プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2013年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2013年05月



遅くなり、申し訳ありません。

6月のキャンペーンのご案内です。

6月と言えば、ジューンブライドですかね。私には、ジューンブライドよりも、アジサイとか水無月(和菓子のね)のほうが断然興味がありますが。。梅雨もいよいよ到来ですね。乾燥していた5月も終わり、ム~っとしたジメジメの日本の夏の前ぶれですね。

ちなみに、京都の梅雨開けてからの、蒸し暑さは、最悪です。。。

 

①まずは、ウェディングの方に人気の、ブライダルプランのキャンペーンです。

以前に、結婚式に出る方限定でキャンペーンをしましたが、出席される方にはいいですが、出席しない方には、何にも関係ないというキャンペーン。。。ま、6月なので、キャンペーンの一部ということで。。

今回は、ご本人だけでなく、ご家族やご友人の方も適応です。

イベント事は、頑張らなければね!

この機会に、キレイになっちゃってください!気合いを入れて!!

でも、キャンペーン適応は必ず何か証明できるものをお持ちください。でないと、キャンペーン適応になりません。

ご友人の場合は、招待状しか無理だと思いますけど。

ご家族の方は、ご本人から、なにか式場の打ち合わせ表とか、結婚式をする、という書類のコピーですね。(まだ招待状までできていないこともおありでしょうし。)

②で、ウェディングのご本人は、ウェディングプランからお値引き、ということはありません。

このウェディングプラン、もともと、かなりお得に作ってますので、これ以上の値下げは勘弁してください。

その代わり、ナビジョンの1週間お試しセットをプレゼントします。(Wのシリーズではありませんよ。)

クレンジングオイルと洗顔フォームがセットで付いていますが、もともと付いているので、わざわざ抜くことはありません。

新婚旅行や引っ越しなど、お忙しい日が続くでしょうから、トライアルキットで、旅行に便利なように、と思いました。

③お待たせしました。

いよいよ、鼻のケミカルピーリングの季節到来ですね~。

まだ乾燥肌の方には、ちいいと無理だと思いますが、脂性・混合肌の方なら、鼻くらいならそろそろできるかな?

鼻の毛穴掃除ですが、大掃除です。

サリチル酸マクロゴールを使います。

ただし、ピーリング後は、半日ファンデは勧めていません。

勝手にするのは、ご本人の勝手ですが、赤くなったり、痒くなったり、かぶれても知りませんよ。普段使っているファンデでも、ダメなときはダメです。

(まあ、やってみないとわかりませんけど、まあ、勧めません。)

保湿と日焼け止めは、しっかり塗って帰っていただきます。

日焼け止めをちゃんと塗っていない方(塗り直しも含めて)は、ケミカルピーリングは、お断りしていますから、ご了承ください。

まずは、診察・カウンセリングから、です。

ケミPをした後に、光やレーザーをあてると、掃除の後ですからね、光が届きやすくなります。毛穴もキュッと小さくしやすいです。

そのあとに、毛穴と言えば、GGなんですが、ピーリングの後だから、ビタミンCのほうがいいかな、と今回はビタミンCをセットにしました。

これだけ揃えると、乾燥肌の方には、ちょっと無理。。。と思います。っていうか、いらないし。

④多汗症ボトックス(ワキボトックス)は、すっかり今回のキャンペーンから忘れ去っていたんですが、ふと今朝、ああ、ワキボトの季節になるな、と思いだしました。

暑く、蒸れてくるから、ワキ汗気になる季節到来です。

私もそろそろやらなくちゃね。

今回は、痛みを軽減させるために、ボトックスをする時の、針を、極細針に変えるキャンペーンです。

半額にしてみました。(あまり、コスト計算をしていませんが。。)

ちょっとでも、痛み少なくね。麻酔薬は混ぜてますけど、すっごい数刺しますから、針は細いほうがかなりマシです。

よろしければ、一度どうぞ。

何本使うか、ですが、麻酔が効いてくるまでの最小単位(左右1本ずつでいけたらいいですね。やってみないとわかりませんけど。ものすごく細いから、潰れやすいんです。)

 

⑤久ぶりに、点滴や注射のキャンペーンです。

暑くなってきて、皮脂がよく出てくる季節なので、ビタミンBを中心に、お肌にもビタミン補給です。

もちろん、体にも。

皮脂のコントロールには、ビタミンBがとてもいいんです。いい皮脂にしてくれるかな?いまのうちに、皮脂のご機嫌を取っておきましょう。

夏前に、バテテしまうその前に、濃い~いビタミン注射を味わってみてください。

 

⑥珍しいですが、ナビジョンのサンプルプレゼントです。

実は、先日、ナビジョンのビューティープロテクトが、生産が追い付かず、(発注が3倍きたそうです)、うちが注文したものも、ダダ遅れて、なんとか、無事にギリギリセーフで届きましたが。(ホントにギリギリで、あせりました。)

このギリギリになったのには、生産が追い付かなかったせいだけではなく、ちょっとした手違いがあり、焦ってしまったんですけど、岩城製薬(資生堂ナビジョンを販売している製薬会社。ナビジョンは、法律上の規制があって、成分とかの兼ね合いもあり、資生堂が直接は売れないのです。)から、お詫びにと、サンプルをたくさんいただきました。

ありがとうございます!さすが、岩城製薬!さすがナビジョン!

 

。。。と、ヨイショはこれくらいにして、と。

せっかくいただいたナビジョンのサンプルですから(めったにもらえません)、ナビジョンのキャンペーンに使わせていただこうと思いました。

ナビジョンの日焼け止めをご購入いただきましたら、お好きなサンプルを差し上げます。

(なくなったら、ごめんなさいね。)

大人気の、ナビジョンの日焼け止めのミニチューブも、サンプルの中には入っているので、持ち運びに便利なアレです。

旅行にも、サンプルは便利ですが、普段使っているもののサンプルが欲しいですよね。

移し替えるのは、とてもめんどくさいし。

よろしければ、どうぞお早目に。

 

⑦お待たせしました!

6月のキャンペーンのお菓子も、オーレリーです~♪

ホントは、お持ち帰り用の、フルーツとかのコンフィチュールって、されていないんですけど、無理言って、作っていただきました。

ビンにしちゃうと、中身はちょっとしか入っていないのに、コストがかかりすぎる、というので、ご主人がいろいろパッケージを探してくださいました。

ありがとうございます。

今月は、パイナップルとココナッツ(スライスのね)のコンフィチュール(生ジャム)です。

ハワイ~な感じ♪

アクセントに、赤いピンクペッパーが入っていて、どても可愛らしいです。

IMG_20130531_221741229.jpgパッケージは、シンプルです。工場での大量生産ではありませんから。

防腐剤が、ホントにゼロなので、こちらは、アイスノンと一緒に、持って帰っていただきます。

帰ったら、すぐに冷蔵庫にお入れください。

フルーツの実がたっぷりですから。糖度も抑えてあるので、保存食ではありません。

さっき、味見として、ひとついただいてみました。

無茶苦茶おいしい~!

生ジャムですから、このままだとちょっと甘いですが、アイスもいいけど、ヨーグルトに混ぜて食べたら、絶品でした!

料理に使ってよし、炭酸で割ってよし。もちろん、パンにもよし、です。

いいわ~。(アッという間に食べちゃいましたけど。。。)

アイスノンをつけさせていただきますが、お荷物になって困る方、うちの後、お出かけになる方には、ちょっと考えますね。困られないように。。

 

 

 

 

 

初診のみなさんが、よく使っておられる一般の日焼け止めで、名前がよくあがるのが、ランコムと資生堂のアネッサです。

環境とTPOがマッチしていて、その方のお肌に合っているなら、私のほうから、止めさせることはありません。

でも、大半の方が、使い方というか、環境にもTPOにも合っていない使い方をされていることが多く、使い方が悪い。

 

「日焼け止め」と一口で言っても、タイプは様々で、大半がサラサラタイプであることが多いです。

デパートで売っている日焼け止めで、しっとりめとかもありますが、SPF50とかになってくると、サラサラ(というか、カサカサ)してしまうものが多い印象です。

全部が全部ではありませんし、1日1回朝に塗ったくらいでは、カサカサ度合がわかりにくいでしょうけど、1日何度も塗っていただく、となると、そのうち、カサカサ乾燥してきたり、塗り重ねることでごわごわしてきたり、と、使いにくいものも多いです。

湿度の高いところにいる時に、そういうタイプなら塗り直ししても、カサカサにならないかもしれませんが、エアコンの効いた部屋にいるとか、カラッと晴れて湿度の低いところで塗ると、塗りなおすことで、つっぱったり、かゆくなることもあるでしょう。

それだったら、塗り直しには適さない、ということです。

正確に言えば、その時の、貴女のお肌には合っていない、ということです。

状況が変われば、その「合わない」ものも「合う」時があるでしょうけど、湿度の低い環境にいて、汗もあまりかかず、また皮脂も少な目の乾燥肌の方には、厳しいことも多いでしょう。

結構しっとりめを使っているのに、なかなか乾燥しちゃって、合うのが見つからない、というのであれば、日焼け止めを塗る前に、乳液やクリームを足して、保湿をしてから塗り直しするか、ですが。。

(こういう方は、日焼け止めを塗りなおす前から、もう乾燥しているわけで、そんな状態で塗っても、よけい乾燥しちゃうでしょう。)

ランコムも含めて、デパートで売っている日焼け止めの大半は、パッケージや中に入っている説明書きのどこにも、「汗・皮脂に強い」とか、「ウォータープルーフ」という表示はありません。

ということは、汗をかいたら、もう効いていない、と思ったほうがいいです。

表示がない、ということは、どこまで強いのか、メーカー側が確認をしていない、ということです。

確認もされていないものを、汗かく状況で使ってもダメでしょう。

汗をかかない環境で使うなら構いませんが、そうでないなら、TPOが間違ってますよ。

化粧品カウンターでオネーサンに聞いても、「案外これ、強いんですよ。」と何度売りつけられようとしたか。。。詐欺やん?

