プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2019年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2019年01月11日



 

 

 

こちらもFacebookのコピペです。

ニートの話がしたので、続きです。

 

好きで楽しいだけのことってありませんよね。

仕事でもたとえ趣味のことでも、嫌なこと、我慢しなきゃいけないことって、なにかしら出てきますよね。

好きなことしかやりたくないとそれを全部避けようとする、とりあえず逃げる、というのは、一種の自己防衛かと思います。

そのストレスに向き合えない、負けてしまうから。負けてしばらく立ち直れそうにないから、とりあえず本能的に避ける、のかなと。

これも実は重度の栄養欠損です。

脳と副腎がそのストレスに立ち向かえるだけの、受け止める力がないから。

力を出してくれるには、細胞にきちんと働いてもらうこと。

栄養ないのに、細胞働きませんからね。

 

 

以下、コピペです。

 

 

先日観たテレビ番組で、林修先生が、高学歴ニートを一喝するんだったか、働かないとなぜいけないのか、教える番組がありました。

 

年収いくらだったかな、結構な額を稼いでないと、国が税金でしてくれてるいろいろな社会サービス(道路や電気、ガス、水道は当たり前に、社会サービスですよ)を受けてる恩恵のほうが大きいそうです。

 

番組では、東大卒とか慶應や早稲田卒だけど、無職で、親のスネかじりで生活しているという男性が6人くらい?出てて、そのうちの何人かが、国に対して文句を言うシーンがありました。

働いてそれだけ税金も払ってないんだから、文句を言うな、という話をされてました。
現状のシステムがイヤなら、自分で変えればいいと。

 

で、番組上は、ニートと一括りにされてましたが皆さん事情は違う。

 

親が仕送りしたり、同居で生活できてたり、お小遣いもらってたりという、スネカジリというのは同じ。

 

イヤな仕事はしたくないと、趣味や好きなことをしていて、そちらはあまり儲からないから、親のスネをかじってる人と、ホントに外にあまり出ずに、一日中部屋で横になったりして、ゲームしたり、ネットで過ごす、という人と。

 

自分で生活費を出していない、というのは同じですが、これ、全然意味が違います。

 

好きなことをやるために、外に出て、他人とも関わって、活動してるけどお金にはならない。
でも、親がそれでも良いと生活費出してくれてるなら、その家の問題だし、アート関係とか、音楽関係とか、芸能関係も、なかなかそれだけで生きていくのは大変ですから、夢に向かって頑張ってるなら、いいんじゃないでしょうか。

 

ちゃんと国としては、働いて税金納めてほしいでしょうけど。

 

かたや、引きこもりで何も生産してないというのは、かなり問題かと…。
特に、健康面と精神的にも。

 

引きこもりでも、ネットでお金を稼ぐ人はいるんですよね。
投資とか。

その儲けたお金で、ネットでも何か買っていれば、経済は回ってますよね。

生活費を外に出ることなく、人とも関わらず、稼げるって、結構すごい商才だと思うんですよね。

 

自宅で仕事してる人と同じですが、やっぱり昼間はカーテン開けて、日光にも当たらないといけないし、昼間は家の中でも明るいところで過ごす、夜は寝る、自分以外の人間と直接対面で関わる、ってしないと、やっぱり健康を害します。
体も脳もね。

 

 

同じ引きこもりでも、何も生産しない人は、いくら親が生活費出してるといっても、一番不健康でしょう。

いわゆる「やる気」が起こらない、ない、ということです。

 

こういう人って、カップラーメン、インスタントラーメン、パンヤお菓子、スナック菓子も含めて、清涼飲料水にカフェイン、アルコールと、ホントに体の細胞にとって悪いものしか食べてないことないですか?

