葛西先生だけかと思いますが、私は尊敬しておりますし、こういうドクターは、絶対必要だと思います。

(トーニング全盛でしたからね。。。)

 

話を戻します。

この「シミの治療」の中で、「化粧は完全に落とさなくて大丈夫」と書いてあり、学会で声をかけてくださったドクターは、それを読んで、スタッフに、軽めの洗顔を指導したところ、「葛西先生は男性だから、女心がわからない」と却下されたそうで。。。

(葛西先生は、見た目、ホントに、「オッサン」で。。。。(大変失礼しました!)

一見、女心は、わからなく見えてしまうのかしれませんね。。。

でも、とても患者さんのことを考えていらっしゃる素晴らしい先生ですよ。)

 

ところが、私のブログを読んで、女性であり、化粧もする私が、「石けん洗顔で、ファンデや化粧が残っていても、ほっておきましょう」と再三言っていますから、それでスタッフを説得というか説明されて、今では、スタッフ全員とその先生とで、いらんことをしないスキンケアを頑張っていらっしゃるそうです。

 

私は、この話をお聞きするまで、美容皮膚科は、やっぱり皮膚科医・形成外科医のもとで受けるべき、と思っておりました。

中には、内科・整形外科・産婦人科など他科出身のドクターでも、ちゃんと勉強されて、ちゃんとした美容医療を患者さんに提供することはできると思いますが、現実はなかなか難しいことも多く、注射や手術・ナース任せのレーザー治療には熱心になっても、肝心のスキンケアがほったらかしで、スキンケアも言わんクセに、お金取るなよ、とずっと思ってました。

(皮膚科医・形成外科医でも、スキンケアを言わない医者は、大勢います。

内科のドクターでも、ここまで患者さんのことを考えて治療にあたっておられるわけです。

うちの患者さんでもそうですが、長年、クレンジングを念入りに、ましてW洗顔をしてきて、いきなり、純石けんだけで、1回洗うだけで、残ってもほっておく、なんて、なかなか受け入れられない方もいらっしゃいます。

わかっていても、なかなかできない方もいらっしゃいます。

スタッフ全員に説明して、納得させ、またスタッフも患者さんにちゃんと説明するって、結構なパワーがいります。

スタッフもエライですよね~。熱意がないと、やれませんよ。

また、そうやって、スキンケアに力を入れたところで、クリニックが儲かるわけでなし。。。

スキンケアの説明って、長いですからね。スタッフがするにしても、人手取れらるし、うちもそうですが、純石けん(1個150円)を売ったところで、儲けなんて、ほとんどありません。

(売っているところがわからない、という方が多かったので、うちで買えるようにしただけです。)

美容医療で大事なのって、機械じゃないんですよ。

どこまえ、親身になって、患者さんの肌のことを考えてくれるか、ドクターとスタッフの熱意です。

もちろん、それに最新の機械がついてくればよりいいんでしょうけど。

 

皆さんのそばのクリニックにも、きっと探せば、kんなドクターがいるはず!(。。。と思います。。。)

(スタッフだけが熱心ではダメなんですよ。。。そういうクリニックは、割とあるかもしれません。院長であるドクターとそのクリニックで働くドクター全員が熱心でないと!)

 

ちなみに、今ご紹介したクリニックは、広島にあるNTクリニックの根本先生です。

男性ですが、とても親しみのある、まさに内科医!て感じの優しい先生です。

内科医でいらっしゃいますから、体の中からの健康も相談に乗ってもらえると思います。

(根本先生、すみません、勝手に紹介しちゃいました。

先生からメールをいただいた時に、こんないい話は、どこかで紹介しなければ!とずっと狙っておりました。)

こちらのクリニックには、タイタンは入っていませんが、私お気に入りのジェネシスは入っているし、ライムライトもアキュチップも入っています。

なにより、スキンケアを大事にされていらっしゃるクリニックなので、お近くの方で、お肌のことを悩んでいらっしゃるのなら、一度受診されてみては?

 

「いいことは世の中に広めたい」推進委員会委員長ですので、勝手に広めさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、また続きです。

今回は、「ジェネシス」についてです。

私は、ジェネシスが大好きなので、「ジェネシスは、エステレベル」みたいに言われて、ちょっと心外。。。

ジェネシスは、ダウンタイムがないので、うちの患者さんでもエステ感覚でされている方もたくさんいらっしゃいます。

「ちょっと時間ができたから、今日空いてませんか?」

「最近、お肌が疲れているから、ジェネシスしておこう」

「なんか調子が悪いから、ジェネシスしよう」

などなど、様々です。

「エステ感覚」で受けるのと、効果がエステレベル、というのでは、雲泥の差があります。

エステ行ったって、ジェネシスの効果が出せるはずもなく。。。。

ジェネシスは、医療機器ですからね~。

 

お値段もお手頃なので、簡単なアンチエイジングや美肌レーザーとして人気が高いですし、フォトブライトのライムライトと並んで、人気の機器です。

うちのライムライト・ジェネシス・タイタンは、リピート率がものすごく高いです。

それだけ、人気です。

毛穴・赤ら顔・顔の産毛にもされる方がとても多く、赤ら顔の方は、うちではライムライトではなく、ジェネシスを勧めます。

(肝斑が隠れているかもしれませんからね。)

 

ジェネシスは、肝斑にもちょっと効果が出るので、他院では、ジェネシスを使って肝斑治療をされているところもあります。

(うちは、ライムライトを使っているので、ジェネシスで肝斑治療は、ファーストチョイスではありません。もちろん、肝斑もあって、ライムライトができない方・勧めない方にやることは多々あります。)

 

タルミ・シミには効きませんが、くすみは取れるし、小じわ・チリメンジワに対して、お手軽でいいと思います。

 

なにより、痛くないのと、ぽわ~ンと温かいので、患者さんは気持ちよくて、おしゃべりしているか、寝てしまうか、どちらかと、言っても過言ではありません。

(初回は緊張して、熱さを感じやすいこともありますが、アツアツ!と思いながらやる治療ではありませんから、熱いのは、パワーを下げます。う~ん、くらいは我慢してもいいですが、基本我慢は止めていただいています。)

ジェネシスが他の機械に負ける、というか、他の機械が選択肢に上げる場合は、ニキビ跡の凹みの場合です。

あるいは、大きな毛穴の凹みとか。

小じわ以上の深さですから、ジェネシスでは、回数がかかりすぎます、というかマイルドすぎるわけです。

 

ニキビ跡の凹みのご相談で来られたら、うちにはありませんが、と、フラクショナル系のレーザーの話や、CO2フラクショナルなどもっとエライことになる機械の話もします。

メリット・デメリットをお伝えして、あとは、患者さんが選ぶだけです。

私は、基本、ダウンタイムの出る治療というのが嫌いで、できればやりたくないです。

自分にもしたくないです。

そして、痛い治療もキライです。やっぱりやりたくないです。

でも、やったほうがいい場合というのもあるし、効果とのバランスで、これくらいなら我慢しようか、というレベルもあります。

ただ、基本は、ダウンタイムのある医療機器は、うちには置いていません。

私に治療方針は、できるだけ、日常生活に支障なく、人知れず、キレイになる、スキンケアを柱として、レーザーなどで、ちょっと補助をする、というモノです。

(ほくろ・イボは仕方ないので、炭酸ガスレーザーを使いますが。)

 

なので、フラクショナル系は一切置いていません。

未来永劫置かないか?と言われたら、今後のことはわかりませんが、多分、おかないかな。。?

フラクショナル系に、何か他の治療もできる付加価値があって、その機械に、ものすごく魅力を感じたら、買うことがあるかもしれませんが、今のところ、予定はありません。

なので、そういうきつい治療をしたい方は、他院でしてもらっています。

機器によったら、かさぶたができたり、出血したり、赤みが結構続いたり、そのあと色素沈着(シミ)になったり、化粧が出来なかったり、人前に出られなかったり、ガーゼやテープを貼ったり、などなど、いろんな機械があります。

でもその分、早く良くなる、回数が少なくて済む、というのが可能です。

患者さんの中には年末年始やお盆休みなどを利用される方もいらっしゃいます。

 

そこまでのダウンタイムが出なくても、いわゆるフラクショナルレーザーであれば、ジェネシスよりは強いですが、値段は高いうえに、回数は、結構かかるので、赤みも1日くらいは出たりして、「これだけ、我慢したのに(お金もかけたのに)、効果これだけ?」というトラブルもしばしば。。。。

(これは、やる前に、クリニックがあまりに過大に効果を伝えているからだと思います。)

ちゃんと理解していても、1回の治療費は、ジェネシスの何倍もしますから、そうなかなか続けるのは、金銭的に難しいこともあります。

 

フラクショナルにしても、もっときつい機器にしても、機械の選択や性能はもとより、ドクターの設定ややり方によっても、効果が全然違っていて、何度も言いますが、機械が同じでも、効果は、ピンキリなわけです。