スーパーの化粧品売り場なんて、手書きのポップで、「皮脂・汗に強い!」なんて、ウソの表示、平気で貼ってありますからね。

あれは、メーカーから、極秘で、そういうポップを書くようにいってきていると思うんですけどね。。。何軒もで、見かけてますから。

カウンターで、虚偽の売り込みも同じです。

「社外秘」と書かれた、売り込みの宣伝文句が山ほどあります。

(だから、カウンターで言われることを、いちいち真に受けていたら、お金も時間もお肌ももたないんですよ。ま、昔からよくあることです。化粧品に限らず、商売って、そうやって、お客さんをどこまで騙すのかで、やってきているんですよね。

どこまで悪どい営業をかけるのかは、メーカーによって全然違いますけどね。)

 

パッケージや説明書に書いて、文書化してしまうと、完全に、メーカーぐるみの詐欺罪発生です。逮捕されちゃいますよ。

でも、オネーサンが口頭で言ったところで、証拠残りませんからね。

残ったところで、「こいつが勝手にやっただけ」と、その人の責任にして、しらんぷりするだけです。

だから、口頭であったり、手書きだったりするんですよ。

 

営業文句は、なんでも話半分以下に聞いておかないとね。

 

さて、アネッサですが、いろんなシリーズが出ていて、かなり中身が変わりましたか。

専用クレンジングがいらなくなった、と書いてありますね。

 

アネッサを使う方も多いし、私も腕や体に塗るのに、アネッサを使いますから、毎年買います。

 

アネッサをまだ買っていない時に、ナビジョンを腕に塗ったら、あっという間になくなってしまって、(当たり前ですが)、急いでアネッサを買いに行きました。

 

わたしが普段腕に塗っているのは、新しい白いタイプのものです。

ゴールドは、前にも書きましたが、ホントのウォータープルーフですから、海やプールにもいかないし、アウトドアも、そこまで汗を大量にかくようなことはしませんから、ゴールドは一応もっていますが、普段は使いません。

 

白いタイプは、以前の水色タイプよりも、一応しっとりタイプに変更されたようですね。

保湿成分を従来よりも多くして、落としやすくなったようなことが表示にあったと思います。

 

顔の塗る時は、ナビジョンで、そのまま、首~デコルテに塗ります。(これでも結構いります)。

手の甲まで、ナビジョンにすることもあるし、アネッサで、手の甲から腕に全部伸ばす時もありますし、いろいろです。

 

顔にもアネッサを試しに塗ってみると、まだ湿度の低い、4月5月の初めに塗ったら、脂性の私でも、結構乾燥するな、と思いました(この日は、1日室内です)。

朝1回塗ったくらいなら、あまりわかりませんでしたが。

 

脂性の私(今はかなり混合肌になりました。皮脂はかなり減りましたね。)ですら、乾燥感を感じたのに、40代50代の方でも結構アネッサを日常使っておられて、(もちろん、屋内で活動される方です)、そりゃ、乾燥するでしょう~。

30代でも、乾燥肌の方は、日によったら、乾燥するんじゃないでしょうか。。。

20代なら、その人に寄るかな。20代では、いけているのか、ご本人があまり気づいていないのか。。(若い方は、化粧品はなんでもサラサラ目がお好きですからね。いい悪いは別として。)

やっぱり、、年がいけばいくほど、皮脂は減ってきますから、日焼け止めは、しっとりタイプや乳液~クリームタイプでないと、難しいんじゃないでしょうか。

乾燥肌や50代の方が、アネッサで何度も塗り直しをしているので、大丈夫なのかな、と不思議に思って、「乾燥しませんか?」と尋ねると、「乾燥します~!」とおっしゃるから、なんで塗ってるの?と不思議で仕方ないです。。

(初診時に、乾燥するのは、ダメ、と言っていますから。環境とTPOに合わせて、自分の肌に合うものを使ってください、と言ってます。ここには書きませんが、実際は、もう少し踏み混んで、細かく言っています。)

 

日焼け止めに関わらず、いろんな化粧品で、お肌を見て、結構荒れていて、乾燥もして困る、と患者さんが言われた場合、この化粧品がダメかな、と思うもの、絶対ダメだと思うものなど、私から勧めないことがあります。

なのに、次回来ても、そのまた次回来ても、まだ止めない方というのが、時々いらっしゃって、何か月前から止めるように言っているねんっ!と突っ込みたくなるんですが、ツッコんでも止めないんですよね~。

なんで止めないかと言うと、「まだ残っているから」。

勧めません、と言っているのに、止めない患者さんのほぼ全員が、こう言います。

 

100万円の日焼け止めを買ってしまった!もったいない!とでも言うなら、気持ちわからんでもないですが(そんな日焼け止めは、ありませんが)、たかが数千円(アネッサで、ドラッグストアで、2500円前後ですよね。)の日焼け止め(しかも残り)をもったいないとケチって、使って、その代り、3万以上もする肝斑セットしたって、意味ないでしょ。

本末転倒です。

腕や体に使えばいいでしょう~、そこまでもったいない、と言うなら。

そんな残りを顔に塗って、お肌に負担かけ続ける状態で、3万の治療しても、3万の価値ないでしょ。

肌に悪いと思うから、やめろ、と言っているのに、何してはるんでしょうね。。

(こういう方には、「勧めません」という、婉曲した言い方は、わからないんですかね?「止めてください」とはっきり言うしかないんでしょうか。。ここまではっきり言っても、止めない方は止めませんけどね。なんで、ここまできつい言い方をしないと止めないのか、ホントによくわかりません。。。)

 

前にも(というか、何度も書いていますが)、基礎化粧品をケチる方は、美容医療をやってはいけません。数千円をケチったせいで、もっと大損していることすら、こういう方はわかりません。

ということは、私が最初あれだけ時間をかけて説明したスキンケアを、全く理解していない、ということです。

 

最初に、「スキンケアをちゃんとするなら、治療を始めたいなら、今日から始めていいですよ」と言ったら、やります!と言われます。

でも、肝心のスキンケアを手を抜くから、いつまでたっても、お金ばかりかかります。

ちゃんとやっていたら、もっと早くキレイになったのに。。。

というか、理解していないなら、お金を払って、処置をするな!と、何回言わすねんっ!

それこそ、一番もったいないのに。。。

他力本願は、ダメっちゅーのっ!

ダウンタウンの浜ちゃんに、頭をはたいてもらいなさいっ!

3万円無駄ですよ、と何回言わすねん、というお話です。

こういう方には、3万円が無駄、というのが一番効くようで。。。(すでに、3万どころではない無駄が出ていますが)、あるいは、うちに寄付するつもりなら、いいですよ、と。

。。。。私のおせっかいも、永遠終わりません。

断言しますが、こんな親切な美容皮膚科、他にはないですよ。お金もらわないほうに誘導しているんですから。

(実際は、おせっかいにも限度があります。

特に、肝斑治療は、ホントに、治療をお断りしますからね。キレイにならないのに、お金をもらうのは、私もイヤだし、そんなレベルの低い、「キレイ」の話をしているわけでもないです。私も目指している、患者さんの「キレイ」は、もっと上のほうにあります。

理解していない方を適当にごまかしてお金を巻き上げる、なんてことは、もっとやりたくないのです。

ようは、スキンケアをちゃんとやってくれれば、それでいいんですけど、なんで毎回毎回、お小言を言ってまで、スキンケアをしてください、とお願いしないといけないのか、私には、よくわからないことがたまにあります。

誰の顔で、誰のために、誰がお金を払ってるねん!って。貴女でしょ? 私じゃないよ!私が困るんじゃないですよーーっ!)

 

光やレーザーを1回するお金で、質のいい日焼け止めがたくさん買えます。

環境やTPOに合わせて、いろんな種類の日焼け止めを揃えることができます。

まずは、そっちが先でしょ?

ちゃんと同時にする方が、もちろん大半なんですが、(早い方は、ブログを読んだ段階か始めてくださってます。行動が早いので、そういう方は、すっごく早く良くなります。さすがです!)、同時にするお金がないなら、まずはスキンケアですよ。

スキンケアが、一番大事なんですよ===!!

とりあえず、やってみなさいって!

やって、ダメだったら、また違う方法考えたらいいじゃないですか。

(ダメな場合は、大概スキンケアのやり方がおかしいんですけどね。)

いいから、やりなさいって!

*日焼け止めの詳しい話は、去年の秋ごろにたくさんブログに書いていますから、ブログ内で検索かけて、読んでみてください。ぜひ!