 

私立の大学までいかせてもらって、卒業後もお小遣いもらえるくらいに、親金持ちなんですよね?
それだったら、食費にお金をかけましょう。

 

ちゃんと肉魚卵たくさん食べて、大豆も野菜も食べて、質の悪い糖質と質の悪い油は止めるか減らす。

そしたら、体も脳も格段と楽になりますけどね~。

 

ああいう本当のニートで引きこもりは、本人が一番ツラいんじゃないのかな。

 

質の悪い糖質三昧は、わけもわからない焦燥感を物凄くあおりますからね。
イライラもするし、攻撃的にもなるし、交感神経興奮しまくりですから。もちろん心臓に一番悪い。

 

番組観ながら、好きなことしかやりたくないと言う人も含めて、全員肉もっと食え!と思いながら観てました。

https://www.nobelpharma.co.jp/general/lowzinc/04.html

このイラストは、ノーベルファーマ株式会社のHPからのものです。亜鉛欠乏に関しては、ここのHPが一番わかりやすいかと思います。(オーソモレキュラー療法ではないので、あくまでも保険診療の話として)

 

亜鉛欠乏症 亜鉛欠乏性皮膚炎 やる気 栄養充足 オーソモレキュラー療法 ニート コンビニ
カップラーメン パン インスタントラーメン

Facebookのコピペになります。

皮膚の大事な話。

加工食品には、ほとんど亜鉛が含まれていません。

食品添加物で、大事なミネラルを排出させるものもあります。

糖質・アルコールは、亜鉛(だけではないですが)を大量に消費します。

そして、食事で、亜鉛をたくさん摂ることはなかなか難しい。。。

 

 

栄養が足りなくなると、多彩は皮膚症状を来します。

(皮膚だけではなく、体調全般多彩は不定愁訴が出ます。)

見た目や検査などで、1個ずつ鑑別していかないといけません。

ほとんどの病気は、診断がつけば治療が決まってくるし、診断がつかない場合(あてはまる保険病名がない場合)、病態に合わせて考えていくしかありません。

両方が混ざることもあるし、いろんな病気が混ざることもあります。

 

以下、コピペです。

 

 

オーソモレキュラー療法をされている患者さん。
主訴は、皮膚炎。ほぼ全身の乾燥とガサガサ。
腕脚に、地図状に、赤くなっていたり、輪っかみたいにかさかさになっていたり、そこに色素沈着も加わります。

 

保険診療のみでやるとして、一番近い病名は、「亜鉛欠乏症」「亜鉛欠乏性皮膚炎」

 

でも、この病名、亜鉛以外が足りているわけがないです。
亜鉛が足りていないなら、他のビタミン、ミネラルも足りていないし、もちろんタンパク質も脂質も足りていない。

 

栄養解析とか特殊な勉強をしていないと、ビタミンミネラルが本当に足りているかどうか、血液検査でわかりません。

 

亜鉛は、まだ採血でわかりやすかった、というだけ。
(それでも、炎症があったり、膜障害があると、低値にならないことがあり、データの読み取りが必ず必要。
保険診療ではできませんが。。)

 

重度の亜鉛欠乏は、マスクがかかっていても、重度の欠乏には間違いない。

 

そういうのは、今は、保険診療で検査や治療ができます。

でも、亜鉛だけ。

 

亜鉛だけいっても、なかなか。。。

 

重度欠損だと、亜鉛だけ補充してマシになることはあります。
ずば抜けて重度の欠損の場合だったりもします。
(床ずれとか、難治性潰瘍とか)

 

足せばいいと思って、亜鉛だけ、どんどん増やしても、結果は実は悪くなります。
(これは、治験で結果証明済み)
単一ミネラルだけ大量にいれてはいけない。

 

 

さて、治療をされていた患者さん、始めて4ヶ月。

1ヶ月目でも見た目が全然変わり、肌の質感も全く変わりました。

どんどん良くなりました。

チャンピオンケースと言ってもいいくらい。

4ヶ月で、一番ひどかった皮疹部が、普通の肌と変わらなくなってきた。

女性にはとてもうれしい出来事ですね。

初夏の薄着の季節までに、色素沈着をもっと減らすのが目標です。

ちょっと忙しくても、負けない肌と体調を作るのも目標。

かなり丈夫になられました。

 

やる気もどんどん出てきて、ちょっとバイト始めようかなと。

 

体調がよくないと、働いてみよう、体を動かしてみようとは思いません。
自分の健康状態、精神状態を含めて、余裕が出てきた証拠です。

 

まさに、ニートの逆です。

 

良かったです~。

 

さらに目標は、ちょっと働いても、つらくない体をつくること。

 

