プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 2015年05月14日



に昨日の続きです。

大阪で、有名な脱毛専門と言っていいくらい、脱毛ばっかりやっているクリニックというのがいくつかありますが、まあ、安いんですね。ホントに脱毛~ばっかり。

そのうちの、ひとつのクリニックにかかって、あ~あ~、という目に遭っている方が、うちにまで流れていらっしゃるわけですが。。。

(相談内容は、脱毛以外)

そこは昔から、行っちゃあいけないところで有名なところです。

値段だけで選ぶと、そりゃそうなるし、普通の人は、なんかおかしいな、と途中で止めるわけですが。。

そこは、脱毛以外も、ちょっとやっていたりするので、脱毛以外のことで、患者さんがあちこちに流れていくわけです。

私のブログをご覧になっていて、ナビジョンが欲しかったそうで、そこで脱毛で通っていたので、ナビジョンをそこで買おうとしたら(取扱いをしていたようで)、質の悪い、しかも高い別の会社のものをセットで勧められ(セットで買わされたので、ナビジョンよりも断然値段が上がります。もちろん、医師の診察なんて、あるわけもないです。)、合っていなかったようで、肌が結構荒れていました。

あ~あ~。

同じ方だったと思いますが、この方、てんかんをお持ちで、美容医療の光が出る治療は、てんかんの方にやったら、いけません。光がてんかん発作を誘発する可能性があるからです。これ、医師として、常識です。

でも、てんかんになれているドクターであれば、なにかあったら、ちゃんと対処するから、とリスクを説明の上、てんかんの方にも光やレーザーをあてるドクターは、探せばいるかもしれません。

(ちなみに、うちでは、絶対あてません。私は、てんかん発作が起こったら、対処はできないので、もちろん、薬も置いていません、救急車を呼ぶしかありません。対応できないことはやりません。

ショックとか、急な何かの時のための、酸素ボンベや挿管セット(人工呼吸するためのものです)、AEDなどの救急セットは、置いていますが、てんかん発作は、また別の話です。)

その方は、何の説明もなく、あてられていたので、てんかんに光・レーザーをあてたらいけないとご存知ありませんでした。

光・レーザーは、あてませんから、スキンケアと栄養療法の出番ですね。

ホントに、ろくでもないクリニックというのは、どこまでもろくでもない。

ま、そりゃ、そうです。

患者さんの体や肌のことなんて、考えてないし、まず目的がお金ですから、売れれば、しかも高い値段であればあるほど、いいわけです。

多少のウソはついても、なんでも信じてしまう方は、絶好のカモですから、のがすはずがありません。

別の方は、その同じクリニックで、脱毛に先に通っていて、鼻の手術したり、ヒアルロン酸(ここには、なぜかレディエッセはなく、ヒアルロン酸とわけわからんもの(もちろん、学会非公認。卸値が安いんでしょうね。。)が置いていました)を入れたりされていました。

鼻の手術のできばえは、いかにも、みたいになって、結局抜いたそうです。

(術前に、そういう相談というか、希望を聞いてもらう時がなかったんですかね。。無理な希望を患者さんが言った場合、おかしかったら、おかしいと普通の良心的なドクターなら、言うと思いますよ。まあ、美的感覚の違い、と言えば終わりかもしれませんが)

その後のヒアルロン酸も、種類は言われていないし、鼻の付け根はブヨブヨになっていて、広がって困ると言っているにも関わらず、またお金を取って、ヒアルロン酸をされるという悪徳ぶり。(もちろん、さらにブヨブヨになります。そういう話も一切なし。そりゃ、そうだ。せっかくの金づるですから~。)

ヒアルロン酸をちょっとだけ入れる分には、鼻もいいんですが、ある程度高くしたい場合、ブヨブヨのリスクは避けられません。

しかも、どこまで入れたから、ブヨってくる、というのは、こればっかりは、神様でないとわかりません。

ちゃんとしたところは、レディエッセを置いていないとしても、ヒアルロン酸で高くしたい場合、それは最初に言ってくれると思いますよ。限界がありますから。

悪徳なのか良心的なのか、貴女の嫌がること(間違っていたり、良くなかった場合にね)をちゃんと言ってくれるかどうか、というのも、判断のコツですね。

さて、そのクリニック、悪徳で質の悪いことで有名なところですから、実際、あ~あ~の患者さんも結構今までに診ていますから、もう、鼻で、何をされたのか、手術しろ、ヒアルロン酸にしろ、何されたのか、わかりませんから。

何が今後起こってもおかしくないんですが、できればもうあまり、その部分は触りたくない。

特に、手術して、しかもしばらくして、シリコン抜いていて、そんなところがまともな手術をしているとは思いませんから(思っていると、後でエライ目に遭うので、思わずに対応しないと)、ちなみにこの方は、鼻にまた注入希望(今度はレディエッセ)ですが、皮膚の下で、どれだけ瘢痕になっているのかわかりません。瘢痕があった場合、注入すると、膨らませたいところがうまく膨らまなかったりしますから、その分、関係ないところが膨れます、やってみないと、これがわからないんです。

まともに美容医療を行っていく場合、ある程度の料金を患者さんからいただくのは、仕方ないことですし(クリニックとして経営してかないといけませんし、補助金が国から出るわけでもありませんから)、当然の権利です。

高いから、その権利が大きくなるわけではありませんが、安いところで、ちゃんと診てもらおうって、そりゃ、無理です。市場の原理に関係ないところで動かないと。

(モニターとか実験台とか。他に目的がある場合ですね。)

他よりも、ダントツに安い、って、おかしいと思わないと。

ラッキ~♡って、ちょっと能天気すぎです。。。社会勉強代の費用、エライことになってしまいます。

患者さんの人生ですから、好きにされたらいいですが、おせっかい承知で、あまりに見てられません。

とりあえず、なんかおかしいな、と思ったら、ちょっと立ち止まって、考えましょう。

わからないなら、とりあえず、一旦止める、

わからないなら、説明してもらう、

納得がいかないなら、止めたまま、他院に行って、意見を聞いてみる。

などなど、一歩を踏み出しましょう。被害を最低限いするために。

1 / 11