 

 

 

 

 

 

アメリカの皮膚科学会より、日焼け止めを選び役立つ基準が発表されました。

よろしければ、どうぞご参考に。

http://www.aad.org/stories-and-news/news-releases/sunscreen-101-dermatologists-answer-burning-questions-about-sunscreens

もちろん、英語ですが、ネットの翻訳機能を使えば、日本語にしてくれますが、無茶苦茶変な日本語でした。。。

いいたいことは、なんとなくわかりますが、全然わからないところも。。

 

m3.com という、医療専門向けのサイトがあるんですが、そちらで紹介されていました。

そこで簡単にまとめてくれてある分を引用させていただきます。

(会員制のサイトですので、医療関係者でないと閲覧できませんので、抜粋とさせていただきます。)

 

「何度も使えるタイプの日焼け止めがベスト。広い波長域のUV(紫外線)を防ぎ、SPF(紫外線防御指数)は30以上で、耐水性のものを選んでほしい」と皮膚科医Henry W. Lim氏は述べている。

 ポイントとしては、(1)SPF 30で紫外線は97%遮断される。SPFが高くても100%遮断はできないので、屋外等では2時間おきに塗り直したい(2)6カ月未満の乳児は直射日光下を避け、日焼け止めは使わないのが理想。6カ月以上の子どもには肌に優しい成分のものを選んで使用可能(3)日焼け止め成分の毒性や健康への害の懸念より、日焼け止め使用による皮膚癌予防の利点の方が上回る(4)スプレー式は吸い込まないよう、顔や口周りに使わないことや使用時の風向きに注意が必要。

 日焼け止めにはUV防止効果の高いものから、子どもの皮膚に合った成分を含むものまで様々。家族全員にとって最適な日焼け止めを選ぶと同時に、肌の露出を避ける服装やサングラスの着用、日陰利用などの他のUV対策を併用することをAADは推奨している。また、どの日焼け止めにしても、製品表示にあるUV防止効果を得るには、たっぷりしっかり塗ることが大事である。」

 

どういう環境にいるのか、肌質によっても、話は違ってきますが、ひとつの基準と思っていただいたらいいと思いますよ。

 

補足ですが(m3.comには書いていませんでしたが)、スプレー式の日焼け止めが、ちゃんと塗れていない可能性がある、ということも一部言われていて、FDAが、口などからスプレー式の日焼け止めを吸入してしまった場合の健康被害を調査されているそうです。

 

ちなみに、私は、スプレー式の日焼け止めは、一切、認めていません。

質が悪いものが圧倒的に多く、仮に質が良かったとしても、規定量(表示されているSPF値やPA値を満たすための量)を塗るのに、何分、同じ場所に噴霧するっちゅーねん!と思います。

例えば、指や手で塗る時に、結構、盛り上がるくらいの量を取ってますよね。

それをスプレーで同じだけの量を出そうと思ったら、何分、スプレーします?

それとも、微量でいいくらい、スプレー式のは濃いってこと?(多分、そんなことはないと思いますけど。)

スプレー式で、「同じ場所に、何分以上は噴霧してください」なんて、表示のある物なんて、見たことがありません。

(仮にあったとしても、またこういうことを書くと、ネットで、そういう表示のある、偽物が出回ったりするんでしょうね。。。誰が調べてん?ホンマでっか~?そんな怪しいところの商品を、よく信じれますね。私は、信じません。)

 

今、TVで宣伝しているスプレー式の日焼け止め、去年なんて、女優さんに、髪の毛にまでスプレーさせて、「髪の毛まで?!」みたいな、言葉で締めくくっていて、まるで髪の毛にも使えるような、髪の毛にもスプレーしないといけないかのような印象を与えてました。ところが、商品のパッケージの裏側を見ると、「髪の毛には使用できません」とか書いてあって、なんじゃそりゃ~?!

アクドイと思いませんか?このメーカー?

あんなのこそ、消費者庁は、ちゃんと注意勧告しろよ!と思いますね。大手メーカーのくせに、あんなCMって。。。かなりひどいかな、と。インパクトがあれば、それでいいんでしょうか。。。

(今年は、表示が髪の毛にも使えます、と変更されていました。

中身が変わったのか、実験で証明されたのかわかりません。

でも、「同じ場所に何分以上スプレーしてください」などの目安の表示は、私がちょっと前に見に行った時には、なしでした。

こういうメーカーの日焼け止めを、私は信用しませんね。

星の数ほど売っているのに、なんで、わざわざ、そんな怪しいものを使わな、アカンねん。。

(例えば、資生堂は、使用量の目安、というのが、大体のパッケージに書いてあるかと。。いくら状況によって違うとは言っても、量の目安は参考にしたいところですものね。

わからない場合は、大目に塗るしかないですね。

ムラムラになって困らない限り、大目に塗って、そんな困ることって、あまりないですから。

少なすぎて、足りないと困りますからね。

(もちろん、環境やTPO,ご自分の肌に合っていないと、ダメですよ。)

化粧品だけでなく、なんでもそうですが、お手軽で、便利そうなもの、って、基本ダメでしょ。

所詮、「お手軽」というメリット以外は、デメリットだらけであることが、圧倒的す。

食べ物でも、お手軽なもの(ファストフードやインスタント食品・冷凍食品などなど)って、体に悪かったり、まずかったり、妙~に高かったり。。。何を重要視するかですけど。

最近は、髪の毛用の日焼け止めスプレーも出ていますが、私は使っていませんし、患者さんにも、そこまでしなくていいと言っています。

むか~し、髪の毛に椿油を塗ると、紫外線カット効果(紫外線からの害から守るだけだったかな?)がある、と何かで読んだ記憶があるんですが、すみません、はっきり覚えていません。

私は、もともと、髪の毛に椿油を塗っていますから、夏でも冬でも同じです。

椿油は、酸化しにくいし、髪の毛を保護してくれますから、仮に紫外線カットと言えるほどの効果がなくても、お勧めです。

海やプールとかアウトドアとか、強い紫外線を浴びる時は、小さくまとめたり、それこそ帽子を被ったりして、紫外線にあたる面積を減らすのが、髪の場合は、一番いいかな、と思います。

頭皮は、強い紫外線を浴びる場合(アウトドアとか)は、日焼けしすぎると、頭の皮、剥けてしまいますものね。

私も経験が昔ありますが、フケみたいに見えて、自分で止めることもできないし、全部剥けるのを待つだけで、結構なストレス。。。

そういうのが心配な時は、帽子を被りましょう。

 

でも、街中などの日常生活であれば、そこまで頭皮の日焼けを気にしなくてもいいんじゃないですか?

体に必要な紫外線量というのもありますから。頭皮くらいは、紫外線を吸収させてあげてください。

 

 

 

 

最近、この注射を宣伝する美容クリックが増えましたね。

美STにも、ちょっと前から結構載っていて、魔法のような治療方法であるかのような書き方が載っていますね。

どうして、あそこまで煽るんでしょうか。。。雑誌に書いてあるイメージほどの、魔法でもないし、誇大広告すぎだと思うのですが。。。

ライターの方が、よほどお好きとか?

「水光注射」って言葉にインパクトがありますから、記事は書きやすいし、読者も興味をそそられやすいネーミングですね。

こうなると、ネーミングの偉大さに感動していまします。

 

「リディンシティー」は、ただの商品名ですから、知っている人は知っているし、知らない人は知らないし、となりますが、「水光注射」って聞くと、なんかよくわからないけど、みずみずしそうで、光り輝くのかしら。。。?と願望も込めて期待してしまいませんか?

何何?それって?って、興味を引きますよね。

 

簡単に言うと、ヒアルロン酸を含んだ、いろんな成分(ボトックスやビタミン剤や各種アミノ酸など)を一緒にして、お肌に、細かく注射してやることです。

ヒアルロン酸を含んだお肌の美容液というか栄養剤というか、それをたくさん注射して、中からドーピングというか。

たくさん刺されることで起こる腫れ・内出血などの副作用を気にしないのであれば、いろんなものを入れてやることで、ボロボロの汚いお肌を上げて見せてくれる可能性があります。

簡単に言うと、まあ、単純に足すわけですので。

スキンケアして、お肌元気にして、光やレーザーあてて、お肌にも頑張ってもらって、というのに比べると、時間がかかりません。

まさに、究極のメイクでしょうか。

最大の欠点は、必ず吸収してなくなります。

しかも、こういうのに使われるヒアルロン酸は、皮膚になじみやすいのを使いますから、シワやボリュームアップに使うのとは、全然種類が違って、吸収がむちゃくちゃ早いです。

でも、結構なお金を取られますから、「効果こんだけ?もう無くなったの?」と思う方には向きません。イベントがあって、メイクしてもらうつもり、みたいな感覚でされるといいんじゃないでしょうか。

1回で満足されることも少ない場合があり、(この辺はクリニックによって、やり方や考え方が全然違います。もちろん中身も。ちゃんと確認されてくださいね。)、広告なみの効果を出そうと思ったら、まめに続けてやったほうがいいこともあるようで、さまざまです。

効果を維持するとなると、吸収するスピードよりも追加するスピードが勝たないとダメですから、結構お金がかかります。

 

まさに、他力本願の治療です。「プチ整形」の、まさに王道と言っても過言ではないかも。

 

スキンケアはしたくないし、タバコもやめたくない。寝不足と不規則な生活で、お肌はボロボロ。汚くて、とてもスッピンなんて、人に見せられない、でも、化粧ノリも最悪~。でも、イベントもあるし、急いでいるら、手っ取り早く、肌をちょっとキレイに見せられないかな?多少の出費は我慢しよう、仕方ない、すぐになくなってもいいやと、やるならアリですが、長い目で、老化に対して何かやっていきたい、というのなら、私はあまりおススメしていません。

。。。お金、かかりすぎです。

お金がかかるわりに、根本的な治療とは、ちょっと違うから。

時間とお金を使ったわりに、こんなもの?と私は思います。

(「こんなもの」のレベルが、人それぞれだと思いますが、私は、スキンケアをちゃんとするだけでも、お肌はある程度キレイになると思っているし、老化も遅くなると思っていますから、スキンケアありき、だし、スキンケアができている方が定期的に光・レーザー治療をしていると、ホントにお肌がきれいで、中側から光り輝いているので、そんな方が、まあ、水光注射、しなくても、副作用のほうが目立つんじゃない?と思います。)

 

ビフォーがいいと、アフターはわかりにくいんです。そのちょっとした差に気づく方・満足されるならいいと思います。価格と結果についての自己判断です。価値観です。

ビフォーのひどい方(うちには、そこまでひどい方は、あまりいらっしゃいません)は、とりあえず、スキンケアを始めて、お肌が元気になるのに、時間がかかりますから、その間少しでもなんか良くしたい、というなら、アリかな、と。

 

韓国が発祥ですが、韓国の人って、ホントに注射系が好きですね。

「やった感」があるんでしょうね。

少々痛かったり、副作用があるほうが、結構好まれるとか聞いたことがあります(「やった感」があるから。)

まあ、向こうは金額も安いから、こまめに入れておられるのかもしれません。美容クリニックに行ったりするのも、あちらではかなりオープンですし、副作用も気にされないようで。。

