プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2010年12月02日



レディエッセのオープニングキャンペーンも無事終了しました。でもさすがレディエッセです。元々が高額なせいもあると思うんですが、レディエッセのキャンペーンを続けて欲しいとのお声が多いです。

そこで今回のクリスマスキャンペーンに追加させていただくことになりました。キャンペーンに、医療に直接関係することって、なかったですものね。(光・レーザーなどの処置は、セット料金や継続お値引きも含めて、元の価格設定をかなり抑えて設定させていただいておりますので、今のところ、今以上のキャンペーンは予定しておりません。)

レディエッセキャンペーンは、限定5本です。1本1.5ccに、麻酔薬を0.2~0.3cc追加します。針を刺す瞬間と、注入されて押し広げる間は、感覚がありますが、しばらくすると、麻酔が効いてくるので痛みはほとんどないと思います。

刺す瞬間も麻酔をして欲しいという方には、麻酔テープ(1枚1000円ほど)を少し前に貼ってから処置することも可能です。

自分の顔に、自分でレディエッセを注入することはできませんので、私は体験したことがないんですが、今までのヒアルロン酸やレディエッセをされた患者さんを診てますと、刺す瞬間はそれほど痛くないようです。(その日の体調によっても違うでしょうし、もちろん個人差があります。これぐらいの痛みなら、全然大丈夫と言っていただけることが多いです)

それよりはむしろ、一度にたくさん注入して、押し広げた場合の張っているような痛みというんですかね、その分の痛みには、麻酔のテープではどうにもできません。(一度に大量に入れることは、当院ではオススメしていません。たくさん入れたい場合は、時間・回数をかけて、ゆっくりちょっとずつボリュームアップしていくほうがいいです。皮膚に余裕があれば、結構入れられますが、余裕がないと、ヒアルロン酸は、雪崩を起こしたように、周りにぼて~と拡がりやすいです。レディエッセは、そうはなりませんが、皮膚が無理やり引っ張られますから、痛みや違和感は、なかなか取れないんじゃないかなと思います)

特に、レディエッセは入れる深さは、ほとんど脂肪の中です。麻酔のテープは、そこまで届きませんね~。麻酔のテープは、痛みに敏感な方のお守り代わりというか、おまじないのような感じではないかと思います。完全に痛みが無くなるとか、大きな期待はされないほうがいいですよ。完全に痛みの感覚を無くすには、やはり注射の麻酔薬でないと、なかなか難しいと思います。注射の麻酔を先にたくさん打ってしまうと、腫れてしまって適切なボリュームアップができなくなることが多いので、当院では、セオリー通りの麻酔量を混ぜるだけで、事前に麻酔薬を注射する方法は取っておりません。ヒアルロン酸も、麻酔入りのものを使用しています。

レディエッセを注射する一番人気は、やはり法令線です。次が鼻の付け根に入れて、鼻筋をすっとさりげなく高くする、という感じでしょうか。一度、鼻に入れた方は、ほとんどの方がはまってしまわれます。私の経験から言うと、リピート率ほぼ100%に近いのでは?と密かに思ってます。入れすぎると、急に鼻が高くなるので、周りにも気付かれるかもしれませんので、少し入れる、というのがオススメです。鼻根部(付け根)の一番低いところ(アジア人は、ここがやはり低いです)にすこ~し入れてあげると、美人度上がるんですよね~。お化粧で、すっごくうまくハイライトがはいったよう!という感じです。他の人気は、ゴルゴライン(ホホの八の字のような凹みのことです)とアゴですね~。

実は、隠れた人気がアゴなんです。日本人も含めたアジア人は、欧米人に比べて、アゴが小さく、ちょっとひっこみがちなんです。すこ~し入れて、ちょっと出してあげるだけで、美人顔というかお姉さん顔というか、さりげなく美人になれます。(これも入れすぎはダメ!と思います。まあ、好みですが・・)

顔がすっと見えるので、人によっては、顔がすっきり見える方もいらっしゃいます。錯覚をうまく起こさせるというか。

当院は、1本買い取り制なので、余った分は、顔の他の部分に入れることが可能です(ただし、適応のあるところに限ります)。いろいろ試してみたい方には、レディエッセのキャンペーンは、かなりお得かと思います。ご興味のある方は、ますは診察を。

1 / 11