機械で選んだって、リストアップの参考になるだけで、確実なものなんて、ありません。

こういう雑誌で、機械名を言い切って、そのまま調べることもせず、信じて、機械名で検索しちゃうから、おかしなクリニックにひっかかるわけです。

そりゃ受診してみないとわかりませんから、一度診察・カウンセに行くのはいいと思いますが、きつい治療であればあるほど、即決するものではないです。

その日にやったら、ホントにエライことになりますよ、軽く考えていた場合。。。

(ちゃんとしたクリニックは、副作用について、かなり厳しめに言われると思います。だって、治療自体がとてもきついから。

きつい治療なのに、副作用が軽いなんて、おかしいですよ。

設定をムチャクチャ弱くしていたら、別ですが。。。。

それだったら、高~いお金を出してやる意味ないですよね。。。)

 

もしうちで、ニキビ跡の凹みを治療してくれ、と言われたら、タイタンとジェネシスしかありません。

どちらもきついのに比べたら、そりゃ弱いです。

(元々、シワ・タルミ用の機械ですから。シワ・タルミの日々のレーザーで、そんなバンバン副作用が出る機械なんて、患者さんは、簡単にやれませんからね。)

ただ、痛くもないし(うちのやり方はね)、腫れないし、ダウンタイムもないし、とまあ、人にバレることがないので、仕事の予定を気にせず、いつでもできることです。

で、シワ・タルミ・美肌治療が両方ならできますから、そういうことにも興味があれば、一石二鳥です。

そういうことをしたい方で、ついでにニキビ跡もちょっとでも良くなったら、と思っていらっしゃる方には、最適ですが、ニキビ跡の凹みがものすごいコンプレックスで、早く何とかしたい!という方には、他の機種がいいわけです。

(ダウンタイムがOKならね。)

 

患者さんがどうしたいのか、どこまでなら、ダウンタイムはOKなのか、また値段の問題、治療していく間隔の問題などなどで、その方にとって、最適の治療は違います。

 

そういうきつい治療と比べたら、ニキビ跡の凹みなどに関しては、「ジェネシスはエステレベル」というマイルドさゆえに、おっしゃったんだと思いますが。。。。

(石川先生は、学会やセミナーでも、必ず、こういう場合には、とか、患者さんがどうされたいかによって、と前置きをされるので、今回の記事は誌面の関係で、(前後のおっしゃったことを)割愛されてしまったのかな、と思いました。)

(記事の書き方が、心外なわけです。)

 

しつこいようですが、エステで、ジェネシスの効果は出せません。

エステとジェネシスの両方をやったことのある方にしか、わからないでしょうけど。。。

ちなみに、ジェネシスは、コラーゲンがちゃんと増えるのが顕微鏡レベルで確認されています。ちゃんと証拠のある、医療機器です。

ニキビにあてたら、炎症はちょっと落ち着くし、アトピー・肌荒れにもあてます。

(だって、良くなるから。って言っても、スキンケアもちゃんとしないとダメですよ。)

血行も促進するし、いろんな可能性が秘めた機械です。

ヤグレーザーがいろんなこと(特にアンチエイジングに使える、と世の中に知らしめたのは、このキュテラ社のジェネシスだと思うんですけどね。

今は、他社からも、ロングパルスヤグレーザーが出てきましたが、それぞれの機械に特徴があるでしょうけど、ジェネシスは、あいかわらず、いいですよ?

 

ジェネシスは、中空照射と言って、ちょっと離してあてますが、接触照射できついこともできますから、(うちでは、鼻の毛穴のオプションに使うヤツです)、それをシワにあてることもできます。あまりうちではしてませんが。。。

(ヤグレーザーの接触照射は、結構イタイので、シワにたくさんあてると、痛いかな、と。。。

ちょっと設定をいろいろ変えて、シワに当てるのもありなので、また実験しておきます。

モニターを募集する場合は、またお知らせします。)

とてもわかりやすい話をしましょう。

例えば、ブラックマヨネーズの吉田さんのニキビ跡の凹みです。

東京なんて、美容クリニックが山ほどありますから(有名なところも)、さっさと治療したらいいのに、と思って、TVを観ていますが、治療をされないところを見ると、吉田さんは、凹みを残しておきたいのかな、と。。。ネタとしてなのか、無くなるとさびしいのか、それはわかりません。

単純に、あまり気にされていないのかもしれないし、それは吉田さんご本人でないとわかりません。

ただ、もし吉田さんは、治療をやりたい!と思った場合ですね。

どの強さの治療をするのか?!

 

あれだけ、毎日TVに出ていたら、早々休みはないと思うんです。

まとめて休むって、難しいでしょう。芸人さんの場合は、旬がありますものね。

そうなると、番組企画だとしても、きつ~い治療はできないと思うんです。

かさぶたや赤みの上から、プロのメイクさんがメイクをしたとしても、1週間は、今のハイビジョンのTVだと隠せないこともあるでしょうし、それが視聴者に見えてしまったら、「あんななるんだったら、やりたくない」と引く方も出るかもしれません。

「この程度なら。。」とやる勇気が出る方もいるかもしれません。

それは、わかりませんが、「やりたくない」「長期の休みじゃないとやれない」と思う方も少なからずいると思います。

隠すためにガーゼやテープを貼れば、なおさらです。

そうなると、やってくれるクリニックは、早々出ないかな、と。。。

 

じゃあ、フラクショナルは?という選択肢も出てきますが、回数は結構いるので、ちゃんとしたクリニックで、ちゃんとやってもうらうなら、結構なお金がかかります。

(東京は、関西よりも、美容医療の物価は、とても高いです。)

お金があれば、ちゃんとしたクリニックで、多少のダウンタイムは、仕事の調整やメイクさんで可能かもしれませんね。

 

それでも、やっぱり人目が気になる、仕事に絶対支障は来たしたくないし、メイクさんにも知られたくない!というのであれば、タイタンやジェネシスは、効果もマイルドな分、ダウンタイムもないから、バレませんから、おススメです。

ゆっくりゆっくり良くなるから、視聴者から見てても、「自然に治ったの?」「いつのまになんかしたの?」と思わせると思うんですけどね~。

 

ま、こればっかりは、患者さんの希望がかなり大部分が占めるし、これやりたい!と思っても、実際の光や設定との相性もありますから、なんでもやってみないと結果は誰にもわかりません。

選択肢が多いから、患者さんは選べて、それはそれでいいと思います。

 

この機械!なんて、決まるわけないんですよ。

何を治療するのか、で変わるし、ドクター・患者さんの好みで、全然違うんですから。

(記事で、eプラスを選んでいるのは、複合機だから、そっから、組み合わせたりして、チョイスってことですかね?

で、患者さんに、一体いくらお金を用意しろと。。。。?

eプラスのハンドピースを全部揃えているクリニックって、日本にいくつあると、ライターの方は思っているんでしょう。(現時点じゃなくても、今後も)

これから、クリニックに買え!ってこと。。?

そりゃ、大変だ~。。

複合機じゃなくても、バラバラの機械をたくさん持っているクリニックだったら、同等の効果を出せることもありますし、微妙な差が出たとしても、その微妙な差に肉眼でわかるのか(ドクターも患者さんも)って。

複合機のメリットは、これから買うなら、1台にたくさんのハンドピースをのせることができて、場所をとらなくてよくて、クリニック側にしたら、例えば5台買うことを思えば、1台にプラスα(αどころで済みませんけどね。。。)で買えるので、クリニック側からしたら、お得感があります。

ただ、その機械を使っている間だら、複合機にのっている、他のハンドピースは、使えないわけです。

 

患者さんも、わかる範囲で、機械のことを知っておかれるのはとてもいいことですが、中途半端な知識だけ載っている雑誌とかを、そのまま鵜呑みにするのは止めてくださいね。

そのまま信じた貴女が大変な目に遭うだけですよ。

あくまでも、ひとつの情報です。

参考ですよ。

 

参考までに。

 

 

 

 

 

 

すみません、前々回の続きです。

 

さて藤本先生がレーザー機器などは3年くらいで買い替えをしたほうがいい、とお話しされてましたね。

これは、そりゃ確かにそうですが、実際、こんなことをされていらっしゃるのは、藤本先生だけと言っても過言ではないでしょう、っていうくらい、まあ、普通ないでしょう。

同じお金があれば、新しい別の機械を買ったりします。

同じ機械で、買い替えをするとしたら、よほどその機種が気に入っている時かな、と。

他に新しくほしい機械もなくて。

 

車を3年くらいで買い換えちゃう人っていますよね。

そんな感じ?ですか?

機械マニアというか、こだわりって大事ですけど、クリニックの場合、経営も大事だし(潰すわけにもいきませんから)、患者さんから、いくらいただいて治療をするか、という値段も大事です。

レーザーのメーカーによると思いますが、メンテンナンスというか、アフターケアがいい加減なところもあって、定期検査もないとか、保守契約もないとか、まあ、様々です。

 

うちの患者さんがご心配されるといけないので、申し上げますが、うちのXEO(タイタン・ジェネシス・ライムライト・アキュチップ・プロウェーブ・LーYAG)ですが、もちろんキュテラ社の正規の保守契約を結んでいますから、ちゃんしたレーザー光が出ているのかとか、安定した出力が出せているのか、とか、3年ごとに買い換えていなくても(もう買って、3年5か月くらいですかね)、心配は無用です。

正規の保守だと、年に2回、キュテラのスゴイ技術サービスの方が、全て定期チェックをされて、正しく作動しているのか、確認されています。

この時に、「ん?」ということに万が一にもなれば、ちゃんと部品を交換してくださってます。

こういう精密機器は、ものすごい賢いコンピューターが全てを制御していると思うんですが、ソフトに問題がないか、ハードのアップデートもされてバージョンアップは、定期的に行われているはずですので、そういう意味では、キュテラの機械は、3年くらいで買い換える必要はないと思います。

10年経ったら知りませんが。。。

(あくまで、正規の保守契約をしているクリニックですよ。

中には、保守契約を結ばず、怪しいハンドピースを怪しい業者から仕入れて(格安になります)、患者さんにあてているクリニックもあるらしく、これは、とても恐ろしいことです!