日本人と考え方が全く違いますから。

(だから、韓国で流行っている治療を、日本人がやったら、えらいことになることが多いです。副作用のショックとか、こんなはずじゃなかった、とか、kれのどこが大丈夫なの?とか。。。考え方がホントに、日本人と、日本人以外で、全然違うんです。

もちろん、韓国の美容医療って、なんかザツなイメージが。。だって、副作用とか気にされないから。

でも、日本人て、ちょっとした内出血や腫れも気にしますからね、同じやり方でやったら、大体クレームになるでしょう。ビックリすると思います。

日本人医師の施術のキメ細かさ・丁寧さ・繊細さは、世界一だと思いますよ。(どこのクリニックでも、というわけではありません。)

 

ただ、私も気になるなら、やってみたら?と思う適応は、目の下の凹みですね。

目の下の骨との境目らへんに出る、ちょっと色のついているところ。

多少誰でも、段差があるんですが(骨との境目だから)、その辺の周囲も含めて、結構目立つ方は、やってみる価値があるんじゃない?と思います。

 

最近、リデンシティーなどの注射をするのに、「内出血ゼロ」みたいに宣伝しているクリニックを、たまに見かけます。

 

でも、こんなの、嘘ですよ。

 

美容の処置の場合、内出血の出る可能性って、顔の注射の場合、ちゃんとやれば、

そんな無茶苦茶高いものではありません。

でも、ゼロではないんです。当たり前ですよね。

しかも、目の周りってのは、細かい血管がい=っぱいありますから、他の場所をやるよりも内出血の可能性が上がります。

ちゃんとしたクリニックだと、いろいろ工夫もして、内出血の可能性を極力低くするようにしてくれていますが、それでも、ゼロにはなりません。

そういう説明があると思いますよ。

 

針の種類で、「鈍針」と言いまして、先が円くて尖っていない針があります。長めに作ってくれていて、それを別の尖った針で開けた穴から、刺して、(鈍針は皮膚を突き破れないから、他の針で、穴をあけないと入れられません)、奥に入れていく、という方法を取るんです。

 

確かに、従来の尖った針よりは、血管を傷つける可能性がかなり下がりますから、内出血の可能性は低くなるはずなんですが、やっぱり血管をひっかけて、内出血した、痛かった(刺しにくいので)、という話もしばしば。。。(そういう方が来られますから)

有名なクリニックだから、と言って、安心はできません。

とあるクリニックで、このリデンシティーをされて、えらい内出血が出て、(しかも効果がわからず)、とても困った、という方がご相談に来られたことが何度かあります。

鈍針を使っても、まあ仕方ない時もあるわな、と思い、「でも、内出血の話は説明なかったんですか?あったでしょ?」とお聞きすると、「全く出ない」、と言われたそうです。

(だから、やったのだ、とみなさんおっしゃってました)

本当に、そこのクリニックが内出血ゼロ、とカウンセして、やっているなら、かなりあくどいな、と思いました。

可能性は、かなり低くなるはずですが、ゼロと説明したら、イカンでしょう~。

結局、内出血して、困るのは患者さんですからね。

目の周りの注射とかで内出血が出た場合、小さな血管だといいですが、わりと出血が出て、止まりにくかったり、止められなかったり、止めてなかったりすると、DVで殴られてパンダみたいになったのか!というくらい、内出血が出ることがあります。

こうなると、患者さんも、「DVに遭った」と知人に、ウソの説明をしたほうがいいのか、「美容クリニックで注射したら、こんなことになった」と言ったほうがいいのか、究極の選択に悩むわけです。

美容治療にオープンな方・環境であれば、正直に言えるんでしょうけど、そういう環境じゃないと、「あの人、整形失敗したんやって~」とウワサになりかねません。(まだまだ理解がないですものね)

たかが注射を、顔中美容整形してる!みたいに、言いふらされたら、たまったものじゃありませんから、ほとんどの方は、クリニックの処置とは言われないようです。

でも、かといって、DVともいえないし、自転車で転んだとか、タンスの角でぶつけた、とか、いろいろ苦しい言い訳を職場や集まりの時にされるみたい。。。消えるまでも、結構かかりますけどね。

「水光注射」と言っても、クリニックやドクターによって、かなりやり方に差があります。

例えば、東京の、みやた皮膚形成外科の宮田先生やクロスクリニックの石川先生は、学会でも超有名なドクターでいらっしゃいますし、石川先生は、美STの常連というか、美STにはかかせないくらいのドクターでいらっしゃいますね。

私の勝手な想像ですが、このお二人は、ちゃんと説明されて、できるだけの注意を払って処置してくださると思います。

「有名だから」「老舗だから」「よく広告を見るから」というきっかけで、とりあえず話を聞きに行かれるのはいいと思いますが、あまりにも、副作用が軽くいわれたら、ちょっと一旦、帰ってきましょう。

ホントに?と、ちょっと考えたほうがいいですよ。

 

副作用の軽い、あまり深刻にならなくてもいい美容医療の処置って、いろいろあります。

ただ、そういうのは、回数がいるとか、効果がマイルドとか、何か欠点というか、あるはずです。

副作用もない、効果も結構出る、なんて処置は、めったにありません。

広告通り、簡単に考えていると、大変な目に遭うのは、貴女自身ですから、きつい治療になればなるほど、そういうことは覚悟しておかないとね。

副作用の確率がかなり低くても、ゼロではない以上、「絶対大丈夫!」なんて処置はあり得ません。

そういうことを軽く言いすぎるクリニックは、どうかと思います。

私個人的には、注射系は、イベントや大事な用事の直前は止めておいたら?と患者さんには申し上げています。

医学的にやって、ダメではないんですけどね。もちろん。

コンシーラーも用意したし、何度もやっていて、わかっているし、もし副作用が出ても、気にしないから、くらいに言われたら、キャラによったら、処置するかもしれませんが。ご納得の上でね。

(いいことしか、考えていないな~、という方の場合、副作用なんて構わないと言っておいて、なにかあったら人一倍騒がれますからね。そういう方は、ホントに、イベント前には勧めません。)

 

何にでもメリットとデメリットがありますから、ちゃんとご理解の上、治療は受けましょう。

気になったら、他のクリニックにも話を聞きに行きましょう。

1軒だけではあまりわからなくても、何軒か回ると、なんとなくわかってきますから。

急いでやって、いいことなんて、大概ありませんから、美容医療は落ち着いてやりましょうね。

 

 

モニターの方の写真が溜まっているので、一部を公開させていただきます。

写真整理ができてなくて、更新が遅れまして申し訳ありません。

 

おでこにヒアルロン酸をされた方です。

どうしても、眉毛を上に上げるクセがおありですので、先におでこのボトックスをしていますが、おでこの上半分はボトックスをしていますが、下半分(眉毛から2センチくらい)はボトックスを注射していません。

ボトックスによる下垂(眉毛やまぶたが下がること)の可能性があるからです。

反応は人それぞれですから、ご心配な方は少な目にして、2週間ほどしてから足りなければ無料で追加しています。

ただ、無料とは言っても、眉毛やまぶたが下がる可能性はあるわけで、その時の状況を診て、患者さんとご相談して足すのかどうか、足さずに様子を見るのか、下がる可能性はあっても残っているシワの動きが目立つから(ボトックスは薬の広がった範囲にしか効きません)、ボトックスを足すのか、そのへんのところをご相談させていただきます。

 

このモニターの方は、おでこ下半分に、マイクロボトックスをしませんか?(おでこのボトックスの料金の範囲内。追加料金はいりません)と申し上げましたが、改善したので満足さてていて、ボトックスの追加はいらないとおっしゃいました。

そういう時は、下がる心配のない、ヒアルロン酸を足します。

施術前1.JPG施術前です。ボトックスは上半分にして、上半分は効いている状態です。

P1080200.JPGヒアルロン酸を足して、1か月後の写真です。

 

ボトックスをしないと、どうしても皮膚を折りたたむ、折りたたみジワができますから、非常にいいわけではありませんが、眉毛やまぶたが下がることなく、結構、目立ちにくくなっています。

患者さんは、とても満足されています。

ヒアルロン酸は、1本買い取り制なので、ちょっとたやっぱり足りないかも、と思ったら、残っているなら、追加(無料)でしております。

これ以上良くしたかっら、やっぱりマイクロボトックスを足すしかないかな、と思いますが、患者さんがいらないとおっしゃるので、いいのかな、という感じです。

 

ただ、よく動く場所は、血行もいいので、ヒアルロン酸も吸収が早くなるので、ボトックスできるところは、ボトックスしたほうがいいんでしょうが、それなりのデメリットがあるわけで、メリットだけでは済みません。難しいところですね。

 

この方はヒアルの吸収が、やっぱり下側が早いので、1か月目にヒアルの追加をしております。

いつしても、医学的に問題なければ、やりたいときやりたいときで、適正だと思います。

 

おでこのシワが浅くなるだけで、結構若く見えますから、お化粧もしやすくなるし、悩んでおれるなら一度ご相談くださいませ。

うちのHPの「よくあるご相談」というところにも書いていますが、たまに、うちに来られる患者さんから、「何回したらいいですか?」と聞かれます。

HPにも書いてあるように答えるだけなんですけどね。

 

美肌にしろ、美白にしろ、終わりってないんですよ。

「老化」って、止まりませんからね。

頑張って、何回かやって、白くなったり、シワやタルミが改善したとしても、老化がずっと進んでいきます。死ぬまで一生、老化は進むのです。

白くなろうが、シワが減ろうが、またシミは作られるし、シワも出てきます。

脱毛は、とてもわかりやすく、終わりが見えやすいですよね。

毛が無くなったら、終わりです。

皮膚の裏側を見るわけではないですから、いつの時点で、毛が無くなったのかはわかりませんから、何年かしてからまた1本、生えてきたりとかは、ありますが、わざわざお金を払って、また脱毛をしてもらうのか、となると、これくらいなら、自分で剃ったらいいや、と思えれば、その人にとっては、治療はもう終了でいいですよね。

(細~い産毛まで、全くの完全脱毛しようというのは、まあ、無理と思っておいたほうがいいでしょう。一部のクリニックで、かなり産毛の脱毛をしてくれるところもあるとは思いますが、結構大変ではないのかしら。お値段や回数(というか、目安)や注意事項は必ず確認されてくださいね。)

 

脱毛は減らせばいいわけで、シミやシワは、増えていくものを減らしていかないといけないので、逆行です。難しいのに決まってます。

美容医療に、どこまでお金と時間をかけられるのか、なんて、人それぞれだし、その時の状況によっても、全然違うでしょう。

だから、その人にとって無理のない範囲で、(気になるなら)定期的にやる、というのが一番いいと思います。

何かイベントがあるとか、具体的な目的があるなら、それまで、ガーッと一気にやったらいいと思いますが(やりたいんだったら)、一生老化は進むのに、ずーっと全力疾走していたら、お金と時間も体力も精神的にももたないでしょ。どうです?