 

ニートで、これではいけないと少しでも思うなら、とりあえず、コンビニ止めましょう。

 

お菓子、菓子パン、総菜パン、カップラーメン、インスタん食品などはできるだけ止める。

できれば、カフェインとアルコールを控える。

肉魚卵、大豆も野菜も増やしてみる。

それだけで、ちょっと動いてみようかな、なにかやろうかなと言う気持ちになると思いますよ。

 

とりあえず、カップラーメン、インスタンラーメン、パンは、止めてみましょう。

先日のFacebookにも書きましたが、肝斑にケミカルピーリングは勧めません。

ケミカルピーリングの種類に関わらず、です。

 

将来的に、使用する薬剤によったら、いいものも出てくることはあるかもしれませんが、それはわかりません。

 

今使えるもので、ピーリング作用はないことはないけど、あまりにも弱すぎてピーリングとまでは言ったら言い過ぎかも、というレベルであれば、それほど肝斑を刺激することはないかもしれません。

 

ピーリングと呼ばれる処置で使われるものは、すべて、表面の角質を剥離します。

剥離されれば、皮膚がその分、薄くなります。

最低でも半日以上。

 

剥離されることで、新しい皮膚を作るスイッチを入れるようなものですら、そういう維持では新陳代謝を促すと理論上はなります。

また、その時の刺激で、いろいろなサイトカインという化学物質が出て、いい方向に動いていってくれる。。ともなるはずですが、いろんなサイトカインが出ますから、必ずしもいい方向にばかりいかないこともある。

 

ピーリング以前に、顔を擦り倒している、日焼け止めも全然塗っていない(足りないのもNG)、肌に炎症を起こすような、もしくは合っていない化粧品を使っている、肉魚卵をあまり食べていない、などなど、こういうベースができていないと、ピーリング云々以前の問題です。。

 

 

そこにピーリングなんかしたら、悪いサイトカインばっかり出ちゃうのではないでしょうか。

それだけ、攻撃がひどいということです。

(攻撃されるから、サイトカインが出て、体のたくさんの免疫をつかさどっている細胞に知らせるために、たくさん出すわけです)

 

 

角質が薄くなった分、紫外線を始め、あらゆる刺激に負けやすくなります。

どんどん奥まで入りやすくなりますからね~。

 

なので、むやみと、角質は減らしたらいけません。。

 

 

先日の患者さんがしていたというケミカルピーリング。最新のもので、どこのクリニックでもやっていると言われてました。

 

名前は書きませんが、検索をかけると、確かにおっしゃるようにたくさんの美容クリ二ックでやっています。

美容系の雑誌などでよく紹介されたとか。

(ちなみに、一部の雑誌では、メーカーのタイアップで、ステマしてますから、雑誌にたくさん載ったから、中身がいいわけではありません。良いものもあれば、良くないものもあるし、良くない場合や認知度が低い場合は、お金をつかって宣伝もするわけです。

そうやって仕掛けることで、うちも!うちも!と乗っかるクリニックも出てくるので、業界としては、皆で盛り立てていきたいのだと思います。

それはそういうものだと思うし、わかってて患者さんも一緒の乗るのかどうかは、その人の問題ですね。)

 

 

そして、その説明は、どこのクリニックも全て同じ。

文章までほぼ同じクリニックもあるし、そこの先生の言葉に少し変えてあるところもありましたが、内容は同じでした。

 

同じなのは、それを売っているメーカーの宣伝文句をそのまま書いているからです。

 

いくつかのクリニックの説明で見かけましたが、ヨーロッパでは、CE(日本でいう厚労省の承認みたいなもの)を取得しているから、安心安全、ヨーロッパでは多くの人がやって、安全性は確立されている、というもの。

(というメーカーからの情報かなと思いましたが。

そこまで書くからには、ヨーロッパでは、データを取っているんだと思います。

じゃあ、アメリカのFDA取得は?