設定と同じ出力が出ている保障もないし、キュテラの機械は、おかしかったら、正常に立ち上がらないようにできているらしく、エラーが出ない限り、一応正常と思っていいらしいです。

なので、エラーで出たら、すぐにキュテラに連絡して、見てもらうんです。

そういうことを、やらないクリニックがあるようなので、正規の保守かどうか確認されたほうがいいですよ。

どうやって確認したらいいんですかね?キュテラジャパンに電話して聞くしか、ないのかな。。。?)

 

キュテラのこのXEOという複合機は、いろんな意味で、美容医療の複合機の先駆者的な役割を果たしたと思うんですけどね。ちゃんと使えて、価値のある治療機がのっているプラットフォームって、今は、いろんなメーカーが出してきましたけど、一番最初はキュテラじゃない?と思います。

そういう意味で、キュテラジャパンが出来て、今年10周年ですが、昔から素晴らしい技術を持っている会社です。

で、このXEOも、もちろんいろんなハンドピースが新しく出るたびに、中のソフト(ハードか?)が入れ替えられていると思いますから(新しくつけようと思ったら、中身も変えないとね)、さすがに、10年経つと、中を入れ替えるとと言っても、限界があるかもしれませんね。

10年全く同じ機械を使い続けたことがないので、ちょっとそこまではわかりません。

たるみ治療で、お二人ともサーマクールがお好きですが、(石川先生はウルセラもお好きですね)、サーマクールは、どんどん新しくなって3世代目、という話が出てましたね。

 

昔、まずサーマクールの1代目が出て、あまりに痛さと腫れが問題となり、やりたいけどやりたくない、という方も大勢いて、その少し後に、キュテラ社のタイタンが出ました。

キュテラの機械は、基本、「ダウンタイムがない」治療ができる機械です。(全部ではないですよ。例えば、パールとかパールフラクショナルとかは、ダウンタイムが出ます。うちにはおいてませんが。)

タイタンもハンドピースの先端の形が、改良されて、そういう意味では、ハンドピースの形自体は、3代目です。

でも、本体自体は、変わってません。(社内レベルで変えておられたら、知りませんが。少なくとも、バージョンアップしました!新しいのを買ってください!みたいな、営業はされてないので、中が変わっていても、保守契約さえしていれば、タダで変えてくれているわけです。)

サーマクールは、痛すぎて、できない患者さんが多いから、変える必要に迫られたわけで、サーマークールはランニングコストがとても高いので(なので、どこも処置のお金が高いのです)、偽物まで出回る始末。。。それに困ったサーマージ社が偽物は使えなくするためとより改良を求めて、2世代目を出したわけです。

1世代目の時に、ハンドピースの改良はありましたが、それでもやはりかなり痛くて、「サーマ=痛い」は、もはや当たり前となってしまって、2世代目が出ました。

しばらくは1世代目も使えていたんでしょうけど、2世代目・3世代目まで出てくると、っハンドピースの交換も、いついつまでとか、使用期限が決まってしまって、もう使えないとなっているんじゃないのかな?

(まあ、今更、1世代目を使うクリニックなんて、ないでしょうけど。

3世代目がとっくに出ているのに、美STの美容医療特集の時、1世代目のサーマクールの割引きチケットだかクーポンだか載ってましたよ。

今時、1世代目?!と目が点になりましたが。。。。でそんなことは、美STのそのページには書いていない。。。

個人的に、サーマクールの1世代目が好きなドクターはいらっしゃるでしょうけど、患者さんんには、まあ、使いませんよ、使えたとしても。)

改良が必要だった機械だから、3世代目まで機械本体ごと変えてまで出てくると思うんですけどね。

(2世代目もまだ痛かったから。3世代目も、クリニックによってやり方は違うでしょうけど、痛みが今までに比べたらマシ、というくらいには思っておいたほうが。。。。やり方によったら、痛くないこともあるでしょうし、患者さんによったら、これくらいなら平気、という方も大勢いらっしゃると思いますが、悪徳クリニックが宣伝しているのを信じていったら、かなりの高額治療ですから、エライ目に遭いますよ。

高額であれば、あるほど、クリニック選びは慎重に。。。。

安かったら、安いクリニックでいいか、というと、これもまたそうではダメですが。。。)

1世代目・2世代目と、かなりの高額なお金を出して、クリニックは買ったのに、しかも壊れたわけではなく、まだ使えるのに、どんどん企業側から変えていかれるのも、クリニック経営を圧迫する原因にもなるわけで、そう新しいのを買い換えていけるところばかりじゃありません。

新しく買った機械というのは、最初は、患者さんも結構な高額な治療費を取られます。

もちろん、機械の設定も、まだ日本人でどうあてるのがいいのか、というのも確率していないので、そういう意味では、初期に受けた方は、早く最新の機械で効果が出てラッキーなこともありますが、ええ~?!みたいな結果になることもあり、これは美容医療の最新をやる上では仕方ありません。

私が開業する時に、なんの機械を買うか、ですが、開業するなら、絶対XEOがないと!と思っていたので、迷わずXEO(いろんなことができる複合機)でした。

XEOでたるみ治療をするなら、タイタンしかありません。

たるみ治療では、タイタンかサーマクールか、私が開業した時も、この二つが比較対象です。

(今だと、ウルセラが入ってきますね)

このどちらを買うかは、ドクター個人の好みがとても出ます。

両方持っておられるクリニックもあるでしょうけど。

サーマクールは、私自身の顔にも当てたことがありますし、患者さんにもやったことがありますし、タイタンも取扱いをしてました。

で、私の好みは、シワにも効くタイタンだったわけです。

まず、痛い治療はキライ、というのが大きな理由の一つではありますが。。

 

美STの記事に、「タイタンはエステレベル」と書かれていましたが、エステで、うちみたいな効果は出せません。

サーマクールもタイタンもそうですが、光・レーザー・RF・超音波、手術もなんでもそうですが、ドクターのやり方で、全然効果が違うわけです。

ほとんどのクリニックが、タイタンをナース任せ(ひどいところはエステティシャンにさせていたり。。。。違法行為ですが。。)にしていて、それで、ちゃんと効果が出せるのは、ごく一部のちゃんとしたクリニックだけかな、と。。。

そこそこの効果は出せても、その分、回数がいるとかね。

うちのタイタンは、ドクターである私があてますから、結構いいですよ?

変なところで、糸入れるくらいなら、私は、うちでタイタンやれば?と思いますが、これは、まあ、好みもありますから。

うちにナースはいませんが、ナースにしてもらうことになったとしても、タイタンとライムライトは、ナースにはさせません。私がやります。

だって、効果が全然違うと思うから。

ちゃんとしたクリニックは、サーマクールをナースにさせているところって、皆無だと思います。

(ダメなクリニックは、ドクター照射ではないです)

どこも、ドクター自らあてておられます。

もちろん、当て方で、サーマの効果も全然変わります。

サーマのほうが効く方もいらっしゃるでしょうし、タイタンのほうがいい方もいらっしゃるでしょうし、患者さん自身のあてられる好みもあるでしょう。

ホントは、そりゃ、石川先生や藤本先生のところみたいに、いろいろあって、複合治療というのが理想なんでしょうけど。

(どこをどうしたいかで、治療の深さを変えないといけませんから、やる内容もね、1台で全部が済む機械なんて、ないんですよね。)

ただ、患者さんは、複合された分、お金もべらぼうにかかります。

どこまでしたいかですね。。。

(適当にやっているクリニックだと、いくら複合治療してもダメージだらけで、反ってよくないですよ。複合治療をする場合は、ちゃんとしたところに行きましょう。)

日本中の美ST読者全員が石川先生と藤本先生のところに押しかけるんですかね?

超有名なクリニックですから、日本中から来られていると思いますが、ちょっと現実的ではないですが。。。

だって、先生はおひとりしかいらっしゃらなくて、診療時間にも限りがあるし、元々通っていらっしゃる患者さんもいるわけで。。。どこまで新規の患者さんの予約がバンバン取れるのか。限界は必ずありますからね。

今回の記事みたいに、極端にライターの方は書かれてますが、一体読者にどうしろと。。。?