だから、その人の無理のない範囲で、のんびりカメでもいいから、定期的にやっていったらいいと思います。

どこまで目指して、どの辺で維持したいのか。

それは、人のお金と時間の価値観です。コンプレックスも大いに関係しているでしょうけど。

 

昔、初めてフォトフェイシャルが日本に入ってきたときに、「とりあえず5回」みたいに言われました。

5回って、何をするにしても、ひと段落っちゃーひと段落です。

よく言われるが、「お肌をワンランク上げるのに、5回くらい、あるいは5回前後くらいが目安」ということです。

ただ、この「ワンランク」というのが曲者で、私たち医療関係者から見たら、学会やセミナーで、ビフォーアフターの写真を見て、「ワンランク上がったな、あがっているな。」と感じる程度と、患者さんが、もしそういうふうに説明されて治療を受けた場合、期待していた「ワンランク」と大いに差がある場合があります。

「ワンランク」の程度が全然違うわけです。

よくよく話を聞いてみると、「それはワンランクって言わないでしょう~。3ランクくらい上じゃない?」みたいなこともあり、タルミ治療でも、「ちょっと上がったらいいんです」と指で思いっきり、ホホを引っ張っていて、「それ、光やレーザーで無理だし。フェイスリフトとか手術じゃないと・・。」みたいなこともあります。

シミや肝斑の治療にしても、ちょっとでもファンデで隠しやすくなったらいい、という方も要れば、徹底的に減らして白くなりたい!と続けて長期に通う方もいらっしゃいます。エステ感覚です。

価値観も経済力も全く違うわけで、もちろん肌質・肌の状況・シミの色や形態・肌色やその方の普段いる環境やスキンケアによって、全部違うんです。

そんなものを、数値化して、1回で、何個消します、みたいに、「○○回してください。」なんて、言えるわけないでしょ。私は神様かっちゅーねん!

 

そこまで言い切る必要はないから、おおよその目安(あるいは平均)を教えてください、という方も中にはいて、知りたい気持ちはわかりますが、スキンケアの重要性と老化は止まらないこと、個人個人全然条件が違うから、という話を散々したあとで、しれっと聞いてこられると、理解できていないんだな、と思います。

それでまた何度も同じことを繰り返して、それでも「平均が無理でも目安と教えてくれ」と、わけわからん日本語を言うという。。。

(まあ、こういう方は、美容医療は向いていないと私は思うので(少なくとも、私のやる美容医療は向いていないです)、うちでは治療をお断りしています。)

「そんなはっきり回数を言わなくても、○○回以上とか、最低何回とか教えてほしい」と言われることもありますが、それも全く同じで、わかりません。というか、スキンケア(特に日焼け止めなど、やることやってから言えっちゅーの、と思います。取らぬ狸の皮算用で、こういうことを言う人に限って、そういうことばっかり言ってきます。

 

昔勤めていたところでは、というか、どちらかと言えば業界の主流が、「最低3回以上は必要ですよ」とか「5回以上はしてくださいね」というのが、まあ、謳い文句というか、やる側もされる側も確かにそういう目安を言って、クリニック側がコースを買わせる、というのが、一般的でした。利益重視のために、そういうところも多くありました。

 

ホントの意味では、1コース=○○回(治療内容によって違いますが)という目安自体は、医療者側には、ある程度あります。

ただ、その目安が、患者さんとの間に、かなりの差があるので、私はもう使っていませんし、あまり患者さんに言いません。

「3回以上」「5回以上」といくら言ったところで、患者さんは勝手に、「3回」「5回」と決めてしまうんです。特に、そういうことを聞く方は、そういう傾向に多い。

で、実際、3回目や5回目に、「シミ消えてませんけど」「シワがまだ気になるんですけど」と不満そうに言われるので、「以上って、説明したでしょ」となったところで、「それはわかっていますけど。。。」と、またしても不満が残るわけです。

具体的な数字を言われただけに、勝手に期待してしまうんですよね、最初の説明は忘れちゃって。

ある程度、回数を言える治療もあれば、全然言えない治療もあるわけですが、せっかく、少し良くなってきていたのに、不満が残るというのは、私も不本意なので、開業して以来、ライムライトや肝斑治療、シワやタルミ治療などの美肌・美白治療では、やればやるほどいいので、どこまでするのかは、私から強制は一切しないので、自分で決めてください、と言います。私がお金を払うわけではないですからね。

お金があるなら、やったらいいと思いますけど、お金の問題があるから、やるかどうするか悩んでいらっしゃるわけで、それに関しては、私が介入することではないでしょう。ノータッチです。医学的にどうするのがいいのか、という説明と提案はしたわけですから。

私に、背中を押してほしいのかもしれませんが、お金で悩んでいる方の背中は一切押しません。自分で決めてください。

(こういう方は、質問の内容がお金のことばかりなので、すぐにわかります。ご自分でも予算が限られているともおっしゃいますし。)

まあ、こういう方は、とりあえずやって、どんな感じなのか見る、ということにも決心がつきませんから、そういう方には、なおさら勧めませんけど。1回分のお金が貴重なわけで。ご自身で踏ん切りをつけていただかないと。

 

エステや悪徳美容クリニックでよくあるパターンが、「5回でキレイになりますよ」とかすっごい具体的なことを言って、すぐにコースを買わせます。(こういう言い切りに、消費者は弱いんですよね。ついやってしまいたくなる。)

せっせと患者さんは、スキンケアもせずに(そういう説明もないから)、とりあえず通って、言われた回数を消化していきます。

(やればいいと思っているから消化することだけを考えて、詰めて通ったりされる人もいるようです。)

で、コース最後の日や終わってからの診察で、ご本人が満足していない場合、「普通は、1クールでキレイになるんですけどね、貴女にはまだ足りないようですね。もう1コースされたら、キレイになりますよ。」と、また1コース買わせるのです。

(満足されたのであれば、勧められても、気が済んだからやらないか、気にってまたやるのか、どちらかでしょうが、満足しているのなら、好きにされたらいいわけで、問題はありません。)

で、また1コース済んでも、なんか全然キレイにならないし、なんかおかしい、このまま続けていいのかな、と思って、また言うと、今度は全然違う治療の、しかも、またしてもコースを勧められたり、しかも勧められた治療が、実は前よりももっといいものだったり、それなら、どうして、最初からそっちを勧めてくれなかったのか!?と不信に思いませんか?

とりあえず、どんどん、何かさせていくわけです。

本当にキレイになろうが、なるまいが、そんなことは、こういうクリニックやエステは関係ないんですよね。

お金が大事だから。

 

ちょうど、今日、スタッフの研修で説明していましたが、確かに、そういう営業の仕方って、経営というか、お金をとりあえず稼ぐ、という意味からすればアリなのかもしれませんが、結局、こういう自分達の儲けしか考えていない営業をすると、患者さんは不信感を抱いたまま、離れていきます。

本当の意味でのリピーターが減ってしまうわけです。

おかしな広告を出して、新規の顧客をまた騙して、と、最悪の悪循環に突入です。

スタッフにも言いましたが、「目先のお金にとらわれない!」ということ。

ちゃんと、患者さんの立場に立って、いい治療をしていたら、老化は止まらない以上、また気になったら、治療をしに来てくださいます。いわゆるリピーターですね。

結果にお金はついてくるから、目先の利益を優先させない!

 

はいっ!

今、私、とってもいいこと言いました~。自分で自分に感動~♪

あまりに名言なので、ここに書いておきますね。

 

とりあえず、患者さん騙して(騙す気がなくても、結果騙したことと同じで)、コース買わせたり、お金巻き上げても、そんな経営がうまくいくわけありません。

患者さんが、ちゃんと理解して、お肌と老化と、仲良く向き合ってもらえると、一番嬉しいです。

お肌と老化について、正しく理解できれば、お金も時間も、本当に本当に有効に使えますよ!