ちょっと調べた分では、FDAは取得されてませんでした。

厚労省の取得は、今の日本で美容医療はなかなか難しいので、それはなくても仕方ありません。

新しいものをするなら、FDA取得のものをすることが、最低限の安全性の確保の条件かと思います。

CEのみ、FDAなし、というものは、のちのち結構な問題になっていることが多いので。。。)

 

 

ただ、なんでもそうですが、こういう時って、どういう条件で取ったデータなのか、とか詳細を見ないと、ほんとは効果や安全性についてはなにもわからないということです。

 

で、確かにヨーロッパでは、ようは欧米人には安全であったとしても、日本人に安全かというと、全く別の話。

 

日本人の肌は、欧米人と、欧米人以外でもアジアであっても、全然食べているものが違いますし、日本人肌触りすぎなので、ほんとに全然肌質が違いますよ。

 

 

どこのHPを見ても、素晴らしいピーリング剤のように書かれてますね。

これがあれば、レーザーなんかいらないんじゃないですか?

ニキビ跡なんか、わざわざ高いフラクショナルレーザーとかやらなくてもこれでいいんじゃないですか?というのが素朴な疑問。。

 

 

ほんとにこれが、そこまで効くなら、1回の料金はフラクショナルレーザーよりも高いか同等くらいの金額設定になるはずだと思います。

経済の流れからいって。

 

でないと、誰もフラクショナルレーザーやらなくなりますからね。。。

 

 

ケミカルピーリングのクリニックにとっての最大のメリットは、

①レーザー機器のように高額でないから、金銭的にも入手は比較的安くできて、薬剤さえ手に入れれば、すぐに始めることができるということ。(個人輸入だったとしても)

②医師がしなくてもいいと思っている。

この薬剤、もしほんとにやるなら、医師がやらないと、危ないと思いますが、おそらくほとんどのクリニックがナース任せかと思います。

これをされたことがある方は、医師の診察が毎回ありましたか?

施術の最中も医師が診ていますか?

施術中はナースでも、最初と最後に医師の診察はありましたか?

 

ケミカルピーリングは、ほとんどが医師がノータッチでナース主導でされていることが大半です。

 

ちゃんと毎回医師の診察の元、ピーリングしているのであれば、それはそれでいいと思いますよ。

そこの先生のお考えなのでしょうし、責任をもっているから、診察をしてされているんでしょうし。

 

多くのクリニックが、メーカー提供の、ビフォーアフターの、しかも欧米人の、写真を載せていましたね。

(これは、厚労省が今は規制をかけています。表示の仕方によったら、削除するように言われる対象のものです)

 

なんでもやってみないとわからない、ということはありますね。

自分が実験台になっても、やってみたい方はおられるでしょう。

副作用合併症もわかった上でされるのであれば、自己責任ですから、いいと思います。

 

でも、肝斑の方、肝斑の疑いや可能性のある方には、いくら自己責任と言っても勧めません。

 

肝斑は、絶対に刺激してはいけないと思っていますから。

 

このピーリング剤、全然刺激ないように一見書いていますけど、そんなわけあるかいっ!というのは

ちょっと調べただけでも思った感想です。

かなりいろんなサイトカインは出るでしょう。

だからこそ、コラーゲンが増生してくるわけです。

それで済めばいいんですが。。。やっぱり済まないのではないかしらん。。。

 

肝斑の人に関しては、いわゆる「最新治療」に飛びつかないこと。

飛びつくメリットよりも、飛びつかないほうがメリットは各段に大きいと思いますよ。

また、飛びついたデメリットも大きいはずです。

 

データがちゃんと出るまで待ちましょう。

データも出ていないのにやる場合は、自分が実験台であることをお忘れなく。

 

 

一度こじらせてしまった肝斑はとても厄介です。

えげつない時間がかかることもあり、こじらせている人というのは、とにかく、なにもせずに(刺激せずに)過ごす、ということがまず耐えられない。

だから、また触る、で、こじれる。の繰り返しです。

なので、どんどん手に負えなくなる。。。

どこかで、この負のチェーンを断ち切ってほしいんですけどね。。。

肝斑へのアプローチの仕方を変えてほしんですけどね。。。ほんと、真逆に。。

そしたら、結構短期間で良くなるんですよ。ほぼわからなくするのには時間がかかりますが、目で見えては良くなるんですけどね。。刺激しなければ。。。

 

 

 

 

 

 

 

1 / 11