 

ちなみに、うちで、ウルセラを導入することはないと思います。

私は、皮膚科医ですし、形成外科をかじったことがあるとは言え、皮膚科医です。

ウルセラは、形成外科専門医が行うモノ、と私は認識していますし、患者さんに聞かれたたら、そう答えています。

どの医者でも機械を買って、患者さんにやっていいとは思っていません。

これ、ちゃんと解剖や原理などを理解していないと、ものすごく危ないです。

適当なクリニックで、甘く考えてやるものではないので、カウンセが軽すぎたら、一旦、考えます、と言って、帰ってきてください。

で、誰でもウルセラをやったらいい、というものでもありませんから、(副作用も含めてね)

何度も言いますが、誰にでも合う機械なんて、ありませんからね。

実際の効果も、実際自分に合っているかも、やってみないとわかりませんから、その辺のところを理解して、美容医療はやりましょうね。

 

 

 

すみません、ここのところ、忙しくてブログをさぼってます。。。

学会が終わっても、その次の休みは寝てばかりいたんですが、寝貯めってできないですもんね。

また遅くにブログを書いて、睡眠不足が続く、という悪循環を繰り返しているようで。。

普段の診療が終わって、雑務をしていると、気が付いたら意識がなくなって(寝ているようです)しまうことがあったので、診療に影響してしまう!と、ちょっとここのところ寝てます。

なのに、今日は、またしても東京に来てます。

明日の企業セミナーに出るためです。

企業主催のセミナーでも、自分のところにない機械の話でも、今後欲しくなるかもしれないし、セミナー自体はとても勉強になるので(高名な先生方が講演をされるので)、日程が合うなら、なるべく東京の時は来ています。

(日曜ならクリニックを休まなくていいので)

でも、さすがに、今月3回目の東京はやや疲れてきました。。。

明日のセミナーで寝てしまわないためにも今日は、もう寝ますね。

美STの記事の続きは、また次回で。

お楽しみに。

おやすみなさい。。。。

今月の美STですが、

(まだ読んでいるの?と言わないでください。仕事のためです。

新患の方や患者さんが読んでいて本気にしたら困ることもたくさん載っているし、世の中では、こんなこともされているのか。。。と知っておいたほうがいいことがたくさん載っているので、一応サーッと目を通しています。

組合のほうで、年間購読も申し込んでいるので、毎月送ってきます。

STORYの今月号は、ものすごくたくさんの広告ページで、しかも、STORY読者と広告の服や靴やバッグって、一致する?!という感じの広告ばかりで。。。通販のチラシかと思っちゃいましたよ。

なんかあからさまですね。。不景気なんですかね。それとも、出版社の方針ですか?

いや、同じ出版社でも、他の雑誌はこんなあからさまではないので、編集長の方針?STORYも年間購読していましたが、ちょっと止めることにしました。

雑誌やTVにとって、スポンサーはとても大事なのはわかりますし、スポンサーがいないと出版することすらできないのもわかりますが、もう読むページが少なすぎるので、他の雑誌に変えることにしました。

5年以上前って、STORYが一番売れていると聞いていたし、ものすごい勢いがあったのにね。ずっと毎月見てきましたが、ちょっと残念。。)

 

さて、美STに話を戻しましょう。

美STのDr.ウサコのページ、美容医療業界でも有名な先生方に取材に行かれて、美容医療についての特集ページのところです。

クロスクリニックの石川先生とクリニックFの藤本先生は、美STの常連ドクターですよね。

今回もこのお二人中心のお話が載ってました。

今回のテーマは、「2013年美容医療総仕分け」だそうで。。。

「時間とお金の無駄遣いをしないためにも、最新情報をインプット!」ということなんですが、お二人に、意見を聞いておられるわけです。

 

ドクターが100人いたら、100人とも全然意見が違うので、もちろん考え方だけでなく、好みの問題もありますから、違って当然で、お二人の意見は、お二人の意見なわけで、参考にされるのはとてもいいと思いますが、たったお二人の意見だけで、なんで、このページは、なんでも言い切るんですかね?

 

記事の中に、「一番効果があるマシンが知りたい!」

→って、何に対して?誰に?アラフォーが対象なわけ?副作用や金額は回数は?

状況によっても、もちろん患者さんの好みや希望によっても違うわけです。

そんなこと、一口に答えが出せるわけがありません。

 

また、その下に、「旬のマシンをセレクト!」って、「一番効果があるマシン」と「旬のマシン」は違うと思うんですが。。。

日本語の取り方にもよるんでしょうけど、「旬」っていうと、「今話題の!」っていう意味かな、と私は思いましたが。。

(でも、eプラスもマドンナリフトも、今業界で話題ではないです。っていうか、もう出たの、ちょっと前ですし。。セミナーはしょっちゅう学会でも開催されたりはしていますが。(企業側がお金を出して、セミナーをする時間と場所を、学会から買うのです)

「旬」なのかな。。?「旬」の意味がよくわかりませんが。。。)

お二人のクリニックには、マドンナリフトが入っていますし、まだ日本では導入しているクリニックが少なく、日本人の症例も、機械が新しい分、少ないので、そりゃ、今後が楽しみでしょうし、私も、おこもり生活が1週間フルタイムで取れるなら、いつかやってみたいとは思いますが、これができる日本人女性が、どれだけいるのか、となると、機械自体がとてもいいと思いますが、導入するクリニック側としては、多くの患者さんに受け入れられる治療でないと、導入費用がペイできないわけです。

(こういう医療機器は、べらぼうに高いっ!!きっと皆さんが考えているよりも、ず~っと高いです!!

高級外車~ちょっとした安めの、あるいは小さ目のマンションまで買えます。)

うちでは、当分、買いませんね~。それなら、他の欲しい機械があるから。

(私の中では、ダウンタイムの出る治療は、優先順位がかなり下がります。)

 

お二人のクリニックは、日本でも超有名ですし、全国からマドンナリフトをしたい、とダウンタイムもOKな方が大勢集まって来られますから、十分ペイもできるでしょうが、このお二人のマネができるクリニックなんて、そうそうないですよ。

 

eプラスも機械はそりゃいいでしょうけど、複合機器ですから、クリニック側としたら、1台買えば(って、ハンドピースをたくさん付けてグレードアップすれば、ですが)、場所も取らずに、いろんなことができる、というモノです。

こういう複合機は、いろんなメーカーが出していて、うちのキュテラ社のXEOもそうです。

(うちは、パールやパールフラクショナルなどのダウンタイムの出るのは、積んでいませんけどね。)

 

どこのクリニックでもそうですが、こういう複合機だと、1台で、簡単に治療内容を足していけて、手間暇が少なくて済む(機械自体を変える、というのは、日常の診察の中で、結構手間暇と時間を食うわけです。忙しい外来の中では、機械をあまり動かさずに、患者さんも移動せずに、続けて治療ができれば、楽なわけです。

なので、複合機でまとめて治療してくれるなら、そりゃ、嬉しいし、もちろん、複合することの相乗効果も期待できるでしょうし、患者さんもクリニックも時間短縮できるし、その上、たくさん治療メニューを組みますから、客単価は上がるし、患者さんはいろんなことできるし、(お金持ってないとできませんけどね)そんなにしてくれるんなら、セットメニューでちょっと割引きしてあげようか、というメニューも出てくるでしょう。

複合機のメリットですね。

 

「2014年に、継続するマシンは、eプラスとマドンナリフトに決定!」って、なんでやねん。。。どんな基準・・・?

そりゃ、そのどちらもいいと思いますが、これさえすればいいってものでもないし、誰でもやったらいい、というものでもないです。

 

うちに来られている患者さんの大半は、そういうことはちゃんとわかっておられて、美STを読んで、「うわ~!」と娯楽としてご覧になっていて(最近は、昔は読んでいたけど、読むのを止めました、という方もかなり増えました。。そのまま信じるという方はあまりいらっしゃいません。

ちゃんと自分の頭で考えれば、何が正しくて、何誇大広告か、なんて、わかりますし、ウマすぎる話なんて、ない!ということがわかっていらっしゃいますから。

ただ、一部の患者さん、あるいは、読者の中で、そのまま真に受ける方がいらっしゃるようで。。。

そういう意味で、こういう大手出版社が出している雑誌の影響力というのは絶大ですね。

その影響力のある雑誌の医療ページで、高名な先生方の写真やコメント付きで、機械の名前だけを言い切るから、ネットで、機械を入れているクリニックを探して、カウンセの中身がムチャクチャでも、おかしくても、「雑誌に書いてあったし。。」という理由で、やっちゃって、と被害者を生んでいる事実は、どう思っておられるんでしょう。

 

こうやって、大々的に機械の名前だけを書くと、機械を作っているメーカーは宣伝になっていいでしょうが、あまり知識もない、金儲け主義のクリニックが、「流行ってそうだから」「患者が集まりそうだから」と導入して、適当にやって、副作用だらけ、あるいは、全く効果なし、ということがいかに多いか!