スキンケアを頑張れば頑張るほど、美容医療にお金もかからないし、一石二鳥です。

スキンケアに終わりがないように、美容医療にも終わりがありません。

だからこそ、無理のない範囲で、どこかで限界を知って、妥協をすることも必要ですし、ある程度は気にして、ほどほどに上を目指していくことも同時に大切です。

価値観は人それぞれですから、情報に惑わされることなく、やってみてください。

 

ちなみに、回数を気にする方は、美容医療は、まだ止めておくべきです。人間、機械ではありませんからね。数字で割り切れるものではありません。

何度も書いていますが、おかしなところの餌食になるだけですよ。

 

 

 

先日、お知らせいたしました食欲抑制剤「3F(Feel “Full fastTM”)」の説明です。

 

有名な食欲抑制剤は、サノレックス®ですね。

これは、高度肥満症(いろいろ適応基準があります)の場合、ちゃんと保険が通っている薬です。

適応基準を満たして、なおかつ、禁忌基準(こういう人には、処方してはいけません、という基準です)がありますから、誰でも保険で処方してもらえるわけではありません。

 

ですが、美容医療などの自費診療の場合、自費ですから、処方の適応は、処方する医師の判断のよるんですね~。

 

うちでも、取扱いは、まだ在庫がありますから、一応していますが、めったに出しません。

いわゆる、そこまで肥満の方は、保険でちゃんと肥満外来に行かれたらいいと思いますし、そこまで肥満ではない方が、欲しい場合、どういう時に飲みたいのか、どういうダイエットをしているのか、細かく聴いて、処方するかどうか決めています。

処方を完全にお断りすることも多いです。

処方したとしても、数個とかね。

 

私も飲んでみたことがありますが、かなり気持ち悪くなりました。

ものすご~く、イヤな感じ。。。もう飲みたくない。。。食欲もないけど、全てのやる気がなくなるというか。。

私は、1個飲んだら、数日気持ち悪いのが続きました。

処方する患者さんにも、そういったことを説明しますが、案外大丈夫な方もいらっしゃるようで、副作用の出方も人それぞれですね。

でもね、こういう脳に作用する薬って、やっぱりダメなんですよ。

たま~に飲むにしても、食欲のコントロールは、自分でできるようにならないとね。

生理前の、猛烈に食べたくなる衝動は、まあ仕方ないとして、のべつまくなし、というのであれば、それを薬に頼っていたら、いろんな病気になっちゃいますよ。

肝臓への負担もありますから、長期飲む方は必す血液検査が必要です。

 

この薬を、お金欲しいから、誰にでもバンバン処方しているクリニックもあって、そのためか、たまにうちにも、処方して欲しい!と、全然適応もないのに来られる方がいます。

(出しませんけどね。たいてい、こういう方は、とても痩せていて、ちょっとおかしい。もう後先何も考えていないんです。副作用の説明をどれだけきつき言っても、聞き流しですからね。

予約が入った時点で、適応がないと処方しないこともありますよ、と了承してもらって予約取ってますからね、さっさと帰ってもらいます。)

 

デブの私としては、こういう痩せている方が、食欲抑制剤を欲しがる気持ち、というのは、残念ながらわかりません。

医師として、そういう依存症の方は、精神科や心療内科の受診やカウンセリングを勧めます。

でも、ちょっと肥満、ちょっとぽっちゃり、という方の気持ちはよくわかります。

自分でもいけないとわかっているけど、食べてしまう。。ついつい。。

まあ、これも自分に甘い、ツケが回ってきているだけと言えば、そうなんですが、ダイエットも大変ですからね。

肥満の程度によったら、なかなかうまく行かなくて、でも、少しでも早く、痩せてみたい。。。

よ~く、わかります。

 

そこで、この「3F(スリーエフ)」です。

他力本願にはなるんですが。

 

これは、数年前だったか、とっくに発売されていた薬です。

学会でも有名な先生でも、使っておられる方もいらっしゃって、ちょっとしたセミナーで少し話をされたり、ブログに載せたりされていたものです。

知ってましたが、取扱いはしませんでした。

まあ、忘れていたのと、なにかついでがあれば、くらいに思っていて、そのまま、まあいいか、と流してました。

今回、そのついでがあって、というか思い出したわけです。

この夏の美容皮膚科学会で、部分痩せ治療機「トゥルースカルプ」を発表するんですが。。。

肝心の私が全然痩せていません。。説得力ゼロ?いや、これでも、トゥルスカ(別名ズルスカ)のおかげで、体重は史上最高を更新しても、前のスカートやパンツが履けるという、ありがたくて、ありがたくて、キュテラに足を向けて寝られませんね。

でも、発表を聴く方からしたら、前の私をご存知ないと、やはり信憑性に欠けますわね。。。

今、また反省して、頑張っているんですが。。。

で、思い出したわけです。

サノレックスはね、やっぱり私もあまり好きじゃないし、でも、そういう薬って、やっぱり必要な方もいらっしゃるし、安全なものであれば、あったらいいな、と思っていたので、注文してみました。

 

サノレックスは、セロトニンという物質(これが多いと、精神的に落ち着くというか、ストレスに強くなったり、精神病など、セロトニンが関係していると言われています。もちろん、セロトニンが多ければ、なんでも解決する、というわけではありません。)の再吸収を阻害する作用があり、その結果、無理やりセロトニンが増えるんですかね。(それ以外にもいろいろな作用があるようです)

この無理やりが、やっぱり、無理があるんでしょう。

 

「3F(スリーエフ)」は、セロトニンの前駆物質(セロトニンを作るための材料)が含まれていて、その成分が、全て天然のものだそうです。

科学的な人工物ではなく、天然のものなので、分解はしやすいんでしょうね。

これを投与することで、食欲をコントロールしてくれるそうな。

まあ、満腹感が続くというか。

 

基本、1日5回、1回3プッシュ、舌にスプレーします。

効いてくるのは、5日間くらいで効いてきます、とパンフレットに書いています。

(もちろん、厚労省は、認可していません。海外からの個人輸入です。)

今のところ、常習性や副作用はない、とのことです。

満腹感の効果も実証されている薬になります。

(安全性が高いと言っても、あくまで健康な方の場合ですから、病気で通院中の方・薬を飲んでいるいる方・妊娠授乳中の方など、必ず医師にご相談ください。必ず医師の指示に従ってください。)

 

私も試してみました。

夕方1回スプレーして、その日の晩御飯は、おなかは空いているだろうけど、あまり空腹感を感じない、という状態でした。

ここ数日間試していますが、(1日5回もスプレーしてません)、いつもより、食欲を感じません。

(おなかが空いているのはわかります。でも、それもちょっと感じにくいかな。)

効果にちょっとビックリ!

今のところ、気持ち悪くもならないし、困ったことはありません。

でも、本当に絶対副作用がないのか?(健康な方に対しても)と聞かれれば、まだ報告されていないだけかもしれないし、今後何か出てくるのかもしれないし。それはわかりません。

今、世の中に出ている食欲抑制剤よりは、安全性は高いと考えますが。

安全性が高いと言っても、誰にでも処方するわけではありませんので、ご了承ください。

(なので、ちょっと高めの設定です。抑止力です。)

何度も言いますが、ネットで一般個人の方が個人輸入で手に入れる分には、偽物がとても多いので、止めときなさいって。

「効かない」くらいならいいですが、下手したら命に関わることありますよ。

昔から、こういうダイエット関係の個人輸入は、亡くなっている方、出てますからね。

何が入っているのかわかりません。

ある程度効かないと困るから、劇薬が混ざっていることも多々あります。

ちゃんとクリニックで、しかも対面販売をしている、カウンセリングもちゃんとしているクリニックで購入してくださいね。(値段が高いから、本物というわけでもないですよ。)

あやしいクリニックだと、本物を売っているか、というのも、あやしいですからね。

 

新しい医療用サプリメントのご紹介です。

どちらも、去年だったか、もっと前だったか、とっくに発売されていて、うちが取扱いをしていなかっただけの代物です。

あまり興味がなかった言えば、なかったのかな。。まあ、なにか発注するついでがあれば、してもいいかな、というくらいのものでした。

今回、発注のついでがあったので、いよいよ発注しました。

まずは、「ヘリオケアウルトラD」のご紹介です。

こちらは、”飲む日焼け止め”として有名なサプリです。

シダから抽出したFernblockという成分が、「強力な抗酸化作用」「DNA保護作用」「免疫防御作用」「皮膚構造維持作用」を持っていて、それを摂取することで、その作用をもらうことができるんです。

まあ、簡単に言うと、飲んだら、紫外線の害からお肌(というか、全身)を守ってくれるわけです。

 

確かに、成分としては、いろいろ実証されているので、とてもいい商品だと思いますが、これを飲んだら、「日焼け止め塗らなくてもいいんですよね?」みたいな人が増えないかな~?と最初聞いた時に、考えました。

サプリメントとして、毎日飲んだって、まあいいんですが、私にしたって、ビタミン剤やらアスタキサンチンやらパントガールやら、今結構飲んでます。

そこに、さらに足すのかと思うと、ゲ=!と思ったのが正直な気持ち。。。サプリメントもキリがないですからね。。

 

私事ですが、今年の夏休みは南の島に久しぶりに行ってみたいな~と思っていて、久しぶりに全身に日焼け止めを塗るのか~、大変やな。。また背中や太もも塗り忘れて、シュノーケリングして、えらいことになったらイヤだな。。と(昔、南の島で、シュノーケリングに夢中になって、エライことになったことがあります。。顔は焼けなかったんですが。。)

考えた時、やっぱり服を着て隠さないと、広範囲は難しいですよね、一日中となると。しかも水着だと余計に大変です。

顔は忘れなくても、全身のうちのどっか、忘れちゃったり、めんどくさくなったりしますよね。

(体にレーザー治療をしているわけではないので、顔ほど徹底はしなくてもいいと思いますが、それでも南の島の紫外線はハンパない強さですから。)

 

そこで、ハタと思い出したのが、こちらの「ヘリオケア」です。

おお!そうだった!!

 

南の島の場合、ちゃんと塗れたとしても、真っ赤に日焼けすることは回避できたとしても、紫外線による皮膚へのダメージは、結構なものかと思います。

(紫外線は、細胞にダメージを与え、それを繰り返していると、皮膚癌になることがあります。紫外線は、ある程度は必要ですが、多量とか、強すぎるとかになると、命にも関わることがあるのです。)

もちろん、アネッサゴールドもたくさん持っていきますが、(ナビジョンも忘れずに)、塗るだけでは限界がありますからね。ラッシュガードや上着を着るにしても、着たくない時もある。

その分、ヘリオケアに助けてもらおう、という魂胆です。

皮膚への強すぎるダメージが心配ですもの。

 

誤解を生じていますが、他院のHPとか、ネットの個人輸入で、「これさえ飲めば、日焼け止めを塗る代わりになる」みたいに書いてあるので、そのまま信じている方がいらっしゃいます。

もちろん、間違いです。

ちゃんと日焼け止めを塗った上での、補助ですよ。

 

どうしても合う日焼け止めが見つからないという方は、塗れる日焼け止めがないから、そういう時に、これだけでもせめて飲んでおくと、マシだとは思いますが、ちゃんと塗れる方は塗らないとダメです。

ホントのアトピーの方とかね。(自称ではなく。)バリア機能が破壊していて、いわゆる化粧品全般、難しい方とか。

そういう方は、やっぱり界面活性剤の入ったものがなかなか合わず、本当に合う日焼け止めが見つからないことがあります。

特に、SPF50+とかウォータープルーフとなると、なかなか見つかりませんよね。

(「何を付けても合わないんです。合う日焼け止めが見つからない」という患者さんがたまに来られますが、どういう日焼け止めが合わなかったんですか?とお聞きすると、ろくでもないモノばかり使っていて、質が悪いとか、TPOが間違っているとか。。。そりゃ、誰だって、お肌ボロボロになりますよ。。「なにをつけても」と言われるわりに、試したのはたったの3つ(しかも全て外資系とか安物とか。)だけとか。。。世の中の日焼け止めを全て全否定される割に、ちゃんとしたものは一度も使ったことがなく。。あーあー。。。

ちゃんとしたものを試しましょうよ。市販でも、もっとマシなものだって売っているし。。。)

 

日焼け止めを塗らなくて済ますために飲むんではなくて、ちょっとでも南の島の強い紫外線の害から守るために、飲んでいただくのもアリかな、と思って、仕入れました。

急激に強い紫外線を浴びると、肌への負担も大概ですかね。徐々に慣らす時間もないこともあるでしょうし。

 

日焼けする30分前には飲んでもらって、1回1カプセルで4時間効くそうです。

一瓶に30カプセル入っていますから、南の島だけでは、余りますよね~。

毎日飲みたい方は、飲んでもらってOKです。

もちろん、南の島だけでなく、今からの季節のアウトドアとか、ガーデニングとかで飲んでOKです。

 

あくまで、補助ですから、過信しすぎないでくださいね。

ちなみに、この「D」と入っているのは、ビタミンDのことらしいです。紫外線をカットするからでしょうね。

(紫外線にあたると、皮膚でビタミンDが作られます。全然紫外線にあたらないと、ビタミンDが全然作られないんです。

でも、天日干ししたものを摂取することで十分摂れますし、日陰で15分もいたら十分です。

実際、顔は結構塗り直ししても、首や手や腕。デコルテや脚、頭など、無防備でしょ?

顔ほど塗り直しを普段はしませんよね?そこから紫外線は入っていますから、それで十分です。

だから、おかしなオバサンみたいに、全身黒づくめの、手袋・長袖・長ズボン・帽子(変なサンバイザー)・日傘・サングラス・首にはストール・マスクなどなど、の暑苦しい格好をしなくてもいいんですよ。

ただの笑い者になるだけです。またこういう人に限って、めんどくさいと言って、日焼け止めは塗っていないんですよね。笑っちゃいます。誰か教えてあげないと!

(うちに来られた場合、私から、ものすごいツッコミが入ります。ダウンタウンの浜ちゃんも顔負けです。)

隙間から紫外線入ってますけど、と突っ込みたくなりますね。みなさんもツッコんであげてくださいね。白いマスクも紫外線通しているし、勘違いも甚だしい。。

黒が熱吸収して、熱射病になりませんかね。

見た目にも涼しく、オシャレに紫外線カットすることを心がけたいものですね。

本当に塗れないのであれば、こんなおかしな恰好しなくても、一緒に他の方法を考えましょう。環境とTPOに合わせて。後指刺されないようなやり方で。

残念ながら、皮膚の特殊な病気で紫外線を避ける、というか絶対ダメ!と言われている方は、やはりあまり外に出ないように、室内でも遮光カーテンを引いて暮すしかないことがあります。外出は夜のみ、みたいな。特殊な病気の場合です。)

 

時間が無くなったので、「3F(スリーエフ)」のご紹介は次回へ。

 

ちなみに、ネットで個人輸入で、こういうクリニック用サプリを購入するのは、なんでもそうdすが、止めたほうがいいですよ。

大概、偽物です。

個人輸入というのは、自己責任で購入するものですから、取扱い代理店に文句言ったところで、素人が確認する方法もないですし、純製品と思って、飲んでいて、損をするのは自分です。

安すぎるのもおかしいけど、高いから、本物ってわけでもないので、正規ルート以外で買うリスク、ということをちゃんと考えたほうがいいですよ。

先日も、「ドクターシーラボ」の偽物が出回っていると報道があったとこですよね。

今の時代、売れるなら、なんでもすぐに偽物が出てくる時代です。

正規ルート以外では買わない、というのが、唯一、そうことに関わらなくて済ます方法です。

おかしなところには近寄らない!

(ここで言う、正規ルートというのは、ちゃんとしたクリニックを受診して、(受診ですよ、受診!ネットで買うのではなく。)、直接、対面で販売してもらうことです。

うちの「ヘリオケアウルトラD」の値段は、ちょっと安めにしました。(一瓶¥4.200)

これは、いつも来ていただいている患者さんが、欲しい時に気軽に買えるためです。おかしなものをネットで買わなくて済むように。

なので、それほどうちに利益は出ませんけど、赤字にはなりません。だから、お気になさらず。私が試してみたかったついで、と思っていただけたら。

初診の方で欲しいなら、このためだけに受診したいなら、サプリメント相談という初診料になります。¥10.500です。サプリ代別途要です。ご注意を。処置中に相談して購入する分には、サプリ代のみですが。)

私ら、美容医療業界であっても、怪しい取扱い代理店と、学会でも有名な代理店とがあって、ちゃんとしたところからしか、うちは仕入れません。

何が入っているのかわかりませんからね。クリニックに卸すとなっても、偽物の可能性もあります。

利益優先のところは、どこから仕入れているのかも怪しいですからね、ちゃんとHPで、怪しくないかどうか、金儲け主義かどうか、見極めてください。

そういう見極めができないのであれば、もうそれは自己責任です。

(HPみたら、あやしいかどうか、ってわかると思います。いくつか見てみてください。何につけても、都合のいいことしか書いていない、副作用とかデメリットを書いていないHPは、まずダメですよ。)

 

 

 

 

 

 

すみません、アネッサの続きです。

 

さて、例えば南の島に行って、海やプールに行くからと、アネッサのゴールドをしょっちゅう塗り直ししていたら、若い方はともかく、40前後以上の大人の女性は、ガサガサに乾燥してきませんかね?

いくら東南アジアとか湿度の高い地域に行っても、何度も塗り重ねてるのを数日続けていると、やっぱりガサガサになりますよね~。

 

でも、今、やっぱり私も、南の島に行くんだったら、海やプールに行くんだったら、

(水着を来て、人前に果たして出られるのか、という問題は置いておいて。。)

アネッサゴールドを持っていくでしょう。

例え、がさがさになったとしても、紫外線の害のほうが大変だな、と思うから。

 

でも、滞在中ずっと毎日、アネッサゴールドを塗るわけではないと思います。

水に完全につからない時は、そこまで耐水性のないもの(汗・皮脂に強いタイプは使うでしょうが)を使って、TPOによって、使い分ける、ということをすると思います。

 

そうは行っても、毎日、海やプールに、何日か続けて入る時はどうしましょうか?

水泳選手じゃないんだから、1時間~1時間半くらいしたら、一旦あがって休憩しますよね。

子供の時のプールの時間も、途中で無理やりあがって休憩取らされましたよね。

慣れないことをすると、体も疲れますし、強力な紫外線(赤外線も含めて)は、免疫力の低下を招くし、脱水も起こします。無理して働いて、やっと取った休暇ですから、みなさん、体も移動も含めて、実は結構疲れているはず。。

興奮して遊び続けたら、ホントに体力的にももたないので、こまめに水からあがって休んでください。

デッキチェアで休んでいる間は、ゴールドじゃなくても、他の日焼け止めでも代用できるんじゃないでしょうか。

 

そうしていると、滞在中ずっとアネッサゴールドを使わなくて済むから、ガサガサ具合もマシじゃないかな。。?

夜(昼でもいいですが)、シャワーを浴びた後、滞在中でも、ボディの保湿もお忘れなく。

熱を持っている時は、冷やしてくださいね。

水分もたっぷり摂って、ゆっくり休んでください。

 

年齢や肌質・環境によって、乾燥具合は、かなり変わりますから、お肌の感じをよく見て、そのへんは判断されてください。

乾燥さえしなければ、いいと思いますよ。

 

体にしょっちゅう塗るのがめんどくさいなら、ラッシュガードを着たほうがいいし、ラッシュガードがなければ、Tシャツ1枚でも着ているだけ、まだマシです。

海やプールで遊んでいると、気が付いたら、何時間もたっていることがあり、日焼け止めを塗り直しするのを忘れて、夜に大変な目に遭った経験って、結構ありませんか?