 

光・レーザー・RF・超音波、なんでもそうですが、料理のレシピと同じで、各ドクター・各クリニックによって、全くやり方が違います。

最低限のやり方(設定)は、業者さんから、マニュアルのようなものを教えてもらっても、それは、たいてい、安全にやるための目安であって、早く確実に効果を出すための設定ではないのです。

だから、ちゃんとしたドクターは、自分で効果をひとつずつ診て、自分なりの設定の工夫をして、早く患者さんに効果が出るように、日々努力しているわけです。

機械だけ入れていても、最低限のカウンセだけで、ナース任せで、ドクターの診察一切なし(ひどいところは、エステティシャンにやらせていたり。これは違法ですが。)、というところもあるし、一応レーザーはなんかやっているけど、スキンケアの話は何もしていないとか。

 

典型なのが、レーザートーニングで、美STでも大々的に、「肝斑にはレーザートーニング!」としょっちゅう載っていた記憶があります。

あの時点で、それ自体はウソではないんですが。。。

また業者自体も、業界内でも、ものすごく宣伝していましたから、ちゃんとしたクリニックだけでなく、流行に乗るかのように、金儲け主義のクリニックが、たくさん導入しました。

その結果、スキンケアも何も言わずに、お金だ払わせて、高いコースを買わせて、適当に当てている、プレトリートメントもせずに、悪化のリスクも言わずにやっている、トラネキサム酸も飲まさず、飲まない時のリスクも言わずにやっている、というクリニックも爆発的に増えました。

そして、肝斑が悪化する、色が水玉みたいに白く抜ける、と被害者が大勢出て、葛西先生を始め、学会でも注意喚起が出て、現在、肝斑の第一選択は、レーザートーニングではありません。まずは、スキンケアです。そして、内服や外用の追加です。

もちろん、この被害者を出したのは、美STではありませんし、一番の責任は、いい加減な治療をやっている金儲けクリニックなわけですが、そういうクリニックがあくどい商売ができるように、情報提供(というか、誘導してないですか?)をしている懸念があります。

治療方法や機械の紹介をされるのは、美容医療業界としても、一般の方に知っていただくのに、とてもいい宣伝や情報提供にはなっていますし、そういう意味では私も感謝していますし、私自身、雑誌はなんでも大好きですが、機械や治療の名前の後に、もっと大きな字で、「こういうクリニックで受けましょう」「スキンケアを同時に(前もって)ちゃんとしていないと効果が悪い、あるいは悪化のリスクもある」「他力本願はいけないし、美容医療は魔法ではない」など、ちゃんと書くべきだと思います。

安易に、一般の何も知らない方々を煽るのは、止めていただきたいものです。

 

他のページに、ボトックスやヒアルロン酸の話が載っていて、ボトックスビスタを使っていないクリニックは止めましょう、とか、安売りクリニックは止めましょう(違いましたっけ?)、とか、書いていましたが、確かにそれは正しいんですが、ボトックスビスタさえ使っていればいいというものでも、もちろんありません。

うちは、ボトックスビスタしか扱っていませんが、ドクターによったら、ちゃんと他メーカーのものでも、ちゃんとメーカー名を言って、リスクや効果の違いを説明された上で、何かあった場合の責任もちゃんとされているなら、他メーカーであれば、患者さんに安く提供できるわけですから、患者さんがいいなら、ひとつの選択肢かもしれません。

いい加減に適当に、ボトックスビスタを注射するクリニックよりは、よっぽどいいと思います。

(ま、うちは、アラガンジャパンができてから、ボトックスビスタしか使ってませんが。今後も厚労省認可のボツリヌストキシン製剤が出てこない限り、アラガンのみだと思います。)

ボトックスビスタを使っているクリニック=いいクリニック、とはならないので、そういうことも書かないと、薬剤名だけの連呼では、また違う被害者を作るだけです。

ヒアルロン酸なんて、鼻が腐った写真を出しておられましたが、「こんなクリニックでは受けないでおきましょう」と書いておられたのは、とても素晴らしいことですが、そういうクリニックの宣伝を今までも載せておられたでしょう。

雑誌に載っていたら、一般の方は、安心して、そのクリニックに行ってしまうわけなので、矛盾してません?

今月号に、そういうクリニックの広告が載っていたとは記憶していませんし、過去の話ですから、編集部の方針が変わったならいいんですが、今まで、いろんなことを煽っていたのも事実です。

美容の世界では影響力のある雑誌なわけですから、その辺のところ、頑張ってほしいです。

スポンサーとの兼ね合いもあるのはわかりますが、ページ数も足らないのかもしれないし、そんなに医療ばかりにページを割けないのかもしれませんが、極端な誘導は止めてほしいです。あくまでも、紹介ページであったり、「このドクターの今のお気に入り」というレベルで止めるべきでは?と思うのは、私だけ?

編集の方の好みもかなり反映はされるんでしょうけど。。。

誰だって、自分の気に入っているものは、紹介もしたくなるでしょうし、同じやるなら、これやって!と思うのかもしれませんけど。。。

影響力をわかって書いておられるんだったら、スゴイですね。。。

雑誌の場合は、もうちょっと偏らずにいけないものなんでしょうか。。それが、その雑誌のカラーと言えば、カラーなんでしょうけど。

(このページも、そういう企業から広告費が出ていたら、仕方ないですけどね。

それなら、PRページと明記してほしいものですが。。ま、いろいろあって、書けないでしょうけどね。)

今回は、まだまだ言いたいことが山ほどあるので、今日はこの辺で。続きます。

 

 

最近、お電話での問い合わせがとても多いんですが、季節柄、気になっておられる方がとても多いんだと思います。

そんなお電話の中で、「原因(薄毛の)を教えてくれるんですよね?」という問い合わせがとても多いです。

なぜ、そんなことを聞いてこられるのか、私・スタッフ共々、全くわかりません。。。

 

女性の薄毛・育毛相談の診察で、うちで血液検査などは一切行っておりません。

毛や頭皮の状態を肉眼で観察させていただいて、頭皮も触らせていただいて、ダーマスコピーで、頭皮などを50倍で診て、いつから薄毛が気になっておられるのか、昔はどうだったのか、最近はどうなのか、何か薬などを使っていたのか、普段のヘアケアはどうしているのかなどなど、そういったことを聴かせていただいて、私の考える、頭皮・頭髪にとっていいこと(まあ、ヘアケアですね)をアドバイスしています。

 

ヘアケアは、スキンケアと同じで、どんな状態の方でも、一番大切なことだと思うので、原因がなんであれ、TVや雑誌などの間違った情報に振り回されている方がとても多いので、そういう間違ったことをされていないか、なども含めて、ヘアケアの指導をしています。

 

薄毛・育毛相談に来られる方のほぼ半分くらいが、全く正常な方です。

気のし過ぎ、ってヤツです。

そりゃ、20歳頃と比べたら、多少、毛は細く、腰が無くなっているでしょうけど。

これは、年々、進んでいきます。

40歳を境に、毛の直径がガクンと細くなる統計があり、早い方で40歳前、いわゆるアラフォーが気になってくる方が多いでしょう。

もっと若い方で、気になる、というか、本当に毛が薄くなっている方もいらっしゃって、大抵が病気ではなく、個人の体質というか、体調というか、いろんなことがからんでいるんだろうな、という方も多いです。

 

経過と症状を診て、内臓からの病気を疑う場合は、当院では血液検査などはしません。

混合診療はしていないですし、また禁止されているからです。

(混合診療してほしい・保険と自費と混ぜてほしい、とお思いでしょうが、実際は、混合診療しているクリニックは、適当な流れ作業で、自費の薬や処置にしても、ちゃんとした説明がされていないことも多く、副作用が出た時に、結構もめてますね。

保険で安くしているんだから、これくらい我慢しろ、的なクリニックも多いのです。

そんなところばかりではないでしょうが、混合診療をしている時点で、薄利多売になってしまいやすいので、質は下がりやすいでしょう。)

 

経過・症状から、内臓からの病気を疑った方は、ほとんどいませんが、30代後半以上の方や、若いのに、ちょっとひどいかな、という時は、健康診断とか全然していなかったら、検診もかねて、受けたらどうですか?とアドバイスしています。

 

検診で異常がないとわかってから、自費の治療は始めるほうがいいです。

もし内臓からのせいなら、自費治療にいくら出しても、効果が出ないからです。

 

ですが、たいていの方が、同時進行を望まれる方も多いです。

(ホントに内臓からを疑う場合は、やりませんけどね。体に負担がかかったら、いけないので。)

病気を疑っていなくて、ご本人の理解も良く、金額なども納得されているのであれば、やることもありますが、大抵は、当たり触りのない程度の薬やサプリを購入だけされて、しばらく様子を見ていただくことも多いです。

 

早く治療を始めたほうがいいですよ、という方は、少数派で、大半の方は、ホントに気にし過ぎです。

そういう方の大部分は、「全然薄毛じゃないですよ」と言って、安心されますが、ごくまれに、「異常」と言わないと気が済まないのか、「薄毛じゃないんですかっ?!」とばかりにつっかっかってくる方がいます。

(すっごい稀ですけどね)

 

こういう方は、いくら言っても納得しないので、「異常」と言ってくれるクリニックを探すんですよね~。

そこで、効きもしないのに、金ヅルとして、どんどんお金を巻き上げられるわけです。

まあ、それを望んだのも、その方なわけですから、その方の勝手なわけですが。。。

(ビフォーが正常範囲なので、アフターなんて、効果がわかるわけないんですけどね。。。納得するまで治療をやり続けてくれるわけですから、いいカモですよね。)

 

京都にはあまりありませんが、(あるのかもしれないけど、有名なところはないです、というか、知らないです)、大阪には、AGA専門のクリニックというのが、わりとあります。

いいか悪いかは、別として。

TVにも出てたりしますかね。出てないところもあるでしょうけど。

東京は、もっと多いと思いますよ。

うちに来られた患者さんからお聞きしましたが、大阪のとあるAGA専門(TVに出ていたそうで)のクリニックに受診したら、まず初診料が1万円。

まあ、これは仕方ないでしょう。結構時間を取りますから。うちでも、処置をされなけければ、同じだけいただきます。

血液検査が、1回2万だか3万だか。。

しかも、その結果を言う外来の再診料が、2万だか3万。

(血液検査のコピーもくれなかったらしいです)

そして、薬代・処置代はもちろん別!