 

私は、かなり昔、プーケットやセブ島で、シュノーケリングをずっとしちゃって、顔はずっと海の底を見ていたから、焼けませんでしたが、背中から太ももの裏側、ふくらはぎとか、エライ目に遭ったことがあります。

アネッサゴールドは持って行っていたと思いますが、塗り直しをしていないんだから、どうしようもないです。

真っ赤になって、かなり腫れましたね~。

(夜は、死んだように寝てましたが。。)

南の島の紫外線は、ハンパないですからね、火傷と同じです。

特に、色白目の方は、紫外線の害を受けやすいので、色黒目の方よりも、火傷様になりやすくなりますので、ご注意ください。

火傷までしなくても、梅雨が始まって、湿度が上がってきて、炎天下でテニスをするとか、ジョキングするとか、ガーデニングするとか、滝のように汗をかきながら、ってことありますよね。

それくらい、汗をかくなら、ゴールドのほうがいいこともあるかもしれません。

汗の量や年齢・肌質・状況にもよりますけどね。

 

で、こうやって、日焼け止めの耐水性の話を書くと、またネット販売のみのあやしい化粧品会社が、なんの根拠もないくせに、「耐水テスト○○分!」みたいに、表示書いたり、宣伝して、売ろうとするんですよ。

たかが化粧品と言えども、よく、そんなあやしい会社が作った、得体のしれないものを信用して使うな~、とむしろ感心してしまいますね。

私は、そんなのは、まず買いません。

(うちの患者さんにも勧めませんし、あやしいものを使っている方は、日焼け止めをちゃんと使っているとはみなしません。信用できないから。)

だって、これだけ、普通にたくさん売っている中で、なんで、わざわざそんなあやしいものをお金を出して買って、自分顔に塗らなくても、という話です。

小さい規模の会社の商品だと、確認もできないでしょ。

誰も確認なんかしてないっつーの。

ネットのHPで、言っちゃったもん勝ちでしょ。

「テストした」なんて、書いていても、信じられますか?

なんで。。。?  お人好しも、度が過ぎますよ。

 

その人にあっていて、質が良ければなんでもいいんですが(環境とTPOに合ってないと、もちろんダメですよ)、ちゃんとしたメーカーのものを、買いましょう。普通でしょ?わざわざネットで買わなくても、普通に売っているもので十分でしょう。

 

資生堂が、虚偽の表示をしていたら、こんなの大問題です。ヘタしたら、倒産に追い込まれたり、社名変更・再生機構に委託とか、とんでもないことになりますから、まあしてないと信じて、私は買っています。

他の大手も、さすがに虚偽の表示はしませんから(と思います)、データーとしてもっていないことは、表示していません。大手もで、表示はないけど、広告が紛らわして、誤解させるような広告をわざとしているところもあるので、これも注意が必要です。

必ずパッケージの表示で、確認してくださいね。自分のいいように解釈するのではなく。

(だから、信用問題になりますから、耐水テスト何分したのか、の表示がないんですよ。どこに出しても恥ずかしないデータとして、証拠を出さないといけませんからね。もちろん、そのテストしてデーターを出すのに、えげつない経費がかかるでしょう。だからよけいにやらないんです。あるいは、ちゃんとした結果が出なくても、表示そのものができなくなったとか。)

 

あやしい化粧品は、問題になったら、わざと会社潰して、全然違う名前でまた会社作ればいいわけなので、お金を楽して儲けることしか考えていませんからね、そういうことを平気でするわけです。

とりあえず、下品な広告(強調しすぎの)は、おかしいでしょう。

(おかしさが見抜けない方は、もうどうもしてあげられませんので、ご自分で頑張ってください。)

 

アネッサにも、いろいろ種類がありますから、どのアネッサもでいい、というわけではないですよ。

もちろん、アネッサそのものが合わない方もいるし、ゴールドだけダメ、という方もいるでしょう。

だれにでも、なんにでも合うものなんて、存在しませんからね。

私が使っているのが、貴女に合う、なんて、一言も言っていませんよ。

「耐水性」の、本当に日焼け止めのご紹介であって、参考にされるのはいいですし、間違った日焼け止めで真っ赤に日焼けされるくらいなら、塗ったほうがいいのかもしれませんが、かぶれるなら、塗ったらダメですし、かぶれているのとカサカサになるのは、また全然意味が違いますよ。

私が勧めたさえ使えばいいんでしょ?みたいに、盲目的に過信している方が、たまに来られるので、困ったものです。

人によって、塗り心地の好みも違うし、肌質も違うし、どこでどんな時に使うのかも違うから、うちのクリニックのパウダールームには、日焼け止めが7種類くらい置いてあるわけです。

それぞれ、テスターで試していただけるように。

「試してください」と言って、置いているのに、試さずに、帰りのカウンターで、「お勧めをください」という方がいて、困ります。

(こういう、自分でなにもせず、なんでもわからない、わからないと言えば、他人が世話してくれて、それを使えばいい買えばいい、と思っている方は、うちのクリニックには向いていませんよ。

うちに通う以上、私の意見は参考にされればいいですが、塗り心地をどう感じるかまで、わかるわけないんだから。

まずは、試してって!

そういう人は、営業をガンガンかけて、なんでも買わせようとするクリニックやエステに行ってください。そこで言われるままに買えばどうですか。いくらでも売りつけてくれますよ。

いい加減、自分で判断する、ということを、覚えないとダメでしょう。

それくらいの自立は、いい大人なんだから、していただかないと。お金も時間も、いくらあっても、キリがないですよ。

とりあえず、人の話を、聞きましょう。聞いてくださいね。聞き流しているのではなく。

 

 

 

ゴールデンウィークの前に書くべきでしたが、すみません、書く時間がありませんでした。

患者さんの中にも、ハワイや南の島に行かれる方もいらっしゃって、受診されて、南の島に行って、海に入る、と言われたので、その方には直接お伝えしましたが、そういう機会のなかった方の中には、日焼け止めの勘違いされている方が、きっととても多いんだろうな、と毎年のことですが、実感しております。

 

毎年言っておりますが、海やプールに入るなら、それがまた南の島ならなおのこと、ウォータープルーフの日焼け止めを塗るのは当たり前ですし、こまめに塗り直しするのも、当たり前ですよね。

これをいつも読んでいただいている患者さんは、実行していただいていることだと思います。

でもね、南の島の海では、2~3時間毎に塗ったとしても、足りませんよ。

紫外線がハンパないですからね。

それだけではなく、これがまた落とし穴なんですが、その使っておられるウォータープルーフは、水につけたら、何分持ちますかね?

書いてないでしょう。

書いてない、ということは、そこまでの耐水テストをしていない、ということです。

 

資生堂の宣伝をするわけではないんですが、

(って、宣伝になっちゃうんですけど。念のため、申し上げますが、資生堂からは一円ももらってませんし、ナビジョンを買っているからと、特別扱いもしてもらってませんので。念のため。)

資生堂のアネッサ、ありますよね。

患者さんの中には、このアネッサを使っておられる方って結構いらっしゃいます。

(アネッサのシリーズもいろいろです。いい悪い、という話は、ちょっと置いておきますが。)

 

このアネッサの、ゴールド色のヤツ、海・プール用、アウトドアなど、資生堂の中では、ウォータープルーフの日焼け止めとしては、最強ですね。

これのパッケージの裏を、ちょっと見てみてください。

「耐水テスト80分」と表示があります。

耐水テストをしたら、80分、もった、ということです。

知ってました?

 

あの、アネッサゴールドをもってしても、たったの80分しか、水につかりっぱなしなら、もたないんですよ!

たったの80分です。1時間20分です。1時間半も、もたないんですよ。

そうなると、海に完全にもぐるとか、水につかっている状態であれば、2~3時間毎では、足りないわけです。

状況にもよりますが、ホントに、日焼けによる皮膚ダメージを最小限にしたかったら、1時間~1時間半後には、塗り重ねないといけない、ということになります。

 

自覚、ありました?

 

そして、これまた恐ろしいことなんですが、私は、今のところ、このアネッサゴールド以外で、「耐水テスト○○分」と書いてある日焼け止めを見たことがありません。

ドラッグストアで、よく資生堂と並んでおかれている、海用のイメージの日焼け止めは、先月だったか、ドラッグストアで確認したら、表示はありませんでした。

(追記:7月17日にドラッグストアに行ったら、カネボウのアリーの中の1種類に、「耐水テスト80分」の表示がありました。失礼しました。H25年7月23日追加記載。)

もちろん、他のでも見たことないですね~。

 

ということは、耐水テストをちゃんとやっていない、ということです。

やっているなら、そのテストを結果に、ホントに自信があるなら、表示するはずなんですよ。

毎度言っていますが、「表示がない」ということは、メーカー自体が保障していない、ということです。

 

とある、敏感肌用の化粧品で有名なメーカーが、学会の商業展示でブースを出していて、SPF50で、ウォータープルーフが展示されていて、「新商品か。珍しいな。」と思い、

(それくらい、敏感肌用で、ウォータープルーフのSPF50の日焼け止め、というのが難しいんです。

たいがい、塗り心地が最悪で、真っ白になったり、石けんで全く落ちなかったり、塗り重ねると、えげつなく、ごわごわに固まるという代物。。。こんなの、売っていいん?

これで、塗り直しとかしたら、ハンパないですけど、敏感肌用って、言うん?メーカーは、一体、これを1日に何回塗れと思っているでしょうか。。。)

ブースにいたスタッフの方に、「これ、何分、水にもつんですか?耐水テストは、どうなっていますか?」と聞くと、「耐水テストはしてません。手とかに塗って、水につけたら、落ちなかったから、ウォータープルーフとしました。」と、非科学的な答えが。。。

 

まあ、たいていのメーカーのウォータープルーフって、こんなものだと思います。

海やプールにつからないなら、それでもいいと思いますよ。マメに塗り直ししていたら。

でも、完全につかるなら、それって、アカンのんちゃうん?

特に、こういう「敏感肌用」を売り物にしているメーカーは、それを過信して(必要ないのに)、つい頼っちゃう人もいるから、そういう人の期待を裏切らないように、その辺も考えてほしいものですが。。。それなら、そう説明して、売るとかね(説明もせずに、売っているのを、患者さんから聞いて、知ってますが。。)

。。。。うう。。。このあと、たくさん書いていたのに、保存に失敗したようで、消えてしまいました。。。ううう。。。

ちょっと疲れたので、今日はもう寝ます。。続きの消えた分は、次回に書きます。すみません。。

http://www.shiseido.co.jp/anessa/howtouse.html

資生堂のHPに、こんなの見つけました。

南の島には足りませんが、参考にされてみてください。

「2~3時間毎に塗り直しがおススメ」と、資生堂が書いているのを、初めて見ました。

(今までは、私は目にしたことがなかったので。少なくても、パッケージには表示がないです。)

 

 

 

 

1 / 212