TVでは、ダーマスコピーで頭皮を診ていたのに、診察では、診てくれなかったそうで、「診ても同じ」とかなんとか言われたそうです。

ちなみに、この方は、正常で気にし過ぎ、というのではなく、できれば、早く、なんでもいいから始めたほうがいいですね、という方でした。

(今、うちで、育毛メソセラピーをされています。)

 

AGA専門クリニックの、いろんなところのHPを見られたらおあわかりでしょうが、結構、高いです。

使う薬も、何を使っているのか、わからないこともあり、企業秘密というか。。。

たくさんの種類の薬を使っているクリニックもあります。

 

うちは、そこまではやっていません。

 

まず、自分が頭の薄毛・育毛が気になって、薬などの取扱いを始めてわけで、メソセラピーの薬も、自分が使うとしたら、という基準(まずは金額ですね)で、いろいろ選びました。

塗る薬・飲む薬(サプリ)・メソセラピーなど、1回で効くわけではなく、回数もいりますし、継続して続ける必要があります。

だって、老化は死ぬまで続きますから、どこまで目指して維持したいのか、なので、終わりは、はっきり言って、ありません。

継続していくと、それなりにお金がいるわけです。

数回、高い金額を出せたとしても、数回で終わってしまったら、まだ全然生えていないのに、となりかねません。

なので、比較的、価格を抑えめで、副作用が少な目のモノを取り入れました。

(絶対副作用がない医療なんて、ありませんよ。まして、育毛治療で使う薬の大半が、厚労省は認可していませんから。各自の自己責任です。)

うち以上に、本格的にやりたい方は、専門のAGAクリニックに受診したらいいんじゃない、と思うからです。

 

間違ったヘアケアを止めてもらって、ちょっと毛の成長を手助けしてあげる感じです、うちでやっていることは。

なので、うちに来たって、原因はわかりません。

この薬はやる価値はあるんじゃない?というアドバイス止まりとお思い下さい。

薬を入れた時は、やっぱりもっと濃い薬を入れなきゃ、毛生えないかな。。?と思ってましたが、結構患者さんの経過が、思ったよりもいいので、そこまで高い薬を使わなくてもいいのでは?と思って、今日となっています。

 

どこまで目指すのかは、患者さん次第です。

その時の症状や経過で、もちろん、勧める薬・勧めない薬や処置もありますから、誰でもなんでもやったらいい、というわけではないですし、処方する薬に関しては、おススメ内容は、ひとそれぞれ違うわけです。

だから、そんな大したことをやっているわけではありません。

ホントにヘアケア中心ですね。うちのスキンケアと同じです。

そういうのでいい方は、受診していただいたらいいですが、血液検査などガッツリやりたい方は、うちには向いていませんよ。

 

 

 

 

先週の木曜日・金曜日と、東京の国際フォーラムで開催された日本美容外科学会に参加してきました。

形成外科学会が軸となって作られている学会なので、大学病院が中心ですし、本当の形成外科専門医でないと、まあ、入れませんから、私は、形成外科専門医を持っていませんから、入会できません。

なので、今まで参加したことがなかったんですが、いつからか忘れましたが、会員じゃなくても、総会だけでは、高~い参加費を払えば、参加できるようになったんです。

でも、基本、私は手術もしないし、美容外科自体が直接関係するわけではないので、私のメインの学会は、やはり美容皮膚科学会だと思うので、今まで参加しませんでした。

ところが、美容皮膚科学会総会は、ここ数年、これから美容皮膚科を始めようと思っているドクターのための講演が増え、主催大学にもよりますが、もう美容皮膚科を始めているドクターからしたら、物足りないことも多く、それに引き替え、美容外科学会は、最低でも形成外科専門医の集団ですし、美容外科学会会員の先生方は、プロ中のプロの先生が多いので、レーザーのセッションでも、やはりマニアックな、高度な議論が交わされているようで、高い費用を払っても、参加しないといけないかな、と思っていたところでした。

でも、学会ばっかり行っていると、クリニックを休んでばかりで、患者さんに迷惑がかかるし、また形成外科学会と言い、こちらの美容外科学会と言い、平日の水~金曜日に開催とかいうのがとても多いのです。

(普通の学会は、土日とか、3日の場合は、金土日とか、日曜ににかけることが多いです。)

平日をもろに休まないといけないので、考え物でした。

 

今回、アベニュー表参道クリニックの辻先生が、トゥルースカルプの発表をされる(木曜日)とお聞きし、それなら、行かねば!と高い費用を払って、ついでにレーザーのセッションも聞いてこようと思っていたら、レーザーの主なセッションは、金曜日で。。。。

どうしようか悩みましたが、木・金曜日を休診にすることに。。

すみません。。ご不便をおかけしました。

 

さて、学会です。

さすがに、プロの先生方が多いので、一般演題も、プロの普段なら、セミナーなどで、講師役をされる先生方のご発表ですから、レベルが高いです。

ほおーっ!

他の学会と、一味、やはり違うんですね。

やっぱり、美容外科学会に出ないといけないかしらん。。

外科のことしかやらないセッションの間に、企業回りなどをして、ハンズオンセミナーを受けて、とわりと忙しかったです。

企業セミナーがたくさん出るチャンスがあって、良かったです。

美容皮膚科学会だと、しょぼい(失礼)時だと、聴きたい講演が全然なく、ガンガンやっている大学主催だと、聴きたい講演が重なりまくりで、どうせーっちゅーねんっ!!と半ばキレ気味に、行ったり来たりと大忙しで、企業展示に行く暇もなく。。。

果たしてどっちがいいのか、困りますが。。。両方行かないといけませんかね。

今回は、超~有名な先生方のハンズオンセミナーもたくさん出ることができて、それも良かったです。

直に手技を拝見できるわけですから、とても勉強になりました。

 

想像通り、とても丁寧にされる先生と、「えー。。。?」と、(雑で)ドン引きしてしまう先生もいらっしゃって、裏事情が垣間見れて、楽しかったです。

 

エライ先生方のセミナーの場合、最初は、総論的なことから教えてくださるわけですが、ちゃんと聴いてるつもりが、気が付いたら、意識なく眠ってしまっていて。。。

(学会前は、いつもバタバタしているので、寝てしまうことがあります。。うう。。情けない。。。)

今回の大失態は、宮田先生のハンズオンセミナーで、たまたま席が空いていて、予約もしていないのに、入れていただいて、しかも席は確か一番前のクセに、最初の理論のところで、居眠りをしてしまいました。。。

ああああ。。。。サイテー!

宮田先生に、なんて失礼なことを!!

この場をお借りして、謝罪いたします。申し訳ありません。

クリニックを休んで出てきているのに、予約をお断りした患者さんにも、申し訳ないです。。

言い訳しますと、寝ようと思ったわけではなく、気が付いたら、意識がなかったです。。。

実際の手技のところでは、ちゃんと起きたので、良かったです。。。

新しいレーザーや手技を拝見するたびに、ほ=!!の連続ですね。

 

他の先生方の講演でも、最初に総論っぽいことをおっしゃっていると、気が付いたら、爆睡。。。どして。。?

早めに寝たつもりなんですが。。。

今回は、(もちろん寝てばかりいるわけではありません)ちょっと気になっているレーザーを、いろいろ検討させていただきました。

将来的には欲しいけど、今は置く場所もないし、とりあえず、触りだけです。

学会でないと、いろいろ比べることも、実際にたくさん見ることもできませんからね。

いろいろなことがわかって、大変勉強になりました。

 

部分痩身についてですが、ちまたや学会で、わりと即効性をうたっているものがありますが、そういうものは、ただむくみを取って、リンパを流しただけ、というものが多く、一時的に、脂肪脂肪が小さくなっただけで、細胞が壊れていないので、結構、元に戻りますね。

(維持するには、やり続けないと。。。)

ちゃんと脂肪細胞を破壊しようと思えば、それなりのダメージも必要かな、と。

そうなってくると、ホントに「効く」部分痩身機って、限られてきますね。

その中でも、私は、ダントツに、トゥルスカが一番と思っちゃいました。

トゥルスカ、ラブ~♡ 

自分で顕微鏡に直に見たわけではありませんが、脂肪細胞はちゃんと壊れていると思いますよ。

私も、トゥルスカをやっていますが、途中で体重はどんどん増えて。。。でも、やったところは、減ったままですから、昔のスカート・パンツが履けるし、新しく買う時も、以前と同じサイズが変えます。

これは、驚異的です!

(なので、ますますダイエットに身が入らない。。。。)

そして、皮膚も引き締まっているのがいいですね。

(機種によったら、脂肪が減るだけで、皮膚は引き締まりません。

なので、皮膚は余るんじゃないですかね。。?)

副作用も、ちゃんと効く機種の中では、比較的軽微かな、と。

(もちろん、ないわけではないです。

やっている最中の熱痛さ、これは、個人差も大きいですが。。まれに神経痛・筋肉痛のような違和感・まれにしこりや赤み・内出血、ごくごくまれに火傷など。

どれも出たとしても、やっている面積からすると、ごく一部で、大体1週間以内に治ってます。

結果からすると、全然OKな範囲なのかな、と思います。

起こっても、患者さんからの事後報告がほとんどなので、「え~、連絡くださいよ~。」と言っても、あまり気にしなかったから、と。

なにをもって、OKとするかは、個人の価値観ですが。。。。

それでも、なにかあったら、心配なので、連絡、くださいね。

 

多少のリスクがないと、やはり脂肪細胞を壊すところまでは、なかなかいけないんだろうな、と思います。

(詳しくは、診察時にお聞きください。)

やっぱり、この世の中から、脂肪吸引って、無くなるんじゃないですかね。

部分痩身以外で、衝撃的だったのは、「モナリザ・タッチ」です。(詳しくは、またのちほど)

考え方が、やはり欧米人と日本人と全然違いますね。

うちでは、まあ、やらない治療でしょうけど、日本で、一体どこまで需要があるのか。。。

東京の有名なクリニックだと、あるかもしれませんね。人口も多いし、そのクリニックに日本中から集まるでしょうし。

 

話は全然変わりますが、生理のタンポンを思いついたのって、やっぱり欧米人ですよね?

(すみません、調べてません。)

処女性を重視する傾向にある日本人では、「タンポン」という合理的(?)な発想は、なかなか出てこないかな、と思っているんですが、この「モナリザ・タッチ」も、「タンポン」を考えつく国の人々の発想かな、と思いました。

(婦人科では当たり前の発想なんでしょうか?その辺は、わかりませんが。)

 

そういう医療ができるんじゃない?できたら、患者さん、喜ぶんじゃない?と思われたきっかけは、例えば、50歳を過ぎて、顔は若返ったのに、陰部は年相応なの?みたいなことらしいです。

ポスターみたいな、非常に意図することがわかりやすい写真(合成かしらん)が、かなり衝撃的でした。

(ちょっと遠かったので、はっきり見えなかったんですが。。。)

婦人科でするのはわかりますが、これ、美容外科や美容皮膚科の処置室で、ホントにやるのかしらん。。。

私もそういう年齢になったら、真剣に悩むのかしらん。。。

こればっかりは、その年にならないと、その悩みはわからないもので、当事者にならないとね。

困っている方が、欧米で多いから、そういう医療が受け入れられると始められたわけでしょうし。。。

で、実施にされた患者さんの満足度は、高かったようですよ。

(って、知らん方には、一体なんの話か、全くわかりませんよね。すみません。

話すと長くなるので、今日はこの辺で。)

 

 

 

 

 

 

ちょっと前に、ブログでご紹介した、クリニカタナカの院長田中洋平先生が開発された化粧品 ドクターエビーゼの「エビーゼHIKARIエイジング化粧品」、覚えていらっしゃいますか?

田中先生にお願いして、うちでも取扱いできるようにしていただきました。

「いいモノは世の中に広めたい推進委員会」会長の私としましては、うちの患者さんにも買いたい時に買いやすいようにしていただきたく、またぜひ知っていただいて、スキンケア化粧品のひとつの選択肢になったらいいな(というか、プラス、あるいは切り替え?)と思って、取扱い開始です。

オイルが苦手な方もいらっしゃるでしょうし、うちの取扱い化粧品の他のものを、お肌の状態によったら、お勧めすることもあるかもしれませんので、レーザー処置に通っていらっしゃる方は、処置の時にご相談ください。

 

このナイトリペアオイルは、香りがついていて、この香りが、女性ホルモンのスイッチを入れるそうな。

なので、時間がない時は、そのまま私は肌に塗って終わりですが、時間のある時はなるべく、両手の平に伸ばして、顔全体を覆うようにしてつけて、その時に体温で温めるようにして、香りをゆっくり吸っています。

なんか落ち着く香りなんですよね~。

時間がない時ほど、これをすると、心が落ち着いて、ホントはとってもいいと思います。

ストレス解消にもいいと思います。

(香りが苦手な方やお好みもありますから、どちらにしろ、ご相談ください。)

ちなみに、私は、このオイル、朝もつけていい商品なので、効果などを確かめるのもあって、朝晩使っています。初日よりも、かなり量を減らしました。もう、そんなに塗らなくても、なんか調子がいい、というか、乾燥もしないし、なんか化粧品がいらない感じ。。。気のせい。。?ちょっと効果出るの、早すぎ?

まあ、今試していたのも、ちょこっと使いながら(と言っても、ほとんど使っていませんが)

様子を見ているところです。

 

そして!

赤外線カットの日焼け止めです。

これは、どなたでも使ったら、とてもいいと思います。

とっても塗りやすいんですよね~。

塗り方・使い方にコツ、というか、私なりのやり方がありますから、(田中先生の受け売りですが)こちらも、カウンセというか説明を聞かれてから、どうぞご購入ください。

(もちろん、テスターも試してからね。)

 

そして!そして!

取扱いキャンペーンです。

11月末まで(明日から)、10%オフとさせていただきます。

この機会に、どうぞお試しください。

赤外線も弱くなる季節になりましたが、ゼロではないですし、紫外線・赤外線も日頃の積み重ねですので、なにより使いやすいので、こちらも大変おススメです!

 

 

今日は東京に来ています。

明日から始まる日本美容外科学会総会に参加するためです。

明日のランチョンセミナーは、アベニュー表参道クリニックの辻先生の、トゥルースカルプのご講演がありますから、トゥルスカlLOVE♡の私としましては、これは絶対行かねばなりません!

そして、前日の今日、キュテラ・ジャパンの本社にて、トゥルースカルプの社内セミナーの講演を依頼され、本日させていただきました。

 

講演とは言っては、私の講演ですので、そんな学術的なことを言えるわけでもなく、日本で初めて導入したクリニックとして、1年間の使ってみた感想というか、印象を述べさせていただきました。

 

トゥルスカの使ってみた感想は、あいかわらずトゥルスカLOVE♡なわけですが。。。

(痩せないので、トゥルスカと私との蜜月は続く~♡ いいんだか、悪いんだか。。。

と言っても、なかなか自分にあてる時間もなく、また太るので、全身あてられるわけでもなく。。。。。うう。。

 

でもね!

トゥルスカをやったところは、太っても、脂肪が減っているわけですよ。

なので、昔のスカートもパンツも入るし、新しく買う服も、やったところに関しては、自分が思っているよりもワンサイズ下のサイズが難なく入るし、いいことだらけなんですよね~。

なので、ますますダイエットをやらない、というのが目下の悩みなわけで。。。

それでは、いつまで経ってもトゥルスカから卒業できないし、そうしょっちゅう、当てられるわけでも、全身できるわけでもないので、それなりに、年中ダイエッターは続いているわけです。

(患者さんからは、ブログで、どこかに食べに行ったお店のことを書くたびに、「先生、ダイエット、してるよね。。。?」と聞かれる日々ですが。。。

実は、ブログで書いていない、食事会もあり、それはそれは、おいしいお店に行っては、たらふく食っているわけです。)

さて、セミナーですが、なかなか準備も進まず、やっているつもりなんですが、毎日の仕事をこなしながら、難しいですね。。。

学会・セミナーで常連と言うべき、超ご高名な先生方は、一体、どうやって、こなしておられるわけでしょうか。。?いつも不思議でなりません。

私は、まず資料の整理から始めて、データー整理と、終わりません。

どして?

(連休に、クライマックスシリーズを見に行く私が悪いんですけどね。。。連休は、それによく寝てましたね~。)

連休に進まなかった分、終わってからが地獄で、月曜日は、朝4時過ぎまで作ってました。

さすがに火曜の夜は死にそうになって、1時過ぎで止めて、新幹線の中で、後は作ろうと、新幹線の中で、見直したり、手を加えたり。。。

(お昼過ぎに京都を出たので、台風の影響は大丈夫でした。良かったです~)

ホテルに4時前に着いて、気になっていたところを手直しして、早めに出て、買い物に出かけるかどうか、と悩んだところで!

もし、緊張して、頭が真っ白になって、話すことが全部飛んじゃったら?と急に不安になり、急遽、手書きで原稿を作ります。

何をやっているんだか。。。

時間ぎりぎりになって、それでも早く出たつもりが。。。。

キュテラの担当者の方とJR渋谷駅の西口で待ち合わせをしていたんですが。。。

東京メトロに乗った私が悪いんですが、渋谷駅で、迷子に!

どう行けば西口にたどり着くのかわからなくて(標識がないんですよね~)、とりあえず地上に出よう!と出たら、ハチ公前で。。。。仕方ないので、駅員さんに聞きました。

無事たどり着けました。。良かった、良かった。。。

なんとか、無事に講演が終わりました。

私の拙い講演で、キュテラ社員の方々、申し訳ありません。

なにかお役に立てれば幸いです。

1ユーザーの意見として、心にお止めくださいませ。

 

でも、自信を持って言えるのは、うちはナースがいませんので、サイズ測定から写真撮影、トゥルスカの照射(AC BODYまで!)、全部私一人でやっていますので、全部の患者さんの経過を把握しております。

そんなクリニックは、少ないんじゃないでしょうか?

(いや、皆無か?皆無なのか?!)

患者さんから教えていただいた経験から得た知識は、すぐに別の次の方に活かせますから、オンタイムですよね~。

 

まあ、実際、トゥルスカ自体の機械の性能がいいので、私も安心して、患者さんにおススメできます。

(でも、油断は禁物です!リスクはゼロではないですから。医療ですからね~。リスクゼロの、魔法みたいに良くする方法というのは、世の中ありません。自分自身にも再度言い聞かせないと!)

いい機械と言っても、脂肪吸引手術みたいな効果を数回で!なんてのは、無理ですよ。吸い出すわけではありませんから。

脂肪吸引のようなリスクはなく、比較的安全に処置することができて、エステのように怪しいこともまやかしでもなく、確実に誰にでも再現できる効果をもたらすのが、美容医療です。

エビデンス(証拠)に裏打ちされた医療なのです。

まだ論文発表は、臨床用のはないのかな?(あるのかも)でも、もうすぐ発表になるんじゃないでしょうか。

美容医療でも、怪しい機械(というか、あまり学会の正式な発表もないまま、売り出されている)もありますから。。。

エステよりは、マシ、ってね。。

まあ、値段を安くしてあげるとか、リスクがゼロに近いとか、なら、アリでしょうけどね。

(そういうことも、ちゃんと患者さんに、やる前に言わないとね。)

でも、私は、ちゃんと確実な機械のほうがいいな~。

だって、値段を安く、って、ムチャクチャ安いわけでもなく、そんな機械でも、結構いい値段取られますからね。

 

これから、医療の痩身機器を考えておられるクリニックには、とてもいいと思うんですけど~。内科とか整形外科とか婦人科とか。

「痩身」ですから、皮膚科・形成外科の知識は、直接は関係ありません。

それなら、むしろ、内科・婦人科のドクターのほうが向いているのでは?と思うこともあります。

もう、「痩身はクリニックで!」という時代に来ていると思うんですが。。。

(ちょっと早いですか?)

 

1年使ってみて、こんな患者さん満足度の高い機械はないですけどね、私の印象として。

うちのタイタン以上かも?!と思うことがあります。

1回の値段がタイタンよりも高いのに、1回やると、今度は違う場所に!とか、2回目したい!、とバンバンされていく患者さんが、とても多いです。

体型って、大事なんですね。

検討中の方は、キュテラに頼めば、デモしてくれますよ。

キュテラ社は、ムチャな営業もかけないし、裏表の少ない企業です。アフターケアも、講習会もセミナーもしっかりしています。

(この業界、裏表の激しい企業も多いのです。。。大きな金額が動きますからね。。。)

実直な、確実性のある医療機器を売ってくれる企業なので、私は、もう7年以上(かな?)キュテラと付き合っていますが、一番信頼している会社です。

キュテラ社の回しものではありませんが、キュテラとトゥルスカの宣伝をさせていただきました。

いいモノは世の中に広めたい推進委員会会長の私としましては、勧めずにはおられないわけです。

 

 

 

たくさんやることがあるというのに、野球のルールもわかっていない私が、なぜか、今日、またしても甲子園に行ってきました。

クライマックスシリーズの阪神・広島戦です。

人生で二度目の野球観戦です。

 

組合のほうで、クライマックスシリーズのチケットが抽選であたる(料金は払います)と案内が来て、家族がいきたいというので、申し込んだら、なんと!当たってしまいました!!

今年は、くじ運がいいですね~。ついています~。

 

今朝、家族が、「チケット、完売やって。」というので、とても混んでると聞かされましたが、「クライマックスシリーズ」とやらの意味が全くわかっていないため、何を言われているのか、理解できてませんでした。

せパ交流戦とクライマックスシリーズとの違いもよくわかっていないので。。。

(というか、どこの球団がセリーグでパリーグなのかも、わかっていないのです。。。)

球場についてまず、「クライマックスシリーズ」というモノについて、教えてもらいました。

2位の阪神と3位の広島が、戦って、2勝したほうが、1位の巨人と戦って、リーグ優勝を決める、ということ。

昨日、阪神は負けているから、もうあとがないこと、などなど。

ふん、ふん。

とにかく、スゴイ大事なんですね、今日の試合は。

 

またしても、試合が始まっても、私は、食べ物を売っているところで、何を買うか、物色中で(周りには、ほとんどお客さんはいません。前回もそうでした。。。)、そういう時に限って、中から、「ウォー!」みたいなすごい歓声が聞こえてきます。

何かスゴイことが起こっているらしい。。。

とりあえず、買い物をして、座席に戻ると、阪神がいきなり、1点取ったようでした。

(結果、この1点は、試合全部を通して、かなりの見どころだったようです。。

前の時もそうでしたけど。。。)

 

前の時は、日本ハムと阪神の試合で、混んでるとはいえ、隣の座席は空いていたので、ホントに好きな時に、気にせず、食べモノや飲み物を買いに行けました。

ところは今日は、ホントに満員で、隣にもどなかたいらっしゃいます。

3塁側の、広島ベンチのすぐ上のところ(?)らへんの席だったので、さすがに、広島ファンが回りには半分くらい?いらっしゃいます。

服からして、阪神ファン・広島ファン、と丸わかりの方の数ですが。。

広島ファンのほうが、なんか元気?気のせい?たまたまでしょうか。。。

 

選手の顔は、はっきり見えませんが、前に見た時の日本ハムの選手のほうが、背格好がカッコ良かったと思いました。

なんか背が高くて、脚が長い選手が多かったような。。。気のせい。。?

 

私が席に戻ってから、広島の選手がガンガン打ってます。

時々、阪神の選手がヒットを飛ばしますが、なかなか点が入りません。

あのヒットを今、打った人が、何回も打ったら、点、入るんじゃない?

 

「ヒット打ったら、塁に出るの?」

「そう。」

「じゃあ、ヒット打っても、塁に出なかったら?(また打てるやん?という意味)」

「・・・・出なアカンの。」

という不毛な会話をしておりました。

IMG_20131013_151355773.jpg喜んでベンチに帰ってくる広島の選手。

 

そのうち、逆転されてしまい、広島の勢いが続きます。

 

「メッセンジャー!ゴラアっ!!何やっとんじゃあ~!!しっかりせんかいっ!!ボゲエエっ!!」と、後ろの女性が大声で、怒鳴っておられます。。

負けていくと、どんどんガラの悪くなる、阪神ファンです。

(一部の方ね。)

 

IMG_20131013_154605779.jpgそうこうしているうちに、広島ファンが、赤い風船を膨らまし始めました。

この風船が飛んでいくのを見るのがとても好きです。

うまく写真に撮れないんですが。。。

 

今度は、阪神の番です。

IMG_20131013_160026213.jpg膨らませて、持っていたら、いきなり割れてしまいました。

超~ビックリっ!

 

 IMG_20131013_160109106.jpg今日は、とてもお天気が良かったので、青空に、飛んでいく風船がとても綺麗でした。

 

帽子とサングラスと日焼け止めを持っていきましたが、赤外線がジリジリと、とても暑いです。

田中先生からいただいた、赤外線カットの日焼け止めを、途中で塗り直しします。

(汗に強いタイプですがふき取ったかも。。汗、たくさんかきましたね。)

応援も広島のほうが、試合もそうでしたが、なんか勢いがあるような感じでした。

(なんか途中から、阪神ファンは、あきらめムードに近いような。。気がしました。)

 

8回の裏だったか、阪神にヒットが続いた(と思うんですが)時に、場内の阪神ファンの応援が一斉にすごくなって、あまりの音の大きさにビックリしました。

みんな、あきらめておられたんでしょうか。。

なんや、勢い、ちゃんとあるやん。

3塁側とはいえ、阪神ファン、たくさんいたんやん。。?と思うくらい、音の大きさが全然ちがいました。

でも、その辺くらいから、阪神ファンの中には、まだ試合が残っているのに、帰っていく方もチラホラ。。

そうか、最後まで観ないんですね。

9回の裏の阪神の攻撃になって、この選手が出てきたら、場内がスゴイ応援でした。

全然違いました、気合いが。

IMG_20131013_165921165.jpg

「この人、有名なん?」

「これで引退しはんねん。」

なるほど、なるほど。

(桧山選手という方でした。

って、みなさんは、ご存知なんですよね。)

 

そしたら、ホームラン!

場内、大興奮で、良かったです~。広島ファンだけが盛り上がっている?と、ちょっと思っていたので。

私も見れて、良かったです。

 

でも、阪神負けちゃいましたけどね。

負けたら、もっと怒号が飛び交うのか、心配してましたが、それほどでもなく(3塁側だから?)、それより、桧山選手のコールが続いてました。

IMG_20131013_170311864.jpg最後に、広島選手が、みなさん整列されているところです。

 

ルールは前回もそうでしたが、あまりよくわからないけど、臨場感っていうんでしょうか。

それなりに楽しかったですね。前もそうでしたけど。

ところで、この試合は、セリーグのほうですか?それともパリーグ?

謎のまま、家路に着きました。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 / 212